5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

本当に神はいますか?

1 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:13
教えてください

2 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:14
2?

3 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:14
( ゚Д゚)ノω チソコクラエッ!

4 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:15
分かりません

5 :ネットサーファー@神の国:04/03/07 18:15
なんで「神は存在するか」スレなくなっちゃったんだよー

6 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:27
ヘ:::::::::;;: -‐''''""( )1
 ゙、::::::::-‐''""" ̄"'i
  :V;;||:::: '~ニ=ッ, r='|
  i!f !:::::      ゙、i
  i!ゝ!::::     ‐/リ
  i::/:、 :::、  /''ii'V
  ̄ハ:::::\ "''il|バ''
 ショカツリョウ
 諸葛亮 曰く
教えろゴルゥラァ

7 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:41
います

8 :名無しさん@3周年:04/03/07 18:55
必ず存在します。逆にいないという理由を考えて見てください。

9 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:25
>>8
見えないし

10 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:28
超高級霊 シルバーバーチ より


・地上では特定の神を信じれば救われ、反対にその組織が崇拝する神を
崇拝せねば救われないと説く宗教がいますがそのような事はありません。
神とは自分が崇拝されたからと言って喜ぶような人間的存在ではありません。
もしそうであれば神の公正が根源から崩れてしまいます。邪悪で利己的な
人生を送った者が、神を崇拝したからと言って素直で利他愛に富んだ人生を
送ったものを差し置いて神の恩恵に浴する事になります。

・神を崇拝し自分は選ばれた一人のつもりになり宗教的行事に傾倒
している人間よりも、転んだ人に手を差し伸べ、飢えた人にパンを分け与え、
悲しみに打たれている人に励ましの言葉をかける無神論者の方が
遥かに神に近く尊い人物です。

・因果律は絶対の摂理です。どんな偉人でも狂わす事は出来ません。
因果律は自動的に機能します。ツキ(運)と言うものも、偶然も存在
しません。賞罰は自分でこしらえているのです。しかし肉体と言う鈍重で
霊的視野の限られた人間からは、その存在(因果律)が感知できない
のも無理ありません。死後こちらの世界においでになれば、そしてその時
あなたが過去の転生を見渡せるだけの資格に至る霊格を身に付けていれば、
自分が送ってきた幾度にも渡る転生の地上人生を見渡し、そこに神の公正
(因果律)が行き届いているのが分かります。

11 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:28
>>8
存在するということを論理的に証明しなさい

傍証ではなく、直接的な証明があるならそれを引用してもよいがね

12 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:29
・宗教に教義、経典、教祖、礼拝堂、賛美歌は必要ありません。
宗教とは利他愛の実践、一言で言えば「サービス」。これにつきます。
大切なのは利他愛の実践であって、神を信じるかどうかは関係ありません。
神を信じるからと言って神から寵愛される訳でもなく、
また神を信じないからと言って罰せられる事もありません。

・私(シルバーバーチ)は一霊にすぎません。信仰の必要もありませんし、信仰
したところでなんら苦しみが除かれる訳ではありません。お金が入ってくる事も、
苦難が取り除かれる事もご利益もありません。私は神でも神的存在でもありま
せん。元はあなた方と同じように地上人生を歩んだ人間です。あまりにも地上
に霊的知識が乏しいので霊界から使命を受け、メッセージを伝えに地上に
戻ってきました。あなたが地上に再生してきた主な理由は、霊性の向上と
カルマの滅却です。地上に学びにきているのです。苦しみは人間から見れば
ごめんこうむりたいものでしょうが、霊界側から見れば人間の霊性を進化
させるものです。それを無闇に取り除く訳にはまいりません。

・あなたは肉体を備えた霊的存在です。霊を備えた肉体的存在ではありません。
決して肉体と言う鈍重で低俗な存在ではありません。死を迎え古い衣服を脱ぎ
捨てるように肉体から離れる時がくれば、あなたが住むべき霊性に応じた本来
の世界へ行きます。
そこが地上に近い幽界付近であるか高級霊の住む世界であるかはあなたの霊
性の程度によります。神を崇拝しようが宗教に入ろうが関係ありません。貴方の
内面、霊性に応じた世界へ赴きます。地上と霊界の異なる点は、地上では様々
な霊性の霊が肉体をまとう事により一緒に生活している事です。

・神を崇拝しているからと言って、その人物の魂が高いランクに属している訳では
ありません。地上界には無心論者でも素晴らしい霊格を備えた人物もいれば、毎
日賛美歌を歌い「主よ主よ」と唱えていても霊格が幽界付近に属している人もい
ます。また霊能力と霊格の高さは関係ありません。霊が見えるか、霊の声が聞こ
えるかは霊格とはなんら関係ありません。以上「シルバーバーチの霊訓」より

13 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:39
折れ馬鹿だからムズカスィとわかんねけど
その霊はどッから生まれて増えたんだ?

14 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:42
>>13
うん?霊は神の分霊だよ。あなたはずっと昔から存在していました。
そして霊界にいた時の事を一時的に忘れているだけです。


15 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:44
あぁ、霊の起源ね。これに関しては、この霊(シルバーバーチ)も
分からないとハッキリ言っています。またなぜ神が我々を創造した
のか?それも分からないと言っています。
但し、地上にいる人間が思う以上に、ずっと古くから存在
しているそうです。

16 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:52
じゃあ数が増えたり減ったりすんのけ?

17 :名無しさん@3周年:04/03/07 19:56
>>16
分かりません。その事について質問した人間がいませんし、
この霊が話した記録もありません。但しこのシルバーバーチも
霊であって神ではありません。その点は神しか分からないと思います。

18 :名無しさん@3周年:04/03/07 20:18
有神論者の皆さんは、どういう神がどういうふうにいるのか主張してくださいね。

19 :ところで:04/03/07 20:26
「自分は神だ」と言っている人間って有神論者ですか?

20 :名無しさん@3周年:04/03/07 20:42
>>19 自分で「人間」っていってるじゃないか・・・・・

21 :名無しさん@3周年:04/03/08 18:07
>>10

根拠もなしに好き勝手な世界像と価値基準を押しつけようとする企てにはヘドが出ますな。

22 :名無しさん@3周年:04/03/08 18:08
>>1

神が存在する確率は限りなく0に近いんで、安心してください。
神様がどうこうじゃなくて、自分なりのポリシーやモラルで生きればよいのです。

23 :名無しさん@3周年:04/03/08 18:09
>>17

あなたはそういうゴタクを全部鵜呑みにしたわけですか?

ある意味尊敬に値するバカだ・・・。

24 :名無しさん@3周年:04/03/10 04:41
あのー、ボカも神がいるんだか、いないんだか分からないんですけど。
論理的に神がいる、いないって証明するのってできるのかな〜?
いないってことを論理的に証明できたら変な宗教にはまる人が減ると思うんだけどね。
頭がいい人はひょっとすると説明できるのかな〜?
できたら、誰か教えて!


25 : :04/03/10 07:53
いつもベッドで彼女の神技に昇天してしまう俺は逝ってヨシでつか?

26 :名無しさん@3周年:04/03/10 07:56
すでに逝っているw

27 :名無しさん@3周年:04/03/10 13:37
神はいるよ。俺だ

28 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:15
>>1
神は存在します。
@神が存在しない事は証明できない。
A神が存在する事は証明できない。

@については誰にも証明できない。
次に、「神は人智を超える存在である」ことは、
大昔から現在まで、信じる信じないに関係なくすべての人々が
口にする言葉である。
つまり、神の存在は、人間の力では証明できないのである。
よって、神と言う言葉が大昔から現在まで人類に存在する以上、
認めざるを得ないのである。

29 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:19
いると思ったら→いる
いないと思ったら→いない

30 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:20
つまり、いるけれども自分以外に神はない

31 :ミスター仏法:04/03/10 16:24
神はいません。信じている者は自分が信じているのだからお前も信じろという無理難題を言っているか、きちがいかのどちらかで、釈尊はこのような神や霊魂の話は一切しませんでした。

32 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:36
>>31
きちがい←差別用語

33 :名無しさん@3周年:04/03/10 16:44
「ミスター仏法」なんて言ってる奴が、差別用語を使うなんて…

34 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:13
オレは神様はいると思う。会った事無いけど(当たり前か)。
目に見えないからっていないって事にはならんと思う。
ただ、一番思うのは、神様は自分に都合良く動いてはくれない
って事。

35 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:40
神は存在する。
だからといってそれにすがる行為は無意味だ。
神は一個人を救うために存在するものではなく、物理的法則を与えたに
過ぎないのだから。
信じる信じないではなく、神は存在する。
人でもなく光でもなく、ただ存在する。

36 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:41
神がいないことが証明できない → 神は絶対いる。

              ↓

オレが神ではないことをオマエらは証明できない → オレは神様。



さて、何がおかしかったんでしょうか。

37 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:41
>>35
見てきたようなことを言う。

38 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:43
>>37
考えれば分かること。
起源はどこかに存在し、揺るがない。

39 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:44
>>28
> >>1
> 神は存在します。
> @神が存在しない事は証明できない。
> A神が存在する事は証明できない。
> @については誰にも証明できない。
> 次に、「神は人智を超える存在である」ことは、
> 大昔から現在まで、信じる信じないに関係なくすべての人々が
> 口にする言葉である。
> つまり、神の存在は、人間の力では証明できないのである。
> よって、神と言う言葉が大昔から現在まで人類に存在する以上、
> 認めざるを得ないのである。

幼稚な詭弁。と言いつつ、デカルトも同じような言い方で「神の存在証明」をやったりしてる。

人間が「人知を越えた存在」を想定することができることと、本当にそれが存在するかどうかとは
全く別個の問題だよ。「神」という妄想がメジャーであることは、神の実在の根拠には全くならない。

40 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:45
>>38

誰が与えたのでもなく、起源はただ存在した、と考えることの不都合はどこにあるのか?

41 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:48
>>40
起源を神としているだけで、意思のある神を肯定しているわけではない。
貴方のいう「起源」を「神」と呼んでいるだけ。

42 :名無しさん@3周年:04/03/10 17:54
>>41

だとすれば、その「神」は多分、ここで対象としている「神」とは別の意味だよ。
ていうか「神」という言葉の中には何らかの人格を想定するのが一般的なはず。

43 :名無しさん@3周年:04/03/10 20:38
>>31
―わたくしは怒ることなく、心の頑迷さを離れている。マヒー河の岸のほとりに一夜の宿
りをなす。わが小舎はあばかれ、欲情の火は消えた。神よ、もしも雨を降らそうと望むな
ら、雨を降らせよ― スッタ二パータ

44 :ネ申:04/03/10 20:46
誰だ、禾ムを呼んでるのは

45 :かみです:04/03/10 21:51
>31
店法輪だかなんかしらんが、
梵天が出てきて法を説いてくれっいう話や、
釈迦が悟ったときに大地の女神だかなんが出てきて
「こんにちは、よかったですね」と言ったとかいわねーとかいう話は、
後の弟子が全部かってに作ったんだな!!!
尿是我門で始まる経典はみんな弟子がでたらめに書いたんだな。
ある弟子の書いたお経は○で
他の弟子が書いたのは×だという基準でもありますんですか。
仏教守護の**天の話は全部でたらめなんだな。
世界中の寺に祭っている**天は神でも霊でもないんだよな。
確認したいんですけど、どんなもんすかね。ハッキリしてほしいんすよ。


ミスターさん
なんでもいいけどハンはおもしろいなー、見た目のインパクトあるよ
ひょっとして、ネーミングかコピーでもしてんかい・・・
別にこれには答えなくて良いよ、おれの独り言だから


46 :名無しさん@3周年:04/03/11 08:22
いても、いなくてもどっちでもいいじゃん
そんなこと話して何になるの?
世界の1/3はキリスト教徒で神は「いる」と信じて
残りのユダヤ教徒もイスラム教徒も神は「いる」と信じて
「いる」と信じている人たちには医者も教授も科学者も天文学者もいて
勿論普通の会社員もいるし
ただ「いない」と言う人たちにも同様な事が言えるけど
それにしても、ここで神は「いない」と言ったところで、世界は何も変らない
無意味なことをしていないで、仕事でも勉学でもした方はいいよ
そして、真の日本の独立に貢献したら


47 :かみです:04/03/11 08:31
>46
いいこと言うね。

>そして、真の日本の独立に貢献したら

これはちょっとねー
まずは自分の精神的独立が先じゃないかなあ

日本のため世界のためって騒ぐとまた幻想が始まるよ
君はそんなことに騒いだりしないと思うけどね



48 :名無しさん@3周年:04/03/11 08:39
神様はね、人の数だけいるんだよ。
自分にとって都合のいい神様がね。

49 :名無しさん@3周年:04/03/11 09:03
>>46
> いても、いなくてもどっちでもいいじゃん
> そんなこと話して何になるの?
> 世界の1/3はキリスト教徒で神は「いる」と信じて
> 残りのユダヤ教徒もイスラム教徒も神は「いる」と信じて
> 「いる」と信じている人たちには医者も教授も科学者も天文学者もいて
> 勿論普通の会社員もいるし
> ただ「いない」と言う人たちにも同様な事が言えるけど
> それにしても、ここで神は「いない」と言ったところで、世界は何も変らない
> 無意味なことをしていないで、仕事でも勉学でもした方はいいよ

神の存在を前提とするかどうかは人生に大きく影響を与える。むしろそれは学歴とか収入といった
表面的な部分ではなく、人生の根幹、本質的な部分における影響である分だけ、深刻だよ。

> そして、真の日本の独立に貢献したら

ナショナリズムも宗教と同じ穴のムジナだと思う。
世界に貢献汁。

50 :名無しさん@3周年:04/03/12 22:32
>>46
>真の日本の独立 って言ってるけど、
真の独立って、日本がどういう状態になることなの?

51 :名無しさん@3周年:04/03/12 22:33
真の孤立

52 :ネットサーファー@~ノ國:04/03/12 22:45
神の声を聞けば神の存在を確信するでしょう。

53 :名無しさん@3周年:04/03/13 10:47
>>50
真の独立、アメリカに頼らない防衛(アメリカの基地を国内から排除する)
自衛隊を専守防衛だけでなく、攻撃できる組織つまり軍隊にする(核を含む)


54 :名無しさん@3周年:04/03/13 10:57
神=核

55 :名無しさん@3周年:04/03/13 12:52
>>53
食糧はほとんど輸入に頼ってるから、
ホントには独立できないな。
石油に関しても同じ。


56 :名無しさん@3周年:04/03/13 12:52
「結局、私がなぜこんなことをしているのかを一言で言えば、この星の人間を含
むいのちが、これからも健全に続いてほしいから。それだけです」と言ったとき
に、彼の心に何かが届いたようです。そのためには、もう戦争はやめなくてはい
けないし、もっと一人一人が自分自身のいのちをいたわって生きていくときが来
ている、と続けました。

自分のいのちをいたわることの具体的な行為は、例えばからだに毒を入れない、
いのちを養う食べ物、すなわち近くで自然に育った旬の食べ物を感謝して食べる
こと、そして自分の本当にやりたいこと、心から喜べることをやって生きる、と
いうこと。平和活動や環境運動をしながら、めちゃくちゃの(食)生活や働きす
ぎでからだをいじめている人をみると、「まず自分のいのちをいたわることから
始めると、もっと楽に活動ができるようになるよ」と伝えたくなります。

私の授業を受けてくれた多くのハワイ大学の学生たちから、また来てほしい、と
言われました。私を授業に呼んでくださったブリス教授に心から感謝します。思
えばブリス教授とのご縁も、小田まゆみさんからいただいたものでした。本当に
最近は、何から何まで感謝することばかりです。



57 :名無しさん@3周年:04/03/13 20:12
>>56
>すなわち近くで自然に育った旬の食べ物
これを手に入れるのが難しい社会なんだよね。
感謝をする前に、食べ物すら健全な社会にするのが大変じゃないの?
>>56さんは、どうしたらそういう社会にする事が出来ると思いますか?

58 :名無しさん@3周年:04/03/14 14:15
・THE PASSION OF THE CHRIST http://www.thepassionofthechrist.com/




59 :名無しさん@3周年:04/03/15 07:58
>>55
日本の領土拡大

60 :名無しさん@3周年:04/03/15 10:03
折れは会社から独立したい

61 :名無しさん@3周年:04/03/15 10:24
>>60
健闘を祈る

62 :名無しさん@3周年:04/03/15 14:08
俺は、引きこもりから独立したい…

63 :名無しさん@3周年:04/03/15 14:41
>>62
外は春

64 :名無しさん@3周年:04/03/15 17:36
2chから独立したい

65 :名無しさん@3周年:04/03/15 17:46
>>64
オレはムリだ。

66 :GIHREN ZABI:04/03/15 17:48
地球連邦から独立したい

67 :名無しさん@3周年:04/03/15 18:45
>>66
コロニー落とせ。


68 :名無しさん@3周年:04/03/15 19:01
ジークジオン

69 :名無しさん@3周年:04/03/15 19:07
スペインから独立したい。

70 :名無しさん@3周年:04/03/15 20:24
神がいるのなら、ウンチマンもいる。
ウンチマンはいない、故に神もいない。

71 :名無しさん@3周年:04/03/15 20:26
オスカルちゃまが泣きながらうんこやおしっこをしている絵があります
オスカルちゃまがレイープされてる絵もあったぞ
レイープどころか、穴という穴が全て珍棒で埋まっている絵もあった
ウンコまみれで手足引きちぎられ穴にはねずみの屍体入れられてる絵もあった
カエルをアナルに入れられてる絵も書いてたな
オスカルがパリの街で男漁りして、
はした金で下賎な男たちに体を売って
それを隣の部屋から覗きながらアンドレがオナーニしている絵もあった
オスカルが皮の超ミニのスカートをはいて、頭にはナチスっぽい帽子を被って
アンドレがスカートの裾から手を突っ込んで、
オスカルの秘所を責めている絵もあった
オスカルがアンドレの膝の上に腰掛けて
顔を後ろにねじってアンドレとキスしていて、
アンドレは後ろからオスカルの乳をもんでる絵もあった
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/nanmin/1078566954/l50

72 :名無しさん@3周年:04/03/16 12:45
アフロ逝きマァース!!

73 :名無しさん@3周年:04/03/17 08:42

神がいないのなら、人間は神をつくっていたであろう。


74 :名無しさん@3周年:04/03/17 12:54
>>73

神がいないから、人間は神を作ったのであろう。でしょ?

75 :名無しさん@3周年:04/03/17 16:50
>>1
あなたがいると信じれば神はいます。
いないと思えばいません。
神に何かを求めたければ、信じるでしょうし、
神に何も求めなければ、信じる必要もないでしょう。

76 :名無しさん@3周年:04/03/17 16:51
>>75

いくら信じても、ないものはありません。

現実逃避はやめましょう。

77 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:27
>>76
>いくら信じても、ないものはありません。
信じる人にはいるのです。
逆に言えば、いると思うから信じるのです。
神はいないと口先だけで言っても何の説得力もありません。
それに、現実逃避ではありません。
信じる事によって、前向きに生きることが出来ますし、
みんな前向きに生きています。
逃げてはいません。
私とは信仰が違いますが、例えばマザーテレサさんなどは、
現実逃避をしていましたか?

78 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:31
>>77
> >>76
> >いくら信じても、ないものはありません。
> 信じる人にはいるのです。
> 逆に言えば、いると思うから信じるのです。
> 神はいないと口先だけで言っても何の説得力もありません。
> それに、現実逃避ではありません。
> 信じる事によって、前向きに生きることが出来ますし、
> みんな前向きに生きています。
> 逃げてはいません。
> 私とは信仰が違いますが、例えばマザーテレサさんなどは、
> 現実逃避をしていましたか?

誰だろうと、根拠もなく信じ込むことによって心の安寧を得たりする行為は現実逃避に他ならない。

表面的な「前向きさ」と引き替えに、君らは人生の操縦席をすくなくとも一部譲り渡している。
そもそも何が前向きだかどうだかを自分自身で判断できているかどうかさえ疑わしいよ。

79 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:32
>>76
>現実逃避はやめましょう。

とりあえず、電子の波動性と粒子性の現実を説明してくれ。


80 :76:04/03/17 17:33
>>79
> とりあえず、電子の波動性と粒子性の現実を説明してくれ。

やだ。いきなりなんだよオマエは?

81 :80:04/03/17 17:37
>>80
>やだ。いきなりなんだよオマエは?
「やだ」なんて言ったら、現実逃避になるだろ。



82 :ギャラリー:04/03/17 17:38
>81
自分で自分に答えてどうする

83 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:39
>>78
>誰だろうと、根拠もなく信じ込むことによって心の安寧を得たりする行為は
>現実逃避に他ならない。
何かもっともらしく書いてるけど、
自分が言ってる事は論理的に正しいと思うか?
そもそも現実逃避という言葉の意味をどう考えてるんだ?



84 :79:04/03/17 17:42
>>82 訂正します。


>>80
>やだ。いきなりなんだよオマエは?
「やだ」なんて言ったら、現実逃避になるだろ。

85 :名無しさん@3周年:04/03/17 17:45
>>83へ。
>>78は、
「根拠がある物を信じ込むことによって心の安寧を得たりする行為は
現実逃避ではない。」と言いたいんだよ。
>>78は、分かりやすく書いてるんだよ、それを理解できないなんて
お前は、低脳だな。現実逃避ばっかりしてるからだよ!

86 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:01
>>83へ。
>>78さんの言ってる事を俺が分かりやすく書いてやるよ。
辛い事があると、酒を飲んで忘れようとする人がいる。
酒については根拠がある。
だから、酒を飲んで辛い事を忘れようとするのは現実逃避ではない。
そういうのは現実逃避じゃないかと、誤解してる人がいるが
ほんとは現実逃避ではない。
根拠のない神なんかを信じて辛い事を忘れようとするのは
現実逃避である。
具体例を出して、おまいの為に分かりやすく書いてやったぞ。
ほんとにバカには疲れるな。

87 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:10
>>86
わかりやすいが、言葉使いをもう少し丁寧にしたら良かったね(w

88 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:11
>>86
>酒については根拠がある。
酒の何についての根拠か不明。

酒の存在?  酒の効用?

89 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:12
>>86
文章力。。。

90 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:13
>>88
どちらもだろ。
それに、酒は現実の存在。

91 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:14
>>86は、>>83より理解力があるよ。

92 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:17
>>86
つまり、こういうことですか?

辛いことがあると、酒を飲んで忘れようとする人がいる。
その行為については、根拠もある。
だから、飲酒で辛いことを忘れようとするのは、現実逃避ではない。
しかし中には、「酒を飲んで忘れようと言うのは現実逃避ではないか」と
誤解している人がいる。
けれども、決してそうではない。
むしろ、根拠のない神を信じて、辛いことを忘れようとすることこそ、
現実逃避である。

93 :86:04/03/17 18:21
>>92
わかってるねー、その通り。
>>83のバカとは頭が違うね。



94 :86:04/03/17 18:23
とにかく、>>78さんが言ったように、
宗教なんか信じる奴は現実逃避の情けない人間だって事。

95 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:23
>>90

「存在」とは本当は何なんだろ?
この時間、この空間で知覚出来てると信じてるものを
存在してると言っているに過ぎない。
存在していないものは何の作用もしない。
ところが、神を信じる事が何らかの作用を及ぼしている
のなら、知覚出来ない何かが存在しているとしていい。





96 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:31
>>95
酒の存在は、誰も疑問を抱かない。
神の存在は、人によって違う。
これが重要。

97 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:39
>>96

「存在」は観測者に左右されない。


98 :名無しさん@3周年:04/03/17 18:47
信じる、信じないで判断されるものは、
存在してるとはいえない。

99 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:02
>>98

信じる対象は信じるという心理的作用が起こる以前に存在していなければ
ならない。 よって、信じられるものは存在する。

100 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:02
そう、信じても信じなくても存在するのが「存在」。
ちなみに神は「存在」するよ、人間の思惑に関係なく。


101 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:08
>>99
意味不明。ネッシーの存在を信じてる人がいればネッシーは存在するのかい。
神も宇宙人もネッシーもツチノコもにたようなものだ。


102 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:08
>>99
> >>98
> 信じる対象は信じるという心理的作用が起こる以前に存在していなければ
> ならない。 よって、信じられるものは存在する。

1行目が全く間違いだよ。

>>100
> そう、信じても信じなくても存在するのが「存在」。
> ちなみに神は「存在」するよ、人間の思惑に関係なく。

2行目が全く論拠を欠いている。

103 :名無しさん@3周年:04/03/17 19:09
>>101

そうそう、それを結論としていいんじゃない?

神なんてネッシーやつちのこと同類。いかがわしい存在であると。

104 :100:04/03/17 19:59
>>102
目には見えないが、「働き」によって、知る人間は神の存在を知るんだよ。
その為には否定精神であれ、真剣に神の存在の有無を意識して生きることが必要。
一般的には難病の治癒や、共時性(不思議なタイミングの一致)等によって分かる。
ただ、理屈好きな人間は何にでも理屈をつけて否定しようとするけどね。


105 :名無しさん@3周年:04/03/17 20:10
神はいると思えばそれでよし。


106 :名無しさん@3周年:04/03/17 20:17
信じる信じないの前に、その存在を知ってしまったからなあ。
存在を疑ったところで否定のしようがないのさ、漏れは。

107 :名無しさん@3周年:04/03/17 20:19
クックックッ

108 :名無しさん@3周年:04/03/17 20:31
ま、邪悪な神あたりなら存在してもおかしかないかな。苦しみの拡大再生産的な食物連鎖の存在をみるとそう思うね。


109 :名無しさん@3周年:04/03/17 21:02
106と同じ経験をしたらきっと神を信じられるんだろうな。
同じ経験ができないように造られているところに秘密がありそうだ。


110 :名無しさん@3周年:04/03/17 22:12
>>104
> >>102
> 目には見えないが、「働き」によって、知る人間は神の存在を知るんだよ。
> その為には否定精神であれ、真剣に神の存在の有無を意識して生きることが必要。
> 一般的には難病の治癒や、共時性(不思議なタイミングの一致)等によって分かる。
> ただ、理屈好きな人間は何にでも理屈をつけて否定しようとするけどね。

人間にはそういう感覚器がついていないので却下。

111 :名無しさん@3周年:04/03/17 22:24
そうなのだ、愛も美もそんなものは認められる感覚器は漏れにはないのだ!


112 :名無しさん@3周年:04/03/17 22:42
>>111

オレのアタマの中には愛とか美を認める感覚器が入ってるみたい。

113 :名無しさん@3周年:04/03/18 07:01
オームの信者も神秘体験をしてしまったから、
正しいと信じるようになったんだよね。


114 :名無しさん@3周年:04/03/18 07:07
アプリオリな総合命題ってやつなんだけども、そんなものは、ない。

115 :名無しさん@3周年:04/03/18 08:05
信じたくない人は信じないでいいじゃないですか。
もっとも、かたくなな人ほど信じたときには、のめり込むものですよ


116 :名無しさん@3周年:04/03/18 08:20
「信じない」と言っている人は、悪魔に心を乗っ取られているんですよ。
本人は、「神はいない」と言っているほうが楽なんですよ。
つまり、「神」ではなく「悪魔」に心をあけわたし「現実逃避」しているんです。
本人は、気づいていないだけ


117 :名無しさん@3周年:04/03/18 08:40
1.神がいることの証明は可能か?
2.神がいないことの証明は可能か?

118 :名無しさん@3周年:04/03/18 08:49
>>117
人間の力ではどちらの証明も不可能なのでは?
いないか、いるか解らないものを信じるから信仰


119 :名無しさん@3周年:04/03/18 09:16
>>118

完全な証明が可能であるかどうかと、それが存在しないであろう事を判断できるかどうかとは
異なる。

完全な証明は不可能だが、神が存在しないことは事実上間違いない。

120 :名無しさん@3周年:04/03/18 10:03
>>119

>神が存在しないことは事実上間違いない。

間違いないと言い切るからには、その事実をあげよ。




121 :午前の散歩:04/03/18 10:10
神の存在の証明についてですが、
聖書の神に限って言うなら、
その存在を証明することは、不可能でしょう。
もしそれが出来たら、その瞬間に、神は神でなくなってしまいますから。

つまり、聖書が示す神は、創造主です。
一方、人間を含め、この世に存在するものは全て、被造物です。
創造主と被造物とは、存在形態そのものが、全く違います。
人間が、その存在を証明することが出来るのは、被造物に限られます。

ですから、あえて誤解の多い屁理屈を言うと、
「神の存在を証明できないこと自体が、神がおられることである(証明ではなく)」

結局、そういう神の「存在を信じる」か、
それとも、そういう神は「存在しないと信じるか」しかないでしょうね。

122 :名無しさん@3周年:04/03/18 11:05
>>120
> >>119
> >神が存在しないことは事実上間違いない。
> 間違いないと言い切るからには、その事実をあげよ。

あると考えるべき理由の存在しないものはほとんど間違いなく実際にも存在していない
という経験則。

123 :120:04/03/18 12:17
>>122
>経験則
帰納的に導かれたものなら、それを支持する具体例があるはずなので、
それが聞きたい。

124 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:22
神=核

125 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:29
>>123

オレの足の裏に500円玉がひっついていることを妄想してみたが、そう考えるべき理由は何も
なく、実際試してみたらひっついていなかった。

126 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:32
>>123

オレの銀行口座に1億円があることを妄想してみたが、あると考えるべき理由は特になく、
「残高照会」をしてみたら、やっぱりなかった。

127 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:33
>>123

オレの真後ろに貞子がいると妄想してみたが、そう考えるべき理由はなく、振り返ったらやっぱり
いなかった。

128 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:43
こういう例を100万でも100億でも考えることができる。そして、存在を確認できるか確認できないか
という問題は、存在する確率の問題とは別個である以上、存在すると考えるべき理由を持たない
「神」についても、いないと見なすのが妥当な世界認識の方法だよね。逆に、そこで「いる」と考え
てしまうと、世界中に訳の分からないあらゆる存在が「いる」ことになってしまう。

129 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:47

例えば、自分の恋人や家族はいつの間にか変装した悪魔に入れ替わっている可能性だって
完全には否定できない。もちろんそうだと考えるべき理由も根拠もないが、完全否定はできない。

だったらそう信じるのか?

信じないわけだよね。自分に都合の良いものだけを信じている。


そこにオマエら弱者の現実逃避癖が如実に表れている。

130 :名無しさん@3周年:04/03/18 12:57
>>129
悪魔に心を奪われている者よ、現実逃避をするな

131 :名無しさん@3周年:04/03/18 13:30
>>125-129

では、神でやってみて。




132 :名無しさん@3周年:04/03/18 13:37
>>131
>>128

133 :名無しさん@3周年:04/03/18 13:51
>>132

>存在すると考えるべき理由を持たない
>「神」についても、いないと見なすのが妥当な世界認識の方法だよね。
>逆に、そこで「いる」と考え
>てしまうと、世界中に訳の分からないあらゆる存在が「いる」ことになってしまう。

つまり、神については「いる」とも「いない」とも言えないということ。

134 :名無しさん@3周年:04/03/18 14:09
>>29
もちろん否定は出来ない。
しかし、悪魔である場合は必ず犯罪を犯したり、
犯罪までいかなくても、人に迷惑をかけたりするので、
悪魔である事が判ってしまう。
だから、そういう事をしない人間は悪魔ではないと判断できる。

135 :名無しさん@3周年:04/03/18 14:47
>>133
http://research.kek.jp/people/morita/phys-faq/ockham.html

136 :名無しさん@3周年:04/03/18 14:48
>>134
悪魔は君の周囲の人間に成り代わって、君を少しずつ洗脳しているのだよ。
それと分かるような行動をするはずがなかろー。

137 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:17
>>134
悪魔は必ず犯罪を犯し、人に迷惑をかける行為に及ぶと、あなたが決めているだけ。

138 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:22
犯罪を犯したり、人に迷惑をかける人は、
悪魔に取り付かれてるのは真実。

139 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:24
>>138
真実と言うからには、証拠があるのでしょうね。
それを示してください。

140 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:28
悪霊につかれてる人なら見えるからわかるよ
見えるものの証拠を挙げろと言われたら普通は無理

141 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:28
証拠は、犯罪を犯したり、人に迷惑をかけること。

142 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:35
>>140
その「見えるもの」が悪霊と、なぜ分かる?
それに、悪霊が現実に存在するということは、ある空間をその悪霊が占めている、ということ。
つまり、物理現象として悪霊そのものを観測できるわけで、
その観測結果を証拠として出すことは、可能なはずだが?

>>141
だから、それが悪霊の仕業だという証拠を見せて欲しいと。

143 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:39
>>142
霊を観測結果として残す方法を教えてケロ
悪霊や雑霊はキモイから簡単にわかる

144 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:39
>>142
あなた自信が証拠

145 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:44
>>142
犯罪を犯したり、人に迷惑をかけるのは、
悪魔しかいないから。

146 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:45
>>145
おれはオマエの勝手な思いこみ。

オレの知ってる悪魔は早朝に駅前のロータリーを掃除している。

147 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:50
>>143
それを聞いているんですよ。

この手の話をすると、必ず次のような話になる。

太郎「俺は赤い花が好きだ。」
花子「どうして?」
太郎「赤い色が好きだからだ。」
花子「なぜ、赤い色が好きなの?」
太郎「赤い花が好きだからだ。」
   ・
   ・
   ・
別スレ(だったっけ?)に書いた事なんだけどね、これ。

148 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:57
>>146
それは、悪魔ではなく琢磨くんだよ。勘違いしちゃダメ。
悪魔かどうかは、正体を現した時に初めてわかる。
誰かが犯罪や人に迷惑をかけたとき、その人は悪魔だったと判る。
もし悪魔が取り付いている人間が、死ぬまで悪い事をしなかったら、
その人は悪魔じゃない事になる。
人間は、悪魔が正体をあらわしてくれなければ、見抜けない。
あと、悪魔はちっぽけな人間に正体がばれたって気にするわけはない。



149 :名無しさん@3周年:04/03/18 15:59
>>148
警官がいても、平気で悪い事をするような奴みたいなもんか。
または、先生がいても平気で悪い事をするような生徒みたいなもんか。

150 :名無しさん@3周年:04/03/18 16:06
>>148

悪魔を自分勝手に定義すんなコラ。オレ悪魔だけど、犯罪とかするヤツ嫌いだよ。

犯罪はダメ!絶対。

151 :名無しさん@3周年:04/03/18 16:07
書いていて思ったんだが、「犯罪を犯す」って、「馬から落馬」みたいだね。

152 :名無しさん@3周年:04/03/18 16:09
ところで、>>129で書いたオレの話がだいぶヘンな方向に進んでいるような気がするのは気のせい?

153 :名無しさん@3周年:04/03/18 21:06
>>152
んなこたーない。

154 :名無しさん@3周年:04/03/18 22:37
>>150
結局、悪魔ってどういう事をする存在何だ?

