5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宗教は差別されているのか?

1 :名無しさん@3周年:04/02/27 19:47
「宗教にかかわると悲惨なことになります。
なぜなら、宗教は、世間で差別されているからです。
宗教に入ったりしたら、それこそ道をおちおち歩けないんですから。
だから、宗教は布教活動をやめてください。
これ以上悲惨な差別を受ける人を増やさないでください。
自分たちが、被差別者を増やしているという自覚を持ってください。」


という発言を目にしたのだが、これってどうなんだ。
なんかおかしくないか?

2 :_:04/02/27 19:50
 日本人の宗教="宗教はダメ!"教

 この教団に入信している人はいっぱいいます
 
 もちろん"公認"蛾閾値教団に入信している人も沢山

3 :名無しさん@3周年:04/02/27 19:51
解放同盟作るか?
そして信者も税金面その他
一般人よりも
差別してもらっちゃうか?

4 :1:04/02/27 19:57
いわく、
オウムや法の華の事例があるから、
宗教は差別偏見に晒されて当然なんだそうな。
だから、宗教者はその慈悲心に従って、
「これ以上悲惨な被差別者を増やさないようにしなければならない」
とのたもうている。

漏れは現代のナチスを見た。

5 :pon@ p5027-ipad06sinnagasak.nagasaki.ocn.ne.jp:04/02/27 20:16
宗教はダメだとは思わないけどさ、宗教の根本って道徳だと思うんだよ。
なんか宗派同士で対立してたりとかされると引く。
ほんで何人勧誘したら云々とか言う話でもマルチみたいでナンかヤダ

6 :1:04/02/27 20:28
>>5
いやだと思うのは仕方がないし、
自分のやっている宗教を疑われるのも仕方がないのだが、
普通、ナンかヤダと思ったら近づかなければいいだけだろ?
それが信教の自由ってもんだから。

差別されているという理由で差別するのは、差別の生産じゃないか。


7 :_:04/02/27 20:33
 >>6

 いやそれだったら宗教は何故勧誘するのか?自分が正しいと思えば
 それに従えばいいだけだろ。それで他人に教える必要は無い。

8 :1:04/02/27 21:39
>>7
その辺は、宗派によって違うだろうけど、
「勧誘する側」の論理としては、
「世の中に宗教を自発的に必要としている人がいるから、手を差し伸べている」
というものがあるでしょ。これは正式にはなんというか知らないけど、本来は「拡張活動」とは別もの。

しかし、やる側(宗教者)も、それを囲む人々(被勧誘者と無宗教者)も、
その2者を混同し、そこから宗教がマルチ商法化したり、マルチ商法だと疑われたりといったややこしいことが起こるのだと思う。

9 :1:04/02/27 21:45
>>7
でも、そう言われてオモータんだけどさ、
「困ってる人いないか〜」とか言って奔走してメイワクがられるよりも、
教会や寺院でじっと座して、門をたたく者を、一人もあまさず本気で大事にするほうが、
尊い行いなんじゃないかと思えてきた。

10 :_:04/02/27 21:55
>>世の中に宗教を自発的に必要としている人がいるから、
手を差し伸べている

 いや世の中それを"拡張解釈"して"世の中の人々が我々の
 宗教を信じているはず"だ。だから"布教をするのだ"と
 正当化する香具師の多いこと。自分で勝手にやるべし。
 で入りたい人がその人から言ってきたらいれてやれ。

11 :_:04/02/27 21:55
宗教を信じているはず



宗教を必要としているはず

だスマソ

12 :1:04/02/27 22:00
>いや世の中それを"拡張解釈"して"世の中の人々が我々の
>宗教を信じているはず"だ。だから"布教をするのだ"と
>正当化する香具師の多いこと。

俺思うんだけど、
それって、どこの宗教がそう、とかいうんじゃなくて、
俺の身近にもそういう香具師はいるし、
もしかしてどこの宗教にも一定数いるんじゃないかなぁ。
そう思い込むことで、自分の信心・信仰を守ってるというか、
そうしないと守れないというか・・・。
それはそれで切実だとも思う。

