5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★☆この世に宗教はいらない4/100☆★☆

1 :名無しさん@3周年:04/07/30 23:30 ID:D6ga3yP7
宗教は政治に利用されやすい。
例えばブッシュが最近イスラエルよりの発言を繰り返しているのは、
大統領選挙を睨んでのもの。(米国国内のユダヤ教信者(ユダヤ人)はかなりの数)

宗教は人の生きる目的を教え、死ぬことへの恐怖心をやわらげてくれもする。
しかしこれを狂信する者は、時に反社会的行動に走ったりする。
ジハード(聖戦)などと訳のわからないことをいって、ビルに飛行機ごと
つっこんだり、自らの体に爆弾をつけて人ごみで爆発したり、地下鉄で
サリンを撒いたり、自分たちを否定するものを平気で抹殺しようとする。

そんな狂気に走った人たちが核のボタンを握ったらこの世はどうなって
しまうだろうか?考えただけでもぞっとする。

【前スレまでの意見(宗教が平和の妨げとなる理由)】
@信仰の盲目性
自らの考えを滅してでもその教えに従おうとする。事の善し悪しまでも
自らの判断では区別出来なくなってしまう。

A他の宗教を完全否定
他の宗教は部分的にも認めない。認めないどころか平気で邪な教えと蔑む。

Bあたかも死後の世界を保証するかのような甘い言葉
平気で自爆テロを行うその裏には死んだ後楽しい世界があるという教えを
鵜呑みしていることが大きく影響しているように思われる。


2 :名無しさん@3周年:04/07/30 23:35 ID:waH+yWhM
思考停止してヤク漬け状態になる奴多いよね。
あと、妙に笑ってる奴。あれ不気味だよな。

3 :親鸞学徒:04/07/31 22:24 ID:es0++xhZ
確率的にみても人間に生まれることは、たいへん難しいことです。
大地の砂の数を人間以外の世界の生き物の数とすれば、人間に生まれる人は、ひとつの指の爪の上にのるくらいの砂の量です。
大変な少なさです。
しかも、さらに、そのなかで、真実の仏教(本当の仏教)にめぐりあうということは、これまた、さらに難しいことなのです。
さらに、その仏教が間違いのない真実だと知らされ喜んで真剣に求める人も、これまた少ないのです。
そして、阿弥陀如来に救いとられ絶対の幸福の身になる人は、雨夜の星です。
でも、これらのことは、すべて強い強い阿弥陀如来のお力によって進ませていただけることなのです。
目に見えないですが、皆さんを本当の幸福に救いとろうと今も全力をあげておられるのです。
人間に生まれなければ仏教は聞けません。
ですから、人間の命は尊ぶべきものなのです。
粗末にしてはいけません。
今、人間としての生を受けているのですから、永遠に変わらない本当の幸福になる願ってもないチャンスなのです。
私が仏教を聴くきっかけとなったのも、阿弥陀如来に救いとられた方から、話を直接お聞きし度肝を抜かれたからでもあります。
まさか、阿弥陀如来という仏がおられ、この世ではっきり救われるという体験があるとは、思いもいたしませんでしたから、びっくりしたのです。



4 :親鸞学徒:04/07/31 22:25 ID:es0++xhZ
私のような見ず知らずの者から、このよう書き込みをされても皆さんには、にわかには信じがたいとは思いますが、うそではなくホントのことですから、強く言わざるをえないのです。
世界中ほとんどすべての人が知らされていませんが...
わたしは、10人ぐらいの人から話を聞きましたが、その体験というのは、親鸞聖人のおっしゃられている体験とまったく一緒です。
まあ、とにかく聞いていただきたいのです。疑問点があれば、どんどん質問していただきたいと思います。
真実の仏教にめぐりあい、聞かせていただくというのはホントありえないと言いましょうか不思議なご縁です。
人生の目的を明らかにされた『なぜ生きる』という本があるのですが、ぜひ読んでみてくださいね。
http://www.10000nen.com/book/naze/naze.htmを参照してください。
また、ぜひ、次のHPもご覧になってください。
本当の浄土真宗の教えを知って頂きたいのです。
http://www.shinrankai.or.jp/qa/index.htm
皆さんの中には、どの宗教も幻想にすぎない、非科学的な盲信と考えてる方も多いようですが、私も以前はそうでした。
しかし、それはとんでもない浅はかな間違いでした。
浄土真宗は紛れもない大宇宙の真実であったのです。

私が、こう断言したところで納得されない人がほとんどでしょうが、いつの日かわかってくださることを念じあげます。

「知らなかったぁ。ホントかよぉ。そんな、たいへんな真実があったのか」と真実を真実と見抜ける鋭い人がいらっしゃればなぁと思います。



5 :名無しさん@3周年:04/08/05 19:34 ID:FRzjx23j
age

6 :名無しさん@3周年:04/08/05 20:34 ID:JRRAU69O
子供は、TVのアニメでも見てなさい。  > ID:ZSWP4AmQ

あんた、自分が一番宗教じみてることに気づかない?  >ID:DnTg0y1Z

7 :名無しさん@3周年:04/08/05 20:38 ID:JRRAU69O
>>1
嫌がらせでスレ立ててるんじゃなければ、
前スレのリンクぐらい貼ろうね。
自分が生産的発言を全くしていないことがバレるよ。

前スレ
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1086343546/


8 :学会員の発言は根拠がない。:04/08/05 20:46 ID:CdVQl51e
信じない奴らからみるとホントに馬鹿げているんだけど
死後を担保しないと不安でしょうがない人が多いんだよ。
宗教を完全に捨て去る時代はこないと思うよ。

9 :名無しさん@3周年:04/08/05 20:54 ID:AzBy+XHr
>>3 4 ええっとねぇ、世界には南無阿弥陀仏を唱えるって者は、ごく僅か
な人。あなたは、その世界の中にもほんの一握りの存在になったのですか?

10 :名無しさん@3周年:04/08/05 23:28 ID:bLZ1Coze
>>8
>死後を担保しないと不安でしょうがない人が多いんだよ。
確かにそうだろうけど、宗教がその解決になると考える人は少数派。
大多数の人は宗教は不安を取り除くものにはなり得ないと理解している。
だから実質的な無神論者(無信仰者)が圧倒的に多い。

11 :名無しさん@3周年:04/08/05 23:33 ID:JRRAU69O
>>9
世界的にも珍しい、悪人正機説を生み、
思想的にはハイデガーに影響し、
日本を代表する思想なんだけど、

「他力本願になるな」 とか言われてしまう。(笑

悲しいよね。
日本人は、自分の国の思想をもっと大切にしないとね。

12 :名無しさん@3周年:04/08/05 23:42 ID:oyzks/36
>>11
日本だけの騙しの教えってこと?海外で通じるの?
層化みたいに、フランスでカルト扱いされない?

13 :仔猫:04/08/05 23:43 ID:hmDU3TTz
他力本願って霊操のことだろ。

14 :名無しさん@3周年:04/08/05 23:47 ID:JRRAU69O
>>12
ゴメン。
ハイデガーに影響したと言うのは、トンデモかもしれない。(訂正します)

カルトはないでしょ。
親鸞の思想を、調べてみれば。
インターネット上で調べても、かなり評価が高いことが分るよ。

15 :仔猫:04/08/06 00:04 ID:6WAZpMK7
大拙のヨーロッパへの影響には浄土思想はなかったろうかなぁ。

16 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/08/06 00:08 ID:ni1ZJee0
>>11
>世界的にも珍しい、悪人正機説を生み、
>思想的にはハイデガーに影響し、
>日本を代表する思想なんだけど、
>「他力本願になるな」 とか言われてしまう。(笑
それは『一般人』と『宗教関係者』で『他力本願』の意味が違ってるから。
一般で言う『他力本願』ってのは『自分の手の及ばない所だけ誰かに頼る逃避の手段』(苦笑)
対して、宗教で言う意味は『自らを完全に投げ出し我を放棄して【絶対の他力】に身を任せる』という事。
これは誤解されてる事も多いが、言ってみれば
『自分の思い通りに決して成らない【自然】という【絶対の他】に逆らわず、どんな結果が起きても受け入れる』
という事に限りなく近い。
つまり【絶対の他力】というのは『自分の想いも知恵も及ばないもの』だ。
だから【他力】が『どんな結果を及ぼすか』は知りようが無い。
極端な話【他力】に身を任せた結果として『死』すら有り得る。
そんな状況であっても、一切何も言わずに無為自然に流れるままに受け入れる。
完全に一切の【我】を捨て去る。
例えば、樹は台風によって倒されても誰にも文句を言わない。
樹それ自身は『死ぬ』が、その状況に対し文句は言わない。
『死』は『死』でそのままだ。
これが、本来の宗教で言う【他力本願】の意味だ。

だから『自称浄土系仏教信者』の多くのやってる
『普段は【我】を前面に出し社会や教団を生き、苦しい事のみ【他力本願】と言う』
のは全然【他力本願】じゃない。

17 :名無しさん@3周年:04/08/06 00:36 ID:OAo2HcKv
最後の三行が言いたかったワケね。

18 :ハルカ ◆0tZOcyVq86 :04/08/06 00:37 ID:ni1ZJee0
>>17
うん。
特にね。

19 :名無しさん@3周年:04/08/06 00:50 ID:OAo2HcKv
>>18
でも、風前の灯火でしょ。
俺は、仏教徒じゃないけど、このままじゃ仏教無くなるよ。

太刀山さんが、一生懸命、足引っ張ってるし・・・・(笑

20 :名無しさん@3周年:04/08/06 01:08 ID:OAo2HcKv
>>18
「宗教の危険性5」 のスレから、あまり出てこないでね。

21 :名無しさん@3周年:04/08/06 05:25 ID:wshMaGNa
>>親鸞学徒さん

お尋ねします。貴方は阿弥陀如来に実際に救い取られた方のお話を聞いて
真の仏教に目覚めた、と書いておられますが、その方は具体的にはどのように
救い取られたとおっしゃっていましたか?できればお聞かせ願えないでしょうか?

22 :名無しさん@3周年:04/08/06 05:27 ID:wshMaGNa
そして貴方も「阿弥陀如来という仏がおられ、この世ではっきり救われるという体験」
をした人の一人に今はなったのでしょうか?それとも貴方はまだ阿弥陀如来に
救われてはいないのでしょうか?

23 :名無しさん@3周年:04/08/06 10:04 ID:8KZxQIoX
この世に宗教はいらない。
少なくとも健常者にはいらない。

24 :前スレの1:04/08/06 12:40 ID:8KZxQIoX
どなたか存じませんが、スレ立てありがとうございました。

25 :前スレの1:04/08/06 12:43 ID:oGRlBO4f
>>7

嫌がらせでやってんだよ、ばーかw

26 :名無しさん@3周年:04/08/06 13:55 ID:OAo2HcKv
>>24 >>25

繋ぎなおして、IDは変えたけど、コテハン直すの忘れた?

あんた自分の状況を告白してたけど、>>1 でもっともらしい事言って
やってることがそれじゃ、宗教批判なんて、チャンチャラ可笑しくて、

笑いが止まらん〜 (大爆笑

27 :学会員の発言は根拠がない。:04/08/06 13:57 ID:6B7B6iDm
まあ、笑うのはいいんだけど君も宗教について語ってくれ。

28 :名無しさん@3周年:04/08/06 14:02 ID:6n8TCyeU
>>23
これを差別という。


29 :前スレの1:04/08/06 14:22 ID:2Sy2Asao
>>26

同じ人間ですが何か?

宗教基地外に対する嫌がらせでやってるんですよ。


30 :学会員の発言は根拠がない。:04/08/06 14:23 ID:6B7B6iDm
敬虔な信者と狂信者はなにが違うと思う?

31 :名無しさん@3周年:04/08/06 14:39 ID:QChvlO4t
狂信者 → 教祖の命令であれば、平気で犯罪を犯す者


32 :学会員の発言は根拠がない。:04/08/06 14:41 ID:6B7B6iDm
市民社会の倫理にとらわれない宗教者ってことかい?
確信犯って奴だな。

33 :名無しさん@3周年:04/08/06 14:47 ID:tg3jU3jY
敬虔な信者 → 仏教で言えば、親鸞がその代表、
        法然の教えに従いひたすら念仏を唱えた。

34 :学会員の発言は根拠がない。:04/08/06 14:54 ID:6B7B6iDm
ふむ。市民社会の倫理からの視点だね。
その宗教を信じていない人にどういう影響を与えるかで考えるわけか。
同意。

35 :名無しさん@3周年:04/08/06 14:55 ID:/xGX/v6L
>>28
宗教は基地外を生み出すという点においては一役かっている
この板を見ているとよく分かる

36 :名無しさん@3周年:04/08/06 14:59 ID:OAo2HcKv
>>34
プロパガンダ立てるなら、ソウカスレへ行ったら?
スレが荒れるから、やめてくれ。

「宗教の危険性5」のスレと同じになる。
(あそこは、宗教者のスレとは思えん)

37 :名無しさん@3周年:04/08/06 15:32 ID:oaReMOYM
荒れるほどのスレか?「宗教の危険性5」と変わらんよ。

38 :名無しさん@3周年:04/08/06 16:04 ID:tg3jU3jY
宗教=あほんだらの巣窟

39 :名無しさん@3周年:04/08/06 16:11 ID:OAo2HcKv
>>38
そうだね、否定する気はないよ。


40 :名無しさん@3周年:04/08/06 17:32 ID:QChvlO4t
デブでチビでハゲで包茎の、どうにも救いようの
ない奴がやるもの。

       ↑

      宗教

41 :XYZ(正教徒):04/08/06 19:39 ID:6rQNM9j9
 >>34 
 あのですね、あなたは私の敵ではないと思うんですけど(味方かどうかは知りえませんが)。
 だって>>34さんはカルトとか政治に大きく関わったり布教活動がしつこかったりする宗教が嫌い
なんでしょう。私も大嫌いですよ。

 無差別に自分(無派閥的無宗教ですか?)以外のものとして全ての宗教を批判するのではなく、
もう少しでいいですからきめ細かい批判を宗教それぞれにして頂きたい。そうしないと批判の効率が落ちる
と思います。それに恐らく貴方の批判する主な相手は私だって嫌いですから。
 ついでに正教に対する批判ならいくらでも反論しますが議論そのものは成立します。しかし宗教全般への批判
をされても、「貴方も無宗教というカテゴリーを作っているじゃないですか、それだって宗教だ」としか言えません。

 >>All
 これは多くの無派閥的な無宗教でこのスレに出入りしている他の方にも申し上げたい。
 カルト批判をする上で、もしかしたら味方になり得る可能性を持つ人間まで敵に回してしまうのは
非生産的、非効率的ではないか?と。

>>40
 デブでもハゲでも包茎でもないが、私にはチビは当てはまりますね。(苦笑)

42 :XYZ(正教徒):04/08/06 19:42 ID:6rQNM9j9
 >>34
 すみません、貴方が無宗教かどうかはまだ分かりませんでした。予断を持ってしまった
ことをお詫びします。
 貴方が無神論者か、単なる無宗教なのか、判断材料をいただけますと
議論がしやすくなりますので差し支えなければお教え頂ければ幸いです。

43 :Wise :04/08/06 19:58 ID:DAtyOngj

俺は俺教。
世界の中心は俺のいる場所。
しかし、他の人にとっての世界の中心も、その人自身だと考える。
神や仏など、俺に入ってくる情報の一つに過ぎない。


44 :XYZ(正教徒):04/08/06 20:05 ID:6rQNM9j9
>>34 (まず>>42の続き)
 もしかして実は何かある種の宗教はお持ちなのでしょうか?
 さて…

 前スレ>>707さん(=>>982)へお答えしますね。
> できることなら俺も正教を信じた方がいいのに、と貴方は思ってる?
>それは無論貴方のためではなくて、俺自身のためにという意味ね。
>もし貴方が本当に正教を信じていて、そして俺にも幸福になって欲しいと
>願っているならば、俺にも正教を、何とか何とか分ってくれよ(阿弥陀の
>ものいいをぱくってやったぜ)と思ってる筈と思うのよ。

 貴方も信じてくれればいいのにとは、そりゃ、思っています。しかし、だから「何とか
分かって欲しいのでありがたい教えを書きますね」とはやらない。だって見ず知らずの
人間が匿名で書き込んで何の益になるのでしょう^^;。効果まず無しです。信じる
きっかけをつくる主役は神と貴方であって、私は脇役に過ぎないからです。それに正教は
知識で信じることに寧ろ警戒を示します。日本正教会の多くのサイトが教義などの説明を
宣言などのコピーだけに限っていたり、奉神礼の日程表しか載せていなかったりするのも、
「頭デッカチに信者がなること、頭だけの宣教を避ける」という伝統があるからです。

 しかし、では>>「707」さんが信じていないからといってかわいそうと思うか?というと、
全然思いません。洗礼を受けていなくてもその人の行いが義とされれば天国への可能性は
あります(初めて私のレスを見る人への補足:正教会の天国と地獄は生前も含めた状態という
概念であり、死後の世界ではありません)。もしかしたら>>「707」さんの方が私より現時点で
天国に近いかもしれないのです。それは私には判断できません。それに文面を見る限りでは貴方は
いい方ではないかと拝察します。「かわいそう」とか「何とか知って頂きたい」とはまったく思わ
ないのです。(続きます)

45 :XYZ(正教徒):04/08/06 20:19 ID:6rQNM9j9
 (>>44の続きです)
 なぜ私が自らを正しいと思わないのに、正教を真だと判断するのか?という問題でした。

> 貴方の認識が正しい、
>って訳じゃなく、貴方の脳みそが俺の脳みそよりも判断力に優れている訳じゃなく、
>貴方には神の恩寵があって、俺にはない、ただそれだけの違いだと、いうわけでしょ?

 うーん…少し違います。
 神の恩寵は雨に喩えられます。東京に雨が降っているときでも新潟に雨が降っているとは
限らない。しかし大体雨は(乾燥帯地域の希少性を別にすれば)どこにでも降ります。しかし
降るときもあれば降らないときもあります。
 雨が降るときに備えて天水桶を作っておけば、雨が降るとき水が溜まります。

 いうまでもなく、上の喩えの中で雨が神の恩寵であり、天水桶が人間の信じようとする態度
であり、溜まった水が信仰の実りといえるでしょう。つまり、貴方にも、このスレを見ている
無宗教ないし無神論の方にも、雨=恩寵は降って(ふって、くだって)いるのです。

 それを信者は意識的に集めようとします。非信者でも意図しないで雨を溜めている人もいる
かもしれません。しかし信者は意識的に聖神゜(せいしん=聖霊)を獲得しようとしている。
 こういう理解です。

46 :名無しさん@3周年:04/08/06 20:33 ID:U69CxgNW
>>16
「かれらは死に捉われていてあの世に去っていくが、父もその子を救わず、親族もその親族も救わない。
 見よ、見まもってる親族がとめどなく悲嘆に暮れているのに、人は屠所に引かれる牛のように、一人
 ずつ、連れ去られる。
 このように世間の人々は死を老いとによって害われる。それ故に賢者は、世のなりゆきを知って、
 悲しまない。」スッタ二パータ (ブッダのことば)


仏教は、妙なことでも不思議なことでもなく、生きながら彼岸の境地を得て、この世界を観察して、
 当たり前のことを説いているだけ。生きながら彼岸に達したのが不思議なことだけで、あとは自然。
 生まれも死もない境地に到達して、人間の肉体から感受される全ては、苦悩だと説いた。
 決して、南無阿弥陀仏を唱えよとか、阿弥陀仏が存在し、それを信じればよいとかは説いていない。

47 :名無しさん@3周年:04/08/06 20:33 ID:pLrTkHqU
>>41 XYZさんへ
カルトも他の宗教も、現実の人間を超越した存在の実在を信じ、かかる存在に最高
の価値を認める点で、すべて同じです。だから人間間に紛争が生じるのです。神が
人間を造ったと言うなら、神の造化、顕現、神そのものである現実の人間に何故最
高の価値を認めることができないのですか。あなたの立場でいくら「布教」されて
も説得力はありません。観念に過ぎないキリスト教のフイルターを外して、神から
造られたままの生物としての人間を対象として考えてみて下さい。そもそも、大昔
のどこかの人間が書いたものに過ぎない聖書を信じるなど、おかしなことだとは思
わないのですか。
なお、浄土真宗など一神教的要素をもつ宗派を除いて、神や霊を認めない仏教は例
外です。だからこのような仏教には、紛争が殆ど生じないのではないですか。

48 :XYZ(正教徒):04/08/06 20:34 ID:6rQNM9j9
 (>>45の続きです。)
 信じたいという意思と、神の恩寵が、一致したことが既に私にはあるので、正教を
真と信じる、こういうことだと思います。しかし私がこういう意思を持ったことは私が
優れているといったような理由からでは決してないのです。誰にでもできる選択の範囲
でした選択でしかありません。うーん、うまく説明できているかどうか…?