155 :名無しさん@3周年:04/03/18 22:54
>>154
ん?だから、駅前の掃除だよ。

156 :名無しさん@3周年:04/03/19 07:59
>>154
罪全般

157 :名無しさん@3周年:04/03/19 08:42
>>154
刃物で人を傷つけた犯罪者は「声がしたから刺した」と言うことがある。


158 :名無しさん@3周年:04/03/19 13:46
殺戮の宝庫、食物連鎖を生み出したのが悪魔。



159 :名無しさん@3周年:04/03/19 14:25
>>154
こいつが全ての元凶。と人間に言わせる。

160 :名無しさん@3周年:04/03/19 14:32
>>154
人間の悪事を責任転嫁するために使ったり、宗教の違いを理由に人を虐げるのに使ったり
するもの。

161 :名無しさん@3周年:04/03/19 14:41
>>160
そうやって悪魔は君の心に働いて自分の正体を隠そうとする

162 :1:04/03/19 17:13
ふむふむ

163 :名無しさん@3周年:04/03/19 17:16
こう言うスレをたてるひと

164 :名無しさん@3周年:04/03/19 17:22

実はオレたちは、アジア人だという理由でネオ・ナチス帝国の収容所に入れられた人間で、
実験動物として扱われている。脳に電極をぶち込まれて、仮想現実によって、様々な状況
に対する身体的反応の実験に使われているのがオレたちなのだ。俺たちが現実だと思い
込んでいるものは全て、ドイツ人どもが作り出した偽物の現実。

・・・という話には、そうだと考えるべき必然性はないが、そうではないという証拠がない。

一方、「神様がいる」という話には、そうだと考えるべき必然性はないが、そうではないという
証拠がない。

つまり、神様がいると信じているヤツは、上に示したドイツ人の犯罪について信じ込まなければ
ならない。

165 :名無しさん@3周年:04/03/19 17:28
>>164
神様、どうか164の悪霊をおいはらいください。

166 :唯一神ぼるじょあ:04/03/19 17:30
  \  |  / 
  ― (⊂⊃)―
    ∧_∧
   ( ・3・ ) 信じるものはみな救われるYO
   (    )
   | | |
   (__)_)

167 :名無しさん@3周年:04/03/20 03:55
神の子です、私やあーなた〜♪

168 :無神論の神:04/03/20 05:42
>>165
私は存在しないので、>>164 を祓うことはできません。あしからず。

169 :名無しさん@3周年:04/03/20 05:45
そう言って>>167 は親を捨て、教団に。。。


170 :名無しさん@3周年:04/03/20 07:41
もしもし、こちらパナソニック研究所

171 :名無しさん@3周年:04/03/20 07:43
パナ「ソニック」は別に問題ではないのだが。

172 :名無しさん@3周年:04/03/20 09:29
>>171
普通に突っ込まれると痛い

173 :名無しさん@3周年:04/03/20 09:56
>>172
ちゃんとグリセリンをぬってからにしなさい
さもないと、痔になるよ

174 :名無しさん@3周年:04/03/20 13:35
         : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        Λ_Λ . . . .: : : ::: : :: ::::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::::::::
      / :::/;;:   ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ (_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄
もう、おそいよ

175 :名無しさん@3周年:04/03/20 14:28
>>173
どっちが?

176 :164:04/03/20 14:34
全然反論をもらえないな。

要するに、>>164で書いたことは、「そうだと考えるべき必然性はないが、完全否定もできないもの
など、無限に考え出すことができる。「神様」もそうだし、「ドイツ人の犯罪」もそうだ。だとすると、
オマエらが神様だけ信じ込み、ドイツ人の犯罪については断じて信じない理由は何?」ということ
なんだが、その理由はどこにあると思う?

177 :ネットサーファー@~ノ國:04/03/20 16:25
神の声がドイツ語ではなく、日本語だったからだよ。

178 :名無しさん@3周年:04/03/20 16:50
>>177
日本語を話せるドイツ人もいるだろ。そんな下らないツッコミは今度にしてくれ。

ドイツ人でも何でもいいんだ。必然性はないが、そうでないと証明できないものであれば、
「なんでもいい。」

分かった?

179 :名無しさん@3周年:04/03/20 18:04
人というものは信じたいものを信じ、信じたくないものは信じないものさ。
それが理由。簡単なことだ。


180 :リババソリババソ:04/03/20 18:05
痛い>>1 がいるスレはここでつか?

181 :名無しさん@3周年:04/03/20 18:30
>>179

世界は我々の願望とは独立に動いている。どんなに急いでいても、信号が青の時もあれば、
無情に赤になるときは容赦なく赤になる。

したがって、「信じたいから信じた」ものは大概間違っている。

で、結論は「神がいる」という仮説は願望に導かれた間違った仮説であるということだね?

182 :名無しさん@3周年:04/03/20 18:48
>>181
この世界があるということ自体、存在自体が「一者」
の存在証明だ。無から有が生まれた。有が始めから有である。
この2つは人間の観念内ではどちらも正しいしどちらもまちが
っている。だから「神は存在する」と経験論的、または合理的
に書き表してもまちがいではない。

183 :名無しさん@3周年:04/03/20 18:59
神は「いなければならない。」「いるとしなければならない。」

これが結論だ。神を信じなければ人間社会は崩壊する。

184 :名無しさん@3周年:04/03/20 21:48
>>181
神もドイツ人の犯罪も信じようが信じまいが個人の問題だ。考えるべき必然性はないが、完全否定もできないものというやつだな。
信号が赤とか青とかという問題とは次元が違う。
個人の問題でおさまるものは信じたいものを信じ、信じたくないものを信じないということだよ。
もしなんでもかんでも信じなくてはならないのなら、キリスト教も仏教もイスラム教も儒教もゾロアスター教も全部
信じなきゃしけないってことになるぞ。




185 :名無しさん@3周年:04/03/20 22:02
>>183
なるほど ゼウスやアポロン 天照大見神 七福神などは いなければならなない、いるとしなければならないわけか。



186 :名無しさん@3周年:04/03/21 00:09
>>184

そこで言っているのは、実際の世界のあり方との関係性を失った「空想」の話だよね。

そして、実際の世界と食い違った世界像を勝手に空想することは確かに自由だが、我々は
自らの世界像が実際の世界と食い違わない方が良いという価値基準を持っていたはずだ。
その基準はいつのまに、どこに置き忘れられてしまったんだろう?

187 :名無しさん@3周年:04/03/21 00:48
神は宇宙の外にあると考えられると同時に人間の内にもあり
人は神の一部であり、神は内より人に働きかける。
良心の声は、まさに自己の内に住み着く神のようなものである。

188 :名無しさん@3周年:04/03/21 01:01
神の存在を示唆するかのような奇妙なものはある。
もう少し時が立てば色々と輪郭が見えてくるのではないだろうか。
その点で何かと楽しみな時代ではある。

189 :名無しさん@3周年:04/03/21 01:05
別に世界像が違っているわけではないと思うぞ。その世界像の存在原因に神をおくか、偶然をおくか、他のものを
おくかの違いだ。世界像自体は共通さ。


190 :名無しさん@3周年:04/03/21 06:53
宗教が乱立しすぎている

191 :名無しさん@3周年:04/03/21 15:43
>>189
世界を統括する人格的存在がいるという世界像と、そんなものはいないという世界像。
全然ちゃうやん。

192 :名無しさん@3周年:04/03/21 15:56
同じだよ。人格的存在がいようがいまいが、この世界を縛っている物理法則、化学法則がかわるということはない。




193 :名無しさん@3周年:04/03/21 19:30
>>192
後半について、物理学者はそれほど自信をもっているわけでもない。

194 :名無しさん@3周年:04/03/22 07:58
人格的存在って何だ? こんなものは人間のレベルでしかないじゃないか。
神格的存在なら最高の存在といえるが。


195 :名無しさん@3周年:04/03/23 18:14
>>193
192の比較対象は人格の有無。

196 :名無しさん@3周年:04/03/24 03:12
>>194
神を「神格的」とか「神様みたいだ」と言ったら変だろ。

197 :名無しさん@3周年:04/03/25 17:22
正直、いてもいなくてもどっちでもいい

いたら、「ああ、いたのか」
いなければ、「ああ、いたんだ」

俺にとってそれくらいの存在。
いや、存在かどうかもわからない単語。

198 :名無しさん@3周年:04/03/25 23:21
>>197
人生の根幹において神様の概念に依存しきっている人間がこの世には大勢いるんだよ。


199 :名無しさん@3周年:04/03/26 00:42
生まれたときから神はいるいるいるいると教育されて育つと依存しきる人間になっても仕方ないことだろうね。


200 :岐阜林檎(251日) ◆AOO....99o :04/03/26 01:24
居ないということを前提に考えると、居るんだよ。
居ることを前提に考えるのは只の思考停止だろ?

201 :名無しさん@3周年:04/03/26 13:19
どのようにすることが神の喜びなのだろう。
そう考えて日々暮らしているよ。




202 :名無しさん@3周年:04/03/26 13:20
>>201

目から鱗。

203 :名無しさん@3周年:04/03/26 17:27
>>201
神のために人間がいるわけではない。
人間の為に神がいる。

204 :名無しさん@3周年:04/03/26 17:31
いるはずねえだろう゛ぉけ。

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/kokusai/20040325/20040325a3270.html

205 :名無しさん@3周年:04/03/26 17:56
神を見たことはない。


206 :名無しさん@3周年:04/03/26 20:07
盲目の人にも耳の聞こえない人にも
幼い子にも、文字も読めない人にも
神はあらわれる。
ただ、慢心している人には無理かも。

207 :名無しさん@3周年:04/03/26 20:19
宗教によっては神を外部にはもとめない。神は己の中にありというやつだな。


208 :名無しさん@3周年:04/03/26 20:27
困った時にしか出て来ない。

209 :名無しさん@3周年:04/03/26 22:32
神様のいるとこ知ってるけど教えない

210 :名無しさん@3周年:04/03/27 03:09
神の定義教えれ。
話はそれからだ。

漏れは多神教派。
すべてのものに神が宿ってるって考え方、好き。

211 :岐阜林檎(251日) ◆AOO....99o :04/03/27 03:23
>>210
この世はなぜ無ではないのか。
この世の存在全てが無駄なものではないのか。
その無駄が神。

212 :名無しさん@3周年:04/03/27 06:17
太陽系においての地球と太陽の位置関係とか、進化論について、いわゆる「運命的な出会い」についてとか、
「神がかり的な物」に触れた時に神を感じると思う。
多数決で神が生まれる訳では無いと思うし、そもそも神って何なのか解んないし。
今の価値感でそれでいいのか、と思う神話も沢山ある。

ただ、俺が思うのは「いた方が面白い」という事。
天罰というものは生きている間にあるから意味が有るのでは?と思うし、
神がいるなら歴史上の大量虐殺を防げたのでは?とも思う。

たとえば、「幾らでも人間が死んでも気にしない神様」だったら?

誰か自分の腸内細菌が死んだからって涙する人間がいるか?
でも、そんなヤツがいた方が「面白い」と思わない?
それが俺の信じる「神様のいる理由」。

213 :名無しさん@3周年:04/03/27 10:56
i人間が死んでも気にしない神というより人間が死ぬのがをむしろ楽しむのが神かもよ。なにせ人間は絶対死ぬからね。



214 :@~ノ國:04/03/27 11:26
神は、ヒトに性交という楽しみを与え、子供を育てるという楽しみを与えるために
ヒトが死ぬように仕組んだのです。
しかし、国家神道は人に非生産的な死を強制しました。

215 :名無しさん@3周年:04/03/27 21:20
「非生産的な死」ねえ・・・
人里にトラが出てきて自分の家族を守るために刺し違えて死んだ、とかって
駄目な事なのか?
死んでいった人たちは同じような気持ちだったと思うが。
某北の国で馬鹿な将軍様のせいですさまじい数の飢え死には別にいいの?

まあ、性別があるのも病気への耐性のためらしいが。
1種類の遺伝子より、交配して色んな種類の遺伝子の方が生き残る率が高い。


216 :名無しさん@3周年:04/03/31 18:12
>>212
なんか勘違いしてると思うが、生物のいる地球という惑星が「たまたま」
太陽から適度な距離に位置したのではなくて、地球が太陽から適度な
位置にあったから生物が生まれたんだよ。
進化論についてもそう。
キリンの首が長いのはたまたまそれが生存に有利な形質だったから。
別に超自然的な力が働いた訳じゃない。あえて言うなら淘汰圧。
そこに神だの何だの感じるのはナンセンス。





217 :名無しさん@3周年:04/03/31 18:54
神が存在をるおしつけるのも、すべてはたまたまだとおしつけるのも同じ穴の狢。



218 :名無しさん@3周年:04/03/31 20:10
>>217
押し付けとか言われても困る。
蓋然性の低い考えは棄却されるべきじゃないか?


219 :名無しさん@3周年:04/03/31 21:23
>>218
実験室系でもないのに何で?

220 :名無しさん@3周年:04/04/02 20:24
――神とは何でしょうか。
「神とは至高の知性――全存在の第一原理です」

――無限というものをどう理解すればよいでしょうか。
「始まりも終わりもないもの、計り知れないもの、知り尽くし得ないもの、それが無限です」

――神は無限なる存在であるという言い方は正しいでしょうか。
「完全な定義とは言えません。人間の言語の貧困さゆえに、人間的知性を超越したものは定義できません」


221 :名無しさん@3周年:04/04/02 20:25
――神が存在することの証拠として、どういうものが挙げられるでしょうか。
「地上の科学的研究の全分野における大原則、すなわち“原因のない結果は存在しない”、これです。何でもよろしい、人間の手になるもの以外のものについて、その原因を探ってみられることです。理性がその問いに答えてくれるでしょう」

――神の実在を人類共通の資質である直観力で信じるという事実は何を物語っているのでしょうか。
「まさに神が実在するということ、そのことです。なんとなれば、もしも実在の基盤がないとしたら、人間の精神はその直観力をどこから得るのでしょうか。その直観力の存在という事実から引き出される結論が“原因のない結果は存在しない”という大原則です」

――神の実在を直観する能力は教育と学識から生まれるのでしょうか。
「もしそうだとしたら原始人がそなえている直観力はどうなりますか」

――物体の形成の第一原因は物質の本質的特性にあるのでしょうか。
「仮にそうだとしたら、その特性を生み出した原因はどうなりますか。いかなる物にもそれに先立つ第一原因がなくてはなりません」

――造化の始源を気まぐれな物質の結合、つまりは偶然の産物であるとする説はいかがでしょうか。
「これまた愚かな説です。良識をそなえた者で偶然を知的動因とする者が果たしているでしょうか。その上、そもそも偶然とは何なのでしょう? そういうものは存在しません」

――万物の第一原因が至高の知性、つまり他のいかなる知性をも超越した無限の知性であるとする根拠は何でしょうか。
「地上には“職人の腕はその業を見れば分かる”という諺があります。辺りをごらんになり、その業から至高の知性を推察なさることです」


222 :名無しさん@3周年:04/04/02 20:26
――神の根源的本質は人間に理解できるでしょうか。
「できません。それを理解するための感性が人間にはそなわっていません」

――その神の神秘はいずれは人間にも理解できるようになるのでしょうか。
「物質によって精神が曇らされることがなくなり、霊性の発達によって神に近づくにつれて、
少しずつ理解できるようになります」

――たとえ根源的本質は理解できなくても、神の完全性のいくばくかを垣間(かいま)見ることはできるでしょうか。
「できます。いくばくかは。人間は物質による束縛を克服するにつれて、神性を理解するようになります。
知性を行使することによってそれを垣間見るようになります」

――神とは永遠にして無限、不変、唯一絶対、全知全能、至上の善と公正である、
と述べても、属性の全てを表現したことにはならないでしょうか。
「人間の観点からすればそれで結構です。そうした用語の中に人間として考え得る
かぎりのものが総括されているからです。
 ですが、忘れてならないのは、神の属性は地上のいかなる知性をも超越したものであり、
人間的概念と感覚を表現するだけの地上の言語をもってしては、絶対に表現できないということです。
 神が今述べられたような属性を至高の形で所有しているに相違ないことは
人間の理性でも理解できるはずです。そのうちの一つでも欠けたら、あるいは無限の形で所有
していないとしたら、神は全てのものを超越することはできず、従って神ではないことになります。
全存在を超越するためには神は森羅万象のあらゆる変化変動に超然とし、想像力が及ぶかぎりの不完全さの
一つたりとも所有していてはなりません」


223 :名無しさん@3周年:04/04/02 20:28
――神は物的宇宙とは別個の存在でしょうか、それとも、ある一派が主張するように、宇宙の全エネルギーと知性の総合体でしょうか。
「もしも後者だとすると、神が神でなくなります。なぜなら、それは結果であって原因ではないことになるからです。
神は究極の原因であって、原因と結果の双方ではあり得ません。
 神は実在します。そのことに疑いの余地はありません。そこが究極の最重要ポイントです。
そこから先へ理屈を進めてはいけません。出口のない迷路へと入り込んでしまいます。
そういう論理の遊戯は何の益にもなりません。
さも偉くなったような自己満足を増幅するのみで、その実、何も知らないままです。
 組織的教義というものをかなぐり捨てることです。考えるべきことなら
身の回りにいくらでもあるはずです。まず自分自身のことから始めることです。
自分の不完全なところを反省し、それを是正することです。その方が
、知り得ようはずもないことを知ろうとするよりも、遥かに賢明です」

――自然界の全ての物体、全ての存在、天体の全てが神の一部であり、
その総合体が神であるとする、いわゆる汎神論はどう理解すべきでしょうか。
「人間は、所詮は神になり得ないので、せめてその一部ででもありたいと思うのでしょう」

――その説を唱える者は、そこに神の属性のいくつかの実証を見出すことができると公言します。
例えば天体の数は無限であるから神は無限であることが分かる。真空ないしは虚無というものが
存在しないということは、神が遍在していることの表れである。神が遍在するがゆえに万物は神の
不可欠の一部である。かくして神は宇宙の全ての現象の知的原因である、と。これには何をもって反論すべきでしょうか。
「理性です。前提をよく検討してみられるがよろしい。その不合理性を見出すのに手間は掛かりません」



224 :名無しさん@3周年:04/04/04 14:58
やはり神は全知全能なのなのだろうか?

225 :!( ゚Д゚)ゴルァ!! ◆U1aFo/7HqE :04/04/04 15:10
>>224
「全知全能だ」!( ゚Д゚)ゴルァ!!


というと必ず決まったレスが返ってくるのだ!( ゚Д゚)ゴルァ!!

226 :名無しさん@3周年:04/04/04 19:17
想定されるレス↓
だったら「何でも貫く矛」と「どんな矛でも貫けない盾」をつくれ!


227 :名無しさん@3周年:04/04/04 20:35
オッケー。
宇宙の果てにどんな矛でも貫けない盾を置いた。
宇宙の反対の果てに何でも貫く矛を置いた。
神は矛盾には興味を示さないから、人間が取って来なくてはならない。
数億光年の彼方までご苦労さま。

228 :名無しさん@3周年:04/04/04 20:39
>>227
宇宙が閉じてたらどうすんだよ。

229 :名無しさん@3周年:04/04/04 20:44
>>227
ブラックホールとホワイトホールで代用

230 :名無しさん@3周年:04/04/05 00:35
神が存在しない
だが何も不安になることはない…

その代わり社会には
法律があり、道徳があり、哲学があり、科学がある。
そして人の心と頭には
愛があり、善があり、怒りと悪を制御する理知がある。

「神」というものなどよりも「人」というものを信じるべきではないのだろうか。


231 :ネットサーファー@~の國:04/04/05 00:43
人の築いた堤防はいつか壊れ、
最後には、神の意志のままに水は流れるのです。

232 :名無しさん@3周年:04/04/05 01:04
「神の意思=自然の摂理」だと思う。
そして実は人も自然の一部である事には違いなく、自然の摂理に反すれば
忽ち自然からのしっぺ返しに見舞われることになるのが摂理。
人は如何にして自然であれるか。如何にして正しい秩序を築けるか。ということではなかろうか。


233 :名無しさん@3周年:04/04/05 01:11
人が信じるべきは神ではなく善なる心を持つ人であり
人が恐れるべきは神の怒りではなく善なる人の怒りである

「善なる人々が行動を怠れば必ず悪が勝利する」エドマンド・バーク

234 :くそ、これだけは書いとく:04/04/05 10:57
おまえのせいでどれだけつらいめに合されたのかわかってんのか。
ここへきておまえから死の宣告をうける俺の気持ちがわかるか。
てめえは死ね。おまえのせいで俺はすべてを奪い取られているんだ。
わかってんのか。で、おれはおまえに全部かえせといった。が、
おまえのようなやつとは、もうかかわりたくないのでおまえとの関係
を絶縁した。もういい、ほんといったら、おまえから返してももらわ
ないといけないものが山のようにあるけど、おれは一切それを放棄
する。その代わりもう俺に一切かかわるな。俺の人生に口出しするな。
おまえの厄介で身勝手な人殺しの公正を2度と俺に振りかざしてくるな。
今度こそ絶縁だ。もう2度とおまえにはかかわらない。でてくるなよ。



235 :名無しさん@3周年:04/04/05 13:38
>>233
善とはそもそも何?

236 :名無しさん@3周年:04/04/05 13:38
>>232
> 「神の意思=自然の摂理」だと思う。

根拠なしですな。却下。

237 :名無しさん@3周年:04/04/05 13:40
>>233
善悪の基準がひとによって違うから争いがおきるわけだが。


238 :名無しさん@3周年:04/04/05 13:43
>>237
善悪の基準はどうして人によって違うのだろうか?また、それを揃えることは可能だろうか?
それを揃えることはいいことだろうか、悪いことだろうか?

239 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:31
>>236
神は脳内の存在で実際には居ないから。
自然の摂理を神の意思に喩えていると解釈できる。

240 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:35
>>239
しかし、わざわざ「自然の摂理」を「神の意志」と呼び変える上で、心的態度において本質的
変化がないとは思えない。

241 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:37
>>238
それぞれが集団を作り、そこに所属すると言う形で揃えるのが良い。
でも集団同士は出来るだけバラエティに富んでいる方がええと思うんだけど。
どないやねん。
>>239
イコールはリコールされたとも解釈できる。

242 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:45
いずれにしても人間の言う「自然」とは人間の手が加わった自然だろうね。

243 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:49
梵我一如、ブラフマン=アートマン
神は我々の心の中に宿っている。

244 :名無しさん@3周年:04/04/05 16:55
>>238
善悪の基準を示すのはやはり「法律」ですよ。
国と国の関係の場合は「国際法」だし。
人と人・国と国が関係する場合には交通ルールの様な規範が必要という事ですね。

245 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:11
>>242
「自然の摂理」が何かという事を知るのが人間の課題であって
それはあらゆる場面に於いて問題解決のヒントにもなるものではないか。

この意思決定は「自然の摂理」に反しているかどうか…とか。

それは先ず人が自然の一部であることを認識することから始まるのだろうが。

246 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:14
【全ての基準は「自然か不自然か」】というのはどうだろう。

247 :!( ゚Д゚)ゴルァ!! ◆U1aFo/7HqE :04/04/05 17:16
>>244
戦争の善悪を法律で決めてくれ!( ゚Д゚)ゴルァ!!

248 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:17
>>245-246
自分の教団以外は全て悪だと聞こえる。
カルトだとしか言いようが無い。
自然である事より無作為である事が大事。

249 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:43
「善悪の基準」や「神の意思」を知るよりも「自然の摂理」を知る方が先決で分かり易いかもしれないよ。

250 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:46
弱肉強食は自然の摂理だが、人間社会では必ずしも善とはいえん。


251 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:50
>>249
だったら遠近があるわけでしょ。
イコールで結ぶとその遠近が捨象されてしまうから駄目。

252 :名無しさん@3周年:04/04/05 17:51
神が絶対であると同様に「絶対の自然」というものが有りはしないか。
自然だと思っても実はそれが不自然だったり
不自然だと思っても実はそれがしぜんだったり
「絶対の自然」が何かを考える人間の姿こそ本当の自然な人間の姿なのではないだろうか。


253 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:02
世の中の全ての事象に於いて「自然か不自然か」は「善か悪か」より分かり易い物差かもしれないね。

254 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:03
>>252
君は君の道を行くがいい。
絶好の釣り餌にされるだろうから。

255 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:14
神が居ないとする以上、人間社会にはそれに変わる規範というものが必要なんだよ。

256 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:17
規範の前に有るのは道徳であり哲学であるというのは勿論の事だが。

257 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:18
>>255
その時点でやっと「ダウト」と言えるようになる。
それは理解して欲しいな。

258 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:23
いや、規範に絶対は無いよ。それだけは言える。

259 :名無しさん@3周年:04/04/05 18:42
神は全ての人に平等ですか?

260 :名無しさん@3周年:04/04/05 19:02
>>258
「規範=ルール」だから、とりあえず絶対じゃないと効力が無いでしょ。
あくまでも「とりあえず」だが…。
つまり、絶え間ない見直しによる絶対の追求というものが必要という事ではないのかな。

261 :名無しさん@3周年:04/04/05 19:03
少なくとも自然任せでは、人は向上しないな。
そういう時に神が必要だ。私はそう思う。

262 :名無しさん@3周年:04/04/05 21:44
神任せこそが自然任せなんじゃないかな。
神が居ないとすればこそ、崇め恐れるべき対象は自然であって、
自然の摂理の真髄を知る事こそが人の向上になるのではないだろうか。

「神の意思=自然の摂理」ということでもいいんだけれど。
神にも色々あったりするから、それよりも、その基であるところの自然という意味で。

263 :名無しさん@3周年:04/04/05 21:49
神が居ないとしたならば人は神(自然)任せにしなくなって
己の成すべき事柄がより明確になりより努力することにもなるのでは。


264 :安部清明:04/04/05 21:59
久々に覗いたら相変わらずこのようなスレが立っておるか・・・

嫌いではないが(w

レス番貼るのダルイので省略するが、
上の方の誰かがカキコした「在ると言えば在り、無いと言えば無い」というのが
しっくりくるな。

265 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:06
>>263
「自然の摂理」だと貪欲を肯定してしまうのがネックだと思う。
太く短く。って感じ。

266 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:10
>「在ると言えば在り、無いと言えば無い」

人の思いの中にしか存在しないということだよね。

267 :安部清明:04/04/05 22:18
>>266
そうだな。

もう少し言えば「神」とは「人の心」の生み出したものとも言える。
「鬼」もまたしかり。

ここで重要なのは「神」という「名称」である。

「神」を「信じる」
これはその者にとって自由であり、その者にとっての拠り所であるかも知れない。
よってとやかく言うのは無粋だな。

「神」が「いる」
これが議論を呼ぶところだが、そもそも「神」とは何だ?
誰もが共通の認識で「神」を捉えているのであろうか?
おそらくは共通のイメージを持つ者はこのスレには二人とおるまい。


268 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:18
>>266
人の情報処理パターンが在ると無いとを形成しているんだと思うよ。
全人類だって、在ると言えばあるし、無いと言えば無い。

269 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:27
>>265
>太く短く。って感じ。

前世・後世・輪廻転生、現世で徳を積めば後世で報われ、徳を落せば後世に祟る、でしょ。
それだと前世で徳を積んだ者が現世でそれこそ太く短くって感じになるのよ全くもって。

それよりも現世で全て清算するべく人は何事に於いても努力するべきものではないのでしょうか。

神まかせでなく。

270 :安部清明:04/04/05 22:36
連続カキコすまぬが・・・・

>>265
例えば身近な例を挙げれば生きとし生けるものは皆いつかは死ぬな。
これは「自然の摂理」と言えるであろう。
この点に依存はあるまい。

いのちに限らず、この大地、宇宙、すべてのものに何らかの「力」「摂理」が
働いていると感じることはないか?
そのような「力」「摂理」が存在することに異議はないな?

それを「神」と呼ぶと「定義」するならば「存在」するとも言えるであろう。
やや強引だがな(苦笑)

結局のところこのスレや神は存在しないスレ等がこのような様になるのは
ここに起因しているのだよ。

この定義自体がずれていれば噛み合おうはずもなし。

かく言う俺は「個人的」には人格神には否定的なスタンスだがな。
しかし信心によって良き道へと進むのであれば特に否定はせぬ。
信心が目的に摩り替わってしまっては何にもならんがな。

271 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:38
>前世で徳を積んだ者が現世でそれこそ太く短くって感じになるのよ全くもって

前世でポイント稼いだ香具師が現世でポイント使いまくってお咎めなしということね。
悪事を働いて報われたまま大往生する香具師ってそういうことね。
そんなの許せないし理不尽だからして「後世はポイント無しよ」「マイナスかもね」と。

大した努力もしないくせに報われない正直者の戯言にしか聞こえないんだけどな。

272 :安部清明:04/04/05 22:38
どうも先ほどからレスの内容が微妙にかぶるのう(苦笑

273 :安部清明:04/04/05 22:48
どうも>>265の言わんとしたことを取り違えていたようだな・・・

個人的な意見と前打って書いておこう。

「自然」、例えば地震等の災害は人を選り好みして発生するであろうか?
答えは「否」だな。

因果応報に代表される現世における「因」が来世などに「果」として己に必ず
返ってくるというのは「方便」と取れなくも無い。
しかしそれはあくまで「自然の摂理」というレベルからの捉え方からすればの話だ。

結局偉人たちはどのように人を導くか、また、どのようにあるべきか考えた上で
このような言葉を残したのではなかろうか。

どうも今日は説教くさくなっていかんな(w
駄レス失礼した。

274 :天草四郎時貞:04/04/05 22:49
輪廻転生って無いのかよッ!

275 :安部清明:04/04/05 22:51
>>274
おぬしは「魔界転生」が似合いであろうが(w


懐かしいな(笑)

276 :名無しさん@3周年:04/04/05 22:52
あんたら映画界で張り合ってなよ。(w

277 :あずみ:04/04/05 23:08
きっさま〜ーーーーーッ!

278 :安部清明:04/04/05 23:16
>>276
あの映画は・・・ 微妙な感じだったな・・・
陰陽師は夢枕獏の原作に限るな。


って激しくスレ違いだが(w

279 :265:04/04/06 01:23
>>273
んーと。そうだな。私のイメージだと、

自然の摂理って奴を床屋で散発しているお客の顔に譬えると、
神って言うのはその顔に当てられた蒸しタオル
みたいなもんじゃないかなって思ってる。

280 :名無しさん@3周年:04/04/06 11:56
人の感情や思考が自然の摂理にどう適っているかは
問題解決とかに於いて面白い判断基準かもしれないね。
どちらが自然か。いったい何が不自然か。とか。

281 :名無しさん@3周年:04/04/06 23:35
神なんて居なくてもゼンゼン平気。神(゚听)イラネ

イラクの馬鹿騒ぎ見てみ。
神に祈ってるの馬鹿ばっかじゃん。


282 :名無しさん@3周年:04/04/06 23:46

神(゚听)イラネ

2チャンでこんなこと言われちゃってますよ。神さんよ。

283 :名無しさん@3周年:04/04/07 00:17
神(゚听)イラネ

284 :名無しさん@3周年:04/04/07 12:49
イラクにはある意味
神がいるな あれだけ神を理由に騒げりャ
大したもんタイ

285 :名無しさん@3周年:04/04/07 13:26
居ると思ってるだけだろうが。

286 :名無しさん@3周年:04/04/07 14:23
神(゚听)イラネ

神の名を借りて戦争をそれぞれに正当化。神という概念の曖昧さ都合よさが悪を呼ぶ。
それぞれの神に加護されてると思い込んでいる馬鹿同士の罵り合い殺し合いのループ。

「神の存在」は人の思考能力や真の向上・発展にとって必ずしも有意義とは言い切れない。

しょせん発展途上の古めかしい行動規範の一手段にすぎず時代錯誤の無用の長物的存在なのかも。

287 ::04/04/07 14:36
    |        降臨スルノ マンドクセ
    |  ('A`)
   / ̄ノ( ヘヘ ̄



288 ::04/04/07 15:03
もしかして私目の役割はオワタのか?
そのうちにそんな日がいつか来るとは思っておったが。

289 :元の神:04/04/07 15:12
イラクに居るのは少なくてもこの私めではあーりませんよ。

290 :名無しさん@3周年:04/04/07 15:21
テメーの弟子なんとかしろよ

291 :名無しさん@3周年:04/04/07 16:00

 |
 |⌒彡   ……
 |冫、)
 |` /
 | /
 |/

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |
 |


292 :名無しさん@3周年:04/04/07 16:03

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |


293 ::04/04/07 16:23
    |        マーロニーチャン♪
    |  ('A`)
   / ̄ノ( ヘヘ ̄




294 :名無しさん@3周年:04/04/07 23:57
藁多

295 :名無しさん@3周年:04/04/08 23:18
>>290
自由を与えたので、いまさら取り上げるわけにはいかない。


296 :名無しさん@3周年:04/04/08 23:50

( ´,_ゝ`)プッ

297 :名無しさん@3周年:04/04/08 23:56

(○口○*) ポーカン

298 :名無しさん@3周年:04/04/08 23:59

そりゃないよ( ゚д゚)ポカーン

299 :名無しさん@3周年:04/04/09 01:16
本当に神はいますか?

答: 神(゚听)イラネ



300 :名無しさん@3周年:04/04/09 01:32

 |
 |⌒彡  …
 |冫、)
 |` /
 | /
 |/

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |

301 :名無しさん@3周年:04/04/09 01:55
立場ねーー。(w

302 :名無しさん@3周年:04/04/09 02:40
神は漏れが気付く前から存在してるからなあ。
呼びかけに応えられるかどうか、それは心の準備ができてる人のほうが気付き易いのは確かだと思われ。

その存在となると上手く人に説明する言葉が見当たらないんだよねw
まあ時期が至れば自分を呼ぶ声に気が付くかもしれないし、空耳としてそれが呼びかけだったと気付かないかもしれないしね。

でも気付かないまでも普通に生活できてるほうがいいね。求める気持ちが先行して生活が乱れる人も少数ながら散見されるから....



