5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★☆この世に宗教はいらない<3/100>☆★☆

1 :名無しさん@3周年:04/06/04 19:05 ID:iEExlHjM
宗教は政治に利用されやすい。
例えばブッシュが最近イスラエルよりの発言を繰り返しているのは、
大統領選挙を睨んでのもの。(米国国内のユダヤ教信者(ユダヤ人)はかなりの数)

宗教は人の生きる目的を教え、死ぬことへの恐怖心をやわらげてくれもする。
しかしこれを狂信する者は、時に反社会的行動に走ったりする。
ジハード(聖戦)などと訳のわからないことをいって、ビルに飛行機ごと
つっこんだり、自らの体に爆弾をつけて人ごみで爆発したり、地下鉄で
サリンを撒いたり、自分たちを否定するものを平気で抹殺しようとする。

そんな狂気に走った人たちが核のボタンを握ったらこの世はどうなって
しまうだろうか?考えただけでもぞっとする。

【前スレまでの意見(宗教が平和の妨げとなる理由)】
@信仰の盲目性
自らの考えを滅してでもその教えに従おうとする。事の善し悪しまでも
自らの判断では区別出来なくなってしまう。

A他の宗教を完全否定
他の宗教は部分的にも認めない。認めないどころか平気で邪な教えと蔑む。

Bあたかも死後の世界を保証するかのような甘い言葉
平気で自爆テロを行うその裏には死んだ後楽しい世界があるという教えを
鵜呑みしていることが大きく影響しているように思われる。

2 :名無しさん@3周年:04/06/04 19:13 ID:muVe9eir
【人間が平和の妨げとなる理由】
@人間の盲目性
自らの考えを滅してでも人の教えに従おうとする。事の善し悪しまでも
自らの判断では区別出来なくなってしまう。

A他の人の考えを完全否定
他の人は部分的にも認めない。認めないどころか平気で間違いであると蔑む。

Bあたかも死後の世界があるかのように、空想する
平気で自爆テロを行うその裏には死んだ後楽しい世界があるという教えを
鵜呑みしていることが大きく影響しているように思われる。

人間って、やーね(w

3 :タコ:04/06/04 19:21 ID:BjJiG0+W
でも、宗教は人の心救うことができるからな。

4 :名無しさん@3周年:04/06/07 10:07 ID:oY1wdZe+
人の心救うって何だ。
「ごまかす」だけじゃないの?

5 :名無しさん@3周年:04/06/07 10:12 ID:KShnyJOK
>>4
自分の言葉が他人をどれほど傷付けてるか理解出来ない香具師の
典型的発言。

6 :名無しさん@3周年:04/06/07 10:17 ID:oY1wdZe+
>>2
全部、受け取る側のせい?
そもそも宗教がなければそんなことにならないでしょ。
特にBなどは宗教が生んだ妄想。

7 :名無しさん@3周年:04/06/07 10:23 ID:oY1wdZe+
>>5
オマエの言葉の方がよっぽど...略)

それに宗教が「人の心を救う」などということ自体が一部の者の「妄想」
であり厚かましい宗教の「押し付け」だろ。


8 :名無しさん@3周年:04/06/07 10:28 ID:KShnyJOK
>>7
護摩化すとか妄想だとか、
厚かましく押しつけてるのはそっち。

9 :名無しさん@3周年:04/06/07 10:44 ID:kYPlzmtg
おれは誰にも押し付けてなんかしていないよ。
自分の考えをここで述べてるまでのこと。
宗教は「信者」という特定の者たちに「押し付けてる」だろ。




10 :名無しさん@3周年:04/06/07 11:38 ID:kYPlzmtg
【宗教犯罪アラカルト】
殺人・殺人未遂
誘拐
監禁
傷害
脱税
私文書偽造

11 :名無しさん@3周年:04/06/07 11:44 ID:yy8ifW+O
ナイーブな正真正銘の厨房 >>1

12 :名無しさん@3周年:04/06/07 12:04 ID:9MHQ1MTG
日本人のほとんどは、

宗教をやってるなんて恥ずかしくて言えない

13 :名無しさん@3周年:04/06/07 13:08 ID:tnOtKRCr
午後12時48分の奇跡
軽快な目しょうの音
必ずぴったりその時間になると毎日ではないけど聴こえる 離れている場所だけ俺の部屋特に祖母の部屋 人によって聞こえ方などが少しちがう
鳴っている場所からはなれてそこにくればだれにでも聴こえる


14 :名無しさん@3周年:04/06/07 15:19 ID:kYPlzmtg
【あたかも死後の世界を保証するかのような甘い言葉】

これも平和を妨げている大きな要因と思われる。
自爆テロを行う者たちは、死んだ後楽しい世界があるという教えを鵜呑みし
信じきっている。事実、自爆テロの実行犯は、犯行前に自分の体(陰部)に
香水をふりかけているとのことだ。死後の世界できれいな女の人にかこまれ
て暮らせると本気で信じているのだ。本当に哀れなことである。


15 :名無しさん@3周年:04/06/07 23:06 ID:P3RY3ond
日本でもいつ起きてもおかしくないな > 自爆テロ
実際アルカイーダの関係者も潜伏してるって言うし。

16 :ウエノ:04/06/08 03:22 ID:EAgs0FcH
我は一切衆生の最低なり

17 :名無しさん@3周年:04/06/08 12:58 ID:ZJa1AHVK
馬鹿は死ななきゃ直らない。
宗教馬鹿は死んでも直らない。

18 :名無しさん@3周年:04/06/08 15:06 ID:ZJa1AHVK
【他の宗教を完全否定】
他の宗教は部分的にも認めない。認めないどころか平気で邪な教えと蔑む。

これも宗教の悪しき伝統。少しはお互いに認め合う部分があっても良いと思うのだが。
商売仇をほめる商売人はいないということか?


19 :名無しさん@3周年:04/06/08 15:43 ID:iC/0t0p9
>>18
商売敵でも、自分が儲かるのなら平気で仲良くなれる。宗教にはそれが出来
ない。即ち、金での解決が不可能なのが、宗教の最大の問題。

20 :名無しさん@3周年:04/06/08 16:53 ID:Nfq74MLt
陀羅尼恩です

21 :名無しさん@3周年:04/06/08 17:03 ID:Ogf3juNo
【信仰の盲目性】
自らの考えを滅してでもその教えに従おうとする。事の善し悪しまでも
自らの判断では区別出来なくなってしまう。

これが平和の妨げとなる最大の理由。
オウム事件では、弁護士や医者といった高学歴の者までが、麻原の
荒唐無稽な教えに従っていた。
どのような信仰にもこの盲目性がつきまとう。逆にいうと、これが
ないと宗教ではなく、単なる思想になってしまう。

22 :名無しさん@3周年:04/06/08 21:18 ID:Ogf3juNo
マインドコントロールによって、自分をなくしてしまう
というのはわかるが、そもそも医者や弁護士が、オウムに
入ろうと思った動機がわからない。
もしかして拉致されてのことか?


23 :名無しさん@3周年:04/06/08 21:41 ID:06XpDH9b
>>22
「育ち」の一言に尽きるんじゃない?
いわゆる「お家柄」とかの差別的な意味合いじゃなくて
親子関係、家族関係、人間関係という意味での。


24 :上野:04/06/08 22:03 ID:c+GCkUw+
仏になっても自分、この世、すべて成り行きに反らうことはできないか

25 :しゅん:04/06/08 22:36 ID:ANCFvIe7
>23 それはわかる気がする。俺の近所は創価学会員が多いから
近所付き合い的感覚で集会とかやってるみたい。

26 :上野:04/06/08 23:33 ID:c+GCkUw+
鬱状態になってきた........

27 :名無しさん@3周年:04/06/09 10:37 ID:l1RNoHHf
医師や弁護士といえども人間なんだからある一定の割合で宗教に
関心のある人間はいるだろう。
オウムにはいってたのが高学歴の理系が多かったと誤解されがちだが、
実際には高学歴者が重用され幹部になってるケースが
多かっただけであって、大多数の一般信者は普通のDQNと思われる。



28 :名無しさん@3周年:04/06/09 10:58 ID:0/jKrc2U
>>27
そうだね。

29 :名無しさん@3周年:04/06/09 13:10 ID:in52xbIX
>>18
>他の宗教は部分的にも認めない。認めないどころか平気で邪な教えと蔑む。

特にひどいのが、日蓮正宗と学会。
学会って分家みたいなもんじゃないの?

30 :名無しさん@3周年:04/06/09 14:20 ID:n5oU+BbL
万物には陰陽の二極性が必ずあるわけだ

31 :名無しさん@3周年:04/06/09 18:46 ID:XSCKA70w
オウムの他にも、殺人を可とする宗教はあるの?

32 :名無しさん@3周年:04/06/10 10:50 ID:VKlj3SGZ
あるよ、宗教全部さ。

33 :名無しさん@3周年:04/06/10 11:07 ID:dQU5V/Jx
自分の宗教と人間の生命との二者択一を迫られた場合に、後者を優先する
ことを教義上明確にしている宗教はない。

34 :名無しさん@3周年:04/06/10 12:21 ID:Nmqhiv9L
>教義上明確にしている宗教

「明確に」 ←ここがミソ。
神のためなら命を捨てる。 →暗黙の了解。


35 :名無しさん@3周年:04/06/10 13:20 ID:Nmqhiv9L
自分の体に爆弾付けて人混みで爆発する。 ← こんなこと正気の沙汰じゃないよね。

つまり宗教は「狂気そのもの」じゃないのか?


36 :名無しさん@3周年:04/06/10 14:16 ID:cMpZQWrQ
宗教になりうるもの、あるいは宗教そのもの。

自力主義、文明主義、無神論、不可知論、唯物論(共産主義含む)、
汎神論、多神論、二元論、理神論(最高道徳含む)、エルサレム系。

37 :名無しさん@3周年:04/06/10 15:13 ID:Nmqhiv9L
長崎の小学生カッター殺人事件の被害者の父親なんかは
宗教に入りたい気分だろうね。

38 :上野:04/06/10 16:43 ID:dNdL/cI9
人はなんでも思い考えることができるそれだけこの世は深い底がない永遠 あらゆる世界を体験したりすることが本当の心、自我を認識できたりする心を持っている人間には可能なんですね

39 :上野:04/06/10 17:15 ID:nh7EK/u5
なんかおかしない?


でもまあそれはそれでええのやない?

40 :世王:04/06/10 17:19 ID:nh7EK/u5
死王

41 :名無しさん@3周年:04/06/10 18:21 ID:za8jlLtV
おのおの好きなように思えばええやん
慈悲の心は素晴らしいな

42 :名無しさん@3周年:04/06/10 18:24 ID:za8jlLtV
ガスタンクは人の心を惹く

おしまい

43 :名無しさん@3周年:04/06/10 18:27 ID:vnXFyW1L
こういうのも宗教ですか?
ttp://55117.com/?kjm42


44 :名無しさん@3周年:04/06/10 19:00 ID:VKlj3SGZ
『自分が宗教に入信しない理由』

1.神や仏などハナから信じていないから。
 関係ない話だが、ウチの近くのお寺の坊主の娘は3人とも障害者。
 神様、仏様たすけてあげてw

2.死後の世界などあり得ないと考えているから。
 仮に死後の世界なるものが存在したら相当人口過密状態でしょうねえ。

3.他にやりたいことが山ほどあるから。
 人間生きているうちが花。限られた時間を宗教などに割く気は毛頭無い。


45 :名無しさん@3周年:04/06/10 19:07 ID:R1x8e4Sq
>>44
失礼ですが、障害者が生まれたのは何宗のお寺ですか?

46 :名無しさん@3周年:04/06/10 19:09 ID:PSaGwhva
>>37
宗教は人の不幸を食い物にするのか。軽軽しい書き込みは止めれ。

47 :名無しさん@3周年:04/06/10 19:14 ID:ieDtPO67
>>45
全然関係ない話ですが、じょうどしん宗

48 :名無しさん@3周年:04/06/10 20:31 ID:XCistSgz
障害者が生まれると、やっぱりそう思ってしまいますよね?

宗派が同じでもその寺で拝んでもらおうとは思いませんよね。
宗教やってる人は現金な人です。
宗教は幸運に生きるための保険みたいなものだと考えられています。
障害を持つことは不運ですが、「障害者のいるお寺が可哀相だから
あそこの檀家になってあげよう」と思ってわざわざそのお寺に
入信する人がいるでしょうか?
幸運を与え、不運を遠ざけることのできるものが良い宗教だと人は考えます。
そうでないならば、不運な宗教家のところへ行けばいいのです。

49 :名無しさん@3周年:04/06/11 22:49 ID:EP3BgvBF
人の死を飯の種にしている坊主は、人間のくずです。
人間のくずに、他人に説法する資格はありません。

50 :名無しさん@3周年:04/06/12 09:16 ID:6VwmlcMh
>>49
禿同

51 :名無しさん@3周年:04/06/12 09:23 ID:uZK9eW4Z
ここは「宗教は要らない教」の信者スレでつ

信仰をもっと深めましょう

52 :名無しさん@3周年:04/06/12 10:40 ID:6VwmlcMh
宗教の教え > 博愛、慈悲、至誠、正直、寛容、喜捨、利他、自律、無我、無欲


宗 教 す べ て が き れ い ご と

53 :名無しさん@3周年:04/06/12 10:44 ID:OYhgmznr
たまにゃ、恥を忍んで奇麗事の一つも口にしなけりゃ、
世の中、堕落するばかりだからね。

54 :名無しさん@3周年:04/06/12 11:00 ID:6VwmlcMh
「とらわれ」ばかりの宗教にたよる必要はない。
神には一人で立ち向かえ!

55 :沼津:04/06/12 11:42 ID:mtnaPHSd
金儲けの道具に使ってるだけ!犬がついたと言って健康器具売って逮捕され今度は万病に効くトルマリンうってる。神様がいるなら俺の前だしてみろ金儲けのほかになにがある沼津〇神社のインチキババー

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/06/12 12:17 ID:4zz8Xr6+
被害者 VS 加害者 で戦い合ってるページ。
すごい面白いから、見てはどうかな。
おかげで、裏社会を知ることができるようになった。
http://news17.2ch.net/test/read.cgi/news2/1086912426/

57 :名無しさん@3周年:04/06/12 17:38 ID:+jf4AgUU
>>51
もはやそれ自体が宗教。
宗教になりうるもの、あるいは宗教そのもの。

自力主義、文明主義、無神論、不可知論、唯物論(共産主義含む)、
汎神論、多神論、二元論、理神論(最高道徳含む)、エルサレム系。



58 :上野:04/06/12 17:49 ID:BGBj6fkZ
これが若さか・・・

59 :上野:04/06/12 17:55 ID:BGBj6fkZ
作戦失敗!

60 :名無しさん@3周年:04/06/12 17:56 ID:BGBj6fkZ
終了

61 :紫陽花 ◆sJxoXLZg8k :04/06/12 18:10 ID:fWAEKOi8
宗教批判する人は過去にその宗教に在籍した人がほとんどですね。
自ずとその動機も察することができます。
決してキレイな動機ではありません。

62 :名無しさん@3周年:04/06/12 20:18 ID:73vQPYZX
>>61
1だけど、オレは生まれてこの方、ずっと無宗教だよ。

63 :名無しさん@3周年:04/06/12 20:24 ID:73vQPYZX
久しぶりに来たついでに一言。

宗教は国家、民族、個人のエゴによって歪められやすい。
強大なエゴが何らかの目標点に達しようとする時、最初に利用
することを思いつくもの、それが宗教である。
それだけに、宗教が紛争の発火点になる可能性が非常に高い。

64 :名無しさん@3周年:04/06/12 20:31 ID:FK7iQp7k
>>62
断言できちゃうそのお育ちが謎。
「無宗教である」と「単に宗教を信じてない」って言うのは違うからねぇ・・
父母、祖父母、曾祖父母も無宗教?



65 :名無しさん@3周年:04/06/12 20:42 ID:73vQPYZX
崇高なる神を信じて、隣人愛を説く者同士が、血で血を洗う残酷な戦いを繰り返す。
当然、争いの中で愛するものを失う者も出てくる。その悲しみから何かを学び取る
のではなく、復讐の炎を燃え立たせ、それ以上に惨たらしい争いを起こして悲しみを
何倍にも大きくしてしまう。

少なくとも宗教は、争いの歯止めとしては何の役にも立たない。
それどころか「火に油を注いでいる」現実がある。

66 :名無しさん@3周年:04/06/12 20:50 ID:73vQPYZX
アメリカのブッシュ大統領は、イラクのことを「悪の枢軸」と表現した。
しかし、本当の「悪の枢軸」は宗教ではなかろうか?

67 :名無しさん@3周年:04/06/12 20:57 ID:9n8AU21D
争いは悪なのだろうか?
それは起こるべくして起こるもの。
偉大な聖人がすべからく言っていることに、

起こることは徹底的に起つくして、終わらせなさい
というものがある。
終わればそれは無くなる。どっかに行ってしまう。

でもそれは聖人にしか通用しない。
漏れ達は少なくとも痛みを感じたくないし、
平和に生きたいと願っている。
痛みや、不快な感情を避けるべく知性を発達させてきた。

一方動物はそのような感情を持ち合わせていない。
彼らには不快な感情というものは存在しない。
痛みは痛みとして受け入れるし、喜びは喜びとして受け入れる。
だから人間のような知性の発達の仕方をしないと言える。
酷い、悲しいとかは人間の判断にすぎない。

68 :名無しさん@3周年:04/06/12 20:58 ID:73vQPYZX


世 界 平 和 の た め に 宗 教 を 捨 て よ う

69 :名無しさん@3周年:04/06/12 20:59 ID:9n8AU21D
本当の悪の枢軸は人間です

70 :名無しさん@3周年:04/06/12 21:10 ID:73vQPYZX
>>69
出来得ることなら、「悪の枢軸」を殲滅したいとブッシュは考えている。
人間が「悪の枢軸」なら、ブッシュは人類を.....略)

71 :名無しさん@3周年:04/06/12 21:40 ID:6KALJACz
宗教勧誘を撃退する方法教えてくれ。(・∀・)

一番手っ取り早いのは、「 もう、別の宗教に入ってる 」って
言えばいいそうなんだが。

72 :名無しさん@3周年:04/06/12 23:56 ID:m7eUxz3c
わけのわからない奴の下にいるだけでいいんだな?

73 :名無しさん@3周年:04/06/13 10:56 ID:hWsVqVxy
わけのわからない奴 >>72

74 :名無しさん@3周年:04/06/13 11:20 ID:cjGVf5TU
なんで人大杉なの?

75 :名無しさん@3周年:04/06/13 15:50 ID:Sk9lg+tY
何故信仰ある者が人を殺めるのか?

所詮宗教の教えは、きれい事だからではないか?

76 :名無しさん@3周年:04/06/13 16:22 ID:tuRhIlSf
 人を愛することが出来なくなったとき、人間は悪になる、多分。
正義は、愛する者に対してしか守られない。教えは綺麗かもしれない。
正義は言い尽くされているかもしれない。しかし、人間は神と人とを
愛することによって正義を勝ち取るのだし、悪を克服するのだから、
人間は教えと正義を振りかざすことでは正しく事を行うことができない。
愛があって初めて、教えと正義は妥当性を持つ。

77 :上野:04/06/13 16:38 ID:z6EslRdA
彼方方はせめて親の言うことだけは聞きなさい
どんな親でも貴方方よりも正しいのだから

78 :名無しさん@3周年:04/06/13 17:51 ID:SvwpEZcf
宗教の狂信者=テロリスト

79 :名無しさん@3周年:04/06/13 17:59 ID:C5FW2s8C
77>>
そうともいえませんよ。

1.林ますみみたいのが親。
2.麻原みたいのが親。
3.植草みたいのが親。


80 :上野:04/06/13 18:05 ID:z6EslRdA
そうでつね
でも...........

81 :上野:04/06/13 18:08 ID:z6EslRdA
ところで植草て誰ですか?

82 :名無しさん@3周年:04/06/13 18:16 ID:SvwpEZcf
ミラーマン植草

83 :名無しさん@3周年:04/06/13 18:28 ID:dzWBmjWz




日韓結婚が年間 約1万組。
それに伴なう朝鮮人化した混血児。
毎年、日本の新生児 約100万人のうち、
約1〜2万人の新生児に
容赦無く 朝鮮人の血が流し込まれている。

また、韓国朝鮮人の帰化が年間 約1万人も。





84 :名無しさん@3周年:04/06/13 18:54 ID:SvwpEZcf
フロイトの「わずかな違いのナルシズム」より

敵対する者同士は相手を「憎悪」するが、心理学的には相手を必要とする。
隣人同士が敵になると、いかなる程度の類似性も認めようとはしない。
そのような譲歩は両者間の区別を消滅させるからである。実際に共通性を持つ
敵同士は、宗教の違いを強調・拡大する。

この一節を読んで、現在のキリスト教とイスラム教の争いを思い出した。

85 :名無しさん@3周年:04/06/13 19:46 ID:DFWEIiaJ
>76は無宗教の薦めなのかな?

宗教とかイデオロギーがそうであるように
>人間は教えと正義を振りかざすことでは正しく事を行うことができない。

宗教の教えやイデオロギーの正義があって、ことがなるのではなく、
>愛があって初めて、教えと正義は妥当性を持つ。

だから、愛があればこそ、宗教はそれほど重要じゃない。
いっそのこと、宗教なんぞなくなり、各自が直接神や真実に向かい合うべきなのだと。

つまり、やっぱり、無宗教万歳!?

86 :名無しさん@3周年:04/06/13 23:15 ID:vdJBez90
平和を志向する宗教団体と、戦争にそなえる軍隊は表向きは全く違った組織に見えるが、
本当は二卵性双生児のようなものである。自分の神のためなら、いつだって命を捨てる
者がいるのだから。

それに双方とも、究極的には個の滅却を迫ってくる。僧侶は法衣を、兵隊は軍服を着用するが、
制服というのは組織の中に個を埋没させるための、一つの効果的手段なのである。

87 :名無しさん@3周年:04/06/13 23:54 ID:GixHIdqO
この板の連中って根拠も無く決め付ける奴多いよね。
他の板に比べて多いと思った。
やっぱ思い込みが激しいというか、妄想というかw
流されやすい奴が宗教にはまるのだろうね。
宗教って正直な話害しかないだろ??
メリットってあるのかな。あるのなら誰か教えてw

88 :名無しさん@3周年:04/06/14 15:40 ID:m//Wy++R
>>87
>この板の連中って根拠も無く決め付ける奴多いよね。
(略)
>宗教って正直な話害しかないだろ??

ワロタ

89 :名無しさん@3周年:04/06/14 16:21 ID:/jvQ3jCg
共産主義も被害が多かった。これも宗教。


90 :名無しさん@3周年:04/06/14 16:51 ID:/oR7QkzT
もうだめだー ハハハ

91 :名無しさん@3周年:04/06/14 16:58 ID:/oR7QkzT
>>90
どーせ上野だろ 支離滅裂だなW

92 :名無しさん@3周年:04/06/14 17:01 ID:/oR7QkzT
寒い

93 :名無しさん@3周年:04/06/14 17:54 ID:/oR7QkzT
三位一体かよ

94 :名無しさん@3周年:04/06/14 17:57 ID:/oR7QkzT

今日はこんなところです
それではまた明日

さよなら

95 :名無しさん@3周年:04/06/14 23:16 ID:6Dg89ZLS
>>90>>94
自作自演
独り言?

96 :名無しさん@3周年:04/06/14 23:23 ID:rZ5cn97J
>>95
そうじゃない?

97 :名無しさん@3周年:04/06/14 23:31 ID:rZ5cn97J
人大杉って有難いよね。

98 :名無しさん@3周年:04/06/14 23:32 ID:rZ5cn97J
またやった・・・

99 :名無しさん@3周年:04/06/14 23:35 ID:rZ5cn97J
おやすみ、今日はもう寝ます

100 :名無しさん@3周年:04/06/16 22:53 ID:NPjb9igh
>>1
私も宗教がこの世から無くなることを心より願っている者の1人です。

101 :名無しさん@3周年:04/06/16 22:58 ID:NPjb9igh
宗教のどこに存在価値があるのか私には全くわかりません。
単にあらぬ妄想で人身を惑わしているだけのまやかしにしか
見えません。

102 :名無しさん@3周年:04/06/16 23:01 ID:NPjb9igh
宗教に救われたという人間の数と、宗教に人生をめちゃくちゃに
された人間の数を比べたら、後者の方が圧倒的に多いのでは?

一番ひどいのは命を奪われるケース。>>テロは恐ろしい。



103 :名無しさん@3周年:04/06/16 23:06 ID:NPjb9igh
極端な話、全世界にいるテロリストのほとんどが、
宗教を信仰する者と言っても過言ではないのでは?

中でも自爆テロを行うものは、おそらく100%。
なぜなら死後の世界を信じている者でなければ、あのような狂気の
沙汰ともいえる行為は到底できないから。

104 :名無しさん@3周年:04/06/16 23:11 ID:NPjb9igh
ビンラディンもブッシュも、どっちもいいかげん戦いをやめればいいのにね。
戦いを続ければ続けるほど憎しみのうえに憎しみが生じていく。
決して終わりのない戦い。これを演出しているの張本人が宗教。


105 :蛙の声 ◆gU1NdiDeiA :04/06/16 23:15 ID:8AjjrNQi
〜起てよ、坐れ。眠って汝らになんの益があろう。矢に射られて苦しみ悩んでいる者どもは、ど
 うして眠られようか。起てよ、坐れ。平安を得るために、ひたすら修行せよ。汝らが怠惰であり
 その死王の力に服したことを死王が知って、汝らを迷わしめることなかれ。〜
〜■かれらは欲望を貪り、熱中し、溺れて、吝嗇で、不正になずんでいるが、死時には苦しみに
 襲われて悲嘆する―「ここで死んでから、われらはどうなるのだろうか」と〜(ブッダのことば)
 
現在のように職場もなく、食べて寝る生活の人々。怠けるからいけないんです!ケロケロ
食う、寝る、快楽・享楽の耽溺。本能の刺激のみを楽しむ人々〜「あ〜あ、死んだらどうなるのだ
ろうか?」不健全な生活が、煩悩である生存本能まで必要以上に刺激し、有愛(わが身の存続に対
する愛)を過大さしめ、死の迷いへと導く。

 そして、「神様、仏様、私を助けて下さい」と................................ゲロゲロ
 
 なんか、健康体の人は宗教はいらないみたい☆   

106 :名無しさん@3周年:04/06/16 23:35 ID:bbuRD33T
>>104
ホントに、死後の幸福を信じて自爆テロしたと思うか?

人間は、極限的な状況におかれると、神を信じなくなる。
戦争のような、生きるか死ぬかの状況にさらされると、
信仰なんて吹き飛んでしまうものだ。

では、何故、彼らが、自爆テロをするのか・・・・。
それは、そうせざるを得ない、彼らの状況がある。
そういう教育を受けてきたからでもあろうし、
周囲の人間の煽りもあるだろう。
もちろん、アメリカへの憎しみが最大の原因だろう。
それも含めて、逃げられない状況にあったに違いない。

たぶん、彼らは、死後の世界を信じて自爆テロをしたのではなく、
そうせざるを得ない状況で、死後の幸福を願いながら、死んでいったはずだ。

107 :名無しさん@3周年:04/06/17 22:42 ID:dowfvrvm
>>106
少なくとも宗教という「とらわれ」がなければ自爆テロなど
だれもやらないと思う。飛行機ごとビルに突っ込んでいったんだよ。
片道の燃料しか積まないで送り出された特攻隊の方たちとは全く意味合いが
違う。彼らは後戻りできたはずだから。


108 :名無しさん@3周年:04/06/18 00:17 ID:i62sY2EP
宗教でメシくってる奴がいる時点で終わってるよな
心が掬われるとかってのは全部詭弁
宗教関係者はしんでくれ

109 :名無しさん@3周年:04/06/18 23:43 ID:S4PdLbwS
日本の国はなぜ宗教法人にあまいのかわからない。
宗教法人に甘い税制が特に納得できない。

110 :名無しさん@3周年:04/06/18 23:46 ID:LBdaOO0L
アホ宗教はイって善し

111 :名無しさん@3周年:04/06/19 13:02 ID:ciwPRoUq
日本と韓国の竹島の領有権の争い。
いったんもつれた領土の争いは、解決がいかに難しいものとなるか思い知らされる。

見方を変えれば、宗教もまた、一つの領土である。
特定の宗教を深く信じるということは、その領土の住民となることであり、それを
防衛し、また、拡大するために自分の命をささげることでもある。

112 :名無しさん@3周年:04/06/19 18:17 ID:I8shRjRj
神の道に倒れた人々を、「死者」と言うな。彼らは生きている。ただ、おまえたちは、
気がつかないだけである。(『コーラン』2・154)

「ジハードで昇天すれば、72人の美女に囲まれ、永遠に幸せな肉欲的な生活を送る
ことができる。」テロリストの中には、自爆テロを行う前、男性器に香水をふりかけ
ている者がいるという。

なんと哀れでおろかしいことか。

平 和 の 敵 、 そ れ が 宗 教 

113 :名無しさん@3周年:04/06/19 18:38 ID:P103QdGM
藤山一郎 

114 :名無しさん@3周年:04/06/19 20:14 ID:wRZ1HOBC
裕福になれば大体無宗教になるんだろうけど

それをさせないのは我々先進国(藁
アヘン以外の実質的な差し伸べを市内とね
当然俺はしないわけだが

115 :名無しさん@3周年:04/06/19 23:46 ID:/m3Y9Zkv
同時多発テロの後、ブッシュ大統領は報復攻撃を宣言することによって、一時的には、
アメリカ国民の英雄になり得たが、あの時、身を挺してアラブ諸国に乗り込み、抑え
がたい怒りと悲しみを伝えたうえで、アメリカが武力よりも対話を求める姿勢を示した
なら人類の英雄になったに違いない。

しかし、それを彼にさせなかったのは宗教のしがらみがあるからに違いない。

116 :名無しさん@3周年:04/06/20 00:10 ID:uktex+yb
宗教は狂いから生まれるもの。

ま と も な 人 間 は 見 向 き も し ま せ ん 。

117 :名無しさん@3周年:04/06/20 08:20 ID:6Ncy9CoH
この世がまともな人間だけだったら良いけどね

宗教的しがらみよりは利権とイニシアチブにブッシュの理由があるんで内科

118 :名無しさん@3周年:04/06/20 09:06 ID:T2gTFupq
【東京地裁】石井紘基議員殺害事件、被告に無期懲役判決[06/18]

http://news13.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1087523892/

119 :病弱名無しさん:04/06/20 11:01 ID:dT8oiKly
>>116

ならば狂いなさい

120 :名無しさん@3周年:04/06/20 13:20 ID:+VpiJKH4
信仰が純粋であればあるほど、異教の「宗教の原理」との心理的境界線が太くなり
まるで異人種でもあるかのような目で異教徒を見始める。信仰の異なる者に対して
排他的になり、やがてその立場を暴力的にでも否定しようとする。

121 :名無しさん@3周年:04/06/20 21:15 ID:ykIEpI6g
宗教団体とは、ひどい幻覚症状に悩まされる妄想共同体のことである。


122 :名無しさん@3周年:04/06/20 21:20 ID:ykIEpI6g
平和であること、それは一つの奇跡である。
人が血を流さず、飢えもせず、雨露をしのぐ家をもち、日々の生活を親しい
人と無事に過ごすこと。これを奇跡と呼ばずなんと呼ぼう。
われわれ日本人は、溢れるような平和に馴れて、この奇跡を自覚できなく
なってしまっている。

123 :名無しさん@3周年:04/06/21 00:07 ID:ag6WKlLE
>>122
常に生存競争に晒されてるのですが何か?
世界中で戦争や飢えが蔓延しているのですが何か?
ぼけちゃったの?

124 :名無しさん@3周年:04/06/21 22:33 ID:R6GWi5tl
>>120
純粋ではないだろう教えと違うことして自分を純粋などと言うものが

125 :名無しさん@3周年:04/06/23 00:54 ID:tE1Fkx4w
宗教は凡人を善人にすることも可能かもしれないが、その善人をして
殺人鬼に駆り立てることも朝飯前にやってのける。


126 :名無しさん@3周年:04/06/23 00:57 ID:TCWObBvY
善人とは何デスカ

127 :名無しさん@3周年:04/06/23 21:15 ID:ezPa9TJH
して、その宗教へと追い込んだのは誰?

128 :名無しさん@3周年:04/06/24 22:59 ID:tA7Yppjp
宗教には表の顔と裏の顔がある。


129 :名無しさん@3周年:04/06/25 00:59 ID:o+uJVsiq
baka bakka

130 :名無しさん@3周年:04/06/25 23:33 ID:wkjsQHU4
宗教は犯罪の温床だろ?

何もイラクのテロじゃなくても、日本でも犯罪のオンパレード。
一番多い犯罪が詐欺。
宗教自体が詐欺なのかもね。

131 :名無しさん@3周年:04/06/25 23:34 ID:B0g0emyH
         __,,,,,,,,,,,,,,_
        ,,-‐''´;;;;;;;;;;;;;;;;;;`;‐ 、         
       〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;心、       
      ,〃;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐''  ヾヽ       
     ,!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐''''      ヾヽ
      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;(          ヾ!
    、i;;;;;;;;;;;;;;;;;ソ       ,-‐''''´`i       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  .    i;;;;;;;;;;;;l  r‐''''' ̄`i^! 〜  .l      < 我々は、宗教は認めない!
  .     r‐.v=====l  〜 .ノ .ゝ、_,,,,ノヽ___  \______________
       ! .ヘヾ|   ヽ.,,,,. -''   )ヽ.  |   /\
      /ヽゞヘ *  ノ ゝ--‐'' _,  ノ /    \
    /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\     \
  /  |                   |  \   /
/    |                   |   \/
      |               

132 :名無しさん@3周年:04/06/25 23:40 ID:wkjsQHU4
宗教家=白痴

133 :名無しさん@3周年:04/06/25 23:41 ID:wkjsQHU4
宗教=ちょん

134 :名無しさん@3周年:04/06/26 00:20 ID:BJ0Qjuw6

ナチス、ヒトラー教
あれは宗教というものを正直にはっきりと表したようなものだからやっぱ宗教って危ないよ
集団洗脳されちゃう

135 :名無しさん@3周年:04/06/26 11:17 ID:NZ4Y+ghi
何故、聖地エルサレムで紛争が止まないのか?
それは、あの小さな都市の中に、ユダヤ教徒の「嘆きの壁」とイスラム教徒の
「岩のドーム」が隣接しており、なおかつ、そのすぐ横にキリスト教の聖墳墓
協会が存在しているのだから、巨大火薬倉庫につながる導火線が並んで置かれ
ているようなものだ。

ジョンレノンではないが、この世に宗教というものが無かったら、世界はどんな
に平和だったことか。

136 :名無しさん@3周年:04/06/26 11:27 ID:Q+2+pEl0
宗教を禁止した共産主義もその亜種に過ぎなかった
この世に宗教が無かったとしても戦争の原因が減るだけで犯罪は増加するだろう
人は何かに思考停止しないと迷うばかりで何もできなくなる無力な存在

137 :名無しさん@3周年:04/06/26 11:43 ID:NZ4Y+ghi
宗教が犯罪を防ぐとは思えない。
何故なら宗教そのものが犯罪みたいなものだからw

138 :名無しさん@3周年:04/06/26 11:46 ID:qcMjEQNl
 ユダヤ教キリスト教イスラム教の成立以前より続いている紛争の原因
としてその辺の宗教の名が挙がるってのが理解でけん。

139 :名無しさん@3周年:04/06/26 11:49 ID:qcMjEQNl
 宗教が犯罪を防ぐとは思わんが、宗教がなくなれば犯罪が減るとも
思わん。食欲ナニ欲物欲名誉欲、人間は基本的にこれらの動機でしか
行動しない。

140 :名無しさん@3周年:04/06/26 12:40 ID:q8fDl3rq
>>138
そりゃ大きな宗派だから堕落した一派が目立つわけさ、
多宗教だって一部が分裂して堕落したりすることはよくある。
仏教とて同じ歴史がある。

そして世の中が荒めばその部分が強調されるというわけだ。

それをもって宗教が悪だと決め付けるのは大間違いだよ。

141 :名無しさん@3周年:04/06/26 15:01 ID:GcaNGlSo
世界中でおきている紛争の現実を見てみろ。
宗教が紛争解決の妨げになっていることは紛れも無い事実だろ。
宗教なんか止めちまえ!

142 :名無しさん@3周年:04/06/26 15:12 ID:qcMjEQNl
 二流知識人の言辞を鵜呑みにしてそれを「現実」と思い込んでいる
だけかも知れない、ということを疑うくらいの知性は持っていても損
はない。
 まぁ僕も小学生の頃は141みたいな考えを持っていたが、今考えれば
若気の至りだった。宗教なくなっても紛争はなくならんだろう。

143 :名無しさん@3周年:04/06/26 15:19 ID:GcaNGlSo
宗教がろくでも無いものであることは確かだな。

144 :名無しさん@3周年:04/06/26 15:23 ID:qcMjEQNl
1.宗教が悪いことをする、良いことを妨げる、禄でもないもの ○(反論許さず、俺もそう思う)
2.宗教がなくなればちったぁマシな世の中になる       不明

1と2とがゴッチャになっている奴がなんと多いことか。

145 :名無しさん@3周年:04/06/26 16:09 ID:GcaNGlSo
いいこと言うね。

146 :名無しさん@3周年:04/06/26 18:01 ID:vbAepyEz
宗教は、人間一般の強迫神経症である。
byフロイト

147 :名無しさん@3周年:04/06/26 18:05 ID:vbAepyEz
無けりゃ無いで、誰一人困らないもの、それが宗教。
宗教で飯食ってる奴も、宗教が無くなれば、他のまともな職業に
就くだろうし、世の中のためにはずっとその方が良い。

148 :名無しさん@3周年:04/06/26 22:20 ID:T02K3VMX
宗教って世の中のために、役に立ってることってあるの?
ないなら、何で税制で優遇される必要があるの?

149 :名無しさん@3周年:04/06/26 23:38 ID:qcMjEQNl
>>147
まぁ労働の一形態ってことにしとけや。

150 :名無しさん@3周年:04/06/26 23:46 ID:T02K3VMX
偉大なる宗教家の皆様へ






ま じ め に 働 い た ら ど う だ

151 :ク−ラ−使いすぎ:04/06/27 00:49 ID:90sqKtTr
ウン ウン反論出来ない。・・だるま

152 :名無しさん@3周年:04/06/27 02:11 ID:2DtVBmid
俺とミルコはそっくり

153 :名無しさん@3周年:04/06/27 07:33 ID:cOvSKHsT
>>66
違うでしょそれ。ブッシュを肯定否定は置いといて。
恐怖で統治する独裁者を悪としているだけ。
嫌なことを自由に拒否出来ることも人権の一つと考えるのは賛成。

>>148
自分も無宗教だけど宗教がなければ弱肉強食から抜け出せなかった。
生命体の目的は生きる事だから食料、家、服など殺して奪えばいい。
でもそれだと恨みを買い泥沼の戦いになってしまう。
そこで登場したのが宗教だ。日本の太古の昔も同じ。

こうしたいけど迷惑がかかるからやめとこうと思ったことあるでしょ?
自分のエゴよりも周りの和を優先しようとするのも立派な宗教的考え。

>>147
世の中はあなたのように論理で自制できる人間だけではないでしょ。
欲しいから奪う。これは本能でありそれを否定できない。
そこで罪と罰ですよ。

154 :名無しさん@3周年:04/06/27 10:06 ID:TakosEyp
寺に生まれたから、しようが無く坊主やってる奴もいるだろうね。
でも日本は自由の国。自分の好きな職業に就けば良い。
寺?そんなものは捨てれば良い。誰も困らないよ。

155 :ク−ラ−使いすぎ:04/06/27 11:24 ID:90sqKtTr
しかし、盆と正月 お葬式ぐらいにはお寺がないと締まらない気がするが、
蝉時雨の中のお寺の境内もいいものだよ。子供が網を持って走り回る。
お坊さんを管理人と思えば、良いではないか。

156 :名無しさん@3周年:04/06/27 11:37 ID:TakosEyp
坊主じゃない寺の管理人を雇えばいいじゃん。
文化財管理人みたいな。

157 :ク−ラ−使いすぎ:04/06/27 14:47 ID:90sqKtTr
そうですネ−その地区の文化財・伝統品・記念物などを展示する場所として
役割転換してもらおうか?
ついでに「喫茶店」・「うどんそば屋も欲しい。

158 :名無しさん@3周年:04/06/27 18:04 ID:fh4FALPl
それいいねえ。
京都の寺なんか流行るでしょ。

159 :名無しさん@3周年:04/06/27 18:32 ID:fh4FALPl
とにかく人の死をネタにする職業って卑しいだろ?

昔でいえば、えた、非人のレベルだな。

160 :名無しさん@3周年:04/06/27 18:35 ID:5iOUgvl6
俺はすがりたい。宗教にすがりたい。助けてくれ。辛い辛い辛い。
宗教でも女でも何でもいい。俺を助けてくれ。助けてくれ。助けてくれ。
くそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。


161 :名無しさん@3周年:04/06/27 21:15 ID:i+H60PIl
山奥の人に迷惑のかからないところに宗教の里でも創れ。
ユダヤ人やパレスチナ人もアマゾンの奥地に移住させろ。
とにかく他人に迷惑をかけるな。>宗教

162 :名無しさん@3周年:04/06/27 21:43 ID:jbLk5XQS
はて?2ちゃんにはガンダム教が浸透してるはずでは?

163 :名無しさん@3周年:04/06/27 21:54 ID:nE8pde2b
>>161
 イスラエルとアラブ諸国の殺し合いに勝手に介入しているのに「他人に迷惑をかけるな」はねーだろ。

164 :名無しさん@3周年:04/06/27 23:41 ID:QMqgNMT4
宗教、人種、国境の無い国が理想。

165 :名無しさん@3周年:04/06/28 11:25 ID:/49ailP2
>>163
誰に言ってんの?
介入している張本人ってキリスト教信者じゃないの?

166 :名無しさん@3周年:04/06/28 11:43 ID:j+8DBoW6
小泉首相もアメリカに縋っていれば何とかなるという
「アメリカ教」という宗教の敬虔なる信者。

167 :名無しさん@3周年:04/06/28 14:11 ID:phIZvAlS
>>166
言う事なし

168 :名無しさん@3周年:04/06/28 17:38 ID:/49ailP2
日本人の大部分の人間が、知らず知らずのうちに、
「アメリカ教」に入信しているのかも。

169 :日本男児:04/06/28 19:19 ID:Un6kWMC8
それって、単なる「寄らば大樹の陰デショ」
「哀しいですね。我々は大和民族ですヨ」ある本で読んだのですが、
遠い昔、国際連合は「青樹ガ原に会ったとか?」

170 :名無しさん@3周年:04/06/28 21:46 ID:COLUkMC1
>>165
キリスト教信者のやることと、キリスト教信者故にやることとは区別しないとな。
ブッシュは名目的には間違いなくキリスト教信者だが、ブッシュがキリスト教信
者故のイラク戦争とは思えないな。

171 :名無しさん@3周年:04/06/28 22:24 ID:erEF1AvM
ブッシュがキリスト教信者だから、戦争を始めたとは思わない。
しかし、アメリカ人のほとんどはキリスト教信者であるこは事実。
アメリカ同時多発テロの実行犯たちがイスラム教信者であることも事実。
無意識のうちに、アメリカ国民はイスラム教に対し抑えがたい憎しみを
抱いているのではないか?
そのため、ブッシュも後に引けない状況になっているように思える。


172 :名無しさん@3周年:04/06/28 22:30 ID:0LjBbi9h
米国は表面的にはイラクに民主主義を普及するため
実質的には経済的利益のため
深層意識的にはキリスト教のため
に戦争したと理解していますが

173 :名無しさん@3周年:04/06/28 22:53 ID:erEF1AvM
イスラム教対キリスト教という構図にしてしまったがために、
底なし沼に落ちてしまった気がする。
この構図を崩さない限り、イラクの混乱は永遠に終わらない。

174 :名無しさん@3周年:04/06/28 22:57 ID:0LjBbi9h
宗教は心の問題と直接結びついているので経済的動機よりはるかに重い
物質的充足を得てもなお満たされぬ精神的充足を求めて人は争い続ける

175 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

176 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:06 ID:FCjiM8Vm
宗教なんかに精神的充足を求める基地外がいるから、世の中から争いが絶えない。

177 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:06 ID:dRa0wGii
>>1
そう逝ってるあんたは既に自覚の無いユダヤ教信徒だよw
ユダヤの作った学問信じてユダヤの操るマスゴミに教化され
ユダヤ風の生活してユダヤにお布施してるwww

178 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:14 ID:erEF1AvM
宗教は平和の妨げ → そのとおりだと思う。

179 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:15 ID:0LjBbi9h
そうか?精神的充足を他のものに求めても争いはなくならんぞ
宗教をめぐる争い、女(男)をめぐる争い、名誉をめぐる争い
これらは心という根は同根のもの

180 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:17 ID:dRa0wGii
>>178
だからそう仕向けてるのがユダヤだってばさ。
悪いのは宗教を悪用・曲解する人間のエゴなんだってばさ。

181 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:23 ID:FCjiM8Vm
>>180
>だからそう仕向けてるのがユダヤだってばさ。
なぜそう言えるのか?
ユダヤ陰謀説をブチ挙げる奴は昔からいたが、イマイチ説得力がない・・・
いや、まったく説得力が無い。

182 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:27 ID:dRa0wGii
>>181
だって日本じゃタブーだもん、仕方ない。
http://rerundata.hypermart.net/ura/hexagon/index.html
ここらへんからじっくり調べてみそ?
ユダヤの戦略は諸外国では一般的認識さ。

183 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:40 ID:erEF1AvM
あまり無理しないほうがよい。

184 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:42 ID:FCjiM8Vm
>>182
あんた、学研の雑誌『ムー』が好きだろ?

