5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ヨガナンダ・ババジ・ラヒリマハサヤ

1 :名無しさん@3周年:04/01/03 14:20
この偉大なヨギたちの教えを受けて
ヨKガを始めたい。
日本に団体があるかどうか教えてくれい。
海外でもあればそれでも可

2 :トコノイタンハ ◆WfuO0J/v7s :04/01/03 17:12
2

3 :サンジェルマン:04/01/04 00:38
ババジと18人のシッダという本を著した、マーシャルゴーヴィンダンというクリア
ヨガのマスターの日本におけるオブザーバーが、私の親しい友人です。
年に数回、日本に教師が来日してクリアヨガの教室が初級から開かれています。
(私も受講者です)
ゴーヴィンダン師の先生はヨーギラマイアと言って正統な流れを汲むババジの直弟子
です。上記の本は日本語訳も出版されているので、よかったら読んでみて下さい。
何かメールの送付先とか提示してくだされば、オブザーバーの友人の連絡先をお教え
しますが・・・・・。

4 :名無しさん@3周年:04/01/04 06:21
ヨガナンダは亡くなるとき、マハーサマーディ(禅定に入って死ぬこと)したのだよね?
どうすれば禅定で肉体から離れられるようになりますか。
マハーサマーディの方法を教えてください。
また、私はいつでもマハーサマーディできるよという人はいませんか。

5 :名無しさん@3周年:04/01/04 11:16
サンジェルマンさん、情報ありがとうございました。
現在、アメリカ滞在中で帰国は半年先になるので、その頃に
アプローチしてみます。アメリカにもあるのですかね。
私は「あるヨギの自叙伝」で心を打たれました。
その後ヨガナンダの師のユクテスワルジの「聖なる科学」も読みました。
こういうヨガのエクササイズは個人ごとのプロセスがあり、
公開できない部分も多いと思いますが、差し支えない部分は
是非、このスレ上で教えてください。
よろしくお願いします。

6 :サンジェルマン:04/01/04 15:08
マーシャルゴーヴィンダン氏のアシュラムがカナダのケベックにあります。
下記がHPですからアクセスしてアメリカでの支部を紹介してもらって下さい。
Babajis kriya Yoga and Publications 196 Mountain Road,
P.O.Box90,Eastman,Quebec,Canada JOE 1P0
Tel:514-297-0258 Fax:514-297-3957
E-mail:Babaji@Generation.net
Internet Home Page:http://www.iconn.ca/babaji

7 :名無しさん@3周年:04/01/05 14:33
>>2
もうそろそろ、2chからそういう習慣をなくさない?

8 :名無しさん@3周年:04/01/05 16:15
私は誰か?
ラ−マナマハラシも加えてくれ。

9 :サンジェルマン:04/01/05 17:45
ババジと言えばクリヤーヨガ。
クリヤーヨガは下記の5つの分野に大きく分けることができます。

クリヤー・ハタ・ヨーガ(アーサナ)
クリヤー・クンダリニー・プラーナーヤーマ(呼吸法)
クリヤー・ディヤーナ・ヨーガ(瞑想法)
クリヤー・マントラ・ヨーガ
クリヤー・バクティ・ヨーガ(愛と奉仕の活動)

この5つのクリヤー・ヨーガは人間の5つの体に対応しています。
肉体、生気体、メンタル体、知性体、霊体の5つです。

10 :4:04/01/05 18:48
マハーサマーディできるようになるにはどうすれば・・・・。

11 :名無しさん@3周年:04/01/12 10:32
マハーサマディしてどうするんですか。

12 :名無しさん@3周年:04/01/12 10:34
After more than three years of filming we're finally done!
Guaranteed to be the most hilariously shocking video you've ever seen.
Bumfights will take the pepsi challenge against any ruckuss video ever made.
You'll see drunk bums beating each other silly, real street fights caught on tape,
sick pranks, chick fights, crackheads, bum stunt, supermodel Angela Taylor and hands
down the rawest most core ruckus ever filmed.
On behalf of Indecline and the Bumfight Crew....
we apologize, because love us or hate us, these images will stay with you for life.


13 :4:04/01/12 23:28
>>11 
漏れは死ぬのが嫌ですが、死は避けられないことですよね。
そうすると、死ぬときの痛苦や精神状態が大きく問題になります。
坐亡などは、本当の意味で自由な死に方だと思ったので。

マハーサマーディできるようになる修行法を教えてもらったら、
自殺スレッドなどに書き込んでみようかと思っています。

14 :はひょ丸:04/01/13 00:08
鷲はここの最初のコース受けた。
すごくやりやすいヨーガ。
マハーサマーディかどうかは知らんけど
身体との同一化性を無くす技法なら知っとるけど
試して精神病、もしくは廃人になっても知らんよ。

15 :サンジェルマン:04/01/13 00:29
>>14
誓約書書きませんでしたか?
あれはババジとの約束でもあるのですよ?

16 :名無しさん@3周年:04/01/13 03:39
なんでヨガナンダの系統の会は日本に支部を作らないのでしょう?
知ってる方いますか。
ひょっとしてアメリカでいい評判ないのか。

17 :名無しさん@3周年:04/01/13 06:37
>>16
ありますよ。

18 :4:04/01/13 08:33
ヨガナンダの創立した米国のクリヤーヨガの団体の問題性を書いてあるページ。
http://www.tk3.speed.co.jp/maha/indsk2001y5m01.htm

>>14 
>身体との同一化性を無くす技法なら知っとるけど
>試して精神病、もしくは廃人になっても知らんよ。
身体と精神を分離する技法なのでしょうか。
ぜひ簡略に書いてみてください(どうしても気が向かなければ結構です)。
上にあげたページにも書いてありましたが、瞑想とかは、意外と危ないらしいですね。
何かの禅の本に、
「目を閉じる瞑想は、よっぽど信頼できる師についてもらっていない限り、してはいけない。簡単に気が狂いうる。」
みたいに書いてあった気がします。
視覚という感覚を遮断するからでしょうか。

19 :サンジェルマン:04/01/13 12:12
>>16
丁重に発言させて頂きます。SRFは随分と頑な団体に変化してきてしまった様です。
皮肉にもババジやヨガナンダの思いに反した行動をとってしまっています。
本当に組織というものは大きくなればなるほど難しさがでてきます。


20 :名無しさん@3周年:04/01/13 19:03
ちょっと話がそれますが、昔、「ヒマラヤ神術」っていう団体があったの知ってます?
確か大阪に本部があって、丹田をつくるために竹刀を振り回したりするところでしたが。
ババジを日本に招聘する、という話が出てきたところまでは覚えていますが、その後、
突然解散してしまったようで消息がわからなくなってしまいました。

21 :はひょ丸:04/01/13 19:32
>>15 誓約書書いたよ。ただ内容は忘れた(笑)
身体の非同一化の技法は「新瞑想法入門」oshoという本に
のっててババジ関連の技法はダンテス・ダイジ著
「ニルバーナのプロセスとテクニック」にのってる。
後者のクンダリーニ・ヨガのテクは効果も高いが危険度も高い。

 

22 :サンジェルマン:04/01/13 20:01
>>21
ダンテス・ダイジとはどんな人ですか?

23 :はひょ丸:04/01/13 21:08
ダンテスは古今東西の技法、瞑想に長けた人だよ。
本を読めばその凄さが分かる。
杓子定規なつまらん聖者でないことだけは確か。
なおダンテスがインドで指導を受けたババジがこのスレにおいての
ババジかどうかは分かりません。

24 :サンジェルマン:04/01/13 21:19
>>23
マハアヴァウターのババジと(約2000歳)、ヘラカンババジという
ババジがいますが、手がかりは本の中にありませんか?

25 :はひょ丸:04/01/13 21:58
いま読んだけど無いなー。
ただこの「ニルバーナのプロセスとテクニック」という本は
ヨガナンダやユクテスワの本も出してる森北出版。

26 :ハニービー:04/01/13 23:26
インドのパトナー近くのスワミ・サラスワティのアシュラムで
クリアヨガを教えているらしい
タントラヨーガ瞑想法って本にあったんですけど、同じものらしい。
何年もヨガは止めているんだけど、、
言える範囲でアムリタを・・

27 :ハニービー:04/01/13 23:30
U.G.クリシュナムルティは覚醒など無いと言っている
私も、どうしても、そう思ってしまえる
で、態度は斜め、申し訳ないが、期待してます。

28 :ハニービー:04/01/13 23:39
>>4
ヨガナンダの創立した米国のクリヤーヨガの団体の問題性を書いてあるページ。

サンキュウです。今、読みました。


29 :ハニービー:04/01/13 23:45
難しいとこだね。修行に危険はつきものでもある。
ちょいと真剣なチェラなら、このくらいの覚悟は朝飯前ってとこでもある。
インドも近代化が進んで、折り合いがつかなくなってんのかぃな?

うう、でも、ホットな話が聞けて今日はうれぴ

30 :ハニービー:04/01/13 23:57
で、覚醒した人知っている人いますか?
いたら、会ってみたいので、教えてください。

31 :16:04/01/14 02:44
情報ありがとうございました。
ヨガナンダ著書は素晴らしいんだけどなあ。
クリヤヨガにたいする評価下がってしまった。
ゴービンダンという人のもなんか危険に見えてきたよ。
やっぱヨガナンダとか本人から教わらなきゃ不安だ。

32 :名無しさん@3周年:04/01/14 12:08
>>22
雨宮第二ともいう。
私の親友(秘教グループをわたりあるいていた)が本人に会ったことがある
が、話しによると、80年代まで福生に住んでいたが、ガス自殺したらしい。
一般に自殺は輪廻転生を通じての魂の進化を拒絶する行為でカルマになるが
雨宮さんは特別かもしれない。


33 :名無しさん@3周年:04/01/14 12:18
ヨガナンダ関連の団体では、新宿にゴーシュヨガ道場というのが
あった。ヨガナンダの妹夫婦がリーダーだったと思う。
ちなみに私もヨガナンダにあこがれたクチで、入会したが
ハタヨガに限定されてた印象であった。といっても3ヶ月で
退会したので、その先があったかもしれないが。

34 :名無しさん@3周年:04/01/17 18:23
>>32
魂の進化を拒絶する行為でカルマになるが、雨宮さんは特別かもしれない。

不思議。いったい、どうやってわかるの
ラムダスの本にも自殺者の例があったが、同じような帰結になっている
わざわざ死ぬ必要ってあるんでしょうか?


35 :名無しさん@3周年:04/01/20 15:08
>>34
俺も推測で語っているだけなので何ともいえないが
雨宮さんは著作を読めば、現実逃避で自殺するレベルではないことが
わかるはず。
ただ、付記しておきたいのは地球に生まれる魂の99%は深いカルマ・業
を背負ってうまれてきているということだ。この地球での修行を終えた
魂はさらなる進化を遂げるためにもっと波動の精妙な星に生まれるらしい。
つまり地球に生まれる我々は魂の進歩、霊的レベルでいうとオチこぼれに
該当する。ただし、そのオチこぼれたちを直接指導するために、あえて
地球に転生してくる天使・マスタークラスの魂もいる。
雨宮さんは後者だと思う。全て証拠はないが、直感でそう感じないかな。
その救済者も地球の生活があまりにも酷いレベルなので、やはり
自殺してその使命を放棄するということもあるらしいが。



36 :名無しさん@3周年:04/01/20 15:42
地球に生まれてくる魂は落ちこぼれだというのはどうかな?
かなり前衛的な実験の場だと言った方が正確じゃないかと。
あえて記憶を消去して生まれてくる特殊なRPGが地球人かと。
解脱はそのRPGを途中でリタイアしてしまうことになるのでは
ないかと。精神世界や宗教は言わばそのRPGの攻略本であり、
時にはデータコードの改ざんに匹敵することまでやらかして
しまう、ある意味禁じ手である場合もあるのかもしれない。

37 :    :04/01/20 20:23
インドでもジャイナ教なんかは自殺認めとるしね。

38 :名無しさん@3周年:04/01/21 03:42
あやしい問題点がないシャン空茶リア正統の知識が学べるのはどこですか?

39 :名無しさん@3周年:04/01/21 14:01
「クリヤーヨーガ」をセミナー形式で教えているところは、自分で捏造した亜流か、
正統から破門された人々が勝手に行っているのです。また、ヨーガーナンダの『ある
ヨギの自叙伝』は、ゴーストライターによる書物ではないかといわれています。
また、ヨーガーナンダは、西洋人向きに様々なクリヤーを作り出しまたが、最も大事
な部分が欠落しているといわれています。

40 :名無し@3周年:04/01/21 15:04
>>39
>>3も、正統ではないと?

41 :名無しさん@3周年:04/01/21 22:09











40》正統な行法は入っているにせよ、インドの伝統では掟破りです。南インドのヨーギ・
ラマイアのアシュラムに問い合わせれば分るでしょう。





42 :名無しさん@3周年:04/01/21 22:32
ヨギ・ラマイア系統のクリヤーはタミル独特の行法であり、
ラヒリ・マハーシャヤの伝承とは関係がありません。また、
ヨーガーナンダの師、シュリー・ユクテーシュワラ・ギリ
は勝れた方でしたが、クリヤーの完全な相承を受けた方では
ありません。

43 :名無しさん@3周年:04/01/21 23:22
シュリ・ユクテスワさんって藤本義一に似てる。

44 :名無し@3周年:04/01/22 00:08
まあまあ皆さん。
色々あるでしょう(微笑)
私が最も大切だと思うのは、縁があったクリヤを地道に現実的に行じてみるという事だと
思います。クリヤでも様々な流派が(若干数)あるでしょうが、根底を流れる本質
は同じだと思います。ですから毎日の生活を頑張って現実的に生きながら、地道に
地道にクリヤを毎日頑張れば行じた人のみ感じる、見えてくるものがあるはずです。
継続は力なり。若干伝統が異なろうが極意は、これにつきます!!

45 :名無しさん@3周年:04/01/22 00:15
黙々と頑張るのは良いことです。ただ、クリヤーはインド人がとても大切に
しているものですから、そこんとこだけは尊重してあげてね。



46 :サンジェルマン:04/01/22 01:06
>>45
クリアは世界の宝です!!(笑)

47 :サンジェルマン:04/01/22 01:32
>>42
SRFの方ですか?


48 :名無しさん@3周年:04/01/22 01:40
》47
いいえ、違います。クリヤーの正統な伝承方法はGuru Param Paraといい、
ヨーガーナンダがSRFで始めたように「通信教育」で教えたりはできません。
セミナー形式も、伝授の性質上不可能です。クリヤーは単なる「テクニック」ではない
からです。


49 :サンジェルマン:04/01/22 02:00
>>48
セミナー方式というのはゴーヴィンダン方式も入るのでしょうか?(ほほ笑み)

50 :名無しさん@3周年:04/01/22 02:11
》49
そう認識しております。セミナーでの伝授はクリヤーでは本来、禁止されて
おります。

51 :サンジェルマン:04/01/22 02:20
>>50
ババジが許可した可能性はありませんか?
この時代の流れの中。
ゴーヴィンダンは著書でその類のことを記述しておりますが・・・・。
彼は直接ババジとも会ったと言っています。
私は今、懐疑的な思いで語っているわけではありません。
単純に確かめたいのです。

52 :名無しさん@3周年:04/01/22 02:34
「可能性」という把握のし方はなんともいえません。言うまでもありませんが、
何であれ、時代の要請なり、お告げなりを信じるということは勿論自由です。

が、時代がどうであれ、babajiはそういう指示をしないであろうと個人的に
は思いますし、また、インドの僅かに残っているクリヤーマスター達の大部
分も、わたしと同じ考えであるはずです。
 また、ゴーヴィンダン氏の著書を読まれたと思いますが、なんでそういう
お告げのような経緯になったか、文脈の中でははっきりしていると思います。邦訳は、もしかしたら原書
とは異なるニュアンスで翻訳されている可能性もありますので、出来たら原書をお読み
になることをお勧めします。

53 :サンジェルマン:04/01/22 03:09
原書はとても読めましぇん(笑)
あなたはクリヤのマスターなのですか?


54 :名無しさん@3周年:04/01/22 03:21
わたしがマスターであるか否か、重要でしょうか。
お互い、精進いたしましょう。貴方が真剣なら、いつか
どこかで会うかも知れません。合掌。

55 :サンジェルマン:04/01/22 11:44
>>54
でわ、Guru Param Paraにより正統な伝授が受けるにはインドへ行くしかないと?
ラヒリマハサヤ系のクリヤの組織を含め数軒ネットで検索すると、そういった団体
がヒットしますが・・・・・。
ただ、私はあなたの発言の趣旨が理解できません。半ばゴーヴィンダンやユクテスワ師
まで正統ではないとご発言なさり、イタズラに掻き回すだけではないでしょうか?
>>44さんの様な人柄には伝授元は違えクリヤの同朋としての、いや純粋に道を求める
”人”としての気持ちを感じますが、あなたからは妙な差別意識、またはエリート
意識の様な壁を感じます。あなたはどこからクリヤを伝授を受けたのでしょう?
批判のためではなく、ここまで発言されたのなら教えて下さい。
それも秘教めいておしえられないと仰せなら、再度お聞きします。
何の為に、この様な発言をされたのですか?是非問いたい。

56 :名無しさん@3周年:04/01/22 12:05
「何の為に、この様な発言をされたのですか?」
直系の継承者達は、眉をひそめているからです。
これはインド現地で直接複数の継承者から伺った
ことです(因みに吾が邦では正統継承者の系譜す
ら知られていないのが実情です。それを知るため
にはこれから様々な方向アンテナを向け、ご自分
で探求されてくださいますよう)。
また、そう聞こえたのなら、誤りますが、これは
冷たいエリート意識からではありません。ただ、
僭越ながら世を出回っている情報には気をつけて、
という位の意味で受け取ってくだされば幸いです。
その他のご質問ついては残念ながら応えできませ
ん。なんであれ、ご精進致したいものです。合掌。



57 :名無しさん@3周年:04/01/22 12:07
上記の訂正:誤り→謝り

58 :サンジェルマン:04/01/22 12:40
私は仮にゴーヴィンダン氏のクリヤに限らず、ババジの性質ゆえに直系の
基準がわかりません。
ゴーヴェンダンは著書の中で、ババジに直接言われてクリヤを伝授しだしました。
ババジの性質とは、こういう意味です。
必ずしも直線的な流れだけで判断できるものではありません。
私はクリヤ関連の方がこの様な無責任な発言をされるのはショックです。
最初から”なんであれ、ご精進致したいものです。合掌。”
この言葉だけで、こと足ります。

59 :名無しさん@3周年:04/01/22 12:48
正統に継承されたシステムでなければ効果がないということかな?
我々にとって重要なのはそれが効果があるかないか、ということなんだけど。
逆に正統であってもすでに形骸化している、ということはどんな宗派でも
よくあることだとは思うが・・・。

60 :名無しさん@3周年:04/01/22 13:02
サンジェルマンさんへ
ババジの性質を貴方はご存知だといいますが、失礼ながらそれは
本からの知識やイメージではないですか。
 
Govindanがババジがら直接いわれた、ということを信じるもよし、
です。
しかしながら、それは彼の組織の中だけに通用するものです。
手始めにYogi Ramaihのアーシュラマに直接問い合わせて見たら
宜しいでしょう。その他北インド、アメリカ、欧州でも、事情は
ほぼわたしがお伝えしたことを同じです。無責任かどうか、
ご自分で確認されることです。合掌。

61 :サンジェルマン:04/01/22 13:08
>>59
効果は絶対ありますよ!!例えば本屋さんで体操類に分類されているヨガ
の本を買ってきて毎日コツコツ実修すれば柔軟性は増すし、骨のゆがみも
正されるし絶対効果あるでしょ?私が言いたいのはこれなんです。
クリヤに限らずスピリチュアルな道を求める多くの人は、より自分を心酔
させる言葉や文字を探そうとします。「まだ何か凄いものが、あるのではないか?」
「私は特別で、まだより優れた開発法があるのではないか?」などです。
でも全ての人がより啓発していく真の道は、全ての人の一番身近にあって
最も遠くに置いてしまっているだけです。とり自分を心酔させる言葉や文字、
優越感を求める人であればある程、とてもシンプルなとても基礎的な毎日の実修が
続かないのを、私はよく知っています。この真摯な気持ちだけが全てです。
どんな人の内にもババジは存します。ただ自分が遠くに追いやってしまうだけです。




62 :サンジェルマン:04/01/22 13:24
>>60
私はあなたが本当にクリヤを行じている人か疑わしく思い出しました。
とても意外な発言です。念のため申し添えておきますが、私はゴーヴィンダン
から直接クリヤを受けましたが、自分の中でゴーヴィンダン教という宗教にして
その信者になっているつもりは、ありません。
何が言いたいかといえば、クリヤを伝授するいかなる団体に対してもニュートラル
な状態で対することができる。という事です。
多くの人々がROMる中、控えていた発言ですが、私は今までクリヤを実修してきました。
そして瞬間的に直感的にババジから啓示を受けることがあります。
その啓示とおり行動して、同じくババジに縁ある人に思わぬ形で出会ったこと
もあります。私は外側(他のアシュラムとかグル)に聞かなくても私の内側に
答えがあります。ゴーヴィンダンにさえ聞く必要がありません。
私がババジの性質と言ったのは、本からのイメージではなく私の内側で感じるババジ
に基ずきます。外側や権威に真実を求めるべきではありません。
内なる自己が真実を既に知っています。





63 :名無しさん@3周年:04/01/22 13:43
わたしがクリヤーに関わるものであるかを論じなくとも、お話の
筋は変わらないと存じます。

また、あなたが内側にババジを見出すことを否定しません。
また実際にババジに会った、という人も何人か知っています。
それは各個人の信仰として尊重されてよいでしょう。

ただ、昨今、セミナー方式の伝授や書物による「テクニック」紹介を
行うという現代的方法で、スピリチュアルな伝統が破壊されて行くと
いう迷惑を蒙っている方々の声も多いということにも目をお向けくだ
さい。

それが具体的にどういうことか、クリヤーの歴史と現代の状況をご自
分で確認されて下さい。

これは貴方個人への批判ではありません。「ヨーガ」という言葉を
取り巻く現代状況、意味、問題を様々な角度から見てみてくださいま
すよう老婆心ながら申し上げます。以上です。合掌。




64 :サンジェルマン:04/01/22 14:06
>>63
私は現代にあった形でのクリヤの普及をババジが認可したと確信します。
ババジが許可をして伝統が破壊されていくというのは、実は必然性に基ずい
ていないでしょうか?
私はクリヤを行じてババジの偏在性を感じれば感じるほど、一人でも多くの
人がクリヤに縁して、その恩寵を受けてほしいと切に思います。
それゆえに、このスレにも真っ先に書き込み(紹介)しました。
ゴーヴェンダンの切なる思いも感じとってあげて下さい。
彼の組織は金儲けなどで行っているわけではありません。
それは、ゴーヴィンダンのクリヤを受けた人ならすぐ、わかります。
世界中の多くの人(一人でも多く)がクリヤに縁するには最適なシステム
だと思います。
このスレ主>>1の元々を確認してください。
私が”それも秘教めいておしえられないと仰せなら、再度お聞きします。
何の為に、この様な発言をされたのですか?是非問いたい。”
とお聞きしたのは、この為です。



65 :名無しさん@3周年:04/01/22 15:00
自分の所属しているグループの教えが正しくて、
他のグループの教えは誤りである

このような主張をそれぞれが応酬しあう状況で
私はどうすればいいのか。

私はこの世に生まれてきたために
自分の人生というものを持っている。
時間的にも空間的にも限られた自分の人生の中で
自分の才能を最大限に開発・発揮し
自分の使命を最大限に果たし
人類を幸せにし、自分も幸せになりたい
完全にはできなくても
悔いだけは残したくないと思う。

ただそれだけ。

ヨガナンダの歩んだ道にそれがあるなら
それに従おうと思っただけです。


66 :サンジェルマン:04/01/22 15:10
>>自分の所属しているグループの教えが正しくて、
>>他のグループの教えは誤りである
そんなこと誰も言ってませんよ。
>>このような主張をそれぞれが応酬しあう状況で
>>私はどうすればいいのか。
あなたの感じるままに。あなたの思うままに。

67 :名無しさん@3周年:04/01/22 15:14
〉私は現代にあった形でのクリヤの普及をババジが認可したと確信します

確信・・・それはいいのですが、もう少しkriyaの歴史や吾が邦以外の現代
的な状況を見て見ることが必要だと思うのが、幾つかの問題を提出した理由
です。

また個人の信仰を頭ごなしに排斥しているのではありません。

Govindanとはさしで食事をしながら色々親しくお話をしたことがあります。
彼は優しく、いい人ですよ。個人的には彼が好きですが、彼のセミナー方式
は頂けません。丁寧に一人づつ弟子を面倒を見、その成長に責任を持つのが
グルです。しかし、「世界中を一人でも多く」これも危険だと思います。現
時点においての貴方は何ら問題なく、いいかも知れませんが、心身の様々な問
題を作り出してしまう人も確実に沢山いるのです。「ひとりでも多くにクリヤ
ーの福音を」といって賛同して行ったとき、後に必ず付随してくる諸問題に貴
方は責任をもてますか。できっこないでしょう。これはジョークではありませ
ん。吾が邦でM.Govindanの教えを受けた弟子で、幾つかの病気が併発して次第
に悪化して生活が困難になった方を知っています。こうした例は枚挙に暇があ
りません。それで本人は満足かも知れませんが、家族は苦しんでいるというこ
とも多々あるのです。貴方がいいかも知れません。しかし、そうではない人も
必ずいるという点にも目を向けて頂きたいものです。以上です。合掌。


68 :名無しさん@3周年:04/01/22 15:32
>しかし、「世界中を一人でも多く」これも危険だと思います。

これはその通りだと思うな。
準備が出来た人、その中でもクリヤに縁がある人に、というのが筋だろうね。
特に現代のように心身の様々な問題を抱えた人が増えている状況では、
いきなり悟りだの何だのの世界に首を突っ込めば、かえってそれらを増幅させてしまったり
問題が個人のレベルに留まらず、本人が誇大妄想に取り憑かれてオウムの麻原みたいに
大勢の人間を巻き込むかたちで社会問題や犯罪に結びついてしまうこともあるし。


69 :サンジェルマン:04/01/22 15:35
もう一度言います。
”私はゴーヴィンダンから直接クリヤを受けましたが、自分の中でゴーヴィンダン教という宗教にして
 その信者になっているつもりは、ありません。
 何が言いたいかといえば、クリヤを伝授するいかなる団体に対してもニュートラル
 な状態で対することができる。という事です。”
その上で>>1を受けて教えてあげて下さい。
そうでないなら何の為の発言ですか?掻き回すだけでしょ?
更に
>>>それが具体的にどういうことか、クリヤーの歴史と現代の状況をご自
   分で確認されて下さい。
あなたは何様のつもりですか?この2chの一つのマナーとして、提示した発言に
責任を持つというのは、自分でソースなりリンクしてROMの人々も含めて解説
してあげるということですよ。それができないなら無責任な発言は避けるべきです。


70 :サンジェルマン:04/01/22 15:38
>>68
>>いきなり悟りだの何だのの世界に首を突っ込めば、
突っ込む必要もありません。クリヤはいきなりそんな世界ではありません。

71 :名無しさん@3周年:04/01/22 15:49
「無責任な発言」・・・インターネットって便利ですね。だからこそ
最低限情報のソース、リンクなどはご自分で調べてみるのがいいので
す。
「何様のつもりですか?」・・・・全体的に情緒的な反応のヴェール
に覆われてきましたね。しかし、そうした貴方の高ぶりは論旨の上で
余計なことです。では仮に貴方は、1の方にクリヤーと縁の仲立ちをし
て、先にわたしが述べたような責任を負う覚悟がおありなのですか。
わたしにはできません、ということです。以上です。合掌。

72 :サンジェルマン:04/01/22 16:01
でわ聞きます。正直に答えてください。
>>45は、あなた様の発言ではないのですか?

>>1の方にクリヤーと縁の仲立ちをし
>>て、先にわたしが述べたような責任を負う覚悟がおありなのですか
これをいいだしたら、文化センターのヨガ教室だって何がおこるかってことに
なります。例えば何か裁判になって判決がでた例でもあればリンクしてください。
これはお願いです。それに今までの受講者中何パーセントの頻度で起こっているの
ですか?そしてそれが、クリヤ(ゴーヴィンダン)が直接の原因だという根拠は
何ですか?
誤解しないで下さい。私は意地になっているのでは、ありません。
根拠が知りたいのです。ですからこれは、お願いです。


73 :サンジェルマン:04/01/22 16:04
あともう一つお願いです。
他の名無し@さんと、混同してしまうので何か適当なHNでお願いできませんか?

74 :名無しさん@3周年:04/01/22 16:26
サンジェルマンさん
論旨が横滑りしていくのは仕方ないのでしょうね。少々疲れました。
わたしが申し上げて来たクリヤーの系譜や伝達の方法に関しては、
数年後には恐らくインドではなくアメリカ経由で吾が邦にも入って
くると思います。
ヨーガに関する様々な問題は、ご自分の足を使い、ご自分の目で見
られることです。また、ここで根拠の全てを述べることなどは不可
能です。

文化センターでクリヤーに言及する先生なんていないでしょう?
彼らが教えるのは幾つかのアーサナがメインです。ハタ・ヨーガの
正確なプラーナーヤーマを教えているのは極稀でしょう。もっとも、
効果がある分「諸刃の刃」ですから、あんまり本格的でないぐらい
で丁度いいのかも知れません。
単立のヨーガ教室でも事情は同じことです。もともと、論旨はババジ
を始まりとするクリヤー・サーダナーのことですから、貴方が仰るこ
ととは問題の意味が異なるといえます。

「根拠」は、数年後には誰かがこの国に紹介するでしょう。待てなけ
れば、ご自分でトライすることです。〈百聞は一見にしかず〉と申し
ます。そのことを僭越ながら示唆だけさせて頂き、今回を以ってで論
陣を退けたいと思います。お互い、頑張りましょう。合掌。

75 :サンジェルマン:04/01/22 16:34
>>文化センターでクリヤーに言及する先生なんていないでしょう?
疲れるのはこちらも同じです。
誰もクリヤだとは言っていません。文化センターで教室を開くヨーガ程度でも
企業の商品やサービスの提供でも事故的なリスクは、どこにでも何にでも常に
存在すると言いたかったわけです。(はぁ〜)
>>ここで根拠の全てを述べることなどは不可
>>能です。
一部でもいいので根拠をお願いします。(全てとはいいません)

待ってます。



76 :サンジェルマン:04/01/22 16:37
>>今回を以ってで論
>>陣を退けたいと思います。お互い、頑張りましょう。合掌。
御自分の発言に最低限の責任を持って下さい。

77 :名無しさん@3周年:04/01/22 16:37
発狂してもいいからマハ−サマディ
の行法を教えてくれ。

頼む

78 :サンジェルマン:04/01/22 16:44
>>74

 >>でわ聞きます。正直に答えてください。
>>45は、あなた様の発言ではないのですか?
どうしてこの問にはお答えしてくださらないのですか?

79 :サンジェルマン:04/01/22 16:45
>>77
今、私は自作自演の疑いを持っていますので、応じられません。

80 :サンジェルマン:04/01/22 16:55
>>74
逃げないでください。

81 :名無しさん@3周年:04/01/22 16:59
サンジェルマンさん。
全くのマジレスだよ。
自作自演なんてとんでもない。

82 :名無しさん@3周年:04/01/22 17:05
サンジェルマンさんへ
「最低限の責任」(?)・・・「根拠」は、やや抽象的に言えば、〈方法〉と
、その背後にある〈文脈〉との関連にあるといってよいでしょう。〈方法〉その
ものは、外見的には伝承されているものの〈一部〉が巷に散見されるかも知
れません。しかし、〈方法〉は、背後にある文脈(その一つがGuru Param
Paraです)を無視しては、実践においてどのような結果が出てくるか、予
想は出来ないのです。喩えは悪いですが、あるひとつの単語の意味は、文章
との関連の中で初めてはっきりと浮かび上がってくるように。〈方法〉が他
の思想の中で利用され、また一人歩きをする忌まわしいカルトの例をわたし
達はよく知っています。いま、セミナーという形式を批判したのは、そうし
た〈文脈〉では〈方法〉としてのクリヤーであれ、他の流派であれ正しく意
味をつかめないと思うからです。これはわたしの独創ではありません。正統
継承者達の本音なのです。彼らの気もちを汲んでやって欲しい、と言うこと
です。更に行法は、効果の高いものほど心身のバランスを保つのが難しいの
です。それは段階を進むほど、デリケートなバランスになるのです。合掌。


83 :サンジェルマン:04/01/22 17:18
>>82
>>更に行法は、効果の高いものほど心身のバランスを保つのが難しいの
>>です。それは段階を進むほど、デリケートなバランスになるのです。
至言。

なぜかこのスレから、あなた様のハートチャクラのエナジーを感じます。
なぜでしょう?

では、進言を受けて私なりに探求してみます。




84 :名無しさん@3周年:04/01/22 17:20
ありがとう。

85 :サンジェルマン:04/01/22 17:28
ババジが、あなた様を通して信号をくれたのだと>>82のハートチャクラの
エナジーから感じました。
感謝しながら探求してみます。

86 :サンジェルマン:04/01/22 17:42
>>81
私と一緒に探求しますか?

87 :名無しさん@3周年:04/01/22 18:19
始めの方のレスにダンテスダイジが自殺したとある。
正直ショック。
EOももしかして同じ?

88 :名無し@3周年:04/01/22 18:35
めずらしいスレだな・・・・。

89 :名無しさん@3周年:04/01/22 19:37
>>87
もうこの世の用事が終わったからじゃないの?

90 :名無しさん@3周年:04/01/22 20:16
今日は色々盛り上がってたみたいですね。
ヨガナンダの本、ゴーストライターの可能性もあるんですか。
でもあの本書ける人って本人じゃなくてもすごいと思ってしまう。
少なくとも釈迦のゴーストライターが書いた法華経よりはずっとイイ!!
ちょっとスレ違いなんですが白光の五井先生って皆さんどう評価なさって
ますか?私は覚者だと思うのですが。世界の業って背負えるの?
あと私は神道の神々が好きなんですが、ヨガ的には八百万の神はどういう
位置づけになって、どう関わる、あるいは関わらないのがベストですか?
先祖供養などにもコメントを頂きたい。
サンジェルマンさんや、クリヤに詳しかった名無しの方、その他の識者の皆さん
よろしくお願いします。

91 :名無しさん@3周年:04/01/22 20:20
>>87
EOは架空の人物だという噂。
実はあの掲示板の管理人こそがEOの本を書いたんだって。
ダンテスタイジのエピソードをヒントに、
著者がすでに遷化したことにすれば話題になるだろう、
という「まんだらけの社長」のアイデアらしいよ。

92 :名無しさん@3周年:04/01/22 20:24
>>90
五井さんのことはヒーラーズスクールの三国さんも評価しているようですね。
下記参照のこと。

ttp://www.satorijapan.com/shiroi.html

93 :サンジェルマン:04/01/22 22:53
>>48
早速ヨーギラマイアのアシュラムとコントクトがとれました。
あなた様(Please make your HN)が仰せになりたかったことの意味が、わかりました。
クリヤの伝統は4つある。これはいいでしょうか?
来週のヨーギラマイアとコンタクトをとれる時間と場所まで教えてくれました。
メールを書いた方もゴーヴィンダン氏を個人的にはよく知っていると言ってました。

これはひょっとしてプージャを通さずマントラを渡す様なものでしょうか?



94 :4:04/01/22 23:32
>>77
身体非同一化(マハーサマディ?)の技法については、
>>21で、はひょ丸さんが文献を挙げてくれています。

Oshoの団体はカルトだったはず(?)です。
瞑想方法については良い評判も聞いたことがありますが。

ダンテス・ダイジという人は、自殺したのですか?
ニルバーナのテクニックがあるのじゃなかったのですか?(それも自殺という?)

