5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

道を学ぶスレ

1 ::04/05/29 08:20 ID:AINtbcN0
文字通りです。宗教で納得逝かなかった人はどうぞ

2 ::04/05/29 08:29 ID:AINtbcN0
もちろん、宗教をやっていない人でも歓迎致します。



3 :名無しさん@3周年:04/05/30 09:29 ID:uC1D9JAS
age

4 ::04/06/03 08:52 ID:z/BKZBOh
節に中る

5 :1:04/06/03 09:07 ID:z/BKZBOh
学ぶには四書五経からはじめるといいそうです。四書五経の中でも『論語』から
始めるといいそうです。和訳でもいい。

6 :名無しさん@3周年:04/06/03 11:03 ID:iDwsytf+
せつ(ふし?)にあたるって何だっけ?


7 :1:04/06/04 17:41 ID:t4OZ9jXm
「せつにあたる」とよみます。
『中庸』にある言葉です。教えは如何なる状況でもピタッと当たる。
そのことをいいます。


8 :名無しさん@3周年:04/06/04 20:12 ID:lQMB+gMX
中哲の教えってのは、気の感覚というか気の体感が無いとわからない。
中哲の学者はそれを取り除いて紹介しているため、非常にわかりにくくなっている。
というようなことを聞きましたが、どうですか?


9 :いといと小さき者の僕 ◆pRPne708QI :04/06/04 20:52 ID:isSnqgkJ
道の道とすべきは、常の道にあらず。

10 :名無しさん@3周年:04/06/04 20:54 ID:c5ZcWs32
http://kinjo.road.jp/

11 ::04/06/04 21:00 ID:UPfgGJRm
>>8
ごめんなさい。それは知りません。
>>9
老荘思想ですね

12 :名無しさん@3周年:04/06/04 22:17 ID:lQMB+gMX
>9
いつも同じ道を歩いてはいけない。常識とは違う道を歩きなさい。
ということです。


13 ::04/06/04 22:22 ID:AUcEwGEG
>>8
ちょっと調べてみたら、中国哲学とありましたが、これですか?

14 :名無しさん@3周年:04/06/04 22:53 ID:lQMB+gMX
西哲にたいする、ちゅうてつです。印哲は仏教ですね。



15 ::04/06/05 10:36 ID:G0s4D2HN
>>14
いまのところ思ったことを言うと、気を意識していますね。
ある本で見つけた孔子の言葉を借りると

「尋常の機微を察する、全ては変化すると承知している、目に見えない事も察知する、
気の本質をつかんでいる。これなら成人だ。成人がさらに仁義を行い、礼楽を知れば、
成人の先進といっていい」


16 ::04/06/05 10:51 ID:G0s4D2HN
訂正。

尋常ではなく人情でした。

17 ::04/06/05 20:15 ID:puC7FhEy
実践タオイズム研究
老荘思想<入門篇>

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Tachibana/8318/


18 ::04/06/05 20:41 ID:puC7FhEy
>>1-2のつづき
初心者も歓迎します。


19 : :04/06/08 11:37 ID:/K9B9F84
age

20 :1:04/06/08 23:32 ID:iDQa1VhX
次は論語について語ってみましょう。

21 :名無しさん@3周年:04/06/09 12:31 ID:U+F0Oc4N
師曰く....


22 :名無しさん@3周年:04/06/09 12:53 ID:IJchvEOk
真っ直ぐは曲がっている。右がなければ左はない。
両極を廃する事が実は両極を手に入れる事になる。
「止揚」と「道」の本質は同じだと思うのですが…どうよ?

23 :名無しさん@3周年:04/06/10 12:59 ID:OJVOcRd6
>22
同じなら違う。違うから同じ。

今も昔も中国人はええ加減。


24 ::04/06/29 12:12 ID:PtEfaLRu
過ぎたるは猶及ばざるがごとし

25 ::04/06/30 23:55 ID:44FVkmID
つよい者がいない。つよい者がいない。

26 ::04/07/02 13:18 ID:O5dIq45s
>>22
私の考えでは「道」とは違うと思います。
「道」とは一種の平常心で、あなたが何もしていない、リラックスしている。
試み出されるものが何もなく、ただそこにいる。誤解のないように言うと、
特別気持ちいいわけでもありません。何もない状態。何も考えずにじっとしている。
それが道です。

「止揚」は進歩向上のことでしょう。我々はよりよく発展しようとしています。
悪いものがなくなって、使えるものが残って、次に活用されるのは当然です。
そうしないと良くなりません。いまやっていることがどれほど良いことなのか、
あとでわかるのです。その時に解るほどオールマイティーな人はまずいないので、
解らないことをあまり疎ましく思わないことです。

27 :1:04/07/04 11:58 ID:6o04AVM+
古典は教訓に満ちている。

28 ::04/07/04 12:16 ID:6o04AVM+
送らず迎えず

29 ::04/07/04 12:17 ID:6o04AVM+
終日乾乾、夕べにてき若

「てき」はりっしんべんに易です。

30 :名無しさん@3周年:04/07/13 00:30 ID:F07DSQXA
一体なんのスレなんでつか

31 :名無しさん@3周年:04/07/13 00:32 ID:F07DSQXA
道ってなんでつか

32 :名無しさん@3周年:04/07/21 14:24 ID:Eiyi2f8G
>>26
「何も考えずただじっとしている」のは「道」ではないと私は思います。
なぜならばその対として「何かを考え動き回る」があるからです。
その両極からも離れたところに「道」はある、と私は思います。
「無為」とは「ない」、ということも「ない」のですから。
また「止揚」が能動的な意志を伴うとは限りません。
その証拠に、「自然」は常に「止揚」しています。
また、逆説的に、心が自然と能動的に動こうとするならば、それも
「道」である、と私は思います。

33 :名無しさん@3周年:04/09/09 05:11 ID:rqgfN7K/
道の駅って、心が休まりますね

わたしは旅人なんです

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)