185 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:48 ID:erEF1AvM
ユダヤにしても立派な宗教。
人間のエゴで片付けたら話はおしまいだろ。
そもそも悪用・曲解される宗教などというものがこの世に
なければよい話だと思うのだが。

186 :名無しさん@3周年:04/06/28 23:56 ID:0LjBbi9h
だから宗教が無いとしても他の経済的理由以外の理由で人は争いを続けるって


187 :名無しさん@3周年:04/06/29 00:00 ID:OAQqfMEr
宗教が無いとしても科学真理教という宗教、共産主義という宗教
民主主義という宗教、個人個人の信念という宗教、状況至上主義という宗教
がはびこるだけだって

188 :名無しさん@3周年:04/06/29 00:12 ID:K7mORcc7
>>186
他の経済的理由以外の理由で人は争いを続けるということが宗教を容認する理由にならない。
宗教は無くなるべき。

189 :名無しさん@3周年:04/06/29 00:41 ID:OAQqfMEr
表面的に金より大切なものが人の心
現実的に金よりやっかいなものが人の心
宗教は心の部分的表面化に過ぎない。従って無くしても解決にはならない

190 :名無しさん@3周年:04/06/29 01:45 ID:Oz0cy4ET
>>189
かなり核心に近いけどもっと完璧に言うと、
諸現象全ては我々の精神(の奥底の本質)が作り出したにすぎないというのが真実。
よって否定だ肯定だ言う以前に絶対的命題だね。

191 :名無しさん@3周年:04/06/29 01:58 ID:Oz0cy4ET
>>184
ふふ。
ムーとかで胡散臭さ演出するのも彼らは得意。
上の階級は決して実態を表さないからね。
ちみが思ってるよりも遥かにシステマチックに世界は動かされてる。

192 :名無しさん@3周年:04/06/29 02:01 ID:OAQqfMEr
もし意識があるものが人だけでなく、動物、植物、地球、宇宙もそうならば
この世の事象は人の手に到底負えるものではない
だからこそ宗教が必要と言いたいところだがそれだと2000年前と全く変わっていない
ことになり虚しくなる
生きている間には実現しないこの世の真理の合理的説明を求めなければならないとは
なんと生きるとは過酷なことだろう

193 :名無しさん@3周年:04/06/29 08:51 ID:v/x/t6MZ
>191
キミのいるべきところはオカルト板のようだよ。

194 :名無しさん@3周年:04/06/29 12:12 ID:AymGeVuX
隠れキリシタンのように人里離れたところで、ひっそりとやってください。>>宗教

国政選挙に出てくるなど、厚かましいにもほどがあるだろ。>>学会

195 :名無しさん@3周年:04/06/29 13:54 ID:AymGeVuX
宗教やってるのは、くるくるぱーか、詐欺師かのどちらか。

196 :名無しさん@3周年:04/06/29 14:18 ID:bDjjlDAN
□■自殺志願者総合スレッド12■□
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/mental/1079885219/
マジで真剣に死にたい PART15
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/mental/1084505147/
飛び降りPart4
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/mental/1087383570/
そうか!練炭焚いて一酸化炭素中毒氏だ。 part15
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/mental/1085593675/
【鉄棒】 THE 首吊り Part8 【山奥】
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/mental/1086285201/
【心中自殺相手募集5】
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/mental/1086437224/
事故に見せかけて自殺するためのスレ 2
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/mental/1076863462/

こいつらを救ってみろ宗教関係者

197 :名無しさん@3周年:04/06/29 14:45 ID:AymGeVuX
無理だな。
死にたいと思うのは自由だから。

198 :名無しさん@3周年:04/06/29 15:01 ID:kyZthgNE
窪塚を救ってやれ

199 :名無しさん@3周年:04/06/29 16:42 ID:jiEufkPr
スーパー上野いないのか?

200 :名無しさん@3周年:04/06/29 16:52 ID:kyZthgNE
200get

201 :名無しさん@3周年:04/06/29 18:27 ID:rQGUn+ud
結局、神も仏も人間の空想の産物。
それを崇める宗教っていったい.....。

202 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/06/29 18:36 ID:P/bbRvA6
史ねば分かるよ。自殺は厳禁だけど。

203 :スーパー上野:04/06/29 18:43 ID:Y5YwH+bh
ひさしぶり!
いつも見てるよ
っていうかいつも僕はここにいるんだよ

204 :上野:04/06/29 18:47 ID:Y5YwH+bh
なんか聞きたいことあるの?
質問してみればイイやん・・・

205 :名無しさん@3周年:04/06/29 18:59 ID:kyZthgNE
別スレでは何て名前で書き込みしてるんですか?

206 :名無しさん@3周年:04/06/29 19:07 ID:rQGUn+ud
>>202
何で自殺は現金

207 :名無しさん@3周年:04/06/29 19:11 ID:Y5YwH+bh
         /;;;;;;;;;;;;;\
            /;;:::::::::::::::::::::::\
       ∈=━/,,;;:::::::::::::::::::::::::.;ヽ━=∋
            L::;;,__     ..:::ゝ
          //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;ヽ
          / ;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;; ヽ
         /j/三三三三三三三三三三ヾ、
         l::||::::              |l  
        / ̄\  (●)     (●)  ||  っていうか質問してよっ!!
      r┤    ト::::: \___/     ||     
     /  \_/ ヽ:::.  \/    ,ノ   
      |   _( ̄ l―---oo-――'"ヽ__
      |   _)_ノヽ\  ハ // /    ヽ   
     ヽ____)ノ      ̄ ̄ ̄   /     ヽ、


208 :名無しさん@3周年:04/06/29 19:12 ID:Y5YwH+bh
>>205
書き込まないんですよ!

209 :日本男児:04/06/29 19:31 ID:GjPrG5vJ
死ぬのでさえ、周りには、迷惑なのだから、
自殺などされたひにゃあ周りの人の予定は全て吹っ飛ぶし、金も飛ぶし。ふざけんな状態「間違いない」

210 :名無しさん@3周年:04/06/29 19:44 ID:AymGeVuX
スーパー上野さん

仕事見つかったかえ?

211 :名無しさん@3周年:04/06/29 22:51 ID:ZGRHoqva
>>211
悲しいこと聞くな
お金がないんだからさ

212 :名無しさん@3周年:04/06/29 22:52 ID:ZGRHoqva
210です

213 :名無しさん@3周年:04/06/30 00:33 ID:9S84fnQ8
11日、参議院選はみんな投票にいこう。
そうしないと、宗教団体に議席を取られてしまう。

214 ::04/06/30 00:44 ID:Ig8gICyY
>>209
自殺を考える人は、周りのことなんて一切考えませんよ。
剥き出しの自分を出せば、みんながみんな、自分が一番大切。
自分が死んで幸せになるならば、周りが不幸になってでも手に入れようと
するのさ。
だけど、死んたら幸せになる、楽になると知らない筈のことを
知った振りして死ねるんだから、不思議なもんだね。
まるで生きてる今が一番不幸かのように思ってる。
もっともっと不幸な者は数字が表せないぐらいいるのにさ。


215 :上野君:04/06/30 03:28 ID:gMx17jai

     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    /        U    \
   /  U               ヽ
    l:::::::::     \,, ,,/       .|
    |::::::::::  |||(●)     (●)   |
   |::::U::::::::::   \___/     |
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ



216 :名無しさん@3周年:04/06/30 11:08 ID:/JO3GcWk
もし人間の記憶機能もリセットが効くとしたら、
全人類から宗教という記憶を消し去りたい。

217 :名無しさん@3周年:04/06/30 14:51 ID:Ls/TEQ3v
どっかの寺の坊主が三朝温泉の宿に泊まったら、ダニにさされたとかで、
かゆくてお経読むどころじゃないと、温泉宿の主人を相手取って、損害賠償の
裁判を起こしたんだってさ。結果、裁判所は一部坊主の訴えを認めて、10万円
の慰謝料をの支払いを温泉宿の主人に命じたそうだ。

それにしても、坊主って何でもカネなんですね。


218 :名無しさん@3周年:04/06/30 14:53 ID:69QZnsj+
カネ儲け

219 :名無しさん@3周年:04/06/30 15:00 ID:69QZnsj+
かねかねかねこの世は何でもかね


220 :名無しさん@3周年:04/06/30 17:49 ID:+WFCDCSX
明治神宮って明治天皇を祀ってるところでしょ。
昭和天皇は祀ってあげなくていいの?

221 :名無しさん@3周年:04/06/30 17:55 ID:kGxspaqX
何か勘違いされてませんか?
迷信が必要ない、と言ってるんでしょ?
迷信が必要だ、といってるんですか?
真実は何か? きちんと明らかにしようよ。
寺僧に聞いてごらん、うまいこと、逃げられる。
宗教法人の優遇だけがほしい、なぞの組織、迷信や不確実だけを、
偉い人の言葉かのように語り、人をまやかす、やめてくれ。
上で、金儲け云々言ってるが、それを私らが助ける必要がどのくらいある?


222 :名無しさん@3周年:04/06/30 17:59 ID:VvvCtH2n
真実は人間の能力的不足から誰にも分かりません。宇宙人は分かるかもしれん

223 :名無しさん@3周年:04/06/30 18:51 ID:Mz6E1XCY
宗教が必要ない?
よくわからないなぁ。

迷信は必要か?

真実は必要か。真実は不要か?

宗教法人と認めている中に、迷信が、どれだけあるね?
認証システムはどうなってるの? 宗教と認められるうえで。
もし俺が反対しても、議員さんたちが、きめちゃうから。

かつてオウムを認定した国や関係者は、なぜ責任がない?
そのシステムそのものを見直すべきだ、と思わない?
その過程で、迷信や真実に対して、市民は真剣になれると思うんだが。


224 :名無しさん@3周年:04/06/30 18:56 ID:Mz6E1XCY
掲示板には、荒らしが存在するが。

世間一般には、惑わしが存在する。

そうして、私利を肥やしてる輩が、たくさんいるらしい。

そんな彼らを、支持する国民の世論や伝統や法律が、あるらしい。

今こそ考え直そうよ。あらゆる宗教を。きちんと、真実に照らして。

踏み絵、やれよ。

225 :日本男児:04/06/30 19:28 ID:uljiEEzl
踏み絵賛成。何を踏まそうか?其処が問題ですナ?

226 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/06/30 19:30 ID:XQNdalrb
いやー、田舎の狭い農道で対向車のある時にガーっと、
追い越しかけたらマッドマックスみたいでハイになっち
まった(ゲラ

227 :名無しさん@3周年:04/06/30 19:34 ID:oFAfymBx
そーっつやーそー

228 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/06/30 19:46 ID:XQNdalrb
或る意味、昔は常時ハイテンションだったのになぁ。
一人で綱渡り気味の都市サバイバル生活して、死は
今よりもずっと身近だったっけ。

229 :名無しさん@3周年:04/06/30 19:56 ID:XQNdalrb
老病傷死のないところで宗教は理解できない。
昔、テレビのオウム特集でインタビュアーの
信徒への人間的共感を求める温い語りかけが、
見事に薄っぺらくて馬鹿にしたことあったっけ。


230 :名無しさん@3周年:04/06/30 20:33 ID:5gpUgeg/
地球上の有限の資源を奪いあっているのだから世の中に争いが
絶えないのは当然であると思う。もし争わずに資源を分け合ったら
今、裕福な生活をしている先進諸国の生活レベルは格段に落さざるは
えないと言われている。恐らくアメリカを中心とする現在の世界の指導者達は
それを望まない。グローバル化の推進は貧富の差を拡大し、少数の富裕層と
大多数の貧困層を生み出す。世界の支配権は当然、各国の富裕層が握り、
貧困は自業自得と切り捨てる(あからさまにはそうしないが)。
それを邪魔するのは、自分と同じようにすべての人々に幸福になって欲しい
と考える人々である。人間は弱いもので勝ち組みに入ったと判ると他は
どうでもよくなり、今のステータスを守ろうとする。
それを今のアメリカは象徴しているのではないだろうか?
米ソ冷戦の次に必要だったものそれが宗教対立であると私は思っている。
イラクを軍事大国にしビンラディンを有数のテロリストに育てたのは
アメリカであることを忘れてはならない。

231 :名無しさん@3周年:04/06/30 21:11 ID:XQNdalrb
ようするに、宗教はアメリカニズムに利用されただけってこと?

232 :名無しさん@3周年 :04/06/30 23:07 ID:W9Rd4I0y
宗教は必要と思う。(宗教ていうか教えかな?)
だだ問題は教えを利用する輩が多数いるだけ。
政治、宗教団体、利益団体etc
戦争だって神様利用すれば大儀名目成り立つしね。
現在のアメリカが百年後どういう歴史評価をうけるのかが見ものであるが・・・。





233 ::04/07/01 11:54 ID:F2/Ny8Fi
宗教は、政治や悪人に利用されやすい。
利用された結果、世界のあちこちで紛争が勃発し、また宗教がその紛争解決の
妨げとなってしまっている。

逆に宗教のおかげで幸せでいられる人ってどれほどいるだろうか?
宗教が世の中のために、どれほど役立っているだろうか?

少なくとも私のような頭の悪い人間には、宗教を存続させることに
よる利益よりも、危険性のほうが遙かに大きいように思えてならない。

234 :名無しさん@3周年:04/07/01 14:17 ID:qUl56fz6
risk and benefit

235 :232:04/07/01 22:34 ID:QMveDpsH
人は完全じゃないからね。
(肉体的にも、精神的にも)

その為、宗教という教えは必要ではないだろうか?
宗教(教え)から派生しているモラル、契約の意義、法等
は現在の人間生活には必要不可欠ではないだろうか?
毒でもあるし薬でもある。
完全なものを不完全な人間が扱う以上問題もある。
でもそのことに悲観するべきではないし、全否定するべきではない。
幸い私たちには考えることもできる、発言する場もある、行動することもできるからね。









236 :名無しさん@3周年:04/07/01 23:11 ID:/BaKXhry
>幸い私たちには考えることもできる、発言する場もある、行動することもできるからね。

宗教は人間からそれらを奪う特性も持っている。>>洗脳

だから危険なのだ。

237 :名無しさん@3周年:04/07/01 23:23 ID:vGIzUxYK
人間なんて誰だって信じてるもんさえ

238 :名無しさん@3周年:04/07/01 23:24 ID:vGIzUxYK
−信−

239 :名無しさん@3周年:04/07/01 23:25 ID:vGIzUxYK
−人間−

240 :名無しさん@3周年:04/07/01 23:33 ID:vGIzUxYK
わしら諸共信性人
なんじゃよーだ!

241 :232:04/07/01 23:45 ID:QMveDpsH
洗脳か・・・?
現在の私たちは何らかの洗脳(刷り込み)はあると思うよ。
宗教=洗脳=危険の思考こそ危険ではないだろうか?
それでは、何ら
A他の宗教を完全否定
他の宗教は部分的にも認めない。認めないどころか平気で邪な教えと蔑む。
と変わらないはて?
私は個々がどう考えて宗教を否定するのか(根本的なもの)見てみたい。
あげてみてくれませんか?
ぶっちゃけで結構です。(心の赴くままにお願いします。)

242 :名無しさん@3周年:04/07/01 23:58 ID:vGIzUxYK
232はいいこといっているんですよ

243 :名無しさん@3周年:04/07/02 00:02 ID:gcAlWdX3
否定してないと思うよ

244 :名無しさん@3周年:04/07/02 00:05 ID:nwXmsaac
宗教は糞以下

245 :名無しさん@3周年:04/07/02 00:06 ID:wkbo6LAR
歴史を振り返ってみれば極端な意見ほど悲惨な結果を招いてきた
宗教、共産主義、民主主義、科学、ファシズム
いずれもこれらの信念が思考停止の状態に陥ってきた時に宗教戦争、粛清と虐殺
地域間紛争、原爆、民族浄化が起こってきた。なんとなくましなのはやはり民主主義
だろうが、これとて民主主義のもとで虐殺が起きたとき救いようが無いという弱点を
持っている。こういう悲劇を繰り返さないためには環境変化の際、前のシステムが
完全破綻する前にソフトランディングを行う必要があるのだが人間はうまくいっていた
システムにしがみつくという習性をもっているだけに難しい。また本当に変革が必要
なのかどうかも後にならないと分からない状態が続いている。
ぶっちゃけ人間のやることは変わりそうに無い。何をやろうと

246 :232:04/07/02 00:47 ID:Xwtw9y4v
なんか宗教否定より人間否定ですね・・・。

247 :名無しさん@3周年:04/07/02 00:57 ID:NHCH1aM/
>>1
>@信仰の盲目性
>自らの考えを滅してでもその教えに従おうとする。事の善し悪しまでも
>自らの判断では区別出来なくなってしまう。

その教えが完全な殺生否定、暴力否定、独善否定。。。だったらどうですか?

>A他の宗教を完全否定
>他の宗教は部分的にも認めない。認めないどころか平気で邪な教えと蔑む。

自分の教えと同等な教えは肯定し、違っているところは何故そこを否定するのかを
論理的に説明し議論しようとする宗教ならどうですか?

現在・過去の宗教対立が原因と思われる争いの多くは、宗教(教え)が問題ではなく、
その団体の指導者に問題がある場合が多いと思います。
これは、宗教に限らず、自己の信じる思想、信条、民族の優位性を主張し、多くの人々
を煽動し争いを起こす指導者は多数存在しています。
例えば、現在の米英は民主化を旗印として多くの国々に争いをばら撒いているように
しか思えません。


248 :名無しさん@3周年:04/07/02 01:04 ID:nwXmsaac
宗教なんてなくなっても誰も困らないでしょ。
寺の坊主?
宗教なくなって、寺もなくなれば、坊主も少しはましな職業に
つくだろうし、奴らのためにもなる。
結局だれも困らないだろ?

249 :名無しさん@3周年:04/07/02 01:07 ID:nwXmsaac
>>247
>その教えが完全な殺生否定、暴力否定、独善否定。。。だったらどうですか?

そんなこと問題じゃない。
もっと言えば教えの良し悪しなど関係ない。
要は信仰に盲目的になるあまり、自分自身で物事を考えなくなってしまう
ことに問題があるのだ。

250 :名無しさん@3周年:04/07/02 01:09 ID:nwXmsaac
>自分の教えと同等な教えは肯定し、違っているところは何故そこを否定するのかを
>論理的に説明し議論しようとする宗教ならどうですか?

そんな宗教どこに存在するのですか?


251 :232:04/07/02 01:22 ID:Xwtw9y4v
>宗教なんてなくなっても誰も困らないでしょ。
日本人らしい意見ですねでも結構身近に宗教はありますよ?
初詣、お盆、クリスマス、etc
身近にありながら結構気づかないですけど・・・。
日本人は気づかないうちに宗教を取り入れておりますが

252 :名無しさん@3周年:04/07/02 01:31 ID:nwXmsaac
だからどうしたの?
それら全部ひっくるめて、この世に宗教はいらないって言ってんだよ。

253 :名無しさん@3周年:04/07/02 01:34 ID:nwXmsaac
とにかく、人の死で飯食う寺の坊主が大嫌い。
あそこのじじい早く死んで欲しいとか本気で思って
生きてるやつらだぜ。信じられないよ。

254 :232:04/07/02 01:40 ID:Xwtw9y4v
ほんとですか?


255 :名無しさん@3周年:04/07/02 16:39 ID:bSA6nYVD
本当

256 :名無しさん@3周年:04/07/02 16:39 ID:bSA6nYVD
常識

257 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/02 16:41 ID:U2at5b72
>>253
ほんとですか?

258 :名無しさん@3周年:04/07/02 18:16 ID:d8rtgwCU
http://mypage.naver.co.jp/niceday/mirai.htm

259 :日本男児:04/07/02 20:19 ID:uacZJpUK
>258さん、やめときな。あほらしい。

260 :名無しさん@3周年:04/07/02 21:26 ID:U2at5b72
おぅ、連れて行っとくれw

261 :名無しさん@3周年:04/07/02 23:25 ID:nwXmsaac
ユダヤ人は害虫

262 :名無しさん@3周年:04/07/02 23:49 ID:oPrXPtAO
−平和−

263 :名無しさん@3周年:04/07/03 00:22 ID:gpOnYKpn
ちょんはユダヤ人以下の糞

264 :名無しさん@3周年:04/07/03 00:25 ID:kv21uQkO
未だにくだらない妄想から抜け出せない
大和厨は再開胃だな

265 :名無しさん@3周年:04/07/03 00:42 ID:gpOnYKpn
うるせー、ちょん
糞臭いから日本から出て行け

266 :名無しさん@3周年:04/07/03 13:08 ID:yXXD4FQO
おれも宗教は要らないと思う。
つーか邪魔なだけ。

267 :名無しさん@3周年:04/07/03 14:07 ID:YumkVzmP
>>247
>完全な殺生否定
信者は歩くことも呼吸することもできず自殺するしかないな。

268 :名無しさん@3周年:04/07/03 15:30 ID:lKimVBMv
真・女神転生1というゲームをやってみなさい。
真実が見えてくるかも。


269 :232:04/07/03 17:59 ID:gpeJxyXQ
この二日ほど拝見いたしておりました。
驚いたことは宗教が否定されていることでなく。
人間(特定の職種及び人種)が否定されているわけです。
宗教が元悪ではないといえるのでは無いでしょうか?
根本的に人間は、身近に接しない者に対して敵意や嫌悪感を持ちうるといえます。
理解しようということをせずにそれを否定していては何も進展が望めない。

270 :名無しさん@3周年:04/07/03 18:59 ID:YumkVzmP
そうでんなあ

271 :日本男児:04/07/03 20:27 ID:MNApxTke
ナアニ、人は揺れ動くから、
右に行ったり左に行ったり、上に下にはショッチュウウサ。
天才の時も瞬間あるが、馬鹿の時もある。ソレダケのこと、
あおったり、糞味噌に言わなければ良いんだよ。普通が一番。

272 :名無しさん@3周年:04/07/03 20:28 ID:HcJ/5oaF
昔からあるものを否定するのはおかしい。
と、宗教肯定の人は言う。
しかしそれを言うなら詐欺、盗み、殺人といった犯罪も昔からある。
これらも昔からあるという理由で否定してはいけないのだろうか?



273 :名無しさん@3周年:04/07/03 20:44 ID:HcJ/5oaF
駄目なものを駄目、
いらないものをいらないと言って何が悪い。


こ の 世 に 宗 教 は い ら な い

274 :名無しさん@3周年:04/07/03 21:03 ID:5tpgsHj8
宗教否定する人は俺にとっては必要がない。
まさにゴキブリ。

といいたいわけだな。

275 :232:04/07/03 22:00 ID:wCxOIPG7
>しかしそれを言うなら詐欺、盗み、殺人といった犯罪も昔からある。
これらも昔からあるという理由で否定してはいけないのだろうか?

犯罪つまり善、悪の定義も宗教由来ですよ。
宗教からモラルが発生したしたように『なぜ悪いのか』、『やったらいけないのか』との定義づけ
がおこり、それを具現化するために法がつくられた。
『お前が殺されないために他人を殺すな』等の思想はあったがそれは権力者等の力を封ずるには
値しなかった。
その為に、地獄、天国の思想が出てきたわけで・・・。
現行の宗教は結構、人の手で脚色されてシステム化されております。
思考の停止はこのあたりに原因があるように思えます。(宗教の盲目性)
宗教関係の方は宗教の原点に立ち返ってみるべきとおもっております。


276 :名無しさん@3周年:04/07/03 23:04 ID:nHCu93G1
>>275
善悪の定義は宗教の発生以前からあった。
勝手に宗教の利点をデッチ上げるのはやめてくれ。
歴史を見れば、殺人を正当化するような善悪が逆転した『宗教』がいかに多いことか・・・

277 :名無しさん@3周年:04/07/03 23:19 ID:acbCn9Su
宗教....詐欺、強盗、人殺しなどの犯罪の隠れ蓑

278 :232:04/07/03 23:33 ID:wCxOIPG7
現代法の根本はキリスト教にあることは明確です。
またハムラビ法典はユダヤ思想より発生しております。
また善悪の思想は、2極性から端を発しており太古のゾロアスター教が始点といわれております。

>歴史を見れば、殺人を正当化するような善悪が逆転した『宗教』がいかに多いことか・・・
これは認めます。
しかし、宗教という名において行われた人による行為です。
宗教の教えの本質とかけ離れたものです。
アメリカでの9/11の出来事も本質はジハードではなくテロだと考えております。

279 :名無しさん@3周年:04/07/03 23:50 ID:nHCu93G1
>>278
>宗教という名において行われた人による行為です。
これこそまさに宗教が不完全で危険なものかという証明だよ。
宗教が無ければ『宗教という名において行われた人による行為』は防げた訳だ。
宗教は危険で害悪をなすものだ。

>善悪の思想は、2極性から端を発しており太古のゾロアスター教が始点といわれております。
ゾロアスター教が発生する遥か以前のネアンデルタール人も善悪の判断はできたそうだ。
つまり、善悪の判断は宗教由来のものなんかではない。
宗教なんかに頼らなくても人は善悪を判断できる。
むしろ、宗教が善悪の判断を誤らせることだって頻繁にある。

宗教はいらない。


280 :名無しさん@3周年:04/07/04 00:18 ID:iiBzCo9W
この時代にまだ宗教にすがるような者がいるとは・・・
そのような者はどこかに『欠陥』があるのだろうな・・・

281 :名無しさん@3周年:04/07/04 00:23 ID:qQ4Z/y1K
>>280
激しく同意。


282 :232:04/07/04 00:41 ID:puI9YUpj
私も『完全なものを不完全な人間が扱う以上問題もある。』と述べたように危険性は述べました。
>宗教が無ければ『宗教という名において行われた人による行為』は防げた訳だ。
>宗教は危険で害悪をなすものだ。
これは確かにあるよね、否定もしないです。
でも、私個人(特定の宗教とまったく関係ない無宗教の馬鹿)から見れば宗教の教えの精神はそんな危険
と思えない・・・。

ムスリムの人と接したこともあるが(以前研修にて)すばらしい人が多かった。
宗教的儀式(お祈りや、ラマダン)もあったが特に盲目的に行っているとは思えなかったし、
言ってもいなかった。
いろいろ宗教的な話をするより恋人(日本人)や豚骨ラーメンが大好物であった。
個人的には彼らと接して刷り込まれた情報が晴れていったことが多くあった。
個々で宗教と接する限り問題もないし否定もできない。
ただ扇動されれば危険性は発生するでしょ?それはどんな思想、民族であっても同じじゃないかな?
宗教に限ったことじゃないんだから。

283 :名無しさん@3周年:04/07/04 01:55 ID:LJUH2BJj
>しかし、宗教という名において行われた人による行為です。
>宗教の教えの本質とかけ離れたものです。

こういう万能の言い訳に逃げ込むから、ここで宗教が叩かれるのでは?

普通は、システムに誤りが発生すれば、
システムのどこかに欠陥があると考えて
原因となる欠陥を少しでも取り除き、再発防止に前向きに努力するもんだ。

ところが、宗教は、ひとたび欠陥を認めてしまえば、
超越的な権威が崩壊しかねないので、欠陥は認めるに認められない。
で、欠陥のすみやかなる除去が、なかなかなされないのだな。

このあたりに、単なる人為集団ではない、宗教固有の問題が潜んでいると思われる。

宗教にも悪がある、しかしそれは、人間について回るものだっていってたら
そんな宗教はいつまでたっても進歩しないよ。

284 :名無しさん@3周年:04/07/04 02:01 ID:oT0VKh4F
俺にはわざわざ宗教板にまで来て必死に叩く人間こそ欠陥品にしか見えないけどね。
まぁ、実社会じゃホントにそうなんだろうけど。

285 :232:04/07/04 02:08 ID:puI9YUpj
確かにね。
でも宗教は進歩しなくていいと思う。
もともとの教えの精神は『自立』に在るから・・・。
人間一人一人が、神の前に立つ自律的人間の思想だと思う。
人間の本質が変われば宗教なんか要らないといえてくるんですよ。

ぶっちゃけ私も団体(某宗教団体)は嫌いですよ w




286 :名無しさん@3周年:04/07/04 02:18 ID:EPvtE1eL
>>278
古代の日本や中国には善悪の概念が無かったとでも…?

287 :232:04/07/04 02:26 ID:puI9YUpj
ん・・・。
ちょっと違う、勧善懲悪思想の根本の事いったわけで・・・。
言い訳がましいこといってすまん。

>古代の日本や中国には善悪の概念が無かったとでも…?
曖昧な定義なら存在いしたでしょ。
でも明確には分別できてないはずでは?
親殺しとかけっこうあるしね。それも肯定的に・・・。





288 :名無しさん@3周年:04/07/04 10:02 ID:EPvtE1eL
旧約聖書にも肯定的に子殺しとか女子供虐殺の話が載ってるし
中世ヨーロッパでは貴族が農民の娘を強姦する話が肯定的にたくさん残ってたりするから
その理屈にはあんまり説得力がないぜ

289 :名無しさん@3周年:04/07/04 10:19 ID:ysnUDhy6
しょうがないだろ、善悪は人間の中に共存しているものなんだから。
あー天使と悪魔ね。

290 :名無しさん@3周年:04/07/04 11:29 ID:1JHIfkTP
すいません善悪の定義って?
なに?
その時代で変わらない?評価も?



291 :名無しさん@3周年:04/07/04 17:08 ID:teZoO5cA
>>284
宗教板で言うから意味があるんだよ。
他の板で、「この世に宗教はいらない」と言っても
「ふーん、そうだね。」ぐらいの反応しか返ってこないよ。

292 :名無しさん@3周年:04/07/04 20:31 ID:HjeIwTgx
宗教=害虫

293 :名無しさん@3周年:04/07/04 21:51 ID:RRM4N/T4
>>291
そうだよね。
世間一般では『宗教=不要』が浸透しているから、『当たり前じゃん!』で終わっちゃうもんな。
社会に害をなす宗教バカを叩くにはここに限るよ。

294 :名無しさん@3周年:04/07/04 21:55 ID:oT0VKh4F
>>291
そうかな。ただ単にこじつけて叩いてるだけでしょ。
ブッシュが宗教で戦争やったって・・本気で思っちゃいないよね。
日本の国家予算の半分を軍事費に使う国なんだからねぇ。

295 :名無しさん@3周年:04/07/04 22:27 ID:EPvtE1eL
ブッシュが宗教票のためにやってるのは中絶忌避とイスラエル擁護くらいだな

296 :名無しさん@3周年:04/07/04 22:44 ID:Qb+Ul/WR
宗教が世の中に必要かどうかはわからないが、
世の中の大半の人が宗教を必要としていないことは事実だろう。

297 :名無しさん@3周年:04/07/05 10:33 ID:V7kVKrHW
>>294
ブッシュが戦争止められない原因は宗教にあるんじゃないの?

298 :名無しさん@3周年:04/07/05 10:40 ID:27xZy791
宗教はいらない。
民主主義、共産主義、拝金主義、グローバリゼーション、。。。
みんないらない。


299 :名無しさん@3周年:04/07/05 11:10 ID:27xZy791
>>1
>@信仰の盲目性
>自らの考えを滅してでもその教えに従おうとする。事の善し悪しまでも
>自らの判断では区別出来なくなってしまう。

「自らの判断」について考えてみる必要があると思う。
「自ら」と呼んでいるものはその人の過去の経験や得た知識がベースとなっている。
当然、小さい頃からある宗教に属していればその考え方に「自ら」の考え方は
似てくる。我々は、「日本教」の考え方に既に支配されているということをまず
認識する必要がある。



300 :名無しさん@3周年:04/07/05 12:08 ID:1/hDV5pC
300GET
例えあなたの言う「日本教」に支配されていたとしても
いかがわしい宗教に洗脳された頭よりはましな判断が
下せると思われ。

301 :名無しさん@3周年:04/07/05 14:59 ID:Q9AMkCsC
むしろ今の日本は「アメリカ教」に蝕まれているのでは?
その「アメリカ教」にしても、もとをただせば、キリスト教
ではないのか?

302 :名無しさん@3周年:04/07/05 16:18 ID:V7kVKrHW
アメリカ馬鹿

303 :名無しさん@3周年:04/07/05 16:32 ID:HPpCEs2d
キリスト教のアメリカが、イスラム教のイラクに異常なほどの敵対心を抱いて
イラクをボロボロにしてしまった。

304 :名無しさん@3周年:04/07/05 16:56 ID:DRmkcoMp
まあアメリカ教だろうが日本教だろうが、それ自体を疑えるうちは健全。
絶対に正しくまちがっていないとか言いだす思想はたいがい暴力的になるね

305 :名無しさん@3周年:04/07/05 22:17 ID:mbr1a/tX
アメリカ(ブッシュ)の目的は石油です。
話を元に戻そう。

>>304
そのとおりですね。
全ての宗教は絶対思想と暴力的要素を含んでいると思いますよ。
自覚してるか、してないかは別にして・・・


306 :名無しさん@3周年:04/07/05 23:01 ID:ifO7jNJO
「この世に宗教はいらない」って言ったジョンレノンは殺された。

307 :名無しさん@3周年:04/07/06 01:51 ID:E4Cbnrpv
第二次世界大戦時に神道(天皇家)が政治家に利用されて軍国主義が
強大なものとなった。戦後この反省からと日教組の偏向教育のおかげで
宗教は普通の人がやるものではないという観念が戦後世代に埋め込まれた。
そして変わりに拝金主義が日本の国教となった。
自衛隊もこの教えに従い戦場に送り込まれた。
と思う。



308 :名無しさん@3周年:04/07/06 10:36 ID:mGziDWS6
結局宗教は今も昔も政治に利用されやすいということでつね。

309 :名無しさん@3周年:04/07/06 11:18 ID:mGziDWS6
【新たに教団幹部逮捕 オウム薬事法違反事件】
オウム真理教(アーレフに改称)の信者が関与した無許可塗り薬販売事件で、
警視庁生活環境課と公安部は6日、薬事法違反(無許可販売)の疑いで、教団
幹部野田成人容疑者(37)を逮捕した。ほかにも数人を取り調べており、容疑
が固まり次第、逮捕する方針。(共同通信)

やっぱり解散させるべきだったな。あれだけ叩かれたのにいまだにこんな犯罪を
犯している。



310 :名無しさん@3周年:04/07/06 11:29 ID:0PBFTj/U
薬事法違反....ちっちゃな犯罪という人もいるだろうが、
思えば、麻原が若い頃逮捕されたのもにせ薬販売による薬事
法違反だった。

そういうことをしてはいけないという道徳的なことを教える
立場の宗教が平気で犯罪を犯す。いつまた殺人集団に変貌しない
とも限らないのでは....。


311 :名無しさん@3周年:04/07/06 11:33 ID:UsKtg4f2
個人宗教、個人哲学これに限ります。
他人に迷惑をかけなければ何を考えても何をしててもいい。
この国は無宗教という宗教に属してます。

312 :名無しさん@3周年:04/07/06 11:48 ID:KdgXs0Om
ニチリンを知ればしるほど
犬浅貝がマチガイであるコトニキヅイタ

313 :名無しさん@3周年:04/07/06 16:04 ID:0PBFTj/U
>>311
それは宗教では無く思想。

314 :名無しさん@3周年:04/07/06 18:01 ID:mN8vpXWM
少なくとも宗教で救われる人間がいるとは思わない。
「救われた」と錯覚する人間はいるかもしれないが。

315 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/06 18:16 ID:hGUW/6W2
漫画でも読んでろ。

316 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/06 18:18 ID:hGUW/6W2
糞な宗教はとことん糞だが、人のためになる宗教もある。

317 :♯13243546:04/07/06 18:50 ID:6NtL7cXr


318 :名無しさん@3周年:04/07/06 18:54 ID:RLD+H0xQ
人のためになる宗教って何ですか?


319 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/06 20:24 ID:hGUW/6W2
>>318
肉親の死に立ち会ったことは?

320 :名無しさん@3周年:04/07/06 21:42 ID:DgaO2FVW
なるほど、ココロのマスイに役立つと

321 :名無しさん@3周年:04/07/06 21:53 ID:yItjVWRH
>>316
お前、余計なおせっかいの学会員だろ?
南無妙法蓮華経が世界で一番などとおかしなこと言う人たちの仲間だ。
南無阿弥陀仏を唱えるのも同じだが。

 まともな人間は、そんなもの唱えてもなにもならないと知っているが。

322 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/06 21:56 ID:hGUW/6W2
俺を学会扱いするヤツは、この板じゃ新参者だなぁ。

323 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/06 21:59 ID:hGUW/6W2
>>320
お前は親や子供が死んでもニヤニヤしてられんだろうな。

324 :名無しさん@3周年:04/07/06 22:29 ID:25+7pS2A
処刑ライダーって女神転生のキャラじゃないか。
マニアックなゲームを知ってるね。名作だな。


325 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/06 22:36 ID:hGUW/6W2
ハリウッド映画の方だけど、どっちにしろB級だよね、このコテw


326 :名無しさん@3周年:04/07/06 22:45 ID:dIA+V/0/
>>325
死ね。

327 :名無しさん@3周年:04/07/07 02:09 ID:EHWUHo9Z
>>1
>そんな狂気に走った人たちが核のボタンを握ったらこの世はどうなって
>しまうだろうか?考えただけでもぞっとする。

既に握っている。ブッシュのアメリカ(キリスト教原理主義)。


328 :名無しさん@3周年:04/07/07 02:11 ID:oe0Gi8O+
小さいことは気にしなくてもいい・・
全部無常です

329 :名無しさん@3周年:04/07/07 02:14 ID:oe0Gi8O+
気分次第

330 :名無しさん@3周年:04/07/07 02:15 ID:oe0Gi8O+
全部自分に教えてもらったのかな

331 :名無しさん@3周年:04/07/07 02:37 ID:oe0Gi8O+
人間はなんでも考えられる、考える、世間を知ろう、自分を知ろう、それでいい・・?
それじゃあだめ

332 :名無しさん@3周年:04/07/07 02:46 ID:oe0Gi8O+
みんなおんなじです
なにをやってもです
卒業したらまた始まり

333 :名無しさん@3周年:04/07/07 02:53 ID:oe0Gi8O+
未熟な運命

334 :名無しさん@3周年:04/07/07 03:09 ID:oe0Gi8O+
甲本ヒロト最高!!!!

335 :名無しさん@3周年:04/07/07 03:21 ID:oe0Gi8O+
言葉なんかより気持ちだ

336 :名無しさん@3周年:04/07/07 03:31 ID:oe0Gi8O+


























337 :名無しさん@3周年:04/07/07 05:11 ID:m1Rhq3k0
さっきこの板で宗教の質問をして
わかりました。
自分が間違ってた事を。
宗教はいらないんですね!
そう考えると、生きる事は楽に思える。

338 :名無しさん@3周年:04/07/07 11:27 ID:mBC6D6sW
1人でもそう思ってくれる人が出てきてくれると
とても嬉しい。

339 :名無しさん@3周年:04/07/07 11:42 ID:je+gOVsZ
>宗教はいらないんですね!
>そう考えると、生きる事は楽に思える。

うん。 確かにセミには宗教はいらん。
みーーーーん、みーーーーーん。
って騒いで、やるべき事をやって、だいたい
1週間で逝きゃあいいんだ。
何も考えなくていい。
本能がやってくれる。



340 :名無しさん@3周年:04/07/07 11:50 ID:mBC6D6sW
今度は他人をセミ扱いか?

341 :名無しさん@3周年:04/07/07 13:18 ID:je+gOVsZ
>>340

神なき人の惨めさはそれと同じ。

342 :名無しさん@3周年:04/07/07 13:51 ID:hJ7J7NCz
教わってばかりのようでも自分も同じように教えているんですね

343 :名無しさん@3周年:04/07/07 14:00 ID:hJ7J7NCz
本当の俺をどうか見てください、もう見られているんですね

344 :名無しさん@3周年:04/07/07 14:05 ID:mBC6D6sW
>>341
オマエの理屈でいけば、日本人のほとんどは
セミだな。

345 :名無しさん@3周年:04/07/07 15:28 ID:je+gOVsZ
>>344

パスカルの言葉だから、おフランスも同じ。

346 :名無しさん@3周年:04/07/07 15:56 ID:XpEU9EkT
パスカルってあれだろ?
『パンセ』の中で「旧約の大洪水にあたる記述がないから
『史記』ほか中国史はみんな嘘っぱちだ」と言ったどきゅそだろ?
この思い込みの激しさはチョソ並だよな。(w


347 :名無しさん@3周年:04/07/07 16:03 ID:GBubpMs5
パスカルか。

じゃお返しにニーチェの言葉をどうぞ。
「人間が神のしくじりにすぎないのか、神が人間のしくじりにすぎないのか。」


348 :名無しさん@3周年:04/07/07 16:11 ID:GBubpMs5
人間が宗教を造るのであって、宗教が人間を造るのではない。


349 :名無しさん@3周年:04/07/07 16:33 ID:GmWync/W
天獄

350 :名無しさん@3周年:04/07/07 17:14 ID:FUJinZcl
結局、国松長官銃撃事件もオウムの仕業だったか。
宗教なんてろくなもんじゃないな。

351 :名無しさん@3周年:04/07/07 17:16 ID:je+gOVsZ
>>346
中公文庫のパンセの第9章「永続性」
をゆがめて読むと、そうなる。
 


352 :名無しさん@3周年:04/07/07 18:05 ID:yCuGtCnJ
結局キリスト教も、仏教も、オウムも、イスラム教も、
みんなおんなじだろ、宗教なんてw

353 :名無しさん@3周年:04/07/07 19:07 ID:h5ZW8GH7
現代の科学でもまだまだ分からないことがあるし、
科学至上主義といった考え方が尊大なのは分かる。
しかしだ。現代の科学が解明してきた考え方や、
ほぼ間違いのない事実まで否定するような宗教は糞。

神がアダムを作って肋骨を取ってイブを作った?
バカも休み休み言え。

結局宗教と言うのは、自分自身を持たないような人間が
すがるための必要悪。究極的に言うと、人間はその知性と想像力
の豊かさゆえに、自らの死後をもあれこれと想像するようになった。
そうすると不安が出てくる。その不安を鎮めるのが宗教と言うわけ。

何かを成すための力は、結局自分自身の努力がその全ての源と
なるのであって、神に祈るからではない。ましてや創価みたいに
勤行したらご利益、などという考えは支離滅裂。

確固たる自分の意思を持った強い人間に宗教は不要。


354 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/07 19:11 ID:b8VPEZp2
>>346
ふーん、そんな箇所あんのか。どこ?