> その恩寵というものからして貴方の
>錯覚である可能性もちびっとだけあると、言えませんか?

>と言いつつ、君がそれを認めちゃったら俺はがっかりするんだけどねw

 ^^;。面白いご質問ですね。
 …言えないんですね。これが。「客観的には言えない」とは言えるでしょう。しかし
自分にとって既に「知っている」と判断するものに関しては「錯覚かどうか、真実かどうか」を
問うことが馬鹿らしくなってしまうのです。何の益になるのかと。
 それに他人に「証明」して「信仰」が生まれるという理解は正教会はしません。そもそも証明
して疑問を全て明らかにしようとすることにさほどの情熱はないのです。それよりはまずは自分の
霊の救いが先決なのです。「目の中に丸太がある者がどうして『貴方の目の中のおが屑を取らせて
下さい』といえようか。まず自分の目の中の丸太を取り除きなさい」と福音書にある通りです。

 というわけで、「錯覚じゃん!」もしくは「錯覚の可能性はないの?」と言われる隙だらけなのは
認めますが、私はこれについて錯覚である可能性を認めていないのです。

49 :XYZ(正教徒):04/08/06 20:56 ID:6rQNM9j9
 >>47
 それをおっしゃるのなら、正教会でも、国が自ら起こした軍事行動を是とした例は殆ど
ないのですけれどね^^;。

> カルトも他の宗教も、現実の人間を超越した存在の実在を信じ、かかる存在に最高
>の価値を認める点で、すべて同じです。だから人間間に紛争が生じるのです。神が
>人間を造ったと言うなら、神の造化、顕現、神そのものである現実の人間に何故最
>高の価値を認めることができないのですか。

 いつも西洋キリスト教史のフィルターで見られて困ってしまいます(苦笑)。
 私がいつ人間に価値を認めないと言いましたか?前スレで問われました。

 (質問文)(前スレ818)
>自分の宗教と人間の生命との二者択一を迫られた時、
>後者を優先することを教義上明確にしている宗教が一つでもありますか?

 (私の答え)
>どういう事態を想定なさっているのか判りませんが、ウチは後者優先ですよ。
> 安息日に人を癒して律法学者に責められたハリストスは、「安息日は人のために
>つくられたのだ、人が安息日のためにつくられたのではない」とおっしゃっています。
> 人間の命を犠牲にしてまで自分の宗教を守る事態は「輸血拒否」で有名になった
>教団をお考えなのかもしれませんが、ウチは違います。

 そもそも最高の価値とは何かを伺わないと、正確なお答えのしようがないのですが。
 「それまでのキリスト教は神中心であった、それに対して人間中心の文芸復興であるルネッサンス
が起こった…」とはよく語られるもの言いですが、これは極めて西洋的なフィルターです。正教世界
ではこのような捉え方そのものが殆どありません。(続きます)

50 :XYZ(正教徒):04/08/06 21:00 ID:6rQNM9j9
>>47
>                 あなたの立場でいくら「布教」されて
>も説得力はありません。

 「布教」などしているつもりはありません。2chで書き込んで信者が増えるなどと
考えるほど私は甘くないです^^;。勿論来てくださればそれに越したことはないですけどね。
 私が「正教徒」と名乗っているのは、議論するうえで自分の立場を一々述べるのが面倒
なのと、日本にも正教徒がいることを認知して欲しいという願い(これが布教と言われれば
それまでですけどね)からです。

>観念に過ぎないキリスト教のフイルターを外して、神から
>造られたままの生物としての人間を対象として考えてみて下さい。そもそも、大昔
>のどこかの人間が書いたものに過ぎない聖書を信じるなど、おかしなことだとは思
>わないのですか。

 正教徒である私にはそうしたことはできません。聖書・聖伝についての根本理解が違っている以上、
致し方ないことです。

>なお、浄土真宗など一神教的要素をもつ宗派を除いて、神や霊を認めない仏教は例
>外です。だからこのような仏教には、紛争が殆ど生じないのではないですか。

 わが国最大級派閥の浄土真宗を仏教から例外として除外してしまうのは
仏教を平和的だと解釈したい方のあまりに恣意的な解釈だと思われますが。
 浄土真宗、日蓮宗も含めて、仏教が必ずしも平和的ではないことの証左で
あると私は思います。だからといって仏教に価値無し、とはしませんけど。

51 :名無しさん@3周年:04/08/06 21:04 ID:U69CxgNW
キリスト教は、イエスが存在した時代背景をよく考慮に入れながら、

 @わたしはイスラエルの失われた羊以外の者には、つかわされていない
 A今の悪の世から救いだそうとして
 B律法を持たない異邦人が、自然のままで、律法の命じる事を行うなら、
  たとい律法を持たなくても、彼らにとっては自分自身が律法なのであ
  る

を考慮すべき

現代なら処刑されなくてもよいイエスが、いけにえになって処刑された。
「健康な人には、医者はいらない。いるのは病人である。わたしがきたのは、
 義人を招くためではなく、罪人を招いて悔い改めさせるためである。」

それで、布教のために全ての人々を罪に定めるのか?「人を罪に定めるな」と
イエスは言っている。むやみに人を罪に定めるなだ。

「あなたがたは、むさぼるが得られない。そこで争いをする。熱望するが手に入れる
 ことができない。そこで争い戦う」ヤコブの手紙 4 そのような時代だったから
 こそ、教えが必要だったのでは。




52 :名無しさん@3周年:04/08/06 21:17 ID:pLrTkHqU
またまた大昔のどこかの精神異常のおっさんが書いた「聖書」が出てきましたね。
時代も全く違う現代において、聖書など根拠ゼロですよ。もっと根拠のある話を
して下さい。

53 :XYZ(正教徒):04/08/06 21:19 ID:6rQNM9j9
 >>52
 大昔で時代が違うから価値がないとか言う予断・精神性が
 現代社会の諸々の悲劇を生んでいると感じます。

54 :名無しさん@3周年:04/08/06 21:26 ID:JMUYv7me
>>53
キリスト教だけってことなく、宗教をやらずに争いを好まず、人に危害を加えず
に生きる人々を認め、他の平和に導く宗教も認めるべきだよねえ。
それで、平和を好むなら、その人には宗教はいらないと言ってくださいな。

55 :XYZ(正教徒):04/08/06 21:30 ID:6rQNM9j9
>>54
 「真である」とは言いませんが、仏教含め、他の宗教を無条件に邪教ないし認められない
教えだとは考えていませんよ。少なくとも私や多くの正教徒は。

 まぁ、「他の宗教は邪教だ」っていう宗教団体の方がウチより元気なので、そう思われる
のも無理ないですけれど。

56 :名無しさん@3周年:04/08/06 21:33 ID:pLrTkHqU
>>53
違うよ。宗教紛争という人類にとって最大の悲劇は、大昔の、根拠の皆無な
ものを信じているから生じているのです。あなたはコーランは荒唐無稽とは
思わないのですか。人間にいささかでも価値を認めるなら、架空の神を信じて
殺し合う宗教戦争の原因と予防について多少でも関心を持つべきですよ。

57 :名無しさん@3周年:04/08/06 21:35 ID:JMUYv7me
特に福音派のおたあと或る福はひどいねぇ。
あれじゃあ、宗教で争いをつくってるみたい(W >>55

58 :XYZ(正教徒):04/08/06 21:45 ID:6rQNM9j9
 >>56
 随分宗教の力を過大評価なさっておいでですね。^^;

>あなたはコーランは荒唐無稽とは
>思わないのですか。

 思いますがその理由は多分貴方と違うと思います。

>架空の神を信じて
>殺し合う宗教戦争の原因と予防について多少でも関心を持つべきですよ。

 イスラム対キリスト教という最近のケースをお考ええなのかも知れませんが、確かに
そういう「文明の衝突」は起こっている面は存在しますが、実はムスリム同士で殺し
合っているケースも多いことはご存知でしょう。
 宗教が戦争の主原因となりえるほど力を持っていたら、ムスリム過激派が現状に不満を
抱くわけはないのです。宗教の現代における非力さゆえに彼らは「追い詰められた」と感じ、
民族精神や反米感情と結びついて複雑な内実を持つ過激派が形成されていると考えます。

>多少でも関心を持つべきですよ。
 関心は大いにありますよ。私は政治学系のゼミでかなり議論しました。どちらかと言えば
右派でしたけどね。

59 :名無しさん@3周年:04/08/06 21:58 ID:pLrTkHqU
>>58
ムスリム同士の殺し合いも宗教が原因です。宗教は内部抗争も特に多い。
何故だかお分かりですか?
「宗教の現代における非力さゆえに彼等は『追い詰められた』と感じる」
のも、自分の宗教を信じているからこそです。


60 :名無しさん@3周年:04/08/06 22:00 ID:OAo2HcKv
>>47
ただ単に、個人の権利を脅かす、集団を作るものが嫌いなだけじゃないか?
国家や社会についてはどう考えているのか?

61 :XYZ(正教徒):04/08/06 22:05 ID:6rQNM9j9
 >>59
 成る程、信仰がそもそもなければそういった連鎖も起こりえないとお考え
のようですね。

 さて、従って宗教紛争に対する処方箋が「宗教を信じるな!」ですか?
 それを言うなら私にではなく、ムスリム過激派、そして現合衆国大統領である
ブッシュ氏に言って下さい。その方が世界平和に手っ取り早いかもしれません。

62 :XYZ(正教徒):04/08/06 22:10 ID:6rQNM9j9
>>59
 それから「何も宗教を信じるな!」といった場合、わが国国内ではともかく、
海外では「アフガン侵攻を行った無宗教(の大悪魔)国歌:ソ連」の同類と
同じもの言いだと判断される惧れがあるということは申し上げます。…別に私は
そう思いませんが。

63 :XYZ(正教徒):04/08/06 22:13 ID:6rQNM9j9
 >>60
 そう、あらゆる集団が圧力団体に成り得ますよね。
 勿論、ウチは無謬だと主張する気は毛頭ない。

64 :名無しさん@3周年:04/08/06 22:25 ID:pLrTkHqU
>>62
だから宗教者自身が目覚めて宗教から決別しない限り、人類は滅亡するのです。
そもそも、人間が「架空の神」を信じることは、「神」から遠ざかることです。

>>60
すぐに群れをなし、集団を作り、熱心に布教するのが、宗教の本質。恐らく
例外はない。
しかし、宗教の本当の問題点は、人間でありながら「架空の存在」を信じ込み、
その結果人間自体の軽視・否定にいたることである。集団の問題とするのは、
的外れかすり替え。
国家や社会は人間が現実に生存するために形成される。超越的な目的のたため
などではない。


65 :XYZ(正教徒):04/08/06 22:31 ID:6rQNM9j9
 >>64
>だから宗教者自身が目覚めて宗教から決別しない限り、人類は滅亡するのです。

 正教の祈りが地上からなくなれば世界は腐敗します(あえて狂信者的な物言い)。

>そもそも、人間が「架空の神」を信じることは、「神」から遠ざかることです。

 ^^;貴方にとっては架空でも、私にとっては架空ではない。議論がすれ違って
しまっています。致し方ない。

 そのように「致し方ない」と考えるのが世界平和の一つの小さな処方箋では?

66 :名無しさん@3周年:04/08/06 22:33 ID:OAo2HcKv
>>64
何故、宗教を否定することができないのか、
どうしたら、宗教をなくすことができるのか、
それを、本当に知りたいと思うなら、
民主主義と倫理について、キチンと学ぶ必要がある。

オウムや宗教紛争から、宗教を否定するような
短絡的な発想をする人はいないよ。
公式な場所で、そのような発言を聞いたこと無いでしょ。
或いは、歴史書や哲学書で、見たこと無いでしょ。
何故だか考えるのが先じゃないかい。
それとも自分だけが発見した真実なのかい?

67 :名無しさん@3周年:04/08/06 22:38 ID:OAo2HcKv
>>64
>>国家や社会は人間が現実に生存するために形成される。超越的な目的のたため
>>などではない。
宗教だって、超越的な目的のためじゃない。

たぶん高校生ぐらいなんだろうけど・・・
日本国憲法の前文は、学校で習ってるでしょう。
あれをもう一度読んでごらん。

68 :XYZ(正教徒):04/08/06 23:11 ID:6rQNM9j9
これにていったん落ちますです。おつきあい有難うございました。
 おやすみなさい。

69 :34:04/08/06 23:36 ID:oaReMOYM
41の正教徒さん。違うって。良く読んでくださいな。すべての宗教を批判
しているんじゃなく、敬虔な信者と狂信者を分けるものはなんなのかを
聞きたかっただけなんだ。十把一絡げにしてるんじゃなくて批判すべき宗教
とそうでない宗教を無宗教者はどう分けているのかってことだよ。

70 :名無しさん@3周年:04/08/06 23:59 ID:GNI/oWve
>>48
>…言えないんですね。これが。「客観的には言えない」とは言えるでしょう。

あの、これって文章これで正しいの?

>「客観的には言える」とは言えるでしょう。

とすべきではないかな?文意からしてそう思ったんだが。
もう寝ちゃったかな〜。

71 :名無しさん@3周年:04/08/07 00:01 ID:hUpBl0iE
批判すべき宗教=ただその組織の意向のみに仕えさせる宗教。
        そして、排他的。ある特定の存在ないし、掛け軸に書いてある文字、肖像(偶像)
        をあがめ、人はそれによって救われるという非現実的な教えを主体にする。
        あがめる存在は、まちまちなので、違うものをあがめる宗教とは、必ず対立する。
        その組織が布教のため活動すればするほど、争いの要因をつくりかねない。
        

批判しなくてよい宗教=一般道徳的なことを確実にする宗教。その組織に属さなくても、平和に
           生きる人を認めてあげる宗教。
        
        



72 :名無しさん@3周年:04/08/07 00:39 ID:JjHu8fls
71さんの批判すべき宗教は創価を念頭においたものかな。
たしかにその通りだが。

73 :名無しさん@3周年:04/08/07 00:43 ID:aCzAl0Pr
そうかは、宗教でなく、カルトです。

74 :名無しさん@3周年:04/08/07 00:50 ID:JjHu8fls
カルトも宗教の一つじゃないの?

75 :名無しさん@3周年:04/08/07 01:31 ID:CTtDNlue
>>71 の言ってることは、層化に限らないだろう。
 特定の存在をあがめること。
 何かを唱えること。
 偶像を拝むこと。
などを主体にした信仰は、違うものをあがめる信仰
とは対立することは確か。
その組織が布教すればするほど争いの要因をつくる
ことは確か。

 正論だな。それらの者は、静かに信仰するしか、
 争いの要因をつくらない方法はない。

76 :名無しさん@3周年:04/08/07 01:53 ID:DW8lhTZH
こいつはハナから他人の意見を聞き入れる気なんて無いだろ>XYZ
こいつを見てると、自分の意見が通らねえと
突然キレて泣き出すあの手のバカを思い出す。
めんどくせーから正教以外はクソ宗教てことでFA?


77 :XYZ(正教徒):04/08/07 02:14 ID:LfylEO7n
 >>69
 大変な誤読をしていました。お詫びします。
 そういうことでしたら興味深いご質問だと思います。

 いや、本当に申し訳ない。

78 :XYZ(正教徒):04/08/07 02:55 ID:LfylEO7n
>>70
 おっしゃるとおりです。訂正します。

 居眠りしてた。ほんとに寝ます^^;おやすみなさい。

79 :名無しさん@3周年:04/08/07 08:40 ID:M9NixKk5
>>67
憲法など持ち出さないで、憲法や法律を超える議論をしろよ。小学生以下だな。
国家は憲法のはるか以前から存在する。

80 :名無しさん@3周年:04/08/07 08:47 ID:M9NixKk5
>>XYZさんへ

ギリシャ正教が他の宗教より優れているということは、結局、それが現実の
人間性により近いということではないですか。

81 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/07 09:02 ID:yfmeda3T
〜イエスはさまざまの病苦と悪霊とに悩む人々をいやし、また多くの盲人を見えるように
 しておられたが―盲人は見え、足なえは歩き、らい病人はきよまり、耳しいは聞こえ、
 死人は生きかえり、貧しい人々は福音を聞かされている。わたしにつまずかない者は、さ
 いわいである―多くの財産のある者に、貧しい人々に分けてあげなさいと言われた―
〜すべての人が父を敬うと同様に、子を敬うためである。子を敬わない者は、子をつかわさ
 れた父をも敬わない〜 
 
天国では、人間が思うような偶像で現される神は存在せず、地上の文字で書かれた唱えもの
をすることもない。人間の肉欲で現される神は一切存在しない。イエスでさえ肉体はなく、
人の姿で現れたから子であると言っている。人間の肉欲は、神ではなく、肉欲が求めつくり
なしたその他のものを崇拝させ人を迷わせる。永遠の命にないものを崇拝させることによっ
て、真理を求める者に対し正しく教えることはない。 
 
 

82 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/07 09:03 ID:yfmeda3T
天の父を、地上で人に見えるようにしたイエス。〜盲人は見え、足なえは歩き・・・・・・
富んだ者も貧しい者もいない世界。天の父は、そこに行った存在をを天で幸も不幸もなく、
貧しくもなく、誰かを富むことはされない。全ての存在を平等に幸福にされる。

偶像や仏像ではなく、人物でもなく、文字で書かれたものでもなく、宮でもなく、寺でも
ない。地上で子として現れ、神の栄光を現したイエスをあがなうこと。永遠の命を信じる
者は、天国では不幸のない世界だと誰でも知っているから、あがないの対象はイエスだと、
誰でもわかるはずなのである。なぜなら、宗教とは地上ではなく、天を敬することだから。

天にあるものを地上で受け入れることが宗教。別のものを拝むことは、永遠の命に敵対す
る。肉欲があるから、真実をまこととして受け入れられない。―口さきで敬い、人間のい
ましめを教えと教え、無意味に「主よ、主よ」と言っている―から争いと敵対が起こる。

 >>71


83 :名無しさん@3周年:04/08/07 10:09 ID:M9NixKk5
>>素朴な言葉さんへ

人間は死ねば無となる。永遠の生命などどこにある?