303 :名無しさん@3周年:04/04/09 02:46
昔、漏れが学生の頃に教授が言ってた。
色というものは実はこの世の中に存在しないんだと。
赤や青や黄や白等の色には波動だか周波数の様な物があって
それが一つ一つ違う色に見せているそうだ。

神の存在を考えていたら、なぜかそれを思い出した。
あってない様な物、なくてある様な物。なんだろう一体。

304 :名無しさん@3周年:04/04/09 08:53
昔、漏れが餓鬼のころ、人のものを盗った事がある。
その後、いつまでも責めてくるやつがいた。
知らん振りしても、聞こえない振りをしてもつきまとう。
とうとう、心の中であやまったよ。
そうしたら、「よく気がついたね」というような
気持ちが伝わってきた。
それららば、今度は良いことをしてみようと思い
ひとの見ていないところで良いことをすると
喜んでいる気持ちが伝わってきた。
大きくなってしまうと、いろんな理由をつけて
理解しようとしてしまうが、餓鬼のころは
悪さもしたがそれなりに純粋だったなぁ。

305 :名無しさん@3周年:04/04/09 14:55
オウムの連中を全員、無罪にしない事には304も心底からは信じられん。

306 :名無しさん@3周年:04/04/10 12:26
>>305
オウムの連中が全員 子供だったら少年法に守られ刑事罰はおわなかったよ。


307 :名無しさん@3周年:04/04/10 12:28
>>303
音も匂いも温度もにたようなものだ。


308 :名無しさん@3周年:04/04/10 19:16
色や音と、
匂いや温度とは区別した方が良い。
いや念の為だけど。

309 :名無しさん@3周年:04/04/10 19:40
>>308
波をカテゴリーにするなら、温度(エネルギー)と臭い(化学物質)も区別しろよな。

310 :名無しさん@3周年:04/04/10 19:45
>>309
いや匂い(化学物質)と温度(エネルギー)は、
熱力学で言う所の示強量(示量変数)だから
同等の理論構成が可能だ。
波でカテゴリーにしているわけではない。

311 :名無しさん@3周年:04/04/11 00:22
>>303
あってない様な物→無
なくてある様な物→空
なんだろう一体→ありてあるもの

それにしても、春は花はきれいだなぁ
その神秘におもわず神に感謝するよ。


312 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:15

 |
 |⌒彡  …
 |冫、)
 |` /
 | /
 |/


313 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:27
それよりも自然に感謝して
自然を尊び
自然の摂理を学ぶことだね

人間も自然の一部という事を自覚して

神=自然の摂理で、不可視なもの、存在理由のための、脳内の偶像

314 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:32

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |

315 :名無しさん@3周年:04/04/11 01:38
笑わせるなよッ。w。

316 :名無しさん@3周年:04/04/12 05:59
>>313
そんなに単純なものではない。辺り憚らずが自然の摂理な訳無いからね。

317 :名無しさん@3周年:04/04/12 11:51
何もせずに自然に任せるのではなくて
自然の摂理に叶った行動を人は起こすべきということですよ。

318 :名無しさん@3周年:04/04/13 13:01
>>317
自然に神を称える言葉が出てくるのが、
自然の摂理に叶った行動なんだろうね。

319 :名無しさん@3周年:04/04/22 17:51
人はきっと何時の日か神というものから自立しなければならないのだ。マチガイナイ。んでもって…

神(゚听)イラネ

320 :名無しさん@3周年:04/04/27 02:20
菊理姫は、wmの脳内でつ

321 :名無しさん@3周年:04/05/01 00:57
9×9=81

322 :名無しさん@3周年:04/05/02 09:05
GWGWGWGWGWG

323 :名無しさん@3周年:04/05/08 13:16
神からの自立

324 :名無しさん@3周年:04/05/09 19:23
親からも自立できないヤツが
神からの自立を言うか。

つか神がいること認めてるし。

325 :名無しさん@3周年:04/05/11 11:56
 |
 |⌒彡  …
 |冫、)
 |` /
 | /
 |/

326 :名無しさん@3周年:04/05/13 01:42
この宇宙自体が意思を持った生命体だとしたら。

そうしたら
頭の悪いおまえらも神の存在が理解できるだろ。

327 :名無しさん@3周年:04/05/14 23:04
>>325
イラクのアラーはお前の弟子か。ナントカしろバカ。

328 :名無しさん@3周年:04/05/14 23:06
馬鹿に民間人の首斬らせてんじゃねーよ。

329 :名無しさん@3周年:04/05/19 15:18 ID:9tdT5geC

神(゚听)イラネ

330 :名無しさん@3周年:04/05/19 21:11 ID:kG2LGBCp
>>326
宇宙はただの物質に過ぎん。
宇宙を宇宙たらしめる存在はあるかもしれん。
仮にそのような存在がいたとしても
我々が把握しうるのはその存在の残像(影?)に過ぎない。
つまりそれがこの宇宙ということ。

331 :名無しさん@3周年:04/05/19 23:50 ID:nia+Hg1R
動物が神の存在を信じてますか?
人間もその動物の一種に過ぎません。
人間の知能が発達し過ぎたばかりに、ありもしないモノを創造したんだと思います。
神はいません。人間が創造したものです。



332 :名無しさん@3周年:04/05/20 00:02 ID:YtkaR9dq
自然が神で、それに感謝すれば良いのではないか?

333 :名無しさん@3周年:04/05/20 00:07 ID:FRXAq0zf
神が本当に存在するならば、何故障害者を作ったんだ?

334 :名無しさん@3周年:04/05/20 01:11 ID:nWE14pfs

神(゚听)イネエ

335 :名無しさん@3周年:04/05/20 01:12 ID:cVGpSEmi
>>328
馬鹿同士の宗教だからw

336 :mariai:04/05/20 01:12 ID:jfnGwiKj
神なんていませんよ。

337 :名無しさん@3周年:04/05/20 01:15 ID:Q5qaVyzS

神が居ようが居まいがお前らの人性には関係ない
居たらどうなる? 居ないとどうなる?
何か変わるのか? 言ってみ

338 :名無しさん@3周年:04/05/20 09:40 ID:dCtVq7wm
質問があります。
@神は人を作ったってキリスト教以外でいっているの?
Aもし私たちが神に作られた存在なら、製造責任は発生するの?
だとしたら神は地獄があるならそこにいるの?
Bなぜ信じるものしか救わないの?心が狭い人間のような考えだと思うのですが


339 :名無しさん@3周年:04/05/20 11:03 ID:27GpPu77
神はいなくてもいいけど、死後の世界はあってほしいな。


340 :名無しさん@3周年:04/05/20 18:01 ID:bfVKvTIj
>>338
質問は神に直接してください。
少し時間はかかるかも知れませんが必ず回答をしてくれます。

341 :名無しさん@3周年:04/05/20 23:03 ID:nWE14pfs

 |
 |  サッ
 |)彡
 |
 |

342 :ルチンコ:04/06/12 09:29 ID:qN+jYuIl
かつてパンクというムーブメントが起こった。
哲学・思想のフレームとしてとらえると実に興味深いものであったが
マルコム某はビジネスといして煽り、ロンドンのパンク少年は観光客
を相手に自らのファッションを被写体に記念写真の小銭をせびった。

本来、既製のファッションや音楽のジャンルを打ち砕くものとしてその
存在が期待された「パンク」も、名がつけられスタイルが規定された
時点で、ひとつのジャンルとして小さく区分けされだけとなった。

実はここが重要なのだが、名をつけそれがどういうものかと分類する
のが、人間の性というか形而上学の流れを汲む人間の思考ルーチン
なのである。差とか違いで他との区分けをしたいだけなのだ。

「神はいますか?」という問いに、正確に答えるには「神」の概念から
考えなければならないが、あえて答えるとすれば、
 「神はいない。それは在る。」 という答えになるだろう。
禅問答のような答えであるが、そう言わざるを得ないだろう。

神は領域を持たない。つまりここからここまでが「神」で、それ以外は
神ではないといえるものではないからである。
そのようなものに本来は「神」と名をつけられるものではないからだ。

髭をはやした老人や、頭に何かをのっけた悟り顔を神として認めるなら
話は別だが、「神が在ること」と自分自身が「それを知る存在」であれば
宗教のような形骸化した<ファッション>は必要ないだろうし、そのこと
自体は100年も昔に喝破されている。


343 :名無しさん@3周年:04/06/15 00:13 ID:UEtelaeo
>>質問は神に直接してください。
>>少し時間はかかるかも知れませんが必ず回答をしてくれます。

はたして、キリストやパウロが、そういう答え方をするために、わざわざ他人の家の戸口にまで
出向いたり、公共広場で大声で伝道していたのかどうか、君は疑問に思ったことはないのかね。

344 :名無しさん@3周年:04/06/19 23:07 ID:UokCp4yI
何も答えられない自分と、自分の属する宗派に、何の疑問もなし、か。
ファリサイ派もそうだったっけな。

345 :病弱名無しさん:04/06/20 11:19 ID:dT8oiKly
本当に神はいますか?

答 神(゜ж゜)イルネ

346 :病弱名無しさん:04/06/20 11:57 ID:jcy5JTby
無から意思を持った存在が生まれた ということは 人間よりも高度な意識を
持った存在がいる その頂点が人間にとっての神 人間はその意思を持った
存在にとって何かしらの存在必要性があった 神は人間に何かを求めている

347 :名無しさん@3周年:04/06/20 12:43 ID:O3oYotrq
なんで「ということは」でつながるのかが意味不明

348 :名無しさん@3周年:04/06/20 13:07 ID:LxrP+Y/+
>>1

「神」とは概念に過ぎない
人間が神を創り出したんだよ
俺は汎神論者だから俺にとって全ての存在は神だけど

349 :名無しさん@3周年:04/06/20 17:56 ID:NolI1AWe
言葉として「神」の概念を創ったのは人間です。人間が言葉を創ったのでこれは譲れません。
このスレッドで議論すべき「神」は一体何かを問いたいと思います。
例として
1.天地創造の神
2.イエスキリストが父と呼ぶ神
3.エホバの神
4.神社に居る神
5.仏
様々な神が挙げられます。私の好みからするとやはり
天地創造の絶対唯一神をおすすめしたいのですが......。



350 :いえす・きりすと:04/06/20 18:04 ID:oEGDSSLl
それぞれおなじ死人は何人でもいるようなものです

351 :名無しさん@3周年:04/06/20 18:41 ID:fk1o1Qbt
誰しも神聖な気持ちになったコトぐらいあるんじゃない
神がいるいないじゃなくて

352 ::04/06/20 18:49 ID:oEGDSSLl



353 :名無しさん@3周年:04/06/20 19:34 ID:fe7jNp2q
コンピュータが勝手に意志を持ち始める、というような奇跡を「ありえるかも」と
簡単に信じる現代人でも、宇宙以前の、時間さえも存在しないような世界において、
意志が自然発生したことは一度もない、と言い切ってしまう。
不思議なほどに、答えを選り好みしているよな。

354 :名無しさん@3周年:04/06/20 19:38 ID:fe7jNp2q
>>349
1〜3をすべて同一視して理解している宗派もあるな。

355 :名無しさん@3周年:04/06/20 19:38 ID:oEGDSSLl
神かよ

356 :名無しさん@3周年:04/06/20 19:39 ID:O3oYotrq
前者より後者のほうがありえないと感じるのは自然だと思うけど

357 :名無しさん@3周年:04/06/21 00:54 ID:ErlUhfzx
>>356
自然? それは、宇宙が存在する以前の世界がどんなだったかについて、
十分に熟考した上での意見かね?

358 :名無しさん@3周年:04/06/21 01:00 ID:DaMQqZK0
神は霊的な存在です。
その神を否定すると、自分の霊性も弱まって
殺伐とした人生になりかねません。

359 :名無しさん@3周年:04/06/21 02:05 ID:vaBgfJgg
神が霊的な存在であるということの根拠とその神が実在するということの根拠と
霊的な存在を否定すると霊性が弱まるということの根拠と
人間には霊性というものがあるということの根拠をそれぞれ教えてください

360 :名無しさん@3周年:04/06/21 06:19 ID:FpEEKqlu
神を信じていると殺伐とした人生になりかねません

361 :名無しさん@3周年:04/06/21 10:04 ID:934QE/Ab
>>356
「感じる」と書かれているわけだから、感覚的にものを言っているわけだ。
目に見える世界のことのほうが連想しやすいという意味でしかないだろう。
宇宙以前だなんて、非日常的で、非常識的な世界だからな。
そういうことは感性ではなく、論理でつきつめて考えなきゃならない。

362 :名無しさん@3周年:04/06/21 10:09 ID:934QE/Ab
>>358
どこかの宗教? ここで問われてるのは「神はいますか」だよ。
人生への影響とは、別の議論だよ。

363 :名無しさん@3周年:04/06/21 17:02 ID:VtkzJmcL
神と呼ばれるものは世の中にいっぱいあるじゃん
何が不満なのよ

364 :名無しさん@3周年:04/06/21 18:42 ID:h0CZ5G4E
神とは希望のことであ〜る。希望をなくした者は神の存在を否定するであろう。また、神は無でもあ〜る。なんつって!w

365 :名無しさん@3周年:04/06/21 20:15 ID:ww5ODPUm
誰も>>164にきちんと答えられない所が、宗教人の限界か。
案外、情けないね。

366 :名無しさん@3周年:04/06/22 00:16 ID:Zoo/H2yb
>>365
否定する証拠がない仮説はすべて真実だと信じなければならないというのが主張であるなら、
返す言葉も確かに無いな。

367 :名無しさん@3周年:04/06/22 09:19 ID:ad3oxl71
きてぃがいと話すことはないってことね

368 :名無しさん@3周年:04/06/22 12:48 ID:g/9Nbh6e
多世界解釈なんてものにすがっている時点で「神を認めたくない」という願望が
丸出しなんだよな。願望に論理が従わされていることも認めようとしない。

369 :名無しさん@3周年:04/06/22 13:20 ID:kNuFm58a
自分の行ってた中学の中に
一定の割合でキリストの信者がいたかと思うとぞっとする

370 :名無しさん@3周年:04/06/22 13:58 ID:mFjcxV1A
神はいます。Moneyという神が。

371 :名無しさん@3周年:04/06/22 14:18 ID:eL1WjLU8
ここはキリスト教のスレ?

372 :名無しさん@3周年:04/06/23 00:13 ID:GoQzYCTP
我考えるゆえに我は存在する。有名な言葉を思い出します。
神が存在する・しないの証拠は提出できないけれど、1つだけ確かな事は
貴方は神を求めることも拒否することも可能です。
すなわち、貴方は貴方にとって絶対者です、すなわち神様です。
ですから、私は貴方をとおして神を見いだします。


373 :名無しさん@3周年:04/06/23 04:33 ID:qhIe4n/n
神が存在しない事は証明できない

つうかさ、証明するためにはまず「神って何?」
ってことになるじゃんね。

証明できない=存在するってのはおかしいんじゃないの?

証明できない=存在する可能性もあるかもしれない

ぐらいで。

374 :名無しさん@3周年:04/06/23 04:37 ID:qhIe4n/n
あ、なんか>>164とダブってるね。

スマソ。

375 :名無しさん@3周年:04/06/23 04:40 ID:qhIe4n/n
ていうかさ、神って何のために必要なの?

376 :名無しさん@3周年:04/06/23 05:31 ID:mvWLu3zG
金儲け

377 :名無しさん@3周年:04/06/23 07:03 ID:Ot8AGrg4
世界を認識するためには、神の視点を必要とする。

378 :名無しさん@3周年:04/06/23 10:06 ID:1W2cPxDy
>>373
存在が存在する為に別の存在が存在するわけで・・・
              ↑
軽々しく「存在」という言葉を使用すると、こういうパラドクスに陥るわけです。


379 :名無しさん@3周年:04/06/23 13:19 ID:hHPlBgIw
小説の作者は小説の中に存在すると言えるか?

380 :名無しさん@3周年:04/06/23 16:38 ID:SOPAqojQ
人間には「信じる」という認識方法を働かせる以外に、その存在を知ることの
出来ないものが無数にある。
信仰は時に非論理的なものを信じさせ、存在しないものを存在するかのように
誤解させることもある。しかし、それはやはり諸刃の剣であって、信じなければ
存在の認識できない、人間に有益なものも無数にある。たとえば愛にしても。

聖書文中にはアダムが楽園にいながら神の愛を信じきれなかった様子が見受けられる。
もし聖書の神が実在するとするなら、人間は信じることによって以外、神を知覚できない
ような仕様で設計されていることになる。それも積極的に信じようとする以外には。
人の愛を信じることも積極性を持って信じる以外に、知覚する方法はない。
もちろん、悪人にだまされる確率はすこぶる増す。
しかし、だからといって、愛や神を、信じるという方法以外で知ることは、やはりできない。
証明を求める者にとっては、神も愛も存在しない。

381 :名無しさん@3周年:04/06/23 17:59 ID:vgZu7zGB
たとえ「作者様」に作られたものだとしても、
なんかその「作者様」にもてあそばれるのってむかつくよね。

「自然」が「神」であるほうがなんか納得がいく。

382 :名無しさん@3周年:04/06/23 18:15 ID:nwYWIznT
>>380
ありがとうございました。

383 :名無しさん@3周年:04/06/23 18:29 ID:Fdoo/Zeu
神の名は、Money

384 :名無しさん@3周年:04/06/23 18:46 ID:4iOAW3h4
>>380
>信じることでしか存在を知ることができない

存在の証明ができていないなら、結局それは存在していると信じているだけで、
存在していると知っていることにはならないよん

385 :名無しさん@3周年:04/06/23 18:53 ID:GQw2vys2
人は死んで天国に行きます

386 :真呼:04/06/23 19:04 ID:M9Xuq/15
救われるものは少ないと知れ。

387 :名無しさん@3周年:04/06/23 19:10 ID:jcNyhVWf
物理的には神は存在しません。
ただし、信者やその他の人々の頭のなかに、あるいっていの神とよばれる情報があるかぎり、
それは存在するということになります。

388 :名無しさん@3周年:04/06/23 19:15 ID:hHPlBgIw
神はニュートリノや中間子やモノポールなんかとは違うぞ。
科学でない物を科学の土俵で考えれば無理も出てくる。
例えば愛がそこにある事をどうやって科学的に証明するのか?

389 :名無しさん@3周年:04/06/23 19:17 ID:Sa7/7vsl
鷲蛾紙祖間蛇賀何可?

390 :名無しさん@3周年:04/06/23 20:16 ID:4iOAW3h4
>>388
態度や行動や言葉という傍証から愛があるかを推測する、ということになるだろうね。

つーか科学的どころか、ふだんでもそうやってるっしょ。
相手はこちらに無関心なように見えて口でもそう言ってるのに
それでも愛があると信じれば愛が存在するとか言うアホはいないでしょ。

神が存在してるとしたいなら愛の場合と同じようにそのことを示すことがないと。

391 :名無しさん@3周年:04/06/23 20:28 ID:yyqqU5Gs
愛って、記憶情報のひとつだよね。

精神とかいうものも神経細胞の火花なんだろ?

392 :名無しさん@3周年:04/06/23 20:56 ID:hHPlBgIw
愛に似たものとして勇気という物があるな。
愛も勇気も情報の中から推し測ることが出来るが情報そのものが
愛や勇気ではない。

俺はキリスト教徒ではないので聖書の神の有無は知らんが、
信仰のありかたとして言える事は、聖書によると神を信仰する者に神が
その力や愛を示すことがあるらしい。
それはメッセージだったり奇跡だったりするがそれを偶然と片付けるか
神の意志と考えるかは科学的な客観的判断ではない。

まあ勘違いする事もあるだろうが、それは盲信しているか神を追求して
いるかによるんだろうな。

393 :名無しさん@3周年:04/06/23 21:10 ID:yyqqU5Gs
だからさ、愛も勇気も記憶から生まれる、どちらかというと
後天的に身に付くものですよね。
そういう意味での記憶情報ってことなんだけど。

記憶って脳神経細胞のネットワークで生まれるものだから、そのうち
神とか愛とかそういうものもなんとなく科学的に判断できるように
なってもおかしくないんじゃない?

私としては科学をつきつめるとそのうちどっかで宗教ってよばれる
ようなものと結びつくような気がするんだけど。




394 :名無しさん@3周年:04/06/23 21:14 ID:hHPlBgIw
>>393
なるほど納得。

395 :名無しさん@3周年:04/06/23 23:45 ID:ajAKwxHq
一つ言っておくが、「神が存在しない事の証明」ができた人間はいない。

だからといって、「神は存在する」と言うのは危険だ。

論理学では、ないことが証明できないからと言って、あると言う事にはできない。

396 :名無しさん@3周年:04/06/24 00:16 ID:tQp7UHL5
無限なものはあるかと聞かれてるのに近いな・・・

397 :名無しさん@3周年:04/06/24 03:08 ID:HSN62fZN
「存在」は存在するか?

398 :名無しさん@3周年:04/06/24 03:22 ID:ugfWhv8D
>>396
数字って単位は限られてるけど一応無限じゃない?

399 :名無しさん@3周年:04/06/24 07:50 ID:K+GLZovy
 >信仰のありかたとして言える事は、聖書によると神を信仰する者に神が
  その力や愛を示すことがあるらしい。

http://web.astone.co.jp/tlccc_hp/2004testimony/index.html
こういうのの事かな。

なんか漫画雑誌の、「こんな僕にも彼女ができた!」とかの通販広告思い出した

400 :名無しさん@3周年:04/06/24 09:49 ID:EITYC3dA
愛は実在するのかを実際に人間が「知る」のは、まず愛とは何かを定義したうえで、
完璧なウソ発見器や、人間の脳の思考を完璧にスキャンする機械が出来たあとだな。
それまでは我々がいかに「あなたが私を愛しているのを知っています」と言ったり
思ったりしても、それは実際にはただ信じているにすぎないということになるわけだ。
たとえその人が自分のために身を投げ打って命を落としたとしても、その人は自分が
英雄視されたくてそうしたのかもしれない。秘めたる別の目的があったかもしれない。
疑える可能性が0.1%でも残っている限り、それは「知った」ことにはならず、証明された
ことにもならない。したがって、100%の完璧な証明を求める人、客観的な証明を求める
人にとって、その人の愛などというものは永遠に存在しないってこと。
しかし、だからといって客観的事実が存在しないわけじゃあない。
白か黒か、真実はどちらかだろう。
唯一、自分が白か黒かを知っているのは、命を投げ打ち死んだその当人だけ。
その人にとって、自分の愛を信じてくれた者は、真実にたどり着いた者であり、
すなわち信じるという方法論によって事実、つまり自分の愛を「知った」者となる。
無論、客観的証明を求める者からみれば、それは「信じているだけじゃないか」で終わり。
だが、これでいいのである。これが人間の仕様であり、ここが重大なポイントなんだな。

401 :名無しさん@3周年:04/06/24 20:45 ID:ygtMoPVe
つまり誰かが神を信じているときにその人が神の存在を知っていると言えるのは神ご自身のみであって、
自分で「私は神が存在していることを知った」と言う者は嘘つきであるということですかね

402 :名無しさん@3周年:04/06/24 22:11 ID:IRfcrly6
>>401
意味不明

403 :名無しさん@3周年:04/06/25 00:36 ID:oBrnTKEi
>>401
その原理でいくと「私はあの人が私を愛してくれたのを知っている」と言っている人のことを、
この人物は嘘つきである、とみなすのと同じ構造ということになるが、それでいいかね?
嘘つきと呼ぶか、哲学的な言葉の用法の間違いに気づいていないだけの人と呼ぶか、あるいは単に
言葉足らずの省略表現であるとみなすかは、個人の考え方や人間性によるってだけのことさ。

404 :名無しさん@3周年:04/06/25 03:48 ID:hsV1fQPa
なるほどね。
しかし結局神が存在するかどうか知ることも他人に愛されているかどうか確かめることも
究極的には不可能ということか。
愛の方はまだ相手のそぶりとかで予想できそうだが神はどうかな

405 :名無しさん@3周年:04/06/25 14:29 ID:QQOSseZb
>>403
命題として提出しているものだろうから、そういう見方に意味は無いと思う。

究極的に、と言うなら頭をパカリと割って脳の状態を調べれば愛があるかどうか、は確かめることができるだろう(今のところ現実的ではないが)
だけど、神は形而上の存在だから向こうからの干渉を観測できない限り、形而下からは逆立ちしようがどうしようが確かめることはできない。
例え干渉があって、そこで神は存在する、と言ったところでそれは神が存在して干渉主は神というモデルを使った仮説、あるいは解釈でしかない(実質的に存在すると同じである、と言う事は可能)
もうひとつ、形而上において、存在するとかしないとかいう物指し自体使えるかどうかも分からない。

形而上の存在以外、神がいる、とか、いないとか言うの自体無理だろうと思う。
愛に関しても、相手の頭をカチ割らない限り、愛があった、とも、無かったとも言う事は出来ないだろう。
結局、科学的とか、物理的、とかいう唯物的立場においては、不可知論から抜け出る事はないと思う。

406 :名無しさん@3周年:04/07/23 14:41 ID:lo8uXI2v
あぁ紙だけどそれが何か

407 :名無しさん@3周年:04/07/23 16:37 ID:v0raiXPQ
神は精妙である。粗雑なものごとでははかれないのだ。
人間はこれに気づき神と同じように精妙になるしか神を
捉えることはできない。
要は、神と同じような人格者になれということを求めら
れているのだよ。


408 :名無しさん@3周年:04/07/23 19:15 ID:/7nv2HF/
神ってのは人間が都合よく決めた存在
何かに縋らないと生きていけない弱い人間の作った虚像

409 :名無しさん@3周年:04/07/24 01:10 ID:0gBUPdOc
>>408
何にも縋らず頼らず、生きてきた人間が強い人間?
そういう意味での、強い人間って、幸せなのかな?




410 :XYZ(正教徒):04/07/24 04:17 ID:QJ5/feHH
いるってば

411 :名無しさん@3周年:04/07/24 11:35 ID:lUYR+8Gp
会ったことあるの

412 :名無しさん@3周年:04/07/24 12:22 ID:NL7yU13d
強いと幸せは違う
弱い人間でも幸せになれるし強い人間でも不幸になる

413 :名無しさん@3周年:04/07/24 12:23 ID:zlPG5mxA
いないから、、、

こういう事が起きる訳で、、、

ttp://www.bangedup.com/new_site/posts/IraqDecapRIPamigo.wmv

414 :名無しさん@3周年:04/07/24 16:22 ID:NL7yU13d
>>410
証拠が無いから疑われるのはしょうがない

415 :XYZ(正教徒):04/07/24 18:58 ID:n4k0gcrc
>>411
 ないです。

 >>414
 はい、しょうがない。だから信仰なのです。

416 :名無しさん@3周年:04/07/24 19:17 ID:MCvKXL1A
自分が超越的存在になりたい人。

超越的存在に、居て欲しいけど、神なんていないと思う人。

超越的存在なんていないと思う人。

ニーチェの「ツァラツストラはかく語りき」を読みましょう。
カミユの「シーシュポスの神話」も、短編ですが同じことを教えてくれます。

この手の問題を真剣に考えるのは、人生のほんの一時でしかありません。
上に挙げた本は、その限られた時間に読んでおくべき本です。

時間を大切に。

417 :名無しさん@3周年:04/07/24 20:45 ID:WuvCL5PN
俺も上田

418 :名無しさん@3周年:04/07/24 21:25 ID:DrS/h0DO
いい年した大人が宗教ごっこに明け暮れてバカみたい。
ほかにすることないの?

419 :Wise :04/08/02 00:33 ID:dwAPP1cD

これも面白そうだから、あげる。


420 :名無しさん@3周年:04/08/02 02:44 ID:lriyOGPA
スッキリト
キスッリト
キリスット
キリス ト

キリストの語源:「スッキリト」
聖書はスッキリしてないので反キリストの読み物


421 :名無しさん@3周年:04/08/11 22:36 ID:CnQR0V9E
神なんていない

422 :名無しさん@3周年:04/08/16 23:59 ID:ihU0m8bk
絶対神 = 原因と結果の連鎖の頂点、全ての第1原因
産土の神々 = 天地創造の担当者、人間の直接の創造者

絶対神と人間はほとんど無関係、鉱物と人間が意思疎通できないのと似ている。
産土の神々は、人間の養育・指導・啓蒙と自然法則の執行者。
産土の神々にも当然創造者が居るはずだが絶対神からみれば人間と大して差が無い。
つまり、神々の世界はTop Downに生成され、階層がいくつあるかは知ることができない。
人間もいつかは下位生命体の産土の神々を演ずることになる。

「産土の〜」は、別に神道を意図しているわけじゃない、何なら地方公務員でもOKだと思う。
「絶対〜」については、比較するものもないし、結果に対して原因が存在するなら連鎖上の
頂点が存在すると考えるのは自然だと思う。この連鎖が環状だと言う考え方もあるけど樹状
の方が判りやすいので頂点があると考えます。網状というのは全ての頂点が第1原因になり
うるので除外してます。

423 :名無しさん@3周年:04/08/17 04:49 ID:qpjmfoLB
 ・・・ というふうに人間がかってに
思い込むのは仕方ないことだが、
 神 な ん て い な い。

424 :名無しさん@3周年:04/08/17 21:12 ID:NzPVVOAK
何を聞こうと読もうと↑をテンプレにすればよいのだかららくちんだ。
でもなぜこのスレに来るんだろ? 

構ってちゃんなら他所のスレの方が相手してもらえるよ。

425 :名無しさん@3周年:04/08/21 00:10 ID:Z3PMaaSU
さてと

426 :名無しさん@3周年:04/09/16 13:41:28 ID:ux9bUa1M
神=紙である。

或る時は神 また 或る時は紙

あなたに都合の良いことが起これば、あなたは神を意識する。
あなたに都合の悪いことが起これば、あなたは紙を意識する。

427 :名無しさん@3周年:04/09/16 22:16:30 ID:VJcDZdB1
物理学突き詰めてくと神の存在意識するよ。
つっても自分に何してくれるわけじゃないから
キリスト教とかイスラム教を信仰しようとは思わないけど。
と言ってみる。

428 :名無しさん@3周年:04/09/30 10:15:47 ID:HIolGHqL
昨日の台風で11人死亡。神はまた何もしませんでした。力無き正義は無力なり!

429 :名無しさん@3周年:04/09/30 10:33:06 ID:y2Zoeouv
地球で生活できるだけでも感謝しろ。他の星では生きることすらできないからな

430 :名無しさん@3周年:04/09/30 10:36:09 ID:y2Zoeouv
今、生きてることに感謝しろ

431 :名無しさん@3周年:04/09/30 10:38:58 ID:y2Zoeouv
死はすぐそばまで近づいている。天国は近づいた。

432 :名無しさん@3周年:04/10/08 08:37:56 ID:BBdohIAL
やけに偏差値の低いスレだな。

433 :名無しさん@3周年:04/10/14 00:43:14 ID:tNxW0gNn
錬金術は化学・物理学の基礎を作り、現代科学を大きく発展させた。
そして科学は一つの結論を導き出した。
『錬金術は不可能』だと・・・
神を求めて探求を深めても、やがて同じ結果に突き当たるだろう。
『神は存在しない』と・・・

434 :名無しさん@3周年:04/10/14 00:53:56 ID:Q8dSGp7R
>>433
はぁ?錬金術は可能だよ。
ただコストが生成された金より高くつく。

435 :名無しさん@3周年:04/10/14 02:39:13 ID:bGqTepXe
「宇宙が偶然なんかによってできるわけない!だから神は存在する!」
とか言う香具師に言いたいことがある。

だとしたら、その神も偶然なんかによってできるわけない!
だから神を作った神がいるわけで、その神を作った神を作った神もいるわけで、
でもってその神を(ry

436 :名無しさん@3周年:04/10/14 14:05:24 ID:iddE/Kln
 偶然か必然か?ここでの「偶然」は「因果関係がない」という意味でなく、
「意志がない」という意味だと思う。
 「因果関係がない」ということは、その性質上証明不可能。
私達の科学の範疇においては「因果関係がある」ものがあるのは明確。
世界が「因果関係がないもの」と「因果関係があるもの」によって
構成されていると考えるのは不自然に思える。
「因果関係がないもの」とは寧ろ「現在の我々にはまだ解明されていない
が故に、認識されていない因果」と考えたほうがよいのではないだろうか。
 まあ、つまり、何が言いたいのかというと、
「神」とは「(完全な)自由意志」。ということなのではないかと、、、


437 :名無しさん@3周年:04/10/15 21:36:55 ID:zaYAb91F
あなたが「神」という言葉を使うんだったら
その言葉のさす概念とは一体何だろうね。
それらは「神」の一面を示すものだろうから、
全部正しいんじゃないかな?
「神」とは万物を創造したもの。
ここからここまでが「神」で、ここからは
「神」でないというような区分のできないもの。

「神」は神と言う概念も作り出した。
そして「神」の創造物である我々は共に等価である。

438 :名無しさん@3周年:04/10/16 08:57:17 ID:pitLvPOd
宇宙はなぜ存在する?→神が作ったから
なぜ地球がある?→神が作ったから
植物や動物がいるのはなんで?→神が作ったから
人間がこの世にいるのはなんで→神が作ったから
人間と猿の違いは?→神が特別に作ったから特別
殺し合いがなくならないのはなんで?→それも神の意志
冷蔵庫が冷えるのはなんで?→神がそう決めたから
テレビが映るのはなんで?→神がそうさせてるから
水が氷になるのはなんで→神がそう決めたから

439 :名無しさん@3周年:04/10/16 11:46:40 ID:WwfeAbI0
まーた、勉強もせずにいい加減な事言う厨がわいたな。

440 :名無しさん@3周年:04/10/16 15:41:07 ID:Uua12J2f
宇宙はなぜ存在する?→人間が勝手に決めただけ
なぜ地球がある?→確かにあるが人間の思い込み
植物や動物がいるのはなんで?→人間がいるのと一緒
人間がこの世にいるのはなんで→動植物がいるのと一緒
人間と猿の違いは?→見たらわかる。染色体の数とか。
殺し合いがなくならないのは?→そいつがそう考えるから
冷蔵庫が冷えるのはなんで?→人間がそう作ったから
テレビが映るのはなんで?→人間がそのように作った
水が氷になるのはなんで→温度と分子構造の関係で

441 :436:04/10/17 13:09:46 ID:/WAmBYLa
 436だけど、437は435へのレス? 異論ありませんね。
 435の問いかけに対しては、わかりにくい答えだったと反省。
もしかすると「自由意志は何から生まれたか」と問われるかもしれない。
それでちょっと考えてみた。

 「無」から生まれるのは「無」のみ。「無」から「有」は生まれない。
「有」から生まれるのは「有」のみ。「有」から「無」はうまれない。
とすると『「有」が生まれた原因はなにか?』という問い自体が、
我々の日常レベルの認識による錯覚に基づく、とんちんかんな問いという
ことになる。「無」とは実在しないのだから。
「有」はその内部で変化しながら、無限と思える形態を取りながら、
変化し続けるのみ。
そして「有」が変化し続ける原因が「自由意志」とその能力。
 もう一度言うと、「有」そのものの因果関係を問うことが間違いということ。


442 :436:04/10/17 13:12:07 ID:/WAmBYLa
 ところで「物質」とはエネルギーのひとつの「状態」。「光」もまたしかり。
「思考」が現象に影響を与えていることをみると、「思考」もエネルギーの
ひとつの「状態」。
というか「思考」こそがエネルギーの本質ではないかと。
 つまり、「思考、自由意志」こそが「有」そのものであり「神」であると。
と、いうことは、「すべては神」ということ。
 そして、その自由意志によって人格神をつくりあげることも可能だが、
それは「神」のなかでの出来事にすぎない。
実際「有」のなかでは、「有」である以上実在しない「無」でさえ想像できるのだから。
しかしそれらは、究極的には幻影であると。

「神であるもの」と「神でないもの」が同時に関係付けられて存在するとき、
その「神」の定義、あるいは認識は間違っている。
「有」と「無」が関係付けられて存在している、といってるのも同然。
「神@を生む神A」という時、@の神は既に神でないという意味が含まれている。
だからこの「神」の定義は間違っている。
しかし、「第一原因かつ全て」という定義で見ると、「神を生む神」は
何の矛盾もなく理解される。表現としては「形を変えた神」としたほうが正確。

 「自由意志が神である」というのは仮定だけどね。
でもさ、脳が、つまり「物質が意識をつくりだす」というのも
仮定の域をでてないと思うんだけど・・・・


443 :436:04/10/17 13:13:08 ID:/WAmBYLa
 「これ」が「こう」であることの因果『関係』をとえるのは、
「これ」が「こうでない」ことがあるときのみ。
 「有」は「有でない」ことがない以上、因果関係を問えない。
「それ自体」が「それ自体」であることを証明せよとは、おかしな物言いだ。
 「関係」自体がないものに証明すべき何ものもない。

 仮に「有」と「無」が関係あるとしても、「無」の存在の証明はできないし、
そうなると「有」が「有」であることの証明もできないでしょ。
「私がいる。私が思う。私が感じる。故に『有』あり。」としか言えないよね。

「関係」の有無を問わず、証明という手法が使えない問題なんだろうね。
「有」が「有」自身を知るということはね。


444 :436:04/10/17 13:14:00 ID:/WAmBYLa
 で、そうすると、
肉体が死ぬことがあっても、また記憶にアクセスできないことがあっても、
「私」(有)が死ぬ(無になる)ことはない。と考えるほうが論理的だ。
 かえって、原因なく(つまり無から)宇宙が(つまり有が)生じたり、
肉体(意識において無)ができてはじめて意識(有)が生じたりする、
と、「信じてる」ほうが異常じゃないかと。
「関係」自体がないものを無理やり関係付けようとしていると。
論理が破綻している。(それが五感による通常の感覚だとしても)
 と、こういうわけなんじゃない。


445 :436:04/10/17 14:15:50 ID:/WAmBYLa
※注意点

 原因なく宇宙が生じる
      ↓
   「有」と関係のない「無」から「有」が生まれる。
   非実在から実在が生じる。
   これは間違い。

 原因あって宇宙が生じる
      ↓
    「有」と関係のある「無」から「有」が生まれる。
    実在の一つの形から別の形の実在が生じる。
    しかし「無」は非実在だから矛盾。間違い。

 
宇宙そのものがあるのは、原因のあるなしと全く関係ない。
しかし、宇宙が今の形であるのには原因がある。
と、いうことね。
 くどかった?