355 :名無しさん@3周年:04/07/07 19:28 ID:9lTLSJnu
政教分離


356 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/07 19:29 ID:b8VPEZp2
靖国問題

357 :名無しさん@3周年:04/07/07 20:23 ID:je+gOVsZ
>>353
>神がアダムを作って肋骨を取ってイブを作った?
>バカも休み休み言え。
なるほどそうだが、創世記が書かれた時代に生きた人に
とっては、これで十分だった。
当時は不可解なことだらけ。
大切なのは、男女の在り方を言っている点。
ジェンダーフリーとかが最近問題とされてる。

>何かを成すための力は、結局自分自身の努力がその全ての源と
>なるのであって、神に祈るからではない。
祈れば何でも実現するなどとキリスト教は教えていない。
まず、希望を持つことが必要なんじゃないのか?
イメージがなければ行動もないだろう。


358 :名無しさん@3周年:04/07/07 20:55 ID:VaqJ88DY
>>357
創世紀の時代にはそれでもよかったかもしれんが、この現代でもそれを頭っから
真実だと主張して進化論を攻撃するやつがいるよな。
アホだな。

359 :調田夜:04/07/08 02:12 ID:iO+rPvCA
すいません、突然ですがおじゃまします。
内容が議論になってきたので上記の「宗教なんでも@質問箱」から移動してきました。
リンク先の名無しさんの主張は、たぶん【既存の宗教の見直しをして、真の宗教とは
どんなものなのか明らかにする必要があるのでは】ということだと思います。宜しくお願いします。
●参考リンク
>>http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079783590/516
>>http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079783590/522-525
>>http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079783590/553
>>http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079783590/563
>>http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079783590/565-568

>>http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1079783590/568
>不明=明らかにしなくてもよい、もしくは、不明ゆえに正しく知ろう、あなたはどちらですか。

こと「各宗派の教義」に関して言えば「不明=明らかにしなくてもよい」と言う立場です。
端的に言うと私自身は「宗教いらん」という人です。
世界宗教ぐらいは一般教養として概略を知ってた方が何かと便利、とは思いますので
知ろうとすることを否定もしませんし、他人の宗教を取り上げる趣味もありません。

360 :調田夜:04/07/08 02:13 ID:iO+rPvCA
>>359(つづき)
例として、オウム・キリスト教・北朝鮮(他、カルト団体)を挙げてらっしゃいますが
それらを教義に寄って分け、良い・悪いと批評することには今のところあまり意味を感じません。

ただそれらの団体が違法行為を働くことがある場合は、その行為自体を問題視し
個別に法的に対処していくことは必要だと思いますし、それを繰り返す団体はリストアップして
監視したり、世の中には宗教のように見せかけて人を食い物にする事を目的とするような
団体があると言うことを啓蒙していくというような事も、必要だと思います。

この考え方は私独自のものでは無く(^^;欧州でのカルト対策について述べたものです
(要は受け売り)。

参考になりそうなページを挙げておきます
>ヨーロッパの〈セクト(カルト)宗教〉について>>http://www.relnet.co.jp/kokusyu/brief/kkouen1.htm

それと上記リンクの名無しさんへ・・・議論する時は独自の名前を入力してください。
発言に返事をする時は>>○○というように元となった発言の番号を入れてから書いてください。
宜しくお願いします。


361 :名無しさん@3周年:04/07/08 03:55 ID:dXMFkhAm
カナダ?だったかな、進化論と創造論の両方を学ばせる
そうだよ。(間違ってたらごめんなさい。)
勝てば官軍ではなくて、少数意見も尊重してほしいね。


362 :名無しさん@3周年:04/07/08 04:23 ID:Q47GpeVp
>>357
ガキのころ、ご本尊様にお願いすれば願い叶うよと
教えられましたが(創価学会)。


363 :名無しさん@3周年:04/07/08 04:27 ID:Q47GpeVp
>>361
「人間はアダムとイブなどという、お馬鹿な妄想を信じてきた歴史があるのですよ。
今では人間は徐々に進化してきた、という進化論が常識です」という感じで
人間の創造論をあくまで歴史的な人間の思想として教えるのだったらいい。


364 :名無しさん@3周年:04/07/08 08:55 ID:C3s5S9fg
>>361
山のように証拠がある理論と聖典に書いてあるだけの物語を同列に扱うのか?
それに世界には無数の創世神話がある。
それも同列に扱い全て教えるのか?
現代に新興宗教の教祖が世界は私が創りだしたとか言いだしたら
それも同列に扱い教科書に載せるのか?

365 :名無しさん@3周年:04/07/08 14:50 ID:iXM3MNVH
世界は複雑で深くてよく理解できんもんじゃのう

366 :名無しさん@3周年:04/07/08 15:23 ID:B0Em0foG
Bあたかも死後の世界を保証するかのような甘い言葉
平気で自爆テロを行うその裏には死んだ後楽しい世界があるという教えを
鵜呑みしていることが大きく影響しているように思われる。

本当にそんなこと信じている馬鹿がいるのか?

367 :名無しさん@3周年:04/07/08 16:21 ID:FdFNPuYU
>>364
>>山のように証拠がある理論と聖典に書いてあるだけの物語を同列に扱うのか?

その理屈は、創造論だけ教えて、進化論を教えない人の物と同じです。
別に、無数の創世神話があったって、言語と同じで、
各ネイション(日本の場合は国家と同意)ごとに、選択し、教育すればよい。

宗教的価値観がなくても、
日本のように、単一民族だと、あまり深刻な問題にならないんだよね。
日本人の長所でもあり短所でもある。
ちょっと、寂しいよね。

368 :名無しさん@3周年:04/07/08 17:51 ID:SsYIVB1e
宗教は、人間一般の強迫神経症である。
byフロイト


369 :名無しさん@3周年:04/07/08 18:13 ID:FdFNPuYU
>>368
フロイトのその説は、現在信用されてません。
精神・心理学関係の勉強をしてから、引用して下さい。

学問と芸術を持っている者は、同時に宗教を持っている。
学問と芸術を持たない者は、宗教を持て!
byゲーテ

370 :名無しさん@3周年:04/07/08 18:37 ID:h+mdYYW2
じゃこんなのはどう?

宗教とは、我々の義務のすべてを神の命令とみなすことである。
byカント


371 :名無しさん@3周年:04/07/08 20:47 ID:C3s5S9fg
>>367
同じ?ってことは、
創造論を主張する側は、何か根拠があると言っているのか?

372 :名無しさん@3周年:04/07/08 20:54 ID:Hn/4/LeF
 早い話旧約聖書です。天地万物は神さまの創造物です。アインシュタイアンですら
この宇宙の法則を検証すると偶然でなく創造主(神)の存在を認めざるを得ないとの
発言はあります。

373 :名無しさん@3周年:04/07/08 20:58 ID:FdFNPuYU
>>371
他の価値観を排他すると言うことで同じでしょ。

キリスト者にとっては、聖書に書かれていると言うだけで
十分な根拠になります。

排他的な人は、イスラム原理主義も、キリスト教原理主義も
批判できないですよ。
本質的に同じ物ですから。

374 :名無しさん@3周年:04/07/08 21:58 ID:/lbcD9f7
>>372
どうして宗教カブレはビッグネームを出したがるんだろう?
アインシュタインは確かに天才だが、同時に幾多の『間違ったこと』を言っている。
『この宇宙の法則を検証すると・・・』も間違ったことの一つに過ぎない。
権威を前面に押し出すのではなく、証拠や理論を押し出してみたらどうだ?
少なくとも進化論者は証拠に立脚した理論構成をしているではないか!
それができないから、宗教は社会からキモがられている。

375 :澄良木 ◆PTMBBjUvPc :04/07/08 22:03 ID:RcbGi+Sw
>>364
自分は進化論を支持しています。
けれどもそれを証明する「山のような証拠」を直接見てはいないし、見る気もありません。
多くの人が正しいと言っているようなので、たぶん進化論が正しいんだろうな、という程度です。

まぁ 社会にはこの感覚が分かる人と分からない人の二種類がいるんだなと思います。



376 :名無しさん@3周年:04/07/08 22:28 ID:KqLt7LHM
盲目的な人にその感覚はわからないでしょう。

377 :名無しさん@3周年:04/07/08 22:39 ID:C3s5S9fg
数ある仮説があった場合、その信頼度の高低を調べ十分に信頼度が高いと
判断されたものが教科書にのせられるレベルであるとして採用される。

その手法によって、相対性理論が間違っているとか、
ナスカの地上絵は宇宙人が描いたとかいう仮説は教科書にのらないことになる。

聖書に書いてあるから、というのは聖書には真実のみが書かれていると信じる
一部の人間にしか効果のない証拠であり、その他の信頼度には影響しない。
創造論を教科書に載せるべきだと思うならば裏付け調査や発掘資料の提出などで、
その他の人間にとっての信頼度をも高めるための努力をするか、
聖書には真実しか書かれていないという仮説の証拠を提出するかのどちらかが必要だ。

378 :名無しさん@3周年:04/07/08 22:55 ID:FdFNPuYU
>>377
>>創造論を教科書に載せるべきだと思うならば裏付け調査や発掘資料の提出などで、
>>その他の人間にとっての信頼度をも高めるための努力をするか、
>>聖書には真実しか書かれていないという仮説の証拠を提出するかのどちらかが必要だ。

あまりにも幼稚なので、レスしたくないのだけど・・・・。

ところで、あなたは、音楽や絵画や彫刻には興味ありますか?
ピカソの絵なんかを見て、理解できますか?
仏像やアンコールワットのような宗教遺跡を、見てみたいと思いますか?

ナスカの地上絵を描かせた、当時の人々の宗教概念に興味がありますか?
科学とは全く違う、エジプトの神話や、ギリシャ神話に興味がありますか?

あなたは、そこから何かを学びますか?

それとも、教科書に載せるなんてとんでもない、ゴミなのかな?

379 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:02 ID:/lbcD9f7
>>378
で、何が言いたい?


380 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:03 ID:E/cKe2zb
>>378
お前こそわけわからんこと言うなボケ
>>377
は良識よ

381 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:06 ID:FdFNPuYU
>>380
378も良識ですよ。否定できますか

382 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:07 ID:6rfWFWjG
シャーロックホームズ曰く
火星の事は自分の生活には関係ない

それと同じく 神がいようが いまいが 俺の生活には関係ない。

383 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:09 ID:FdFNPuYU
>>382
でも、イラクに自衛隊を派遣すると、
関係ないじゃ済まないんでしょ?
だから、宗教板に来てるんじゃないの?

384 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:10 ID:Q+9N6dkV
>>378
宗教と芸術との本質的相違を看過している。宗教は超越的存在の実在を
信じるため、現実からの離脱や人格の不可逆的変容を生じる。芸術は、
見終われば(聴き終われば)、容易に現実に復帰できる。

385 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:11 ID:FdFNPuYU
>>384
>>宗教は超越的存在の実在を 信じるため、現実からの離脱や
人格の不可逆的変容を生じる。

386 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:16 ID:FdFNPuYU
>>384
>>宗教は超越的存在の実在を 信じるため、
>>現実からの離脱や人格の不可逆的変容を生じる。

このような信仰の仕方をしていたのは、ニーチェ以前の時代の人々です。
現代人は、神の死んでる時代に生きている。
個人主義にどっぷり浸かっている我々が、昔のような妄信はできません。

387 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:18 ID:E/cKe2zb
健康な人には医者はいらない。いるのは病人である。イエス
イスラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない。イエス


 罪のない人間を処刑する人々こそ、教えがいったということでしょうな。

388 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:19 ID:FdFNPuYU
>>384
もう少し右脳を使ってみたら?
ということですよ。

389 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:27 ID:FdFNPuYU
あなた達は、日本から一歩出ると、9割近い人が、
何らかの宗教を信仰している、と言う事実を忘れている。

何故、自分たち日本人だけが、こんなにも宗教に嫌悪感を感じるのか
疑問に思ったことはないのですか?

>>387
天皇陛下を神として、大東亜戦争を起こした我々も必要でしょうね。

390 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:30 ID:/lbcD9f7
>>389
先進国では信仰者はもう半数以下だよ。
日本と状況はほとんど同じです。

391 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:30 ID:Q+9N6dkV
>>386
宗教の現状を見ると、とても「神は死んだ」とは思えませんが。
往古の時代よりも、超越的存在の病的とも言える信仰は却って
強くなっている。即ち、素朴な自然宗教的傾向から、神経症的
要素が強化されている。ニューエイジ/精神世界系でも、超越的
存在が中心になっている。

392 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:31 ID:FdFNPuYU
>>390
アメリカの科学者で4割、
一般の人で、8割という情報があります。

393 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:34 ID:Q+9N6dkV
>>389
日本が、イスラエル、アラブ、インドのような宗教国でなかったことの
幸運を感謝すべき。外国の宗教国を羨む理由は全くない。

394 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:35 ID:E/cKe2zb
>>383 378 388 右脳を使うと思い込み過ぎるようになるよ。
気をつけよう。

382 :名無しさん@3周年 :04/07/08 23:07 ID:6rfWFWjG
シャーロックホームズ曰く
火星の事は自分の生活には関係ない

それと同じく 神がいようが いまいが 俺の生活には関係ない。←イラクに自衛隊派遣反対って言ってた?
                             (この人が言ってたレスがあればすまないが)


383 :名無しさん@3周年 :04/07/08 23:09 ID:FdFNPuYU
>>382
でも、イラクに自衛隊を派遣すると、
関係ないじゃ済まないんでしょ?
だから、宗教板に来てるんじゃないの?


395 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:36 ID:/lbcD9f7
>>392
その情報は正しくない。


396 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:39 ID:FdFNPuYU
>>391
信仰の仕方を知らないのでしょう。
カルトに引っ掛からないためにも、宗教を正確に理解する必要がある。

>>395
最近出た書籍の情報だけど。

397 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:42 ID:KqLt7LHM
創価学会は人間のくずの集合体。
こんな奴らが支持する公明党などに投票しちゃ駄目だよ。

398 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:45 ID:/lbcD9f7
>>396
どこの書籍?

399 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:47 ID:KqLt7LHM
昔からあるから宗教は必要だという馬鹿がいる。
そんなこといったら、人殺しや泥棒だって昔からある。
これも昔からあるから必要って言うのか?

400 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:49 ID:KqLt7LHM
朝鮮総連と創価学会ってどっちが害虫?
おれはどっちもどっちだと思う。

401 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:52 ID:FdFNPuYU
>>398
何処だったか、アメリカの最先端の科学者で、神を信じている人が減っていると言う
内容だったけど。

「で、何が言いたい? 」 こういうレスする人に真面目に答えたくないよ(笑

先進国の宗教信仰者が、減って、個人主義(マイ哲学ね)が増えて、
行き着く先の展望があるのかい?
あったら聞いてみたいよ   >>無神論者 諸兄

402 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:59 ID:/lbcD9f7
>>401
明らかにトンチンカンだったから、『で、何が言いたい?』と聞いただけだが・・・

>先進国の宗教信仰者が、減って、個人主義(マイ哲学ね)が増えて、
>行き着く先の展望があるのかい?
逆に宗教信仰者が増えれば輝く展望が見えるとでも言いたいのか?


403 :名無しさん@3周年:04/07/08 23:59 ID:FdFNPuYU
>>399
テレビアニメや、映画、アイドル、企業、スポーツ
これらは、みんな小さな宗教なんだと言う説明をしても
あなたには理解できないだろうな。

せめて、哲学だけでも、話せたら、説明できるのだけど。

404 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:03 ID:efWBaS1t
宗教の基本的定義は、超自然的存在を畏敬崇拝する行為だと思うが。
映画やアイドルにも超自然的存在がいるのですか。
いや、マジで教えてください。おながいします。


405 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:04 ID:y52AYVB/
結局のところ宗教信仰者って、最初から最後まで主観でしか考えることができないんだなぁ・・・
宗教を信じない大多数の人と『何かがズレでる』ことに最後まで気が付かないのだろうな。
社会全体が宗教を嫌うわけだよ。

406 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:06 ID:+juN20H/
>>402
それだ。
自分に、哲学があって、宗教を否定しているのなら、それはわかるし、
現代の一つの生き方なんだ。
しかし、あなたは漠然と、否定している。
違うかい?

宗教は、解答の一つでしかない。
それ以外の答えは、自分で見つけるしかない。
だから、宗教を否定すること自体が、排他的な原理主義と同じ構造をしている。

こう言って分る?

407 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:08 ID:+juN20H/
>>405
悪いが、俺は、宗教を説明するのに、宗教的な解説をしたことがない。
哲学だけで、十分説明できる自信もあるし、何人も説明してきた。

408 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:10 ID:eP86j4iF
>>401
架空の神ではなく、「神の造化・似姿」としてのすべての現実の人間を信じる
無神論のほうが、遥かに神に近い。
テレビでローマ法王がイラク戦争防止のために一生懸命祈っていたが、効果は
ゼロどころかマイナスだったな。

409 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:12 ID:+juN20H/
みんなのレベルに合わせて説明するのは、不可能だから、
誰か一人だけ代表で、哲学的な話に自信のある人が、出て欲しい。
誰かいるかい?

410 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:12 ID:HrcVgyzR
神に祈る暇があるなら
科学か哲学か歴史の本でも読んでたほうがましだな。


411 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:12 ID:y52AYVB/
>>406
あんただって偉そうなことを言っておきながら、漠然と宗教を肯定しているだけじゃん。
全然、具体的なことを言ってないし・・・
宗教を否定するのに哲学はいらない。
あんたは認めたくないだろうが、この国の大半の人は無神論が正しいことを科学的に『理解』している。


412 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:20 ID:S12BkVrb
無宗教――世界中の偉大な信仰の中で、一番重要な信仰。
byビアス


413 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:20 ID:+juN20H/
>>411
俺は、理系の大学院を出てるし、つい最近まで、無神論者(ほとんどの人が無知論者ね)だった。
だから、科学信仰べったりの、人間の考え方はよくわかる。

ただ、俺は、信仰に厚い方じゃないんで、説明するのもめんどくさい。
(あなたに、どれだけの予備知識があるか解らないからね)

414 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:24 ID:y52AYVB/
>>413
めんどくさいなら、もう寝なよ。

415 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:29 ID:+juN20H/
>>414
結局みんな、オコチャマだったんだろ。
真面目に説明しなくて良かったよ(w

君たちには、
「神は存在するかしないか」辺りが、ちょうどいい。
宗教を考えるには、早すぎる。

416 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:30 ID:efWBaS1t
理系の大学院を出た人間が、どういう過程で無神論者から信仰者に
変わったのか、その過程が知りたい。


417 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:32 ID:efWBaS1t
少なくとも他人をオコチャマ扱いしない、まともな人間が話をすべきだな。


418 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:35 ID:+juN20H/
>>416
そういう話を聞くには、チャンと大人としてのレスをしないとね。
私も、そんなに、いい人じゃないからな。(w
このへんで終わりにしよう。

419 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:35 ID:/MsRP8Wa
狂信的な無神論者

420 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:46 ID:AsEHtbUu
>>416
そんな話は聞かない方がいいよ。
思い込みに立脚した話ほど聞くに堪えないものはない。
どうせガタガタ言うだけで、具体的なことは何一つ言えないから・・・
それに大学院を出てるわりには論述が下手そうだし・・・

421 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:48 ID:efWBaS1t
まあ、宗教者は理屈じゃないとこで信じ込んでるから、無神論と議論しても
平行線になるのは目に見えているしなあ。最初から議論など
しない方が幸福なのかもしれませんね。
無神論者の方はその点謙虚で、神の存在がちゃんと証明されれば
皆信じると思うんだけどなあ。


422 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:50 ID:efWBaS1t
>>420
そうですね。はなから他人をバカにした態度で、謙虚さが感じられない
ですしね。


423 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:51 ID:efWBaS1t
その点死後の世界は存在しないスレでの、デルフォイと言う人は
きちんと議論しようという気概があって、実際、議論が成立していたからなあ。


424 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:51 ID:+juN20H/
>>421
だから、「神は存在するか」辺りが丁度いいと、言ったんだよ。
やっぱり、そうだろ(w

425 :377:04/07/09 00:51 ID:aQtqdXl6
>>378
創造論が文化や神話ではなく、多様な生物種が存在するという事実を
説明できる理論として教科書に載る、
ということを想定しての話であり、
そして事実を説明するためのものを記載するなら、文化や芸術を記載するのと違い
確実性や論理的妥当性を重んじることは当然だ。

第一、創造論を進化論と同列に語ることを議論しているこの文脈では
文化的な神話として創造論を記載することに対しての意見ではないことは明白だろう。

それを読み取れなかったあなたは国語能力に問題があるのか
たまたま一時的に読解力が落ちていたのかあるいはよく読まずにレスをしたのか。

426 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:52 ID:+juN20H/
>>423
オマエな〜(w
子供相手に、どれだけ疲れるか、自分でやってみろよ〜。

427 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:54 ID:AsEHtbUu
>>421
>無神論者の方はその点謙虚で、神の存在がちゃんと証明されれば
>皆信じると思うんだけどなあ。
まったくそのとおりですね。
無神論者は事実を事実として受け入れますからね。
その意味で、宗教が論拠も示さずに『結論を作る』ことに生理的抵抗感があるんでしょうね。

428 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:55 ID:efWBaS1t
>>425
そうそう、全く頓珍漢なレスをする奴がいるね。
俺も別に、人間の歴史的思想、物語として創造論を教科書に
載せるのは何も間違ったことではないと思うし。


429 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:55 ID:S12BkVrb
宗教は蛍のようなもので、光るためには暗闇を必要とする。
byショウペンハウエル

結局、宗教やってる人は心に闇をかかえた人なんじゃないの?

430 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:56 ID:+juN20H/
>>425
別にすり替えたワケじゃないよ。
話をわかりやすくしただけで。
でも、教科書に載せてる国もあるんでしょ?
何故、そんな、根拠のないことを載せるのか、
あなたが、考えてみたら?

431 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:56 ID:aQtqdXl6
相手を子供扱いし自分が上位に立っているかのように思わせたい、
もしくは自分でそう思い込みたいのだ。
痛々しいな。

語尾にわざとらしくつけたワライマークがこの人の焦りを表している

432 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:56 ID:efWBaS1t
>426
じゃあさっさと消えたらいいんじゃないでしょうか。こんな低レベルな
ところから。気になってチラチラ見てるから書き込みしてるんですよね?


433 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:57 ID:/MsRP8Wa
おにぎりの中の梅干が許せるか許せないかの違いとしか
語られていない気がする。

434 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:59 ID:+juN20H/
>>427
あんたも、調子いいね〜。
でも、そこまで認めたなら、あと一歩だよ。(w

435 :名無しさん@3周年:04/07/09 00:59 ID:S12BkVrb
もしかしてスーパーウエノじゃないの?

436 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:01 ID:aQtqdXl6
>>430
あまりにも趣旨に合っていないとんちんかんなレスを返してしまったことを
「話をわかりやすくしただけ」といういいわけはなりたたない。
読み違えてしまうことは誰にでもあるのだからそこまで取り繕おうとするな

437 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:01 ID:efWBaS1t
>>435
どういう人ですかそれ?


438 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:01 ID:+juN20H/
>>435
スーパーウエノって、誰か知らないけど、
コピペで、うんちくってる人よりマシじゃない。

439 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:02 ID:efWBaS1t
>>377は、人間の歴史的思想としての創造論を教科書で紹介することまで
否定しているわけではないはずだ。
そこをごっちゃにすると議論がおかしな方向に行ってしまいますよ。


440 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:05 ID:+juN20H/
>>436
とんちんかんじゃないでしょ、
宗教の、文化的側面が理解できるなら、
その宗教的側面も、同じ考え方で理解できる。

441 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:06 ID:S12BkVrb
スーパーウエノ名無し潜伏中

442 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:07 ID:+juN20H/
>>439
同じでしょ。
違うとしたら、アンコールワットは、文化遺産だけど、宗教遺産じゃないと言ってるようなモノだよ。

443 :ウエノ:04/07/09 01:08 ID:TTQ8jcbN
俺は書き込んでねーんだよ
文面見りゃわかんだろ

444 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:10 ID:efWBaS1t
>>442
いえ、違うと思いますよ。例えば創造論を例にとっていうと、
「キリスト教では、創造論というものが信じられてきた……」というように
書いたって全く問題ないと思います。
>>377がいわんとしているのは、さもそれが「事実」のように、
創造論を教科書で紹介するのはダメだ、と言っているのではないでしょうか。
キリスト教がどういう宗教かを紹介する過程で創造論を取り上げるのは
全く問題ないと思います。宗教の中にあるいろいろな教えを、「事実」として
紹介してしまうのがまずいと思うんです。


445 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:10 ID:S12BkVrb
>>443
いつも見てくれてんだね。

446 :ウエノ:04/07/09 01:12 ID:TTQ8jcbN
嬉しい情報ですよ
O型の人ってA、B、AB全部入ってるらしいよ

447 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:15 ID:efWBaS1t
というか今時創造論を「事実」として教えてるような教科書って
あるんだろうか。外国には。なにぶん浅学で。


448 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:16 ID:+juN20H/
>>444
文化遺産であることを、本当に理解している人なら、宗教遺産でもあることがわかるはずでしょ。
たぶん、科学と異なる価値観、或いは、相反する価値観を許容することができないのだと思うよ。

でも、人は、異なる価値観を使い分けることはできるし、そうでなければいけない。
世の中が、1つの価値観で埋まると言うことは、何も、宗教の場合だけが、怖いのじゃなくて、
科学でも同じことが起きるでしょ。

449 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:17 ID:/MsRP8Wa
アメリカは学校によってあるみたい
どれかは親が選ぶというがね

450 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:21 ID:efWBaS1t
>>448
俺の立場は、そういう意味で宗教遺産を教科書に載せるのは
別に構わないという立場だな。事実として創造論などを出しさえ
しなければ。音楽技術も、中世の単旋律聖歌からポリフォニー時代を
通じて常にキリスト教が背後にあったわけだし、そういう側面までは
否定しない。

ただ、神とか仏とか死後の世界とか、そういう話を否定しているわけです。
ですから、とにかく宗教がらみは全部NGという考え方の人とは少し違う。


451 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:27 ID:+juN20H/
>>450
そこまで、行ってれば、あとは、私と同じです。
私だって、創造論を科学的に信じているわけではない。

しかし、宗教的な価値観として、科学の進化論と同様に
大切なモノだと言うことです。

452 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:29 ID:/MsRP8Wa
進化論とて100%は証明されてないしね。



453 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:30 ID:efWBaS1t
では将来、もっといろいろなことが科学で解明されてきた場合、
天国とか地獄とか信じる奴がいなくなって、宗教は
その文化的側面が先鋭化して、普通の芸術とか思想に
昇華するだろうなあ。


454 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:37 ID:TTQ8jcbN
>>453
しないさ

455 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:37 ID:+juN20H/
>>453
20世紀が、科学の時代だったから、しょうがないけど、
あまり、科学に期待するのもどうかな?

21世紀は、バランスを採る時代だと思うよ。
実際、そういう動きは、あちこちで出てきてる。

456 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:39 ID:eP86j4iF
>>448
誤解するなよ。自然科学の対象は現実界であり、価値ではない。
だから奇跡以上の発達を遂げ、人類に巨大な利便をもたらした。宗教は、
根拠の皆無な神などを思考し、怪しげな価値など主張するから、数千年間
何の進歩もないばかりか、宗教紛争は激化するばかり。「改革」の度ごとに、
新たな紛争の原因を作り出す。根本が間違っているからだ。宗教ほど実は「神」
に遠いものはないことを自覚すべき。

457 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:42 ID:HdLAbbyp
>>389
>>390
>>392
>>395
情報の出所は?
調査団体、時期によってその信憑性が判断できる?
こういうものこそ正しさの証明がほしい。



458 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:46 ID:efWBaS1t
>>454
私が言いたいのは死後の世界が存在しないと科学的に完全に証明された場合の話です。
水が酸素と水素の化合物であることを否定する人はいないでしょう。それと同じ意味です。


459 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:47 ID:aQtqdXl6
>>440
ここまでの問答の展開から言って、その宗教的側面とは>>377への反論となる、
つまり信頼度が低い仮説を事実に対する説明として教科書に載せることを
正当化できるものなのだろう。

ならばそれを実演してもらいたいものだ。

文化的な側面について語ることで暗に示すなどとまだるっこしいことをせず、
今度こそあなたが「話をわかりやすく」することに成功する事を期待する

460 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:48 ID:TTQ8jcbN
人は正直に生きれば正しい良いことをしたくなるから
それでいいでしょ・・?

461 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:52 ID:+juN20H/
>>456
>>数千年間 何の進歩もない
何処から、仕入れた情報だい?
歴史を、表面だけじゃなく、深く調べて見た方がいい。

確かに、自然科学は価値観の破壊をするけど、それと同時に、
価値を作ってもいる。

地動説や、ビッグバンは、人類の価値観として、もう既に組み込まれているでしょう。
DNAもその一つでしょ。
宗教も同じで、資本主義なんかの成立の要因となっている。
この辺りは、大学生レベルだと、常識なので、書いてて、恥ずかしい(w

462 :名無しさん@3周年:04/07/09 01:56 ID:+juN20H/
>>459

448以降の説明を読んでくれ。
読んでから、書くこと。

463 :名無しさん@3周年:04/07/09 02:06 ID:eP86j4iF
>>461
この数千年間、宗教にどんな進歩があった?具体的に挙げてみ。イエスの
ユダヤ教改革?ルターの宗教改革?新たな大殺戮を生み出しただけではないか。

自然科学の直接の目的はあくまで現実の人間と自然であり、価値そのもの
ではない。価値は、自然科学の外部で勝手にこしらえたもの。


464 :名無しさん@3周年:04/07/09 02:17 ID:aQtqdXl6
>>462
>>459に対する返答として>>448を示したことと>>377の内容から
あなたの主張を読み取ると、

世界の成立に関することは価値観に大きく影響するので、
信頼度が高い仮説に基づく科学的な価値観だけでなく
信頼度が低い仮説に基づく宗教的な価値観も身につけるために
双方の仮説を事実に対する説明として教科書にも記載すべきだ、
と言う考えであるようにとれるがこのとおりなのだろうか

465 :名無しさん@3周年:04/07/09 02:22 ID:TTQ8jcbN
みなさんこまかいことかんがえすぎですよね

466 :名無しさん@3周年:04/07/09 12:41 ID:+kJSGs86
日本は信仰の自由が認められてるから、宗教やりたい人は
とことんやれば良い。

ただし、宗教に関係の無い一般の人に迷惑を掛けるようなことが
あってはならない。

467 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/09 12:50 ID:a1OeDx23
無宗教の人、自分たちの自分勝手な「普通」を
押し付けないでねw

468 :名無しさん@3周年:04/07/09 12:57 ID:GAkUgaN3
日本人の9割以上が「無宗教」
残りの1割が「普通」で9割が異常か?

469 :名無しさん@3周年:04/07/09 13:19 ID:bqwHAzhi
>>467
          __________________
         ./( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/|
         /( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/ .|
        ./( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  |
       /( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ./( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  / <  ・・・・・・プッ
      /( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  /   \_________
     ./( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  /
    /( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)( ´,_ゝ`)/  /
    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  /
    |      『プッ』詰め合わせ      | /
    |________________ |/


470 :ウエノ君:04/07/09 14:42 ID:lqh489TC
俺としては・・・
迷えばいいよ 多く迷うことが人間は一番大事なことだよ 人生はどんなに迷ったかでも決まるんだよ
とことん迷おうね

471 :名無しさん@3周年:04/07/09 15:19 ID:bqwHAzhi
スーパー

472 :名無しさん@3周年:04/07/09 16:01 ID:CYRIPc1S
宗教も、酒も、ニコチンも、マリファナも同じ。
現実逃避さ。
やりきれないときには必要さ。
どれを選ぶかは、本人の好みでしょ。


473 :名無しさん@3周年:04/07/09 16:10 ID:EmucfEIX
無宗教も宗教。だから俺を崇めろ

474 :名無しさん@3周年:04/07/09 16:28 ID:xO+/9fn2
宗教なんて所詮は趣味の一つ。
趣味の範疇で抑えておけばいいものを、わざわざ実社会に持ち込むから摩擦を起こす。
宗教で人生感を語るようになったら廃人同然だ。
アニメオタクの方がまだ社会適応能力は高いと思う。

475 :名無しさん@3周年:04/07/09 16:37 ID:bqwHAzhi
最近レスが伸びるなー

476 ::04/07/09 18:07 ID:nwMIsWqw
迷ってもなんでも積極的に行動しよう ただ迷うだけじゃなくてそこがポイント
好きなようにやりたいことをやればいいんですよ なにをやってもそんなに大差はないんです

477 :名無しさん@3周年:04/07/09 23:12 ID:S12BkVrb
葬式もいらない

坊主のくだらないお経で死者が成仏するとは思えない。
家族の悲しみを和らげてくれる?
坊主のお経なんか聞いたら余計暗くなってしまう。
何で葬式なんてものがあるんだろ?


478 :名無しさん@3周年:04/07/09 23:49 ID:aQtqdXl6
無宗教の葬儀もある

479 :名無しさん@3周年:04/07/10 01:11 ID:dzyUuc+9
人間にとって必要なのは、信じられる何かであり、信じるという行為
や信じているという状態。

それは別に宗教でなくても構わない。宗教はいらないといってる人に
とって、それは科学だったりするし、親の愛や恋人の愛、好きな趣味
だって何だって構わない。

問題なのは妄信すること。これは宗教に限らない。

この点をきちんとわきまえていれば、宗教を信仰することに何も問題
はない。

このスレタイのように宗教が槍玉にあがりやすいのは、単に規模が
でかくてわかりやすいから。

自分にとって宗教は全く必要ないが、いらないとは思えない。
仮になくなっても、>>187が言うように何かが置き換わるだけ。


480 :名無しさん@3周年:04/07/10 01:23 ID:i8jqr/R0
>>479
>それは科学だったりするし、親の愛や恋人の愛、好きな趣味
だって何だって構わない。

宗教は、架空の神仏の実在を信じるため現実からの離脱を生じる点で、
性質が違うよ。

>自分にとって宗教は全く必要ないが、いらないとは思えない。

文章がおかしい。意味不明。



481 :名無しさん@3周年:04/07/10 02:25 ID:dzyUuc+9
>>480

>宗教は、架空の神仏の実在を信じるため現実からの離脱を生じる点で、
性質が違うよ。

難しいな。申し訳ないけどそちらこそ何が言いたいのかよく分からない。

>文章がおかしい。意味不明。

「この世に」いらないとは思えない。日本語ならありがちな文章だと思うが。


482 :名無しさん@3周年:04/07/10 17:58 ID:FzPw9H8J
>>481
あっても無くても良い程度のものでしょ?
でもその宗教が引き起こしているマイナス面のことを考えると、かるがるしいことは言えなくなる。
イスラム過激派によるテロ。残酷極まりない人質殺し。
宗教が存在することによるメリットとデメリットを比べたら、後者のほうがはるかに大きい
ように思えてならない。

むしろあっても無くても良い程度のものなら、いっそのことこの世から無くなって欲しい。
世界平和のために、この世から宗教が消滅することを心よりお祈り申し上げます。

483 :名無しさん@3周年:04/07/10 21:20 ID:XHBGXcFy
>>477
人が死んだってことに区切りをつけるためにはいると思う
死を受け入れ気持ちを入れ替えるためにも
しかしこの数千年間の宗教の試みは失敗だったのか
それとも人の持つ狂気をあのレベルで止めていたのか



484 :名無しさん@3周年:04/07/10 21:30 ID:i8jqr/R0
>>483
宗教、特に一神教は、これだけ多数の人間を殺したのだから、明らかに失敗。
創唱宗教自体が狂気から発生している。

485 :名無しさん@3周年:04/07/10 21:42 ID:rrN4jtj4
俺は多紳教のほうが好きだね
ギリシア 北欧 神道などが 親しみもてる。

486 :名無しさん@3周年:04/07/10 23:15 ID:R9q+9v47
自分の狂気に悩むものにとっては同じ狂気に悩むものの失敗と成功と試行錯誤の
記録(それも大量)としてありがたいんだが
まともな人にとっては問題にすらならないことだからね

487 :名無しさん@3周年:04/07/10 23:43 ID:o/z7i5aR
>>479
自分にとっても宗教は必要ないが、人の身勝手を許さない宗教ならあってもいい。
―互いに身勝手なことをやめて、他人に迷惑をかけないように生きよう。また、互いに
 困った時があれば、助け合おう。宗教活動はしなくてよいから。―
その程度の宗教なら、あってもいいと思う。

人のことを考えず、自分だけのことしか考えてない人も世の中にはいるし。


488 :名無しさん@3周年:04/07/10 23:45 ID:o/z7i5aR
他人にその宗教をさせて、自分の平和を願う。これっていい考えだと
思うがなあ。

489 :名無しさん@3周年:04/07/11 00:35 ID:a1H2LY3H
全ての事柄などは理屈などによってでなくその時の状況、状態などによって転がり変わっていくものだし変えて順応させるものでそうした必要がありそういうものが本当のこの世界の一つの真理です
だから本当に真理の事物は一つではないとも言えます

490 :名無しさん@3周年:04/07/11 00:41 ID:JVpfxYQz
>457 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 04/07/09 01:42 ID:HdLAbbyp
> >>389
> >>390
> >>392
> >>395
> 情報の出所は?
> 調査団体、時期によってその信憑性が判断できる?
> こういうものこそ正しさの証明がほしい。

この板では当然のごとく既出だと思うが

科学者は無神論者か
http://www.nikkei-bookdirect.com/science/page/magazine/9912/kagakusya.html

主要な科学者はまだ神を拒んでいる
http://www.stephenjaygould.org/ctrl/news/file002.html

西欧諸国のキリスト教会出席率
http://www.nwcreation.net/images/survey.gif

とか。。。


491 :名無しさん@3周年:04/07/11 00:48 ID:wllY9BQz
>>487
それは宗教ではなくて、道徳の領域でしょう。宗教と道徳とは本質的に
異なります。宗教は、常に現実の人間を超越するものを信じるから、問
題を起こすのです。

492 :名無しさん@3周年:04/07/11 01:03 ID:JVpfxYQz
>463 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 04/07/09 02:06 ID:eP86j4iF
> >>461
> この数千年間、宗教にどんな進歩があった?具体的に挙げてみ。イエスの
> ユダヤ教改革?ルターの宗教改革?新たな大殺戮を生み出しただけではないか。

宗教が進化するっていうことは、
・今まで主張していた絶対の真理というのはうそぴょーん
・後継者たちの後知恵に頼る必要があるとは情けない教祖だっち
・神が想定していなかった事態が発生してしまったにゃ
ということなので、宗教の進化って、公には、ぶっちゃけありえない。

だから、新しい宗教(分派)が発生するときは
表面的には、現宗教の堕落を正す、原点に返れっていう形をとることが多くて
そのため、勢い、原理主義的で過激、場合によっては虐殺を引き起こすこともあるのだろう。

内発的に変化できない構造であるばかりか
それが要因となって、結果的に過激に人殺し?まったく迷惑な話だよな。

493 :名無しさん@3周年 :04/07/11 01:31 ID:kxKx1pmZ
 「無宗教政権であるソ連に露西亜正教会、ムスリムは弾圧された。
 無神論、無宗教って怖いよなー、平気で宗教を弾圧するんだもんなー。
 今でも中共と金正日は宗教弾圧してるし。」

 …って論法も可能かと思われる。
 宗教が安全だと言っているわけではないんですよ、念のため。
 無宗教が安全なんですか?と言っています。
 いかがでしょう?

494 :名無しさん@3周年:04/07/11 01:58 ID:e7JtcGg7
>>493
可能じゃないでしょうか。結局、宗教を否定することが教条になっている。

だから何であれ妄信が問題を引き起こすのであって、宗教そのものが悪い
のではない。

宗教がそうした妄信を生みやすいことは否めないが。

495 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 10:01 ID:unC7jxbe
イスラム過激派によるテロ。残酷極まりない人質殺し。
宗教が存在することによるメリットとデメリットを比べたら、後者のほうがはるかに大きい
ように思えてならない。

むしろあっても無くても良い程度のものなら、いっそのことこの世から無くなって欲しい。
世界平和のために、この世から宗教が消滅することを心よりお祈り申し上げます。

496 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:31 ID:uqQjbuzj
創価学会死ね。
偉そうに国政選挙に出るな。

497 :名無しさん@3周年:04/07/11 22:32 ID:jkpajSKo
無宗教というか、神を信じないってのは別段今に始まったわけではない。
聖書読んでみ。

人は絶え間なく言う。「お前の神はどこにいる」(詩篇42)

神を知らぬものは心に言う
「神などない」と。
・・・
善を行う者はいない。(詩篇53)

とまぁこんな具合に、「神も仏もあるもんか」という意見は太古から存在していた。

聖書ってのは、無神論者の増加に頭を痛めて書かれたような気がするくらいなもんで。


498 :名無しさん@3周年:04/07/11 23:00 ID:uqQjbuzj
あっても無くても良い程度のものなら、いっそのことこの世から無くなって欲しい。
世界平和のために、この世から宗教が消滅することを心よりお祈り申し上げます。




499 :名無しさん@3周年:04/07/11 23:21 ID:x5xnIA6f
宗教と無宗教で争うスレか。
人間が争いを水に流して生きることは不可能なのかね。
技術、組織、思想、状況、自己および他者の肉体と精神、
その他あらゆるものを利用して、人は何がヤリたいんだ結局?

500 :名無しさん@3周年:04/07/12 00:02 ID:7W8frfJk
>>495
例えばアラブ圏などの場合、イスラム教徒であることが我々の想像以上に「当たり前のこと」な訳だから
過激派のテロ行為によってイスラム教を否定することは不可能。
ましてや全宗教(ry
ていうか、こんなとこで過激派テロの話したって汁か。
テロリスト達に「宗教がなくなればいい」なんて言ったらたちまちターゲットだろ。
テロのに標的にならない方法は「イスラム教徒になること」の方が確実じゃねぇか?

んで、おそらくオウムを引き合いに出してくるだろうから言っとくけどそれも却下。
あの手のカルトは「元々問題のある人間」が自ら入信して構成される団体だから。
もっと納得できる御説をプリーズ。

>宗教が消滅することを心よりお祈り申し上げます。

wwww

501 :XYZ:04/07/12 00:09 ID:2Hc9ZFk/
 >>497
 同意。

 >>497
 そうだよね。
 「宗教が時代遅れ」なのではない。
 今も昔もこれからも、信仰と無神論は並存するだろう。
 (By ヒラのギリシャ正教徒)

502 :名無しさん@3周年:04/07/12 15:55 ID:N+Ho6Pci
とりあえず創価学会死ね。

503 :名無しさん@3周年:04/07/12 16:11 ID:aPKX98se
>>500
「イスラム教徒でることが当たり前のこと」と言っても、それは過去の遺物が惰性的
に残存しているだけ。合理的な根拠は皆無。ムハンマドの狂気から生じたこのような
荒唐無稽な代物を、現代において放置すべきではない。

「イスラム教徒にならないと自爆テロの犠牲になる恐れがある」のなら、それは宗教
の病理を示す以外の何物でもない。

オウムの信者は、生まれつき真面目で純粋な人間。宗教に入ったために問題が生じた。
順序を間違えているのではないか。

504 :名無しさん@3周年:04/07/12 16:47 ID:rLHgqryf
>>500
テロは対岸の火事ではない。


505 :名無しさん@3周年:04/07/12 17:52 ID:rLHgqryf
やっとまともな感覚の人>>503
が現れた。

506 :名無しさん@3周年:04/07/12 22:32 ID:rCZUe9Yb
こ の 世 で 一 番 胡 散 臭 い も の


死後のことをわかっていないくせに、保障するようなことをいう宗教者。


507 :名無しさん@3周年:04/07/12 22:56 ID:rCZUe9Yb
私は少なくとも日本人には宗教はいらないと思っています。というのも宗教にすがらなければならないほど
ひどい生活をしている人間はほとんどいません。仏教も金が重要って感じだし、キリスト教にいたっては
「イエスの復活」って「イエスの死体が勝手に消えた」って誰かが持ってったんだろ?とにかく宗教には
うさん臭い話がつきもので、結局は宗教をいいようにいじくっている奴が得をするようなもので、「社会主義
国家」みたいにいい話のようでうまい具合に誰かがおいしいように出来てるものです。少なくとも理性まで
コントロールされるようでは宗教は人間を駄目にする。

508 :名無しさん@3周年:04/07/12 23:02 ID:aPKX98se
>>506
この世で一番胡散臭いもの

見たこともないのに、神や霊について語る宗教者。

509 :名無しさん@3周年:04/07/13 04:49 ID:BfVT/HWz
>>507
最近、坊主が、泊まった旅館でダニだかなんだかに全身刺されて
読経が出来なくなったとかいって訴えた事件があった。
宗教なんてその程度。ビジネスビジネス。


510 :名無しさん@3周年:04/07/13 11:30 ID:PFbuVPTm
ビジネスの前に「悪徳」とつきます。

511 :名無しさん@3周年:04/07/13 19:04 ID:PFbuVPTm
偉大なる宗教家の皆様へ













まじめに働いてちゃんと税金を納めろ!!!!!!

