5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【風邪の】野口整体 弐【効用】

1 :病弱名無しさん:04/09/30 18:47:03 ID:mXe7VLPc
引き続き野口整体について語りませう

前スレ
【活元】 野口整体 【愉気】
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/body/1072629621/


2 :病弱名無しさん:04/09/30 19:46:22 ID:Mc+mrZH8
┏┯┯┯┳┯┯┯┓
┠┼┼┼╂┼┼┼┨
┠┼┼┼╂┼┼┼┨
┠┼┼┼╂┘ _、_..┨ワシガ 2番目カ…
┠┼┼┼┨( ,_ノ`)  トコロデ >>1サンハ 気ガ早イナ…
┗┷┷┷┛( ┬ )
       ∠)_))_)) 

3 :病弱名無しさん:04/10/01 03:45:05 ID:8b5b1i38
前スレ
>>997 丁寧なレスありがとうございます。まじめにお答えいただき嬉しいです。。
なるほど、出版物の題名はともかく、真意を読みとれば誤解するおそれはない、
というご意見ですね。
医師の判断を仰ぐかどうか、はその人の判断ということですね。私も同意です。
そして、
治療目的で指導を受けにこないことが前提だから、特に指導者の側からアドバイス
する必要はない、とのご判断ですね。
なるほど、納得です。
現状では、会員が治療目的で来ないということは承知徹底されているとのご認識でしょうか?
>ただ、突然、危篤状態などになり、自らの意志を外部に伝えられない場合、
これは救急車なりを呼ぶ措置を取るべきだと思います
→よくわかりました。こうした指導者の方なら会員も安心ですね。
ありがとうございます。
>>999
>気という言葉をいかにオカルトなイメージを払拭して説明するか、ということが
事の本質ではないでしょうか。なぜなら、整体はやはり気の感応とその実践の世界であるからです
→全くその通りだと思います。そこが指導者の力量なのでしょうね。
>だから野口先生はそのようなことを人前でほとんどしなかった。
それは伝聞で、見たことのある人は少ないはずです。
野口先生は整体を万人ができることとして伝えることに生涯を費やした人だと思います
→全く同意です。だから、万人にできるような技術や思想を伝え、それ以上の期待は
持たせるべきでない、オカルトチックなことを敬遠するのが野口の真意を汲むものである
というという理解でよろしいですね?
ありがとうございます。


4 :病弱名無しさん:04/10/01 03:53:36 ID:8b5b1i38
前スレ>>1000
>一人でそんなに気張らなくてもいいです。心配しなくてもいいのです。
→心配してくださって有り難う。
>それに道義的責任を感じていないなんて一言も言っていないですよ。
>あなた流に言えばどこに書いてあるのですか。明示してください。
→あなたが言ってないとどこに書いてあるのですか?明示してください。
「わたしも道義的責任は感じます」と答えていただければそれで私も納得しました。
>空は蒼いよ。
>大きく息を吸って。はい、うーむ。
>落ち着いたかい。
>樂々悠々生きなさい
→あなたも、はい、ごいっしょに・・・・・う〜〜〜む。大丈夫?
 ・・・・・ほんと大丈夫ですか?

5 :病弱名無しさん:04/10/01 04:14:39 ID:usVmT9JT
新しくスレが立っていることに気がつきませんでした。
寂しく思っていたのでとっても嬉しいです。
4さん、レスありがとう。
今度はどこから行きますか。
やはり気かな。
待ってます。
でもみんな飽き飽きしているだろうから、他の話題でいきますか。


6 :病弱名無しさん:04/10/01 06:25:11 ID:usVmT9JT
4さん、大丈夫ではありません。
疑問に思いながらやってもだめです。うーむ、大丈夫! くらいの気持ちでやることをお勧めいたします。

7 :病弱名無しさん:04/10/01 07:17:01 ID:/WLLf2Hi
真実と真理を愛し、納得のいかない論理を憎む、
誠実で知的な方とお見受けしました。
これからも期待しております。

8 :病弱名無しさん:04/10/01 10:56:56 ID:/ovnIoWr
>>2
新スレでも頼むぞ。オモロイの

9 :病弱名無しさん:04/10/01 11:28:57 ID:8uekyzdd
前スレのネジネジ中尾彬、>>2 など、この(前の)スレのオアシスです。
是非私からもお願いします。
2など、新スレ見たら、ちゃっかり待っていてくれたもんね。
私的にはお茶を飲みながら待っていてくれたらもっとよかったんだけど…。
わわわっ、これ、決して貶しているのではないから誤解しないで下さい、怒らないで下さい。




10 :病弱名無しさん:04/10/02 23:08:00 ID:l+YaCs2n
今日、ある人から「気て、ほんとにあるの?」と聞かれました。
なんと答えたら言いか分からなかったので、
合掌行気を教えました。
その人は手のひらのあいだに磁石のような感じがすると
納得しておりました。
これでよかったのでしょうか?

11 :病弱名無しさん:04/10/03 02:22:36 ID:FpEGm8Cw
これでよかったのかどうかは分かりませんが、
私も初めて合掌行気を行ったときには、やはり磁石のような反発するものを感じました。
ボールのような塊を感じたり、むずむずした感じがするとか、人によって感じ方は様々ですけれども、
私の周りでもやはり磁石のような感じがするという人が多いですね。
気があるのかどうかは自分で実感していくしかありませんから、そういう意味ではよかったと思いますよ。
気というのは言葉で語るのは難しいですからね。

12 :病弱名無しさん:04/10/03 10:54:02 ID:mKaLO7SL
合掌行気か・・・。
最近、ちょっと面白い体験をしました。(まだしているのかな?)

半年ほど前から、気功を毎日30分くらい練習しています。(立禅)
2ヶ月ほど前から、かなり安定して気が出るようになったのですが、
そのころ、ふと手を見ると両手の指先の先端部分の皮が、剥けているのに
気づきました。十指とも。
それから、1〜2週間の間に指の付け根や側面、手の平のあちこちが
ポツポツと剥け始めました。
日焼けし過ぎて、あちこちの皮が剥けるみたいな感じかな。

さらに2週間くらいして、ふと足を見ると、足の指先の先端も
(十指とかかと)手と同じように皮が剥けているのに気づきました。
ちなみに、日焼けの後の皮が剥けるように、なんの痛みもないです。
最近になって、やっと指先だけは元に戻りましたけど。

先週の日曜、活元会のおりに、活元コンサルタントの方にこの話をしたところ
自分も合掌行気の訓練をしてたとき、手の平のあちこちの皮がポツポツ
剥けたとおっっしゃってました。
訓練を重ねていくと、人間の身体という物は、色々と思いがけない出来事が
起きますね。





13 :病弱名無しさん:04/10/03 11:15:22 ID:FpEGm8Cw
野口先生が、合掌行気続けていると手の皮が一皮剥けることもありますと言っておられました。

14 :病弱名無しさん:04/10/03 12:17:16 ID:xjrfi2Y3
わたしもすごい経験をしたことがあります。
数年前女優さんも講師をやってる有名な会にお試しで行ったのですが、
講師の人と腕を合わせ、講師の人が軽く刀を振り下ろすような格好をすると、
おなかのあたりが熱くなり、、磁石のN局同士が反発しあうように、身体が後に
ふっとび、十数メートル後づさりして後に転がってしまいました。
「ああ、これが気のパワーだ!!」と実感しました。
あと、○○気術の会というところで、まひ○○の手かざしのようなものをしてもらい
気をおくってもらったときも、頭の中が空っぽになり、一瞬光りのようなものに包まれて
しまいました。
魂が向上し、身体も丈夫になる、というのですが、あれは本当にすごい体験でした。
体験者によると、その人は難病が快癒したそうです。
気のパワーはやはり体験しないと無理なようですね。

15 :病弱名無しさん:04/10/03 14:55:14 ID:/QyYXlg+
>>12-13
野口系の整体を取り入れてるある会では、合掌行気で手の皮が剥けると
「”人間の掌”になったね」と評すとか。
自分も熱心にやってたころはよく剥けました。最近はさぼりがちですが、
継続してやっておられる方の話を聞くと、皮は周期的に何度も剥けて
その度により鋭敏で柔らかな掌になっていくのが実感できるそうです。

16 :病弱名無しさん:04/10/03 19:00:11 ID:7KOzv0Lo
地元の支部の活元会に何も知らなくて、参加しましたが、びっくりしました。
ついていけません。しかし、個人指導は受けたいのですが
身近に会員がいません。どうすればいいのですか。

17 :病弱名無しさん:04/10/03 19:32:23 ID:6DOIW7YO
両手の平の間に気のボールがあるようにイメージすると磁石の
ように反発や引きあった感覚が出ますね。手の平の間に、
気のイメージと呼吸を加えると、手の平を合わせる筋肉と
手の平を離す筋肉への脳の命令が混乱していきます。
催眠術はこれを利用して、手が勝手に開く閉じると暗示して催眠状態に
導きます。
>>14
すごい経験ですね。気をつかえる先生ですね。

18 :病弱名無しさん:04/10/03 22:26:46 ID:qhTJsikA
>>16
活元会に出席した実績があれば、入会できると思いますが。
私は会員の紹介なしに入会しました。
ただ、入会したのはもう20年前くらいなので
規約が変わっていたらすいません。
とりあえず、電話で問い合わせしてみたらいかがですか?
「入会の栞」が指導室や支部に置いてあるので、
もらって、良く読んでみると良いと思います。

19 :病弱名無しさん:04/10/03 23:21:22 ID:M+kW0090
>>16
ついていけません、ってどういうこと?
活元運動をしても動かない、ということでしょうか。

20 :病弱名無しさん:04/10/04 10:09:07 ID:vEQKbyqj
>>17
>>14さんと同じ会かどうか知らないけど、やっぱり、ちょこっと触れられただけで、
後にびゅーんと後ずさりした経験はあります。
愉気法の会のやつはどちらかというと微風を感じる程度だけど、
そのときは突然強い熱風がやってきて、後に吹っ飛ぶ感じでした。
会の主催者によると、霊的魂を気の感応により向上させることによって、肉体は自ずと整うのだそうです。
子どものはしかや水疱瘡、インフルエンザなども、気をおくり、気を清めることで、その病の
因果は楽に完了するのだそうです。
○○観というのがあって、合掌して指先から天空からの気を受けると掌の感覚が高まり、>>15さんが言うようにやはり、掌の皮がはがれてくるそうです。

やはり、気による行法は同じ現象なのですね。



21 :病弱名無しさん:04/10/04 14:12:57 ID:uARJ/F3y
なるほど、目的や解釈の体系が全く異なるわけですね。
丁度、軍事演習と花火大会が、そうであるように。

22 :病弱名無しさん:04/10/04 14:28:51 ID:uARJ/F3y
私は合掌行気しているとおなかの中心からほんわりほこほこいい気持ちに暖まってきます。
そのまま活元運動に移行したりもします。
野口先生が催眠術研究に凝ってらした折り
あることで
こうしたこと(操作的介入)は魂を冒涜することだ
と気付きその後一切実験をやめてしまわれたと伺い
個人的経験から(催眠術じゃないよ)共感したことがあります。

23 :病弱名無しさん:04/10/04 14:48:10 ID:vEQKbyqj
>>21はい、そして、その会の導師がいうには、身体を吹っ飛ばすこと自体は意味のあること
ではないが、病んだ身体になんらかの影響を与えるには、それくらいの気の質と量
最低限必要なのだそうです。


24 :病弱名無しさん:04/10/04 14:50:15 ID:uARJ/F3y
21の内容について補足
軍事演習と花火大会は
火薬の爆発的燃焼という同じ物理的基盤に依拠し
その発生期における狙いは同じだった可能性は高いが
長い歴史の経過に伴う積み重ねと
それに寄せる人々の思いの違いの集積により
今では両者を同一に考えることは少ないでしょう。
同じことが
中国における「気」と
日本における「気」の関係にも言えるのかもしれない
と思ったのです。

25 :病弱名無しさん:04/10/04 14:57:35 ID:uARJ/F3y
似た例で
所謂漢方薬でも
同じ2000年前の古典に則り構成比率も同じなのに
日本では使用法の工夫などにより
中国の三分の一から五分の一の生薬使用量で済むのだそうです。
日本ではとれない生薬も多かったから工夫したのでしょうが
似たような積み重ねが
身体吹っ飛ばしと
ほんわりほこほことの違いを作り出したのかな
と思ったわけです。

26 :病弱名無しさん:04/10/04 15:06:56 ID:q3pA9e6X
>>19
>
はい、私自身には何も変化がありませんでした。
頭をからっぽにしなさいといわれてもできません。
先生が後ろから近づいて頭に何かしていましたが、
それでも変化なしです。私は、適性がないのかな。

27 :病弱名無しさん:04/10/04 15:16:27 ID:uARJ/F3y
中国と日本の例しかあげませんでしたが
西洋文明に「気」に当たるものがないわけではなく
特に古代ギリシャの「プネウマ」は同じといわれるそうです。
しかし「解剖学的身体」から逃れることができなかったそうです。
このスレで話題になっていた催眠術のメスメルも
説明原理採用にあたり悩んでいたと聞いたことがあります。
東洋には使える「気」の説明原理があってよかったということでしょうか。
気を西洋文明で説明しようとする時に起こる混乱について
『野生の哲学』著者の永沢哲氏が別の著書で書いておられました。
話は変わりますが
『野生の哲学』に描き出された野口先生像について
実際の野口先生をご存じの方々は如何お感じになるのでしょうか。
私は先生の本や整体実践者を通じてしか先生を知らないのですが
その雰囲気と少し異なる部分もあるので
かねてより疑問に感じておりました。
それでは、失礼します。

28 :病弱名無しさん:04/10/04 15:22:08 ID:uARJ/F3y
>>26
???????????????????????
??????????????????????????
?????????????????????
????????????????????????????

29 :病弱名無しさん:04/10/04 15:29:13 ID:uARJ/F3y
文字化けすいません。
あたまからっぽにするなんていきなり普通できないですよね。
私は最初
内部の感覚とわずかな動きを感じることに集中し
その出てきた動きに集中していたらいつの間にか集中していたことも忘れ
一週間したらなんとなくできるようになっていました。
ご参考になればいいのですが。

30 :病弱名無しさん:04/10/04 18:40:35 ID:vEQKbyqj
>>25 へえ、そうなんですか。
そういえば、誘導法は違うのですが、活元運動みたいのもやっていました。
御霊○いとかなんというのですが、
立って合掌して徐々に自然と力が入るようにするのですが、
やっている人を見ると、活元のような動きのひとや、
ぴょんぴょん跳びはねたり、けいれんしているような人や横たわりながら、
ばたばたとしているひともいました。
終わった後はすっきりした顔をして何事もなかったかのようでした。
神智が動いて邪霊を払うのだそうです。
日本中国西洋と、いろいろな国や会で気の発露ってあるのですね。


31 :病弱名無しさん:04/10/04 19:19:57 ID:ZVXs8agS
野口先生は、強い気とか鋭い気、荒ぶった気よりも、澄んだ気がよいと言われていましたね。
愉気というのはちょうど障子越しの日の光のような……と。

32 :病弱名無しさん:04/10/04 19:26:13 ID:ZVXs8agS
そして、あまり目的をもたずに、例えば良くしてやろうとか、変えてやろうとか思わずに「天心」で行うのがよいと。

33 :病弱名無しさん:04/10/04 20:52:45 ID:vEQKbyqj
遠当てというのがあって、
離れた距離から、一つは気合いで、相手を倒すのです。それは鋭い風の固まりみたいの
が一挙に相手にぶつかるような感じです。
もう一つは、主にイメージを使い、それだと、相手が倒れるというより、相手はふにゃと力がぬけていきます。これは不思議なもので、すーと腑抜けになったようになり、膝がかくんとして
しまうのです。
野口系では天心でイメージは使わないのですか?

34 :病弱名無しさん:04/10/04 21:24:48 ID:i9o7thpT
強い気とか鋭い気荒ぶった気よりも、澄んだ気愉しい気が良いと言うこと
は、強い気とか鋭い気荒ぶった気も当然知っているということですね。

35 :病弱名無しさん:04/10/04 21:59:01 ID:5jiwAr1Q
>>33
「イメージ」ってのがよくわからんが、
野口整体ではあまり使わないのじゃないでしょうか。

個人的には、野口サンは「超能力」的なことをあまり言わない
のが良いな、と思う。
(と言っても程度の問題で、愉気と言った時点で既に
近代科学的立場からは「超能力」ではあるのだけれど)

真の価値というのは、超能力やら何やらではなくて、
日常の生活を日常的に行うことだよ、という感じで。
野口サンは禅僧なんかがお好きですね。

36 :病弱名無しさん:04/10/04 22:05:03 ID:5jiwAr1Q
>>26
出る人はすぐ出るらしいけれど、
人によっては出るまでに、一年以上かかりますよね。
もっとも、早く出る方が良いとも限らないんだけど

逆に言って、坐禅を真剣に10年続けても見性できない
人がいることを考えれば、
せいぜい1年や2年で効果の出る活元運動は
かなり入りやすい道だとも言えるのでは。

37 :病弱名無しさん:04/10/05 00:00:36 ID:c6qYm/ip
荒んだ気か…私も以前はパンク・ハードコア系のギグに行けば最後にはダイヴしましたが
「NO FUTURE!」と叫びながら愉気しようとは思いませんね、相手に失礼だと思うし。

38 :病弱名無しさん:04/10/05 01:02:04 ID:YLImkKiU
>>37
相手の身体をギターに見立てて。

39 :病弱名無しさん:04/10/05 01:33:17 ID:c6qYm/ip
>>38
いやあ、それは相手を操作対象に引き下げてしまうことだから私にはできない。
私は、神や偉大な霊や聖人超能力者の専有物だった「生きる力」を
それは、一人一人の中にあり、自力で生き、他者と繋がり合っていく存在なのだ
と示してくれた
power to the people!な野口先生をrespectしているのです。

40 :39:04/10/05 05:28:38 ID:c6qYm/ip
上の文章
二行目に 専有物だと思い込まれてきた「生きて行く力」
三行目の主語として 一人一人の普通の人々が
四行目に 具体的方法論まで含めて
と補って読んで下さい。
半分寝ながら打ち込んだので意味の取りづらい文章になりました。

41 :病弱名無しさん:04/10/05 07:07:28 ID:T1rbxtgS
ギターに対する愛が足りない。
道具を愛し全神経を通し一体化し使わせていただくという気持ちが足りない。
音楽の神に弾かせていただいているという気持ちが足りない。

42 :病弱名無しさん:04/10/05 10:02:37 ID:fw53jOzL
>>34
強い気って厳密にはわかりませんが、体験からいうと、空気の固まりみたいなのが
ボッとやってくる、鋭い気は文字通りそれが鋭いって感じなのですが・・・
>>35
イメージってのは例えば、自分の手のひらから空気の固まりみたいなのが、相手へ
飛んでいき、相手がその圧力で後へ遠ざかるようなかなり鮮明なものです。野口先生が
「思い浮かべる」といったものに近いと思っていたのですが・・・

導師がいうには、相手を倒すとか腑抜けにするとかは本当お遊びで、それ自体
意味のないものだけど、気を発現させる自分の能力を測る手段として有効で、
気の操作は武術などと違って、試合や試し割があるわけでなく、それをはかる客観的手段
がないために、自分の思いこみになりやすいから、過信しないために、特に相手の魂を
誘導する者にとっては、必要かつ有効なのだ、といいます。
のぐち系の活動に実際に参加してから日が浅いのですが、のぐち系では気合いで、
琴の一弦だけをならすなどということがあるそうですが、思いこみを排除するための
工夫というか、自分の気の能力の客観的なバロメーターみたいなものってあるのですか?




43 :病弱名無しさん:04/10/06 02:03:09 ID:MmQQPZjt
客観的バロメーターか。
必要かもね。
「気のせい」とか「そんな気がする」の気では、
信頼できる立派な気とは言えないものね。

44 :病弱名無しさん:04/10/06 11:36:42 ID:Zf+pAZwn
┏┯┯┯┳┯┯┯┓
┠┼┼┼╂┼┼┼┨
┠┼┼┼╂┼┼┼┨  皆 良イ 雰囲気 ジャナ…
┠┼┼┼╂┘ _、_..┨     ケッコウ ケッコウ
┠┼┼┼┨( ,_ノ`)    皆ニ オ茶ヲ 淹レテキテ クレルカネ
┗┷┷┷┛( ┬ )
       ∠)_))_))
                   (  )  ハイ
                   ノ   )
                   ⊃⊃

┏┯┯┯┳┯┯┯┓
┠┼┼┼╂┼┼┼┨
┠┼┼┼╂┼┼┼┨
┠┼┼┼╂┘ _、_..┨ ソンナニ イランダロ…
┠┼┼┼┨(; ,_ノ`)
┗┷┷┷┛( ┬ )
       ∠)_))_))

 ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬
 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦
  ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬
  旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦  イヤ ソノ… トリアエズ
 ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬   レス ノ 数ダケ…
 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦
  ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬   (  )
  旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦  ノ   )
                         ⊃⊃

45 :【fusiana】:04/10/06 12:26:32 ID:Zf+pAZwn
>>44 旦 お茶いただきます。
>>42-43 前にテレビで遠くからいろんな動物に気を送って眠らせちゃう
気孔の先生が出てたけどあれは思い込みとかじゃ説明できませんよね。
気合をかけて鶏に金縛りをかけるのはけっこう誰でもできるって話を聞いたことがあるけど…
たしかに客観的に判断できるバロメーターは必要ですね。
だけどその物差しですべてを決め付けてしまう単純な人たちがいる限り
かえって限定され枠に閉じ込めてしまう危険性は常にありますよね。
野口先生の話の中で意味もわからず呪文を唱えているうちは病気が何でも治せたけど
意味を教えてもらったとたん効果がなくなってしまったおばあさんの話があるけど
枠組みを決めて捉えやすくなった代わりに本質を失ってしまったというのでは
本末転倒ですからね。何か良い方法はないもんでしょうか。

46 :病弱名無しさん:04/10/06 12:50:08 ID:Zf+pAZwn
>>44-45
しもた!IDいっしょやがな!自作自演がバレバレや!
誰にも見つからんうちに切腹しとこ!

    _, ,_    残念!
   ( ‘д‘) ( ゜,:'
∠二i⊂彡   ,:'Д゚ )
 '・*∵;.

47 :病弱名無しさん:04/10/06 13:04:56 ID:PtelrfpP
久しぶりにおもしろかったのでおk
お茶貰います
ズズ〜
今度はお茶菓子もよろしく

48 :病弱名無しさん:04/10/06 16:44:42 ID:Zf+pAZwn
┏┯┯┯┳┯┯┯┓
┠┼┼┼╂┼┼┼┨
┠┼┼┼╂┼┼┼┨
┠┼┼┼╂┘ _、_..┨ コラコラ…
┠┼┼┼┨(; ,_ノ`)
┗┷┷┷┛( ┬ )
       ∠)_))_))

 ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬    ガシャ
 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦   ;.。日・:.。 ガシャ   カ ラ ダ ガ
  ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬     ∩ミ           カ ッ テ ニ…
  旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦   (`д´メ)  :.。◎;:。
 ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬  旦:.。⊃ )⊃
 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦     ∪彡 日;.o。
  ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ∬ ;.o:。◎:.。    ガシャ
  旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦 旦


49 :fusiana:04/10/06 19:39:18 ID:VlE3Udj9
??????
??????????????????????????????????????????
????????????????
?????????????????????????????????????????????????????????????
????????????????????????????
?????????????????????????????????????????
????????????????????????????
???????????????????????????
???????????????????????????????????????????
????????????????????
??????????????????????????


50 :49:04/10/06 19:50:25 ID:VlE3Udj9
おやおや、失礼しました。
私の友人の調理師に言わせると、料理の出来は包丁で決まる、とのことでいつも研ぎに余念がありません。
常に最高に研がれています。
でもマイクロメーターや走査型電子顕微鏡で客観的に包丁の状態を評価しようとはしません。
包丁をいためてしまいますから。
しかしもしよく研がれていなければ即座に味が落ち、お客さんに指摘されるでしょう。
同じことが整体と気にも言えるのじゃないかな、と不熱心な会員に過ぎぬ私には思われます。
関係性の中に成り立つというのは、野口先生の仰る気の重要な要件だと思います。
いつも謙虚に高めていないと、即相手に伝わりますよね。
ではお茶を頂きます…ふう、ごちそうさまでした。

51 :病弱名無しさん:04/10/07 09:18:00 ID:FQYYcg6z
とすると、のぐち系では、指導者の「人気」を気の能力の一応のバロメーターにしている
ということでしょうか?

52 :病弱名無しさん:04/10/07 11:12:16 ID:gG88Qoly
>>51さん
L3がねじれてますね

53 :49:04/10/07 19:48:51 ID:HoTAkX3x
のぐち系ってなんのことだが正直言ってよく解らないんですが…私は整体に野口先生を慕う人以外が存在するとは思ってないので。
それはそうと
家族持ちには自動車はミニバンが「人気」ですよね。
若者には大出力で足周りも固めたスポーツタイプが「人気」
私の知り合いには一部で軽トラックが「人気」で夏には夕方帰宅する道筋の海で素潜りして夕食のおかずを穫ってくる奴もおりました。
人間には「量」だけでなく『質」も大切なのです。
関係性の取り替えのきかなさ、かけがえのなさ、一期一会であることって誰にでもあると思うのです。
そのようなものとして、日本の伝統の中で『気』はとらえられてきたと思うのです。

54 :病弱名無しさん:04/10/07 20:59:19 ID:qGXtnN57
「客観的なバロメータ」なんてのはが必要なのは凡人だけなわけであって。

ぶっちゃけた話、野口センセの場合は、
「何、『客観的な基準』がないと私の力を信じないって?
 じゃあ信じなくていいよ。」って感じだったんじゃないかと。
俺らもせっかくやるからには、それ位の地点を目指したいものだ。
(これは自分の力に慢心するのとは違う、と思う。)

55 :病弱名無しさん:04/10/08 06:47:11 ID:jVsTJzh9
>>53
ちょっとした独り言なのでしょうから別にいいと思いますが、
運動するから→トレーニングウェア
会社だから→スーツ
休みだから→カジュアル
結婚式だから→礼服
温泉旅館だから→浴衣
山登りだから→山登り用ウェア
海に行ったら→水着
と言ってるのと変わらないと思うんですが。
それはイギリス人でもフランス人でも同じだと思うのですが。
ドイツ人でも車選びは用途で変えると思うのですが。

56 :病弱名無しさん:04/10/08 12:26:45 ID:Ckt4hyXM
>>54
おっしゃるとおり凡人たちのためのバロメーターです。
私も含めて世の中の多くの人が凡人なわけで
平凡な人たちの平凡な家庭に平凡に愉気があることを整体では目指しているわけですから
少しでも捉えやすく受け取りやすくするための「包み」を用意して
それに包んでお渡しする心遣いは必要だと思うのです。
「拈華微笑」で伝承されていくことは確かに理想ですが、
それが極めて困難であることは、野口先生が死ぬ間際まで「空中への放言」を
あきらめなかったことからも充分すぎるほど分かります。
「客観的なぞ糞食らえ」という達人志向も自分の研鑽のためには良いですが、
整体を実践する多くの人は凡人であるということを忘れてはいけないと思います。

ともすれば身体技法的なものはどんどんマニアックなほうに進んでしまい、
鈍感で分からない凡人たちを見る眼が、それとは意識しないうちに
侮蔑や憐憫の混じった眼差しになって鼻持ちならない雰囲気を醸し出しますからね。
整体を極めようという方は是非、達人への道を歩きながらもその眼差しは
普通の人々を暖かく見つめていてほしいと切に願います。

…な〜んて穏やかに書いちゃったけどさ、指導者だったらそうあるべきでしょ。当たり前に!

57 :病弱名無しさん:04/10/08 14:22:36 ID:Ckt4hyXM
.  +   ,,r''~;;;;ノ";;;;;ヽ
     ,i';;;;;;;;,r"~~ゞ、;;ヽ
     ,l;;;;;;;,r"__〜_,,,,'i;;ヽ       いいですかぁ?
    ,l;;;;;l "''"_,、 _、,'l;;;i  +    人という字わぁ
    i;;;;;;l ' ̄ノ ヽ  ゞ;l       上に顔を書くとぉ
    ゞ;;;,,  r `__"_ヽ ,|;/       合掌行気になりまぁす
     ヽ;;;iヽ、~`'''''" /;;ヾ
     ゞ/`r、_-,,,,,,r"ノ''          (´-`)
     / \ `ー- '"ヽ`ヽ、        人  ウーム
  ,-'"~ i   ヽ   /,,\||  ` ::
  ;;,,   フ  ヽ. 〈/ヽ, |   ::''    試験に出しますからねぇ
   '';;,, \   ヽ |  ヽ |,,::''
     '';;,,\   ヽ|,,;;;;;::::'''
      ''::::::;;;;;;;;;;;:::::::::
      ''::::::;;;;;;;;;;;:::::::::

58 :病弱名無しさん:04/10/08 14:51:16 ID:Y0Wz4pHY
>57こういうのがあると和むよ。

フッフッフ。

59 :病弱名無しさん:04/10/08 15:09:58 ID:VuBK6dAN
気というものは目に見えないものです。
「客観的」になかなか捉えられない。
あるのは感応だけ。
生命力をどう客観的に計るか、計れませんよね。
それと一緒ですよ。気を計ろうと思っても計れませんよ。
感じればいいだけです。

60 :病弱名無しさん:04/10/08 17:14:16 ID:Ckt4hyXM
>>59
そんな未来をせばめる考え方はイヤだい!
ボクは畑に玉子をいっぱい埋めて水をやって
一面のひよこ畑をつくるんだい!

     〃〃(`Д´ ∩ 
        ⊂   (
          ヽ∩ つ  ジタバタ

61 :病弱名無しさん:04/10/08 17:15:56 ID:Ckt4hyXM

収穫予想図

     , - 、, - 、      ピヨピヨ
   , - 、i'・e・ ヽ,,・ァ, - 、
  4 ・   ゝ - 、i'e・ ヽ、・ァ
  ゝ   i e・  ヽ、 ,,.-''´|
 |`"''-,,_i   ,,.-''´    |
 |    "'''i"    ,,.-'"
 `"''-,,_.  |  ,,.-''"
     "'''--'''"

62 :病弱名無しさん:04/10/08 18:29:03 ID:u3dsYszL
>60
いや、計ったからといってなんなんだ、というお話ですよ。
数字で表すことが本質を見誤るのではないか、と思うのです。
数字で気を計る世の中の方がなんだか堅苦しい、可能性を縮めてしまう
気がします。


63 :49:04/10/08 19:27:15 ID:q4tF/M0+
>>62
中国ではまさにそれをしているわけで、あれは反面教師として見事だな、と常々感じさせられます。
学術論文量産に向いた考え方=気の計量は、人間の可能性をどこまでも小さくしてくれます。
医療者ー患者、気を出す側ー受ける側といった関係を固定化し、権力構造の永続にも貢献しています。

64 :49:04/10/08 20:08:10 ID:q4tF/M0+
>>55
いや、「自動車は最大出力がすべて、なのに回転計がついていない自動車に
自分だけでなくトレーナーまで乗っているのはおかしい」と聞こえたので
「目的がもしドライブすることなのなら、その上で自分で運転しているなり
トレーナーの運転している車に乗っているなりしているのなら
出力がどんなかは自分の五官で簡単に解るではないですか」
と返したつもりだったのですが。
どんなに多数の計器類に表れる数値より、自分の経験と感覚の方が有効で正確なことは
何の分野の先達後輩を問わず経験されているのではないでしょうか。
それでは、お茶を一杯頂いてから、失礼します。頚椎二番の辺りがどうも変なんで…

65 :病弱名無しさん:04/10/08 21:31:47 ID:p97OfVKj
野口先生の最後はどのようだったんでしょうか?
禁点でご自分の死を予想してらしたのでしょうか?
死因は?
どのような最後だったんでしょうか?

66 :病弱名無しさん:04/10/08 22:09:37 ID:78v5IVB/
指導者の人は、
自分が気をだしているつもりで、相手も気を受けたつもり、
というのと、
自分が気を出しているつもりで、相手は気を受けていない、
という状態、また、
自分が気をだしていないが、相手は気を受けたつもり、
という状態、また、
自分が気をだしている、相手も気を受けている、
という状態をそれぞれ区別しているのでしょうか?
それとも、
整体の場合はそれらは同じことなのでしょうか?