死も肉欲も、造物主が人間に与えたもの。これらを被造物に過ぎないキリスト個人
が勝手に否定することは、造物主に対する冒涜である。

84 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/07 11:41 ID:BhY57zs/
>>83
造物主という限り、永遠の命を信じるか、あっても不思議ではないと考えている人。
〜神は天にあるもの地にあるものを、ことごとく、キリストにあって一つに帰せしめよう
とされたのである〜たとい、わたしの言うことを聞いてそれを守らない人があっても、そ
の人をさばかない―わたしの言葉を受け入れない人には、その人をさばくものがある〜

宗教とは、天にあるものを学び、受け入れさせるもの。そして誰が正しく伝えたかが問題。
肉欲を認めさせようとする教えなら、教えにならない。しかし、人が肉欲に従うなら完全
に行けないというものでもない。天を現す真実の言葉をまこととして受け入れること。

偶像礼拝や呪文、その他の人のつくりなした物への礼拝や信仰は、地上のものであり、貪
欲他ならない。これらのことのために、神の怒りが下る。天を現した言葉以外を人が信仰
し、まこととすることで、人は迷いの霊に憑かれ、神の怒りが下る。


85 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/07 11:42 ID:BhY57zs/
神は、かたより見ることがない〜なぜなら、律法を聞く者が、神の前に義なるものではなく、
律法を行う者が、義とされるからである。すなわち、律法を持たない異邦人が、自然のまま
で、律法の命じる事を行うなら、たとい律法を持たなくても、彼らにとっては自分自身が律
法なのである〜

偶像礼拝や、地上の文字で書かれたものをまこととして拝んだり、呪文を唱えたり、読経が
信仰の行いとしたり、それら天にもないものを宗教として行うよりも、自然のままで律法の
命じる事を行うなら、まだ救われる。偶像礼拝や呪文を唱えることにより「わたしをお救い
下さい」とする者は、貪欲他ならない。善い思いと行いによって、人々は救われる。御言を
まこととして受け入れることができない者は、その実がない。だから、裁かれ滅びる。

人が永遠の命に至るのは、その人の信仰が自ら救うのであって、まこととするから、まこと
の国に入る。まこととしない者は、まことの国に入れず、その人の自由意志で滅びを選ぶ。

人は滅びの選択も自由なのです。造物主は、肉の思いも造られたから、滅びを選択するのも、
自由でしょう。

86 :名無しさん@3周年:04/08/07 12:41 ID:aCzAl0Pr
>>79
自分の立ってる足下を理解しなければ、相手の立ってるところを批判することはできないよ。
日本国憲法を持ち出したのは、国家の理念が最も良く現れているから。
国家は、何を理想とし、誰のためのものなのか。
その思想的背景である、民主主義についても、長所と欠点を理解することが必要。

何故、こんなものを持ち出すのか・・・?
それは、我々が現在立っている足下も、人間の理想や、思想と無関係ではない
ことを言うためです。
人間が、理想を追い求める限り、思想の対立や宗教の対立は無くならない。
むしろ対立することが、自然なのです。

@ 対立することで、新しい、より良いものが生まれる場合。(唯物史観的)
A 対立することで、相手と差別化することによって、自分自身が
   初めて存在し得る場合。(多元論的)
B 対立することで、最終的に一つの究極の理想になって行く場合(一元論的)

どのように考えるかは、人それぞれです。

87 :名無しさん@3周年:04/08/07 12:59 ID:aCzAl0Pr
>>79
>>憲法や法律を超える議論をしろよ。
あなたは、道徳や倫理を、全く理解していない。

88 :名無しさん@3周年:04/08/07 14:35 ID:M9NixKk5
>>素朴な言葉さんへ
それらは造物主が語り、行なうべきことであって、被造物に過ぎないキリスト個人
ではない。キリストは神を騙る詐欺師か。
造物主は人間にとって不可知であるが、その意図は、その顕現である現実の人間と
自然を「ありのまま」観察することによってのみ知りうる。
偶像崇拝が何故悪い?形あるものに接することにより初めて心の安定が得られるの
も、神が与えた人間性ではないか?

>>87
道徳や倫理、それらに基づくべき憲法や法律の依って立つ根拠こそ、思考の対象
である。思考の順序が間違っている。

89 :名無しさん@3周年:04/08/07 15:06 ID:aCzAl0Pr
>>88
67は64に対するレスだよ。
読んでから参加してくれ。

意図を持った造物主の定義は?

>>偶像崇拝が何故悪い?
どう考えても勉強不足だよ。
偶像崇拝は、崇拝していない人を排他するからいけない。
従って、独自性・排他性を認める立場の人には、悪いことにはならない。

90 :名無しさん@3周年:04/08/07 15:18 ID:M9NixKk5
>>89
「造物主」とは、万物の不可知の発生原因。神でも、ビッグバンでも、真空の揺ら
ぎでも、単なる偶然でも、何でもよい。要するに、被造物である人間にとって、
思考不可能で、思考すべからざるもの。

キリストや「神」を信じるのも、偶像崇拝ではないか。

91 :名無しさん@3周年:04/08/07 15:35 ID:aCzAl0Pr
>>90
神・仏は、存在論をとらなければ偶像にはならない。
(偶像にならないような仕掛けがされている)

しかし、一般に人が神・仏を考える時、存在論をとってしまう事が多い。
本当は、神・仏は存在論で考えてはいけないもの。

92 :名無しさん@3周年:04/08/07 15:42 ID:raYQXPy/
 形ある人間の手によるものを「神」としてはならない。
それが偶像崇拝禁止の端的な意味でしょうね。きっと。
ですから、神を哲学的思弁に置き換えて見ても魚や動物や虫を
自分の神としてみても、まして人間である他者を神と同等のもの
としてみることも、みんな間違いであって偶像崇拝。
 神を神としてそのまま受け入れることは偶像崇拝ではありません。

93 :名無しさん@3周年:04/08/07 16:10 ID:M9NixKk5
>>91
>>92
では神とは一体何?形がなければ単なる観念。いずれにせよ、人間の想像の
産物であることには間違いない。

94 :名無しさん@3周年:04/08/07 16:27 ID:aCzAl0Pr
>>93
「宗教幻影論」で調べると、いくつかヒントが出てくるよ。
ただ、考え方は色々あるし。
92さんの言うように、哲学的思弁で置き換えるのもいけないことだから・・・。

95 :名無しさん@3周年:04/08/07 17:37 ID:6qVJ8Wyf
      r、              
___/ ̄// 「」「」i                      / ̄ //
|_  __ ̄ ̄|| l二二il  ,「 ̄.| |  / ̄ ̄__L [][]i.  /  //
  7  // ̄|  ||  ̄ ̄  ,i'  |i' /  // ̄」  ̄|i'  /  //
  /  //   |  ||     ,i'  |i'./_,二二..,   |i' /  //  | ̄ ||
 /  //   |  || ____,i'  |i'  ̄  __,i'   |i' /  //__|  ||
/_//  [__|| 「______|i'    |___|i'/________|i

                         /\___/ヽ
    〃ニ;;::`lヽ,,_           ≡  /''''''   '''''':::::::\ 
    〈 (lll!! テ-;;;;゙fn    __,,--、_  ..  . |(●),   、(●)、.:| + ≡
   /ヽ-〃;;;;;;;llllll7,,__/"  \三=ー |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|     ≡  
   >、/:::/<;;;lllメ   \ヾ、  ヽTf=ヽ`   `-=ニ=- ' .:::::::| +
  j,, ヾて)r=- | ヾ:   :ヽ;;:     | l |  l \  `ニニ´  .:::::/     +  ≡
 ,イ ヽ二)l(_,>" l|    ::\;::    | |  |  ヽ,,-‐、i'  / V
 i、ヽ--イll"/ ,, ,//,,    :;;   l //  l く> /::l"'i::lll1-=:::: ̄\
 ヾ==:"::^::;;:::/;;;;;;;;;:::::::::::::: :::::ゞ ノ/   L/〈:::t_イ::/ll|─-== ヾ
  \__::::::::/::::::::::::_;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ   ヘ   >(゙ )l:::l-┴ヾ、ヽ  )
      ̄~~ ̄ ̄/ :::|T==--:::::  //  / ト=-|:|-─ ( l   /
         / ::  ::l l::::::::::::::::::/ /:::::::::::/:::::(ヽ--─  / |  /
         ヽ_=--"⌒ ゙゙̄ヾ:/ /:::::::/:::::::::`<==-- ノ / /
         /   /   \/::::::::::::::::::::::::::::: ̄'''"":://
        /   /     :::: ヾ::::::::::::::::::::::::::::べ__;;;--"


96 :名無しさん@3周年:04/08/07 18:16 ID:FY/XJir6
>>92
人間に確認可能なすべての現実の人間と自然が「神」の作品だとすれば、その中に
「神」を見ることが何故いけない?神の作品を粗末にすることこそ、神に対する
最大の冒涜ではないか。
不可知の神を求めずとも、現実の人間と自然は神秘と驚異に満ちている。すべての
宗教の教典を集めても、木の葉一枚に宿る神秘さえ解明できない。

97 :名無しさん@3周年:04/08/07 18:24 ID:IC77F7w/
人間が神を作ったんじゃないの?これで大体説明できると思うが。

98 :名無しさん@3周年:04/08/07 19:11 ID:FY/XJir6
>>97
それでスッキリ。ここは人間界だから、現実の人間と自然からスタートしないと、
話がややこしくなってかなわん。どう考えても「神様」は余計で、はみ出してしまう。
その人間を誰が造ったかは、造られたノーミソで何千年考えても判るわけない。

99 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/07 21:11 ID:GyNIeCWA
「私が救われますように」と願い求め、人格として存在するような神に人間が仕立てあげ
偶像化することを戒めている。〜盲人は見え、足なえは歩き、らい病人はきよまり、耳し
いは聞こえ、死人は生きかえり、多くの財産のある者を、貧しい人々に分けてあげなさい
と言われたイエス〜天では、苦しんでいる者も病んでいる者もなく、富んでいる者も、貧
しい者も存在しない。そのように天で、全ての存在を平等に幸福にされる方を神であると
している。そして、永遠の命の国の共通意識を教える。苦しむ者もおらず、全ての人々が
平等に幸せになることを喜ぶ心を地上に教える。

神を偶像化して、人間のような神に仕立て上げ、その神を自分のために礼拝し「私が救われ
ますように」祈ることが清いか、それは犬でも餌をくれる主人に尾をふってねだるようなも
のだか、永遠の命を信じる全ての人々がおおよそ見当がつくような神をまこととし崇め、人
々が地上でもできればそのようにすべきと思った方が清いか。



100 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/07 21:13 ID:GyNIeCWA
天では、自分自身の肉欲が存在しないこと、自分を愛することがなく清く、他を愛するこ
と、慈悲深いことが清い。そして、それを全ての人々が地上でまこととすることにより平
安となる。天では、私を愛するというものが存在せず、地上でも神を偶像化して「私が救
われますように」祈るのは聞き届けられない。

霊の世界は、どのようなこともでき、地上より遥かに勝った世界。地上より劣った国と考
える人々は、滅亡を既に心得ている。―あわれみの心、慈愛、謙そん、柔和、寛容、愛―
は肉ではなく、霊のうちにあり、それらを身に着けた者は、神に愛される。〜神は、わた
したちの内に住まわせた霊を、ねたむほどに愛しておられる〜

偶像礼拝によって「私が救われますように」祈り神に嫌われ、天で父がなされる全ての存
在を幸福にすることを敬し、愛する者は神に愛される。


101 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/07 22:10 ID:Ty76ML5l
〜律法を持たない異邦人が、自然のままで、律法の命じる事を行うなら、たとい律法を持た
なくても、彼らにとっては自分自身が律法なのである。〜ローマ 2 14

私は、宗教はいらないという人に、宗教を行えと言ってるわけではなく、自然な愛があれ
ば、それでひとつの律法として成り立つと思う。

〜だから、地上の肢体、すなわち、不品行、汚れ、情欲、悪欲、また貪欲を殺してしまいな
さい。貪欲は偶像礼拝にほかならない。これらのことのために、神の怒りが下るのである〜

信仰対象を、朽ちる人間や文字で書かれた唱えものに仕立て上げ、呪文を唱えること、寺や
宮に参拝すること、読経を信仰的行いとすることなどは貪欲的行いであり、愛すること、働
くこと、自分の命の存続や豊かさを願い求めないことなど、自然の人間のあるべき姿まで枉
げ、偽りの信仰により、迷いの霊に憑かせることが問題なのです。そして、それらの人々は、
神の怒りが下るのです。天にも地にもないものを、まこととして信仰しないように気をつけ
ることを言いたいのです。



102 :名無しさん@3周年:04/08/07 22:13 ID:xQbxV7Ki
宗教が説き続けるもの、博愛、慈悲、至誠、正直、寛容、喜捨、利他、自律、無我、無欲、
すべて聞こえの良い言葉だが、結局のところはすべて「偽善」にすぎない。

103 :名無しさん@3周年:04/08/07 22:38 ID:4S68dYN2
>>102
自分で「私は立派な人間です」というのと同じ。一般にそんな人間は信用
できない。実態は逆の場合が多い。
本当に「愛」や「平和」のある人は、その言葉を決して口にしない。人知れず
与え、実行するものである。
特にキリスト教は「愛」「平和」などという言葉を使うべきではない。口にした
途端に観念化し、内容が無くなる。だから殺し合いが生じる。

104 :名無しさん@3周年:04/08/07 23:33 ID:abcfXKWE

宗教を全く不要とするほど、人類は倫理的に進化してはいない。
但し、宗教が人類を十分倫理的にするかと言うと残念ながらそうではない。



105 :名無しさん@3周年:04/08/07 23:46 ID:4S68dYN2
>>104
宗教のどこが倫理的?史上及び現在の宗教被害の事実から見れば、反社会性・反倫理
性が宗教の特徴だと思うが。宗教は社会常識には反することが多い。
宗教と倫理・道徳とは本質的に異なる。前者は超越的なものを信じること。後者は
現実の人間社会維持のための、合意された人間の叡智である。両者が重なり合う
ことがあっても、それは偶然に過ぎず、本質的な同一性ではない。

106 :名無しさん@3周年:04/08/07 23:52 ID:4S68dYN2
>>105
宗教がいう倫理性とは、特定宗教・宗派内だけに通用するものであり、
すべての人間や社会にとって普遍的なものなどではない。実例は自明
だと思う。

107 :名無しさん@3周年:04/08/07 23:52 ID:aCzAl0Pr
>>105
>>後者は 現実の人間社会維持のための、合意された人間の叡智である。
日本では、あまり感じないけど、
世界的に見ると、宗教無くして倫理は考えられないよ。
たぶん経験主義的な倫理観から言ってるのだろうけど、
民主主義や功利主義的な倫理観だと、また違ってくる。
倫理にも色々あります。

108 :名無しさん@3周年:04/08/08 00:06 ID:6vNuXjl9
>>107
宗教国では宗教以外の価値観を持つことが不可能だからでしょう。しかし、
同じ宗教内部や他の宗教・宗派との争いを見てると、倫理的などとはとても
言えない。宗教団体は特に激しい内部抗争が多い。宗教国では、果たして、
不道徳な行為や犯罪行為が目立って少ないのでしょうか。

109 :70:04/08/08 00:19 ID:DNXeTZ1b
>>XYZさん やはりそうでしたよね。「客観的には言える」とは言える。ですよね。
十分です^−^それで俺の取り合えずの目的は達成されたと言っても過言じゃない。
あ、ちなみに前スレの707です。いや、色々面白い話もできたと俺は思ってるよ。
 客観的には言える
この言葉が貴方の口から聞けただけで、もう取り合えず俺は満足だよ。
付き合ってくれてありがとー^ー^。
本当はね、もっと言いたいこともあるんだけど、例えば貴方の議論の仕方として、
まず「正教会では」といい始めるでしょ?でも、俺は初めから正教会の言うこと
事態を否定しようとしているのに、正教会ではどうだから私は何々なのです、
て言われると「あれ?そんなこと聞いてないのだが・・・」と思ってしまうんだ。
でもそれは貴方に取って真実であるのだから、貴方が話すときにまず正教会
がどう言う見解かを示すのは妥当だよね。例え、客観的には真実ではない可能性が
あることを貴方が認めてくれたとしても、貴方には真実なのだからね。それは
もう貴方の言葉であると考えるべきだと思うようにしましたです。


110 :70:04/08/08 00:20 ID:DNXeTZ1b
後はもう貴方の幸せを願うばかりです。人にはそれぞれ真実があるからね、
それぞれがそれぞれの未熟な認識力を最大限に使って認識する世界があってさ、
客観的には誰の認識だって百パーセント真と言い切れるものなんてないさ。
それぞれに真実があるだけ。そして俺は貴方の真実をやはり理解することは
できなかったけど、貴方の真実が嫌いじゃないからね。つまり正教会の教え
が嫌いではないからね。それを真実だと思って、それに基づいて行動している
貴方自身にも、全く世界観の違ういい人、という認識を俺は持つんです。
だからもう貴方には何もいう事がなくなった。
貴方の宗教は聞く限り悪いことをしているとは思わないし、別に批判すべき
点がこれ以上は見つからないので、俺は応援しますよ。

ま、俺の最初の目的は貴方に完全に、真ではない、と言わせたかったのだが、
話しているうちに、何で俺の真ではないという認識が絶対だと言えるだろう、
と考え始め、最終的には、貴方にも同じように客観的に真ではないと言わせられれば
いいんだよな〜。という思いになった。かなりハードルを下げたけど、ま、いいか。。。
ちょっとだけ貴方(のような人間)のことを理解できた気がします。
ま、取り合えずそんなとこです。。。また何か思いついたら粘着はじめま〜す。
その時はよろしくー。


111 :名無しさん@3周年:04/08/08 00:39 ID:MVun/wqq
>>110
私も、そのことが解るまで、かなり時間がかかりました。
自分の宗教が絶対に正しいと主張する人でも、
実際は幻影かもしれない可能性があることを理解していること。
真摯に信仰しているがゆえに、様々な神秘的な奇跡を、
まさに信じていること。

ただ、無宗教者との隔たりがあまりにも大きいので、理解されにくいですよね。

112 :名無しさん@3周年:04/08/08 01:06 ID:6vNuXjl9
>>107
宗教は、現実上の根拠を欠く観念の世界であるため、宗教内または他宗教・宗派間
において相異が生じると、相手の価値観の受容や物質的利害関係の調整による妥協が
不可能なので、紛争が生じ、かつ尖鋭化する可能性が大きい。

113 :名無しさん@3周年:04/08/08 01:17 ID:x3p7XO7K
宗教をあなたの信仰の制限にするのではなく
あなたの信仰生活自身を大切に

114 :名無しさん@3周年:04/08/08 07:24 ID:75NHr26Y
>>113
                                    ィ¬i、       
   .yv,,,vr→・''"゚゙~゙゙゙゙'r,   .,,,,,,_._,,,,,,,,vvr一〜、_        ,r"  .゙l・'ヘ-,,   
   .゙ll  .,,,,,,,,,vwi、  .,,ト   ヽ `^    : __、  .゚y     .,r'° ,,''ヶ  .,,,ト   
   .ll  『`   ,l゙  .,i´    .゙i、 .t''''"~ ゙̄]  ..,i´    ,r″ 、'゙''〃 .,i″   
    ll .,″  丿 .,l゙     .l  .ヒ    .レ  .,″   .fレv-'゙~''ュ   .l°    
    `'''"   ..,i´ .,l゙      ll  l,,,,xrr+″ ,i´        ,,r" .,,__,l゙     
        ,,,i´ ,,i´       リ    : __,ll      ,,r'′ _,┘`      
      .,r" _,/           ゚'―'゙“ ̄ ̄ ̄      ,,r'″_,,r・°       
      ゙¨゙~゛                       ゙゚゙゙゙゙~゛       


115 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/08 07:51 ID:j6iWkE0N
偶像礼拝、呪文、読経が信仰だとして、天にも地にもないものを信じ、迷いの霊に憑かれ、
神の怒りが下る者に対して、どうすればよいか教えるために私は愛だと言っているだけで
す。そして教えとして愛がある。>>103はその教えを正しいと認めている。
普段は、愛を口に出して言うことはない。愛だ、愛だと言って唱えることはない。それは
偽善者のすることでしょう。ただ、宗教として人に教える時、「自分を愛するようにあな
たの隣り人を愛せよ」という教えがある。それとも、他の宗教のように「南無妙法蓮華経」
を唱えよ、唯一そのことが正しいとか、「南無阿弥陀仏」を唱えよ、阿弥陀仏こそ救われ
るを世界に向けて教え導くのか。それらのほうが世界の人々を混乱に導く要因となるだろ
う。イエスは、「主よ、主よ」と言わず行えと言っている。〜敵を愛し、憎む者に親切に
せよ〜を行えと。できないことは確かだが、受け入れることで、争わないようにさせる。

とにかく、人格的な神らしきものの捏造、そしてそれを拝むこと、人間が文字で書いたも
のを拝み唱えること、不自然な読経や寺、宮参りはその人だけの信仰であり、世界に広く
伝わると混乱を招く。そして、それはあまり意味を持たない。


116 :名無しさん@3周年:04/08/08 10:33 ID:MVun/wqq
>>115
お経を唱えるのは、賛美歌を歌うようなものだから(笑

117 :名無しさん@3周年:04/08/08 11:10 ID:BTsLm82U
>>109
>>110
別に応援することもあるまい。ギリシャ正教でも宗教に共通する病理は
存在するし、そうやって正当化してやることが、将来的にも本当に当人の
ことを考えているといえるだろうか。Client-centeredの療法は、果たして
真にclientのためを思ってのことで、効果はあるのか。摩擦の回避と責任
逃れの面はないか。

118 :名無しさん@3周年:04/08/08 11:38 ID:70vmKiHx
科学者ほど神を信じている。空や海は青く、木々は緑、雪は白、
桜は美しいピンク、雨上がりに美しい虹が出るのは悲しいことのあとに
喜びがあるから。偶然にしては良く出来すぎている。
毎日奇跡を見ているのになぜ、神の存在に気づかないのだろうか?