512 :XYZ(正教徒):04/07/13 21:00 ID:aAzpQURt
 >>509
 だからそんな問題外と同列に論じないで頂きたい

513 :XYZ(正教徒):04/07/13 21:05 ID:aAzpQURt
 >>509
 それからそんな人でもカルトよりはマシではある。

514 :名無しさん@3周年:04/07/13 22:59 ID:Eof6uNfS
もう何回も言ってるけど、

宗教なんて五十歩百歩だろ。

てめぇーの宗教だけはまともだと、宗教やってる奴は
みんな同じことを言うが、それでいてお互いの宗教は
ぼろ糞に言う。

515 :名無しさん@3周年:04/07/13 23:06 ID:Eof6uNfS
どんなに奇麗事を並べても、結局はカネ目当て。
そういう意味で五十歩百歩。

516 :名無しさん@3周年:04/07/13 23:10 ID:3KUih2tj
精神にいささか異常をきたした教祖の、現実上の根拠が皆無な、口から
出任せの、荒唐無稽なたわ言を、大真面目に信じ込むという心理構造に
おいて、「全ての」創唱宗教は全く同じ。宗教者は何か反論ができるか。

517 :名無しさん@3周年:04/07/13 23:10 ID:L271bi2T
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/golf/1089661224/l50
俺が立てたからお願いもっともっと来てください

518 :名無しさん@3周年:04/07/13 23:11 ID:L271bi2T
おめ〜ら働け

519 :名無しさん@3周年:04/07/13 23:13 ID:Eof6uNfS
星の数ほどの宗教があって、お互いに他の宗教は決して認めない。
真実は一つだけだろうから、残りの星の数ほどの宗教は大嘘を
ついていることになる。
もちろん全員が嘘をついている可能性もあるが。

520 :名無しさん@3周年:04/07/14 10:43 ID:kTrAQdT8
>>518
オマエガナー

521 :名無しさん@3周年:04/07/14 15:21 ID:sf8kQwFf
?????????????????????????????????
?????????????????????????????????
????宗教って何か一つでも人の為になってるの??????????
?????????????????????????????????
?????????????????????????????????

522 :名無しさん@3周年:04/07/14 15:48 ID:UXz7wQmR
2chに真実はありません

523 :名無しさん@3周年:04/07/14 15:48 ID:MY4KvqZJ
今の俺なんて人間のくずだよ
ほんと何で生まれてきたんだろ・・って凹む時も多々
でも宗教なんて絶対にやらない自信がある
だって神信じてないもん
いないよ絶対(´;д;`)

524 ::04/07/14 15:50 ID:UXz7wQmR
雀の千声
鶴の一声

525 ::04/07/14 16:12 ID:UXz7wQmR
初心、昔の新鮮な気持ちを忘れないことが一番大事なことだったんですね
そんな人は滅多にいない

526 :名無しさん@3周年:04/07/14 18:19 ID:2kYXegbl
スーパーウエノ=雀?

527 :XYZ(正教徒):04/07/14 23:01 ID:eA7qwZKc
 >>521
 お寺か、教会を見てください。
見てそうお感じになるのならそれ以上
何も言えません。どうお感じになってもご自由です。

528 ::04/07/14 23:09 ID:2tD6syeY
人間の運命は生まれたときにはすでに決まっています
自分の生き方次第で転がり切り開いていきます
修行するしかないみたいですよ

529 :名無しさん@3周年:04/07/14 23:36 ID:n8nZz8nm
死ねば人だろうが犬だろうがなんだろうが、
すべて無になる。私はそう思う。


530 :名無しさん@3周年:04/07/14 23:58 ID:2tD6syeY
なるならないより無とはなにか?
考えるな

531 :名無しさん@3周年:04/07/15 00:00 ID:D2yZd+Tj
やっぱどうでもいーよそんなこと

532 :名無しさん@3周年:04/07/15 09:20 ID:vdQgW2QB
>>527
お寺や教会は、未開時代の遺物が惰性的に残っているだけです。科学が発達した
現代では積極的意味はなく、主として観光客用に過ぎません。また、さまざまな
宗教の弊害の発生源となっています。

533 :名無しさん@3周年:04/07/15 10:15 ID:ESLS41L6
「遺物が惰性的に〜」がよっぽどキャッチーだったようで・・

534 :名無しさん@3周年:04/07/15 12:26 ID:YYoungqA
1度きりの人生、もっと気楽に生きよう。
(戒律守る生活って息苦しくないか?)


535 :名無しさん@3周年:04/07/15 12:50 ID:pM89K8Ls
頭のいかれたどこかのおっさん、おばさんに過ぎない教祖が口から出任せに作り
上げた教義や戒律に盲従することは、自主性と知性の放棄であるばかりでなく、
かけがえのない人生の無駄である。生活の中から、借り物でない自分自身の教義
と戒律を築き上げよう。

536 :名無しさん@3周年:04/07/15 21:39 ID:QzcWv+4U
お前ら全員自分の力だけであそこまでなったとか思うんじゃねえぞ、隣を見ろよ

537 :逝かれた名無しさん@7周年:04/07/15 22:19 ID:QzcWv+4U
人気者も誰かさんに支えられなければ人気者になれん
支えるものだけでは意味ない
そこを見てみた

538 :名無しさん@3周年:04/07/15 23:41 ID:lNCOeC4x
人に迷惑掛けなければ、宗教に対して文句はいわない。
例えくだらない宗教に引っかかって、不幸せな人生を送ろうが
それは自己責任の世界。おれの知ったことじゃない。
ところが宗教やってる奴らは、人に迷惑を掛けてる意識が全くないのではと疑いたくなる時がある。
一つ例をあげると、徹夜明けの早朝、家のインターフォンを鳴らす奴がいるので仕方なく、
眠い目をこすりながら出てみると、ドアの前にはいかにも陰気そうな女が立っていて、
「ものみの塔です。うちで発行している小冊子を買ってください。」と言いやがる。
世の中には、夜働いて昼寝ている人間がいるんだよ。まじで殺してやりたくなった。




539 :名無しさん@3周年:04/07/15 23:48 ID:QzcWv+4U
>>538
そうですね、ちょっと感動した、偉い方だ

540 :XYZ(正教徒):04/07/16 03:58 ID:S7fCRvyr
 >>538
 夜間セールスとは迷惑ですね。

 >>534
 私はかなり気楽に生きていますが?

541 :名無しさん@3周年:04/07/16 12:28 ID:YwTbB528
夜間じゃねえよ。
早朝だよ。

542 :XYZ(正教徒):04/07/16 18:18 ID:zAcrCcjW
>>541
 まったくですね、失礼しました。

543 :名無しさん@3周年:04/07/16 23:46 ID:DkTPCJLG
いまどき神や仏を信じているやつがいること自体
お・ど・ろ・きだな


544 :名無しさん@3周年:04/07/17 14:39 ID:+XugEA9n
創価学会にのめりこんでいる馬鹿が、おれのことろに来て
金貸してくれという。すかさずオレはこう言って追い返す。
「おまえがのめりこんで全財産つぎ込んだ宗教に助けて
もらえ。」

545 :怜ちゃん:04/07/17 14:47 ID:LHKmsLzV
明日どうなってるかなんて誰にも分かりません。なのにどうして人は己の欲のために頑張るのでしょう。
鳥や犬や猫は頑張りますか? そうしなくても彼らは生きています。人だけが何故、偉そうに自分が自分を生かしているなどと考えるのでしょうか?

・・・・・そうです。我々は生きるべくして生かされているのです。そこに何者の意図が介在するのかは分かりません。しかし生かされていることに感謝し、我々はその日その日を、拠り人として良いものにして行こうではありませんか。
誰のためではなく、自分自身のために・・・・・

http://shibuya.cool.ne.jp/ootea/

546 :名無しさん@3周年:04/07/17 22:04 ID:1UIZqelZ
>>543
いまだに三菱の新車を買うバカがいるくらいだから、
神仏を信じるバカもいるだろう・・・

547 :取り巻き・・海苔巻きではない。:04/07/17 22:39 ID:lvdZ5Ll2
そうだね、ったく

548 :名無しさん@3周年:04/07/18 01:04 ID:1Kxe8KBV
人にはそれぞれこだわりがあるでしょう。
例えば、お金、地位、名誉、健康、美貌、知識、SEXしたいとか。
そういったこだわりを全て満たしてくれるものが本当の宗教と思います。
ちなみに私は仏教徒ですが、お蔭様でけっこう楽しんでます。

549 :名無しさん@3周年:04/07/18 14:23 ID:6A9sQQNa
>>548
そうか?
おれの近所に住む馬鹿は創価学会に金巻き上げられて
食うのもやっとだぞ。

550 :名無しさん@3周年:04/07/19 11:45 ID:Psb+ubeL
>>548
お釈迦様が説いた教えでは、そういうものすべてが苦の原因と説いています。
我慢するのではなくて、「こうこうこういう状況になったら幸せ」という
とらわれから解放されたとき真の幸福が得られると説いています。
逆にいえばすべて満足している状態と言えるでしょう。

551 :名無しさん@3周年:04/07/20 10:57 ID:HSyeTijM
文化財的価値しかない。

552 :名無しさん@3周年:04/07/20 11:11 ID:HSyeTijM
なんでもかんでも古いものを切り捨てていく現代の風潮には
賛成しかねる部分もある。
しかし、宗教に関して言えば、「古い」だけでは無く、常に
いろんな「危険」がつきまとうものであるため、切り捨てられた
としても文句をいえない状況にあると思う。



553 :名無しさん@3周年:04/07/20 11:18 ID:d2nPetXl
宗教の切り捨てなんて非現実的。月面のテラホーミングよりも絵空事に思える。
仮に日本が完全な無宗教国家になったとしても
パレスチナやアイルランドやカシミールなんかでは相変わらずドンパチを続けるだろうよ。
その辺の海外の事情と脱宗教の具体的な方法論については完全スルー?

554 ::04/07/20 11:42 ID:Nxn0SxIv
宗教馬鹿必死杉w

555 :名無しさん@3周年:04/07/20 12:52 ID:d2nPetXl
>>554
つまり、宗教否定は「お遊び」と?
知りたかったなあ、世界的脱宗教へ向けてのヴィジョン。

556 ::04/07/20 13:17 ID:HSyeTijM
2CHで宗教否定ビジョンなんか語ってどうすんの?


557 :名無しさん@3周年:04/07/20 13:28 ID:d2nPetXl
>>556
ニホンゴ変ね

558 :名無しさん@3周年:04/07/20 17:01 ID:l4rf4Fq7
この世に宗教はいらない。
そう思わない馬鹿がいる限り無くなることはないだろうが。

しかし日本からは近い将来無くなるような気がする。すでに国民の
9割以上が実質無宗教なのだから。

世界にさきがけ、日本が完全無宗教国家になれば良い。
そして、その日本が世界で一番平和な国となれば、宗教国家も宗教を
見直す契機となるのではないだろうか?


559 :名無しさん@3周年:04/07/20 18:34 ID:HSyeTijM
>>558
残りの1割が見本となるような人たちだったら話は違うだろうけどね。
その逆だから。きっと宗教は無くなると思う。>>日本から

560 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/20 18:56 ID:8tYgL7NZ
>世界にさきがけ、日本が完全無宗教国家になれば良い。

葬式はどうすんだよ?w

561 :天之御名無主:04/07/20 19:16 ID:qHXQRKMN
信仰の自由とは言論、パチンコ、競馬の自由と同じ。ただパチンコ、競馬などは
中央競馬会などの団体が世話をしているが、宗教は野放しだ。破防法というのは
一寸目的が違うんだなー。学校でこういうもののからくりを教えてはどうなのかな。
宗教がきちんと機能する国、タイ、インド、欧米、中南米等の実態等も。つまり、宗教
とは社会の構成要素となり、健全に機能するものでなくては意味がない。信者が
献金しないと破綻する等。宗教とは若干ニュアンスが違うんだがスポーツなんかでも
心に念じるということが非常に大事なんだ。150kmの玉を打つのは最早心の世界だぜ。

562 :天之御名無主:04/07/20 19:23 ID:qHXQRKMN
古を省みればインドアーリアがパンジャブに侵入する以前にカースト制度を確立して
一つの社会組織として移動しているが、その中に後に仏教などに変化するヴェーダ、
不可触選民などを含有している。そこには宗教を超越した人間社会の認識がある。

563 :天之御名無主:04/07/20 19:34 ID:qHXQRKMN
話を変えるが、社会のために命をささげた人の記念碑といった社会的施設を作り
靖国だの何だのを一切合祀してはどうかね。戦犯などいちいち断るからおかしいんだ。
死ねば無だよ。心だ。

564 :名無しさん@3周年:04/07/20 19:37 ID:kTeFfyNw
>>560
そんなものいらねーんだよ、馬鹿。

565 :名無しさん@3周年:04/07/20 19:46 ID:kTeFfyNw
諸悪の根元は、死後の世界があるという甘ったれた考え方だと思う。
人は生きている間が「全て」。死んだら終わり。
この現実から逃げている輩が宗教に走る。
自分の命を粗末にする >> イスラム過激派の自爆テロ
結局これも、死後楽しい生活が待っているという妄想から
生まれるものじゃないか?


566 :名無しさん@3周年:04/07/20 19:51 ID:Nxn0SxIv
日本軍が決行した特攻作戦は死の恐怖に怯えながら、
若者たちが泣く泣く自らの命を絶った。



567 :名無しさん@3周年:04/07/20 19:52 ID:kTeFfyNw
イスラム過激派に死の恐怖は無いのか?
無いとしたら狂気そのものだな。

568 :名無しさん@3周年:04/07/20 19:53 ID:d2nPetXl
>>565
理屈が厨臭いでつ。
もちょっと現実味のあるお話を聞かせて。

569 ::04/07/20 19:54 ID:HSyeTijM
オマエは小学生か?

570 :名無しさん@3周年:04/07/20 19:58 ID:KS8YcRiz
>>568
現実味のある話?
テロは「対岸の火事」ではない。

571 :名無しさん@3周年:04/07/20 20:01 ID:d2nPetXl
>>569
だってさぁ、「死後の世界がないから葬式イラネ」なんて・・
そんなんより「近所でヘンな噂囁かれないようにテキトーに葬式あげとこ」
の方がはるかに現実的だもん。
「命を粗末」云々だったら自爆テロじゃなくて自殺について語ってくれない?

572 :名無しさん@3周年:04/07/20 20:02 ID:0bSbHURC
キリスト教では「汝を迫害する敵のために祈れ。」と新約聖書にイエス様の言葉があります。
人のエゴで聖書を勝手な解釈するやつが大杉。

573 :名無しさん@3周年:04/07/20 20:03 ID:d2nPetXl
>>570
意味不明。
もちょっと詳しく説明して。

574 :XYZ(正教徒):04/07/20 20:52 ID:gHTMZKnn
 無神論ないし「神なんていねぇよ」という考え、ないし感覚が新しいと
思っている人が多いのに驚きです。
 「…彼等は心の内に神なしと言えり…」聖詠(詩篇)より。
 旧約時代から無神論者はいるのであって、それは驚くべきことではない。
 「宗教を信じているやつがいまどきいるのが驚き」という言説がさも
正しいかのように流通している我が国は、歴史を忘れ果てているのでしょう。

575 :名無しさん@3周年:04/07/20 22:03 ID:0bSbHURC
そうですね。宗教なんて人の考えたもの。いりません。
ただし、キリスト教はこの世では宗教です。しかし、聖書は聖書です。
 いくら人がどういおうが、神様は天地万物を創造されました。
不完全な人を救うため神様の一人子イエスを世に送られ、死して蘇り歴然と存在します。
 異論反論は、ここではなくお近くの教会、牧師を訪ね疑問を直接ぶつけましょう。


576 :573:04/07/20 22:38 ID:d2nPetXl
>>570
結局脅迫的キャッチフレーズだけで終わり?

577 :名無しさん@3周年:04/07/20 22:42 ID:FtQs83XG
右脳が腐って溶け出してるんじゃないか?

578 :名無しさん@3周年:04/07/20 22:47 ID:WvlxTiRS
死んだら、閻魔大王に生前の行いを裁かれます。
天人、人間、修羅、餓鬼、畜生、地獄のどれかに決められます。
悪い事を繰り返ししている私は間違い無く地獄行きです。
そんな私のための宗教です。

579 :名無しさん@3周年:04/07/20 22:52 ID:19XwRwEv
テロは日本でも十分起こりうること。
実際オウムの地下鉄サリン事件もテロでしょ。
十分現実味のある話だと思うのだが。


580 :名無しさん@3周年:04/07/20 22:53 ID:19XwRwEv
>>576
脅迫観念という言葉は、>>578のような考えの人に
当てはまること。

581 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:02 ID:19XwRwEv
宗教のどこに存在価値があるのか私には全くわかりません。
単にあらぬ妄想で人身を惑わしているだけのまやかしにしか
見えません。


582 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:05 ID:d2nPetXl
>>579
テロがおきるからその防止策として宗教の根絶?
何世紀かかる事やら・・・やっぱ非現実的。
その前に大戦争が起きちゃいますがな。

第一無差別テロの場合、「被害者」という立場で考えれば
標的が特定の宗教の聖地でもない限り
合理的無宗教者も敬虔な信徒も巻き込まれますが
そのへんはどうよ。

583 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:05 ID:19XwRwEv
日本と韓国の竹島の領有権の争い。
いったんもつれた領土の争いは、解決がいかに難しいものとなるか思い知らされる。

見方を変えれば、宗教もまた、一つの領土である。
特定の宗教を深く信じるということは、その領土の住民となることであり、それを
防衛し、また、拡大するために自分の命をささげることでもある。


584 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:07 ID:19XwRwEv
>>582
オマエはどう思う?

585 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:09 ID:19XwRwEv
宗教は人類最大の負の遺産。

586 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:12 ID:FtQs83XG
>>581
存在価値は、自分で見つける時代です。
ないと思うなら、ないし、
害にしかならないと思うなら、害悪でしょう。

ただ、同様に、尊いものと考える人も、世界には、たくさんいると言うことです。
無理に統一する必要はないと考えます。

587 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:12 ID:d2nPetXl
>>584
さあ?
とりあえず質問返しは応じかねる、と。

588 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:12 ID:19XwRwEv
そもそも、日本人で宗教がなくちゃ困る人っているの?


589 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:13 ID:19XwRwEv
>>587
話にならねーな。

590 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:15 ID:19XwRwEv
テロだけじゃない。
犯罪の温床にもなっている。
一番多いのが詐欺。
ここの板にも、それらしい書き込みの多いことw

591 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:17 ID:19XwRwEv
宗教って何のためにあるのか教えてくれよ。
特に日本人の場合、惰性でやってるだけじゃないのか?

592 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:18 ID:d2nPetXl
>>590
もっとテロと宗教についていろいろ教えてよ。
そんなコロコロ話題替えちゃ
まるで「はじめに結論ありき」のように見えちゃうよ。

593 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:19 ID:uebvZXJ9
宗教なくても困らないが
狭い見識のまま死んでゆくことになる
かわいそうに

594 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:20 ID:uebvZXJ9
神を知らずに死ぬなんて
かわいそうに

595 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:23 ID:0Tgbx2nC
>>583
領土と宗教とは全く異なる。領土は実在し、国民が生きるための不可欠な
基盤。神は空想の産物で、人間の現実生活には何の役にもたたない。

596 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:31 ID:19XwRwEv
>>593
>>594

プッ
同一人物がいう事か?

597 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:32 ID:0Tgbx2nC
神だ、霊だと騒ぎ立てるが、周囲を見渡して一体どこの存在しているのかね。
存在しているのは、現実の人間と自然だけではないか。聖書は、神は人間を
その似姿に作ったというが、それならば人間は神の造化、神そのものでは
ないか。空想上の神のために殺し合うなど、神の冒涜ではないのか。

598 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:40 ID:d2nPetXl
>>591
個人的には神がいるとか死後があるとかはこの際どうでもいいが
価値観の共有化など宗教の持つ社会的機能はそこそこ有益でしょ。
やっぱ中絶胎児を一般ゴミで処理しちゃ気分悪いっしょ?

599 :GO:04/07/20 23:43 ID:/aKGs7w5
神が人間を創ったんじゃなく人間が神を創ったんでしょ。
すべてのものを神が創ったっていうのならば「我々の敵」なるものも
貴方の神が創ったことになるけどそれでいいのかな?


600 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:44 ID:19XwRwEv
>>598
>そこそこ有益でしょ

その程度のものなら、デメリットの大きさから考え
宗教は無いほうが良いということになる。

601 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:45 ID:uebvZXJ9
神は理屈じゃないんだよボク
早く出会えよボク

602 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/20 23:46 ID:8tYgL7NZ
馬鹿は黙ってろ。

603 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:47 ID:d2nPetXl
>>600
デメリットって?テロ?詐欺?犯罪?
すべての宗教宗派が教理として明確にそれらを推奨してるならわかるけどね。
「宗教なんてどれもおなじだろ」などという漠然とした感覚でいってるのなら却下。

604 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:47 ID:19XwRwEv
>>601
そんなものの言い方しかできないのか。
偉大なる宗教家さまよ。

605 :栗花馨:04/07/20 23:49 ID:uebvZXJ9
理屈で理解できる神はおまいが作った神

わかるか?ボク

606 :栗花馨:04/07/20 23:50 ID:uebvZXJ9
>>604
神を屁理屈で議論して楽しむガキを見てると(ry

607 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:51 ID:19XwRwEv
>>603
>>1を嫁

608 :栗花馨:04/07/20 23:53 ID:uebvZXJ9
そもそも宗教板てのがおかしい
本物の宗教家はこんなところで議論しない
宗教オタクが集まってるだけ

609 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:54 ID:WfN13hnn
宗教家は宗教オタクの中から生まれる

610 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:57 ID:19XwRwEv
>>602
そんな書き込みしかできないおまえのほうが
よっぽど馬鹿だ。

611 :栗花馨:04/07/20 23:57 ID:uebvZXJ9
格闘技オタクは知識と理屈が豊富だけど
本物の格闘家の相手にはならない

これと同じ

612 :名無しさん@3周年:04/07/20 23:59 ID:d2nPetXl
>>607
仰せに従い>>1を読んでみました、改めて。


「@信仰の盲目性」 については原始仏教などが該当しません。

「A他の宗教を完全否定」については世界規模での
宗教者会議等が催されているので ほとんどの宗教が当てはまりません。

「Bあたかも死後の世界を保証するかのような甘い言葉」は
日本古来の信仰では死又は黄泉の国を非常に穢れとして忌み嫌う傾向があるので
当てはまりません。



613 :XYZ(正教徒):04/07/21 00:00 ID:zeb7kmnV
 >>588
 >そもそも、日本人で宗教がなくちゃ困る人っているの?
 
 …私だ(碇ゲンドウ風に)

 >>608
 確かにその通りでして正教会の修道士がここにいる訳はないのです。
 でもたまに私みたいなのがいてもいいでしょう^^;?


614 :名無しさん@3周年:04/07/21 00:02 ID:btMENTy0
悩んでるからここに来るんじゃないのか?


615 :名無しさん@3周年:04/07/21 00:03 ID:FX67ZmxB
>>608
読んでるだけで、書き込まないね。
でも、一応、見てるよ。

あなたも、見守ってあげる、ゆとりを持ったら(笑

616 :XYZ(正教徒):04/07/21 00:07 ID:zeb7kmnV
 >>612
 補足しますね。

 正教会は死後の世界の保証などしません。なぜなら、あるからです。
そして死後の世界の存在そのものは無神論者の方でも肯定される方が
いらっしゃるので、論証にあまり情熱を傾けたりしません。

 じゃぁ、天国と地獄は正教会で何を意味するか?霊の状態です。
 生きながら天国にある人もいれば、生きながら地獄にある人もいる。
 私が求めるのは状態としての天国であって、「死後の幸福な黄泉の世界」
ではありません。

617 :名無しさん@3周年:04/07/21 00:10 ID:KysM39JZ
>>612
末期症状ですね。

618 :名無しさん@3周年:04/07/21 00:33 ID:KysM39JZ
お気の毒な方の多いことに驚き。
何で宗教ごときでそんなに必死になれるんですか?
ほかにやることないんですか?
この世に宗教はいらないって言われても、
ふーん、そんな考えのやつもいるんだぐらいに受け流す
ゆとりを持たれたらいかがですか?


619 :名無しさん@3周年:04/07/21 00:45 ID:TEpdv+lO
>>618
「勧誘うぜー宗教いらねー」程度の話なら同意してあげるんだけどね。


620 :名無しさん@3周年:04/07/21 00:46 ID:kHb0mrW5
>>612
「原始仏教」のスレ読んでみな。根拠も定かでない太古の時代の文献解釈に
熱中してて、さながらキリスト教の福音派と同じ状態だよ。

世界宗教者会議などやってみても、中東紛争やその他の宗教紛争は全く解決しない。
宗教多元主義についてさえ、紛争の原因になっている。

「死後の世界」による脅迫は、宗教ビジネス維持のための重要な手段であることに
違いはない。>>616のXYZさんも「あるからです」と言い切っているではないか。
神道系カルトでも、死後の世界の実在を強調している。

621 :XYZ(正教徒):174:04/07/21 00:49 ID:zeb7kmnV
 >>618
 別に必死ではないですよ。まぁ、カルトに必死な方が多いのは
認めますけど。

 暇で、かつ面白いから書き込んでいるだけです。
 たまさかには(最近よく書き込んでいますが)楽しいでしょう。
 無神論者や無宗教の方だけが楽しむのはもったいない^^

622 :XYZ(正教徒):174:04/07/21 00:51 ID:zeb7kmnV
 名前訂正。
 174 → なし でお願いします。失礼しました。

623 :名無しさん@3周年:04/07/21 01:07 ID:kHb0mrW5
>>619
宗教の弊害は、「勧誘ウぜー」程度のものではないだろ。人類の存亡の問題
だと言っても決して過言ではない。世界史や世界の現状の事実を直視すべし。
宗教は人類に蔓延る癌細胞。未開時代の遺物の惰性的残存。人間が克服すべき
人類の負の遺産以外の何物でもない。
架空の神の名を唱えながら神の造化である人間を殺す。これは「狂気」では
ないのか。

624 :XYZ(正教徒):04/07/21 01:20 ID:zeb7kmnV
 >>623
 何度でもいいますが…

 殺人などの人類の負の部分の解消のための最良の処方箋がなぜ無宗教
あるいは無神論なのでしょう?

625 :名無しさん@3周年:04/07/21 01:29 ID:kHb0mrW5
>>624
答は極めて簡単。無神論は、架空の神ではなく、現実の全ての人間を神の
造化・顕現として崇拝の対象とするからです。

626 :名無しさん@3周年:04/07/21 01:30 ID:TEpdv+lO
>>623

>>618の人とはスタンスがちがうね。
「ふーん、そんな考えのやつもいるんだ」ぐらいで受け流されてもOK?

627 :名無しさん@3周年:04/07/21 01:37 ID:kHb0mrW5
>>626
反論はできないの?大多数の現在の日本人はそう考えてる筈。受け流がさ
ざるを得ないのは、宗教に嵌って盲目になり批判力を失った人間だけ。

628 :名無しさん@3周年:04/07/21 01:42 ID:TEpdv+lO
日本人が思っててもしょうがないです。

以下>>553あたりにループして。

629 :名無しさん@3周年:04/07/21 01:46 ID:FX67ZmxB
>>625
崇拝の対象が現実の人間でも、集団の暴走は起きるでしょ。
(実際は、崇拝の対象が具現化している方が、暴走しやすい)

あなたは、人間の持っている本来の性質を、宗教に投影しているだけ。
例えば、ファシズムや共産主義の問題をどう考えているのか?


630 :名無しさん@3周年:04/07/21 01:48 ID:TEpdv+lO
>>627
あ、そうそう
それと知りたいんだけど地下鉄サリン事件が起きた当時
オウム真理教の信者数って全国民のどれくらいの割合だったんだろ?

631 :名無しさん@3周年:04/07/21 01:48 ID:kHb0mrW5
>>628
日本人が皆そう思うだけでも意味がある。外来の宗教を猿真似して、そう
思わない日本人も少数いるからね。
日本が、イスラエル、アラブ、インドなどのような宗教国でなかったことの
幸運に感謝して、世界に発信しよう。最大の国際貢献となる。

632 :XYZ(正教徒):04/07/21 01:56 ID:zeb7kmnV
>>625
 もし本当にそうなら、私や正教徒の霊が救われるかはともかく、
社会秩序だけは保たれるでしょう。

 しかし現実は違うのでは?>>629さんのおっしゃる通りだと思いますよ。
 ソ連は無神論だったんですから。
 「戦闘的無神論者同盟」という組織がスターリン時代に存在しましたよ。

633 :名無しさん@3周年:04/07/21 01:56 ID:kHb0mrW5
>>629
ファシズムや共産主義は、観念信仰という点で宗教と同じ。信じる「神」
が違うだけ。擬似宗教と呼ばれる。いずれもキリスト教起源である。「宗
教は阿片だ」と言ったのも、お馴染みの宗教間紛争に過ぎない。

634 :名無しさん@3周年:04/07/21 02:01 ID:FX67ZmxB
>>633
もう少し、チャンと調べて、勉強してから、書き込んでね。

635 :名無しさん@3周年:04/07/21 02:02 ID:kHb0mrW5
>>629
宗教によって毒されない限り、自然の人間性は宗教程の大規模な、残虐な
暴走はしませんよ。宗教は、単なる人為的観念によって、人間の自然の感情
・本能を抑圧・変容してしまうから、人間を破壊するのです。


636 :XYZ(正教徒):04/07/21 02:11 ID:zeb7kmnV
>>635さん、

>宗教によって毒されない限り、自然の人間性は宗教程の大規模な、残虐な
>暴走はしませんよ

 以上の結論の根拠は何でしょう。これは貴方が「人間の自然性」へ
無条件の信頼を置いているという信仰告白ではないでしょうか?

637 :名無しさん@3周年:04/07/21 02:17 ID:TEpdv+lO
>人間の自然の感情・本能を抑圧・変容してしまうから、人間を破壊するのです。

これまたえらく楽観的な性善説だな。
全く脈絡もないがなぜか女子高生コンクリ詰事件を思い出してしまった。



638 :XYZ(正教徒):04/07/21 02:35 ID:zeb7kmnV
 >>631
 脅迫するわけでは決してないのですが、日本が無宗教国家の成功例だと
主張することによって、ソ連のアフガン侵攻を知るムスリム達に
「日本も同類か!」
と思われないようにする論の組み立てと宣伝方法を考えてからそういう
提案はして頂きたいですね。マジで怖いので。

 >>637
 そう思いますよ、私も。

639 :名無しさん@3周年:04/07/21 02:42 ID:kHb0mrW5
>>636
この世が現実の人間界である以上、「人間の自然性」以外に信じる意味と
根拠のあるものはありません。宗教の言葉で言っても、現実の人間は神の
造化・顕現、即ち神そのものなのですから。

>>637
女子高生コンクリ詰事件は、極めて稀な偶発的事件。宗教による大虐殺とで
は、規模と頻度が比較にならんよ。

640 :XYZ(正教徒):04/07/21 02:50 ID:zeb7kmnV
 >>639
 その理解そのものが宗教的です。
  >現実の人間は神の造化・顕現、即ち神そのもの
 とおっしゃいますが、少なくとも正教会の理解は違います。
 アダムの堕落以前はそうでしたがそれ以降は回復される必要が
あります。

 >宗教による大虐殺…
 といわれていますが、フランス革命でジャコバン派政権下で、ヴァンデ
地方の農民が女子供に至るまで虐殺された事実があります。これも
「偶発的」で「規模が小さい」とおっしゃいますか?

 眠いので今日中に返答出せなかったときは御免なさい。

641 :名無しさん@3周年:04/07/21 03:18 ID:TEpdv+lO
>>639
なぜ「極めて稀な偶発的事件」なのか?
それは「大抵の現代人は自然の感情・本能を抑圧してるから」と思ったんだけど。

642 :名無しさん@3周年:04/07/21 10:13 ID:kHb0mrW5
>>641
人間は独りでは決して生存出来ない社会的動物です。自己を含めた共同体の維持も
人間の生存本能です。そのためには自然の感情・本能を抑制しなければならない場
合もある。しかしそれはあくまで同じ人間である他者のため、ひいては自分自身の
ためであり、人間から隔絶した神のためなどではありません。
他者の死を恐れるのも人間の本能です。若し本能によらず、神や教祖の命令で人を
殺さないのなら、「殺せ」という命令があれば、この本能が抑圧されて容易に殺す
ことになります。


643 :1:04/07/21 10:45 ID:/zG46enQ
私が>>1で一番言いたかったこと、
それは宗教の「政治に利用されやすい」という性質が「平和の妨げ」の
原因になっているのではないか?という点です。
宗教擁護派の方は、「宗教無くしたって平和にはならない」で話を終わらせてしまいがちですが、
それでは議論はずっと平行線のままです。
宗教擁護派の人も、宗教がこのままの状態で良いとは決して思っていないはずです。
宗教が「平和の妨げ」にならないために、今後、宗教がどうあるべきか、どう変わるべきか
というお考えを、宗教擁護派の方から是非聞いてみたいです。



644 :GO:04/07/21 12:20 ID:HFj128Ow
べつに宗教擁護派じゃないけど宗教の要素を完全に否定するという
のはどうだろう?
妊娠中絶で取り出した胎児をゴミ袋に入れて捨てていたっていうニュース
を聞いて不快になるのは宗教的な教えから来ている気もする。
(因みに私は無宗教というよりは無信仰)
1さんは敬虔な信者はいいけど狂信者は駄目だろ!っていうひとかね?



645 :1:04/07/21 13:47 ID:5BG+6dnP
>>644
私は信者の方を責める気など毛頭ありません。
例えそれが狂信者であってもです。
オウムの地下鉄サリンの実行犯でさえ、ある意味気の毒とさえ思っています。
洗脳され、NOと言えずやむなく実行せざるを得なかった者たちを責め苛んでも
仕方がないからです。私が忌み嫌っているのは、政治家、テロリストに利用され
やすい宗教そのもの、及びそれを考え出した教祖です。




646 :GO:04/07/21 14:12 ID:HFj128Ow
>>1
支配や攻撃の道具に使われやすくて、お世辞にも(自己)批判能力があると
はいえない人をつくりだす宗教の負の側面がお嫌いってことだね?
特に一神教は排他性が強いから敵を攻撃するのにはもってこいだ。

647 :1:04/07/21 14:17 ID:A1yYGVpv
>>646
そのとおりです。

648 :名無しさん@3周年:04/07/21 14:24 ID:FX67ZmxB
>>645
導く側に責任があるのと同様に、信者の側にも責任がある。
私は、オウムのような団体に所属すること自体、倫理的に問題を
抱えていると考える。
よく、何も知らない信者に責任はないと言うような弁護を聞くが、
これは、間違い。
信仰の自由には、責任が伴う。

649 :GO:04/07/21 14:32 ID:HFj128Ow
>>648
まあそら責任はあるだろうけど、1さんが言ってるのは
何も出来ない弱者をマインドコントロールして自分の宗教(組織)のため
には殺人をも辞さない人に作り変える宗教のプログラムが駄目だといってるの
でしょう。

650 :名無しさん@3周年:04/07/21 14:55 ID:q9IEtTjg
>>648
マインドコントロールの恐ろしさが全く理解できていないね。「倫理」とか「責任」
とか言ってみても、批判力を一切奪うのが宗教を信じるということなのですよ。
生物としての人間から隔絶した根拠のない観念まみれの宗教が、根本から間違ってい
るからです。
最大の元凶は、そのような宗教を野放しにする「信教の自由」の観念でしょう。
信教の自由の犠牲者は、社会であり、信者の家族であり、誰よりも信者自身です。


651 :名無しさん@3周年:04/07/21 15:42 ID:FX67ZmxB
>>650
宗教カルトに興味があるなら、中途半端じゃなく、チャンと調べてみるといい。
憲法の信教の自由は、宗教のためにあるのでなく、
基本的人権の、自由権と社会権に依っている

652 :名無しさん@3周年:04/07/21 16:18 ID:G6MC8rf5
>>651

自然権なるものは存在しますか?
これって、宗教的。

653 :名無しさん@3周年:04/07/21 18:37 ID:39KMplaP
age

654 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/21 18:39 ID:1PfHuyYl
宗教なんかいらないなら、それは自由だ。根無し草諸君。

655 :名無しさん@3周年:04/07/21 18:53 ID:39KMplaP
宗教擁護派の方
是非この件でご意見があればカキコお願いします。
    ↓
宗教が「平和の妨げ」にならないために、今後、宗教がどうあるべきか、どう変わるべきか
というお考えを、宗教擁護派の方から是非聞いてみたいです。


656 :名無しさん@3周年:04/07/21 20:25 ID:FX67ZmxB
>>655
あまり、マジレスする人いないと思うけど、
一度ぐらい解答を書いておくのも無駄じゃないと思うので・・・・。

宗教のあるべき姿、なるものは、宗教の言葉を使わないで説明するのは、
とても難しい。
まず、政治システムの選択や、経済システムの選択と密接に関係している。
資本主義、マルクス主義、民主主義、どのような社会システムを選択するか。
それから、現代の倫理をどう考えるかとも関係している。哲学や科学、他の宗教とも
無関係ではない。

結論から言うと、宗教のあるべき姿は、あなたが自分で選択することなのだ。
だから、無宗教を含めた、信教の自由があり、同時に責任もある。

いくつかの選択肢は、ある。
しかし、社会システムの未来展望なるものは、宗教ではないのだけれど、
どれも宗教くさいし、強烈な思想を持っている。

これらのことを、一通り学び、考えてみると、
>>宗教が「平和の妨げ」にならないために、今後、宗教がどうあるべきか、どう変わるべきか
という、疑問そのものが、本質的に無意味であることが理解されるだろう。
何故なら、この問題は、平和を維持するためには人間はどうあるべきかという、
まさに宗教そのものになってしまうからだ。(正確には、思想や疑似宗教)

もちろん宗教にならない範囲で考えている人達はいる。
しかし、多くの人に説得力ある展望を示すことは難しい。
宗教も、社会システムも、とても長い時間をかけて、
人々の納得を得つつ、徐々に変わって行くものなのだ。

657 :名無しさん@3周年:04/07/21 22:49 ID:KysM39JZ
だめだこりゃ。ご愁傷様。

658 :名無しさん@3周年:04/07/21 22:57 ID:KysM39JZ
>>656
ごめん。
言ってることがさっぱりわからん。

659 :XYZ(正教徒):04/07/22 03:27 ID:F+LpN2jR
>>643
 何か勘違いがあるのではないでしょうか。宗教といっても、例えば正教と
オウムは違うと思っておりますよ。少なくとも主観的には。これは無宗教を
志向される方からは「二つとも同じだよ!」とまで言われなくとも「ある部分
では同じだと思います」って声が聞こえてきそうですが、本当に主観的には
違うと思っております。
 正教とカルトは違う。ムスリム過激派も正教とは違う。これが私の主観です。
おそらく多くの良識的宗教の信者達は「何で私達が同類に見られなければなら
ないの?」という疑問をまず持っていると思います。

 しかし>>1さんは信者と教祖は違うとお考えのようなのでこれぐらいにしま
して、宗教が平和の妨げという問題について述べますが…(続きます)

660 :XYZ(正教徒):04/07/22 03:40 ID:F+LpN2jR
 と、その前に>>656さん。
 仰りたい事を私なりに解釈しますと、
 (前提1)…宗教は社会システムの選択、そして哲学や科学、他の宗教とも
無関係ではない。
 (前提2)…社会システムの未来展望は強烈な思想を持つという点で、宗教的
な面がある。
 (前提3)…宗教の選択は責任を伴いつつ、自分の選択にかかっている。

 (前提4)…平和を維持するためには人間はどうあるべきかという問題に
ついて考えることは、思想ないし擬似宗教と化してしまう。

 (結論)…宗教が「平和の妨げ」にならないために、今後、宗教がどうあるべきか、どう変わるべきか
という疑問そのものが、本質的に無意味である。

 <私の補足>
 前提と結論の間に多くハショリがみられますが(失礼)、要するに「宗教の
あり方」を考えることがすでに宗教的手法を伴っており、自己矛盾に陥ってし
まう。よって無意味な課題である、

 というように>>656さんは仰りたかったのではないでしょうか?
 お答えを希望します。

661 :XYZ(正教徒):04/07/22 03:49 ID:F+LpN2jR
 >>659
 正教会で霊的な恵みを受けている私としては、宗教がこの世にいらない、それは
平和の妨げだからだと言われますと、矛盾を感じます。何故なら言論そのものが平和
ではないからです。言論活動で「宗教は平和の妨げ」と言われてそれが一定の影響力
を持てば、それは立派な圧力です。
 誤解しないで頂きたいのは、それが不当な弾圧だと言っているのではないのです。
この程度のこと、人として生きる以上何でもありません。女の子にふられたときの
傷に比べれば何でもないのです^^;。
 私が言いたいのは、「平和の妨げ」と称してすべての宗教に満遍なく(本当に
微細ではありますが)攻撃を加えることが果たして「平和的」なのかということです。
これではプチ=スターリニズム的な無宗教の風が吹くのではないでしょうか。

 いや、本当に大した弾圧ではないのですが、歴史から切り離されたという後遺症に
悩むロシア人の友人を見ていると、わが国が同じ道をプチな形ででも歩むことは
私の願うところではないのです。(続きます)

662 :XYZ(正教徒):04/07/22 04:00 ID:F+LpN2jR
 霊的な恵みを受けて私としては心は平和なのですが、それが「平和の妨げ」の
一環といわれるのは胸が痛みます。理解しがたいのです。
 しかし>>1さんの善意は信じましょう。平和が好きな方だということは多分
本心かと思われます。

 私が言いたいのは宗教の差別化です。こんなことを主張しているからこそ
「不当弾圧!」とはいえないのですが^^;。
 かなり私は西部邁氏に影響を受けていますが、なんでも平等にみようとする事
に弊害があるのではないでしょうか。「全宗教を平等にみる。」成程、現代に
あっては聞こえの良い言葉です。しかしこれが「無宗教と宗教は区別する」を
伴っていたらどうでしょう。これは差別につながるのです。
 差別がいけないのではありません。ただ「平等」を言う前提が「差別」を生み
出す矛盾は指摘したいのです。
 ムスリム過激派と一般のムスリムは違いますし、正教徒とカルト信者は違う。
この点は認めて頂きたい。その上で個別に批判していただきたい。
 そうでなければ無宗教の殺人者やソ連の侵略、フランス革命のカトリック教会
破壊といった例を挙げて無宗教の危険性を攻撃して、無宗教の人間の危険性を
叫ばれても反論できないでしょう。

663 :XYZ(正教徒):04/07/22 04:05 ID:F+LpN2jR
 この点では、無宗教も私は差別化しています。
 単なる無派閥という意味での日本的無宗教は私はそれほど危険とは思って
おりません。「神か仏かキリストか知らないけど、何かいるんじゃないの?」
くらいの方がこれに入りますが、これはあまり問題視していません。
 わが国の歴史上、何か問題になったことは殆どないと考えるからです。

 無神論、人間機械論と結びついた運命論よりは危険も少ない。
 無派閥とこの2者は区別して論じています。

664 :GO:04/07/22 08:27 ID:DYPOI9Vy
日本的無宗教は宗教廃絶や赤い思想と違うからね。人畜無害です。
日本ではキリスト教式結婚式の日取りを決めるのに仏滅を気にするんだよ。
キリスト教舐めてんだろって気もするが。

665 :XYZ(正教徒):04/07/22 08:57 ID:F+LpN2jR
>>664
 そう、人畜無害です。^^

666 :名無しさん@3周年:04/07/22 17:01 ID:JpkI3r+3
ひとつ確かなことは、どの宗教も地獄を怖れる人間の恐怖心を利用して、
それを信者獲得の釣りエサにしてきたってこと。
宗教の教義に「嘘はつくな」という項目はなかったのか?