67 :病弱名無しさん:04/10/09 00:26:08 ID:e/07JEq9
>>65
>禁点でご自分の死を予想してらしたのでしょうか?

確か、裕介センセだったかの手をとって
自分の禁点に当てて教えた、って
何ヶ月か前の月刊全生に書いてなかったっけ。
すごい話だ。

68 :病弱名無しさん:04/10/09 01:56:28 ID:e/07JEq9
>>66
「自分が気を出しているつもり」と
「自分が気を出している」とは同じじゃないか知らん。

(「気を出しているつもり」なのに「実は出していない」
ということは、あり得ない。
それは、「私はいま北海道のことを考えているつもりなのに、
実は考えていない」ということがあり得ないのと同じ。)

で、自分が相手に気を出しているのなら、当然相手は必ず気を受けている。
(それを相手が意識しているかどうかは、別の問題だけど。)

69 :病弱名無しさん:04/10/09 02:35:51 ID:f/5kh5Ht
>>68
ネタですか?嘘を書かないでください。

70 :65:04/10/09 07:46:48 ID:V1Bo0cEC
67さん、レスありがとう
すごいですね

71 :病弱名無しさん:04/10/09 09:48:13 ID:zrgwzZ43
>>69 どこが嘘なんですか。ちゃんと論拠を書いてください。

ちなみに、関係ないと思うかも知れないが、キリスト教の聖書からひとつ引用を。

・・・するとファリサイ派の者たちがイエスに言った、
「お前は自分自身のことを証ししている。お前の証は真実ではない」
イエスは答えて彼らに言われた、「たとえわたしが
自分自身について証をしているとしても、わたしの証は真実である。
わたしは自分がどこから来たか、またどこへ行くのかを知っているからである。
・・・もしわたしが判断するとすれば、わたしの判断は真実である。
わたしは一人いるのではなく、わたしとわたしを遣わした父とがいるのだからである。」

別に整体とか気だけに限った話ではなく、
どんな認識であっても、「客観的な基準」というのは基本的にはあり得ないんですよ。
(嘘だと思うんなら、現代哲学か科学哲学の本でも読んでみてください。)
「私の認識の客観性」を証するものは、
「私自身の内から現れてくる客観性」(=「わたしを遣わした父」)でしか、あり得ない。
むしろ、外部に現れる「客観性」は、一般には、単に抽象的な無意味なものに過ぎない。
>>63で述べられている、中国の気に関する「科学的研究」なんかがそうであるように。)

72 :病弱名無しさん:04/10/09 10:01:22 ID:wwUISeiY
>>27 野生の哲学の著者は野口先生をどのように描写していたのでしょうか?
>>65 野口先生は禁点がでるかなり前から自分の死を予測していた模様です。
正確にはわすれましたが、亡くなる前、体の波についての講義でご自身の波について
語られ、今年乗り越えればもうちょっと生きられるなどの旨のご発言がありますし、
我は去るなりの文章も、たしか、かなり前に書き上げられていたと記憶します。
また、整体では、禁点以外にも例えば禁点以前にでる、腹部の死の兆候を読みとる処が
知られています・・・私個人は触ったことはありませんが。、
死因に関しては医者の診断があったはずですが、忘れました。しかし、自然死という
べきでしょう。
先生の最期はほうばの下駄なんかにその風景が美しく書かれています。
(もっとも、それ以外にもまことしやかなうわさを聞かれることがあったかもしれませんが、
その真偽は不明です。)


73 :病弱名無しさん:04/10/09 10:16:36 ID:wwUISeiY
>>71 私は69さんじゃありませんけど、クリックしたら、あったので・・・
>嘘だと思うんなら、現代哲学か科学哲学の本でも読んでみてください
→現代哲学でも科学哲学でも、客観的基準や客観性を主張するものは、多くあり、
むしろ西洋哲学では主流ではないですか?
科学哲学では、有名どころでは、ポパーなんてそうですし、前期パトナムもそうですし、
クーンに関してもパラダイムは比較的客観的基準です。強いて言えば、ファイラバントのみが「なんでもかまわない」と主張していますけど、彼とてある時代のある場所の科学者
集団の客観的基準を否定するものではありません。
貴兄の主張がどのようなものかまだ、わかりませんが、むしろ個人的主観のみある、
と言った独我論は否定すべき論題として現代哲学では扱われているのではないでしょうか?
また、プラトンのゴルギアスにあるように、基準の相対主義はむしろ哲学においては
克服すべき課題であったように思います。
日本で紹介されている、現代哲学の潮流はかつて客観的といわれてきたものを
共同主観としてとらえなおす傾向が強い、ということではないでしょうか?
他の論点はまだわかりませんが、その点だけ疑問に思い、書き込ませていただきました。


74 :71:04/10/09 10:34:12 ID:zrgwzZ43
>>73 おっと、身体板に似つかわしからぬまともなレス有難う(笑

科学哲学に関して言えば、私の趣旨は
「ポパーににろ何にしろ、「客観性」に基準を置くものはつまらない」と
いうことです。
(実は私の専門は物理学なんですけど、あの手の科学哲学は根本的につまらない。
何か「科学」というものを、矮小化されて馬鹿にされた気がする。)
まあ、これは私の好みの問題かもしれません。あと実は偉そうなこと言っておいて
科学哲学は真面目に読んでないので(すみません 笑)、もしかしたら
勘違いもあるかも知れない。

>個人的主観のみある、と言った独我論は否定すべき論題として
>現代哲学では扱われているのではないでしょうか

この部分が私にはわからない。具体的にどんなものでしょう。
普通の感覚だと独我論というのは、私の外部の世界を認めない考えのことで
認識の客観性云々とは別の話のような気がしますが。

>プラトンのゴルギアスにあるように、基準の相対主義はむしろ哲学においては
>克服すべき課題であったように思います。

私が言っているのはいかなる意味でも「相対主義」ではないです。
(むしろどちらかといえばパラダイム論の方が相対主義じゃないでしょうか)
私が言うのは、
「私の認識の正当性は「客観的な事物」の中ではなく、いわば「私の中」に
求められる」ということで、むしろドイツ観念論なんかに近いと思いますが。

75 :通りすがり:04/10/09 11:14:15 ID:o+ABnFRi
科学哲学は基本的に、変なものと科学らしいものの境界線はどこかっ
ていうのを考えるものでしょう。退屈と言えば退屈。新しい科学的研究を
産みだすという期待感はあまりもてない。
もっとシンプルに考えて、統計学的に妥当な統計をとっていけばいい
んじゃないのかなあ。
プロだったら繰り返して相手に効果を引き起こせるし、素人だったら
繰り返して効果を相手に与えられない。それは統計にはっきり出るはず。
何度も効果を与えられればプロ決定。

76 :病弱名無しさん:04/10/09 11:21:57 ID:wwUISeiY
>>74
科学哲学がつまらない・・・了解、これは、個人的趣味もありますものね。

独我論における認識はいわば普通の我々の認識風景とまったく同じなのです。ただ、
真に実在するのは自我とその所産だけであり、他我やその他すべてのものはただ自己の意識内容にすぎないとする主張するわけです。(大辞泉)従って、客観性といことがそもそもない。

確かにクーンの場合、パラダイム間においては相対主義的な観を呈します。しかし、
特定の科学者集団内では何を基準とするかの共通性が前提とされている、というのが
彼のパラダイム論の要の一つだったように思います。

ドイツ観念論と言ってもかなり広範ですが、トフィヒテ・・・、ヘーゲルとどのあたりでしょうか?
わかれば貴兄の主張の理解の助けになります。

と言ってもっこれらの部分は括弧内にある貴兄の傍論であり、とくに中心問題にすべきものでもありません。69さんが答えていただけるのを待つしかありませんね。

77 :通りすがり:04/10/09 11:35:07 ID:o+ABnFRi
>>71
科学哲学をそういう読み方してもしょうがないよ。
よりよい客観性を求める運動と考えなければ、それは面白くないはずだよ。
主観と客観の間を常に往復して、主観と客観を変化させるのが人間でしょう。
71氏は主観と客観が固定されていると考えてるようだけど。私の勘違いかな。

78 :71:04/10/09 11:48:00 ID:zrgwzZ43
>>76 レスdクス。

>ドイツ観念論と言ってもかなり広範ですが
例えばカントだと感性と悟性の形式から知識の正当性が主張されるわけですよね。
ヘーゲルだと「理性的なものが現実的である」わけで(笑)、
いずれにせよ「客観的」な事物の証明が知識の正当性を確保する、
という図式にはなってない。
(別に私がカントとかヘーゲルの考えに全面的に賛成するわけではないですけど)

私の考えでは、自然科学というのは
「昨日は太陽が東から昇った。今日も太陽は東から昇った。
だから明日も太陽は東から昇るだろう」ということだと思うんだけど、
別に昨日太陽が東から昇ったからといって明日も東から昇るという
必然性はない。
この「科学的認識の根源的な無根拠性」を、中途半端に正当化しようとする
考えは、私にはつまらない。
例えば>>75さんの言うように「統計」を持ち出せば話はわりと簡単だけれども
「統計的に言って明日は太陽が東から昇るだろう」というのでは私はつまらない。
(天気予報は統計だけれど、科学的認識は統計ではない、と思いたい。
実際、我々は明日も確実に太陽は東から昇るだろうと考えて生活しているわけで。)

私の好きなのはパスカルで、彼の認識論を普遍すると
「その認識が本当に正しいのかどうか、私は知らない。それは『賭け』である」
となるわけです(笑)
いずれにせよ、このスレで私が主張しているのは
通常の科学的認識であってもそれは「客観的な基準」からは得られないとすれば、
整体だとか気だとかいった事柄は、尚更そうであるのが当然なんじゃないかと。

ちょっとスレ違いになってきましたな。すまん

79 :71:04/10/09 11:54:08 ID:zrgwzZ43
>>77
> 主観と客観の間を常に往復して、主観と客観を変化させるのが人間でしょう。
これ具体的にどういうことでしょう。解説してください。

80 :通りすがり:04/10/09 12:13:56 ID:GSbHac17
気の概念は、物理的実体や心理的錯覚や生体的反射や文化的な習慣が混ざっている
から、気の構造を数式表現できるわけないんで、気の数量的な測定もできない。
それなら統計でいいんじゃないかと思って統計と言ったのです。
統計が客観的真理とはまったく思わない。けど、無いよりはマシかと。
単純な話、職人なら1000個作って10個ミスする。
素人なら1000個作って900個ミスする。
そういうのはハッキリ数字に出るんじゃないかと。
しかしその数字は客観的真理とは違うと。イチローが262本ヒットを売っても
真理とは誰も言わないように。
科学的客観や客観的真理とは別に、そういうのはあって良いんじゃないか、
そういうことじゃないでしょうか。

81 :通りすがり:04/10/09 12:45:03 ID:GSbHac17
>>79
主観や客観は、何がみんなにとって受け入れられる正しさか、とみんなで話し
合って、それぞれの意見に反発したり賛成したりしている、その過程で
揺れ動いてるもんじゃないだろうか、と単純なことを言いたかったんですが、
何か変なこと言ったかな。

82 :病弱名無しさん:04/10/09 13:10:26 ID:wwUISeiY
>>78
カントの場合、悟性と形式からというのはカテゴリーについてであって、もの自体と対比
される、現象する世界の客観的な科学的に認識を否定するものでなく、むしろそれを基
礎づけようとしたものです。
ヘーゲルの場合、事象から離れた客観的な基準を否定しただけで、あって、基準となる
ものさしは事柄そのものある、というのが主張だった思います。彼の場合、いわば、神の
主観たる絶対的精神の発展生成として現象があらわれるわけですが、客観的基準を否
定したわけではない。

昨日は太陽が東から昇った。今日も太陽は東から昇った。
だから明日も太陽は東から昇るだろう」ということだと思うんだけど、

>別に昨日太陽が東から昇ったからといって明日も東から昇るという
必然性はない
→論理的必然性がないのは確かです。また、法則に媒介された因果的必然性
という意味では、普通の科学者は、ある、というのではないでしょうか?

>科学的認識の根源的な無根拠性」
これはわかりにくい表現で、また上の記述とのつながりがわかりません。
この領域で無根拠云々というのは、ある現象がそのようにあるという根拠がある特定の
法則で説明できるにせよ、その法則の根拠は・・・・という風に根拠の根拠へと無限遡
に陥る、そこで、どこかで、無根拠で、ただ、そのようにある、ということを受け入れなけれ
ばならない、という議論でしょう。





83 :病弱名無しさん:04/10/09 13:11:11 ID:wwUISeiY
>いずれにせよ、このスレで私が主張しているのは
通常の科学的認識であってもそれは「客観的な基準」からは得られないとすれば、
→通常の科学的認識はどれくらい厳密にいうかば別にして実践に耐えうる客観性を
有しています。相対性理論や量子力学の観察者などの考察は別にしえ、
日常の経験では、ものさし、と時計さえあれば、動きは描写され、ものさしも時計も普通
の意味で客観的なものです。

>整体だとか気だとかいった事柄は、尚更そうであるのが当然なんじゃないかと
→このことがおっしゃりたいならことさら科学と絡めなくてもよいのではないかと思います。
そして、多分、数式や数で表現されなくても、客観性というものは確保されます。
ある物体を2人が見つめて、違う角度からみて、彼らのに映じる射影相はことなるにせよ、
あれは自動車である、という認識が合致すれば、それが日常的な意味での客観的認識と
なります。
これに対して、私はこれが好きだ、私はこれはつまらないと思う、というのはかなり主観色
が強い認識になります。
そこで、
貴兄のご主張は、気は客観的存在者でありながら、その認識が
好き嫌い同様な意味で主観的にしか実現されないもの、ということなのでしょうか?

84 :病弱名無しさん:04/10/09 13:48:57 ID:lfIlD3p2
上の人たち。
言っていることが難しい。というか、読むのが大変です。
その思考形態がスゴイと思いますね。
こういう人たちは1種体癖なのですかね?

85 :84:04/10/09 14:03:30 ID:lfIlD3p2
そして上の論議の行き着く先には何があるんですかね。
僕には将棋とかゲームのようなことをやってるように見えます。
ポパー、デカルト、パスカルが将棋の駒で、それらを駆使し王将(相手の首)を狙っているというような感じ。
いや、そんな野蛮な雰囲気というわけではないんですけどね。

86 :病弱名無しさん:04/10/09 20:55:56 ID:WOOQULqm
視力回復の方法を習ったので実行している。
が、もし体験談があるのなら教えてほしい。
ちなみに自分の視力、両目で0.02(右)、0.03(左)ぐらい。

確か方法として習ったのは、
1.メガネをはずす。
2.1週間減食をする。(炭水化物、蛋白質、脂肪は拒否)
3.終了後、良質のたんぱく質を摂る。
4.本の文字をピントを合わせて読む。
5.または赤か黄色の紙に書かれた文字を読む。
6.目の疲れをとる(具体的には目の活元運動をやる)

この5つで1ヶ月くらいで視力が良くなったと、過去の月刊全生の
バックナンバーにあったのだが、他に体験者はいないだろうか?是非頼む。

87 :71:04/10/09 21:30:23 ID:dNxProso
>>82
カントもヘーゲルも勿論客観性を否定したわけではないですね。
ただ何というか、その「客観性」を保障するものはあくまでも
悟性と感性との形式であったり「概念」であったりするわけで、
それは我々が普通に言う近代科学的客観性とは違う、いわば
「主観的な客観性」なわけでしょう。(←へんな言葉ですが)
むしろ、近代科学の客観性そのものの基礎付けをするためには
近代科学的な客観性の中にいるだけではだめなわけですが。
まあ私は別にドイツ観念論を信奉しているわけでもないので
無理に彼らを自分の味方に引き入れる必要もないのだけれども。

>論理的必然性がないのは確かです。また、法則に媒介された因果的必然性
>という意味では、普通の科学者は、ある、というのではないでしょうか?

私も一応普通の科学者のつもりなんですけども(笑)それはそれとして、
そこに因果的必然性が存在することを主張する根拠は?と言いたいのですが。
繰り返すけれども何日間続けて太陽が東から昇ったところで
そこに「因果的必然性」を帰結すべき根拠にはならない。
それを私は「科学的認識の根源的な無根拠」と言ってるわけです。
(ものさしで計ろうと時計で計ろうと同じことです。)
「根拠の根拠の・・と無限に遡る」という意味での「根拠」とは
ちょっと意味合いが違うように思う。

だから、私の主張は
「<気>だろうと他の何だろうと、その客観性を保証するものは
我々のいわば<内的な客観性>なんですよ」ということです。
また繰り返すと、幾ら実験事実(昨日太陽が昇った)を重ねたところで、
相対性理論なり何なりの客観的真実性(太陽は必ず東から昇る)を保証することには
ならない。だからそれを保証するものがあるとすれば、それは
もう少し別のものでなくてはならない。

88 :71:04/10/09 21:36:07 ID:dNxProso
>>84
すみませんね。
やや場違いなことは重々承知してるんで(笑)、
いちおう自粛の方向に向おうとは思ってます。
ただ、別に我々は相手に勝とうと思って議論してるわけではないです。
(別に2ちゃん上で相手に勝ったって何にもならない。)
哲学というものが、ある人々にとっては重要なものであり得る、
ということを知っていても良いのでは。
例えば、このような背景があるからこそ>>68みたいな主張が出てくるわけで。

あと私は1種じゃなくて2種だそうです。

89 :病弱名無しさん:04/10/09 21:56:02 ID:AHXQfrP0
野口先生は中村天風先生とは
会ってないですよね
同じ時代だし同じ東京だし
出会ってたら面白かっただろうな
2人の対談なんて聞いてみたい

90 :病弱名無しさん:04/10/09 23:22:50 ID:ucdJ7apG
>>85 行き着く先はお互いの深まった理解です。ただ、理解には忍耐が必要なわけです。
>>86 私には資力回復には全く効果ありませんでした。
>>87
>何日間続けて太陽が東から昇ったところで
そこに「因果的必然性」を帰結すべき根拠にはならない
→ご承知のようにそれがヒュームからカントへの議論の道筋です。
昨日そうだから、明日そうとはかぎらない、というのがヒューム
因果性の認識の形式はアプリオリだ、というのがカント
もっともここらへんは哲学プロバーの話題になりましょうから、深入りは抑制しましょう。

><気>だろうと他の何だろうと、その客観性を保証するものは
我々のいわば<内的な客観性>なんですよ」ということです
→ここがわかりにくいのです。科学や哲学の伝統的な見解ならば、客観性を裏付ける
のは客観性そのものです。(因みにカントならばアプリオリな形式です、となるんではないでしょうか)
すこし現代的な思想家になると客観性を裏付けるものは共同主観です、とか、行為の一致です、とかになる。
内的な客観性といことで、それは経験に裏付けられた、ということでしょうか?

91 :病弱名無しさん:04/10/09 23:30:52 ID:ucdJ7apG
>>87
要するに、
気の内実はなんにせよ、それは原子とか電磁波などいった自然科学的な物質ではあるけ
れど、
それは味覚や美の対象のように、その存在や属性は主観に依存することが強い存在者だ、
ということなのでしょうか?

92 :71:04/10/09 23:51:13 ID:dNxProso
>>90
そうそう、カントの場合因果律を裏付けるのは純粋悟性概念なわけでしょ。
だから、私が何かの認識が客観的であると思ったときに、
「それを裏付ける純粋悟性概念とやらをここに示してみろ」と言われても、
客観的な実験事実のようなものとしては、示すことはできない。
(せいぜいが純粋理性批判を出して、これ読んでください、と言うくらいで。)
そういう意味で「内的」と言ってるのです。

カントではなくて私自身の「内的な客観性」というのについては、
我ながら説明不足ですね、すみません。
はっきり言うと私の考えはここで宗教入ってます。
>>71でキリスト教なんか出して来たのは、別に私がキリスト教徒なわけではなくて
他にこれについて明確に示しているものを(パスカル以外は)知らないからです。
その知識が客観的であることを裏付けるものは、
「わたしを遣わした父」である、と。
(それは要するに哲学の放棄だ、と言われたら返す言葉はありません。
全くその通り。)

93 :71:04/10/10 00:04:51 ID:OM9D5HjV
>>91
「気」が何なのかはっきり言って私は知りません。
(たぶん、というか確実に、クオークとか電磁波とかグルーオンとかいった
素粒子の一種ではないでしょう。
じゃあ何だ?と言われると私にはわからない)

で、上からずっと書いているように、
気が出ているということを裏付けるのは、
それを示す「客観的」な事実(中国人の科学者が何を測定してどう、
といったような)ではなくて、
私自身がそれを感じている感覚そのものだと思うわけです。
で、だからといってそれが特別に「主観に依存することが強い」という
わけではない、他のものだって同じ程度には「主観に依存する」ものですよ、
と主張しているわけです。

興味のない人には興味のないことを、非常に長く書いてすみませんね(汗
いちおう多少は反省してます。
もう寝ます m(_ _)m

94 :84:04/10/10 00:05:14 ID:LS84IJ8k
いや、批判的な意味合いでいったわけじゃないんです。
僕は人間同士の理解は言葉を通してでしかありえないのに、
それさえも限界がみえてることにモドカシサを感じていて、
「100%の理解はありえないのなら、どこまで理解すればいいのか?」という線引きが未だにできていないのです。
それで巧みに言葉を使える人たちにヒントを得ようと、「行き着く先は〜」などと訊いた次第です。
話し合いじたいは興味がありますし、スレが廃れるのも困るので、僕は続いてほしいなと思っています。



95 :病弱名無しさん:04/10/10 00:23:24 ID:poXLSVYL
なんか、理屈っぽい哲学みたいな、一般の人には全くワケわからん話が出始めてから、このスレ全然面白くなくなったな。
レスしたヤツだけしか読んでないでしょ。

96 :病弱名無しさん:04/10/10 00:34:58 ID:u6Tr1NFG
私は読んでます
秋だから仕方ない
そのうちなんとかなるでしょ!

97 :病弱名無しさん:04/10/10 00:39:10 ID:LS84IJ8k
じゃあ、別の話題をだせばいいのでは?
ということで、質問します。
僕は整体協会会員ではないのですが、
皆さんは、どういった風に、野口整体を知り、協会に入ったのか教えてください。


98 :病弱名無しさん:04/10/10 01:04:47 ID:u6Tr1NFG
イキナリそう言われて
答えられる人も少ないんじゃないかと。。。
私は友人に誘われて
活元会に何度か参加して
整体という全く新しい世界があることを理解して
それから
整体を生きる
その手助けにと入会しましたね
ところで>>97さんは何故このスレに?


99 :97:04/10/10 01:21:53 ID:LS84IJ8k
会員ではないですが、野口晴哉氏の著作には興味があります。
僕は体が弱く(皮膚の障害)、健康ということについて考えざるを得ないときに、
偶々というか『整体入門』を手にして、その内容から、野口氏の聡明さ、ユニークさに感化されました。
そして「自分であることの基本である身体のことすら知らないで、なにができようか」と考え出したのです。
それでこのスレッドを見つけて読んでるのです。

100 :病弱名無しさん:04/10/10 01:39:05 ID:u6Tr1NFG
そうでしたか
私自身はアトピー性皮膚炎がひどく
いつも薬で押さえ込んでいたのですが
原因は心理的なものだと思ってました
整体に病気治療は全く求めていなかったのだけど
活元を毎日するようになって
数カ月後
アトピーが出なくなっていることに気付いた時は
嬉しいというか理由が理解できないというか
とにかくしばらくは混乱して
やがて自分と身体と心理についての考えが基本的に変容しましたね
それから十数年
アトピーとは縁が切れたまま
整体は深まった、かなあ?

101 :97:04/10/10 01:56:51 ID:LS84IJ8k
野口氏の言葉は、活字を通してもなお力を持っているような気がして、それが魅かれた理由かもしれません。
一口に西洋医学といっていいかわかりませんが、現在の医療には否定的でした。
例えば、皮膚科に行くと数分の診察の後、塗り薬を処方しますよね。
でも皮膚に問題がでた原因は探ろうとしない。それは「臭い物に蓋」と同じ事ではないだろうか。
野口氏の言葉は「人間の身体は信頼に値するものだ」といっている風に、僕は解釈しました。
体が不調なことを、よく観察もしないで文句いうのはお門違いではないか。そう思ったのです。
それで身体を深く知るために、野口氏の手法、思考を真似させてもらいたいのです。
残念なことは、僕が生まれた時分には既に野口氏が亡くなっていたことです。
100さん、宜しくです。

102 :100:04/10/10 01:59:51 ID:u6Tr1NFG
こちらこそ宜しく。

103 :97:04/10/10 02:09:22 ID:LS84IJ8k
どういった状態が、活元運動がでてる状態かよくわからないんですが、
整体入門を片手に、活元運動を実行して眠ることにします。

104 :100:04/10/10 02:17:11 ID:u6Tr1NFG
そうですね
本を読んだだけではなかなか難しいのではと思われますが
気楽に体の中から起こってくる動きに身を任せ
或いはそれを増幅させていれば
そのうちなんとかなるかと。。
活元会でお会いできたらいいですね
私も活元運動してから寝ることにします。
おやすみなさい。

105 :病弱名無しさん:04/10/10 05:42:23 ID:U5rjuCLJ
>>101
皮膚科で塗り薬をもらったから西洋医学に否定的になるという話の繋がり
がいまひとつ理解できません。私は大人になって原因不明の酷いニキビ
が顔中に出てきて、塗り薬と飲み薬を飲んで綺麗に治りましたよ。
ニキビ痕も残ってません。もし薬を使用しなければニキビ痕が残って
たと思います。薬を使用せず操法と活元と足湯などの実践で
ニキビ痕をなくすことが出来ればそうしたいですが、可能なんでしょうか。

106 :病弱名無しさん:04/10/10 06:47:22 ID:bmvPvi6C
スレを見る人はまだ、活元や指導を受けたことのない人から、体験うん十年というひとまでい
ますから、関心の対象はいろいろでしょう。読む、書き込むということが、が義務でもないので
すから。それぞれ、野口整体の分野で関心がある話題を提供し、また、レスすればいいので
はないのでしょうか?私は、自分が興味のあるもに対してレスし、また、それほどでもないもの
は読み流させていただいております。独り占めする気持はありません。
 体癖によるのでしょうけど、野口先生は体験重視派でした。私も体験を軽視するつもりは毛
頭ないし、またその実証が重要なのですが、体験といえども、本人の解釈がふくまれているし
、錯覚的体験もある・・・そこで、体験から理論へ、実践からその仕組みへ、という整体の理論
や仕組みなどに関心があります。
例えば、>>80さんのような気のとらえ方にも興味あります。発展させていただければありがた
いのですが・・・・(この方はもしかして気をトランスなどとも関連づけていた方かな、とも思うの
ですが・・)。
>>105 そのような判断はむずかしい。例えば、私に皮膚病ができたときにも、なにもせずそのま
ま経過しました。1年はかかった。私の場合はうまく経過した。しかし、皮膚病といってもそれは
医学的に何病かもわからない。もっとすごい病気の兆候の場合だってありえる。また、整体やっ
て皮膚がきれいになるなんて保障もない。文字通り自身をどれだけ信頼できるか>>101というこ
とでもありますが、自身をどれだけ理解しているか、また、自身に裏切られることだってある!
また、医療の方が便宜だという価値判断の人もいる。だから、他人には整体という選択肢がある
ことだけ薦める。あとは個人の判断なのだと思います

107 :病弱名無しさん:04/10/10 08:27:52 ID:NW2pAPxt
>>105さん >>106さん
薬で治ったとしても、放置して自然に治ったとしても
活元や整体で治ったとしても
治したのは私たちの中にある自然治癒力です
死んだ人間に薬を注射しても
病気はなおらないことからも、お分かりいただけると
思います。
ただ、薬は自然治癒力を奪う
整体は活元は自然治癒力を高めます
だから105さんの皮膚病は失礼だけど
薬で治らないほうが良かったんです。
治らなければもっとご自分を見つめる道に
進まれたかもしれません。
原因不明の皮膚病とかかれていらっしゃりますが
医学的に原因不明でも、原因はご自分の
中にあります。
ゆっくり呼吸できる精神状態にありましたか?
体の掃除がちゃんとできていましたか?
皮膚病は治ってもこういう所を改善しなければ
より大きな病気になります。
言い換えれば、危険信号として皮膚病になったんです。

108 :病弱名無しさん:04/10/10 08:50:24 ID:mIGwWroA
いくらそのあと自分を見直すようになっても、醜いニキビ痕ができるようなら、
それは西洋医学のほうが勝っていることになる。
結局医など効くか効かないかだからだ。

野口整体でニキビは跡形もなく消えるのか?
あるいはすでにあるニキビ痕は消す事ができるのか?
著書にはアザを愉気で消す話が出てるが、実際そういう傷跡やニキビ痕を愉気などで消せた人はいますか?

109 :病弱名無しさん:04/10/10 08:58:54 ID:PmC/BAMo
>だから105さんの皮膚病は失礼だけど
>薬で治らないほうが良かったんです。

そりゃ野口整体の理屈から言えばその通りだし、
実際本当にそうだったのかも知れないけど、
でも>>105さんの体を本当に見たこともないのに
そんなことを断言できる?

例えばあなたがそういうアドバイスをした相手に
結果として一生消えない「ニキビ痕が残って」しまったとして、あなたはそれでも
「痕が残ろうと、自然に経過したからよかったんですよ」と言えますか?
それとも、自然に経過すればそういう結果にはならないよ、と言いたいのでしょうか?

110 :病弱名無しさん:04/10/10 09:03:26 ID:mIGwWroA
もし

@体質の改善が起こり、ニキビも跡形もなく消える。

なら野口整体は西洋医学より優れていることになる。


しかし

A体質の改善は起こるがニキビ痕は残る

なら


B体質の改善はされないが、ニキビは跡形もなく消える

ほうがずっと優れている。
なぜならニキビ痕はずっと残るが体質改善などいつでもできることだからだ。

111 :病弱名無しさん:04/10/10 09:13:47 ID:mIGwWroA
だから

>>107

>だから105さんの皮膚病は失礼だけど
薬で治らないほうが良かったんです。


これは無責任かつ無知な発言としかいいようがない。
もしその時点で即座に症状が改善に向かっていなければ、
大人のひどいニキビなら跡に残っていた可能性が非常に強いからだ。
もし痕に残っても「自分を見直すことができたのだからそのほうが良かったのですよ」と>>107は言うのだろうか?
あるいはニキビ痕を消すことが>>107にはできるのか?

112 :病弱名無しさん:04/10/10 09:20:20 ID:mIGwWroA
特に外見に関わる皮膚病の場合、病根よりも何よりもまず症状を消すことが求められる。

野口整体に西洋医学に匹敵、あるいは凌駕するほどの皮膚病に対して即効性がある対処法があるのならともかく、
もしそうでないなら、西洋医学を批判する資格などまったくない。

想像だが野口晴哉先生も、「皮膚病を一年我慢しろ」とは言わないのではないか?
おそらくそれなりに即効性のある対処法を提示したと思うんだが。
「皮膚病の急処」とか本に書いてあったよな?