446 :名無しさん@3周年:04/10/17 14:25:16 ID:uc6y6zWh
神はウンコを作れない
私はウンコを作れる
これは凄いことだ
神が万能ではないことを知ることが出来た

447 :名無しさん@3周年:04/10/17 14:35:45 ID:KzgRO10H
殺戮神、復讐神がいたら、絶対崇拝するよ!

448 :キリスト:04/10/17 14:36:21 ID:FhqYcRqG
俺の嘘、2000年経ってもばれてねーのかよ


449 :名無しさん@3周年:04/10/17 14:56:37 ID:oIcdiUly
神を作り拝むのは人間だけ
同じように神に創られた動物たちは誰も神を拝んではいない。
同胞殺しのカインは罪人だが
共食い・子殺しなど生物の世界では普通に行われている(蟷螂や蜘蛛など)
人間は原罪を背負って生きている
肉食動物は一生餌となる獲物を殺し続ける。

神が存在できると証明できようができなかろうが
互いに干渉されず、干渉できないというのはいないと同じ。

450 :名無しさん@3周年:04/10/17 16:50:00 ID:3AmiIV+v
>>441
>「無」から生まれるのは「無」のみ。「無」から「有」は生まれない。
物理学者に言わせると そうでもないらしいですよ
対照性というバランスが崩れたとき 無から有が生まれるそうです

451 :436:04/10/17 18:46:28 ID:/WAmBYLa
>>450
>対照性というバランスが崩れたとき 無から有が生まれるそうです

へぇ〜、面白そうですね。それが本当だとすると、上述の論理は覆されますね。
「有」の存在の証明はされてるのでしょうか?

まあ、詳しいことはわかりませんが、単純に考えて、
バランスを崩したのはなにか?
という疑問が生じます。研究が進めば解明されるのでしょうか?
それとも、すでに解明済み?

ところで仏教に「空」という理論があるそうです。仏教での定義はわかりませんが、
仮に、「まだ光にも物質にも変換される前の、自由意志のままの状態」
と定義するなら、この「空」は、「無」と混同されてしまう可能性があります。
もしかして、おそらく「有」の原初の状態であろう「空」と、「無」を混同されていないでしょうか?

452 :名無しさん@3周年:04/10/17 19:55:58 ID:FhqYcRqG
完全な無(因果関係に関わる全てがどんな次元にも存在しない状態)と
いうのは、物理学的にありえなそうに思うのですが、どうなんでしょうか?

453 :436:04/10/17 20:29:34 ID:/WAmBYLa
ん?もう混乱してますw 
「有」の存在の証明?
なんだかおかしなこと言ってるかもしれませんw
じっくり考える時間が必要ですね。

452さんの言われる疑問をやっぱり抱きます。

「無」とは、論理的に証明不可能・・・ですよね?
んで、その概念上計測不可能・・・ですよね?

計測不可能な領域から計測可能な何かが出現するとしたら、
計測不可能な領域に、計測不可能な「有」が存在すると考えるべきではないでしょうか?

「計測不可能な領域≠無」
と、やっぱりすべきだと、、、思うんですが、、、

help歓迎、ご指摘歓迎。
一緒に考えてくださいw
ただしレスに時間がかかるのは許してくださいw

454 :452:04/10/17 20:52:48 ID:FhqYcRqG
453さんに賛成です。427さんがどこらへんで神を意識したのか、
興味がある。

455 :名無しさん@3周年:04/10/18 18:01:35 ID:NfsUT2l5
>>451
“宇宙誕生”については、まさに今現在、宇宙物理学が挑んでいる難題です。
さまざまな仮説が出ているので、関連本を読んでみると面白いですよ。

ただ、無から有にという疑問についてはすでにクリアしていて、
「無のゆらぎ」という考え方で説明されています。
量子論の不確定性原理によれば、無でさえも完全にじっとしていることができずそれが無のゆらぎとなっており、
宇宙はむしろそこから生まれざるを得なかったという考え方です。
つまり、「宇宙(時間、空間、その他)のない状態」でとどまっていることができないということです。

ゆらいでいたら無じゃないじゃないか、と思われるかもしれませんが、
そういう意味での「本当に何もない無」は存在しないというのが量子論の考え方。無も真空も常にゆらいでいるんですね。
ここまでくると、「量子論はカルトだ!」と言う方もいるでしょう。w
でも、粒子レベルのミクロな世界で起こっている現象は、この考え方でないとうまく説明できないのです。

次にエネルギーについてですが、これもほぼ決着してるといっていいでしょう。
確かにエネルギーは無からは取り出せません。高校生でも知ってる「エネルギー保存の法則」。
エネルギーの和は不変ですから、無からこの宇宙の莫大なエネルギーが生まれるのは不可能に思えます。
しかし、一般相対性理論で宇宙空間の膨張などがエネルギーにマイナスの寄与をする、
あえて言い方を変えれば“マイナスのエネルギーをもっている”ということが明らかになりました。
これらのマイナスに寄与している宇宙空間の変化と、宇宙空間の物質のエネルギーを全部足して0になれば、
「無からエネルギーが生まれた」は矛盾しないことになります。
ではどうやって生まれたのかと言われれば、それは宇宙誕生と一緒でまだわかりません。

456 :名無しさん@3周年:04/10/18 18:03:14 ID:NfsUT2l5
話を戻していくと…
>「私」(有)が死ぬ(無になる)ことはない。と考えるほうが論理的だ。
「有無」という言葉にこだわりすぎて定義の区別がつかなくなっていませんか?
一般的に「死=無」というのは自分の意識・精神活動が消えるという意味であり、
そういった定義でなら、人は死んだら無となるでしょう。
しかしながら、単なる物質という捉え方での「有無」なれば、
人が死んでも構成している物質が消滅したりはしませんから、貴方のいう通り無にはなりません。
ただ、残った物質はただの物質ですから間違ってもそこに意識なぞありません。
つまりのところ、貴方は二つの定義の「有無」を一緒にしてて、それこそ論理が破綻してます。

貴方の説く「自由意志」が何者のなのかはよくわかりませんが、
436の下二行以外については正しいと思いますよ。


学問を学んでいけばいくほど、
「なんでこんなにも全てがうまく成り立っているんだ!できすぎだ!」という感覚は強くなります。
それが427の指摘したような「学者が神を意識する瞬間」と言えるでしょう。
かのアインシュタインもそういった発言を残しています。
ただ、そこに何者の意志があるわけでもないのは意識した当人が一番わかってますから、
そこで意識されている神は○○教で信仰されているような擬人的な絶対神・唯一神とは全く異なるものです。
一般的な神のイメージ/定義は後者ですから、前者を神と呼ぶのはちょっとおかしい。
結局「自然・宇宙ってスゲー」という感嘆になるわけですが。

さて、最後に「絶対神」という定義の神についての自分自身の態度を明かしておくと、
自分は無神論者…というより神不要論者です。w
「神はそれを信じている人の頭の中に存在する」と思ってるので、
神はいるかどうかではなく、必要か不要かの問題です。
個人的には、目の前のことが全部自力で解明できれば神はいらないし、
全部解明できなくても自分で努力しますからやっぱり神はいりません。w

457 :名無しさん@3周年:04/10/18 18:18:05 ID:NfsUT2l5
>436の下二行以外については正しいと思いますよ。
言い方が紛らわしかったので補足。
最後の二行を除いた436の内容は〜という意味です。

458 :名無しさん@3周年:04/10/19 12:56:30 ID:pAmO/aqO
>>456
アインシュタインはユダヤ人です。創造主に関する知識は幼少のころから
あり、自己の研究によりその思いに確実性を見出すことができた、
と表現したほうが正確だと思います。

459 :名無しさん@3周年:04/10/19 13:11:33 ID:pAmO/aqO
>>455
無から有の創造は神の御業であり、
科学のどのような分野でも説明不可能であることは
数千年前から分かりきっていることでは。
普通に考えたら無から有なんて創れるわけがないと。
無という概念自体、人間にはよく分かりません。
逆に論理的に説明ができたらおかしくないですか?
だからこそ「創造主」は「神」なのです。
世の中「神」がいないと説明がつかないことばかりではないですか。
科学者はみんな本当のことを語っていない。


460 :名無しさん@3周年:04/10/19 13:25:47 ID:tjgctgYW
>>459
数千年前からの迷信が数十年前に物理学の成果によって否定されたってことじゃん

ところで、神がいないと説明がつかないことってたとえば何?

461 :名無しさん@3周年:04/10/19 13:27:24 ID:5hWWQq4a
神なんて人間が作った想像の産物

462 :名無しさん@3周年:04/10/19 13:47:55 ID:pAmO/aqO
>>459
説明がつかないこと

進化論が真実だと仮定すると、
人間とサルの間の生物はどのような生物なのですか?
少しくらいしゃべれるサルが一匹くらいいてもいいのではないですか?
キリンの首は高いところに生えている食べ物を食べる為に進化したと
説明されてますが、進化途中首の短いキリンは全部死滅したのですか?
人間には昔尻尾があってその名残が尾テイ骨だそうですが、尾テイ骨がないと
人間はキチンと座れないそうです。盲腸や扁桃腺も最近はあまり切除しません。
本当は人間の体の中に不必要な物などないんじゃないですか?
地層は何億年もかけて堆積されると説明されてますが
木の化石が地層の中に立って埋まっているものをどうやって説明するですか?
地球の年齢は昔30億年といわれてましたが今は46億年といわれています。
なんで伸びたんですか?
質量保存の法則とエントロピーの法則が真実だとすると進化論との整合性はどうするんですか?
偶然の突然変異の連続で生物がより優秀になるということは本当にありえるのですか?
突然変異の連続で単細胞が人間にまで進化するのに46億年で足りるのですか?

日本の教科書には進化論のことしか書いてないので誰か教えてください!



463 :名無しさん@3周年:04/10/19 14:32:11 ID:pmWUmSh8
20年後に>>462が半分になったら、pAmO/aqOはなんていうのかな?


464 :名無しさん@3周年:04/10/19 14:42:52 ID:tjgctgYW
>>462
人間と猿の中間の生きものと言うのが人間と猿の共通の先祖から
人間に進化する途中の時点の姿のことを言うなら、時々骨などが見つかる
原人がそれにあたるだろう

人間と猿の進化の道筋は発声可能になるより昔に枝分かれしているから
言葉を発声できる猿はいない。手話を覚えた猿はいるが。

キリンの首は高いところのものを食べることを目的に進化したのではなく
長い首のものが生存に有利だったから結果的に長い首が残った。

耳介筋は人間に不必要。

斜めに埋まっていた木の化石がある土地が地殻変動で横方向にずれた場合
地層を貫いて縦方向に立ったようなかたちになるだろう

寿命が延びたのではなく昔の測定法は不確かでだいたいの予想しかなかったが
より確かな測定方法が考案された結果だろう

質量保存の法則やエントロピーの法則は外部からのエネルギーの授受がない
孤立した系でのみ成り立つ。
地球は太陽からエネルギーをうけており孤立した系ではない。

突然変異と淘汰の連続で進化が起こることはコンピュータにより
単純化したシミュレートのかたちで実演されている

46億年で足りないとも足りるとも数値的に証明した例はない

で?神がいないと説明ができないことって何?

465 :名無しさん@3周年:04/10/19 18:10:32 ID:BIwGlpIO
進化の過程の形質を残したまま生き残っている種ってのは非常に少ないが、全くいないわけじゃないぞ。
「生きている化石」と呼ばれているような生物がいるだろう。

466 :名無しさん@3周年:04/10/21 18:15:07 ID:lt5N8GcA
>>人間と猿の中間の生きものと言うのが人間と猿の共通の先祖から人間に進化する途中の時点の姿のことを言うなら、時々骨などが見つかる原人がそれにあたるだろう
⇒なんで原人は今生きていないのですか?都合よく全部絶滅したのですか?

>>人間と猿の進化の道筋は発声可能になるより昔に枝分かれしているから言葉を発声できる猿はいない。手話を覚えた猿はいるが。
⇒枝分かれした直後のしゃべれる,限りなくサルに近い人間はどこにいるのですか?

>>キリンの首は高いところのものを食べることを目的に進化したのではなく長い首のものが生存に有利だったから結果的に長い首が残った。
⇒生存にやや有利だった,やや首の長いキリンはどこに行ったのですか?

>>耳介筋は人間に不必要。
⇒無限的に突然変異を繰り返したにもかかわらず、不必要な器官は一つですか?(研究が足りないだけで今後見解が変わるのではないですか?)


>>斜めに埋まっていた木の化石がある土地が地殻変動で横方向にずれた場合地層を貫いて縦方向に立ったようなかたちになるだろう
⇒地層と垂直にその木は立っている。

>>寿命が延びたのではなく昔の測定法は不確かでだいたいの予想しかなかったがより確かな測定方法が考案された結果だろう
⇒現在の測定器が正確かどうかわからないということでしょうか?


>>質量保存の法則やエントロピーの法則は外部からのエネルギーの授受がない孤立した系でのみ成り立つ。地球は太陽からエネルギーをうけており孤立した系ではない。
⇒そういうことではなく、物質というのは自然と朽ち果てる物であり、より精度の高い物に変化するというのは不自然ではないですか、ということです。

>>突然変異と淘汰の連続で進化が起こることはコンピュータにより単純化したシミュレートのかたちで実演されている
⇒大きな箱にバラバラの飛行機の部品を入れてガチャガチャと複数回ふった場合に、中の飛行機が完成するには何回ふる必要があると思いますか?ちなみに生物は飛行機より精巧にできていますが。

以上長くてすみません

467 :名無しさん@3周年:04/10/21 19:11:38 ID:Lkp4n7TQ
>>466
ちみは未来永劫、今と同じ状態が続き続けるとおもってるの?
ブラックホール等の重力によって星がぶつかって砕け散ったり
またその破片から新たに星が生まれたりするのは知ってる?
地球だって太陽系だって永遠にあり続ける訳じゃないよ。
太陽だってあと約50億年もすれば地球を飲み込むほど膨らんではじけて壊れちゃうんだって。
そうやって壊れて、出来てって繰りかえしてるんだから出来上がった直後から
現代人が初めから住んでて普通に生活してたら変じゃん。

468 :ノーフューチャー:04/10/21 19:12:10 ID:JYQvL6Bh
神?キリスト?仏?いるわけねぇーっての?いるなら連れてこいやー!コメカミに五寸釘打ち込んでやっからよ!

469 :名無しさん@3周年:04/10/21 19:24:16 ID:csQnqC3X
>>462
まだ こんなこと いってるやつが いるのか

>>466
>なんで原人は今生きていないのですか?都合よく全部絶滅したのですか?
>生存にやや有利だった,やや首の長いキリンはどこに行ったのですか?
恐竜は何処に行ったと思う?ノアの洪水で都合よく絶滅したの?

>枝分かれした直後のしゃべれる,限りなくサルに近い人間はどこにいるのですか?
>現在の測定器が正確かどうかわからないということでしょうか?
ちゃんと読んで理解して464氏に謝れ。

>無限的に突然変異を〜今後見解が変わるのではないですか?)
>地層と垂直にその木は立っている。
意味が分かんねーよ。

>そういうことではなく、〜不自然ではないですか、ということです。
そういうことではなく、じゃねえよ。質量保存の法則やエントロピーの法則ってのはそういうことなんだよ。

>大きな箱にバラバラの飛行機の部品を〜生物は飛行機より精巧にできていますが。
それと突然変異や淘汰と何の関係があんだよ。



470 :寺嶋眞一:04/10/21 21:06:50 ID:rL/Ne37Z
神は「あるべき姿」の内容である。
「あるべき姿」は、未来構文の内容である。
'You shall not kill.' のようなもの。
日本語には、未来構文がない。
従って、日本には現実構文の内容になる神様がいる。
それは現人神か。
You can read more at http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/

471 :名無しさん@3周年:04/10/21 21:10:25 ID:EF1CiNaT
>>1
いる

472 :名無しさん@3周年:04/10/22 00:14:28 ID:d0LICb0c
だからさーいると主張する側が証明なりなんなりしてくれよ

なんで>>464みたいな否定派が苦労しなきゃいけないのかわからん

473 :名無しさん@3周年:04/10/22 00:25:35 ID:IoN4jqTM
いると思う気持ちは存在する。これで十分だろ?
近所に住んでる柴犬が神って主張する人がいたってそれを完全に否定することは
できないだろう。神がなんなのか実はだれも知らないんだから。

474 :名無しさん@30周年:04/10/22 02:10:52 ID:KdX1HFP+
神は成功したミームのひとつに過ぎないんだ。

475 :名無しさん@3周年:04/10/22 02:24:46 ID:uVq3ro5P
神はいない

476 :名無しさん@3周年:04/10/22 09:01:24 ID:xDTspys+
母なる地球。大暴走中。人間のせい?けっ!つかえねーな。自分で勝手に直れよ。
え?その力を人間の破壊が超えてる?けっ!つかえねーな

477 :名無しさん@3周年:04/10/22 09:17:51 ID:NpMa9sgc
>>476
>>467で書いたようにあと50億年経てば、いかに地球が平和であっても
太陽が巨大化して爆発して太陽系が無くなるんだから時期が早いか遅いかの違いだけ。
細かいこと気にするな。

478 :名無しさん@3周年:04/10/22 09:28:20 ID:xDTspys+
オレは気にもしてねーがよ。大地の神だの仏だの言うやろ。バカどもが。それで金もうけてるやつがムカツクだけさ。
ありもしねーもんありがたがってよ。正義無き力は悪なり!力無き正義は無力なり。
今回の台風の被害で何十人の人が死にました。家屋などたいへんな被害がありました。
しかし、神はまた何もしませんでした。力無き正義は無力なり。

479 :名無しさん@3周年:04/10/22 09:31:18 ID:NuCGOq5l
>>478
ハハハ、むしろ、台風を起したのが神だぞ。

480 :名無しさん@3周年:04/10/22 09:37:44 ID:rAUcFRLB
?

481 :名無しさん@3周年:04/10/22 09:56:28 ID:2KkdAG/q
>>479
その通り。
台風の大きさと時期からして出雲大社に向かわれたのだろうか。
神様が介在されたのは間違いないです。

482 :名無しさん@3周年:04/10/22 10:08:11 ID:xDTspys+
ならよ〜〜〜正義無き力は悪なり!悪魔やん。神ちゃうやん。

483 :名無しさん@3周年:04/10/22 11:12:16 ID:GQZimawM
>>482
自然災害については人間にも責任があるじゃん。


484 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/10/22 11:27:16 ID:T+rVe9gY
キューバ・カストロ議長、演説後に転倒しひざを骨折

 【リオデジャネイロ=中島慎一郎】キューバのカストロ国家評議会議長(78)は20日夜、中部サンタクララのチェ・ゲバラ霊廟(れいびょう)前で行われた芸術学校の卒業式で約1時間演説した後、ステージの階段を下りた際に転倒した。

 護衛に抱き起こされた議長はマイクで卒業生ら数千人の聴衆に対し、「転んで申し訳ない。憶測を避けるために言うが、ひざと恐らく腕も骨折したかもしれないが、大丈夫だ。しゃべることも仕事もできる」と説明した。政府が翌日、ひざの骨折を確認した。

・・・お大事に。

485 :名無しさん@3周年:04/10/22 12:01:55 ID:xDTspys+
>>483
人間ごときの力を超えるのが神だろうがよ〜〜。できねーなら神をやめろ。ムダ。

486 :名無しさん@3周年:04/10/22 12:30:40 ID:FHMj10//
神は信じたときに認識できる。
信じないと認識できない。
信じない人は認識しようとしても認識できない。
でも神はいる。
神がいない証拠もない。
だから神を認識したい人は信じる心が必要である。
神が存在する証拠がほしい人は信じてみる勇気が必要です。
でもカルトに走らないでね!

487 :名無しさん@3周年:04/10/22 13:46:40 ID:1V24CdA2
見えないからいないです。

いるって人は、宗教にでも入って
まやかしでも見て下さい。
宗教入ったら性格が変わって、友達いなくなりそうだが

神にすがっていきるのはやめようね。
現実をみよう!夢は夢でね

488 :名無しさん@3周年:04/10/22 13:50:54 ID:vt1uj+dU
>>466
>>なんで原人は今生きていないのですか?都合よく全部絶滅したのですか?
その原人は大きく分けてネアンデルタール系とクロマニヨン系の二つに進化し、
ネアンデルタール系は絶滅し、クロマニヨン系は人間に進化した。

>>⇒枝分かれした直後のしゃべれる、限りなくサルに近い人間はどこにいるのですか?
人間に進化したのでもういない。

>>⇒生存にやや有利だった,やや首の長いキリンはどこに行ったのですか?
キリンに進化したのでもういない。

>>⇒無限的に突然変異を繰り返したにもかかわらず、不必要な器官は一つですか?(研究が足りないだけで今後見解が変わるのではないですか?)
進化論では不必要な器官は退化していくから不必要な器官だらけより理に叶っている。

>>⇒地層と垂直にその木は立っている。
地盤の運動でそういう状態になることもあるだろう。

>>⇒現在の測定器が正確かどうかわからないということでしょうか?
さらに特定されることはあるだろうが、複数の測定法により導きだされているので
今の数値から大きく変わることはないだろう

>>⇒そういうことではなく、物質というのは自然と朽ち果てる物であり、より精度の高い物に変化するというのは不自然ではないですか、ということです。
それならエントロピーとかききかじりの言葉を出さずにそういいなさい。
宇宙全体としてはどんどんと朽ち果てていっている途中だけれど、
その中で局所的に秩序だつことは可能。

>>⇒大きな箱にバラバラの飛行機の部品を入れてガチャガチャと複数回ふった場合に、中の飛行機が完成するには何回ふる必要があると思いますか?ちなみに生物は飛行機より精巧にできていますが。
進化には最初から飛行機とか人間とかいう目標があるわけではないから
それはぜんぜん違う話をイメージしてしまっている。
進化はそういうでたらめなだけではなく淘汰によるふるいがあることも
理解できていないんじゃないか?

489 :436:04/10/22 17:30:26 ID:LtiSDasQ
>>455-457
レスありがとうございます。

456での死、物質についての指摘ですが、、、
意識が実在、つまり物質も意識のひとつの形態であるという仮定を
前提にしてあるので、「死=無」でないと。肉体が死んでも意識は残ると。
その点では論理は破綻してないと思います。
ただ、死んで意識も灰に変化したのか?と問われると、、、
そう言いたくないですねw
人は肉体を実在と捉え、かつ意識も実在だと捉えています。
これは、おかしいと言いたかったのです。
意識を自由意志と言い換えますが、肉体が実在なら、意識は「自由」でもないし
「意志」でもない。自立するものとしての「意識」という言葉を使うのはおかしい。
逆に意識が自立するものなら、肉体も意識によって作られ、また意識を持つと
考えないとおかしい。と。
ただ、「宇宙は偶然ではない」という主張を持つ者が、
「意識は不滅だ」という主張をもつかのように書いたのは行き過ぎでした。
ですので、この部分の主張は取り下げます。また、説明がまずかったのは認めます。
 この部分については自分でも考えていたのですが、ここ(物質と意識の関係)
こそが人に論理矛盾をおこさせ、それを解消するための苦闘をもたらしていることに
気づきました。、、、、しかしなかなか考えがまとまらない ><;
大変なんで誰かかわりに答えてくれてもいいですよw


490 :436:04/10/22 17:31:31 ID:LtiSDasQ
>そういう意味での「本当に何もない無」は存在しないというのが量子論の考え方。

紛らわしいので他の言葉を使ってほしい。
、、、と、偉い先生に言っといてくださいw

「無」には「あるものが欠けている」ことと「何もない」という二つの意味がありますが、
考えてみるとこの二つ、全然意味が異なっていて驚きです。
私は後者の意味で使っていますが、「何もない」という定義は実は微妙です。
「何も」と言うことで「何かあることがある」ということを暗示してしまうからです。
正確に表現しようとするなら、「無」の意味は「無い」ということ、としかいえないでしょう。
「有中の無」によってしか本当の「無」をイメージできないとするなら、
「無」はイメージ不可能なのかも、、、、
たとえば数字の「0」は「無」という概念を表現していません。
「中立点」「基準点」「限定された条件下での不在(これはおかしいかも)」、、、、
とにかく「有る」ものとの比較関係においてのみ存在を許される記号です。
科学での「無」の定義を知りませんが、仮に
「エネルギーがゼロ。時間がゼロ。空間がゼロ。」だとしても、「無」でなくて「有」です。
どちらでもいいと言われればそれまでですが。
まあ、定義の統一は不毛な論争を回避するのには役立つでしょう

491 :436:04/10/22 17:33:08 ID:LtiSDasQ
 「ゆらぎ」であれ「神」であれ「自由意志」であれ、
第一原因は「自立」するものでなくてはならない。と、思っています。
意識とか自由意志とかを持ち出したのは、それらによって宇宙を感じ、考え、喜ぶ、
といった実感がなければ、宇宙など何の意味も無いと思うからです。
、、、、ここに至ってもやはり、意識あるものとないものとの関係、意識とはなにか?を
解き明かす必要があるように思います。
(私の論でも、人は意識があるのになぜ宇宙を創造できないか?等、疑問は尽きませんし、、)
、、、しかしこれは、「有」「無」を定義する以上にはるかに困難な気が、、、

、、、まあ、急ぐ必要もないですしね。
パソコン壊してしばらくネカフェからなんで急げないしw
レスも遅れます。あらかじめ m(__)m

492 :天使の骨:04/10/22 19:02:16 ID:9PRJObm9
人類の味方としての神はいない、と私は考える。
しかし、神とは「如何なる行為を何に対して行う存在なのか?」と
いう事を前提にする事によって、神としての存在の有無が見えてくるのでは?

例えば、「宇宙の創造主を神とする」のケースならば、答えは「有」の
可能性は高いと思う。
宇宙開闢以前の高レベルな何者か、もしくは何らかの化学反応がビッグバンを引き起こした。
ただ作っただけ、偶然出来上がっただけ、という部分がポイントです。
高レベルな何者か、もしくは化学反応は神だ。

493 :天使の骨:04/10/22 19:13:35 ID:9PRJObm9
「人類に救いの手を差し伸べてくれる、いつも見守ってくれる存在」、
「父としての神」。
このケースでの神が存在する可能性は「無」だろうな。
一般的にいう「宗教上の神」が近いかな。

理由は簡単。そんな神がいれば不幸な生物がいるはずないから。
「不幸」なんて感じるのは人間だけかな?この場合人間と仮定しておこう。




494 :天使の骨:04/10/22 19:25:24 ID:9PRJObm9
何かの宗教に属して、懸命に祈りを捧げなければ助けてあげない。
自分の「子」達が殺し合い(戦争など・・)をしても知らん顔。
自然が壊れかけていても放置。
これでは、虫籠で蟻を飼って遊んでいる子供と同じレベルの存在が
神だという事になる。私は、こんなモノを神とは呼ばない。

長レスすみませんが、結局、神とはイマジネーションの生み出す存在
ではないのでしょうか。こんな神ならいる。こんなのならいないって感じで。



495 :名無しさん@3周年:04/10/22 20:54:01 ID:/M80VFx3
神を知ることはできても、神を認識することはできない。
神を信じる者が「神を認識した」というのは、それこそ
人間の思い込みでしかない。 神が人間の都合で現象を
起こしているかのように考えるのは人間の勝手であるが。

それでも神はある。


496 :名無しさん@3周年:04/10/22 23:06:05 ID:Vy2Pam+a
>>495
一行目から最後まで妄想でない部分がありませんね
神をサンタクロースに置き換えようが、コロボックルに置き換えようが成り立ちますね

で、信じないなら勝手ってことで殻に引きこもる、と。病気だね。


497 :名無しさん@3周年:04/10/22 23:20:18 ID:8XqmbVhN
自分の都合のいいようにならないから
神は存在しないとまとめるヤツらへの
警鐘さ。
病気であることには違いはないけどね。

498 ::04/10/22 23:28:02 ID:1NxVmdeE
ハハハ、私の作った命を私がどうしようが、私の勝手だろーが、小賢しい人間ども。
さぁーて、次はどの命の火を吹き消そうか。ハハハ

499 :名無しさん@3周年:04/10/23 08:44:02 ID:TnSLX/lZ
>>497
理解できないこと=神の行い
自分達を理解しないもの=いてまえ

どこが都合よくないんでしょうか?

500 :武庫川女子大学総長:04/10/23 20:41:38 ID:PcnWbWhc

自分が、共産板に投稿したレスのコピペですが・・・

http://bunbun.boo.jp/okera/tato/tannpopo02.htm (たんぽぽ)

http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/oozorahetobe.html(大空へ飛べ)

・・・おとどしの今頃だったと思うが、おいらはツーリングで西宮から大台ケ原経由で熊野市へ抜けたが、その熊野市街地に到着する
少し手前で、信じてはもらえないだろうけど、なんと、「神」に出会った!!
とは言っても、幻覚・幻聴があったわけではない。
心の奥底から「神」を体感。
アポロの宇宙飛行士が「月面で神に出逢った!!」と、口をそろえて証言している話を耳にしたことがあるが、
ぼくは紀伊半島で「神に出逢った」のだった。「神」は、自分の魂の根底から湧いて出たのである。
そのときに上記貼り付けの「たんぽぽ」という曲と、この曲「大空へ飛べ」が胸に響いてきた。
「たんぽぽ」の方は、かつて”日本民主青年同盟”で覚えた曲だが、「大空へ飛べ」はその限りではないのに。
「神」は、無神論の催しに参加したときの記憶にもコミットしてくるのだ。

なに、戯言?そう思うならそれでよろしい。
 「ひとがなにごと言おうとも かみがみているきをしずめ」でいくもんね。


501 :名無しさん@3周年:04/10/23 21:01:02 ID:1+atDu/p
神は人間の弱さが創り出した偶像
人間は弱い生き物だから何かに縋りたくなるんだよ
ただ、存在という定義そのものが人間によるものだから神は存在すると言えなくも無い
ある人間にとって神が存在するとしても、他の人間にとって神が存在するとは限らない
ちなみに俺は非科学的な事を全く信じてないよ

502 :名無しさん@3周年:04/10/23 23:55:47 ID:6Tq9lm0d
この板でよく出没するが、科学的と銘打ってる奴ほど科学を知らない。

503 :名無しさん@3周年:04/10/24 00:02:58 ID:PWnBy8g9
しかし、どうどう巡りだな。
ある意味では神とは文化だから、仕方ないが。

504 :名無しさん@3周年:04/10/24 00:36:07 ID:flaRBdwg
神はいらっしゃいます。
まずみんなとともにおいでになります。
これは私たちを等しく見ていられる神です。
そして我らがうちにもいます。
これは我らを見つめるものです。
神は常に我らとともにあります。

505 :名無しさん@3周年:04/10/24 01:41:55 ID:oMZKxh0j
神とは文化だって・・・ (;´д`)ドウリデハナシニナランワケダ

506 :名無しさん@3周年:04/10/24 09:31:43 ID:MD/nucO2
いると思う人にはいるし、いないと思う人はいないと思って過ごせば
いいことなんじゃないかな?
だいたい証明したりできないことについて、そう思っているからには
それなりに理由があるんだろうから。
でも、その理由をもって相手を説き伏せるような問題でもない。

こんなに強く神様にお願いをしているのに、神様は自分の言うことを
聞いてくれない。だから神はいないって言う人だっているぐらいだし。
自分がどうあるかってことが一番大切なんだけどね。

507 :名無しさん@3周年:04/10/24 10:53:43 ID:k+xO6CDF
>>506
あるかないかの問題でなんでそこまで抽象的な話になってしまうんでしょうか?
結局、それは実在はしないということでしょ?

なんか、神がいるってのを証明できない事があまりにも前提になりすぎだよ
怠けんな有神論者


508 :海と魚:04/10/24 11:38:26 ID:Z3T5uKsh
若い魚が年長魚に問うた「海って何?」。青年魚いわく「そんなもん無い」。
中年魚Aいわく「えらく広大だと聞いたが何か分からん」。中年魚B「誰から聞
いた?」。中年魚C「昔から言われているよ海があるって」。中年魚D「迷信だよ」
中年魚E「海があるって証拠は?」・・・喧々諤々。若い魚は次に長老魚に問うた。
長老魚「・・・・・言葉にできない・・・」

509 :名無しさん@3周年:04/10/24 11:48:09 ID:KhUf+IBc
>>507
神の存在証明できるけどなにか?????