はひょ丸さんは、クンダリニーとかチャクラとか、あらゆることに詳しそうですので、
文献の中身も簡略にぜひカキコしてもらえないでしょうか。

95 :名無しさん@3周年:04/01/22 23:40
>>94
>>Oshoの団体はカルトだったはず(?)です。

カルト教団とその事件簿
http://www.google.co.jp/search?q=cache:1UiWjrQP_psJ:homepage1.nifty.com/0world/cult.htm+%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88+%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B7%E6%95%99%E5%9B%A3&hl=ja&start=2&ie=UTF-8

96 :名無しさん@3周年:04/01/22 23:51

ラジニーシの瞑想法
http://www.google.co.jp/search?q=cache:x1NOktTruP8J:s37.1000gex.net/test/r_i.php/vi/1057837745/13/s+%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%B7+%E5%A0%95%E3%81%A1%E3%81%9F&hl=ja&start=21&ie=UTF-8

97 :名無しさん@3周年:04/01/23 00:44
サンジェルマンさんへ
ヨーギ・ラマイアとその弟子達であれ、他の教師であれ、どうか貴方
のモットーに従い、ニュートラルに何卒アプローチして下さいます
よう。
クリヤーの伝統は、現在進行形でどれくらいに分派しているのか、わ
たしにも把握できておりませんが、信頼がおけるのは一派(名は殆ど
表に漏らされておりません)だけであると個人的には考えております。
ただ、欧米の例ののり=「組織化・巨大化」の魔の手は、今後その一
派もどう関わって行くか分りません。状況はインド、欧米ともに混乱
しております。この混乱に伝承者達も大変困っています。中にはお金
に目が眩んでしまう伝承者も残念ながらいるようですし、道半ばで独
立して看板を出す人もおります。それらが吾が邦に、恐らく〈変質し
た形〉で流入するのは、おそらく時間の問題です。これらにすぐに飛び
つく人々も沢山いるでしょう。そして人々が群がるうちに、わたし達が
それ程長くもない今生の歴史の中で見てきた悲しいことが繰り返され
るでしょう。一度滅んだ〈種〉は、もう復活させることは不可能なよう
に、地球上の種々のスピリチュアルな伝承も今正に心無い人々の干渉も
あって加速している次第です。〈テクニック〉は重要ですが、それだけ
ではどんな副作用がでるか分らないのです。連綿と過去から流れてきた
文脈から切り離された〈テクニック〉は、一人歩きすると悪用の恐れも
あります。どうかこれをご覧になっている方々でお志のある方も、お気
をつけて、ご自分の目で様々な角度から確かめ、或いは進み、或いは沈
思し、或いは、退くなど、ご自身の道、ご自身のカルマを全うして下さい
ますようこころよりお祈り申し上げ、これを最後の書き込みといた
します。ごきげんよう。合掌。


98 :サンジェルマン:04/01/23 01:00
>>97
>>97 貴重な指南を下さった名無し様
>>これを最後の書き込みといたします。ごきげんよう。合掌。
その様なことはおっしゃらず、どうぞ今後もここにいてください。

>>信頼がおけるのは一派(名は殆ど表に漏らされておりません)だけであると個人的には考えております。
ラマイア側が教えてくれた、どの派でもないとうことですか?

99 :はひょ丸    :04/01/23 01:41

>はひょ丸さんは、クンダリニーとかチャクラとか、あらゆることに詳しそうですので、
>文献の中身も簡略にぜひカキコしてもらえないでしょうか。

書いてもいいんですがその前に皆さんに言っておきたいことが
あります。僕はこういった精神世界の事に関わってたかだか15年ですが
この世界は「遊び」じゃ済まされません。
浅瀬で遊ぶ事位は誰でもできますが本当に深い瞑想のプロセスに入るのは
生きながらして死に直面するようなものです。
それは体験してみないとわからないでしょう。
自分の中の潜在的な恐怖をあますことなく経験するのです。
ただ本当に危険な人生を生きてきた人達は多分に冷静に通過出来るでしょうね。
でも現代のこの日本でぬくぬくと育ってきた僕等じゃ状況が全然違います。
僕は皆さんを脅すつもりはありません。
ただ自分の体験と知識に基づいて事実を話しているつもりです。
まとめますと要するに瞑想というものは良いことづくめのそんなおいしい話
ばかりではないし場合によっては発狂する可能性もあるシロモノである、と
いうことです。ヨガナンダにしても組織の問題もあるかもしれないが
以上のような瞑想の事実を言わずに過剰な誇大広告をしたのが問題であるかも
しれないと僕なんかは思うわけです。


100 :はひょ丸    :04/01/23 07:32
参考までにここ紹介しときます。
http://www.d1.dion.ne.jp/~kiryoin/

101 :名無しさん@3周年:04/01/23 10:20
ラヒリ・マハサヤとコンタクトしている人のホームページだそうです。

http://members.jcom.home.ne.jp/rahiri/

102 :名無しさん@3周年:04/01/23 10:49
三国ますみ&ダニエル・ミルズ夫妻のヒーラーズ・スクールについて。
ここの覚醒セミナーはどんなものだろう? お金がすべてではないが、
べらぼうな費用がかかる。でも、語られていることは概ね理解できる。

http://www.satorijapan.com/

103 :名無しさん@3周年:04/01/23 11:32
>>102
高いにも程があるんじゃないの。

104 :4:04/01/23 12:28
>はひょ丸さん
レスありがとうございました。
リンク先でも、恐怖や危険性が指摘されていましたね。
いろいろ不思議なことが書いてありそうなので、熟読してみます。

105 :トルネード:04/01/23 13:03
>>97
It is a wish!!
Come back Please!!

106 :名無しさん@3周年:04/01/23 16:52
>>100
ただの宣伝かと思ったが、読んでみたら、かなりのハイレベルかと思った。

107 :サンジェルマン:04/01/23 17:42
>>97
トルネードさんも聞きたいことがあるのですか?
我が指南の師よ!!現れたまえ。現れるまで叫び続けますよ!!

108 :COU:04/01/23 20:36
ヒマラヤのババジの系統の人なら、パイロット・ババと言う人がいるけどね。
確か、ニューデリーと、あとリシュケシだったか、場所は定かではないが、
ヒマラヤのふもとにアシュラムを持っている。
そこには、同じ系統のヨーギや、アヴァッタラ・ババという、
パイロット・ババの「兄弟子」も来ると言うことだ。
私の友人がそこで2回修行した。

109 :サンジェルマン:04/01/23 20:40
>>108
大変恐縮です。パイロットババは嫌いです。ヨグマタも嫌いです。
無味乾燥な感情表現で申し訳ありません。

>>97
我が指南の師よ!!現れたまえ。現れるまで叫び続けますよ!!



110 :名無しさん@3周年:04/01/23 20:40
再び、ご免下さい。一方的にお伝えする身勝手をどうかお許し下さいますよう。
その後、二つだけ気になったことがあり、附言すべきだと思いました。可能な
限り短めに致します。少しだけお付き合い下さい。それは<効果>があればいい、
という思想です。またしても悪い喩えですが、誰にでも出来、しかもスピーデ
ィな効果を歌う<行法>や<テクニック>といった極めて新しい用語が意味するの
は、医学の領域で言う『対症療法』のようなものです。市販の頭痛薬、胃腸薬、
風邪薬等々は、その時の症状を抑える事は出来ても治すものではありません。
症状を抑え、急性・慢性の苦痛を麻痺させるという心情は充分理解出来ますが、
病の根本的な原因は依然自分の中に留まっているということにも目を向けねば
なりません。もし、重篤な病気なら、対症療法のみで放置するのは危険なこと
です。昨今、こちらが頼んでもいないのに、〈行法〉、〈テクニック〉を書物
・サイト等で公開するのは、医師でもないのに勝手に薬を処方してキャンディー
のようにばら撒いているような状況と同一です。勿論、如何なる薬物にも副作用
は付物ですから、こうした喩えで表されるような風潮がごく一般的になって来た
ことには、深い憂慮を抱いている、というのが、これまでの総括です。

111 :サンジェルマン:04/01/23 21:00
おお我が指南の師よ。
今後、何度も登場してくださいませ。



112 :名無しさん@3周年:04/01/23 21:02
(続き〉そうした〈行法〉とは、一種の薬に喩えられ、病人によって各々、
処方が異なるのは全く自然であります。ヨーガの文脈において、この処方
は、セミナー形式と比べて全く非効率的なGuru-param-paraの伝統の中に
しか残されていません。皆様も種々の文献の中でkarmayoga,bhaktiyoga,
jnanayoga,hathayoga,layayoga,mantrayoga等の分類があることをご存
知だと思いますが、これらは、各求道者の機根に合わせて処方され、疑いな
く日々実践されてゆくことで最大かつ最短の〈道〉となります。
インド人達は、Guruと縁を頂き、そこに従って生きてゆくのは人生の一大
事であり、欧米や吾が邦のような軽いノリでは決して行われません。この
事は強調し過ぎても仕切れぬ何かを意味しております。つまりは欧米や吾が邦
で歓迎される方法とは正反対のヴェクトルにあると考えて差し支えありません。

113 :COU:04/01/23 21:12
109 サンジェルマンさん

そうですか。私の友人は一時熱心に修行していたようです。
パイロットもアイカワさんも何故か人気無いですね、、、日本では、、、。
実は、私もあまり関心が無いです。

私は、そうですね、、、、実は好運な男で、
山田孝男先生と言う瞑想指導家に個人的に
指導してもらった者です。
山田先生は、去年亡くなられましたが、
真理は常に内側にあると言っていました。
彼も、「ヒマラヤのババジ」には並々ならぬ意識を向けていましたね。
80年代のあるときの瞑想会では、「僕はババジの夢の中に居るのかも、、、」
と言っておられました。その後何回かインスピレーションを受けていたはずです。
先生は個人の神秘体験をあまり周囲に言わないので、
周囲の生徒はほとんど知らなかったようです。

いま、山梨県大月市に山田先生の生徒たちが建てた
APGピラミッドセンターと言いうのがあります。

関心のある方は行ってみたらどうでしょうか?
山田先生も、もう居ませんが、ピラミッドで何か
神秘体験をした人は結構居るようです。
ババジとか、菩薩は、意外な方法で人を導くこともあるようです。
積極性が重要と言うことは確かですが、後は自己の向上に努めて
いくほか無いのでしょう。

APGのURL
http://www.apg-j.gr.jp/

114 :サンジェルマン:04/01/23 21:27
>>ババジとか、菩薩は、意外な方法で人を導くこともあるようです。
ありますね。間違い無く。(菩薩?はよくわかりません)


115 :名無しさん@3周年:04/01/23 21:28
(続き)以上のようなことが、先般〈文脈〉という言葉でお伝えしたかっ
た事の骨格です。もう一度老婆心ながら心ある皆様に申し上げます。海外
・自国を問わず、書物・雑誌・サイト等々で自らを宣伝している「如何な
る」教師・団体・サークルにはくれぐれもご注意下さいますよう。彼らが
喩えババジや有名な師の名前、写真を引き合いに出し、「正統継承者」
「正統行法」「正統系譜」を名乗っていてもです。
もし、安易に師弟の関係を結んでしまい、更にその師が悪意の有無を問わず
上記の喩えのような対症療法を行う人であれば、生徒は様々な矛盾と困難に
直面する事になります。そういう矛盾・困難に関わっている内に人生は終っ
てしまうかも知れないのです。おかしい、と気がついて、生徒が真面目に
師を信じて実践してきた場合には、問題は非常に深刻となります。その生徒
は恐らく一生、こころの深い層、魂に癒し難い傷を負う事になります。インド
人がそうやすやすと弟子になったり、或いはクリヤーマスターが容易に弟子
を取ることを許可しないのもこの為です。

116 :名無しさん@3周年:04/01/23 21:59
以下は二つ目です。「ヨーガーナンダを信じてきた自分はどうしたらよいの
か」そういう方がおられました。わたしも正直、何とお応えしたらよいか、
と悩みます。
 
スピリチュアルな伝統の命が、昨今の華々しい「クリヤー・ヨーガ」等
の宣伝・コマーシャルとは裏腹に、いまや地球規模的な〈変質〉を余儀な
くされ、絶滅寸前であるこの現状を、断片的とはいえお伝えしたことが、
単に皆様の求道の上での失望や落胆とならずに、寧ろ乗り越えてゆかなけ
れば課題の提起となれば、これに過ぎる喜びはありません。これまでの
断片的かつ稚拙、無責任なる発言の謗りは甘んじて受けます。ごきげんよ
う。合掌。

117 :サンジェルマン:04/01/23 22:06
ごきげんよう。合掌。
おお指南の師よ!!
今あなたはラマイアアシュラムも含め、ラマイア側が提示した如何なる団体
も信じるなと仰せになられました。
では、私はどうしたらいいのでしょうか?真のクリアには出会い様がありません。
指南の師よ。私を照らす一筋の光は絶えたのでしょうか?


118 :名無しさん@3周年:04/01/23 22:07
〉116
誤:乗り越えてゆかなければ課題の・・・
正:乗り越えて行かなければならない課題の・・・

119 :名無しさん@3周年:04/01/23 22:17
〉117
わたしの時代は、インターネットもなく、口コミもなく、妥協なしに
自分の肉体を使って放浪しなければなりませんでした。ただ、道であ
る師に許しを頂くことを祈りながら。

貴方を愛へと導く師との出会いがあることを心からお祈りします。

また、こころある求道者の皆様にも祝福を。

'Satguru is within our hearts,,,Babaji is love and
love is Babaji,,,'

120 :第四の道:04/01/23 22:29
特定のシステムにこだわっているうちはそのシステムが落とし穴になる。
クリヤヨガにこだわっているといずれクリヤヨガがあなたの手枷足枷になる。
さて、システムを破壊しながらシステムを維持し続けることが出来るか。
もとより人間という存在はこの宇宙に生まれたバグそのものなのだ。
システムをガイドループとすることなく、この宇宙を斜めに走り抜けろ。
君が走り抜けたその跡に轍が刻まれる。その轍こそが道となる。
しかし君以外の何人も、その轍を寸分違わず再現することなど不可能だ。

121 :サンジェルマン:04/01/23 22:30
おお指南の師よ
そう仰せにならず私に光を!!
時間がありません・・・。
せっしょうな。

122 :名無しさん@3周年:04/01/23 22:43
ご教示ありがとう。第四の道=グルジェフでしょうか。
何であれ、ご精進下さいませ。ご成功をお祈りしております。合掌。

123 :COU:04/01/23 22:45
だから、そうならサンジェルマンさん、
真剣に祈ったらどうですか、、、。
まー祈ってるのか、、、。
でも、もしかしたら、「神の側から見たらなにか足りない」
のかも知れない、、、、。

いくら求めても祈っても正道の師に出会えないのであれば、
では、絶望なさい、後10万年でも求道、放浪されよ!

禅の求道もヨーガの求道も、何でもいいが、最後は求めても求めても
何にも出て来ない灰色や暗黒の境地があるけど、、、、。
でも、それが大きなジャンプの手前だったなんて事もあると思うけど、、、。

好運を祈ってます。
今日はこれでお終いにします。

124 :サンジェルマン:04/01/23 22:52
いやだーイヤダービエーン
COUのイジワルめー
>>122
糸のついた人参置いて去っていった。
もう僕は終わりだ。もうクリヤは絶滅してしまうんだ。

125 :第四の道:04/01/23 22:52
実は「第五の道」があったりする。それはまた別のお話・・・。

126 :サンジェルマン:04/01/23 22:58
熱がでてきた・・・。
暗闇だ・・・・・。
もう2度と光が見えない・・・。

127 :90:04/01/23 23:05
>92さん
有難うございます。三国さんのHP読みました。全部には目を通して無いの
ですが、思ってたよりためになりますね。彼女の本読んだときには
たいしてインパクト受けなかったんで。
でも詐欺師に騙されたというのがなんとも未熟者め、と思ってしまいます。
みんな少しは欠点があるんでしょうが。

128 :COU:04/01/23 23:47
サンジェルマン、がんばれ!

絶望こそ希望への道、
暗闇こそ、光への道
君は、いま本物になるプロセスを体験しているんじゃないのかな。

いずれにしても、「窮すれば通ず」と言うことも
あることを、忘れんで欲しいですよ。

では、本当におやすみなさい。


129 :サンジェルマン:04/01/23 23:53
COUしゃん
あなたはできた人だ。
私はこのままルシファーの手先になりそうです。

130 :名無しさん@3周年:04/01/24 10:39
>>1
ヨガをやりたいのならオーム(アレフ)に入れ
パイロットババは麻原の師だし、ヨグマタは元オーム信者だ
すべての道はオームに通じるんだよ。


131 :名無しさん@3周年:04/01/24 10:58
1です。

こんな展開になるとは思いませんでしたが
ここまで議論と情報交換が
進んだことを考えるとスレをたてて
よかったと思います。

私は仕事に追われて寝るだけの生活で
少し早く帰れる夜は付き合い酒が入り
ヨガを実践するレベルではありません。

ヨガナンダの本は読みましたが
グルはいません。

平凡ですが仕事と家庭生活を一生懸命に生き抜きながら
どの団体・セミナーにも属さず
自然なグルとの出会い・その縁をつくりたいと思います。

就寝前少し時間があれば
呼吸法・瞑想等、実践していますが
わずかな時間です。

一歩一歩悔いなく生きるため、ベストを尽くすだけ。


132 :1:04/01/24 11:01
オームはご遠慮させてください。
反社会性のある団体はイヤです。

133 :名無しさん@3周年:04/01/24 11:02
オウムを奨める奴がいるとは(恐

134 :名無しさん@3周年:04/01/24 11:11
オームに入るだけでエネルギーが浄化されるのだ
忙しい人にピッタリだ
偉大なグルの助けがないと一人でやったところで
知れている


135 :COU:04/01/24 12:11
いずれにしても、オウムの話は止めましょう。



136 :1:04/01/24 12:19
自分の内なる神を信じていきよう。

行動・言動は俗にまみれていても。
どの団体も属さないほうがいいということが
わかりました。
孤独にがんばります。

137 :サンジェルマン:04/01/24 13:02
壱さん
クリヤにおいてグルは絶対必要です。
テクニック(技法)だけでは、真の霊的流れの恩寵に入れないのです。
これ以上は指南の師に聞いてください。
指南の師よ
本当はあなたは、クリヤのイニシエートができる人ではないのですか?
実は日本人で唯一人の・・・・・。



138 :サンジェルマン:04/01/24 13:04
>>130
明らさまにオウム真理教を語った勧誘が不特定多数に行われているという
ことで警察のネット犯罪部にチェックしてもらう様、私の実名で、このアドレス
を貼ってメールをいれました。悪しからず。

139 :沢口靖子です:04/01/24 13:32
暇過ぎて死にそうなの。
しりとりのお相手募集中。
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=psy&key=1009131209&ls=10

140 :サンジェルマン:04/01/24 15:53
指南の師は私を地獄に落とした・・・・・。
おいしいダージリンを丁重に入れてふーっと一服するのだけが楽しみになって
しまった。

141 :名無しさん@3周年:04/01/24 15:59
どうやらクリヤヨガをやっているとヒステリックな精神不安定になるようですね・・・。

142 :名無しさん@3周年:04/01/24 19:08
そうだ そんなのはだめだ

オウムの話はやめてアーレフの話をしようではないか

143 :名無しさん@3周年:04/01/24 19:14
あーあ、やっぱし、ヨーガや聖者の話になると、
くだらないアーレフの輩が入って来て、、、宣伝したりして、、、
けっきょく、このスレは駄目になって行く、、、。

一般人や警察の人たちは、「あーヨーガや瞑想ってこんなもんかー」
と思われてしまう。俺はそんなのイヤだギャー。
聖なる真理の道を冒涜すんなよなーアーレフの諸君!

144 :サンジェルマン:04/01/24 19:25
指南の師よ
思わぬ形でババジは商売にも利用されていたんですね。


145 :名無しさん@3周年:04/01/24 20:32
サンジェルマンさんへ
正体の分らないわたしなどを容易に師と呼ぶのは危険です。わたしの言説を含め、
ニュートラルな、先入見や偏見のない眼でこれから先、何年も様々なものを観て
ゆくことです。貴方はきっとまだお若いのでしょう?「こころが先入見や偏見で
占められ、知識や経験によって条件づけられていては、未知なるものは見出せな
い」と言ったのはJ・Krishnamurtiでしたが、これは正当な態度に思えます。ヨ
ーガであれ、他の伝統であれ、「過去」でしかない自分の「体験」を得々と語る
人びと、「わたしが教えてあげよう、わたしが救ってあげよう」(これらが地球
規模に広がっている昨今の破壊的状況です)等々の彼らの言説の隠れた動機、欲
望を冷静に見抜いて下さいますよう。貴方に出来ることは一つ、即ち、いつ、貴
方のマスターがやってきてもよいようにこころを清めておくこと、citta-shuddhi
です。それがある段階まで来た時、貴方のマスターとの説明不可能な出会いがあ
ることでしょう。合掌。


146 :COU:04/01/24 21:36
145番さん、まさに同感です。

サンジェルマンさん、じっくりと、そして気楽に行きましょう。

それで、いいいのだ!

147 :爆竜戦隊アバレンジャー:04/01/24 22:49
 前にラジニーシスレで同じ事書いたけど、ここでも言いたい。
このスレ見てると「悟り」や「光明」を求める事それ自体が迷いの道に
なりかねないとつくづく思うよ。

148 :名無しさん@3周年:04/01/24 23:45
ニューエイジ関係の翻訳家として著名な山川さんの夫のほうは
グル制度を否定していています。スカイヨガとかいう瞑想を習ったのですが(彼が)、
勝手に人に伝授するなとかいう誓約を気にせず、月に一度彼が近所の友達とかを
集めて開いている軽いヨガ教室で教えているそうです。
笑顔でそう言っていました。TMも「あれはよくないね。」という評価です。
近頃彼のHPを見ていたら(スダルシャン呼吸法)とかいうのを
やっているそうです。詳しい方、この呼吸法どんな感じですか?
あとグル制度への彼の態度についてなにか感想聞きたいなと思います。

149 :名無しさん@3周年:04/01/24 23:59
山川さんはうちのすぐ近所にお住まいなんですけどね(町田市成瀬台)。
グル制度の否定ということはともかく、
あの無節操な翻訳の数々によってどれだけ沢山の人たちが
ニューエイジという幻想に踊らされてきたことか。
それを考えると個人的には功罪相半ば、という感じがいます。

150 :名無しさん@3周年:04/01/25 00:58
本来の文脈では、Guruはsishya(弟子)の成長に対して責任を持たね
ばなりません。〈道〉の途上で当然生起してくるsishyaを守り、様々
な責任をもつという理念を、昨今の「グル制度」を否定する人びとは
的確に理解しているでしょうか。

吾が邦に限らず、ヨーガや瞑想の旗を掲げた者できちんと勝れた弟子を一人
でも輩出できた人はいたのでしょうか。RamakrishnaがBrahmanandaや
Vivekanandaを全世界に打ち出した、正に偉業とも言うべき仕事に比し
て考えて見れば、自称グルとその集まりとは一体何の戯れなのでしょうか。
このように、既に「グル」、「伝授」、「イニシエーション」等々、極めて
軽い言葉になってしまった現代の病理を見ること、「グル」もカジュアルな
教師も実質上差異のないものになってしまったこと、そしてその病理の〈外
部〉においてのみ、Guruが何者であるか、おぼろげに見えて来るでしょう。
記号、言葉だけが空しく浮遊する現代、ニューエイジというのか、ポストモ
ダンというのか知りませんが、これにはっきり気がついていないと、「○○
(どんな言葉を入れてもよい)瞑想法」の「効能書き」に目を奪われてしま
う事になるでしょう。そこで何を選択するかは各人の自由、善悪の彼岸です。
合掌。






151 :名無しさん@3周年:04/01/25 01:02
誤:〈道〉の途上で当然生起してくるsishyaを守り、、、
正:〈道〉の途上で当然生起してくる困難からsishyaを守り、、、

152 :148:04/01/25 02:26
山川さんはもともと団体組むのが嫌いで、個人崇拝も嫌い。
テクニックは幅広く取り入れる人だと思う。
グルも嫌い。グル制度、と書いてしまったが、あんまり深く調べた
ことはなかったです。なんとなくこんなんだろうと。山川さんも、グルっていう
言葉をその程度に理解してると思う。グルと弟子だと平等な感覚にならないのが
嫌なのでしょう。インドもそれほど好きじゃないみたいだし。
自分でも言ってるけど、西洋系の霊だって。
インド的なものより西洋的なもののほうが今の時代に合ってると思っているのでしょう。
現実に日本に正しいグルが居て模範的な指導を行ってるんじゃない限り、
山川的なアプローチを悪いとは言えないでしょう。
というよりインド的なもの極めて劣勢なのでは?
なんか脱線しちゃいましたが正しいグルに会えないとき、
自分でできることって自己流の修行でしょう?
クリヤヨガの正統に出会うって狭き門すぎるなあ、上のレス見た限りじゃあ。
山のあなたの空遠くって感じ。


153 :148:04/01/25 02:28
ちなみにクリヤヨガの方々ってサイババをどう評価なさってるのですか?

154 :サンジェルマン:04/01/25 03:52
>>152
>>クリヤヨガの正統に出会うって狭き門すぎるなあ、上のレス見た限りじゃあ。
>>山のあなたの空遠くって感じ。
この方が良いのです。今はそう思います。
昨今のマントラビジネスにはウンザリです。


155 :1:04/01/25 10:59
>>145
至言。
まず自分の内なる神に帰依しない限り、次から次へと外側のグルを追い求め
グルからグルへと渡り歩き、他のセミナー・団体を批判していく
堂々めぐりに陥る危険を感じる。

私はグルから何かを得よう、頼ろうとは思わない。
光を受けそれを伝える使命があれば、その光を伝えてくれる存在に
出会いたい。それだけ。出会う喜びより、次にその光を伝える任務の
重さのほうが身震いする。

まずは自己を確立し、最善の努力を果たしつつ
グルに出会う縁をつくりたいと思う。

156 :名無しさん@3周年:04/01/25 11:37
>まずは自己を確立し、最善の努力を果たしつつ
>グルに出会う縁をつくりたいと思う。

自己を確立できないが故にグルを探し求めるわけだが・・・。




157 :1:04/01/25 12:12
>>156
ニワトリが先かタマゴが先か状態ですねw
僕は効率悪くていいから自己を確立する努力を自力でやりながら
グルとの出会いを伺いたい
(会えなきゃ、自分の徳が足りないっつーことでアキラメ)
グルとの出会いを先にすると外への依存心が強くなるだけでなく
グルと称する人から搾取されたり、
人生こわされたり、自分で物事考えられなくなり是非の判断が
つかなくなったオーム信者みたいになったり・・
いろいろなリスクがあると思うんで。

158 :某掲示板で見かけた書き込みのコピペ:04/01/25 12:16
ダスカロスの「エソテリック・プラクティス」を読み始めていますが、のっけから、
「東洋的な呼吸法を訓練している非常に多くの西洋人が、神経系統に障害を抱えて
私のところにやって来ています。(中略)東洋人は特定のレッスンを学ぶために東洋
に生まれ、西洋人には西洋で学ぶべきことがあります」とあります。つまり、西洋
人には西洋人に合ったレッスンがあり、東洋人には東洋人に合ったレッスンがある、
ということなのでしょう。

振り返って日本の精神世界の状況を、ごく大雑把に眺めてみますと、西洋的なる
ものを直輸入したものが多いように思います(あくまでもこれは大雑把な印象です。
細かく言えば必ずしもこうではありません)。日本は第二次大戦で敗戦を経験し、
GHQの政策によって精神的伝統の流れがいったん断ち切られています。それは、
日本の精神的伝統が大東亜戦争という「危険な戦争」の原因だ、という解釈が
あったのかもしれません。

いずれにせよ、「日本っていったいなんだろう」ということを多くの人があらためて
問い直し、日本語の本がブームになっている背景には、日本の本来が見失われている
という、肝心の日本人にも「日本がわからない」という現状があるということは、
私個人の勝手な解釈ではないと思います。

159 :名無しさん@3周年:04/01/25 12:27
プネーにあるOSHOのマルチバーシティではいろいろなワークが行われているが、
日本人だけはなぜかワークが‘効かない’のだそうだ。
西洋人(この場合インド人も西洋人ととらえる)向けに体系化されたヨガは
果たして日本人に合っているのかどうか。
ハタヨガでさえ、日本人の体形では無理がある、という人もいる。
ハタヨガをやるより導引や日本古来の武術を通して身体を作るほうが
適している、との指摘も。
より純粋かつ精妙なレベルを扱う場合、自我の構築における社会的制約、
我々が無自覚のうちに受け継いでいる日本的精神風土、こういったものを
まったく無視して、いきなり香辛料バリバリ(?)のインド的方法論を
適用できるだろうか。「クリヤヨガ」の場合どうだろう?

160 :サンジェルマン:04/01/25 12:48
私の場合、ヨーガやインド哲学にというキッカケは無くババジに感じるもの
があり、追い求めます。
別にババジが不老不死だからとか、そういう理由ではないのです。
はじめてババジの肖像画を見た時の強烈な印象、受けたエナジーは今でも
ハッキリおぼえています。
ちなみにどなたかがお聞きになっていましたが、サイババとか全く興味がありません。
そして、普通に生身の人間から生まれてきたというババジは、ヨーガがどうの
神道がどうのというのも超越してしまっていると感じます。
ババジのクリヤヨガは遺伝子変容を促していく最先端の科学でもあると思います。

161 :ゴゴゴ7:04/01/25 13:45
153番さん、サイババに関しては、下のURLを見るべし。
彼の悪行三昧が、沢山出ています。

http://www.tk3.speed.co.jp/maha/skeptic.htm



162 :名無しさん@3周年:04/01/25 14:47
サイババの出現はほんとよかったなー。かなりまともな人があれを持ち上げたり
メディアが本気で紹介したり、8割がただまされた。あれでほんとよかった。
 まあ、まただまされても別にかまわんが。

163 :COU:04/01/25 15:24
M・ゴビンダン氏の著作に疑問あり。
「ババジと18人のシッダ」(日本語版)の中の106Pに
ババジがサイババら3人の化身からダルシャンを受けた
という本を引用して書いている。

聖者ババジさんが、インチキペテン師の化身、ただの奇術師、
インド政府の傀儡宗教家にダルシャン受けると思うんですか?

即刻、この部分を削除したほうがいいと思うよ。
または、サイババをニセモノと見抜けなかったのだから、「生徒たち」に
謝るべきではないかな。
まさか今でも、サイババ様を神の化身と思ってるのじゃないでしょうね。

164 :サンジェルマン:04/01/25 15:51
>>163
私はどちらでもいいし関心ありません。

165 :COU:04/01/25 15:54
M.ゴビンダン氏を全面的に否定してるんではないです。本の一部分を問題にしているのです。
彼には会った事はないが、おおむねすぐれたヨーガ教師であるとは思っている。

サイババに関してだけど、実は、わたしもブームになった94年から3年間くらいは、
サイババを偉い聖者だと思ってました。
その後、彼の問題がわかってくるに連れて心が離れて行った。98年頃です。
ただ、Mゴビンダン氏にも勘違いや間違いはあると思うが、自分の本に人の言説を
引用する場合は、慎重さが要求されるということを言いたいのですよ。

166 :サンジェルマン:04/01/25 16:55
>>165
>>M.ゴビンダン氏を全面的に否定してるんではないです。
いや、その方がいい位かも知れません。
私は今、様々にアンテナを向けて情報やインドの系統を調査しています。
元々海外2chにも盛んに参加していたので、情報収集程度の英語には困りません。
根は思ったより深いところで歪曲してしまっている様です。
指南の師が何を指摘したかったのか、随分わかってきました。
問題の大きな原因の一つが日本人が勝手に脳内でイメージングしてしまうインドの
精神的教えへの、かいかぶりです。それに相乗して、日本人が思う以上に巧みな
ビジネスセンスを持つ種族だということです。
勿論、本物は必ず存在します。でも気軽には姿を見せてくれないという事です。
CPUの設計はインド人というだけあって、様々な分野で良くも悪くも頭が切れます。
はぁ〜・・・・。





167 :サンジェルマン↑:04/01/25 16:59
訂正
日本人が思う以上に巧みな
インド人が思う以上に巧みな

168 :名無しさん@3周年:04/01/25 17:17
ちょっとまてオレはヒンドゥー教はよく知らんし、
正直それ程興味が湧かないんだけど。

サイババってもう亡くなってる方のサイババでしょ、
ってこれ常識ちゃうんか?オレでさえ知ってるし

169 :COU:04/01/25 20:26
だから、ババジがシルディサイババのみならず、「現在のアバターラであるサティアサイババにも
ダルシャンを受けた」ということは、上記の本の106〜107pの注釈の部分に載っています。
(Swami Maheshwarananda 1989 P.51)という本からの引用です。

これは、監訳者の注釈ではなく、著者本人=M・ゴビンダン氏の注釈のようです。
ですので、M.G氏は現在のサティアサイババを認めていたということではないでしょうか?

わたしは、この本(Swami Maheshwarananda 1989 P.51)なんて認めません。
何故なら、”内なるババジ”が「サティヤサイババはニセモノ」とささやくからです。



170 :168:04/01/25 20:48
そうか、サティアサイババにね。。これは失礼

偽物かどうかの見分け方だけど、
奇跡とかで判断するのは問題外だと僕は思う。
霊能を持ってるなら彼の格みたいなものがすぐに分かるだろうし。
持ってなくても彼の指導している内容と発言の質で分かる

あなたの言う内なるババジとは前者霊能的な直感?

171 :COU:04/01/25 21:03
>あなたの言う内なるババジとは前者霊能的な直感?

霊能力というよりは、ハートの内部からひらめく直感の一種ですけど、、、。
わたしもそれを論理的には上手く説明できません。
このような、直感や霊感のことについては、私以上に詳しい人が
この掲示板にはいるんじゃないでしょうか。

それから、もう他者の批評や批判は止めます。
正当な理由がある批判でも、やはり楽しくはないですから。

今後は建設的なことを書き込みたいですね。
日本的なクリヤヨガをどう創造するか、とかね(^▽^)。


172 :168:04/01/25 22:35
そうですか、私は霊能や霊感は一切ありません。
詳しい方はいたらどう感じてるのかは知りたかったですけど。

別に批判してもいいんじゃないでしょうか。
気分悪くならない程度に、事実は事実ですから。

173 :名無しさん@3周年:04/01/25 23:15
1>クリヤー・ハタ・ヨーガ(アーサナ)
2>クリヤー・クンダリニー・プラーナーヤーマ(呼吸法)
3>クリヤー・ディヤーナ・ヨーガ(瞑想法)
4>クリヤー・マントラ・ヨーガ
5>クリヤー・バクティ・ヨーガ(愛と奉仕の活動)

>この5つのクリヤー・ヨーガは人間の5つの体に対応しています。
>肉体、生気体、メンタル体、知性体、霊体の5つです。

対応がイマイチよくわからんな。
マントラ・ヨーガが何故、知性体なのだろう。
肉体と生気体が分かれているのも理解できないな。
 自分が考えると、肉体、感情、知性、霊性という分け方なら
なんとなく納得できる。
 しかしディヤーナって感情(メンタル)的なことなのか? ヨガの常識ない
ので、分からんが、洞察?じゃなかったけ。集中?だったけ。いずれにせよ
外れている気がするなー。
 名は体をあらわす。この辺のセンスは重要なきがする。というのも
如何わしい団体というのは大体において、名前の付け方にセンスがないし、
いいかげん。
 それとも「エウロラ星人」「波動瞑想」って聞いただけでプッってなる私の
センスの方が問題だろうか?


174 :173:04/01/25 23:20
>172 
 批判はすばらしい栄養なので。批判をしないとだめでしょう。
骨ができない。批判はカルシュームです。邪気だとか、煽りだとかも
食べ方ではおいしく食べられます。 料理法の問題ですね。
料理の仕方によっては毒は薬になります。



175 :サンジェルマン:04/01/25 23:33
>>173
外れてるかもしれません・・・・・。
そう、きっと外れてると思います。
いい加減なことを書いて反省してます。
いかなるクリアの知識も転載するべきでは、ありませんでした。

これに懲りず、どうぞご自分でお調べになって頂ければと思います。

176 :名無しさん@3周年:04/01/25 23:41
>97<さんはたぶんヨガ教室をやっている脊柱修正師で、タントリスト
のあの方ではないでしょうかね。この人ならもしかするとラヒリマハ
サヤの直系からクリヤを授かっているかもしれませんね。


177 :名無しさん@3周年:04/01/25 23:50
>>97


178 :サンジェルマン:04/01/26 00:11
>>176
そういう詳しいあなたは誰?

