5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「善悪」とはそもそも何なのか?

1 :名無しさん@3周年:04/03/22 12:16
何気なく使っている言葉だが、その意味や根拠はどこにあるのだろうか?

2 :求道者 ◆IHSXPiND6Q :04/03/22 12:23
善 ... 2get する人

悪 ... 3 - 1000 のすべて

3 :名無しさん@3周年:04/03/22 12:28
>>1

それを知ってはいけない。
知ろうとしてはいけない。
無為自然。


4 :名無しさん@3周年:04/03/22 12:45
主観や立場によって違う。歴史的政治的な社会状況にも左右される。

たとえば昔はアメリカに入植してきた白人にとって先住民族は悪だが、
先住民族にとって白人は悪の侵略者そのものだった。

5 :名無しさん@3周年:04/03/22 15:40
主観や状況などに依存して、「善悪」はその意味を変えるというのは、確かにその通りのような
気もする。

では、現在の平均的な日本人にとって、「善悪」とは何を意味し、その根拠はどこに求められる
のだろうか?

6 :名無しさん@3周年:04/03/22 15:54
善悪の根拠となるのは、価値観。
しかしながら、現在の日本では、価値観が多様化しているために、
善悪の判断も多様化している。

真・善・美。
これらは、科学教育からは生まれないんだよ。
モルモットの命と、人間の命と、どちらも同じ生物の命。
しかし、人間の方が遙かに強いから、人間の命の方が尊いという気持ちになってしまう。
弱肉強食を肯定すれば、障害者、高齢者、社会的弱者が差別されるのは当然。

でも、本当にそれでよいのか?という疑問が生じるところから、
善悪の判断の基礎となる価値観が、作られてゆくような気もする。

7 :名無しさん@3周年:04/03/22 16:10
>>6

つまり、本来的には善悪について合意が必ずしも形成されるというわけではないということ、
そこは分かる。

しかし、

> 弱肉強食を肯定すれば、障害者、高齢者、社会的弱者が差別されるのは当然。
> でも、本当にそれでよいのか?という疑問が生じるところから、

それでよいのか?という問いかけの中には既に君自身の善悪の基準がある。

一体そもそものスタート点はどこだ?


8 :6:04/03/22 17:22
>>7 それでよいのか?という問いかけの中には既に君自身の善悪の基準がある。

いや、そういう意味ではないよ。
「それでよいのか?」
この問いは、一般的なものでしょう。
以下のように書き換えてみた。

しかし、そういう判断を下してしまって、本当によいのかと、多くの人々は考えそうだ。
では、なぜそう考えてしまうのか。
そこに、出発点がありそうな気がする。

9 :7:04/03/22 17:36
>>8

了解。

> しかし、そういう判断を下してしまって、本当によいのかと、多くの人々は考えそうだ。
> では、なぜそう考えてしまうのか。
> そこに、出発点がありそうな気がする。

そうだよね。「それでいいのか?」と思う。なぜなんだろう?

意見kibon。

10 :6:04/03/22 18:03
それでいいのか、と考えない人たちもいるでしょう。
むしろ、それが当然と考える人たちです。
両者の違いは、一体どこから来るのでしょう?

日本とは、全く文化が異なる社会で生まれ、成長した人たちの中に、
弱肉強食を肯定する人たちがいるのは、分かります。
しかし、同じ日本で、似たような教育(公教育)を受け、
同じような中流意識の中で育ってきた人たちの間にも、
正反対の意見・・・つまり、弱肉強食でいいのか?と考える人と、
当然じゃないか、当たり前だ、と考える人とがいますよね。

文化の違いで説明することは簡単ですが、どうもそれだけでは無さそうな気がします。

11 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/03/22 20:19
イエスや原始仏教から見ると、善は天であり永遠の命の国にあるものを善であると言える
のです。一方、悪はこの世全て。
 ヨハネの第一「全世界は悪しき者の支配下にあることを、知っている。」
 ブッダ「世間は妄執によって導かれる。世間は妄執によって悩まされる。妄執という
     ひとつのものに、一切のものが従属した。」
     
天では、イエス・キリストが地上で奇跡を起こされたように―盲人は見え、足なえは歩き、
らい病人はきよまり、耳しいは聞こえ ― また、語られたように―財産のある者は、貧
しい人に分けてあげなさい ― そのように困った人、苦しんでいる人、富んでいる者、
貧しい者がいません。この地上でも、そのようになるよう祈ることが、ひとつの善なので
す。