510 :名無しさん@3周年:04/10/24 12:21:16 ID:k+xO6CDF
>>508
長老魚「われわれが住んでるところを海と呼ぶんだよ」

で終わり

>>509
では、ドゾー

511 :名無しさん@3周年:04/10/24 14:15:58 ID:BOXQYqLM
魚だから長老も頭が悪かったというオチなんだな

512 :名無しさん@3周年:04/10/24 15:07:51 ID:82FxuG2X
神は居ません
でも、悪魔は創価学会に居ますIとKとEとDとAが付く人です

513 :名無しさん@3周年:04/10/24 18:09:31 ID:WooXtNYj
中年魚がたくさん泳いでいるすれはココですか。

514 :名無しさん@3周年:04/10/24 20:45:51 ID:99z1u69i
昔は神に見えたけど今はそうでない。
超文明人らしい。
事の成り行きのため宗教を出したらしい。


515 :名無しさん@3周年:04/10/25 00:18:30 ID:qHIh9hU/
神は創造主、宗教は人間が作ったもの。
分けて考えた方がいいんじゃない?

516 :名無しさん@3周年:04/10/25 10:16:11 ID:X7EvHLe8
神学的には
創造主は誰が想像したことになってんの?

517 :名無しさん@3周年:04/10/25 17:51:00 ID:Ok1BJQ4s
神がいることを客観的に証明できたら人類みなその宗教の信者になると思いませんか?
皆さん、はやくそのことに気が付いてください。


518 :名無しさん@3周年:04/10/25 18:44:05 ID:+//1MPNL
 祈願したいことをありのままに丁寧に繰り返せば、神には届く。仏教の経文、咒文、祓い詞などは関係ない。信心の心さえあれば、何を申しても感応がある。

519 :名無しさん@3周年:04/10/25 18:53:51 ID:cr0QRv/Y
>>518
『神よ、消えてくれ!』と祈願すれば、神は消えるのか?

520 :名無しさん@3周年:04/10/25 18:55:29 ID:+//1MPNL
「それは神の恵みだ。沈められた瞬間に船を潮とともに大空に引き上げ、主人を家に帰し、船は元通り海に帰したのだろう。神の御所為(みしわざ)にはこういうこともある」



521 :名無しさん@3周年:04/10/25 18:59:35 ID:+//1MPNL
神々が大社に集まり給うということは、大社の神はそれらの神を監督する立場にあるということだ。そのため、氏神(※大社の神)は氏子(※その他の神々)の当年中の善悪を評価し、来年の計画を立てる。

522 :436:04/10/25 20:20:24 ID:bTV2bzjJ
>>490
「エネルギーがゼロ。時間がゼロ。空間がゼロ。」だとしても

科学的知識もセンスもないのバレバレだぁぁ!ww
と、後で思っていたのですが、意外とそうでもないかも。
科学では、空間が極微になれば高エネルギー状態になる、というと思いますが、
それが「有中の有」による間違ったイメージのせいかも、、、
もしかすると、一定空間は一定のエネルギーを持つのかも、、
で、空間が無限に大きくなると、エネルギーも無限に大きくなる。
空間がゼロになると、エネルギーもゼロになる。
空間とエネルギーが対ってこと。

、、、笑いたければ笑ってくださいww

523 :名無しさん@3周年:04/10/25 20:43:08 ID:X7EvHLe8
科学的知識とセンスが無いと駄目なんですね・・・・

524 :名無しさん@3周年:04/10/25 22:54:41 ID:RTbTqjes
科学ってのは要するに、とある事柄を客観的に矛盾なく説明しようと努力してるだけだ。
“センス”の正体は8割の好奇心と2割の論理的理解力であって、
あるなしではなく磨くものだ。
知識なんてその土台の上に乗っかってるだけ。


>>507
死後の世界スレも似たような感じだが、
「そもそもxxは科学的、論理的に説明できないものなので証明はできない、する必要もない」
というのが最近の流行らしい。

525 :名無しさん@3周年:04/10/26 08:00:28 ID:+d9ATuEl
証明しようにも証明できないものは白黒判定ができない。
神がいるとも、いないとも言えないわけだ。
それを取り上げて、いると言い張る人間の揚げ足をとったり、
いないと言う人間の人格を非難したりする様子は
ちょっと冷静になって見れば滑稽にしか見えない。

ただ、神がいると考えると人間はどのような行動をするか。
逆に神がいないと考えると人間はどのような行動をするか。
この点を注意深く見て考察するという意味で、
このスレには意義があると思われる。

526 :名無しさん@3周年:04/10/26 09:48:33 ID:dWgDvZm2
世の中に危険なカルトが多すぎて人々が宗教に偏見を持つようになってしまいましたが、
本来の宗教は人を救いへと導きます。本当の神は人を救うことができます。
そこが宗教を見分けるポイントです。今日は時間がないので救いの意味についてはまた今度。




527 :名無しさん@3周年:04/10/26 10:21:00 ID:N5zAfqYw
昔、金八先生が、
「こっそりと誰にもバレないように悪いことをしている時に、
目線の横側に誰かがいるような気がしたり、
後ろで誰かに見られているような気がすることがあるでしょ?
それが神様かもしれない。」みたいなこと言ってたぞ。

んまぁ、たしかに小学生のころ、こっそりとお菓子とか食べた時なんかに、
誰もいないはずなのに、後ろから目線を感じたような気がした。

まぁ、罪悪感ないヤシとかリアル悪人くらいになると、
よっぽどの小心者じゃない限り、そんな気にはならないと思うが、
もしその金八の理屈があっているとすれば、
本当の悪人や罪悪感がないヤシは神に見捨てられたっつーことで、
それなりの筋は通るような気がする今日このごろ。

528 :名無しさん@3周年:04/10/26 12:19:07 ID:H2AsEKw8
>>525
神がいるとはいえない、じゃないのか?
XXが無いとはいえない、なんて言えないだろ?

529 :名無しさん@3周年:04/10/26 12:49:52 ID:BUT69ki4
そうなってくると
いる → いないとはいえない
いない→ いるとはいえない

ということになるだろ。
証明のしようのないことで
滑稽な論争を続けるだけだよ。

530 :名無しさん@3周年:04/10/26 12:56:27 ID:Aezc+KLC
では、進化論が正しいということを誰か証明してください。

531 :名無しさん@3周年:04/10/26 13:16:37 ID:N5zAfqYw
>>527
心理的な問題だろ?それ。
それを神だと思ってるなんて稚拙すぎる。
まぁ100歩譲れば、あれは神様というより守護霊のような気がするんだけど

532 :名無しさん@3周年:04/10/26 14:36:25 ID:LKqda/DS
君達シロウトが誇らしげによーわからん抽象的で穴の開いたような会話するんじゃあないよ。学者に笑われるよ。

533 :名無しさん@3周年:04/10/26 16:08:16 ID:hucrMluS
>>532
マタオマエカ

534 :名無しさん@3周年:04/10/26 17:30:51 ID:H2AsEKw8
>>529
証明しようがないもんをあると主張されても困るわけですよ
いくら流行といわれても

535 :名無しさん@3周年:04/10/27 00:20:36 ID:f8oc/6Lu
>>525
>神がいると考えると人間はどのような行動をするか。
中東では自爆テロという行動をする。
欧州では地動説を説明する科学者を弾圧する。
極東では地下鉄で神経ガスを撒く。

536 :名無しさん@3周年:04/10/27 00:22:49 ID:SQkjCNVG
神などいない。以上。

537 :名無しさん@3周年:04/10/27 04:59:32 ID:EldjRI+Q
私は神だ。私以外に神はいない。と最初に言った人が神。
西洋ではキリスト。
日本では多くの新興宗の教祖。
生まれて初めて自称「神」に出会った人は、不幸にもそのカルト教祖を神だと
思い込んでしまう。

538 :名無しさん@3周年:04/10/27 07:01:10 ID:ByEEzwdg
ウンモ星人もスカイフィッシュもツチノコもいないことを証明した人は誰もいない。
しかし、存在を主張する側がその存在を証明できなければ、それらは存在しないと評価される。
神もまた然り。

539 :名無しさん@3周年:04/10/27 11:40:38 ID:fXG9894u
>>538
神とウンモ星人、スカイフィッシュ、ツチノコをいっしょにしないでください

540 :名無しさん@3周年:04/10/27 14:06:54 ID:GZeFcFw3
>>537
キリストが生きていた場所は西洋じゃないけど。

541 :名無しさん@3周年:04/10/27 14:29:18 ID:Td7Fn0Xu
神がいるなら、助けたってくれ。

542 :名無しさん@3周年:04/10/27 21:40:05 ID:SiG2IF9y
>>539
(神を含めて)どれも同じ程度のものでしかない。

543 :名無しさん@3周年:04/10/27 21:44:26 ID:35tum/Vv
まことに、人に頼る者、すなわち肉を自分の腕とする者はのろわれます。

544 :名無しさん@3周年:04/10/28 12:14:37 ID:vVw6Yws2
神が憎み給う所行は、金持ちが飽くことなく金を集め、世のために使わないことだと聞いた。金持ちが一箇所に金を集めるので貧乏人が多くなる。世の人が各々暑からず寒からず、食って着て住める程度に身を修め、欲を深くしなければ世は平和となる。

545 :名無しさん@3周年:04/10/28 12:19:08 ID:vVw6Yws2
欲を深くし物持ち、金持ちとなりたがる人は死んでもその心が失せず、人の物を集めて欲しがる鬼物となるということだ。こうした者はいずれ魔道に落ちる

546 :名無しさん@3周年:04/10/28 13:36:47 ID:MhBNSEHi
>>542
そんなこというと神様に嫌われちゃうよ!

547 :名無しさん@3周年:04/10/28 16:40:26 ID:cS3wuCej
いる/いないを論じて何の意味があるでしょうか?それよりも、一般にヒトが神に対し何を求め、信仰を続けているのかが根本的な問題では?

548 :名無しさん@3周年:04/10/28 17:36:43 ID:DpCxc/n5
太古の時代の娯楽の種類が大変すくなかった時のひまつぶし=宗教

549 :名無しさん@3周年:04/10/28 17:43:07 ID:Gj90nJ2Q
  

550 :名無しさん@3周年:04/10/28 18:06:57 ID:8NEjs9z2
神がいてもいなくても現状なにも変わらないんだからどっちでもいい。

551 :名無しさん@3周年:04/10/28 22:20:54 ID:HPpElfwT
イマジン

552 :名無しさん@3周年:04/10/28 22:39:52 ID:KWOVI/wX
>>547
別に論ずるレベルまで達してませんし、どうぞ考察してください

553 :みや:04/10/28 23:04:53 ID:VLTzY3L8
何もない"無"から宇宙が発生したのだから、その存在は100%は否定できない。
って話を何年か前、聞いた事がある。
個人的には在ると答えます。
特定の宗教とかではなく。

554 :名無しさん@3周年:04/10/29 00:26:27 ID:FReixNqE
何もない"無"から宇宙が発生したなんて誰が決めた?

それと神は怒りも憎みもしないし、奇跡だって起こしやしない。
人間の都合で勝手に解釈しているに過ぎない。
神はだだ在るのみ。それは愛。

555 :名無しさん@3周年:04/10/29 07:21:47 ID:r64DR4kH
在るのみ、ってそれエゴイストの神?

556 :名無しさん@3周年:04/10/29 10:21:15 ID:ZJkYrDsz
私の読解力がないからなのか
>>554の言いたい事がよく解らない…。
最後の一行があるために、文章として成り立っていないような気がします。

557 :名無しさん@3周年:04/10/29 10:45:03 ID:rlOMEX0c
至高の神の存在を認めざるを得ない瞬間というものがある。
誰もが体験できるものではないが、人間の長い歴史の中で
一握りの人間がそれを体験し、語り伝える。

呼び方は神であれ何であれ、それを言い当てる言葉はない。
なぜなら、人間が体験するのは神の片鱗に過ぎず、人間も
神の中に含まれる部分に過ぎないからだ。

558 :名無しさん@3周年:04/10/29 13:09:22 ID:uS8J69Uj
体験して語り伝えたことが事実とは限らないがな。

559 :名無しさん@3周年:04/10/29 13:58:26 ID:gzhpA3Cx
>>553
じゃあ、神は何から発生したんだい?
何も解決してねぇじゃん

560 :名無しさん@3周年:04/10/29 17:19:19 ID:pDGV+4Ae
神=地球(ガイア)だと思います。もし仮に皆の言う「神」が人間の善行や愚行を
見て、私たち人間に幸福や天罰を与えるのだとしたら、地球から与えられる恵みや
自然災害って、それにあてはまっているような気がするんです。
というより、地球に住まわせてもらっている立場にある私たち人間からすれば
そう考えることが自然なことと思います。
なので、キリスト教や仏教などの宗教が「神」として崇めるその存在は
まずありえないと思います。


561 :名無しさん@3周年:04/10/30 04:54:41 ID:m5u/IX81
素晴らしい空の色を記録に残しておこうと写真を撮る。
現像した写真を見てみんながきれいだという。
でも、撮影した本人が実際に見た風景や五感を通じ
感じた実感を100%伝えることができるワケじゃない。

素晴らしいライブを聞きに行く。後日ライブアルバムが
発売になり、行ってない人と一緒にそれを一緒に聴く。
でも、実際にライブに行った人とそうでない人には
その時の実感のあるなしがある。同じ音なのに。

人間にとってイマジネーションというものは重要である。
それを豊かに養うためにはいろいろな体験をすること。
いろいろな体験をすることは「神」の望むところでもある。

562 :名無しさん@3周年:04/10/30 08:56:35 ID:ThevHZ6J
でも神はなんにもしませんがね。

563 :名無しさん@3周年:04/10/30 09:15:51 ID:RHwJzc1y
自然は無限にわかれた神である

564 :名無しさん@3周年:04/10/30 10:11:09 ID:E+10hfQm
>>561
最後の行が全く要らないな

565 :名無しさん@3周年:04/10/30 11:24:51 ID:YLRf/WeI
カルト教団の教祖なんて、誰よりも神を信じていないと思う
自分自身が神だと思ってるから、好き放題、言いたい放題だね
そんなクソどもに、神の天誅を与えてほしいね

566 :名無しさん@3周年:04/10/30 11:41:52 ID:ThevHZ6J
それでも神はなんにもしませんがね。

567 :名無しさん@3周年:04/10/30 11:43:37 ID:ethlRyzE
カルト教団や神様とお話できる教祖の所にはいないでしょうね。
たぶん、君の心の中だけに真実の神はいるよ!

568 :名無しさん@3周年:04/10/30 13:29:59 ID:ThevHZ6J
それでも神はなんにもしませんがね。思念かよ。

569 :名無しさん@3周年:04/10/30 13:59:27 ID:YLRf/WeI
教祖や幹部は、信者からお金が入る
信者は、教祖や幹部にお金が出ていく
それだけのこと
神は何もしない


570 :クリスチャン:04/10/30 15:05:24 ID:84YkjZWE
神はなにもしません。
神は何の役にも立ちません。
それが神です。

神が望みをかなえてくれると言う宗教は
少し危ない。

神は私たちを生み出し、愛してくれるだけです。

571 :名無しさん@3周年:04/10/30 15:11:58 ID:ThevHZ6J
えっ?おかんが生むんちゃうの?

572 :元きりしたん:04/10/30 15:19:39 ID:XePtJNHt
おかん=神ということです。

573 :名無しさん@3周年:04/10/30 15:20:34 ID:XePtJNHt
おかんはなにもしません。
おかんは何の役にも立ちません。
それがおかんです。

おかんが望みをかなえてくれると言う家族は
少し危ない。

おかんは私たちを生み出し、愛してくれるだけです。

574 :名無しさん@3周年:04/10/30 15:27:23 ID:ThevHZ6J
神=太古の人間が自然におこるとこ(天気、病気など)当時の人間がわからなかったことを
  第三者の仕業に置き換えるコトにより安心するための手段。病気や天候などプロセスが
  わかってきたので、今、これを神仏の罰などとのたまうアホは少なくなってきたが、
  今だ、出現しない神は立証できていなだけ。


575 :名無しさん@3周年:04/10/30 15:33:15 ID:PfFM4Pf4
おかん=神

576 :名無しさん@3周年:04/10/30 15:52:17 ID:DR84Vt7W
神=サンタさんみたいなものだろ。
本当に居るわけじゃないけど存在はあったほうが良い
みたいな感じ?

577 :名無しさん@3周年:04/10/30 16:03:15 ID:ThevHZ6J
サンタを日常生活を犠牲にして信仰しているバカはいない。
50億人の人類に告ぐ。ムダなお経をあげる暇があるなら、死んでいった者たちにあげよ。

578 :名無しさん@3周年:04/10/30 16:08:17 ID:DR84Vt7W
>>577
貴方は神ですか?

579 :名無しさん@3周年:04/10/30 16:23:09 ID:ThevHZ6J
いや。おれはただの人間。口先だけの能なしにハゲシク憎悪を燃やす人間。
口先でもないか。声も聞いたことねーしな。
なんにもしねーんだからよ。たった1回全世界の空に出現して
「我をあがめるな。我は無力なり」とか言えよ。ほったらかしかよ。
もうすべてにおいてほったらかしかよ。

580 :クリスチャン:04/10/30 16:32:03 ID:84YkjZWE
信仰は日常生活を犠牲にするものではありません。

勘違いしちゃだめよ。

日常生活よりご奉仕・御神業・宣教・お導き・お救いなどなどを
優先するように言う宗教は少し考えてね。

イエスキリストは全てを捨ててあなたについて行きたいと言ったおにーさんに
「自分の立場に戻ってやるべきことをせよ」と言っているの。
やるべきこと=日常生活よ。

しかし、一方では「死人を葬るのは死人にさせよ」と言って使徒のおにーさんを誘っている。

みーんな聖職者になって神様に全てを捧げよと言うのは違うからね。
立場が違うのよ。信仰で日常生活を犠牲にしないでね。
とりあえずは毎日楽しく暮らしましょ。(感謝して)

>>573さんアリガト笑えた。

581 :クリスチャン:04/10/30 16:34:42 ID:84YkjZWE

>>573さんアリガト笑えた。

582 :名無しさん@3周年:04/10/30 16:38:55 ID:ThevHZ6J
今日の4時48分に南天に神の出現を希望します。神なら聞け!

583 :名無しさん@3周年:04/10/30 16:42:06 ID:qIwncfCD
理性と本能

親はなくとも子は育つというが、
外界と隔絶された環境で
雌雄の人間の複数の個体を
教育がないまま育てると
原始時代から人類がたどって
来たようなプロセスを経て
文化を築き上げるだろう。

オマンコのやり方を教わらなくても
種を残し子孫を繁栄させる方法を
本能が教えてくれるだろう。

そして、病老苦死を知ることで
神を崇めることになる。
豊作豊漁を喜ぶことで
神に収穫をささげることになる。

これは呼吸したり睡眠をとったり
することを教わらなくても
みんなが自然に行っているのと
同じことだといえる。


584 :名無しさん@3周年:04/10/30 16:46:13 ID:ThevHZ6J
おおいなる力など感じたことはありませんが。

585 :名無しさん@3周年:04/10/30 16:46:22 ID:Bo21kiNy
>>582
                     南天

  ( ゚д゚) ポカーン



586 :クリスチャン:04/10/30 16:52:09 ID:84YkjZWE

>>582

神様はきてくれた? あのね。

神様は聞かないの。

何にもしてくれないのが神様なの。

南天に現れて『汝 我が使徒なり 我がために.....をなせ』

と言われちゃったらどうするの。こんどはあなたが......をしなくちゃならないのよ。



587 :名無しさん@3周年:04/10/30 17:01:28 ID:ThevHZ6J
するから。っていうかオレはしないがね。イスラムの人とかしてるじゃん。
なんか敷きもんしーて。一回ぐらい姿みせたったら?喜ぶで〜〜〜。

しょーもない話やけどなんでイラクのあの人質。たすけたらんかったん?見殺し?
知りもしないとか。あれか、職場で親のコネで入ったバカ専務がなんもせんのといっしょか?


588 :名無しさん@3周年:04/10/30 18:05:00 ID:xJnmaoC7
今日の4時48分に
南天に神の出現するのを待っていたキミにいいことを教えてあげよう。
神は君が生まれるずっと前からそこにいるんだよ。
そして、キミと並んで一緒に神が出現するのを眺めていたかもしれない。
キミの中に神はあり、キミを取り巻く環境のすべてに満遍なく神はいる。

現代の物理学が追求する問題。存在が証明されていない素粒子よりも
小さな、全ての空間に満遍なくたたみ込まれるように存在する物質(?)
それが発見されれば名前が付けられるだろう。無限のエネルギーを供給
する物質、時空の謎も解き明かしてくれるかもしれない。
もしかすると、名付けられるその名は「神」に由来するものかもしれない。

589 :名無しさん@3周年:04/10/30 18:13:21 ID:ThevHZ6J
いや、別にいるとか、いないとかはどうでもいいのよ。そこに専務がいるとか、いないとかみたいに。
人間を超える何かを常にしてくれんと。神なんてよばれてるんだから。勝手に人間が考えたっちゅーなら、
そこで声を大にしていうんやろ「他人に期待せんと頑張れ」ってよ。

590 :名無しさん@3周年:04/10/30 18:20:48 ID:RIeaccZw
今日の4時48分に南天に神の出現を希望しますと言ったキミ
もうひとついいことを教えてあげよう。
これは思考の方法のコツみたいなものだ。
この広い宇宙に向かって「希望します」と宣言したキミは
その時点で「神の出現を希望するキミ」を実現したことになる。

思考のコツというのは「自分は○○になりたい」と言った時点で
○○になりたい自分を実現したことになり、いつまで経っても
本当に望んでいるものを手に入れられないかもしれない。

「自分は○○になる」と宇宙に向かって宣言すると、
それは自分と他者、そして神に対して宣言したことになる。
宣言したからにはそれをやり遂げなければならなくなる。
そうするとなんとかやり遂げようと創意工夫する精神が生まれる。
取り組み方が変われば、成果の出方にも変化があらわれる。

徹頭徹尾真剣に関われば、良い結果が出ても悪い結果が出ても
感謝する気持ちが現れるものだ。誰に対する感謝?
自分が生かされていることを知るとき、自然に込み上げる感情を
捧げる対象の名前が「神」であるかどうかは知らないが、
その存在を知ることはできるだろう。

今までの何をやってもうまく行かない言い訳だけのクソみたいな
人生とも決別できるというワケだよ。

591 :名無しさん@3周年:04/10/30 18:28:47 ID:4M4EgFZf
現人神に会いたければ、
明日の昼過ぎに府中にある東京競馬場に行くがいい。
直接言葉を交わすことは難しいだろうが、
神は15:40発走の11R
第130回、天皇賞・秋(G1)芝Bコース、左回り、2000mに
4枠G番のアドマイヤグルーヴ号に騎乗なさる。

運がよければ、間近にご尊顔を拝むことができるだろう。

592 :名無しさん@3周年:04/10/30 18:29:54 ID:ThevHZ6J
人生論はわかるよ。アホではないんだから。ただオレは人間に対して
ばかだアホだと怒ってるわけではない。
いままでいったい何人の人間が神を頼ってきたのだろう。それが報われたのだろうか。
なにをもって報いとする。口先だけのきれい事はいらん。
幼稚ですまんが新潟で怒ってる災害をもとに戻してくれ。
生物が長年かけて気付いてきた地球環境を潰した人間をゆるして住み良い環境に戻してくれ。

593 :クリスチャン:04/10/30 18:32:20 ID:84YkjZWE

そうね。>>590さんの下2行は私はパスだけど、その上までは全面賛成。

「....したい」と言う思考は「....したいアナタを実現する」のよね。
「....します。ありがとう」と言う思考が良いと思うわ。



594 :クリスチャン:04/10/30 18:42:17 ID:84YkjZWE
ID:ThevHZ6Jさん

何だか切ないわね。本当に。
神様はいるのよ。あなたの思っていらっしゃるとおり。
神様を捨てられないから苦しいのね。
ヨブ記を読んでみてください。
ヨブくんもあなたと同じ問いを神様に投げかけています。


595 :名無しさん@3周年:04/10/30 18:45:36 ID:uHMa8iEo
神はいる、求めている人は知っているか知りつつあるだろうし
求めてない人も否定しつつ気づいていると思う。

596 :名無しさん@3周年:04/10/30 18:46:39 ID:743u9PLe
>>592
神様を名乗る奇術師の降臨でも望んでいるのかね?
あなたの言うことは全て人間が行うべきことであり
志があるなら、まさしくあなた自身が行うことだと思う。

>>593
ありがとうございます。
宗教にはさっぱり興味がありませんが、先人たちの
智慧に学べば神の存在を否定することはできません。
ただ、それを証明しろと言われて苦慮するばかりです。

597 :名無しさん@3周年:04/10/30 19:19:45 ID:SBzkgEEo
もう神なんていないなんて〜言わないよぜったい〜

598 :名無しさん@3周年:04/10/30 19:53:26 ID:diNrQ4c0

神なんか居ないでも創造はあったその創造自体を神と言えば言えなくも無い
宇宙の底流に流れているのは闇だけ。

599 :名無しさん@3周年:04/10/30 21:15:20 ID:c/AdOED2
そんなつもりはないと言う人もいるかもしれないけど
人間はだいたい「言葉」にすがり、振り回されて生きている。

ある者は何かを正確に言い表そうと苦心し、
またある者はそれを駆使して人を魅了しようとする。

言葉によって、それ以前は考える必要のなかった
抽象概念というものが生まれた。ほんの近世のことである。

「それはこれです」と指し示すことのできないものまで
人間が言葉をもって説明しようとし始めたことから
人類の新しい歴史が始まった。

本来は我々が「神」と呼んでいる対象に
名を付ける必要はなかったのである。

600 :名無しさん@3周年:04/10/30 21:42:57 ID:qYDPKHVN
つまり神とは合理的或いは数学的に説明できるような物では無いという事だな。

601 :名無しさん@3周年:04/10/30 22:37:29 ID:VNHZegEX
神様もウンコしますか?

602 :クリスチャン:04/10/30 22:40:17 ID:84YkjZWE

ふふふ

大地に帰る必要がないのでしないんじゃないでしょうか?

603 :名無しさん@3周年:04/10/30 22:58:15 ID:cqrAPuvn
>神は私たちを生み出し、愛してくれるだけです。

84YkjZWEさんは、どうしてそれを知ったの?

604 :名無しさん@3周年:04/10/30 23:07:02 ID:diNrQ4c0
>>603
たぶん希望的妄想。

605 :名無しさん@3周年:04/10/30 23:11:53 ID:F9p+YS1T
「神はいる」って掲示板に書ける人は
「サンタはいる」って信じている
お子様と同じことを言っていると気付きたまへ


606 :クリスチャン:04/10/30 23:21:30 ID:84YkjZWE

>>605さん

ふふふ
良いの。存在の有無を議論してもしかたないの。
信仰とは「神はいる」と信じる力だからね。


607 :名無しさん@3周年:04/10/30 23:27:46 ID:VNHZegEX
アッラーアクバル

608 :ケロッグ123 ◆XY9yvGIHqo :04/10/30 23:35:02 ID:ra8Y31Yk
人智を突き抜けたところにある存在を
経験値の低い人間に説明しても無理。

609 :名無しさん@3周年:04/10/31 00:20:45 ID:UNUGV2V9
>>606 クリスチャン
クリスチャンさんの信じる神様の与えてくださる「愛」って
なんですか?なんだとおもいますか?


610 :名無しさん@3周年:04/10/31 00:53:53 ID:k8MquxBV
みなさんのいう神っていわゆる創造主のことですか?

611 :名無しさん@3周年:04/10/31 01:14:03 ID:qZG2MiWn
英語で「クリエイター」のこと

日本語で造物主ね

612 :名無しさん@3周年:04/10/31 01:14:31 ID:N3Rj8Mdl
☆招待状☆異常な盛り上がりを見せる「学歴信仰」スレ「高卒は知的障害者」(おいおい・・・冗談にも程があるだろ)
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1098978478/l50
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1098522890/l50
あまりのキチガイっぷりに一度はスレストまでかかったのですが、管理人も続編は放置しちゃってますw
精神力に自信の有る方、トライしてみてはいかがですか?( ̄ー ̄)ニヤリ

613 :クリスチャン:04/10/31 01:57:44 ID:1M0Tj6Kf

>>609さん

  神の愛=「この世の全て」

なの。私はね。
でも気にしないでください。『神』や『神の愛』の感じ方はそれぞれ違います。




614 :名無しさん@3周年:04/10/31 02:28:21 ID:qZG2MiWn
「神はいる」としている方

概念としていわゆる「神」
と呼ばれているものが
あるって意味ですよね。
それなら納得出来ます。
サンタも狼男も美女の金星人もいます。信じている人のこころ(脳)の中に。

実体として、物理的に「神」
が実在していると主張する方は
おられますか?

615 :ケロッグ123:04/10/31 02:40:40 ID:rhX897ve
>>614
サンタも狼男も美女の金星人と「神」を同じように考えているようだね。

つまり、ここからここまでが神でここからあっち側は神ではないという
境界線で物理的に認識をしたいってことになるよね。

あなたが求めてるのが、お髭の生えた神様だっていうなら話は別だけど、
残念ながらそんな自称神様も「神」の創造物ということになるとボクは考えている。
ナンセンスってことだよ。
認識論に関わる読みやすい文献を2、3冊読んで自分なりに考察してみることを
勧めるよ。 「神」がいるとかいないとか関係なしにね。

616 :ケロッグ123 ◆XY9yvGIHqo :04/10/31 02:42:11 ID:rhX897ve
文章がちょっと変だったね。ま、勘弁してくれ。


617 :614:04/10/31 02:45:05 ID:qZG2MiWn
「実体として、物理的に」

ようは、
光の干渉を受けて、人の網膜に映るもの。
もしくは観測機器により
そこになにものかが存在すると
確かめられるもの


この二点のどちらかの条件を満たすものです

618 :名無しさん@3周年:04/10/31 02:55:17 ID:rhX897ve
人間が如何に盲目であるかに気付かないか?

観測機器が故障して、視界が閉ざされたら
対象は存在しないと言っているようなものだ。

手の届く範囲が世界の全てだと白状してるのと
一緒じゃないか。

619 :614:04/10/31 02:57:56 ID:qZG2MiWn
>>616
ちょっと待った。
話の流れをもって行かれそうなんだけど
ボクは形而上学的な話をしたいのではありません。

物理的に存在しますか、しませんか。
という点についてだけ
ききたい。

620 :けぽ:04/10/31 03:00:11 ID:LXWI2Gt1
自分自身が神であると思う。
分け御霊=神

621 :名無しさん@3周年:04/10/31 03:04:57 ID:INlV090S
それはボクにもわからないな。

だいたい存在を証明する術がない。長い歴史の中で
多くの哲学者や神学者が取り組んできたテーマでも
あるみたいだけどね。

ついていれば物理や宇宙工学の分野で、あなたが
生きているうちに、そのとっぱしが解明されるかも
しれないと思っているんだけどね。

622 :614:04/10/31 03:11:54 ID:qZG2MiWn
>>618
まさにおっしゃる通り。

人の手のとどく範囲だけが人の世界のすべてです。
それ以外は、客観的に言って未踏地、
判断停止するべきでしょう。

何物かわからないものを、
ああだこうだ言う意味がどこにありますか。
いや、意味が無いというより、
語る対象にすべきではないでしょう。

とはいえ個人的に思索するのは構いませんが
他人を前に口に出すのは
控えたほうが。

623 :ケロッグ:04/10/31 03:17:18 ID:mkzt4LBO
うひゃ、また文章がヘンだね。読めたもんじゃないや。

補足すると
大統一理論という物理学理論の総括によって
物質にかかる力の説明に整合性をもたらす発見がなされることで、
ある程度納得ができる解釈ができるんじゃないかと睨んでいる。

われわれが神と呼ぶ存在がいたるところに満遍なく充満している
証明がそれによって成され、数々の神秘が矛盾なく解き明かされる。
夢見たいな話だけどね。

624 :名無しさん@3周年:04/10/31 03:19:27 ID:mkzt4LBO
>>622
ほほう、ボクはてっきり
「ワタシに神さまを信じさせて」ちゃんかと誤解してましたよ。

625 :名無しさん@3周年:04/10/31 03:26:42 ID:1QMmZ2q6
物質も霊も悪魔も全ては神です。

626 :614:04/10/31 03:49:07 ID:qZG2MiWn
>>623
大統一理論って宇宙の物理のお話ですよね。
いつかボク自身ミーハーなもんで
あのホーキンス本で昔読んだ気がしますが、
となるとやっぱりあなたが想定している「神」は、
世間のいわゆるなんらかの意志をもった「ソレ」とは違い、
宇宙全般に係る原理や法則の事のようですね。

なら形に表れないのは当然でしょうけども、
なんか話がスレからそれてきたようですが・・。

627 :名無しさん@3周年:04/10/31 06:48:23 ID:zllXh63R
神いるよ。霊がみえる人っているじゃん?僕はその類の愚か者なわけ。
そうつまり神がみえるわけ。
ひとつ言わせてもらうとね『霊をみたことない人』が『霊をみたことある人』を信じない人っているじゃん?これは、イイ。
でも『みてもないのに信じちゃう人』これは、ダメ。

628 :名無しさん@3周年:04/10/31 08:18:58 ID:bOQ+PoTv
霊をみる方法を教えてください

629 :名無しさん@3周年:04/10/31 08:48:15 ID:/ryraDuu
ん?

630 :名無しさん@3周年:04/10/31 09:22:32 ID:dZLsCWi2
おかん=神神

631 :名無しさん@3周年:04/10/31 09:35:04 ID:KIPj5t0u
奥さんのことを「おかみさん」
あるいは
古い言い回しで「山ノ神」と
よんだそうですよ。

632 :求道者:04/10/31 11:11:57 ID:matO4YUL
神は人の数だけいる。否定者も肯定者も、それぞれの概念で神を映像化している。
肯定者によくある現象だが、自分の望んだ神の姿が目前に現れることがある。
これに感激し恍惚となるが、実は自らが作り上げた姿を見て恍惚となるのである。
それでは、神に対して否定も肯定もなく、唯「それ」を見たとき「ソレ」は何だろ
う。

633 :数千年前のユダヤ作家(妄想が趣味で子供にお話するのが趣味):04/10/31 13:13:05 ID:qZG2MiWn
あの時は軽い気持で作ったんだが、
正直な話、ここまでたくさんの人々が
信じてしまうとは思わなかった。


・・・なんだかおおごとになっちゃって正直、
すまんかった。
間に受けちゃった人、
マジでゴメン 謝る

634 :名無しさん@3周年:04/10/31 23:17:19 ID:O94lQTvH
本当にいたらこんなスレ必要ないね

635 :名無しさん@3周年:04/11/01 00:10:38 ID:5Ln3B5o3
もし神が存在すると科学的に証明されたら宗教なくなっちゃうよ。

636 :クリスチャン:04/11/01 01:26:35 ID:spmfKIqB
>>633
いいのよ。
みんなでこんなに楽しんで盛り上がって
一緒にお話できるんですもの。
あなたも楽しんで。


637 :武庫川女子大学総長:04/11/01 01:48:39 ID:BfF7qnGc
>>635
いいのよ。
神の存在が科学的に証明されたあかつきには、科学と宗教が合体して、人類はさらなる進歩が期待できるというものだ。
きっと、宗教が科学に吸収されるんだろうけど、合理的な意味で、信仰心を持つことの大切さを再認識することになろうから。
ユートピアがいよいよ湧現するのかもしれない。
「信仰に裏打ちされた信念、信念に裏打ちされた信仰」という言葉が流行りだすぜ、今に。

638 :名無しさん@3周年:04/11/01 02:04:58 ID:d2+lYP/F
こいつにも神はおりますか?
http://live15.2ch.net/test/read.cgi/festival/1099239363/l50





639 :名無しさん@3周年:04/11/01 09:05:02 ID:cuO9Dbvm
21世紀程度の中途半端な科学力ではわからんが2万年もしたら
神とかいってた時代もあったと、未来の人に「あほだな〜」と
思われることウケアイ!