179 :153:04/01/26 01:35
>161さん
情報ありがとうございます。
サイババのことはサイババスレ(あるのかな?)で聞いたほうがいいのかな。
彼を褒め称えてた青山さんとかがどうなってるのか知りたくなってきた。
近頃はファティマのマリア様とかの絡んだ小説やら祈りやら書いていたと
思ったが。理性が悪いほうへ揺らいじゃったと思うとちょっと笑い。

180 :名無しさん@3周年:04/01/26 08:49
>いかなるクリアの知識も転載するべきでは、ありませんでした。
>これに懲りず、どうぞご自分でお調べになって頂ければと思います。
 愛想がないなー。
 考えを改めたなら仕方ない。しかし簡単に考え方の根幹を変えるんだな。
そういうのを無節操っていわないか? ちょっとびっくりだ。
いったん決めたことは、ある程度まで続けないといけないと思うよ。
君の元の考え方も、君の2chの師?の考え方もまだまだ突き詰めないと、
どちらが正しいなんてことは、まったく分からない。選択だけの問題で
どちらも正しいかもしれない。
 
>179
>思ったが。理性が悪いほうへ揺らいじゃったと思うとちょっと笑い。

 おれもすっかりだまされた。しかしサイばばではだまされんかった御仁も
次にくる聖者にはだまされるかも? 向こうも知恵を絞るからな。


181 :1:04/01/26 09:52
>>180
だからこそ、グルは必要とはいえ自己確立のワークを先立たせる必要が
ある。自分自身の魂のメッセージに耳を傾けるのが先。
外側にメッセージを求めると、そのときの気分次第で
次から次へとグルを換えて渡り歩く結果となる。
他者への崇拝はいとも簡単に同一人物への批判へと転換してしまう。
多くの人々を誤った方向に導く恐れもある。
グルを求めること自体が執着・依存心というエゴとならないように。

182 :180:04/01/26 11:11
>181
そういう意味ではKの教えはすごくよかったね。全部が全部賛成ってわけじゃ
ないけど、魂の奥深く、中心の中心が非常に静かになった感じがする。
 とはいえ、またぞろ何とかいう聖人がでてくるとやっぱりグググーッと
スケベー根性がでてしまう。「ひょっとすると何かあるかもしれん」と
期待に胸ふくらむのはなぜか? 野次馬根性? まあそれは娯楽の
一種だな。 Kも西部劇が好きだったみたいだし、静寂の私が、そういう
覚醒ごっこを娯楽として楽しんでも不思議はない。と他人をも自分をも
納得するのである。


183 :サンジェルマン:04/01/26 12:07
>>180
貴重なアドバイスをありがとうございます。
>>いったん決めたことは、ある程度まで続けないといけないと思うよ。
??毎日クリヤは実修しておりますが・・・。?その中で様々な角度から
系統の探求をしておる現状です。よい機会だと思いますので。
私が思うに脳内だけで、あーでもないこーでもないというのが最悪で無節操
だと思います。
>>181
>>次から次へとグルを換えて渡り歩く結果となる。
指南の師が指摘する様に、”グル”に対する認識が皆さんと異なっていると
思います。私はゴーヴィンダンのクリヤを受けましたが、彼をグルだとは
最初から思っていません。セミナーの先生です。
グルはもっと深く、個とも関わり導いてくれるものです。





184 :COU:04/01/26 18:52
こういうことを、山田孝男先生は、教えていたよ。

先生は、アメリカから来た、潜在能力開発法の「シルバ・メソッド・コース」の講師を何年かやっていたが、
催眠法から入って、自分のマインドを制御し、脳波をアルファー波、シータと自由に制御し、いろいろな能力を発揮して行くセミナーです。
その中に色々な物への「マインドを投入する」というテクニックがあった。物だけでなく、人の体に投入し、病気を診断&ヒーリングするテクニックもセミナーでは行われた。
で、シルバ・メソッドの卒業生で、瞑想講座の生徒たちにそのテクニックを応用して、時間空間を越えて、「ババジの世界にマインドを投入する」事を奨めていた。
それで、皆のそれぞれのレベルで、ババジから幾つかのアドヴァイスをもらった人たちも
なん人かいましたよ。わたしもそのひとりです。

初めは、自分ひとりの勝手なマインドの創作みたいな感じもあったが、瞑想から醒めてみると、
確かになにか「奥深い智恵に導かれていて、通常の意識では考えられない情報が入ってきた」などということが
数回ありました。この「マインドの投入は」常に成功するわけではないですが、そういう方法もあるということです。
ババジが答えてくれた数人に聞いたことですが、「こちらの質問にただ、答えてくれるのではなく、こちらが必要と思えることのみに答えているようだった」ということです。
ですので、「くだらない質問、あるいはその本人に不必要な事柄にはババジは答えないようです。」これが、ひとつの”参考点”です。

別にこういう事は、「シルバ・メソッド」を受けていない人でも、瞑想を何年もやっていれば、ある程度はできるのでないでしょうか?

あなたも今夜、ババジとコンタクト?

185 :名無しさん@3周年:04/01/26 19:04
山田孝男さんが水瓶東天という名前で占星術をやってたのには正直引いたな。
まだ山田孝男・まや夫妻が高尾のマンション(名前忘れた)の505号にすんでいた頃。
シルバメソッドが101から404まであって、部屋番が505って面白いねって、
マインド通信っていうガリ刷りの機関誌にも書いてあったな。

186 :サンジェルマン:04/01/26 20:21
山田孝男って?
ヒランヤントラの人?

187 :名無しさん@3周年:04/01/26 20:37
山田さんはヒランヤの真の開発者(発見者)。
ヒランヤと言えば今ではD羽さんということになってはいるが、
実際は山田さんが瞑想中にコンタクトしたのがヒランヤ(黄金世界)。
それを勝手にD羽さんが商売にしてしまったというのが真相らしい。

188 :サンジェルマン:04/01/26 22:40
そうなんですか。
黄金世界ってどこですか?(真剣に聞いてる)

189 :COU:04/01/26 22:51
おや、いくつか、書き込まれていますね。
わたしの見解はさほど述べることはないけど、事実としてのことをいくつか書きますと、、、。

>山田孝男さんが水瓶東天という名前で占星術をやってたのには正直引いたな。

これは、どういう意味でしょうか?
1971年、インドから帰ってきた山田氏は、数年占星術で生計をたてていました。
その頃出した占星術の教科書は、今でも関係者の間では評価が高いようですよ。

ま、占星術のことが、瞑想とかやってる人には、レベルの低い世界だろうと思われてるのも事実でしょうけど、
山田氏個人は、「僕のは、密教的な占星術です」といっていました。ただ、70年代だったし、世間はまだそのようなものを知らないのでず、実際の仕事の多くは運勢判断だったようです。

>山田さんはヒランヤの真の開発者(発見者)。
>ヒランヤと言えば今ではD羽さんということになってはいるが、
>実際は山田さんが瞑想中にコンタクトしたのがヒランヤ(黄金世界)。
>それを勝手にD羽さんが商売にしてしまったというのが真相らしい。

最初に山田氏の所に通っていた男の方が夢を見て、その夢について瞑想し始めたのが、ヒランヤ世界との「交信」の始まりだったようです。
そこから、色々アドバイスを受けて、六角形のエネルギーがあることを知ったそうです。

その後、2,3回TV出演した山田氏は、ピラミッドパワーの他にもこういうのもあると銅線で作った自作の六角形ジェネレーターを出してみたが、関心を示す人は居なかったようです。

その後、瞑想講座の生徒の中のDさんが、これを「自分が起業して販売する」ことに挑戦してみます。
と言ったので、「では(ここ笑い)、やってみなさい」となったそうです。
Dさんは、勝手に商売にしたわけではなく、山田氏の許可を取って販売に踏み切ったのです。
(別にDさんの味方をしてるのじゃない、一応彼の名誉の為に事実を書いてるのです。)

また、別な問題として、ああいったものを「営業的に販売して行く」という行為に対して色々意見が
分かれると思います。それについては、自己責任において各自判断して行くことであると思っています。




190 :COU:04/01/26 23:02
>そうなんですか。
>黄金世界ってどこですか?(真剣に聞いてる)

これは、1976年、山田氏の瞑想の生徒の男性ガ、金色のレンガが上から降ってくる夢を見たのが最初のきっかけだそうです。
その夢の意味を解釈しようと、山田氏と一緒に瞑想していて、その男性が、遠い宇宙空間のどこかに存在する「黄金世界」から来たメッセージであると言うことに気が付いたそうです。
以後、瞑想で、様々なメーセージをもらったそうです。
サンスクリット語で黄金はヒランヤというので、「ヒランヤ黄金世界」とその世界を名付け、出来た器具にも名付けたそうです。

191 :名無しさん@3周年:04/01/26 23:05
>>189
なるほど。ネット上で取り沙汰されている情報とはかなり違うんですね、真相は。
しかし、COUさんは相当の事情通ですね。実践瞑想法講座の受講生だったんですね。

192 :191:04/01/26 23:13
ああ、でも占星術つながりで、ちょっと話を脱線させますが、
当時(80年代初頭)、次元研究会を主催していた松村潔さんは、
山田孝男さんのことをちょっと警戒していたようですね。
何でも山田さんのところの受講生を松村さんが無断で勧誘して
次元研究会に引っ張っていってしまったとんじゃないかと
山田さんが邪推してしまい、かなり険悪な関係になったとか。
山田さんが後に開発するクリスタルセブンなんかは、
元になるアイデアを山田さんのところに通っていた受講生が
持ち込んだらしいですね。そういう切れ者を松村さんが
横取りしてしまうんではないかと疑っていたという話。
まあ、真相はそれこそ私の知るところではありませんが。

193 :COU:04/01/26 23:20
>>191
事情通ですか(笑)、、、わたしは、そうですね、、、、最近の精神世界のことは、あまり知らないんですよね。シャーラ・ムー氏(笑)くらいは知っていますけど。
で、わたしのこの世界の探求は、1974年頃の、ユリゲラー(笑えますね)、とか、、あの頃から始まって、1980年代末までの状況には
結構詳しいです(^_^)。同世代では、やはり、B.S.ラジネーシ(和尚)に関わっていた人が多かったですね。
わたし個人は、やはり「Ramana.Maharshi」が好きですね。

194 :サンジェルマン:04/01/26 23:38
Ramana.Maharshi?
知らない・・・・・。

195 :COU:04/01/26 23:38
>>192  

そのことについては、よく分りませんね。
多分、人間ですから、欠点が全然ないとは言えませんでしょうね。
お互いに若かったから、まー「若気の至り」とか、いくらかの誤解とかはあったのかもしれないが、、。

それから、クリスタル7に付いてのアイディアの出所はよく知りませんが、直感的にすぐれた人は、
当時の瞑想講座の生徒の中には何人も居られたようです。とにかく、山田氏は行動の人のようです。
実際に製品化させていくエネルギーを持っていましたね。それを買うか買わないか、どう扱うかは各自の問題でしょう。
わたしは、何故か必要を感じなかったので、買わなかったほうですけど(笑)。

では、風呂入って寝ます。 GOOD NIGHT!

196 :191:04/01/26 23:48
COUさん、レスありがとうございます。
うーん、なんか同世代の匂いがするなー(笑
かなり話が脱線してしまったようなので・・・
クリヤヨガの話題に戻しましょう。

197 :サンジェルマン:04/01/26 23:53
>>195
今日は夜中の3時までつきあって(笑 ウソ

198 :サンジェルマン:04/01/27 12:00
すいません!!
皆さんがひくとわかっててダジャレを言わせてください。

ヨガナンダはヨガとは何だ?と説いた人!!(キャハハハ・・・・しら〜)

199 :サンジェルマン:04/01/27 12:50
おお指南の師よ!!
本日 Baba Hariharanandaji Maharaj のアシュラムからも回答がありました。
師が仰せの”Guru Parma para"そのものの言葉がでていました!!
指南の師に報告しておきます。


200 :名無しさん@3周年:04/01/27 13:43
なんの回答? 「でしにしてくれーーー。」 「だめ。」
そういうこと?
全文公開希望。



201 :サンジェルマン:04/01/27 13:50
>>200
この場での公開はできません。ごめんなさい。
ただ「でしにしてくれーーー。」 「だめ。」という主旨ではございません。


202 :COU:04/01/29 21:46
おや、止まっちゃってますね、ここは。

「ワシはババジじゃぞー! たれか居らぬのかーぁ!」、、、
とババジの親方様がおっしゃっておられますぞよー! 皆の衆!

203 :サンジェルマン:04/01/29 22:18
COUしゃん
こんばんわ。指南の師が茶飲み話に来ないから止まっています。
同じ日本に住んでいるので、茶飲み話くらいスグ来れるのにねー。
ところでCOUしゃんは、瞑想か何か毎日やってるのですか?

204 :名無しさん@3周年:04/01/29 22:50
わたしが今まで見てきたクリヤー(他流)の練習者の中で、盛んに「愛するババジ
よ!」と叫ぶ人を何人も見かけました。どうやら、『あるヨギの自叙伝』等の挿絵
や、例のM.Govindan氏が配っているブロマイドを見て想像を膨らましているよう
でした。しかしながら、Babajiは形象を超えている導師と考えられており、それを
偶像で崇拝するということは本来存在しませんでした。この伝統を破ったのが
例のYoganandaでした。彼が画家に指示して「イメージ」を作らせたのです。
Guruに対する尊敬は何であれインド古来のスピリチュアリティの伝統ですが、
多くのオーソドックスなグルは自分の写真を取らせたり肖像を作って崇拝させた
り、まして公にさせることは滅多に許可しないものです。(逆にもし写真に写れ
ば、隠し撮りでも許可されたのだと信じられています。)合掌。


205 :サンジェルマン:04/01/29 23:04
アッ!!指南しゃま指南しゃまだ!!
あの肖像画はヨガ何だ?が作らせたのですか・・・・・。
この肖像画が実に多くのニューエイジ的ビジネスに利用されましたよね。
この肖像画が存在しなければ、ババジを語ったビジネスはこれほど頻発しなかった
と思いますがどうでしょうか?指南さま

206 :名無しさん@3周年:04/01/29 23:47
こんにち、何であれわたし達が目にすることが出来る、美しいブロマイド写
真であれ、〈行法〉、〈テクニック〉の公開及び伝授であれ、既に何かの抜け
殻である可能性、生き生きとしたスピリチュアルな運動が終焉しつつある/し
たことの傍証かもしれないという可能性を常に予想して置くべきでしょう。
哀しむべくはこれが、わたし達がいま生き、乗っかっている時代の姿であり
ます。よくよく目を見開き、ある程度わたし達が置かれている事情が理解でき
たら、こころ静かに精進したいものです。合掌。

207 :名無しさん@3周年:04/01/29 23:49
ヨガナンダてなんだ

208 :COU:04/01/30 00:29
>203

わたしは、瞑想は昔は一生懸命やっておりました。
ただ、今は別に瞑想はやっていません。
特に必要な時だけやっています。

それから、ババジに関しては、西暦何年生まれなんてのはどうでも良いことです。
また、姿かたちや ”写真” などもどうでもよいのです。

ババジは、わたしに伝えて来たところによると、「既に肉体を脱ぎ捨てた存在であること」
そして、「生きている時に、主に東洋に存在した完成したタマシイたちの作っている、霊的な ”一種の集合体” のよう存在であるということ」を教えられました。
そのような存在ですから、自由に肉体のようなものを一時的に「創造することも可能」だということです。

これは、私自身の個人的な ”霊的体験” です。 これを信じるかどうかは各自の自由に任せます。

209 :サンジェルマン:04/01/30 12:13
アッCOUしゃんだ!!もっと頻繁に書き込みしてくだしゃい。

僕は信じますよ!!
>>自由に肉体のようなものを一時的に「創造することも可能」だということです。
まさしくその通りだと思います!!

>>”写真” などもどうでもよいのです。
そうですね。ただちょっとミーハーな話していいですか?
ババジの顔は男とも女ともつかない理想的な中性の顔立ちで、女性たちにはすごく
カッコいいと人気があります(笑 一般的なキリストの顔より全然いいという評判
です!!


210 :COU:04/01/30 19:39
こんばんは、COUです。
忙しいので、それほど頻繁に書き込みできないんだけど。

>ババジの顔は男とも女ともつかない理想的な中性の顔立ちで、女性たちにはすごく
>カッコいいと人気があります(笑 一般的なキリストの顔より全然いいという評判
です!!

あー、あなたの知ってる女性たちはそうなんですか。
わたしの知り合いの女性では、、、うーんどうでしょうね、特にそのような(カッコいいという)感想を聞いたことないですけどねー。
よく、女性のヨガ行者と間違われることはありますけどね(笑)。

まー、なんていいますかね、結局、表面的な部分だけ捉えて、色々ババジのことを
詮索しても始まらない。
で、けっきょく、「インナー・ネットで ”検索”してみましょう。」と言ったところかなー(^_^)

211 :サンジェルマン:04/01/30 19:45
インナーネット。いい言葉ですね。
さて今日は指南しゃまは、お茶飲みにくるかな・・・・・。(ワクワク

212 :勝山:04/01/31 14:14
世の中の最底辺に住む人生の敗残者諸君よ
このスレのなかだけがキミたちの生きてい
ける場所だ
エバルもよし、自慢するもヨシ
所詮世間では相手にされないのだからな
一生そうしていなさい
サラバだ




213 :名無しさん@3周年:04/01/31 21:08
サラバではない。逃げるな。逃げると負山。
負山になりたくないなら、話くらいしていけ。怖がることはない。



214 :名無しさん@3周年:04/01/31 21:19
ババジのあの肖像画ははっきり言って気持ち悪い。
ラヒリ・マハサヤは何となく武器商人トルネコに似てなくもない。
スリ・ユクテスワーはカッコイイ。一番聖者って感じがする。

ところで誰も「ヒマラヤ神術」については知らないんだな。
精神世界は新陳代謝が激しいというのはわかってるけど、
ここは結構新参者が多いんだね。

215 :COU:04/01/31 21:36
アハハ、
勝山さんはババジの探求者とオウムの連中の区別が付かないような方なのでしょう。
まー世間の一般の方から見たら、(真の霊的情報が不足している)今の日本ではそのような捉え方されても仕方が無いのかもしれないが、、、、。
サンジェルマンさんが連絡などしたから、もしかしたら、〇局の関係の方かな、、、?。

この不景気の世の中、みんな現実的なことで一生懸命なのに、 ”浮世離れした、この世界”、瞑想やクリヤ・ヨーガの探求者たち。
この書き込みだけを見て、バカにしたい気持ちは解かりますが、
でも、ここにせっかく縁があるのですから、バカにしないで少し勉強されていったらどうでしょうか。
この魂の世界は、政治なんかよりもずっと奥が深いんですけどね。


216 :555:04/02/01 00:16
>この魂の世界は、政治なんかよりもずっと奥が深いんですけどね。

おまえがそんな低脳発言するからだろう?

217 :COU:04/02/01 14:00
では、わたしは行きます。
ごきげんよう。

デーラ・ダンダ・ウタオ! Pyu〜♪

218 :サンジェルマン:04/02/01 14:46
COUしゃん待って〜 僕も不滅の軍団に入りますーーー

219 :名無しさん@3周年:04/02/01 23:39
>216低脳って低能じゃないの?脳という器官が低いんじゃなく能力が低いことでしょ?アンタが他人に吐いたセリフがアンタ自身に返ってきたね。

220 :サンジェルマン:04/02/02 03:05
おお指南の師よ!!
Kashipati Sanyal氏をどう思われますか?
お答え下さいませ。

221 :亀井襄治:04/02/02 07:31
ヘボに習うヨ-ガ程恐ろしい物は、クンダリニ-を上げる方法を知っているのは私以外にないでしょう。また治すす方法を知っているのも私以外に居らないでしょしかしその様な物は何の役にも立ちません。
遊びにしか過ぎません。
今や残念ながら、本当のヨ-ギはおりません、天風先生を持って終りです。
インドと日本の風土の違いも分からずにヘボにヨ-ガを習って、沢山亡くなってます。
悲しいことです。

日本の禅ほど優れた物はありません、特に白隠禅師の研究したら如何ですか?
私のホ-ムペ-ジも些少は役に立つでしょう。

合掌

222 :サンジェルマン:04/02/02 10:26
おお指南の師よ!!
Kashipati Sanyal氏をどう思われますか?
お答え下さいませ。


223 :名無しさん@3周年:04/02/02 12:13
自分で調べること

224 :名無しの権助:04/02/02 12:33
>222
指南の師は指南の師と呼ばれて困っておるぞよ。
最早全てを捨ててインドに行ってサードゥになる他無いぞよよよ。
偽指南の師より

225 :サンジェルマン:04/02/02 13:36
おお指南の師よ!!
この場にクリヤの系譜図を書き込みしてもよろしいでしょうか?
それで御意見をお聞きしたいのですが・・・・・。

226 :栗谷XP:04/02/02 14:08
クリヤの系譜図?

ワシも知りたいですわ

227 :栗谷XP:04/02/02 14:52
亀井襄治さんの著書を発見。

http://book.asahi.com/category/s_book.html?code=4823102096&flg=0

228 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:41
サンジェルマンさんへ
 「指南の師」というのはやめましょう。それよりもこころを落ち着け、静かに
WEB上であれ、他の情報媒体であれ、そこに書かれてあることばに耳を澄ませる
事です。ことばの使い方などから、それを発している人の〈隠れた欲望〉を見抜
くことが必要です。そうした姿勢は、わたしのことばにも当然適用して下さいま
すよう。そこから、かくも前面化した末期的なスピリチュアリティの現状に眼を
開くことから、地道だけれども確かな魂の探求は始まるでしょう。
kriyaの系譜は、もし知りたい人がいたらその類の英語サイトへリンクして頂き、
善しにつけ悪しきにつけその全体の雰囲気から現状を想像して頂くのが一番宜しい
かと思います。再度老婆心ながら申し上げます。「わたしが教えてあげよう/
わたししか知らないことがある/これが至高に至る最短の道だ」という通奏低音
を聞き取れたなら、くれぐれも注意をすることです。
 貴方様がPuriのSanyal氏の事をより深く知るには、Puriに居る彼に直接会いに
行くか、吾が邦で彼のもとに入門し得た人を探し、その〈人物〉やことばを直接
見る以外はないでしょう。わたしは、少なくともセミナー形式の伝授を彼はして
いないと信じていますが。
 また何十人もイニシエートできる人も疑問符がつきます。Shri Shri Shyama
Charan Lahiri(Lahiri Mahashyaya)でさえ、14人にしか相伝をしていない事実
と比較すれば、世の「クリヤーマスター」が何百人、何千人という弟子を持ってい
ることを示すのは如何にも奇妙なことです。kriya-diksaは相伝する師、相伝される
弟子の双方にとっても簡単なことではないということもご理解頂けたらと思います。
合掌

229 :名無しさん@3周年:04/02/02 21:44
訂正 Lahiri Mahashyaya→Lahiri Mahashaya

230 :サンジェルマン:04/02/02 22:07
>>「指南の師」というのはやめましょう。
クリヤマスタージャパン様に変更します。

クリヤマシタージャパン様が仰せの様に本場インドでもクリヤの正統系譜に関しては
いま一つハッキリしない様です。
でも私は探求します。いつもアドバイスをありがとうございます。

アメリカでもクリヤの系譜を探求している人の掲示板があり様々な情報が
あります。リンクしますので御感想を頂けますか?
クリヤマスタージャパン様?


231 :名無しさん@3周年:04/02/03 01:20
句利矢・間須田亜・日本さま、、、、ですか、、、

、、、ウン?

232 :名無しさん@3周年:04/02/03 15:24
>>230

> アメリカでもクリヤの系譜を探求している人の掲示板があり様々な情報が
> あります。リンクしますので御感想を頂けますか?

 騒々しく探しまわるのはやめなさい。ヨーガを究めたいなら、己の身一つ。
そこから出発する。ガラクタを背負ったり、老師を背負ったり、本を背負ったり
、そういうものを全部すてる。
 <ガッチョーん>


233 :サンジェルマン:04/02/03 15:50
>>232
イヤだ!!僕は正統な系譜を探求するんだ!!
安易に傍系に縁して入門してしまうと一生とりかえしがつかないんだ!!
例えクリヤマスタージャパン様が、意地悪で教えてくれなくても僕は探求するんだ!
COUしゃんもデーラ・ダンダ・ウタオ! Pyu〜♪とか言って何処かへ(きっとその辺り)
行ってしまったし一人で探求を続けます。

234 :名無しさん@3周年:04/02/03 21:02
こんな話を聞いたことがある。

ある男が様々な旅の末、ついにババジに会った。
そこには彼と、幾人かの弟子が座っていた。

男『ああ、ババジ!!ついにあなたに会えた。
私をあなたの弟子にしてください。』

ババジ『だめだよ。君はまだ準備ができていない。』

男『どうすればいいですか?』

ババジ『(崖を指さして)あそこから飛び降りなさい。』

男は崖から飛び降りて死んだ。

ババジ『うん、準備ができたようだ。』

そう言うと、ババジは弟子に崖の下から彼の死体を
取りに行かせて、生き返らせて弟子にした。



235 :柴ワン太:04/02/03 22:27
ババジはそんなことしないべよ。
"指南の師"はお友達だけんどよ、
俺は傍系で入門したから奴ほどには
クリヤなんて理解できなかったべさ。
ヨガナンダが何をどうしたか今では大まかには解るだが、
本流ではないし皆伝でもないっていう奴の説は
たぶん正しいだよ。
『ヨガ行者の一生』は余りにもカトリック的だべ。
インド人があんなこと思ってる訳ねえべさ。

236 :サンジェルマン:04/02/03 22:33
おお柴王太様
あなたはクリヤマスタージャパン様のお友達ですか?
一体全体クリヤマスタージャパン様は何者ですか?

そしてあなたは誰に師事されたのですか?

237 :234:04/02/03 22:43
HIVや、その他多くのウィルスは神の創造計画の中に入っていなかった。
それは、人間が自身のカルマから逃れようとしていることから起こった。
自身の苦痛から逃れたい。
そう願うことによって、そのような現実を作りだし、
それは自然の法則との摩擦を作りだした。
でも、宇宙はその摩擦を正さなくてはいけない。
でも人間はそれを拒否する。
そこで自然に発生したのがウィルス。
人間に苦痛がそこにあると言うことを教えにきた。
苦痛によって人は自分自身を見つめることをする。
人間が苦痛を避けたいと言うのなら、宇宙はもっと烈しい苦痛を
人類のために用意するだろう。

238 :柴ワン太:04/02/03 23:17
<237 宇宙はそんなに冷たくないだがや。
<236 俺が師事したのはオルン・ボースという人だがや。
 もうだいぶ前になくなったがよ。
 それから彼は正体を知られたくないと云っているだ。
 昔からそういう男だったんで、俺からは何とも云えないだよ。
 ただ、インドのマスターが彼の知識をゴービンダ師より高く評価したことは頷けるだよ。
 ゴービンダ師はインド人の精神構造を見抜けなかったようだがや。

239 :サンジェルマン:04/02/03 23:32
>>237
エイズは影の政府がWHOと組んで人工的に作ったウイルスですよ。
ストレッカー博士の暴露で、おおよそ明らかになりました。
私個人の見解ではサーズもトリインフルエンザも人工的な仕掛けに基ずきます。

柴さんクリヤマスタージャパンさんは意地の悪い人ではないのですね?
柴さんはマスタージャパンの友人なのに、なぜ正統系に師事しなかったのでしょう?

240 :COU:04/02/04 00:40
デーラ・ダンダ・歌でも〜♪  ルンルン〜♪、、、〜♪

宇宙を飛び回って遊んでいて、ちょっとここを覗いて見ると、、、
あれ、間違い発見!

それを黙って見ていられないのがCOUの性分。

234番さん、それはね、あなたの勘違いですー。

その弟子が、「ババジの導きが得られ無いならば、生きていても無意味なので崖下に飛び込んで死にます!」
といった。ババジは、弟子の心が本心からそういっているのかどうか、確かめるために「では、そうしなさい」
と言ったまでです。

後は、「あるヨギの自叙伝33章」を読むべし。
英語が分る人は、セルフ・アリゼーション・フェローシップのHPの中に全文出ています。

では、ルンルン〜♪  やーま〜へ行こう〜きーみと行こう〜♪ コクワの実また採ってねー〜♪

241 :柴ワン太:04/02/04 09:14
<239 彼が俺にいう事はここで書いた事と同じことなんだべ。
ただ、印度と日本との精神文化で共通のプロトコルがあることだけ教えてくれただ。
それじたいが意外な発見なだけんどよ。
<240 実は『ヨガ行者の一生』のババジの伝説をひつこく読むとヨガナンダが正統な系統でない事が判るだよ。
俺もヨガナンダ系なもんでとても残念だったがよ。
現実は認めざるを得ないがや。

242 :名無しさん@3周年:04/02/04 09:47
>>241
 おい、正統のどこがいいんだ?
普通は正統は腐っていき、傍系から新しい芽がでるんだが。
ちがうか?


243 :柴ワン太:04/02/04 09:59
<242 それはインド人ていうものが判ってない人間の云う事だがや。
クリヤヨガマスタージャパンは意地の悪い人間ではないのだがや。
彼が秘密にしている訳は恐ろしくインド的な理由からだがや。
俺はそのことが理解できるというだけだがや。

244 :COU:04/02/04 10:09
243 柴ワン太さん

では、あの、ヨガンンダの「ババジ体験の記述には」なにか疑義ありということですか?

245 :柴ワン太:04/02/04 12:30
<244
疑義だなんてそんたら大それたことではねえだがや。
あのテクストをどう解釈するかの問題だがや。
後インドについて進化論的な議論をする事はそれ自体が一つの選択だがや。

246 :サンジェルマン:04/02/04 13:24
柴さん
私は今少しとまどっています。クリヤマスタージャパン様の思いやりある進言
を受けて私自身の責任において、クリヤの正統な系譜を探求しております。
マスタージャパン様は多分答えてくれないので、柴さんに聞いてみます。
クリヤヨガはラヒリマハサヤの直系のみを指すのでしょうか?
ヨーギラマイアやニーラカンタは、ババジからクリヤを授かったのではない
のでしょうか?彼らは大嘘つきか、ホントにババジから授かり広める役目を
担ったかの二者択一です。


247 :柴ワン太:04/02/04 15:10
246< 伝承者でない俺には何とも云えんがな。
ただ、俺の大先生のパラマンサ・ヨガナンダでさえ皆伝ではないというか、
伝承者ではなかったようなんだな。
クリヤマスタージャパンが指し示すところを探す他ないだんべ。
彼は伝承者の列に入ったようだでな。

248 :サンジェルマン:04/02/04 15:49
私が知りたいのはマスタージャパン様といえ、ヨーギラマイアにババジがクリヤを
直接伝授したのか否かは、わかり様が無いと思うんです。
マスタージャパン様がババジとコンタクトしてラマイアは嘘を言っていると伝えら
たというのなら別ですが・・・・・。
ヨーギラマイアの立場を考えれば、そこまで、でまかせ芝居をするだろうかと思うんです
・・・・。単純に考えてマハサヤ大師だってババジから直接クリヤを伝授されたわけ
ですから・・・・。



249 :234:04/02/04 16:44
> その弟子が、「ババジの導きが得られ無いならば、生きていても無意味なので崖下に飛び込んで死にます!」
>といった。ババジは、弟子の心が本心からそういっているのかどうか、確かめるために「では、そうしなさい」
>と言ったまでです。

うわっち。そうでしたか。(^^;
ご指摘ありがとうございます。


250 :柴ワン太:04/02/04 16:51
248<クリヤヨガマスタージャパンなら判るはずだがや。
伝承者しか判らない鍵のようなものが有るはずだがや。


251 :サンジェルマン:04/02/04 17:18
柴さん、つまり私は中立の目で判断しようと努めています。
マスタージャパン様、ヨーギラマイアの両者のどちらも信仰しているわけでは
ないのです。
 そこで柴さんに助言をお願いしているのです。
マスタージャパン様が正系にある意味こだわる建設的?な理由はどこかに存在
するのでしょうか?ババジは永遠にラヒリマハサヤ直系のみクリヤの恩寵を
授けると宣言された経緯でもあるのでしょうか?
それとも、この様な現実的、建設的な探求は無意味で信仰と直感によって
判断しろという答えなのでしょうか?
ちなみに私は、建設的な探求、直感的な判断のどちらも必要だと考えています。



252 :柴ワン太:04/02/04 20:55
 ラヒリモシャイがババジからクリヤ・ヨガの秘法を授かったと最初にのたもうたのは誰だがや。
 そしてババジの伝説を広めたのは誰だがや。
 クリヤ・ヨガの系譜を最初に伝えたのは誰だがや。
 そしてその人とババジはどういう関係だったがや。
 もう賢い人間なら何がどうなのか見えているはずだがや。
 俺はこのからくりが解るのに30年近く掛かったがや。

253 :サンジェルマン:04/02/04 23:17
柴しゃん
う〜ん、それも最後は何を信じるかになってしまうでしょ?

COUしゃん
どう思う?デーラ・ダンダ・ウタオ! Pyu〜♪と戻ってきて!!

254 :COU:04/02/05 00:15
デーラ・ダンダ・歌オ♪〜 おっとっと、、、金斗雲から落っこちそう(^_^;)。

そうですね、、、、なんていったら、、いいのかな、、、、ヨガナンダの本自体は、まー、あれは、ある部分「創作」も入っているのかもしれないね。

わたしの場合は、わたしのところにやってきた「ババジ」のみしか分らないですね。
その存在は、”光のカタマリ”としてやってきました。
何度も言うが、わたしのところに来た存在は「ヨガナンダの本に出て来た存在と同一である」といっていました。
そして、魂の集合体のようになっているのであって、「フツーの肉体を持って何千年も存在しているのではない」ということでしたね。

また、これは重要なことであって、初めて公表するのだけど、わたしのところに来たババジは、ヨガナンダの本の中にあるババジ関係の記述について、「ヨガナンダの内的真実ではあるが、大部分の事柄は現象的な事実としてあるのではない」と言っていましたよ。
これは、私とババジとのテレパシックなインスピレーション会話であって、普通の会話ではありません。したがって、普通の日本語に直すときのこちら側の「誤訳」も当然有り得ますが、とにかく、私の個人的霊的体験としては、一応そんなところですね。



255 :サンジェルマン:04/02/05 00:25
柴しゃん、COUしゃん ありがとう!!
このスレに縁あって集まったババジ通は、一応にみんなヨガナンダは・・・・
う〜ん平たく言えば、怪しい部分が多いという事だね。
という事は真のクリヤは、まだ殆どの人々の前から隠されたまま、今も何とか
途絶えず息ずいているという事ですね。
確かに近年SRFに関しては、いい噂を聞かないし・・・・・。

そい言えば思いだしましたがヘラカン・ババジってのは何者ですかね?
クリヤのババジとは全然違うと感じるんです・・・・・・。


256 :外人さん:04/02/05 05:33
私も現在クリヤを探求している者です。SRFのクリヤを勉強してる所なんですが
確かに本系統から外れてると言う事を聞きます。
紫さん、

>ラヒリモシャイがババジからクリヤ・ヨガの秘法を授かったと最初にのたもうは誰だがや。
そしてババジの伝説を広めたのは誰だがや。
クリヤ・ヨガの系譜を最初に伝えたのは誰だがや。
そしてその人とババジはどういう関係だったがや。
もう賢い人間なら何がどうなのか見えているはずだがや。
俺はこのからくりが解るのに30年近く掛かったがや。

との事ですが「ババジと18人のシッダ」以外に参考となる本ってありますか?
もし宜しければ教えていただけれるとありがたいです。。




257 :サンジェルマン:04/02/05 11:50
外人しゃん はじめまして。私は日本人です。(意味不明・笑)

私も真のクリヤを探求しているサンジェルマンと申します。
これも何かの縁ですから、この場で情報交換しませんか?
クリヤマスタージャパン(旧指南の師)の指摘の元、現在探求中です。
マスタージャパンは、ちょっぴり意地悪な性格なので、ストレートには教えてくれ
ません。ですから柴しゃんやCOUしゃんに相談しながら頑張っています。



258 :外人さん:04/02/05 12:29
サンジェルマンさん始めまして。こちらこそ宜しくお願いします。
是非情報交換をしてお互い精進致しましょう。

ラヒリモシャイって誰なんでしょうか?色々調べてみても全然見つかりません。
ババジにクリヤを授けたのがアガスティアって事になってますのでそこからたどって行くと
真のクリヤにたどり着けるんですかねぇ?

「ババジと18人のシッダ」では
ヨガナンダと別の系統に属すババジやラヒリマハサヤの弟子たちが、主にインドにおいて
正統なクリヤー・ヨーガを教えてる。このうちの一人にスワミサティヤナンダの弟子で、
カリフォルニア州サンディエゴ市在住のスワミサティエスワラナンダがいる。
P100

サンディエゴまでそう遠くないから門を叩いてみようかな。。




259 :外人さん:04/02/05 13:09
ところでマスタージャパンさんって誰ですか?


260 :サンジェルマン:04/02/05 14:27
外人さんはホントに海外在住なのですか?でもってホントにnot日本人なんですか?
ラヒリモシャイはラヒラマハサヤの事だと思いますが・・・多分。
(柴さん回答してください!!)
クリヤマスタージャパン様は元の名を指南の師と言って、忽然と出現した謎の人物です。
柴さんによるとクリヤの正統系譜の流れを汲んでいる貴重な人物です。
最早消えていこうとしているクリヤをはじめとした、真のスピリチュアルな流れに警笛
を鳴らしています。私はゴーヴィンダン氏から直接クリヤをセミナー方式で受けまし
たが、今では疑問を感じています。
マスタージャパン様曰く,真のクリヤは決してセミナー方式では伝授できないのだそうです。
私はヨーギラマイアのアシュラムまでゴーヴィンダン氏に関して問い合わせしました。

結果はマスタージャパン様の示唆した通りの回答でした。彼はクリヤを伝授できる
正式な資格もシャクティの力も持ち合わせていないのだとか・・・・。

更にラマイア自体にも私は疑問符を感じています。真のクリヤはあまり表にはでてきて
いないのだと感じています。

そうです。

261 :名無しさん@3周年:04/02/05 16:33
>>243
> <242 それはインド人ていうものが判ってない人間の云う事だがや。

 こら。適当にごまかすな。 インド人と日本人の何処が違う?
おんなじだよ。
 月とすっぽん、アフォーと賢者、個体差に比べたら、人種差はゼロに等しい。



262 :名無しさん@3周年:04/02/05 16:36
>>260
> 更にラマイア自体にも私は疑問符を感じています。真のクリヤはあまり表にはでてきて
> いないのだと感じています。

 またまたー。恥かしくて、表にでてこれんのかー?
見せられたもんじゃない。だいたいそんなもんだよ。


263 :外人さん:04/02/05 17:11
ども。一応私はアメリカ人です。ロスに住んでますが日本で育ちましたので日本語は出来ます。。SRFまでは30分程で行けますのでふらっと行ったりしてます。
ラヒリモシャイがラヒリマハサヤの事だとすればスワミサティエスワラナンダさんに会うのも凄い良いチャンスと言う事になりますねぇ。
真のクリヤに出会うのは思ってた以上に困難の様ですね。
しかしババジも私達みんなにクリヤを実行して欲しいと思ってると本で読んだ事もあります。
きっとみんなの内に居るババジにひた向きに祈り求める事で自分に最良なタイミングでクリヤと出会えるのでしょう。



264 :サンジェルマン:04/02/05 18:21
クリヤマスタージャパンしゃま、COUしゃん、柴しゃん、外人しゃん

下記の系譜をどう思いますか?マスタージャパン様、コメントをお願いします。
http://www.geocities.com/chelab4/

265 :名無しさん@3周年:04/02/05 18:56
近頃内容が濃いですねえ。勉強になります。
でも入り込めない雰囲気だ。
もしよろしければどなたか、クリヤヨガの方たちが、白色同胞団という著名な
団体についてどういう見解を持っているのか教えて頂けませんか?
師はヨギじゃなきゃ駄目ですか。
クートフーミとかの大師には興味ないんですか。よろしく。


266 :外人さん:04/02/06 03:37
そう言えばババジが崖から飛び下りなさいと言ったって話なんですけど、
ババジは宇宙法則そのものの方ですから、その飛び下りなさいと言った相手が最後に解脱する為には命そのものへの執着が最後の排除するべきカルマだと知っていたのだと聞いた事があります。
法則と言うのは不変ですからババジの教えは人々の成長等に合わせて優しく導くキリスト等とはまた異なる教え方をすると聞きます。


267 :名無しさん@3周年:04/02/06 09:20
<266 失礼ながら「最後の」というよりは「最初の」の間違いでは?