また、地上で困難な境遇の人でも、イエスを信じて耐え忍んで生きれば天国に入る。
     

12 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/03/22 20:24
永遠の命には慈悲があり、どのような人にも慈しみのこころを起こすことも、ひとつの善。

ルカ「いと高き者は、恩を知らぬ者にも悪人にも、なさけ深いからである。あなたがたの
父なる神が慈悲深いように、あなたがたも慈悲深い者となれ。」

ブッダ「あたかも、母が己が独り子を命を賭けても護るように、そのように一切の生きと
し生けるものどもに対しても、無量の慈しみのこころを起こすべし。また全世界に対して
無量の慈しみのこころを起こすべし。上に、下に、また横に、障害なく怨みなく敵意なき
慈しみを行うべし。〜この世では、この状態を崇高な境地と呼ぶ。」

自分の損得、有不利益なく、好む好まない関係なく、一切の生きとし生けるものに無量の
慈しみのこころを起こすことが、この世では崇高な境地であると説かれる。


13 :名無しさん@3周年:04/03/22 22:23
>>12
つまり、宗教においては善悪は何かの根拠から演繹されるものではなく、教義の中で「定義」され
ているものであって、信者はその規定を変更することも、異を唱えることも不可能ということ?

では、教典を持たない非宗教者にとっての善悪はどこから生じているんだと思う?

14 :名無しさん@3周年:04/03/23 11:22
たぶん>>11-12のカミミタという人には、
>>13の文章自体、
意味が分からないに違いない。

だって
「なぜ利己的であってはならないのか?」
「なぜ悪であってはならないのか?」
という問自体、想定されてないからね。

15 :名無しさん@3周年:04/03/23 16:48
>>14
なるほど。信者はそもそも「根拠への問いかけ」を禁じられていると。

しかしそもそものそれぞれの宗教の始祖は、その宗教の信者ではないと言うことができるが、
彼らは何を根拠に様々な基準を規定したんだろう?という問いもわいてくるな。彼らはベースの
宗教を持っていないという点で、我々日本人と立場は同じだ。

16 :6:04/03/23 20:01
>>15
例えばキリストは、キリスト教の開祖ではありませんが、
ベースとなる宗教は、ユダヤ教でした。
マホメットは、旧約聖書をベースにしていました。
つまり、宗教の開祖といえども、元をただせばただの市井の人。
その「ただの市井の人」が、どのような根拠でその教義を確立したか、ということでしょうかね。

私思うに、家庭教育だと思います。
「人に迷惑をかけてはいけない」「ご先祖様が見ている」等々、
意外と、善悪の判断の根拠となりそうなすり込みが、なされているように思いますよ。
これは、およそほとんどの人間に対して、なされているすり込みでは無いですかね。

17 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/03/23 21:09
宗教においては、永遠の命にあるものが善なのです。そして、その善を受け入れ、永遠の
命に至る。その教えを、全く別のものに変更することは、受け入れることにはならない。
永遠の命を受けようとすれば、真理に異を唱えることは、我々にはできない。悪だから善
を学ばなければいけないのです。利己的な思いでいるならば、死後永遠の命を受けること
はできないでしょう。

永遠の命を受けるには、地上で哀れみの奇跡を起こされたイエス・キリストを主であると
告白するとともに敬することです。その上で、人々のあやまちをゆるすなどの教典を持た
ない人々も行っている善を行うことです。現実に起こった人のあやまちをゆるすことも、
永遠の命にあるものなのです。

18 :名無しさん@3周年:04/03/30 01:46
善悪の基準は地域、時代で多種多様ですが、
その根本原理は同じです。
すなわち、人間を幸せにする行動は善であり、
不幸にする行動は悪ということです。
各種の行動に善悪を定義し、
それを絶対的なものとして従っていくのが
宗教なのです。

19 :名無しさん@3周年:04/03/30 10:47
>>18
> 善悪の基準は地域、時代で多種多様ですが、
> その根本原理は同じです。
> すなわち、人間を幸せにする行動は善であり、
> 不幸にする行動は悪ということです。

「人間を」というけど、自分の人間だとすれば、自分だけをひたすら幸せにしようとするエゴイズムも
善になり、それは多分一般的観念とは異なるよね。

オレの予想では、利己主義=悪、利他主義=善みたいなものなのかな、と思う。

> 各種の行動に善悪を定義し、
> それを絶対的なものとして従っていくのが
> 宗教なのです。

上のような単純な原理であれば、なぜわざわざそれを絶対的なものとしたり、抑圧により強制し
たりする必要が生じるんだろうか?