119 :名無しさん@3周年:04/08/08 11:46 ID:BTsLm82U
>>118
科学者や無神論者は、常に現実の人間や自然のなかに神を見ている。宗教の
ような架空の神ではない。

120 :名無しさん@3周年:04/08/08 11:50 ID:MVun/wqq
>>117
宗教は催眠療法じゃないよ(笑
病気は治せません。(治ることもあるかも知れんが)

レヴィナスの絶対的他者の哲学は、キリスト教の神に対する考え方と
紙一重だよ。非常によく似ている。
恐らく神という観念を使わないで、何とか他者と倫理について説明しようとした
のだと思う。

たぶん宗教=「病理」説が先でレヴィナスが後だろうから、
あなたにとって、レヴィナスは、あまり重要ではないかもしれないけど。
私には面白いので、少し読んでみようと思います。

121 :名無しさん@3周年:04/08/08 12:24 ID:BTsLm82U
>>120
病気としての宗教の治療のことを言ってるのですよ。

レヴィナスも宗教者だから、神概念からの離脱は容易ではない。しかし彼の
強制収容所での実体験がそれを可能にした。

彼の後期の「絶対的他者」にすぐに飛びつかなくても、フッサールやハイデ
ッガー批判に基づく「普通の他者」からはじめてほうがよい。サルトルの他者
間との相違も。

西洋哲学では、他者についての考察が非常に送れている。これもユダヤ・キ
リスト教の影響だろう。しかし東洋哲学では自明のこと。仏教の「縁起」で
すべてカバーでできるのでは。

西洋哲学ではレヴィナスは最重要。今後進むべき方向を示していると思う。

122 :名無しさん@3周年:04/08/08 12:28 ID:BTsLm82U
>>121の訂正

他者間 → 他者感
送れている → 遅れている

123 :名無しさん@3周年:04/08/08 12:47 ID:VhrOAG8S
悪性さらにやめがたし
こころは蛇蝎のごとくなり
修繕も雑毒なるゆえに
虚仮の行とぞなづけたる(「高僧和讃」)

これは親鸞の言葉だが、これを現代風に訳せば「おれは正真正銘の
テロリストだ。正義だ、民主主義だといってみたところで、本心は
まったく別なところにあるのだ」というのと同じこと。
親鸞の言うことは全く信用していないが、何故かこの言葉には考えさせら
れるものがある。どんな立派な人間であっても、そのこころには「悪」が
存在している。

124 :名無しさん@3周年:04/08/08 12:53 ID:VhrOAG8S
>>123の続き

親鸞のいう「蛇蝎」をキリスト教風にいえば、さしずめ「サタン」であろう。
現代のサタンは、イスラム原理主義者だ、アメリカの国家主義者だと、「悪」
を他者になすりつけている、そのこころもサタンである。

かくいう自分にも「悪」は内在する。

125 :名無しさん@3周年:04/08/08 13:15 ID:BTsLm82U
>>123
>>124
悪、不幸、悲しみ、死、闇があるからこそ、善、幸福、喜び、生、光が存在しうる。
すべては人間界の摂理。無理に矯正すべきではない。

126 :名無しさん@3周年:04/08/08 20:49 ID:ELreESvZ
>A他の宗教を完全否定
>他の宗教は部分的にも認めない。認めないどころか平気で邪な教えと蔑む。

例えば、

「神は、すなわちマリアの子メシアである」などとと言う者どもは
すでに信仰にそむいている。(「コーラン」5・19)

127 :名無しさん@3周年:04/08/08 21:40 ID:gBxvA3rQ
世の中には『酸素は不要だ。』と主張する人はいないだろう。
酸素がなくても生きていける人なんていないから・・・
だから酸素は必要だ。

しかし、世の中には『宗教なんか不要だ。』と主張する人がいて、
宗教を必要とせずに生きている人が実際にいる。
だから宗教は不要だ。


128 :名無しさん@3周年:04/08/09 02:03 ID:BCvTMCv1
>>127 ま、早い話が、そうですな

129 :名無しさん@3周年:04/08/09 14:08 ID:zSqtPbBq
XYZ(正教徒)さんや親鸞学徒さんが出てこなくなったね。どうしたんだろう。

130 :名無しさん@3周年:04/08/09 14:34 ID:1qxqclhV
あげまん

131 :XYZ(正教徒):04/08/09 14:37 ID:iBFrmxsS
 >>129
 毎日書き込める訳ではないので^^;ブランクがあるのはご容赦下さい。

 >>109
> 本当はね、もっと言いたいこともあるんだけど、例えば貴方の議論の仕方として、
>まず「正教会では」といい始めるでしょ?

 えーとですね、普段はこんな言い方は殆どしないのです。ただ問題が私にとっては定義のレベルであり、
前提の段階だった訳です。これについては「正教会では」と言うしかなかったのです。私個人の思い込みを
この段階の判断からはできるだけ排除しよう、というのが私の姿勢ですから(他の宗教・無宗教の方から見れば
「それもお前さんの思い込み:幻想だ」と言われてしまうのですけれどね^^;)。
 対して、例えば以下スレのような問題は「定義」ではなく応用的な問題ですので、私個人の言葉が出てきています。
ひらたく言えば日本の正教徒皆が私のように反米的保守ではないということです。手前味噌で恐縮ですが、スレ貼りました。
 
<【超教派】愛国的クリスチャンと靖国神社>(167あたりから書いてます。)
 ttp://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1080298980/

<AV女優として働きながらクリスチャンになれますか?>(595あたりから書きました。)
 ttp://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1086620186/

132 :XYZ(正教徒):04/08/09 14:41 ID:iBFrmxsS
 >>117
 これについては>>70さんが返答なさるべきかと思いますが、私が思いますに、別に
>>70さんは私のこともしくは正教のことを正当化なさったつもりはないと思いますよ?
ただ「認められる他者である」ということをおっしゃっただけで。
 いかがでしょう?

133 :XYZ(正教徒):04/08/09 14:48 ID:iBFrmxsS
>>127
>しかし、世の中には『宗教なんか不要だ。』と主張する人がいて、
>宗教を必要とせずに生きている人が実際にいる。
>だから宗教は不要だ。

 肉体が生きるのに宗教が不要な人はいることは認めますが、この論法はそれ以上の
ことは言えていないと思います。


134 :名無しさん@3周年:04/08/09 15:03 ID:zSqtPbBq
>>133
>肉体が生きるのに宗教が不要な人はいることは認めますが、この論法は
>それ以上のことは言えていないと思います。

「それ以上のこと」とは一体何?「心」とか「精神」などと言いたいのだろ
うが、それらは肉体があって初めて存在し得るものではないですか。
宗教を信じない人は、神の顕現としての現実の人間を信じているのですから、
人間としての「心」や「精神」は十分に豊かです。即ち、神により近いのです。





135 :XYZ(正教徒):04/08/09 15:10 ID:iBFrmxsS
 >>134
>「それ以上のこと」とは一体何?「心」とか「精神」などと言いたいのだろ
>うが、それらは肉体があって初めて存在し得るものではないですか。

 この点については考えうる見方であるとは認めますが、私の前提とは違います。たしかに
肉体なくして「人間」ではありません。肉体も大事です。だからこそ終わりの日に信者も
非信者も皆肉体を伴って復活する。それが人間だからです。しかし肉体だけでなく、同時に
「霊」も必要なのです。どちらかがどちらかの前提なのではなく、両者等しく人間の構成要素
である。それが私の前提です。

>宗教を信じない人は、神の顕現としての現実の人間を信じているのですから、
>人間としての「心」や「精神」は十分に豊かです。即ち、神により近いのです。

 「神の顕現としての現実の人間」という見方は十分宗教的だと考えます。

136 :名無しさん@3周年:04/08/09 15:20 ID:zSqtPbBq
>>135
完全に死んだ人間が肉体をもって「復活」した例は、人類史上一つもありません。

超越的なものではなく、すべての現実の人間と自然を信じることは、「宗教」とは
言いません。

137 :XYZ(正教徒):04/08/09 15:29 ID:iBFrmxsS
 >>136
 私にとっては現実…って水掛け論になることは承知の上で^^;
 一応かけ返さないと私が「現実とは思っていない」と誤解されかねませんし。

 旧約・新約の中ではかなり出てきますよ。預言であったり、事実描写であったり。
 例:イェゼキイリの預言書(エゼキエル書)36章あたり(正確には覚えていません、すみません)
   福音ではラザリ(ラザロ)の復活、主の復活。などなど。

> 超越的なものではなく、すべての現実の人間と自然を信じることは、「宗教」とは
>言いません。

 多分、貴方と似たような理屈で多くのクリスチャンがハリストス教(キリスト教)を
「宗教」とは言いたがらないのです。135で書いたように、貴方も随分宗教者的な
ものの見方、意見の述べ方をなさっておいでだと思います。

138 :名無しさん@3周年:04/08/09 15:53 ID:zSqtPbBq
>>137
>福音ではラザリ(ラザロ)の復活、主の復活。などなど。

そんな大昔のことは確認されたものではなく、作り話という疑いは生じない
のですか。それ以後の歴史を考えて見て下さい。

>多くのクリスチャンがハリストス教(キリスト教)を
>「宗教」とは言いたがらないのです。

それは初耳です。彼等は超越的なものは信じていないのでしょうか。若しそう
なら確かに「宗教」ではありませんね。

>貴方も随分宗教者的な
>ものの見方、意見の述べ方をなさっておいでだと思います。

「神」と言ったのは、不可知で思考不可能な万物の発生原因を指す「便宜上」
の言葉です。何であっても構わないのです。誤解なきよう。


139 :XYZ(正教徒):04/08/09 16:10 ID:iBFrmxsS
 >>138
> 「神」と言ったのは、不可知で思考不可能な万物の発生原因を指す「便宜上」
>の言葉です。何であっても構わないのです。誤解なきよう。
 なるほど。しかし私の前提では違うということは申し上げますね。念の為。

>そんな大昔のことは確認されたものではなく、作り話という疑いは生じない
>のですか。それ以後の歴史を考えて見て下さい。

 疑いが生じる時はまず必ずといってよいほど誰にでもあります。意外に思わ
れるかも知れませんが。しかし疑う者がいたことは既に福音書に書かれていま
す。復活したハリストスを見た弟子たちの中にさえ、「猶疑へる者ありき」と
ある通りです。大昔だから疑うのではありません。私も含めて、人が罪の中に
いるから疑う心が生じるのです。それは太古の昔だろうが現代社会だろうが変
わりません。疑問が生じないことを信じているのではないのです。
 疑問が生じる人間性についての理解も含めて「信じて」いるのです。

>彼等は超越的なものは信じていないのでしょうか。

 この世のものではないものを信じている、という点では信じています。しかし
それは事実でないことを信じているのではなく、ハリステアニンにとってはそれ
が事実なのです。「事実的でない、超越的な物」を崇拝しているという感覚は無い。
それゆえ多くのクリスチャンは自らの教えを宗教とはしません。

 しかしそれを主張しだすと収拾がつかなくなりますので、「客観的には宗教といった
方が分かり易いだろう」と考えて、私個人は正教も宗教だという了解で話を進めています。

140 :名無しさん@3周年:04/08/09 16:38 ID:e0aRnwKY
連続カキコまじウゼェ

141 :名無しさん@3周年:04/08/09 17:23 ID:zSqtPbBq
XYZさんへ

これとはどう違う?

マインドコントロール
人の思想感情行動を 一貫性をもって 一定の方向に 人為的に変更させること
拷問や強制的な説得による「洗脳」とは違って 人に内在する
本質的な不安や 集団への依存心につけこみ 巧みな情報操作によって
「自然に」かつ「強固な」全人的な 変化を引き起こすことをねらう

閉鎖された空間で 不眠疲労 指導者や同僚または 尋問者による強い圧力
プライバシーの剥奪 間断のない題目やスローガン 朗誦の強要という方法は
人を暗示にかかりやすくし 集団催眠に似た状態に陥らせる

集団思考の特徴としては「マイナス面の無視」「決めたことの正当性の主張」
「外の集団への敵対心」「同調への圧力」「自己主張の抑制」などを 過度に行なってしまう

認知的不協和
価値を高める情報は 無批判的に受け入れるが 価値を おとしめるような情報は受け入れない
認知的な不協和の 発生による不快をさけたいから

142 :XYZ(正教徒):04/08/09 17:32 ID:iBFrmxsS
 >>141
 私は哲学、心理学その他には疎いことをまずお詫びして…

>集団思考の特徴としては「マイナス面の無視」「決めたことの正当性の主張」
>「外の集団への敵対心」「同調への圧力」「自己主張の抑制」などを 過度に行なってしまう

 行き過ぎればこのような症状は出てくるのでしょうね。健全な教えの信仰も。それは
否定しません。
 しかし「酒の飲み過ぎは体に毒だ、だから酒は一切禁止すべきである」が間違い
なのと同様にこの論も行き過ぎの問題を提示しているにすぎないと考えます。それ
以上でも以下でもないかと。 

143 :名無しさん@3周年:04/08/09 17:53 ID:gHmX/kTA
一人で勝手に信じる分にはいいよ。

144 :名無しさん@3周年:04/08/09 18:34 ID:zSqtPbBq
>>142
宗教が行き過ぎれば、即ち熱心に信じすぎれば弊害が生じるということは、宗教自体
が毒性や依存性を持っている、即ち「神聖」でも何でもないということ。宗教者は
そのことを自覚してますか。酒やタバコの好きな者も、その弊害は常に自覚し、罪悪
感を持っていますよ。
熱心な宗教信者はアルコール中毒者と同じなら、摂取の制限や治療が必要でしょう。
どう思いますか。タバコはほぼ全面禁止の方向に向かっていますが。


145 :XYZ(正教徒):04/08/09 19:05 ID:iBFrmxsS
>>144
 伝統的宗教は正教に限らず、大体「>摂取の制限や治療」はやっていますよ。

 それにしても
>酒やタバコの好きな者も、その弊害は常に自覚し、罪悪感を持っていますよ。

 罪悪感はどうでしょうかね。タバコは嫌いですが、酒は嗜んでいます。しかし
罪悪感など持ったことはないですね。楽しいとか美味しいとかだけですよ。

 察するに>>144さんの生活態度はおそらく私より禁欲的(いい意味でですよ)か、
あるいは実直なのではないかと拝察しますが^^;。

 それにタバコ全面禁止は喫煙者に気の毒だと思います。

146 :名無しさん@3周年:04/08/09 19:09 ID:kuzvoVva
お聞きしたいのですが、「LOVE&LIGHT」という宗教団体ってありますか?
カセットテープに「天翔」と書いてあり、バッジもあるそうです。
私は実際に見ていないので詳しくは解らないのですが、
義母から聞いた話では、どうもイスラム教のようなお辞儀?というか
祈りのポーズらしいのです。
ご存知の方いらっしゃいませんか?
スレ違いだったらごめんなさい。

147 :名無しさん@3周年:04/08/09 19:21 ID:rcgyLu5B
宗教やってる奴って基本的に自己中なんだよね。
自分を正当化するためには殺人すら辞さないし。
自分が基地外だという自覚すらない。

148 :名無しさん@3周年:04/08/09 19:22 ID:zSqtPbBq
>>145
珍しくいいレスが出ましたね。酒で初めて人間界との接点ができた感じ。
その調子であなたの宗教も分析してみてください。

ところであなたは、若し聖書が飲酒を禁じていたら、罪悪感なしにおいしく
飲めますか。

149 :XYZ(正教徒):04/08/09 19:31 ID:iBFrmxsS
 >>148
禁じてないので何とも想像できませんね。

 男性が出産の苦しみを想像できないのと一緒で、想像すら不可能です。^^;

 ちなみに宗派によっては禁じているところもあるそうですが。

150 :名無しさん@3周年:04/08/09 19:34 ID:iNyagFjA
禁止するくらいなら神様はエタノールを作らなければよかったんじゃないの?



151 :名無しさん@3周年 :04/08/09 19:44 ID:IfAVGnbW
>>144

楽な禁煙方法があったら教えてください。

152 :名無しさん@3周年:04/08/09 19:49 ID:zSqtPbBq
>>151
喫煙を禁止する宗教にでも入るほかない。

153 :名無しさん@3周年:04/08/09 21:22 ID:XRCQrLNU
>>150
あれはね、糖を分解する時の中間産物なんだよ。
君たちは、酵母菌のオシッコを飲んでるわけだ。

154 :XYZ(正教徒):04/08/09 21:36 ID:iBFrmxsS
>>153
 蜂蜜はね、ミツバチのゲロなんだよね。

155 :名無しさん@3周年:04/08/09 22:53 ID:1z10vW3n
宗教=偽善

156 :名無しさん@3周年:04/08/10 13:06 ID:0+jEXOVH
XYZとか言う奴は偽善者の代表

157 :XYZ(正教徒):04/08/10 13:23 ID:GFHmCmH6
>>156
 代表?光栄ですな。

158 :名無しさん@3周年:04/08/10 13:59 ID:rT0y0IW1
( ´,_ゝ`)プッ

159 :名無しさん@3周年:04/08/10 18:17 ID:6RcSvuEZ
宗教=変人の巣窟・・・・まともな人を見たことがない。

160 :名無しさん@3周年:04/08/10 18:38 ID:I9bjkrWg
皆さんの中には、どの宗教も幻想にすぎない、非科学的な盲信と考えてる方も多いようですが、私も以前はそうでした。
しかし、それはとんでもない浅はかな間違いでした。
浄土真宗は紛れもない大宇宙の真実であったのです。

私が、こう断言したところで納得されない人がほとんどでしょうが、いつの日かわかってくださることを念じあげます。

「知らなかったぁ。ホントかよぉ。そんな、たいへんな真実があったのか」と真実を真実と見抜ける鋭い人がいらっしゃればなぁと思います。


161 :名無しさん@3周年:04/08/10 18:40 ID:I9bjkrWg
159さん、
「まともな人」の定義を聞かせてね。

162 :名無しさん@3周年:04/08/10 19:16 ID:HUgIX951
>どの宗教も幻想にすぎない、非科学的な盲信と考えてる方も多いようですが、私も以前はそうでした。
>しかし、それはとんでもない浅はかな間違いでした。


つまり、1つを除いて他の宗教は全部認めないと言いたいんだね。

163 :名無しさん@3周年:04/08/10 19:16 ID:HUgIX951
それこそがカルトの思想だよ!