113 :病弱名無しさん:04/10/10 09:24:10 ID:poXLSVYL
確かに107の書き込みはキレイゴトの感はあるね。
ホントに患った人を何人も診ていれば、安易にそういう発言はできないと思う。

患った苦しみは、絶対に本人にしかわからないからね。


114 :病弱名無しさん:04/10/10 09:32:26 ID:PmC/BAMo
みんなから総攻撃受けてますな(w
まあ、常識的な人が多くてよかった。
しかし、「私なら薬を使わずにきれいに直して見せますよ」
と言う人が出てきてほしいのも事実だが

115 :病弱名無しさん:04/10/10 09:44:49 ID:b5BvXTI1
同じ野口整体を学ぶ者として>>107のような者は恥ずかしいです。
皮膚病というものがどういう苦しみかは私も知っていますからね。


>>112
西洋医学よりも即効性があり、かつ病根(体の歪み)を消し去る対処法が野口整体には存在します。

また、すでにできてしまったニキビ痕も消すことができます。
野口先生はあまり積極的ではなかったようですが、そういうアザや傷跡をよく直している門下の方もいらっしゃったようです。

116 :病弱名無しさん:04/10/10 09:46:17 ID:bmvPvi6C
>>107
>>106にもレスがついていたので・・・
まず、価値判断の問題が先行すると思います。整体を選択するか、医療を選択するか?
仮に整体だと、自然治癒力がつくとして、それでも確実に痕が残らない、また、副作用も
少ない医学的方法があるならば、そちらを選ぶ人もいる。いや、整体だ、という人もいる。
同様な事実の資料を与えられても価値判断は個々別個で、またそれは尊重されるべき
ものと考えます。
それに、自然治癒力の自然ということにも多少問題提起したい。
たしかに、自然は生物をはぐくみます。
しかし、  同様に、震災などのように、自然は善良な人々まで不条理に命奪うものです。
そうした両極面をもっている。
そして、人にはいくら活元やってもなにやってもコントロールできない自然というものが「自身」の中にあります。
自然治癒力もあれば自然破壊力もある。
その自然破壊力についてまで、理解した上で整体を選ぶ、というならそれはそれでいいのだ、と思います。
「体のお掃除をしています」、と本人も思い指導者も思って皮膚から膿のようなものを排泄
しながら、当人が若くして、死んでしまったという話しは古手の関係者なら聞いたことがある
人もいると思います。その例では、本人もご家族も理解があったので問題はおきなかった
そうですが、そういったことまであり得るのだ、ということまで、納得した上ならなんら問題も
ないと思っています。




117 :病弱名無しさん:04/10/10 09:56:00 ID:PmC/BAMo
まあ、もう>>107タンへの攻撃はやめておきましょうよ、みんな(笑

>>116=106さんはかなり古参なようですが、
今までに自分の体、或いは他人の体で、
「この場合は整体よりも、西洋医学で直すべきだ」と
判断したようなケースはありましたか?
それとも大体、自然な経過で済ましています??

118 :病弱名無しさん:04/10/10 09:57:12 ID:b5BvXTI1
ですから、整体には確実に痕が残らず即効性があり、かつ自然治癒力がつく対処法があります。
「確実に綺麗に直るか、あるいは病根から直すか、どちらか片方だけ選べ」なんていう必要性はないのです。

>>116
意味のない比喩でわかったようなフリをしないでください。
自然界の震災などは自分の体外で起こった事ですが、自分の体の中で起こった現象である以上、
それは体を破壊する方向には絶対に向かいません。
一瞬悪化するように見える事はあっても、いわゆる好転現象ですから、その後には快愈します。
またその好転現象で命が奪われるということもありません。
膿みを排泄しながら死んだ話は私も知っていますが、それは対処を間違った例として知っています。

119 :病弱名無しさん:04/10/10 09:58:16 ID:bmvPvi6C
>>112
整体で皮膚病と言えば、腰椎1番、恥骨の操法です。
即効性があるかどうかは疑問です。
私は昔水虫ができていた。恥骨操法やっても変わらず、しかし、
活元などで体が変わってくると恥骨をあえていじらなくても自然にできなくなりました。
>「皮膚病を一年我慢しろ」とは言わないのではないか?
→野口先生は「1年我慢しろ」とはいわないでしょうが、野口先生のもと
何年、何十年と症状をかかえていた人は知っています。
野口先生は症状をかかえたままでも元気を引き出す名人だったのだ、と思います。

120 :病弱名無しさん:04/10/10 10:00:53 ID:mIGwWroA
はっきり言って症状を治せないのなら何の価値もないだろう

121 :107:04/10/10 10:03:44 ID:NW2pAPxt
107です
貴重なご意見有難うございます
にきびの跡は消えます。
私の中では消えるのが当たり前という考えで
発言しております。
整体では恥骨でしょうか。
しかし、デリカシーのない部分も
あったようです。
ごめんなさいね。
また、私自身はいくつかの病気を患い
医者でダメで
色々な方法を数十年間模索し
自分の病気を治しました。
野口整体の方は否定なさるかも知れませんが
例えばそのひとつが玄米菜食とヨガなど
しかもかなりストイックなものです。
病気をとうして私は自分の体を深く
見つめるようになりました。
多分医者で治っていたら
自分の体をここまで見つめなかったし、
薬で症状を抑えていたら
もっと大きな病気になったと思います。
ですから私は病気になったこと
そして医者で治らなかったことに
深く感謝しております。



122 :病弱名無しさん:04/10/10 10:05:17 ID:mIGwWroA
>>119
>何年、何十年と症状をかかえていた人は知っています。

どんな症状?
症状があるということは、体にどっかしら異常があるということだ。
あなたの水虫が自然に治ったように、体が本当に良くなればその症状は消えたはずだ。
結局その人が自分の体を治そうと言う気がなかっただけだろ。
「症状があっても元気を引き出せる」なんて情けない言い訳を野口氏は本当にしたのか?

123 :病弱名無しさん:04/10/10 10:12:45 ID:bmvPvi6C
>>117
自分の体ではいまのところとくにありません。しかし、これからも医療の助けを借りる可能性
を閉ざすつもりもありません。また、他人の体では、体触って鈍そうな体の人って
いるでしょ、本人は健康だと思っていても、いつ脳溢血になるかわからないような・・
そういう場合、整体の理解があるならともかく、お医者さんにいって診断受けた方がいい
のでは、と思うことはあります。
>>118
>意味のない比喩でわかったようなフリをしないでください。
→ふりをしているつもりはありません。また、特にわかっている、とも思っていません。いろんなことに興味があるだけです。 ところで自然破壊力に関しては貴兄への批判ではありませんので・・・
>自然界の震災などは自分の体外で起こった事ですが、自分の体の中で起こった現象である以上、
それは体を破壊する方向には絶対に向かいません。
→体外も体内も同じ自然です。破壊あって創造がある。秩序を保ちつつもそのなかで破壊現象があり、ときにその秩序全体を破壊することもあります。
>一瞬悪化するように見える事はあっても、いわゆる好転現象ですから、その後には快愈します。
またその好転現象で命が奪われるということもありません
→そういう場合が大半かもしれません。しかし、そうでない場合もある、ということです。
>膿みを排泄しながら死んだ話は私も知っていますが、それは対処を間違った例として知っています。
→そうかもしれません。しかし、これからも、間違いを犯さない人間はいません。できることは
間違いや限界から学んで過信しないことだと思います。


124 :病弱名無しさん:04/10/10 10:12:50 ID:N7bX2sXh
>>121
>にきびの跡は消えます。
私の中では消えるのが当たり前という考えで
発言しております。


ニキビではなく、ニキビ痕を消せるのですか?
文章では伝えきれないだろうけどどうやって消すのですか?
やはり愉気でしょうか?

125 :107:04/10/10 10:14:09 ID:NW2pAPxt
またにきびではなくアトピーですが、
2人の娘がひどいアトピーでしたが
薬を一切使うことなく治すことができました。
皮膚病の苦しさはいやというほど
わかっております。
みんながうちの赤ん坊を見ると
避けて逃げるんです。
親としてはきつかったです。
でも発熱の度に薄皮を剥くように綺麗になりました。
いまは見事に綺麗な肌の女性に成人しました。
薬を使わなかったからここまで綺麗になったと思います。
整体はいたしました。

126 :病弱名無しさん:04/10/10 10:23:12 ID:bmvPvi6C
>>122
>どんな症状?
野口先生の指導を直接うけた女性の話が印象的でした。若いころ、病名はしりませんが、
(彼女も医者にいってないのでしらないでしょう)
特に痛みに悩まされた、野口先生の指導をうけていたのですが、お家では床を足でどんどん
たたきつけながら痛みに耐えたそうです。それでも医者に行かず、野口先生についていった。それが何年も続いたそうです。はじめて聞いたときは、野口先生でもそういったことが
あるのかああ、と思った記憶があります。彼女の言葉印象的でした。「野口先生は私に
とって光りみたいなものでした」といっておられました。
本にある例では、安岡章太郎の脊椎カリエスの話しなどもありますね。自分で治したこと
を褒めているのですが、その後も車にぶつけられるたびによくなった、話し。かれはずっと
野口先生の操法をうけていましたよね。

>「症状があっても元気を引き出せる」なんて情けない言い訳を野口氏は本当にしたのか?
それを情けない、と感じるか、あるいは、すごい!!!と感じるかは人によるとは思います。


127 :病弱名無しさん:04/10/10 10:27:19 ID:bmvPvi6C
>>125
わたしもアトピーを整体を受けながら経過した例は知っています。
ただ、言いたかったのは、個別のケースを直ちに普遍化できないこと、
それと、医学を選択する余地も個人に与えられているということです。
私の意見であって、貴兄を非難しているわけでもないのであしからず。

128 :107:04/10/10 10:40:35 ID:NW2pAPxt
107です。私は東洋医学の治療所を経営しております。
治療という名前を使う以上、整体という名前を使うのは
野口先生に失礼と思い、整体という名前は使用しておりません。
が、整体の技術は使わせていただいております。
ニキビより、アトピーの方が圧倒的に多いので
アトピーを例に挙げさせていただきます。
ステロイド剤を使ってない方は治りが早いです。
重症の方の場合、風邪などの発熱で治っていくのが
一番きれいに、たんにアトピーが治るだけでなく
美肌になります。きめの細かい美しい肌。
自然の力のすごさを感じます。
風邪を引ける体、風邪をとうして病気を治せる精神状態
そういうふうに導くのが大事だと思います。
野口先生の「風邪の効用」での考えのすごさを感じます。
病気は敵ではなく、何かを自分に知らせてくれているんだと
思います。

129 :101:04/10/10 10:41:19 ID:LS84IJ8k
>105
うーむ。例えが悪かったですかね。誤解があるようで。
塗り薬、西洋医学の直接批判ではなく、
西洋医学を扱うものの批判というべきですか。
今まで僕がかかった医者は、先に述べたように「臭い物には蓋」式に処方してくれただけでした。
その病気が発生した理由には触れませんでした。
西洋医術の即効性、直接性は有効だと思います。
でも、それだけではなく根本を観るということも大事ではないでしょうか。
どちらも状況に合わせてうまく使えればいいのです。
要は、使う人次第なのです。と僕は思ってます。

130 :107:04/10/10 10:46:10 ID:NW2pAPxt
107です
あと私はヨガ教室も経営してるのですが
ヨガの呼吸法も皮膚病に有効です。


131 :病弱名無しさん:04/10/10 10:56:07 ID:mIGwWroA
で、皮膚病は即効性が重要なんだが野口整体はそれも備えているの?

132 :病弱名無しさん:04/10/10 10:57:37 ID:bmvPvi6C
>>118自然界の震災などは自分の体外で起こった事ですが、自分の体の中で起こった現象である以上、
それは体を破壊する方向には絶対に向かいません。
一瞬悪化するように見える事はあっても、いわゆる好転現象ですから、その後には快愈します。
またその好転現象で命が奪われるということもありません。
→誤解しているといけないので、うかがいますが、
例えば、癌やエイズはどうでしょうか?法定伝染病はどうでしょうか?
こういったことも含めておっしゃられておられるのでしょうか?




133 :105:04/10/10 11:26:19 ID:1RUDic/X
ニキビの話を出した者ですがいい歳をして出てきたニキビをどうするか
最初に私はこう考えました。何故顔と胸と背中がニキビだらけになったのか
私は知識はないですが多分職場のストレスが原因だと思いました。
ホルモンバランスが崩れていると思いました。とりあえず肉と揚げものを減ら
して野菜を増やしました。自然に治ると思ったからです。私も薬は何も飲みたく
ないと考えたからです。
でも治らないどころか帯状疱疹じゃないかと思うくらい酷くなってきました。
それで皮膚科に行って薬をもらいました。野菜をいっぱい摂るようにそして
豆類、コーヒー、刺激物、酒たばこ、肉をやめるように皮膚科医師に言われました。
薬を塗ってニキビの腫れが引くのに2ヶ月くらいかかりました。
痕が完全に無くなるのに4ヶ月以上かかったと思います。漢方薬も処方されましたが
体質に合わないようなので途中でやめました。
私は今まで自分の体に自信があって薬を飲むのはよくないことだと思っていました。
肌にも自信があったのですが吹き出物でこれほど悩んだことがないのです。
肌に自信がなくなりました。今回のことで私が考えたのは体質改善はとても
大事だということ、でも体質改善は時間がかかりそうだし表面的に痕が残る
のは嫌だということでした。今の労働環境は酷いのでストレスに無縁な生活も
できません。
この場合考え方としてひとつは痕が残ってもいいから体質改善するまで薬は
付けずに頑張る。ふたつめは薬を塗って痕は残さないようにしてゆっくり体質
改善をはかる。どちらも一長一短なのでしょうが私は後者を選択しました。
後悔はせずその選択は正解だったと信じています。考え方はいろいろあり異論もある
と思います。お前の偏見だと言われても反論は難しいと思います。

134 :105:04/10/10 11:26:53 ID:1RUDic/X
以下は私の勝手な考えです。
新聞の政治欄を読むと「膿を出し切る」「心の底から変わる」「根本的に改善
する」というフレーズが皆さん好きなようですよね。私はそんな事はする必要は
ないと思います。自分が穢れた存在だという無意識のイメージが外部の対象に
投射されているのではないかと感じます。病を隠喩としてとらえているのでは
ないかと感じます。「表面的にとりつくろう」「臭いものに蓋をする」というのも
新聞の政治面でよく見る否定的フレーズですがそれも薬物治療を隠喩として否定する
働きがあるのではないかなという思いがあります。
私の考えをたとえると「ボヤ(症状)になったらとりあえず消防隊を呼んで鎮火
してもらいます。そしてボヤの原因(寝たばこ)の習慣をあらためます。」この
ようになります。
それに対して自然治癒力だけにまかすという考えは極論として「ボヤになった
ら建物全部を燃えるままにまかせましょう。火が消えるのを待ちましょう。
寝たばこは止めましょう。」というようにも聞こえます。これは悪意のあるたと
えであり曲解であると思いますがそれに近いような印象を受けます。

135 :101:04/10/10 11:28:08 ID:LS84IJ8k
皮膚病が治るというのなら、即効性はともかくとして、
操法とか関係部位を教えてくだされば、嬉しいです。

136 :101:04/10/10 11:53:45 ID:LS84IJ8k
>133、134
僕は133さんの意見はもっともだと思います。ステロイド剤だって、
一時的には落ち着くし、短期間、少量ならストレスだって軽減する。
ただ薬は、毒でもありますから、
副作用が発生すると病状も悪化、ストレスも増大という状況にもなりかねません。
副作用がなければ死ぬまで対処療法をやってもいいわけですけど、無理みたいですね。
だから、薬を使わない方法を僕は探しているのです。

「心の底から変わる」「根本的に改善する」というようなキャッチフレーズは多いかもしれませんね。
「本当の自分探し」という言葉と似ていて、危ない新興宗教の引っ掛け文句的な感じがありますね。
ただ僕の使ったのは、こういう意味合いです。
例えば、皮膚ににきびができたとします。薬を使って治ります。
でも、どこか体の不調があるのなら、また同じことになるかもしれません。
その病気の原因を探し、取り除こうというのが「根本を観る」ということです。
それ以上の意味もありません。ただこれは理想、理論なので、実行は難しいことかもしれませんね。

最後の例えは、何か違う気がします。
病気を癌に変えて例えてみると、この場合だと整体の人たちは、
「死んだら治るでしょう」といっていることになります。
だからボヤの場合なら「日頃から手入れをしていれば、家に設置してあるスプリンクラーが作動して消えるでしょう」
ということになるのではないか、と思うんです。
どうでしょう?

137 :105:04/10/10 12:23:53 ID:1RUDic/X
>>136
ステロイドの長期間の多用はまずいですよねその通りです。
>>133の書き込みで私は体に自信があると書きましたが実は私はアトピーと
喘息と花粉症を持っていました(笑)今は症状は出ないので自信が回復したのですが
突然のニキビでまた自信が無くなりました。そういう経験もあってステロイドの
長期使用に不安がある気持ちもわかります。悩むところです。
ボヤのたとえですがたとえ合戦になって非生産的な議論になるのは避けたいの
ですがこうも考えられます。
火災報知器が作動してスプリンクーラーが機能するのは健康な状態
だと思います。健康な人でも癌細胞はできたり死んだりを繰返しています。
健康な人でもウィルスや菌が侵入して皮膚が少しおかしくなったりウィルス
や菌が死んで皮膚が回復したりホルモンバランスが少し崩れた良好になったり
という波があります。健康な人は回復の波がすぐ来る。病気の場合その回復の
波がなかなか来ないで悪い波が拡大することだと思います。だから
「日頃から手入れをしていれば、家に設置してあるスプリンクラーが作動し
て消えるでしょう」というのは健康な人の場合だと思います。
病的な場合はスプリンクーラーでは火は消えず拡大します。
その時はとりあえず消防隊に火は消してもらわないとと思います。
整体でも大きな火を消すこともできるのかもしれませんが、とりあえず消すな
ら西洋医学でもいいのではないかと感じました。たとえ合戦でお互いの話の
焦点がズレてしまいそうですね。

138 :病弱名無しさん:04/10/10 12:26:30 ID:Asx4ft9f
そうそう、風邪ならば
「それは経過して体を良くするためのものだ」と言われて
よくわかるのだけれど、
癌とかになるとわからない。
来世とかがあるのならば、
「癌によって死んでも、その分次の世では良くなる」とは言えるけれども、
もしそうでない場合には、やはり思想的に不十分であると言わざるを得ないような。
その辺、野口センセなんかはどう考えていたんでしょう?


139 :101:04/10/10 12:37:39 ID:LS84IJ8k
いえいえ、「僕の考えの方が正しい!!」って言いたいわけじゃないので、
合戦めいたことをするつもりはありませんです。
火を瞬時に消せるのが、即効的といいますか、それが薬の長所ですよね。
西洋医学は批判はされますが、人間の叡智の結晶ですからね。
たくさんの人を救ってきたのだと思います。
だけど抜けているところもあると思うので、その穴を何かで補完しなければと考えた場合、
その補完材料を、僕は野口氏の考えにしようと思ってます。
ぶつかる所も多そうですけどね。
105さん、良い意見をありがとうです。

140 :105:04/10/10 12:50:24 ID:1RUDic/X
>>139
皮膚のトラブルみたいですけどアトピーですか?

141 :101:04/10/10 13:00:50 ID:LS84IJ8k
そうだと思います。
ただ何を以ってアトピーとするのかわからないので、皮膚の異常・障害などといっています。
症状は腕、脚の関節部にぼこぼこと疱疹状のものがでてます。
掌の皮膚もぼろぼろで何を触るでもザラザラします。
乾燥肌。
軽度だと思います。
写真とかで見るアトピー患者の写真は炎症の度合いが甚だしいのとかありますから、それと比べるとです。

142 :105:04/10/10 13:34:02 ID:1RUDic/X
乾燥肌の体質だといろいろ皮膚にトラブルを起こしますね。
いろいろな体質の人がいるので以下の話は珍しい人間もいるなと
聞き流してください。
私は子供の頃軽いアトピーでした。
あるとき石鹸で皮脂を綺麗に落とすとパリパリと皮膚が乾燥して真っ赤になって
痒くなることに気がつきました。乾燥肌を放っておくとジンマシンが起きて
体中がミミズ腫れになり痒くなりました。それに気が付いて以来石鹸で洗ったこと
がありません。お湯だけで洗います。絶対にゴシゴシ洗いません。
なでるように洗います。そしてアトピーは無くなりました。
症状が軽かったからだと思いますけどね。
ある整体の先生は風呂に入って石鹸で洗わないそうです。お湯で洗うそうです。
その話を聞いたとき私と同じだよ我が意を得たりと思いました。
汗の内攻という考えと体の冷えという考えも参考になりました。
体が冷えるといろいろなトラブルが起こります。それは知っているつもり
だったのですが汗の内攻というのは盲点でした。これに気をつけて良く
なりました。喘息と花粉症は最初は薬で抑えてましたが自然に症状が出なくな
って薬は何も使ってません。症状が出なくなったのは冷え対策となにか関係あ
るかもしれません。ないかもしれませんけど(笑)

143 :101:04/10/10 14:20:34 ID:LS84IJ8k
僕の場合は、石鹸を使用しないでお湯で洗って、今の状態にとどまっています。
石鹸で洗うとさらにカサカサですね。
皮膚呼吸が悪いのかな。

ところで、活元の会はどのようにすれば出られるのでしょう?
体癖を知りたいのですが、やはり体量配分計がないとわからないのでしょうか。

144 :病弱名無しさん:04/10/10 16:59:05 ID:poXLSVYL
私はこの3年間は全く石鹸はつかっていません。
ただし、夏でも絶対にバスタブには浸かりますし、朝風呂も欠かしません。

汚いなあ、と思われる方もいらっしゃると思いますが、家族にも彼女にもクサイといわれたことは一度もありません。
で、医療関係の仕事をしていますがべつに支障もありません。
最初は体が慣れてないせいかすこし痒いような感じはしましたが、すぐに普通になりました。
皮膚もこすってもべつに垢もでません。

で、しばらくすると、両目尻に長年あったシミが消えていることに気づきました。(写真にもはっきり写るぐらいのだったんですが)

野口先生も石鹸で体を洗うことは皮膚の排泄をすっかり鈍らせ弱らせてしまうとおっしゃってましたね。
石鹸は、必要なものまでも全部取り除いていまい、皮膚の排泄能力だけでなくその選別能力まで弱らせる、浣腸を繰り返してると、浣腸なしでは便が出なくなる如きだと。
自分で体験してみて初めて実感いたしました。

ただし、入るとバスタブが汚れるぐらいでないといけないと聞いたことがあります。
それだけ、自分の排泄能力が高くなるんだと思います。
まあ、ですから私は最後にしか入りませんがねw

ちなみに30歳男です。





145 :107:04/10/10 21:25:44 ID:NW2pAPxt
アトピー、喘息、ニキビなどの病気は
便、尿、呼吸などで排泄する老廃物が
完全に出し切れず掃除し切れないのを
代行的に行なっていると思います。
ですからこれらの病気を整体すると
一時的に症状が悪化して直ります。
奥にある毒素ができきるためです。
ちょうど風邪で39度越えたときに
後頭部に温湿布して熱を40度に上げる
整体の方法と同じですね。
またこれらの病を治すのではなく
全とうすることで、排泄に関係する
臓器の成長を促します。
子供時代にアトピーや喘息を薬で治した場合
大人になってまた繰り返す、あるいは
他の病気、ニキビなどに移行することもあります。
理由は、毒素を出し切ってなかったことと
臓器の成長をしききってないからです。
アトピー、喘息、ニキビなどの本来子供の病気を
大人になってかかるのは、臓器の正常な成長を
病気を通して行なってこなかったから。
また上の文にある消防車でいえば
少なくてもこれらの病気に関しては
薬物が火を消したのではなく
火が消えたように見せかけただけです。


146 :105:04/10/11 08:07:14 ID:t+SMoZMb
>>145
そういう方法が合ってる人もいるのですね。
ところで私は薬だけでアトピーと喘息と花粉症を治したわけではないのです。
(正確にいうと完治したわけではなく症状が出ずに健康な人と同じ状態)
私の症状はおそらく冷えと乾燥とストレスと食事が原因だと感じました。
冷え対策と乾燥対策をして快方に向かったからです。
またふたたび体を冷やし乾燥させたら私のアトピー、喘息、花粉症は再発すると
思います。だから「私の場合に限って」いうと膿を出し切ろうという考えは
ありません。
以上の事から私はこう考えました。
もし私が頑張って膿を出し切る方法をやって良くなってもまた体を冷やし
乾燥させれば結局症状は再発する。ならば私のアトピーや喘息は冷えと乾燥に
対する体の自然な反応だ。だから冷えと乾燥に気をつければよい。膿を出し切
る必要は感じません。
病気に関して薬物が火を消したのではなく火が消えたように見せかけただけ、
というたとえについてですが私は火が消えたように見せかけるだけでいいと
思います。小さい火のうちに消す。また小さい火が出たらすぐ消す。また小
さい火が出たらすぐ消す。同時に出火原因もなくしていく。それを繰返すうち
に火が出にくくなって全体的に強くなっていくような気がします。それでよい
と思ってます。どちらの方法にせよ良くなればいいと思います。

147 :105:04/10/11 08:08:06 ID:t+SMoZMb


ちょっと話はズレますが考え方の異なる親を持つと最悪です。私は超感想肌なの
ですが母親は私と全く体質が違って化学繊維のタオルに石鹸をつけてゴシゴシ
体を洗わないと怒る人でした。化学繊維のタオルでゴシゴシ洗った日には私は
イナバの白ウサギになってしまいます。私がお風呂から上がったあとに化学繊
維のタオルに石鹸がついているか調べて石鹸がついてないとあんた体を洗って
ないねと親が怒ります。子供なので親に理解されないとなかなか乾燥肌対策を
実行するのは難しいのです。そういう自分の経験もあっていろいろな体質や
治し方や考え方があることも理解できるのです。だからその人に合った方法
でやればよいと考えますよ。

148 :病弱名無しさん:04/10/11 08:13:41 ID:G7Yao2qB
アトピーとかゼンソクとかニキビのような
子供のかかる病気を大人になってかかるのは
性格に幼稚性があるからです。
上記の病気の人を馬鹿にしての発言ではありません。

149 :105:04/10/11 08:53:50 ID:xCThDXOv
>>148
はい。幼稚というところは完全に当たってます(+。+)アチャー。とても子供っぽいです。
私の場合アトピーは高校1年でやっと治りました。
喘息は大人になってからなりました。生活が荒れてましたから。
今は発作症状はなくて薬は使用していません。
いい歳してニキビができた時の生活はすごい荒れようでした。
会社に納期が迫ってる仕事がよく入ってきて缶詰状態で徹夜で働いて
いました。睡眠時間は2時間前後という日が多く食事は店屋物が多かったです。
銭湯も会社の近くで4日に1回入る程度で寝るときは事務用のイスを3つ並べて
その上で寝ていました。職場は朝から深夜までクーラーがガンガンにきいている。
信じられないかもしれませんが残業時間は月220時間いきました。
まわりの同僚たちはフラフラになって生きてるか死んでるかわからないと
言ってました(笑)そんなことが半年くらい続いたらニキビだらけになって
しまったのです。私の同僚にはアトピーの人もいましたが悪化してかさぶた
がひどくなって辞めてしまいました。心の病気で辞めた人もいます。
かわいそうに短期間に頭が薄くなった後輩もいます。わたしの場合はストレス
がニキビになって出たようです。

150 :病弱名無しさん:04/10/11 10:24:13 ID:SsU476ze
野口先生の本を読み、
病気の中に人の元気を見、
病気を治すのではなくまっとうする、
という考えに深く感銘を受けた。
東洋医学や健康法の先生はいろいろいるが
病気で体を育てるというような考えを
した人は稀有だと思う。
だが、このスレを見る限り
全員というわけではないが
その考えは必ずしも伝わってないようだ。

151 :病弱名無しさん:04/10/11 11:09:14 ID:pzDEtlT5
へーーーー
まっとうしても虫歯なおせねーし
歯医者行って虫歯治してもらうし

152 :病弱名無しさん:04/10/11 12:48:29 ID:JAsQ5kdk
>>138
野口先生が癌などの病気に対してどうようなスタンスであったか?
私が思いつくことだけ記しますと、
癌なども治してみせる、と発言している古い講義録があった記憶があり(本来年月日を
記して引用すべきでしょうが)また、事実、乳ガンを野口先生に治してもらったと言っている
女性から話しを聞いたこともあります。
他方、その朝まで元気で、その日交通事故に遭い、遺体解剖すると癌の末期だった人の
話などを講義でしたり、、癌と診断され、医療的介護受けずに野口先生の指導のもと癌を
かかえながら生を全うした女性の話などをその娘さんから個人的には聞いたことがありま
す。
後期の野口先生はやはり体育としての整体を強調していたので、むしろ、経過を通じて「治す」というより、経過を通じて生を全うする、あるいは、そもそも体育としてですから、その人
の全力を出しきらせるーー自分の好きな仕事だったり、喧嘩だったり、保育だったりを通じてーーーという面に主眼があり、治る治らないはあまり問題にしなくてもいいようにしたのかな、
と私は思います。
>>137
とてもうまい比喩だと思います。、余計かもしれませんが付け加えさせてください。
たしかに、日頃の手入れが大事で、活元や指導は大きな出火や全焼の確率を低減させる
のだ、と思います。そして、それは、すばらしいことだと思います。
しかし、指導者や活コンが癌や脳溢血や子宮筋腫にもなっている。
つまり、持続的に活げんをやって、また、指導を受けても、そうした可能性が皆無になる
わけではないことを、私は自分が整体をやっていて一応肝に銘じておきたい、と思ってい
ます。
当たり前だ!というかたや、他の解釈される方もおられるかもしれませんが。




153 :100:04/10/11 17:15:15 ID:Yxgi4ej5
>>101
整体協会では本部および全国200箇所の支部や指導室で定期的に活元会を行っている、そうです。
本部道場では毎月16日に13時から行われているようで、参加費は200円だそうです。
今日は祝日だから明日にでも本部かお住まいの近くの支部に電話して
相談してみては如何でしょうか。
大小その他様々な支部があり初心者には一長一短ですね。
私は友人と共に行ったので何も心配しませんでしたが
101さんが一人で行くのであれば不安だろうな、と思います。
もし関東地方にお住まいなら、本部道場の活元会に参加することを御薦めします。


154 :101:04/10/11 17:22:08 ID:AjZ7Tn4n
107さんが、アトピー性皮膚炎にやっている治療法を訊きたいのですけど。

>146
「膿をだしきる」という言葉は、野口氏の整体という思想とは食い違っている気がします。
まァ、その言葉の文脈次第ですけど。
健康というのは、健康な人と不健康な人ときっぱり分かれているわけではないと思うのです。
一見健康そうに見えても、やはり重度のストレスを受けるとどこかに不調がでてきます。
人それぞれ程度の差こそあれ、カラダをもつということはそういうことではないでしょうか。
だから「膿をだしきって健康な体になった」というのは幻想で、
完全不可欠な身体を望む人たちを陥れるキャッチフレーズのような気がします。
銀河鉄道999の「機械の体」が望まれている構図と似てますね。
だから105さんの病気への考え方というのは正しいと僕は思います。
身体は絶対的なものではなく、常に揺らいでいると思うからです。
だからこそ「機械の体」を望むという人も表れるのだともいえますね。

155 :100:04/10/11 17:26:54 ID:Yxgi4ej5
>>101
?整体協会の電話番号は文庫本『整体入門』のpp220,221に掲載されているから大丈夫ですね。
あの本も昨年末の時点で実売30万部を超えていたそうで
その0,05%が積極的な行動を取る読者だったとしても大変な数で
既にそのような方々からの電話問い合わせには協会事務も慣れていて
親切な対応を受けられるだろうと予測されます。
101さんが相性の良い活元会に出会われることを祈っております。

156 :101:04/10/11 17:30:01 ID:AjZ7Tn4n
>100
ありがとうございます。
運のいいことに、本部道場には割り合い近いところに住んでいます。
全生社に野口氏の著書を買いに行ったことも、3回ほどあります。
ただ行動的な性分ではないので、
あの厳かな感じがする本部道場に気後れしてしまって接点がもてないでいるのです。
連絡して活元運動を直に見てみたいと思います。

157 :100:04/10/11 17:31:01 ID:Yxgi4ej5
それから体量配分計は会員になると計測してもらえますが
数カ月に渡る傾向を読み取る必要があるので
なかなか時間がかかります。

158 :100:04/10/11 17:39:58 ID:Yxgi4ej5
>>101
そうでしたか、あのお寺そっくりの建物は確かに最初思わず引きますね。
あそこは当日参加制で
十二時半頃から始まる受付で200円払い参加名簿に住所氏名を書き込めば良いはずですが
問い合わせたほうが無難でしょう。
動きやすい服装と汗をかくので着替えとタオルが必須です。
結構込むらしいから早めに行って座る位置を黒板前に確保し
色々観察すると良いでしょう。


159 :101:04/10/11 17:45:59 ID:AjZ7Tn4n
100さん、いろいろとありがとうございます。
16日ですね。空いてればいいのですが……。いや、空けねばならぬ。
まずは連絡とってみますね。
じゃぁ、バイト行って来ますので。