13 :名無しさん@3周年:04/02/28 10:50
そうか−拡張=0

14 :1:04/02/29 02:44
宗教で差別された体験談なども書き込んでください。

15 :1:04/02/29 18:40
age

16 :名無しさん@3周年:04/02/29 18:41
宗教は差別されます。しょうがない。日本では少数派ですから

少数派は排除して秩序をたもつのが日本の伝統です

17 :名無しさん@3周年:04/02/29 18:42
宗教が必ず差別される訳ではない。

閉鎖的、異質な行いは宗教だろうが何だろうが差別されます。

18 :名無しさん@3周年:04/02/29 18:44
☆おすすめ無料出会い系☆
http://www.bun-chan.net/link/xlink.cgi?id=MyLike
http://ogu-masami.net/
http://www.dechiclick.co.jp/100man/


19 :名無しさん@3周年:04/02/29 18:45
宗教は差別されますよ。「宗教」という営み自体が
意味不明で不気味なものですから。

20 :名無しさん@3周年:04/02/29 18:53
マイノリティは差別される。
奇形、同性愛者、在日外国人、身体障害者、精神障害者、前科者、極右、極左、
みなマイノリティ

21 :名無しさん@3周年:04/02/29 18:53
>>1
それは間違い
差別する香具師が全面的に悪い! 制裁すべきことだ

22 :名無しさん@3周年:04/02/29 18:54
マイノリティにならないで、
適当に自分も相手もごまかして、
ゆるーく世渡りできるなら宗教はいらない。

23 :名無しさん@3周年:04/02/29 18:57

宗教は差別される なんて思うのは信仰が足りない証拠!


24 :名無しさん@3周年:04/02/29 19:43
>>22
宗教には「疑わず信じる」というごまかしが必要

25 :1:04/03/01 00:00
「差別」という言葉をひらったく用いてスレ立てしましたが、
「差別」そのものが困るのではなくて、、、、「差別するな!!」なんて事今更言うでもなく・・・。

「偏見」を受けるのは、マイノリティとしては当然なのかもしれない。
そして「偏見」を解消していく責任も努力も、宗教は負っていかなきゃならんと思う。
困るのは、「信教の自由」を誤解・誤用してそのチャンスを剥奪されたり、
客観的事実を踏まえないあきらかに間違えた認識を流布されること。

26 :名無しさん@3周年:04/03/04 23:19
差別はイケナイ、などと抜かす愚民どもよ、
宗教者は自ら差別される自由があるのだ。
そんな自由など認めないとおのれらはヌカすであろう。
しかし、おのれらが認めなくてもそういう自由は厳然として存在する。

27 :名無しさん@3周年:04/03/20 10:17
宗教には、迫害がつきののであり、迫害があるから広がっていく


28 :ちんぽ:04/03/21 15:15
ちんぽ

29 :あげ:04/04/11 02:06
age

30 :名無しさん@3周年:04/04/11 06:58
今日も宗教の勧誘が・・・Noと言える人間になりたい;;

31 :名無しさん@3周年:04/05/03 19:23
まんぽ

32 :名無しさん@3周年:04/05/27 21:12 ID:0IZ2pmdL
君達まだ宗教なんてやってるのか?


33 :名無しさん@3周年:04/07/26 05:53 ID:mYkoG0aj
伝統仏教の中には被差別民に業なんだから諦めろなんて言ってたのあり

34 :名無しさん@3周年:04/07/27 05:14 ID:sXsEyeBg
差別戒名とかね

35 :伝説の聖書研究生:04/07/27 07:27 ID:1Axw9PfL
このスレいただきます。以後、私の管理下に入ります。

36 :伝説の聖書研究生:04/07/27 07:33 ID:1Axw9PfL
スレタイは「超絶聖書解読 〜革命前夜編〜 」


37 :伝説の聖書研究生:04/07/27 08:46 ID:1Axw9PfL
すべては2000年から始まった。


38 :伝説の聖書研究生:04/07/27 08:55 ID:1Axw9PfL
エゼキエル28章:1〜5
あなたは地の人であって、神ではないのに、あなたの心は傲慢になり、「わたしは
神だ。わたしは神の座に、大海のただ中に座した」と言いつづけ、そして自分の心
を神の心のようにしつづけるのでー見よ、あんたはダニエルよりも賢い。どんな
秘密もあなたに解けないものはなかった。あなたは自分の知恵と識別力によって
自分のために富を作り、倉に金や銀を得つづける。あなたは自分の満ちあふれる
知恵と商品とによって、自分の富を満ち溢れさせ、あなたの心はその富ゆえに傲慢
になりはじめた。」