164 :XYZ(正教徒):04/08/10 20:42 ID:GFHmCmH6
 >>160
 これは親鸞学徒さん本人がコピペしたのですか?他人のやったこと?

165 :名無しさん@3周年:04/08/10 20:49 ID:mQwrWyO0
>>160-161 はソウカ。

166 :XYZ(正教徒):04/08/10 21:05 ID:GFHmCmH6
 >>165
 そうか

167 :名無しさん@3周年:04/08/11 00:24 ID:OrdS8ceJ
浄土真宗?
うちの実家も浄土真宗。
つーか、菩提寺が浄土真宗って言ったほうが正しい。
しかし家族全員、浄土真宗がどのような教えか知っている者はいない。
日本人のほとんどはそんなもんでしょ?

168 :名無しさん@3周年:04/08/11 00:28 ID:OrdS8ceJ
つまり、宗教が先にありきじゃなくて、お寺が先にありきって訳よ。
昔からのしがらみで、仕方なくお付き合いしてるってこと。
そんなものはこの際捨てて、みんな無宗教になればいいのに。
坊主がどうなろうが、俺の知ったことじゃないし。

169 :名無しさん@3周年:04/08/11 00:34 ID:wMlRLKDJ
>>168
一寸堂
でも、思った。もしそうなったら親兄弟親類縁者がなくなったとき
どうしよっか?自然葬みたいなやつ?その辺にまいとく?w

170 :名無しさん@3周年:04/08/11 09:48 ID:3b2LPEbK
葬式すりゃいいってもんじゃあないんだよね。
「死んだらどうなるのか?」って、
そこからずーっと探求して行って
よく生きることの意味を考えるべきところなのに、
それをしない、させない。
気休めの葬式など何にもならない。

171 :名無しさん@3周年:04/08/11 10:00 ID:d4dQhwOv
>>170
禿同

形だけのものはいらない。

172 :XYZの心の声:04/08/11 10:20 ID:d4dQhwOv
ヒヒヒ

仏教の不要論が出てるな。
しめしめ。




173 :XYZ(正教徒):04/08/11 10:39 ID:GtYiIFur
>>172
 勝手に人の心内文を書かないでください

174 :XYZ(正教徒):04/08/11 11:27 ID:GtYiIFur
>>170 、>>171

 その「形だけのもの」がカルトへの防波堤になっているかもしれないと感じます。

175 :名無しさん@3周年:04/08/11 12:48 ID:jj3YWWiB
>>174
珍しくいいこと言うね。ただあなたに「カルト」という言葉を使われると違和感が
あるが(笑)。
人間とは本来的に「形(肉体)」である。精神は肉体が存在して初めて生じる。
本末転倒してはならない。人間は「形あるもの」に接することにより初めて心の安定
を得ることができる。その証拠に、偶像崇拝を禁じるイスラム教でもモスクをステン
ドグラスで飾り立てるし、一日五回も「体を使って」礼拝する。
「精神性」だけでは、人間は確実に狂い、精神の安定も決して得られることはない。

176 :名無しさん@3周年:04/08/11 13:25 ID:Key91h7z
アダムとイヴ、禁断の果実を食べて神に咎められたけど、神がそんな果実の木を楽園に植えなきゃ彼らが食べる事もなかったわけで。

177 :名無しさん@3周年:04/08/11 13:27 ID:VTfVyLyt
>>175
>>「形だけのもの」
これが、小さなカルトの役割を果たしているんです。
だから、カルトへの防波堤になり得るんです。

因習、宗教儀式などで無意識で行われているものは、
宗教とは無関係ではありません。
どれも文化的アイデンティティーと呼ばれるものです。


178 :名無しさん@3周年:04/08/11 13:35 ID:jj3YWWiB
176
人間は神など思考するなという戒めだったのかも知れない。なまじっか智恵が
ついて神概念などでっち上げたために、神の怒りに触れ、人間界では神の名に
よる紛争が絶えない。

179 :XYZの心の声:04/08/11 13:48 ID:d4dQhwOv
イエスキリストって馬糞にまみれて暮らしてた
ただの馬鹿でしょ?

180 :名無しさん@3周年:04/08/11 13:59 ID:jj3YWWiB
>>179
イエスは神の被造物、従って神そのものである生物としての人間の感情や
本能についての洞察が無く、言ってることが表面的・浅薄である。即ち、
真実の「神」について無知である。

181 :名無しさん@3周年:04/08/11 14:02 ID:hC7cT8yy
イエス様は神様の地上の姿です。

182 :名無しさん@3周年:04/08/11 14:26 ID:jj3YWWiB
>>181
イエスも他のすべての人間と同様、神の被造物に過ぎない。イエスが自分で
神であると言ったとすれば、それは神を騙る詐欺師で、これ以上の神の冒涜
はない。

183 :XYZ(正教徒):04/08/11 14:35 ID:GtYiIFur
> イエスも他のすべての人間と同様、神の被造物に過ぎない。イエスが自分で
>神であると言ったとすれば、それは神を騙る詐欺師で、これ以上の神の冒涜
>はない。

 >>182
 ハリステアニン(キリスト教徒)にとってはそうした議論はもはや過去のものです。
私は神学はさっぱりなのですが、もはやアリウス派に対する論駁で決着済みという
理解が共有されているはずです。異端を除いて(その理解が正しいかどうかは別に
しまして)。

 もちろん貴方がどのような理解をされてもそれは自由ですが。

184 :名無しさん@3周年:04/08/11 14:43 ID:VIl/pyzR
イエスは麻原と同じだな

185 :名無しさん@3周年:04/08/11 15:34 ID:QwY0tKvg
イエスはLSDだな。

186 :名無しさん@3周年:04/08/11 15:43 ID:VIl/pyzR
イエスのエッチってすごかったみたいだね

187 :名無しさん@3周年:04/08/11 15:46 ID:I5J5CLEL
宗教がいらないのではなく、愚か者が要らないだけだろう。
宗教から真理をくみ出せる知性を持った人間もいれば、
一方では、宗教に限らずなにを学んでも身に付かない愚者もいるではないか。

188 :XYZ(正教徒):04/08/11 15:46 ID:GtYiIFur
>>185
 LSD=発光ダイオードだっけ?

189 :XYZ(正教徒):04/08/11 15:48 ID:GtYiIFur
>>187
>愚か者が要らない

とは思わないが、それ以降は同感。

190 :名無しさん@3周年:04/08/11 15:50 ID:I5J5CLEL
>189
そうだね。
愚か者が要らない、というのは宗教不要論者に言っただけで、
愚か者にも生る権利はあると思う。

191 :XYZ(正教徒):04/08/11 15:51 ID:GtYiIFur
>>190
 成る程。

192 :名無しさん@3周年:04/08/11 17:12 ID:VKmuAcSu
宗教くだらねー

193 :XYZの心の声:04/08/11 17:12 ID:XbDXjQJk
ギリシャ正教だけが崇高な教え。
あとは全部邪な教え。

194 :XYZ(正教徒):04/08/11 18:36 ID:GtYiIFur
 >>193
 そう仰る貴方の心の声を訊きたいですね。

195 :名無しさん@3周年:04/08/11 20:05 ID:wrxYOlWS
AVが立派な職業だとかいってるやつはキリスト教を曲解している

196 :XYZの心の声:04/08/11 23:24 ID:OrdS8ceJ
ここに書き込みしてるやつらは、俺様以外全部馬鹿。

197 :XYZ(正教徒):04/08/11 23:31 ID:GtYiIFur
>>196
 ハズレ。真の私の心の声。











腹減った。飯食べ鯛。

198 :名無しさん@3周年:04/08/11 23:40 ID:to3578g7
宗教は会社みたいなもん。結局操ってるやつがぼろ儲け。
そして信者たちは自分が幸せになりたいために他人とその家族を不幸にする。
暑い中営業ご苦労さん。

199 :名無しさん@3周年:04/08/12 09:32 ID:UdRVnq0I
宗教なんて悪徳占いみたいなもんでしょ。

「おさる」という売れない芸人が、ある占い師に
「あなたは芸名を「モンキッキー」に変えなさい。変えなければ
地獄に落とす。」と言われ、本当に芸名を変えてしまった。

この話を聞いて、すぐに宗教を思い浮かべてしまった。


200 :名無しさん@3周年:04/08/12 10:00 ID:Y3fkmsnC
占い死は冗談でやってるんじゃないの?
宗教者は本気でしょ。それが違いです。

201 :名無しさん@3周年:04/08/12 11:56 ID:RYn9wP3B
信じない者は地獄に落とすとか
普通に言ってる宗教があるわけだが。
ナニガチガウンダロ?(^_-)

202 :田中三郎:04/08/12 12:04 ID:TQlP6KhC
地獄にはあらゆる人的苦痛が描かれているが、いずれも人間の想像の域を越えていない。新たなる地獄を想像すれば、感覚のある孤独である。人的地獄はこの世にある。

203 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/12 13:06 ID:7vrmFo54
〜あなたがたは、むさぼるが得られない。そこで人殺しをする。熱望するが手に入れる
ことができない。そこで争い戦う。〜イエスの時代は、今なら処刑されることもない人
が、処刑される時代。その時代の人々は、残忍であったわけだ。

〜「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である」「わたしが好むのは、あわれ
みであって、いけにえではない」とはどういう意味か、学んできなさい。わたしがきた
のは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである。〜

〜律法を持たない異邦人が、自然のままで、律法の命じる事を行うなら、たとい律法を
持たなくても、彼らにとっては自分自身が律法なのである。〜

 ■御利益宗教、宮参り、不思議な力を求めて信仰をする。そうではなくて、宗教とは
  良識的な生き方を教えるものとイエスは教える。

204 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/12 13:07 ID:7vrmFo54
1.神は祈れば、自分の欲求を叶えるものか?=そうではない
 〜異邦人のように、くどくどと祈るな。彼らは言葉かずが多ければ、聞き入られると
  思っている―みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。わたした
  ちの日ごとの食物を、きょうもお与えください―と祈れ〜
 ★争ったり、人殺しをしない世界になるよう祈れ。冷酷、残忍な者がいない地上にな
  ることを祈れ。慈悲深く、誰に対しても親切な人が多くなるよう祈れ。人々のため
  に、働くような人になるよう祈れ―祈り求め、自ら行うことにより、地上は平安と
  なる。―自分の欲求を、くどくど祈る人々が多くても何もならない。
  
2.祈り求めたことは、かならず成ると信じなさい=何事でも、あきらめるな。自信を
  持て
 〜神を信じなさい―この山に動き出して、海の中にはいれと言い、その言ったことは
  必ず成ると、心に疑わないで信じるなら、そのとおりに成るであろう。
 ★できると信じ、自信を持つこと。できるだろうかと疑い、また、あきらめる者は、
  最初から何もできない。自分の欲求のために人を使うだけにならないことができる
  と信じることなど。  
   

205 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/12 13:08 ID:7vrmFo54
3.他人より私は信仰深いという者は、地上では誰もいない
 〜もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この桑の木に「抜け出して海に植われ」
  と言ったとしても、その言葉どおりになるであろう。〜 
 ★「信仰を増してください」ならば、命じられたこと「人に親切にすることなど」を
  してしまったとき、「わたしたちはふつつかな僕です。すべき事をしたに過ぎません」
  と言え。―人に親切にしたからと言って驕るな。

4.命じられたことをしても、感謝する神はいない
 〜僕が命じられたことをしたからといって、主人は彼に感謝するだろうか。
 ★「人に親切にすることなど」をしたからと言って、神に感謝を望んではならない。
 
5.他の者より私は善い人間だと驕りを認める神はいない
 〜神よ、わたしはほかの人たちのような貪欲な者、不正な者ではありません―ところ
  が神に義とされたのは「神様、罪人のわたしをおゆるしください」という人だった。
 ★他の人たちより、私は善であると驕り高ぶる人より、自分を低くする人のほうが善。
  驕り高ぶる人は、人からも嫌われるだろう。 
          

206 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/12 13:09 ID:7vrmFo54
6.神様と言っても何もならない
 〜「主よ、主よ」と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが
  父の御旨を行う者だけが、はいるのである。わたしを主よ、主よ、と呼びながら、
  なぜわたしの言うことを行わないのか〜
 ★多くの宗教は、神を信じるだけで何か良いことがあると思わせる非現実的な宗教ば
  かりが多い。人々は嘘に惑わされて、信じるだけで幸福にならない。しかし、イエ
  スは、まず自身を主と呼ばせて、善い行いによって幸福になると指導する。
  
7.神は、現実的には何もしないような存在
 〜天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しく
  ない者にも、雨を降らせて下さるからである〜
 ★現実的な存在を示す、と同時に、人は自分からみて、悪いから良いから、正しいか
  ら正しくないからと言って感情的になり、人を罪に定めたり、裁いたりしないこと。
  それぞれの人が自分の量りで人を裁けば、世の中は混乱する。
  
 〜偶像礼拝は貪欲他ならない〜「自分が救われよ」と祈る者は、貪欲他ならず、そう
  祈り求めても、何もならない。余計な信仰は数多い。  

207 :名無しさん@3周年:04/08/12 13:48 ID:ETenstVn
275 名前:名無しさん@3周年 :04/08/11 17:02 ID:YXmtMimQ
>270

下ネタを言っても成仏できるのが創価学会です。
末法の凡夫は、たとえ過去に破戒しても、
南無妙法蓮華経の信、行、学によって
必ず成仏できます。それが日蓮大聖人
の教えです。その教えを忠実に実践
しているのが創価学会です。逆に、
過去に既に破戒してしまっている人達は、
創価学会以外では成仏できません。
蟻や蚊を殺しても地獄行きです。
そんな末法の凡夫を救うのが
仏意仏勅の創価学会なのです。



世の中こんな宗教が多いし、それを信じる人も多いし、
彼らがその信仰が一番正しいと主張することで、争い
は起き、信じることで盲目は生まれる。



208 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/12 16:18 ID:QyS1GEh2
★〜律法を持たない異邦人が、自然のままで、律法の命じる事を行うなら、たとい律法
を持たなくても、彼らにとっては自分自身が律法なのである。〜
と聖書に書いてあるように、自然のままで自分自身を律法とすることが可能です。★

イエスは偶像礼拝による混乱を避けるため、また人々の慈悲心、哀れみを促すため、全
ての人々に分かりやすい神を現す。人が作った作り物を拝ませることで、ある特定の人
々に利益になったり、その所有者が人を思うとおりに支配するようなことがないように
です。

―盲人は見え、足なえは歩き、らい病人はきよまり、耳しいは聞こえ、多くの財産のあ
 る人に、貧しい人々に分けてあげなさいと言われた―
 
 幸も、不幸もない天の父、永遠の命の世界をあがめよ。信仰をしようとする者は、永
 遠の命を信じるから、全ての人々がわかるような、皆平等に幸福な世界を天の父とす
 る。 

209 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/12 16:19 ID:QyS1GEh2
□人には永遠に許されないことがある。

 盲人で口のきけない人をいやして、物を言い、また目が見えるようにイエスはされた。
 そのイエスを「この人が悪霊を追い出しているのは、まったく悪霊のかしらベルゼブ
 ルによるのだ」〜人には、その犯すすべての罪も神を汚す言葉も、ゆるされる。しか
 し、聖霊を汚す言葉は、ゆるされることはない。また人の子に対して言い逆らう者は、
 ゆるされるであろう。しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、この世でも、きたるべ
 き世でも、ゆるされることはない。〜
 
 もし、苦しんでいる者、病んでいる者が健康になり、苦しまなくなった。そのことに
 対して、それを助けた人などを軽蔑したり、悪者にしたりする者は永遠にゆるされな
 い。苦しんでいる者が、苦しまなくなった時、人は素直に喜ばなければならない。
 

210 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/12 16:20 ID:QyS1GEh2
□ブッダも、原始仏教では、極端な教えを説いていない。

〜この世でほしいままに生きものを殺し、他人のものを奪って、かえってかれらを
害しようと努め、たちが悪く、残酷で、粗暴で無礼な人々―これがなまぐさである。
肉食することがなまぐさいのではない。
これら生けるものどもに対して貪り求め、敵対して殺し、常に害をなすことにつと
める人々は、死んでからは暗黒に入り、頭を逆さまにして地獄に落ちる。〜

 ―生けるものを敵対して殺し、常に害をなすことにつとめる人々―原始仏典(ス
 ッタ二パータ)ではそのように説かれている。ブッダも肉食するので、むやみや
 たらに生けるものを殺し、常に害をなすことにつとめるなということでしょう。
 
蟻や蚊を殺しても地獄行き、創価しか成仏できないとするなら、世界では多くの人
が地獄に落ちているわけだ。そして成仏したいなら、その本尊の所有者の命令に盲
的に従うことこそ、人の生きる道となるわけだ。ブッダは何かを唱えよとか、本尊
をあがめよとか言ってないはずだが。 
 

211 :名無しさん@3周年:04/08/12 16:30 ID:I/+vSEn5
生き物を殺さない、「争うことをしない」、が仏教者基本です
とりたてて他宗を批判しない

212 :名無しさん@3周年:04/08/12 23:47 ID:pc4Cq827
>>211

じゃこれは?仏教じゃないの?
    ↓
http://www13.ocn.ne.jp/~ryouran/index.html

213 :名無しさん@3周年:04/08/12 23:51 ID:pc4Cq827
ついでに、こんなのもあるよ。これ全部、仏教徒がやってることだ。

     ↓
http://www.geocities.jp/mksutra/

オレは学会も大嫌いだから別にいいけど。


214 :名無しさん@3周年:04/08/13 02:59 ID:necizMAN
ねえ、神様を信じてる人って、幸せなんでしょ?
それなのに、何で人を殺したり、拷問したりするの?
すげーイライラしてんじゃん!!宗教蚊!!
荒らしじゃないですけど、俺の中で宗教=拷問=戦争=差別=殺し
ぐらいしかおもいつかんよ。まじ宗教こそこの世の悪だね。
なくなってほしい 宗教


215 :名無しさん@3周年:04/08/13 07:14 ID:g6HGVOiH
そうかのようなカルトよりはましでしょ >214

216 :名無しさん@3周年:04/08/13 07:31 ID:g6HGVOiH
>>213
がんばれ !