20 :名無しさん@3周年:04/03/30 10:48
訂正!

×:自分の人間だとすれば
○:自分も人間だとすれば

ゴメーン。

21 :名無しさん@3周年:04/04/03 20:16
人間は誰でも大なり小なり利己的・自己中心的だし主観的でもある。
客観的に大きな視点から他人を思いやることなんて芸当は、人間が
完全にやるのは不可能なのかもしれない。

22 :名無しさん@3周年:04/04/03 21:01
オウム=善

23 :名無しさん@3周年:04/04/03 21:10
そんなややこしいことかんがえなくても、

人殺しは悪である

これだけは確定。これには理由は必要ない。


24 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/04/03 22:05
人はやがて死ぬ。永遠の命にあるものを受け入れる者は、永遠の命に入れる。死は絶対的
なものであり、天にあるものをまことの言葉として生前に受け入れておくこと。

「求める者には与え、借りようとする者を断るな。」イエス 
「人々は『わがものである』と執着した物のために悲しむ」ブッダ

  天には、自分の所有物に対する執着がありません。誰かが、自分の所有物を借りようと
  するなら、返してもらおうとせず貸すのが善なのです。求める者に与えてあげること、
  それもひとつの善となるのです。
  
「この世でもの惜しみし、吝嗇で、乞う者を罵り退け、他人が与えようとするのを妨げる人
々、―かれらは、地獄、畜生の胎内、閻魔(ヤマ)の世界に生まれる。」ブッダ  

25 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/04/03 22:07
「何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。」イエス

 天には、この世のものを望むこころはありません。ブッダのように、一切の所有物を
 捨て去ることが善なのです。
 しかし、人間には生きていく上で必要な物があるでしょう。だからといって、この世
 の豊かさを追い求めて働くこころは悪なのです。
 また、天では全ての人々が平等です。自分の望みのため、人々からしてほしいことを
 命令するだけの者は罪なのです。
 
人々から利益を得たい者は、まず人々に利益を与えることをすること。ならばゆるされ
るのです。しかし、それはこころの問題であって、なぜなら天にはこころしか入れない
からです。世間に利益を与えるつもりで働く者は、善なるこころを抱いている者といえ
るでしょう。
 

26 :カミミタ ◆y7MWjAcJGA :04/04/03 22:08
しかし、世間に利益を与えるつもりで働く者が永遠の命に至るというのではありません。
それで得た収入があるなら、それで自分のこの世の望みをも果たそうとするでしょう。
この世の望みを果たそうとすることに、悪なる思いが生じているのです。なぜなら、天
にはこの世の望みを果たそうとするこころがないからです。
また、自分の生活に必要なものがどうしてもいるため、金銭を欲して働く人も救われま
す。

イエス・キリストが天を現され、その方をあがなうことで救われるのです。しかし、御
言を受け入れず、ただ、自分の贅沢のため金銭を愛し、自分の贅沢のため人々に自分の
欲求を言いつける者は、裁きのためにこの世に再び生まれるとされます。

苦労をし、その苦労に見合った喜びを得るなら、裁きはないでしょう。苦労もせず、た
だ贅沢と楽しみだけで生きている人は、裁かれるのです。
「喜び生じれば、悩みが生じる」ブッダ 

27 :名無しさん@3周年:04/04/25 23:35
アダムが堕落したのは人が存在するためであり、
人が存在するのは喜びを得るためである。

28 :名無しさん@3周年:04/04/25 23:49
それは、全ての事物には反対のものがなければならないからである。
もし、事物に反対のものがなければ、義は生じ得ないし、
邪悪も、聖さも惨めな状態も、善も悪も生じ得ない。
そうすると、すべての事物は混じり合って1つとならざるを得ない。
したがって、事物が一体となるならば、生も死も、朽ちる状態も
朽ちない状態もなく、幸不幸も、意識も無意識もなく、
死んだ状態で続かなければならない・・・