160 :100:04/10/11 17:55:27 ID:Yxgi4ej5
>>101
本部講師の裕介先生は
「活元運動するとどうなるのか」というよくある質問に対しては
「普通になるのです」
と答えるそうで
私も同感です。
私の場合始めて一か月目位に
活元運動終了後横たわっていて
ある感覚の変化が自分にいつのまにか起きていたことに気が付きました。
その後
野口先生がお好きだったという『清風万里』という言葉を知り
これがそれだ、と思いましたよ。
私にとっての「普通」はこれです。
清風吹き渡る蒼穹の元をゆったり呼吸しながら生きていくことが整体なんだろう
と個人的には思っています。
私の場合すぐ曇ったり雷雨になったりするんだこれが
でもその上に蒼穹が広がっていることに変わりはない。

161 :100:04/10/11 18:22:14 ID:Yxgi4ej5
一般の会員や指導者の皆さんも私とそれほど異なる認識を
活元や整体について持っているわけではないと思われます。
深まりはしてもね。
>>101さんも友人達とともに活元を行い整体を深めていけば
野口先生のお話に対する理解も今の方向で深まるのだろうと思います。
あなたのように考える人は協会にも大勢います。
活元会でお会いしたら相互活元しましょう。
それでは、私もこれから職場に戻ります。

162 :病弱名無しさん:04/10/11 20:08:27 ID:yua3DuMb
>>152
>その人の全力を出しきらせる
>という面に主眼があり、治る治らないはあまり問題に
>しなくてもいいようにしたのかな、

しかしね、野口センセの本を読んで我々がまず感銘を受けるのは、
「病気というのは我々の生を全うさせるためのものであり、
一種の活元運動である」という主張だと思うんですよ。
病気は我々の人生にとって、マイナスではなくてプラスなんだ、という。
実際この考えには、何か深いものがあるように感じさせられる。

で、しかしよく考えるといくら野口センセといえども全ての病気を
治すことができたわけではないし(もし全て治せるのなら禁点なんていらないわけですし)、
実際に整体や活元運動をしても、病気にかかってその病気を何の役にも
立てることができずに死ぬ人はいるわけですよね?
その場合にも本当に病気はプラスなんだろうか?と思うわけです。

「病気が治らなくても積極的に生きよう」という考えはそれはそれで結構だけれども、
でもそれは病気をマイナスと思わないというだけで、
決して病気をプラスに見ているわけではないですよね?
(せいぜいがプラスマイナスゼロ。)
実際、こういう考えを主張する人ならば野口先生以外にも腐るほどいると思う。

私が疑問なのは、「病気は私の人生にとってプラスである」という
考えは、本当に全ての病気を含んでいるのだろうか?
どんなに一見惨めな救いようの無い不治の病気でも、実はプラスなんだ、と言っているのか。
それとも、プラスになり得るのは、風邪とかアトピーとか一部の病気だけなのか。
もし後者であるのならば、ちょっと拍子抜けするな、と思うわけです。
(別にだからといって野口整体自体が無意味だと言うつもりは毛頭ないけれど。)

163 :病弱名無しさん:04/10/12 01:18:24 ID:Pn198eGT
>>162
 世間は風邪を悪いものマイナスのものと見ている。しかし、野口先生は風邪の効用、とい
う書名のごとく、風邪を積極的なものプラスのものとして活用し、それをうまく経過すること
によって、偏り疲労を回復し、より丈夫になる、と主張した。でも、同じような意味では、癌の
効用やエイズの効用とは言えない、という意味では、貴兄のいう「病気は人生にとってプラ
ス」になる、という命題は常にそうであるとは限らない、ということになると思います。
 もっとも、野口先生は生きつつあることは死につつあることととらえていた。
とすれば、衰弱や消耗も生の一側面としてとらえておられたのだと思います。
 また、整体を体育としてとらえることは、治るー治らないの視点から、より元気に溌剌と生
きる、という視点への座標軸の転換を提供したのだと思います。(ゲームの勝ち負けの視点
から(勝っても負けても)ゲームを楽しむという視点への転換と似ているかもしれません。)
そして、全力を出せる態勢を整えた結果、多くの場合それが病気が治る最良の状況を提供
することになるが、そうでないこともある。しかし、新たな座標軸においては、治るー治らない
ということは主たる問題にならない。その個性にとって全力を出しきれるような態勢で生を全
うする、ということに主眼があったのではないか、と思うのです。(こうした思想は私は腐る程
はみたことはありませんが、他の人も主張していることは確かです。同様に、不治の病も含
め病に積極的意味を見いだそうとする試みも他に主張する人もいます。独自にみえるある主
張が実は他の人も主張していた、ということは思想史においてはよくあることではないでしょ
うか?)
 もっとも、野口先生は病気を積極的とらえる観点と、病気を積極的にも消極的にもとらえず
そもそも病気自体を相手にしないという観点のどちらかを取捨選択した、というようより、そ
の両観点をを自由に行き来していた、というのが野口先生の活動の実情に即しているのでは
ないか、と考えますが、どうでしょうか?


164 :708:04/10/12 05:23:35 ID:BIBWBSGl
おはようございます。
実にさわやかな目覚めで、とても気分がいいです。
154さん、レス遅れてすいません。
154で書かれたご意見に基本的に同意です。
しかし、ここまで誤解されるとは
よほど私の文章能力はダメなんでしょうか。
「出し切る」それも「自分の力で出し切る」
ということです。
尿も便も出し切りますでしょ。
でも膀胱炎だと、出し切った感覚がない。
便秘でも、もっと出したいのに出ない。
アトピー出し切ると、ちょうど風邪をまっとうした時のように
さわやかで、肌も美肌になります。
出し切らないと汚いです。
しかも出し切ることで臓器が成長
次になにかあってもアトピーという排泄の形はとらないです。
一番いいのは風邪という形で出すことでしょう。
そして出し切らないことが積もって
例えば癌のような病気の原因の1つにもなりうるわけです。
ですから子供の時アトピーで薬を使った人が
大人になってから整体を受け
まったくアトピーが治っていたのに
1時的にアトピーになることもあるわけです。
でもそれで癌がふせげるなら、そのほうがいいですよね。
ちょっと極端な例になりましたが。

165 :708:04/10/12 05:37:01 ID:BIBWBSGl
アトピーもニキビも
排泄としては中途半端なんです。
だからいつまでも繰り返し、あとができる。
出し切るとほんと綺麗になります。
1例。
幼稚園児。アトピー中程度。薬物2年使用。週1で治療。
3ヵ月後、かゆみと膿みは治るも、跡はかなりひどい状態。
皮膚厚く、メロンパンのような感じ。色はねずみ色に近い。
風邪で発熱。夕方になると39度を超えるが、朝になると
37度くらいになる。毎日、治療。
これが1週間続く。母子ともに疲労困憊。
最初の2日はアトピー再発。
それ以後、熱が出るたびにアトピーよくなり、
いままで消えなかったアトピー痕が
嘘のように綺麗になっていく。
7日目、胸椎10番の弾力がもどり
風邪終了。アトピー痕、70パーセントほど治る。
その後、また短い風邪をひき、
アトピー痕、完治。


166 :病弱名無しさん:04/10/12 08:45:05 ID:7JxtdWaJ
>>163
有難う。
やっぱり「風邪の効用」と言うのと同じように、
「癌の効用」「エイズの効用」「落雷によるショック死の効用」などとは
言えないですよね。

もし強いて論理を一貫させようとしたら、例えば来世というものを仮定すれば
「癌による死も来世での生にとって有意味であり得る」とは言えるかも知れない。
あるいは、「個人ではなく社会の視点から見れば有意味である」という
一貫のさせ方もできるかも知れない。
その辺は我々個人がどう考えるかの問題なんでしょうね。

少なくとも野口先生自身は、来世が・・みたいなことは言わなかった。
(実際そういう論理を作りあげると、それは例えばヒンズー教徒の言う
カルマみたいなものと実質上変わらないものになってしまうわけだけれど。)
野口先生はあくまでも思想家ではなく実践家だった、
宗教家ではなく療術家だった、ということでしょうか。
それを野口先生の独自な点と見るか、思想としての限界と見るかは、
これも我々個人の生き方の問題なんでしょうな。

167 :病弱名無しさん:04/10/12 09:25:49 ID:Pn198eGT
>>166
レスありがとうございます。
はい、やはり、基本的に野口先生は思想家ではなく、独自の観点を持った実践家だった
のだと私は思います。
それと、もう一つ、実践家として野口先生は非常に現実に即した病気の見方をしていた。

体力がなければ、風邪でも死につながる。
体力があれば、癌をかかえながらもそれなりに元気をだせる。

その体力状況を例えば、腹部の調律点によって観察していたことも野口先生の実践家
たる所以だと思います。



168 :101:04/10/12 10:47:55 ID:UjPYKEEx
>164,165
107さんですか?
おはようございます。
ええと、154では、とくにあなたの意見を批判したわけではないです。
現在の世間一般に思われている健康観というのは、
病気と闘う。ウイルスを殲滅する。など善悪の二元論的な見方によって成り立っていますよね。
僕が言いたかったのはそういう健康観、身体観の批判です。
善悪二元論的な見方というのは、バランスを欠いた見方で、
キリスト教、イスラム教など一神教の原理主義的な危うさを感じるからです。
自然は征服するものではなく、共存していくものだと、僕は考えます。

言葉って難しいですね。思ったことが伝わらないなんてことはざらですし、
正確に伝えようとして、順序だてて(論理だてて)話しても、根本的に伝わらないところもあります。
僕の場合は、論理的に話せてるのかさえ疑問ですが……。

それと、皮膚病の治療に関してですが、具体的な方法、操法などあれば教えてくだされば助かります。

169 :病弱名無しさん:04/10/12 14:44:02 ID:KP75gHH9
107です
164と165も私です。
ええと、私のしてる治療はスレ違いになるので
具体的なことを書くのは控えます。
整体でいえば、アトピーは胸椎3番が
一番ポイントにると思います。
つまり、不安感ですね。


170 :101:04/10/12 20:10:49 ID:UjPYKEEx
活元会の情報を聞きに本部へ連絡しました。
電話にでたのは人当たりのいい感じの人でした。
聞けた情報は100さんの言っていたことと変わりありませんでしたけど。
急な用事がない限り、16日に行こうと思ってます。

171 :病弱名無しさん:04/10/13 18:40:24 ID:qTvRJ+B7
整体なんていわずに
大麦小豆二升五銭で
ぜんそくアトピーなんでもござれ、のほうが
人の役には立つのかもしれんね。

172 :101:04/10/13 20:55:27 ID:bWNGfsJd
操法で、背骨を調節するってどういうことなのでしょう。
力を入れて動かすってことですか?
どのように触れれば良いのかとても興味があります。
逆に、触り方を知らないと怖くて触れないです。

173 :病弱名無しさん:04/10/14 00:50:22 ID:Y6LfRrTY
このスレで石鹸で体を洗わないで水だけで洗うという話が出てますが、
顔もですか?

そして髪の毛はどうしてるのでしょうか?
あと石鹸とかつけないとヒゲを剃れなくないですか?

174 :101:04/10/14 02:41:20 ID:PnF9oCrM
>>173

野口晴哉(2003)『風邪の効用』筑摩書房、p91-p95
「皮膚の機能――排泄作用と吸収作用」の項で面白い記述があります。読んでみてください。

関係ないけど、ちくま文庫、野口氏の2つの書籍は安野光雅さんが装丁してることに気が付きました。
『風邪の効用』の表紙の配色は好きです。

175 :病弱名無しさん:04/10/14 05:51:00 ID:v1aNrAf1
治るということに関して野口整体にあまり幻想を抱かない方がいいのではと思う。
(誰かが抱いているというわけではないが・・・)

○野口先生のお孫さんも赤ちゃんのころは野口先生の愉気をうけ、また、周囲に
親族の指導者やお弟子さんがいたにもかかわらず、幼少時から成長してからも
「ぜんそく」持ちであった。
○10年以上熱心に活元やっているひとでもアトピーがそのままという人もいる。
○普段に活元をやり、身近に指導者もいた指導者も癌や脳溢血で倒れている。

こうした現実をふまえて、それでも野口整体に魅力や意義を見いだせる人が野
口整体を続けているのだ、と考えたい。

176 :病弱名無しさん:04/10/14 14:31:10 ID:xztz7CKo
175さんの書き込みって何を示唆したいの?
ぜんそく、アトピーだと「整体」とは言えないの?
人間みんな死ぬんだから癌になったっていいじゃないの。
問題をそれをどう受け入れるかでしょ。
癌なんて西洋医学で治せないから怖がられてるだけで、
それを風邪と同様に経過できる人もたくさんいます。
問題はぜんそく、アトピーを怖いと思うのか、
それとも、どう付き合い、どう共に生きていくか、と考えるかです。
別に指導者が癌で死んでも整体の魅力とは関係ない。僕はそう思います。
愉気を受けてたのに、ぜんそく持ちだった、っていわれてもだからどうしたんですか?
ぜんそくが体に必要だったんでしょう。
悪い物食べて下痢になるんだったら喜ばしいことです。
ただ「下痢」という症状を捉えて、「不健康だ」と言ってもその後ろには
必ず下痢になる必然性が存在するのです。
ぜんそく然り、アトピー然り。症状だけを捉えて論じるということ自体、
整体の世界においては意味がないことです。

ところで、そんなあなたは整体の何に魅力を感じているんですか?
もしくは整体には魅力を感じていないんですか?

177 :病弱名無しさん:04/10/14 18:40:47 ID:v1aNrAf1
>>176
>175さんの書き込みって何を示唆したいの?
→多分、当たり前のことです。つまり事実を書いているだけですから。そして、
あなたが、この文>↑以下に書かれているのと似たようなことです。

ただ、例えば、>>118のような確実、即効性、命の奪われることのない好転現象
などといったことは、あなたの整体の理解と齟齬しないですか?
あるいは、>>120>>122など発言にあなたの整体の理解から違和感を感じませんか?
また、>>164「癌がふせげる」などと言ったものはどうでしょうか?

>そんなあなたは整体の何に魅力を感じているんですか?
もしくは整体には魅力を感じていないんですか
→意義を見いだしているからこそ続けているのです。そして、整体を続けている人は
そのような理解のもとに続けているんですよね、という確認です。
「考えたい」という書き方をしたのは上のような文章を読んで、ん?と思ったからです。
(もっとも、これらのレスも私の誤解があるかもしれませんが・・)










178 :病弱名無しさん:04/10/14 18:41:07 ID:v1aNrAf1
強いて言えば、自分自身も昔、整体というものを誤解していた。
例えば、活元をやり、指導を受け、風邪をひいて経過していれば癌になったり、
脳溢血や子宮筋腫にならないのだと思っていた。
指導をうけ、皮膚病一切妙といわれる恥骨操法をうければそれこそ、アトピーなんかも
すんなり経過するのだと思っていた。
ぜんそくの操法の処をおさえ、目が三角になるお母様むけの潜在意識教育をすれば
あっさりぜんそくも経過するものだ、と思っていた。
皮膚から膿を出すのは体の大掃除だから、いいことで、それこそ、それで死ぬなんて
ことはないと素朴に思っていた。
痩せる体操をやれば本当にみんな痩せるのだ思っていた、などなど・・・
たしかに、
整体はいいこともいっぱいある。しかし経過と一口にいっても、
並大抵の苦しみじゃないときだってある。
都合のいい面だけの理解では片手落ちだと思ったのです。


179 :病弱名無しさん:04/10/14 19:21:11 ID:1BzKIbBi
>都合のいい面だけの理解では片手落ちだと思ったのです。

うん、そうだよね。野口氏の思想はともかくとして、「治療術としての整体・活元」には
何でも治せる魔法の杖のイメージが流布していると思う。
「整体の指導を数多く受けようが、活元を熱心に何年やろうが簡単には経過しない症状・症例(身体)がある。
そして整体は万能ではない」
という事実をしっかりわきまえる必要があると思う。
失礼だが>>176さんのレスは少しヒステリックに感じる。

180 :病弱名無しさん:04/10/14 19:50:23 ID:zsSElH4C
176ですが、

>「治療術としての整体・活元」には、

と言いますが、整体は治療じゃないんだから、まずその前提を踏まえた
上で話さないと。その前提を理解できない人たちの間でそういうイメージが
あるのであって、そういう人たちに「いや整体でも治らない病気はありますよ」
と語っても、結局、整体を語ってることにはならいないと思うわけです。
そこから抜け出さないと整体の本質は見えない、というか結局
治るの、治らないの、というレベルの議論にしかならない。
なんだか結局、ここに行き着きますね。整体=治療、
整体に治療としての効果を求めるというところ。

当然苦しい経過もあります、当たり前です。ただ病を敵視するのではなく、
自分の力でそれを経過しようとするところに意味があるんじゃないですかね。
万能とか万能じゃないとか、そういう価値基準を整体に求めること自体が間違いだ
私は思います。
ヒステリックに感じましたか。それは申し訳ありません。
しかし、いい加減、そういう治る、治らない、という議論から脱却できないものか
と思いまして。

181 :100:04/10/14 20:11:09 ID:+tXokHtr
>>101
おお、そうですか、よかった。
楽しんできて下さい。
私もたまにはああいう大勢の中でやりたいんですが
なかなか機会が作れなくて…
そうそう、活元運動についての様々なコツ、反応のことなど
本に書かれていることはホンノ一部に過ぎないので
周囲にやっている人がいらっしゃらないのなら
講師に色々質問しておいたほうがいいと思います。
質問の時間が会の終了後にある筈ですから。
それから
整体は体育(からだそだて)
その長短にかかわらず溌溂たる充実した生を生きるものなので
骨を動かす云々は活元で体を練ってから考えてもいいのではないかな
と思います。
練れて敏感になっていくにつれ自ずと明らかになるものでもあります。
それでは、活元会の感想、待ってますよ!


182 :病弱名無しさん:04/10/14 20:43:03 ID:9bkuy/Dh
俺は175や179ではないけど。

風邪や軽い喘息や皮膚の痒み、軽い中毒は、
病を経過した方がいいと思うけどね。
炎症が手に負えないほど物理的に広がって
るなら、経過するなんてのん気な事は言わない方が
いいよ。ひどい炎症を起こしてる場合は、内側からの好転反応
ではない。外的な刺激で炎症が広がってるだけの場合もあるんだ。
180氏のような人は、そこの区別は出来るのか疑問だ。

もうひとつ疑問なのですが、好転反応や、経過しようとする意味が大事という
人は、虫歯になったらどーするの。

183 :101:04/10/14 22:10:14 ID:PnF9oCrM
>>181
ありがとうございます。
小心者なので怖さとワクワク度が半分半分といった心持ちで道場へむかいます、きっと。

上の文章群を読んでいて思ったことを書きます。
野口晴哉氏といえど、聡明な人ではありますけど神様ではないので、完璧というのはありえませんよね。
だから或る特定のことを守れば、その目的は成就するというほど、完璧な方法は存在しません。
それは「信じてさえいれば救われる」と謳っている宗教と構図が同じだと思います。
まあ1種体癖はそれも可能だというようなことが『体癖』の解説であったような気がしますが……
残念なことに「世界は僕らが望むほど秩序だってはいない」のだと僕は思います。

野口氏の思想や操法にすがるのも、共鳴するのも、個人の自由で、それらをどのように理解するのかも自由です。
でも僕自身の意見としては、野口氏の言葉に自分なりに忠実であって欲しい。誠実であって欲しい。と思う。
というのも、野口氏の著作から人間というものに対する愛が感じられるからです。
現在では、愛という表現はとても陳腐ですが、でも僕は野口氏の言葉に深い愛を感じる。
それは一概にいう「優しさ」とは違うと思う。
でも、そこに「誠実さ」を僕は読み取った。だから野口氏の言葉は信頼に値すると考えました。
盲信するのとは違う。
でも彼の誠実さに自分なりの誠実さをもって応えることが、僕の礼儀なのです。

勝手な理屈ですが、これは願い事みたいなものですけど。

184 :病弱名無しさん:04/10/14 22:38:29 ID:0c4MRiJC
180です。

>180氏のような人は、そこの区別は出来るのか疑問だ。

まったくの僕の体験のみでお答えしますが、僕は区別ができるもなにも
別に区別しません。確かに半分整体で育ったようなもので、そういう感覚がないのかも
しれません。炎症ですか。火傷すれば炎症を起こしますよね。
僕は火傷して炎症が起きないよりは炎症が起きる方が安心します。
好転だろうが暗転だろうが、内部、外部の刺激であれ、反応がある方がいいじゃないですか。
頭をぶつければはれて患部を守ろうとするし、指を切ったら血が凝固します。
それをはれを抑えようとしたり、血が出ないように止めたり、炎症を抑えようとしたり、
ということが良いことかどうかはわかりません。
ただ、僕はそういう風に人間というものを信頼し、信用して生きていくことを整体を
通じて学びました。だから、これは経過できない、できるとか区別すらしません。
完璧な人間になる方法とかそういう風にも捉えないですし、
ただ、人間として人間らしく生きていく嗜みのようなものとして整体を見ています。


185 :病弱名無しさん:04/10/15 05:24:24 ID:uAoq1HOx
私は若い頃はどうなっても、野口整体と共に死のう、と思っていました。
いまは正直それほど気張っておりません。原則整体、医療は最小限で補完的、という考え
でいます。(野口先生も巻頭言がなにかで、原則医療、整体補完という考えに対して、それ
は逆だという旨発言している、と記憶しています)実際ほとんど医療を利用しない。熱がで
ても足湯で、咳が半年続いても、皮膚病になっても時間はかかりましたが何もしないで経
過してきました。体癖修正はうん十年かけていまだ進行中です。歯医者は行きます。
(因みに野口先生はほとんど歯がなくほぼ総入れ歯だったそうです。)目の体操やっても調
律点を抑えても効果なかったので、眼鏡も使っています。

 以前NHKの女子アナだったひとの話しをテレビで見ました。民間療法でやっていたが、癌
が全身にひろがり、結局医療の助けを借りて頑張って生きているという話しです。詳細は
わかりません。しかし、もし、その療術家が、「これをやっていれば、癌をうまく経過できる場
合もある、その選択はあなただ」というのではなく、「癌を予防できる、癌も風邪のように治る
、何があっても好転現象だ」などと言っていたら、その背景にある思想がどんなにすばらし
いものであっても、その背景にある気持がどんな純粋なものであっても、それはやはりきわ
めて不親切で不誠実だと思うのですーーーメリット・デメリットを知った上、また、ケースバイ
ケースであることを知った上で自身の価値観に基づいて個人的にその道を選択するのはあ
まり問題はない。




186 :病弱名無しさん:04/10/15 05:25:40 ID:uAoq1HOx
 それに、確実!、即効!、癌も予防できる!、なんて、なんか妙な宣伝文句のような気がし
て、野口整体には不必要であるばかりでなく、きわめてミスリーディングだと思うのです。
 そして、自分も誤解してきたように>>179さんが巧みに表現された言葉を借りれば、整体に
魔法の杖のようなイメージを持ったひとがいるなら、整体を自身で実践し、また、多少情報量
の多い人がその方々に伝えてあげるのが、野口整体を愛好するものの良心にそったものと
思ったのです。野口先生の背景となる思想や想いがすばらしいものだけに、魔法の杖が一
人歩きしがちですが、天才的達人なき時代、これからの凡人の我々がする野口整体ではこ
うした情報が有益だと考えたのです。

187 :病弱名無しさん:04/10/15 05:50:11 ID:uAoq1HOx
>>180
>治るの、治らないの、というレベルの議論にしかならない
>当然苦しい経過もあります、当たり前です。ただ病を敵視するのではなく、
自分の力でそれを経過しようとするところに意味があるんじゃないですかね。
万能とか万能じゃないとか、そういう価値基準を整体に求めること自体が間違いだ
私は思います
→全く同意です。だからこそ、治るー治らない、の観点、あるいは、万能だという誤解が
あるひとに対してはその誤解をはらす機会となる事実の提供が必要だと思っているのです。
ですから、私としては、確実、即効、治る、癌予防と言ったこれらのレスの人々のご発言
(その真意はわかりませんが)の際に貴兄が一言して頂いていたなら、私の出る幕もなかったと思います。

188 :病弱名無しさん:04/10/15 12:50:05 ID:V/+LJJ0+
整体に興味を持つ人の多くは、体に何らかの不調を抱えている人ではないでしょうか。
自分の苦痛をなんとかしたいという思いがある人や、今現在癌などを抱えている人が
整体を知ったとしたら、やはりまずは病気治しの部分に強い関心を持つことは当たり前の
ことだと思います。
そういう状態の人に整体の理念を押しつけても、口では(頭では)「なるほど、ごもっとも」
と言った(思った)としても、心の奥ではやはり病気を治してもらいたいという気持ちが
根強く残っているのではないでしょうか。
物事はなんでもそうかもしれませんが、特に整体というものは体験を通して理解して
いかなければ本当にはわからないものだと思います。
ですから、とっかかりは病気治しでもいいと思うんです。だんだんに体を整えていくという
「意味」がわかってくればそれでいいのではないでしょうか。
始めから「理解できないのであれば受け入れない」というのでは、あまりに狭量ではないか
と思います。

189 :病弱名無しさん:04/10/16 05:50:47 ID:DMqRCyuS
>>188
>.188
>始めから「理解できないのであれば受け入れない」というのでは、あまりに狭量ではないか
と思います
→理解できないならうけいれない、という整体関係者はほとんどいないんじゃないかな、
と思います。
>整体の理念を押しつけても
→整体の理念を押しつけるのは勿論よくない、医療を押しつけるのもよくない、整体の誤解を押しつけるのもよくない、と思います。

たしかに、整体に関心を持ち始めたひとには>「病気治し」に興味を持っているひとが多い
のでしょうね。
そこで、誤解に迎合しない、誤解を助長する言動を取らない、誤解を機会に理解してもらう
ようにする、ということが肝心なのかな、と思います。
そうしないと、いつまでも誤解のまま、理解しない。

>だんだんに体を整えていくという「意味」がわかってくればそれでいいのではないでしょうか
→具体的にはどのような方策をとられておりますか?教えていただければ幸いです。



190 :101:04/10/17 01:03:59 ID:TLabAF30
今日、活元会のために整体協会本部道場行ってきました。
思っていたより緊張することもなく、建物に入ることが出来ました。
活元会ですが、最初はかなり驚きました。
本の知識でしか知らないので活元運動があんなに激しく動くものだとは思わなかった。
でも、それとは裏腹に道場で野口ユウスケ先生の話を聞く時分に、正座をしていたのですが、
その最中から、上半身がゆらりゆらりと揺れて止まりませんでした。
それが気によるものなのか、場の雰囲気に呑まれたかは、わかりませんが、実際にそうなった。
あまり激しくは動かなかったけれど、なんだか不思議な体験をしたような、そんな印象です。

活元運動を初めて見たときは、怪しい感じをうけましたが、
よくよく考えてみると体の動きが止まっているほうが不自然ですよね。
筋肉を緊張させて静止させているといったほうがいいのかな、
だから、運動を導くような「場」にいるのだから、自然な運動が強調されても不思議ではないと理解しました。
それと、活元運動は錐体外路系運動であるというのもありますが、心理的な面でもかなり効果のあることなのではと考察しました。
これは活元会という「場」限定なのかもしれませんが。

ベテランのお姉さんが相互運動をしてくれたおかげで、僕もそれなりに運動が出た気がします。
僕の場合は半時計回りに上体が動くといったものでしたが、ほとんどその運動ばかりだったような気がします。
隣の人は脚をドタンバタンとやっていましたが、疲労具合によってはそういう運動が起こるということですかね。

新鮮な楽しい体験でした。

191 :病弱名無しさん:04/10/17 12:59:26 ID:2DtvvBjQ
>>189
だから、整体はそもそももともと治療じゃないんだってば!!

風邪?  医者も整体も受けないで治るひといっぱいいるっしょ!
アトピー?医者も整体も受けないで、温泉療法や食事療法で治る人もいっぱいるっしょ!
ぜんそく?誰か書いてたけど、本家のお孫さんも成長してもぜんそくっしょ?
       (月刊誌などで公表済み)
花粉症? 春鼻水たらたらしてる人も活元会にいっぱいいるっしょ!!
虫歯?   みんな歯医者いってるっしょ!!
視力?  整体ベテランの人や指導者でもめがねかけている人いっぱいいるっしょ!
痩せる? 整体ベテランの人や活コンのおでぶの人はどうなるの?
はげ?  禿げた指導者はどうなるの?
整顔? ・・・・・みればわかるっしょ!!
脳溢血? 指導者も脳溢血関係で倒れているひといるっしょ!!
癌?    指導者も癌で死んでるひといるっしょ?
活元やっってると普通になる? ・・・・早く普通になってほしいっしょ!!
人格矯正?会員と不倫そのたでもめた指導者いなかったっけ?
回春?・・・・どこでもおばさんは元気いいっしょ!!

それでも野口整体は不滅っしょ!!

192 :病弱名無しさん:04/10/17 16:56:52 ID:JzMfUeAS

    101さん活元デビューおめでとう。
    最近、急に寒くなってきましたね。
    みなさんも体調には気をつけて…

            ( ´_ゝ`)
       ___∬_(つ____と)___
      /\ 旦          \
     /+ \________ヽ
     〈\ + + +    + +  `、
     \ \________________ヽ
      `、_____________〉

193 :100:04/10/17 19:06:34 ID:CMWbfuhQ
101さんの活元デビュウ、楽しかったご様子ですね、よかったよかった。
私は活元を覚えたてのころははまってしまって
毎日毎日ところかまわずそれこそ電車の中でもやってました。
まあ人込みのなかでは御薦めできませんが
音楽で時空間を分節しながらゆったりと活元をお楽しみ下さい。
野生と文明を自由に往還する技術=活元運動は
野口先生は火の性質を知らなければ恐れるだけだが
その性質を熟知すれば火を使いこなし鼻先で楽しみのために遊ぶことさえできる
と繰り返し仰っていますが
活元運動の発見は現代文明の中に生きる者にとって
火の発見の人類史に置ける重要性に等しい、と私には思えるのです。
人類史で考えたら発見されたばかりの活元運動、その性質を見極めていきたいな、と私は思っています。
それから活元運動のあとは緩んでいますから
これからの季節、汗はしっかり拭きましょう。
それでは。

194 :病弱名無しさん:04/10/17 20:31:11 ID:OGeAGjKT
映画エクソシストを見た後に活元をやるのも趣があって良いものです。
エクソシストのサントラCDを買ってきてマイク・オールドフィールドの
チューブラベルズをかけながらの活元はたまにやると楽しい。

195 :101:04/10/17 22:49:38 ID:TLabAF30
昨日、本部道場で機関紙を立ち読みしたんですけど、
とても興味深い記述があって、ちょっと立ち読みしてしまいました。
バックナンバーなど閲覧することは可能なのでしょうか。会員限定ですか?

196 :病弱名無しさん:04/10/18 09:26:50 ID:lpkh3Wlq
>>195
活元会の前後や操法の前後など常識の範囲内であれば閲読可能だと思います。
まったく関係ない日に閲読可か否かは研究生などに聞いてみるといいかもしれません。
なお、バックナンバーは在庫があれば、本部から、その当時の値段で購入可能だと
思います。
とはいえ、すでに在庫切れの場合も多々あります。
その場合には、お友達に貸してもらう。
あるいは、国会図書館には月刊全生及び、それ以前の会誌である、全生新聞、その他、
季刊ででたいた季刊全生なども所蔵され、閲覧可能です。こちらも興味をそそるものがある
かもしれません。もちろん、著作全集などもあり、野口先生の古い論攷なども閲読可能、あるいはコピー可能です。
また、講義録など、出版はされなかったものの、受講生に配布された講義の記録などは
箱根の野口記念館にあります。閲読可能かどうかは、直接電話で聞かれるといいかもしれ
ません。


197 :101:04/10/19 00:32:41 ID:vLIl1sUR
>>196
詳しく教えてくれてありがとうございます。
国会図書館には一度足を運ぼうと思ってたので、関連書籍を閲覧しに出かけようかなと思ってます。
箱根の記念館も興味があります。
整体操法なども興味がありますが、思想家としての野口晴哉についても認識を深くしていけたら、と考えています。
それをやるだけの意味があるほどの人物だったと、僕は野口氏のことを高く評価しています。
本を読んでいるだけなのに、尊敬してしまうなんていうのはちょっと自分でも驚きです。
「彼に一度は会ってみたかったなあ」と最近つくづく思います。

198 :病弱名無しさん:04/10/20 00:06:19 ID:WJlH4bRd
ageます

199 :病弱名無しさん:04/10/20 11:46:05 ID:5asAde00
このスレになってからホントにつまんなくなったよな。
もっともっと盛り上げないとダメだよ。

月刊全生のバックナンバーなんて、昭和の時代なんてほとんど残ってないよ。
まあ、あるとこにはあるんだけどね。
加藤あいってのが入会してきたけど、平成14年生まれの赤ん坊らしいよ。
残念でした。親が熱狂的な加藤ファンらしい。アフォだよ。
ガキにそのまんま名前付けるなんて。
「俺達加藤だし、娘生まれたし、じゃあ、加藤あいでいいっしょ!」
みたいなノリだよ。
日本の将来は大丈夫かね?