39 :名無しさん@3周年:04/07/27 11:13 ID:1Axw9PfL
エレミヤ23:3〜4
そして、わたしはわたしの羊の残りの者を、わたしが彼らを追い散らしたすべての
地から集めるであろう。わたしは彼らをその牧草地に連れ戻す。彼らは必ずよく
産んで、多くなる。そして、わたしは彼らを実際に牧する牧者たちを彼らの上に
起こす。彼らはもはや恐れることも、恐怖の念を抱くこともなく、だれひとり
失われないであろう。」

40 :名無しさん@3周年:04/07/28 23:26 ID:0NrtERC4
私の考えは正しいのかそれとも間違っているのか?正しいとして私の人生に
なにか違いがでるのか?それは未だに分からない。ただ、やっぱり人生に対する
取り組み方は変えなければいけないだろう。

41 :名無しさん@3周年:04/07/28 23:32 ID:0NrtERC4
いろいろ断片的に見え隠れしているヒントのようなものはある。
おれの考えはあたっているのか、それとも間違っているのか?
@どうやらうちの会衆の長老は任命のされ方が普通ではなかった。
そのまま意味をとれば、統治体から直接任命されていることになる。
A「バビロンに対する裁きのときは到来しましたか?」という主題はおかしい
この2点だけはどうしても揺らぐことなくあるまだ見えない何かをおれに指し示している


42 :名無しさん@3周年:04/07/28 23:41 ID:0NrtERC4
断片的に見え隠れしているヒントからすれば、けして確かな結論は導きだせない。
が、推論していくしかない。
可能性が高いということからすれば、まずあげられるのは”試み”はやはりあった
らしいということだ。「忠実で思慮深い奴隷はしゅびよく試みを通過する」という
主題からも明らかなようにやはりあの国際大会はやはり試みだったようだ。
そして「一個人をさしていません」という表現は暗に一個人を指しているということ
になるのか?「わたしどもはあなたの手中にあります」という主題からやはり
一個人の忠実で思慮深い奴隷がすべてを委ねられたということになるのか?


43 :名無しさん@3周年:04/07/28 23:48 ID:0NrtERC4
バビロンに対する解釈がただしいとすれば、バビロンからの帰還が必ずあるはずだ。
帰還して神殿を建て直すということになる。ネヘミヤの絵がこれでもかというほど
でていたのはそれを示唆していたのか?それならハンナの絵がでていたのはどう意味
を持つのか?新芽が残りの者を集めると言う表現の「新芽」がその忠実で思慮深い
奴隷を指しているのか。

44 :名無しさん@3周年:04/07/29 00:08 ID:FxXIl5rd
でも反キリストについては予測どおり、大会の翌週で扱われるとすれば。


45 :ダニエルより賢きものより:04/07/31 00:40 ID:5dZw08iq
これから終わりのときに臨む事柄を解き明かしてみよう。
だれも教えてくれない真実を教えよう。

46 :ダニエルより賢きものより:04/07/31 00:43 ID:5dZw08iq
私はあの激動の時代にそれを解き明かしたものなのである。


あのとき流れていたラフマニノフピアノ協奏曲3番があの時の心の情景を思い出させてくれる。
だれも知らないあの暗黒の時代を・・・・・・・。

47 :ダニエルより賢きものより:04/07/31 00:48 ID:5dZw08iq
あのときの闇はなんとゆう闇だったのだろう。まさにそこなしの闇。
そしてだれも持ちこたえられないかのような闇だった。
すべてが崩壊したときでもあった。天使が悪魔になる、まさにそれを見たのだ。
ニューヨークの同時多発テロがまさに組織の中枢にまで背教が及んだことを
示しているのだろう。

48 :ダニエルより賢きものより:04/07/31 00:51 ID:5dZw08iq
まさにすべてが洪水によって押し流された時だった。
でも、誰も知らない。部外者は誰も知らない。もはや知ることすらできない。
でも、歴史上最も劇的な時代がまさに過ぎていったのである。