29 :妖輝緋 ◆Tyn2tfw0AU :04/04/25 23:53
自他共に長期的に苦しみを最小化することに努め且つ継続させる行為

30 :名無しさん@3周年:04/04/25 23:57
>>1
ちょっと待て、今イチジクの葉で股間を隠しているところだ・・・

31 :名無しさん@3周年:04/04/26 00:10
人間が作った概念

32 :名無しさん@3周年:04/04/26 10:54
そうすると、すべての事物は無用に造られたということになり、
したがって創造には何も目的がなかったことになる。
そのため、この一体となった事物は神の知恵とその永遠の目的、
また神の力と憐れみと公正を滅ぼしてしまうに違いない。

33 :名無しさん@3周年:04/04/26 15:18
神が居ないと考えればいいじゃん

34 :名無しさん@3周年:04/05/04 14:25
もし律法がないというならば、罪もないと言わなければならない。
もし罪がないと言うならば、義もないと言わなければならない。
そして、もし義がなかれば、幸福はない。
そして義も幸福もなければ、罰も不幸もない。
そして、これらのものがなければ神は存在しない。

神が存在しなければ、わたしたちは存在せず、大地もない。
なぜならば、作用するものも作用されるものもなく、
事物の創造はあり得なかったからである。
そこで、全ての事物は消えうせていたに違いない。


35 :名無しさん@3周年:04/06/05 19:50 ID:iJFvDzhE
http://www1.ttcn.ne.jp/~aatok2-h/takamori.htm
敬天愛人

36 :名無しさん@3周年:04/07/18 01:23 ID:z2xDWHgW
善悪をはっきりさせないと、物事が一体化してしまう

37 :名無しさん@3周年:04/07/18 12:20 ID:DLFrRBnJ
>>34
無は相転移して有になるぞ

38 :讃歌:04/07/19 07:04 ID:/mSCe94s
ひとの衰退だとか、教育の、悪いとこが出てる場ですね。

善ってのは・・・そら善のことでしょ?
こんな分かりきったことをわざわざ、考えるの自体既にどつぼに、嵌っちゃってる気がするや。
あえていったら世界のバランス、整えるってのが善になるかな。
こおいったもただの言葉、ただの情報みたいに、なっちゃうんだろけど。

39 :名無しさん@3周年:04/07/27 13:53 ID:xJ47VElD
18さん、19さんは、単純で深いことを言っていると思うな〜。
何が人間にとって幸福で、何が不幸であるかという感受性は大切だと思う。

人間にとって=自分にとってなのかを考えてみると、そうそう人によって違う
と言うことも無いと思う。(たまには矛盾に苦しむこともあって、優先順位
と言うものをつけたりすることもあるけどね。)

自分にとって、何が大切なのかを考えられない人は、他人にとっての幸福にも
思い至らないと思います。
大いに泣いて、大いに笑って、自分の感受性を大切にしよう。

40 :Wise :04/07/27 16:01 ID:mRBA6YJe

>>38
哲学する脳みそがないのね。あなた。

善の概念は、その時代と環境に左右される。
個人と集団によっても変化し、定められた形はなく
ニーズの方向性によって流動的に形を変えていくものである。
これは、悪でも同じ。
って、これは半分、偉い人の言葉の受け売り。
でもこれが正解だろう。
あまりにも抽象的だけどね。


41 :名無しさん@3周年:04/07/27 16:50 ID:Qb0MPCiL
>>38
世界のバランスを整えるために人口を減らすとか
環境問題改善のためには人間を抹殺するのが一番だとか、まあそういう見方は現実的なんだろうけど
それはさすがにオウムのヴァジラヤーナみたいになってしまうから
じゃあそれでどうしようかというのが出発点なんだと思う。

42 :名無しさん@3周年:04/07/30 18:29 ID:x00N6cCv

人間が判断し名付けなければ善も悪も存在しない!