応援します。

ttp://www.geocities.jp/mksutra/

217 :名無しさん@3周年:04/08/13 07:54 ID:GN2sV0Tj
あげまん


218 :名無しさん@3周年:04/08/13 08:52 ID:tG+EPZJQ
>>213

それは仏教徒じゃないね。
草加批判サイトはいわゆる日顕宗と呼ばれている宗門(正宗)の人間がやってる。
いわば、草加の同類。
仏教徒じゃないよ。

219 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/13 09:15 ID:/AkPTy4D
>>214
旧約聖書〜見よ、主は命じて、大きな家を撃って、みじんとなし、小さな家を撃って、切れ
     切れとされる―イスラエルの家よ、見よ、わたしは一つの国民を起こして、あな
     たがたに敵対される〜アモス書 6.11〜
新約聖書〜聖書の中に永遠の命があると思って調べているが、この聖書は、わたしについて
     あかしをするものである〜イエス
旧約を信じ、人格的な神を信じる人々に、永遠の命はないと教えるイエス。〜わたしは、イ
スラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない〜

―盲人は見え、足なえは歩き、耳しいは聞こえ、多くの財産のある人に、貧しい人々に分け
 てあげなさい―天では、困る人も病む人もなく、富む者も貧しい者もない、それを現した
イエスを主としなさい(無神論者さえわかりそうな神にすること)
                  ↓                      
          そして、「主よ、主よ」と言わず行え
異邦人がくどくど祈っても、「神よ、主よ」と言っても人が実際、行わなければ何もならない
―憎まず、敵意を持たず、人に親切にしたり、人々にしてほしいと望むことを命令するだけの
 人にならず、人々にしてほしいと望むことがあれば与えるようになれ(世間から益を得たい
 ならば、世間に利を与える者となれ)―それらを行っても感謝する神はいないから、驕らず
 あたりまえのこととせよ―たとえ、守れなくても憎まないことなどを善いとしなさい―


220 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/13 09:16 ID:/AkPTy4D
〜神の国はいつ来るのかと、パリサイ人が尋ねたので―★〜神の国は、見られるかたちで
来るものではない。また『見よ、ここにある』『あそこにある』などとも言えない。神の
国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ。★〜
 ―いつというのではなく〔憎しみや敵対、争わない、人に自分の損得を思慮することな
  く親切にすること、あすのことを思いわずらわない、人を罪に定めない、さばかない、
  ゆるしてやる、神よほかの者より貪欲ではないと祈って、他人を見下げることのない〕
  などの心のただ中にある―
                  ↓   
 あすのことを思いわずらうことなく、「主よ、主よ」と言わず行う人の今ただ中にある
一番大事なことは、盲人で口のきけぬ人がいやされ、見えきけるようになった時、それを
見た人がどう思うかということ。そのいやした人を悪者と呼ぶか、良い人と思い、苦しむ
者が苦しまなくなった時、人が幸せになった時、素直に喜べるようになるか―悪者と言う
者は、神を汚す言葉、人の子に言い逆らう者より悪いとイエスは言う。
                  ↓
★律法を持たない異邦人が、自然のままで、律法の命じる事を行うなら、たとい律法を持
 たなくても、彼らにとっては自分自身が律法なのである。―自然のままで、争わない、
 人に親切にすることは実は正しいとか、困っている人が困らなくなった時、素直に喜ぶ
 ような心があるならば、その人は自分自身を律法としてよい。

〜主の僕たる者は争ってはならない〜信仰をし、争う人々は信仰によって害される。
  

221 :名無しさん@3周年:04/08/13 09:25 ID:GN2sV0Tj
>>218
日蓮正宗が仏教じゃなかったら何なんだ?

222 :名無しさん@3周年:04/08/13 09:36 ID:rLpmU2Pf
>>221
日蓮が書いた習字を崇拝し、
一枚の習字を世界中の人の崇拝対象にすることを固く誓って
勧誘と誹謗中傷合戦をやってるきちがいの集団

223 :名無しさん@3周年:04/08/13 10:16 ID:GN2sV0Tj
>>222
でも仏教に違いは無いだろ?


224 :名無しさん@3周年:04/08/13 11:13 ID:g6HGVOiH
>>223
偶像崇拝大好きだもんね。
仏像も、教典も、お金も、習字も、政治活動も、麻原も
およそこの世のものは、何でも崇拝対象。

間違いなく仏教です。

225 :名無しさん@3周年:04/08/13 20:56 ID:cl9UlaYD
自分以外の存在に頼るのは仏教とは言いません。

226 :名無しさん@3周年:04/08/14 09:57 ID:hfzt/E4F
特定の偶像なり習字を拝ませ、それによって功徳があるとか、
救われないと教え込まないと、宗教は商売にならないってこ
と。
その人たちは、特に商売敵である他の宗教を攻撃する。
また、自分自身が仏典とかで学び、自分自身を向上させるこ
とで、自分を頼るようにするのを嫌うわけ。
それじゃあ、商売にならなくなる。人がわかることもわから
なくして、死後のことは誰もわからないのをいいこと幸いに
むちゃくちゃなものを教えるわけ。
そして、特定の偶像なり習字で書かれたものを拝ませ、他は
だめだと言い、自分ところの宗派に金を払わせるわけ。
そういうところこそ、地獄とかで脅し、恐喝しながら金をむ
しり取ろうとする。
何も、原始的な釈迦やイエスの教えは、妙なことでもなく、
ごく自然のことを言ってるだけ。
後は、その理解できるものに従って、自分自身を向上させ
ようとすればよい。


227 :名無しさん@3周年:04/08/14 12:50 ID:y+o23MRP
本当に神を理解している人は争わないのでは?
マザーテレサはどんな宗教の人も助けた。キング牧師は奴隷を救った。
聖書にも 敵を愛せよ 剣を使うものは剣でほろびる
人を殺すな 神をおそれない者は地獄に落ちる と書かれている。
自分は無宗教だが神は信じている。
  




228 :名無しさん@3周年:04/08/14 17:00 ID:TC2Lvzl0
イエスは十字架の上で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。(神よ、神よ、
何故われを見棄てたまいし。)」と叫んだそうだが、今この瞬間も、それと
全く同じ悲痛の叫びをあげてる人間は、無数にいるはずである。
その戦争の引き金になったり、その解決の障害になってるのが宗教だと
知ったらイエスは、どんなに嘆き悲しむことでしょうね。

229 :名無しさん@3周年:04/08/14 23:11 ID:tpNHe43f
> 自分は無宗教だが神は信じている。

神を信じることと、宗教(教祖、教義、教団など)を信じることとは大違いですな。

> イエスは十字架の上で、「エリ、エリ、レマ、サバクタニ。(神よ、神よ、
> 何故われを見棄てたまいし。)」と叫んだそうだが、今この瞬間も、それと
> 全く同じ悲痛の叫びをあげてる人間は、無数にいるはずである。

神がいるとすれば、宗教を問わず悲痛な叫びに答えてくれるのが神だと思うよ。
たとえ苦しみのあまり神が信じられなくなってもね。


230 :名無しさん@3周年:04/08/15 22:31 ID:W71U4KNX
>>228 イエスはそんなことで悩みはしない。現実に何が起きるかなんていうのは
大した問題じゃないのだ。この世の苦しみなんてどれも取るに足りないものである
から。この世で、一瞬の幸福を味わうことや、一瞬の苦しみを味わうことに
などほとんど関心がない、どっちでもいいと彼は思っている筈だ。
重要なのは、魂の行方。簡単に言えば地獄に落ちるか天国に行くかだけが
重要。この世がどんなに悲惨でも、信仰さえしていれば、永遠に幸福な
場所に行ける。

231 :名無しさん@3周年:04/08/16 13:01 ID:ptxNTp+V
>>230

死ななきゃ直らん典型

232 :XYZ(正教徒):04/08/16 13:03 ID:GC9/hwhF
 >>231
 死んだらむしろ変わらないですよ。信仰は。

233 :名無しさん@3周年:04/08/16 13:03 ID:ptxNTp+V
>>230

こういう馬鹿がいるから宗教なんて信じられないし、
危険だと思ってしまう。

234 :XYZ(正教徒):04/08/16 13:17 ID:GC9/hwhF
 >>233
 死んだら「永眠」状態なんですから、変えようがない。
 死んだら直るとおっしゃるには以下のような前提があるのでは。

 ・死んでも霊魂ないしそれに準じるものは存在する。
 ・あるいは「死んで無になる」ことそのものが一種の修正である。

 貴方も結構宗教的だといえないこともない^^;。

235 :名無しさん@3周年:04/08/16 15:59 ID:VFKvfM0f
>>234
おまえはバカか?
バカは死ななきゃ治らんって聞いて本当に
死ねば治ると思う奴がいるか?


236 :XYZ(正教徒):04/08/16 17:55 ID:GC9/hwhF
さあ。

237 :XYZ(正教徒):04/08/16 18:04 ID:GC9/hwhF
>>235
 馬鹿は死んでも直らない、と言っていた香具師なら知っていますね。^^;

238 :名無しさん@3周年:04/08/16 18:17 ID:OJhIsTj/
信じるのみの盲目的排他的宗教は、必然的に解釈の違いが生まれ、内ゲバを繰り返す。これは、必然。
左翼以上に悪質。幸いなことに、日本では、厳密な意味での信者が少ないので救われている。
坊主は、葬式ショーをやってればいいの。それ以上は期待しないし、布教活動は社会の害毒。

239 :名無しさん@3周年:04/08/16 18:24 ID:OJhIsTj/
信じることによる弊害は怖いね。
ttp://park8.wakwak.com/〜kasa/Religion/scopti.html
日本の仏教者は彼らを馬鹿にできないよ。やってること同じじゃん。入信は非常に危険なことだよ。

240 :XYZ(正教徒):04/08/16 18:26 ID:GC9/hwhF
>>238
 無差別攻撃は止めたほうが効率がよろしいかと思われます。

241 :名無しさん@3周年:04/08/16 18:28 ID:OJhIsTj/
http://www.google.com/search?q=スコプチ&ie=UTF-8&oe=UTF-8

242 :XYZ(正教徒):04/08/16 18:37 ID:GC9/hwhF
>>239>>241
スコープチィ派については恐るべきセクトの例としてよく正教会でも取り上げられ
ますよ。有名なカルト教団です。しかし、

>信じることによる弊害は怖いね。

 ここまで「信じる事」の一般論として述べてしまうのは如何かと。それに、

>日本の仏教者は彼らを馬鹿にできないよ。やってること同じじゃん。

 …そんな馬鹿な。去勢する仏教など聞いたことない。

243 :名無しさん@3周年:04/08/17 12:06 ID:oFdf9WfF
なぜ異なる宗教同士は仲が悪いのか?

隣人同士が敵になると、彼らはいかなる程度の類似性も認めようとしない。
そのような譲歩は両者間の区別を消滅させるからである。


244 :名無しさん@3周年:04/08/17 12:38 ID:oFdf9WfF
XYZ(正教徒)というハンドルネームの創価学会員の方へ

ハンドルネームもXYZ(創価学会員)にしたらいかがでつか?

245 :名無しさん@3周年:04/08/17 13:03 ID:t1eS6vxL
SGI(聖教徒)でどうでしょうか

246 :XYZ(正教徒):04/08/17 14:33 ID:0nzBEA2n
 >>244>>245

 あなた方はどっかの工作員か?

 私が挿花が嫌いなことはそこらじゅうで言っている。

247 :XYZ(正教徒):04/08/17 14:37 ID:0nzBEA2n
 >>243
>隣人同士が敵になると、彼らはいかなる程度の類似性も認めようとしない。
>そのような譲歩は両者間の区別を消滅させるからである。

 ある程度の譲歩は区別を消滅などさせませんよ。貴方はまともに人生経験積んだ
人とは思えない。譲歩すれば区別が消滅する?その程度の組織経験しか社会生活を
送ってきて職場などで積まなかったのか。 ID:oFdf9WfFさん。

 人を学会員呼ばわりする前にご自分を振り返って下さい(ちょっと怒)

248 :名無しさん@3周年:04/08/17 14:45 ID:bpFr53Ia
だからハンドル変えろよ、XYZ(学会員)にwww

249 :XYZ(正教徒):04/08/17 14:47 ID:0nzBEA2n
 イヤ。

250 :名無しさん@3周年:04/08/17 14:50 ID:bpFr53Ia
無宗教のおれから見たら、ギリシャ正教も創価学会も同じ。
宗教(金儲け)に変わりは無い。

251 :XYZ(正教徒):04/08/17 14:53 ID:0nzBEA2n
 >>250
 貴方にとって正教と創価学会が同じなら私ごときのハンドルはどっちでも
いいんじゃない?

 内実、地位などについての社会的評価が違うからハンドル変えろと言った
んじゃないの?矛盾してるよ。

252 :名無しさん@3周年:04/08/17 14:59 ID:bpFr53Ia
いや、おまえ見たのが正教名乗ってたら、正教の関係者が
迷惑すると思っただけだよ、学会員さん(プッ

253 :XYZ(正教徒):04/08/17 15:02 ID:0nzBEA2n
 >>252
 言う事はそれで終わりかね?

254 :名無しさん@3周年:04/08/17 15:30 ID:bpFr53Ia
必死さが学会員であることを証明している。
学会員なら正直に学会員だって名乗ればいいのに。
なにか恥ずかしいことでもあるのでつかwW

255 :あざとーす ◆oOy5b7baSU :04/08/17 15:35 ID:CEJoH0iU
宗教はいらないっても、宗教がない人間はまずいないからな。
組織宗教に属さない、って言うのなら分かるが。

思想、善悪の定義、信仰(対象が親、親友のケースだってある)、そういうモンをひっくるめて、宗教だろ。
それが全く存在しない人間というのは、それはそれで社会不適合であると思うが。

宗教は必要、というか、思考する以上どうしたって生まれる。
組織宗教は、どんなものでも真実足り得ないが、やはり必然として生まれる。

いる、いらないの問題ではない思う。

256 :XYZ(正教徒):04/08/17 15:40 ID:0nzBEA2n
 >>254
 28分考えた結果がそれか?楽しませてくれてありがとう^^
 視聴者の皆様スレ汚しすみませんm(_ _)m

257 :名無しさん@3周年:04/08/17 15:40 ID:O9qgpNl1
>>255
分かっていない人間に、それを説明するのがどれだけ大変か・・・。
俺は、もうやらないけどね。(笑

258 :名無しさん@3周年:04/08/17 15:56 ID:bpFr53Ia
>>256
スレ汚してんのはおまえだろ。
訳のわからないコテハンで煽ってバカじゃないの?

259 :名無しさん@3周年:04/08/17 20:04 ID:aoq+0Ll8
イスラム教は紛争の源のように感じる人は多いはず。
では仏教はどうだろう。
一番深刻なのはスリランカ。
この国は、仏教徒が7割を占める国だが、少数派の
キリスト教徒との対立がエスカレートしている。
仏教徒によるキリスト教会の襲撃や破壊が頻発しているのだ。


260 :名無しさん@3周年:04/08/18 00:30 ID:fkCyUYF6
邪教は叩き潰さねばならない。邪教を信じるものには正しい
信仰を説いて聞かせ、それでも正しく導けないならば、
せめてその邪教がこれ以上人々の間に広まらないために、
その人間を殺してしまわなければならない。それはその人
自身のためにも。何故なら邪教を広めることで地獄にいなければ
ならない年数が伸びてしまうからだ。だから少しでも罪を犯させないために
少しでも早く殺してしまわなければならない。
色々な宗教を認め共存するなんて、それはこの世にしか目を向けていない
からそんなことを言うのだ。即物的な思考しかできない人間は、
そんな状態でこれ以上長く生きていても意味がない、寧ろ害悪だ。
それは他の全ての魂に取ってという意味と、その人自身の魂に取って
という意味で。
一刻も早く地獄を知り、来世以降正しい信仰をできる魂に矯正されて
生まれ変わることをしなければいけないのだ。
無意味に今のこの一生を長引かせることになど何の意味もない。
どうかそのことにだけは皆さん早く気づいてください。
本当の救いが何なのかを考えれば貴方達にもきっと分る筈だから。
間違った信仰のまま長く生き続けることに一体何の意味が?


261 :名無しさん@3周年:04/08/18 00:35 ID:GSD0yk2h
>>260
釣れてまつか?

262 :名無しさん@3周年:04/08/18 01:09 ID:fkCyUYF6
ありゃw

263 :名無しさん@3周年:04/08/19 18:01 ID:IPANkKTx
偉大なる宗教家の皆様へ

宗教やってて何か楽しいことでもあるのか?
それとも、ちっとも楽しくは無いが、死後何か楽しいことがあると
信じて、やってることなのか?
いったいどっちなんだ?



264 :名無しさん@3周年:04/08/19 20:57 ID:Q+/I/iRY
人生が苦しいから宗教があるんだろ
現に、宗教が特に広まるのは、世情の安定しない苦難の時代だ

平和な時代でも、挫折や苦難のない生涯を送る人は少ない

265 :名無しさん@3周年:04/08/20 02:47 ID:qcuKBFGl
>>263
馬鹿だな。楽しいからやってるに決まってるじゃないか。

266 :名無しさん@3周年:04/08/20 10:26 ID:2LkR6CgA
(^^;)キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
偉大なる宗教家>>264

267 :XYZ(正教徒):04/08/20 11:54 ID:JzDwzcih
>>266

 >>264さんがどんな宗派か知らないけど、言ってることは鋭いですね。

268 :名無しさん@3周年:04/08/20 12:10 ID:slfWpqV0
>人生が苦しいから宗教があるんだろ
これは的を射てると思う。

生きていて、現実/真実ほどつらいものはないよ。
宗教ってのは、つらい現実から目を背けたい人が無理矢理信じて心を楽にするものだと思う。
宗教は真実と違う部分があまりにも多いが、宗教を信じて死んでいく方が「楽」。だからなくならない。

神も同じようなもんだね。何か絶対的な存在を作り上げることによって「楽」してる。
絶対的なものを作り上げ、ただそれに従ってれば自分でいろんなことを考えずに済むから。

信仰の中でも、"戒め"みたいなものはいいと思うんだけどね。社会規範、大衆の慣習として。
ただ、多くの宗教の場合その前に「××は言いました…」みたいな言葉がつく。
なんでいちいち誰か権力者のような存在を担ぎ上げないといけないんだか…

269 :XYZ(正教徒):04/08/20 13:28 ID:JzDwzcih
>>268
>ただ、多くの宗教の場合その前に「××は言いました…」みたいな言葉がつく。
>なんでいちいち誰か権力者のような存在を担ぎ上げないといけないんだか…

 良し悪しはともかく、人は誰が言ったかにその発言の真偽の判断基準を求めます。
例えば私がファッションについて2chで語っても誰にも説得力はないです。しかし
叶姉妹が口を開けば聞く人は出てくるわけです(好き嫌いは別にして)。
 これと同じで、誰が言ったかを問題にするのは宗教も同じな訳です。

 特にこの傾向はイスラムに分かり易く出てきていますね。預言者の言行について
の伝承であるハディースは、必ずイスナード(鎖)と呼ばれる部分があり、そこには
「〜は…と云ったと〜は云ったと〜は云ったと〜は(続く)」と言う形で、伝承者の
名が記憶されています。この部分の名前が違うと、それは真正なハディースとはみな
されないそうです。

 言葉は純粋に遊離して存在しえないと思います。

270 :名無しさん@3周年:04/08/20 13:39 ID:C0jmqE1C
なるほど人生が楽しくなれば、宗教はいらなくなる訳か?