49 :ダニエルより賢きものより:04/07/31 01:04 ID:5dZw08iq
「定めの時に彼は戻っていき、南に向かってまさに攻め寄せる。しかし、後の時は
初めの時と同じにはならないであろう。そして、彼に対してキッテムの船が必ず攻め
寄せる。彼は必ず失意させられる。「それでも彼はまさに戻って行って聖なる契約
をひぼうし、効果的に行動する。また戻っていって、聖なる契約を離れる者たち
に考慮を払う。また、彼から出る腕があって立ちあがる。そうして彼らは聖なる所
を、要害をまさに汚し、常供のものをも除き去る。また彼らは荒廃をもたらす嫌悪
すべきものを必ず据える。
−ダニエル11:29〜31

50 :ダニエルより賢きものより:04/07/31 01:30 ID:5dZw08iq
1975年という年がよく間違って問いだたされたと言われるが、おそらく
あの年が特別な年だったことは事実なのだろう。協会が2000年も珍しく
特別に扱ったのも見過ごすことはできない。実際は2000年は特別では「ない」
としていたが、洞察力のあるものとそうでないものふるいわけるために
そのように直接いわないだけなのである。つまり1975年という年も確かに
統治体は特別な年であることをみきわていた。いや、霊感によって知った。
が、それは終わりがくるのではなく、別の意味で特別だった。その年に何が
あったか?それは6つも部門に組織が分割されたということだ。それが、な
ぜ、重要であったのかというと聖書に書いてある預言が成就するからである。

51 :名無しさん@3周年:04/07/31 01:57 ID:5dZw08iq
ラッセルはバビロンに相当
ラザフォードはメディアーペルシャに相当
ノアはギリシャに相当
フランズはローマに相当だろう。
ということならノアのときに組織が分割された。
ギリシャ帝国が4つに分割されたことは事実状組織が4つに分割されたということを
指しているのか。そしておそらくその時から北の王と南の王の抗争がはじまった。

52 :名無しさん@3周年:04/07/31 02:04 ID:5dZw08iq
もし、北の王と南の王の抗争が文字どおりそのままの抗争を指しているのなら
何ら意味をもたない。そのような抗争はなんの意味もなさないただの権力闘争で
ある。そんな記述を聖書に載せるだろうか?いやそれはありえない。今となっては
バビロン捕囚でさえ、霊的な意味をもっていることがわかり始めているのに、
ただの権力闘争であるはずがない。よって、北の王と南の王は終わりの日における
JW組織内部の指導者を指しているに違いない。

53 :名無しさん@3周年:04/07/31 02:18 ID:5dZw08iq
つまり北の王と南の王の抗争は1975年より始まった、ということになる。
ナチスヒトラーがダニエル書の本には説明のために載せられていたかもしれないが、
そのとき練り清められたというのか?それはありえない。聖なるところを汚すとか
洞察力のあるものがどうだとか、白くするためにとかそれが、ヒトラーに関連して
あったとは到底思えない。これはあきらかに最近あった聖なることに関する試みを
さしているものと思われる。つまりダニエル11:29〜35は2000年〜2004年ごろの
期間中のことを指しているものと思われる。

54 :&lro;:04/09/13 15:00:01 ID:3w1J1X4j
 

55 :名無しさん@3周年:04/09/23 23:52:43 ID:eqIE2Bws
このスレは雑談スレです。sage推奨

56 :名無しさん@3周年:04/10/14 21:44:14 ID:BN/vlbIv
みんな、インターネットを楽しく使っているかな? 
コンピュータどうしがつながっているインターネットの世界には、たくさんの人が集まってくるよね。
国境もないね。だからみんなが持っている情報を、だれとでも、どこへでも伝えることができるんだ。
便利な道具、これがインターネットだね!
でもインターネットをいつも楽しい気持ちで使い続けるためには、やっぱり正しいマナーが必要なんだよ。知ってるかな?
インターネットで出あう場面で、どんな行動が正しくて、どういうことがまちがっているのかを、クイズに答えながら学んでみようね。
http://kids.yahoo.co.jp/docs/info/safety/manner/

57 :&lro;:04/11/13 04:38:49 ID:rjkN0UHE
 ‌‌‌‌‌‌‌‌‌‌‌‌‌

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)