43 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:17 ID:L6k0tCCj
根本的な善悪の判断は、どこの民族でもどこの国でも変わらないと思うけど。
自分の親兄弟を殺すのは、どうあがいても善にはなり得ない。
でも自分の生命を守るために相手を殺してしまったら、これは悪では無い。
…これはどこの国でもアリだろうと思うのだが。

44 :名無しさん@3周年:04/07/30 21:18 ID:FkquEMcd
WISE=くろしろ(

しょうめいされました

45 :Wise :04/07/30 22:56 ID:y38id79w

>>43
社会で生きていくにはその感覚は大切。
ただ、物事を考えるときにはもう少し、常識の枠も超えて考えたほうが楽しいですよ。
たとえば、
ワールドトレードセンターのテロ。
もし、ジェット機がビルに突っ込むことを知っていて、手元に確実に命中する地対空ミサイルを
持っていたとする。
ジェット機を落とせば、200〜300人は死ぬが、数千人は助かる。
しかし、落とせば自分はとてつもない犯罪者。
これは、極端な例だが、正義なんて言葉が何の効力も持たない選択が迫られることが
人の歴史の中では、数え切れないほどあったと思う。
適当な言い分があれば、正義は成り立つ状況もあれば、
どっちに転んでも世間から悪といわれることもある。
個人の基準の善悪と社会の善悪を共通に華南が得ることは難しいな。


46 :名無しさん@3周年:04/07/31 01:55 ID:II7KN6Tx
意識の問題だな。
まっ、色々学んだり体験したりは
大切だよね。

47 :Wise :04/07/31 02:22 ID:IFEe02TF

反応が遅れたが「くろしろ」ってだれ?

>>46
そうなんだよ。
ただ、そうなると、善と悪の固定された考え方などありえなくなってしまうね。


48 :名無しさん@3周年:04/07/31 05:49 ID:LV5ze7XG
>>45
確かに善悪の判断が曖昧になる事象も存在するかもしれないけどね。
ただ、この例では、漏れ自信の考えでは、立場にもよるが、上司から命令されたのなら、
善であると思うし、個人でミサイルを撃てる環境にあって(ありえねーw)、それで撃つ
なら悪だと思う。
個人的には、何百人の人の命のために、罪の無い一人の人の命を奪うってのは、悪だ。
これも状況によって千差万別だが。

49 :名無しさん@3周年:04/07/31 12:24 ID:Pv7uj15J
>>47
くろしろ
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1089894993/l50

50 :名無しさん@3周年:04/07/31 12:33 ID:xKdig7eU
善悪とはただの固定観念が作り出したもの
視点(観念)が変われば、いくらでも変化する
つまり、あなたが何かを善と決めれば、相対的にそうでないものは悪となる
コインのどちらかを表ときめれば、その裏側は必然的に裏になる
善と悪は不可分の1つである


51 :田中三郎:04/07/31 12:36 ID:DifRw9l2
究極の善は何も無い事。究極の悪も無い事。

52 :Wise :04/07/31 13:14 ID:IFEe02TF

>>48
まぁ個人で飛行機落とせるミサイル持ってる時点で悪である気がする。笑
それはともかく、
1人を犠牲にして、大勢を助けるのは「悪」?
俺はそうとは思わない。
俺の言った例は極端だけど、もしあのテロに八キロとした犯行声明が出ていて
戦闘機が旅客機に追いついていたら、俺の例と大して変わらない状況になると思う。
そして、それは、200人を撃墜することをためらって数千人を犠牲にするか?
200人を犠牲にして数千人を救うかの選択を迫られる。
そして、ためらったせいで全員が死ぬ。
これは、間抜けすぎる。


53 :名無しさん@3周年:04/07/31 15:14 ID:v+2NpQSx
>>52
善悪に絶対的基準はないとする立場でも、
「最大多数の最大幸福」というような基準を置く立場でも、
行動の結果が確実に予測できる場合は、異なる判断にはならない。
これは、逆に言えば、個々のケースについては、絶対的な善悪が
存在することを意味している。

問題は、結果が予測できないことが多いと言うこと。
予測する知恵がない場合もあるが、誰にも予測できない場合もある。

善悪の判断は、この結果の予測性に依存している。
予測できないから、まさに信じるわけだ。

54 :ネットサーファー@~の國:04/07/31 15:30 ID:EQgUNOJY
>>53
悪:国家神道
善:国家神道を非難し、神の声を真摯に求めるあらゆる行い。

