5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

現キリスト教は 愛の成長する秩序があるか?

1 :名無しさん@3周年:04/02/05 18:11
 教会の伝承に生きることによって、聖書の意味が明らかになると
カトリックが考えるのとは対照的に、プロテスタントは聖書から始め
ない信仰は偽りであるかのように主張する。しかし、聖書に向かう
アプローチの違いはキリスト教問題の本質ではない。
 カトリックであれば教会生活、プロテスタントであれば個人の
信仰生活に愛の成長する秩序が満ちているかどうかが問題なわけだ。
 神への愛と人への愛、その人格的な倫理の代わりに絶対他律的で
偽善的な律法倫理の実践を信徒に強要され、愛の成長において窒息
させられているような教会生活や信徒生活はないだろうか?今の
キリスト教に本当に愛の成長する秩序が、信徒を取り囲むすべてに
満ち溢れているだろうか?教会生活にあってそれはどうだろう?
信徒生活にあってそれはどうだろう?カトリック、プロテスタント
の別なく、忌憚のない意見交換がなされることを期待している。

64 :名無しさん@3周年:04/02/22 03:38
【105 一般的正義の対象はなにか?】
●一般的正義は共通善を対象とする――この後者が、共同体のメンバーにたいして
なされる正当な要求を基礎づけるかぎりにおいて

1 すべての徳は、自らに固有で、他の徳から種的に異なった対象を有しなければ
ならぬ。共通善はたんに程度や量の上でではなく、本質的に私的善から区別される。
それは一つのまったく異なった、新しい性格を有する善である(問25.94)。
それゆえに、共通善は一つの特別の徳の本質を規定するものとなりうる。このさい
二つのことに注意しなくてはならない。
 (a) 共通善はここで漠然となんらかの善いもの、したがって追求に価するもの、
としてではなく、むしろ共同体に属するところのかの特殊的な善、しかもそれ自体
において、もっぱら共同体のものなる善として考えなければならぬ――つまり、
共同体の秩序、所有物、善き発展がそれである。
 (b) このように見られるとき、共通善は諸メンバーが共同体にたいして負う
ところの、はっきりとした一定の貢献を基礎づける。すなわち、法的な(たんに
倫理的でなく)諸要求を基礎づけるのであり、この後者は正義の下にふくまる
べきものである――ないしは、それらは厳密な意味での正義の一種と考えるべき、
一つの徳を基礎づけるのである。

65 :名無しさん@3周年:04/02/22 03:39
2 共通(一般的)善は、その名称が示すごとく、一般的な関連を持つ――つまり、
共同体に属するところのすべての者の善にかかわっている。右のことが、この徳が
「一般的」正義と呼ばれる第一の理由である。この名称のよって来る第二の根拠は、
この徳――それはほかのすべての徳を共通善へと秩序づける――の領域の包括性の
うちに見出される(問107)。一般的正義は、まったき正当さをもって、「共通
善」的正義とも呼ばれる。一般的正義をそのように称することが適当かどうかは、
われわれが「社会」正義(それにたいしても共通善的正義という表現が用いられる)
をいかに解するかにかかっている(問110−111)。

3 一般的正義は「法律的」正義と称せられることがより多い。そのように呼ばれる
理由は、共通善の要求するところを義務として宣言し、要求するのは法律の義務
だからである。なぜなら、法律とは法(正)の実現のための規範であるから(問
58)。ここからして、法律がわれわれを共通善の実現のために不可欠な貢献へと
義務づける場合(またそのかぎりにおいて)、そこで問題になっているのは法律的
もしくは法的なおいめである――つまり、メンバーが法の命ずるところによって
与えなければならないもの、にかかわっている。法律的な規定は、一つの行為――
このような事情がなければおそらく自由なものであったところの――を、法的な
意味で義務的な行為へと高めるのである。

234 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)