667 :名無しさん@3周年:04/07/22 17:38 ID:9opzC7HG
地獄の沙汰も金次第というのは本当だ。
だから、地獄はあるのだ。

668 :名無しさん@3周年:04/07/22 17:41 ID:AbD24ftc
age

669 :XYZ(正教徒):04/07/22 20:04 ID:k5n69FAg
>>667
 バカボンのパパみたいな言い回しが笑えます

670 :名無しさん@3周年:04/07/22 21:27 ID:eSaWRip1
地獄は毎日。灼熱地獄。今日も35度越えた、、、。

671 :XYZ(正教徒):04/07/22 21:45 ID:k5n69FAg
 暑いのはいや。温暖化かなり深刻なんじゃ。

672 :名無しさん@3周年:04/07/23 00:33 ID:mCrxmWKt
宗教は何の為にあるんだよ! の>>1

ここの記事を流し読みすれば、「ホントかよ!?」と思いつつも
宗教のバカバカしさがよく分かるかもね。
どう捉えるかはご自由に。嘘と本当の確率は50:50だね。

ttp://sora.ishikami.jp/diary/list.php

673 :名無しさん@3周年:04/07/23 00:58 ID:hMksO4Ju
私は宗教を、絶望の中での一筋の光と捉えてます。
その方向を目指すことにより、わずかな希望が沸いてきます。


674 :名無しさん@3周年:04/07/23 01:41 ID:WRaPMf1v
宗教が人類に絶望をもたらしている。中東情勢を直視されたし。宗教が架空の神を
信じ、現実の人間を軽視・否定するものである以上、あまりにも当然の結果である。

675 :名無しさん@3周年:04/07/23 22:47 ID:fOI82rbz
>>673
宗教は暗闇でないと目立たない月。
決して太陽にはなり得ない。


676 :名無しさん@3周年:04/07/23 23:53 ID:fOI82rbz
宗教?
教団側は金儲けでやってんやろうけど、
信者側は何のためにやってんや?

あほか?

677 :XYZ(正教徒):04/07/24 02:19 ID:QJ5/feHH
 >>675
 昼間は太陽があるから明るいということは普段意識しない。雲が厚くなると
太陽が地上を照らしていることを若干意識する。
 神もそうした光。

>>676
 信者それぞれに目的があるんですよ。
 それから儲かっている宗教教団もありますが、うちは儲かっていません。

678 :特定信条:04/07/24 12:11 ID:FHzasd0J
宗教=特定の観念(とらわれ)と定義すると
宗教いらない=特定の観念(とらわれ)いらない
=煩悩滅尽=ニルヴァーナ(涅槃)
=人間界いらない
ここは涅槃へ至る道を議論するところだったんですね。
感激!

679 :名無しさん@3周年:04/07/24 13:07 ID:MCvKXL1A
>>675
政治と宗教のことを言っているのだとしたら、
その通りだと思う。
歴史的に失敗を繰り返し、人類も学んでいるから。

この事実を、自分個人に還元することが出来る人は素晴らしい。
人が行動をする時は、観念ではなく、損得を基準にすることを教えている。

しかし、人間は観念的動物である。

680 :名無しさん@3周年:04/07/24 13:36 ID:OB/FF6ML
>>679
>人間は観念的動物である。

生物としての人間の本質は、観念ではなく、自然の感情と本能である。
その本質に反した、観念過剰と過度の精神性が、どれほどの惨禍を人類
にもたらしたかを悟るべきである。そのような「観念過剰」と「過度の
精神性」の典型が宗教。人間を狂気に導く最大の原因であり、その証拠は
自明であろう。
損得で動くほうが、より人間の本質に合致し、健全である。共産主義と
資本主義との現実の結果を見よ。




681 :名無しさん@3周年:04/07/24 13:54 ID:MCvKXL1A
>>680
問題は、そんな単純じゃないんですよ。
損得の基準そのものが観念で作られている部分がある。
(即物的な損得以外は、観念で判断されている)

また、同じ宗教でも、禅宗のように、観念や、即物的損得までも、
排除しようというものもある。

682 :名無しさん@3周年:04/07/24 14:14 ID:i3i/9Mmo
>>680
猿にでもなりたいのか?


683 :名無しさん@3周年:04/07/24 15:24 ID:OB/FF6ML
>>681
損得とは人間が生きるための即物的なもの。観念的な損得って具体的にはなんで
しょうか。

超越的な神や霊やその他の単なる観念を認めない仏教は、宗教とは言えないのでは。

>>682
他の動物は、人間のように宗教を原因として殺し合うことはない。

684 :名無しさん@3周年:04/07/24 15:42 ID:OB/FF6ML
ある意味、宗教やってる人間は「畜生にも劣る」。

685 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/24 15:46 ID:2Okk8MkV
勝手なことヌカすな、ふわふわふわふわしやがって。

686 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/07/24 15:54 ID:2Okk8MkV
>>683
例えばクリスチャンは「キリスト教」を「宗教」と
言われるのを嫌がる側面がある。神道は「宗教では
ない、習俗だ」というのが伝統的な見解だった。

687 :名無しさん@3周年:04/07/24 15:57 ID:MCvKXL1A
>>683
認識論を調べてみて。

688 :名無しさん@3周年:04/07/24 16:26 ID:S24ULzoS
異なる宗教同士、醜くののしり合う世界。どうぞ一読を。

   ↓

http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/




689 :XYZ(正教徒):04/07/24 16:50 ID:n4k0gcrc
>>678
 正教会はその定義づけそのものからして違うんですけどね。

 >>686
 この板でも時々言う人いますよね。キリスト教は宗教ではない、と。
 そんなこと言う宗教は沢山あって議論が混乱するので、一応話しの上では
正教も宗教だと私は言っています。

690 :名無しさん@3周年:04/07/24 17:23 ID:i3i/9Mmo
仏教はさまざまな宗派があるよ。勝手に宗教とはいえないとかぬかすな。
宗教を原因として殺しあうーー>ところが動物はしないーー>
宗教をやってる人間は畜生にも劣る

どこかに飾っておきたいな、この愚言。

691 :名無しさん@3周年:04/07/24 17:29 ID:i3i/9Mmo
金銭トラブルを原因として殺しあうーーー>ところが動物はしないーー>
経済活動をやっている人間は畜生にも劣る

恋愛トラブルを原因として殺しあうーーー>ところが動物はしないーー>
恋愛している人間は畜生にも劣る

イデオロギーを原因として殺しあうーーー>ところが動物はしないーー>
政治活動をする人間は畜生にも劣る

言った言わないを原因として殺しあうーーー>ところが動物はしないーー>
言語活動をする人間は畜生にも劣る

国家間の考えの違いを原因として殺しあうーーー>ところが動物はしないーー>
国家に属する人間は畜生にも劣る

692 :名無しさん@3周年:04/07/24 17:33 ID:NL7yU13d
動物も殺し合うんじゃなかったっけ?
ある種の猿とかで。

693 :名無しさん@3周年:04/07/24 17:35 ID:OB/FF6ML
>>690
神や霊を認めない仏教が宗教ではなく、広大な人間哲学だというのは
最大の誉め言葉なんですよ。史上、そして現在も、仏教では、ユダヤ
キリスト教一神教などに比べて宗教紛争が殆どないのは特筆すべきこ
とです。この原因は何でしょか。

694 :名無しさん@3周年:04/07/24 17:38 ID:i3i/9Mmo
>>693
それは、仏教がほとんど衰退してしまったからだよ。

695 :名無しさん@3周年:04/07/24 17:41 ID:i3i/9Mmo
オウムは仏教だったよな?たしか。

696 :XYZ(正教徒):04/07/24 17:41 ID:n4k0gcrc
>>694>>693
 盛んだった我が国の戦国時代は仏教徒の宗教戦争かなりありましたし。

 だからといって仏教に価値なしとは勿論言いませんけどね。

697 :名無しさん@3周年:04/07/24 17:59 ID:OB/FF6ML
>>695
オウムは一神教の要素を取り入れたのではないか。

698 :名無しさん@3周年:04/07/24 18:00 ID:MCvKXL1A
>>693
考えるより、調べる方が先だろ(笑

グーグルで10ページ以上出てくる内容なら、
調べておいて損しないよ。

699 :名無しさん@3周年:04/07/25 14:28 ID:xQmjcYX4
異なる宗教同士は本当に仲が悪いな。
仏教だろうがキリスト教だろうが全部インチキであることに
変わりはないから、そんなにムキになるなよ。

700 :名無しさん@3周年:04/07/25 19:05 ID:MDEtjLEG
君子危うきに近づかず。
宗教などに、かかわらないほうが
幸せな人生と思われ。

701 :名無しさん@3周年:04/07/27 10:25 ID:43kYxE33
寺の坊主=金の盲者

702 :XYZ(正教徒):04/07/27 22:36 ID:hdKKgpDI
>>699
 仲が悪くない宗教もありますけど?

 ま、最近の時勢を見ていると派手な人たち(あんな人やこんな人)
ばかり目につくのはやむを得ませんが。

703 :名無しさん@3周年:04/07/27 23:10 ID:nu2NfqMg
>>702
仲が悪くない宗教?
それはそれでインチキじゃないの?
真実がひとつだけだとしたら、教えの異なる宗教同士が
反発し合うのは必然のように思えるのだが。

704 :真実の宗教であるなら必要だ:04/07/27 23:19 ID:PBCIo9uR
私たち人間には「肉体の連れ」はあっても、「心の連れ」は、ないのです。
家には、妻や子供がいる。また、友人がいる。
しかし、それは、「肉体の連れ」です。
それに対して、もう一つは、「心」です。
「心」、すなわち、「本当の私」「本当の自分」には、「連れ」があるのかというと、ないのです。
だから、生まれてきたときも一人、死んでいくときも一人、
来たときも一人、去るときも一人ということなのです。
「心」が、「一人」、「ひとりぼっち」であるということです。
「ああ、誰も私のことを理解してくれない」と言っている人がいます。
そうゆう「心」をかかえて、毎日、すすり泣いている。
私たちは、「誰も理解してくれないひとりぼっちの心」を持っているのです。
それを、何かで、ごまかそうとしている。
この「人生の寂しさ」「孤独ジゴク」というのは、経済がいくら繁栄しても、どんな娯楽施設があっても、この「心の寂しさ」は、ごまかしようがないのです。
これは、戦争直後と今を比較しても変わらないのです。
確かに、パチンコやゴルフなど、遊ぶものは、いっぱいある。
だけども、みんな孤独であると。
東京や大阪といった、いくら人がたくさんいるところでも「孤独ジゴク」になっています。
世の中には、たくさんの人がいます。
すなわち、たくさんの「肉体」がありますが、本当の「心」の交流、本当の「心」の理解は全くないのです。
だから、一人一人、自分のこの「心」にふるえているのです。
たくさんの家族や友人に囲まれていても「寂しい気持ち」がなくならないのです。
すべての人は、果てしのない荒野を一人で旅して歩いているのです。
親、夫、妻、子供、兄弟といった家族、あるいは友達という「肉体の連れ」はあっても「心の連れ」がないのです。
すべてのことを打ち明けられる「連れ」がいない。
また、「心から自分を理解してくれる人」がいない。
「私」のすべてを理解してくれる人がいない。
そういうことで、「ひとりぼっち」だといわれるのです。
全人類、そうなのです。


705 :真実の宗教であるなら必要だ:04/07/27 23:20 ID:PBCIo9uR
誰も「私」の気持ちを理解してくれない。わかってくれない。
だから、寂しいのです。
妻、夫、親、子供もわかってくれない。
「自分」のことを話をして、「自分の気持ち」を打ち明けることがありましても、話できる限度までのことなのです。
本当は、それからのことを言いたいのです。
何でも言える人といっても、限界があるのです。
そこまでなのです。
「言えること」は、言えても、この「寂しさ」はなくならない。
解決できないのです。
孤独ジゴクからは、抜け出すことができないのです。
どんなに、たくさんの人に囲まれていても、そうなのです。
芸能人なんかは、たくさんの人に迎えられているのですが、
一旦、ひとりになると、「ひとりぼっち」になると、
深刻なのです、孤独ジゴクが。
しかし、実は、全人類がそうなのです。
「誰も、わかってくれる者がいない」と「心」はふるえているのです。
親鸞聖人が、仏教を求められたのも、「本当の自分のことを理解してくれる人」を求めてのことなのです。
「本当の私の心のドン底まで、わかってくれる人がいないか」と。
「今まで何のために生きてきたのだろうか。
 今が「ジゴク」なら、死んでも、また「地獄」だ。
 何とか、このジゴクから逃れたい。」
と、これが、求道のはじまりなのです。
親鸞聖人は、「自分のことをわかってくれる人」を探しておられた。
そして、そういう方が、あらわれて親鸞聖人は救われたのです。
「阿弥陀仏の本願、本当だったぁ!
 阿弥陀仏、一仏だけであったぁ。
 この親鸞の心の底までわかって、理解して、そして、地獄しか行き場のない、ウソ、偽りのきたない心しかない、こういう者を救うと誓っておられたのは、大宇宙ひろしといえども阿弥陀仏しかおられなかったぁ!」
と叫んでおられます。
ここにおいて、はじめて私たちは「独生 独死 独去 独来」の「寂しさ」から救われるのです。


706 :XYZ(正教徒):04/07/27 23:53 ID:hdKKgpDI
>>703
 ttp://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1087791159/

 私なりの答えはこの上のスレの>>172>>190
 あたりに詳細があります。

 しかし簡単にまとめてみますが…。

 他の宗教と共存する(=仲が悪くない)ことと、自分の信仰生活を
真実とみなすことは、両立可能である場合が多くあります。他の宗教
を「間違っている」と考えはしますが(もちろん面と向かって「お前は
間違っている」とは言いませんけどね^^;)、だからといって即、喧
嘩ないし暴力行為を起こすわけではありません。

 「仲が悪くない」というのはそういう意味で申し上げました。「仲が良い」
とも限らないのですがね。^^;

707 :名無しさん@3周年:04/07/27 23:58 ID:FLfZ5rtE
親鸞て阿弥陀様に会ったの?んで理解してもらえたわけか。
なるほど、それなら親鸞は阿弥陀仏に理解されて嬉しがってればいいじゃん、
親鸞はね。
だが阿弥陀に会ってない人まで何で信じられるわけ?出て来いや、阿弥陀こら、
俺のとこに来て親鸞を救ったように救えや。
ぁ?こんな荒んだ心だから救ってくれないって?あ、そうですか、んじゃあ
しょうがねーや。一人で頑張るわ。
だけどほとんどの奴は阿弥陀を見たわけでもないのに信じたりしてるんだろ?
会ったこともないのに何が信じるじゃ、何が救いじゃ、
寂しい寂しい、ってお前ボダか。
ま、現実の人間に依存して迷惑かけてるボダよりは、
幻の阿弥陀にすがってるやつの方が害がなくていいか。
そういう意味で宗教は必要かもね。吉外を大人しくさせる機構としてさ。
くれぐれも信仰捨てないようにね、実社会で暴れないでねw

708 :XYZ(正教徒):04/07/28 00:01 ID:IHZ6FrWG
 >>707
 整理した感想は今度書きたいですが文章はこれはこれで面白い。
ー_−;

709 :名無しさん@3周年:04/07/28 00:15 ID:PGbFcNio
>>704
>>705
言葉で表現しない限り、心、即ち感情と思考は他人にはわかりません。心とはそういう
ものです。常に変動する心をあなたは自分自身でも判るのですか。また、自分の心
を他人にすべて見透かされて嬉しいですか。自分の心を判って欲しければ、表現能力
を身につけてください。自分を判ってくれないとメソメソするよりも、他者の心を
出来るだけ判ってあげるよう努力したらどうですか。

710 :707:04/07/28 00:44 ID:UbwsPEWG
>>708 おちょくってますか?あんたの宗教のことなんて一言も俺
言ってないですよ。親鸞が阿弥陀に会えたと聞いてつい羨ましくて
ぼやいてしまっただけだから。
で、そんなことよりXYZ君の感想を聞けるなら聞いてみたいことがある。
なるほど、貴方は自分の宗教を唯一の真であるとしながら、
他の宗教とも共存できる、と言っているね。
ではですよ、貴方は生活する上で、上っ面は仏教徒とか他のキリスト教の派閥
とかと仲良く(少なくとも罵倒しあったりはせず)生活しながら、
心の底では、「お前らは救われねーよヴォケ、正教信じればいいのにアホが」
と思ってるわけですよね?あるいは、も少しやさしめに
「正教信じないと救われないのに・・・かわいそうだ・・・」
という眼差しで見つめているわけですよね?



711 :707:04/07/28 00:44 ID:UbwsPEWG

分りやすい例えを出そう。
マザーテレサがインドで「死を待つ人の家」とか作りました。
でもテレサが死ぬ間際に、その死に行く人をキリスト教に改宗させている、
それは卑怯じゃねーか!どさくさにまぎれて
勝手に布教活動してんじゃねーぞコラ!とインド人にどやされました。
マザーテレサは「布教なんてなんてしてませんよ!ヒンドゥーの人は
ヒンドゥーのまま仏教徒は仏教徒のまま、看取ってますよ!!失敬な!!!
キリスト教の布教のために、心細い死ぬ間際のインド人捕まえて、
改宗させたりなんてしてません!ほんとにただの慈善ですからぁっ!残念っ!!」
と答えました。

なるほど、いい人だねテレサ婆ちゃん。宗教の垣根越えて不幸な人を
助けて上げるなんてさ。感動するわ。
けどさ、もしマザーテレサが真にキリスト教(あの人キリスト教の何派?知らんけど)
を信仰し、尚且つキリスト教信者は必ず救われると信じていたならば、
死ぬ間際の、「間違った宗教」を信仰している人々を、正しいキリスト教
に改宗させてあげるべきだったんじゃないのかな。だってそうしないと本当の
救いは、そのインド人達に訪れない筈なんだから。もし彼女がほんとに信じてた
のならね。が、彼女は改宗はさせていなかった!!!つまり彼女は真のキリスト
教徒ではなかった!!!いやいや、だから彼女が下らんと言ってんじゃないよ、
だから素晴らしいって言ってるんだよ。彼女は盲信している宗教家じゃなく、
宗教を利用して、人々が少しでも幸福になれたらいいね、って感じで、
必死こいてインド人助けまくったわけだからさ。素敵だ。

712 :707:04/07/28 00:45 ID:UbwsPEWG

だが、XYZ君、君がマザーテレサの立場に立ったらどうするよ?
君の言う「間違った」信仰をしているインド人を、君は正教に改宗
させるべきだとは思わないかね?だって間違った信仰持って死んだら
救われないじゃない?それよりむりやりに洗脳してでも正しい正教に
改宗させて上げる事こそ真の救いであるとは考えない?

つまり質問は、マザーテレサの信仰は君のものとは違うよね?
いや正教かそうじゃないかじゃなくてね、信仰の仕方ね。
マザーテレサはいわゆる「道具」「機構」として有意義なものとして
宗教を捉えていた人だよね?真の信徒ではないよね?

そして、君は、上っ面で他宗教と仲良くしながらも、
心の底で見下しているね?
言い方が悪いなら、仲良くしつつ、認めた振りをしつつ、
「でも君らは救われない。かわいそうに」
とは思っているね?別に長文でもいいね?


713 :親鸞学徒:04/07/28 00:52 ID:9+xHup0B
宗教と聞くだけで、何か怖いもの、はまってしまうもの、危険なものというステレオタイプの認識を持つ人がいる。
しかし、果たしてそうだろうか。
このようなステレオタイプの思考によって、何か大切なものを見失ってはいないだろうか。
もちろん非科学的でとうてい理性のフィルターを通らないようなものは問題外である。
通常の理性にさえ耐えられないような陳腐な教えを盲信し、社会に迷惑をかけたり不幸に陥っている人も確かに多い。
したがって、宗教の正邪を見極めることはとても大切なことといえるが、だからといって決して宗教のすべてがおかしなものと拡大解釈することがあってはならない。
宗教とは宗(むね)となる教えであり、自分の人生の指針となり、苦悩の解決をめざすものである。
心理学の世界には実にさまざまなカウンセリング理論があり、それ相応の役割りを果たしている。
技術的なものから思想的なものまで実に幅広い。


714 :707:04/07/28 00:59 ID:UbwsPEWG
>>713 だからよ、だったら神とか言い出すなよ。カウンセリング効果
は認めるし、思想として便利なものもあるね。いいこと言ってる!って
思えるのもある。でもさ、じゃあ何で神様とか言うわけ???
何で輪廻転生とかさ、天国とか地獄とかさ、何でそんな嘘付くのよ!!!
「神とか天国とか言ってるのは、まあ便宜上のことでして。。。
そういうものは全部仮定として便利なので使っていただけでして。。。」
って、絶対言わないだろ???胡散くせーんだよそこが。
それさえなければほんとに宗教っていいものだと思う。
人を愛そう、人を労わろう、んで自分自身も幸福になろう、
ってだけ言って、そしてその方法を伝授してればほんとに
いいものだと思う。何で神とか地獄とか言うのよ!!!
嘘って認めちゃえよ!!!つうか地獄とかマジで存在したら
俺とかマジやべぇし。頼むからそこだけは嘘と認めてくれよ!!!
で、俺を普通にカウンセリングしてくれよw

715 :名無しさん@3周年:04/07/28 01:01 ID:iDftu8Zr
宗教上の意見の違いなんかで人間関係壊されるなんてそんな無意味で屈辱的なことは無い。
だって本来社会生活において宗教っていうパラメータは、絶対必要というわけではないから、
例えば無宗教家の人からすれば、人付き合いにおいて相手がどんな宗教であるかなんて、
ほとんど気にせずに 付き合うことになるのは当然というか自然なことだし。
彼にとっては、まさか宗教が原因で喧嘩になりうるなんて想像もつかないだろうし。
問題ってのはやっぱり宗教が人の心を救うという作用をする時に前提とされるべき
自分の宗教を信じて疑わないということにあると思う。もともと宗教は、実験→観測→認識→理解(表現)
という一つの現象の観測から一つの結論を導き出すという科学的な認識ではなく
想像(創造)→認識→理解(表現)というあやふやな世界から作り出されたもので、認識の内容となる答えが
無数に存在する。その中には極めて危険な物もあるし人の心を動かし感動させる物もある。
そういう物を吹き込んで自分を含む教団という環境と外界との間に枠を作り、あたかも一つの意志の一部
として活動するということは、どれだけ自由を奪っているか。

716 :名無しさん@3周年:04/07/28 01:02 ID:iDftu8Zr
例えばある孤島に暮らす超閉鎖的な部族が、血生臭いしきたりを守っていたとする。
その部族にとっては生贄となる村人がどれだけ血を流そうが、しきたりである
という絶対的なルールに縛られて、日本に暮らす僕らには理解しがたい残酷な儀式も 何年もの間途切れることなく
村の主の想像が作り上げた悪魔の祟りを恐れて続けられる。この村に住む人々はこのしきたりから逃れる術もなく
逃れようとも思わない。生まれたときからしきたりに縛られ、祟りを本気で信じているのだから当然だ。
わけあって救いを求める人々を、あんたは救われるんだよ、といった甘美な誘惑で次々と入信させる。
入信したのは教えを信じたからではなく、そこに自分を救ってくれる存在があると信じていたから。
しかしそれは実際には超常的な力を持ってるわけでもなく、ただ教祖の想像の世界を記したものであって
そしてあやふやな教えはしばしば人の心を惑わせ、カルト団体や詐欺団体を作り得る。
200年以上前の矛盾と不条理が支える時代には、宗教is我々の全て、という文化を人々は作っていた。
今のこの時代において本当に救いとなるのは宗教ではなく現実を見つめ努力する勇気だ。
何かに理由をつけて自分を正当化するのはよそう。宗教では解決にならない。

717 :親鸞学徒:04/07/28 01:10 ID:9+xHup0B
>つうか地獄とかマジで存在したら俺とかマジやべぇし。
>頼むからそこだけは嘘と認めてくれよ!!!

ウソと思いたいあなたの気持ちはわかりますが、残念ながら、実在します。
たとえて言うなら、あなたの目では、アフリカというところがあって、奇妙な動物がいるといっても見えないから、テレビ放送等がないと信じられないでしょう。
しかし、ご承知の通り、確かに実在しているではないですか。
私たちの「苦しみ悩みの根元」は「死んだらどうなるかわからない、真っ暗な心」です。
「無明の闇」といわれます。
この「苦悩の根元」を断ち切らない限り、どうもがいても、次から次へと苦悩が生じてきます。
そして、人生は、はかなく、むなしく終わってしまいます。
また、死後には、たいへんな一大事があります。
これは、作り話でもなければ、おとぎ話でもありません。
他人事でもなければ、ひとごとでもありません。
ほかならぬ自分自身のこと、我が身の問題なのです。
苦しまなければならないのが他人であるのなら、自分は遠くから眺めて笑っておれるかもしれません。
しかし、自分が苦しまなければならないと知らされれば楽にはなっておれないはずです。
いやでもその解決に必死になるはずです。
どんな人でも、仏教を真剣に聞き求めていきますと、「自分の本当の姿」を阿弥陀如来のお力によってハッキリと知らされます。
「まことの心が微塵もない己の姿」がハッキリ照らしだされるのです。
「堕ちるに間違いない自分である」とツユチリほどの疑いもなくハッキリいたします。
と同時に「そんな者をお目当ての弥陀の本願、本当じゃったぁ!」と「助かるに間違いなし」とハッキリいたします。
弥陀のジカの呼び声を腹底に聞いた一念で大安心・大満足の永久に変わらない、壊れない、崩れない、死が来ても微動だにもしない「絶対の幸福」に救いとられます。
「阿弥陀さま、申し訳ありませなんだ、このような者をよくぞこの身にしてくだされた」と泣くよりほかにないのです。
阿弥陀如来は、まことの心の全くない私たち、仏教を聞こうという気のさらさらない私たちを強い強いお力で引っ張って、押し出されておられます。
「何とか何とかわかってくれよ、真実を聞き求めてくれよ」と。
「必ず本当の幸福にしてみせる」と全力をあげておられます。


718 :707:04/07/28 01:10 ID:UbwsPEWG
>>716 ぶっちゃけ、俺はスゲーその意見に賛成ッス。
地獄なんてないよね?

ね??頼むからそんなものあってくれるナ・・・

719 :親鸞学徒:04/07/28 01:12 ID:9+xHup0B
「 ガンやSARSが恐ろしい、
  病気やケガはいやだ、
  交通事故がこわい、
  戦争やテロが怖い、
  景気が回復するか心配だ、
  雇用が不安だ、
  年金がもらえるだろうか、
  老後が不安だ、
  環境問題が深刻だ、
  食の安全性が心配だ、
  地震・台風が怖い 」

と、世間で大きな問題とされていることは、
よ〜く考えてみますと、その不安・恐怖の根底に、
そもそも「死」に対する不安・恐怖があるからではないでしょうか。

私たちは、数日後に楽しい予定がある、たとえば「旅行に行く」ということが決まっていれば、旅行に行く前から、明るく楽しい気分になっています。
逆に、数日後に、たいへんな難手術をされると決まっていれば、その手術前からでも、暗く不安になってしまいます。

これを大きなスパンで考えると、
私たち人間は、「死んで、どうなるかハッキリしない」、
つまり「死後」が真っ暗がりだから、
「今」現在も真っ暗がりとなり、
どんなに楽しく生きようとしても、ぼやっとした不安から常に離れきれない、
心の底からの安心、満足、喜びがないのです。



720 :親鸞学徒:04/07/28 01:16 ID:9+xHup0B
>>716
でも、真実の宗教以外に、「解決策」があるの?
ハッキリ答えられないでしょう。
空と水しか見えない海で、近くの浮いている「丸太」や「板切れ」を求めて、必死に私たちは泳いでいます。
まわりには、風や波に悩まされたり、すがった「丸太」に裏切られ、潮水を飲んで苦しんでいる人、おぼれかかっている人もたくさんいます。
そんな人たちに、一生懸命、泳ぎ方のコーチをしているのが、政治・経済・科学・医学・教育などといったものとはいえないでしょうか。
しかし、
「どこに向かって泳ぐのか」
「なぜ、生きねばならないのか」
いちばん大切なことである泳ぐ方角を
残念ながら全く教えていません。


721 :名無しさん@3周年:04/07/28 01:19 ID:iDftu8Zr
>>718
僕的意見としては絶対無いと思います

722 :名無しさん@3周年:04/07/28 01:26 ID:iDftu8Zr
>>720
そうですね。教えてないんでしょうね。
わからないから教えないんですね。ていうかわからないから教えられないんですね。
どっちに島があるのか、どれくらい島が離れてるのか、そもそも島はあるのか
誰も知らないんです。しかし宗教は、目的地は極楽である、とか仮定しているわけですね。
それは出来の悪い子達の泳ぐ気力を沸き立たせるには役立つかもしれません。
しかし、行き過ぎた仮定はただの現実逃避です。丸太が腐って沈んでることに気づいて
絶望した人は、誰でも絶対救える現実逃避倶楽部を結成したスイマー達に引かれて
助かるよーっ大丈夫と、だまされたまま沈んでいきます。

723 :親鸞学徒:04/07/28 01:28 ID:9+xHup0B
現在、仏教以外に、世界中に多くの「宗教」がありますが、それらは、みんな人間の頭でつくりあげたもので、全くの「迷信」です。
そのようなものを信じていても当然、本当の幸せにはなれません。
「いつでも、どこでも」通用する教えではなく、矛盾したところばかりが多く、幼稚なものばかりです。
それに対して、「仏教」は、大宇宙の真実です。
愚かな我々人間の頭で勝手に作り出したものではありません。
ところが、残念なことに、「仏教」といっても現在、一般的に知られている「仏教」というのは、「聞き誤って伝えられたもの」や「間違って解釈されているもの」が、ほとんどです。
また、親鸞聖人や蓮如上人は、「仏教」を誤りなく正確に伝えられた方々ですが、現在、その親鸞聖人や蓮如上人の教え(=本当の仏教)を解説した書物も書店に、多数、出ています。
しかし、それらの解説書も、「間違った解釈をしているもの」、「大事な核心の抜けているもの」が、ほとんどです。
皆さんの中には、お釈迦さまが、「自分の頭」で考え、つくり出して、人々に教えたものが「仏教」だと思っている人がいらっしゃると思います。
よく知っていただきたいのですが、「仏教」というのは、お釈迦さまが、勝手に考えられたものではありません。
お釈迦さまが、おられても、おられなくても、それに関係なく、大宇宙に常に、存在している教えが、「仏教」なのです。
また、親鸞聖人の教えていかれたことは、今日、浄土真宗といわれていますが、親鸞聖人が勝手に考え出されたものではありません。
親鸞聖人が教えられたことは、お釈迦さまの説かれた「仏教」そのものであって、全く「自分の考え」はいれられておりません。
お釈迦さまや親鸞聖人、蓮如上人は「阿弥陀仏の本願を建てておられる御心(みこころ)」を誤りなく正確に伝えてくだされた方々です。





724 :親鸞学徒:04/07/28 01:32 ID:9+xHup0B
本日、最後に一言だけ付け加えさせていただきますが、
お釈迦さまの説かれた「仏教」は、「真実」なのです。
「いつでも」、「どこでも」変わらない大宇宙の真実なのです。
この地球上だけではなく、ほかの天体でも、お釈迦さまのような仏さまが、
そのすべての仏さま方の先生の仏である「阿弥陀如来」の「誓願」(約束)を私たち人間のような生き物に説いておられるのです。



725 :名無しさん@3周年:04/07/28 01:35 ID:iDftu8Zr
宗教の多様性と一貫性の無さは本当に、いかに適当な合理主義に基づいているかを示してると思います。
ただ、生きている意味とはなんぞや、この世界とは一体なにものか、っていう疑問に対しいろんな見方があるので
客観視して見るものとしては面白いです。

726 :707:04/07/28 01:36 ID:UbwsPEWG
>>717
お前まじふざけるなよオイ。脅してんのか?地獄があるだと?
そんなものあってたまるか。どんな悪人も、どんな残虐非道な行為を犯した
人間も、ゼロにはなれど、決してそれ以上の苦しみを与えられる(しかも永遠に!!)
ことなどあってたまるか。俺はそんな脅しに屈しない。俺は敢えて確証の
ない、確かに何の根拠もないことを貴様に言う、
地獄などない。あってはならない。かつての全ての悪人も、全ての信仰を
持たないあるいは誤った者も、断じて地獄になど言っていない。
彼らが救われたとは言わない。だが少なくともゼロの戻っただけだ。

意識が生じた。悪行を犯した。地獄に落ちて永遠に苦しい。

こんな構図があってたまるか。全ての意識が今は少なくともゼロには
戻れている。どんなに苦しんだ意識もどんなに幸福だった意識も、
今は少なくともゼロであれ!!!

お前は俺に言うのだな、「貴様は地獄に落ちる、そして永遠に苦しむのだ」
と。
ふざけるなよ、まじでそんなことを願う貴様を俺は心底憎む。
だがそれでも俺は貴様が地獄に落ちろとは思わない。それはかわいそう過ぎる
からだ。貴様はいつの間にか生まれ、いつの間にか生きて来て、いつの間にか
そういう意見を持った・・・そして地獄に落ちた・・・
こんな構図は許されないし、すくなくとも俺は願わない。
貴様が幸福になれと俺は願わないが、少なくとも地獄に落ちて欲しくはない。
地獄なんてあってたまるか。もしあるならばそんなものを作ったやつを
心から憎む。憎むがそいつさえ地獄に落ちろと俺は願わない。かわいそう過ぎる
からだ。永遠に苦しい、なんて状況はどんな意識にも与えられるべきじゃない。
どうか地獄などありませんように。全ての意識は少なくともゼロの状態には
戻れますように。

727 :707:04/07/28 01:49 ID:UbwsPEWG
単純に聞く。親鸞学徒よ、
地獄に落ちた人がかわいそうだとはお前、思わないのか?
そいつがどんなことを生前しでかしたかに拘わらず、かわいそうだと
お前は思えないのか?だとしたら俺は他の何よりもお前の精神を
理解できない。そんな慈悲の欠片もない人間がりうことが。

728 :707:04/07/28 01:53 ID:UbwsPEWG
りうことが→いることが



729 :名無しさん@3周年:04/07/28 01:56 ID:iDftu8Zr
なるほど、仏教は想像から作られたものではないと信じられてるわけですね。
ではどうやってお釈迦様は仏教を発見(?)したんでしょうか。
もともとこの世界のルールとして電磁相互作用がベースとなっているとして、
それが一般的になっています。それは、電子の動き、磁力線の向きなどを元にいろんな
学者が時代を経て研究し新発見の連続を続けてきた結果間違いない、と断定された結果のことです。
それが、お釈迦様はたった一代で宇宙の全てを極めてしまったというわけですね。
仏教とはそこまで凄まじいものだとは思いませんでした。
予備知識としてぜひとも仏教の真髄を知りたいですね。

730 :名無しさん@3周年:04/07/28 02:06 ID:iDftu8Zr
そういえばお釈迦様のおっしゃる無常というものは、
かなりナノテクノロジー的な発想とも言えますね。
リンゴは10秒後もリンゴであるが、原子レベルで観測すると
原子は絶えず振動しています。まさに無常ですね。
お釈迦様は時間の流れと空間座標の関係におぼろげながら
気づいていた可能性はありますね。また、この科学的説明
と結びつく教えの存在は、仏教とは宇宙を含む全てである
と言った偏った結論を導かせてしまう要因にもなっているんですね。
一生懸命頭を悩ませて考えていた証拠になりえなくもないですね。。

731 :名無しさん@3周年:04/07/28 02:15 ID:NIqDNFTQ
>>727
天国も、地獄も、人間の幻影ですよ。
神・仏も、多くの人の思いを投影した、超越的他者です。

信仰とは、幻影を、そうと知りつつ信じることです。
現実と混同することではありません。

本当に信仰しているのなら、天国でも地獄でも、神・仏の導きに
従えばよろしいではないですか。

絶対的他者としての神・仏は、ちっぽけな一宗教の概念など、
それこそ超越してるでしょう。

732 :707:04/07/28 02:22 ID:UbwsPEWG
>>731 はぁ?俺は信仰なんかしてないよ。
天国でも地獄でも神・仏の導きに従えだと?
仮に本当に信仰しているのだとしてもだ、何で導きに従って
地獄になど行くんだよ?ぁ?かわいそうだろうが地獄なんて!

そして「信仰とは幻影をそうと知りつつ信じること」と
いうスタンスならば、まあ、それはそれでいいと思うけどさ、
親鸞学徒はそうは言ってないよな?地獄はあるとか言ってさ、
大宇宙の真理とか言ってさ。

「天国も、地獄も、人間に幻影ですよ」
つまり、天国も地獄もないって貴方は思うのですね?

733 :名無しさん@3周年:04/07/28 02:23 ID:iDftu8Zr
>>731
それはつまり、地獄なんぞ幻影なのだから本気で信じる者は
我々と関係ない、本当に信仰してる者は地獄を信じたりはしない。ってことかな。
そんなんで、この教えが全てであるなんてよく信じられますね。

734 :名無しさん@3周年:04/07/28 02:26 ID:NIqDNFTQ
>>732
信仰している人には、あるでしょう。
信仰しない人には、当然ありません。
あなたは、どう思うのですか?
天国、地獄、神・仏は存在すると思いますか?

735 :707:04/07/28 02:36 ID:UbwsPEWG
>>734
俺はないともあるとも分らない。そんなことは俺の知り得ることではないからだ。
ただ、他の全ての人間にも知り得る筈はないと思ってる。知り得る筈など
ないのに、親鸞学徒みたいに「地獄はある」って
断言してやつが許せないというだけ。

そして俺自身どう思うかという問いに一つずつ答えるよ。
天国はあって欲しい。地獄はあって欲しくない。
神・仏は恐ろしいものならばいて欲しくない。
慈悲深い、優しいものであるならばいて欲しい。
が、これは単に願望だよ。実際どうなのかなんて俺にはわからないよ。

736 :名無しさん@3周年:04/07/28 02:41 ID:NIqDNFTQ
>>733
>>そんなんで、この教えが全てであるなんてよく信じられますね。

信仰すると言うことは、そういうことだと理解してます。
大切なのは、天国地獄を最もらしく説明している人さえ、
本当は、幻影である事を理解していると言うことです。
(確認できることではないので、まさに信じていると言うこと)


737 :XYZ(正教徒):04/07/28 02:41 ID:IHZ6FrWG
 >>707 別スレからまずはコピペm(_ _)m
さて…
   >174さんは、正教会以外の宗教は間違っていると思いますか?
 についてですが、簡単に申し上げましょう。間違っています。
 特にいえば他の宗派の方も間違っています。
(ローマ=カトリックの方やプロテスタントの方、すみません。しかし
ここは論文と思い、出来れば最後まで読んでから批判して頂きたく存じ
ます。)
 「正教会」とは「正しく神を讃栄する教会」の略です。
 イスラエルの伝統を引き継ぎつつ、旧約の成就としての新約を述べ
伝える、唯一の聖公使徒教会が正教会です。私はそう信じています。

 >正教会以外にも正しい宗教がある可能性は認めますか?