55 :名無しさん@3周年:04/07/31 20:26 ID:wW8eQrlJ
善とは、心の平穏であり、健康であり、調和であり、平和に暮らすことである。
悪とは、心の乱れであり、病であり、不調和であり、戦乱を起こすことである。

56 :名無しさん@3周年:04/07/31 21:46 ID:DifRw9l2
>>55ならば人間は悪より逃れることはできないな。祈ることしかできないわけだ。

57 :田中三郎:04/07/31 21:51 ID:DifRw9l2
善悪とは表裏一体であり、その選択を迫られるもの。その心は天界より落ちし者の言葉なり。天界より落ちし者の心まで真似をすることなかれ。

58 :名無しさん@3周年:04/08/01 06:40 ID:2y5ojxxf
>>52
真摯なレスありがとう。
漏れは、一人の人の犠牲で大勢が助かる事象には、やはり二つの立場によって違う
考えを持つ。
一つは、自分が犠牲になって、大勢の人を助けようとする行為。
これは誰が何と言おうと善以外にありえない。
もう一つは、自分以外の誰かを犠牲にさせて、大勢の人を助けようとする行為。
これは、それを行う人の立場では、悪だと思うし、第3者的な立場では、結果的に
善となり得ると思う。
こうして考えると、善と悪の判断の基準は、個人単位と団体の単位で、解釈がかなり
違ってくると思う。
団体で考えれば善なことや悪なことが、個人単位では逆の価値観になってしまうのだ。


59 :名無しさん@3周年:04/08/01 07:17 ID:la9cJjP9
>>56
善悪を知るには、善悪の中で生きてみないと分らないだろう。
そこで知識や経験を積むことで、善に向って生きていくことはできる。


60 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:40 ID:6EQBwqRS
>>53

いわゆる「功利主義」だよね。
功利主義は、必ず少数を犠牲にして多数の利益を追求することになる。
高齢社会になれば、多数の高齢者を養う負担が、少数の働き手にのしかかる
ことになる。選挙権は高齢者も若者も同じだから、これをひっくり返すのは
難しい。しかし、百年後を考えたら、本当にそれが「最大多数の最大幸福」
につながるとは到底思えない。

「功利主義」の行く末は、エゴとエゴのぶつかりあい、そして多数決原理に
よる少数の切捨てだ。いわゆる衆愚政治だ。

61 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:43 ID:KJClZ2yH
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1084280716/l100→こちらへどうぞ。

62 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:57 ID:8ulyP3Rs
>>60
俺も功利主義的な倫理観は好きじゃないんだが、
民主主義国家に生きてるからな。

それに、最近の功利主義は、調べてみると 分るけど、カントに考えが近くなっている。
善悪の普遍性を重要視している。
善悪の相対性だけ見て、普遍性を考えなくなってる人には、薬になる(笑

63 :62:04/08/02 22:13 ID:8ulyP3Rs
>>60
ヘアやピーター・シンガーの倫理観は、
宗教的な倫理観と、民主主義的な妥協によるコンセンサスの倫理観の
中間的な存在になっている。
自分の宗教だけが正しいと思っているのでなければ、知っておいて損はないよ。

64 :60:04/08/02 23:05 ID:6EQBwqRS
しかし、市場原理には倫理などないでしょう。
あるのは弱肉強食の原理だけで。
企業倫理というのだって、企業イメージアップとか、アクドイことやって会社を
潰すのは馬鹿らしいという「功利主義」を一歩も出てないと思うが。

資本主義に依存する限り、ベンタム流の「功利主義」は変わんないと思うよ。
あるいは、「下半身」(経済活動)と「上半身」(倫理性)は別行動という
偽善的な構図になるだけなんじゃない?

65 :60:04/08/02 23:12 ID:6EQBwqRS
身近なところで、貧者救済の寄付金を上げてみると、弱肉強食ルール
で勝った者が、その一部を敗者に還元するというのは、一種の偽善だ。
「弱肉強食だ、文句あっか」とビジネスしておいて、いかにも弱者の
ことを考えているかのようにふるまう。実際には、その寄付金は、
税金対策だったり、社会的な名誉のためだったり、貧者が革命という
手段に訴えることがないようにする保険だったりするわけだ。