640 :名無しさん@3周年:04/11/01 09:27:04 ID:haeVK7CZ
まだ確認されていない、空間に満遍なく畳み込まれてる
次元が解明され、物質に頼らなくてもエネルギーが調達
できるような時代になると、
昔はそんな時空間のことを神と呼んでいたんだよってな
ことになるんだろうな。

今まででも科学で解明できないことを神秘とよんでたのと
同じだと思うよ。

641 :悪魔:04/11/01 13:28:37 ID:ZFFJyvI2
神はいますよ。わかる人はわかると思うけど、可能性のある人間を時々選んで、救世主になれるか試してますよ。その時は全国規模でわかる人はわかるんだけど、わからない人は全然わからない。

642 :名無しさん@3周年:04/11/01 13:51:12 ID:e0GPrdya
ん?

643 :名無しさん@3周年:04/11/01 13:56:31 ID:cuO9Dbvm
救世主=神にいいように使われるバカ。神の尻拭いをおおせつかる、無知なるばか。

644 :名無しさん@3周年:04/11/01 14:09:08 ID:fyLNqPJv
神なんて結局人間が脳内で創り上げたものでしかない。
真実はこの宇宙にあるだろうが、その宇宙が広すぎて漏れ達には
理解不能、という事で一応それを神とでも呼んでおこうやと言う事にしか過ぎない。

645 :名無しさん@3周年:04/11/01 14:42:58 ID:cuO9Dbvm
宇宙=物質としての存在。別に人間が困ってるから助けてくれるわけでもない。
   道ばたに転がってる石が風邪を治してくれるのか?

646 :名無しさん@3周年:04/11/01 14:43:55 ID:GyuRmXIB
全能なる神にはパラドックスはない。
神は全宇宙、全時間、全次元に同時に存在する。

神を否定する人は、否定する様に神に造られたのだ。否定しているはあなたの意思ではないw

647 :名無しさん@3周年:04/11/01 14:59:43 ID:fyLNqPJv
>>646
そら存在しない物にパラドックスは無いわな

もし神が人の意思までも創り上げたとして漏れは神を否定するように神に創られたとする。
それは神の意志であるわけですよね?
漏れの意思=神の意志とすると漏れは本質的には神な訳ですよね?
ってことは
>否定しているはあなたの意思ではないw
という事は漏れ=神の意思を否定すると言う事になりますが

648 :クリスチャン:04/11/01 15:07:59 ID:spmfKIqB

難しく考えなくていいの。
神様はいるの。

649 :名無しさん@3周年:04/11/01 15:25:39 ID:wdTTo1xN
>>639
すでにそう思われてるから。

650 :名無しさん@3周年:04/11/01 15:50:06 ID:DehOCstQ
>>647
…よく解ってらっしゃらない様なので、あなたの言葉を少し入れ替えてみましょう。

漏れの意思=催眠術師の意思とすると漏れは本質的には催眠術師な訳ですよね?



651 :名無しさん@3周年:04/11/01 16:55:44 ID:dXS9Sq+0
>>648
じゃあ神様は何処に居るの?
やっぱ天国?

652 :名無しさん@3周年:04/11/01 18:01:43 ID:cuO9Dbvm
いうでいうで〜〜〜。個々の心の中とか。心の定義もさだかではないのに。
感情を人間の魂のせいだと思ってるおめでたいやつ。
感情=脳からでる分泌物による作用。経験した記憶の組換え。
魂とか言ってる奴って責任感ないよな〜〜。

653 :名無しさん@3周年:04/11/01 18:32:44 ID:hGcoGAcv
>>648
難しく考えなくていいのは、否定派(この言い方好きじゃないが)では?

逆に肯定派はひたすら抽象的に難解に説明せざるを得ないようですが。

654 :名無しさん@3周年:04/11/01 18:36:58 ID:7B2qfbfb
>>646
根拠は?

655 :名無しさん@3周年:04/11/01 19:35:47 ID:2846mIyd
今後ビッグバンが理論的に解明出来ても、「それも神さまが〜」 なんて言うんでしょ

もうただの言葉遊びだよね
否定の為ようが存在しないからって、
それが存在することを立証するわけではない。
負けのないルールで戦ってる
神肯定派は卑怯と呼ばれても仕方がない。

なんなら存在することの
積極的な証明を
いまここでしてみてください。できませんね。

656 :holy:04/11/01 20:04:22 ID:bFRr1XX2
神さまはいるよ。受け入れるかどうかだけ。神さまが私たちを造り、愛してくれてる。
神さまが注いでくれてる愛は、人間の考えられる「愛」を遙かに超えてるよ。
いろんな考え方ができるのだって、神さまが与えてくれた自由。
否定しようが拒絶しようが、ただただあなたを愛してる事に変わりはないんだな
残念ながら。

イエス様がどれほどの苦しみを背負ったか。何の罪もない方が。
それは、私たちのため。
どう受け止めようと、その事実に変わりはない。
聖書にそう書いてあるんだもん。

657 :名無しさん@3周年:04/11/01 20:30:45 ID:7B2qfbfb
聖書に書いてあることが事実とは限らないだろうに

658 :名無しさん@3周年:04/11/02 07:51:22 ID:OAyjGk34
>>644
人間が作り上げてきたもの、それこそが時間を掛けて
実現してきた人間の脳内にあったものだ。
モノに限らず技術や制度といったものそれにあたる。
しかし、人間が勝手に「神」と名づけただけであって、
「神」は人間の存在や思考に関わらず存在していて
人はただその存在を感じ、恐れ、讃え、感謝するのみ。

自分が苦しいときに神にすがって、その時に助けて
くれなかったから「神はいない」的な短絡思考は
ものごとを見る目、考える頭を失わせる。

一方で、感謝を忘れただただ「神はいる」という狂信的
な思考も、自らの手と頭を使って何かをすることを
忘れてしまいがちで、度を過ぎると極めて危険である。

神と共にあることを知り、謙虚さをもって生きることは
自分自身の生き方に誠実な人間なら自然に身につく
感覚だと思われるが。

659 :名無しさん@3周年:04/11/02 08:55:08 ID:lrEIz3/2
神の怒り=大地を狂わせあらゆる天災を起こす
神の愛=日常のささいなこと。

660 :名無しさん@3周年:04/11/02 09:44:19 ID:tQp39wA3
>>658
神がいると言う根拠は?

661 :名無しさん@3周年:04/11/02 12:06:01 ID:RSxsrOSs
>>658
>神と共にあることを知り、謙虚さをもって生きることは
>自分自身の生き方に誠実な人間なら自然に身につく
>感覚だと思われるが。

結構傲慢な言い方ダヨネ

662 :名無しさん@3周年:04/11/02 12:30:32 ID:/kmH1St0
神否定派は信仰も否定ってスタンス?

663 :名無しさん@3周年:04/11/02 16:31:41 ID:ZdYny5eu
だけど日本人って面白いよな。
あまり宗教にこだわらずに生活してるから。
まぁだから平和なんだけどね

664 :名無しさん@3周年:04/11/02 16:35:28 ID:oQ9e8/I8
信仰(宗教)が神を拝むものなら
神否定派には対象が無いのだから
信仰自体が無意味ってことになるだろ。

665 :名無しさん@3周年:04/11/02 18:42:07 ID:U6VuQT52
「神」とは「自然」
の言い換えであり
同義である


これでいい?
「自然」は意思なんか持ってないけど。

666 :名無しさん@3周年:04/11/02 21:41:22 ID:E2CaeT39
本当に信じれる人は幸福ですがほとんどの人は何事も起こりません。
無理に信じる事は不要です。

667 :名無しさん@3周年:04/11/03 00:23:38 ID:RIB3+VHW
そうだな。
無理に
「神はいる。だからそのように信じろ。」
なんて強要する必要はない。
神もそんなことは望んでいない。

668 :名無しさん@3周年:04/11/03 00:41:06 ID:RIB3+VHW
古来、世界のどの国においても人は神を中心とする社会をつくりあげてきた。
ところが、
17世紀以降、自然科学の発達によって何事も物質に還元して考えるという
思考方法が台頭して、神は迷信の世界へと追いやられていった。
そして、科学と宗教はまるで対立関係を持つかのようになってしまった。


669 :名無しさん@3周年:04/11/03 00:51:42 ID:RIB3+VHW
科学的な説明は、心の内的な質については関与し得ない。
人間の内的な質の世界に関わる宗教と、合理実証主義に
基づく科学は、本来、対立や争いを起こすためのものでは
なく、人類の幸福に関わるものであったはずである。

宗教のつかみ得た内的世界の心理を、それを信じる特定
の者だけではなく、一般の全ての人間が知ることができる
ように表現することができれば、科学もその本来の役割を
果たすことができるようになるだろう。

高度な直感によって知りえる世界と、客観の世界が統合
されることで、次元の高い普遍の原理を見い出すことは
可能であると思われる。

670 :名無しさん@3周年:04/11/03 09:12:51 ID:42TOuZgM
>>669
宗教と科学の統合かあ
いまの所、インチキなところほど「科学」を名乗ってるみたいだけどね(W

671 :名無しさん@3周年:04/11/03 13:10:25 ID:+HadsCxp
>>670
確かに。
だからこそ自らの心眼を磨く必要がある。

672 :名無しさん@3周年:04/11/03 23:22:16 ID:Cjexqm3x
人間の視点からは森羅万象が存在するようにみえるが
原子の視点からすれば原子しか存在しない


・・・眠くなった。おやすみ。

673 :名無しさん@3周年:04/11/04 00:22:49 ID:zOEXkW4k
そんな原子が宇宙を構成していて、もしかしたらそこに住んでいる
知的生命体たちが我々のことを「神」と呼んでいるのかもしれない。

674 :名無しさん@3周年:04/11/04 16:45:15 ID:d060KkmF
>664
信仰まで否定すると
思想、文学、美術、芸術、等の文化のかなりの部分まで否定する事になるのでは?
少なくとも近代までは、宗教と文明は密接な関係だったのだから。


675 :じー:04/11/05 07:52:48 ID:uDkFtcQx
ある意味で日本という国は壮大な実験がなされている国なのかもしれない。
2600年からの歴史ある神の国から、戦後宗教を切り離した合理主義に
基づく経済成長によって、その先に何があるのかということを周囲に観察
されている実験の場なのかもしれない。

676 :名無しさん@3周年:04/11/05 09:22:23 ID:fhqICtDQ
神がいるかいないかは知らないが、
神話を読み真意を知ると見えてくる
ものがある。日本なら古事記だ。
古事記を読み解き、何が語られて
いるかを知るとき、そこに描かれた
崇高の哲理から、日本がなぜ神の
國と呼ばれているかを知ることに
なるだろう。

677 :名無しさん@3周年:04/11/05 11:07:17 ID:2T7BLgkA
古書などをありがたがるバカがなんと多いことか。
あんなもん人口が少なくて、アンド読み書きが出来る人が少なくて
そんな奴が書いた文章がなんだと。2000年前に今と同じ科学力があれば
書籍もばかみたいにあるだろう。骨董などはその物質ほんらいの価値をみているのではなく
人名、数のすくなさなど、くだらない要素が重要視される業界。

あと、昔は暇だったからね。夜通し働くやつなんかいない。番人ぐらいか。

678 :名無しさん@3周年:04/11/05 12:33:17 ID:ybeUabVO
書き方が古いだけで、本質が間違っているワケではないだろうものを。
技術や制度がどんなに進化しても、人間が進化しているワケじゃない。

679 :名無しさん@3周年:04/11/05 13:45:55 ID:RJlsbYgU
>>678
本質が何か答えられない奴に限ってそんなことをいう

680 :名無しさん@3周年:04/11/05 16:42:19 ID:oTNCUhZg
古い智慧にさえ学べない無能者は
自らが常識と呼ぶものが崩れないと
自身の無能ぶりに気付かぬものだ。

681 :名無しさん@3周年:04/11/05 17:43:32 ID:ybeUabVO
オマエの言う通りだよ。悪かったな。

682 :名無しさん@3周年:04/11/05 18:27:10 ID:2T7BLgkA
いちいちピタゴラスの定理を発見する必要はない。


683 :名無しさん@3周年:04/11/06 03:44:44 ID:VrF9xTwq
>>680
で、聖書に書いてあることは絶対崩れない、と。

684 :680:04/11/06 07:25:01 ID:7A9JDRb+
ワタシはクリスチャンじゃない。
古書や聖書にかいてあることが
絶対崩れないというようなことも
言っていない。

例えるなら、過去レス読まずに
レスをつけるような真似をせず、
古い書物にある智慧を学んで
その上で考えろということだ。

人間は愚かにも長い歴史の中、
同じようなことを何回も繰り返し
行なってきているということだ。

685 :名無しさん@3周年:04/11/06 07:33:43 ID:xgpLLFnE
田代神は実在しますが(w

686 :名無しさん@3周年:04/11/06 08:55:44 ID:3Pi0ecKO
なんかよ〜〜前世とかあんだろ?クソな考えだが。それ生まれ変わりの時にメモリーされてたら
勉強しなおさなくてもいいので知恵があがるんじゃねーの?なんでそうしない?
知恵というところはメモリーされて、人生の部分はリセットされるでいいじゃん。
なんでそうしない。なんでも出来るんだろ。神なんだから。できねーなら道ばたのクソとおなじやん。
そこにあるだけ。

687 :名無しさん@3周年:04/11/06 11:22:16 ID:VrF9xTwq
>>684
じゃあ、あなたの信じる経典が崩れたと時、自身の無能ぶりに気づくでしょう

688 :名無しさん@3周年:04/11/06 13:54:48 ID:3/OB4pVb
信じるなどと言っていない。
よく学んでから疑えと言っている。

インスタント食品ばっかり食ってると
平気でそんなことが言えるようになる。

689 :名無しさん@3周年:04/11/06 22:54:21 ID:VrF9xTwq
せっかく宗教の話に戻そうとしてんのに・・・
それじゃ単なる一般論だろうが

690 :名無しさん@3周年:04/11/06 23:55:04 ID:u4JyQd8G
神がいるか、いないかなんて、何百年も語られて答えの出ない
話が、こんなところで答えがでるはずがない。

個々人の生き方の問題、考え方の問題であって、
相手に自分の考えを押し付けたり、批判したりする話じゃない。

と思うんですけど。

691 :名無しさん@3周年:04/11/07 15:07:23 ID:sq3C5Gt0
神を否定する人は当然、自分や身内の結婚は披露宴だけで、教会や神前でしないん(参加しない)ですよねぇ?
もちろんお葬式でも、仏になった故人に手を合わせることもないでしょうし。


692 :名無しさん@3周年:04/11/07 15:17:14 ID:W3Uop8tY
そりゃ社会儀礼であって信仰とは別だろ
クリスチャンじゃなくても教会で結婚式挙げるぜ

693 :名無しさん@3周年:04/11/07 15:47:05 ID:Wd3VmsNb
クリスチャンじゃなくても教会で結婚式挙げるのは
哲学を持たない日本人ぐらいなものだ。

694 :名無しさん@3周年:04/11/07 15:53:12 ID:H4fxwf/p
地域の祭のときに行事には参加しても、
絶対神社の境内に入らない創価学会
の人がいた。

神を信じるやつでも、信じないやつでも
人間があっての宗教だって考えるなら
あんまり行き過ぎも考えものだし、
信じないやつも潤いのない生活してる
みたいで痛々しく思える。

695 :名無しさん@3周年:04/11/07 22:40:06 ID:SRB84E/Z
>>691
周囲の人のことを考えるからこそ、参加もしますよ。
神を信じないからこそかもしれません。

>>694
後半がわからないなあ。
一日中ツチノコ探す生活が潤いのある暮らしなの?
神を否定するのは神を肯定するぐらい簡単だよ。

696 :名無しさん@3周年:04/11/08 12:18:30 ID:JgtKawoT
クリスチャンの人って、神様ーと言う時、それはキリストのことなの?

キリストって神の子であって神そのものではないよね?違うのかな?

697 :名無しさん@3周年:04/11/08 15:28:31 ID:ZCvkNL+U
無神論というと必ず>>691みたいなのがわくね。

無神論≠アンチ宗教
なんだが。
しかも結婚式なんて宗教的意味はもはや皆無。

698 :名無しさん@3周年:04/11/08 16:43:16 ID:6PfcTWQe
心の拠りどころとして神は存在していて欲しいし
それを受け止める宗教があったほうがいい。
歴史上の為政者は民衆から神の信認を受けた
者としてのハク付けが無いと人の上に立ち辛か
っただろうし、民衆もそれを求めていたのだろう。
また、人間が切羽詰まって何事かを行なうとき、
結果を天に任せるという意味で自然と祈る心が
芽生えるものである。では、何に対して祈るのか
ということになるわけだけど、そんなときに神に
存在してもらう方が都合が良かったりする。
言葉の通じない文化の違うもの同士の集まり
ならともかく、日本という島国で同じような言葉
と似たような生活習慣を持ちながら哲学がない
ために、ひとつの方向に進めない非合理性を、
神がいるとする非合理性を追求するよりも優先
させることの方が重要な課題だと思う。


699 :名無ししさん@3周年:04/11/08 20:11:52 ID:K4h/Qi4m
>>696

これ、難しい(微妙な)ところです。
ここで聞くより、ちゃんとしたところで質問した方がいいと思う。

700 :名無しさん@3周年:04/11/08 20:14:50 ID:/VMcas6F
>>697
このスレでは違うんじゃないの?原理的に。

701 :名無しさん@3周年:04/11/08 20:39:55 ID:xBiSzohA
>>698
なんか文章がおかしいぞ

702 :名無ししさん@3周年:04/11/09 10:10:09 ID:EMSx1cbj
もう一度聞きます。

本当に神はいますか?

703 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/09 10:12:14 ID:5S9YP1Jx
 >>702
 いるってば。

704 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/09 11:07:03 ID:5S9YP1Jx
>>695
>一日中ツチノコ探す生活が潤いのある暮らしなの?
>神を否定するのは神を肯定するぐらい簡単だよ。

 >>694を誤読しています。>>694さんは「神社の祭り」といった生活に密着している
ものとしての宗教を肯定してはいるものの、それ以外のもの、それ以上のものについて
は肯定とも否定とも触れていない。
 祭りに参加しない人=熱心な学会員と確信的無神論者、他宗派の狂信者
…というイメージで、そうした人々を否定的に捉えているのであろうと推察できる。

 全面的には賛同しかねるけれど、バランスのとれた感覚ではあると思う。

 それに神の肯定はツチノコ探しと同レベル?失礼ながら笑ってしまった^^

705 :名無しさん@3周年:04/11/09 12:04:38 ID:28WIbTTJ
スピノザの汎神論ってどう?真理かもって気がしますが。

706 :名無しさん@3周年:04/11/09 12:25:40 ID:/Lb2OATn
>>704
XYZさんは、このスレにも良く出る「神がいると思う人にはいるんだよ」ってな人?
そういう人なら神もツチノコも同じレベルだと思うんだ。


707 :691:04/11/09 12:56:30 ID:ckgMb0i/
私は「神を信じていない人」と書いたつもりはないんですけどねぇ…
もちろん「否定する人」と混同なんてしていませんよ?



708 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/09 13:01:38 ID:5S9YP1Jx
 しばらくスレ盛会の悪寒。

 >>706
 いや、神はいる。

…っていう人。2chのほかスレでは「正教の狂信者」とも呼ばれてしまったことも(苦笑)。
 日常生活は世俗的だけど、2chでこういう議論、話をするときだけは、信仰に
ついて語るときにどうしてもそう思われがちになるのはやむを得ないけど、普段は
違う。酒も美味しく頂くし、ハーブティとロシヤ、ギリシャの聖歌と三味線、クラシック
音楽を好む、ふつうの市井人。^^

709 :名無しさん@3周年:04/11/09 13:22:53 ID:/Lb2OATn
>>XYZ

710 :名無しさん@3周年:04/11/09 13:23:53 ID:/Lb2OATn
神の肯定をツチノコ探しと同レベル視されて、笑っちゃうのは
ツチノコ探してる人みて笑ってるって事でしょ?

俺はそっちのほうが笑けてくるんだけど

711 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/09 13:33:06 ID:5S9YP1Jx
>>710
>神の肯定をツチノコ探しと同レベル視されて、笑っちゃうのは
>ツチノコ探してる人みて笑ってるって事でしょ?

 ツチノコ探してる人は別にどうでもいいですよ?見つけたらすごいじゃないです
か。
 同列視している人を笑ったんです。字義通りにとってくださいな。

712 :名無しさん@3周年:04/11/09 13:44:42 ID:W2Ry0JqK
神がいるか?という問題は自分で答を出すべき・・・とも言えなくもないが。
科学的に神の存在を証明する方が、不在を証明するよりも宗教を窮地に
追い込むと思うけどね。

713 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/09 14:11:18 ID:5S9YP1Jx
>>712
 興味深い、しかも的を得た意見だと思う。
 神は証明などできない。
 「証明できる神」が示されれば、恐らくそれは最悪の偶像になるだろうな…

 神の存在を証明しようとしたゲーデルなんかはおかしくなってしまったよう
だけれど…(証明しようとしておかしくなったのか、おかしかったから証明
しようとしたのかは、難しいな、誰か詳しい人いません?)

714 :名無しさん@3周年:04/11/09 14:12:41 ID:9WaVbOHJ
釣りキチ三平に出てくる魚伸さんの目的は、カッパ探しだよ。
いっけんバカにみえるのだが魚伸さんいわく、「そこにカッパの伝説があるということは、なにか別の魚と見間違えた可能性もある。なにかがいるから伝説が生まれる。俺は、まだ見ぬその魚に出くわしたい…」
みたいなことを言った。
そんな見方でツチノコ探しをみると、そんなにバカなことでもない

715 :名無しさん@3周年:04/11/09 14:15:47 ID:5UZHtw3b
>>703
根拠が無いことを断言するのは他人に誤解を招くと思いませんか

716 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/09 14:20:59 ID:5S9YP1Jx
 >>714
 面白い見方ですね。

>>715
 根拠が無いのに断言しているのは、ハンドルに「正教徒」と入れていることで、
視聴者との了解事項だと思いますが…。

717 :いるかいないかは重要ではない:04/11/09 14:47:46 ID:ruP8YnzM
神がいるかいないか疑問を持つ人は自己中心的だ。彼女が自分を愛してくれてるかどうかばかりを気にする人と同じだ。そのような事は永遠にわからない。わからなくていい。人を愛した事実だけが素晴らしい。神も同じだ。信じる姿こそこの世で最も美しい。

718 :名無しさん@3周年:04/11/09 15:02:28 ID:/Lb2OATn
>>711
なぜ、同じでないんですか?
そりゃ、私だって神をみっけたらすごいと思いますって。

719 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/09 16:15:43 ID:5S9YP1Jx
>>718
 見つけること自体がすごいか、そうでないかの違いがまず挙げられますね。
 サタンだって神の存在は知っている。神がいることを知っても(信じても)、
それだけではあまりたいした益にならない。

720 :名無しさん@3周年:04/11/09 17:59:34 ID:a8yXJ3qG
>>719
神を見たにもかかわらず信じない人はいるでしょうか?
左端は対極的存在なので別だと思います。

721 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/09 18:06:48 ID:5S9YP1Jx
>>720
 未だかつて神を見た者はいません(使徒書)。
 御子を見たひとは神を見たのですが現代人で直接イイススに会った人はいない…。
 しかし御業をみても信じない人は昔も今もいます。

>神を見たにもかかわらず信じない人はいるでしょうか?

 ファラオはあれほどのしるしを見たにも関わらず信じませんでした。(創世記)
 見たか、見ていないかが決定的に重要な信仰の要素ではない…

722 :名無しさん@3周年:04/11/09 18:08:09 ID:0jE68Wus
とんでもない不幸に見舞われた人の精神衛生の処方箋として発明されたのが
神様だよ。

723 :名無しさん@3周年:04/11/09 18:21:45 ID:cN4lU2BJ
いや。太古のバカで無知な人類が作り上げた言い訳の象徴でしょ。洪水だのなんだのかんだの。
何か他のせいにしないと安心できないバカ。

724 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/09 23:05:18 ID:5S9YP1Jx
>>723
 貴方がご自分で自然現象の成り立ちを解明された訳ではありますまいに、面白い
言い方をなさいますね…。

 現代人の傲慢はこんなところにあるんですな…。マックス=ヴェーバーが社会分業
について言っていることを読めば(構造主義も挙げたいけれど、難しいので今はパス)、
>太古のバカで無知な人類が作り上げた言い訳の象徴
 とはいえない筈なんですがね。

725 :名無しさん@3周年:04/11/09 23:50:49 ID:/Lb2OATn
>>XYZ
使徒書と創世記を貴方が書いたわけでもあるまいに・・・

726 :名無しさん@3周年:04/11/09 23:55:58 ID:/Lb2OATn
>>719
本当にご免。意味が良くわからない、説明してくれ。

727 :名無しさん@3周年:04/11/10 08:40:38 ID:CCLxTpI9
古代人と現代人を比べると、辿り着いた知のレベルでは
現代人の方が断然優れているかもしれないけど、
もしかしたら広い意味での知の手法は古代人の方が
優れていたのかもしれない。
古代の手法で迷信と切り捨ててきた中に真の知が
含まれていたような気もする。
その中に「神」も含まれていたんじゃないだろうか?

728 :名無しさん@3周年:04/11/11 14:54:24 ID:eq0cFSyz
かもしれないと言うだけなら何でも言える

人間は神かもしれない

729 :名無しさん@3周年:04/11/11 19:37:27 ID:ROESygWM
もまえはバカか?かもしれない。

イマジネーションが乏しいんじゃねーか?かもしれない。

730 :名無しさん@3周年:04/11/11 20:45:02 ID:fhQS6r9q
神=存在を確認できないもの=作り話=ウソ
サイババは神
教祖たちは神
神のような人とは、えらい人を指すのではなく、ウソツキを指すのです


731 :名無しさん@3周年:04/11/12 01:55:07 ID:hLQAFf6T
神は人ではない。人は神の例え。

732 :名無しさん@3周年:04/11/12 06:29:12 ID:zKMsIe92
永遠の指導者、死身弘法の体現者、池田先生の入場です。
http://www.sokagakkai.or.jp/top/meiyokaityou/img/photo_01.jpg


733 :名無しさん@3周年:04/11/12 07:06:41 ID:zKMsIe92
>>732
神のような人とは、えらい人を指すのではなく、ウソツキを指すのです


734 :名無しさん@3周年:04/11/12 07:26:15 ID:7vQsUz6S
えらい人を指すのではなく、ウソツキを指す
道灌。

735 :名無しさん@3周年:04/11/12 09:25:02 ID:Wj1pz08R
神は“論理を超越した存在”として定義されている。

したがって、その存在を“論理的”に証明したり否定したりすることは不可能。
「いるかどうか分からない」と答えるのが一番正しい。

736 :名無しさん@3周年:04/11/12 09:36:59 ID:Wj1pz08R
「信じる」という行為は、本当かどうか定かでない事象に対してなされるもの。

だから「神を信じよ」と主張するクリスチャンは、神の実在を証明できないことを
無意識のうちに認めていることになる。

737 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/12 17:34:20 ID:Xoo1WKdx
>>736
 殆どその通りなのですが…、「無意識に」ではなく「意識的に」神の実在を「証明」
できないと、私は考えて信仰していますが、何か…?

738 :736:04/11/12 19:40:28 ID:Wj1pz08R
>>737
そうでしたか、失礼しました。

739 :リチウム:04/11/13 06:42:36 ID:a/CPHK8m
雲の上のひげの爺さんならいません。論議の余地はないと思います。
唯一絶対の存在ならあります。論議の余地はないと思います。

740 :名無しさん@3周年:04/11/13 08:43:48 ID:GpIVq3k8
【まとめ】
@エゴはがん細胞と同じく、寄生しているその個体を苦しめ滅ぼす。
Aエゴに寄生されている人は、エゴが自分だと錯覚させられている。
Bエゴは悪性腫瘍の様なもので早急に消滅させるべきである。
Cエゴに寄生されている人はエゴを取り除く事は自分を失うような恐怖を植えつけられている。
Dエゴを取り除く事は本当の自分を獲得する事である。
Eエゴを取り除くと解放感が得られる。
Fエゴは妄想や恐怖、傲慢、無知、貪欲など災い暗黒を好む。
Gエゴを絶つには正しい光明の知恵の光を受けることである。
Hエゴは顛倒無想をして正しい見解や思考、感覚、行動を得させなくする。
Iエゴは見破られる事を嫌う。
Jエゴは見破られれば居場所が無くなり、消滅へ向かう。
Kエゴは人生の牢獄であり、百千万害あって一利も無い。
Lエゴを捨てれば知恵も慈悲も気力も感謝も勇気も備わる。
Mエゴを捨てまいとしているのに感謝を連発する人は顛倒夢想している。
N正しい自己を形成する事はエゴを捨てる事から始まる。
O正しい自己は窮屈な心、トラウマを解放する。
P正しい自己は向上して悟りを得ていく。
Q正しい自己は自他共に有益である。
R正しい自己は言葉と思考と行いを正していく事で形成される。
S正しい自己は常に反省して正しい認識を訓練する。
(21)正しい自己は基礎を徹底して構築される。
昇天舞踊の稽古場♪アセンション2ダン
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1099992935/

741 :名無しさん@3周年:04/11/13 11:20:19 ID:V7a8BunU
>>739
後者の根拠は何か?

742 :リチウム:04/11/13 11:39:46 ID:BM1mlIic
>>741
どれくらいの感じで返せばいいんだろう。

我思うゆえに我あるから俺が居るでしょ?俺は地球の上にいて、地球は太陽系にあって、
太陽系は銀河にあってetc.etc. 宇宙がある。

宇宙と言うのは時間と空間で、さらにどうもこいつを取り巻く法則があるようだ。最近の
科学はその辺まで数字で表せるようになってきた。

その法則の先は今の科学では想像もつかない。その法則を解明したところで人類はとうとう
最終理論を手に入れるのかもしれない。一部の科学者はそう考えている。

実はその先にさらに何かあるのが分かるだけかもしれない。そうやって、無限に法則が続く
のかもしれない。

どちらにしても、一ついえるのは、それらをどんどん大きくしていって、すべてをまとめた塊が
あるということ。それは無限かもしれない。有限かもしれない。でも、それが「ある」事はおそらく
ほとんどの人に自明なことだろう。

そして、この世に唯一つ存在する「それ」、それ以外には何も存在しない「それ」、そして確実に
存在する「それ」、は絶対唯一の存在として議論の余地はないとおもうけど。

聞きかじりの仏教用語で一言で表すと、一切って唯一絶対ですよね?

743 :名無しさん@3周年:04/11/13 14:08:04 ID:l4etnnAe
>>742
お前の煙の巻き方のあまりの下手さに、みんな唖然としているぞ…

744 :名無しさん@3周年:04/11/13 14:37:03 ID:BM1mlIic
↓ いまから>>743が突っ込みます。


745 :リチウム:04/11/13 15:35:11 ID:BM1mlIic
│    _、_
│  ヽ( ,_ノ`)ノ 残念 それはわたしのおいなりさんだ
│ へノ   /
└→ ω ノ

>>743
だから分からなかったんだよな。どんな感じでいけばいいのか。
で、どの辺が「煙に巻いて」いて、どの辺が下手なんだ?

746 :XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE :04/11/13 16:23:15 ID:tfK1VdSw
 リチウムさんの話。
なかなか面白い話だとは思いますよ…。私の信仰とは違うが。
 続けて下さい。拝見している。

747 :リチウム:04/11/13 16:45:47 ID:BM1mlIic
俺のはタダの与太話だから。

その辺の宗教や信仰、アンチ宗教よりは多少芯の通った与太話だけど。
神があるのを知っている分だけ。

この板は初日。しばらくウロウロするけど、気分によっては速攻消えるかも。
消える可能性の方がでかい。あちこちでしばらく勝手な事言うのでよろしく。

748 :名無しさん@3周年:04/11/13 17:00:31 ID:61EDzObe
>>リチウム氏
仏教は“唯一絶対の存在”を認めてませんよ。
(ここで言う仏教とは、日本の仏教ではなく釈迦自身の教えのこと)
すべてのものは互いに依存しあっているという「縁起」の考え方から見ると
神様のような永遠不滅のものは存在しないことになります。
知り合いの仏教徒も、神の存在を否定してました。

749 :名無しさん@3周年:04/11/13 17:12:26 ID:61EDzObe
我思うゆえに我ありと言うけど、仏教では自我も絶対的なものではないと見ている。
すべてのものは実体を持たないという「空」の考え方で見ると、心もまた
ひとつの“現象”に他ならず、“魂”のような実体は無い、とする。

仏教ではこうした観念論を「有の見」と呼んで否定している。
(ちなみに唯物論は「無の見」と呼び、これも否定している)

750 :リチウム:04/11/13 17:30:03 ID:BM1mlIic
>>748
仏教が認めてないのは良いんです。仏教信じてないし。そもそも知らないし。ということを前提に。

「永遠」「不滅」とはなにか。無限に続く時間と、その中で無限に続く存在かな?
ところで、宇宙とは何でしょう。宇宙とは時間と空間のこと。

宇宙にはおそらく限りがある。つまり時間にはおそらく限りがある。ここまでは科学の話。

永遠不滅のものはだからおそらく科学的に存在しない。時間に限りがある以上。
ひょっとしたらあるかもしれないけど、それはとりあえず置いておく。

最新の科学によると宇宙の外側、つまり時間の外側にも法則があるらしい。時間の外から宇宙を
見た場合どう見えるか。宇宙の始まりと終わりがただそこにある。初めから終わりまでただ目の前にある。
時間の外から時間を見てるのだから。

宇宙そのものは永遠では(多分)無い。しかし、その永遠ではない宇宙も宇宙の外、つまり時間の
外から見れば「ただそこにある」。

さてただそこにある「一切」は永遠不滅ではないかもしれないけれど、同時に唯一絶対ではないですか?