 これについては、認めません。それは「正しい」の語を厳格に用いて
「正教会」を名乗っているからです。では他の宗教・宗派は全て邪教
なのか?「毒になる教え=邪教」というような意味で言えば、無論、
ノーです。良い働きをする宗教もあります。人に与えられた良心の働き
と一致するものであれば、邪教とは言えないでしょう。ここに、カルトと
「良い宗教」の区別が出てきます。しかしこれはあくまで正教会からみて
人間の良心に適っているかが問題であり、どの宗教にも納得のいく、客観
的な基準を提示できるわけではありません。あくまで世界観の中心は正教
なのです。その基準の上での「良い宗教」です。
 しかし、天国(死後の世界ではなく、霊の状態としての天国)に至る
道としては正教が最も近道だと、信じています。

738 :XYZ(正教徒):04/07/28 02:44 ID:IHZ6FrWG
 
 >つまり、貴方は、正教会の言うところの神が本当にいるとは思っていますか?
 >それとも、正教会の言う神がいることにして生きようと思っていますか?
 私は、前者です。というよりも、他の「神」はいません。いないのです。

 と、ここまでは私個人の一種の「信仰告白」のようなものですが、
「論」となると書き方が変わって参ります。

 これまで>>182>>183 で述べたことをご覧になってお分かりの様に、
私は原理主義者ないし狂信者、もっといえば盲信している馬鹿ととられて
も仕方のない書き方をしています。是非もありません。
 何故なら信仰告白そのものが「客観的」ではないからです。「神」の
存在証明などできません。
 いや、偉大な数学者であり論理学者クルト=ゲーデルなどはこれを試みた
という本は興味深く読みましたし、神の存在形態に多神教と一神教の区別は
あまり意味のないことである…などとしている数理神学の論が載る本も興味
深く読んだこともあります。しかしだからどうなのでしょう?アインシュタイン
の良き友にして天才と称されるゲーデルが「神」の存在を(彼の論が正し
かったとして)証明していても、それが我々に何の意味があるのでしょう?
必死に私のような凡人が数学・論理学を学び、そこから得られるものはせいぜい
が「神の存在証明」だけとは、得られるものが小さすぎるのではないで
しょうか。数学は苦手ではあっても好きなのでこれらの本も楽しんで読んでは
いますが、娯楽以上でも以下でも、私にとってはありません。
 正教会は客観性には拘りません(まったく無視するわけではないのですが)。
 そして「効果」を考えて「神がいなくてもいると思えばいい」などとは
決して考えません。
 なぜなら>>176さんが>>177に述べられたように、それではあまりに空しい
のです。なぜ空しいのか?
 それは神を持たない教えでは社会秩序は保つことはできても、自分の
霊(たましい)を救うことはできないからです。
(続く)
 http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1087791159/ >>172あたりからコピペ

739 :XYZ(正教徒):04/07/28 02:46 ID:IHZ6FrWG
  以下の喩えは正教会の神父さまからは違う!と言われてしまうかも
しれません。これはあくまで私のイメージです。>>176さんもおそらく
「私=XYZ」との対話をお望みでしょう。それにヒラ信徒に公式見解を
ご期待の第三者もいらっしゃらないと思われますので私の論を進めます。
 ミシェル=フーコーの「監獄の誕生」に取り上げられているベンサム設計
の円形監獄「パノプティコン」をご存知でしょうか。光線の錯覚を利用し、
極めて少ない看守だけで囚人を見張るシステムです。この監獄は自動的に機能
し、中に看守がいなくても、囚人は見張られていると思い込み、規則正しい
生活を送ると考えられました。
 そう、よく整備された社会において、社会秩序を維持するためには神の
存在はなくても良い(私は神の恵みがなければ世は続かないと信じています
が)のです。ただ、それに替わるものがあると人民が思い込んでいればそれ
でいい。寧ろカルト宗教によって秩序が乱されることの方が明らかなマイナス
である。よって宗教は要らない。…これが現代の世相だと思うのです。
 成る程、社会はそれでいいかも知れません。私も自分の正教の信仰により
自らの霊の救いを祈るには、初代教会やソ連時代の教会に比べて、随分生き
易い世の中です。未熟なのでぶつぶつ文句言っていますが^^;。

 >自分の正しさを、主張しつつ、異なる考えの人と共存する知恵を持つ。
 >これが正解じゃないかな。
 も、社会的生活としてはOKだと思うのです。共存は善いことです。
 しかし自分の心の中は残念ながらパノプティコンにいる囚人程には欺けま
せん。皮肉なことに少なくともこうした問題では社会よりも自分を騙すこと
の方が難しいのではないでしょうか。>>176さんはその自分の秩序の中に実は
神がいないという、実体の無い状態に我慢ができないのだと思います。気付
かなければそれは一種の「幸福」な状態なのかも知れません。
 でもおそらく後戻りはできないのです。

 神は私が証明するものではありません。もし私に証明できる程度の神秘で
あれば、わざわざベツレヘムにお生まれにはならなかったでしょう。
 (長文コピペ失礼しました。次は書きますね)

740 :名無しさん@3周年:04/07/28 02:49 ID:iDftu8Zr
はあ、やっぱりそうですよね。
確信を持って地獄だの天国だの言うはずはないですよね。
じゃあなんで天国地獄があるとして教えを説いているんですかね。
悪い人間も良い人間も一緒くたに、仏教=大宇宙の真実、であるとして
信じさせその上で、地獄と天国という幻影的存在による心理的圧力をかけて
悪事を防ぎ善行を薦めているというわけでしょうかね。
そうなると、仏教は嘘の塊ということになってしまいますね。
良いことに結びつけば嘘を吹き込んで心理的に束縛することさえ許されるんでしょうか。

741 :名無しさん@3周年:04/07/28 02:57 ID:NIqDNFTQ
>>735
それが、あなたの信仰なら、その思いを投影できる物(宗教とは限らない)を
探せばよろしいのではないでしょうか。

宗教は、どう生きるかと言う教えが大切なので、
その結果としての天国・地獄は、あまり重要ではないと思う。
宗教理念の一貫性を求める人が必要なもので、
生き方に共感できる人には、あまり意味がないかと思います。

742 :707:04/07/28 03:00 ID:UbwsPEWG
XYZさんまだ起きてたんだ^−^
答えてくれるようでとても嬉しい。ちなみに、俺は今君がコピペした部分は
じっくり読んでましたwそのスレにも俺行ってるのでねw
で、もの凄く、もんの凄く、172に共感した人間であるということを取り合えず
言って置く。俺のスタンスとして示して置きますね。

743 :名無しさん@3周年:04/07/28 03:04 ID:iDftu8Zr
>>738
証明するということはすごく大事なことだと思いますよ。
確信の持てないことを無理やり信じるということができないと
宗教なんぞ信仰する気にもなれないでしょうけれど、
もし確信の持てる証拠を見出せたなら、それによって
宗教というものの価値観や信仰する意義をも見出せて、
その上信じて良かったという満足感が得られると思います。
しかし結論を出す以前に、証拠なんかいらないぜなんて吐き捨てて
せっかく空ろな認識であった自分の宗教がはっきり見えるチャンス
だというのに、もったいないことをしてしまうのはなぜですか?
僕が思うに、証拠が出ないことがわかっているからじゃないですかね。
つまり、言い訳をあれこれつけて、自分が正しいのだと主張してる
だけなんです。宗教の教えも全くそのものです。

744 :707:04/07/28 03:08 ID:UbwsPEWG
>>741 分った。貴方のスタンスは、つまりは俺と一緒だと思う。
つまり貴方は、僕がイメージする盲信宗教家ではない。全くおっしゃる通り。
貴方の言ってることに、俺は全く同意。

が、俺がここでこんなに言葉を荒げてるのは、貴方のような人に対してではない
です。貴方は分った上で宗教をやってる(?)らしいので、貴方のやり方、
スタンスは、全く非難するつもりはない、

というかね、みんな貴方みたいなスタンスでやってればいいんだけど、
地獄はある!この宗教だけが真!みたいな信仰してる人達と、今俺は
話したいのです。

決して非難して言うのではありませんよ、でもね、貴方はいわゆる
宗教家ではないですね。もの凄く寛容な立場で、宗教も役にたつなら
利用したいね、って立場ですよね?俺もそうです。ただ、闇雲に「真」
といい切ってる奴らに俺は怒りを感じてるので、こうやって暴れてるわけです。

745 :名無しさん@3周年:04/07/28 03:08 ID:NIqDNFTQ
>>740
私は、宗教の本質は、人と人との求心力だと考えています。
国家が国家として、民族が民族としてまとまっているために、
価値観の共通化が必要な時があります。
そんなときに、宗教は求心力として働く。
だから、一番大切なのは、生き方の教えなのです。

746 :名無しさん@3周年:04/07/28 03:15 ID:iDftu8Zr
現実から目を背けさせ、幻影に身をゆだねさせることは、
それはきっと傷ついて壊れかけた人の心を優しく包んでくれると思います。
これはよく言われる宗教の良い点ですね。
しかし信仰するということは、ある主の軽い洗脳にもなりかねないと思います。
たとえばさっきの話のように、幻影である地獄と天国という存在を教えの中で
説明し、信者の頭のなかに別次元の空間を作り上げます。
その空間の中で、神や仏が絶対的存在として信者の心理を導くのですが、
あまりに救いを求めるあまり、その別次元の空間が鮮明な意識となり
地獄や天国を本気で信じ始めたりもすることがあると思います。
すると、宗教は信者を救うどころか己の世界に閉じ込めてしまうんです。

747 :XYZ(正教徒):04/07/28 03:17 ID:IHZ6FrWG
 >>707>>742
 そろそろ寝ますがまたお返事を出します。
 それから本当に文章が上手いですね。見習いたいものです(マジ)。

 >>743
 説明の仕方が足りなかったようです、すみません。
 あえて狂信者ととられてしまう発言をここではしますが、
 (信じてもらえるか分かりませんが普段は酒が好きな単なる若者ですよ、私は)
 自分には既に証されているのです。ハリストスの復活と私たちの救いは。
 どんなかたちでか?うーん。「聞こえた」とでも言いましょうか。とりあえず。

 ああ、だから嫌だったんだT_T狂信者との声が聞こえる

 気を取り直して…。
 私個人をはじめ信者個人には証が与えられています。それぞれのかたちで。
しかし「この世にはヨナのしるし(復活)のほか、しるしは与えられない」と
聖書にあるとおり、客観的に確認できる証拠は与えられないのです。
 個人の証と「証拠」は別です。

748 :名無しさん@3周年:04/07/28 03:20 ID:iDftu8Zr
>>745
僕が聞きたいのは、仏教が宇宙の全てであると大ボラを吹いてまで
人を仏教に導いてそれが本当にその人のためになっていると思うかということなんですが、
生き方の教えが一番大事なんだから多少の嘘は見逃せということですね。

749 :名無しさん@3周年:04/07/28 03:31 ID:iDftu8Zr
>>747
なるほど、証拠のない証明というわけですね。
宗教ではそういうことが多いですよね。自分にしかわからないという。
僕はあなたが証を手にしたということは、嘘のつもりで言っていないと信じられます。
それがつまり神の存在の証拠にもなるというわけですね。
きっと信者の方は、自分もしるしを与えられるはずだ、もしくはしるしが欲しいという
願望が少なからずあるんでしょう。すると、そのしるしとは一体どんな形で
与えられるのか時々想像することになります。するとある日、非日常的な出来事が偶然起こり、
私は救われるんだ!!という発想につながるんでしょう。
それでは神の存在が認められたことにはなりえません。あくまでも自分の内なる世界での出来事です。
数学なんかの及ぶ世界ではないので証拠が無意味だと捨てるのは当然ですね。理解しました。

750 :名無しさん@3周年:04/07/28 03:36 ID:NIqDNFTQ
>>748
仏教にしろ、キリスト教にしろ、本当に良くできている。
聖書と般若心経は、誰が読んでも損しないと思います。

カルトやマインドコントロールの問題があります。
これらを除いて考えることを前提とすると、
>>仏教が宇宙の全てである
これは、大ボラでしょうか?
あなたの考える真実は、科学的なものだけを指しているのでは?


751 :707:04/07/28 03:42 ID:UbwsPEWG
>>XYZ あっちのスレと言い、コッチのスレといい貴方の真摯な態度には
好感を持つ。そして貴方は、僕のセンスで言えば単なる狂信者で、
「胡散臭い」人間であり、今正に語りあいたいのは貴方とだ。
俺が潰したいのは貴方の盲信、狂信的な信仰だ。だから俺は敵だな、確かに。

でも君を悪人だとは思っていない。どこか(俺のセンスではだよ?)間違って
はいるから、それを正直俺は叩きたい、叩きたくて煽ってる部分もある。
君の信仰の仕方を俺は叩きたい。でも君全体としては俺は好感を持つね。
だからまた、話しましょう。言葉が荒いけど、真摯に書き込むことだけ
約束する。だから答えてくれ。語り合ってくれな。
粘着宣言w
しばらく707で書き込むからよろしくね。

んでID iDftu8Zrは感動するくらい考え方近いっす。そっちが俺を
どう思ってるか知らんが、貴方のレスには正直全面的に同意できる。




752 :名無しさん@3周年:04/07/28 03:43 ID:NIqDNFTQ
>>748
人間の価値観が、立証可能な物だけで出来ているなら、
およそ個性などと言う物は存在しなくなってしまう。

科学的な価値観以外の何か(非合理的な物)で、アイデンティティーが
作られているのです。
宗教もその一つです。

753 :名無しさん@3周年:04/07/28 03:46 ID:iDftu8Zr
>>>750
そうです科学的な面で大ボラだといいました。
が、科学でも人間に認識できない次元での計算などがありますので
そうとも言い切れないとも思っています。しかしこっちは理論的証拠がいちおう
ハッキリと出されています。
信者の方は仏教が大宇宙の全てであるというのは本当であるという認識なんですね。
教えの中でそう信じるように導かれたのだと思います。僕は聖書も般若心経も
意味を理解して読んだことは一度も無いので、全く信じられないんですが、
もし読んでみれば信者の方の気持ちがわかるかもしれないですね。

754 :名無しさん@3周年:04/07/28 03:56 ID:iDftu8Zr
>>751
僕もそちらの書き込みはすごく興味深く、
キャラクラー的にも大変参考になりました。
実は心についてのレポートを書かなければならず
昨日の夜からいろんなスレを見ていてここに居座ったのですが、
メラメラ燃えるような熱い決意の元に宗教批判しようとしてました。
また信者の方や僕と同じ反宗教的な方の意見が知れて
かなり参考になった部分がありました。
レポートは全く進んでないのでとりあえずこの辺で、さよならになります

755 :707:04/07/28 04:12 ID:UbwsPEWG
>>754 そうか、レポート頑張れ!んで、レポート終わってもまた
レスしてな^−^俺ももう寝る!思わず長居しちまった。

756 :名無しさん@3周年:04/07/28 10:58 ID:PGbFcNio
XYZさんへ

宗教の方々の長々としたカキコが続いているが、あなた方がすべてに依存している
教典なるものは、所詮は大昔のどこかの人間が書いたもの。科学が奇蹟以上の発達
を遂げた現代の視点から見ると、誤っているところや時代遅れになったところが
無数にあるのは当然だが、それに対する批判や訂正はしなくてもよいのですか。

「いかに生きるべきか」は、そんな大昔の他人から教えてもらうものではなく、他
者との係わり合いの中で現実をひたむきに生きるうちに悟ってこそ意味があること
だと思いますが。他人に教えられた通りに生きるのは、精神的奴隷の人生です。それ
こそ「神」に背くものです。

あなた方の生きているのは現実の人間界です。教典の教える超越的な存在と、神か
ら造られたままの生物としての現実の人間の自然の感情・本能との折り合いはどう
やってつけるつもりですか。

史上はもとより、現在においても宗教を原因とする大虐殺が絶え間なく続いていま
す。たとえば、「宗教世界地図 最新版」(新潮文庫)参照。宗教は何故人を助け
るのではなく殺すのかという、宗教の「病理」についての考察と解決こそ、緊急の
課題ではありませんか。ゴマンとある宗教・宗派がそれぞれ異なった神を持ち、自
分の神こそ本物であると主張していることに大きな矛盾を感じませんか。

757 :名無しさん@3周年:04/07/28 11:23 ID:NIqDNFTQ
>>756
宗教について考えるよりも、哲学の勉強をする方が先だと思うよ。
哲学史だけでも、きちんと知ってる人は、宗教をそのように批判しない。
カルトやマインドコントロールについては心配するけどね。

758 :名無しさん@3周年:04/07/28 11:55 ID:PGbFcNio
>>757
従来の哲学者や宗教学者が宗教の「病理」についての考察や理解が不充分だっただ
けでしょう。しかも、日本人が大層有り難がる西洋の学者は殆どすべて宗教の影響
を受けている。このような学者に宗教批判は不可能です。
あと、カルトとその他の宗教とでは、現実上全く根拠のない教典や教祖の言説を無
批判に信じるという心理構造は全く同じ。社会に対する害悪の程度の問題だけです。

759 :名無しさん@3周年:04/07/28 12:07 ID:PGbFcNio
>>757
哲学史の本に書いてあることだけに依存するのは宗教と同じ。物事はあくまで
現実に立脚して思考・判断すべきでしょう。さもなければ哲学は無意味です。
それに、哲学やれば必ず宗教批判に行き付く。哲学板での宗教批判は、この板よりも
さらに尖鋭ですよ。

760 :名無しさん@3周年:04/07/28 12:18 ID:NIqDNFTQ
>>758
日本人にも、西田幾太郎とか、和辻哲郎とか、いるでしょ。

あなたの言う、宗教の「病理」なるものが、存在するとしたら、
ファシズムや、共産主義などど並べて、包括的に論じなければならない。
それは、大変な作業だし、2chなどで考えられるようなものではない。

結論から言うと、
宗教は人の理想の投影(幻影)であると言う解釈からすれば、
宗教の「病理」ではなくて、人間の「病理」だと考えるのが正しい。
(私は病理だとは、思わないけどね。仏教だと業、キリスト教なら原罪として
説明されてると思うよ)

761 :名無しさん@3周年:04/07/28 12:29 ID:PGbFcNio
>>760
西田も和辻も、西洋の学者の影響はタップリと受けている。

ファシズムも共産主義も、観念信仰という点で宗教と同じ。擬似宗教と
呼ばれる。いずれもキリスト教起源である。

「人間の病理」などと言って逃げるならば、宗教を原因とする大虐殺が
特段に多いという事実を全く説明できない。「業」とか「原罪」という
根拠のない観念を持ち出すこと自体が「病理」である。

762 :名無しさん@3周年:04/07/28 12:34 ID:NIqDNFTQ
>>759
私は哲学板にも、よくおじゃまするよ。
哲学に通じている人は、宗教を合理的に批判することが出来ないことを知っているから、
そういうことはしません。時間の無駄ですから。

むしろ、現代社会の倫理とか、
個人の価値観を社会に投影するシステムに感心がある。
宗教の担ってきた役割を宗教なしに実現出来るかどうかと言うこと。

763 :名無しさん@3周年:04/07/28 12:39 ID:NIqDNFTQ
>>761
宗教だけでなく、ファシズムや共産主義を含めた包括的な話なら、
論文を書くなり、本を出版したらどうですか?

この辺は、研究者によって意見がかなり違うところだから、
インターネットよりは、マスメディアを使う方がよろしいでしょう。

764 :名無しさん@3周年:04/07/28 13:07 ID:NIqDNFTQ
>>761
読んでるかどうかは、見る人が見れば分かるから、どうでもいいけど、

>>ファシズムも共産主義も、観念信仰という点で宗教と同じ。擬似宗教と
>>呼ばれる。いずれもキリスト教起源である。

ここだけは、誤解する人が出るといけないので、修正しときます。

ファシズムも共産主義も宗教ではありません。
その構造が、宗教と似ているので似非宗教と言われることは、ありますが。

ファシズムはキリスト教起源ではありません。

共産主義は、プロ倫(マックスウエーバー)の解釈さえ変わってきてる現在、
キリスト教起源などと言うマルクス研究者はいないでしょう。
あくまで、経済構造が形而上学的構造を決定したと考えるのが主流です。

765 :名無しさん@3周年:04/07/28 14:45 ID:LZ9Q0lGn
>>764
最近の研究では、ヒットラーはキリスト教徒で、彼の反ユダヤ主義はキリスト教徒た
ちの強い影響と支持があり、当時のローマ法王は彼の行為を黙認し、特に反対しなか
ったと了解しております。

マルクスも、ユダヤ教から改宗したキリスト教徒であり、彼の思想はキリスト教の千
年王国の思想に源泉があるとトインビーも言ってるそうです。

いずれにせよ、史上未曾有の大虐殺の原因となった彼らの思想が、人間性を無視した
ユートピア観念信仰に基づいている点で、宗教と軌を一にするものです。信じる「神」
が異なるだけです。

マルクスが「宗教は阿片だ」と言ったのは、お決まりの宗教間紛争だと理解していま
す。

766 :名無しさん@3周年:04/07/28 16:57 ID:Mzsdorbd
過去の話は、この際どうでも良い。


767 :名無しさん@3周年:04/07/28 17:44 ID:NIqDNFTQ
>>765
>>ヒットラーはキリスト教徒で、彼の反ユダヤ主義はキリスト教徒た
>>ちの強い影響と支持があり
反ユダヤ主義に支持があったのではなく、反共産主義を支持したのです。
反ユダヤ主義については、ホロコーストになる前に、距離をとっています。

トインビーは、私も好きで「歴史の研究」は読みました。
文明が有機体で、1000年で滅亡するというのは、シュペングラーの説ですね。
トインビーで大切なのは、そんなことではなくて文明が生成・滅亡を
繰り返すことで受け継がれて行くと言うことでしょう。
攘夷でも、開国でもなく、福音主義的応戦ということだと思います。
彼は、前文の中で、歴史は人が生きていくためのテクダ(道具)であると言っています。
テクダである以上、何があっても、それは利用する側の責任でしょう。

>>史上未曾有の大虐殺の原因となった彼らの思想が、人間性を無視した
>>ユートピア観念信仰に基づいている点で、宗教と軌を一にするものです

この辺は、私からは何ともコメントできない。
ほんの少しの解釈の違いが、思想的な違いに結びつくからね。
ナチスはカルトであるという分析もあるから、思想と切り離せば、
カルトとマインドコントロールの問題として、広く考えることもできるのではないか。

768 :名無しさん@3周年:04/07/28 22:42 ID:/nNCfBsM
ユダヤ人は根絶やしになればよかったのに。
やつらは害虫そのもの。


769 :名無しさん@3周年:04/07/28 23:22 ID:n/VoTVlp
 民族差別の書き込みは削除依頼。管理人様よろしくお願いします。

770 :親鸞学徒:04/07/28 23:37 ID:9+xHup0B
仏教」は、すべての「迷信」を打破しています。
占い、おみくじ、手相、姓名判断、家相、墓相、お守り、大安や仏滅などの日の善悪、運勢、方角、七福神、霊界、陰陽師、加持祈祷、水子供養、・・・
これらは、すべて「迷信」です。

以下のことも、よく知っていただきたいと思います。
・死んだ人が、生きている私たちを幸せにしたり、不幸や災難にあわせたりする力は全く持っていませんし、また、そのようなことはできません。
・霊が、私たちにとりつくということは、絶対にありません。
・初詣をしても、御利益などありません。(神社にまつってある神など、存在しないからです。)
・「これ」を信ずれば、商売繁盛、病気が治る、家庭円満になる、大学に合格できる・・・などと、言っている宗教や広告は、全くの迷信です。

世界には、多数の宗教があります。
「宗教」と聞くと、皆さんの中には、良いイメージをもたれない方がいらっしゃると思います。
現在の日本の新興宗教は、迷信の氾濫ですので、そうなって当然です。
新興宗教に限らず、キリスト教やイスラム教といった古くからあるものも、人々がつくりあげたものであり、「因果の道理」に反することばかり言っており、迷信です。



771 :親鸞学徒:04/07/28 23:39 ID:9+xHup0B
>>723
770の続きとして723を読んでみてください。

772 :名無しさん@3周年:04/07/29 00:14 ID:9+H+p0mO
>>771
仏教だけは崇高な教えと言いたいのか?
馬鹿な。

773 :707:04/07/29 01:40 ID:u1OaDyH9
たまたま仏教の教えを説かれて感動した、ってだけだろ?
確かにあれ、感動できるように作られてるもんな。
でもキリスト教だって感動できるぜ?
どうせどっかで勧誘されて話聞かされて、感動して入信したんだろ?
何でもよかったんだろうが。俺も勧誘されそうになったことあるけど、
確かに感動したよ。じーん、と来る話をされて、しかもそこの
人達ってさ、俺が何言っても怒らないのね、普通に人としてはいい人
みたいに見えるんだよ。で、多分そこらの人よりは確かにいい人
ではあるだろうな、皆で幸福になろうとしててさ、こんな俺でも
絶対に救えるからと泣く奴とかいるわけ。いや参ったよあれは。
だがな、確かに感動はしたが、言ってることが「真」だという
考え方には行き着かなかったな。「そうかも知れないが、そうじゃないかも知れない」
「俺もそうであって欲しいが、そうじゃないかも知れない」とまでしか、
思えなかった。そこでその葛藤をやめて完全に「信じ」ればもの凄く
楽になれるとは思った。でもまあ、普通に考えて、いい話だけど、
それってただの願望だな、便利な効果を生むけど、別にキリスト教ではなく、
仏教が正しいとは思えなかった。というのは俺、キリスト教も聖書
読んでたら「すっげー。イエスさまマジすげー」って感動できるからな。
つまりは宗教やってる奴ってさ、感動してそれを真実だと信じたい
だけなんだろ?それをお前、親鸞学徒、一人で信じてる分にはいいが、
そうやって公然と他の全ての宗教は間違ってるとかまで言っちゃうのは
どうなの?君は多分キリスト教のどっか、例えば正教会とか?に勧誘
受けて話聞いてたら、どうせそっちを信じていたんだろう?
ただ自分の頭で判断し続けることを放棄したかっただけなんだろ?


774 :名無しさん@3周年:04/07/29 03:01 ID:5ebdBrGN
たしかに大昔は宗教中心に科学を考えられていたんだけど、
やっぱり長年頭使ってると気づく天才科学者が出てくるわけですよ。
何に気づくのかって、宗教がいかにデタラメであるかです。
気づいた科学者ってすごいですね。生まれた時から宗教家であるという
ようなそんな時代に、冷静に宗教を否定して現実を見ようとしたんだから。
すると、デタラメであると主張した人は悪魔主義者だと噂されて処刑されたりするんですね。
当時は本当に宗教マンセーな時代なので、そういった理不尽な処刑が多いです。
これじゃだめだっていうことで科学者たちが宗教と科学を完全に切り離しにかかるわけです。
ここからが本当の意味で科学と呼べるものの始まりだったんです。
この科学が発展した現代でも宗教が蔓延っているのは、やはり
自分で考えるということをしないで、ただ情報を詰め込むばかりの人が
多いからなんでしょうか。宗教は合理的ではあるが論理的ではないんです。
僕的見解としては、科学は前進させるもの、宗教は留まらせるものっていう感じです。

775 :名無しさん@3周年:04/07/29 03:15 ID:u1OaDyH9
そうそう。>>774のいうとおり。

だからさ、「辛いので嘘だと認めたくないんです」
「信じてれば楽に生きられるんです」
「真実ではないかもしれないけど、皆この考え方になれたら
世界は今よりよくなりますよね?だから真実か嘘かじゃなくて、
便利かどうかで見てくれませんか?嘘なら嘘と思っていてもいいから、
地獄とか神とかは全部嘘だけど、それを恐れて現実世界でよい行いを
みんなでおこないましょうよ?そしてみんなで幸せになろうよ?」
って、言ってる団体とかだったら俺、心底そこに入信させてもらいたいね。
確かに他者を労わろうとしたり、傷付けてはいけない、殺生はよくない、
ってだけ言ってるのはいいことだと思うもの。現実に効果あるからね。
でももうさ、今の時代地獄とか天国とか根拠ないことで脅して、
その恐れを利用して社会の秩序を守れるなんて大間違い。
そんなの無条件に信じられる奴はほんとのアホだけ。俺らは
そんなの言われても冷静に「でもそうじゃないかも知れないじゃん」
って思えるだけの頭があるのでね。
取り合えず真ではないと認めろよ、仮定として便利だから使ってるだけだってよ。

776 :名無しさん@3周年:04/07/29 13:29 ID:2bgOiXlI
>>774
科学史は、知ってるみたいだけど、哲学史は知らないみたいだね。
理系の人や、これから自然科学で食べていこうと考えている人は、
一応、哲学史を軽く知っといた方がいいョ。

「君子危うきに近寄らず」で、馬鹿な宗教に入る人はいないと思うけど、
カルトは、宗教だけじゃないから。

777 :名無しさん@3周年:04/07/29 16:18 ID:w9eQFpdw
>>775
信じてれば楽に生きられるんです
      ↑
神様を信じるというより神様が実在するからクリスチャンになってるわけです。

真実ではないかもしれないけど、皆この考え方になれたら
      ↑
聖書に書き記されてるのは真理であってこれを守れば天の国に入れるし成されます。

あと質問。じゃあ何故私達人間が存在するの?存在理由って何?教会を宗教として見るからそういう風な考えになるんだよ。
たとえあなたにアホだと見られても私は信じます。それが最終的に私にとって良いことだから。
それに聖書をとおして悪いことに利用とする人間がいるのも事実。それがあるからみんな信じにくくなるんだよ。

778 :名無しさん@3周年:04/07/29 16:21 ID:w9eQFpdw
>>775
でもそうじゃないかも知れないじゃん。

でももしかしたら真じゃないのかもしれない。…しかし嘘じゃないかもしれない。


779 :痴愚神礼賛:04/07/29 18:58 ID:hvkoL/w5
コノスレにいるまともな人々、直ぐ、退散しなさい。アリジゴクが狙っている。

780 :名無しさん@3周年:04/07/29 23:32 ID:kxF9wgRB
いずれにせよ、人間界においては、宗教が架空の神を、神の造化である人間の生命
に優先させることは絶対に禁止すべきである。中東における狂気を見よ。

781 :孔孔富隼:04/07/29 23:45 ID:hvkoL/w5
オソルオソル。キョロキョロ。ピテカントロプスエレクトスだす。
わては、敬虔な信者ダス。何の?あの世ダスガナ。
だから、埋葬スルダス。ワテラには宗教なんてありません。
あるのは、圧倒的な自然に対する恐怖心だけドスナ−

782 :親鸞学徒:04/07/30 00:15 ID:IjsJPvoI
仏教を真剣に聞き求めていきますと「本当の自分の姿」が知らされてきます。
私たち人間の本当の姿は、
「心」は、常に悪を思い、
「口」は、常に悪を言い、
「体」は、常に悪を行って、
いまだかつて、「善のかけら」もない者なのです。
これが、すべての人間の「本当の姿」です。
(これは、仏教を真剣に聞き求めていきますと知らされてきます。)
そういう私たちですから、「因果の道理」によって、必ず地獄におちなければならないということになるのです。
「因果の道理」は、仏教を一貫する「根幹」です。
・善因善果(ぜんいんぜんか)
・悪因悪果(あくいんあっか)
・自因自果(じいんじか)
善いタネをまけば、よい結果があらわれ、悪いタネをまけば悪い結果があらわれます。
「自分のまいたもの」は、「自分が、かりとらねばならない。」ということです。
「心」の中で、悪いことを思えば、必ず、「悪い結果」として、あらわれます。
「人が見ていないときなら、悪いことをしてもよいだろう。見つからなければよいだろう。」
と、思っている人が、たくさんいますが、それは間違いです。
遅かれ早かれいずれ、「悪い結果」が、必ず自分に返ってくるのです。
「心」で「あいつ、死んでくれたらいいのに」と思えば、それは、「体」で直接、殺さなくとも、たいへんな「悪」です。
「心」で思わないことは、「口」で言ったり、「体」の行いとして、あらわれませんから、「心」が「もと」なのです。




783 :親鸞学徒:04/07/30 00:16 ID:IjsJPvoI
ですから、仏教では、「心」でいろいろ思ってつくる悪、罪が、最も重いと教えられます。
「体」や「口」よりも、「心」を重く見るのが仏教なのです。
私たち人間が、朝から晩まで考えていることは、ろくなことがありません。
「心」で悪いことばかり思っています。
自分のこと、自分の心をよく見つめてみられれば、皆さん明らかでしょう。
そういう「善のかけらもない、悪のつくりどうしの私たち極悪人」を命をかけて「必ず絶対の幸福に救ってみせる」と誓われているのが、
「限りなき大慈悲・まことの心をもっておられる阿弥陀仏」です。
我々が、月の光で月の存在を認めるが如く、仏智を諦得すれば、鮮やかに知らされます。
人間が信ずるとか、信じないとか、あると思うとか、無いと考えるとか、いうような主観的な意識を超越して常住するのです。
浄土や地獄の実在も、この世に浄穢苦楽の別あるが如く、来世にも、最も幸せな世界と、三悪道のような悲惨な世界があるということは、当然であります。
三世の実在を知り、因果応報の大道理が分かれば、現在、受けねばならぬ一切の運命は、自己が、かつて創造したものであり、
未来の運命は、これからの自己が創造してゆくものだということが分かります。
ですから、そこには乱暴な自暴自棄的な考えも、無気力なアキラメ主義も吹きとんで過去を反省し、よりよき未来を創造することに全力を挙げる、たくましい人生が開けるのです。


784 :名無しさん@3周年:04/07/30 03:23 ID:uZYSgNMo
>>776
哲学史との関係や哲学史が重要であることを示す事実を言ってからじゃないと
ただイタズラで煽ってるようにしか見えないので、できれば詳しく説明を
してもらいたいです。

>>777
なぜ私たち人間は存在するの?っていう問いかけなんですけど、
たとえばなんで指は五本ずつなのっていうのとか、なんで目鼻口耳が
頭部についてるのとかそういう疑問と同じようなものですよね。
つまり、(人間が存在していること)=(人間がこの姿で地球と言う星で繁殖してること)
ですね。というわけでまず地球の誕生から入ります。
地球が生まれたのはビッグバンによるということでよろしいですよね。
なんでか知らないけどいつからか地球だけ海ができます。
そして地球は長い時間をかけて生物が発生し単細胞生物から多細胞生物に進化、
そしてカンブリア紀においてグロイ変態活動が活発に起こり、目鼻口など触覚の
基礎ができます。この後、必要な機能だけを備えた生物が生き残り始め、
ものすごい時間をかけて人間が今のこの姿になったわけです。
つまり人間がなぜ人間として存在するかっていうのは要因がありすぎて
考えれば考えるほど難しい問題です。だってそこの何億年もの時間の中で
いろんなデスマッチ・サバイバルトーナメントの中で進化してきたんだもんね。
キリスト教ではどのような答えが示されてるのかちょっと知りたいです。
あと僕も質問したいんですけど、神や仏っていうそのスケールの大きいものは一体どこに存在するんですか?

785 :名無しさん@3周年:04/07/30 04:15 ID:AeK9eUbB
>>782>>783
それって個人サイトからのコピペですよね
どうも宗教家の方のレスは論点ずらしてる
と感じてたんですが、もしかしてわけもわからず
コピペを繰り返してたんですか?
だとしたらこちらの書き込みの内容さえ理解せずに
レスしてることになりますよね
そんな低レベルな議論は全くの茶番ですよね。
少なくとも自分の信じる教えをよく噛み砕いた上での
意見をするべきだとは思いませんか?

786 :707:04/07/30 05:31 ID:rVgQX1Eu
さんきゅw
「人間は何故存在するのですか」って、んなん分るわけねーだろ!!
としか俺は思い付かずもうやる気なくしてたんだw
何か親鸞学徒は全く質問に答えず何か、逝っちゃってる
ことを言ってるだけだし。根拠もなく教義垂れ流してるけどお前、
そんなこと聞いちゃいないんだよ。何かなぁ、もうどう突っ込んだものやら
分らなくなってきたわ。



787 :707:04/07/30 05:31 ID:rVgQX1Eu
でも頑張って答えるか・・・、。
>>777 あ、そう、認めないってことですねw恐いから嘘と認めないのではなく、
「事実だから仕方ない」ってことですね。いや、もうそう言われたら、
何とも言えんですよ。
「何故私達人間が存在するのですか」については、まあ、784が答えてくれた
通りと言っとくよ。すんませんね、自分で書くの面倒だったのでね。
でもまあ、あんたはさ、どうせ、「それならばビッグバンを起こしたのは
誰?化学反応で生物が徐々に進化して来たとしても、その最初の一撃を
突いたのは誰?神なのです」とか言うんだろうけどさ、いや、まあ、
分ってるけどね、何聞かれても神、で思考停止されたらもう何も言えんよ。


788 :707:04/07/30 05:32 ID:rVgQX1Eu
でだ!!!
>>778
「でももしかしたら真じゃないのかもしれない。…しかし嘘じゃないかもしれない」

だから、おう、そうだよ、最初から俺はそう言ってんだろうが。
何をてめーは言いたいんだよコラ。ぁ?俺は最初っから貴様らが言ってることも
可能性がゼロではないと言ってるんだぜ?
なんだお前は?しかし嘘ではないかも知れない・・・。
という言い換えに何の意味を注入してるつもりだよ???
何の言い換えにもなってねえんだよヴォケ。
もしや「嘘ではないかもしれない」イコール「真」とかって言ってるわけ?
意味が分からん。俺は初めからな、
「真の可能性もあるが、真ではない可能性もある」って言ってんだろ???
だが、お前は、
「真ではない可能性はなく、必ず真だ」と言い張るわけだろ?
どう考えても何の矛盾もない俺の発言を捉えて揚げ足取った気になってるわけ???

それから親鸞学徒はコピペとかせんで、自分の言葉で喋れや。
まあ貴様らに自分の言葉なんてないよな。聖書が全て。親鸞がこう言っている。
なんだそりゃ?奴隷野郎。キリストの奴隷。親鸞の奴隷。てめーの頭で
考えたことを少しは書いてみろや。
お前らは楽に生きるために、思考することをやめ、聖書に、仏典に、
考えることを任せてしまいたいだけ。お前らは信じていたいだけ。
ただの依存症。自立しろや。



789 :名無しさん@3周年:04/07/30 11:35 ID:zMyHdgMe
>1
なくてもいいんじゃね?
正月くりゃお参りに行くし、クリスマスはパーティーするし。葬式はするし。
日本事態宗教の儀式を自然とやってると俺は思ってるから。
そう考えすぎだよ。


790 :名無しさん@3周年:04/07/30 12:43 ID:VxqcGj0r
>>781
文明が成立するまでは、宗教もないでしょう。
でも、自然を畏怖する形で、自然宗教の原型は
成立しててもおかしくない。
(これが後に、多神教へと発展して行きます)

>>784
哲学の歴史をひもとくと、
人が、生きていくために必要な知識、大切なことには、
(自然)科学的なものと、非科学的なものがあることが分かります。
非科学的なものには、善悪や、愛、正義、美しさ、などが含まれます。
昔の人は、これらを哲学的に説明しようと試みました。

近代になって、科学の発達に伴い、
人は、経験によって学んでいるから、善悪や愛も経験で説明されると
言う考え方が出てきます。
しかし、何が善悪で、何が愛であるかを認知する時、人は非合理的な
(科学的でない)考えをもとに判断していることが分かります。

科学的に説明できると言うことは、人々が共通の考えを持つと言うことです。
地球が丸い、太陽の周りを回っていると言うことは人類に共通した知識です。
でも、逆に考えると、一人一人の個性を作っているものは、非科学的な考えで
できていることが分かります。(楽しいこと、面白いこと、素晴らしいこと、悲しいこと)

宗教も科学で説明できない個性(アイデンティティーと言います)の一つです。
多くの哲学者が、宗教や神について科学的(合理的)に説明しようと試みましたが、
現在では、説明できないものと考えられています。

791 :XYZ(正教徒):04/07/30 13:28 ID:u2QKfz1S
 <地獄と正教>
 
 まず、「死後の地獄を脅迫材料として使っている宗教」についての指摘についてですが、
少なくとも正教の見解は違います。地獄は「霊の状態」をいいます。つまり…

 肉体が生きていても地獄にある人もいれば、肉体が生きたまま天国にある人もいる。
 肉体の死は地獄と天国への通過点ではありません。肉体は非信者、信者、善人、悪人
の別なく終わりの日に復活します。
 ですから死んだら地獄に落ちる云々で脅すという発想そのものがありません。地獄に
ある人は死ぬ前から地獄にあるからです。そして他人の霊よりも自分の霊が地獄に向い
ていないかという事により多くの注意を払うからです(ちなみに街頭でよく「地獄脅迫」
的手段で「宣教」している団体については、多くの正教徒が嫌悪しています)。
 「こりゃ生き地獄だ」という表現が日本語にありますが、現在の地獄ないし地獄に向い
ている状況からの救いを求めているのです。では死とは正教では何か。これは「永眠」と
呼ばれ、眠ることです。終わりの日までの眠りなのです。

 従いまして「地獄がある」と正教徒が言う場合、「死後の報い」というよりも「今すで
にある状態」です。「彼等はすでに裁かれている」と聖書にある通りです。ですから正教の
「地獄」は「生き地獄」をイメージして頂いた方が近いかと思われます。

 これからの議論の前提として、「地獄=脅迫材料」ではない正教があるということを知って
おいて頂きたいと思いまして書きました。(まあ、脅迫している宗教も多いですけど^^;)


792 :XYZ(正教徒):04/07/30 13:34 ID:u2QKfz1S
 >>707、 >>773、 >>778
 「粘着宣言」にお応えして^^;

 <正教徒は考える>
 正教徒は思考停止などしません。いや、できないといった方が近いかもしれない。神に与えられた自由な
能力によって、神がいないと考えられるほどにまで、そして諸々の罪をおかすほどにまで人間は一人一人が
自由なのですから、思考停止して神に従うというのが無理なのです。
 ではなぜ議論のたびに「神」が出てくるのか?神を持ち出すのは思考停止ではないのか?
 
 これは法曹と法律の関係に似ているかもしれません。法曹は法律をもとに法律判断を
下します。その法律は正しいのか?といった議論は訴訟や紛争解決の間は持ち込みません。
 そして千数百ほどの条文しかない民法をみれば分かるとおり、法律の条文は少ないものです。
現実の法律問題を解決するにはリーガルマインドが必要とされる所以です。法解釈が必要な領域が
必ず存在し、しかもそれは同じ法律に従っている法曹の間でも意見が異なる世界です(TV番組:
「行列のできる法律相談所」を見てお分かりのように)。同じ枠組みを持っていても、現実の問題に
対処するやり方はそれぞれです。

 これを正教の世界にあてはめれば、聖書が六法であり、聖伝が政令・判例集であり、教会法が条例で
あり、信者一人一人が法曹ということになるでしょうか。
 あくまで聖書を解釈するのは最終的には信者です。しかしその解釈に伝統と安全性を求めて神父に
その解釈の教えを請う姿勢が(この場合でもあくまで受け入れるかは信者の判断です)正教ではプロテスタント
より強いことは間違いないでしょう。
 「神父に頼るってやっぱ思考停止じゃん!自分で考えろ!」と云われる声が聞こえますー_ー;。
まあまあ、そうおっしゃらず、(続く)

793 :XYZ(正教徒):04/07/30 13:40 ID:u2QKfz1S
  <真と信じるのに必要なもの>
 神父に聞くのは自立していないと言われるかもしれませんが、人は大事なことは結構相談するものです。
その相談相手が神父であるだけのことです。その相手が神父であることに疑問を持つ方はいらっしゃるでしょう
が、少なくとも教えを聞いたり相談したりするという行為そのものは別に「自立」を損なうものではないことは
認めてくださるでしょう(ちなみに正教徒は聖神゜(聖霊)が自分に宿るように祈り、生きることの礎になるよう
願っています。これが大元の判断の基礎となります)。

 さて、ではその神、ハリストス、聖神゜(聖霊)、正教会に権威をなぜ認めるのか?これは信じているからとしか
言えません。「それはお前の脳の思い込みだ」と言われても、「私はそうは思わない」としか言えない。なぜ語る言葉、
論証がこれについて極端に少なくなってしまうのか?これは論証とは領域が違うからです。

 正教会(他の多くのキリスト教でもそうでしょうが)の入会儀礼である洗礼は機密(ギリシャ語では「ミステリオン」)
と呼ばれます。これは実際に古代では秘密のうちに執行されていたことであると同時に、神の深い神秘的な力によって行わ
れる事をも意味します。
 これに表されるように、信仰には人と神の両方の力が必要です。そして人の力には自分の力と先輩信者の両方の力・意志が
一致することが必要です。
 よって、信仰のためには私(ごときヒラ信徒)の論証だけでは不足しすぎているのです。「信じたい」と一粒でも思ってい
ない方に対してはただでさえ無力な私の言葉は完全に無力です。

 意志の一致が「真である信仰」に必要不可欠なのであって、証明、論証の領域ではないのです。証明、論証を放棄していると
捉える事も別の見方からは可能であることは認めますが、私は「領域が違う」と捉えているのです。

794 :XYZ(正教徒):04/07/30 13:54 ID:u2QKfz1S
>>790
>近代になって、科学の発達に伴い、
>人は、経験によって学んでいるから、善悪や愛も経験で説明されると
>言う考え方が出てきます。
>しかし、何が善悪で、何が愛であるかを認知する時、人は非合理的な
>(科学的でない)考えをもとに判断していることが分かります。

 的を射ていると思います。

795 :名無しさん@3周年:04/07/30 18:23 ID:mS+JF7RR
XYZさんへ

あなたの言ってることは、言葉は一見きれいだが、心理構造はオウムと全く同一
です。現実上の根拠が皆無だからです。

善悪、愛、正義、美しさを聖書によって判断しようとするのですか。それらはすべて
人間の自然の感情に基づいて判断すべきものであり、さもなければ人間の属性とは
言えません。

聖書を法律に例えているが、とんでもないこと。法律は現実の人間社会の維持のため
に、社会常識を基本として国民の代表者が多数決で決めるところに正当性がある。
裁判でも立法の不備はいくらでも主張できるし、現実に適合しない法律は刻々と改正
されています。聖書もそのように改正されていますか。現実社会における聖書の正当
性の根拠は一体何ですか。

神が人間を創ったのなら、人間の科学的探求心も神から与えられた重要な資質のはず
です。その科学に背き、科学を批判することは、神に背くことではありませんか。現
実生活のすべての面においてどれほど科学の恩恵を受けているか、認識し、先人の
労苦に感謝すべきです。宗教は科学が未発達の時代に人間が依存した過去の遺物に
過ぎません。人間は生物ですから、最小限の物質的満足がなければ心の平安もありません。
「パンのみにて生きるにあらず」などと言って見ても、パンがなければそもそも生きられ
ないのです。無人島に置き去りにされれば、まず生きなければならず、宗教や神など
瞬時に吹っ飛びますよ。


796 :XYZ(正教徒):04/07/30 18:26 ID:u2QKfz1S
>>719
 死ぬ可能性のある手術を2回、1月の内に以前受けましたけど、一回目の時は安らかな気持ちで、
「主よ、俺このまま永眠しちゃうんですね…。」という感じでそれほど心騒ぎませんでしたYo。
救急搬送で突然のできごとでしたけどね。しかし2回目は「まだ死にたくない!」っていう思い
が強かったですね。

 同じ人間で同じ信仰を維持していたって、死は怖いときもあれば怖くないときもあるのでは
ないかと実感した体験でした。

 池波正太郎の小説「闇の狩人」にある特攻隊員のエピソードが書かれていました。
 その人はエンジントラブルなど偶然が重なり、何度も生還してしまった隊員です。
 彼は話していたそうです。「すごく怖い日と、全く怖くない日がある。」と。

 人ごとに、そして時ごとに、死の恐怖はまちまちだということを実感しています。
 宗教ひとつで死への恐怖を完全に克服できると考えるのは甘いのでは。

 それに時によっては元から怖くない時もあると思います。脅迫としても
古い手です。

797 :名無しさん@3周年:04/07/30 18:39 ID:mS+JF7RR
>>796
まさか助けてくれた救急隊員や医者ではなく、神に感謝したのではないでしょうね。
それを人間界では「人非人」という。

798 :XYZ(正教徒):04/07/30 18:59 ID:u2QKfz1S
>>797
 まさか!^^;

 人と神、両方に感謝ですよ。医者は名医でいらっしゃいました。優秀な専門医でしたよ。

 何度「ありがとうございました」と言ったことか。

799 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:03 ID:wchzgpIz
どうもトラブルを抱えていると、近寄ってくるヤツはすべて宗教の勧誘だ。
ヤツらのせいでよけい人間不信になる。まあヤツらはいい事してると思ってるだろうけど。
勧誘の仕方は、マルチ・悪徳商法と手法は一緒だよね。詳しいことは言えないけど、
一度集まりに来てくれ。来てくれればわかる。とか
訪問販売法とか特定商取引法みたいに法律で規制できないのかな。税制面とかでも
めちゃめちゃ美味しいビジネスなんでしょ。個人的には宗教の勧誘を受けた瞬間に
拒絶してその人と距離とおくようにしてるからいいけど、年々まわりに新興宗教信者が
増えてる気がしておそろしいよ。

800 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:05 ID:BGx4ORI+
「ウンチマンは存在する」に投票しよう!
ttp://guriuri.com/ranking/ranking.asp?ID=19&TNO=1313


801 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:08 ID:mS+JF7RR
>>798
どっちにより強く、より先に感謝しましたか? それであなたの背徳性の
程度が判断できます。

802 :XYZ(正教徒):04/07/30 19:11 ID:u2QKfz1S
 >>801
 どんな徳の基準なのだか…。ー_ー;

 神様、お医者様、看護師、救急隊員、その他多くの皆さん、ありがとう!