結局、「弱肉強食」ゲームを続行するために、「弱肉強食」でない
かのようにあざむいているだけ。マージャンで、ハコテンが続出して
「もうやめよう」という気分になっている時に、「まあ、1万点ずつ
チャラにしてやるから、もう一局やろうぜ」と言っているようなもの。
羊の皮を被った狼ってところだ。

資本主義には倫理などない、ときっぱり言い切れる。

66 :名無しさん@3周年:04/08/02 23:17 ID:dFB8gfiM
仏教との漏れとしては”善悪”よりも”因果”の方が重要でつ。


67 :62:04/08/02 23:36 ID:8ulyP3Rs
>>64
そうですね。
下半身が、上半身を決定するという構造からすると、
下半身の構造が変わらないとダメということでしょうね。

そういう意味では、今の日本は過渡期にありますね。
大きな政府か、小さな政府かで、ヨーロッパ的社会民主主義を
目指すか、アメリカ的弱肉強食を目指すか。
終身雇用制が壊れて、先行きが不安になった労働者と、
グローバルスタンダードで勝ち組に残った資本家が、
上半身を決定するのかな。

68 :60:04/08/03 09:04 ID:WyG6CeVf
世界中の国が、争って弱肉強食ゲームに明け暮れているのは、資源や食料が
相対的に不足していて、勝たねば滅亡すると信じているからだと思います。
飢えている状態で、表向きは「皆で食料を公平に分けましょう」と言いつつ、
闇市で金持ちだけが食料を調達できる、というのが今の世情です。問題は、
飢えそのものにあります。もちろん、飢えが解決しても、まだまだ下半身が
暴走する可能性は残されていますが...。

実際に問題を解決できるのは、テクノロジーなんです。テクノロジーだけが、
パイの大きさを変えることができる。ところが、テクノロジーそのものには
値段はない。あるのは、特許料とか、テクノロジーを応用した商品の値段です。
純粋にテクノロジーを土台にして上半身を乗っけるならば、弱肉強食にはならん
と思います。青色ダイオードの特許料の問題がありましたが、戦後の日本は
テクノロジーを空気か水のように買い叩き、発明者以外の人が潤ってきたのです。

アメリカ流のシステムがすぐれているのは、潤った人々がリスクを覚悟で、
新しいテクノロジーの開発に協力しているというところです。その貢献は
回りまわって地球全体の利益につながるでしょう。

政治の問題は、所詮は下半身の処遇を「みっともない程度に律する」という
程度のことで、弱肉強食の是正には結びつきません。

69 :60:04/08/03 09:23 ID:WyG6CeVf
>終身雇用制が壊れて、先行きが不安になった労働者

日本の場合、敗戦という緊急事態に対応するため、また「欲しがりま
せん、勝つまでは」の時代に舞い戻ってしまったのが終身雇用制
だったと思います。終身雇用制の崩壊は、経済的な不安もさること
ながら、「自分の人生の意義」の崩壊をもたらしました。

定年退職した途端にボケる人が多いのは、会社を通じてしか自分の
存在価値を持てないからでしょう。それが、最近ではまだまだこれから
という時に突然起きる。

片や、昔のような裸一貫からの立身出世の道もない。資本主義の原則は
利息のマジックで、持つ者がさらに持つようになるシステムです。勝者
と敗者の格差はどんどん広がっていく。人生80年の時代に、若干30
にして大部分が「負け組」のレッテルを貼られる。彼らは、もう競争なんて
御免だと心で叫んでいる。それを勝ち組が「そんなことでは日本は生き残れ
ない」と脅し、1万点くらいの棒引きをしてでも、無理にマージャンゲーム
を続けさせようとする。

それなのに、下半身を牛耳っている勝ち組は、自ら何のテクノロジーを
生み出すことなく、弱者を相手に優越感の中でゲームを楽しんでいる。

70 :名無しさん@3周年:04/08/03 09:26 ID:k9ZExxwZ
sage

71 :名無しさん@3周年:04/08/04 00:40 ID:otH2fWyf
話を善悪に戻そ。

72 :名無しさん@3周年:04/08/04 21:50 ID:USD565y0

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

47 :Wise  :04/07/31 02:22 ID:IFEe02TF

反応が遅れたが「くろしろ」ってだれ?