271 :XYZ(正教徒):04/08/20 13:55 ID:JzDwzcih
>>268
>絶対的なものを作り上げ、ただそれに従ってれば自分でいろんなことを考えずに
>済むから。

 このスレでも何回か申し上げたかも知れませんが、正教徒は考えます。考えざる
を得ないのです。罪に陥っている人間は、慎重に考えなければ正しい道には至る
ことは出来ないからです。また疑うこともたくさんあるのです。

 しかし元気な新興宗教などには「思考停止」の傾向を有するものが多く、そちら
の方が強烈なイメージを放っていますから、そういうイメージを持たれるのも無理
はないのですが^^;

272 :名無しさん@3周年:04/08/20 14:51 ID:WMuftYJM
すみません。学会員がスレ汚して。

273 :XYZ(正教徒):04/08/20 15:36 ID:JzDwzcih
いったん落ちます。それではまた。

274 :名無しさん@3周年:04/08/20 15:49 ID:hS6Uqd2L
逃げていくとこ見ると、図星だったんだ。
XYZ=創価学会

275 :名無しさん@3周年:04/08/20 20:28 ID:W2EeEON7
>>268[
「宗教は阿片」ね
いや、正しい宗教は、人生が苦である事を認め、
苦からの逃避ではなく、それの受容を訴えるものだと思うよ。
”挫折も絶望も、人生の大切な一部である”ってね。

>>270
平穏無事な内はね
でもどんな人間も失敗や挫折を経験するし、
すぐに老いや別離、そして自身の死と直面することになる。

で、多くの宗教は、絶望が深ければ深いほど宗教的な救いに近づく、としているね。
そして、破壊的カルトの多くも、絶望した人の心の隙間に入り込もうとする…。

276 :名無しさん@3周年:04/08/21 01:02 ID:F3g7THCY
宗教はまやかし。
現実をまともに見れない人間の逃げ場。
宗教と名のつくもの全て一緒。

277 :名無しさん@3周年:04/08/21 01:05 ID:F3g7THCY
人心を惑わすだけの宗教がこの世から消えてくれたら、
人類にとってどんなに喜ばしいことか。

278 :タラリラ:04/08/21 01:23 ID:dElYG0tR
どんな宗教も言ってる事は(基本は)あまり変わらないと思う。
しかし、どんな宗教にも必ず矛盾がある。矛盾を感じずに
信仰出来る人は、私から見ればスゴイと思うし、幸せだなぁ、
と思います。

しかし、宗教によって人類が幸福になってるかと言えば、逆。
戦争はしょっちゅうあるし、差別もある。何かと言えば宗教の話
しかしない人達。どの宗教が正しいのかなんて誰にも判らない。

キリストは今の様な、宗教を望んでいただろうか?
最初に悟りを開いた人が思った事が正しく伝わっていないと思う。
白人は愛を唱えるキリスト教をしながら、黒人差別やユダヤ人差別を
する。教えと全然違うでは無いか?

神もいろんな人種を造ったと言う事は、いろんなそれぞれの宗教が
あって良いと言う事だと思う。皆を認め合って、仲良く暮らしなさい。
そう思ったはずだ。しかし、今の人間を見ていたら人間を造った事を
後悔しているだろう。マジになっちまったぜ。(−−〆)

279 :名無しさん@3周年:04/08/21 03:15 ID:f+SpKOhD
タラリラさんなるほどです。
堕胎反対かと思えば、戦争してるし、小難しいことが入り組んでるとしても
矛盾してると感じます。

宗教は苦しみがあるから・・・
私はクリスチャンですけど苦しみなんて経験してないですけど
クリスチャンになりそうですって人は見ましたよ。
たまに、おられますね。私は前者のほうですけど、苦しみを経験せずに
クリスチャンになりたかったな、って思います

280 :無宗教 ◆1F5mpkB4HQ :04/08/21 05:27 ID:bBvf4sYG
たまたま起きたから、こんな朝早く2ちゃんをしてる無宗教でし。
携帯からだから、改行出来ているかわからんですけど、書き込み。

私は無宗教なんですけど、結局宗教ってなんなのでしょうか?
多分この板にいる人って、何かしらの宗教に属していると思うんですが
宗教に何を求めているのですか?

私は宗教などいらないと思う人間です。



281 :268:04/08/21 17:01 ID:2f4IP7F7
宗教は個人を幸福にするかもしれないが、
長い目で見れば人類全体を不幸にしている存在。
しかし、現実から目を背ける人がいなくならない限り宗教はなくならない。

幸い特定の宗教団体が国民全体に密着していない日本は、
国民全体を盲目的に一つの方向につき動かす原動力は小さい。

宗教的教義の強制力が皆無のため、社会の維持には親から子供への躾が重要になるだろう。
国民はそれぞれ自分のエゴイズムと躾(社会常識)に従って生きている。
現在の日本の社会構造は、個人のエゴイズムがぶつかり合い均衡状態になった結果と言えるだろう。

そんな日本がバラバラにならずある程度まとまっているのは、
メディア/マスコミの功績(弊害?)が大きい。

近ごろマスコミの力と親の躾が弱ってきたこの国。
今後はどういう方向に向かっていくのだろうか…
そのヒントは2chにも隠れている。

282 :名無しさん@3周年:04/08/21 23:52 ID:eU62GllP
>そのヒントは2chにも隠れている。

どゆことどゆこと??なんかおつな風味かもしだしてますなw

283 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 00:33 ID:M/cbSDHs
盲人で口のきけない人をいやして、物を言い、また目が見えるようにイエスはされた。
そのイエスを「この人が悪霊を追い出しているのは、まったく悪霊のかしらベルゼブ
ルによるのだ」〜人には、その犯すすべての罪も神を汚す言葉も、ゆるされる。しか
し、聖霊を汚す言葉は、ゆるされることはない。また人の子に対して言い逆らう者は、
ゆるされるであろう。しかし、聖霊に対して言い逆らう者は、この世でも、きたるべ
き世でも、ゆるされることはない。〜
 
 もし、苦しんでいる者、病んでいる者が健康になり、苦しまなくなった。そのことに
 対して、それを助けた人などを軽蔑したり、悪者にしたりする者は永遠にゆるされな
 い。苦しんでいる者が、苦しまなくなった時、人は素直に喜ばなければならない。
 
人がそのようなことを尊重し、争いを好まず、本能のまま生きることを自制して、神に
自分の欲求を願うことなく、「神よ、主よ」と言わず良識的なことを正しいとするなら、
イエスやブッダに従っている。

284 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 00:34 ID:M/cbSDHs
(イエス)
〜「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である。」「わたしが好むのは、あわ
 れみであって、いけにえではない」とはどういう意味か、学んできなさい。わたしが
 きたのは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである。〜
〜もしあなたに対して一日に七度罪を犯し、そして七度「悔い改めます」と言ってあな
 たのところへ帰ってくれば、ゆるしてやるがよい。〜
(ブッダ)
〜一切の生きとし生ける者をあわれむ修行完成者・ブッダに、罪過は存在しない。かれ
 に過失(道から外れることは)存在しない。罪過を告白して懺悔するのを受け入れな
 い人は、内に怒りをいだき、憎悪で重く、怨恨をまとう。その怨恨を、わたしは喜ば
 ない。そなたの罪過の告白を、わたしは受け入れる。〜
■あわれみもなく、処刑されるほど罪なことをしたわけでもないイエスを処刑した時代。
 それは人としての道を外れた行為であって、罪人である。



285 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 00:35 ID:M/cbSDHs
1.神は祈れば、自分の欲求を叶えるものか?=そうではない
(イエス)
 〜異邦人のように、くどくどと祈るな。彼らは言葉かずが多ければ、聞き入られると
  思っている―みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように。わたした
  ちの日ごとの食物を、きょうもお与えください―と祈れ〜
 ★争ったり、人殺しをしない世界になるよう祈れ。冷酷、残忍な者がいない地上にな
  ることを祈れ。慈悲深く、誰に対しても親切な人が多くなるよう祈れ。人々のため
  に、働くような人になるよう祈れ―祈り求め、自ら行うことにより、地上は平安と
  なる。―自分の欲求を、くどくど祈る人々が多くても何もならない。
(ブッダ)
〜願い求める者には欲念がある。―神に自分の欲望を語るダニヤ「未だ馴らされていな
 い牛もいるし、乳を飲む仔牛もいる。孕んだ牝牛もいるし・・・・・神よ、もしも雨
 を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」
 それに対して、「未だ馴らされていない牛もいないし、乳を飲む仔牛もいない。孕ん
 だ牝牛もいないし・・・・・・神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」
 ★神が望んで、自分の所有物を所有しているわけではない。また、願い求める者には
  欲念があるとブッダは言う。神の望みは、一切の所有物を捨て去ることとし、誰も
  願い求めてはならない。怠けず働くこともブッダは教えている。



286 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 00:38 ID:G+tlpfqS
2.祈り求めたことは、かならず成ると信じなさい=何事でも、あきらめるな。自信を
  持て
(イエス)
 〜神を信じなさい―この山に動き出して、海の中にはいれと言い、その言ったことは
  必ず成ると、心に疑わないで信じるなら、そのとおりに成るであろう。
 ★できると信じ、自信を持つこと。できるだろうかと疑い、また、あきらめる者は、
  最初から何もできない。自分の欲求のために人を使うだけにならないことができる
  と信じることなど。  
(ブッダ)
 〜修行僧たちよ。『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することが
  『できると』答えなければならない。
 ★少し違った意味で、できるを用いている。修行を完成することはできると確信を持
  つこと。   


3.他人より私は信仰深いという者は、地上では誰もいない
(イエス)
 〜もし、からし種一粒ほどの信仰があるなら、この桑の木に「抜け出して海に植われ」
  と言ったとしても、その言葉どおりになるであろう。〜 
 ★「信仰を増してください」ならば、命じられたこと「人に親切にすることなど」を
  してしまったとき、「わたしたちはふつつかな僕です。すべき事をしたに過ぎません」
  と言え。―人に親切にしたからと言って驕るな。

287 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 00:42 ID:ThfOyDIz
4.命じられたことをしても、感謝する神はいない
(イエス)
 〜僕が命じられたことをしたからといって、主人は彼に感謝するだろうか。
 ★「人に親切にすることなど」をしたからと言って、神に感謝を望んではならない。
 
5.他の者より私は善い人間だと驕りを認める神はいない
(イエス)
 〜神よ、わたしはほかの人たちのような貪欲な者、不正な者ではありませんと祈る人。
  ところが神に義とされたのは「神様、罪人のわたしをおゆるしください」という人だ
  った。
 ★他の人たちより、私は善であると驕り高ぶる人より、自分を低くする人のほうが善。
  驕り高ぶる人は、人からも嫌われるだろう。「貪欲でない」「不正はしない」「姦淫
  はしない」と祈り求めても、「よし、善なる者だ。私は特別あなたの望むことを叶え
  てあげよう。」とする神はいないだろう。 
(ブッダ)
 〜「あなたがヴェーダ学生としての清らかな行いをなし、聖火に供物をささげてこそ、
  多くの功徳が積むことができる。」という者に対し、ブッダは「怠け者の親族よ、悪
  しき者よ。汝は善業の功徳を求めてここに来たのだが、わたくしにはその善業の功徳
  を求める必要は微塵もない。悪魔は善業の功徳を求める者にこそ語るがよい。」
 ★神などに供物をささげ、その他宗教行事によって善業の功徳を求める輩。怠け者であ
  る。〜園に植え、林に植え、橋を作り、井戸の舎や貯水池を作る人々、休息所を与え
  る人々、かれらの功徳は、昼夜に増大する。それらの人々は、法に安住し、戒めを身
  に具えて、天におもむく。―功徳は実生活において、苦労をしたりして、人に何かを
  与えて得られるもの。 


288 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 00:43 ID:ThfOyDIz
6.神様と言っても何もならない
(イエス)
 〜「主よ、主よ」と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが
  父の御旨を行う者だけが、はいるのである。わたしを主よ、主よ、と呼びながら、
  なぜわたしの言うことを行わないのか〜
 ★多くの宗教は、神を信じるだけで何か良いことがあると思わせる非現実的な宗教ば
  かりが多い。人々は嘘に惑わされて、信じるだけで幸福にならない。しかし、イエ
  スは、まず自身を主と呼ばせて、善い行いによって幸福になると指導する。
(ブッダ)
 〜かれは宗教的行為によっても導かれないし〜
 ★信仰だけで、宗教行事によって誰も導かれない。

  
7.神は、現実的には何もしないような存在
(イエス)
 〜天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽をのぼらせ、正しい者にも正しく
  ない者にも、雨を降らせて下さるからである〜
 ★現実的な存在を示す、と同時に、人は自分からみて、悪いから良いから、正しいか
  ら正しくないからと言って感情的になり、人を罪に定めたり、裁いたりしないこと。
  それぞれの人が自分の量りで人を裁けば、世の中は混乱する。



289 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 00:45 ID:GqWPeGsN
8.一切誓ってはならない
(イエス)
 〜いっさい誓ってはならない。天をさして誓うな〜
(ブッダ)
 〜一切の戒律や誓いをも捨て、罪過あり罪過なきこの宗教的行為をも捨て、「清浄で
  ある」とか「不浄である」とかいってねがい求めることもなく〜
 ★宗教的行為によって、清浄になりました、或いは正常になりましたということはな
  い。


9.哲学的断定を捨てることで確執を起こさない
(新約聖書)
 〜むなしいだましごとの哲学で、人のとりこにされないように気をつけなさい〜
(ブッダ)
 〜一切の哲学的断定を捨てたならば、人は世の中で確執を起こすことがない〜



290 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 00:46 ID:GqWPeGsN
10.永遠の命の国を行え
(イエス)
 〜敵を愛し、憎む者に親切にせよ。あなたの上着を奪い取る者には下着をも拒むな。あ
  なたがたは、敵を愛し、人によくしてやり、また何も当てにしないで貸してやれ。
  いと高き者は、恩を知らぬ者にも悪人にも、なさけ深いからである。あなたがたの父
  なる神が慈悲深いように、あなたがたも慈悲深いようになれ。人をさばくな。人を罪
  に定めるな。ゆるしてやれ。
 ★〜わたしを主よ、主よ、と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか。〜
(ブッダ)
 〜上に、下に、また横に、障害なく怨みなく敵意なき慈しみを行うべし。〜
 〜わがものとして執着することなく〜物質的な物への愛着はない
 ★白と黒、善悪に汚されることなく、全てに怨みなく敵意なく慈しみを心がけよ。
■永遠の命の国は、敵を認知することもなく、憎しみも怨みもない。自分の物という愛着
 はない。〜天の父は、悪い者の上にも良い者の上にも、太陽を昇らせ〜とあるように、
 自分からくる善悪の認知(識別)はない。―それらのことを守れなくても、善であると
 受け入れること。自分の有益、不利益を考慮することもない永遠の命の国。有不利益を
 考慮せず、人によくしてやることが良いと思うならば、健康な心を持っている。それら
 を「私は神のためにしました」とすることなく自然のものとすること。



291 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 00:47 ID:GqWPeGsN
11.「何を食べようか」とそんなことのために生きるな
(イエス)
 〜何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。〜
(ブッダ)
 〜「わたしは何を食べようか」「わたしはどこで食べようか」「昨夜はわたしは眠りづ
  らかった」「今夜わたしはどこで寝ようか」―家を捨てて道を学ぶ人は、これら憂い
  に導く思慮を抑制せよ。〜
■食うこと、眠ること、着飾ること、それらのことのために生きるな。それらの思慮を抑
 制せよ。永遠の命の国は、それらが思慮されない。


12.今現在が大切
(イエス)
 〜あすのことを思いわずらうな。あすのことはあす自身が思いわずらうであろう。一日
  の苦労は、その日一日だけで十分である。〜
 〜神の国はいつ来るのかと、パリサイ人が尋ねたので、イエスは答えて言われた、「神
  の国は、見られるかたちで来るものではない。また『見よ、ここにある』『あそこに
  ある』などとも言えない。神の国は、実にあなたがたのただ中にあるのだ。」〜
(ブッダ)
 〜かれらは、過ぎ去ったことを思い出して悲しむこともないし、未来のことにあくせく
  することもなく、ただ現在のことだけで暮らしている。それだから顔色が明朗なので
  ある。ところが愚かな人々は、未来のことにあくせくし、過去のことを思い出して悲
  しみ、そのために、しおれているのである。〜
 〜この世も、かの世も望まない。〜今現在貪欲にならず、全てに満足する。
■神の国はいつごろでもなく、ただ中にある。  


292 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 20:56 ID:HpLkO01n
13.神々信仰も意味ない
(新約聖書)
 〜さて、偶像への供え物を食べることについては、わたしたちは、偶像なるものは実際は
  世に存在しないこと、また、唯一の神のほかには神がないことを、知っている。〜たと
  い神々といわれるものが、あるいは天に、あるいは地にあるとしても、そして、多くの
  神、多くの主があるようではあるが、わたしたちには、父なる唯一の神のみがいますの
  である。万物はこの神から出て、わたしたちもこの神に帰する。〜
(ブッダ)
 〜見よ、神々並びに世人は、非我なるものを我と思いなし、固体に執著している。〜
 〜仙人や常の人々や王族やバラモンがこの世で盛んに神々に犠牲を捧げたのは、われらの
  現在のこのような生存状態を希望して、老衰にこだわって、犠牲を捧げたのである。〜
 ★神々を崇拝するバラモン教などがあり、彼らを戒めている。
■神々などを信じて自分の利益を乞うが、人々がそれぞれ愛し合うこと、ゆるしあうことの
 ほうが世の人々の利益となる。


14.偶像などへの供え物
(新約聖書)
 〜ある人々は、偶像についての、これまでの習慣上、偶像への供え物として、それを食べる
  が、彼らの良心が弱いために汚されるのである。〜
 ★偶像礼拝は貪欲他ならないとする聖書。供え物もする必要はない。
(ブッダ)
 〜悪魔があなたがヴェーダ学生としての清らかな行いをなし、聖火に供え物をささげてこそ、
  多くの功徳を積むことができる。→ブッダいわく、怠け者の親族よ、悪しき者よ。
■「偶像に供え物をささげました。聖火に供え物をささげました。私によいことがありますよ
 うに。」そのようなことは貪欲他ならない。神を偶像化し、自分の欲求を願うのではなくて、
 欲求の戒めのために信仰がある。〜だから、地上の肢体、すなわち、不品行、汚れ、情欲、
 悪欲、また貪欲を殺してしまいなさい。貪欲は偶像礼拝ほかならない。これらのことのため
 に、神の怒りが下るのである。(新約聖書)〜

293 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/08/22 22:16 ID:DBaYuGJg
15.貪るな働け
(新約聖書)(イエス)
 〜あなたがたは、むさぼるが得られない。そこで人殺しをする。熱望するが手に入れること
  ができない。そこで争い戦う。〜
 〜何事でも人々からしてほしいと望むことは、人々にもそのとおりにせよ。これが律法であ
  り預言者である。〜
 〜あなたがたの間で偉くなりたいと思う人は、仕える人となり、あなたがたの間でかしらに
  なりたいと思う者は、すべての人の僕とならねばならない。〜
 ★世間からしてほしいと望むことがあれば、世間に奉仕すること。世間に労力を提供して欲
  しいなら、労力を提供すること。自分の欲求を人々に言いつけるだけではいけない。
(ブッダ)
 〜世間は貪りと怠惰のゆえに輝かない。欲心が世間の汚れである。〜かれらは欲望を貪り、
  熱中し、溺れて、吝嗇で、不正になずんでいるが、死時には苦しみにおそわれて悲嘆する。
  ―「ここで死んでから、われらはどうなるのだろうか」と。
 〜園に植え、林に植え、橋を作り、井戸の舎や貯水池を作る人々、休息所を与える人々―
  かれらの功徳は、昼夜に増大する。それらの人々は、法に安住し、戒めを身に具えて、天
  におもむく。〜
 ★欲心があり、貪るだけで怠惰な人々。世間は輝かない。働くことが快楽や享楽を耽溺する、
  食う寝るなどの本能的な生き方の戒めとなり、掠め取る、盗みなどの法を犯すことなく、
  人を自分の利益の貪りの対象とせず、法に安住し、死後は天におもむく。
  
  

294 :名無しさん@3周年:04/08/22 22:38 ID:UEncPft6
訳のわからない連続レスうざい。

295 :名無しさん@3周年:04/08/23 01:07 ID:ho5YhA12
>>283 -293
何かの布教ですか?