751 :リチウム:04/11/13 17:36:39 ID:BM1mlIic
>>749
我に実体があるかどうかはどうでも良いんです。大体実体でも空でも
同じことだし。デカルトもそんなことを言っていたんじゃないだろう。多分。

我思う、ゆえに我あり(ゆえにこの世は存在する)ということをおそらく
言いたかったんだろうと思う。

この世が存在するかどうか、まずそれを疑った。で、俺様が考えてるから
何か「有」があるんだろう、ということだろうと思うけど。

752 :名無しさん@3周年:04/11/13 17:42:37 ID:61EDzObe
>>リチウム氏
仏教は「信じる」ものではなく「実践する」ものですけどね。
お釈迦様自身も「私の言ったことが正しいかどうか自分で確かめるまで、
たとえ私の言ったことでも信じるな」と述べてましたから。

753 :リチウム:04/11/13 17:46:56 ID:BM1mlIic
んん、じゃあ、俺が仏教を「してる」かどうかは他の人が決めることになるかな。

「私の言ったことが正しいかどうか自分で確かめるまで、たとえ私の言ったことでも信じるな」
というのは好感が持てるけど、同時にキリストみたいに「私が神の子だ」というのと比べると
力負けするだろうね。

754 :名無しさん@3周年:04/11/13 17:55:30 ID:61EDzObe
>>751
「心」が当てにならないのなら、「心」を通して見た「この世」もまた
当てになりませんよ。

ちょうど般若心経にそんな一説があるんですが。
「無色。無受想行識」というのがそれで、受想行識(心の働き)を通して
見た色(この世)は当てにならない、という意味です。

755 :セシウム:04/11/13 17:57:50 ID:Zg+ftict
多少直感的ではあっても、実践者テイストの リチウム氏に好感だな。
神がいようとも居まいとも、確実に「それ」は存在するという潔さには共感するよ。


756 :名無しさん@3周年:04/11/13 18:02:55 ID:V7a8BunU
>>742
>どちらにしても、一ついえるのは、それらをどんどん大きくしていって、すべてをまとめた塊が
>あるということ。
それがあると言える根拠は何か?

757 :名無しさん@3周年:04/11/13 18:04:01 ID:61EDzObe
仏教は科学を否定していません。
ただし、科学は真理を写す写真のようなものであって、真理そのものではないと
考えているようです。
(もちれん、写真だからといって馬鹿にしているわけではありません)

758 :名無しさん@3周年:04/11/13 18:05:41 ID:2KEw+P8S
>>757
バカにしたカキコだな♪
仏教は般若心経以外は糞だよ!!!


759 :名無しさん@3周年:04/11/13 18:10:58 ID:61EDzObe
科学の最大の弱点は、「科学は正しい」という大前提そのものを科学的に
証明できないことですな。

760 :リチウム:04/11/13 18:15:29 ID:BM1mlIic
セシウム! そうきたか!(笑
だらだら長いのも好きなんだけど、きっと受けない。

>>754
当てにならないとは言っていない。実体は無いかも知れない。

しかし俺が居る。俺はそれを知っている。あなたにはそれを否定できない。俺って何?細胞の塊?

75%の俺は水だ。俺って水かあ。水は常に入れ替わっている。細胞の殻はたんぱく質。
たんぱく質も常に入れ替わっている。原子レベルで見れば「俺」は常に周りの原子と
入れ替わっている。

さて、どこまでが「俺」?髪の毛は俺?フケは俺?脳細胞は俺だよな、でも死んで今まさに
排出されようとしている脳細胞の死骸は俺?それともゴミ?

これがつまり「縁起」かな。俺は俺であって、同時に俺と宇宙は区別できない。

761 :リチウム:04/11/13 18:16:29 ID:BM1mlIic
>>756
あなたは居る?

762 :リチウム:04/11/13 18:22:45 ID:BM1mlIic
>>754
俺がみた「色」は偽物かも知れない。ただ、「色」が偽物だということは出来ても
「俺が見て居る」ということを否定することは出来ない。

ひょっとしたら「俺」は居ないかも知れない。「見て」も居ないのかも知れない。

それでも「俺」らしき何かが何かを「思って」いることはあなたには否定できない。
それが「我思うゆえに我あり」。

まず、この世が有るかどうかを疑ったわけで、この世はあるらしい。で、この世がある以上
「すべて(一切)」は有る。

763 :リチウム:04/11/13 18:48:37 ID:BM1mlIic
あれ、俺すでに一人舞台。じゃあとりあえずまとめとく。付き合ってくれた仏教の人アリガト。

科学はすでに「時間」というものの外があることを示してる。
科学なんかなくても「有る」のは分かるけど、科学が示してくれるとちっとは分かりやすい。

時間の外、というのはある意味物凄く宗教的だ。始まりも終わりもあなたの目の前に「ただ有る」

俺にとってこの「ただ有る」ということは物凄いことだ。もちろん、キリストや、モハメッドや、
仏陀はそのことを知っていただろう。煩悩まみれの俺に分かって彼らにわからないわけが無い。

この「有る」ということを神ならぬ我々人間が正確に表すことは絶対に不可能だろうな。

764 :名無しさん@3周年:04/11/13 19:00:03 ID:V7a8BunU
宗教的に偉大とされている人間は物理学的知識を知っていたに違いない、
と言うのは論理的ではない

765 :リチウム:04/11/13 19:02:57 ID:BM1mlIic
>>764
当時なり、その人なりの物理学的知識はあっただろうけど。

766 :名無しさん@3周年:04/11/13 19:09:10 ID:61EDzObe
夕飯食ってからまた覗いてみたら… いつのまにかまとめられてしまった(笑)
リチウム氏お疲れさん。付き合ってくれてありがとう。

それにしても「時間の外」はなかなか興味深いな。
「諸行無常」の通用しない世界なんだろうか?

767 :リチウム:04/11/13 19:09:37 ID:BM1mlIic
分かりにくいか。

すべてをつかさどる 「THE 法則」が有る、ということは、科学的知識無しに理解できる。


768 :リチウム:04/11/13 19:16:10 ID:BM1mlIic
まだいたりして

>>766
諸行無常が、目の前にあるのかな?すべては変わるだろうけど変わる過程がすべてそのまま
目の前にあるような。無常であって、常であるような。

そこでも「超時間」があって、時間の流れがあるかも知れないという科学者もいるけれど
まだ俺たちには分からない。分かっても、きっと数学でしか理解出来ない。

769 :セシウム:04/11/13 20:05:29 ID:7nEc8ZXL
興味深く拝見しています。
智慧と知識は違うもんなんだなーと思いながら読むと感慨深くもあり。

770 :リチウム:04/11/13 20:19:15 ID:BM1mlIic
まあ俺には煩悩しかないわけだが。おかげで皆さんあまり俺とは付き合いたくないようだ。
つーか、こんなにおとなしい板は初めてだ。

771 :名無しさん@3周年:04/11/13 22:20:56 ID:Ur2Vnd6n
別に彼はそう特別なことは言ってないと思われ。
思考開始のスタートラインだよ。

772 :名無しさん@3周年:04/11/15 18:51:26 ID:d1MWQBnF
age

773 :名無しさん@3周年:04/11/17 14:39:48 ID:XDhODNfH
maea

774 :名無しさん@3周年:04/11/18 13:42:50 ID:4cPyGjEX
けっきょくどうしても存在を否定できない「それ」は神なんですか?

775 :マグネチウム ◆ky0j10Px8Y :04/11/18 13:45:16 ID:cyPzvv3e
そうですよ

776 :リチウム:04/11/18 13:49:32 ID:/RjQUqp8
>>774
「神」とは {けっきょくどうしても存在を否定できない「それ」}ですか?

777 :マグネチウム ◆ky0j10Px8Y :04/11/18 14:01:12 ID:cyPzvv3e
まあどーぞ

∇ ∪ ∀ ▼
┴ ┴ ┴ ┴  t■~ t□~ 且~ □b ■b [コーラ] [ジンジャーエール] [オレンジ] [グレープ]
[レモンスカッシュ] [雲海] [一陽来復] [眞露] [静] [雅山流] [白波] [〆張鶴] [久保田]
[八海山] [寒菊] [檎] [佛] [梅酒] [杏酒] [黒霧島原酒] [多満自慢] [富士山の水]
t[★] t[ゑ] t[オ] t[黒] [GIN] [ボンベイ] [バイオレット] [LIME] [レモン] [トニックウォーター] [炭酸]
[IWハーパー] [ワイルドターキー] [オールドクロウ] [カンパリ] [ベルノー] [ドンペリ] [レミーXO] [酸素水]
▼ ▽ ∪          
| | | |  


778 :かみ:04/11/19 05:51:09 ID:obfAmJ8P
かみに ケンカを うるとは・・・
どこまでも たのしい ひとたちだ!

779 :名無しさん@3周年:04/11/19 07:30:48 ID:Q5cSO3sg
そこにずっといればいい

780 :名無しさん@3周年:04/11/19 19:20:05 ID:Mlnu9sRH
我々が神を知る時に 己の弱く愚かな「自己」に目覚めるときに感じる謙虚な感慨と、
人智を超えて一切を 在らしめようとする無我大愛の神の約束、それが希望である。

人間は希望なしでは生きていけない。 希望とは生きていくための点火剤のような
ものである。希望無く生きる人は神を忘れし人といっても過言ではないだろう。

781 :名無しさん@3周年:04/11/19 21:33:32 ID:pT1u5aQm
>>732
http://www.cebunet.com/ceausescu.jpgルーマニアの独裁者であり、自国民を大量虐殺したチ ャウシェスク国家元首と会談する池田大作


782 :名無しさん@3周年:04/11/21 08:39:01 ID:EB023dEL
金正日将軍万歳http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/1/12/%E9%87%91%E6%AD%A3%E6%97%A5.jpg永遠の指導者、死身弘法の体現者、池田先生の入場です。
http://www.sokagakkai.or.jp/top/meiyokaityou/img/photo_01.jpg
 「大統領は愛国主義者であり、平和主義者であり、民族主義者であることがよく、
理解できました」(「聖教新聞」昭和五十八年六月十日付)
「ルーマニア建国の指導者、世界平和に尽力され、ご努力してくださっている
チャウシェスク大統領に心より、感謝の意を表し、私の講演を終わりたい」
(「聖教新聞」同六月九日付)
民衆に処刑された独裁者チャウシェスクの写真。
http://www.brageteatret.no/Rupa/n_dead.jpg
http://www.cebunet.com/ceausescu.jpgルーマニアの独裁者であり、自国民を大量虐殺したチ ャウシェスク国家元首と会談する池田大作
ルーマニア民主革命http://sekitori.web.infoseek.co.jp/war/war_Roma_Buca1.html
http://www.sarago.co.jp/nfgrp/mro.gif1989年のチャウシェスク政権崩壊に伴い、旗の中央に描かれていた共産主義を表わす紋章が排除され、旧王制時代の三色旗に戻されたもの。


783 :名無しさん@3周年:04/11/21 11:36:02 ID:/54VjDZT
>>782
        /⌒ヽ⌒ヽ
         /     Y  .\
      /    ..八  ヽ
     (   __//. ヽ,, ,)
      \1    南.  !/
       ζ,    .無. j
        i    妙 、 j
        |     法  |        
        | !    蓮、 |
       | i し " 華 '|
       |ノ ( ..  池.. i|
      ( '~ .. .! 田 ‖   
       │     i 教‖    
      |     !    ||
      |     │   |    
      |       |   .| | 

http://www.sokagakkai.or.jp/top/meiyokaityou/img/photo_01.jpg 聖なる一物に対し無礼なやつめ
教宣部隊出動させますた
美人な信者には下種かますゆえ
顔写真UPするように
だからよ、お前だよ。
こんなことやってる時間があるなら、
財務しろよ!大変なんだよ本部は!
創価学会 池田太作


784 :メンタルヘルス友の会:04/11/24 12:02:22 ID:jn6/AG5y
 以前、浄土真宗一の会に行ってました。そこでは、阿弥陀仏の本願を本気で
求めたものだけが幸せになれると言っていました。
 世界中で阿弥陀仏の本願なんてしらなくても幸せな人はいっぱいいるよ!
最近、東京都と名古屋近辺で「メンタルヘルス友の会」というダミーサークル
の名前を使って新しい人をリクルートしています。要注意!「君だけじゃない
神経症は」あれには要注意。

785 :名無しさん@3周年:04/12/01 05:15:59 ID:vwQpj8dI
揚げ

786 :名無しさん@3周年:04/12/01 07:17:48 ID:wiApPIk4
リチウム=XYZ(正教徒) ◆xbX1kRWdrE

787 :名無しさん@3周年:04/12/01 22:37:24 ID:vwQpj8dI
哲学的に行こうぜ

788 :名無しさん@3周年:04/12/01 22:49:03 ID:qp8Ua0gY
神や科学に救われ、
また、両者に無視され、気づかされる。
なにかに依存しながらしか生きてゆくことができない
人間の弱さ。
知るべきことは自分の弱さと、他人もそうであるということ。

789 :名無しさん@3周年:04/12/02 00:07:28 ID:GlXF7lGc
仏教には神というより空とか解脱がメインだよね。どう関連してるかわからんが

790 :名無しさん@3周年:04/12/02 03:42:42 ID:BgILr0kP
インチキ糞教祖どもをヌッコロせ

791 :ふふふ:04/12/02 05:37:12 ID:sscsjqor
なんもない所から宇宙はできた。最初の力はどこから来たの。なんもない所
から出てくるわけないじゃん。よって神は存在する。進化論はあまりにも
間違っている。こんなすごい人間が偶然できる訳ないじゃないか。

792 :名無しさん@3周年:04/12/02 11:56:53 ID:GlXF7lGc
なんもないとこから出てきてつながってるならこの世だってなんもない

793 :名無しさん@3周年:04/12/02 12:47:40 ID:bI8vUOmB
なんもないところからエネルギーから生じることもあるというのは
既に物理学で証明されている

変異と適応と淘汰を繰り返し人間ができあがったていうことが
確率的に否定されると証明した学者はいない

794 :名無しさん@3周年:04/12/02 12:49:19 ID:7rJ8rdeG
>>793
うそつけ。

795 :名無しさん@3周年:04/12/02 12:56:56 ID:NCV4qP2V
人間の肉体は神によって土から造られたという話は信憑性がある。
人間が死ぬと土に返るからだ。
人間の生き死にには絶対神の介入がアル。

796 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/02 12:57:06 ID:9WAJNcOy
>>794
ん?
ガンマ線を真空に流すと電子と反電子が出来るよ。

797 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/02 13:15:01 ID:9WAJNcOy
おおっと、「何にも無いところからエネルギー」か。そいつはちょっと違う話だったな。

実際観測されるかどうか、俺知らん。サイナラ。

798 :名無しさん@3周年:04/12/02 13:20:03 ID:LOXRhOHy
カシミール効果のことは話題になってないのかな。

799 :名無しさん@3周年:04/12/02 13:21:25 ID:z9Dg8vrq
エネルイー保存の法則を勉強してこい。

800 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/02 13:26:01 ID:9WAJNcOy
>>798
いろいろ知ってる人もちゃんといるんだね。

801 :名無しさん@3周年:04/12/02 13:32:21 ID:bI8vUOmB
>>795
人間が死ぬと土に返るから、
人間の肉体は神によって土から造られた
という神話が創られたと考える方が自然だと思うが

人間の生き死にには絶対に神の介入があるという根拠は何?

802 :高島屋 ◆xUBIyVXc3Q :04/12/02 13:36:05 ID:xCwCQdxB
どぅあからぁ。
量子論的「無」と物理的「無」をミソクソにするなっちゅうの。

803 :高島屋 ◆xUBIyVXc3Q :04/12/02 13:40:06 ID:xCwCQdxB
>>801
神の介入がないと仮定すると偶然に人間と宇宙ができたことになって
現実的可能性は0となるから、と進化論者も言ってましたとさ。

どうでもいいけど、聖書を直訳するな。

804 :名無しさん@3周年:04/12/02 15:13:11 ID:bI8vUOmB
>>803
たまたま信仰者だったり昔の人だったりした少数の進化論者が
そんな感想を持ったとしてもそれがどうかしたのだろうか?
そんな意見が生物学会で主流だとは聞いたこともない

805 :名無しさん@3周年:04/12/02 15:54:11 ID:A1Y8SUdb
>なんもない所から出てくるわけないじゃん。

じゃあその神さまは誰が作ったの?
なんもない所から出てくるわけないよな。

806 :リチウムの母 ◆CzdIHuPnFI :04/12/02 17:14:02 ID:xCwCQdxB
>>804
進化論の生みの親ダーウィンも「偶然で片付けるにはチト苦しい」と言ってるし
現代の進化論者の方が神秘的という表現で神の介入を実感してる。
一応科学だから「神」は使わないけど。

807 :名無しさん@3周年:04/12/02 17:39:35 ID:bI8vUOmB
>>806
ダーウィンは100年以上前の人間で、種の起源が書かれたのは江戸時代
しかも彼はメンデルの遺伝の法則を知らなかった。
現在と同じ知識を持たない彼が、根拠ある科学的主張ではなく単に感想として
何か言っていたとしても特に意味はないだろう
というか、彼は「偶然ではなく、自然選択の結果である」
というニュアンスの記述をしていたはず。
それをあなたが曲解したのでは?

また、現代の進化論者のうちで誰が、
進化は神秘的な力で意図的に操作されてると主張しているのか?
そしてその主張はいつ生物学会で発表され賛同を受け、
どのくらい生物学会で主流な意見になっているというのか?

808 :名無しさん@3周年:04/12/02 18:07:11 ID:7TMjDYsm
中高生の生物の教科書に記載されている進化論のうち
現代において完全に否定されているもの

1.ヘッケルが思いついたもの
2.系統樹
3.サルから人間へ少しずつ進化している図
4.その他多数

809 :愛知県名古屋市 神 武雄 48歳 自営業:04/12/02 18:20:05 ID:FEZVNDa5
>>1
はい、私は神です。
ここにいます。


810 :武庫川女子大学総長:04/12/02 18:25:34 ID:i7D86g3a
日本では「お上」も神。

811 :名無しさん@3周年:04/12/02 18:39:41 ID:xNDlWZsK
>>807
「高度に複雑化した人間の器官が自然選択によってつくられたであろうと想像するのは、
この上なく不条理であるということを率直に告白する」ダーウィン

自然選択=想像と断言している

メンデルスの遺伝子の法則で突然変異を説明できない

812 :名無しさん@3周年:04/12/02 18:44:16 ID:xNDlWZsK
>>807
>現代の進化論者のうちで誰が、
>進化は神秘的な力で意図的に操作されてると主張しているのか?
>そしてその主張はいつ生物学会で発表され賛同を受け、
>どのくらい生物学会で主流な意見になっているというのか?

分子生物学
http://www.yk.rim.or.jp/~aisoai/molbio-j.html

813 :名無しさん@3周年:04/12/02 18:54:55 ID:xNDlWZsK
>>807
現代分子生物学では生気論が主流
生気論では神秘的力を認めている

ドイツのハンス・ドリーシュ(1867〜1941)
哲学者ではフランスのベルグソン(1859〜1941)やテイヤール=ド=シャルダン(1881〜1955)
ニューサイエンス系のライアル・ワトソン(1939〜)やルパート・シェルドレイクなど

現在に至る

814 :名無しさん@3周年:04/12/02 19:09:37 ID:xNDlWZsK
>>807
ダーウィンの自然選択による個体変異は遺伝しないことが、メンデルスの流れを受け継いだ進化論者によって明らかにされている
つまり、進化論の歴史の中で自然選択は否定された

815 :名無しさん@3周年:04/12/02 19:21:30 ID:xNDlWZsK
>>807
生物学会って何だよ
生物学界ならわからんでもないが

そういえば昔、弁護士会に入っている弁護士だ!とか自慢して、俺を笑わせてくれた奴がいた

816 :名無しさん@3周年:04/12/02 23:14:47 ID:bI8vUOmB
>>813
現在、分子生物学で生気論が主流だというソースが
まったく見つからないのだが、示してくれないかね。

また、あなたが挙げた人の中でまともな生物学者は最初の一人では?
しかも100年近く前に活躍した昔の人。
いきなり二人目から哲学者になっているのは、それ以上生物学者を
挙げることができなかったからの苦肉の策ですか?

あと、ライアル・ワトソンは生態学者だが、ウソの引用元まで使って
「百匹目のサル」の話をでっちあげたり、読者から届いた
「ボールを裏返すことができる子供」に関する手紙を信じ込むなど、
オカルト大好きで捏造癖のあるトンデモ学者なんですが・・・

817 :名無しさん@3周年:04/12/02 23:24:21 ID:bI8vUOmB
>>814
遺伝学で否定されるのは、「獲得形質の遺伝」です。
自然選択は遺伝学で否定されてはいませんが・・・

818 :名無しさん@3周年:04/12/02 23:38:06 ID:bI8vUOmB
>>815
そうですね、生物学界の間違いです。
それで、現代の進化論者のうちで誰が、
進化は神秘的な力で意図的に操作されてると主張しているのか?
そしてその主張はどのくらい生物学界で主流な意見に
なっているというのか?
>>812でリンク集のみ示しているのは、自分で調べろ、
というポーズなのだろうが、単にあなた自身でもそういうソースを
見つけることができなかったのでは?

819 :名無しさん@3周年:04/12/03 01:03:37 ID:v9R5/D5/
だれかが、パンドラを開けてしまったがなかなか閉じるのが大変らしい。
良くなるまで自然にまかせるしかないと思う。
もちろん神はいません。
いるんだったら失敗しません。

820 :名無しさん@3周年:04/12/03 05:54:20 ID:dF7DET0c
>>816
>ソースがまったく見つからないのだが、示してくれないかね。
探したのか、何が主流か知らなかったんだな
生気論が主流だなんて書いてあるソースは知らんが、日本の政治は保守が主流だとわざわざ書くこともないのと同じことだ
>>812はそんな意味ないことは勝手に検索して納得しろということだ
俺がお前の為に全部コピペするか?
このスレ終わっちまうぞ

ところで、生気論じゃなければ何だか知ってるのかよw

821 :名無しさん@3周年:04/12/03 05:57:41 ID:dF7DET0c
>>817
アホ、個体変異は自然選択と思われていたのが遺伝子の突然変異だとわかったということは
自然選択が否定されたということだ
検索するだけじゃなくて勉強して理解してから書け

822 :名無しさん@3周年:04/12/03 06:04:11 ID:dF7DET0c
>>816
生気論の始まりとなる時代の人物から現代に至ると書いてあるわけだ
理由は>>820と同じ
分子生物学をもう少し勉強して理解できたらレスしろ
話にならんから

生気論じゃなければ何になるかも勉強してなw
保守じゃなければ共産社民みたいなw

823 ::04/12/03 06:10:00 ID:bcuaQzDy
呼んだ?

824 :名無しさん@3周年:04/12/03 06:18:29 ID:dF7DET0c
>>816
>ライアル・ワトソンは生態学者だが・・・

だから、どこぞのサイトを鵜呑みにしてコピペするなっちゅうの
ニューサイエンスときけば内容知らずにトンデモ扱いするやつは腐るほどいるわけだからな
トンデモは多いと思うが
科学も生物学も神の領域に入ってきたからオカルト風の表現をする学者もいてもおかしくない
ほとんどはおとなしく「神秘」と表現するが

825 :\___________/:04/12/03 06:20:23 ID:qf2ad7Qx
           V
          ____
         /:::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\
       |:::::::::::|_|_|_|_|_|
       |_|_ノ∪ \,, ,,/ ヽ
       |::( 6  ー─◎─◎ )  
        |ノ  (∵∴∪( o o)∴)
       |   <  ∵   3 ∵)
     /\ └    ___ ノ
       .\\U   ___ノ\
         \\_   _)  ヽ


826 :名無しさん@3周年:04/12/03 06:27:24 ID:dF7DET0c
メンデルスはダーウィンにとって当時はトンデモだった
それだけのことだ

>>825
ウザイぞ、日暮里小僧
おまえのスレに返れ

827 :名無しさん@3周年:04/12/03 06:31:35 ID:qmVebS2r
限定したらそれはそれになっちまうから、
なんも限定しないじょうたいにとりあえず「神」と言う文字を
当てはめてるのでは??人間

828 :名無しさん@3周年:04/12/03 07:29:54 ID:T7hnl2Z7
■人間とは何でしょうか?

@仏教は「空(無我)」を説き、例えば善の奥義は「大死一番」と教えます。
 キリスト教も人間の「空(霊的死)」を説き「死における十字架のキリストとの一体」
 と教えます。※伝道者の書1:2「空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空」

A仏教とキリスト教は何れも人間は「空」だとし「大死」が必要と真理を説きますが、
 「死に方」が異なります。自力と他力。

Bもし自分自身が「空」だとしたら空しいですよね。自分さえ存在しない無の世界です。
 だから聖書の伝道者も「何と全てが空しいことよ」(同1:13)から始まって何回も
 空しい空しいと繰り返しています。何でも持ってる王様なのにです。

C人間は誰でも心の中に「空=空しさ」を抱えているんです。そして何かで埋めようとし
 ます。お金、名誉、学歴、夢、子供、財産・・・。でも空しいと、全てを手に入れてた
 王様でも感じるのではないでしょうか? お釈迦様も釈迦国の王様でしたよ。(続く)


829 :名無しさん@3周年:04/12/03 07:30:47 ID:T7hnl2Z7
>>828 続き
D「金も要らなきゃ女もいらぬ、わたしゃ、も少し「存在」が欲しい」と時が来ると切実
 に願うようになります。あなたにもその時が来ていますね。

E仏陀は空虚さの果てに悟ったが、結局「外も無だ」という諦め(四諦)でした。
 一方、キリストは、空と死の果てに「聖霊の満たし」を得ました。結局「外には有」が
 が存在すると教えました。そればかりか、

Fキリストは「聖霊」で人間の内側を満たすお方です。聖霊なる神に満たされる時「空し
 さ」は去るのです。

Gもし聖書の神が存在しなければ全ての宗教は「無」です。しかし偉大なるかな神の知恵
 は、信じる者を、他ならぬ、神ご自身で満たし、私たちの人生を「無」から「有」に
 逆転してくださるのです。

G皆さんも「聖書の神を信じて、あなたの空しさをキリストの霊、聖霊で満たし充実した
 人生を送りましょう!」イエスの御名によってお勧めします。ア-メン。

830 :名無しさん@3周年:04/12/03 07:32:01 ID:T7hnl2Z7
>>828 間違い修正

善の奥義→「禅」の奥義

831 ::04/12/03 08:27:34 ID:bcuaQzDy
>>825
GJ! 

832 :名無しさん@3周年:04/12/03 08:57:05 ID:IQnBPIGk
>>820
結局生気論が主流だなどと示せないのではないですか。
あなたの願望にすぎませんよ。

833 :?_:04/12/03 09:00:46 ID:bcuaQzDy
>>820
君、 w の数減らしなさい。恥ずかしいぞ

834 :名無しさん@3周年:04/12/03 09:15:09 ID:IQnBPIGk
>>821
あなたこそ理解していないな。
突然変異による遺伝形質の適応と淘汰により進化が起こるというのが
普通、進化の分野で言われる自然選択だ。
あなたが言っているのはダーウィン以前の
獲得形質の自然選択の話ではないか。
用語に対する正しい認識も無い人間がソースも示さず
「こんな考えが生物学界では主流なんだぜ。ソースを示すまでもなく当然だ。」
なんて言っても説得力がない。

835 :名無しさん@3周年:04/12/03 10:24:35 ID:IQnBPIGk
>>822
現代に至っても主流として唱えられていると言うソースがない。
現に現在の学者を挙げないではないか

836 :名無しさん@3周年:04/12/03 10:27:07 ID:IQnBPIGk
>>824
引用の捏造や超能力の手紙の鵜呑みがトンデモでないなら
何をトンデモと言うのか理解に苦しむ

837 :名無しさん@3周年:04/12/03 10:29:20 ID:IQnBPIGk
>>826
事実と異なる。
ダーウィンが種の起源を著した当時はメンデルの研究は
広く発表されず知られていなかっただけ

838 :名無しさん@3周年:04/12/03 11:42:27 ID:bcuaQzDy
ID:IQnBPIGk

必死です。

839 :名無しさん@3周年:04/12/03 12:42:13 ID:IumCLzMG
いずれにしても、進化論はうさんくさいということで

840 :名無しさん@3周年:04/12/03 19:27:17 ID:dwHMndQI
無のゆらぎ

そこから全ては始まった

841 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 19:34:16 ID:X6qwnSXr
>>835
東京大学 竹中聡 分子生物学教授 博士
「ヒトゲノムの解読は近い将来に完了するだろう。しかし神の神秘を否定するものではない。」

生気論以外の学者を探す方が難しい

842 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 19:44:59 ID:X6qwnSXr
>>835
さあ次は君の番だ
生気論以外の学者を挙げてみよ

現代となっては希少価値の唯物論者の中から選ぶようになるだろうけどな

843 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 19:50:20 ID:X6qwnSXr
>>837
新しい研究は従来の研究にとって常にトンデモだったという主旨だ
地動説は天動説にとってトンデモだった

その主旨に対してのレスとして意味がないことを君は述べている

844 :名無しさん@3周年:04/12/03 20:08:39 ID:IQnBPIGk
>>841
現在、東京大学のどこの学部の何教室の教授に竹中聡博士が
いらっしゃるのですって?
検索しても出ないものですから、教えていただきたいねえ
また、生気論以外の学者を探す方が難しいというなら、
当然その方以外にもたくさん具体名と、そう考えているという
ソースを提示できるはずですね?

845 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 20:20:37 ID:X6qwnSXr
>>834
今気づいた。アホだな。

最新の進化論を教えてやるから出直してこい。

突然変異は個体にとって有利でも不利でもない中立的なもの(←つまり自然淘汰によって選択も捨てられることもない状態)
それが遺伝子浮動によって種内に蓄積される。そのような中立突然変異があるとき活性化されて突然、有利な形質として表れる

遺伝学

>>844
俺は東大生じゃないから教室なんて知らねーよアホ
人に頼ってばかりいないで少しは調べろよ

846 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 20:23:22 ID:X6qwnSXr
>>844
検索知識でレスするのも大変だなw

ヒントやるよ
「種の選択」←本の名

847 :名無しさん@3周年:04/12/03 20:35:34 ID:IQnBPIGk
>>841
しかし、よくそんなに堂々と生気論が主流だなどと
真っ赤な嘘をつけますね。
Pubmedでvitalismで検索したらヒットはたった158。
何年も前からの、世界の、マイナーな科学雑誌に載った論文さえも検索する、
ふつう数万、マイナーな単語でも数千はヒットするのが当然の、
その中で検索してたった158。その中での内容でさえもさっと見るかぎり、
過去に唱えられていた、という示し方がほとんど。
この状況でもまだ生気論が主流だと主張するんですか?

>>842
生気論が主流だというソースが全くなく、それどころか
ほとんど一顧だにされていないという傍証ばかり見つかる以上、
大半の学者は生気論を顧みていないと考えてよい。
その状況でわざわざ生気論ではないと立場表明する学者はいないだろうから、
あなたがどこかから探してくる「変わった人」以外はほぼ全て
生気論を支持してはいないと言えるだろう。
この論理展開がご不満なら、どうぞ生気論が主流であるという
ソースをお出しになってください。

848 :名無しさん@3周年:04/12/03 20:42:38 ID:IQnBPIGk
>>843
読者からの超能力の報告の手紙を検証せず鵜呑みにしたり、
引用元を捏造したりすることをトンデモだと私は言っているのだが、
そんなものを地動説に対する天動説のように新しい研究であり
古い研究にトンデモ扱いされてもおかしくないというわけですか?
あなたは捏造や盲信を賛美するというわけですね?

849 :名無しさん@3周年:04/12/03 20:48:39 ID:IQnBPIGk
>>845
分子進化の中立説だな。
確かに進化のモデルとして支持されている。
だがそれは、自然選択が進化に寄与する影響を
いくぶん減らすモデル、というだけで、
>>821であなたが言うような、自然選択を否定するモデルでは決してない。
あなたは自らに都合がいいように曲解している。

850 :名無しさん@3周年:04/12/03 20:58:58 ID:ajrVJTUO
随分と頭の良さを見せつけようとして
頭の悪ささらしてるスレですなぁ
頭じゃないでしょう 神は

851 :名無しさん@3周年:04/12/03 21:00:10 ID:IQnBPIGk
>>845-846
現在東京大学で分子生物学を研究してる教授が、検索でヒットしない、
なんていうのはまずありえない話なんだが。
過去所属していたとしても、過去の教授の名前はヒットする。
はっきり言うと、架空の人物なのではないかと疑っている。

852 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 21:01:13 ID:5ihenSE0
>>849
ガンコだな
進化論はメンデルス以後は遺伝子学と言っても過言ではないんだそ゛
且つ、ダーウィンの進化論を信仰してる進化論者は自然淘汰されすぎてお前だけかも
現代の遺伝子学者で自然淘汰を支持してる奴を教えろw

とどめにダーウィンの言葉をひとつ
「自然選択は、保存されてきた生物にとっていずれも有利な、ごく微小の遺伝的変化の保存と集積 に よ っ て の み
作用することができる。この過程によって生じ得ない複雑な器官の存在が証明されうるならば
私の学説は絶対に成り立たない」

ダーウィンは自然淘汰という 想 像 に自信がなかったわけだが、お前は無知ゆえにすごい自信だなw

853 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 21:08:46 ID:5ihenSE0
>>847検索厨

俺はネット上のあらゆる知識と議論してるわけじゃないぞ
お前の知識と言葉で語れw

検索厨を自然淘汰するために質問

1 生気論の対極にあるのは何論?
2 遺伝子学者は自然淘汰を支持してるか?