268 :外人さん:04/02/06 10:15
<267
ん〜確かに「最後の」って言葉は文をややこしくしてるかも知れません。
「最初の」に変えても良いかも知れませんが「最初の」も「最後の」も抜き取った方が文的に分かりやすかったかもしげる。

269 :師ヴァ:04/02/06 10:27
なかなかよいメルマガなので、見てください。
「聖なるインドへ」
http://www.mag2.com/m/0000124154.htm



270 :サンジェルマン:04/02/06 15:42
デーラ・ダンダ・ウダオ!!デーラ・ダンダ・ウタオ!!
COUしゃん COUしゃん 応答せよ 応答せよ!

こちら不滅の軍団。応答せよ

271 :外人さん:04/02/06 16:35
>264
なかなか興味深いサイトですね。
このページからリンクされてるヤフーグループでの意見交流も結構良いかもしれません。
http://groups.yahoo.com/group/kriyashram/

272 :名無しさん@3周年:04/02/06 18:43
鉄at
敵uru

273 :COU:04/02/06 19:54
デーラ・ダンダ・アラマ!
えっと今帰ってきました。

オヤオヤ、サンジェルマン君、騒々しいですねー!
なんか、聞きたい事あるんか?

でも、いますぐ住んでる地域の会合で、また、公民館に出かけなくてはならない(^_^;)。
このBBSには似つかわぬ、世俗的な話ですまんが、そういうわけで10時ちょっと過ぎまで待ってくれ! OK?


274 :COU:04/02/06 22:35
こんばんは、”ヒマラヤの公民館から”帰って来ました(笑)。

264番の書き込みのURLに載ってるクリヤの系譜ですか?

どう思うか?って言われても、どうなんでしょうね、、、、。
そういう見方もあるでしょうし、まあ、一理あるんでしょうけど、よく分りませんね。

何度も言うけど、そのような一般大衆が知っている「外部に発表されている」色々な情報は、
あまり大したことがないということです。
ですので、基本的に「インナー・ネットをどう開拓するのか」といことが最重要課題なんです。
それが出来た時に、次の何かが始まります。

で、それから、ヨガナンダを私は別に「怪しい、、、〜〜」とは思っていません。
あの時代のアメリカですから、ヨーガを広めるために彼が著書にいくらか「脚色」しても許せる範囲ではなかろうかと思っています。
本質をゆがめなければ、いいのではないかと思っています。
いまでも、彼のことは尊敬しています。

275 :西風:04/02/07 00:05
そのインナーネットだよ!それを繋げる為にひょっとしたらババジの肖像画がでてきたんじゃないかなあ〜?ビジネスのためじゃく・・・。肖像画がどうのではなくあくまでも人間の利用の仕方が問題なんじゃないかな?

276 :西風:04/02/07 00:15
それから、その人がインナーネットを繋げる為の準備ができているかということも重要だね。それはマスタージャパン様と同じ意見です。精進したいものです。

277 :外人さん:04/02/07 14:51
みなさん常日頃から瞑想されてますか?
瞑想はまだまだ初心者の私ですがみなさんはチャクラ、プラーナヤーマ、クンダリニー等どう思い、関係していらっしゃいますか?



278 :234:04/02/07 21:00
瞑想やってます!!

>チャクラ
については全く知りません。

>プラーナヤーマ
呼吸法のことでしょうか?
あれをすると静寂が動きやすくなるらしいですね。
実際は瞑想のときに落ち着きが増すかなー
くらいに思っています。

>クンダリニー
カルマをクリアするためと聞いたことがあります。
ある先生の話では、瞑想は静寂からはじまり、
動きが起こり、(クンダリーニ)
また静寂に戻って行く。
ということらしいです。
また、漏れの体験では、
場所や、そこに集まる人や、先生のエネルギーで、
とてつもないうねりが生み出されることがあります。
自分一人で瞑想やってても、クンダリニーの動きは大したこと無いような。


279 :COU:04/02/08 00:02
ババジ瞑想会でも作りませうか?

280 :西風:04/02/08 00:39
そうですネCOUさん!一度皆が集まってそれぞれがもっているパズルの1ピースを繋げてみるものいいのかもしれませんネ。

281 :西風:04/02/08 00:56
COUさん!瞑想会はヒマラヤの公民館でするのですか?USO

282 :555:04/02/08 03:41
えっと、わざと間違えてみて反応を見てみたんだが・・・。

結局、まともな回答はなし、つまり偽者かあ。

283 :サンジェルマン:04/02/08 14:31
「あるヨギの自叙伝」 パラマハンサ・ヨガナンダ著 森北出版 より抜粋

”ババジは、昔から師が弟子にヨガの秘法を伝える場合の厳格な掟について、わたしに
 指示された。「クリヤのかぎは、それを受ける資格のある弟子にのみ与えなさい」
 ババジは言われた。「神の探求のためにあらゆる犠牲をいとわぬことを誓う者だけが
 、この瞑想の科学によって人生究極の謎を解くことができるのだ」”

注釈より
ババジはまた、将来他人にクリヤ・ヨガを教える資格をもつ者としては、ラヒリ・
マハサヤが資格を与えた弟子からさらに資格を受け継いだ者によって認可された
熟練したクリヤ・ヨギに限ることを定められた。
そして、正当な資格を持つクリヤの指導者から伝授を受けたクリヤ・ヨギはすべて
、忠実にそれを実行するかぎり、来世に至るまでその霊的進歩を保証する、と約束
されたのである。



284 :サンジェルマン:04/02/08 14:43
上記のヨガ・ナンダの記述にもクリヤマスタージャパン様の指南の根拠が
伺えます。私はとことん”正当な資格を持つクリヤの指導者”の探求を
したいと思います。
ババジは正当な資格を持つクリヤの指導者からの伝授のみに、
”来世に至るまでその霊的進歩を保証する”と明言されています。
ここはとても重要なところであります。
クリヤは単なる技法ではなく、単なる瞑想テクニックでもないのですね。
私はクリヤマスタージャパン様が、とても控えめに謙虚に発言を抑えて
いたのだと感じます。ホントはもっと思いっきり語りたかったことが沢山
あるのだと思います。


285 :サンジェルマン:04/02/08 14:53
きっと私と同じ様に悩む人もいるでしょう。
例えばヨーギラマイアは、ババジから命を受けて、ババジから直接クリヤを
伝授されて(ニーラカンタも同様)新たなクリヤマスターの一人ではないのかと。
きっとそれは、そうかもしれないし、ラマイアのアシュラムだけに通じる真実?なの
かもしれません。しかしこの答えがどうであれ、間違わないたった一つの方法は
ラヒリマハサヤからの真の正統伝統者を探しあてるという事です。
簡単ではないでしょう。困難かもしれません。しかし、真摯な気持ちでマスター
ジャパン様の指摘通り、ババジに祈ろうと思います。
ヨーギラマイアの真実がどうであれ、ラヒリマハサヤからの真の正統伝統者を
辿るのが、現実的に建設的にベストであると思います。



286 :サンジェルマン:04/02/08 14:56
そして実はスリユクワテスもヨガナンダもクリヤの正統系譜ではないという
事実を踏まえなければ、なりません。
頑張って探求したいと思います。


287 :名無しさん@3周年:04/02/08 17:38
がんばれよー。
応援してるぞー。
見付けたらこのスレに報告よろ

288 :名無しさん@3周年:04/02/09 01:49
test

289 :岸本梵太郎:04/02/09 04:22
ラ−マ・クリシュナ=ババジに決まってだろ。
ギ−ターに書いてある通り主は信者の格と置かれている状況と性質の応じて
一番合った姿をとられるのだよ。

290 :岸本梵太郎:04/02/09 04:55
なんか、このスレのひとも優先順位の第一位は天国であって、主では無い人
が多いから論争になってる気がするぞ世。

291 :名無しさん@3周年:04/02/09 18:22
悟った人が選択するもの

1 主

2 自身の安楽

現状は自身の安楽に走る人が圧倒的多数。

http://www.mumyouan.com/e/eo-i.html
の著者も自身の安楽を求めたんだと思う。

292 :COU:04/02/10 01:03
↑ 上の三つ、ボクには解かりませんなー(^ヮ^)。

293 :サンジェルマン:04/02/10 14:48
クリヤマスタージャパン様(旧 指南の師)
マスタージャパン様、私にクリヤの霊的準備としてのホーン・ソー行法や
オーム行法の様な準備の為の行法だけでも指導して頂けないでしょうか?

294 :サンジェルマン:04/02/10 15:49
マスタージャパン様 応答せよ 応答せよ
デーラ ダンダ ウタオ!!

295 :マスタージャパン:04/02/10 15:54
メアドを教えなさい。


296 :サンジェルマン:04/02/10 16:36
マスタージャパン様
下記宛てお願いします!!
capelion@mail.goo.ne.jp

297 :外人さん:04/02/10 17:12
あ、始めて見た。


298 :サンジェルマン:04/02/10 18:11
本物のマスタージャパン様
出現なされよ!!

299 :外人さん:04/02/10 18:20
偽物か。。


300 :サンジェルマン:04/02/10 21:37
マスタージャパン様
私に霊的準備の技法を!!

capelion@mail.goo.ne.jp

301 :名無しさん@3周年:04/02/10 22:30
サンジェルマンさんへ
「名無し」で結構です。こうした場では具体的な教示は不可能であり、またわたしが
これ迄以上のことを申し上げる任にはないものと思います。恐らくこの通信が最後
になろうかと思いますが、今後貴方が如何なるlineageと縁を結ぶにせよ、一般的
であると思われるpreliminaryを三つお話ししましょう。それは貴方の『身体』に
対して観察と理解を深めることです。もしも、貴方様の肉体(sthula-sharira)に
関して体質的・構造的な弱点があるならば、それを可能な限りでよいのでそれをコ
ントロールしうるよう努力をしておくことです。例えばhathayogaのasanaを通し
てご自分の身体と先ず向き合って観て下さい。これを辛抱強く実践して行くだけでも
、思考の仕方、ものの感じ方に幅が出てきます。二番目ですが、『Bhagavadgita』、
『Yogasutra』、『Hathayogapradipika』、『Shivasamhita』、『Gherandasamhita』
等は目を皿のようにしてそこに通底する流れをじっくり読み込んでおくことをお勧め
します。将来、何かヒントになることが織り込まれているかも知れません。しかし、
巷の俗流解釈にはくれぐれも注意して下さい。貴方が幸運にもGuruに邂逅し得たとき
、わたしが何を言いたかったか氷解されるでしょう。三番目は、貴方のこころを観察
し、不断の観察の運動の中で「何が起こっていきつつある」かを観て行くことです。
その先に既に述べたcittashuddhiへの扉が開かれるかも知れません。

こちらで可能な範囲のことは全て申し上げ終わりました。が、これらとて、鵜呑み
にはしないほうが良いでしょう。じっくり検討し、慎重に前に進んで下さい。繰り
返しになりますがくれぐれも「わたしがkriyaを教えてあげよう」というポーズを
取る人々には注意をして下さい。

COUさんは経験豊富な大人のバランス感覚をもって貴方のよき助言者になってくれそ
うです。COUさん、彼をお願いします。縁があればわたし達は何処かでお会いできる
でしょう。また、真に心ある求道者の皆様、お身体に気をつけて、どうぞ仲良く、
和合してご精進ください。ご成功をお祈りします。ごきげんよう。(合掌)




302 :サンジェルマン:04/02/10 23:42
ますたージャパンしゃま〜〜 ・・・・・行ってしまった・・。

ということなのでCOUしゃん、僕の面倒をみてね!(エヘッ)

303 :サンジェルマン:04/02/10 23:52
よーし!!マスタージャパン様の示唆された準備を頑張りながら正統な
lineageに出会うぞ!!
旅立ちだ!!

304 :COU:04/02/11 00:32
マスター・ジャパンさん、どうもごくろうさまでした。
あなたの深い霊的認識力、敬服いたしました。
いつか、どこかでお目にかかりたいものです。

わたしが、サンジェルマンさんのお役に立つかどうか、、、
ちょっと分りませんが、、、。

わたしもこのBBSはもう卒業しようと思っていました。
そこで、サンジェルマンさん、ウーン、どうしようかなあー、、、、
こちらの情報を、、、ま、いいか、、、(^_^)。
えー、そうですねー、個人的に、わたしにメール書きたいんだったら、ヒント教えましょう。


わたしのHPにたどり着く方法。
1、サンスクリット語で「月」の名前を「ひらがな」で検索してみること。
これが「わたしのニックネーム」になっています。
2、もうひとつのヒントは、Astrologyです。
3、田舎に住んでいます。

では、また。


305 :外人さん:04/02/11 15:52
COUさん、私もCOUさんのHPを拝見させて頂けました。凄く興味深く、勉強になりました。
どうもありがとうございます。


306 :名無しさん@3周年:04/02/12 00:44
サンスクリット語で月は何て言うのか誰か教えて下さい。

307 :通りすがり:04/02/12 05:50
ちゃんどら。。
それぐらいググろうよ。
私はクリヤには関心あるんですが、未だに一歩を踏み出していないものです。
瞑想は伝導瞑想というのを2年ほどやってきますた。

308 :サンジェルマン:04/02/14 16:04
ゴーヴァンダンの語った言葉

1946年、インドの偉大なヨギの一人、パラマハンサ・ヨガナンダは「あるヨギ
の自叙伝」の中で、キリストのような聖者、不死身の聖者、マハアバター・ババジ
の存在を明らかにした。ヨガナンダは、数世紀にわたりババジがヒマラヤに暮らし、遠くから霊的教師たちを導いていることを述べている。
彼は、偉大なシッダであり、人間の限定された枠組みを克服し、全人類の霊的進化
のために背後で働いている。クリヤ・ヨガとして知られる、一連の強力なヨガの技
法を1861年頃ラヒリ・マハサヤに伝授したのはババジだと、ヨガナンダは述べ
ている。ラヒリ・マハサヤはその後、多くの人々にイニシエーションを行った。ヨ
ガナンダの、キリストのごときグル、スリ・ユクテスワも約30年後にラヒリ・マ
ハサヤからイニシエーションを受けている。ヨガナンダが彼のグルの下で10年の
修業を終えた時、ババジが彼の前に現れ、クリヤの科学を西洋へ伝えるように指示
を与えた。ヨガナンダは1920年から1952年マハサマディに入るまで、この
聖なる使命を遂行した。

クリヤに関心のある皆様に意見を募ります。
私はやはりスリ・ユクテスワもヨガナンダもクリヤの正統継承の流れを汲んでいると
思うのですがどうでしょう?

309 :サンジェルマン:04/02/14 16:15
落ち着いて考察すると、クリヤヨガの秘教的部分をクローズアップするより
ババジという存在のこの地球に留まっている気持ちや思いを知ろうとするに
つけ、
>>ババジが彼の前に現れ、クリヤの科学を西洋へ伝えるように指示を与えた。
というのは真実であると思うし・・・・。というかババジの目的はどのレベル
を見つめているのかということが重要ですよね。
ほんの一握りのクリヤの為に世俗の責任を放棄して道を求める者しかクリヤの
門を開けないと決めているのか、段階を経て無理のない形ででもクリヤの科学
を一般的に普及するのをよしと、されているのか・・・・・。
皆さんはどう思います?

310 :名無しさん@6周年:04/02/14 21:38
>>309
決めてないんじゃない?何も。
偉大な聖者ならカルマをなんとかしようとは思わないはずだし。
ある一定の意識レベルに達した人にしか
コンタクトしないんじゃないかな。
一般社会から見ればこの手の教えは破壊的なカルトの側面も否めないと思う。
カルマを動かすテクニックなわけだからね。w
よく知らない人から見れば気がつかなくても、
こうした霊的な道のことを少しでも知ってる人はそう思うだろう。

ババジはそういった現実社会のことをよく認知していて、
だから、社会の流れ(カルマの動き)について干渉しようとはしないと思う。
ダライラマがかつてこんな質問をされたそうだ。

『今、世界各地で戦争が起こっていますけど、それについて
解決策はないのでしょうか?』

ラマ『これについては、双方がやるところまでやって、
どちらかが疲れてリタイヤするまで続けるしか無いと思います。』

つまり、平和主義者であるラマも、世界で起こっている
戦争(カルマの動き)についてはそれはカルマであるからやるしかない。
こういう考え。
結果的にはババジを見付けられる人にしかコンタクトしないだろうね。

311 :名無しさん@3周年:04/02/14 23:35
そうかな??
逆にクリヤの継承者にしか本当のババジは見えないんじゃないかな?
だから本当のババジはヨガナンダの書いたババジのイメージとは全く違う存在だったりして・・・
ヨガナンダが書かせたババジの肖像を掲げてる先生ははすべてちゃんとクリヤを習ってない人なんじゃないかな?
疑いすぎかな?
『あるヨギの自叙伝』に出てくるラヒリ・マハサヤの高弟のスワミ・プラナバナンダの副体の話なんて、
本当なら道教なんかの陽神を生ずるような練成法を使ったと思われるしね。
ヨガナンダがカリフラワーを盗まれた話なんて、泥棒は明らかに自発動功のような一種の催眠状態みたいだし、
呪術的な感じがするしね。これも道教なんかで陽神を使った魔法のような感じがするよね。
例の著書の書き方はさ、西洋人に受け入れやすいように、カトリックの修道僧みたいな宗教観にまとめてるよね。
それに『霊的進化』ってフランスのシェルダン神父の異端っぽい理論だろ?!ヒンドゥーにそんな概念無いと思うしね。
あの本で描いているババジのイメージは8割方間違ってると思ったほうがいいんじゃないかな。


312 :名無しさん@6周年:04/02/15 00:07
漏れは本については全く知らない。悪しからず。

>ヨガナンダが書かせたババジの肖像を掲げてる先生は
>はすべてちゃんとクリヤを習ってない人なんじゃないかな?
ではあなたが正当なクリアを習ってるというのなら話はわかる。
もし、そうでないなら漏れと同じステージに立ってると言うわけなので
話も、うーん、そうなの?って感じ。

>あの本で描いているババジのイメージは8割方間違ってると
>思ったほうがいいんじゃないかな。
漏れは本を知らないのでw何とも言えない。
ただ、このスレを通して常に1つの疑惑と言うか疑問が浮かんだんだが、
正当なクリアとはどのようなものだと考えているんだろうかということ。
正当であるから何だと言うんだろうか?
何か特典でもあると言うんだろうか?
それを習ったから悟りを得て、次なるステージに順調に
誰でもw行けるすばらすぃものですよ。w
なんてことなんだろうか(爆)
だとしたら笑っちゃうね。
幻想ぶっこいてるって思う。
悟りについて知らなさすぎだ。
ババジも悲しんでるよ。
漏れたちは漏れ達の人生を生きている。
それが全てだろ?

313 :サンジェルマン:04/02/15 00:28
>>310 >>311 >>312
貴重な見解をありがとうございます。

314 :名無しさん@3周年:04/02/15 15:14
クリヤ行法については謎が多い。
クリヤが悟りのためにあるなんてどうしてそう思うんだろう?
クリヤは人間の霊性を進化させるものだという風にあの著書には書かれている。
しかし、これは明らかに西洋人向けのメッセージなんだよな。
つまり霊肉二元論的な見解を持つ人向けの言い方。
東洋人ならこれをどう解釈するかが問題だね。
クリヤをやった結果、悟りは開けるということはあるかもしれない。
でも、おそらく霊性が肉体的物質性を超越するということに目的があるような気がするよな。
つまり、個人的なモークシャ、物質世界からの解脱っていうことだな。
生きたまんまこれをやり遂げようとするのなら、普通の宗教感覚だと結構やばいぜ。


315 :サンジェルマン:04/02/15 17:08
>>314
>>つまり、個人的なモークシャ、物質世界からの解脱っていうことだな。
なるほどですね。

316 :名無しさん@6周年:04/02/16 00:21
>クリヤ行法については謎が多い
だよな。
だって自分がそれを習っていないんだからね。w


>クリヤが悟りのためにあるなんてどうしてそう思うんだろう?
でないとすれば、何のためだろう?
金がたくさん入ったり、
運が良くなったり、w
なんてことなのだろうか。
それとも静寂を得るためのもの?だとしたら悟りが目的だろう。


>おそらく霊性が肉体的物質性を超越するということに目的があるような気がするよな。
それは悟りの後に起こることだと思うんだが如何?。

>生きたまんまこれをやり遂げようとするのなら、普通の宗教感覚だと結構やばいぜ。
てゆうか、こうした霊的なものは常識的に見て
それが全うなものである限り、すべからくやばいんだよw
それをすることによって、自分が隠していた問題がどんどん出てくるわけだ。
時には自分の命を削るような目に会う。
バガボンドという漫画にも書いてあったけど、
そうした命のやりとりの中で心は充実を見る。
それは霊的成長の道では避けて通れない。

317 :西風:04/02/16 20:42
サンジェルマンさんのクリヤヨガの一般化の是非についてですが、私にはわかりかねます。
ただ、感じていることはそれぞれが「探求」に努めることが大事ではないかということです。この掲示板もその役割があるのかも・・・。ただ私がいう「探求」は頭の中だけの議論ではなく、いろんな方法を使って自らを高めることを含みます。(こちらの方が重要!)

318 :名無しさん@3周年:04/02/16 21:47
スリ・ユクテスワほどの人でも皆伝を受けることが出来なかったんですね。
なら普通の素質の人ならなお更皆伝は無理。
正統でも傍系でも素晴らしい人から吸収できるだけ吸収出来れば
それで十分自分にとっての利益になる。
CRFでいいから日本語の通信講座作ってくれー。

319 :名無しさん@3周年:04/02/16 21:49
SRFだったか。訂正。

320 :名無しさん@3周年:04/02/16 23:40
>なら普通の素質の人ならなお更皆伝は無理。
>正統でも傍系でも素晴らしい人から吸収できるだけ吸収出来れば
禿同318は核心ついたとおもふ。

321 :名無しさん@3周年:04/02/17 00:53
初めは傍系の師についてあとで正統の師がみつかったらそっちに乗り換える
のは駄目なの?ヨガナンダもユクテスワに会う前に基本的なクリヤの行法を
実践していたと書いてあったと思うが。
クリヤの行法で伝授されることがイコール終生の師の選択になるわけじゃ無いんでしょ?
正統の師にめぐり合ったとき、それ以前のクリヤの取得単位は認められないのか。
ヨガナンダとユクテスワの出会いをみても、前世からの縁が大切らしい。
正統の師と前世からの結びつきが強くないと弟子になれないんじゃないかな。

322 :外人さん:04/02/17 13:39
求めよ、さらば与えられん。。
もう僕に出来る事と言えば、その言葉を信じて神に祈るのみです。
「人間の永遠の探求」はみなさん読まれましたか?


323 :名無しさん@6周年:04/02/17 22:12
なんつーかな、人から言われたことを真実だと信じるの?
それは、まあ、やってみればわかると思うけど、
幻想であることが多い。
あるいは、それを言った人が別の意図をもっていたとか。
とにかく、人間は誤解の多い生き物だ。

でも人間は自分が正しいんだと思いたいんですよ。w
面白いことに。
全然正しくないのに。w
正しいことをしようとしても間違えます。
それはこの世がカルマで満ちていて、自分もカルマを持ってるから。
で、覚者の連中はそれをなんとかしようとはしないんです。
すべてを人間のやらせたいようにしようとする。
そして人間はそれをする。
それでいいじゃない?何も間違ったことは無い。w

324 :名無しさん@3周年:04/02/17 22:16
>>321 大学じゃないからな。
   それに大抵インド人は他の師匠に尻拭いなんてしないからな。
   最初からやり直しより大変かもな。
   まあ、金も仕事も彼女も人生も命も魂も
   何でもかんでもすべて掛けて頑張れい!!

325 :名無しさん@3周年:04/02/17 23:31
皆ところでインド人じゃないんでしょ??
現代西欧人向きにはコレって奴で別にいいじゃん。
傍流だろうと。ま、日本人はインド人と西欧人の間ぐらいってのはあるかもしれないが。

ところでこのスレこんなに人いたっけ?w

326 :名無しさん@6周年:04/02/18 01:17
で、覚者の連中は、動いてくれる人間を好むわけです。

ですが、例えば、漏れみたいに、この世が苦しみであるとわかっていて、
それを認識しながら動こうとしない人間を嫌います。w
彼らはカルマを動かしていない。
それをわかっていながら痛みを感じようとしない。
それは、漏れが頭で世界を認識してるから。
胸に意識がいないから、そう言うことが起こる。
でも漏れは頭から離れたくない。
だって不幸にはなりたくないしね。(爆)
そうじゃない?

327 :名無しさん@3周年:04/02/20 17:37
 インド人のグルが考えていることは人種のことじゃないと思うな。
 自分の考えていることが解るかどうかだろう?!
西洋人はどうしてもキリスト教的な神学論から抜け出せないからな。
日本人はそういうところが無いから、後は言語の問題をクリアーすれば
向こうはケッコウ喜んで受け入れてくれるかもよ。
 でも不幸な人生を歩んでいるヤシが不幸になることを畏れるなんて
なんか滑稽!!

328 :サンジェルマン:04/02/20 18:53
そうそう。スレ読んで思ってたことが甦ってきたんですが・・・・・。
誰か教えて欲しいんですよ!>>321 >>324 さんのやりとりに関係あるんですが・・・。

仮に私がインドにおいて、正統だと感じる又は信じられるクリヤのグルを見つけたと
します。そしてインドまで渡航して門を叩いたとします。
そこで今までゴーヴィンダン氏のセミナー式のクリヤヨガを中級まで、もしくは上級
まで受けましたと正直に報告したら、どんな結果になるんでしょうか?

私が思うに正式伝統に則り師弟関係を結んだクリヤのアシュラムを抜け出して別のクリヤ
マスターに赴くのはインドにおいては掟破りなんですよ。
だからその段階で入門拒絶だと思うんですが・・・・・。

ゴーヴィンダン氏のは単なるセミナー方式だから・・・・。
誰かアドバイスしてもらえませんかね。
もう指南の師は来ないだろうな・・・・・。


329 :名無しさん@3周年:04/02/20 19:41
>>328
どんな結果になるかはわからんが、これだけは言える!
そのグルが本物、しかもクリヤの正統ならなおさら、
自分を訪ねてきた人間の全てが手に取るようにわかるはず。
覚者に嘘はつけない。
報告する前に、「君、もう他の人の弟子だろ。」と指摘される。
案外自分に弟子入りしようとしている人間が掟破りなのを遠隔で知り、
超能力で辿り着けないように誘導したり、留守にしちゃったりして。
単なる推理っすよ。
そういや自叙伝の中だったか書いてありましたよね。
あるグルに弟子入りしようとした人間に、
「君の師は私じゃないよ。」とか答えるくだりが。
師は選べない可能性大。決まっている。
ちょっと否定的なこと書いちゃったな、ごめん。

330 :サンジェルマン:04/02/20 21:55
>>自分を訪ねてきた人間の全てが手に取るようにわかるはず。
確かにこういうグルじゃないと本物じゃないよね。
あとは、その出会った時に自分を明渡す準備がどれだけ整っているのかをスグ
見ぬく気がしますね!

331 :名無しさん@3周年:04/02/21 11:10
>328 そんなことはないだろう。インド人だって色々師匠を探して尋ね歩いていると思うぞ。
>329 よく空海の師匠との関係とかそういう感じで書かれてるけど、道元の場合なんか対象的だよな。
  そいういうのは幻想だと思うけどな。
  それに尋ねた相手の人間性が悪ければゴービンダ氏のように非常に苦労させられて何の見返りもなく、ただ破門されるようなことにもなるだろう。
 大抵、インド人の師匠についた日本人は、その辺りの意識の差を埋めようとしないし師匠に愛想を付かせて分かれていくというのが普通だわな。
 そういう気持ちの通じ合わない人物を師匠にすることにも無理があるだろう。
 正統かどうかはともかくとして、インド的な師弟関係というのをもっと良く実際的に理解しておく必要があると思うぞ。
 まあ、生涯の師に出会うのもなかなか大変ことだな。

332 :サンジェルマン:04/02/21 12:07
>>331
そうなんです。そういう実情が知りたかったんですよ。
>>尋ねた相手の人間性が悪ければゴービンダ氏のように非常に苦労させられて何の見返りもなく、ただ破門
Ψヨーギ・ラマイアは、あんまし人間性良くないんですか?

>>大抵、インド人の師匠についた日本人は、その辺りの意識の差を埋めようとしないし師匠に愛想を付かせて分かれていくというのが普通だわな。
Ψそういう意味ではゴーヴィンダンのセミナー方式も、先進国大衆への普及という意味では
 一理ある様な・・・・・・・。


333 :名無しさん@3周年:04/02/22 22:30
 昔から経済学では「悪貨は良貨を駆逐する」といったように、
宗教の世界でも大衆性を正義として本来の宗教性手というのが喪失されていっ
て省みられなかったということはあるのじゃないの。
 大衆化できないものをしようとすれば・・・プロメテウス・コンプレックス
っていうのでしょうかね。

334 :名無しさん@3周年:04/02/23 10:37
>>310
>ババジはそういった現実社会のことをよく認知していて、
>だから、社会の流れ(カルマの動き)について干渉しようとはしないと思う。
>ダライラマがかつてこんな質問をされたそうだ。
>『今、世界各地で戦争が起こっていますけど、それについて
>解決策はないのでしょうか?』
>ラマ『これについては、双方がやるところまでやって、
>どちらかが疲れてリタイヤするまで続けるしか無いと思います。』
>つまり、平和主義者であるラマも、世界で起こっている
>戦争(カルマの動き)についてはそれはカルマであるからやるしかない。
>こういう考え。

この部分大いに賛同。最近は自分から何かに取っかかかるというのを止めたんです。
一時期、精神世界ミーハ―でしたけど、結局表面的なこと(本を読む)しかできな
くて肝心の瞑想の実践とかできないんですね。惰性と言っちゃあそれまでですが…。
要はタイミングというのがあると思うんです。善いグルに出会うタイミングとか…。
やる気だとか。環境だとか。知性だとか。民族性とか。

現代日本人として生まれてその教育や社会的影響を受けて育った精神なんて、
とても大きいと思うんですよ。今や自殺率が世界一の日本ですもんね。
オウム事件だって少年犯罪だってそりゃ起きますよ。
何だかその日本人という時点で「魂への希求組」の負け組のような気もするし…。
戦争が起きていないだけマシと言えばマシだし。
北朝鮮で生まれるよりかはマシなのかもしれない。
はっきり言ってしまえば、もう全てのことはカルマだから仕方ないんじゃないか?
時期が来れば、インドの山奥にでも生まれ変わってその時に真剣に取り組みたら…
とか考えています。
現代日本人としての条件付けとか、その他トラウマ的な経験一切の蓄積、時間等
それが邪魔です。一生取れないだろう=悟れないだろうと観念しています。
ただその自分の雑多な精神を観察し、自分なりに少しでも悟りへ近づきたいです。
希望も絶望も、日常のあらゆる問題も全てカルマによって起きるんだろう。きっと…

335 :名無しさん@6周年:04/02/24 21:54
海外逝って、日本帰ってくるとよく思う。
ああ、日本って何て幸せな国なんだろう。
こんな国に生まれて来て漏れはラッキーだ。
例えばタイなんかでは物価は日本の5分の1だ。
ラーメン一杯が60円だたりする。
駅に逝くと野良犬が寝そべって、
浮浪者が寝そべっている。
なんか日本と違う。不潔だし。
多分、一杯一杯の生活してる人にとって、
真理とは何かなんて追求する余裕は無いんだろう。
アジアの中でも日本は特殊な国だ。
経済大国で、平均的に金を持ってる国。
それでいて、何が不満なんだろうか。
それに感謝することはあっても、不平は言えないと思う。

336 :名無しさん@3周年:04/03/02 03:17
ラーメン1っパイ800円のボッタクリ社会。


337 :名無しさん@3周年:04/03/03 04:09
>336に禿げ同だなw

338 :はに丸:04/03/05 16:58
雨宮ダイジは 麻原にアドバイスの電話をしたことがある。
ダイジは なぜ死んだのか?本当に自殺だったのか?
ヨガナンダは なんであんなに太っていたんだ?

339 :サンジェルマン:04/03/05 21:49
う〜ん確かにヨガナンダは太ってましたね。
スリ・ユクテスワもすごい太鼓腹でしたしね・・・・。

ババジとマタジは絵で見る限り理想的体型ですね。(あくまで絵ですが・・・・)

340 :はに丸:04/03/08 00:01
ババジの写真乗ってる本あるよね。森北出版の、、、
若いインド人
あれって本物?

341 :名無しさん@6周年:04/03/08 22:38
全ては自分の胸の中に答えがあります。
あなたにとってクリアが有益かどうかはあなたが決めることです。
世の中にはあらゆる人がいます。
ベーダを研究していた人。
人々に役立つ情報を提供しようとした人。
お金を稼ごうとした人。。

いろんな人がいるわけです。w
全てはカルマによって動かされます。
そこから抜け出すことが悟りなわけですが、そこに注意を向けれる人はほとんど居ません。
それに巻き込まれます。
それを演じるのも1つの人生でしょう。

カルマ。。とても強力です。
それはこの世界の大魔王というべき存在です。
でも我々はそれに気が付くことはありません。w
それを演じます。気が付かないままに。


342 :サンジェルマン:04/03/09 00:41
はに丸さん
そのババジはヘラカーンババジっていうけど、ヨガナンダの本に登場するババジとは
別のババジと表現した方がいいと思います。
多分マハアヴァウターババジは、ヘラカーンババジの様な形では顕現しないと思います。

343 :名無しさん@3周年:04/04/11 14:53
きゅうにさびれましたね

344 :名無しさん@3周年:04/04/12 23:27
昔ヨガやってました。このスレは凄いですね。
懐かしさとマニアック?過ぎて少し恐いとゆう気分です。



345 :名無しさん@3周年:04/04/13 02:01
>>344 今はなぜやめているのですか。

346 :名無しさん@3周年:04/04/13 10:40
失望したとゆうか疲れちゃいました。
自分の実力以上の理想を追い求めちゃったんだと思う。
未練は無くはないけどかなり恐怖心が有ります。

347 :名無しさん@3周年:04/04/13 20:42
また質問ですみませんが、
恐怖心というのは、瞑想で何か怖い体験をしたり、精神不安定になったりしましたか?
それとも、もう面倒な行をするのが疲れるから、関わるのに恐怖心がありますか。

348 :名無しさん@3周年:04/04/13 21:39
自分はプラナヤーマまでしかやってません。それは瞑想に入るのでしょうか?
とにかくそれ程たいそうなレベルに達してなかったと思います。
まあ馬鹿の一念で闇雲にアサナやりましたね。〔瞑想もどきも)
心身共疲れ果てました。凄くイライラしてたし精神的に不安定でした。
又、指導者は理想は高いけど人間的に?な人が多かったです。高圧的でしたね。
狂信的とゆうかそうゆう人間に対する恐怖心はいまだにあります。
こんな事書いてあなたの修行の邪魔にならなければいいんですが。
全てのヨガ道場がこうではないと思います。
ヨガ脱落者のグチだと思って聞き流してください。
このスレ見る位だから少しは未練は有るんでしょうね。


349 :349:04/04/13 21:48
>>339

マタジと尊称されるお方です。
 ↓
http://x51.org/x/03/11/2452.php

350 :太郎:04/04/14 00:20
昔 ヒマラヤ神術という団体で ババジがしゅ行のため日本に来ることになった ということをきいたことがあった

351 :太郎:04/04/14 00:24
そこで 合田という男が宗教を作り それが自然の生命という団体らしい 麻原より詐欺師らしい

352 :サンジェルマン:04/04/22 13:32
ババジの師匠はアガスティア。
アガスティアはミトラ神から生まれたと言う。

ミトラ神ってどんな感じ?誰か詳しい人、教えてください。

353 :名無しさん@3周年:04/04/22 15:14
ミトラ=マイトレーヤ


354 :サンジェルマン↑:04/04/22 17:24
マイトレーヤって弥勒菩薩のことですか?