未だに、腹が痛えだの、ムチウチになりましただのって、整体に来る奴が多いってことは、
結局現代社会に於ける整体の認知度がまだまだ低いってことでしょ。
整体入門なんて読んだって、整体はわかんないっしょ。

200 :病弱名無しさん:04/10/20 17:04:22 ID:tdrGGwV3
手技治療を生業にしているものとして疑問が一つ。
治療であるかないかは別として、いくら整体の技術体系がすばらしいとしても、
全国に多数いる整体指導者の技量が、皆一定の水準を満たしているとは考えにくい。
どんな治療技術でも、そこそこモノになるのはごく一握り。
高度な技術であればなおさらのこと。整体協会の指導者は相当な人数のようだが、
体をまかせて不安がないというレベルの指導者が果たしてどれほどのパーセンテージで
存在するのだろうか。それとも、それほどの技量は必要とされないのか。


201 :病弱名無しさん:04/10/20 18:55:12 ID:Z+Uum3Ig
>>199
オマエ、「プライバシー」って聞いたことある?
自分で削除依頼出しとけ。

202 :199:04/10/20 20:13:12 ID:ncY/8rq8
すいません。削除願います。

203 :病弱名無しさん:04/10/21 00:22:28 ID:8Rq4jHwg
>>200
「体をまかせて不安がないレベル」というのが具体的に
どの程度のことなのか、文字だけではわからんから、
レスのしようがないわけだが。
あなた自身が整体協会に入会して見ればわかることでは?

というか>>200を読むと、素人としては
「手技療法をやってる人ってのは、ごく一握り以外はみんな
『安心して体を任せられないレベル』なんだな。
それなら町の手技療法なんて決して行かないで、
活元運動しながらたまに指導をうけていた方がいいや」とか
思ってしまうのだが。

204 :.:04/10/21 15:08:03 ID:l1qH+2M+

                                 >>199
                                 //  あぼーん
                         , 彡 三 ミ 、
                 ゚.,ノヽ、     ( ( ((..゚.Д ゚.)) ) )
                、-'   ` ;_' '    ヾヽミ 三彡,ソ
                (,(~ ヽ,/'~        )ミ 彡ノ
              i`.'}         / (ミ 彡゛
              ノ i'        / \ゞ
           。 ./  !         /
          /},-'' ,,ノ
    _,,...,-‐-、/     i       
 ,‐''~;',-==、   ,,-,/        台風すごかたよー!みんなダイジョブだたー?
 ~i  !`v--''`ー゙`'~            嵐が近づくとみぞおちが硬くなるのは
  レ_ノ                 俺だけかー?
        ヘ   マテー!     嵐は大好きなんだけどなー
    <(/゚∇゚)/            ジャニーズの話じゃないよー
      口
    〆〆
   彡


205 :病弱名無しさん:04/10/21 17:39:38 ID:xZR/0+EN
>>200
だ〜か〜あああ・・・治療しないんだから、技術なんて不要なの!!

クラシック音楽流れる厳かな和室で着物なんか着たりすると、なんとなく厳かなこと
が行われるてるんじゃないか、なんて気になるでしょ、で、わけのわからない掛け軸なん
かみると、ますます、すごいことやってんじゃないかって気になるでしょ、そいでもって、
手を当てるでしょ、マジな顔して気をおくる気になるでしょ、で、フ〜〜〜ンって鼻息聞
かせるでしょ、すると、手のぬくもりなんか感じたりして、相手は気をおくられた気になっ
て、そいで、相手が「ああ、やっぱ、すごい!!よかった、わたし、なんとなく元気になっ
ちゃったみたい」なんて気になって・・・・「よろしゅうございます」ーで、ついでに「食べ過ぎ
です」とか言うと女性ならたいてい「なんでわかっちゃうの?!あちゃああ!?もしかし
て、み〜んなお見通し???」なんて気になるってか?

気の感応あるのみ!!!

なんか不安あるってか???


206 :病弱名無しさん:04/10/21 20:15:08 ID:sW2Zb0TU
>>204ジャニーズが近づくとみぞおちが硬くなる(笑)?
わっはっは。漏れも漏れも。

207 :病弱名無しさん:04/10/21 21:10:20 ID:NZLMA0Ta
>>205
なにがそんなに不安なの?

208 :病弱名無しさん:04/10/21 23:59:21 ID:Js4/XwNf
>205 その通りや!笑える。

209 :病弱名無しさん:04/10/22 00:20:01 ID:a909HeNC
他所のブログでも「母胎にいた時から愉気を受けていたものです」なあんて自慢げに言いふらして
あきれられている香具師がいるわけだが
皆さんご存じのAP君のことと合わせ考えて
愉気を受け過ぎて育つと幼児性性格のまま成長して
他者の存在が全く目に入らない、気にならない大人になるのだ、と
そうでない実例を多々見知ってる会員の皆さんはともかく
一般の人々が誤解するのではないかと心配なので、言明しておく。
前スレ終了間際から暴れまわっている香具師やAP氏は特殊例です。
でも、愉気受ける気持ち良さから依存的になるってことは、ありうるかもしれない
子育ては難しい。

210 :病弱名無しさん:04/10/22 00:42:45 ID:QqeIDtZp
↑そんなあなたも香具師っぽいのはなぜ?
これは何かの釣りですか?



211 :病弱名無しさん:04/10/22 01:32:26 ID:KW7Z0OUM
若い女と一緒にいるとドキドキして疲れるな。
女に気を吸い取られてるんだろうか。
熟女が出している気が俺には合っている。

212 :病弱名無しさん:04/10/22 07:04:32 ID:RpnDmm2o
↑確実に吸い取られてますな。IDがZ0OUM!

213 :病弱名無しさん:04/10/22 08:59:32 ID:zxK1sM4p

>>209
母胎にいた時から愉気を受けていたものですってのが自慢に聞こえるというところに、
なにか歪んだ感受性を感じるが、整体をやってる人にとって、それって自慢になるの?
変ねええ。
ところで、そのブログってどこ?

214 :病弱名無しさん:04/10/22 09:05:50 ID:zxK1sM4p
>>209
ってことは

3代目候補のAPくんってひとも「幼児性性格」のままなんですか!?

整体の育児の中ではもっとも恵まれた環境で育った人が「依存的」

で「特殊例」なんですかの!?

ふうううん・・・・そうなんですかあ。



215 :病弱名無しさん:04/10/22 14:54:28 ID:SVHYPo1K
確かに。
母胎にいた時から愉気を受けていたものです、って言われて
自慢に感じるところが不思議。

216 :病弱名無しさん:04/10/22 20:56:17 ID:SQW2Y8qM
その後にどう続けたかがポイントだなあ。
読んで確認してみたいから、ブログのアドレスを載せてくれんかね?


217 :病弱名無しさん:04/10/23 08:18:40 ID:Y1ofwYaT
>>209信者の方ですか?野口整体は宗教ではないですよね?

ある新興宗教では、批判らしく受け取れる言明をされたり、自己の組織活動に好意的でな
いと受け取れる言明をされると、その言明内容に関してではなく、また、誤解と受け取った
その誤解をはらそうとするのでもなく、それを言った人の人柄を幼児的、特殊、依存的暴
れ香具師云々など、人に関する評価にすり替える反応をするそうです。

 一般の方が誤解するといけないので言っておきますが、野口整体関係者は野口はるち
か先生への尊敬の念ゆえにときに信者っぽくなるひとがいますが、そうでない人も多い、
と信じます。

 私は野口整体はひとさまの吟味=批判に耐えうる実践と思想性があると考えておりま
す。だから、対等な人格として、真面目に応答したいーーでなければ、野口先生のいう
生命に対する礼ってそもそもなんなの?ってことになってしまいます。

>>205のようなだけの指導者がいるってことなのかな?
愉気に関する技術と愉気とは不可分であるがそれとは別個に考えられる操法の技術を
分けて考えてみたいーーーそして、愉気ということなら、技術以前の占める割合がおお
く、身内同士のほうがいい、だから、愉気法の会を子どもを持つお母様のために始めた、
というのが野口先生の愉気法の会の経緯ですよね。だから愉気ならば、子どもにする
お母様の愉気が一番優れているといえるかもしれません。
 体癖修正を目的とした操法ということならこれは、人によって技術に格段の差があるの
は他の技術と同様でしょう。その基準は画一的には評価しがたいかもしれません。また、
多くの人の指導を受けたことがあるわけではないのでわかりませんってのが正直なとこ
ろでしょう。(私の先生は熱心で安心して指導を受けることができます、くらいしか言えま
せん。)>>200

ところで、愉気が依存性助長→幼児性格を生じさせることもあるなんてことも、母胎から
愉気されたという事実を言うと自慢したことになるってのも初耳ですが、そうなんですか?
また、ブログって公開されているものではないのですか?>>209 


218 :病弱名無しさん:04/10/24 10:51:13 ID:0QTeNHxk


     子育ての記 オモシロイなぁ

   〃∩       ♪
  ⊂⌒( ・∀・)
    `ヽ_っ⌒/⌒c
       ⌒ ⌒

219 :病弱名無しさん:04/10/24 14:57:37 ID:AtYwY7xG
あんたらsageすぎですよ

220 :病弱名無しさん:04/10/24 15:55:24 ID:2VfljSY/
みんな、頭の穴追い、してもらってる?

221 :病弱名無しさん:04/10/24 17:23:03 ID:fztxfFZX
頭穴空いてます・・・・
あの、ヨンさまって何種ですか?

222 :病弱名無しさん:04/10/24 20:44:46 ID:2VfljSY/
さあ、なんだろ・・・前後が強そうだけど、私TV見ないし。
識者の意見きぼん。

223 :病弱名無しさん:04/10/25 01:27:31 ID:s7IT9raD
>>220
普通に整体指導で、「穴追いしてください」って言えば
してくれるの?
初心者なんですけど言ってみようかな。

224 :病弱名無しさん:04/10/25 02:34:08 ID:q3916bmZ
ヨン様なんだから、それはヨン種でしょう。
それはさておき、整体指導者たるもの、穴追いしてくれと言ってやってあげるような召使操法などやらないと思うのだが。

225 :病弱名無しさん:04/10/25 08:55:37 ID:ie/9RTDM
穴追いは身内や友達同士で互いにしてあげるものかと。
寒くなってしまう前に。

226 :病弱名無しさん:04/10/25 11:17:11 ID:URPEq4n0
わたしは先生にやってもらいましたけど・・・頼めばやってもらえるんじゃないですか?

やってくれそうな身内や友人がいないからお金払って
指導受けてるってこともあるだろうし・・・

頼まれたことやると召使いになると思う指導者はやっぱちょと変?

季節の操法頼んでもやってくれない指導者は不親切認定確定!!


227 :病弱名無しさん:04/10/25 16:32:21 ID:q3916bmZ
野口先生は、「腰が変なんです、腰を見てください」とか、「ここをやってください」とか、あそこをやってください、今の季節にあったもの、あの人と同じことを、とか、ともかく、受けに来た人に頼まれてやるようなことは決してやるなと言っておりましたね。
そうして欲しい人は我々を按摩、指圧をやっている者だと勘違いしている人だと。
不親切だと思う人はやってくれる先生のところへ行けばいい。
そういう先生もいることは否定しないからね。


228 :病弱名無しさん:04/10/25 16:43:10 ID:q3916bmZ
念のために言っておくが、だからと言って尺定規にやらないというわけではないよ。
今、その人によいと思えばやることもあるし、適わなくても欲求を満たしてあげることがその人にとって良い場合もあるしね。
その時、その人に適った操法を行うことだ。
それを観得ることができるよう、日々研鑽しているつもりなんだがな。

229 :病弱名無しさん:04/10/25 19:29:01 ID:URPEq4n0
自分の感覚が鈍っているところはわからいから、操法で指摘してもらえるなら
それはありがたい。

けど、頼んだらやってくれる指導者はやっぱ親切。
だって、頭の穴追いいいことわかってても身近にいなければどうにもならない。
不要なら不要な説明してくれれば自分の体の理解も深まる。

野口先生のようなすごい観察力や技術力ある指導者いなそうだし・・・・。

だったら、指導者の方針にもよるだろうけど、
これからは指導者も受ける側と協力しながら、やってもらえるとありがたい、と
受ける側の一人として思ってます。







230 :病弱名無しさん:04/10/25 21:03:17 ID:sp5r7NxS
野口先生って偉い人だとは思うんだけど、
ちと傲慢すぎる面があるのは否めない。
それが今の整体協会に悪い影響を与えているような。

野口先生だって勿論相手の日々ためを思って操法してたんだろうけど、
それ以上に自分のプライドみたいなものに捉われていたように見える。
だから野口整体は、すごい可能性を持ちながら
合気道や霊気やらみたいに世界に広まらなかったんじゃないだろうか。

231 :230:04/10/25 21:05:43 ID:sp5r7NxS
すまん。

× 相手の日々ためを思って
○ 日々相手のためを思って

232 :病弱名無しさん:04/10/25 21:21:11 ID:uR5bfbQ0
>>230
そうなのかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
でも、いいとこだけ取り入れようという指摘なら、都合が良すぎる気がする。
一長一短は裏表のような関係にあることが多いから、
能力の高い人はアンバランスさが目に付いてもしょうがないと思う。
9種の感情の凝固は、凄まじいものなのでしょう。きっと。

233 :病弱名無しさん:04/10/25 22:38:24 ID:URPEq4n0
野口先生はきっとすごい先生だったのだと思う。
けど、指導者も受ける側も、

これからの整体は、
野口先生のようなすごい指導者はいない、ってことを前提にしないといけない、

んじゃないか、と思います。

受る側は野口先生のすごさを期待しない。
指導者は野口先生のすごさをもってるふりをしない。

その方が、きっと万人が活用できる整体になるんじゃないかなあ?
もちろん、すごい指導者がいても、また、出てきてもいいのだけど・・・・


234 :病弱名無しさん:04/10/25 23:53:25 ID:ie/9RTDM
互いに「気」持ちが通じてないと。。。
整体の可能性が日本に世界に広がるのはこれから!
だから指導者たちは妥協なく先生の世界を守っていてこれでいいし
会員も整体を生活して深めていってるし
みな謙虚に
言葉遣いには注意して
野口先生が切り開いてくれた整体の道を歩いていきましょうや・・・

235 :病弱名無しさん:04/10/26 11:13:12 ID:m3bHUfJt
で、結局、現在
野口先生の観察力と技術力を持った指導者はいるんですか?

236 :病弱名無しさん:04/10/26 22:22:39 ID:D90QclOT
>>233-234
野口先生の在世中にさえ日本の一部にしか広まらなかったものが、
「野口先生のようなすごい指導者」のいない時代に
世界に広がるわけがないですよ。

合気道が世界に広がったのは、
神のように強い開祖の弟子たちがどんどん世界に出て
大きな西洋人たちをボンボン投げ飛ばしたからですよ。

私のような素人としては、整体指導をしている人たちには
せめて志だけでも、野口先生よりも優れた指導者を目指してほしいのですが。
そうでないと整体協会に将来はないんじゃないだろうか。

237 :病弱名無しさん:04/10/26 22:40:53 ID:tMVDQEaA
野口氏が提唱していた「整体」観が世界の人々に普及するのはいいことだけど、
それを「すごいものだ」と誇示するために広めるっていうのなら問題があると思います。

まあ、最初から諦めたら、諦めた範囲内でしか成長しないので、
「野口先生には敵わない」と思ってはいけない気がしますけど。
勝つ負けるではなくて、自分なりの観点から発展をすれば上等なのではないですか。


238 :病弱名無しさん:04/10/26 23:22:00 ID:D90QclOT
ちょっと話が変わるけど、
野口センセって良い字を書くよね。

普通、あの手の無手勝流っていうのは
見ていると飽きるというか、嫌味を感じるものだが
あの人の場合は骨格にちゃんとしたものがあって
それを崩しているから、微妙な差なんだけど見ていて飽きない。
あれは、普段から字を書くたびに、どうやったら美しく書けるかを
密かにいつも研究している人の字だと思う。

整体みたいなものと美的感覚とは、やはり通じるものがあるんでしょうな。
(逆に言えば、字の下手な人は整体もできないんじゃないかと
思ってしまうんだけど(笑)どうでしょう。)

239 :病弱名無しさん :04/10/27 02:21:23 ID:IDePeIl5
おしっこが出なくてこまっています。
現在風邪ひいていて医者で導尿してもらうとついでに投薬されるのは必至です。
なんとかなりませんか?

240 :病弱名無しさん:04/10/27 07:32:35 ID:COBMrM/m
>>239
よくわからんな。
薬をもらったって、嫌なら飲まなければ良いだけの話では。

241 :病弱名無しさん:04/10/27 10:36:15 ID:AAJ/w/2G
>>228
頭の穴追いもこの季節でも適わない場合あるーー個々人の状況によるんでしょうね。
大勢いる愉気法の会なんかで場合は不適切気をつけなくちゃいけないね。
不適なのにやられる可能性ある愉気の会も困ったもんってことなか?
>>235
野口級の人なんていないんはないんですか?足下にも及ばないが、
志高く、野口先生を一生懸命目指している人は多いとは思うけど。そのなかで、
堂々と晴哉先生ごっこして整体しているひとたち と、
堂々と晴哉先生を身丈にあった形で整体しているひとたち
がいるってっことかな?
>>239
左足の薬指を引っ張る。左内股の緩める。へそ下斜め左に愉気する。
駄目なら医者に相談。尿毒症になってからじゃ遅い。

242 :病弱名無しさん:04/10/27 11:13:23 ID:AAJ/w/2G
不適切気をつけなくちゃいけないね→不適切な場合気を
もんってことなか→ことかな?
>>239 後腕の後側を緩める。左内股ははじく。
足湯もいい。行く行かない、いつ医者に行くかはあなたの判断。
釣りじゃなければの話しだけど・・・・

243 :病弱名無しさん:04/10/27 13:33:02 ID:mTqWEeBj
>>203
>あなた自身が整体協会に入会して見ればわかることでは?
それを確かめるためだけに入会するのもどんなもんだろう。

>というか>>200を読むと、素人としては
>「手技療法をやってる人ってのは、ごく一握り以外はみんな
>『安心して体を任せられないレベル』なんだな。
それは、その通り。
これはうまい!と言えるラーメン屋を探すより、
安心して体を任せられる治療院を探す方がはるかに難しい。
マッサージや指圧で揉み方がうまい人は沢山いる。

244 :200:04/10/27 13:33:56 ID:mTqWEeBj
↑は200

245 :病弱名無しさん:04/10/27 22:57:25 ID:b/cCKrzX
>>199
>未だに、腹が痛えだの、ムチウチになりましただのって、整体に来る奴が多いってことは、

>結局現代社会に於ける整体の認知度がまだまだ低いってことでしょ。


前半の文章と後半の文章が繋がってませんが、何が言いたいんですか?
認知度があるからこそ来るのでは?

246 :病弱名無しさん:04/10/27 23:47:24 ID:jB2RTVG+
気と思念で何でもできる整体で、新潟の地震を止めてやれよ!
アホクサ。

247 :病弱名無しさん:04/10/27 23:49:59 ID:8ct2/f2q
このスレッドには「地震の予知夢を見た」と言う人はいないよう
ですね。

248 :病弱名無しさん:04/10/28 00:34:49 ID:gHC+dy/+
>>256 >>247
一応、野口先生の本くらい数冊読んでから
書き込みましょうね。
あまりに無知すぎて・・・・

249 :248:04/10/28 00:35:30 ID:gHC+dy/+
>>246 と>>247 も間違え

250 :248:04/10/28 00:36:36 ID:gHC+dy/+
>>256は>>246の間違え

251 :病弱名無しさん:04/10/28 00:51:30 ID:2Na8LexI
よくわからんが、249は間違えか?

252 :病弱名無しさん:04/10/28 00:57:23 ID:2Na8LexI
>>248
地震の予知夢の話知らないの?

253 :病弱名無しさん:04/10/28 07:39:56 ID:wYHXbCcD
>>246
ただの煽りにせよ、いちおう何か書き込むのなら
整体で「気と思念で何でもできる」だなんて誰が言ったのか、
何かどう「あほくさい」のか、位ちゃんと書けよな。

>>247
関東で地震が起きるとしたらもう少し身近になって、
状況が変わるかもね。
いずれにせよ私自身は、仮に予知夢なんて見てもあまり嬉しくない。

254 :病弱名無しさん:04/10/28 18:55:05 ID:Io/RcrTk
新潟で体調が悪い人多そうだから、みなで

遠隔愉気をおくりましょう!!!

新潟の人々が元気になりますように!!! ついでに
世界人類が平和でありますように!!!

・・・・ん?何かに似てるなああ?


255 :病弱名無しさん:04/10/28 19:15:11 ID:FbH4xQzf
不特定多数に向けての遠隔愉気が効果をあげるとは思えない。
それこそ世界平和などという漠然とした祈りのごとく。

256 :病弱名無しさん:04/10/28 23:21:04 ID:Io/RcrTk
ほじゃ、テレビに出た人順番にやってあげれば?

ほじゃ、世界の一人ずつの心が平和になりますように!!!

257 :病弱名無しさん:04/10/28 23:25:01 ID:Io/RcrTk
ところで、遠隔愉気のやり方って、どの本に書いてあるの?

258 :病弱名無しさん:04/10/28 23:27:39 ID:oyL4s6bR
>>257
ふつうの愉気のやり方さえ、どの本にも書いてはいないんじゃ
ないかと思うんだが。

259 :病弱名無しさん:04/10/28 23:35:31 ID:Io/RcrTk
愉気の仕方は、ポンへって本にも書いてあったよ。愉気法って本にはかいてないのかな?

260 :258:04/10/28 23:37:36 ID:oyL4s6bR
いや、本で読んでもそれだけではできるようにはならない、ってことで。
逆にふつうの愉気がちゃんとできれば、
その延長で遠隔愉気もできるようになるんじゃないだろうか、と
思った次第。

261 :病弱名無しさん:04/10/28 23:52:40 ID:Io/RcrTk
あ、そうか!!
じゃあ、愉気ができれば、遠隔愉気もできるのかな?

できるひとがやってあげて、新潟のひと元気になればすばらしいことだ・・・・

262 :病弱名無しさん:04/10/29 11:21:26 ID:hyU0L7b8
手を当ててやる愉気は歯痛や腹痛のときなど
実際自分でやってよく効く。

遠隔愉気は全然だめ。

だから、私は触手の愉気はできても遠隔愉気はできません。

最近は遠隔愉気を日常茶飯事にしている人が多いらしく、びっくりしています。

教える方によるのかもしれませんね。



263 :病弱名無しさん:04/10/29 11:23:38 ID:TCHjX0jm

整体協会って大物会員とか多いんでしょ?
会長は細川だし石原慎太郎、坂本龍一・・どんなのがいるの?

264 :200:04/10/29 12:47:36 ID:83BLeLkT
>>205 >だ〜か〜あああ・・・治療しないんだから、技術なんて不要なの!!
それでは、整体指導者と一般会員の違いってなんなんだ。
どう考えても指導者には技術が必要だろう。治療じゃなくても。

>>217
ほとんど通りすがりの部外者に丁寧なレスありがとうございます。
>愉気に関する技術と愉気とは不可分であるがそれとは別個に考えられる操法の技術を
>分けて考えてみたいーーーそして、愉気ということなら、技術以前の占める割合がおおく
これは、とても理解しやすいです。
手技治療家の立場から整体をみた場合、
愉気にも技術がある。もしくは、技術としての愉気がある。
と考えた方が自然に思える。少なくとも私には理解しやすい。

不特定多数の人を対象に体の調整をしている者としては、整体協会の指導者の中には
会員だけを対象にみているために、どこか甘えがある人もいるのではないかと邪推してしまう。
整体指導者というのは専業なのかな?
それであれば、治療かどうかは別にしてもプロということになる。

>>228 >それを観得ることができるよう、日々研鑽しているつもりなんだがな。

この方は整体指導者だろうが、こういう自分の努力を相手に見せつけるような発言は
独立してやっている者からみると呆れてしまう。
プロが日々研鑽するのは当たり前。そんなことを相手に言って通用すると思っているのであれば、
かなりおめでたい。
召使い操法なるものも指導者としての信頼を失うだろうが、
こういうことを平気で言える感覚は、それ以前の問題だと思う。

265 :病弱名無しさん:04/10/29 13:49:55 ID:hyU0L7b8
>>264
 なるほど、愉気にも技術があるというお考えですね。晴哉先生のご次男の稽古会なんか
でやっている方はそういった技術面を追求しているのだと思います。
 あるおじいさんが頭をうった。生死もわからないような状態だった。娘さんが必死に愉気した
そしたら、うまく経過できた、ってことを目の当たりに見たことがあります。(愉気のおかげだ、
とは言い切れませんが、私は自分で自分にする愉気や人にやってもらう愉気からして、
愉気でうまく経過できたのだ単純に信じています。)
 必死の集注力というのが愉気の重要部分で、プロだと、時間制限気にしたり、所詮他人
事ということで、子を持つお母様むけに愉気法を開催し、そして「おれも子を持つ親だから
参加させろ」という父親の要望を受け入れ、それならば一般人へもというのうのが野口先生
の説明する経緯だったと記憶します。
けれど、心構えとか身構えといった面でも技術は重要かつ必要なのでしょうね。

 「召使い操法」ということをたしかに野口先生は言いましたけど、それは相手にリズムなど
をリードされるような操法、といった程の意味ではないでしょうか?
ウエイトレスさんにお金払って食べ物をオーダーしても、お客さんはその人を召し使いと
も思いませんし、その人も召使いとは思わないでしょう。
頼まれたことをしても、相手にリードされなければ、召使いに操法になるとは思いません。
頼まれたことをしつつ旦那さんをリードする奥方も多いのではないでしょうか?


266 :病弱名無しさん:04/10/30 12:39:02 ID:2k9zvo2b
>>65
晴哉氏に自分のあとの整体協会会長に推挙されていた元山口県支部長、現・井本整体の井本邦昭氏の話で
は亡くなる数ヶ月前の講習会でウンコもらしながら廊下を歩いていたそうです。
茶化してのレスではなく当時を知る人からの証言としてレスした次第。だみ声でチャキッチャキの江戸弁だった晴哉氏の講演録音テープを協会で公開して欲しいもの。
内容より話芸を楽しみたいだけだが。話芸も落語家ハダシだったそうですよ。

267 :200:04/10/30 12:52:08 ID:PayT3qgw
>>265
>あるおじいさんが頭をうった。生死もわからないような状態だった。娘さんが必死に愉気した
>そしたら、うまく経過できた、ってことを目の当たりに見たことがあります。
そういう必死の集中力という部分が愉気の真骨頂なのだろうと私も思います。
愉気の技術と言ったことのすべてを、言葉で説明するのは難しいですが、
たとえば、身内でも他人でも生死の境にあるような人を目の前にした場合、
必死に愉気できることもあれば気が動転してしまうこともあると思います。
そういうときにでもサッと気持ちを転換して集中して愉気のできる状態に意識を
切り替えるのも一つの技術といえるのではないかと思います。一般の会員の方は別として、
専業で指導者であれば、自分の体調の波や気分のムラがあっても相手を目の前にしたら、
すぐに愉気のできるモードになれることが求められるのではないでしょうか。

>「召使い操法」ということをたしかに野口先生は言いましたけど、それは・・・
なるほど、それは頼まれたからといってやらないという立場の
ひとつもふたつも上を行く指導ですね。

268 :病弱名無しさん:04/10/30 13:23:09 ID:e4ArmKKh
>>263
野口先生ご尊命のときはもう、そうそうたるたるメンバーが理事をやっていました。
木村とかいう経済学者は知らなかったんですが、経済学の超大物だそうで、
安岡章太郎や、源氏圭太、伊藤圭一など、売れっ子作家も理事をやっていた。
みな野口先生のよき友人であり、操法を受けていたようです。
伊東氏は野口先生をモデルにした小説があったような記憶があります。
石原氏は講義録などみると操法を昔も操法を受けていたようで、「じゃあ、スパルタで
やるか?」「それは勘弁してください!!」などという面白い問答があったと記憶しています。
最近の場合、
細川氏は昭子夫人の縁者で、操法を受けているのかどうか?総理のとき針灸に通っていた
写真が雑誌にあったようですね。
他の理事も実際整体に感銘して理事になっているのかどうか・・・そこらへん知っている
人がいたら教えてください。
ことさら外国人の文章を雑誌に掲載しているのなどみると、品がなくなったなあ、と感じて
しまうのは私だけでしょうか?

>>266
面白い話しですね。あのだみ声は小さい頃のジフテリーの影響だそうですが、
にもかかわらず、他人に元気を与えている姿は感銘しますよ。
最近は野口先生のテープを聞く会、ってないのかな?

269 :病弱名無しさん:04/10/30 23:46:13 ID:DDZIsPm2
ここは野口整体のスレではないようだな。

270 :病弱名無しさん:04/10/30 23:53:42 ID:feaTd3j5
井本って嘘ばっか

271 :病弱名無しさん:04/10/31 01:45:51 ID:RvbMb/wO
活元運動を続けていると、
必ず、弛緩・過敏・排泄の三段階の反応段階を経過するのですか?
経験者がいたら詳細をお願いします。

272 :病弱名無しさん:04/10/31 02:40:28 ID:RmSVAYGG
20年前、細野晴臣が「僕は風邪をひかないから不健康だ」と言ってたのを
聞いた坂本龍一が「細野さんの言いそうなことだなあ 笑」と完全に細野さん
をバカにしていた。が、坂本は熱心な健康法信者になってしまった。
あの坂本おじいさんは、いろんな健康法にあれこれと手を出している。
時代はうつりかわって、20年前の若い人はみんな年寄りになって
しまった。そういえば○○様(ヨン様じゃないよ)も野口晴哉さんの
操法を受けてたとか。胸椎の何番調べたら普通だったと言ってたらしい
けど何番か忘れてしまった。

273 :病弱名無しさん:04/10/31 19:35:35 ID:b5qvTjyE
>>272
昔の坂本龍一に心酔していたファンの人って、
今はどう思ってるんでしょうね。
(自分より上の世代なんで、よくわからないんですが)
健康法信者になるのは別に良いのだけれど、
それで芸術そのものの「先鋭性」とか「否定性」みたいなものを失って
ニューエイジ的なことを言い出したら、芸術家としては終わりですよね。

逆に言えば、年をとってニューエイジに入る(落ち着いてしまう)人々ってのは
もともと若い頃の「先鋭さ」も、本当に心からの深みのあるものでは
なかった、ということになると思う。
活元運動をしても坐禅をしても、それによって却って「先鋭さ」が
深まるものでなくてはならないと思うのですが。

274 :病弱名無しさん:04/10/31 19:38:19 ID:fO9440Co
>>264
指導者と会員との違い
主観面
 指導者 おれ指導者、すごい人、気をだしている気持

 会員  わたし会員、あなたすごい人、気を受けている気持

客観面
 指導者 お金もらう、
      操法セット所有(クラシック音楽・操法布団・掛け軸・着物など)
      手を当てる、 またぐ
 会員  お金払う
      寝る、 またがれる

 これでも違いがわからんてか?!

(技術面 指導者 えらそぶる・・・・これ技術って呼べってか?)