 これじゃいけないのですか?そもそもどっちがより感謝の対象になり得るか、
そんなことを考えるのが背徳的だと思いますが。私の基準では。

803 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:13 ID:L6k0tCCj
現在、科学を否定してる宗教があるとしたら、それはヤバイ宗教だな…。
過去に、確かに政治的に利用されることによって、宗教の教えが科学否定をしている
ととらえる人も少なくないのだろうが、少なくともキリスト教の教えの中には科学
否定の要素は存在しないと思ったが…。

804 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:19 ID:mS+JF7RR
>>802
ここは人間界だから、徳の基準はあくまで人間に対する徳です。あなたを
助けるために努力したのは人間ですよ。架空の神様があなたを助けるために
何が出来るのですか。

805 :孔孔富隼:04/07/30 19:21 ID:swAt/pJQ
嘘バッカリ、魔女裁判、十字軍、アメリカノ進化論裁判、
一皮むいたらボロボロ出てきますゾ

806 :XYZ(正教徒):04/07/30 19:28 ID:u2QKfz1S
 >>804
 色々出来ます。としか言い様がない。ーー;

807 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:39 ID:mS+JF7RR
>>806
具体的に何ができる、できたのか実例をあげてください。虫歯で歯が激しく
悼むとき、いくら神に祈っても、恐らくは世界中の宗教者が祈っても治らない
が、鎮痛剤1錠飲めば治るという事実をどう思いますか。ローマ法王が中東の
平和のために一生懸命祈っているのをテレビでみたが、事態は悪化するばかり
ですね。彼は神が架空の存在であることをまだ気付かないのでしょうか

808 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:40 ID:VxqcGj0r
>>804
そりゃ、あんたの信仰の押しつけだよ。
宗教嫌いは、自分が一番宗教じみてることに気付かない。

809 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:43 ID:L6k0tCCj
>>805
それ、キリスト教の教えじゃないし。

810 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:45 ID:VxqcGj0r
>>807
「あなたのその意見には私は反対だがあなたがその意見を
言う自由は私が命をかけて守る」

信仰も同じだろ。

811 :名無しさん@3周年:04/07/30 19:50 ID:mS+JF7RR
>>810
人間界において、人間を否定する意見を認めるのは自己矛盾です。

812 :名無しさん@3周年:04/07/30 20:12 ID:VxqcGj0r
>>811
認める事じゃないだろ。信じることと表現することだろ。

>>人間を否定する意見
こんな意見、何処にも出てないけど、何を根拠に言っているの。
神を信仰することが、人間を否定していると考えているのかい。

813 :XYZ(正教徒):04/07/30 20:16 ID:u2QKfz1S
 >>806
 私が医師の手により癒されたことも神と人のシネルギア(協働)です…
という私の説明も信仰の無い人間にはただの盲信している馬鹿のたわごと
にしか聞こえないわけで…(苦笑)。あかしは、受け取る人によってあかし
でなくなってしまうのは旧約時代以来、ずっとあったことです。

814 :XYZ(正教徒):04/07/30 20:18 ID:u2QKfz1S
 >>808
 同意です。

 >>812
 そう、神を信仰する=人間否定につながる…という発想は妥当だとは
思いません。

 >>811
 私が人間を否定しているとお思いなら勘違いも甚だしいです。そんなことは一言も
言っていない。 

815 :XYZ(正教徒):04/07/30 20:22 ID:u2QKfz1S
>>803
 私のことを念頭に置いておいでですか?
 あるいはカルトを想定しておいでですか?

 私について言えば、科学を万能とは捉えませんが、
 科学を否定した覚えはありませんよ?

816 :名無しさん@3周年:04/07/30 20:23 ID:mS+JF7RR
>>812
現実の人間を超越したものに「最高の価値」を認めれば、必然的に人間の
軽視・否定が生じます。中東の現状を見てください。

817 :XYZ(正教徒):04/07/30 20:28 ID:u2QKfz1S
 >>816
 必然的ではありません。現実の人間に最高の価値を認めたと思われる
中共、ソ連で起きた大虐殺を見てください。

818 :名無しさん@3周年:04/07/30 20:30 ID:mS+JF7RR
>>814
あなたが最高の価値を認める神と現実の人間との折り合いは、理論的にどう
つけるのですか?自分の宗教と人間の生命との二者択一を迫られた時、
後者を優先することを教義上明確にしている宗教が一つでもありますか?

819 :XYZ(正教徒):04/07/30 20:34 ID:u2QKfz1S
>>818
 どういう事態を想定なさっているのか判りませんが、ウチは後者優先ですよ。

 安息日に人を癒して律法学者に責められたハリストスは、「安息日は人のために
つくられたのだ、人が安息日のためにつくられたのではない」とおっしゃっています。

 人間の命を犠牲にしてまで自分の宗教を守る事態は「輸血拒否」で有名になった
教団をお考えなのかもしれませんが、ウチは違います。

820 :XYZ(正教徒):04/07/30 20:44 ID:u2QKfz1S
>>818
 ちなみに何かのタブーを犯すまいとして命を落とすことは、別に特定の宗教でなくても
考えられる事態です。

 以前「奇跡の生還!」みたいな番組で、雪山で遭難した登山家が食べ物もなくなり、一緒にいた
友人も息絶えたという状況に陥ったという場面がありました。
 普通ならば飢えて永眠するだけです。

 しかし彼は違いました。彼は友人の死体を食べて生き残ったのです。凄い生命力です。
 もしかしたら他の人だったら無意識のタブーゆえに思いもよらなかった方法で彼は生き残りました。
 しかし食人という、一つのタブーを破るという意識は確かに彼はあったと述べていましたし、
もしかしたら他の人だったらタブーゆえに思いもつかなかった方法です。

 宗教がなくても人間には様々なタブーが設定されています。自分のタブーだけは正当だと主張するの
も、一つの宗教です。

 今からみれば科学的に妥当と思われるタブーでも、タブーが続いてきた歴史的経緯の中で科学的根拠が
初めからあった訳ではありませんから。

821 :XYZ(正教徒):04/07/30 21:04 ID:u2QKfz1S
>>795
>あなたの言ってることは、言葉は一見きれいだが、心理構造はオウムと全く同一
>です。現実上の根拠が皆無だからです。

 オウムの方が既成宗教を真似して悪用した可能性については考慮されないのですか?

>聖書を法律に例えているが、とんでもないこと。法律は現実の人間社会の維持のため
>に、社会常識を基本として国民の代表者が多数決で決めるところに正当性がある。
>裁判でも立法の不備はいくらでも主張できるし、現実に適合しない法律は刻々と改正
>されています。聖書もそのように改正されていますか。現実社会における聖書の正当
>性の根拠は一体何ですか。

 聖書をもとに考えている姿を法曹のそれに喩えただけであって、聖書の全ての性質が
法律と一致するとは申していません。
 正当性の根拠については、神との契約についての信仰です。しかしこれはお気づきのように、
循環論法に陥る可能性、大です。だからこのことについてはそもそも根拠が示せないもの
だ、信じる人が信じるものであるということなのです。

822 :707:04/07/31 00:19 ID:o5EL++qZ
>>XYZさん
真摯な書き込みありがとうございますw
分りました。
今、俺のパソコンのキーボードと俺との間に一つ、ビールの空き缶がある。
これは昨日飲んだもので、微妙に邪魔なのだが、俺は空き缶があることを
信じている。貴方に、「ではそれを証明してみろ」と言われてもそんなことは
ムリだ。俺は、「見えない人には何を言っても見えない」としか言いようがない。
そういうことだと思う。どう言われようと、現に、目の前にあって俺はそれを
避けるように両手を置き、こうしてキーを叩いているのだ。
俺は断じて空き缶があることを、誰が何と言おうと信じる。
「それは錯覚、そんなもの本当はないのだよ、目を覚ませ」
なんて他人に言われても、「はぁ?あるんだよヴォケ!!見えるんだから
しかたねーだろ!!」としか思えない。
同じように貴方には神の声が聞こえるのでしょう。俺が、
「そんなもの聞こえるわけねーだろ!錯覚だ錯覚!!」
と言っても、貴方は「見えるんだよ!聞こえるんだよ!何で分らないの?」
としか思えないのでしょう・・・。
あとはもう、程度の問題になるわけだ。
空き缶を、見えると言って共感してくれる人はたくさんいて、
神様を、見えると言って共感してくれる人が少ないというだけ。
どっちが正しいのかは誰にも分らないね。
誰にも分らないね・・・と譲歩してみても、貴方には貴方の意見が
正しい、真、であるとしか思ってくれないんでしょうが・・・。
でも取り合えずね、アホとか言ったのは謝りますwすいませんでしたw
見えるものを見えると、聞こえるものを聞こえると、貴方が言っていただけならば、
少なくとも俺には見えないが、貴方には見えるんだからアホではないよね。
俺に見えないからと言って貴方にも見えないと言い張るのはナンセンスだったよ。


823 :707:04/07/31 00:19 ID:o5EL++qZ

前にも聞きましたが、ところで、
神が見えないでこんなに冒涜している俺を、貴方はどのように見ますか?
アホと思いますか?かわいそうと思いますか?

あるいは、間違った信仰をしている親鸞学徒や、その他貴方のレスに
批判的な無神論者達のことを、貴方はどういう目で見ていますか?

824 :名無しさん@3周年:04/07/31 01:11 ID:dV4CnCl3
神が「実在」するなどという馬鹿馬鹿しい話はいい加減やめましょう。人間界に
おいて、物体が「実在」するとはどういうことかは、日常生活での経験から帰納
すればあまりにも自明なことです。五感で知覚できないものが実在するなどと
言い出すと、人間の認識作用が根本から破壊されてしまいます。道路も歩けないし、
電車にも乗れないし、部屋の中で身動きさえできないことになります。
人間が「神」から造られたとするならば、その造られた小さな脳味噌でどうして
造った者のことがわかるのか。人間が神を思考することほど、傲慢・不遜・冒涜の
行為はありません。そのために神の怒りに触れ、宗教間の紛争が絶えないのです。
ゴマンとある宗教・宗派ごとに神が異なるという事実は、神が人間の想像の産物に
過ぎないことを明白に証明しています。

825 :名無しさん@3周年:04/07/31 01:45 ID:v+2NpQSx
>>824
経験によって成立する認識にも、主観に依るところがあるからね。
>>日常生活での経験から帰納
し形而上のものを否定するならば、

「語り得ぬものについては、沈黙しなければならない」

826 :名無しさん@3周年:04/07/31 02:12 ID:dV4CnCl3
>>825
不特定多数人に共通する主観を客観という。

827 :名無しさん@3周年:04/07/31 02:26 ID:v+2NpQSx
>>826
経験主義、認知論、論理実証主義をググッテ調べろ。

828 :名無しさん@3周年:04/07/31 05:41 ID:LV5ze7XG
>>824
まあ、少なくとも世界を騒がせている宗教たち(ユダヤ教・イスラム教・キリスト教)
の神は、同じ神ですけどね。
宗教は、本来、愛という一つの徳のもとに和解し団結する必要があると思うのだけど、
愛とは関係ない細かい教義を主張して自分達の宗教だけを真理だとするから、無神論者
たちに嫌悪されるのだと思う。

829 :名無しさん@3周年:04/07/31 09:02 ID:dV4CnCl3
>>828
宗教が「愛」などというスローガンをことさらに唱えるところから間違っている。
愛とは、他者との掛り合いのなかでひたむきに生きるうちに人知れず与えるもの。
人間の自然の感情と生物としての本能から発するべきもので、口にした途端に観念
化し、偽善となる。愛を唱えながら殺し数千間間殺し合っている宗教の醜い、狂気
の姿を見よ。

830 :名無しさん@3周年:04/07/31 09:15 ID:UsOUY/II
以前、ドキュメント(衝撃映像)番組で見たのだが、川が洪水になって、数人が
流された。その中には大人もいたし、赤ちゃんもいた。
で、その中の一人の大人(彼は赤ちゃんを抱えていた)が、救助の人に赤ちゃんを
投げて渡し、自分はそのためにさらに流されて…多分死んだんだろうと思う。
本能ならば、まず自分が助かることを優先するはずだが、彼は他人を助けることを、
自分の命より優先させた…これが愛だろうね。
愛は本能を超えるものだと思う。

831 :829:04/07/31 09:18 ID:dV4CnCl3
>>829の訂正

数千間間 → 数千年間

832 :名無しさん@3周年:04/07/31 09:41 ID:dV4CnCl3
>>830
生物としての人間は、自分の生の欲求と共に、我が子はいうまでもなく、
弱い者を助けるという本能もちゃんと持ち合わせている。自己を含む
共同体維持の欲求も人間の本能である。井戸に落ちようとする子供に
対し無意識に手をさしのべるのも本能である。本能に基づかない観念
は必ず挫折し、人間を変容し破滅に導く。根拠の皆無な観念にまみれ
た宗教がその好個の実例であり、造物主の意図に最も背くものである。
宗教ほど「神」に遠いものはない。

833 :名無しさん@3周年:04/07/31 09:42 ID:bnHWUv70
「ガラスの仮面」の作者美内すずえ教祖様の教団 O-EN のHPを御覧下さい。

http://homepage2.nifty.com/o-ennetwork/


834 :名無しさん@3周年:04/07/31 12:30 ID:v+2NpQSx
>>832
人間の自然な本能と、本能に基づかない観念を区別できないのではないか。
善悪の問題と同じ結論になると思うが。

835 :名無しさん@3周年:04/07/31 12:33 ID:DifRw9l2
宗教は有るんだから利用しない手は無い。

836 :名無しさん@3周年:04/07/31 12:48 ID:1X5rEAKb
>>1に聞きたいんだが、
宗教ってなんだよ?

837 ::04/07/31 13:13 ID:xkuWew8T
一言で表現するなら「偽善」だと思います。

838 :名無しさん@3周年:04/07/31 13:47 ID:e4SIyvAK
「親鸞学徒」がコピペで自分の言葉でしゃべらないと避難されているが、
それは彼の良心からでたものかもしれない。
仏教を間違って伝えるというのは大変な罪なのだ。
自分の言葉で仏教を間違えなく伝えることが出来るのは、
ある程度まで悟ったひとじゃないと無理なんじゃない哉。
自分の解釈を混ぜるなどということは到底不可能でしょう。
また、教典をこねくり回して、悦にいることは戒められている。
それでもやはり人間、知識が増えてくると、それをひけらかしたくなるもの、
そういうことをしちゃってるのを見たこともあるけどね ^^;
うーん自分もした鴨。兎に角、自分が考えたことと、
教わったことがだんだんごっちゃになってくるということもある罠。
ま、兎に角良心的な人ほど慎重なんだと思う。
(ひょっとして会長先生にお伺いをたてに行っているの鴨)
(・∀・)では...流れをじゃましてスマソ

839 :名無しさん@3周年:04/07/31 14:05 ID:v+2NpQSx
>>837
宗教に関係なく善悪を考えてみると、

善悪は経験によって学習されるものとする考え方がある。
この場合、多くの人のコンセンサスを得たものが善となり、
絶対的な善や悪は無いことになる。

これに対し、「最大多数の最大幸福」という功利主義の立場がある。
この場合、関係者全員の幸福を求めることが善で、
現代の功利主義では、普遍的な善悪を考慮に入れている。
考え方はカントに近く、宗教的な倫理観にも近くなっている。
例えば、善悪の基準として、快楽と苦痛をあげる考えがあるが、
この考え方だと、動物は苦痛を感じるから虐待してはいけない
ことになるが、生きることに苦痛をともなう障害を持つ子供には、
安楽死を認めることになる。

倫理学は、最終的には、大多数の人の理解と共感を得なければ意味がない。
また、コンセンサスのある倫理には、それ自体が人の求心力を持つ。
このことは、宗教或いは宗教的なものと無関係でないことを示している。

840 :名無しさん@3周年:04/07/31 16:09 ID:R8hYAURG
>>834
>>839

宗教の場合は、現実の人間とは関係のない神概念や、それに基づく、殆どの場合
精神医学的問題を有する教祖の根拠のない観念的言説、そしてそれに対する信者
達の無批判な信頼と伝播(感応精神病)という要素が存在する。これらを生物
としての現実の人間と折り合わせることは、理論的にも実際的にも不可能である。

841 :名無しさん@3周年:04/07/31 18:16 ID:v+2NpQSx
>>840
精神分析やるなら、フロイトよりカレン・ホーナイ読んだ方がいいよ。
宗教については、フロイト以外にユングの分析もあるし、
宗教心理学という新しい学問分野もあるから、調べて見て下さい。

842 :名無しさん@3周年:04/07/31 19:07 ID:R8hYAURG
>>841
ユングはカルトのバイブルですよ。
宗教心理学は読んだが、生物としての人間vs宗教という肝心の点には何ら触れて
いない。

843 :名無しさん@3周年:04/07/31 19:21 ID:R8hYAURG
従来の宗教学も宗教心理学も、宗教の「病理」については何らの考察も
なされていない。「宗教は善である」という誤った、ステレオタイプの
前提に立っている。オウムやイスラム自爆テロはもとより、過去の無数の
宗教紛争の分析を踏まえて、今後追求されるべき課題です。
「宗教の病理」については、我が2chが世界の最先端です(笑)。

844 :名無しさん@3周年:04/07/31 20:12 ID:v+2NpQSx
ただ、フロイトにかぶれてるだけにしか見えないが。

845 :親鸞学徒:04/07/31 21:43 ID:es0++xhZ
「なぜ、人間の命は地球よりも重いのか」
「なぜ、人間に生まれてきたことを喜ばねばならないのか」
「なぜ親孝行しなければならないのか」

ハッキリ答えられるでしょうか。



846 :親鸞学徒:04/07/31 21:44 ID:es0++xhZ
確率的にみても人間に生まれることは、たいへん難しいことです。
大地の砂の数を人間以外の世界の生き物の数とすれば、人間に生まれる人は、ひとつの指の爪の上にのるくらいの砂の量です。
大変な少なさです。
しかも、さらに、そのなかで、真実の仏教(本当の仏教)にめぐりあうということは、これまた、さらに難しいことなのです。
さらに、その仏教が間違いのない真実だと知らされ喜んで真剣に求める人も、これまた少ないのです。
そして、阿弥陀如来に救いとられ絶対の幸福の身になる人は、雨夜の星です。
でも、これらのことは、すべて強い強い阿弥陀如来のお力によって進ませていただけることなのです。
目に見えないですが、皆さんを本当の幸福に救いとろうと今も全力をあげておられるのです。
人間に生まれなければ仏教は聞けません。
ですから、人間の命は尊ぶべきものなのです。
粗末にしてはいけません。
今、人間としての生を受けているのですから、永遠に変わらない本当の幸福になる願ってもないチャンスなのです。
私の書き込みを通して真実を知るご縁にめぐまれていますが、本当はありえないことが起こっているといっていいのです。
皆さんが遠い遠い過去からの深い仏縁があったからなのですが、何とか何とか、わかっていただければと思います。
皆さんをはじめ、皆さんのご家族のまことの仏縁を切に念じあげます。


847 :親鸞学徒:04/07/31 21:45 ID:es0++xhZ
私が仏教を聴くきっかけとなったのも、阿弥陀如来に救いとられた方から、話を直接お聞きし度肝を抜かれたからでもあります。
まさか、阿弥陀如来という仏がおられ、この世ではっきり救われるという体験があるとは、思いもいたしませんでしたから、びっくりしたのです。
私のような見ず知らずの者から、このよう書き込みをされても皆さんには、にわかには信じがたいとは思いますが、うそではなくホントのことですから、強く言わざるをえないのです。
世界中ほとんどすべての人が知らされていませんが...
わたしは、10人ぐらいの人から話を聞きましたが、その体験というのは、親鸞聖人のおっしゃられている体験とまったく一緒です。
まあ、とにかく聞いていただきたいのです。
疑問点があれば、どんどん質問していただきたいと思います。
真実の仏教にめぐりあい、聞かせていただくというのはホントありえないと言いましょうか不思議なご縁です。

人生の目的を明らかにされた『なぜ生きる』という本があるのですが、ぜひ読んでみてくださいね。
http://www.10000nen.com/book/naze/naze.htmを参照してください。

また、ぜひ、次のHPもご覧になってください。本当の浄土真宗の教えを知って頂きたいのです。
http://www.shinrankai.or.jp/qa/index.htm

848 :親鸞学徒:04/07/31 21:59 ID:es0++xhZ
皆さんの中には、どの宗教も幻想にすぎない、非科学的な盲信と考えてる方も多いようですが、私も以前はそうでした。
しかし、それはとんでもない浅はかな間違いでした。
浄土真宗は紛れもない大宇宙の真実であったのです。

私が、こう断言したところで納得されない人がほとんどでしょうが、いつの日かわかってくださることを念じあげます。

「知らなかったぁ。ホントかよぉ。そんな、たいへんな真実があったのか」と真実を真実と見抜ける鋭い人がいらっしゃればなぁと思います。


849 :名無しさん@3周年:04/07/31 22:38 ID:0DnOhjP8
>皆さんの中には、どの宗教も幻想にすぎない、非科学的な盲信と考えてる方も多いようですが、私も以前はそうでした。
>しかし、それはとんでもない浅はかな間違いでした。
>浄土真宗は紛れもない大宇宙の真実であったのです。

結局は『自分の価値観が一番』という典型的なエゴイストですね・・・
そのエゴイズムが社会にとって最も害悪をなしているということに気付かないのかなぁ?
『大宇宙の真実』とか軽々しく口にする人間ほど真実から遠ざかっいる。

まぁ、エゴを貫き通すことが快楽であることは否定しないけどね・・・


850 :親鸞学徒:04/07/31 22:47 ID:es0++xhZ
悲しいことですが、私がいくら断言しても、849さんのように違いがわからない人がほとんどでしょう。
皆、同じように考えてしまうのですね。
真実を見極めることは、なかなか難しいですが、いつの日かわかってくださることをただ念ずるばかりです。



851 :名無しさん@3周年:04/07/31 23:02 ID:5ITfuy+E
>私がいくら断言しても

あんたが断言したところで何の説得力も無い!

創○学会員も断言しているし、
エ○バの証人も断言しているし、
天○教も断言している。

皆一様に『うちの教義こそ真実』と主張するが、
世間は皆一様に彼らを信用していない。


852 :親鸞学徒:04/07/31 23:10 ID:es0++xhZ
「世間」の皆さんの多くが正しいと思ってることが「正しい」とおもっているのですか?
その考えが誤りなのです。
「世の中のこと、みなもってそらごと、たわごと、まことあることなし」
(親鸞聖人)

853 :名無しさん@3周年:04/07/31 23:11 ID:es0++xhZ
なお、創○学会員、エ○バの証人、天○教が邪教であると断言しておきます。

854 :親鸞学徒:04/07/31 23:12 ID:es0++xhZ
上記のようなものと一緒にするのではなく、その違い目をわかってほしいのです。

855 :名無しさん@3周年:04/07/31 23:20 ID:dV4CnCl3
>親鸞学徒さんへ

浄土真宗は、歴史的にも世の中を大変騒がせたし(一向一揆)、教義が一神教的、
キリスト教的で、仏教としては違和感を覚えるのですが、本当に釈尊の教えその
ままなのでしょうか?

856 :名無しさん@3周年:04/07/31 23:21 ID:5ITfuy+E
>>854
創○学会員、エ○バの証人、天○教の人も『親鸞なんかと一緒にしないでください。』と思ってることだろうよ!
そして『親鸞なんか邪宗中の邪宗です。』と断言するだろう。

857 :親鸞学徒:04/07/31 23:23 ID:es0++xhZ
皆さん、先入観と偏見を持ってただ闇雲に意見を述べるのではなく、私の紹介致しましたHPを読まれたら、少しは考えが変わると思うのですが...


858 :名無しさん@3周年:04/07/31 23:31 ID:5ITfuy+E
>私の紹介致しましたHPを読まれたら、少しは考えが変わると思うのですが...

やはり宗教のパターンはどこも同じだな。
『も○みの塔を読まれたら、少しは考えが変わると思うのですが...』と言う勧誘が昨日も来た。
正直ウザい!


859 :名無しさん@3周年:04/07/31 23:40 ID:dV4CnCl3
>>845
>「なぜ、人間の命は地球よりも重いのか」
>「なぜ、人間に生まれてきたことを喜ばねばならないのか」
>「なぜ親孝行しなければならないのか」

>ハッキリ答えられるでしょうか。

そんな簡単なこと宗教やらなければ答えられないと思うの?

命は本人にとって一度きりのもので、命がなくなれば全世界は消滅するから(来世
など存在しないから)。

他の動物、例えば犬も、犬に生まれたことを喜んでいるかも知れません。そのように
人間が一番偉いと思いこみ、他の動物をさげずむことは仏教の教えに反しませんか?

親孝行しなければならないからするのではなく、したいからするのです。しなければ
ならないからする、などと言うのも仏教の教えに反しませんか?






860 :親鸞学徒:04/07/31 23:43 ID:es0++xhZ
残念ながら、上記の考え方は、自分独自の考え方といわざるをえません。

「真実の仏教」とは、いかなる教えか、何とか知っていただきたいと思います。

861 :名無しさん@3周年:04/07/31 23:49 ID:dV4CnCl3
>>860
あなた自身の考えはどうなのですか。すぐに仏典に頼り切ることも仏教の教えに
反しませんか。

862 :名無しさん@3周年:04/08/01 00:08 ID:aYucjVqU
親鸞学徒さんを見てて思ったんだが、宗教はやはりエゴイズムを産み出すね。
そのエゴイズムはいずれ原理主義に発展するだろう。
宗教の限界というものを理解してて宗教をやるならばいいのだろうけど、
宗教の限界を理解せずに宗教にのめり込む人が世の中にいるから怖ろしいと思う。
私は共産主義者ではないが、やはり宗教は麻薬だと確信したよ。

863 :親鸞学徒:04/08/01 00:23 ID:a24iz0A0
>>862
残念ながら、なかなか、わかっていただけないようで私の力不足をもどかしく感じます。
なんとか伝えたい、わかって頂きたいのですが、阿弥陀如来の誓願が真実であることを。

さて、世の中おそろしいと心配されていますが、
しかし、真実の宗教以外に、どんな「解決策」があるでしょうか?
ハッキリ答えられないでしょう。
空と水しか見えない海で、近くの浮いている「丸太」や「板切れ」を求めて、必死に私たちは泳いでいます。
まわりには、風や波に悩まされたり、すがった「丸太」に裏切られ、潮水を飲んで苦しんでいる人、おぼれかかっている人もたくさんいます。
そんな人たちに、一生懸命、泳ぎ方のコーチをしているのが、政治・経済・科学・医学・教育などといったものとはいえないでしょうか。
しかし、
「どこに向かって泳ぐのか」
「なぜ、生きねばならないのか」
いちばん大切なことである泳ぐ方角を
残念ながら全く教えていません。
ハッキリ正しい方角を指し示しているのは、真実の仏教以外にありません。

864 :名無しさん@3周年:04/08/01 00:41 ID:aYucjVqU
>ハッキリ正しい方角を指し示しているのは、真実の仏教以外にありません。

典型的な『思考停止』と『盲信』ですなぁ・・・
もう何も言うことはありません。


865 :名無しさん@3周年:04/08/01 00:51 ID:4AurLUNW
>>863
>「どこに向かって泳ぐのか」
>「なぜ、生きねばならないのか」

この世に生きている事実に理由はありません。生きていること自体がすべてです。
他者との係わり合いの中でひたむきに生きるうちに自分で悟るべきものであり、
他人の言葉のままに生きるのでは、奴隷の人生です。あなたは奴隷として一度きり
の人生を無駄にしたいのですか。それが釈尊の教えですか。

浄土真宗だけが真実の仏教であるという根拠は何ですか。釈尊がそんなこと言われ
ましたか。
したか。


866 :親鸞学徒:04/08/01 00:53 ID:a24iz0A0
>>865
大無量寿経というお経の中に説かれています。

867 :名無しさん@3周年:04/08/01 00:56 ID:tng4s2Xf
>いちばん大切なことである泳ぐ方角を残念ながら全く教えていません。

この言葉こそあなたの主張の限界というものを雄弁に物語っている。
泳ぎ方は他人から教えてもらうものだろうけど、
泳ぐ方角は他人から教えられるものではなく自分で決めるものだ。


868 :名無しさん@3周年:04/08/01 00:59 ID:4AurLUNW
>>864
これが「宗教」の正体ですよ。どの宗教も大同小異です。

>>866
そのお経は釈尊が書かれたものですか。釈尊の言葉通りであるという根拠
がありますか。

869 :親鸞学徒:04/08/01 01:14 ID:a24iz0A0
>>867
あなた程度の頭で理解できない、納得できないことは信じられない、聞く気はないという態度は、
実はたいへん傲慢な態度、うぬぼれた姿勢といえます。
なぜなら、さとりには52のくらいがあるのですが、
あなは、一番最高のさとり「仏のさとり」(下から数えるなら52段目)をさとられた
お釈迦さまの上に立って、見下ろして仏教の品定めをしているのですからね。
言っておきますが、「さとり」というのは、1段違うだけでも、人間と虫けら以上の知恵の差があるのですよ。
人間がパソコンの仕組みを昆虫に説明しようとしてできますか?
まして、いわんや52段の差がある仏さまの境界を我々人間が簡単にうかがいしれるはずがないのです。


870 :名無しさん@3周年:04/08/01 01:23 ID:MUKM/3sQ
>うぬぼれた姿勢といえます。

その言葉、そっくりそのままお返しいたしましょう。
結局、あなたはいつまでも『自分の信じるものこそ最高!』という
子供っぽい精神構造の呪縛からは逃れることができないでしょう。
あなたにはそんな自覚は無いでしょうけどね・・・


871 :名無しさん@3周年:04/08/01 01:33 ID:MUKM/3sQ
もともと仏教は宗教ではなく哲学なんだよね・・・
『真実の仏教』とか豪語するなら原典(古代パーリ語)を研鑽してからにして欲しい。
そうすれば『阿弥陀如来に救いとられた・・・』『阿弥陀如来という仏がおられ・・・』とかタワゴトは言わなくなるよ。

872 :親鸞学徒:04/08/01 01:38 ID:a24iz0A0
>>870
私も、真実の宗教、真実の仏教が知らされない前は、あなた方のような考え方でした。
「宗教なんぞ、しょせんは弱い者の心の支え。くだらん、興味なんか、全くない」という考えでした。
しかし、それはとんでもない誤り、愚か者そのものでした。
とにかく自分の狭い識見をすべてだと思わないで頂きたいのです。
自分の知らないところに、真実があるのだということを知ってください。
真実なら、もっと世間の多くの人が知ってるはずだと思うかもしれませんが、
そうではないのです。
まず、「私とはいかなるものか」「人間の実相」「本当の自分、真実の自己とはどういう奴か」
わかりますか?
これは、本当の仏教、真実の仏教を真剣に聞き求めないと絶対に知らされないことです。

あなた方の書き込みを見てると、まぁ、自分の通ってきた道だけによくわかるのです。
今、あなた方がどの程度のところにいて、何を考えているのか手に取るようにわかるのです。
どうか、早く気がついて頂きたい。
ひとりぼっちの孤独なあなた方を本当の幸福に救わんと全力あげておられる阿弥陀さまに思いをはせて頂きたいのです。


873 :親鸞学徒:04/08/01 01:42 ID:a24iz0A0
>>871
机上の空論ですな。
体験がなければ、生きた仏法にはならないし、
教学がなければ、浄土真宗にはならないのです。



874 :名無しさん@3周年:04/08/01 01:43 ID:nYGppyDS
>とにかく自分の狭い識見をすべてだと思わないで頂きたいのです。
>自分の知らないところに、真実があるのだということを知ってください。

他人にそう言う前に、あなたがそう思うべきである。


875 :名無しさん@3周年:04/08/01 01:55 ID:nYGppyDS
>>親鸞学徒
とにかく『真実の仏教』の狭い識見をすべてだと思わないで頂きたいのです。
『真実の仏教』の及ばないところに、真実があるのだということを知ってください。

876 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:02 ID:a24iz0A0
>>875
うひゃー。また、えらく高飛車に出ちゃいましたねーw
どういう真実があるか説明してもらいましょうか。。。


877 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:10 ID:nYGppyDS
>>親鸞学徒
あなたはかなりのめり込むタイプのようですから、たぶん聞く耳を持ってはもらえないと思いますが、
一度その『真実の仏教』を離れたところから見てみてはいかがでしょうか!?
新しい発見があるかもしれませんよ。

878 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:12 ID:nYGppyDS
>>876
あなたの言葉を流用しているだけですが・・・

879 :参考(コピペです):04/08/01 02:21 ID:a24iz0A0
阿弥陀さまの直の呼び声が聞こえた時は、不思議不思議の他はありません。
遠い遠い過去から、お前一人を助けるぞと約束された阿弥陀さまが、直の呼び声届いた時に、喜んで下さりました。
私も歓喜にむせぶばかりでありました。
有り難うございました。
こんな世界があろうとは知りませんでした。
自分の罪で堕ちてゆくのが業ですが、阿弥陀さまはそれが悲しいと泣き泣き本願をたてて下さりました。
明らかでした本当でした、阿弥陀さまの御本願。
聞いてください、聞き開いてください。
大慈大悲の阿弥陀さまの、五劫の思惟は誰のためでもありません。
真剣に聞いてください。聴聞してください。
間違いありません。無明の闇が晴れて、大安心大満足できる世界があります。
どうかどうか、この身にさせて頂くまで、求め抜かせて頂きましょう。
南無阿弥陀仏の宝をまるもらいさせて頂くところまで。
 合掌

880 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:23 ID:nYGppyDS
>>879
で、結論は?

881 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/01 02:24 ID:cTVZd7uO
諸行無常、合唱。

882 :Wise :04/08/01 02:29 ID:4lAd1vds

集狂は、アホをコントロールするには、便利だ。
よって、存在意義はある。


883 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:30 ID:nYGppyDS
結局、『真実』と言う言葉をよく口にする者ほど真実から最も遠いところにいると言うことですね・・・

884 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/01 02:36 ID:cTVZd7uO
>>882
衆生を導くと家。

885 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:39 ID:nYGppyDS
>>884
さっきも『思い込んだ人』が一人いたけど、世間の基準で考えたらやっぱり『アホ』のカテゴリーの分類されると思う。

886 :Wise :04/08/01 02:41 ID:4lAd1vds

「宗教にカブレると、こうなる」の見本ですからね。
親鸞マニアは。
宗教=集狂
こうなっちゃってる人たちが多くて、オオムやアルカイダが・・・。


887 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:42 ID:a24iz0A0
>>883
何が真実かも曖昧なくせしてよく言うよ。


888 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:46 ID:nYGppyDS
>>887
もういいよ。
あなたの言う真実こそ妄想に立脚したものでしかないのだよ。
Wiseさんの言うとおりだよ。

889 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/01 02:48 ID:cTVZd7uO
>>885
俺は世間の基準でなんて考えてねえよ、ヴォケ

890 :親鸞学徒:04/08/01 02:53 ID:a24iz0A0
>>885
>>886

誤解されてますね。
私は、社会の第一線で一生懸命働いています。
それなりの地位もあります。
人間関係も良好です。
社会人としては、何といってもバランス感覚が大切です。
聞き難い真実を知らされている親鸞学徒であるという自覚、自信、自負があります。
光る人間になってこそ、より多くの人に真実をお伝えすることができますからね。



891 :名無しさん@3周年:04/08/01 02:55 ID:nYGppyDS
>>889
はいはい。

>>親鸞学徒
あなたが宗教なんかにカブレてしまって、ご両親は悲しんではいないですか?
ご両親が悲しんでおられるのでしたら、宗教は辞めるべきと思いますが・・・


892 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/08/01 02:59 ID:uR8xyxK/
>>890(親鸞学徒)
以下コピー

宗教の危険性について5
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1085853705/
より

同スレ>>391-392で余りにも愚かな『思考停止のお題目』を唱えていた為

394 名前:ハルカ ◆0tZOcyVq86 [sage] 投稿日:04/07/30(金) 01:15 ID:jel3Kgt2
>>391-392
だからさ…
その『善/悪』って二元的な分別に伴う『価値観の提示』が『宗教の危険性』の一つなんだよ。
そういう分別(価値観)を前面に立ててしまうと
『我が教義は絶対善だ。他宗は悪だ』
『我等こそ真理の体現者。他は全て偽者である』
みたいな『差別』が発生する事に成るんだよ。
第一が『善だ』『悪だ』なんてのは『絶対的普遍性の欠片も無い単純な主観的判断の産物』だ。
そんな事を言っている限り『慈悲』なんてもんは成立しないよ、お馬鹿さん(苦笑)

と書くも、本人は言うだけ言って遁走(苦笑)
挙句の果てに別スレで『思考停止のお題目』を繰り返す。

大馬鹿者が。

893 :親鸞学徒:04/08/01 03:03 ID:a24iz0A0
私の家族は、両親、妻、子供、みな親鸞学徒です。

普通のどこにでもいる仲のいい家庭だと思います。

私自身は真実に対しては妥協はしませんが、
世間事に関しては、ひじょうに柔軟です(笑)

どうか誤解なされないように。

894 :名無しさん@3周年:04/08/01 03:05 ID:nYGppyDS
>社会人としては、何といってもバランス感覚が大切です。

バランス感覚のある人は宗教にカブレたりはしません。
バランス感覚が欠落しているから宗教なんかにカブレるのです。
そのことに一刻も早くあなたが気付いてくれることを望みます・・・


895 :名無しさん@3周年:04/08/01 03:08 ID:nYGppyDS
>私の家族は、両親、妻、子供、みな親鸞学徒です。

私はいかりや長介氏ではありませんが、ひとこと言わせてもらいます。
ダメだこりゃ〜!


896 :親鸞学徒:04/08/01 03:13 ID:a24iz0A0
>>895
まぁまぁ、そのような先入観、偏見は捨てるべきでしょうね。

私の紹介致しましたHP、どうか読んでみてください。


897 :名無しさん@3周年:04/08/01 03:20 ID:nYGppyDS
>>896
たぶん誰も読まないと思いますよ。
おやすみなさい。

898 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/08/01 04:03 ID:uR8xyxK/
>>896(親鸞学徒)
相変わらず思考停止してるな。

いいか?
阿弥陀仏信仰がインド(仏教の生誕地)で成立したのが凡そ二世紀頃。
浄土教の根本聖典とされている『観無量寿経』『阿弥陀経』『無量寿経』の成立でも凡そ一世紀頃とされる。
対して、釈尊入滅は紀元前六世紀〜四世紀の間とされる。
これだけでも、阿弥陀信仰が『無根拠な後世の創作』と解りそうなもんだが。
因みに…
第一結集は釈尊入滅直後、第二結集は紀元前三世紀頃、第三結集は紀元前二世紀頃、第四結集は二世紀頃とされる。
この経典成立史から言っても『創作』は間違いない。

釈尊の説いたのは飽く迄も『自力』の道。
釈尊は、浄土系の『他力』の道は一言も説いていない。

899 :707:04/08/01 04:07 ID:m5lftpA7
何だよ、親鸞学徒は自分の言葉で喋れるのかよ。がっかりだw

>うひゃー。また、えらく高飛車に出ちゃいましたねーw
>どういう真実があるか説明してもらいましょうか。。。

うひゃー。
なんて言葉を使えるくらい柔軟な人だったんだね。
かなりショックだw俺の質問には一個も無視、カンゼンスルーで通してきた
くせによ・・・。見捨てられたようで悲しい。お前はできるだけ多くの人に
真の仏教をしってもらおうと必死だが、俺だけは完全無視なんだもんなw
いやこりゃ普通にショックだわ。



900 :707:04/08/01 04:08 ID:m5lftpA7
でも聞きたいんだけど、君、人間ですよね。
で俺も人間だし、他の貴方に批判的な人も無論人間だ。
あるいは全く違うモノを君と同じように信じているXYZさんも人間だ。
まあ、多分XYZさんは貴方が浄土真宗を信仰するのと同じくらい
正教の神を信じていると思うんだ。そして俺は君やXYZさんが
浄土真宗を信じ正教を信じているのと同じくらい、
「必ずしも何かを真だといい切ることは人間ごときにはできない筈だ」
という信念を持っている。俺は目の前にあるビールの空き缶すら、
もしかしたら錯覚なのかも知れない、人間の限られた知覚なんて
そんなもんだ、と思うんだ。俺の頭が狂ってて、ない筈の空き缶が
見えてるだけかも知れない、と思うんだ。
で、少なくともだよ、今、君とXYZさんの言っていることは、
両方間違っているということは有り得ても、両方正しいという自体は
有り得ないわけだ。で、俺の言ってることももしかしたら真であるかも知れないけど、
三つ全部真という自体は有り得ないですよね。
で、俺は謙虚に思うんですよ、もしかしたら浄土真宗が正しくて、
XYZさんと俺が間違ってるのかも知れない。XYZさんが正しくて、
俺もXYZさんも間違っているかも知れない、とね。可能性としては
どれもあり得ると思うんだ。
だってさ、みんなそれぞれ自分の限られた知覚能力と判断力、及び
生まれてからそれぞれがしてきた経験を材料にして考えてるわけだから。
みんな人間で、人間の脳で、色々考えているわけだから、一概にどれが
正しいとは言えないと思うから。

でも、君はそういう可能性は全く考えないのかい?
浄土真宗を真と考える貴方の脳みその判断だけが正しくて、
それを真と判断できない俺やXYZ他大多数の人間の判断が百パーセント
間違っていると思うの?
いや、貴方人間ですよね??限られた情報しか持ってませんよね?
それなのに何で自分だけが真実を見極めていると断言できるんでしょう?