355 :あげます:04/04/22 19:37
あげました

356 :西風:04/04/22 20:02
ミトラ神ってたしかライオンの顔を持つ太陽神で、グノーシス主義に関係があったようななかったような定かじゃないけど・・・。

357 :名無しさん@3周年:04/04/23 13:00
マイトレーヤは仏教が元じゃなくて
それ以前に起源があり、それがミトラ神の信仰とつながりが
あるという考え方がある。マイトレーヤで健作してみそ

358 :名無しさん@3周年:04/04/28 23:44
ラマナ・マハリシ関連の良いサイト見つけました。

鈴木さんという方が運営しているようです。

http://www.geocities.jp/ramana_mahaananda/homepage02.htm

では、URLへどうぞ。、、、究極の問い、、、「私は誰か?」

359 :ティクレ:04/04/30 02:01
ふーん

360 :岸本梵太郎:04/05/13 12:02
実は、私は野球の名門校の宇部商業の近くに棲息しておる者ですじゃ。皆様に
お願いしたい事がございましてな、さるおかたを紹介していただきたいのですじゃ。
私はアンタルマウナ(黙然法)という瞑想法を日本語でのみ実践いたして
おりまするがな、本場の言語で一語一句まで詳しく御教授下さるかたとお知り合いに
なりたいのですじゃ。サンスクリット・ベンガル・ヒンディ−・タミ−ルなどの
ア−リア語族が望ましいですがな、次善の策として、アメリカ−ナ・イングリ・
ゲルマン・フランクの様なヨ−ロッパ半島系や、国際言語であればエスパ−ニャ
の様なアフリカ語族でもいいと思うておりますのじゃ。誰か情報をお持ちの
方は書き込んで下され。

361 :名無しさん@3周年:04/05/14 20:22
ババジが実在したという根拠ってどの程度あるんですかね?

362 :名無しさん@3周年:04/05/18 19:14 ID:v84JRLFt
地球と云う星は9段階の内まだ第1段階のレベルです。
それ故、悲しみの惑星と呼ばれています。

363 :名無しさん@3周年:04/05/18 23:10 ID:qS/62JzC

王力平

http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=521&type=507&space=45
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=894&type=0&space=0
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=919&type=894&space=75
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=1141&type=1133&space=30
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=1177&type=1133&space=75
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=1202&type=1191&space=60

364 :名無しさん@3周年:04/05/18 23:11 ID:qS/62JzC

驚異の超気功師・王力平
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=9815

365 :参考までに:04/05/19 19:02 ID:Q4qTDp1+
 世の中のほとんどの人は顕在意識と潜在意識の間に「壁」を作って、
(この壁を「自我」と言う)潜在意識のエゴを隠しながらうまく
生活していますよね。
 瞑想とはまさに意識を潜在意識にまで広げていくこと
(つまり、「壁」を取り払っていくこと)ですから、
潜在意識のエゴを取り除いていない人がいきなり瞑想をすると、
気が狂ったりするのは当然です。
 瞑想をやる前に、普段からカルマヨガなどをして潜在意識のエゴを
取り除くようにして欲しいものです。


366 :参考までに2:04/05/19 19:10 ID:Q4qTDp1+
例えば、同じボランティアなどをする人でも、
本当に無私の気持ちから他人のためにする場合と、
他人に良く見られたいというエゴからする場合が
あると思います(単純に言うとですが)。
 両者は表面上は同じに見えるかもしれませんが、
潜在意識のエゴと言う観点では全く違います。

367 :参考までに3:04/05/19 19:16 ID:Q4qTDp1+
世の中で起こっていることは、それぞれの想念の総和によって
もたらされるものです。ですから、人々の潜在意識の中のエゴが
少しでもなくなっていかないと、世界から戦争などはなくなりません。

368 :参考までに4:04/05/19 19:27 ID:Q4qTDp1+
 瞑想はうそをつかないということでしょうか。
 瞑想を指導する団体を糾弾する前に、なぜ彼らは瞑想をすることによって
精神に異常を来たしたのかを考えることが必要というか、
そうでなければ、瞑想の目的を最初から勘違いしていると思うのです。

 以上、あくまで参考として。

369 :名無しさん@3周年:04/05/21 23:35 ID:YwnJxiko
瞑想をする目的は何か? と云う事ですね。

370 :サンジェルマン:04/05/28 15:14 ID:VaTYIzU3
>>361
ババジは西暦203年11月30日生まれ。
インドの現在はパランギペッタイと呼ばれる小さな村でワダラ・ゴートラと呼ばれる
血族集団の家系に生まれました。
占星学(ジョーティシュ)的にはクリシュナと同じ星の元に生まれています。

371 :名無しさん@3周年:04/06/02 00:41 ID:JjipWjOq
ヨガナンダの「あるヨギの自叙伝」を半分くらいまで読んだけど
ずっとこの調子で超能力ネタで終わるのか?

372 :名無しさん@3周年:04/06/02 14:29 ID:odoVuIpx
前世がヨーガインストラクターだったのか?
http://www.gazo-box.com/warah/src/1086131821907.jpg
それとも偉大なヨギの来世か

373 :名無しさん@3周年:04/06/02 15:54 ID:JjipWjOq
>>372
全てを悟った顔をしてらっしゃる。
ちなみにメスだな

374 :サンジェルマン:04/06/02 20:58 ID:rKII8RCp
>>371
どうですか?半分まで読んだ感想は?
よければお聞かせ下さい。

375 :371:04/06/02 22:16 ID:JjipWjOq
>>374
読む人の立場というか姿勢というか
そんなものでこの本の感想は違ってくると思うのだけど
自分の場合は、率直な感想を言えば「装丁が立派で値段が高いだけで、内容はつまらない」と思います。
自分にとっては何も得るモノのない本。

と言いますか自分の最近の関心事は
この世界(地球)が魂の進化のために存在していて
人間は進化するために肉体を持って生まれてきたと仮定して(自分はそう信じている)

日本に生まれ、今の時代を生きている我々はまだマシだけど、
世界にはあまりにも悲惨な人生を送っている人達が多く居る。
神がもし全知全能なら何故手を差し伸べないのだろうかと。

人間が体験の中から学び進化するために手を出さないのなら
そんな悲惨な人生を生きてまで手に入れなきゃならないものがあるのだろうか?
それとも神は人間の苦悩を些細なことだと考えているのか?
それとも人間の苦悩を理解できない程バカなのか?

なんでこんなワケの解らない肉体の中に入って
ワケの解らない人生を生きて
それは全て進化と言う名のワケの解らない神の価値観に縛られて人間は存在しなきゃならないのか?

そういった問いに答えてくれる本じゃなかったので(半分まで読んだ限りでは)勝手にガッカリしてるわけです。
でも声を大にして言いたい「駄作???」と。

・・・本の感想になってないね

376 :名無しさん@3周年:04/06/03 12:40 ID:barVGHeb
>>372が全てを著わしている。

377 :サンジェルマン:04/06/03 20:55 ID:lHM8ZV+2
>>読む人の立場というか姿勢というか
>>そんなものでこの本の感想は違ってくると思うのだけど
>>自分の場合は、率直な感想を言えば「装丁が立派で値段が高いだけで、内容はつまらない」と思います。
>>自分にとっては何も得るモノのない本。

クリヤヨガの実修者が読むと、中々感慨深いものがありますけどね・・・。
値段は高いわね。まあ、そんなに売れる本でもないから余計高くなる(笑


378 :名無しさん@3周年:04/06/04 03:16 ID:loH3fhI2
>>377
日本でクリヤヨガの教室とかってあるんですか?

379 :名無しさん@3周年:04/06/04 09:13 ID:5m7lOMLV
SRF現会長のダヤマタの本を読んだ人いますか?
自分はあるヨギの自叙伝よりもこちらのほうが深く感動できます。

380 :名無しさん@3周年:04/06/04 10:31 ID:46Kro33t
ここで紹介されているクリヤは誰の系列なんですかね
ttp://homepage.mac.com/maharsin/index.html

381 :サンジェルマン:04/06/04 15:45 ID:KEM35wTw
>>378
私が知る限りは、存知あげません。
「ババジと18人のシッダ」の著者であるマーシャル・ゴーヴェンダンさんのクリヤ
ヨガであれば、定期的に海外から教師が来日してクリヤヨガの初級・中級・上級が
セミナー方式、合宿形式で開催されます。

382 :名無しさん@3周年:04/06/04 21:02 ID:fWDUdhtE
ババジに会ってから、SRFの存在を知り、そこでババジの写真を見て
驚いたという人がいたけど、ここを読む限りその人が会ったのはババジでは
ないということか。ババジに会ったことがあるという人を数人知っているけど
話を聞いただけでは、それが本物なのかどうか判断できない。

383 :名無しさん@3周年:04/06/05 16:34 ID:cL99QZKx
アナンダモイマー(1896-1982)もクリヤヨガについて言及していますね。

384 :名無しさん@3周年:04/06/07 02:14 ID:LeJ12h0t
>>382
インドには「ババジ」はたくさんいるんですよ。
例えば、ヨガナンダが紹介しているババジと「ババジ伝」(森北出版)
という本のババジは恐らく別人と思われます(少なくとも外見は別人)。

>>375
  >神がもし全知全能なら何故手を差し伸べないのだろうかと。
 
ヨーガの目的は何ですか?自分自身が神であることを思い出す作業
なんじゃないですか?
神が手を差し伸べるとかそういうことじゃないんですよ。自分自身が
神なんですよ。

385 :名無しさん@3周年:04/06/07 02:36 ID:eonnV/LR
>ヨーガの目的は何ですか?自分自身が神であることを思い出す作業
なんじゃないですか?

>>375全体の文章の流れを読むとその答えは見当はずれかも。
アナタ流に別の言い方をするなら何故悲惨な思いをしてまで自分が神であることを忘れ、そして再び神を思い出す。そういった作業が必要なのだろうか。その問いかけの答えになるものを求めているんだと思われます。

386 :名無しさん@3周年:04/06/07 07:57 ID:D6dJxSjF
あるヨギの自叙伝の肖像画にそっくりなババジですよ。
忽然と現れてメッセージを伝えて消えたそうです。

387 :名無しさん@3周年:04/06/07 20:01 ID:LeJ12h0t
>>386
誰の前に現れて、どのようなメッセージを残していったんですか。
私もそのような経験をしたいです。

388 :サンジェルマン:04/06/07 23:18 ID:+vL7WjjG
結構ババジに会ったことがある人はいますよ!!
マハアヴァウターババジ(ヨガナンダの本にでてくる)です。

389 :サンジェルマン:04/06/08 15:17 ID:s3MtmCGO
ババジは地球が存続する限り何世紀にも渡って、影から人類を援助される控えめな
マスターです。
彼は表舞台に立つことはないと言います。

SRFは殆ど宗教化してしまい、本来のババジの教えを保持していません。
そんな現状の中、ピンポイントでババジが必要な人々の前に出現するのは充分あり得る
ことだと思います。

390 :名無しさん@3周年:04/06/08 21:38 ID:/xzRa1ds
ババジはダヤマタのところにも現れたことがありますし、
現在のSRF会員の中にもババジに会ったことのある人は何人もいます。

391 :名無しさん@3周年:04/06/27 12:47 ID:Qt+DGxzU
皆さんは、カルキ・ヴァカバンについてどうお考えですか?

カルキセンタージャパン
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kalki/

392 :名無しさん@3周年:04/06/27 16:00 ID:zXgbmoqS
>>375
気持ちはわかるけど、神が存在しない蓋然性のほうが高いし
(つまりこの世界は偶然の連続)
一度しかない人生で不平等で些細な罪で永遠の地獄が待ってるような
理不尽で不公平なキリスト教に比べると輪廻があるとするヒンドゥー哲学のほうがまだ救いがある。
事実かどうかは別として。

393 :名無しさん@3周年:04/06/28 15:13 ID:vjaCJWrp
ttp://www.h5.dion.ne.jp/~babaji/activities.html

日本語版クリヤヨーガビデオというのがあるようなのですが、
購入された方いますか?

394 :岸本梵太郎:04/07/06 03:53 ID:beYeDZ+D
ダメ連の皆さんへ

ラヒリ・マハサヤって、シュリ・シュリ・サラダ・デヴィの
メンズリブ版でしょ。バガヴァット・ギータ−を習っている人も多いからさあ、
ラヒリ・マハサヤの教えを実践すればいいんでねえの。

結論が出たから、従ってこのスレ、糸冬了。

395 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:05 ID:s3oISTjE
>>393
BABAJI'S KRIYA HATHA YOGA: 18 POSTURES OF RELAXATION のことかな。
これはハタ・ヨガの18のアーサナの解説です。
クリヤの公開部分ということで普通のハタ・ヨガです。

ダイジの自殺説を否定する人が出てこないので書いておきますが、
彼は結跏趺坐してなくなったと聞いていますよ。

ガス自殺未遂の話は彼の本に書いてありますからそれと混同しているのでしょう。
ちなみに男前過ぎるのでガス自殺未遂のやけどで顔を変えたんだと
生前冗談言っていたようです。

ダイジと交流のあった方が遺稿を出版されています。
www5a.biglobe.ne.jp/~scl/medi.htm

396 :395:04/07/09 00:29 ID:s3oISTjE
ちなみに私もゴヴィンダン氏からクリヤ・ヨーガをセミナー形式で教わったくちです。

当時はオーム問題が頂点に達したころで、誤解を避けるために
家族や友人に嘘をついて参加した人が多かったですね。

ゴヴィンダン氏も言っていることで本にも書いてありますが、
彼の師(Yogi Ramaihでしたっけ)がゴヴィンダン氏の彼女を
私のシャクティーになるべきだといって子供を生ませてますね。
その後彼女はアシュラムから出て行ったようですが
アサハラとダブって見えて釈然としない気分が残りました。

その後インターネットで検索していてアメリカのサンディエゴ在住の
Swami Satyeswarananda Giri がセミナー形式の伝授は無効だと
いっているのを知ってショックを受けました。

そこでも確かGuru Param Paraとかいってましたね。

397 :名無しさん@3周年:04/07/09 11:52 ID:s3oISTjE
ttp://www.sanskritclassics.com/index.htm
これを見てショックを受けたわけですね。
彼が本物かどうか分かりませんが
ラヒリ・マハサヤの遺稿も出版してますし…

クリヤの継承図を見たければ
Guru-param-para
Satyeswaranandaはこの図の3と49です。

ヨガナンダがオリジナルのクリヤにどういう改変を加えたかとかは
Modified Kriya

398 :名無しさん@3周年:04/07/09 22:17 ID:0jzR8z/c
>>395
アーサナの解説だったんですね。ありがとうございます。

私は本を見ながら独習しています。
重ね重ね申し訳ないのですが、参考までにどんなポーズが
紹介されるているのか教えていただけませんか。

399 :395:04/07/09 23:48 ID:s3oISTjE
18のアーサナについては『ババジと18人のシッダ』星雲社に
解説が載っています。名前だけあげとくと

礼拝のポーズ(asana vanakkkam)、太陽礼拝(suryanamaskar)、
肩立ちのポーズ(sarvangasana)、魚のポーズ(meenasana)、
立った鶴のポーズ(nindra kokkuasana)、弓のポーズ(vilasana)、
逆転のポーズ(vibareethakarani asana)、半分の魚のポーズ(pathi meenasana)、
鋤のポーズ(kalapoy asana)、ヘビのポーズ(paambu asana)、
ヨーガ象徴のポーズ(yoga mudrasana)、半車輪のポーズ(pathi chakra asana)、
座った鶴のポーズ(amarntha kokkuasana)、バッタのポーズ(vittel asana)、
仰向けの光と安定のポーズ(vajroli mudrasana)、跪く安定のポーズ(suptavajrasana)、
三角のポーズ(trikonasana)、完全なる平和とくつろぎのポーズ(purna shava shanti asana)

とりわけて変わったアーサナがあるわけではありません。

400 :395:04/07/10 00:10 ID:ACeCsS4o
ムー7月号にちょっとSRFの事が出てますね。
「自己実現同志会」って訳されてますけど。

記事の内容は、ヨガナンダがキリストのインド渡来説について
ある高名な行者に質問したところ、その通りであると返答を得たということです。

またイエスの受難を描いた映画『パッション』に多大な影響を与えたカトリックの幻視者、
アンナ・カテリナ・エンメリックがインド北方の中央アジアにそびえる「預言者の山」を
幻視しているが、それはカイラス山ではないかという興味深いもの。

死後百年もたって彼女の幻視の通りに、イエスの母マリアの晩年の隠居所が
トルコ南部で発掘されたり、カトリックの極めつけの幻視者ですから、
真理は一つということですかねぇ。

401 :395:04/07/10 00:47 ID:ACeCsS4o
真理は一つということで言えば、
ラーマクリシュナとヨガナンダの間にも不思議なつながりがある。

クリヤ・ヨガだけにしか興味ない人は気づかないかもしれないが
『あるヨギの自叙伝』の中に出てくる聖母と語らう聖者・マスター・マハサヤこと
マヘンドラ・グプタは神の化身といわれたラーマクリシュナの高弟で、
ラーマクリシュナの言行録の『不滅の言葉(コタムリト)』の著者のMですね。
(彼は普段自分のことをアルファベット1文字でMとだけ記している)

それから47章の終わりに銀のコップの話が出てくる。
ラーマクリシュナの高弟のヴィヴェーカーナンダとヨガナンダにまつわる
因縁話だけど、いつまでも心に残って忘れられないエピソードです。

402 :名無しさん@3周年:04/07/10 00:53 ID:fA1Zzttt
395さんどうもありがとうございました。
これからも、こつこつヨガっていきたいと思います。

403 :名無しさん@3周年:04/07/23 00:26 ID:ByVAlWmo
>>401

以前読んだ「〜自叙伝」の中の「銀のコップ」のエピソードは、私も特に印象に
残っています。

プールでの出来事に始まる話の発端に、ヴィヴェカーナンダが関わっていたとは、
395さんの指摘に教えてもらうまで気がつきませんでした。

改めて47章を読むと、単なる不思議話で終わらない、しみじみとした味わいの
伝わってくるお話ですね。


404 :『 Angels Unawares  』:04/07/23 00:30 ID:ByVAlWmo


人生の重荷に圧され俯いて
暗い淋しい小路を辿ってゆく
その人生の意味するものは喜びではない、
つらい厳しい苦しみだった。

その人間には束の間の気休めほどの光さえ
頭脳からも心臓からも閃いては来なかった。
そのあげく快楽と苦痛とのあいだ
生と死のあいだ、
悪しきものと善とのあいだに
一線を画するしるしさえ、ほとんど視野から掻き消されてしまった。


405 :『 Angels Unawares  』:04/07/23 00:32 ID:ByVAlWmo

ところがある夜、幸いにも
かすかながら美しい一条の光明がさしてくるのを見た。
それが何であるか、どこからさして来たのか、
皆目わからなかったけれど、それを神と呼んで礼拝した。

まったく思いがけなかった希望
というものがやってきて
彼の全身全霊に満ちわたった。
そして人生は彼にとって
かつて夢みることのできた以上のものを意味し
彼の知っていた一切を覆うた。
いや、彼の世界を越えたところまで覗きこんだのだった。

賢い人々は目くばせして微笑した、
そしてそれを「迷信」と呼んだ。
しかし彼はその力と平和とを
じかに感じていたので、おとなしく言い返した。
「幸いなるかな迷信よ!」

406 :『 Angels Unawares  』:04/07/23 00:36 ID:ByVAlWmo


富と権力という美酒に酔いしれ
それを享受しうる健康に恵まれた男が
おのが狂乱のコースを驀進した。

ついには、この大地は自分のために
作られた快楽の庭園であって
他人は彼に娯楽をもってくるために作られた這いまわる虫けらだと
考えるようになった。

ついには快楽で燃やされた喜びの
千万の灯が、彼の目の前で
不断に変幻する色彩をなして
昼も夜もチラチラ閃めいていたのが、
彼の視力を曇らし始めて、
彼の官能が飽満してきた。


407 :『 Angels Unawares  』:04/07/23 00:44 ID:ByVAlWmo

ついには、利己心が固い腫瘍のように
彼の心臓一面にひろがった。
そして快楽は感じなくなり、
彼にとって苦痛しか意味しなくなった。
前にはあれほど喜ばしく貴重であった官能の耽溺生活が
彼の両腕にかかえられて腐敗した死体と化した。

それを投げ出したい気持ちはいっぱいだが
投げ出そうとすればするほど
それがしがみついてくる。
そして狂った頭脳で、無数の死の形式を乞い求めた。
しかし例の魔力のまえに怯むのみだった。
それから悲哀がやって来た。
富と権力が行ってしまった。
それが苦悶と涙に沈む一切の人類と彼を血縁にしてくれた。

友人たちは嘲笑うのだったが、
彼の唇は感謝にみちた調子でこう語るのだった。
「幸いなるかな困窮よ!」


408 :『 Angels Unawares  』:04/07/23 00:45 ID:ByVAlWmo


健康な肉体には生まれついたが
深い強い情欲に抵抗するとか
猛烈な力に溢れる衝動を投げ捨てるとか
そんな意思には恵まれていない男、

ちょうど善良で親切な人としてとおる人物
彼は他の人々が湧きかえる怒涛に向かって
無駄な悪戦苦闘をしている間は
自分だけ安全だということを認めていた。

ついには彼の精神が病的になって
まるで腐敗した部分を求める蠅のように
悪いものを見ることができるようになった。

それが彼の目を永久にあけさせて
新しい発見をさせた......

409 :『 Angels Unawares  』:04/07/23 00:48 ID:ByVAlWmo

木や石は決して法則を破ることがない、
しかし、いつまでも木や石のままだ、

ただ人間だけが束縛や法則を乗り越え
運命と戦ってこれに打ち克つ力を
恵まれているという発見だった。

彼から消極的な性質が消え失せ、
人生が広い、新しいものとして現れた。
それがより広い、より新しいものになっていった。
しまいには前途に光がパッとさし始めた。


410 :『 Angels Unawares  』:04/07/23 01:02 ID:ByVAlWmo
そして永遠の平和が宿るところのもの.......
ただし苦闘の海をかちわたって
始めてそこに達することができるのだったが......
それの閃きが勇気を鼓舞するように現れて来た。

そのとき、これまで彼を木や石と同類たらしめていた一切のものを
ふりかえって見た、そしてこれまで世界が彼から遮断していたもの、
それが何であるかを見た。
それは彼の堕落だった。彼はその堕落を祝福した。
そこで喜びにハートをふるわせ、
「幸いなるかな罪よ!」と宣言した。

『 Angels Unawares(1898)』  Swami Vivekananda 


411 :『 Peace  』:04/07/23 01:09 ID:ByVAlWmo

看よ、威圧してくる
力でない力

闇のなかにある光、
眩い光の中の陰影

それは口をきいたことのない喜び
そして感ぜられたことのない深い悲哀
生活されたことのない不滅の生
悼まれたことのない永遠の死

それは喜びでもなければ悲しみでもない
しかしその中間にあるもの
それは夜でもなければ朝でもない
だが二つを結び合わせたもの

412 :『 Peace  』:04/07/23 01:10 ID:ByVAlWmo

それは音楽における快い休止
聖なる芸術における間(ま)だ
情熱の発作に挟まれて
それは心の静けさだ

それは目に見えない美しさ
ただひとり立っている愛
それは謳われずに生きている歌
決して知られたことのない知識

それは二つの生命のあいだの死
嵐の合間に現れる凪
創造がそこから起こって、そして
そこへ帰ってゆくところの虚無

涙のしずくがそこへ滴り落ちて
やがて微笑の姿をひろげるところ
それは生の目標であって
平和こそ、その唯一の住家なれ

『 Peace (1898)』 Swami Vivekananda 

413 :名無しさん@3周年:04/07/23 01:42 ID:ByVAlWmo

昨日届いた古い本(「ヴェーダーンタ哲学入門」)にあった詩です。↑


414 :名無しさん@3周年:04/07/25 23:08 ID:460zQWN7
ヨガナンダのヨーガを実習できるところを教えて下さい。

415 :うげくり:04/07/26 20:49 ID:FiPOdKuN
こんにちは、サンジェルマンさん。
COUさんにはコンタクトできましたか?
わたしもあなたのような想いをもって、手がかりを模索しています。
ヨーガの覚醒において、恐怖感や不安感があり、団体宗教には属したくありません。
それゆえ、模索中です。
もしよければ、応答願います。

416 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:18 ID:Rbr2bcht
ヨガ

417 :おたあ ◆wHb3.gs/E2 :04/08/01 02:55 ID:/cZsPb89
良スレですね 通読して懐かしい気分になりました
皆様 それぞれの道を御精進下さい

COUさんに一言
なにも知らない人に山田○男のことを持ち出すのはお止めなさい
彼は典型的なヒッピー系ドラッググルですよ
彼の元では何人も犠牲者が出ています
弟子ではありませんが死者もいます
ご存知でしょうか?

ドラッグはもっともクリアから離れたものだと思いますが

418 :名無しさん@3周年:04/08/02 10:42 ID:4FHxbEw0
みなさん、お久しぶりです。

うげくりさん、おたあさん、はじめまして。

おたあさんが、「山田孝男氏」について書いていることがありましたので、
お答え致します。

山田氏は、むかし個人的に、1974年から1976年ごろ、
一番親しく付き合っていました。先生と言うのではなく、一人の先輩として
兄貴のような存在でしたね。

そう言う雰囲気で付き合っていたし、インドでの生活のことも
色々聞いて知っています。
インド&ネパールでは山田氏も若さに任せて、自由奔放に生活していたようです。

スピリチュアルな分野で彼の行った事柄は、非常に多く、
占星学、ピラミッドパワーなどの応用などの超心理学関係、
ダウジング、神道や修験道をどう現代化するか、シルバ・メソッドの講師、
インド哲学と修行法の研究と評価、プロポリスの普及等、多岐に亘っています。

占星術の教科書に関しては、30年近くも前に書いたものなのに現在でも高い評価を受けていて、今でも学習者から
私の方に問い合わせが来たりします。

以下、続く↓

419 :名無しさん@3周年:04/08/02 10:46 ID:4FHxbEw0
その2


で、そのような多彩な活動の中に、一部の人にとって、サイケデリック・ドラッグの
効果があり、瞑想の世界に入るきっかけとなるのではないかという意識が彼にあり、研究があったのです。
おたあさんは、ドラッグを否定するようです。私も否定的な面が強いですが、
ただ、山田さんが瞑想を勉強していたあの時代は、海外で霊的な探求をしていた人は、多くがドラッグ文化の洗礼を受けています。
それは、元ハーバード大学心理学部教授の、ティモシー・リアリーやラム・ダースが
LSDの実験をしていたことが影響していることもあります。それだけではありません、
作家のオルダスハックスレーやあの時代の前衛的な芸術家の多くがドラッグ文化に染まっています。

かたや、若い方は知らないでしょうが、日本の有名な仏教雑誌に確か(1961年ごろか)
禅の大家である国立大学教授のS博士が「LSD25と禅」という名前で論文を書いています。
そのようなドラッグの効果が瞑想中における脳の状況との相似点があるということを書いた日本で初めての論文です。

ですから、かなり、真面目な学者的な人もそのような分野に興味を持ち、研究したり自分で実験していた人もあるのです。
(ちなみに、1961年当時はLSDは日本でもアメリカでも禁止されていませんでした。)

で、話を戻します。そのような感じで、山田孝男さんは、いわゆる「グルではないのです」、言わば、
精神世界の道を色々な角度から探求し、様々な方法論を見つけて行こうとする
”意識の冒険家”と私は見ています。
性格は、非常に真摯で正直で、清清しい人ですよ。
ただ、牡羊座のせいか(笑)、せっかちで、言葉をよく吟味しないで
話してしまう癖もあったようです。(多少は、誰でもあることだけど、、。)

以下、続く↓

420 :COU:04/08/02 10:55 ID:4FHxbEw0
ちょっとミスでした。名前入れておくのを忘れました。418番と419番の書きこみは、私COUです。

以下、その3です。

私は1987年ごろ、東北に住む「無名の覚者」に出会い、ある時期は、むしろ、その人のほうが、精神的な導師だったですね。

で、なんと言いますかね、山田氏に多くのことを求めるから、失望したりするのではないかなー。

ドラッグのことで事故と死者が出たのは知っています。90年代のことですよね。ただ、その「事件については」詳しいことは知らないです。
確かに、彼がキノコか何か他人に勧めたのは、良いことではないと思います。死者が出ると言うのは、尋常ではないですね。
もし、山田さんがヨガナンダに遭ったならば「頭をゴツンとやられていたかも」知れませんね!

ただ、上に書いたように、山田孝男さんの業績は幅広いものがあり、活動も非常に多岐に亘っています。
その活動のことは、単順に評価できないものがあります。
で、以上のことから、”典型的なヒッピー系ドラッグ・グル”と決め付けるのは早計ではないかと思いますよ。

もはや、山田さんも亡くなり、ある意味では「過去の人」になりつつあります。
彼についての情報は次のURLを見ると良いでしょう。
あとは、どうするかは、各自、ご自由にどうぞ。
http://www.apg-j.gr.jp

それから、私COUは、典型的な「人畜無害型」人間です。
ドラッグを決して人に薦めたりしませんのでご安心ください(笑)。
(ビールは薦めるかも!(^_^)

もう、ドラッグや色々な「器具など」使わずに”どんどん行ける”時代が来つつあるのではないですか?
グルも必要無いのかも、、、。
答えは、多分、各自のハートの中にあるのでしょう。



421 :うげくり:04/08/02 17:26 ID:4kE6gQlF
こんにちは、うげくりです。
COUさん、応答ありがとうございます。

最後の言葉は理解しているつもりですが、どうしても「外」にグルを求めてしまいます。
その原因の一つに、「これだ!!」という瞑想法(悟りに至る)にであっていないからかもしれません。

そのときこのスレをみて、サンジェルマンさんの求める「ババジの正統なクリヤ」をしてみたい、と思ったのです。
サンジェルマンさんは正統なクリヤを歩んでいるのでしょうか。
うまくいって欲しいと思います。

ババジの正統なクリヤはどうしたらあえるのでしょうか?
私が出会っていないということは、まだ準備が出来ていないのでしょうか。

はじめて書き込みをしましたが、返答があるとおもしろいですね。
それでは、失礼します。



422 :サンジェルマン:04/08/11 16:57 ID:CBA8LtfL
オーム クリヤ ババジ ナマ アウム!!
うげくり様
はじめまして。
>>ババジの正統なクリヤはどうしたらあえるのでしょうか?
あなた自身の内側でクリヤに対する思いのエネルギーを培養することだと思います。
興味本位の範囲では無理だと思います。

クリヤはいつどこでも、この世界に普遍的に存在しているとも言えます。
毎日あなたが、一見小さな事柄でも自分の利己的な生き方と闘いながら切磋琢磨されて
いるのなら、その一つ一つがクリヤでありヨーガであります。

クリヤヨガというツールが第一なのではなく、神に帰一するという結論が大事なわけです。



423 :うげくり:04/08/14 20:43 ID:m6K56BM5
こんにちは、COUさん。
ありがとうございます。
わたしはまだ、興味本位でしか考えていないかもしれません。
もうすこし、時間をかけて考えてみようと思います。
その中で、利己的な生き方を観察、改善していこうとおもいます。
またあらわれてくださいね。
それでは。

424 :サンジェルマン:04/08/18 17:11 ID:HMNEAJiJ
独り言
それにしてもクリヤヨガというのは強烈無比な技法であります。
肉体、精神の開発において、これほどバランスのとれた技法は他にないでしょう。


425 :サンジェルマン:04/08/19 09:25 ID:ozqonLLy
強力無比ではあるが、1回あたりの所要時間といい規則的に継続するのは強固な
意志を必要とする。
が、継続すればその効果にはめざましいものがある。

426 :名無しさん@3周年:04/08/21 05:29 ID:ElxBmSgB
クリヤヨガってどこで習えるの?
検索してみたら、マーシャル・ゴーヴィンダンとか東京ヨガセンターとか出てきたけど、ここ?

普通のハタ・ヨーガとどこが違うのよ?
凄い凄い、と言うけど、具体的にどこが凄いのかさっぱり伝わらない


427 :サンジェルマン:04/08/26 23:06 ID:sF+/cM6o
>>426
独り言ですから。

428 :サンジェルマン:04/09/05 00:43 ID:k3bZDzcv
オーム クリヤ ババジ ナマ オウム!!
指南の師よ!師南の師よ!降臨したまえ!!

ケチャリ・ムドラって舌の短い人はどうすればいいんでしょうか?
物理的に不可能だと思うのですが・・・・・・・

429 :名無しさん@3周年:04/09/05 01:49 ID:MfJ+5KZs
kecari-mudraはkriyaを開く鍵です。それ故これを成就すること
は継承者達すべてが強調するところです。
巷の本でこのmudraを扱ったものを見たことがありますが、残念なが
ら我流で舌下のコードを切ったりしても師の直接の指導なしには無意
味、いっそ有害と考えて頂いて結構です。

『どうしたらよいか・・・』kecariに限らずkriyaの詳細につい
ては師の面前での指導によるべきで本、サイト、あなたの師では
ない単なる実習者の聞きかじりにその実態を求めるのは事故の元
なので注意が必要です。

あなたが真剣な方なら、どうかよき時に、よき師にめぐり合えますよう
お祈り申し上げます。

余談ですが、以前某ヨーガ指導者の方から、kecariをこっそり教えて
くれとせがまれたことがあります。勿論、断りました。これまで何度
も強調してきましたが、体系から切断された断片的な『行法』や『テク
ニック』も、また安易にmodifiedされたやり方も、わたしは違和を覚え
てしまうからです。それに何の意味があるのだろう?この人は単に『テ
クニック』のコレクターになりたいのだろうか?『行法」『テクニック』
etc,それ以前に大切なことがあるのです。しかしそれをわたしはうまく
言葉では言えません。他ならぬあなた自身の魂の探求において、その魂
が呼応したとき、それは自然に了解されることでしょう。

そのとき、師は夢や幻想の中ではなく、物理的な姿を持ってあなたの前
に現れるかもしれません。



430 :名無しさん@3周年:04/09/05 02:14 ID:sWt6oJmb


431 :サンジェルマン:04/09/05 22:44 ID:EDUYH0xH
>>429
おおー指南の師よ!!ありがとうございます。
舌の短い人にもkecari-mudraの道の可能性はあるのでしょうか?
ある、ない。
これだけでもお教え下さいませんか?

432 :名無しさん@3周年:04/09/05 23:46 ID:MfJ+5KZs
上記訂正:kecari→khecari

あります。しかし、それは巷で『テクニック』と呼ばれているものと混同した
ままですと、仮に偶然軟口蓋の裏に舌が入ってもkriyaとしての成就はないと
個人的に思います。何故かと聞かれてもわたしはうまく言葉に出来ないのです。

権力欲や自己顕示欲のマーヤーを常にチェックし、重ね重ね、こころと身体の
基礎の練習を大切になさって下さい。それが最も近道なのです。

433 :サンジェルマン:04/09/06 00:00 ID:26V9gv00
オーム クリヤ 指南の師 ナマ オウム!!
ありがとうございます!!

私の意識の揺さぶりの様に、この瞬間大きな地震が揺れております!!

434 :名無しさん@3周年:04/09/06 18:41 ID:oFQbWh69
>>19

サンジェルマンさん、SRFについて教えてください。
日本にもSRFの通信コースはあるのですか?

435 :サンジェルマン:04/09/06 19:24 ID:Pi+B9Etr
>>434
As far as I know(私の知る限り)日本でのSRFの表立った活動は
存知あげません。

436 :西風:04/09/10 23:00:53 ID:2BwjnDVV
As far as I know(私の知る限り)SRFの通信コースは日本語のものは一部でほとんどが英語みたいよ!皆さん英語に苦戦しているとか・・・?

437 :ダイジ:04/09/10 23:21:51 ID:R8pxNCZQ
ダンテス ダイジの写真UPしてるHPしらない?ババジの弟子らしいけど

438 :名無しさん@3周年:04/09/10 23:23:40 ID:r7dG6su/


439 :名無しさん@3周年:04/09/11 21:53:20 ID:Zuw1VW62
>>434
日本語のものは無いです。そもそもクリヤを通信教育で習得できるわけ無いでしょ。
それにSRFの通信教育で精神障害者続出。

数年前にも2chで大暴れしてタイーホされたヤシが居るし。


440 :名無しさん@3周年:04/09/12 00:43:09 ID:Kjdtd6Yy
>>439
詳しく教えていただけませんか。
独習者なので恐いです。

441 :名無しさん@3周年:04/09/18 11:40:11 ID:mIKtIxvd
>>440
http://sports.2ch.net/budou/kako/1023/10234/1023435134.html

このときは名誉毀損だったが強盗殺人でもタイーホされたみたいだ。哀れ。

442 :名無しさん@3周年:04/09/18 11:44:27 ID:mIKtIxvd
キティがクリヤしたのか、クリヤしたからキティになったのかわからんが
独習でクリヤは無理。

443 :KriyaYogiもどき:04/09/23 20:49:32 ID:5HX9/226
こんにちわ。SRFの日本会員です。はじめて読んだので書き込みしました。
まだ全部読んでいないのでこれから熟読してみます。
ちなみにFirst Kriyaを習いました。それでは。

444 :KriyaYogiもどき:04/09/24 23:36:43 ID:Mkv6dUXL
正統なクリヤ、難しいですねぇ。まあ、まずクリヤヨガというとラヒリ・マハーシャーの系統が正統派でしょ。
ただ、ラヒリがババジより学んだのが108の技法すべてだったかどうだか忘れたが、効果のある技法を組み合わせて
四つ(三つだっけ)のクリヤヨガを作ったんですなあ。ヒマラヤババジのところは全部やるだけで正しい組み合わせで
やるものじゃないから効果は行き当たりばったりでしょう。
ラヒリの系統でも分派してしまってセカンド以降がオリジナルの形が崩れだしているのは事実ですねえ。
ちなみにヨガナンダの系統はファーストとセカンドをごちゃ混ぜにして三つに分けちゃったので元の形ではなくなっています。
ハリハラナンダの系統もセカンド以降がヨガナンダのものと他のが混ざっちゃってます。ただサードから先は神人に習ったこ
とになっています。
それでも目的のサマディーに達して神人合一にいたればどの道をたどっても同じでしょうねえ。
とりあえず無呼吸を達成したいですね。
ちなみに通信講座を受けだして三年たってやっとStep1と2を終わってクリヤを申し込みました。英語ができれば一年で通過
できるんですね。残念でした。
効果のほどはというと、最初の実習でいきなり霊眼を見ることができました。金色の雲の輪に囲まれた青い色の空間の中に
白い星が輝いていました。そのままでいたら引き込まれそうでした。いまだ、その先に行くことが怖いのが率直な感想です、

445 :名無しさん@3周年:04/09/25 16:45:15 ID:fyZagw8i
>>443-444
すごい体験ですね。空海みたい…。

446 :サンジェルマン:04/09/25 17:28:17 ID:SQw1VE74
>>442
I think so too.