275 :病弱名無しさん:04/10/31 20:19:20 ID:b5qvTjyE
別に整体指導者がそれほど「えらそぶってる」という程でも
ないと思いますよ。
現代の普通のお医者さんの方が、大抵の場合はもっとえらそぶってる。

276 :病弱名無しさん:04/11/01 02:25:20 ID:zUqW/OAo
>>269
確かにここは野口整体に対するひがみ、やっかみの場らしいね。


277 :病弱名無しさん:04/11/01 03:27:27 ID:YK1VgXZH



278 :病弱名無しさん:04/11/01 03:42:35 ID:YK1VgXZH
↑ すまん、間違えた。
>>276
うん、そうだよな。
俺は生態教会はすきではないが、整体法は素晴らしいと思っている。
で、以下一言。
>>266
野口さんが亡くなった後、こぞって俺こそが一番弟子だったとか言っていた輩がいたらしいが、言っていたやつが確かに一番だったらしい。整体を理解できていないという点において。
その中でも井本はグンを抜いていた・・・ようだな。
>>264
だ〜か〜あああ・・・
愉気にも技術があるなんて当ったり前じゃん。愉気の角度とか、野口さんもそう言うとったやんけ。
それに不特定多数を見ているということと会員だけを対象に見ているということに何の差があるんかいな。 わか〜ん、ない。
しかも>>228に対するレスに至っては、「指圧あんまをやっているものと勘違い…」に反発したんだね。気持ちは分かるが、この後どんなことを言ってもその一言で片付けられちゃうよ。
それに、こういう反応(人に見せ付ける云々)をするのは、むしろ自分にそういう要素があるからに他ならない。なければ反発なんぞしないものだもん。
指導者だって一人で独立してやっているんだよ。甘えているのはそっちだろ。
とか言われておしまいだな。
指導者にも技術は必要だろうとか、プロだろうとかいうのは、その通りだけど。でも、これも当たり前じゃん。

279 :病弱名無しさん:04/11/01 03:43:10 ID:YK1VgXZH
>>265
だ〜か〜あああ・・・召使い操法というのはそんなこと(だけ)じゃないだろう。
操法は相手の呼吸をリードして行うものだよ。相手をリードするなんて(呼吸であろうがリズムであろうが)当たり前のことじゃん。召使い操法以前の基本的な問題とちゃうか?
そもそも頼まれたことをやるとかやらないとかいう行為そのものを問題にしているのではないじゃん。言葉しか見えていないんだな。
ほんで、「そういった技術面の追求…」が恵子会とどうつながるの? わか〜ん、ない。
>>263
大物会員というのは有名人とかそういうことかなあ。有名人がいっぱいいると凄いとか思っているのかなあ。俺にはよくわからんばい。
それに細川って前は真向法か何かの会長じゃなかったっけ。 わか〜ん、ない。
>>254以降
だ〜か〜あああ・・・「遠隔愉気」って使うとここは荒れるんじゃなかったのかなあ。
んんっ、せっかく話題が逸れたのにお前がまた蒸し返しているだけじゃん、って。スマソ。
>>224
>ヨン様なんだから、それはヨン種でしょう。
これにはわろた。
>>218
いつ見てもほのぼのするなあ。また楽しみにしてまっせ。(>>9は漏れです)


280 :病弱名無しさん:04/11/01 05:29:09 ID:vykLdqZn
細川さんてば整体っ子じゃなかったでしたっけ?

281 :病弱名無しさん:04/11/01 12:14:03 ID:aNHYGLwh
 細川さんてば、最近トランプで手品やってるらしいよ。
 テレビで紹介されてるのを見た。

282 :病弱名無しさん:04/11/01 16:59:38 ID:4etZwwHg
>>279
>操法は相手の呼吸をリードして行うものだよ。相手をリードするなんて(呼吸であろうがリ
>ズムであろうが)当たり前のことじゃん。召使い操法以前の基本的な問題とちゃうか?
>そもそも頼まれたことをやるとかやらないとかいう行為そのものを問題にしているのでは
>ないじゃん。言葉しか見えていないんだな
←これは>>265に対する反論というよりも、>>227への反論ということですね。つまり、
227の人が野口先生の言葉しかみえていないじゃないか?ということですね。

確かに、「頼まれたことをすることが召し使い操法になるか、どうか」という問題で、
それを単純に肯定するのは野口先生のいった言葉だけしかみていないということかもしれませんが事柄に対する問題を人に対する論評にまで押し進めることに関してはノーコメントです。

>ほんで、「そういった技術面の追求…」が恵子会とどうつながるの? わか〜ん、ない
←稽古会では愉気に関しての技術面の訓練をしている、ということで、つながりませんか?



283 :病弱名無しさん:04/11/01 20:01:30 ID:JcDSj58P
「←これは>>265に対する反論というよりも、>>227への反論ということですね。つまり、227の人が野口先生の言葉しかみえていないじゃないか?ということですね。」
こういうのを世間では称して「曲解」という。
ようするに、ストレートに答えられない場合の「逃げ」である。

「人に対する論評にまで押し進めることに関してはノーコメントです。」
まあ、これはある意味よい姿勢だよな。荒れずにすむし、健康的で。あんたは偉い。俺は捩れている。

「←稽古会では愉気に関しての技術面の訓練をしている、ということで、つながりませんか?」
というのだったら、ことさら稽古会と本流?とに分ける必要はまったくない(分けていないのかも知れんが)。「生態教会では」でよいと思うのだが。
恵子会だけはという印象を受けたものだからね。
野口さんは「愉気にも技術がある」と言うとったぞ。べつに恵子会の専売特許ではないぞな。まんず、はぁ、ということなんだけんども。

あなたは265さんかな?
例えば、「ウエイトレスさんにお金払って食べ物をオーダーしても、お客さんはその人を召し使いとも思いませんし、その人も召使いとは思わないでしょう。」
と書いてありましたが、その時に、客が「俺は金を払っているんだから、お前(ウエイトレスさん)は俺の言うことを聞かなければならない、早く水をもってこい、めしをもってこい」とかいう態度だったらどうですか。まんず、はぁ、ということなんだけんども。
形のことを言っているのではない、心のことを言っているのだ。と、私は思うのだが……
わりいのんし、田舎もんだで口べたでなぁ。


284 :病弱名無しさん:04/11/01 21:59:38 ID:sQDX4L0B
井口先生のどこが悪いっていうんだよぉ!

285 :病弱名無しさん:04/11/01 22:02:06 ID:kWI1peNo
>>276 >>278みたいのでしょ。
>>278 あなたが教会といもとが嫌いでやっかんでるのはわかった。
不特定多数対象と会員対象の違いわからないの?・・へえええ〜〜〜・
・・ほっ、本当にわからないの!?
以下の邪推ー意味不明、で、「そっちだろ!」って誰に気張っているのかな?
野口先生は猿的闘志と言ったが、もっ?もしかして・・・ウッキッキ〜?
>>267 ちゃんと読んであげなよ。頼まれたことすると召し使い操法になる
っていったのはどっちかなああ?呼吸リードされちゃってますよ・・・
(ハア〜ハア〜)
それとも反発のための反発?ウキウキウッキッキ〜?
「遠隔愉気」の話っておれはどっちでもいいけど、自分で蒸し返すな!といったその舌で
また自分で蒸し返しているおつむはウッキッキ〜?

286 :病弱名無しさん:04/11/01 22:10:47 ID:rOMTpm70
猿的闘士かあ。私は強力にねじれてるからなあ。
閉も入ってるしキキキキキ危機〜ッ

287 :284:04/11/01 22:19:57 ID:sQDX4L0B
スマソ 「井本先生」ね

288 :病弱名無しさん:04/11/01 22:31:09 ID:4etZwwHg
>>283
私としては、>>227さんの「頼まれてやるようなことは決してやるな」という野口先生の
言葉を文言通り受け取ると頼まれてやっていけない、ということになるが、(私の
>>227さんの解釈)頼まれてやっても指導する側の方が呼吸のリードなど、相手を
リードするならば野口先生の真意に反しない、というのが主張です。

それと、愉気関して技術的な側面があることは否定していません。もっともその沿革か
らはその技術的側面より、集中力が強調されたこと、そして、稽古会では集中力を前提
として技術的側面を進展させたこと・・・・これだけが私の主張する範囲です。

また、ウエイトレスさんの例では、社会通念上通例の範囲で考えています。確かに
貴兄の言うようなこともないとは言えないでしょうか、それは非常に例外的ではないでしょ
うか?
私は客としてものを頼んでも相手を召し使いと思ったことはありませんし、ウエイターさん
も頼まれたことをやって召使いとは思わないのではないか?
そして、その場合は、どちらがどちらをリードするということではない。
つまり、頼まれたことをする、という外形的行為の問題ではなく相互作用する動態におけ
るイニシアチブの問題であろう、と思います。
その意味では「形のことを言っているのではない、心のことを言っているのだ。と、
私は思うのだが…… 」というご意見に賛成します。

289 :病弱名無しさん:04/11/01 22:44:01 ID:4etZwwHg
訂正>>288
愉気関して→愉気に関して
技術的側面を進展させたこと→特に進展させたこと
(この点に関しては、いわゆる本家よりも私は稽古会の方が技術的探求を
徹底したものと理解しております。もっとも、両者の愉気を似て非なるものと形容している
稽古会の人もおりましが・・)

290 :病弱名無しさん:04/11/02 01:49:41 ID:nRTPRsVT
人間の本性および品性ははこういう時に如実に顕れる。
285と288をとくと比べて見よ。

ところで、「>>284の井本先生のどこがわるいっていうんだよぉ!」というのは、井本先生についている人から見ればそのとおりだよな。
まあ、俺も野口さんや整体法のある意味信奉者だから、ついそちらサイドに偏って書きすぎてしまう。
井本さんてぜんぜん知らないんだ。
今度ここでその人となりを紹介してくれ。
(うんだども、次期会長に推したなんて100パーセント有り得ないと敢えて断言させてもらうぞい)

>>288
さて、野口さんの言葉だが、私は「女が本を読むのは云々」とか、「八百屋に整体は云々」とか、「召使い操法云々」とか言ったとか、
今までにもいろいろな人が書いているが、まずはその言葉どおりに考え、次になぜそのように言うのかといつも考える。
野口さんは言葉の裏にあるものを読み取らねばと思っているからだ(もち、野口さんだけではない)。
それゆえ、井本はんは何故会長に推されたとわざわざ人に言わねばならないのか
264さんは何故「日々研鑚しているつもりなんだが…」という1行にあれほど過敏に反応しなければならないのか
とか、そちらを追求してしまう癖がある。
まあ、ひねくれもんなんだな。

恵子会は何をしているのか、私はまったく知りません。活元運動はやらないとか、本家とは違うと人づてに聞いているだけです。
ただ、私は、野口さんは愉気にしろ操法にしろ、技術的探求を徹底したしたと思っているものですから、それならば恵子会ではなくむしろ本家だろうと考えるだけです。
だけど恵子を知らないから、比較してどっちとは言えない。だから、「生態教会では」と言った方がよいのではと書いた次第。

ところで、>>286は私ではないが、私なら猿並みの頭のやつだなと書くぞ。




291 :病弱名無しさん:04/11/02 07:18:32 ID:/UMJwl5J

                       まったくしょうがねぇーな      (  (
                ,,.r'' ゛~~` ''ッ,,  このスレは…           )   )
              、 ゛  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ヾ.  我はサル也       ,.、   / /
               ミ   ミ゛,へ.__, ,_ノヽ i.   お山へ帰る   .| |l   l ,´
             ミ    ミ, ( ・) {・フ 〉 ミ.          _-、i::| |ニニii '
         、,,,,ツi:     ミ,`~´ ヽ~〈  .ミ        /,‐ヽヽ`、||
       、シ``   i:      ,ゞ  'n.inヽ. .ミ          ( .〉〉/
      シ  //      ミ`    l.l ヽ"、         /  ノ
     ミ/ シ           彡 ,=こ二=.{ ミ,,      ,r'´ ,,、'゛
     ミi. /  /       ' ! w、`~^' vwv '、   ミ      〃 .ミ
    .ミ /     i:  /      `^^     \ ."   〃  ミ
   .ミ.:/ / / i:      v    !  ,,   \ 、 〃  ミ
   :i;     .i:   w      !!   ミ!:   ミ \\( ⌒ヽ
   :i;  /   i:      !!       .ミ キ    , ⌒`、_  )  )
   :il     .i:    !    w!    ミ .:i.   (_ (  _,ノ  ) ,
  :il   !  i:           ! ,〃゛  キ    ゞ、 __,  ノ ,
  .:il !   /~~````` " '''' = ‐- 、ミ  _,,,,_ミ,  il `  ー ´
  :il   ´ ―  ̄ - ,,. -‐‐-、、 ヽ. ヾ、  ゞ、 `  〃
  ゝ、wx.mn.!!++ナ'~      ヾ~ヽ、 ヽ、 ,, ~^^}´
     彡   〃  〃     }} /〉.〉〉〉i''"   〃
      彡、     {{     〃,__!////l |    〃
        X,,    》.   ≪.__`‐'.' '´,Uwwvw'、...,,,___
         ^^^^ !wニこ)こ)二)`) (_,,,..- 、...二⊃_).)

292 :291:04/11/02 07:26:16 ID:kuHzyazt
む…指がずれた。残念!切腹!

293 :病弱名無しさん:04/11/02 07:55:19 ID:eDfCIziF
>>290
「ひねくれもんなんだな」と自虐を装って言いながら、
あなたは自分が「ひねくれもの」であることは
他の人とは違って物をよく見ていることだ、と
内心では思っているわけでしょう。

あなたのレスは、半分以上
あなたのプライドだけから出ているように私には見えますよ。

294 :病弱名無しさん:04/11/02 08:45:05 ID:Vs8870Lp
鋭い心理分析だ。
身体健康板にもこのような洞察力のある方がいたのだな。

295 :病弱名無しさん:04/11/02 09:12:07 ID:/xid9Zg7
>>292
切腹はやめましょうよ。もう実行後?

>>293
野口晴哉氏はそういう心理分析(裡の欲求、感受性の方向性)を常日頃からして、
人と接していたんだろうな、とか思いました。

ここのスレッド来ている人は、協会会員の人が多数だと思うんですが、ちょっとショックです。
野口氏の思想に共鳴した人は聡明な人が多いと勝手に思いすぎてました。
書き込んでいる人だけで判断するのも間違いですけど……。

宗教(思想の下に集まった人々の集団)って、
時が経てば、形骸化していくものでしょうが、
その構成員一人一人が知性や良識を身に付けていれば、長持ちすると思うんです。
整体協会もそうなればいいな、と思います。

296 :病弱名無しさん:04/11/02 09:50:23 ID:rzki6sgT
>>295
いや、本スレ来訪者の会員率は事実関係その他に関する認知状況や用語法から推測するに非常に低いと思われます。

297 :病弱名無しさん:04/11/02 12:28:49 ID:DG5BAdMQ
>>296
私もそう思います。
前スレはどうだったのか分かりませんが、本スレを見る限り、今のところ会員と思われる来訪率は非常に低いと思わざる得ません。
ただし、野口氏の思想に共鳴した人は聡明な人が多いというのは思い込み過ぎだと思いますけど。

298 :病弱名無しさん:04/11/02 17:41:00 ID:JKoVI8fx
>>290  これは文章からしてどの部分が>>288へのレスかと多少戸惑うのですが・・・
 なるほど、何故その人がその発言をしたのか?と言葉の裏を考察するのは整体的観察
では重要であり、また興味深いことである、ということは同意です。
しかし、1)当該言動の発言者の人柄・品性・動機のとらえ方の問題と、2)そのとらえたこ
とを表現することに関して愚見を多少述べさせていただきます。

1)整体的観察において、例えば、ある動作がコンプレックスの現れであるとか、ある表現
がある欲求ないし欲求不満の現れであるという観察は大切でしょう。
しかし、整体的観点からすれば、それもひとつの「認め方の角度」の問題であり、例えば、
仮に、コンプレックスととらえたものを「向上心が強い」とか「主張ができる強さがある」とレ
フレイムする(野口先生の例では「掃除が太郎ちゃんよりうまいね」、から、「きれい好きだ
ね」「熱くない」から「もう冷めたよ」のように)ことによって対立関係でなく、協調関係が得ら
れ、以て 相手の行動の方向づけもできる利点もある、と思います。これはどっちの評価
が正しいというより、もっとプラグマティックな問題です。
そして、掲示板においてはそうしたことは「気を通す」ということより、よほど簡単で生産的
であり、むしろ生命に対する礼の一例として、あるいは従わない者を従わないままに従わ
せる技術として、あるいは「気を通す」前提として肝要なことだと思うのですが・・・
いかがお考えでしょうか?



299 :病弱名無しさん:04/11/02 17:41:23 ID:JKoVI8fx
2)また、私はこの手の見知らぬ者同士の掲示板において、事柄の当否に対してでなく、そ
の事柄を主張する人物の人柄・動機・目的などの評価(甲はPと言った、という言動におい
てPの内容の当否ではなく、Pの内容からのー主観に満ちた不当な、または客観的に妥当
としてもー推論として、甲はえらい!すごい!素人だ、自慢げだ、ひがんでいる、わかって
ない,などなど)の表現行為は不要、非生産的、有害である、と考えております。もっともと
きにおチャラケるのは良いと思うのですが、知っている者同士なら「あいつのオチャラケが
始まった」で済むことでも何せ知らぬ者同士ですから、不要な誤解だけを生みやすいと思
います。いかがお考えでしょうか?
 稽古会に関しては詳細な根拠があるというより、私個人の感想ですので、いろいろな意見
があると思います。
 因みに私も井もと整体についてはその著作でしか知りませんし、うわさもたいして聞いた
こともありませんから、知らないことは言えません。


300 :病弱名無しさん:04/11/02 18:38:47 ID:yKbMVBkD
アタイこそが 300げとー

301 :病弱名無しさん:04/11/02 18:51:44 ID:XYLvnvfG
野口先生は思想と言わなかったと思います。そう言いたい人が後でそう
言っただけで、何か完成された思想のようなものがあるというのは錯覚
で、思想なんて翻訳語で表されるような狭いものではないと思うが、既
存のものに当てはめて納得しようという傾向がそうさせているのでしょ
う。ただ、宗教団体と思われても仕方ない言い方を平気でする公家の残
骸のような社会性の無い発言が全生に出てくるくたばりぞこないのババ
アのような人には見られる。こんなんじゃ学会に敵わないと言わざるを
えない。

302 :病弱名無しさん:04/11/02 19:11:50 ID:XYLvnvfG
不要な神格化が多すぎる。技術とその根拠に特化すべきか。
>>295 聡明なって、誰がどう判断するかの問題でしょう?
 自分がどう思うかであって、なにかそういうものがあるかの如く信仰しても
なにも得られないんとちゃう。知性とか、良識とか、所詮あんたの器でしか判
断できんよ。普通に考えて整体なんかに興味持つのはバカだろ。
 オレは個人的な縁に過ぎん。人に勧める気は全く無いね。身体に注目するこ
と自体卑しいと思う。誰でも努力せずに持ってるからね。そんなんじゃなくて
、生死について生物学で説明不可能な現象が本当にあるかどうかなんだ。
 気とか無意識とか、所詮は別の説明。自分で言葉を作るしかないだろう?

303 :病弱名無しさん:04/11/02 19:50:42 ID:f8TqX/Ex
野口晴哉の思想とか言い出した人って誰なんですかね。

304 :病弱名無しさん:04/11/02 23:44:36 ID:JKoVI8fx
>>295
ご自身が理解した野口像と教会、あるいは、共鳴者とのギャップにこれからも
戸惑い、あるいは失望することも多いかもしれません。
しかし、そんなときでも、、野口先生の言葉や実践がよき指針になってくれると思います。

>>271 活元運動の反応について私の場合
たいていあらわれると思いますよ。それは各段階がクリアに別々というわけではないし、
それが1サイクル終わればすべて終了というわけでなもない。また、ダイレクトに活元運動
と結びついているかどうかは不明なのですが、とにかく身体の改善において活元などで
体を弛むとそうなるみたいです。
やはり、身体は歴史を持っていますから、鈍ってなかでこわばっていた部分が弛むと過敏
が出てくる。過敏って敏感が強度というより、私の場合、端的に痛みです。首のある部分が
痛くなったり腰だったりすることもある。これは反応だとわかっていても痛いときはいざとな
ると案外辛いものです。
 で、排泄って私の場合は例えば、咳だったり、大量の寝汗だったりしますが、
人によっては怒りや悲しみの表現だったりすることもあるようです。
そして、そのサイクルを終えるとある期間安定しますけど、さらに活元や操法を受けたり
すると、古い鈍りが弛んできたりして、またサイクルの開始、という具合です・・・参考までに。

305 :295:04/11/03 11:08:25 ID:zRycU8cr
>>302
神格化はしてないです。というより、むしろ聡明な一個人だったと思ってますよ。
ここでいう「聡明さ」というのは、綿密な観察をもとに思考を働かせていくことを指しています。

>知性とか、良識とか、所詮あんたの器でしか判断できんよ。
確かにその通りです。
私の良識というのは、
「くたばりぞこないのババアのような」というような発言をしないとか、
そういう範囲のことを意味しています。
ただ、人間はテレパシなんて使えないので、発する全ての言葉は自分の器の範囲内だと思うのです。

「思想」という表現は、言い方が悪かったみたいです。
野口氏が述べられてきた。発言には、体系こそないかもしれませんが、方向性はありますよね。
その抽象的な方向性を「思想」と言ったのです。
「考え」「思考」とかいう表現の方が良かったかもしれません。

>普通に考えて整体なんかに興味持つのはバカだろ。
 オレは個人的な縁に過ぎん。人に勧める気は全く無いね。身体に注目するこ
 と自体卑しいと思う。誰でも努力せずに持ってるからね。

どういうことなのかわかりません。教えてください。おながいします。

306 :病弱名無しさん:04/11/03 12:34:00 ID:dOzoxaa9
ここに論文があるよ。
http://www.keikojo.jp/kenkyujyo.html


307 :病弱名無しさん:04/11/03 12:46:07 ID:dOzoxaa9
整体をしている人間がしてない普通の人間より上と思っているのは間違いです。
結局宗教団体や左翼運動の党派性からのがれられません。
神格化しているのはくたばりぞこないのババアたちです。権威主義の。
普通に見ておかしいと思われることを自分の地位を利用して平気でいう。
会員ならわかるでしょ。ただ知性や良識も所詮は訳語です。野口整体は独自の
世界なので、外から比較したりあれこれいっても無意味です。
次男の段なんて整体協会や身体教育研究所の指導員もボロクソに言ってるからね。
 あなたの良識では即決別になってしまう。外野から覗き見するようなことは無駄です。
公家の権威主義は彼らが死ななきゃなおらないんで、そういう意味です。
日本人の哲学ごっこや精神分析ごっこと比較してもすぐ壊れる。
 気は内家拳等では実体。知らないからオカルトと思う人がいる。でも基本的に
宣伝しないのが掟の団体についてこれ以上いうのは難しい。実践ですよ。実践。
頑張ってね!

308 :291:04/11/03 13:48:15 ID:D7jfIKsV

私事ですいませんがね。
>>291で「まったくしょうがねぇーな このスレは…」と書いたのは
特定の個人に対する攻撃にならないように書いたつもりだったんですよ…。だけどね。
よく考えてみるとこのスレのレス全般にわたって絨毯爆撃を加えていることに気づきましたよ…。
別に誰も気にしちゃいないと思いますよ。だけどね。やっぱり切腹しときますわ。
拙者的にね、言葉をうまく表現しきれなかったことに納得できないんですよ。
まだまだ言葉道の修行が足りなかったってことですかね…。
>>295さん 優しいあなたに介錯をお願いいたしますよ…。

           _、_
         ( ,_ノ`)
  キラン    .ノ^ yヽ、        _, ._ うぐっ
   +  、δ _,,ノ==l ノ       ( ゚ Д゚) ・;∵
     /   /  l |         ( つ〆O  カハッ
          ̄ ̄      廿 と_)_)

309 :病弱名無しさん:04/11/03 13:51:09 ID:V/utFdKT
香田さんのあんなものが普通にネット上に流れている。ショックでした。

310 :病弱名無しさん:04/11/03 17:56:48 ID:k/Lv/I3c
>>307>>301
確かに、野口先生は実践家であり、思想家とはいえないでしょう。
また、 貴兄のみたいわゆる「ばばあ」の姿も目に浮かぶようです。
しかし、野口先生は独自の人間観に基づいて実践をしていた、あるいは、実践を
通じて独自の人間観を抽出していった、ということは言えるのではないでしょうか?
その意味で彼の活動を「語る」ときその背後にある彼の思想を語ることも許されるのでは
ないでしょうか?
(ところで、野口先生はご自分の活動を新しい思想運動だ、という表現を全生新聞か、
初期の月刊誌にしておられたような気もしますが、記憶違いでしょうか?)

また、「思想」や「哲学」という語が「社会」や「権利」と言った言葉同様、西洋文化の輸入と
ともに作られた造語であり、我々の肌になじみ切っていないことも確かです。
そうしたことから、寸法のものさしをメートルの物差しで測るようなもどかしがあることも
確かです。
しかし、そもそも、漢字そのものが外来語であり、大和言葉でないにも関わらず、日本人は
それを咀嚼し自分の文化に根付かせました。また、寸や尺より今ではメードル法の方がな
じみが深いものになっています。
同様に、野口先生の活動や思想も、各人の得意分野に応じて思想、実践、精神分析、
教育などなど多角的な面から考究することも可能ではないかと私は考えておりますが、
いかがでしょうか?


311 :病弱名無しさん:04/11/03 18:03:05 ID:GzpYfDMf
>>308
左側にいる人ってもしかしてセンセイ?
いつのまに侍になっちゃったの?セイタイはやめちゃったの?

312 :病弱名無しさん:04/11/04 19:10:11 ID:qV6biab1
>>301
教会のババアと妖怪の砂かけババアではどっちがこわくてどっちがきれい?
だんちゃんとだんだだんの共通点は?

313 :295:04/11/05 00:41:38 ID:7oEgFpXD
>>307
レスありがとうございます。
外野からならなんでもいえますもんね。反省です。
権威主義が闊歩しているのですね、整体協会も。残念です。
やはり最終的には、
野口晴哉という個人から自分の「整体観」を作り上げることになるのかもしれません
それと、
身体に注目しているからといって、
自分が高尚な人間だと思ってしまうのなら最初から知らない方がいい、と私も思います。
『治療の書』にあるように、ただ自らの安息の為に、治療という行為が行われるのなら素晴らしいと思います。
誇りもなく恥じもなく。そういう気張りがない上での「整体」なら良いですね。
ありがとうございます。がんがります。

>>308
291サンは、リアルでも自分に厳しい人なのでしょうね。
リアル切腹しない程度に厳しくいてください。

314 :病弱名無しさん:04/11/05 01:09:46 ID:m2H3Scur
>>307
くたばりぞこないのババアたち、って誰のことですか?
彼らが死ななきゃなおらないんで、という彼らって誰ですか?
ばばあ=彼らですか? けれども性が違うし・・・・・・
よく意味が分かりません。もう少し分かりやすく教えてください。お願いします。
独自の世界なので外から比較したりあれこれいっても無意味ですと言われても、独自であればすべてそうだとは言えない。
そう言えるのは、独自の世界ということではなくて、まともではない独裁者の世界の場合だと思う。
この独自の世界という「独自」はよい意味で使っているのではないですよね。

>>306の論文もよく分からない。
内観的身体といっても、ようするに思い込みということですよね。
これ、突き詰めていくと、離人症とか精神分裂になりませんか?

295さんはよく理解できますね。私にはトンと理解しにくい文章です。
でも面白そうな内容ので、もう少し分かりやすく説明してください。お願いします。


315 :病弱名無しさん:04/11/05 08:53:25 ID:m2H3Scur
>>307
295さんとのやり取りを何度か読み直しておぼろげに分かったような気がしてきましたけども。
くたばりぞこないのババアたちは会員のことで、
普通に見ておかしいと思われることを自分の地位を利用して平気でいうというのは支配者層のことですか?
ということは、会全体(本家、恵子を問わず)が膿んでいる、救いようのない団体だということですよね。
そういう会を相手にしても無駄、自分の足で実践せよと言っているのかな。
それならよく分かる。


316 :病弱名無しさん:04/11/05 12:58:36 ID:zK/5G/LZ
くたばりそこないのばばあってのはうちの一族のおばば軍団のことと考えてもらって、
結構です・・・・ぼくがぜんそくなのもそのせいかもしれませんね。
妖怪のすなかけババア?・・・まあ、どっちもどっちかな?
独自の世界ってのは外からみたら非常識の世界ってことですよ。
この前、心霊研究会ってとこ、行ったらメンバーの人が
「この場所には心霊がうようよしているのお」「きゃあ、本当だ!!」
「あ!子どもの霊もいる!!」「本当だ!!「泣いてたね!!」なんて言ってる。
僕には何も見えずチンプンカンプンで、変な奴らだなあ、
と思ったんですけど、、そのグループの信者メンバーの人にとってはお化けも実体でしょ・・・こりゃあいけるとひらめいた。
で、メンバーは感じるし、見えるし、わかる、けど、外部にはわかりにくいってことも
あるじゃないですか?で、独自な世界なわけです。
論文わからないって、そりゃぼくにもわかりません。すこし学問やらないとわからないらしい。
兄弟喧嘩しても、愉気ベビーは一歩も引かない!!
なんて言ってましたけど、収入源が異なるの、経営体力は万全となります。
でも、読んで、感動しているひともいるらしい、その手法はぼくも学びたいとおもってます。
だんだだんとの共通点はまあ、背丈でしょうかね?
権威主義?・・・なこと当たり前です、知らしむべからず!!!これ秘伝なり!!!
思想でもなんでもいいけど、不思議なことぶちこむと人はついてくるものです・・・これが
実践です。がんばってね。



317 :病弱名無しさん:04/11/05 13:16:36 ID:pvgR7+/I
>314
内観的身体は内観的身体で
おそらくあなたの思っている思い込みではないと思います。
感じてみないと、言葉を尽くしてもうまく伝わらないかも。

自分の経験ですが、股割ができないので、いろいろ考えてやり方を試していたとき、
仙骨の下(坐骨の辺り)をうまく転がる感覚があると、両手が前に進みやすくなります。
股割りのときは上体を曲げるのではなく、腰を突き出すようにと幾度も教わったのですが、
腰を突き出すというのは、このことを言っていたのかと思っています。

言葉で教えれば、人は外面の動きをしようとします。
しかし、武道や茶に通じる動きはその人の感覚(内観)から、
外面に現れるものだとおっしゃっているのではないでしょうか。


感覚(内観)については、野口整体よりも、野口体操のほうがもっと解りやすいかと。

論文も整体というよりは、体の動きをテーマにしているんで、
武道やパフォーマーの人向けですね。

このスレにはちょっと話題がずれているかも。

318 :病弱名無しさん:04/11/05 21:03:18 ID:kojyLQr0
話題がずれているなんてとんでもない!!
野口整体の正当な継承者だと会設立関係者は言ってるじゃないんすか?
やらなきゃわからない、やってもわからない場合があるってのは事実だけどね。
離人症や分裂病者はでていないようだけど、変わっている人がいることは
たしかだね。
思い込みっていったら、気自体が思い込みですんじゃう。
けど、恵子会の人は本家を客観法と呼ん客観的ということを多少侮蔑の意味を
含めてよんでいる。客観性なんて!!プッって感じさ。
重婚は許さじとばかりに、本家と両方出る人を敬遠していたこともある。
だから、話題がヒートアプしていいと思うよ!!
がんがれ!!>>317


319 :病弱名無しさん:04/11/06 00:47:49 ID:0oBCTmDy
「だん」とか「だんだだん」って何のことですか? 人ですか?