ーーーーーーーーーーーーー−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

465 :くろしろ ◆JAkgmm2k0w :04/08/02 00:40 ID:M+F17w3O
>>464
はぁん?お前なにぶっこきたてまつりやがってんの?
思い上がり?
はぁん?もういっぺんいってみ?
ん〜〜?おお?



466 :Wise  :04/08/02 00:43 ID:dwAPP1cD

えっと・・・。
前、そんなキャラだったっけ?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−




73 :名無しさん@3周年:04/08/24 23:10 ID:FQ8sdIZ4
あげ

人権宣言ってなんだ。 (これが善だ !)
国連憲章ってなんだ。 (これが善だ !)
ユネスコの教育の定義ってなんだ。 (これが生きる意味だ !)

存在(To be)と所有(To have)は反比例するそうです。

74 :&lro;:04/10/15 01:18:20 ID:MnZDUwpa
 ‌‌

75 :名無しさん@3周年:04/10/17 20:35:28 ID:4bHYnWwc
天使か悪魔か・・・

76 :原゜野:04/10/22 21:50:45 ID:7+zceOwW
お彼岸の道具。カントもいいけどルサンチマンには超人を。     

77 :ネットサーファー@出雲:04/10/22 21:51:59 ID:Ff5e+tOI
脳梅毒の意見を聞いてどうするんだよ。

78 :名無しさん@3周年:04/10/22 21:59:35 ID:mrdC5Drg


79 :名無しさん@3周年:04/10/23 02:58:49 ID:vPnNqF7w
光と闇
昼と夜
善と悪

80 :名無しさん@3周年:04/10/23 04:20:03 ID:XELvXfhO
したことに後悔すれば、悪
したことに納得すれば、善

81 :岡野忠夫:04/10/23 06:57:19 ID:NWcJcBav
http://art.cside4.jp/yuigonn

82 :武庫川女子大学総長:04/10/23 07:33:49 ID:PcnWbWhc
光一元、愛一元、善一元。これが宇宙法則の基本。

善悪を、やたらに立て分けるものではないと考えたい。
ただ、処を得ているかいないか、「善用」するか「悪用」するか。
そういう違いならあろうかとは思う。
「中庸」「中道」の考え方もあろうが、悪く捉えようと思えば「中途半端」「優柔不断」と捉えることだってできる。

砒素という物質を例にとってみると、砒素自体も天の被造物なので存在悪だのということはありえないし、シリコン半導体に少量の砒素が混じっていることで半導体の性能は格段に上がる。
ところが同じ砒素でも、カレーの中に少量でも混入されていたらどうなったろう?
それがためにおおぜいの子供が殺された事件が和歌山であったではないか。

処を得ているならば「善」、得ていない場合ならば「悪」と、ここでは定義してみようか。

83 :名無しさん:04/11/07 22:12:18 ID:qT79ReXJ
一つには不殺生(ふせっしょう) 六つには不悪口(ふあっく)
二つには不偸盗(ふちゅうとう) 七つには不両舌(ふりょうぜつ)
三つには不邪淫(ふじゃいん) 八つには不慳貪(ふけんどん)
四つには不妄語(ふもうご) 九つには不瞋恚(ふしんに)
五つには不綺語(ふきご) 十には不邪見(じゃけん)

84 :名無しさん@3周年:04/11/27 23:31:46 ID:ZKRcv54c
善について

公正 (不正でない)。
自分と全体にとって、有益となる。

85 :名無しさん@3周年:04/11/27 23:35:44 ID:GxQ1pOTX
善悪とは、現実の問題を解決するための作業仮説です。

86 :名無しさん@3周年:04/11/28 07:43:18 ID:px7E6zd5
悪とはウンコです 善とは黄金です


87 :名無しさん@3周年:04/11/29 03:31:57 ID:NEXVH7g6
善ってのは自分が納得・妥協できるもの。
悪ってのは自分がどうしても納得・妥協できないもの。

88 :名無しさん@3周年:04/12/09 03:43:31 ID:ggKc+hvi
善の概念は、その時代と環境に左右される。
個人と集団によっても変化し、定められた形はなく
ニーズの方向性によって流動的に形を変えていくものである。
これは、悪でも同じ。

89 :名無しさん@3周年:04/12/09 05:26:32 ID:yXgtVDGt
自分の中にはちゃんと両方ともある。
片方しか無い人がいたら、怪しいと思う。

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)