447 :名無しさん@3周年:04/09/26 11:54:24 ID:p33pJ9IA
サンジェルマンさんってキザですね。

448 :名無しさん@3周年:04/09/26 12:57:03 ID:BRxLBRek
そもそも通信教育でクリヤなんて無理でしょ?

449 :サンジェルマン:04/09/26 21:26:56 ID:zoe/cYZi
クリヤヨガはセミナーでさえ、如何なものか?と疑問を投げかけるクリヤマスター
が多いのに・・・・
通信教育でクリヤというのは不可能です。

450 :KriyaYogiもどき:04/09/27 11:45:19 ID:USgWDtPK
親切丁寧に書かれている内容で、よほどのことが無い限り努力に応じてに効果が
あることでしょう。まあ、二つの体を持つ聖者も光と同じ性質を持つならば距離
はなんの意味も持たないことでしょう。
情報ソースによっていろいろ誤解を招いているようですが、事実と虚実が入り混
じっていると思います。
たしかに「あるヨギの自叙伝」にはたしか2箇所の脚色があることをSRFは認めて
います。
一箇所は家出して連れ戻されるときに哲学者の家で神から使わされて伝言を伝
えにきた人がいましたが、あれは完全に一人で哲学者をやりこめてしまったようです。
もう一箇所は昔母が死んだ家にミスターM・マヘント゜ラ・グプタが住んでいましたが、
あの家には幽霊が住んでいてミスターM・マヘント゜ラ・グプタが退治したとか・・・・
ミスターM・マヘント゜ラ・グプタをたずねた時に弟の一人が一緒に行っていた。
弟の書いた本もあるので読んでみてはいかがでしょうか。
「あるヨギの自叙伝」をゴーストライターが書いたというのは信じられません。SRFの会
報に連載されていたのでありえないと思います。

451 :サンジェルマン:04/09/27 19:22:36 ID:GyXxtT6G
>>450
全ては縁です。
あなたはSRFに縁がある方なのでしょう。
あなたは、あなたの信念にもとずいて頑張ってください。

452 :名無しさん@3周年:04/09/27 20:23:26 ID:Px/S30Hz
確かに通信教育でクリヤは不可能というのは単なる信念体系による制限に過ぎないね。
サンジェルマンさんの考え方は前時代的で今の時代にはそぐわない。
とりわけ今年の6月以降の8年間は、短期間だけど覚醒のための特別な時期だから尚更。

453 :サンジェルマン:04/09/27 22:37:44 ID:GyXxtT6G
>>452
そうですか。きっとあなたもSRFに縁がある方なのでしょう。
あなたの信念にもとずいて頑張ってください。

454 :名無しさん@3周年:04/09/28 02:42:24 ID:vVnthQhD
>>453
あなたはあなたの信念に基づいて、わざわざ遠回りをされていますね。
しかしそれはあなたのお決めになることです。あなたなりに頑張ってください。

455 :名無しさん@3周年:04/09/28 07:14:51 ID:szjhEqsk
>>454
「わざわざ遠回り」ではありませんよ。いかなる〈道〉においても
ショートカットが存在するという言い方は、比喩の一種に過ぎない
とわたしは思いますし、何が遠回りで何が遠回りでないかを人間の
側から判断することも出来ないでしょう。

>>452
SRFとてもYoganandaのクリヤーを教える前に生徒に何らかの「誓約」
をさせるでしょう。これは「外側」から見れば特殊な信念体系に人を
制限することに他ならないと思いませんか。時代にそぐわないから改
良してしまおうという試みは、スピリチュアルな道にとっては有害な
ことの方が多いのです。本当の改良は、百年とか二百年、或いはそれ
以上のスパンのなかで多く一人の天才によって行われるべき仕事と思
います。ヨーガのみならず、他の思想史を見ても事情は同じと思いま
す。それに対しあわよくば時代にそぐわない古い伝統を改良したと称
して一派を立ち上げ教祖になろうとする者が如何に多いことでしょう
か。そういう輩、団体は世の中に掃いて捨てる程ありますが、多くは
ものの数年で消えて行く事実をご覧下さい。

456 :名無しさん@3周年:04/09/28 12:22:57 ID:kp0FrifA
>>455
だから、クリヤヨガそれ自体が単なる信念体系なわけでしてね。
信念体系であってもそれを通り抜けて実相の世界に到達するための方便なら、
そこに救いもあるが、ただの妄想世界に耽溺することで終わっているわけです。
それはSRFだからとか正統な系統だからとかは関係ない。
いったんクリヤヨガそのものから離れてみることですね。


457 :名無しさん@3周年:04/09/28 20:01:32 ID:szjhEqsk
>>456
kriyaの諸派が各々信念体系であり、それを百も承知な人々がここで夫
々のお話を展開しているのではなかったのですか。

何が方便として機能しており、何がそうでないか、或いは方便の遅速優
劣をそう簡単に判じることはできないでしょう。信念体系の中に身を置
く人々が妄想世界に耽溺しているか否かもまた、あなたが神さまでもな
い限り知りようがないと思いませんか。いっそ殆どの人間生活のありの
ままが遠い昔から妄想世界の耽溺だと言った方が真実に近くはありませ
んか。

実相の世界に「到達する」と言うのも奇妙な言い方かと思います。
それは到達するゴールのようなものでしょうか。スタートがありゴー
ルがあり、プロセスがあるならばこれもまた信念体系として語られ
ざるを得ないのではないですか。

456さんが何を言おうとしているか分からなくはないつもりですが、
それなら禅、見性、vipassanaなどを論じている人々のスレの方が
エキサイティングなお話になるかもしれませんよ。

458 :名無しさん@3周年:04/09/28 21:49:45 ID:kp0FrifA
>>457
「到達する」という言い方に拘っておられるようですが、
方便であるのなら、というひと言を添えている部分は無視ですか?
信念体系であってもそこに仕掛けを仕組むことは可能です。
最後の最後にその信念体系をすべて崩壊させてしまうというような、
大どんでん返しを内包するようなかたちで。
ものごとは一直線には進まないんですよ。
卵料理をつくるには、卵の殻を割らなければならないわけで。
まあ、言葉遊びにお付き合いするつもりはありませんが。
いずれにしても明らかに「わざわざ遠回り」していることは明らかです。
あなたは単にクリヤにケチをつけられたと受け止め、
それに不快感を感じているだけではありませんか?
それこそが信念体系であることの証左です。
本当に卵料理を口にしたいのなら、外部から進入してくる力を
うまく利用せねばなりません。

459 :サンジェルマン:04/09/28 23:34:50 ID:Ur0NBpIq
>>457
ご自由に伸び伸びと語ってください。
全てはありのまま。

460 :名無しさん@3周年:04/09/28 23:42:32 ID:szjhEqsk
>>458
信念体系であることを誰か隠したりしましたか?また方便という
言葉の本来の意味はご存知ですか?方便という言葉に関して、あ
なた独自の解釈との違いを認識していますか?

お話の内容についての検討ではなく、相手の内面の推測ばかりが
先行しているみたいなので、わたしもこれ以上のお話し合いは不
毛と思いますが、最後にケチをつけられたことに対し「わたし」
が反応したのではないか?という指摘も残念ながら的外れかと思
います。

某さんが書かれていましたが各々が縁がある道に従うという考え
もわたしは有効と思います。




461 :名無しさん@3周年:04/09/29 00:05:55 ID:AlyTXTng
・・・という具合に些細なことで論争になってしまう程度のものです、クリヤヨガなんてものは。

462 :名無しさん@3周年:04/09/29 00:17:12 ID:AlyTXTng
どんなに偉そうにクリヤヨガの修行だ何だと言ったところで、内面はご覧の通りの大嵐。

だいたいホントにクリヤヨガをやってる奴が2chなんかにずっと貼りついてんのかってんのw

ま、これでクリヤヨガがダメダメなシステムであることだけはハッキリしたね。

俺の中では“ヒマラヤ神術”が頓挫したことでクリヤへの信頼は完全に失われたね。

463 :KriyaYogiもどき:04/09/29 21:46:22 ID:9ySgB59T
アナウンス。
来年の11月にクリヤヨガのイニシエーションを日本で行います。
参加資格はSRFの会員でクリヤヨガの受講資格を持ち、申し込みをした者。
今は日本語講座ができ、日本語のままで約一年でクリヤヨガの申し込み資格が
与えられます。講座は日本人向けに短縮されたものです。今なら間に合います。
アメリカに案内送れと手紙を書いてみてください。
いろいろいと議論があるようですが、一度体験してみてはいかがでしょうか。
また、日本支部はまだ許可が下りないので、まだ瞑想会を毎週日曜日に開催しています。
連絡先は森北出版にお聞きください。
日本支部を作るにはある程度のレベルに達したクリヤバンがいないといけないのです。
インドに日本人のスワミがいらっしゃるので、その方が帰ってくるなら作れるかもしれません。

464 :名無しさん@3周年:04/10/01 00:48:41 ID:Mz5JIgpn
もう分離の時代ではないはずですよ。
自己主張して何を得ようというのですか?


465 :名無しさん@3周年:04/10/01 21:09:31 ID:eIT1cd4G
↓一応目を通しておくのも無駄にはならないかと。

http://www.yoganandarediscovered.com/

466 :だるしむ:04/10/01 21:12:57 ID:/AQY1kBs
ヨガ ふぁいあぁ

よが ふれいむ

467 :だるしむ:04/10/01 21:20:42 ID:/AQY1kBs
だるしむとしては、

至難の死の言葉、

己の肉体に注意を払い、
障害(固さ)があるなら
それを可能なかぎり克服するように努めよ

が非常に参考になりました。

私がなぜだるしむかというと、
こういう、このスレの有益な情報に影響され、
かつそれを実践して、それが一理あるということを確信したからです。

このすれは隠れた名スレだと思うのです。

468 :名無しさん@3周年:04/10/01 21:56:16 ID:zpg3bJ9K
クリヤヨガの独習者は野狐禅と言うことばは知らないのかな?
2ch風に言うと脳内クリアヨガ。自己満足でハタから見るとヨガではない。

469 :だるしむ:04/10/01 22:01:56 ID:/AQY1kBs
>自己満足でハタから見るとヨガではない。
それをハタヨガと言うのでしょうか?

470 :だるしむ:04/10/01 22:05:58 ID:/AQY1kBs
ギャグのセンスは大事です。
ギャグに通じる人は世界に通じます。

それはなぜかというと、この世はギャグに満ちてるからです。w
全ては冗談のようなものです。
決して真に受けてはいけません。

471 :だるしむ:04/10/01 22:07:09 ID:/AQY1kBs
あなたも
あたしと
おんなじ
月を見上げる。

472 :名無しさん@3周年:04/10/02 00:09:26 ID:JuT/GBzI
>>468
独習だろうと何だろうと、クリヤヨガそれ自体が脳内妄想。

473 :名無しさん@3周年:04/10/02 02:06:38 ID:p8sh0hmk
クリヤヨガは一つの道であって最終目的ではないんだよね。
しかし、自分の通る道では無いからといって
存在を貶める事はどうなんでしょう?
実は、万人にあの扉は開かれているんだって。素晴らしいよね。
けど注意しないとね。羽をむしられて食べられちゃうから。

474 :名無しさん@3周年:04/10/02 03:07:49 ID:pNy1F15/
>>473
実際、クリヤヨガで発狂した人間がここ2chでも暴れまわっているじゃない。
万人が避けるべき道なんだよ。もはやクリヤの道は消失してしまったんだよ。


475 :名無しさん@3周年:04/10/02 09:53:25 ID:CbyuU8rt
>>474
菊鬼ことシバ命はクリヤヨガで発狂し今は強盗殺人で服役中ですが。

476 :名無しさん@3周年:04/10/02 14:26:57 ID:G+K9jxvE
菊鬼、シバ命が多賀井健次のことなら今でも暴れまわってるよ。

477 :名無しさん@3周年:04/10/02 22:41:42 ID:db4zSh3z
>>476
これ?
http://www18.big.or.jp/~ggg/b/bbs/mbbs.cgi?mo=p&fo=kokuhatu&tn=0633

478 :名無しさん@3周年:04/10/04 14:22:07 ID:w+SCCTWh


本当に発狂したのはクリヤヨガが原因だったのだろうか?
果たして、やっていたのは真のクリヤヨガだったのか?




479 :名無しさん@3周年:04/10/04 21:32:46 ID:G680OM+R
SRFの会員だったのは事実。

480 :名無しさん@3周年:04/10/04 22:08:47 ID:CxHhYept
>>469
山田く〜ん、>>469 の座布団を全部持って行きなさい!!


481 :名無しさん@3周年:04/10/04 23:15:38 ID:jO0C2EFE
KriyaYogiもどきさんはコンボケーションに参加したこと
ありますか?

482 :KriyaYogiもどき:04/10/05 16:56:09 ID:vWG/iIWZ
残念ながら海外のコンボケーションには参加したことがありません。
日本国内でスワミがいらした時にやった瞑想会やらに参加したことはあります。
3-4年前に日本でインド在住の日本人スワミジがいらしたときの三日間の集会に出たことがあります。
そのときは自分を含め、その会場にはクリヤを授かっている人は六人暗いしかいませんでした。
しかし、その集会に出た人は半年後にクリヤの申し込みが出来る資格をもらえたので、ある意味でラッキー
だったと思います。
今から来年の日本でのクリヤ・イニシエーションが楽しみです。

アーナンダのところはまず問題が多いところなので自分的にはなんだかなです。
SRFを出て行くときには彼は数人の女性たちと性交渉をしていたらしいし、ヨガナンダジより
公開してはならないと言われているものまで公開しています。ビデオにまでしてたりしてます。
いわんや神・グルの祝福は得られないと思います。ここの出版物を一冊間違えてアメリカで
購入してしまったことがありますが、波動は気持ち悪いの一言です。

483 :名無しさん@3周年:04/10/05 21:14:07 ID:2d2+NQdM
スワミ・ニルヴァナナンダが来日したのは1998年でしたね。
今はババジの洞窟の近くにあるアシュラムに住んでいるのだとか。

484 :KriyaYogiもどき:04/10/05 21:19:18 ID:vWG/iIWZ
おおっ、そうですか。知りませなんだ。来年の出られますか?

485 :名無しさん@3周年:04/10/05 23:19:14 ID:Q1MilNhr
もちろん参加します。
Br.Vishwanandaは今SRFで一番パワフルなモンクなので
来年がとても楽しみです。

486 :サンジェルマン:04/10/08 18:27:56 ID:9HP+0IRb
オーム クリヤ ババジ ナマ オウム!!

487 :名無しさん@3周年:04/10/09 02:16:13 ID:W/z97ykK
↑どういう意味なのでしょうか?
教えていただければ幸いです。

488 :名無しさん@3周年:04/10/09 09:47:17 ID:G+7JeuoT
オン マニ ペメー フム!!

489 :名無しさん@3周年:04/10/09 14:20:24 ID:zfNF9dI3
>>487
偉大なクリヤ・ババジよ私はオウム真理教に帰依します。ゴメン!!


490 :名無しさん@3周年:04/10/10 00:16:22 ID:8O/OWHaP
嘘つくな!


491 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/10 00:21:21 ID:nSjjCmS5
ヨガナンダの伝記は、講義よりも参考になりますか?

492 :だるしむ:04/10/10 00:50:39 ID:4ifEY4BD
電気はうそよー。
まなみたん。
それより俺とせっくすしようw
そのほうが何倍もきもちいいぞ

493 :名無しさん@3周年:04/10/10 02:17:22 ID:VHuPldE1
>>492
何を根拠に嘘だと?

494 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/10 13:42:50 ID:nSjjCmS5
すみません、パラマハンサ・ヨガナンダとは、スレタイは違う方ですか?

495 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/10 14:16:55 ID:nSjjCmS5
>>494に、付け加えさせてください。
パラマハンサ・ヨガナンダの講話集[人間の永遠の永遠の探求]という本を持ってます。
それよりも、パラマハンサ・ヨガナンダの[あるヨギの自しょう伝]が良いのか、知りたいのですけど。
自しょう伝は、ケータイ、漢字が出なくて、すみません

496 :名無しさん@3周年:04/10/10 15:12:52 ID:J6GItCFW
自叙伝 じじょでん

497 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/10 16:20:26 ID:nSjjCmS5
>>496 あっ、わたしがかな入力間違えてた。
なんでこのケータイ変換悪いのよって思ってた。
ケータイじゃなく、わたしがおバカでした。
今まで変換しなかったのも、全部わたしの入力ミス?

498 :名無しさん@3周年:04/10/10 23:21:18 ID:+gqie+3M
>>494
うんにゃ、同じ人だっぺ!


499 :名無しさん@3周年:04/10/11 00:34:53 ID:vwp9EYaQ
真我の探求は、コツコツ真面目に探求なされ、、、少しずつな、、、
そうすれば、クリヤであるとなんであろうと、、
道は開かれるであろう、、、、きっと開けるぞよ、、。

500 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/11 00:37:24 ID:35WpO8cb
>>498-499 ありがとうございます。

501 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/11 02:32:54 ID:35WpO8cb
>>499 ある方は、精神だけでなく、ハタヨガを薦めています。
体を動かすのも、真理の探求に必要でしょうか?

502 :名無しさん@3周年:04/10/11 02:53:47 ID:G+QJnne1
>>501
調身、調息、調心
身体から調えるのが近道ですじゃ。

503 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/12 15:14:35 ID:wUKXBa0v
>>502 体を動かすヨガを、ハタヨガというの?

504 :名無しさん@3周年:04/10/12 20:51:26 ID:OdbcbbMX
>>503
身体を動かすのは方便であくまでも呼吸法じゃ。

505 :名無しさん@3周年:04/10/12 21:03:13 ID:RImHq7Sg
呼吸の中に調身・調息・調心のすべてが含まれているからね。

506 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/12 21:41:16 ID:wUKXBa0v
ヨガナンダの呼吸法の本って、ありますか?

507 :名無しさん@3周年:04/10/12 22:37:42 ID:qH8nmDEr
ていうか、クリヤヨガの根幹が呼吸法だし。

508 :名無しさん@3周年:04/10/12 22:46:31 ID:azGxHkfl
自作自演スレ・・

509 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/12 23:41:26 ID:wUKXBa0v
クリヤヨガと、ハタヨガって違うの?

510 :名無しさん@3周年:04/10/13 00:09:28 ID:h5b7GYXx
調身、調息、調心って、気功と同じじゃん。
気功もいいよね。

511 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/13 00:19:53 ID:5CNJJfAm
気功とヨガは、どのような違いがありますか?

512 :名無しさん@3周年:04/10/13 02:13:05 ID:QjAOHN+d
気功にもいろいろあるけどね、、。
中国から来たのは、やはりしっかりしてるような感じ。
ただ仕事の都合でその先生のところには長く通えなかった。

青木弘之さんだっけ、彼の創始した、「新体道」というのも良いね。
こっちの方を実は1年間やったね。気功と武道みたいなのがミックスしていて、
また柔軟体操みたいなものもあるし、体には良いね。
各地に支部があるようだから検索してみたら。

ヨーガの体操は、これがやっぱり深みは一番あると思うが、
良い先生に付いてじっくりやることが大切だろうね。
体を深く見つめ健康にするにはヨーガが優れているし、
万人向けだと思うけどね。

513 :名無しさん@3周年:04/10/13 02:17:51 ID:69BpCnQ2
>>512
まなみ ◆55nynIr58w は例のアレだから…

514 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/13 03:54:10 ID:5CNJJfAm
>>513 何が言いたいわけ!

515 :サンジェルマン:04/10/13 07:33:52 ID:wz1LhpLb
クリヤこそ最上の道。
クリヤこそ最善の道。
クリヤのバランスは完璧。

516 :名無しさん@3周年:04/10/13 13:16:01 ID:Ujz9ZAIU
最上、最善の道を謳う時、あなたは同時に最低、最悪の道も創造している。
完璧なバランスを豪語する時、あなたはすでにバランスを崩し始めている。

517 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/13 20:39:51 ID:5CNJJfAm
呼吸法なら、由美かおるさんも指導員してる西野流は、どうかしら?

518 :サンジェルマン:04/10/14 09:27:57 ID:hh0DmNII
バランスもアンバランスもバランスのうち。
闇と光もバランスのうち。
ヨーガの道を知るものはこの意味がよくわかるはず。
人は潜在意識の真の深みを体験するとき、その途方もない泥沼を知る。
底無しの恐怖、トラウマ・・・それは底無しの様に感じられる。
クリヤをはじめ、ヨーガとは如何にこの潜在意識を浄化するかである。
クリヤとは心地よい光だけが体験できるわけではない。
心地悪い闇も多く体験するのだ。
だからこそ、真の導師が必要なのだ。文化センターの健康講座とは自ずと違う。
ゆえにクリヤのバランスは完璧なのだ。
この意味がおわかりだろうか?


519 :名無しさん@3周年:04/10/14 17:03:07 ID:gnYf2Q+/
>>518
サンジエルマンさんはカルキ・バガヴァンについてはどうお考えですか?
悟りへと導くカルキのディクシャが日本でも行われていますが。


520 :だるしむ:04/10/14 22:06:11 ID:ss0ZKT7J
まあ、心地悪いものを心地悪いと感じるから
今ここにいるのであって。。

疑問なんだが、
別に人生生きていれば心地良いことや
心地悪いことがやってくるわけで、
それはクリヤやってようがやっていまいが、
同じだと思うんですよ。

だれしもが人生の設計図の通りに生きるのであれば、
それを楽しむことができるか、そうでないか。
そういった才能のようなものをクリアは広げてくれるのかなと、
最近思った。

521 :西風:04/10/14 23:18:26 ID:glEKRM7v
OM KRIYA BABAJI NAMA AUM

522 :名無しさん@3周年:04/10/15 01:29:57 ID:4aCq600j
>>503
ハ(ha)は、生命を生かし、生命を生命たらしめていると信じられている
プラーナと呼ばれる力、タ(Tha)はこころ(citta チッタ)の働きとされ
ていて、それ故ハタ・ヨーガは、太陽と月としてシンボル化される心身の二
つの極性を、特殊な身体操作によって合一(yoga)させることもって、「ヨ
ーガ」と定義しているようです。
身体を動かしていると見なされる部分(大抵はアーサナ)は、勿論プラーナ
とチッタを操作することを感覚の最も粗い部分(粗大身)から試みるもので
すが、勿論これで終わりではありません。即ち次段階のプラーナーヤーマ習
得の土台になるものです。詳しくは解説しませんが、かくして、更に深い段
階へと参入して行くと、古典ヨーガに説くような凝念、静慮を主体にした段
階へと近づいて行きます。因みに巷の多くの教室で教えているが如き僅かば
かりのアーサナだけで成り立つような「ヨーガ」など、本来の文脈からは到
底ヨーガとは言えないことに老婆心ながらご注意申し上げたいと思います。
参考文献:Hathayogapradipika-Lighit on HathaYoga(Bihar School of
Yoga,India,1993)

523 :まなみ@占い師 ◆55nynIr58w :04/10/15 13:50:02 ID:eyGXJK06
>>522 ありがとうございます。
三島の沖正弘師の道場は、いかがでしょうか?
東京都内に沖師の道場はあるのでしょうか?
以前、沖師の本に感銘しました。
あと森北出版は、セミナーみたいのがあるのですか?

524 :名無しさん@3周年:04/10/15 21:14:39 ID:4aCq600j
>>523
スレタイとかなりずれてしまいますが…世には実に様々な指導者がいて、
その信条や理念とする方法論に思い思いのネーミングをつけております。
そうしたものの一つである沖正弘の流れに興味があるなら何であれ、そ
こに御自分で足を運び、御自身の目で見て判断されるのがよいのではない
でしょうか。
沖氏の流れを汲む指導者は都内にも勿論今でもいると思いますが、当方
残念ながら余り興味がないので当然のことながらその所在地、連絡先を
知りません。都内の「沖ヨガ」系統の連絡先は検索で簡単に見つかるで
しょう。各人どのような指導者、スタイルが合うかは、ご縁としか言い
ようがないように思います。
森北が関わるセミナーは全くないわけでなさそうです。ただし現在に限
ればサイトを見る限りでは宗教・思想関係では殆どなさそうな雰囲気で
すね。


525 :うげくり:04/10/19 22:44:58 ID:LkZeqb6e
こんにちは、サンジェルマンさん、みなさん。
前回は返答ありがとうございました。

サンジェルマンさんをはじめとしたみなさんの意見を受けとめ、日常をしっかりと生きてみようと思っています。
もちろん、ババジやヨガナンダに対して尊敬の念はありますが、そこは運命の出会いにまかせてみようという気になりました。

そこで、ハタヨガを真剣にやってみようかとおもっています。
しかし、どれをすればいいのか迷っています。
マーシャルゴービンダンの「ババジとー」には、ハタヨガが載っているのですが、
いささかあのジャケット(うすむらさき色の)がうさん臭くて、信用がいまいちおけません。

そこで、クリヤにこだわらずにできる良いハタヨガの本を御存じの方がいらっしゃったら教えていただきたいです。
もちろん、ゴービンダンの「ババジとー」が信頼できるという意見でもかまいません。

あと、瞑想法についてですが、ラマナマハリシの瞑想法を御存じの方がおられたら、本でもなんでもかまわないので教えて下さい。

ここの主旨とは異なる内容ですが、ほかの所よりも真剣な方が多いと判断した故、書き込みをさせていただきます。
それでは、宜しくお願いします。

526 :名無しさん@3周年:04/10/20 01:34:00 ID:Q05qeO+g
カルキセンタージャパン
ttp://www.ammakalki.com/

527 :名無しさん@3周年:04/10/22 21:06:38 ID:VEjJWKI5
>>525
主にアーサナに関してのみいえば日本では、出版社に多少問題があるにしても、
『ヨーガ〜ヨーガ行法の段階的修練法』番場一雄 平河出版社
『ヨーガの全て』同上
がかなり詳しいと思います。(この著者の著作に関しては上記の二冊だけ
でよく、他は余りお勧めできません)

ハタヨーガの思想的背景に関して概観する為に、入手しやすいのは
『ヨーガ根本経典』(正・続)佐保田鶴治著 平河出版社
位だと思います。昭和五十年代に発表されたこの本に関しては、現在
翻訳の内容を更に批判的に読まねばなりませんが、巷の教師の説は更
に混乱しておりますので、いずれにせよましと思います。

又、入手は難しいでしょうが、
''Asana Pranayama Mudra Bandha''
Swami Satyananda SaraswatiBihar Yoga Bharati,Munger,India
が平易で、冷静な観察に基づいた内容と思います。

ラーマナ・マハリシについては一冊だけ、『南インドの瞑想〜ラマナ・マ
ハリシとの対話』(おおえまさのり訳編 大陸書房)を読んだことがあり
ます。訳者翻訳については疑念がありますが、内容はよかったと思います。

御参考になれば幸いです。


528 :名無しさん@3周年:04/10/22 21:09:08 ID:2LJs+TVC
>>527
平河出版社がなんで問題あるの?


529 :名無しさん@3周年:04/10/22 21:10:21 ID:X/pTandV
>>523
三島は廃墟の気配らしい。

530 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/22 21:17:06 ID:HgKvr0pY
>>529 そうですか、ありがとうございます。
沖師の考えが、素晴らしいと思っていましたので残念です

531 :名無しさん@3周年:04/10/22 22:01:14 ID:iMPtP4nB
>>528
あごん宗と抜き差しなら無い関係にあるから。

532 :名無しさん@3周年:04/10/23 02:04:08 ID:6J+1JAFQ
ハタヨガの本ならアイアンガーが決定版です。

『 ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典 』
B.K.S.アイアンガー (著), 沖 正弘 (翻訳)
出版社: 白揚社 ; ISBN: 4826970625 ; (1980/03)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4826970625/qid%3D1098464353/250-5589129-7915413

もしくは、成瀬雅春氏が出しているいくつかのハタヨガ本も参考になるでしょう。

533 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/23 10:25:49 ID:sne8tkIA
>>532
紹介ありがとうございます。
そのアイアンガーのその本、書店で見たことあります。
でもわたしには、良いのかわからなくて、立ち読みだけでした。
良いなら今度買いたいと思います。
沖師が翻訳にも惹かれますし

534 :名無しさん@3周年:04/10/23 10:40:32 ID:c2GaDaYA
>>531
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー

535 :名無しさん@3周年:04/10/23 12:33:07 ID:kM/BRyIi
『 ハタヨガの真髄―600の写真による実技事典 』
B.K.S.アイアンガー (著), 沖 正弘 (翻訳)
出版社: 白揚社 ; ISBN: 4826970625 ; (1980/03)

↑俺も持ってるけど、出来ないポーズばっか。
沖正弘師 「ヨガの喜び」 光文社カッパホームス  が一番イイ!

536 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/23 12:50:30 ID:sne8tkIA
>>535
カッパの本、持ってたけど、誰かに貸して行方不明なのよね。
ブックオフで探そうかな。
ちなみにわたしが持ってる沖師の本は、[生きている宗教の発見]竹井出版、今は致知出版て言うのかな。
古本屋さんで見つけました、絶版みたいです

537 :名無しさん@3周年:04/10/23 12:59:17 ID:5FlaeENk
>>535
だったら>>532氏が言うように成瀬さんのハタヨガ本がいいと思う。
あの人のクンダリニー本は?だけど、ハタヨガに関しては秀逸だと思うよ。
なんか激しくスレ違いなテーマになってきてるけど…。

538 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/23 13:07:53 ID:sne8tkIA
>>537
ごめんなさい、わたしのせいでスレタイからズレてしまって。
成瀬師の本も、書店で見てみますね。
ありがとう。

539 :名無しさん@3周年:04/10/23 13:16:05 ID:kM/BRyIi
>>535
生きている宗教の発見―だれでも悟り救われる沖ヨガ修行法
沖 正弘 (著)価格: ¥1,890 (税込)

在庫切れ。俺でも悟れるなら、探すしかない。
>>537
いや〜、今は瞑想専門になっちって、アサナはもう基本的なのだけでいいすわ。

540 :名無しさん@3周年:04/10/23 17:22:53 ID:vx9Gw2vI
ただ、水を挿すようで申し訳ないんだけど、ハタヨガは東洋人の身体には向いてない、
とする指摘もあるんだよね。日本人も中身はともかく、一応身体だけは東洋人なんで、
道教あたりのメソッド(導引とか内功)のほうがすんなり入っていけるんじゃないかな。

541 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/23 17:33:42 ID:sne8tkIA
>>540
このスレの、アイアラシの法則〜Aiarashi's law
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1080780243/スレ主のメルマガ購読してますが、その中でハタヨガをすすめていましたので、やったほうがいいのかなと、思いました

542 :名無しさん@3周年:04/10/23 20:13:11 ID:sjB2mfJK
>>540
仙道にもヨガのアサナのようなものがあって、これがまたハタヨガそっくりなんだな。

543 :名無しさん@3周年:04/10/23 20:18:40 ID:DoMQYiS4
仙道(導引)にハタヨガが影響を与えたことは考えられるだろうね。
どちらの歴史が古いのかはわからないけど。
ただ、ハタヨガが身体を静止した状態で呼吸をするのに対して、
仙道(導引)は身体を動かしながら呼吸をするのが最大の違い。
両方試してみて、しっくりくるほうをやればいいんじゃないかな?

544 :名無しさん@3周年:04/10/23 22:37:19 ID:sjB2mfJK
>>543
>ただ、ハタヨガが身体を静止した状態で呼吸をするのに対して、

コラコラ、違うだろ。


545 :名無しさん@3周年:04/10/23 23:18:55 ID:214ET/Kv
>>544
いや、基本的にはそうだよ。それに導引とハタ・ヨガはそもそも目的が違うし。
導引は身体の健康に特化した内功(ネイゴン)の一種だが、
ハタ・ヨガは本来、実習者の健康を目的にしたものではないから。

546 :名無しさん@3周年:04/10/24 00:25:23 ID:N00/sdCX
siddhiを売り物にして生徒を集め、教師が果たしてyogiといえるかどうか。
yogiでない人からyogaを教わりたいと、あなたは本当に思うのだろうか。

547 :名無しさん@3周年:04/10/24 00:47:17 ID:FYKi6KDE
>>545
ハタヨガも動作に合わせて呼吸をするが何か?
静止した状態では息を止めるが何か?

548 :名無しさん@3周年:04/10/24 00:54:50 ID:9tyE6w31
>>547
導引を知らないだろ? 呼吸に合わせて動くという意味…

549 :名無しさん@3周年:04/10/24 01:26:51 ID:d7gF743j
仙道連
ttp://www.ops.dti.ne.jp/~taoistyi/sen-dou-ren.htm

導引を習うつもりなら、絶対に日本道観にだけは近づかないように。
あの団体は今やただのカルト教団に落ちぶれてしまいましたので。

550 :名無しさん@3周年:04/10/24 01:28:00 ID:FYKi6KDE
>>548
説明プリーズ

551 :名無しさん@3周年:04/10/24 03:02:27 ID:oYUJPth+



   ここは、 ク リ ヤ ヨ ガ に関するスレです。



クリヤに直接関係のない話題に関しては、別のスレを立ててそちらでどうぞ。






552 :名無しさん@3周年:04/10/24 06:22:02 ID:PftpNW0L
>人は潜在意識の真の深みを体験するとき、その途方もない泥沼を知る。
>底無しの恐怖、トラウマ・・・それは底無しの様に感じられる。

その泥沼を体験してみたいのだが。どうしたら体験できるの?
その泥を白日のもとにさらけ出して、さらさらの砂に干からびさせてみたい。
それが体操(ヨガ)とどう関係あるの? 体操は体操でそこからどう深まっていくんだろう?
ヨガは体操以上のものという、自分は体操以上には思えん。
ヨガが体操以上のものになるコツのようなものはないのか?
 三日間でそのきっかけというか端緒をつかみたい。どうすればいい?
 俺は今まで平凡すぎて、大それたことを何も犯していない気がする。どこにもドロドロを
発見できそうもない。君は大それた罪を犯してきたのか? ヨガはその贖罪なの?
それは人殺し? 確かに考えようによっては、彼らは人殺しだ。ジワジワとかすかな
かすかな毒を撒いて、何百万もの生命を損なっている。平然と生産し、平然とばら撒き
毒を撒き散らかす。彼らはみな加担者。最も私もあるときはそれに手を貸しているのだが。



553 :名無しさん@3周年:04/10/24 09:53:54 ID:oqNUIXoO
>>551
頭の堅さとチソコの硬さは反比例する。
堅い事言うなやイムポ野郎!


554 :名無しさん@3周年:04/10/24 13:48:35 ID:Lffx8g2n
>>548
おまいもハタヨーガを知らないだろ? 呼吸に合わせて動くという意味…

555 :名無しさん@3周年:04/10/24 19:04:57 ID:MwoorF4Q
ハタヨガよりは導引のほうが数段優れてるよ。特に日本人には絶対導引のほうが合っている。
導引はシンプルな動作に呼吸と意念を加えることで魔法のような効果が期待できるが、
ハタヨガは下手に見よう見まねでやれば大事故にもつながりかねない。危険が大きすぎるんだよ。
日本人ならヨガ系より仙道系をやれ。経験者が言うんだから間違いない!
下手にヨガに深入りすれば、最悪クンダリニー症候群に見舞われて一生棒に振ることになるぞ。


556 :名無しさん@3周年:04/10/24 19:26:46 ID:J3us/nTZ
>>555
ハタヨガも導引もちゃんとした指導者の下でやらないと危険なのは同じ。

よって、SRFの通信教育なんて論外!!!!!