320 :病弱名無しさん:04/11/06 01:28:19 ID:yazcHwa2
↑ 妖怪のことじゃないのかな。
心身は一如なんだし、わざわざ内観的身体など訳の分からない物を持ち出す必要はまったくないじゃないか。


321 :病弱名無しさん:04/11/06 05:16:42 ID:xx6t05V6
>>319
段田男はたしか演歌歌手じゃないですか?
「ダン」と呼ばれる人は、野口先生の息子さんで次男の人です。通称ダンちゃん。かつてこ
の前スレで恵比寿さん似といわれていた人は三男の人。野口家では胎児の時から、子ど
もに通称をつける習慣があるようで、兄さんにつけさせて、親しみを持たせたり、教育効果
を上げるため、いつもは通称で叱るときは本名で呼んだりしていたらしい・・・と何処かに書
いてあったような記憶があります。
だん先生は野口先生亡き後、それまでのオーソドックスな操法体系を熱心に研究、突き
詰めていた。が、(誤解がなければ)外側だけ、野口先生のやりかたを真似ても野口先生
のやっていたこと、やろうとしていたことととは違うものになってしまうと主張し、新しい体育
体系を構築・・・稽古会と呼ばれる会を協会内部で立ち上げた。その後協会内は今までの
が良いんだっていうオーソドックス派(稽古会の人は客観法と呼ぶ)といや、そうじゃないっ
ていう稽古会派とで、事実上分派状態にあるといってもいいんじゃないですか?実態はど
うなのかわかりませんが、当時の会員にとっては内紛というか、組織内の政治抗争という
か、そんな風に映った人も多いのでは?かすかに覚えている当初の原理は、大雑把にい
うと、例えば、一方の鐘が鳴ると近接する他方の鐘が響くように、ある人に同調して自分の
心身を内観すると、自分の心身の対応する部位に感応があり、その自分の部位の感応す
る部位に変化を生じさせると、その人の対応する部位に変化が起きる、というものだったよ
うな・・ただ、原理や言葉、稽古内容などはそのときそのときで大幅に変わっている様子・・・・
稽古会の心酔者にすれば全然違うっていわれそうだけど・・・詳しい人がいたら是非訂正
でも補正でもしてください。
ところで、ハンマー投げの室伏選手って稽古会で稽古してないですか?あのハンマーを
持ち上げるときの美しさは稽古会っぽい。


322 :病弱名無しさん:04/11/06 06:17:41 ID:WarFZxRD
内観的身体でいっこく堂さんになれますか?

323 :病弱名無しさん:04/11/06 08:03:13 ID:nHntB6fG
室伏選手は合気道だか古武道だかの先生に師事していると
どこかで読んだことがあるのでそちら方面から会得した体術なのかも?

324 :病弱名無しさん:04/11/06 08:20:29 ID:0oBCTmDy
>>321
あだ名ですか。面白いですね。発想がユニークというか。
本を読んでると、よく「ポン」っていう名前もでてきますが、
もしや野口裕介さんのことですか?



325 :病弱名無しさん:04/11/06 08:54:37 ID:xx6t05V6
>>323 そうなのかあ?合気道なのかなあ?
>>324
ぽん→、だん→、ろい、→おたか 順で、
裕介さんは3男、通称ロイちゃんと呼ばれる。
ポンというのは長男で事務局長のはず、
オタカ4男も事務局勤務のはずです。

326 :病弱名無しさん:04/11/06 14:45:24 ID:yazcHwa2
やっぱり妖怪だったな
他にもAP、KOKI、ALとかうじゃうじゃいて、教会は妖怪の巣になっているらしいぞ

ところで室伏氏の所作が美しいのは恵子とはまったく関係ないだろう
たとえ恵子会会員に名を連ねていたとしてもね
恵子は意識の動き、活元運動は無意識の動き
彼の所作が美しいのは、言うなれば活元運動的な美しさだよ
間違えてはいけない

327 :病弱名無しさん:04/11/06 23:32:55 ID:xx6t05V6
>>323
まあ、稽古会は古武道など、古典的身体運動についてわりかし丁寧に研究していたらか
そこらへんで似てくるところがあるのかもしれませんね。

328 :病弱名無しさん:04/11/07 17:19:14 ID:zRbkY5yw
>>326
根拠は?

329 :病弱名無しさん:04/11/07 18:50:49 ID:32HsUkH2
後半については言うまでもないだろうから、前半についていきいているのだろう
是非、お金を払って会員になろう。じわじわ判ってくるであろう

330 :病弱名無しさん:04/11/07 19:06:47 ID:32HsUkH2
ふだん、本家はもちろんのことく、身体○△研究所の指導員に対してもボロクソに言っているよな
根拠は? とか一言、二言でなくてさあ、もっと駑馬ーっと書いてよ
隠れて言っていないでさあ、おもいきりいいなよ(本家に対してだけでなくてね)
楽になるよ
せっかく食いついてきたんだから、これから恵子会のスレにしようぜ


331 :病弱名無しさん:04/11/07 19:55:24 ID:zRbkY5yw
よし、やろやろ!!

332 :病弱名無しさん:04/11/07 20:09:19 ID:zRbkY5yw
>>330の思いこみ聞きたい!!!

333 :病弱名無しさん:04/11/07 21:24:22 ID:32HsUkH2
もまえはちゃんと四ドルン蚊
一言だけで隠れていないで賭けと
もまえが課君だよ

次男の段なんて整体協会や身体教育研究所の指導員もボロクソに言ってるからね。>>307
だんちゃんとだんだだんの共通点は?>>312
内観的身体といっても、ようするに思い込みということですよね。
これ、突き詰めていくと、離人症とか精神分裂になりませんか?314
論文わからないって、そりゃぼくにもわかりません。すこし学問やらないとわからないらしい。
兄弟喧嘩しても、愉気ベビーは一歩も引かない!!
なんて言ってましたけど、収入源が異なるの、経営体力は万全となります。>>316
>>317>>318>>321>>322>>323>>326
いろいろ書いてあるじゃあないか
まず、これらに答えてくれ。もまえから家訓だよ

334 :病弱名無しさん:04/11/07 23:16:58 ID:zRbkY5yw
>>333
あははっ!!!すごいや!!!(とても悪いんですけど、引用したレス書いた人
いまごろ爆笑かもしれませんよ。)
稽古会に関しては、
是非、お金を払って会員になろう。(稽古会でてみればその良さが)
、じわじわ判ってくるであろう (>>329)




335 :病弱名無しさん:04/11/08 00:24:48 ID:f5rXEd5A
書きなさいと言っているのにねえ
やはり掛けないんだねw
レス下中にもまえも入っていたんじゃあないの
勝手に自分で書くことを禁じられているんだろうな
重婚は許さじとばかりに、本家と両方出る人を敬遠していたこともある>>318
らしいからな
わかた。もう逝ね!

336 :病弱名無しさん:04/11/08 20:23:16 ID:C7sQzjCi
もとから電波?
活元やって電波?(だから恵子は活元やらないの?)ちょっと心配!?


337 :病弱名無しさん:04/11/08 20:43:04 ID:b7cYiiW5
恵子貝ってホロン部みたいなものだったんだね。。。。。

338 :病弱名無しさん:04/11/08 21:01:39 ID:b7cYiiW5
予想はしていなかったわけではないけれど
やはりがっかりしました・・・

339 :病弱名無しさん:04/11/08 23:57:26 ID:4m3LuC55
活元は関係ないでしょ、活元はいいよ!!!けど、
精神分裂の病歴のある人は活元やると猛烈な妄言が出ること
あるからから活元禁止なんだって・・・
・・・・ハッ!!!・・・・!?

340 :病弱名無しさん:04/11/10 07:25:20 ID:MJk7yI6C
ageますよ

341 :age:04/11/10 23:54:55 ID:pGfl86Vq
恵子会のスレにしようという声が出たとたんレスが激減しましたね。
そのこころはなんなんでしょう?
まあとりあえず誰かいっしょに中国茶でも飲みながらマターリ世間話でもしましょうよ。

あのね、ボクはね。初めて活元やったときやたら怒りの感情がふつふつと湧いてきて
気がつけば立って床をどかどかと地団太踏んでましたよ。精神分裂の素質あり?
まあ今はそんなことないけどね。むしろはじめて会った人に
「この極楽トンボ!ってひっぱたいてやりたい」
と言われるくらいお気楽そうらしいですよ。それもどうかと思うけどねー。


    ( ´∀`)      どなたかドゾー
    ( つ立O
    と_)_)   _,_ ∫
            τ(_ア 立

342 :病弱名無しさん:04/11/11 01:57:54 ID:yhLxuDLN
もまえはちゃんと四ドルン蚊
もまえが課君だよ

ふだん、本家はもちろんのことく、身体○△研究所の指導員に対してもボロクソに言っているよな
本家に対してだけでなくてね
隠れて言っていないでさあ、おもいきりいいなよ
楽になるよ
・・・・・やはり掛けないんだねw 
わかた。もう逝ね!

343 :age:04/11/11 07:50:34 ID:dYsZdIMt
ボクよく知らないんだけどね、何でそんなに仲悪いのかな?
Dセンセの話聞きにいったことあるけど、あのセンセは笑いの中に毒舌を挟んでるから
毒がすんなり身体の中に入っちゃうんだよね。人によっちゃあその毒を自分で消化できずに
そのまま周りに垂れ流しちゃう人もいるからちょっとどうかなあとも思うんだけど…
毒を笑いで包むのは潜在意識にポンと入れる良い方法だけど、
毒をそのまま「あのセンセはこう言ってた」なんて言葉だけむき出しにしてしゃべっちゃう
頭の毛が三本足りない人がいる限りイパーイ問題が出てきそうでしょ…
毒は少量なら薬になるから、ちゃんと自分で解毒できれば薬なんだけどね。
自分で解毒しきれない人は致死量超えたまんま体内に残っちゃって中毒になっちゃうよ!
自分は潜在意識に毒を流し込んでるんだってちゃんと意識してるのかな?
意図してやってるんなら別にどうでもいいんだけどね。
でもどうせ入れるなら毒でも明るいほうへ向かうように入れてほしいなあ…
解毒能力の低い人たちのためにきちんと解毒剤もいっしょに渡すとか…
でもボクよく知らんからだれかもっと詳しい人おせーて。

      _, ._ ?
    ( ゚ ∀゚)       ところであんたお茶はいらんの?
    ( つ立O
    と_)_)   _,_ ∫
            τ(_ア 立

344 :病弱名無しさん:04/11/11 08:24:18 ID:L3O7pjRL
毒が入ってそうだからいらないw

345 :病弱名無しさん:04/11/11 08:53:06 ID:b75X5oA2
彼のお茶には毒は入っていないよ。
彼のお茶は実にうまい。
ぜひ一度飲まれることをお勧めする。

346 :病弱名無しさん:04/11/11 08:59:39 ID:yhLxuDLN
毒が入ってそうだから?
飲みなさいと言っているのにねえ
やはり飲めないんだねw
予想はしていなかったわけではないけれど
やはりがっかりしました・・・
わかた。もう逝ね!

347 :.:04/11/11 10:55:31 ID:G3FRn1cO
         >>344 うっ…ばれたか…
         でもね、いちお言っとくとDセンセみたいな人ボク大好きなのよ。
   _, ._       毒の入った珍味がおいしかったりしてね。
 (;´∀`)    肝臓鍛えて皿まで食べちゃうよ!
 ( つ立O
 と_)_)   _,_ ∫
         τ(_ア 立


348 :病弱名無しさん:04/11/11 11:47:17 ID:Pwyt5iNp

活元運動やってたら、飲んだら吐き出しちゃいますか、毒茶?

349 :病弱名無しさん:04/11/11 13:48:38 ID:G3FRn1cO

       _   うおぇldghるyrぬぽ…
    〃⌒ヽ)
   (  rノ
  ⊂⊂ソ ***


350 :病弱名無しさん:04/11/11 14:36:21 ID:G3FRn1cO

       _   死ぬかと思った…
    〃⌒ヽ;)
   (  rl |  ハァハァ
  ⊂⊂ソ !.ι,

351 :病弱名無しさん:04/11/11 19:58:58 ID:yhLxuDLN
隠れて吐いていないでさあ、おもいきり吐きなよ(本家に対してだけでなくてね)
楽になるよ


352 :病弱名無しさん:04/11/12 00:12:51 ID:Meb/qVkA
↑ 孤軍奮闘しとりますなぁ〜 感心感心
まあ、お茶でも飲みなさい


353 :病弱名無しさん:04/11/12 23:41:12 ID:fKsabCuv
>>349
なんでコンペイトウ吐いてるん?

354 :病弱名無しさん:04/11/13 00:35:23 ID:wUiyJ/O5
>>353 残念。まっくろくろすけでした。


   ?                        ?
           ?
   <:::::::`!:ヽ      、 i r        /:レ:-::"レ..、
   !`:::::::::::::::::|  , ..::::':_:::::::_ ̄::`::...、  /::::::::::::::::::::フ
  ,->::::::::::::::::/o ':r " "/ !ヽ `ヽ、::::::ヽ {:::::::::::::::::::::::、フ
  `-、::::::_;:::,/O:/  _        ヽ:::::::8!:::::::::::::::::::::>
         l::|   _ヽ  、 /_   'i:::::::! ヽ-:;;;::-''"
    ?    .i:| (・ ) ,  ( ・ )  |::::i
         | } ''_''_     _'' ''  !' Y       ?
…って     `!/`‐'‐`=='‐--'ヽ , ノ
 まっしろじゃ━! ! r  ̄ v‐  ̄ ), ノ━━━━━ん!!!  ?.....
         /`ヽ=-ニニ-=-"   \
 ?      ( ,   | Y_-゚-`_Y |      )  ?

355 :病弱名無しさん:04/11/14 14:01:43 ID:pHXM9pSa
「組織の長(パラノイアタイプ)が組織化に興味ない場合、
下のやつら(神経症者)が勝手にやりだす。」
ジャック・ラカン

356 :病弱名無しさん:04/11/14 14:22:19 ID:Un9hBQ0j
ラカンはあかん!!
大文字の彼は左巻き

357 :病弱名無しさん:04/11/14 18:55:46 ID:X3QhOPdI
工作員乙

358 :病弱名無しさん:04/11/14 22:44:21 ID:aoOYymDV
恵子貝の人ってどうしてそんなに殻に閉じこもるのか知らん。
ええっ、貝だから当然だって。
ああ、そう貝。

お〜い、ざぶとん1枚持ってきてくれ!

って、なんでもって行くの?

359 :病弱名無しさん:04/11/15 08:54:48 ID:aYPLclGb
稽古会の話ししたければ出したいひとが出せばいいのでは?
稽古会知らないのにちゃちゃ入れたがっているだけににみえちゃうよ。
工作員?パラノイア?

360 :病弱名無しさん :04/11/15 17:16:43 ID:ZNY1S0XA
取れる揚げ足がほしい。

361 :病弱名無しさん:04/11/15 17:24:53 ID:ZNY1S0XA
言葉尻をとらえてイチャモンをつけたい。

362 :病弱名無しさん:04/11/15 20:06:23 ID:deMxbQAo
>>358
       _, ,_  没収 !!
    ( ・∀・)
  ( ̄⌒ヽ⊂彡☆
  丿 ::;;: )
 (___,,.,,,.::' ミ ∩∩ ミ
         ( ⌒~⊃。Д。)⊃



       _, ,_  フリスビー !!       ( ̄⌒ヽ ミ
    ( ・∀・)⊃    二    (( 丿 ::;;: )
         彡           (___,,.,,,.::'
                          彡
         ∩∩   从 !
         ( ⌒~⊃。Д。)⊃

363 :病弱名無しさん:04/11/15 23:53:00 ID:sQDWWRKi
ラカンはアカン!! って言うてるやないか
                  (バラノイマ?)

お〜い、ざぶとん2枚。

364 :病弱名無しさん:04/11/16 08:36:48 ID:CCzD1Jio
勘繰りてー下種。

365 :病弱名無しさん:04/11/16 08:38:31 ID:CCzD1Jio
餌をお恵みして貰えねーと動けねー下種。

366 :病弱名無しさん:04/11/16 09:07:18 ID:WnWc2Xx9
いやあ、このスレも最近とみに充実してきたなあ。良きかな佳きかな。

367 :病弱名無しさん:04/11/16 10:18:19 ID:CCzD1Jio
まあ、一緒にお茶でも。

368 :病弱名無しさん:04/11/16 11:45:28 ID:xTktP5Wa
>>363
ラカンはアカンのか…
ウチのお母んはミカンも剥かん土管なんで
股間も弛緩しとるけどやっぱり痴漢はイカンよね。
そんなんバレたら折檻の予感…
これ分っかるかなぁ?ワカンねぇだろうなぁ…
若い人はポカンてカンジ?

369 :病弱名無しさん:04/11/16 19:27:25 ID:ZJ/8rNJd
今日、世田谷本部の活元会行って来ました。
野口ナントカさん(すみません、忘れました)の講話のあと、活元に入りました。

まずモデルの人が6人、見本として活元を行い、そのあと一人活元、そして組んでの活元という順番でした。
私は一人での活元がまったく出ずに、「やっぱり初回は無理なのかなあ」とか思いましたが、
2人で組んで背中に触れられたら急に後の人に合わせて体が動き、ビックリしました。
そのあとは誰にも接触しないで活元が出つづけました。
自分が後にいって相手に触る番になっても活元はすぐに出ました。

モデルの人の動きを見ると「夢遊病者みたいだな。意識ないのかな」と感じましたが、
実際自分の体に起きて見ると、非常に意識がはっきりとした状態で活元が起こり、
「自分の意識とは離れた状態で体が動く」という感覚を覚えました。
体が欲してる運動を、意識が許可して、結果として体が自動的に動くという感じでしょうか・・・
そして、意識をある体の部分(肩とか)に向けると、その部分が動き始めるということも起こりました。

ですから自分でいつでもやめることができるし、目を開けていても運動は続きました。
「ポカンとしなければ活元は起こらない」といわれましたが、私の場合はさっきから書いている通り、
意識が完全に起きていたし、いろいろ考え事もできました(あのバックもっと向こうに置いた方がいいかなとか)。
もしかしたら本当の活元ではないのかも。

とりあえず健康に役立つかどうかはわかりませんが、面白そうなので続ける事にしました。


370 :病弱名無しさん:04/11/16 19:58:31 ID:IPkd7FNc
今日始めて活元会に、本部道場にいってきました。
369さんがカキコされている通りで、出ないだろうと思っていた活元運動がでました!
と、思うんだけどこれで良いのかな…
雰囲気も何かいい感じだったし、私も続けようと思います。
一緒に行った友達も始めてでしたが、思ってたより若者が多かったし、また一緒に行くことにしました。
しかしポカンというのは今まで考えていたポカンとはひょっとして違うのかもしれない。
上手く言えないのだけど、ベテランの人たち、どうなんでしょうか?

371 :369:04/11/16 20:15:22 ID:ZJ/8rNJd
あ、私は男で、20代です。
体癖は知りませんがカナーリ理屈っぽい人間です。
でもそんなの関係なく活元は出ました。

372 :369:04/11/16 20:17:25 ID:ZJ/8rNJd
>>370
ああ、370さんも行かれましたか。
結構雰囲気はいいですよね。
それとやはり女性の人が多いですね。

373 :369:04/11/16 20:25:22 ID:ZJ/8rNJd
若い人多かったですね。
2階の係員も若い男性だし。

全体的に人(特に初心者)が多かったのは文芸春秋に記事が載ったこともあるのかな?
荷物の置き場所に苦心しました。
まあ盗む人もいないんでしょうが、会員のみなさんは貴重品とかバッグとかどうされてるんでしょうか。

374 :病弱名無しさん:04/11/16 20:56:04 ID:X2DVOJEq
>>369

>>もしかしたら本当の活元ではないのかも。
本当の活元かどうかは分からないけど、自分の場合だと
まず、物事を考えたくなくなる、思考が浮かんでもスルーできるし、
思考そのものもあまり頭の中に浮かんでこないです。
ただ、身体の動きだけがあるという感じです。



375 :病弱名無しさん:04/11/16 21:26:00 ID:ZJ/8rNJd
今なんとなく座って「活元しよう」と思ったら即座に出ました。
立ってやりましたが同様です。
まったく準備運動なんてしないで。

急にやめたらクラクラしますね。

376 :369:04/11/16 21:27:32 ID:ZJ/8rNJd
375は私です。

>思考が浮かんでもスルーできるし、

これはありますね。
いろいろ考えても「とりあえず今は体を動かしていよう」という感じです。

377 :病弱名無しさん:04/11/17 00:26:31 ID:LRt+8pfw
野口祐介氏が「活元は難しい。ポカンとなれない人が多い」とか言ってたが本当か?
初心の人もみんなちゃんと活元出てたみたいだぞ。

378 :病弱名無しさん:04/11/17 01:04:32 ID:EZr59RTj
恵子貝の人はんなんで活元やらないの?

379 :病弱名無しさん:04/11/17 01:36:15 ID:xVPBGQkQ
もまえはちゃんと四ドルン蚊
もまえが課君だよ

次男の段なんて整体協会や身体教育研究所の指導員もボロクソに言ってるからね。>>307
だんちゃんとだんだだんの共通点は?>>312
内観的身体といっても、ようするに思い込みということですよね。
これ、突き詰めていくと、離人症とか精神分裂になりませんか?>>314
論文わからないって、そりゃぼくにもわかりません。すこし学問やらないとわからないらしい。
兄弟喧嘩しても、愉気ベビーは一歩も引かない!!
なんて言ってましたけど、収入源が異なるの、経営体力は万全となります。>>316
重婚は許さじとばかりに、本家と両方出る人を敬遠していたこともある>>318
>>317、318、321、322、323、>>326
いろいろ書いてあるじゃあないか

隠れて言っていないでさあ、おもいきりいいなよ
楽になるよ
・・・・・やはり掛けないんだねw 
わかた。もう逝ね!


380 :病弱名無しさん:04/11/17 02:35:36 ID:X3FmULsm
>>369
370です。
文芸春秋にでていましたね。
同居の親が読んでくれたので、けして私が怪しい宗教の集まりかなにかに行くわけではないと理解してもらえる助けになってくれました。
女性が多くて安心でしたし、人も建物の古びて落ち着いた感じも掛け軸や生け花も全体が調和していて良い雰囲気でした。
荷物は下の部屋において貴重品はポシェットに入れて持ち運んでいましたが、置き場所には少し困りますね。
昨夜カキコしてから横になったら眠りこんでいて、先ほど目が自然に覚めたらとてもさっぱりした感じがします。

内部に矛盾があるのはどの巨大組織でも同じだと思うのですが、また人の心の中に暗い感情を起こさせようとするカキコがあるのも事実のように思えますが379さんGJ!
そして活元して寝てしまいましょうよ!

381 :病弱名無しさん:04/11/17 07:30:49 ID:ZNEs1F5y
>>377
活元は結構誰でも出るがポカンとするのは難しい、と私は思う。
ポカンとするから活元が出るのか
活元してるからポカンとするのか
微妙なところだが、自分の経験ではいろいろごちゃごちゃ
考えてしまうときでも活元をやってるうちにポカンとしてきて
頭がすっきり落ち着いてくる。頭でごちゃごちゃ考えているうちは
本当の活元じゃないとしても、その境目はきわめて曖昧だから
自分で実践する限りではあんまり気にしてない。


382 :病弱名無しさん:04/11/17 07:42:37 ID:MBMOcwUw

活元会お疲れさまー。
お茶でも飲みながらおしゃべりしましょー。
毒は……
飲んでみれば分かるよー。


    ( ´∀`)      ドゾー
    ( つ立O
    と_)_)   _,_ ∫
            τ(_ア 立


383 :病弱名無しさん:04/11/17 08:36:53 ID:nHOn37o7
いま、なんとなくよこになって「やろ!」と思ってHな事考えたら
むくむくと立ち上がりました。。
体が欲してる運動を、意識が許可して、結果として体が自動的に動くという感じ
というより、本当に勝手にたちあがってしまいびっくりしました。これが活元か!!
まったく準備運動なんてしないで。
意識は完全に起きていたし、いろいろな考えごともできました。そしたら、
意識をそこに向けることもないのに、手が動いてきて、
もうとめらなかったので最期まで「いきました。」
とりあえず健康に役立つかどうかはわかりませんが、面白そうなので続ける事にしました
ああ、>>370さんも「いっったん」ですか?
>>379のような「かきかた」もあるのですね、そういう{「かきかた」にGJっていえる女性
って変態ぽくて好きです。>>380

384 :病弱名無しさん:04/11/17 18:41:26 ID:X3FmULsm
380です。
あれ、上の方に不自然な空白がありますね。
レス番も飛んでいるし…
なにか電波がユンユン思いっきり飛んでいるような気もするんですけど
しかもやけにイカくさい気もするんですけど
やっぱり見えないです、変ですね…
電波だから目に見えなくて当たり前なんでしょうか?
それはそうとして
今朝とさっきも活元でました!

性エネルギーの社会化、政治化、革命化は
ここ200年の医師哲学者政治家革命家達共通のテーマだったと私は思うんです。
みんなそれなりに成功やっぱり失敗していると思うのですが
野口晴哉という方はこんな実践=思想を示しておられたんですね。
あ、私かなり理屈っぽくて、しかも戦闘的です。
体癖はわかりませんが三種では絶対ないと思っています。
で、それに止まらない広い世界が整体にはあるという気がします。
かつてフェミニズムの旗手だった方が整体との出会いを通して治療の世界へ向かって行かれた
その訳が分かるようなきもします。

この間購入した野口晴哉の本に「時の力」という断章がありました。
荒らさずにいられない人にも「時」が必要なのでしょうね。

ベテランの皆さん、このスレに今書き込んでも揚げ足とられるだけだし
そのうちお会いした折りに意見をお聞かせ下さい。
今夜も活元運動して寝ます。
おやすみなさい。

385 :病弱名無しさん:04/11/17 23:22:55 ID:6D6cUSCm
::::::::::::::::::::::::::::::::  >>309
::::::::::::::::::::::::::::::::  見ちゃったよ…
::::::::    _  ::::  今日。初めて。
   〃⌒ヽ)    鬱だ…
  (  rl |
 ⊂⊂ソ !.ι,    人間て…


386 :病弱名無しさん:04/11/18 01:23:47 ID:jkmtZqWh
3種の人って自分が3種入ってるのを否定する人多いよね。
難解な言葉をツギハギして一見高尚なことを言っているようで、
全体的に何かスジがスッキリ通ってない人って3種的だとおもーぅ。
左右型の人の文章みると、美味しそうなキーワードを集めてゴチャゴチャ
させるのが好きみたいね。

387 :病弱名無しさん:04/11/18 05:26:12 ID:jtkvbbPu
狙い通り釣れますた↑

388 :病弱名無しさん:04/11/18 12:55:48 ID:ghGTrZIl
雑魚は相手にしないなんて、そんな固い事は言わずに。
まあ、お茶でも。

389 :病弱名無しさん:04/11/18 13:54:51 ID:ghGTrZIl
「ベテラン」が集うスレッドってあるの、そんなのがある訳無いか。

390 :病弱名無しさん:04/11/18 14:43:16 ID:QHOHx3Ew
>>173
私も疑問です
どうするんでしょう?

391 :病弱名無しさん:04/11/18 15:51:55 ID:EzFVSmh3
ネカマがいるよな、きもい

392 :病弱名無しさん:04/11/18 19:17:24 ID:UGKUMCMM
387 :病弱名無しさん :04/11/18 05:26:12 ID:jtkvbbPu
狙い通り釣れますた↑

393 :病弱名無しさん:04/11/18 19:29:53 ID:SEL3s6+m
狙い通り釣れますた↑うっきき〜〜〜〜!!
>>384
もまえはちゃんと四ドルン蚊
もまえが電波なんだよ!
活元やるとやばいからやめれ!
人格分裂させておもろいんか!


394 :病弱名無しさん:04/11/18 19:32:20 ID:UGKUMCMM
387 :病弱名無しさん :04/11/18 05:26:12 ID:jtkvbbPu
狙い通り釣れますた↑

395 :病弱名無しさん:04/11/18 21:09:30 ID:yPLILjWi
                        __
                      / )
                     /  ノ
                   /  /
                  /  /
      ……。       /  /
               /  /
          ∧_ /  /
         ( ´凵M)/
         (  つ〆@
      __.  | | |
    |――|  (__)_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
\/⌒\/⌒\/⌒\|彡~゚ ゜~ ~。゜ ~ ~ ~ ~~ ~ ~
/⌒\/⌒\/⌒\/⌒\彡 〜 〜〜 〜〜 〜


396 :病弱名無しさん:04/11/18 23:52:48 ID:EzFVSmh3
393さんGJ!!!
さ、釣りも厭きたし、活元して寝ましょ!

397 :病弱名無しさん:04/11/19 01:23:07 ID:ZzWIeInW
>>385 さん
もれは309れす。
とても長い間無視され、またスルーされ、漏れはとても寂しく思っておりました。
れも、れもです、やっと漏れにも春が乙ずれました。
見てくれたのね。いや、観てくれたのね。チョーーーー、うれぴー。

ところで378以降、変?なのが多いみたいだが、そうだとすると貝関連の者と思われるのだが……・・・
まあ、いいっか。漏れも変だからなw



398 :385:04/11/19 07:26:17 ID:wcH/YqmV
↑嬉しそうだな。オレは鬱だというのに…

399 :病弱名無しさん:04/11/19 13:13:26 ID:gnxh2zb+
語録をすすめる。
『偶感集』
『碧巌ところどころ』
『治療の書』
http://www.zensei.co.jp/

400 :病弱名無しさん:04/11/19 13:18:52 ID:gnxh2zb+
『朴歯の下駄』
『時計の歌』
も、あわせてすすめる。

401 :病弱名無しさん:04/11/19 17:40:37 ID:R1q6MSa6

  〃∩        『子育ての記』もオモシロイよ!
 ⊂⌒( ・∀・)
   `ヽ_っ⌒/⌒c
      ⌒ ⌒

402 :病弱名無しさん:04/11/19 23:05:08 ID:ZVl8LP1/
>>399-400
自分がそこから何を学んだかくらい書けよ。

403 :病弱名無しさん:04/11/19 23:40:16 ID:NnZ5t9ry
つーかー、>399-400 は3代目本人だったりして。
自分が書かれている『朴歯の下駄』と『時計の歌』を別に
しているところからして・・・プッ。


404 :病弱名無しさん:04/11/20 01:44:07 ID:oqyZ16c5
漏れはいま深い哲学的瞑想に耽っている

395は  △を霧オトスためのチェーンソーだろうか(まるでイラクのようだわい)
それとも××をオカスための許婚なのだろうか(まるで歌麿の旬がのようだわい)

どちらなのだろうか。漏れの深い悩みは つ・づ・く


つーかー >>399-400は完全に関係者だな フッ


405 :病弱名無しさん:04/11/22 01:50:16 ID:ot0hG74c
ageときます

406 :病弱名無しさん:04/11/22 08:52:01 ID:GO7eKgzS
三代目など見たことも聞いたことも無い。
そんな方が居られるのか。

本の紹介は、そういう本が販売されているという事も知らない方のためのもの。



407 :病弱名無しさん:04/11/22 09:59:08 ID:GO7eKgzS
「関係者だから」って区別せず。
「関係者じゃないから」って区別せず。

麗しきかな、尼チャン寝る自慰讃(わらひ)。


408 :病弱名無しさん:04/11/22 10:14:55 ID:TdePhZ+Q
とにかく、 協会関係がよく思っていない人が多いことはわかった。
けど、   おれが陰で疑われるからもうやめてくれ!