901 :707:04/08/01 04:13 ID:m5lftpA7
もろミスったw

誤→ 
XYZさんが正しくて、
俺もXYZさんも間違っているかも知れない、とね。

正→
XYZさんが正しくて、
俺も親鸞学徒も間違っているかも知れない、とね。

902 :名無しさん@3周年:04/08/01 06:24 ID:2y5ojxxf
確かに、宗教が無くても世界は適当に動いていくし、信じないからってすぐに死ぬ
わけじゃないしね。
宗教は、政治や今の生活には、確かに必要ないですよ。
だから、政治や、信じない人にまで強制的に干渉しようとする行動があるなら、
それは宗教行動じゃないよ。
宗教は、あくまでも心のありかたを考えようとする哲学なんだから。


903 :名無しさん@3周年:04/08/01 06:44 ID:JZ9O+uC4
っていうか、親鸞学徒ってただたんに坊主ってだけでしょ。

904 :名無しさん@3周年:04/08/01 09:40 ID:4AurLUNW
>>親鸞学徒さんへ

あなたの言ってることは仏教という感じがしない。仏教徒ではなくて、キリスト
教福音派の成りすましによる単なる荒らしではないか。これ以上仏教の評判を落と
すようなカキコはやめたほうがよい。
あなたはキリスト教福音派をどう思いますか。

905 :名無しさん@3周年:04/08/01 11:43 ID:n53ZQEIL
>>900
>>俺は目の前にあるビールの空き缶すら、
>>もしかしたら錯覚なのかも知れない、人間の限られた知覚なんて
>>そんなもんだ、と思うんだ。

認識を疑うというのはヒュームの不可知論に近いと思う。

ここから、形而上の物を排除して、科学的に実証していこうという、論理実証主義の立場
がある。この場合
宗教は「語り得ぬものは、沈黙しなければならない」となる。
唯物論から、歴史や社会を考えるマルクス主義も、こちらの流れになる。

一方、
「実存は、本質に先立つ」という、実存主義の立場だと、
主観と客観は統一される物で、それを個人的な存在である<実存>にもとめる。
この立場だと、XYZさんも親鸞学徒さんも、間違えているのではないことが解る。
宗教は個別に批判されるもので、個々人の価値観と同様、相対的(その人の中では
絶対的)正しさだけを持つ。

906 :名無しさん@3周年:04/08/01 12:13 ID:4AurLUNW
>>905
「実存は本質に先立つ」とは、生きているという事実がすべてであり,従って
形而上を否定しているのでは。形而上の極端な場合が宗教なのです。
本からではなく、現実に立脚した社会常識から判断すべきでしょう。社会常識は、
人間が生活の中から長い年月をかけて築き上げた叡智です。



907 :905:04/08/01 12:26 ID:n53ZQEIL
合理論のデカルトや、実存主義のサルトルを産んだフランスが、
宗教については、完全に個人のものと考えていることは重要だ。
政教分離がもっとも厳しい国もフランスだし、公共の場で宗教的な
発言をすることも禁じられている。

しかし、そのフランスで、カルトの問題が急増していること、
ヨーロッパで最もイスラム教徒が多く、現在増え続けていることは、
あまり知られていないと思う。

実存は本質に先立ち、宗教は個人の物であっても、
人間は宗教的動物であるということか。

908 :名無しさん@3周年:04/08/01 13:00 ID:4AurLUNW
宗教は、人類に取付いた癌細胞。早く切除しなければ、人類は宗教で滅亡する。

909 ::04/08/01 13:12 ID:qIeDBLrV
親鸞は弟子たちにこう言いました。
「たとひ法然上人にすかされて、念仏して地獄におちたりとも、
さらに後悔すべからずさすらふ」(「嘆異抄」)

これは信仰の盲目性を顕著に表したことばではないでしょうか?
このことばを聞いて、親鸞の信仰の一途さに、深くこころ打たれる人も
いるでしょう。しかし、もしそれと同じような内容のことを、オウム
真理教の信者たちが口にしたとしたらどうでしょう?
多くの人は背筋がぞっとするのではないでしょうか?

教祖の言葉を鵜呑みにさせてしまう宗教の特徴が、
テロリストたちに利用されやすい原因の一つだと
考えます。

910 :名無しさん@3周年:04/08/01 13:33 ID:4AurLUNW
>>909
同意。そもそも「信仰の一途さ」こそが最大の問題。法然がどんなに偉い人でも、
人間である以上、誤りや見落としがあるのは当然。それが人間というものである。
一途に信じることは、かけがえのない自分の主体性の放棄である。本当の師なら、
弟子が師を超えてくれることこそ最大の願いであり、喜びなのである。
禅宗では、「仏に会えば仏を殺せ」と言っている。

911 :905:04/08/01 14:04 ID:n53ZQEIL
>>910
>>かけがえのない自分の主体性
果たして、人間に主体性などと言う物があるのだろうか?

実存主義の言うところの主体については、その実体について
未だ解っていない。
一方、構造主義の立場では、人間の構造や社会の構造が、人の行動を
決定しているとする。
主体や自由意志を、人間の錯覚と解釈している。

912 :Wise :04/08/01 17:50 ID:4lAd1vds

親鸞マニアは、真実を追究するといいながら
偽りの世界に生きてる。
なんでだろ。
親鸞マニアが愚かなだけなのに、親鸞本人までクズに思えてきた。


913 :名無しさん@3周年:04/08/01 18:41 ID:dJzyjcmu
>>912
そのような愚かな親鸞マニアを多数生み出したということは、親鸞の思想自体に
根本的な問題があるからである。共産主義やナチスによる大虐殺や絶え間なく
続くイスラム自爆テロ、さらにはオウム事件が、「教祖」の言説や思想に関係ない
などとは言えない。

914 :Wise :04/08/01 18:54 ID:4lAd1vds

>>913
まぁそのと通りだな。
たぶん、親鸞本人は、世の中に良かれと思って、教えを伝えていたんだろうけど、
それを解釈する者が愚かだと、なーんも意味なし。
神や仏や地獄や極楽を話のたとえとして出すが、それが実在するとは言ってないのじゃないか?
「悪いことすると悪いことがあるよ。」って感じの
当たり前な因果応報を言ってるだけなんじゃないか?


915 :名無しさん@3周年:04/08/01 19:08 ID:dJzyjcmu
>>914
親鸞が法然にマイコンされたのが問題の発端。

916 :名無しさん@3周年:04/08/02 06:41 ID:wgwCVYy6
所詮は皆人間なんだからさ、どんだけ正しいと思ったことも間違ってる可能性
もあるってことくらいは認めようよ?親鸞額ともXYZさんもさ。

917 :名無しさん@3周年:04/08/02 07:24 ID:/l7nL3HV
…しかし浄土三部経が後世の創作だとしたら、法然も親鸞も、まったくの
つくりごとを仏教だと思い込んでいたってことか?あの2人、そこまで阿呆とは
思えないのだが…。親鸞が「自分は仏法を説いている」と断言していたのは
蓮如の御文に根拠あり。教行信証の冒頭にもあるからな。

>>904残念ながら親鸞学徒の言ってることは福音派とやらのなりすましじゃない。
実際にこういうことを教義とする集団が存在する。多分親鸞学徒は知らないと思うよ。
もし知ってたとしても、「福音派ってキリスト教系ですね。邪教です」というレスが
返ってきて終わりだと思われ。

918 :名無しさん@3周年:04/08/02 11:55 ID:2wdnoFIZ
age

919 :名無しさん@3周年:04/08/02 12:09 ID:6yc46ZKe
>>916
所詮は人間って思うか人間自体神と等しく完成されたものと考えるかの違いだろうね。
親鸞を信じる私などは後者。

920 :名無しさん@3周年:04/08/02 12:22 ID:FKhUiTYY
何か意味があるのか、宗教って、ま、俺には難し過ぎて関係ないけど

921 :名無しさん@3周年:04/08/02 12:27 ID:6yc46ZKe
>>920
私にとっては宗教は難しいもんじゃなくて生きてることそれ自体。
呼吸と一緒ですよ。

922 :亀仙人:04/08/02 13:05 ID:I9dxuxh4
>1がどう叫んだところで、死後の世界はあります。
ちなみに、麻原は薬師如来の生まれ変わりですが、
今回の罪業により阿鼻地獄に堕ちる可能性もあります。

923 :Wise :04/08/02 13:11 ID:dwAPP1cD

集狂は、人心掌握術。
知的レベルの低いものや、弱者をコントロールするのに便利がいい。
自分や社会を冷静に見ることが出来て強い意志を持つものには必要ない。
そういうと、
政治家や権力者に宗教にはまる者が多いじゃないかと言う意見が必ず出るが、
それは、その者どもが、自分のキャパシティー以上を求め突き進んでいるから
その苦悩から逃れるために、宗教に救いを求めている。
それ以上のレベルのものは、宗教を信仰しているということを示し
その姿勢を自分のステータスとして利用しているだけ。


924 :1:04/08/02 14:09 ID:HQEjbBHe
>>922
あなたが、死語の世界があるとお考えになるのは勝手ですが、麻原が薬師如来の
生まれ変わりなどと言うのは、地下鉄サリン事件等の被害者に対する侮辱とも
とれるので、即刻取り消していただけませんか?
(ちなみに私の友人も被害者です。(当時JT勤務))

925 :名無しさん@3周年:04/08/02 15:32 ID:8ulyP3Rs
>>924
善悪の相対性から、絶対的な善悪は存在しないという考えが導かれるが、
個別的ケース、行動の結果が分っている範囲では、絶対的な善悪は存在します。
(これは、よく勘違いされている)
つまり、個別の宗教、限定された条件では、宗教にも絶対的な善悪が当てはめられる。
反社会的な宗教団体に所属していること自体、倫理的に問題がある。

マインドコントロールやカルトは、宗教の問題ではなくて、人間の構造の問題。
これが、現代の常識的な解釈です。

926 :名無しさん@3周年:04/08/02 15:51 ID:PKTmzs+G
心を学ぶのは大切なことなのだが、それをカルト団体で学ぼうと
していることが大問題なわけだ。心を学ぶのも学問と同じで推論
して深く考察して摂取選択をしていく。いろいろな宗教哲学や
東洋哲学、西洋哲学とやることは多い。しかし、それをやらないと
心を学ぶことはできないんです。宗教は信じることを強要される
(強制意志=マインドコントロール)
これが大きな問題で人間を意志をスッポと引っこ抜かれてしまう。
そして、組織に必要な情報だけを信じ込ませるようにする。
これは洗脳技術の一つでカルト団体は、この技術を駆使してます。
自分の心で感じたことを頭で考える思考をしていれば、カルトに隙を
与えることはできないので、常にそのような思考を心がけてください。

927 :名無しさん@3周年:04/08/02 19:36 ID:eawv2TGn
>>926
健康な人は通常自分の「心」など意識しない。「心を意識するのは、心が病んでいる
証拠でる。」心は常に変化するものであり、他人はもとより、自分でいくら考えても
判るものではない。自分の心を判断するためにはもう一人の自分が必要であり、その
もう一人の自分を判断するにはさらにもう一人の自分が必要である、と際限がないか
ら。最近は「心の商品化」が批判の対象となっている。「自分探し」などナンセンス。
哲学、特に西洋哲学は、現実上の根拠がなく、また自己中心主義であるので、あくま
で参考程度にとどめ、現実社会に照らして常に批判しながら読むべきである。「本に
読まれ」てはならない。しかし歴史を読むことは必要。一昔前に比較して現代がいかに
恵まれており、そのためにはどれほどの先人の労苦があったかが理解できる。
大切なことは、人間は独りでは決して生きられないということ、即ち先人を含む他者
の存在とそれへの感謝を忘れないことである。

928 :名無しさん@3周年:04/08/02 20:14 ID:8ulyP3Rs
>>927
もしかして、儒教思想を基本とした、非宗教的社会を理想としている?
科学と貨幣経済の発達は、儒教的な縦の関係を壊してしまう。
非宗教でやって行くには、共産主義を選択肢に含めた社会システムの
構築が必要になってくる。
これは、宗教と言うよりイデオロギーの領域だね。

929 :名無しさん@3周年:04/08/02 21:43 ID:eawv2TGn
>>928
別に社会システムまで変える必要はない。心構えの問題だから。資本主義で充分。
共産主義は、キリスト教と同根の擬似宗教、イデオロギーである。

930 :名無しさん@3周年:04/08/02 22:26 ID:8ulyP3Rs
>>929
非宗教でやっていくとなると、イデオロギーを避けて通ることはできないでしょう。
私みたいにイデオロギーが嫌いな人間は、適当な宗教を選んで利用するのが
一番楽なんですよ(笑

931 :親鸞学徒:04/08/02 22:31 ID:OybQDJQQ
どんなに、「苦しみのどん底」におちている人であっても、また、生きる希望を失っている人であっても、「本当の仏教」を真剣に聞き求め、「阿弥陀仏」に救いとられた「一念」で、たちまち、「世界一の幸せ者、宇宙一の幸せ者」になれます。
「人生の大勝利者、本当の大成功者」ということになります。

それに対して、一見、あらゆるものを手にいれて、幸せいっぱいの生活を送ったように見える人であっても、死ねば「無間地獄」に堕ちなければなりませんので、仏教を真剣に聞き求めない人は、生まれてすぐに死んだ赤ちゃんと、実は、なんら変わらないのです。

世間で、どんな「大人格者」といわれている人でも、「仏教」を聞かなかったなら、地獄に堕ちます。
反対に、人から「あんな殺人犯が、地獄に行かなかったら、誰が地獄に行くんだ。」と批判されている人でも、心を入れかえて、真剣に仏教を聞き求めていけば、「阿弥陀仏」に救いとられるときが必ずあります。
阿弥陀仏にハッキリと救いとられた一念で「極楽行き間違いない身」となります。

私たちが、「地獄におちるか、極楽に生まれるか」は、阿弥陀仏に生きているときに、「救いとられているか、どうか」で決まるのです。


932 :名無しさん@3周年:04/08/02 23:24 ID:1j3uJMa6
>>931
>>909を嫁。親鸞はただの馬鹿としか思えないのだが。

933 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/08/03 00:05 ID:e6OGnL/Q
>>917
>…しかし浄土三部経が後世の創作だとしたら、法然も親鸞も、まったくの
>つくりごとを仏教だと思い込んでいたってことか?あの2人、そこまで阿呆とは
>思えないのだが…。親鸞が「自分は仏法を説いている」と断言していたのは
>蓮如の御文に根拠あり。教行信証の冒頭にもあるからな。
『法然』にも『親鸞』にも罪はない。
二人とも『確信』して説いていたんでしょ。
『仏教』自体が、言ってみれば『輸入宗教』でしょ?
となると(あの時代においては)中国なんかの『輸入先』で得られる知識しか入手不可能なわけで。
法然も親鸞も基本は『学僧』だったわけで、日本から一歩も出ていないのだし。
必然的に『中国より輸入された経典』が『基本』となるわけ。
『輸入経典』の圧倒的大多数が『大乗経典』なわけで。
つまりは、基本が『大乗思想』になる。
しかも、あの時代は『大乗仏教』全盛期だったし。
更に(現代と比較すれば)人々の入手出来る情報量も圧倒的に少なかったのだし。
仕方ないっしょ?

まぁ…
『浄土思想』それ自体が後世の創作ではあっても良いとは思うよ。
それが民衆の心の支えになったという歴史的事実はあるのだしね。
しかし、それを『これが唯一真実の仏教』と説くのは『ふざけんな!』という、ね(苦笑)


934 :名無しさん@3周年:04/08/03 01:43 ID:0cIyYLAt
>>927
>哲学、特に西洋哲学は、現実上の根拠がなく、また自己中心主義であるので、

西洋哲学の基本は理性で算術的な要素は否定できないが、合理性というものは
学べるはず。東洋哲学である儒教は日本社会に根深いとこで根付いていて、
非合理的なとこがある。大まかに例えると西洋が理性、東洋が感性というとこ
だろうか。人間は両方必要であるわけで、より深い人間になるためには両方を
理解しものにしていかなければいけないことだと思っている。一つのことに
固執するから狂信や争いが発生し取り返しのつかないことを繰り返してきた
わけで、これが正しいという答は永遠にないということに気がついて欲しい。

935 :名無しさん@3周年:04/08/03 01:55 ID:0FxW6v/c
>>934
「理性」とは結局何でしょうか。Humeは「感情」だと言っていますね。


936 :名無しさん@3周年:04/08/03 05:01 ID:QVpYdgEx
宗教ってのは、あくまでも個人の心にはたらきかけるものであり、他人がどうとか
より、まず自分がどうなのかを顧み、よりよく生きようとする哲学だと思う。
それを、世界単位、政治単位、民族単位で、信じない人を説得しようとするから、
無理が出てくると思う。
例えば、「この宗教を信じなければ絶対に滅びる」って説得の仕方は、宗教家として
間違っていると思う。
もともと聞く耳を持たない人には、どんな饒舌な説教も無意味だ。

937 :名無しさん@3周年:04/08/03 07:18 ID:HBwzIV4I
>>935
理性とは空間内の認知能力。
感性とは空間から解き放たれた認知能力。

西洋圏の哲学はキリスト教をベースにした認知なので、その範囲での
認知にすぎないと思っています。感性とは枠を取っ払って自分が感じ取った
素直な発想を直視した認知能力だと思っています。
理性が強いということは打算的ということでもあるので防衛本能が強い
のは確かでしょうね。これが感情というかわかりませんがね。


自分の感覚で捉えた発想なんで参考までにしてください。




938 :名無しさん@3周年:04/08/03 09:23 ID:auptq+0m
宗教=押しつけがましい教え

939 :名無しさん@3周年:04/08/03 12:36 ID:MqMyANvU
宗教=困ったときの神頼み的発想

940 :名無しさん@3周年:04/08/03 19:33 ID:AAjkiXuB
宗教=金儲け
信者=金ヅル
だから『信者』と書いて、『儲ける(もうける)』と読む。

941 :名無しさん@3周年:04/08/03 20:58 ID:auptq+0m
きんたま教


942 :親鸞学徒:04/08/03 21:08 ID:BaHF5O7q
親鸞聖人の「教行信証」「正信偈」は、聖人と同じ正信を獲た人でなければ、何としても解し難いのです。
全く聖人と同じ道程をたどり、そして法然上人のように相承血脈せられた善知識に会いたてまつり、その教えを受けた人であってこそ、
「教行信証」「正信偈」を拝読して初めて血となり肉となり、そして教人信のために解釈してこそ、その本意をわからしていただけるのではないでしょうか。
「八万の法蔵を知るというとも後世を知らざる人を愚者とす、たとい一文不知の尼入道なりというとも後世を知るを智者とす」
とあるように真宗では、信心の欠けている人を愚者といわれます。
愚者の身で如来の化身である親鸞聖人の書き給うた書を解釈することは全く危険です。
「盲、蛇におじず」のことわざと同じでしょう。
それがため真宗では古より今日に至るまで、異安心問題が絶えません。
まことに「教行信証」「正信偈」は金山に等しく、ただ発掘して金鉱としてかざるよりも精錬して純金にし家宝として初めて現当二益を得ることができるのではないでしょうか。
正信の方は少なく邪信の方が多い今日です。
しかも正信の方々は、邪信の人々に必ず刃をむけられている今日です。
ですから真に法を求め真に正法を聞かんとする方々は、煙の立ち上がるところに火があるが如く、誹謗の煙のあるところに正法の火のあることを知っていただきたいと切に念じあげます。
よくよく後生の一大事を心がけ、火の中、水の中をかき分けても聞かんとの決心が肝要です。
叩けば門は開かれるのです。
一人でも正信に帰入し、また一人でも多くの人々の手を引き道に入らしめられることを念じあげます。
謗る人も疑う人もやがて阿弥陀如来の慈悲に摂取せられる時の一日も片時も速からんことを念じあげます。
弥陀の本願を聞き求めていただきたいと思います。




943 :名無しさん@3周年:04/08/03 21:56 ID:o/MH9gP+
>信心の欠けている人を愚者といわれます。
世間では宗教なんかにカブレてる奴を愚者といいます。
間違いない。

944 :名無しさん@3周年:04/08/03 23:35 ID:lb86kupB
>>942
>>異安心問題
賢人会議みたいなの作ってさ、免許皆伝とか、破門とかすればいい(笑

世間一般に教養が高くなっているということでしょう。
宗教が生きている証拠でもある。
むしろ歓迎して、切磋琢磨すればいい。
政治力で解決するのは下策。

945 :XYZ(正教徒):04/08/04 13:24 ID:9y9dxg6g
 >>823>>707
 ご無沙汰しておりますです。さて…
> 前にも聞きましたが、ところで、
>神が見えないでこんなに冒涜している俺を、貴方はどのように見ますか?
>アホと思いますか?かわいそうと思いますか?

 神を冒涜する罪は赦されないとはどこにも書いてはないのです。罪、ではあるの
ですが。赦されます。
 ただでさえ赦される罪なのに私が「アフォ」とか思うわけはないのでして^^;…。
 それほど私は偉くありません。神を冒涜するのは何も「神はいない!」という
言葉だけではないのですから、私だって日常生活で冒涜しまくりなわけです。人間で
ある以上は。
 ちなみに貴方のその考える姿勢には大変好感を持っておりますし、(決しておちょくるわけではなく


文章の読みやすさ、読ませる力には敬意を払っております^^。お話していて楽しいですよ。
 ここらへんで論点を少し整理したいのですが、私は「正教は真である」と思っては
いても、「私が正義である(ないしは正しい)」とは思っていません。罪ある人間で
ある以上、人間の認識や行動には限界がある。それは信者である私も無論同様な訳です。
私も罪のうちにあります。
 「正しくないお前にどうして正しい教えの判断ができるのだ?」という質問に予め
お答えしますと、聖神゜(聖霊)の恩寵によらなければその判断はできないとだけ今は
申し上げましょう。

>あるいは、間違った信仰をしている親鸞学徒や、その他貴方のレスに
>批判的な無神論者達のことを、貴方はどういう目で見ていますか?

 他の宗教の方の批判は多くはしません。しかし「親鸞学徒」さんには違和感を
感じます。今申し上げられるのはそれだけです。
 「無神論者」と云われましたが、必ずしもここでレスをつけているのは「無神論者」
というわけではなく単なる無派閥としての「無宗教者」もいらっしゃいますし、どの程度
違和感を感じたり感じなかったりするかはその方によってまちまちです。

946 :XYZ(正教徒):04/08/04 13:32 ID:9y9dxg6g
>>940
 儲かっている宗教団体のコンサルとか入ってもらうしかないんでしょうかね。ウチは
全然儲かってないですよ。ー_ー;

 (冗談ですよ。と断りを入れておかないと。本気でつっこまれても困りますので)

 「宗教=儲かっている」は元気な新興宗教くらいにしかあてはまりませんよ。
 まぁ、政治的に影響力があったり、マスコミによく登場するのはそういう宗教団体
ですのでそういうように思われるのは無理からぬことだとは思いますが。^^;
 信者数でも圧倒されている…

947 :XYZ(正教徒):04/08/04 13:47 ID:9y9dxg6g
 >>942
 親鸞学徒さんに書こうか迷いましたが、やっぱり書きます。

 現代社会では死を恐れる事よりも生きることを恐れることの方が問題になることの
方が多いように思います。寿命は延び、死そのものは大して恐れの対象ではないのです。
大体苦痛も医学によってかなり軽減されていますし。

 死が怖くないといっているのではありません。誤解なきよう(私も過去レス>>796
死が怖いと思ったときのことを書いています)。しかし死が必ずしも怖い時代では無く
なった、少なくとも日常の関心の外にあるのが現代社会ではないのでしょうか。それが意識的か無意識的
かはさておき。

 北欧神話には詳しくありませんが、ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」で、ジークフリートの
育ての親であるミーメが「怖れを知らぬ若者=ジークフリートにお前は殺される」という予言を成就させ
ないように、ジークフリートに「怖れ」を教えようとする場面があります。しかしこれが全く要領を得ない。
ジークフリートは大熊に会っても、夜の暗闇にあっても「怖い」と感じたことがなかったからです。彼が初めて
「怖れ」に近い感情を持ったのは世界一の美女:ブリュンヒルデに出会ったときでした。ミーメの説得より
一人の美女の寝姿の方がジークフリートに「怖れ」を教えた…

 「怖れ」「畏れ」は教えるものではないのではないでしょうか。私には貴方がミーメに見えて仕方がありません。

948 :XYZ(正教徒):04/08/04 14:00 ID:9y9dxg6g
 >>907
 フランスの状況を指摘なさっていらして興味深いと思います。

 東方正教会のアレクサンドル=シュメーマン神父は人間について、
 「礼拝する生き物」として創られていると述べています。
 だからこそ人の多くは神に祈るのであり、あるいは神を拝まなくても無宗教国家では
人は個人崇拝に向かうのだ、と(彼の活躍したのは20世紀中盤であり、ソ連・中共が念頭に
あったと思われます)。

949 :名無しさん@3周年:04/08/04 14:40 ID:otH2fWyf
後生(ごしょう)は、願うもの。
後生(こうせい)は、恐れるもの。

950 :XYZ(正教徒):04/08/04 15:10 ID:9y9dxg6g
>>949
 興味あります。出典・意味など詳細希望…

951 :名無しさん@3周年:04/08/04 17:08 ID:otH2fWyf
>>950
たぶん、親鸞学徒さんも、947と異なる考え方ではないのでは?
ハイデガーも東洋思想の影響を受けているから。

第三者の目から見ると似てるんだよね。色々な意味で・・・・。

952 :XYZ(正教徒):04/08/04 17:12 ID:9y9dxg6g
 >>951

なぜハイデガーがここで出てくるのですか?単なる疑問です。

953 :名無しさん@3周年:04/08/04 17:21 ID:otH2fWyf
>>952
>>しかし死が必ずしも怖い時代では無く
>>なった、少なくとも日常の関心の外にあるのが現代社会ではないのでしょうか。
ハイデガーも同じことを言っています。
自分の死を確実なものとして見つめることで、人間は本来の生き方を取り戻すとしている。
死を恐れるのでなく、生の延長線上にあるものとして捉えている。

954 :XYZ(正教徒):04/08/04 17:28 ID:9y9dxg6g
 >>953
 なるほど。しかし私はハイデガーを意識してはいないということはお断り
申し上げます。
 それに私が申し上げたかったのは死の捕らえ方云々ではなく、死を脅迫材料
のように使って(本人にその気はなくとも聞く側はそう思う場合を言います)
自らの宗教に納得させようとする手法は間違っていると同時に最早時代に合わ
なくなっているのではないかという問いかけです。それがテーマです。

955 :Wise :04/08/04 17:42 ID:O3K2ugjZ

脅迫されようが、されまいが、死ぬんだ。
それに惑わされて、集狂に走るのは愚か者。


956 :名無しさん@3周年:04/08/04 17:44 ID:otH2fWyf
>>954
現代の、末期医療(ホスピスのような)でも、その辺が問題になることがあるね。
確かに、死を見つめると身動きできなくなってしまうタイプの人がいるらしい。
(これは現場の医者の意見ね。)
末期ガンの患者に告知するべきかどうかの問題に通じてるよね。

でも、西洋では、ほとんどの場合告知するでしょ。
残された時間を有効に使いたい人がほとんどだと聞いている。

脅迫の材料としているのでなく、現実を見つめて、
苦しみから解放される心を確立していくことをめざしている
「存在と時間」を読めば、その辺は理解できるはず。

957 :Wise :04/08/04 17:50 ID:O3K2ugjZ

>>956
俺はその医療関係者。
で、確かにそういう、死に直面すると身動きできなくなるタイプはいる。
そういう奴は、そのまま死ねばよし。
問題ない。


958 :XYZ(正教徒):04/08/04 17:56 ID:9y9dxg6g
 >>957
>そういう奴は、そのまま死ねばよし。
>問題ない。

 唖然…わざわざ書き込まなくてもいいか…?

 こういうこと言う人いる病院に入院しなくて良かった と
 つくづーく思います。

959 :Wise :04/08/04 17:59 ID:O3K2ugjZ

>>957
死に方は人それぞれ。
君の思う、正しい死に方を他人に押し付けることが、正しいと考えているんの下?
告知は、日本では家族が判断するケースが多い。
そして、結局は本人の受け止め方の問題。
自分の死に方は自分で考えるしかない。
その人は、自分で身動きできない死に方を選んだんだ。
それでよし。


960 :XYZ(正教徒):04/08/04 18:09 ID:9y9dxg6g
>>959
 もうすぐ用事があるので次の書き込みは多分遅くなります事を予めお断りします。

 少なくとも貴方のようなことを言う人の病院には入院したくないでしょう、多くの
人が。何故なら人はそれほど簡単に孤独には耐えられないからです。無神論者でさえも。
これほど嫌悪感を感じるレスは正直、嵐ふくめ、今まで皆無だった。

 大体、>>956さんのおっしゃった「死を見つめると身動きできなくなってしまうタイプ
の人」の全てがどうして「選んで」「よかった」と言えるのです?そうとは限らない人の
存在の可能性を考えた上でおっしゃっていますか?
 精神的ケアも貴方の仕事の一部ではないのですか?ケアしようとして相手が「一人に
してくれ」というのなら、無論かまわない。しかし貴方の言葉には最初からケアする気が
まるで感じられない。

 違うとおっしゃるのなら弁明をお願いします。

961 :Wise :04/08/04 18:22 ID:O3K2ugjZ

>>960
俺の仕事態度について話をしていない。
その人の死に対する考え方について話している。
で、
その人は、原因はどこにあったとしても、
身動きしないのは本人の判断。
告知されるというのは、怖いのかも知れないが、
死を悟った後に猶予が与えられているのであることを考えれば
幸せなことだ。
有無を言わさず、死に至るケースに比べれば、死を楽しむ余裕があるのだからな。


962 :名無しさん@3周年:04/08/04 18:34 ID:otH2fWyf
Wiseさんを、弁護する気は毛頭無いけど、
医療関係者は、死についてドライだよね。
一日、何人も亡くなる大病院で勤めていれば、
無理もないのかもしれないけど、
もう少し患者と家族のことをケアして欲しいと思う。


963 :Wise :04/08/04 18:55 ID:O3K2ugjZ

死を多く見て、冷静に見守っているだけ。
そういうもう動く気力も無い人には、
「残りの人生悔いなく生きるよう頑張れ」ってのはダメだと思う。
俺は、手を握り、相手が何か言いたくなるまで待ってあげるだけで十分と思う。
俺が言わずとも、安い慰めは周りが腐るほど言ってくれる。
そこに、足りないと思える存在になるよう心がけている。
もちろん、俺の考え俺の基準で行動する。


964 :名無しさん@3周年:04/08/04 20:40 ID:k4Bke8VT
人は亡くなった後は「無」になる。
それは、天皇陛下であろうが麻原彰晃であろうが同じこと。
不公平、不平等なことの多い世の中において、それだけは
全ての人間に平等に与えられたこと。

965 :Wise :04/08/04 20:43 ID:O3K2ugjZ

>>964
いい、答えだ。
誰もが納得できる説得力のある無いようだ。
立派。
俺もほぼ同意見。


966 :XYZ(正教徒):04/08/04 21:40 ID:9y9dxg6g
>>964>>965
 私は全然、納得しませんが。

 >>965
 大体、死に方が人により様々なことを認めていらっしゃるのに、なぜ「無になる」などと
いうありがたくもない「平等性」については肯定的にとらえられるのか理解に苦しみます。

967 :Wise :04/08/04 22:13 ID:O3K2ugjZ

>>966
死後にまでいろいろ求めるような、貧弱な精神と欠陥脳を持ってるものには
慰めがひつようだからな。
理解できないかもしれないな。
「無」だからこそ、ありがたいと考えたらどうだ?


968 :XYZ(正教徒):04/08/04 22:15 ID:9y9dxg6g
>>967
 貪欲だと云われた方が当たっている^^と思えますが。
 正教徒は霊的救いにまで貪欲なんです。

969 :Wise :04/08/04 22:21 ID:O3K2ugjZ

>>968
あるかどうかもわからないものに、救いを求める、間抜け集団でしょ。


970 :XYZ(正教徒):04/08/04 22:30 ID:9y9dxg6g
 >>969
 間抜けだのなんだの色々品のないユーモアのかけらもない書き方を様々なスレでしている人の
人格よりは…信じられるものはたくさんあります。

971 :名無しさん@3周年:04/08/04 22:30 ID:j1uBGA/r
>>968
宗教はくよくよと死を意識しすぎる。浅ましいとは思わないか。死があるから
こそ、生の喜びと充実があるのだ。本末転倒ではないのか。
死が「無」であるからこそすべての苦しみはなくなる。これより大いなる「救い」
はない。

972 :XYZ(正教徒):04/08/04 22:35 ID:9y9dxg6g
 >>971
 せめて今までのレスを200くらいは読んでから論評して下さいね。
 私がくよくよと死を意識しすぎているかどうか分かるはずですが。

 それから死ほど考えるのに面白い有益なものはないと私は考えています。
 この世のものではないのですから。

 …次スレはそろそろ立つのですか?>>1さん。

973 :Wise :04/08/04 22:35 ID:O3K2ugjZ

ユーモア出してないし、素直に馬鹿にしてるだけだし。
「無」だから救いがあるって考え方は、
死後の世界で良民を釣る、馬鹿たれどもには、都合が悪いのだろう。

俺は昨日、飲みすぎてSEXして結局イケなかったから
機嫌が悪くて口調が悪いだけ。
立ちも中途半端だったし。
ほんと、むかつく。


974 :Wise :04/08/04 22:37 ID:O3K2ugjZ

>>971
そうだぞ。
よく読めば、この馬鹿が
「証明できないし、まともな説明は出来ないけど、それでもあるんだ!」
って言ってるのが良くわかるぞ。


ぼけ。


975 :XYZ(正教徒):04/08/04 22:40 ID:9y9dxg6g
 >>974
>「証明できないし、まともな説明は出来ないけど、それでもあるんだ!」
 最初からそう言っているんですけど?良い要約だと思います。

 SEXがうまくいかなかったことであたらないで下さい。みっともない。

976 :XYZ(正教徒):04/08/04 22:56 ID:9y9dxg6g
 >>707さん、お待ちしております。

977 :名無しさん@3周年:04/08/04 23:01 ID:j1uBGA/r
>>976

>>707ばかりにすがりつくなよ。

978 :XYZ(正教徒):04/08/04 23:05 ID:9y9dxg6g
>>977
 だって話してて楽しいから。文章も面白いし。意見は違いますが。

 それに私がすがる対象は神、ハリストス、諸聖人、友人、そして恋人。

979 :名無しさん@3周年:04/08/04 23:16 ID:otH2fWyf
今、宗教多元主義について色々調べています。
XYZさんも親鸞学徒さんもどうぞ(笑

980 :名無しさん@3周年:04/08/04 23:24 ID:j1uBGA/r
>>979
宗教多元主義のスレが立たないのは不思議だね。多分、多元主義を巡って
宗教紛争が勃発するからだろう。

981 :Wise :04/08/05 01:08 ID:lRPvj1HR

ネタとして社会の役に立っているな。
集狂


982 :707:04/08/05 01:13 ID:Mmj7QLIH
親鸞学徒に無視られ続けていた折、XYZさんも書き込んでくれなくなって、
もしや俺は完全に荒らし扱いされてるのか?と思っていたよ。
ま、荒らしなんですけどw
でも付き合ってくれるらしいので、調子に乗るよ。

まず>>945 は、あの、質問の一部にしか答えていないと思うのだが。
「アホとは思っていない」のは分かったが、で、どう思ってる?
かわいそうとは思ってるんじゃないかなー、と思ったんだが、どうなの?
だって俺、救われないでしょ?親鸞学徒も救われないでしょ?
できることなら俺も正教を信じた方がいいのに、と貴方は思ってる?
それは無論貴方のためではなくて、俺自身のためにという意味ね。
もし貴方が本当に正教を信じていて、そして俺にも幸福になって欲しいと
願っているならば、俺にも正教を、何とか何とか分ってくれよ(阿弥陀の
ものいいをぱくってやったぜ)と思ってる筈と思うのよ。
貴方が、俺の不幸を願っているのでなければね?貴方の信仰は、
宗教を便利だから使う、ではなく、救われるから信仰する、でもなく、
「事実だから」信仰しているわけだからね。心の安定のためでもない、
社会秩序を守るためでもない、ただ単純に、ここに空き缶があるのと同じように
神様がいるから、っていうそういう信仰だと貴方、言いましたよね?
人々を幸福にするための宗教ではなく、単なる事実。宗教なんて言葉で
言い表すことすら貴方は違和感を覚えている筈だ。それはもはや信仰ではなくて、
信じているのではなくて、貴方は単に、神がいることを「知っている」と、
言った方が早いよね?貴方にははっきりと神の声が聞こえ、神の姿が見えている、
その状況で「信じる」なんて言葉は弱過ぎる。貴方は「知っている」のだ。

983 :707:04/08/05 01:14 ID:Mmj7QLIH
えぇとね、ちょっとまとめられないが、色々書くよ。
で、取り合えずさ、俺がここで指摘したくなるのは、君も人間なんだから、
錯覚かも知れないじゃん、俺の認識と君の認識と二つ並べる時、どうして
同じ人間なのに君の認識が正しい可能性が100で、俺のが0って言い切れるのさ、
って、言いたいんだけどね、それには答えてくれたね。つまり、貴方の認識が正しい、
って訳じゃなく、貴方の脳みそが俺の脳みそよりも判断力に優れている訳じゃなく、
貴方には神の恩寵があって、俺にはない、ただそれだけの違いだと、いうわけでしょ?
俺の認識より君の認識が勝っている、なんて言ってないわい、ということですよね。
うまい答え方だね、君が正しいんじゃなく、ただ神が正しい、っていい方。

でもしつこいんだが、自分でも嫌になるくらいしつこいが、答えてくれ。
その恩寵と君の言うこと事態錯覚の可能性もあるだろーがッ!
ね・・・、そうだよね?これにはどう答えてくれるのかな。
いや、「真ではない」と言え、なんて俺は言ってないんです、
寧ろ俺は貴方の言ってることが「真かも知れない」と言えます。
「真ではない」と言わなくてもいいですから、
せめて地球が実は平面であるかも知れない(これはみんな言ってるから
俺も地球はほぼ100パー球体だと思うのね、でも完全に100パーではない)
のと同じ程度の著しく低い可能性として、貴方の認知が錯覚に基づいている
可能性もある、と言ってくれませんか?その恩寵というものからして貴方の
錯覚である可能性もちびっとだけあると、言えませんか?

と言いつつ、君がそれを認めちゃったら俺はがっかりするんだけどねw
でもどうよ?これにはどう答えてくれますか?

984 :707:04/08/05 01:36 ID:Mmj7QLIH
それから、確かに「無神論者」っていう括り方は俺のミスだった。
おっしゃる通り。俺も神はいないと断言するものではないし、
ぶっちゃけ、いるんじゃないかな〜、って思ってる。でもそれは
キリスト教とか仏教の神っていうより、便所の神とか木の神とか、
そういう神様。バチを与えたり病気を治してくれたりする、何と言うか、
そういう感じに世界の運行を管理している神々。神々なのよね、いっぱい
いる感じなのよ。その土地土地に神みたいのがいっぱいいて、ッて言う感じの。
だから、神の宿った石に小便すると普通に病気になる、とか思ってて、
たっしょんとかできません。昔妹が屋根に登って神棚の上に立ったら、
その後原因不明の熱にうなされてさ、なんかそういうのってあると思ってる
人間です。というか俺の家系オカルトです(爆)
イタコとか、風水師とか、一番強烈なのは神様の力であらゆる病気を治せた
人が、おじいちゃんの兄だw母ちゃんも、その人に原因不明の下痢を
一発で治してもらってたw
ま、そんなこんなで俺は個人的に、何かそういう得体の知れない神様みたいのが、
いっぱいいてたま〜にそういうのとコンタクト取れる人がいたりする、と、
思っている。でもそんなの全部たまたま、で片付けられるのは知ってるんだけどね。
病気なんてその人が行った時にたまたま治る時期だったってのとか、
プラシーボ効果っていう見解も取れるだろうからさ。

985 :Wise :04/08/05 03:09 ID:lRPvj1HR

ホラ話し終了ですか?


986 :707:04/08/05 03:55 ID:P2/VJUOD
いや、これはほんとだぞ?あれ?
え?いやいや、
どこが嘘だと思った?
じいちゃんの兄に本当にそういう力があったと別に言ってないから、
いや、それは今までの論旨から言えよう筈もないよな。
ただ、そういう力があるものとして周囲から見られてて、
で、たまたま母ちゃんも下痢が止まらなくてどんどん体重減って行ってた時があって、
その時にその人に「治療」というか、軽く肩を押されてただけだが、
そしたら次の日に下痢が治ったと。でもそれは無論精神的なもので、
科学的に説明も付く事象。
イタコが親戚にいるのもほんとだし(これは確実にいんちき)、
風水師に関してはこれはなんと言うか、占い師みたいなことして、金を取ってる
んだわ。んで妹の一件も事実で、熱出て、病院行っても全然よくなんないでさ、
そんで母ちゃんが、屋根に登ってばちがあたったんじゃねーの?っつって、
取り合えず謝っとけって手を合わせさせたら、すっと治ったのね。
それだけの話。精神的なものかも、って思うけど、でも何かそういうの
見ると、もしかしたら何かあるのかもな〜、てな気持ちにもなる、
ってだけの話ですよ。どちか分らないけど、って話。


987 :707:04/08/05 03:58 ID:P2/VJUOD
でもまあ、関係のない自分の情報を語っている所が不快だったのかな。
誰も聞いてないのにぺらぺらと。すまんかった。

988 :名無しさん@3周年:04/08/05 15:54 ID:ZSWP4AmQ
>>964に追加

人間は生きているあいだが全て。
だからこそ、死後の世界がどうのこうの言ってる宗教などに
束縛されることなく、今を一生懸命生きるべきだと思う。


989 :名無しさん@3周年:04/08/05 16:05 ID:3JL78xTr
そもそも、何故ありもしない死後の世界などに思いをはせるのか
全く理解に苦しむ。限られた時間を一生懸命生きればそれで良い
ではないか。
死後の世界に「貪欲」という言葉を使っている方がいたが、あり
もしない死後の世界に思いをはせることは、「妄想」という言葉
のほうが相応しいのでは?


990 :名無しさん@3周年:04/08/05 18:06 ID:3JL78xTr
命ある者は必ず死ぬ。
・・・・ここまでは異論無いはず。
違いはここから先。

宗教 → 死後の世界というものがあり、この世での行いにより
     その世界での暮らしに違いが出る。
健常者→ 死んだら何も無い。

991 :XYZ(正教徒):04/08/05 18:21 ID:7F+LuuXm
このスレが一杯になったら次スレが立つまで私は以下のスレにちょくちょく行く
ことをまずお断りして。それから、>>707さん、今は用事があるので返事出せませんが、
近いうちに(もしかしたら今日)返事をここか、次スレか、あるいは以下スレに書かせて
いただきます。

 <宗教なんてしてて恥ずかしくないですか?>
 ttp://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1087791159/

 >>988
 私は今を一生懸命生きていますが?それと宗教が並存しないという貴方の論拠が
分かりません。

992 :名無しさん@3周年:04/08/05 18:24 ID:JRRAU69O
>>990
死んだら何もないのに、
3回忌だの13回忌だの、灯籠流しだの、よくやるよな(笑

オマエは、お盆に実家帰らなくてもいいぞ。

993 :名無しさん@3周年:04/08/05 18:58 ID:FRzjx23j
>>991
人の一生なんて本当に短い時間。
短い貴重な時間であるにもかかわらず、宗教などと
いう妄想の世界にどっぷり浸かっているあなたが、
本当に一生懸命生きていると言い切れるのか?

私はそうは思えない。

994 :名無しさん@3周年:04/08/05 19:04 ID:3JL78xTr
お盆?
そんな古くさい因習自体無くなればよい。
そうすれば、道が混まないですむ。

995 :名無しさん@3周年:04/08/05 19:07 ID:ZSWP4AmQ
冠婚葬祭宗教も風前の灯火

996 :名無しさん@3周年:04/08/05 19:09 ID:3JL78xTr
>>990
宗教に対し

「健常者」 ← ワロタ

997 :名無しさん@3周年:04/08/05 19:22 ID:ZSWP4AmQ
宗教馬鹿の相手 → 疲れる

998 :名無しさん@3周年:04/08/05 19:26 ID:DnTg0y1Z
死ねばわかる。

999 :名無しさん@3周年:04/08/05 19:27 ID:DnTg0y1Z
結論 死ねばわかる


1000 :名無しさん@3周年:04/08/05 19:28 ID:DnTg0y1Z
1000げと
宗教馬鹿は早く死ねば良い。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

338 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)