557 :名無しさん@3周年:04/10/24 19:46:24 ID:MwoorF4Q
導引は安全だよ。導引に関しては見よう見まねでやってもそこそこ結果は出せる。
ちゃんとした指導者についてコツを学べば、さらに驚くほど効くことがわかる(ただし日本道観は論外)。
導引の指導者で急逝した人なんかいないし、生徒が事故って廃人になったなんて話も聞いたことはない。
だけど、ヨガは大御所の沖正弘自身からしてイタリアでのデモンストレーション中に、心不全で急逝してしまった。
かつては飛ぶ鳥を落す勢いだった、その弟子を自認する藤本憲幸氏も今では・・・。

558 :名無しさん@3周年:04/10/24 19:57:14 ID:J3us/nTZ
>>557
ケンコーちゃんどうなったのよ?

559 :名無しさん@3周年:04/10/24 21:33:54 ID:N00/sdCX
導引とヨーガは方法論も目的もおのずと違います。

いわゆる「安全」が徹頭徹尾大切ならば、ヨーガを根底において貫く出世間
的な態度とは矛盾する事になります。伝説では、人間のハタヨーガの開祖は
グル・ゴーラクナートとされています。彼は山奥やジャングルに住む仙人、
或いは世捨て人のような人と考えられ、世間的な価値観の世界に生きていた
とはいえません。

従って、一言健康といっても、近代の医学や科学の発展と共に新しく作られ
た健康の概念・観念にある程度見切りをつけるという所まできていないと、
ハタヨーガの実践は形だけのものになる可能性が高くなります。昔ハタヨー
ガとは褌一丁で隠れて行うものであったということが理解されれば、そこに
一歩踏み込んで行くべきかどうか、熟慮に熟慮を重ねることは自然な成り行
きであるはずです。

一日五分、誰でも優しく出来ますよ・・・と宣伝する人々はインドの文化を
捻じ曲げて伝えている事にもなります。自分が何をしているか分かっていな
いでしょう。

佐保田鶴治は、ハタヨーガは密教化されたヨーガと言っていますが、これは
正しいと思います。密教と言うからにはその実践には一般的な教師とは異な
るAcArya乃至guruの存在を不可欠とします。



560 :名無しさん@3周年:04/10/24 21:40:09 ID:J3us/nTZ
多様性を認めるのがインドの文化。
細かいことは言わない。

561 :名無しさん@3周年:04/10/24 22:28:42 ID:N00/sdCX
>>560 それは誤解で、よく言われるインドの多様性というのと、何
でもありの無秩序、多様性の底流となる思想がないこととは意味が
全く違います。インド人は細かいですよ。語学的、数学的才能もさ
ることながら、哲学的に分類、分析するのも昔から得意分野です。

細かい事を言わない、というのは日本人の得意な「不作為の責任」
を回避する表れともいえます。


562 :名無しさん@3周年:04/10/25 00:44:03 ID:j2a5RUg1
ヨガをやって危険を垣間見てみたい。危険なんてところまで全然いかん。
安全すぎて屁の河童。みんなすごいね。


563 :名無しさん@3周年:04/10/25 09:44:43 ID:j2a5RUg1
俺の知る限り、ただ柔軟体操するって感じで、体操以上の効果も危険もないと
おもうのだが、何が危険なんだ。

564 :名無しさん@3周年:04/10/25 11:49:30 ID:Vq2XUwhJ
>>562-563
ってことは、間違ったやり方でやってるということ。
それこそ信頼できる師について指導を受けないと…
でも、信頼できる師なんてめったやたらに出会えるもんじゃないし。

565 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/25 12:05:31 ID:DSYVSS2G
ヨガの危険性とは、どのようなことでしょうか?

566 :名無しさん@3周年:04/10/25 12:13:41 ID:Vq2XUwhJ
準備不足のまま、クンダリニーが動き出してしまうということ。
発狂してしまったり、最悪の場合、背骨に大火傷を負って死に至る。

567 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/25 12:31:47 ID:DSYVSS2G
>>566
ありがとうございます。
きちんとしないと、恐いものですね。

568 :名無しさん@3周年:04/10/25 20:31:49 ID:Jty+Ro0D
>>566
ゴーピクリシュナもクソダリニーが動き出す前に20年近く掛かってるんだ。
普通の美容体操ハタヨーガではそんな危険は無いよ。

569 :名無しさん@3周年:04/10/25 21:37:11 ID:AHLKQsH7
完全な発狂、完全な廃人になるケースは極々稀でしょう。そういう人は最初
から精神を病んでいたのかも知れません。又全てをクンダリニーの所為にす
るのも新たな神話を作り出してしまうでしょう。例えば、うちなら安全に「
チャクラ」を開いて「クンダリニー」を覚醒させますよ、という奇妙な商売
があります。
一人の人間が廃人になるよりも、更に広範囲に影響を残す問題があると思わ
れます。それは何らかのヨーガに類する練習をきっかけにして、或いはもっ
と重要なのは、
‘ヨーガという表現方法を与えられたことによって、自分は「悟り」を開き、
「最終解脱」し、「超人」、「神人」、「解脱者」等々になったのではない
か、人類の黙示録的滅亡から救済する「使命」を神から与えられたのではな
いか’
という妄想に本人が絡め取られた時です。最早珍しくありませんが、彼らは
神秘体験や「能力の拡大」、空中浮遊などのシッディの獲得を吹聴し、それ
を本にして売ったりします。
これは他人を自分の幻の巻き添えにすることに対し既に盲目状態になってい
る危険な兆候であるといえます。
こういう場合は単にエゴが肥大し、強化されてしまったことによるマーヤー、
幻の一種ですが、更にこの幻は、心理的に恐怖・不安に駆られた他者と共鳴
し、取り込んでゆくことで、次第に社会の常識から乖離した手の着けられな
い集団へと変容してしまう危険性を孕んでいます。わたし達はそういう悲し
いケースを国内・海外に沢山知っています。
大小の美容健康を目的とするヨーガサークルからも、巷のオカルト説を取り
込んで生徒にヨーガだと信じさせる例、教師が一種の神懸りになってお告げ
を下し始める例を知っている方もいるでしょう。
現代的な意味でのヨーガの危険とは上記のような言い方が出来るとわたしは
思います。長文失礼致しました。


570 :名無しさん@3周年:04/10/26 07:17:36 ID:joRTuVBP
ヨガでダイエットして、この贅肉をどうにかしたいものだ。

571 :名無しさん@3周年:04/10/26 08:03:32 ID:MB99eS1k
私は瞑想始めたばかりなのですが、
瞑想とヨガとの共通点を感じます。
そこで、質問です。
マーヤーなのか、真実なのか
それを真実だと思いがちなことを
どんなに尊敬できる師の許でも自分の中で判断していかねば
と思いますが、見分ける方法はどうされていますか?

572 :名無しさん@3周年:04/10/26 21:56:35 ID:bQKrlwYd
当方は直接的なお答えが出来る身分にはありませんが、以下から間接的に推
理して頂けることを期待します。引用はSri Swami Shivanandaの
‘Gyana Yoga’(Motilal Babarasidas,1944)から引用からで、原文の素
朴さ、それゆえのダイレクトなメッセージ性を大切にする為、敢えて翻訳は
しないでおきます。文中のHeとは師を指します)。

He is extremely humble.He appears to be quite an ordinary man.
He never advertises that he is a Sad Guru or a Knower of Brahman.
He never says,‘‘I am an illumined sage. I am an Avatar.I will
give Mukti for many persons. I possess many Siddhis.’’He is
perfectly desireless.

更にこう続きます。

He has no craving for money or name and fame.He has no desire
to establish cult or Ashram.He simply works for solidarity of
the world and elevates people.He says,‘‘I have neither
followers nor disciples,neither possessions nor Mutts of my
own.’’
He has no attachment to any person or any object.He never tries
to establish cult or Ashram.He is absolutely free from ‘I-ness’
or‘mine-ness’.
 
続いて以下は更に重要と思われます。

He never allows those who sorrounded him to tell people that
he has got Siddhis,that he is a great Mahatma.He does not like
to come in the lime-light of publicity.He always hides himself.
If he becomes famous in a place, he leaves the place at once.



573 :名無しさん@3周年:04/10/26 22:03:41 ID:bQKrlwYd
上記訂正:「引用から」をトル。

574 :名無しさん@3周年:04/10/26 22:21:44 ID:bQKrlwYd
そして、幸運にも貴方が「尊敬すべき師」に邂逅されたなら、マー
ヤーとは何か、マーヤーならざるものとは何かを問うてみるのです。

勿論そこでは、この問が限界まで生徒の中で煮詰まっていないと、
余り意味がないでしょう。


575 :名無しさん@3周年:04/10/27 16:24:40 ID:/yv98vYC
>>574
心から、感謝いたします。
師にも質問しました。まだ、私が答えを得られるまでに到っていなければ、
答えてはくださらないでしょうね。
英文は、今辞書を引きつつ意味を模索させていただいています。
ご縁をありがとうございました。

576 :名無しさん@3周年:04/10/27 23:20:23 ID:vLo3PgwF
I-ness or mine-ness ってなに?

577 :名無しさん@3周年:04/10/27 23:21:25 ID:vLo3PgwF
give Mukti も

578 :名無しさん@3周年:04/10/27 23:35:43 ID:R38t7zZ3
Muktiっていうのは悟りだろうね。

579 :名無しさん@3周年:04/10/27 23:40:36 ID:R38t7zZ3
I-ness mine-ness は、ここではわかりやすくエゴと訳しておけばいいでしょう。

580 :名無しさん@3周年:04/10/28 10:38:15 ID:CS9O86Gf
>>574
師は、答えてはくださいませんでした。
一日2回30分程度と時間も決められているのに
勝手に日常生活の中でややもすると瞑想のようになってしまい、
心と現実のバランスが今崩れているので、
そちらのほうが解決しないとだめなんだろうと思います。
それは、自分でも思います。
心と現実が同じ速度で前に進むことが大事だと。

この英文は、今の世の中でも通用することでしょうか。
また、一部の選ばれし人にしか道しるべの光が与えられないとなれば、
(そういうことになりますよね)
悲しみや恐怖で苦しんでいる多くの人々はどうやって救われるのか?
>>574さんは、それについてはどうお考えなのか、
多くのことをご存知だと感じられるので、是非お聞きしたいです。


581 :名無しさん@3周年:04/10/28 10:48:54 ID:hycu0hwY
>悲しみや恐怖で苦しんでいる多くの人々はどうやって救われるのか?

これはあなたの本当の気持ちでしょうか?


582 :580:04/10/28 12:13:00 ID:CS9O86Gf
>>581
それは私でもあるからです。

583 :580:04/10/28 12:27:50 ID:CS9O86Gf
>>581
しかし難しいのはそれが、私の場合、精神的に助けたいに限定されるのです。
(つまりそこにも、現実と心のバランスの崩れが見られます。)




584 :名無しさん@3周年:04/10/28 20:03:56 ID:fRy/ziAf
>>576
引用元の文脈から、以下は私訳です。I-nessは‘我[という観念を有してい
る]という[心の]はたらき’、同様にmine-nessは‘我がもの[という観念を
有している]という[心の]はたらき’。或いは単に自我意識、所有意識と訳
しても宜しいかも知れません。
give Muktiは「生死輪廻からの解放を与える」。muktiムクティは解脱と
いう漢訳が一般的ですが、某カルトの常套語になってしまったので解放と
訳してみました。
>>580
人の数だけ、悩みがあり、悲しみがあり、苦しみがあり、それら一つ一つ
がユニークであるとすれば、その救いとは一様たりえないでしょう。貴方
にとっての瞑想に関連付けての「救い」と、他者が考える「救い」の間に
は実に大きな差異が横たわっている事にお気づきの事と思います。

他者の救いとは何であり、どのようにしてあるのか、という問い、それに
対する二つの主なリアクション、即ち、他者によって提示される安易な結
論から猪突猛進してしまうこと、他者の救済などありえないという自閉的
態度があります。当面わたし達は、これら二つの態度が既に全く頭打ちで
あることに気がつければと思います。

この問いは、瞑想が磨かれてゆく上で非常に大切と思います。が、その結
論は暫く保留しつつ貴方の尊敬すべき師について学んで見てはどうでしょう。
生徒に対しそれを順々に教えてゆくのも瞑想の師の役割です。

この問いについての安易な結論の一つ、「これによって皆が、日本が、世
界が救われる!」と吹聴する大小の団体、個人は世界にも日本にもにご
まんと存在します。でも実際は何が起こっているでしょうか。それは少なく
とも之までは狂騒と倒錯に過ぎなかったのではないでしょうか。

そんな狂騒や倒錯もまたマーヤーの最たるものかと思います。

585 :名無しさん@3周年:04/10/28 21:26:48 ID:rzFmK7Bk
>>578-579, >>584
アリガd

586 :580:04/10/29 10:46:29 ID:ATRSye4F
>>584
心に深く問いかけてくる言葉の数々、ありがとうございます。

>>他者の救いとは何であり、どのようにしてあるのか・・・
に対する真実の答えを確信を持ちえていない、
少なくとも、自分すら救えていないもの(私を含めて)が
果たして、それが真実の道であると断言できるのかどうか。
なかなか、厳しい意見ですが、その通りだと思います。
また、それに耐えうるものを持っていないと、
人格が破壊されるという表現は、ありえることだと思いはじめました。
真実の道は、自分を真の意味で救ってくれるかもしれないが、
それは茨の道であることを、ここ何日か、実感しています。
自分の偏りが、そく鏡となって、自分の苦しみに変わるからです。
それも、マーヤーなのでしょうが、私は惑わされています。
私は、瞑想で、自分が救われて楽になると思っていました。
それは甘かった。よっぽど苦しいです。たまに美しいものも垣間見えますが。

真実の道は、真実だけでしかないのですね。
その覚悟や準備ができていないと、師は現れないのですね。
それは理解できましたが、すると、多くの人はどうやって救われるのか。
さらに深く難しい問題になってきました。
おっしゃるように、尊敬する師にご教示いただきながら学んでいきます。
(師は基本的に優しく話を聞いてくださいますが、多くはお答えになりません。
私の中に答えが出るのを待ってらっしゃる感じです)
その尊敬する師が、(そして私自身の経験も)マーヤーではないことを祈りつつ・・・。

色々なアドバイスやご意見をお聞かせいただきまして、ありがとうございました。
また、お話をお聞かせいただける日がありますように・・・。




587 :580:04/10/29 10:53:35 ID:ATRSye4F
訂正:果たして、それが真実の道であると断言できるのかどうか
   果たして、それが「他人にとっても」真実の道であると断言できるのかどうか

588 :だるしむ:04/10/29 22:08:36 ID:9Zv0MKWh
うむ、確かに、万人にとっての真実など、
存在し得ない。
存在しないのだ。

人がどんなに甘美な言葉を囁いたところで、
それは自分にとってはマーヤかもしれない。
そうでないかもしれない。
そんなことは分からない。

だが、自分にとっての真実
それを見出すことはできるだろう。
それを自分だけのものとして置けないがゆえに
争いや戦争が存在し続く。

589 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/30 00:11:18 ID:c+8X1kjm
自分にとって真実?
よくわからない、一生わからないかもしれない。
それでも曲がりくねっているけれど、方向だけは間違いないような気が、最近する。
でも苦しい道、やめたくなる時がある。

590 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/30 22:23:33 ID:c+8X1kjm
すみません。
スワミ・シヴァーナンダ師、スワミ・サッチダーナンダ師は、確かな人でしょうか?
書き方、変かしら。
お二人の師の教えは、信頼出来るものでしょうか?

591 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/31 08:20:08 ID:2Nw1aegZ
どなたか>>590レスについて、お願いします

592 :サンジェルマン:04/10/31 09:44:43 ID:r8IFxVXu
オーム クリヤ ババジ ナマ アウム!!


593 :名無しさん@3周年:04/10/31 09:46:50 ID:zGBdGLql
>それは茨の道であることを、ここ何日か、実感しています。

 そんなことはないよ。 
生きて、空気を吸っていること、それだけで真実だよ。
茨は茨。真実をそういうものに見立てない方がいいと思うよ。わざわざ見立てなくても
茨はいくらでもある。普通にそういうもんは避けた方がいい。
真実を見るというのは苦行とは違うでしょう。 そのまま見ればいいんです。

>スワミ・シヴァーナンダ師、スワミ・サッチダーナンダ師は、確かな人でしょうか?
>書き方、変かしら。
>お二人の師の教えは、信頼出来るものでしょうか?

 何のための信頼? 教えを信じてもいいかと言っても、教えの意味するところを
チャンと理解できるかどうかじゃない? 
 教えてもらうかもらわないか、それはどうでもいいとしても、その教えが信頼できるかどうかって
ところは最低でも自分で判断しないといけないね。
 教えなんてもんは、人間活動の1/10000くらいのもんでしょ。人間的には好感は持てても、
やってることはでたらめ、みたいな人はどう? そういう人はたくさんいる。そういう人とも付き合えるし、
排除するわけではないでしょう。
 教えてもらうんなら、教えそのものに注意した方がいい。人間的にどうのこうのとはまた関係ない。
「あれもこれも。こうでなくてはいけない。あの人は正しいけど、人間的におかしい。」そういうことを
ブーたら言っていたら、何にも学べない。
 広く構えていることがたいせつ。そうすれば、教えはどこにでも転がってるよ。わざわざインド人でなくても
学べることはいっぱいあると思うよ。
 ただ別の道もあるでしょうね。もっと鋭利に、もっと過激に道を求める人もいると思う。
そういう道を求めるなら、間の抜けた質問をするようではだめだね。もう少し中心を押さえないと。
すべてを、立ち居振る舞いすべて、2chだからと言って手を抜くようでは明らかにだめ。
もっと自分に厳しく、一つ一つの言葉を吟味して、本当に自分の言葉なのか。それとも、適当に
気が向いたから、話の種に話をしているのか、誰かがそのうち役に立ちそうなことをしゃべってくれるかも
知れないから。そんな態度でしゃべっていては全くだめ。
そういう風に思うのだが、どうでしょう。


594 :名無しさん@3周年:04/10/31 10:05:41 ID:EkeDDkoR

スレ違いでスマソですが、ここにTMの人、いらっしゃいますかー。

TM瞑想のスレが終わってしまって自分は立て方分らんので、
TMの人読んでたら、次スレ立てていただけませんか。
お願いします。


595 :まなみ ◆55nynIr58w :04/10/31 14:09:51 ID:2Nw1aegZ
>>593
レスありがとうございます。
全て、あなたのおっしゃる通りです。
教えそのものに、目を向けるべきと言われる通りです。
ついその人の行動から、話の内容まで、判断してしまいますけど、いけないことと思います。
2ちゃんだからとおっしゃるのも、その通りと思います。
最初は気を使っていたのに、慣れるに従い、わたしの意識がずれてきたように思います。
どうでしょうか、と言われても、全てあなたのおっしゃる通りと思います。
改めて様々なことを考えさせられる、わたし自身を返り見させられます。
ありがとうございます。
また気付いたものなど、お願いいたします。

596 :うげくり:04/10/31 14:10:27 ID:ka0Py4OZ
こんにちは、みなさん。
返答有り難うございました。

またも質問ですが、感情を突き放して観るにはどうしたら良いでしょうか?
いらだつ感覚、不安な感覚など、否定的(とされている)感情を持つとき、
あまりにも自分が動揺させられてしまいます。
じっと座って、感情を探るのでしょうか?
見つめるといっても、なかなか忍耐が続かず、すぐになげだしてしまいます。

だるしむさんがいうように、やはり己の真実を見つけるしかないのだなとおもっています。
そして、いろんな方がいわれたように、縁のあるやり方でやるしかなく、また、
今できる最高の準備を常に選んで精進するしかないのでしょう。

自宅にインターネットがつながっておらず、たまにしかのぞきに来れませんが、
いつもたのしく拝見しています。
それでは、失礼します。



597 :名無しさん@3周年:04/10/31 16:32:56 ID:zGBdGLql
>またも質問ですが、感情を突き放して観るにはどうしたら良いでしょうか?
>いらだつ感覚、不安な感覚など、否定的(とされている)感情を持つとき、
>あまりにも自分が動揺させられてしまいます。
>じっと座って、感情を探るのでしょうか?
 感情を探るということは大事なことですが、それ以前に
 不安な感覚やいらだつ感覚を「いけないから排除しよう」としないことだと思います。
「いけないこと」と思わないためには、それをはっきりと理解する必要がありますが、
理解するためには「不安」よりは最初は「恥かしさ」の方がいいと思います。
 たとえばあなたが「恥ずかしい」と思っていることを一つ実際にやってみると
いいかも知れません。(もちろん犯罪や不道徳なことをせよといっているのではありませんよ)

 あるとき、自分の顔が真っ赤になり、心臓がドキドキするような恥ずかしいことを
しましたが、普通ならそれは嫌なことですが、その時はそれがむしろ快感に感じました。
体の中をエネルギーが突き抜けていくのが理解できたのです。それは一種のマゾ的な感覚でしょう。
 それ以来、感情の動きを理解したため、それを抑制する必要を余り感じなくなりました。恥ずかしい時は
やはり恥ずかしいのです。ですが抑制しない方が逆に冷静でいれます。「嬉し恥ずかし」という
言葉があるように、恥ずかしいという感情は嬉しいにつながっています。
 以前皇居の周りを素っ裸で走った若い女性が逮捕されていましたが、何かそういうことをしたかった
のでしょうね。でもちょっと大胆すぎました。

 「不安」はサスペンス映画を好んで見る人がいることから、容易に快感に変わることが想像できますね。
「苛立ち」も独自の感覚がありますが、これもある緻密な快感に変わります。
私はそういうものを好んで行ういわゆるマゾではありません。冷静でクリアーな状態が好きですが、
感情の動きそのものは、忌避すべきものというより、湧き上がってきたらそれを楽しむべきものでしょう。


598 :580:04/10/31 18:21:51 ID:7ypHLpeA
>>593
レスありがとうございます。
私とは、違う観点からお話されていて興味深かったです。
ただ、息をして吐くだけ・・・それが普通に何も考えずにできない。
ただ、それだけのことと言える593さんが羨ましいです。
>>597さんのレスを読ませていただいて思ったんですが、
その不快な感情を感じることも、まだまだの私にとっては大事なことなのかと。
努力も何も必要なく、感じなくなるときがくれば感じなくなるかもしれません。

599 :COU:04/11/02 02:04:19 ID:3APIvuib
みなさん、こんばんは、お久しぶりです。

もう、書きこまないと言っておきながら、つい 入りこんでしまいます。

最近、また、なかなか、盛り上がっていますね。

思いますに、心理は一つ、真理は一つであろうと。つまり、わたしたちのこの意識、こころそのものが
菩提心なのです。「心理=真理」ということです。発音同じですからね。これって日本語の言霊ですね、やっぱり。

そして、焦る必要は無い。自分にあった瞑想や修行をコツコツやっていけば良いと言うこと。

それから、今の世相や世界情勢について一言。
今が正に一番くらい時、寒い時です。
しかし、直感的に優れている人には分かるでしょう。
いまは、午前4時半くらいと言うべきか、、、。
でも、これから、急速に夜が明けてきます。
あきらめてはいけませんよ。
もう駄目だ、世の中こんなものさ、とあきらめムードの人も多いが、
そういうのはほおっておきましょう。惰眠をむさぼらせておきましょう。
この掲示板見てる人だけは、目覚めていてください。ホントに夜明けは近いのですから。
自己の内的感覚を磨いていてください。

では、おやすみなさい。

600 :まなみ ◆55nynIr58w :04/11/02 03:29:09 ID:0V1dWPxq
>>599
わたしも、夜明けはもうすぐと思います。
変化の中、大変な時、明るくなることを信じて、真理を求めたいです

601 :名無しさん@3周年:04/11/02 16:34:29 ID:pldyJXm0
>>584
他者の救いとは何であり、どのようにしてあるのか、という問い

自分を救うことは自分にしかできない。
では、どうやって他者を救うことができるか?

ここ何日か色々感じ考えていました。
そして、今の私が思うこと。
それは、鏡になること。ではないでしょうか?
どう思われますか?お考えをお聞きしたい。

602 :名無しさん@3周年:04/11/02 17:15:43 ID:5nn0Q2Jd
「救うべき他人」など存在しない。

というような意味でクリシュナムルティも発言している。

「救うべき他人」を認識しているうちは、その人は誰も救い得ない、と。

603 :名無しさん@3周年:04/11/02 20:01:19 ID:pldyJXm0
>>602
いきなり凡人がそこに行くことはできない。
段階としてどうだろうという話。

604 :まなみ ◆55nynIr58w :04/11/02 20:19:44 ID:0V1dWPxq
>>602-603
究極的には、自己の救いのみでしょうか?
あるいは、他者を救うことが、自己の救いですか?
それとも、誰もがすでに救われてるのでしょうか?

605 :名無しさん@3周年:04/11/02 20:39:09 ID:xKs3uN/F
他者を救いたいという衝動が残っているうちは他者には構うなっていうこと。
救わなければならないあの可哀想な人たち、というのは実は自分自身の姿が投影されたもの。
ボランティア等に熱中する‘自分探しの若者’や‘暇を持て余す主婦’の姿。
彼らは、あのような活動をし続けることで単に不安感から逃げているに過ぎない。

606 :名無しさん@3周年:04/11/02 21:43:30 ID:rYUcszOI
>>601 慌てずに進んでいきましょう。
お話の要点は、「救われなければならないと思われる他者」と「他者を
救いたいと考えている自己」との距離、葛藤といえないでしょうか。

この葛藤、分裂がある内は、『鏡』たりえないでしょう。
もし貴方が『鏡』としてある時は、貴方は新しいアクションの中に
溶けていて、敢えてこの問いを発する事はありません。

さてアクションは、このスレッドで問題にされているkriya、そして
類縁の意味を持つ語であるkarmaと密接な関係がありますが、今はそ
れを暗示しておくだけにとどめましょう。


607 :まなみ ◆55nynIr58w :04/11/02 22:48:54 ID:0V1dWPxq
>>605
ありがとうございます。
お言葉、まさにわたしのことを言われてるようで、気付くものがありました。
自分の投影、言われると、そのとおりと思いました。

宗教などについては、いかが思われますでしょうか?
人を救うことについて、人を助ける、人を愛するなど宗教の教えについて、お話をお聞きしたいです。

608 :名無しさん@3周年:04/11/02 23:15:00 ID:cbGn42NE
このように心は寂静で純浄であり、煩悩はなく随煩悩を遠離して、
柔軟であり、常に活動しようとして、しかも安住して不動の状態にあるとき、
比丘は心を他心証解智に傾け注ぐのであります。
そして、彼は自己の心で、他の衆生や他の人間の心に徹して、次のように証知するのです。

貪欲ある心を貪欲ある心と証知する。貪欲を離れた心を貪欲を離れた心と証知する。
瞋恚ある心を瞋恚ある心と証知する。瞋恚を離れた心を瞋恚を離れた心と証知する。
愚痴ある心を愚痴ある心と証知する。愚痴を離れた心を愚痴を離れた心と証知する。
平静な心を平静な心と証知する。散乱した心を散乱した心と証知する。
広大な心を広大な心と証知する。広大ではない心を広大ではない心と証知する。
有上の心を有上の心と証知する。無上の心を無上の心と証知する。
定のある心を定のある心と証知する。定のない心を定のない心と証知する。
解脱した心を解脱した心と証知する。解脱していない心を解脱していない心と証知する。


609 :まなみ ◆55nynIr58w :04/11/03 14:10:01 ID:XIgq5GT2
>>608
すみません、前半難しくて意味かよくわからないです。
恥ずかしいですけど、漢字も読めなかったり。
後半は、絶えず自己の状態を認知するということでしょうか?
いつも認知するためにも、思考を働かせることでしょうか?

610 :名無しさん@3周年:04/11/03 23:29:27 ID:ZDSoPuUL
「過去や未来の色は空である、まして、現在の色は言うまでもない。
聖なる弟子よ、このように観る者は、過去の色を顧みず、未来の色を喜ばず、
現在の色において厭離して正しく滅尽に向かおうとするのである。
これと同じように、過去や未来の受・想・行・識は空である。まして現在の識は言うまでもない。
聖なる弟子よ、このように観る者は、過去の識を顧みず、未来の識を喜ばず、
現在の識において厭離して、正しく滅尽に向かおうとするのである」

このとき、諸々の比丘は仏陀の説かれた教えを聞いて喜び、修行にいそしんだ

611 :名無しさん@3周年:04/11/03 23:39:28 ID:U1uLZasL
>>606
お返事いただき、大変嬉しいです。
今は長いスランプの入り口に入ったと感じています。
まずは、この言葉を心に、瞑想を続けて生きたいと思います。
私は、貴方にお会いしたい。いや、いつかお会いできるのかもしれない
と期待しつつ、またの機会を楽しみにしております。

612 :サンジェルマン:04/11/04 18:28:28 ID:RbvsxwPH
オーム シャンティ シャンティ シャンティー!


613 :名無しさん@3周年:04/11/04 21:01:20 ID:yvatMjXk
>>608
沙門果経か?

614 :611:04/11/05 21:50:13 ID:q6B+LEEz
>>606
一点一点に過去現在未来がある。
しかし同時に、その瞬間その瞬間が切れているので
それが目に見える像となって私たちの前にある。
ということが、突然きました。
そのとき壁がゆがんで、自分のほうに迫ってきました。
でも、このことは、生きていくうえでどんな意味もないのに
なぜ、そういうことが浮かぶのか・・・。
まずは、現在の自分の生活を大切にしなければと思った矢先の出来事です。
自分が、自分だけがという
自我をなくしたいと痛烈に思う。
どういう方向を向いて生きていけばいいのでしょう。
606さん、見解をいただけると大変ありがたいです。




615 :うげくり:04/11/05 22:31:11 ID:/2zZd+rv
こんばんわ、みなさん。
返答ありがとうございます。

おっしゃるように、「たのしんでみよう!」くらいの気持ちで接してみようとおもいます。
そして、質問自体が弊害になっているんでしょう。

私の場合、否定的な感情や悲観は、暇であるからもしくは怠けている時に起るものだと思いました。
それは、今在る自身に対して疑いが生じており、その気持ちが悲観などを呼び寄せているのだと。
常に過剰な刺激(音楽を聴いたり、映画をみたり、友人と遊んだり)に慣れていると一人の時間を
退屈だと思ってしまったり、つまらないように感じてしまいます。
一人でいる時間にも出来ることはたくさんあります。
呼吸の観察であったり、瞑想であったり。

一人の時間を喜び己にとって有効に使うことが出来るようになりたいものです。
その為には、何を最重要にするのかということをしらなければならない。

世界は、自分が信じているものしか感じ取ることが出来ないように思います。
だからといって、よい世界を信じるというこを求めているわけではありませんが。

また質問します。
グルジェフはみなさんどのように感じていますか?
あまり読んではいませんが、納得できることが多々あります。
私は、いつも外見にとらわれるので、ラマナマハリシのような笑顔を好み、グルジェフの顔はあまり好きではありません。

ちがう話題を提供して申し訳ありません。

これよりますますこの場所が発展することを期待しています。

COUさん、ありがとう。
勇気をもらいました。



616 :名無しさん@3周年:04/11/06 05:26:10 ID:0j8ktUsq
長いことゴムホースを探して歩いた。ありとあらゆるゴムホースを調べた。
ゴムホースをある特殊な用途に使うためだ。数ヶ月も探し集めては実験を繰り返し
やっと希望のゴムホースに出会えた。ゴムホースのなんとありがたいことか。
 普段はあまり気づかないが、こういう経験をしてみるとゴムホースはいたるところに
利用されているのが分かる。いまでは無用の長物と化したゴムホースのサンプルも
愛着がわいて捨てられない。
 君らも、無用の長物と化したゴムホースをぶら下げているのかい?


617 :名無しさん@3周年:04/11/06 10:40:52 ID:rzxoj9N+
岩井さんちのゴムホース、返さねば。

618 :名無しさん@3周年:04/11/06 15:15:15 ID:c5GHC/2/
>>614
特に瞑想の初段階で人は様々な〈体験〉をします。しかしその〈体験〉の多
くは何であれ五感的な感覚の範疇に属するものであり、それ自体私たちが睡
眠時にしばしば見るリアルな感覚を持った夢と左程変わらないのです。

覚醒時であれ睡眠時であれ、人はそうした夢の〈意味〉を色々解釈しよう
とします。幾つかの解釈のうちの一つが心の流れに〈文脈〉を、〈歴史物語〉
を与える事が出来れば、人は満足するかも知れません。
こうして、人は意外とすんなり〈自己〉の語り部となります---同時に他者と
の間に、記憶と解釈からなる石を積み上げます---最早、その時は彼らが他者
や世界をそのまま観ることは難しくなっているのですが。

貴方がそういう強固な<自己の物語>の障害を、提出された問題の視野範疇
に入れているとしたら、貴方が既にご自分で答えを出しているように<体験>
の<解釈>は今後も一切不要なのではないでしょうか。


619 :名無しさん@3周年:04/11/06 16:31:38 ID:c5GHC/2/
(続き)自分という観念或いは感覚は、果たして同じ自分の意思に
よって「なくす」ことが出来るのでしょうか?私たちは即座にこの
設問自体に矛盾が含まれている事に気がつくでしょう。自分をなく
したいと思っている主体がまさに自分である以上、これを純粋に心
理的な操作の範疇でやろうとすれば心の病の元になる場合もあるで
しょう。
その問題を問い直すことと、貴方が尊敬すべき瞑想の師に就いて瞑想
を深めてゆく事は今後パラレルに進行するはずです。
* * * * * * * *
''As Lahiri Mahasyaya used to tell his disciples,'BANAT,
BANAT,BAN JAI!'−−−doing,doing,at last the job will done!'



620 :名無しさん@3周年:04/11/06 16:37:36 ID:c5GHC/2/
619訂正とお詫び:the job will done→the job will be done.

尚引用は’The Essence Of Self-Realization '(kriyananda,
India 1996)

621 :名無しさん@3周年:04/11/06 17:23:35 ID:zgURlboq
なせ、なせ、さすれば到達せん!

どこに?  真我に!

622 :614:04/11/06 17:39:50 ID:qwcHqMMj
>>618
いつも頂くお話は、文章にしていない部分も含め
求めてしまう以上のお答えを頂き、大変ありがとうございます。

自分が、自分のものというのが強すぎるのを自分で感じ、
そこが乗り越えられるまでは瞑想の師に接触するのをやめようと
一人で勝手にもんもんとしておりました。
しかし、心のありようで乗り越えられる問題ではないのですね。
自然に乗り越えられるときを待つ・・・。

(瞑想と日常生活を)何も求めずたんたんとこなす・・・。
ああ、この言葉は、瞑想に出会い、私の人生が動き出した頃から
頂くフレーズで、これで三回目であります。
すべてがその言葉に集約されているのでしょう・・・。
まさか、インターネットの師(勝手にそう呼ばせてください)にまで
頂くとは思っていませんでした。→英語の訳の解釈
今回も、ありがとうございました。




623 :名無しさん@3周年:04/11/06 18:00:25 ID:c5GHC/2/
適切なタイミングで適切な翻訳を下さったのは621さんでした。
ありがとう。

624 :まなみ ◆55nynIr58w :04/11/11 13:12:09 ID:UV43q5xO
>>621
真我や、悟り、解脱って、違うのでしょうか?

625 :サンジェルマン:04/11/13 09:44:52 ID:V9oSHCzK
クリヤヨガの系譜に関して
けっこう流派は複数あるが・・・・・・・
すべてがババジに祝福されているとは考えられないのだろうか?
それぞれの人に縁がある流派が、その人には最も適しているとは考えられないのだろうか?
どうかな?

626 :名無しさん@3周年:04/11/13 13:50:49 ID:+9SO3QCn
 祝福とは? 誰が祝福され、誰が祝福されないのか?

627 :名無しさん@3周年:04/11/13 23:36:02 ID:1jw2YqTz
551の豚饅がある時とないと時!じゃなかった!
ババジに縁がある人とない人!?縁がない人でも縁ができれば祝福されるし
ババジに縁がない人でも他のマスターや高次の存在に縁があれば
縁があったその方に祝福されるんじゃあないかなあ〜?
もちろん、縁だけではなくその後のその人のあり方にもよりますが・・・なんてね!