409 :病弱名無しさん:04/11/22 10:47:20 ID:GO7eKgzS
整体協会という集団・組織や、そこでの人間関係やに興味が無い
(情報も持っていない)というだけのことでして・・・、
本当に、「三代目など見たことも聞いたことも無い。」
別によく思っていない訳でもよく思っている訳でもございません。

410 :病弱名無しさん:04/11/22 11:53:00 ID:3rzIgW5R
>409 プッ。



411 :病弱名無しさん:04/11/22 12:39:32 ID:GO7eKgzS
貴方がそうお書きになりたい気持ち、わかる気が致します。
プッ。

412 :病弱名無しさん:04/11/22 13:05:02 ID:GO7eKgzS
409の言葉は嘘ではない。
嘘は男を弱くする。男を弱くしたくないからね、こんなところで。
(根だか腰だかを弱らせる、こういう些細なことが、と信じている。)
プッ。
(女は知らない。)
(なお、「ついた嘘はつきとおせ」とか。)

一生皮肉もまた佳きかな。
麗しきかな、尼チャン寝る自慰讃(わらひ)。

注釈・評論・解説などにたよるな。実物にあたられよ。

語録をすすめる。
『偶感集』
『碧巌ところどころ』
『治療の書』

『朴歯の下駄』
『時計の歌』
も、あわせてすすめる。

じゃあね。

413 :病弱名無しさん:04/11/23 00:35:11 ID:1013Kg58
ふーん。
自己陶酔と自己満足のかたまりになっちゃうんだな。
何に憧れて気取ったキャラ作ってんのか知らないけど、ダサ。
カッコワル・・・

414 :病弱名無しさん:04/11/24 09:56:49 ID:NUY1YN4W
はじめまして、健康板に来るのはこれが最初です
ちょっといろ聞きたいことがあってきましたが、、、
なんだか香ばしい感じのスレですねw答えてもらえると嬉しいです

昨日初めて活元運動をやりました、それでちょっとその経過を書くんで見てください
まず準備運動を一通りやる、半分信じてなかったけど段々顔が変形してくみたい
そうするうちに手が動き出す。おお、これかw。と笑いが出てくる、まだ余裕がある
だが段々凄くなってくる。首、首、首を左右にガンガン振り出す
今までのは何てことなかったけどこれは怖い
本当、初めて”狐に化かされた”心持にさせられる、ホント、狐か何かが俺の頭動かしてるみたい
そして止まるどころか段々激しくなってくる、なんか吐きそう
と思ったら止まる、しかしまた体が動き始めると連動して首が、首がまた吐きそう、止まる
を何度も繰り返す、吐きそうになると止まってくれる
意識の中で、ああそういえば昔の俺、左首の神経がピリピリいってたなあ
などと考えてると今度は体の動きが激しくなってくる腰だ腰、左腰を狙い撃ち
限界まで曲げたと思ったら今度は首を
ああエクソシストだエクソシスト、エクソシストなんだなあ
なんて思ったりしながら首をぐりぐり腰をギュウギュウ。
しかし、、、長い、、、いつまで続くんだろ
とするうちも首と腰を中心にのたうちまわる
よく自分の体を観察してると痙攣が来るのは息を吐くときだな
と思ったりしたけど息を吸う時も意識をすると動き出す、なんだこれ
結局キッチリ一時間半、のた打ち回って就寝
朝、疲れてるだろうなあ、と思ったが何?!ちゃんと朝起きれる!!!!遅刻せずにすみました

これが昨日のことなんですがやっぱり一時間半ってのは長いでしょうか?
それと活元運動終わったのに何か油断してると体が動きますこれは異常じゃないですよね?
教えてください

415 :病弱名無しさん:04/11/24 21:41:38 ID:PLLDGXs/
活元の長さは人それぞれ。お気になさいますな。
あと、意識しないのに活元が出るというのは理想といえます。
制御できない怖さはあるでしょうし、人目も気になるでしょうが。
それでもやりこんでいくうちに自然とおさまっていくものですよ。


416 :病弱名無しさん:04/11/24 23:11:37 ID:uOSu7OhQ
もっと長時間続いたって人もいます。
油断すると出る時期もあります。
活元始めた人にとってめずらしいことではありません。
生活上の都合で人為的に止めるにはお腹に息を吸い込んで「ウーム」と下腹で息を止める、
と自然にやみます。
但し、ウームでの止め方は実際にちゃんと上級者に教えてもらったほうが
いいかもしれません。



417 :病弱名無しさん:04/11/25 00:56:26 ID:Bt961dVI
二代目が死んだとか引退したとかまだ聞いていない。
それなのに教会では三代目とか言われているやつがいるらしい。
教会は確か社団法人、世襲制ではないはずだがなあw
ひでえところだ

418 :病弱名無しさん:04/11/25 05:00:28 ID:rGriKIRI
>>412よ 女をまだ知らんのか
青いのう
プッ。

419 :病弱名無しさん:04/11/25 19:52:59 ID:IyJptLWn
みんな、さびしいのかな。

420 :病弱名無しさん:04/11/25 22:42:15 ID:vMDXf9h9
その昔作られた映画『花魁』のコピーを思い出しました。

「みんな さびしいのじゃ」



421 :414:04/11/26 11:23:33 ID:wa1cEdzc
初心者の>>414でございます
何とかゆれてる時間も短くなってきましたが今度は体がかゆくなってきました
まあ本にもかゆくなるみたいなことも書いてあるから多分いいとは思うんですけど
それとこの活元運動ほかの人にも教えてやろうと思ってるんですけど
例えばかなり大きな病気をして腹を手術でかなりでかく切った人とかもこの運動やってもいいんでしょうか?
教えてください

422 :病弱名無しさん:04/11/26 15:43:43 ID:Lnan5VIg
>>421
初めて活元をやって何か大きな問題がおきるということはそうそうあるもんでもありませんが
初心者同士でやるよりはコンサルタントの方か長年実践されてる方にきちんと習うことをお勧めします。


423 :病弱名無しさん:04/11/26 19:30:30 ID:toDZhAOf

    ( ´∀`)  ハァ〜
    ( つ⊂)
    と_)_)


    (  ´)  左ニ ネジッテ
    (  つ
    と_)_)


    (´∀` )  右ニ ネジッテ
    (つ⊂ )
     と_)_)


   ?)`∀´ (?  ガンバルマン!
    ヽ(   )-'
    と_)_)

424 :病弱名無しさん:04/11/26 19:32:21 ID:toDZhAOf
ガンバルマン 文字バケシター!


   ?)`∀´ (?  ガンバルマン!
    ヽ(   )-'
    と_)_)

425 :病弱名無しさん:04/11/26 19:36:40 ID:toDZhAOf
>>423-424

        _   ・・・・・・。
    , '⌒ヽ)
   (  rl |
  ⊂⊂ソ !.ι,

426 :病弱名無しさん:04/11/26 20:58:02 ID:saOtqd6a
>>425
だめですよぉ 誘導法は鳩尾に指を当てて吐かなきゃw

427 :414:04/11/26 22:12:20 ID:CSv77tCh
>>414でございます、ありがとうございます
それからクビと左腰が重点的に動くと言いましたが、どうやらこれ腰じゃなくて肺のようです

皆さんの中でタバコ吸ってる人は活元やってるとどうなりますか?
吸わなくなりますか?

428 :病弱名無しさん:04/11/26 23:09:53 ID:ozcTeS9l
昔、活元やってタバコの量が減ったことがあったけど、じきに
タバコに対する適応力がついちゃってまだ吸ってる。
タバコ吸う量減ってきたらついでにやめたほうがいいかも。
それと他の人に教えるときはそのひとが教えて欲しいっていって、かつ、ちゃんと説明
したほうがいいかも。
場合によって、ゲーゲー吐いたり、活元会で脳溢血で倒れたってこともある。
前者の場合、予めそういうこともあること知っておけば、問題ないし、
また、「ああ、吐けてよかったね」で済むけど、相手が理解していない場合、それで済まない
場合もある。
後者の場合、因果関係はわからないけど、そんなことになったらお互いびっくりするからね。

ところで、↑の絵を描いているひと天才的ですね。


429 :病弱名無しさん:04/11/27 00:01:37 ID:Luo3k2FO

   η( ´∀`)η  ガンバルヨー!
    ヽ(   )-'
    と_)_)

430 :病弱名無しさん:04/11/27 03:57:44 ID:MBXSjXdk
活元をやってタバコが吸えなくなるということは、
ダニアレルギーの人は、ダニにさらに弱くなり卵アレルギーの人は
卵にさらに弱くなるということなんでしょうか。

431 :病弱名無しさん:04/11/27 10:51:10 ID:8CBr1H0o
タバコが吸えなくなるんじゃなくて、

タバコが吸いたくなくなるんでしょ。吸わなくても過ごせるようになると。

アレルギーはよくわからん。

432 :病弱名無しさん:04/11/27 13:05:14 ID:4eiYuX6F
タバコが吸いたくなくなるということはどういう事なのでしょうか。
体がニコチンに耐えられなくなるくらい弱まるという事でしょうか。

433 :病弱名無しさん:04/11/27 14:27:01 ID:QtxzFfra
自家中毒症状が改善されるということなのでは?

434 :414:04/11/27 15:05:47 ID:4l7XctaA
>>414です、皆さんありがとうございます
タバコについては二十歳なのに時折肺が痛み出して吸えなくなる事もありました
あまり本数を吸う訳でもなく多くても一日十本いかないのですが、、、
だけどこの活元運動は本当にびっくりです
ホント東洋の神秘と言うかエクソシストと言うかイタコと言うかw、、、
遣ってる最中も自分に
「お前ホントは意識して動いてんじゃないの?」と突っ込みを入れるんですが
そんな間も腰を捩り首をグラングラン腹をビクビク顔は引きつり手足は地面を掻いておりますw
オカルトじみた話ですが何か体の中にもう一人ほど人がいて動いてるみたいな感じです
食うもんも何か減ってきてこの前ラーメン食いすぎたりした時は吐きました
それからこれは不思議な事なのですが活元運動は限界と言うものを知ってるみたいなんですが
首を振るときも吐きそうになると止まるし、食後の後でやってて腹が痛くなると止まる
足をストレッチの様に伸ばすこともあるのですが普段自分でやってるようにつるまでやることはありません
皆さんはどうなんでしょう?
実は活元知ったのは図書館の昭和三十年物の郷土資料の中なので詳しいことがわりません
それからsageますね

435 :病弱名無しさん:04/11/27 15:32:16 ID:8CBr1H0o
身体が過ぎた負荷に敏感になるわけで、弱くなるわけじゃない。
鈍感な身体は過ぎた負荷を気がつかないまま溜め込みすぎて、具合が悪くなる。

活元はその手前で不必要なものを身体から
排泄できるようにする運動でもある。

というのが、自分が理解してる所。

436 :病弱名無しさん:04/11/27 23:56:01 ID:kblEYx39
端的に言って、寿命が延びるの?

437 :病弱名無しさん:04/11/28 03:38:37 ID:TqHI8LDf
寿命の計測は不可能なので、延びるかどうかわかりません

438 :病弱名無しさん:04/11/28 09:21:48 ID:TSRE0eIW
>>433
自家中毒ですか・・
>>435
レスありがとうございます。
私はお酒が弱いのですが、全然飲めない体質になっちゃうのかな・・
カフェインにも過敏な体質なのですが、お茶飲んだら全く眠れなく
なりそうで恐い。何にでも過敏すぎるので、鈍くなりたいのですが。

439 :病弱名無しさん:04/11/29 01:52:59 ID:9BghfDDn
過敏過ぎる場合は良い意味で鈍くなるんじゃないの?よくしらないけど
酒が弱くなるなんて聞いた事ない

440 :病弱名無しさん:04/11/29 05:01:28 ID:k2FzejP6
こんなところで質問するより活元会に出ることを勧める。
どうもこいつの質問は釣りのような気がする。
電車男ならぬ活元男を、とでも思っているようだ。

でもそう言うと、近くに誰もいないとか言う気かなw

441 :病弱名無しさん:04/11/29 05:30:25 ID:gRG7X7fy
活元やってるやつにタバコ吸ってるやつがいるから、活元で禁煙出来るなんて
嘘話だろうな。活元でタバコの量が減ったぞ!なんて言ってるのは勘違い野郎だろ。
活元で活元で禁煙は出来て禁酒は出来ない、なんて都合のいい理屈も意味不明w

442 :病弱名無しさん:04/11/29 07:31:17 ID:CGt7EnlN
去年から毎日、誘導法を続けてるけど、いまだに「自働」が出てこない。うーん…

443 :病弱名無しさん:04/11/29 08:44:28 ID:rvYQFi2g
バカに成り切って、貧乏ユスリを巨大化させてるようにも見えるんだけど…

444 :病弱名無しさん:04/11/29 09:21:25 ID:IkgijVan
ボクは、電車男好き。別にいいじゃん。

445 :病弱名無しさん:04/11/29 13:25:28 ID:0DAoMjhV
野口先生はでかい葉巻ぷかぷか吸ってました。
なんでタバコのこと気にするのかよくわからない・・・・


446 :病弱名無しさん:04/11/29 21:52:52 ID:7/UB7jZY
お酒もよく嗜まれてたと聞きますしね。

447 :病弱名無しさん:04/11/30 13:58:19 ID:Qh9ToYRJ
>441
禁煙ができるなんて、どこにも書いてないよ。
すいたきゃ吸えば良いじゃん。

我慢するほうが身体に悪い。

448 :病弱名無しさん:04/11/30 18:51:13 ID:4hZnKCun
>>440

うわあ・・・そんな風にみえましたか・・・orz
今年四番目位にショックですこれからは名無しで質問しますね・・・


それにしても電車男はないでしょうorz

449 :病弱名無しさん:04/12/01 00:41:58 ID:iVSDdLNh
わざわざ四番目位と言われると、1番目から3番目までは何であったのか、ぜひ訊きたい。
おすえて!


450 :病弱名無しさん:04/12/01 01:01:58 ID:mPeMkEY4
どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら答えていただけると、とても助かります。

いわゆる行気法全般について質問があります。
合掌行気法、脊髄行気法はいずれも吸う時だけ、それぞれ手と背骨に息を吸いこむように意識するのでしょうか?
吐く時は何も意識しないで良いのですか?

また合掌して背骨に息を吸いこむ行気法もありますが、これも吸う時だけ意識するのですか?


451 :450:04/12/01 01:06:02 ID:mPeMkEY4
ちょっと訂正です。

誤:また合掌して背骨に息を吸いこむ行気法もありますが、これも吸う時だけ意識するのですか?

正:また合掌して、手を通して背骨に息を吸いこむ行気法もありますが、これも吸う時だけ意識するのですか?

452 :病弱名無しさん:04/12/01 08:39:13 ID:MZJCzYLn
「いわゆる行気法全般」ということだったら、どちらも意識しようがしまいが構わない。
意識したほうが(つもりだが)やりやすいというだけのこと。

整体さんはよく「吐く時は意識しないでよい」とか言うが、野口さんも「吐く時は意識するな」とは言っていないよ。
痛い部分などがある時には、そこに向かって(つまり意識して)息を吐くとよいとも言っているしな。
また、左の鼻から吸って右の鼻から吐くというようなことも言われていたしな。

まあ、いわゆる全般なら好き勝手にやりなさい。

453 :病弱名無しさん:04/12/01 15:04:42 ID:g0cZulix
そそ!あまり気にする必要ない。
強いていうとエネルギー補給するときは吸いを意識する、
相手に気を出していくときは掌から息を吐いていくようなつもり。
左の鼻から吸って右から吐くのは推理力を高めるとき、ヨガの行法からのパクリ

454 :病弱名無しさん:04/12/01 17:23:55 ID:ZwM0G117
>>449
あんまり詳しくは語れんが2番目は、三階から飛び降りるような爽やかさな後味の悪さを残してバイトを辞めた事

もう気にしてないって言ってるだろうがぁっ!!!!!!


あーした天気になーあれ

455 :病弱名無しさん:04/12/01 18:56:23 ID:clGN+4r8
(12月1日16時発表)
                         ゚.,ノヽ、
                        、-'   ` ;_' '
                        (,(~ ヽ,/'~
                      i`.'}
                      ノ i'
                   。 ./  !
                  /},-'' ,,ノ
            _,,...,-‐-、/     i
         ,‐''~;',-==、   ,,-,/
         ~i  !`v--''`ー゙`'~
          レ_ノ

  ∧_∧   /   あすは、北陸から北の日本海側は、
 ( ´∀`) /    昼頃まで雨や雪が降りますが、
 (    つ    午後は回復に向かいそうです。
 | | |      その他の地方は、空気の乾いた晴天が続くでしょう。
 (__)_)     全国的に午後はバイトの面接にもってこいの天気です。





456 :病弱名無しさん:04/12/01 19:59:48 ID:U2C47HWM
電車男ならぬ活元男やこいつ釣りだろといろいろ
言われてしまいましたが・・
耳のツボに鍼を刺すと、タバコを吸いたくなくなり禁煙できる
と聞いたもので、活元にもそのようなツボを刺激するのと同じ効果
があるのか、それとも過敏反応が増してタバコの煙が吸えなくなるのか、
どちらなのだろうと思いました。
私は過敏体質で健康法といわれるものをやると逆に体の調子が悪く
なることが多いので。

457 :450:04/12/01 23:43:19 ID:mPeMkEY4
>>452,453
ありがとうございます。
つまり脊髄行気法や合掌行気法はエネルギー補充であるため、吸う時だけ意識すれば良いということでしょうか。


458 :病弱名無しさん:04/12/02 17:45:32 ID:5n0HL9AJ
てか、あまり気にしなくていい。
気になるなら、
脊椎行気は後頭部から尾骨まで吸う。
合掌行気は指先から吸って指先から吐く。
いろいろやって自分で違いを確かめるのが吉

459 :病弱名無しさん:04/12/03 01:09:08 ID:X0AT9Jk0
454 レスありがとう
みんなさみしいんだね。漏れもさみしいッス
でも、このスレの人たちはみんな温かい人たちばかりだから、きっと君の力になってくれる・・・・・・・・・・・わけないよなぁ

んでもって、1番目と3番目も、おすえて!!


460 :病弱名無しさん:04/12/03 01:15:33 ID:X0AT9Jk0
   ∧,.,.,∧     
  ミ ・∀・ヽ ガンガレ デンシャ  ジャナイ カツゲン?  
  ;' つ旦と
  と,.,.,.,ミ,.,.,ミ 



461 :病弱名無しさん:04/12/03 03:52:07 ID:Sh5NDTcZ
三枝誠という野口生態系の人が、自分のホームページで、野口先生の亡くなった原因はくも膜下出血で親指の使いすぎから来るものだ断言していますが本当ですか?
それって体の使い方がなってないと言う事なんでしょうかね?

462 :病弱名無しさん:04/12/03 06:32:41 ID:7Yks2Vap
多分、嘘です。
そのような状況を伝え聞いたことは皆無です。
ダン先生が死ぬ間際に手首を触れられて治った、という話しからすると、くも膜下出血なら
そんなことは不可能と考えるの妥当ではないでしょうか?
また、医者が検死しているはずで、それも雑誌などで報道されているはずです。
ただ、親指の使いすぎで脳の血行に異常がおきやすく、手技療法をする人に対して、また、
弟子たちに対して野口先生が警告していたことは事実です。

463 :病弱名無しさん:04/12/03 13:08:27 ID:m5Toh1Qv
ふーん。メールやゲームやりすぎると脳が逝っちゃうのか

464 :病弱名無しさん:04/12/03 23:36:23 ID:GViP0QET
>>461
HP行ってみたけど該当箇所が見当たらない……
どのコーナーの何日付けの発言なんでしょう?

465 :461:04/12/04 03:01:31 ID:eifiNIUe
今日ホームページに行ってみたところ。該当箇所どころか、掲示板そのものが無くなってました。
掲示板の所に書いてあったのですが。
三枝氏が野口先生の死因について書いたのは、私の知る限りでは2回目で、そんな話聞いた事がないな?
と思い、彼の掲示板に直接質問を書き込んだのですが、速攻削除されました(苦笑)


466 :464:04/12/04 04:24:07 ID:ES9oxltW
あはは。「日本男児を作る!」とかぶちあげているわりには
ずいぶんと姑息ですねw

467 :病弱名無しさん:04/12/04 11:30:14 ID:3tZHhGnW
三枝誠っちゅうんは野口生態系ではないよ。
彼のは『性態系』だよ。
もちろん日本男児たる漏れはそちらにかんしては決して嫌いではないものであるがのう。
彼は武術やら療術やら健康法やら、それこそ得ろ得ろなものを極めているらしいが、
その年数たるや半端な年数ではない。
確か野口整体に至っては3、40年以上も追究しているとか。
すごい人だのう。
もっとも野口整体さんの中で彼のことを聞いたことはついぞないが……
きっと若いころから(幼少のみぎりから)そこいら中に会員登録をしまくっていたのなかなあ。
えらい! あんたはえらい! 
それでこそ日本男児じゃ

468 :病弱名無しさん:04/12/04 11:48:15 ID:3tZHhGnW
指の使い過ぎのことだけど、野口さんはよくピアニストを例に挙げていた。
だけど、手技療術家やピアニストがみな脳の故障が原因で逝ったなんてことはない。
ようは体の使い方が下手なやつがそうなるのだろう。
あまり気にして、ゲームをやるやつとか携帯をやるやつの脳が逝ってしまうと
怖がるのはどうかな。
まあ、活元運動でも一生懸命やってきちんと使った後始末をしておけばいいんでないの。

ところで、活元男さん。
はよう1番目と3番目、おすえて!!!


469 :病弱名無しさん:04/12/04 11:48:44 ID:xME3ZGpL
で?467は何が言いたいの?

470 :病弱名無しさん:04/12/04 13:38:57 ID:wCowBzLw
>>468
嫌です、それに何ですかその活元男ってネーミングのセンスの無さは
活元なら活元太郎とぐらい言いなされ、ちょっと前に座頭市あってたでしょ
それから言っても人をそう呼ぶのはやめなされ

それで質問なんですが頭を振る運動が活元やってると出るんですけど
一日活元やらない日があったんです、そしたら頭痛がしました
何かホントに物理的に頭にダメージがあるみたいなカンジで
それで上に出てきた活元やって脳溢血で倒れた人がいたという話がありました
もしかして脳みそが悪いって事なんでしょうか?首振り運動は、、、

471 :病弱名無しさん:04/12/04 15:30:03 ID:rb90ga/D
それは俺も気になる。
活元は脳にダメージはないのか。

472 :病弱名無しさん:04/12/04 17:25:00 ID:C8j1mhzz
活元運動して首振り運動が多いのは、大脳的疲労が強い人だと言われています。
私も昔首の運動がすごく出て、そのあと首に力が入らなくなったことがありますが、
その後は大丈夫でした。
活元ででる首振り運動と脳のダメージは関係ないと思います。
脳溢血で倒れるような人の特徴は
1)頸椎2番の硬直
2)みぞおち左の硬結
3)側腹の弾力の左右差
4)手親指の硬直
などがあるといわれています。
今の時期だと、身体に水分が少ないと医学的見地からも脳の血行の異常がおきやすい、
(血液がどろどろになる)といわれています。
参考にしてみてください。


473 :病弱名無しさん:04/12/04 18:59:52 ID:21PFtoX7
  _、_
( , ノ` )
  \,;  シュボッ
    (),
    |E|

  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~  <活元太郎、吸い過ぎはいかんぞ


んでもって、活元やって脳溢血で倒れたなんて聞いたことないぞ
それは活元やったから脳溢血になったのではなくて、脳溢血が先だろう
首不利運動は、472のいうようにまあ頭の拾うかと思うが、
膿にダメージなんぞ意識的に頭不利回して豆腐の角にぶつけない限りないだろう

それから、467で言いたかったことはもちろん、漏れは好き者だということです、スマソ
んんーーーーーーーじゃない、誠ちゃんのすばらしさ?を述べただけじゃ。
或る意味、岡島ちゃん以上の傑物(頭の欠ぶつ?)だな、と。




474 :病弱名無しさん:04/12/04 19:06:05 ID:21PFtoX7
ああ、書き忘れましたが、漏れの脳みそは「悪い」です。

475 :病弱名無しさん:04/12/04 22:28:53 ID:3tZHhGnW
くそっ!!  みんなK-1見てやがんな

476 :病弱名無しさん:04/12/04 23:34:54 ID:21PFtoX7
うおおおおおおおおおおっーーーーーーーーーー、武蔵いいい、ガ・ン・ガ・レ!!!!!!!!
いけえええええええええっーーーーーーーーーーーーーー、む・さ・し・いいいいっ!!!!!!
もうすこしじゃああああああっ、いけいけいけええええーーーーー!!!!!


ありゃ、負けてもた

477 :病弱名無しさん:04/12/05 12:21:42 ID:HUvRmore
ハケーン。これです。「
実は、昨日、11月21日は、私にとって忘れられない日になりました。
それは、口幅ったい言い方ですが、ようやく私が完全に野口整体の引力圏から
自由になった日になったからです。
申し訳ないですが、野口整体には歯の噛み合わせ理論がありません。
これは、実は致命的なことです。もちろん、天才、野口晴哉に問題があったわけではありません。
歯科学がまだ追いつかなかっただけであります。
というか、自らの上の歯をすべて抜いて、噛み合わせを突き詰めた西村雅興という危ないくらい
天才な歯科医が現れるまで、整体に活用できる噛み合わせ論はこの世に存在しませんでした。
幸いというか、ようやくというか、私は西村理論に会い、野口整体を越えました。
しかし、それですべてが終わったわけではありません。整体師の早死にをどうするか
という問題が残っていました。たまたま、野口先生は65歳まで生きられました。
死因は、くも膜下出血。親指の酷使が直接の原因です。
〜中略〜
これで、噛み合わせ以外のすべての病に効き、整体師の健康も気遣える整体法、
「合気整体」が完成しました。もちろん、霊障にも効果的です。
まだ若干の手直しは必要かも知れませんが、天にも昇る気持ちです。
私の姿勢も顔も、一日で変わりました。顔は、良く変わったかは好みの問題でしょうが、
視力が上がり、眼の大きさが変わりました。相変わらずのガチャ眼ですが、(笑)。
嬉しくて、交番に届けたいくらいです(爆)!」ttp://www.aikido.co.jp/cgibin/bbs/bbs.cgi?


478 :病弱名無しさん:04/12/05 13:18:52 ID:i4yevdPA
↑いま、誠ちゃんのところに逝ってきまちた。
脳みその悪い漏れには理解不能でした。
書いてあることがさっぱり分からん。
誰か脳みそのいい人、おすえて!!!

479 :病弱名無しさん:04/12/05 13:23:34 ID:i4yevdPA
葉なんかでなく、頭蓋骨を入れ替えてもらったほうがええんでないのと思わず漏れは思うのでちた。

480 :病弱名無しさん:04/12/05 14:38:39 ID:Cgg/Ys66
>掲示板閉めました。 (12月04日)
>ぬるい投稿が続いたので、掲示板閉めました。

ぬるい投稿って461さんのことかしらん?w
しかし書き込みがスレの流れと対応しているような気がする
三ちゃんネット好きみたいだし、ここも覗いているのかもなあw

481 :461:04/12/06 01:05:56 ID:oNq3IHF+
きっと、そうではないでしょうか。
私、彼の掲示板に直接書き込みましたから。
速攻削除でしたけど(笑)
もう一人書き込んでましたが、やはり速攻削除。
自分が正しいのだったら、堂々と私の質問に対して批判等すればいいのに。

482 :病弱名無しさん:04/12/06 16:42:25 ID:Ak4wiS4O
匿名のくせに堂々とと言う461もどうかしてる(笑)

483 :病弱名無しさん:04/12/07 00:12:42 ID:nBiLucNH
歯の噛み合わせについて、外部からどうにかしないと良いかみ合わせが実現できない、
というのはちょっとどうかと思うんだが・・・
活元運動などを通して、多少の噛み合わせのズレは体でカバーできるようになっていき、
そして噛み合わせ自体も、体の姿勢が良くなった後は、歯の組織の死亡→再生を繰り返す中で正されていく、とならんかな?

484 :461:04/12/07 06:53:01 ID:LHi2cmf+
たしかに、匿名のくせに堂々というなんて、どうかしてますね。
卑怯者のやる事です者ね。
それではお邪魔しました。

485 :病弱名無しさん:04/12/07 15:16:29 ID:2OIQto73
匿名だから「堂々」でないとか、「ひきょう」だとか、そんなことはないだろう。
掲示板を設け公開し、そこに「堂々」と自分の主張、意見を書いて、自由に書き込みしてくださいと言っているんだから、「堂々」と書き込まれた意見に答えればいいではないか。
書き込む方も、匿名とて「堂々」と意見を述べているのではないかな。茶化しているものもあるだろうが…。
匿名を非難するなら、不正を明らかにしようと堂々と内部告発した人たちは卑怯なのか、堂々としていないのか。
このスレだって、匿名で(匿名だからこそ逆に)堂々と意見を述べ、互いにぶつかり合っているのではないのか。
歯の噛み合わせ理論がどういうものかまったく知らないし、それがないとなぜ野口整体にとって致命的なのかも分からないし、西村理論で野口整体を越えたというのは具体的にどういうことかも知らない。(整顔術みたないことなのかなあ)
野口先生は以前、整顔もやったことがあるが面白くないからと止めたというようなことを言っていましたよね。
ともかく、>>479ではないが、歯をすべて抜いて噛み合わせを突き詰めるのがすごいというのなら、三ちゃん、あなた頭蓋骨を抜いて新しい頭蓋骨にして、頭の噛み合わせ理論でも考えていなさいと言いたいなあ。
匿名でごめんね。


486 :病弱名無しさん:04/12/07 16:52:14 ID:2+t3ppD/
確かに、
実名のときは結構ヘラヘラしてるのに、
言葉だけが勝負の匿名のときには、却って真剣って方もいるな。
希少だけど。
様々ですね。

487 :病弱名無しさん:04/12/07 17:25:43 ID:yyE1ueym
どうでもいい話が続いてるからこのスレにいるネ申級のAA職人さん

活元運動しながら敵をバッタバッタと斬る活元太郎のAAきぼん

488 :病弱名無しさん:04/12/07 18:43:31 ID:NDlB2JE8
やっぱ整体やるとと
とげとげしくなるのかね?

489 :病弱名無しさん:04/12/08 00:36:58 ID:EuCCSn8V
>>487
んん〜〜〜〜んっ、漏れのこと呼んだぁ〜

490 :病弱名無しさん:04/12/08 15:22:26 ID:3DUcVqc4
歯のかみ合わせが大事というより、顎関節の安定位と咬筋、顎二腹筋、
側頭筋などの筋肉バランスと歯根膜刺激の均等性の問題が大事
ということだろうね。
>>485
頭蓋骨て・・・・体の構造にあまりに鈍感すぎますよ。
顎関節の位置と呼吸の関係を観察してみてください。
というか鈍感人間はseitaiヤメチマエ!!

491 :病弱名無しさん:04/12/08 19:10:45 ID:F7qfa6ss
>>490
君は実に鈍感な人間だな。
書いてあるのをよく読めば、実際に頭蓋骨を入れ替えなさいと言っているのではないことは赤子でも分かる。
それとも君は三ちゃん派なのかな。それならその発言やよし。
ともかく、よく読まなくても分かるが、それすら読み取れないとは……。つくづく鈍感な………_| ̄|○
返す言葉もない。

なになに、赤子に分かるわけがないってか。
よしよし、分かった分かった。
我今日頭痛し、汝が為に説く能わず、三ちゃんに問取し去れ。


492 :病弱名無しさん:04/12/08 23:29:44 ID:KfjYSCTE
虫歯や噛み合わせの問題について、野口氏はなんと言ってたの?
虫歯も愉気で良くなる?

493 :病弱名無しさん:04/12/08 23:58:09 ID:o1vKfIql

誰かわしを呼んだような
気がするのは気のせいか…
         _、_
       ( ,_ノ`)   . ,        . . ゚  .   . 。
      .ノ^ yヽ、   .   。  ゚       ,..;;'゙;゙'゙'゙'゙';';:.,,_
 ゙:゙'゙':';..,  ヽ,,ノ==l ノ                ;'゙'`  . . . . . . ゙';,
 :;;;:: : : :.   /  l |    ゚           ;'゙´  : : : :::::::;;;;;;:,,, ;,
 ‐''"´'''"""''"`''""`"""''''''"´'''"""''"`''""""'''"''''''"`"""''''``'
 :::....::::::........ . .::::::... .... ..::::::::::::::::....::::::........ . .::::::... . . .:::::


494 :病弱名無しさん:04/12/09 11:26:51 ID:xCIrfqq3
虫歯予防についてはね、
歯茎を、血が出るほどごしごし磨くっていってたね。
歯痛についてはね、
上肢第2、肘内側、顎の裏って感じかな。
虫歯になったらね、
明言はしてないけど、本人ほぼ総入れ歯だから、朽ちるまでそのままって感じなのかな?
噛み合わせについてはね、
あまりいってないんじゃないかな。ただ、顎関節と頸椎、それと本人の生活状況の関係
については言及してた筈です。

以前活元とと脳梗塞だか脳溢血だかの話しがあってけど、
その関係は、活元やってたからそうなる、というのではなく、
活元やっててもそうなることがあるって話しでしょ。

245 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)