これに答えられない奴と議論しても意味がない

854 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 21:10:55 ID:5ihenSE0
>>847のレスからして
生気論そのものを知らないとみた

855 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 21:23:51 ID:5ihenSE0
>>849
>自然選択が進化に寄与する影響をいくぶん減らすモデル

よくみたら珍説だ

>>834
同じ奴かな

>あなたが言っているのはダーウィン以前の
>獲得形質の自然選択の話ではないか。

獲得形質の遺伝と脳内でごっちゃになってるらすいw



856 :突発、しらけで御免。残念!:04/12/03 21:27:35 ID:ZBGQhrSs
人類なんて・・・ただの地球歴のほんの一瞬、地球上に繁殖した寄生虫の一種。

と云いたいところだが…気がつけば、今はもう全然いない。 煩かったけど,
居た頃は愉しかったな。祈りと言う方法で一生懸命に語りかけて来りもしたっけ。
やっぱり居無くなると淋しいね。 出来の悪い子供ほどカワイイってか・・・・。
また、時間をかけて新たに、私に似た愛する対象生命体を作成して育成していくか…。

考えてみれば・・・・・ 結局は、このスレは”人”にとっての”神”
の事を話し合ってるんですよね。
人類が居なくなってからの事まで考える比喩用はいらないか。失礼しました。

857 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 21:31:09 ID:5ihenSE0
最近の分子生物学では、個々の種はいろいろ変化することができる可能性を、自らの中に遺伝的に
始めからプールしていると見る
それが生物の必要に応じてプールされた形質が現れてくる
これは、生物がいろいろな環境に適応する能力をあらかじめ備えているものとして理解できる

わかったか
現代の生物学者も進化論者も否定するダーウィンの進化論を信仰する骨董頭脳の持ち主よ

858 :名無しさん@3周年:04/12/03 21:33:33 ID:W2tZZjlr
神は 人間の理解にしたがって現される
よって、2千年前の神は野蛮な神
知能の高い人には高い神の力が現される

859 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 21:36:13 ID:5ihenSE0
>>858
俺は今、君の御言葉に感動し号泣している

860 :一方方向じゃなく逆方向から見る癖も:04/12/03 21:36:41 ID:ZBGQhrSs
弱者の立場からのとらえ方とか

創った側からの見方とか・・・?

立場換えをして、イメージを膨らませッてみるのもイイと思います。

貧困な日本宗教感・・・・・・・・から、幼子でもわかる幼稚でシンプルな宗教感へ。

861 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 21:38:27 ID:5ihenSE0
>>860
君の御言葉にも感動し号泣したいと思う

862 :名無しさん@3周年:04/12/03 21:38:39 ID:rwE/T7CV
いない

863 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/03 21:40:16 ID:5ihenSE0
アッラーは偉大なり

864 :知能の高い人には理解出来ないナゾの35年も前の奇跡:04/12/03 21:59:05 ID:ZBGQhrSs
進化論のおかげで、神様に近付けました。・・・・・・・<本当に?>
                          
アポロ11号 1969年7月16日
http://www.planetary.or.jp/know_apollo11.html
アポロ12号着陸船(イントレピッド)1969年11月14日
http://www.planetary.or.jp/know_apollo12.html
アポロ14号月着陸船(アトランティス)1971年1月31日
http://www.planetary.or.jp/know_apollo14.html
アポロ15号月着陸船(ファルコン)1991年7月26日
http://www.planetary.or.jp/know_apollo15.html
アポロ16号月面着陸船(オライオン)1972年4月16日
http://www.planetary.or.jp/know_apollo16.html
アポロ17号月着陸船(チャレンジャー)1972年12月7日
http://www.planetary.or.jp/know_apollo17.html

☆これは、みないで…35年も前の事ですから…
http://darkelf.dip.jp/nasa.html


865 :名無しさん@3周年:04/12/03 22:23:22 ID:IQnBPIGk
>>852
自然選択と言う考え方と遺伝という考え方が互いに
矛盾するものだとでも勘違いしているのでは?
遺伝学が間違っているなどと誰が言っているのか?

866 :名無しさん@3周年:04/12/03 22:26:04 ID:IQnBPIGk
>現代の遺伝子学者で自然淘汰を支持してる奴を教えろw
また、ソースを示さずに自分の考えが主流だというミスリードを
行なうつもりなのだろうか?
自然選択が無いと主張する学者こそ例示して頂きたい。

867 :名無しさん@3周年:04/12/03 22:31:02 ID:ZBGQhrSs
プログラム創った方が物質的軌道修正用のチップをあらかじめ
仕組んで下さってたと云うことで。これにて一件らくちゃうくう〜。なわけないね。

868 :名無しさん@3周年:04/12/03 22:34:02 ID:IQnBPIGk
>>853-854
結局、生気論が主流だっていうソースは示さないのか
というよりも、示せない?
生気論の逆は機械論と言われたようだ。
遺伝学者の間で自然淘汰が無いなどという考えが主流だと
またソースもなく主張するつもりなのか?

869 :名無しさん@3周年:04/12/03 22:36:26 ID:IQnBPIGk
>>855
あなたは分子進化の中立説は自然選択を完全に否定するモデルだと
信じているようだが、その認識が正しいかどうかを調べてみることだ

870 :名無しさん@3周年:04/12/04 03:49:35 ID:LlIFLhBM
.

871 :名無しさん@3周年:04/12/04 03:59:26 ID:h8Ew8rZp
>>869
お前の方はソースをひとつも示すことなく
だんだんと言葉少なだな(w
何とか反論できるところだけ他人の文章をつまみ食いする癖があるようだ

872 :名無しさん@3周年:04/12/04 04:18:36 ID:h8Ew8rZp
>>869
これは無視かい?

----------------------------------------------------------------
最近の分子生物学では、個々の種はいろいろ変化することができる可能性を、自らの中に遺伝的に
始めからプールしていると見る
それが生物の必要に応じてプールされた形質が現れてくる
これは、生物がいろいろな環境に適応する能力をあらかじめ備えているものとして理解できる

873 :名無しさん@3周年:04/12/04 04:26:48 ID:LlIFLhBM
,,

874 :名無しさん@3周年:04/12/04 04:28:32 ID:h8Ew8rZp
今西錦司の本でも読め

875 :名無しさん@3周年:04/12/04 04:32:44 ID:h8Ew8rZp
本でなくとも、よいところが最初にヒットする
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/4270/imanishi/

876 :名無しさん@3周年:04/12/04 04:34:52 ID:h8Ew8rZp
「生命の神秘」という項目もあるわな(w

877 :ぷっ:04/12/04 04:48:26 ID:h8Ew8rZp
自然選択を進化論に持ち込むためには、すくなくとも「悪魔」の居場所も解明しなくてはなりません。
それは心の中の地獄界領域ですね。無知蒙昧、知性の光がささない世界です。


878 :名無しさん@3周年:04/12/04 07:28:30 ID:4PHZvHvp
もう遺伝子いじくるしかないですな

879 :名無しさん@3周年:04/12/04 08:51:46 ID:792jNdmP
http://www.hachimangu.or.jp/鶴岡八幡宮

880 :名無しさん@3周年:04/12/04 08:51:49 ID:bSpM2CBH
「地球はたいらです。
そしてそれは巨大な亀の甲羅の上に乗っています。」
これを現代人が聞くとおかしく聞こえるのとおなじで、
その内科学が宇宙の始まりを明かしてくれた際には、
原理主義的神実在派は、今度はどんなネタを見つけてきて
我々を楽しませてくれるのだろう。


所で、
神は己の姿に似せて人間を創った……って、

神の肌色は?

881 :名無しさん@3周年:04/12/04 10:08:31 ID:41tcCNyD
ダーウィンが実際に発表したのは『変化論』だよ。
生物は環境に応じて変化する、というだけのこと。
何の意味もないただの“変化”ね。

それを『進化論』などと言い換えたのは別の人間。

882 :名無しさん@3周年:04/12/04 10:58:28 ID:/D1BfRd9
お前らな、気 持 ち 悪 ぃ ん だ よ !
訳のわからん事とか小難しい事とか言ってんじゃないよ。

訳のわからん事 = 神・悪魔・UFO・おばけ・・・・など

死んだら終わり。後は無いの。そんなタイソーな生物ではないとおもうぞ。たぶん。


883 :名無しさん@3周年:04/12/04 11:12:01 ID:41tcCNyD
自分に想像できないことは「無い」と思い込むのが人間の愚かさ。

無神論者は、科学を超えた世界など想像できないので、
そんな世界は「無い」と思い込む。
有神論者は、神の意志無しで動く世界など想像できないので、
やはりそんな世界は「無い」と思い込む。

己の想像力を過信しているという点で、無神論者も有神論者も同じ穴のムジナ。

884 :名無しさん@3周年:04/12/04 12:01:36 ID:/D1BfRd9
あんたはどっちなんだ?
同じ『思い込み』でも前者の方が、害が無いと思うぞ。違うか?

885 :883:04/12/04 12:29:30 ID:41tcCNyD
>>884
俺は「神がいるかどうかなんて分からない」派だ。

神というものが「人智を越えた存在」とされている以上、
神の実在を科学・哲学(=人智)で証明したり否定したりはできないと思っている。

要するに「神についてあれこれ考えても仕方がない」という立場。

886 :名無しさん@3周年:04/12/04 13:48:55 ID:YdGt/T8o
物質次元だけを見て神は居ませんと言う人はまだ救いようがある。
「釈迦は神は居ないと言った」などと間違った仏教の理解をしている人が
神は存在しないと言うのを聞くとき、「じゃあ釈迦は神かい!」と言いたくなる。

887 :けちゃっぷ:04/12/04 13:55:06 ID:Xu0H2LT2
>>828 神の創造とは、言葉(概念)でラベリングして、分別していく作業ではないでしょうか。言葉で差し示されたモノは、すべて空です。コトを言葉で分別し、名付けることで、モノとして認識します。

888 :けちゃっぷ:04/12/04 13:59:46 ID:Xu0H2LT2
赤ちゃんの発達心理と神の創造の過程には、関連があるのかも。眼から光が入るコトをそのコトの特徴から分別し、「お母さんだ」と知っている言葉に当てはめ、コトをモノとして認識していくの…モノの創造。

889 :けちゃっぷ:04/12/04 14:06:16 ID:Xu0H2LT2
はじめは意味のない眼耳鼻舌身からのエネルギーの入力を、徐々にパターンを記憶し分別して言葉でラベリングしていく。それが神の創造であり、ついに分別が善悪の概念化にまで至るのが失楽園。人間の始まり。

890 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 14:27:55 ID:l3JyC3GN
人間のゲノムには大体30億の塩基(科学の文字)が書かれている。
しかも、これは人間が動かしているんじゃない。
俺たちの体のなかの超ミクロの世界で一刻の休みなく活動しているものがある。
それを可能にしている主体は人間ではない。
じゃあ誰が動かしているのかという話だ。
万巻の書物に匹敵する情報を誰が書いた?
ここで偶然だなどと馬鹿なことを言いたい奴は無知蒙昧。
法則や摂理の働きがなければ、微細にわたる遺伝子暗号が書けるわけはない。
そして、その目に見えない自然の働きを私は神と名付ける。

俺は偉大な神を目の当たりにして今日も号泣している。





891 :けちゃっぷ:04/12/04 14:39:37 ID:Xu0H2LT2
赤ちゃんが初めに認識するのはママとパパです(まだ両親・自分は子供…という概念はない)。神が最初に創った人間がなぜ夫婦なのか、ママ・パパと関係がありそう。はじめはママ・パパは完全に自分の味方です。

892 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 14:40:43 ID:l3JyC3GN
中立説を理解できない馬鹿が粘着してるな。
めんどいから、とりあえず放置して馬鹿の見本にしよう。

893 :けちゃっぷ:04/12/04 14:42:55 ID:Xu0H2LT2
赤ちゃんが成長するにつれて、両親のしつけが始まり、ママ・パパが自分の敵になる場面も出てきて、「してはダメよ!」という戒めが増え、善悪の分別が生じてきます。言葉を憶え、多くの概念を築いていきます。

894 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 14:45:53 ID:l3JyC3GN
>>891
神は自分に似せて被造世界を創造した。
パパママ、オスメス、陰陽、プラスマイナス。
主体たる神の一部=法則もそのような状態にあると考えられる。違うか?

895 :けちゃっぷ:04/12/04 14:52:32 ID:Xu0H2LT2
>>894 質問の意味がよくわからないのですが…。「神」は名前・言葉・概念です。松井選手を「ゴジラ」と呼ぶなら、「ゴジラ」は実在しますよね。あなたが「神」「創造主」と呼ぶものは、何ですか?

896 :けちゃっぷ:04/12/04 14:56:30 ID:Xu0H2LT2
町で「おい男」と呼ばれて、自分のことだと思いますか?自分は「○○○○(氏名)」だ。「男」という名ではない。だから「男のくせに」という論理にあてはめきれない。「男」はただの言葉・概念です。

897 :名無しさん@3周年:04/12/04 15:00:01 ID:hpxf4vCU
>>1.
いるよ。運命を司ったりはしていないけど。
だから「運命のせいだ」とかはただの言い訳。

898 :名無しさん@3周年:04/12/04 15:04:58 ID:KOErqEHt
>>896
思います。

899 :けちゃっぷ:04/12/04 15:07:58 ID:Xu0H2LT2
聖書の物語が実話かどうかは重要でない。聖書の物語は「じゅげむじゅげむ…」みたいな長い長い名前。その名前を縮めて「じゅげむ君」と呼ぶように、「神」と短い名前に略してる。問題は何を「神」と呼ぶか。

900 :けちゃっぷ:04/12/04 15:10:45 ID:Xu0H2LT2
仕事でうまくいったコトを「神様のおかげ」と名付けて、感謝し幸福・平安を感じられるなら、それでいいと思うし、その時のその人の「神様」は、仕事を成功させたさまざまな縁の総称だから、実在する。

901 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 15:20:41 ID:l3JyC3GN
何を神と呼ぶって、そりゃあんた、説明するのも概念だぜ。
俺に憑依して俺の主観を感じてみろ。
どうだ?意味のないこと考えてるうちに人生終わるぞ。

902 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 15:24:51 ID:l3JyC3GN
人間は話の流れの中でひとつの概念から同じイメージを感じ取れる仕組みを生まれつき持ってるんだ。
屁理屈で遊びたい奴は別だけどな。
特に、糞の役にもたたない哲学。

903 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 15:27:52 ID:l3JyC3GN
ヘタレ禅もな

904 :リチウム ◆18LITHOSrM :04/12/04 15:28:55 ID:+PcJ/Zsu
おっさん?それだけ書けるのに偽者でいいのか?
良いならやるよ、そのハンドル。

それだけ書けるのに君は偽者で終わるのか?

905 :名無しさん@3周年:04/12/04 15:29:26 ID:Jtfg2qFJ
科学者ほど神を信じている。

906 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 15:31:58 ID:l3JyC3GN
>>904
なんだ?おまえ
コテまねしてわざわざトリップまでつけなくてもよかろ。違うか?

907 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 15:33:07 ID:l3JyC3GN
>>905
そのとおり。
神を信じない科学者は共産主義者。

908 :名無しさん@3周年:04/12/04 15:37:48 ID:eIpry1Fs
>>871
その割に、具体的に反論したりソースを提示したりはできないのですね。

>>872
おっと見逃していた。
また、ソースを示すことなく「これが主流なのだ」と言い張るのですか。
あなたはそういう言動が非常に多い。
最近の分子生物学でもあらかじめ始めから遺伝子内に
そんな能力があるなどという主張は全く顧みられていない。
というか、あなた以外の人物が主張したことがあるのかも疑問だ。
何という人物が何という論文で主張したのか教えて頂きたい。

909 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 15:44:54 ID:l3JyC3GN
>>908
新ラマルク主義って奴だな。
進化論とリンクして分子生物学では当然の見解。
出直して来い。無知の見本として面白いカキコだが、最低限の知識は持参して参加しろ。

910 :名無しさん@3周年:04/12/04 15:45:49 ID:bSpM2CBH
>>890
「目に見えない自然の働きを神と名付ける。」

あっそ


「私は、オリジナルエロ動画を、みかえり無くおしみ無く2CHで配布する存在を゙神゙と名付ける。
よって神はいるのだ…」
神の定義は人それぞれね
こんなんでいいんだ。このスレの結論は


911 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 15:49:33 ID:l3JyC3GN
>>908
お土産に分子生物学でわかってることを教えといてやる。
種と種の間ではウィルスが遺伝子を運ぶことが分かってる。
どうだ?今時めずらしい自然淘汰信者よ。
どんどんお前の信仰が現代科学で否定されてゆくな。ご愁傷様。

俺はガソリンスタンドで号泣してくる。

912 :リチウム ◆18LITHOSrM :04/12/04 15:52:09 ID:+PcJ/Zsu
>>911
分かった。君にやる、そのコテ。別にどうでもいいし。良かったね。

913 :リチウム ◆18LITHOSrM :04/12/04 15:59:30 ID:+PcJ/Zsu
>>911
君は俺の偽者だ。一生。

自分で俺の偽者で有ること選んだんだ。それだけ書けるのにね。残念だね。

君は俺の偽者。

914 :名無しさん@3周年:04/12/04 16:02:13 ID:eIpry1Fs
>>874-876
今西の進化モデルが今どの程度生物学界で支持されているのか
知っているとは思えない言動だが
また、今西の著書ではなく個人がそれを引き合いに出したサイトか。
今西進化論はよくそれにかこつけたトンデモに引き合いに出されますが、
そのサイトの内容もまさにそのたぐい。
現在根拠がないオカルトとしかみられていないような
珍学説(スウェーデンボルグの霊太陽など)を
ぽんぽんと引用して自説を構築しているサイトではないか。
あなたはこの内容に共感し、信じ込んでいるというのか?

915 :名無しさん@3周年:04/12/04 16:14:32 ID:eIpry1Fs
>>881
evolutionということばは種の起源の中では使用されていないが、
その中で示されたのは種は環境に適応した変異がおこり、
さまざまな別の種へと分化するという、まぎれもなく
進化という考え方なのだが。

916 :名無しさん@3周年:04/12/04 16:24:58 ID:eIpry1Fs
>>892
中立説を本当に理解できていないのはあなたでは。
中立説になぜ「分子進化の」とつくのか知っているのだろうか。
木村の主張は、分子進化の段階で有利でも不利でもない中立の変異、
というもので、それが蓄積された上での発現形の段階で中立なものではない、
という点を強調したものだった。
しかしこの点を誤解し発現においても中立ととった学者たちが一時
木村の学説に難色を示したが、あなたはめずらしいことに
誤解した上で、その誤解した内容に賛同の意を表しているようだ。

917 :リチウム ◆18LITHOSrM :04/12/04 16:30:13 ID:+PcJ/Zsu
>>916
俺ねえ、間違ってトリップ晒しちゃったんだよ。それ、偽者。
すまんね。

そろそろリチウムは死のうかな。

918 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 16:36:50 ID:MA5gNZPI
>>916
おまえ、そんな前の奴を相手にするより、すぐ俺にレスしろよ。
それとも、一日調べないと返答できない無知な人。

>>917
偽者って、それはないだろ。泣いちゃうぜ、俺。

919 :名無しさん@3周年:04/12/04 16:39:02 ID:eIpry1Fs
>>905>>907
http://www.stephenjaygould.org/ctrl/news/file002.html
ここではそれとは逆の調査結果が出ているようだが。

920 :リチウム ◆18LITHOSrM :04/12/04 16:42:12 ID:+PcJ/Zsu
>>918
君にあげるか。そろそろ飽きてたんだ。
泥棒君、君にあげるよ。リチウムは死んだ。そして、泥棒が死骸を盗んだらしい。

どうでもいいことだ。俺は盗まれたリチウムの死体ではもう書き込まない。
頑張れ、リチウム。

921 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 16:43:45 ID:MA5gNZPI
>>914
生物学界っててどんな区切りだよ。
今はな、分子生物学、遺伝子学、自然科学、・・・全部いっしょだ。無知男君。

それと、そのサイトは今西氏のものじゃない。彼のファンが何を引用しようと、今西氏本人をトンデモ扱いするには無理がある。
自然淘汰こそ現代の天動説。トンデモ。


922 :リチウム ◆18LITHOSrM :04/12/04 16:48:52 ID:+PcJ/Zsu
>>921
まあ、頑張れ。君にリチウムは荷が重いと思うけどな。

サイナラ

923 :名無しさん@3周年:04/12/04 16:50:45 ID:eIpry1Fs
>>909
やはり、
「生物は遺伝子内に始めからプールされた遺伝形質をもっており、
それが必要に応じて発現してくる」
という珍説が生物学界で主流である、という
具体的なソースは示せないのですね。
始めからではなく分子変異が蓄積されたものだと言えば
まだ整合性があるでしょうに。
あなたは相手を無知無知とあげつらい、自分の考えが主流であると
主張することを繰り返すけれども、その根拠が全くない。

924 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 16:55:30 ID:+PcJ/Zsu
まあ、ハンドルさえ偽者だしね。

925 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 16:56:33 ID:MA5gNZPI
>>919
エドワード君で調べたら左系のサイトがヒットするな(w

>>923
何度言っても理解できないらしいな。
自分の信じる道を行け。幸せになれ。もう馬鹿相手はめんどくさい。

はいはい。ダーウィンは主流でつ。

926 :名無しさん@3周年:04/12/04 16:57:38 ID:eIpry1Fs
>>911
今西進化論の次はウイルス進化論ですか。
それもまた、多く難点が指摘されている学説ですが。
あなたはこれが主流だ、と主張することが多い割には
主流とは言えないようなものを提示する癖があるのでしょうか?
また、ウイルス進化論に一定の評価を与える学者中にも、その上で
自然選択を否定するような主張をする者などほぼ皆無でしょう。

927 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:00:34 ID:MA5gNZPI
「分子変異」とか言っちゃってるよ(w
今度は何と勘違いとたんだろ。

928 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:01:36 ID:MA5gNZPI
ウイルス進化論だって(w

そんなもんねーよ(爆

929 :名無しさん@3周年:04/12/04 17:03:17 ID:eIpry1Fs
>>921
では、自然選択を採用した進化モデルがトンデモだと言うのなら、
自然選択を排除した進化モデルが発表されたソースや、
支持されているという根拠を見せてほしい。
現状では、あなたの願望中での認識であるとしか言えない。

930 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 17:03:52 ID:+PcJ/Zsu
>>925
>>927
で、泥棒君。君の言いたい事は何なんだい?君は何にも言っていない。
「僕が偉いんだ」と言ってるだけだ。

その通りだよ、泥棒君。君は偉い。満足かい?

931 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:04:08 ID:MA5gNZPI
新ラマルク主義だって見方言い方によっちゃ自然選択だわな。

932 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:05:55 ID:MA5gNZPI
>>930
何だおまえ?
サイナラしといて未練たらしく出てくるな。

933 :名無しさん:04/12/04 17:06:02 ID:IYz94g/l
便所にあります。

934 :& ◆QJEqfMA7Zo :04/12/04 17:06:27 ID:+PcJ/Zsu
>>928
あはは(爆 だって。ずいぶんとレベルの高いリチウムだねえ?
もうちょっと頑張ってくれよ。ザザ虫君。



935 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 17:08:35 ID:+PcJ/Zsu
>932
リチウムは君にやったよ。頑張れよザザ虫君。

君、リチウムにしては毒が足りないし、独創性が足りない。

936 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:10:52 ID:MA5gNZPI
ウイルス進化論まだ?

はやく調べてよ(爆

937 :名無しさん@3周年:04/12/04 17:10:59 ID:eIpry1Fs
>>928
あなたが>>911でひきあいに出した内容のことをウイルス進化と
称する(検索してみるとよい)のだが。
あなたは自己矛盾に陥り始めている。

938 :名無しさん@3周年:04/12/04 17:13:17 ID:eIpry1Fs
>>918>>925>>931
具体的なソースを出して反論する事ができないため、
逃げに入り始めているように見える。

939 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:14:14 ID:MA5gNZPI
>>937
やっぱり検索してたんだ。
誰が名づけたの?

ウイルス進化論なんて普通言わないよ。

940 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 17:17:32 ID:+PcJ/Zsu
>>936
秋葉君。

(爆 はやめたほうがいいと思うぜ? リチウムとしては。 君は普通に「爆」とか話すのかい?

941 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:18:22 ID:MA5gNZPI
>>937
ウイルス進化論と名づけて批判してるサイト、阿修羅に似てるな。

左系やトンデモ阿修羅系以外にソースないの?

942 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:19:09 ID:MA5gNZPI
>>940
話題に入れないなら、すっこんでな。

943 :& ◆a5tlP5nais :04/12/04 17:19:39 ID:+PcJ/Zsu
>>939
じゃあ、なんて言うんだい?ギョウチュウ君。

944 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:21:27 ID:MA5gNZPI
こりゃひでーや。恐るべしウイルス進化論(爆

>ウイルスは、生物の進化のための小器官である

945 :名無しさん@3周年:04/12/04 17:24:10 ID:eIpry1Fs
>>939
中原英臣でしょう。著書の題名にある。
数千件ヒットし、提唱者の一人と言ってもいい人物がそう呼んでいるものを
「普通言わない」と豪語するあなたの知識はさぞすごいものなのでしょうね。

946 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 17:25:15 ID:+PcJ/Zsu
>>942
こら盗人、何時からそんな大きな口を叩けるようになった。

ハンドル盗むのはいい。盗むなら俺より面白いこと言え。ギョウチュウ君。
肛門から這い出してワラワラ這いずりまわるのだけが能か?寄生虫君。

リチウムはやる。俺より面白いこと言え。

947 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:31:39 ID:MA5gNZPI
>>945
じゃあ、中原英臣がウイルス進化論と名づけたソースを出してな。

それから、ウイルス進化論でヒットするサイトの説を俺が主張してるわけではないからな。


948 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 17:33:43 ID:MA5gNZPI
風呂でキャンディーズの蘭ちゃんを偲びながら号泣してくる。

949 :& ◆QJEqfMA7Zo :04/12/04 17:38:43 ID:+PcJ/Zsu
>>947
で、君が言いたいのはなんだい?偽者に出来るのは揚げ足取りだけかい?
君の言ってることは「本でも読め」 あはは。偉い偉い。 みんなで本読もうな。

で、「君の」言葉はなんだい?

950 :名無しさん@3周年:04/12/04 17:40:44 ID:eIpry1Fs
>>947
名付けたソースはないな、確かに。
しかし中原が著書にウイルス進化論と名付け、
その呼び名が広まっているのは事実。
そしてあなたは「ウイルス進化論だって(wそんなもんねーよ(爆 」
と断言した。この時点であなたの進化論に対する知識が
非常に怪しくなるのだが。

951 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 17:46:56 ID:+PcJ/Zsu
>>948
ほら、リチウムは楽じゃないんだよ。号泣してないで頑張れ、おっさん。

952 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 17:51:55 ID:+PcJ/Zsu
つーか、なんかこの立場って責任無くて楽だな?おい。
リチウム、頑張れよ?

953 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 18:33:00 ID:CUUxZ3EY
>>950
俺はトンデモまで網羅して勉強したことはない(爆死
おまえも検索したものを紹介してるだけじゃないか。

954 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 18:37:19 ID:+PcJ/Zsu
>>953
で?君の言いたいのは何なんだい?偽リチウム君。

(爆死

以外に言いたいことはあるの?

955 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 18:39:42 ID:CUUxZ3EY
ライアルワトソン
「遺伝子のメカニズムに厳然と影響を及ぼす直接的かつ外的な力がある。
心は分子生物学の神聖なる猟場にさえ忍び寄ってきてるらしい」

956 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 18:41:46 ID:+PcJ/Zsu
>>953
つーか、お前 「も」 って (笑
君、ちょっと面白い。

957 :名無しさん@3周年:04/12/04 18:42:41 ID:msXhrBJS
神が居るか居ないか確かめる一番手っ取り早い方法は、
死ぬ事だろう一発で分かるぞ
グダグダ言ってないで死ねばいい

958 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 18:44:50 ID:+PcJ/Zsu
何で死ぬと分かるんだい?
死んだら脳味噌なくなるからわからないんじゃあないかな?

959 :名無しさん@3周年:04/12/04 18:45:27 ID:msXhrBJS
だったら神なんかいないんだろう

960 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 18:46:37 ID:+PcJ/Zsu
>>955
生命潮流かい?11の時に読んだな。

で?「君が」言いたい事はなんだい?盗人君?


961 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 18:47:55 ID:+PcJ/Zsu
>>959
何で?

962 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 18:48:34 ID:CUUxZ3EY
ウイルス進化論なんてものは確かにない。
俺は生物学でウイルスの話を始めたわけだが、馬鹿がウイルスで検索して変な進化論を見つけてきただけ。

963 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 18:53:31 ID:+PcJ/Zsu
>>962
だから、何が言いたいんだよ偽者君。君は生物学的には「擬態」だな。
ウイルスが遺伝子のカケラを運ぶ。だからなんなんだい?

ちょっとした知識をひけらせば満足なのかい?

964 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 18:54:28 ID:CUUxZ3EY
さて、そこで

>未開の自然選択信者へ

生物の世界では、ひどく懸け離れた種の間に、形態や行動における「相似性」が現れる。

これを自然選択によって説明せよ。

965 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 18:56:09 ID:CUUxZ3EY
>>963
>ウイルスが遺伝子のカケラを運ぶ

ほんとだ、ちょっとした知識だな(wwww

966 :名無しさん@3周年:04/12/04 18:56:11 ID:eIpry1Fs
>>955
その、捏造で有名な生態学者ライアル・ワトソンさんの発言の根拠は?

967 :名無しさん@3周年:04/12/04 18:57:39 ID:msXhrBJS
>>961
死んでも認識できないなら、永遠に居ても居なくても同じジャン

968 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 18:58:10 ID:CUUxZ3EY
>>966
根拠やソースを求めるまえに
捏造のソースを左系サイト以外から探しておいで、ほれ ポチ

969 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 18:58:12 ID:+PcJ/Zsu
>>964
つーか君、まだ自分に説得力が有ると思ってるのが面白い (笑

説明できない。ウイルスによっても説明できない。科学は万能じゃあない。
だから何がいいたいんだい?リチウムの擬態君?

970 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 18:59:41 ID:CUUxZ3EY
ワンワン

971 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 19:00:28 ID:+PcJ/Zsu
>>967
死んだら認識できなくなるから、俺なんて居ても居なくても同じじゃん?
君なんて居ても居なくても同じじゃん?

972 :名無しさん@3周年:04/12/04 19:00:33 ID:eIpry1Fs
>>962
進化論に詳しいふりをしているのにウイルス進化論という単語を
知らなかったというあなたの無知はおいておいてあげるとして、
それならば>>911であなたが言ったウイルスによる遺伝子の浮動、
それがなぜ自然選択を否定する根拠となるのかを聞かせて頂きたい。
文脈的にそういう意図での発言に見えるが。

973 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:00:52 ID:CUUxZ3EY
>>969
底の浅い、ツマンネー男だな。

974 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:03:00 ID:CUUxZ3EY
>>972
手取り足取りはもうやだ。
スレの先も短いし。

975 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 19:03:06 ID:+PcJ/Zsu
>>968
おい、ハンドルさえ人から盗まなきゃ決められない腰抜け君。
「お前が」言いたいのはなんなんだい? 盗人が何時からそんな偉そうな口をきけるようになった?

976 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:04:06 ID:CUUxZ3EY
煽ってこのスレ終わると、こいつらどんな行動するんだろ(w

977 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:04:46 ID:CUUxZ3EY
オイ犬

はやく見つけてこい。

978 :名無しさん@3周年:04/12/04 19:05:03 ID:eIpry1Fs
>>964
似た環境にあるならば、その環境に適した形質は相似していると言える
適した形質へと変異した場合生存の可能性が増えるため、
そちらの方向へと進化する。

979 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:05:43 ID:CUUxZ3EY
検索はサクサクやれ。

980 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 19:06:11 ID:+PcJ/Zsu
>>973
擬態ってなんだっけ?

ああ、強いものを弱いものが真似るんだ。

981 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:06:31 ID:CUUxZ3EY
>>978
おまえ質問の意味をいつもわからんらすいな。

982 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 19:08:01 ID:+PcJ/Zsu
>>976
少々怖い人が来たなあ、と思う。
俺怖かった。君の勝ち。

983 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:09:10 ID:CUUxZ3EY
人間に男女がいて、犬にもオスメスがいて

エッチの仕方も同じ、、、ということを自然選択で説明してね。

984 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:11:04 ID:CUUxZ3EY
犬は正常位でしない、、とかダメよ。

985 :名無しさん@3周年:04/12/04 19:12:46 ID:eIpry1Fs
>>968
「ライアル・ワトソン 河合雅雄」で検索すると
割とたくさんのサイトが見つかるようだが、それをすべて左系だと
言い張れば逃げられるからあなたは楽ですね。

また、捏造ではなく盲信だが、ボールを裏返せる超能力についての話を
そのまま紹介しているのは生命潮流を読めばわかるな。

しかし、捏造とは別に、その発言の根拠は答えられないのですか?
あなたは何か根拠がない主観的感想でも、有名人が言っていれば
相手を説得する材料になるとでも考えているようだ。

986 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 19:13:49 ID:+PcJ/Zsu
とりあえず少々怖い人が犬の交尾の話をし始めた、と思うなあ。
何で盗んだハンドルで?と興味有るかもしれない。

どうぞ、続けて?

987 :名無しさん@3周年:04/12/04 19:15:02 ID:7acxEaxg
無我について答えられなかった人がこのスレで神について論じてるのか。。
ふ〜ん。

988 :名無しさん@3周年:04/12/04 19:15:42 ID:eIpry1Fs
>>974
手取り足取りが嫌なのではなく、答えられないのでしょう。
なんとなく先端ぽい聞きかじりの知識を披露して相手をやりこめようとしたが、
議論の内容に関係無いことであったということを露呈させている。

989 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:16:08 ID:CUUxZ3EY
>>985
残念ながら批判的サイトのリンクを見れば全部おまいと同じ種だな(爆死

990 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:17:44 ID:CUUxZ3EY
>>988
俺は最初からおまえと議論してない。
おまえが拾ってきたサイトに書いてあるものを見せられてるだけだ。
検索しないでレスをすぐに返せ。

991 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:18:44 ID:CUUxZ3EY
次スレは俺がもらった!!!!!

992 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 19:19:33 ID:+PcJ/Zsu
だから、悪いことは言わないから (爆 はやめなよ、ザザ虫君。 オタク臭いから。

993 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:19:54 ID:CUUxZ3EY
検索なしで>>983にレス返せ!!!!

994 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:20:40 ID:CUUxZ3EY
>>992
うるさい。オヤジ臭の大腸菌。

995 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:21:12 ID:CUUxZ3EY
はやく、検索なしで回答しろ。

996 :名無しさん@3周年:04/12/04 19:21:20 ID:eIpry1Fs
>>981
またそうやって逃げるのですか?

>>983
自然選択を持ち出すまでもない。
有性生殖を行なう生物から進化してきたから人間を含め、
哺乳類は有性生殖だ。
また、哺乳類の体の構造が似通っていることから
生殖法が似通っていることは非常に自然だ。

また、議論の内容と関係の無いことを引き合いに出して
ごまかしはじめたようだが、あまりにもあからさますぎる。

997 :◆SNOWOHEAT2 :04/12/04 19:21:38 ID:+PcJ/Zsu
(爆死 はねえ…

ごめん、ちょっとゾゾゾ、と来た。次スレはあげる。

998 :リチウム ◆Lithiumt5I :04/12/04 19:22:07 ID:CUUxZ3EY
俺は最初から ID:eIpry1Fs
を知ってる。

999 :名無しさん@3周年:04/12/04 19:22:26 ID:2g0kLH35
神はいないよ?

1000 :名無しさん@3周年:04/12/04 19:23:18 ID:2g0kLH35
1000?


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

276 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)