628 :だるしむ:04/11/14 00:27:50 ID:437oDudR
全ての人は。。神と関係を保持している。
いや、神との関りを断つことなんて不可能なのだ。
人は神によって生かされてるし、神もまた、人によって成り立っている。
なぜ、神は人を罰しないのだろうか?
それは、神はそこまで愚かではないということだろう。
もし、神が人を罰するならば、それは自分を罰することになる。

神は、人間のように狂ってはいない。

629 :名無しさん@3周年:04/11/14 00:58:11 ID:6onyFoLE
神に選ばれていない人など一人もいない。
神は全ての人を無条件に愛し、導いているのだと
鈴木秀子さんとEキューブラー・ロスの本を読んだとき
実感しました。

630 :名無しさん@3周年:04/11/15 01:02:55 ID:n5cTQ44T
オレは神だけど、そんなに博愛主義者じゃねーぞ。

631 :まなみ ◆55nynIr58w :04/11/15 13:40:21 ID:JZj5E9gk
>>628
とても同意出来ます。

632 :名無しさん@3周年:04/11/15 18:53:08 ID:69Oeftsq
 愛とはシンプルなものかね。それとも複雑な構造物なのかね。
シンプルでもあるように思えるし、そうでないようにも思える。単純な人間が
博愛主義を実践しようとすると直ぐに行き詰る。鈴木秀子は愛に満ちた人だと
思うが、決して単純ではない。多分博愛も困難だろう。困難を巧みに、巧みに
手際よく処理するのだろうか? お頭の弱い気心のやさしい娘が博愛を実践する
なら、それはパンパンかもしれない。カルトかもしれない。とてもまともには
見ちゃいられない。


633 :名無しさん@3周年:04/11/16 22:51:44 ID:uDmWrFnY
>>632
愛とは、相手が望むようになんでも受け入れるってことではないのでは?
崇高な存在と一体となった状態で、本当に必要なものを必要なときに必要なだけ
与える。あるいは、何もしない(ことを選ぶ…本人にさせるため)。
時には厳しさも突き放す冷たさも含まれているように思う。
それでも、根底に相手に対する思いやりがとぎれることなく存在すること。
それが、愛だと思う。

634 :Rahiri:04/11/18 15:57:30 ID:L/W4AyzA

いのちが愛です。生命そのものが愛なんです。

生きることは全て[生命の表現]だから それがそのまま愛すること 。。。



635 :名無しさん@3周年:04/11/18 16:59:42 ID:rej4YQgF
言葉だけなら中学生にだって言えるねw

636 :Rahiri:04/11/18 17:23:28 ID:L/W4AyzA

いえ 幼稚園の子にだって言えます♪ (^^;ゞ



637 :名無しさん@3周年:04/11/19 00:05:01 ID:JmPy0uUo
言葉にする事も大切だ〜。

いい言葉をありがとう!Rahiriさん。


638 :名無しさん@3周年:04/11/19 00:29:57 ID:89Ap1pOV
ポー  「肉体を鍛える目的はより大きな力を見出すためだ」

ケイン 「先生、より大きな力とは何ですか」

ポー  「己自身を空しくする者が内なる力を得る」

ケイン 「手足よりも身を守る役に立つのですか」

ポー  「心が危険を感じないときは危険は存在しないのだ。
     魂の戦士となるときすべての恐怖は消え去る。
     掌に舞い降ちる雪が溶けて消えるように」

639 :名無しさん@3周年:04/11/19 00:30:48 ID:89Ap1pOV
ケイン 「先生、内なる力はどのようにすれば得られるのですか」

カン  「すべての他者と一体となることによって得られる」

ケイン 「敵対する者にはどのようにするのですか」

カン  「炎と氷が相対したらどちらが勝つかな?」

ケイン 「氷です」

カン  「炎は消えるが、しかし氷も溶けて水になるのではないかな?」

ケイン 「では炎ですか」

カン  「相手の力を知ろうとしない者はすなわち負ける。
     未知のものを恐れるところに危険が生じる。
     恐れが無ければ危険も存在しない。
     虎と人が別々の存在ならば人は虎に襲われて死ぬだろう。
     しかし虎と人がひとつのものなら、すなわち恐れはなく危険もない。
     虎が己とひとつのもの、すなわち己自身を襲うはずがないではないか。」


640 :名無しさん@3周年:04/11/19 00:31:41 ID:89Ap1pOV
少年時代のケインが数人の子供達に袋叩きにあっているところへ
ポー先生が通りがかり、子供達を追い払いケインを助ける。

ケイン 「ありがとうございました、ポー先生。
     おかげで助かりました。」

ポー  「お前のためにしたのではない。わしのためだ。」

ケイン 「でも、みんなは私を異国人だと言っていじめたのです。」

ポー  「わしがまだ子供のころだ。はい上がることもできぬ深い穴に落ちてしまった。
     わしはそのままそこで死ぬかと思ったがな、通りがかりの知らない人が助けてくれた。
     その時その人はこう言った。
     『昔人に助けられたお礼に自分は10人の人を助けねばならぬ。
      その10人がまた10人を助ける。
      小石を投げると水の輪が広がるようにそうして善行が広がっていくのだ。』
      とな。
      わしはそのお返しをした。
      今度はわしがお前に対して貸しを作る。
      お前は10人の人を助けてその貸しを返すのだ。」   


641 :Rahiri:04/11/19 09:49:30 ID:rzgHaZHA

それ↑に関連した逸話です。

日本の ある拳法家が、中国を旅して何人もの拳法の達人と会って来たそうです。

で、全員が実に穏やかで柔和で およそ戦いとは無縁にさえ感じられるような人たち
だったそうです 。。。 それで 彼の[無敵]という概念が変わりました。

他の一切の存在と対立しない 敵対しない、ということが文字通り[無敵]なんです
よね それは武道の極意でもあるようです 。。。。 (^^;ゞ


642 :名無しさん@3周年:04/11/19 23:53:57 ID:rH7rcsgg
>>619 インターネットの師へ
あれからご無沙汰致しておりますが、今日少しお聞きしたいことがあって参りました。
今日出会った言葉があります。これは、観世音菩薩の解説文にあったのですが、
「鏡が私たちを映しているように、仏像を拝むのは自分の心を知る営みに他ならない。」

確かに、私たちは、自分の姿は自分で見ることはできません。
そこで、他人なり、仏像なり、何らかの対象物に自分を映して、自分を知るわけです。
そのとき鏡自体は透明な存在になり、鏡の向こうの私とこちらの私は同じである。
鏡(他人)に映し出された自分を見ているとき、すなわちそれが自分になります。
逆も真です。自分が相手を写す鏡になったとき、自分は透明な存在になり、相手と溶け合います。
それが分かったからと言って、どうだって言うことはないのですが、
これから自分が成長していく上で、大切なキーワードになっていく気がいたします。
どうか、又、厳しく深いメッセージをお待ちいたしております。


643 :だるしむ:04/11/20 00:09:52 ID:1nUf94cM
Mではなくて、Sになりなさいw

644 :名無しさん@3周年:04/11/20 00:22:36 ID:4CaIvwBj
だるしむ
座布団10枚!!
ヨギの基本姿勢はSにある。
Mではどんどん知らず内に自らに殻を作ってしまうよね・・・・・。

645 :名無しさん@3周年:04/11/20 08:45:04 ID:x30roaHg
>>643,644
Mではなくて、Sになれ。
Mではどんどん知らぬ内に自らに殻をつくってしまう・・・
自らに殻を作るというのは、具体的にどういう意味ですか?
私の場合、相手と意見が合わない場合、自分の内側を壊すので
すごくきついのです。現に今、あることないこと師に吹き込む人の存在に
苦しんでいます。その人が、師の寵愛を自分だけ受けたいのは分かるのですが。
Sになれというのは、自分の感覚に自信をもって跳ね返していけという意味?


646 :Rahiri:04/11/20 10:02:48 ID:id2FKsdU

645さん、こんにちは。

そんな人は 相手にしないのが一番です。

そういう人が存在するという事実は事実として、それによってあなたが苦しむと
いう必然性は本来無いんです 。。。。

また もしも[師の寵愛を自分だけに受けたい人]によって、影響されてしまう
ような師であれば、師事する方を換えることも視野に入れなければならないかも
知れません 。。


647 :名無しさん@3周年:04/11/20 12:19:48 ID:x30roaHg
>>646
Rahiriさん、ありがとうございます。
神はおられると言うことを教えてくださったのが、その師です。
瞑想を教えてくださったのも師です。
本当に影響されておられるならば、つらいですが、そうせざるを得ないでしょう。
瞑想によって、自分の内側に深く入っていったとき、そこに(自分という枠を越えた)
苦しみも哀しみも存在するんですが、師は、出来れば楽しく・・・と私におっしゃいました。
その時から、この疑問が、大きくふくらんでいます。ファンクラブのみんなと楽しくやっていこう
と思ってらっしゃるように思えてなりません。
真実か幻かという問いにも、自分の中で答えが生まれつつあるのですが
そういうまじめな問いには、まったく答えてくださらないのです。
私がやるべきことをなすことができ、その時また、新たな師が現れてくださることを
神に祈るしかないのかもしれません。
個人的なことでスレを汚してすみません。



648 :名無しさん@3周年:04/11/20 12:22:51 ID:/9Tkcl/a
だるしむや私の深い意味のある言葉を汲むこともできず
”そんな人は・・・・・”とくるのはRahiriも底が浅いな(ハァ〜)

Rahiriの様な人間はヨガごっこ、哲学ごっこと言うのだ。
こういう人間は真理がいたる所に偏在している事実をいつも見逃す盲目なのだ。

実社会で喩えれば、キチッとしたスーツを身に纏いエリート意識が強いビジネスマンが
Rahiriだ。
そして、たまたま居合せたレストランか何かで建設現場で活躍する土工風の男達のやや
品の無い会話を聞いて、潜在意識の奥底で見下して”私は彼らとは違う”などと思っているの
がRahiriタイプなのだ。
が・・・どこも違わない。全く以って何も違わないのだ。
彼らは表現の仕方、仕事の種類、更に言えば生き方が違うだけで、彼らの人生、やや品の
無い会話の中にも生きることそのものの力強い真理がある。

まあRahiriには、理解できんかもしれんが・・・・
これではクリヤヨギの底が知れる。

649 :名無しさん@3周年:04/11/20 12:55:56 ID:x30roaHg
>>648
それは、私にも言っておられるのでしょうか?
下品な話をそれもきちんと伝えられなくてすみません。
自分が特別な存在と思っているのではないのですが…。
むしろ、そこでは、逆です。光の中に私は存在しないのですから。

>>648さんが、言っておられることも分かります。
朝起きて、労働して、悦びも哀しみも味わいながら、
満足して一日を終えることの尊さを。
そう言う方は、自分を知っています。足ることも知っています。
でもそこで、エリートなんてと見下してしまったとしたら、
それは同じ穴の狢ではありませんか??





650 :名無しさん@3周年:04/11/20 13:56:11 ID:/9Tkcl/a
君は私の放った言葉を真に理解していない。

喩え話しに屁理屈をこねるは時間のむだ。
君に今、最も必要なのは沈黙の行だ。

人に話したり、話されたりすることで安心を得ようとするな。
自分自身と誤魔化さず向き合え。

実はRahiriより君の方が器がでかい。気付いているかね?

よってこんなところに書き込む事は、君にとって必要ない。
沈黙を通して自分自身と向き合え。

651 :名無しさん@3周年:04/11/20 14:18:08 ID:TH2BJG2c
マハサマーディ直前の写真見てゾッとしたよ>あるヨギの自叙伝。

652 :Rahiri:04/11/20 14:53:27 ID:id2FKsdU

あはははは ・・・ 実に楽しい批評&分析を ありがとうございます。

ヨガごっこは 大当たりです♪ 。。。 自分自身としては真剣にやってはいても
所詮、そんな程度というのはおそらく真実なのでありましょう 。。

ただ どちらかというと実際には私は そのレストランに来るドカチンのタイプの
方なんですけどね 。。。。。 (^^;ゞ



653 :名無しさん@3周年:04/11/20 19:55:30 ID:37gNf4qE
>>642
海の者とも山の者ともつかないインターネット上の記号を安易に「師」
と呼ぶことは危険と思います。

さて、くだんのお話ですが、観音avalokiteshvaraという言葉は興味深
い表現であるにせよ、いまはそれに拘泥せず、沈黙が相応しいように思
います。

時として、誰か〈他人〉が、『そう!〈きみ〉は〈鏡〉に〈なった〉んだ
よ。その〈意味〉はね…………』と語ってくれるかも知れません。

しかしそんな言葉に絡め取られる遥か以前に、貴方の語られた体−験が文
字通りであったならば、傍らに揺れる木々の葉っぱ一枚一枚が、花の花弁
に反射する太陽の光が、遠く上空を軽やかに流れる風が直ちにそれを告げ
ていたことでしょう。

もしそんな時、そばに貴方の〈師〉がおられたら、ただ、にっこりと微
笑んでくださるかも知れません。そこで貴方はその時〈師〉の何たるか
をわずかに理解するでしょう。

ご精進をお祈り致します。



654 :名無しさん@3周年:04/11/21 12:20:35 ID:g+K40fmD
>>653
ご返答ありがとうございます。

確かに、全然顔も分からない誰かを尊敬することの愚かさは
承知しています。ですが、そのお言葉から感ぜられる深い何かは
そのリスクを越えてあまりあります。

今、沈黙を通して、自分の内に深く入っていく作業を続ける
それは、私も感じておりました。自分のモノではなく、
何かに触発されて分かったような気になっている自分の浅はかさが
恥ずかしくもあります。

私は、どこに行こうと思っているのでしょう。
そして、どこを目指しているのでしょう。
それすらも今は分かりません。
師が、どこへ導こうとしているのかも含めて。
(その中に、自分が含まれていることも今は信じられません。)

二つ信じられることは、沈黙が大事だということ。
自分の内側への旅を続けること。

いつも、ご相談ばかりで澄みません。
ありがとうございました。


655 :Rahiri:04/11/21 15:23:55 ID:Mg8pR54S

>私は、どこに行こうと思っているのでしょう。
>そして、どこを目指しているのでしょう。

既に あなたの深い意識に於いては、それは明確になっているはずなんです。

沈黙が大切だというのは、心の奥で明確になっているものを、表面の意識が
気づく為に必要なひとときを持って下さい という意味なんです 。。。。

自分自身を ただただ感じてみて下さい。


656 :名無しさん@3周年:04/11/22 19:45:42 ID:0NX/s7b7
ところでRahiriちゃんはクリヤヨギなの?
やはりマハサヤ直系のクリヤじゃないとダメだと思う?



657 :Rahiri:04/11/22 20:21:38 ID:gYZw6kE6

いえ そういうわけではないんです 。。。

申し訳ありません 。。。 m(_ _)m 。。。 ペコッ

クリヤヨガというのは 非常に特殊な呼吸法を使うんですよね 。。。

それによって自我意識を超えるというか偏性意識状態になり易くするらしい
のですが、ちょっと肉体的な危険性もあるように聞いております。

(すいません、これに関しては私にはこの程度の知識しかありません)。

で、自我を超える 或いは自我執着を滅するという観点からすれば、決して
クリヤヨガだけというわけではありませんし、霊的修行の道というのは個人
個人の適性というか 自分に合った方法というものが必ず存在していて、更に
それが大きくは民族によってもあるみたいなんですよね 。。。。

で、日本人の場合、インドの人とはまた違った霊的なチャンネルというのか、
日本人固有の専用回線のようなものがあって、霊的覚醒にはそっちを利用する
方が賢明だという話もあるんですよね 。。。。


658 :名無しさん@3周年:04/11/22 20:36:04 ID:0NX/s7b7
>>日本人の場合、インドの人とはまた違った霊的なチャンネルというのか、
>>日本人固有の専用回線のようなものがあって、霊的覚醒にはそっちを利用する
>>方が賢明だという話もあるんですよね 。。。。

すごく説得力がある説だね・・・・もっと詳しく語ってほしい・・・・
おながいしましゅ。


659 :Rahiri:04/11/22 21:01:16 ID:gYZw6kE6

肉体というものは ある意味 霊的修行の道具とも言えるわけで、同時に肉体を
持って生きるということは、その手段そのものと言えるわけですよね 。。。

そうすると それぞれの民族の長い歴史の中での文化とか習慣とか、或いは食生
活なども全部ひっくるめた上で、その民族固有の[意識のカタチ]のようなもの
が形成されるらしいんです 。。。 それ自体は目に見えないけど 。。。

もちろん魂そのものには人種とか民族というものは関係無いのですが、それでも
日本人として生まれてきたということは、その人の魂と この地のそういうもの
とが[引き合った]ということだし、縁があったと言えると思うんです。

そういう意味に於いて、私たちには共通した霊的素養というのか意識のスタンス
みたいなものがあるので、必ずしもインド人の行法をそのまま行うよりも、多少
日本人向きにアレンジするというか、私たち独自のものをベースにした方が効率
的だろうという話なんです 。。。

カレーにしても 日本でアレンジされれば『インド人もびっくり』(古い)なわ
けだし、ヨーガに於いても それは一理あるだろう ・・ と私は教わりました。




660 :Rahiri:04/11/22 22:02:29 ID:gYZw6kE6

では[それ]は一体何なのだろう? ということになります 。。。

私たちには大昔から『人間はいつでも神と一体になれるのだ』というような信仰が
あり、『神(創造主)は初めから人間には 楽しみと喜びしか与えてない』という
ある種 能天気というのか極めて大らかにして無邪気な宗教的・思想的背景があり
ます。

つまり他の宗教では飲酒を禁ずるものも存在する中で、私たち日本民族は酒を飲む
ことは神の恵みを戴くことそのものであり、みんなで酔って楽しく盛り上がること
は、神への感謝と喜びの表現そのものである という認識がありました。

掟や戒律や 禁断というような概念も無く、人間は大いに楽しみ、喜び、神の恵み
をひたすら歓喜して享受すれば良いのだという宇宙観を持ち、それをベースにした
宗教観(古神道)は決して単なるお気楽でもなければ稚拙ということでもない真理
の1つの側面を的確に捉えたものであろうと思うのです。

インドヨーガの世界では まさに達人の域に達して初めて体得される 大いなる
至福と歓喜の世界が、私たちには日常の当たり前のこととして古くから認識され
ていたのであります。

つまりこのような考え方が自然に出来るという宗教観、霊的背景が、私たちの持つ
伝統的なものであり、ここに私たち独自の霊的チャンネルが潜んでいるのでありま
す。


661 :Rahiri:04/11/22 22:17:35 ID:gYZw6kE6

自分は もともと神と1つなのだという安心感、自分とは本来 神そのものなのだ
という自己信頼を取り戻すことこそが、私たちにとっての霊的覚醒への民族的伝統
的近道なのだと思うのであります。

すなわち、普通の人間が特別な修行をして神となって 特別な存在となるわけでは
決してなく、初めから神そのものである自分が 肉体を持って普通の人間として
[ただ生きていけば良い]ということなのであります。

これを根本として、瞑想にしても呼吸法にしても 様々なマントラや ムドラーや
観想法でも 自由に大らかに好きなように行じれば良く、その基本理念はあくまで
も、『元来そうだったことを思い出すだけ』であり、『初めからずっとそうだった
ことを再確認するだけ』ということなのであります。

一部の他の宗教などにある、神と人間とを必要以上に遠ざけ 距離を作ろうとする
ような修行態度は 私たちには本来無縁のものなのであります。


662 :名無しさん@3周年:04/11/23 00:44:50 ID:inXMjv2T
と言う事は日本人には古神道辺りが、一番霊的覚醒には適当ではないかという事が
成り立つわけですか?


663 :Rahiri:04/11/23 00:49:04 ID:T62NQJb1

そういうわけではないんです。 そこまで限定して捉える必要は無いんです。

そうではなくて、霊的修行に於いては[自己信頼の確立]ということをキーワード
にして 様々な行法に取り組まれたら良いのではないか ということなんです。


664 :名無しさん@3周年:04/11/23 01:08:43 ID:4moZ9mET
>>mr.‘rahiri’,

NEVER TEACH OTHERS TO MAKE ARRANGEMENT IN KRIYA SADHANA!!

THIS IS ONE OF THE MOST IMPORTANT TEACHINGS OF

‘SHRI SHYAMA CHARAN‘LAHIRI’’.




665 :665:04/11/23 12:22:46 ID:DjbDDGVD
古神道ってよく聞くけど実態としてあるん? この間神官と話したけど、
免許を適当にもらって、農作業の合間のアルバイトをしているみたいな
感じだったけど。 実態としてはそんなもんじゃないの。



666 :665:04/11/23 12:25:21 ID:DjbDDGVD
>観想法でも 自由に大らかに好きなように行じれば良く、その基本理念はあくまで
>も、『元来そうだったことを思い出すだけ』であり、『初めからずっとそうだった
>ことを再確認するだけ』ということなのであります。

多分俺もその伝統をもってるね。こういうところはよく分かる。よく分かるがしかし
インドも面白そう。


667 :名無しさん@3周年:04/11/24 14:28:45 ID:+a1MvcJq
ごめん テスト送信!


668 :名無しさん@3周年:04/11/25 23:03:16 ID:1RZcF3W3
Rahiriって○橋さんでしょ?
真作さんのメーリングリストにも参加してましたよね。

669 :Rahiri:04/11/26 08:33:31 ID:LYP65pky

668さん  そうです♪

で、今回の私の一連の投稿に関して、御説明申し上げますと、皆様が投稿フォームの
[E−mail]の欄に適当な文字を入れられますよね 。。。。
何か文字を入れさえすれば、投稿者の欄が 緑から青に変わりアンダーラインがつき
ますよね 。。。

実は私の自宅のPCでは、その欄に[age]と打ち込まれた方だけに対してPCが
誤動作の反応をしてしまい、私の親友の名前が表示されました。

『えっ? まさか!!』と思ったのですが、投稿者をクリックすると全部彼のアドレス
かのような表示となり、驚きました。
あたかも彼が1人で2役3役をやって投稿しているかのようでした。
当然彼にメールしたのですが、彼は全く記憶に無いと返事します。

しかも偶然、私が投稿し始めたとたん、E−mail欄に[age]と打ち込む人が
いなくなったので、彼が私に気づいて投稿を控えたものと勘違いしてしまいました。

それで ここの趣旨から逸脱する内容の投稿をたくさんしてしまいました。
御迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした 。。。

一方、職場のPCで確認すると 彼のアドレスは表示されず、[age]と出ます。

で、自宅のPCのメールソフトのアドレス帳から 彼のアドレスを削除するとちゃんと
[age]と表示され、彼のアドレスを登録しなおすと再び彼のアドレスが表示されま
したので、PCの誤動作であることが判明しました。

お騒がせして 大変申し訳ありませんでした。深くお詫び申し上げます。。。。

 

670 :名無しさん@3周年:04/11/26 09:21:48 ID:/xu2dJC8


671 :名無しさん@3周年:04/11/26 10:17:12 ID:88i0IW2I
エッ?Rahiriってラヒリマサヤの霊体じゃなかったの?
な〜んだ・・・・・・
普通の人間だったのか・・・・・
チェッ、

672 :名無しさん@3周年:04/11/26 10:17:49 ID:88i0IW2I
訂正
ラヒリマハサヤ

673 :名無しさん@3周年:04/11/26 10:21:13 ID:xRFAHnB4
裸秘痢 昌也

674 :名無しさん@3周年:04/11/27 03:30:42 ID:WJ7GUIKs
>>650
MではなくSになれ。
その意味がやっと分かりました。
自分の内側を壊す作業は大事です。
その時にSになる必要がある・・・。
ありがとうございました。


675 :名無しさん@3周年:04/11/27 12:27:15 ID:bSrIvvn/
>>674
善いかな。善いかな。
>>自分の内側を壊す作業は大事です。
これは現代には伝わっていない一部の秘密として、実はシヴァが伝えた行法の中に
”シヴァのハンマー”という秘伝がある。
これは文字通りシヴァのハンマーでエゴ、自我を破壊する真骨頂なのです。
元来、シヴァが破壊神と呼ばれるのは実はここから来ています。

一般にヒンズーでは”宇宙の創造と破壊”というニアンスでの破壊神と思われているが
真の道理は、シヴァのハンマーがエゴ、自我を破壊するところから来ています。
個人にとってエゴ(自我)が破壊されるのは、あたかもこの世が崩れて無くなるかの
如くの錯覚さえ起こすので、エゴ(自我)から見れば宇宙が破壊されるかの如くに
錯覚するのです。これが破壊神シヴァの真の道理です。

676 :名無しさん@3周年:04/11/27 12:36:35 ID:bSrIvvn/
そして”シヴァのハンマー”は大黒天の打ち出のこずちに引き継がれています。
大黒天の打ち出のこずちは、振れば振るだけ金、銀、財宝が飛び出てくる、無尽蔵
に富を生み出す不思議なアイテムになっていますが、実はここにも裏の道理があります。

つまり大黒天とは元々シヴァ神のことであり、打ち出のこずちはシヴァのハンマーから
来ています。つまり、打ち出のこずちの真の道理は、物質的に金、銀、財宝を生み出す
ということではなく、打ち出のこずち(シヴァのハンマー)によってエゴ(自我)を破壊
すれば、そういう人に富がいくらでも自ずと集まる。もしくは、真の富とはエゴの無い
普遍意識、世界だという道理が隠れているわけです。
それゆえ、エゴの強い人ほど、打ち出のこずちで肩を叩かれれば重荷となって
子泣きじじいに、乗られた様に動けなくなるという道理です。

677 :名無しさん@3周年:04/11/27 12:43:47 ID:bSrIvvn/
そしてシヴァは何千年も前に、インドのある平野に暮らしていた青色人種の
リーダーとして実在していました。
現代でも白色人種、黒色人種、黄色人種とある様に昔は青色人種も確かに存在
していたのです。
日本の古文献にも青色人種に関しての記載があります。
クリシュナも青色人種です。
そして実際にヨガを伝えたのがシヴァです。
ですからシヴァ、アガスティア、ボーガナタル、ババジ、マタジといったシッダ
達の伝統の源流には最も進化した人種、青色人種無しでは語れません。

678 :名無しさん@三周年:04/11/29 04:09:13 ID:CSXMlRjq
ラーマクリシュナの正体はババジが「二段変身」した姿ではないの!?
最近手塚治虫の「ブッダ」と「サンダーマスク」を見返して見て思いついただけだけれど。


679 :西風:04/11/29 22:04:34 ID:M/MsEu/D
そういえば、幣立神社(神宮)に五色人種について語られていたような・・・。
んで、赤がネイティブアメリカンで青がシヴァやクリシュナ達で五色がそろったってわけ!?

680 :名無しさん@3周年:04/11/29 22:44:13 ID:Sl2KEkO+
>>679
ご名答!!

681 :名無しさん@3周年:04/11/30 00:01:10 ID:/1fPDdX1
恐らく軽い気持ちなのだろうけれど、「肌の色の違い」をこんなとこ
ろで蒸し返すのはどうでしょうか。

「肌の色」と「最も進化した人種」つまり「優れた人種」を関連付け
るという思想は危険な匂いがするのは小生だけではないでしょう。

因みにシヴァが常に青い色で描かれるわけでなく、白色で描かれる例も
多々あります。むしろヴィシュヌの方が圧倒的に青い皮膚で描かれます。

また大黒天が小槌を持ったのは大黒天が日本に入って様々な集合を経た
後のことであるというのが定説で、インド、中国では小槌やハンマーを
持った大黒天像の作例は殆ど無いのではないかと思います。

イマジネーションを個人的に楽しむ分には良いと思うのですが、ヨーガ
の伝統や思想としてインドにこういうものがあり、歴史はこうだよと言
う場合はもっとよく調べて慎重であることが大切です。


682 :西風:04/11/30 01:06:46 ID:aYnvCrLN
私は別に他意はない!

683 :名無しさん@3周年:04/11/30 03:00:13 ID:YOqGFfUX
>>675 いい霊的トリビアだ…120無量大数へぇ〜

684 :名無しさん@3周年:04/11/30 12:48:58 ID:yt5ktlkf
>>681
世界の神々の歴史、古代文明などは歴史的に不明なことも多く1歩踏み込むには
霊的洞察力と直感、そしてある意味イマジネーションもなければ発展しない。

シヴァから伝わった”シヴァのハンマー”という行法があるのも事実。
大黒天はインドではシヴァ神の夜の姿、「マハーカーラー」と呼ばれていて「カーラー」
とは「黒い 青黒い」という意味である。
つまり青なのだ。

何も歴史的、神像、仏像などの美術品だけから読み取ることが全てではなく裏の
背景、洞察も必要である。

シヴァ達青色人種が住んでいた具体的な平野名、時代も列記できるがこの場では
まあこの辺で留めておこう。

685 :名無しさん@3周年:04/11/30 22:45:47 ID:/1fPDdX1
カーラ(kAla)が黒色、或いは時間を意味するのは常識以前の範疇です。ま
たきつい言い方になりますが、サンスクリットのカタカナ表記を誤るようで
は、684さんが「シヴァのハンマー」なる「行法」が実際に伝わっているか
どうかを検証する以前の段階にあるのではないか、とも感じます。

「つまりは青なのだ」というのも強引な言い方です。ある言葉がカヴァー
する色彩のスペクトルは民族や言語によって全然違います。因みにインド
では濃青色、紺色、青黒色、黒色はblack color一語の範疇に入るからで
す。

「霊的洞察力」「発展」も結構ですが、これまでの常識レベルのインド史
が正確に理解されてからのお話ではないかと思いますが如何でしょうか。

ついでですが某神社の五色人種説に基づく祭礼は何でも「古来から伝わって
いる」という宣伝ですが、その由来は幾ら古くても明治より以前には遡るこ
とはないでしょう。












686 :名無しさん@3周年:04/11/30 23:44:33 ID:RKvo8/V0
>>カーラ(kAla)が黒色、或いは時間を意味する
いや 黒色 または 青黒を意味し実際にシヴァ、クリシュナ他も青黒く描かれる
ことも多い。

>>きつい言い方になりますが、サンスクリットのカタカナ表記を誤るようで
>>は、684さんが「シヴァのハンマー」なる「行法」が実際に伝わっているか
>>どうかを検証する以前の段階にあるのではないか、とも感じます。
きつい言い方ではなく、ただのあげ足を取ると言う。
さらに、あなたに検証できる範疇ではないと思う。

>>「つまりは青なのだ」というのも強引な言い方です。ある言葉がカヴァー
>>する色彩のスペクトルは民族や言語によって全然違います。因みにインド
>>では濃青色、紺色、青黒色、黒色はblack color一語の範疇に入るからです。
実際に青黒く描かれる場合も多い。
日本の古文献にも青色人種の記載がある。これも一つの事実。

>>常識レベルのインド史
あなたの言う常識レベルのインド史を是非お教え願いたい。

>>ついでですが某神社の五色人種説に基づく祭礼は何でも「古来から伝わって
>>いる」という宣伝ですが、その由来は幾ら古くても明治より以前には遡るこ
>>とはないでしょう。
そうなのですか・・・・。
是非、根拠を教示願いたい。(素朴に知りたい)



687 :名無しさん@3周年:04/12/01 16:39:56 ID:Xs1gLD3P
>MではなくSになれ。
>その意味がやっと分かりました。
>自分の内側を壊す作業は大事です。

それはMってことじゃないの?


688 :名無しさん@3周年:04/12/01 22:36:05 ID:V3RnNm8R
>>686 
sktのKAlaはapte辞書では先ず筆頭に‘black',とあり、次いで‘dark-bule
color'とあり、monier辞書もこれに略準じます。梵和では色に関しては「黒」
「黒色」という漢訳の例しかありません。一般的にsktで青色blue colorという
場合、ニーラnIlaという別な語があります。ここで685の私の書き込み、「kAla
は黒色を意味し」は修正されねばなりません。しかしこの誤りを訂正しても、
shivaやkRShNaがイコノグラフィーにおいて青い皮膚で描かれることをもって、そ
れを即インド人が用いる「青色」とすることは出来ませんし、また日本語の「青色」
とも異なるのです。それは再度申し上げますが彼らにとってはその青色で表される
色はblack colorの範疇にあるからです。ましてやその図像的な色彩だけを取り上
げて「‘青色’人種」なる「人種」がインド亜大陸の何処かに存在したと断定し、
何も知らない探求者にさも本当であるかのように示唆するのはナンセンスを超えて
います。

またこれは揚げ足取りではありません。例えばシヴァのハンマーなる用語が何かの
古文献の中にあり、それがどのような意味で用いられているか、またそれが行法
と呼べるものなのかどうかを結論するには原書に直接当たるか、それを批判検討
することによってでなければならないからです

689 :名無しさん@3周年:04/12/01 22:37:00 ID:V3RnNm8R
私の予想では686さんの言葉使いからはシヴァのハンマーなる言葉が記されている
古文献を自ら当たって発言しているのではないと考えています。更に個人的にはそ
のような古文書なり文献が存在することそのものを疑いの目で見ております。しかし
、sktに限らずプラークリットでも、或いは他の地方語で書かれていてもいいのですが
、「古代から伝わっている」ことを証明できるような古文書、文献、碑文の存在がこ
の場で明記できるならばお話は別であり、貴方にそれが出来るのならばこの一点に
関しては私は非礼はお詫びすることでしょう。

私の言うインド史の常識において、学者達によって人種的特徴について主立ってこ
れまで取り上げられたのは、インド亜大陸の最初期の先住民族と言われるムンダー
人、その後西アジアに発祥を持ち移住してムンダー人と混血するドラヴィダ人、更に、
中央アジアからBC17世紀頃にパンジャーブに侵入してくるアーリア人であり、前二者
は色黒、扁平鼻、短躯等の身体的特徴をもち、これに関し後者は色白、高鼻、長
身であっただろうということだけで、それ以上のことは分かっていない、ということです。
これくらいしか分かってないインド史の現状から、青い皮膚を持った「青色人種」なるも
のの存在が史学、考古学、また現存するヒト種において生物学的に確認されたという
ことはこれまで聞いたことがありません。もしそういう研究があるのならばその所在を教え
て頂きたいものです。

690 :名無しさん@3周年:04/12/01 22:37:48 ID:V3RnNm8R
しかし私はこの場において以上のような瑣末な事を言いたかったのではなく、皮膚の色
によって人間に<質的差異>を設けてしまう安易さへの警告です。かつてアーリア人がイン
ドに侵入し、先住民を征服した時、自らを高貴な者Aryanと呼び、被征服者を敵dasyu
と呼んで憎悪しましたが、その指標となったのは肌の色、所謂varNaです。これは現在
もインドのカースト制度の元だというのが通説です。ここまで言えばもうお分かりでしょう。
ある特定の<人種>を優れた者とすれば、その<人種>でないものは劣等であると言って
いるようなものです。従って、一見軽く読み飛ばしてしまいそうな

>>最も進化した人種、青色人種無しでは語れません。

という断定的口調は言語のレベルで、言語を通して密かに、ミクロポリティクス
として人種差別制度を人の心の中に作り出すのです。これも常識と思います
が<人種>という概念は19世紀にヨーロッパ人により発明されたものであり、その後コー
カソイドを頂点とするヒエラルキー思想、奴隷交易、奴隷制度、人種主義のイデオロ
ギーとして長く機能してきたという悪夢、そして今日でも根強い影響を残しており、
ヨーガや瞑想云々を語る人がやすやすと使うべき言葉ではないのです。

691 :名無しさん@3周年:04/12/01 22:38:51 ID:V3RnNm8R
さて例の神社における祭礼に関してですが、五色の面は単に五行説、或いは五大
説から取ったものでしょう。それらが各々五つの皮膚の色をもった<人種>と仮定して
祭りを催行することは、人種という言葉とそのイデオロギー的概念を、明治以降西
欧列強諸国から習い、わが国の国語に取り入れた結果に過ぎないでしょう。これは例
の神社に問い合わせるなり、実態を調査する為に足を運ぶにも余りに分かり切ったこ
とであるように思われます。またあるサイト上の資料では人間の皮膚色素を司る遺伝
子は青、緑、黄、赤、白、黒、茶、灰の八種類があり、これらが各々色素を持つ人
種がそれぞれの気候風土の中で独立して生活を営んでいたことがあったととすれば、
お面は八つなければならないはずでしょう。

最後に一応念の為に付け加えますが、これは単純に神話に出てくるようなshivaや
kRShNaが実在した歴史上の人物だと主張することとは全く別質の問題であり、それは
それを信じる人の信仰と思います。

692 :名無しさん@3周年:04/12/01 22:43:06 ID:V3RnNm8R
688の誤字訂正  dark bule→dark blue , color→colour

693 :名無しさん@3周年:04/12/01 22:50:38 ID:vwQpj8dI
もう皮膚の色とかどうとか言うの時代遅れだしそんなことどーでもいいよ。
気にしない人ほど我がハンマーで滅してる訳だしさ。
何で修業者が文字面にとらわれるのさー

694 :名無しさん@3周年:04/12/01 23:21:41 ID:Xs1gLD3P
シバならハンマーじゃなくて、カマだよ。シバカリって言うだろ。
文字通り、エゴを刈り取ることだ。


695 :名無しさん@3周年:04/12/01 23:25:48 ID:PmBE2tqh
皮膚の色の話を深読みをして人種差別という批判をするあんたの潜在意識に人種差別意識が潜んでいるじゃないの

696 :名無しさん@3周年:04/12/02 00:12:04 ID:YKHjhzJJ
これだけの詳しいお話はネットで色々調べてたとしても
簡単に得られるとは思えません。
重ねて、人種差別、ただ皮膚の色が違うだけで
その人間性を判断することの愚かさを、
日本で生まれ育った私たちにどれほど理解できて
いるでしょうか・・・。


697 :名無しさん@3周年:04/12/02 00:16:10 ID:GlXF7lGc
>>695
相手が深読みしたかどうかの事実はあなたの我、心よりも外側だよ。
スレ違いスマソ。

698 :695:04/12/02 00:23:37 ID:AMJ8RNzq
はいはい、もうこういうスレ違いの話はお互い止めましょう。

699 :695:04/12/02 00:24:46 ID:AMJ8RNzq
少なくともオレは止める

700 :名無しさん@3周年:04/12/02 01:36:40 ID:fX7dwWw0
偉い人ばかりだね。

701 :695:04/12/02 16:55:04 ID:AMJ8RNzq
いやいや、あたしゃー 未熟者!

702 :クリヤヨギもどき ◆EJjADsy8aU :04/12/04 13:17:56 ID:pexShmD0
うろ覚えなんですが昔物語でよんだことがありますが、シヴァってたしか皮膚
の色が青くなったのはガンジス川になんかの毒が流れてしまって、その毒を飲み干して
毒のせいで青くなったのではなかったでしょうか。

277 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)