296 :名無しさん@3周年:04/08/23 10:32 ID:NLDZ0rrN
荒らしでしょ。

297 :XYZ(正教徒):04/08/23 11:49 ID:pDwyxA4a
>>275
>で、多くの宗教は、絶望が深ければ深いほど宗教的な救いに近づく、としているね。
>そして、破壊的カルトの多くも、絶望した人の心の隙間に入り込もうとする…。

 「死に至る病=絶望」としたのはキルケゴールの筈ですが。哲学系詳しくないけど。

 絶望してはならない、と正教会は教えています。「希望(のぞみ)を失へる者を
救ひ給へ」と祈る正教徒に聖書はこう教えている。「主は我の希望(のぞみ)なり」
(聖詠:詩篇)と。

298 :名無しさん@3周年:04/08/23 14:01 ID:GgFXMW74
>>297
> 絶望してはならない、と正教会は教えています。「希望(のぞみ)を失へる者を
>救ひ給へ」と祈る正教徒に聖書はこう教えている。「主は我の希望(のぞみ)なり」
>(聖詠:詩篇)と。

これこそ
>多くの宗教は、絶望が深ければ深いほど宗教的な救いに近づく、としているね。
の典型例じゃん。

「絶望しなくていんだよー …○○さえ信じればネ」っていうパターン。
○○を盲目的に信じさせることによって"絶望"から目を背けさせてるだけなんだけどね。

「○○を信じれば絶望どころか幸福になるよ。信じなさい」
「○○は信じてくれた人しか幸福にしないからね。どんどん信じて。」
「つーか○○信じない人は逆に不幸になるよ。絶望感じるよ。○○を信じてね」
「つーか○○信じないアホは逝ってよし。○○を信じてる君ら最高」
「○○信じない奴なんて生きる価値無し」

エスカレートしていくと、だんだんカルト色が強くなってくわけだ…

299 :XYZ(正教徒):04/08/23 14:10 ID:pDwyxA4a
>>298
>盲目的に信じさせることによって"絶望"から目を背けさせてるだけ

 私は別に盲目的に信じてなどいないですけどね。前レス読んで頂けば分かります
が。一般論としてはそういう方もいらっしゃることまでは否定しませんけど。
 それに目を背けたりしませんけど。ハリステアニンは「たたかえ」と教えられ
ていますが。


 あつものにこりてなますをふく

 宗教というだけで嫌いという思考様式もこれと同じでは?

300 :XYZ(正教徒):04/08/23 14:21 ID:pDwyxA4a
300げっとずさ。

 目を背けることくらいで罪や悩みから解かれるのならどれほどラクか。






 そんな方法があるわけがない

301 :名無しさん@3周年:04/08/23 15:42 ID:RDi8ny8K
無駄な行空けるなよ、学会さんww

302 :名無しさん@3周年:04/08/23 18:28 ID:VB59ClKS
宗教は絶対にこの世になければならないものかといえば、
私のように宗教なくても平気でいられる人間がいるので、
なきゃないですむものと言える。
もっと過激に言えば、宗教がないから死ぬ人間などいない。

しかし宗教が原因の紛争、若しくは宗教があるが故に終わ
らない紛争が世界中で起き、亡くなっていく人が後を絶たない。

宗教があることによる利益性よりも、あることによる危険性
のほうが遙かに大きい。

このような場合、人間はrisk and benefitの観点から危険な
ものは切り捨てていく。宗教も切り捨てる時期にきている。

303 :名無しさん@3周年:04/08/23 18:53 ID:ho5YhA12
 >>私は別に盲目的に信じてなどいないですけどね。

そう、皆、思ってるんじゃないの?自分では。
でも、他人から見れば盲目的なのよ。

304 :名無しさん@3周年:04/08/23 19:11 ID:yIlJ7MXF
>>302-303

>>255

305 :名無しさん@3周年:04/08/23 20:00 ID:/ZWjHWTl
XYZ氏の発言を読んでると、自己正当化ばかりで、史上そして現在も絶え間なく「神
の名」によって奪われている無数の人命に対する良心の呵責の念が全く伝わってこな
いね。宗教者の典型的な心理状態だと思う。そもそも、神の被造物であり神そのもの
である現実の人間の命を奪わなければならない程神を信じることが、最も神に反する
行為であるという自覚はないのだろうか。超越的な架空の神概念と現実の人間との折
り合いは一体どうやってつけるのだろうか。超越的な神を信じる限り、そのような折
り合いは原理的に絶対不可能だと思われるが。
世界中の宗教者が毎日懸命に祈っても、現実は全く改善しないどころか、却って悪化
の一途を辿っている事実をどう思うのか。神など存在しないので当然のことだという
自明の理が、どうしてまだ判らないのか。

306 :XYZ(正教徒):04/08/23 20:16 ID:pDwyxA4a
 >>305
>XYZ氏の発言を読んでると、自己正当化ばかりで、
 自分は罪深いって言っているんですが。正教会が無謬だったなどといったつもりも
ありません。しかし自分の信じているものの弁護をするのは自然な心情だと思うのです
がいかがでしょう。

>史上そして現在も絶え間なく「神の名」によって奪われている無数の人命
>に対する良心の呵責の念が全く伝わってこないね。

>、神の被造物であり神そのものである現実の人間の命を奪わなければならない程
>神を信じることが、最も神に反する行為であるという自覚はないのだろうか。

 ムスリム過激派等に仰るのならともかく、何で私がそこまで言われるのか「?」です。
私は神の名のもとに人を殺したことはないですよ。

>世界中の宗教者が毎日懸命に祈っても、現実は全く改善しないどころか、却って悪化
>の一途を辿っている事実をどう思うのか。

 祈りが足りないんです。人の悪意という悪魔が世界に在ります。
 って言っても「狂信的だ!」としかとられないのは重々承知です。私も別に自分の
非力な言葉で理解して頂こうなどとは思っていない。そんなことは不可能です。そこで
別の世俗的な弁明をもしておきますが…。
 
 どうして宗教の関わる紛争が宗教にのみ原因がある(もしくは宗教が極めて重要な要素
である)と考えられるのですか?
 信仰が社会に及ぼす影響を過大評価なさっておいでだと思います。


307 :XYZ(正教徒):04/08/23 20:24 ID:pDwyxA4a
>>302
 レーニン、スターリンはそうしたことを言ってロシア正教会を大弾圧したのですがね。
数百人の致命者をロシア正教会は出しました。
 フランス革命では教会が大弾圧を受け、「反キリスト教・理性の祭典」が各地で
執り行われました。
 チベット仏教を弾圧する中共は無宗教国家です。法輪功も弾圧しています。

 無宗教は別に新しい思考でも何でもありません。無宗教=無謬ではないことは
数多くの社会的実験で多くの犠牲を伴いつつ証明されました。なぜ無宗教の方々は
それほど優越感を持てるのです?その自信の方が私には恐ろしい。

308 :名無しさん@3周年:04/08/23 20:37 ID:JQu4nE0z
ところで、いるのかいらないのかという議論に何か意味があるのか?

309 :名無しさん@3周年:04/08/23 22:21 ID:yIlJ7MXF
>>308
このスレ立てたのがソウカだから。

彼らのは、宗教じゃなくて、思想なんだってさ。
だから、宗教(特に一神教)に対して批判的になる。
彼らは、仏教(多元主義に対して比較的寛容?)ベースで、考えてるから、
宗教が他宗教に対して排他的なのが許せない。
>>1 が最初に主張していること)
自分たちが一番排他的なのにね(笑

とにかく、世間一般の認識は >>255 氏の主張が一番近い。
>>1 は、問題の見方が単純過ぎ。

310 :名無しさん@3周年:04/08/23 22:27 ID:JQu4nE0z
ああ、>>255で結論でてるな。
まあ、お前ら好きにやれ。

311 :名無しさん@3周年:04/08/23 22:35 ID:/O2nHgFh
>>309
あなたも宗教の方ですね。>>1さんの見解こそ、少なくとも日本における世間一般の
常識だと思うが。
>>255さんは、特に人間に害悪を及ぼし続けている一神教が、超越的な存在の実在
の信仰に基づいている点を見落としており、宗教論としてはピント外れである。


312 :名無しさん@3周年:04/08/23 22:46 ID:yIlJ7MXF
>>311
俺は、もう説明する気がない。(前スレでさんざん説明したし、馬鹿らしい)
自分で、勉強してくれ。(笑

>> >>1 さんの見解こそ、少なくとも日本における世間一般の 常識
それじゃ、聞くが、>>1 のような見解を、TVのニュースで解説されたのを聞いたことがあるかい?
いわゆる日本の無宗教の知識人の意見として、読んだことがあるかい?
もし、あったら、ソースを載せてくれ。(笑

313 :名無しさん@3周年:04/08/23 22:47 ID:DgHUp4+W
>>255は結論どころか、問題提起なのだと思いますが。

他人から教え込まれた思想・社会の教えるままに受け入れている
善悪の定義・親や伝統への盲目的信仰、こういうものが自分の中に
あると気づいたとして、人はそれに無批判にただ従うのでしょうか?

個人がそのような思想・定義・信仰に反逆する時、その人ははぐれ者、
アウトサイダーかも知れませんが、どんな宗教が約束する自由よりも
自由であるはずです。

革命家やグルや指導者の回りに必然的に生まれてしまう組織教団を、
漫然と仕方ないから服従するというのでしょうか?それではあなた自身の
思考の意味すらないのではないでしょうか。

314 :名無しさん@3周年:04/08/23 23:02 ID:/O2nHgFh
>>312
カルトのデイベート調ですね。
日本では、宗教に本当の関心や知識を持つ人はまだ少ない。従来からの「宗教
は善である」という誤った認識に留まっている。これには、宗教学者の職域防
衛の意識も責任がある。しかし、一旦関心や知識をもてば、>>1さんの見解に
行きつくことは必然。

>>313
問題は、現実に立脚しているか否かでしょう。

315 :名無しさん@3周年:04/08/23 23:03 ID:yIlJ7MXF
>>革命家やグルや指導者の回りに必然的に生まれてしまう組織教団を、
>>漫然と仕方ないから服従するというのでしょうか?

宗教でなくカルトの問題でしょ。

316 :名無しさん@3周年:04/08/23 23:06 ID:yIlJ7MXF
>>314
なら、ソースを挙げてごらん。
>>日本では、宗教に本当の関心や知識を持つ人はまだ少ない。
それじゃ、アナタは、数少ない関心を持ってる知識人なんだ(笑
とにかく、ソースを示してみて。

317 :名無しさん@3周年:04/08/23 23:12 ID:yIlJ7MXF
>>314
フランスのセクト法でもいいよ (大爆笑

318 :名無しさん@3周年:04/08/23 23:20 ID:JQu4nE0z
>>313
結論だよ。いるいらんの問題ではない、というのがその結論だ。

その良し悪しは、また別問題だ。

319 :J・K:04/08/23 23:53 ID:DgHUp4+W
>>315
すで>>255で宗教を、思想・善悪の定義、信仰と定義づけいています。
つまり自分が知らず知らずのうちに受け継いでいるあらゆる教義・伝統・
慣例・儀式・思想・善悪の定義など、すべてが宗教だというのです。

それらを知らず知らずに受け入れ、服従し、崇拝していれば、それは
宗教に対して無批判ということでしょう。
世間でカルトと考えられているかどうかは、無関係です。

自分の中の宗教に気づきながら、漫然と服従するのか。
それとも自由のために、個人の反逆を起こすのか。
これは結論ではなく、すべての始まりでしょう?

320 :名無しさん@3周年:04/08/24 00:04 ID:o6tdwr0l
>>319
あとは、国語力の問題だ。
好きにしな。

321 :J・K:04/08/24 00:52 ID:lgiquW1W
すべての人が、生まれた時から今まで、思想や善悪の定義や信仰にさらされて、
知らず知らずのうちにそれらを取り込み、自分と一体のものと思い込んでいます。
自分の中に取り込んできたこれらあらゆる思想、善悪の定義、信仰、
そのすべてに気づくためには、「何が良い、何が悪い」と簡単に決めつけずに、
自分自身に対して中立的で、注意深く見守る必要があると思います。
これらすべては「伝統」とか、「慣わし」とか、「ルール」「自明のこと」として、時に
は「自由と解放への完全な道」「神の国」などと称して、自分でも気づかない
うちに自分の中に取り込まれています。それは両親や社会や教育が、
そのように個人を従順ならしめるために教え込んできたのでしょう。

322 :名無しさん@3周年:04/08/24 01:32 ID:ivDj4M1S
ミソもクソも一緒くたのごった煮ですか。はいそうですか。

323 :名無しさん@3周年:04/08/24 01:52 ID:wnDcmfhw
娘は死んだように見えた
それでも変わらず母親は興奮し続けて叫び
蹴ったり爪で皮膚を剥いだりもっと喜悦に悶えながら
意味のない屈辱的な危害を加え続けた
さすがに父親は狼狽して来た
そろそろ何か言いそうに息を吸って唇を開いたが弱気であった
時計を見たのである
時計は全然狂っていた

324 :名無しさん@3周年:04/08/24 10:00 ID:JGF0y53X
XYZ(正教) ← 間違いなく創価学会員

325 :名無しさん@3周年:04/08/24 10:13 ID:D+eMXtC/
>>324
XYZは創価ではないと思うよ。単なるキリスト教の盲信者ではないかな。
XYZさん、どうなんですか。

326 :名無しさん@3周年:04/08/24 10:55 ID:M9s2JhSJ
返事がないところを見ると.....

327 :名無しさん@3周年:04/08/24 10:57 ID:FQ8sdIZ4
>>325
>>キリスト教の盲信者
何で、盲信者?
そのように感じると言うことは、君も盲信者だということだ。

328 :XYZ(正教徒):04/08/24 13:34 ID:nYnhVSTa
>>325
 盲信者、ね…^^;2chだから言える台詞ですな。そこに2chのおもしろさと
あやうさがある。私のレス見て挿花と思う奴はいないだろうから安心しているけど。
でも同様の荒しには極力対応しませんので悪しからずご了承下さい。

329 :名無しさん@3周年:04/08/24 14:06 ID:9MpcNk6/
XYZ(正教)は創価学会の工作員なので相手にしないほうがいいよ。


330 :名無しさん@3周年:04/08/24 14:08 ID:tLTh7XLN
>>328
妄信者には、自分が盲信者であるという自覚がありません。精神病が高度に
なると「病識」が無くなるのと同じです。
ところで、創価の池田氏は「創価は宗教ではなくて哲学である」と言い、
「人間中心主義」を唱え、「霊」を否定しているそうです。これについて
理論的なコメントがありますか。勿論、言ってることとやってることとが
異なるのは、ほとんどすべての宗教に共通する特徴ですが。

331 :名無しさん@3周年:04/08/24 21:43 ID:uly8bo8F
>>330
宗教はいらない。良識ある人間になって、人に迷惑かけずに生きること。

332 :名無しさん@3周年:04/08/24 21:48 ID:uly8bo8F
創価は、本尊をなくし、お経を唱えることをなくし、隣人の愛を
唱えるようにしたら?人は助けあうこと。それだけ訴えればいいよ。
そうすれば、少しはまともになる。

333 :名無しさん@3周年:04/08/24 21:49 ID:uly8bo8F
哲学に本尊があるから、お経を唱えるから、世界一おかしな団体
になる(W

334 :名無しさん@3周年:04/08/25 03:26 ID:fjT8eciR
敢えて本尊を設定してるだけですよ。本尊があった方がまとまり安いし
一人一人が安心できる。その程度のもの。効果を狙ってのもの。仮の
モデルです。人間中心主義だからこそ、人間の未熟な点をよく見つめ、
ある種の依存対象として本尊を設けているだけです。だから創価学会
では、必要のない人にまで偶像?を拝むことを強要なんてしない。
飽くまで道具として使っているだけですから。ぬいぐるみだってなんだ
って実は良いのです。
創価学会の会員の中にも正直悪い人間はいるんです。それは私も認める。
何故なら創価学会では一人一人に対して強力な呪縛をかけて、行動を、
あるいは思考を、一つの方向に向けようという意識は小さいからです。
他宗教のような禁止も掟もなく、ただそれぞれの良心に基づいた行動、
思考を促そうとするだけだから、会員の中にいわゆる「悪い」人間が
いても、周りはそれ程厳しく糾弾するという方向性を持たないんです。
飽くまで創価学会は哲学、即ち思考し続けて日々よりよくなっていこうと
するわけです。何らかの真実に基づいて行動を、思考を善と悪とに初めから
分けるのでなく、日々よりよい未来のために考え続けて、その中で、
暫定的に今「善」とみなされることが何なのかを話し合って決を取り、
集団としての、一時的な行動の指針を定めます。

335 :XYZ(正教徒):04/08/25 09:45 ID:DKVX3Anb
>>384
>飽くまで道具として使っているだけですから。ぬいぐるみだってなんだ
>って実は良いのです。

 挿花が聖性を軽視する、悪しきヒューマニズムの団体であるという事実が端的に
ここに顕れている。


336 :名無しさん@3周年:04/08/25 09:53 ID:WoKQHQAu
>>333
>>334はXYZ(正教)の自作自演www

337 :名無しさん@3周年:04/08/25 10:55 ID:vV0oAUF2
>>335
そんなことばかり言うから、キリスト教の盲信者だと思われる。「聖性」とは具体的
には一体何で、どのような根拠に基づくものか。人間には「聖性」はないのか。
「鰯の頭も信心から」との関係は?「聖性」なるものとその根拠について、詳細な
説明を希望する。人間を超越した聖性など訳のわからんものに無意味に執着するから、
人間間で殺し合いが絶え間なく続いているのではないか。
人間の心は、形あるものに接することにより安定を得るという性質を有する。ギリシャ
正教のイコンと縫いぐるみとは、本質的にどこが違うか。>>334のほうが遥かにマトモ
である。


338 :名無しさん@3周年:04/08/25 11:11 ID:0/Li5IHj
宗教が政治を利用しているんだよ。道はどうやってできる?いろいろな建物はどうやってできる?この世の中は一人じゃどうしようもないんだよ。人と人のつながりは共有感以上のつながりがないといろんな物が実現しないんだよ。

339 :名無しさん@3周年:04/08/25 11:21 ID:0/Li5IHj
宗教の共有感がマスコミに利用されてる。マスコミこそが悪だ。

340 :名無しさん@3周年:04/08/25 11:49 ID:fEfv8/cs
>>334
そうかはカルト。

341 :名無しさん@3周年:04/08/25 11:55 ID:fEfv8/cs
宗教を否定するような思想が広く受け入れられるような時代ではない。
ポストモダニストに御本尊を持たせて、徒党を組んだのがそうか。
だから、フランスでカルト指定される。

342 :名無しさん@3周年:04/08/25 11:57 ID:0/Li5IHj
政教分離の不合理さ。政治家個人の判断が靖国じゃ心配だわな。ご近所の寺社を大切にしなさい。ま、過去の盛況をひきづっているだけだがな。

343 :名無しさん@3周年:04/08/25 12:03 ID:vUSczST+
公明党の議員って靖国神社行くの?

344 :名無しさん@3周年:04/08/25 12:44 ID:nii9Aj8l
ワールドメートに注意しましょう!
この団体は、人の弱みに付け込んで「救霊」という祈祷をして
高額なお金を集金します。また、掲示板を見られると困る為、
「パソコン依存の霊が憑く」とか言います。雑誌にも「アタール」
という占い喫茶を出してるので気をつけましょう。
「たちばな出版」の深見東州です。
これらの団体に引っかからない為に、公開注意をします。この文を
3つコピペでいいので貼り付けましょう。被害拡大許すべからず。










345 :名無しさん@3周年:04/08/25 13:18 ID:vUSczST+
宗教って何でもありなんでつね。

346 :名無しさん@3周年:04/08/25 13:40 ID:WoKQHQAu
宗教は犯罪の温床

347 :名無しさん@3周年:04/08/25 13:52 ID:fEfv8/cs
>>346
アンタの考え方が犯罪。
違うなら、宗教者と非宗教者の犯罪率データをアップ汁

348 :名無しさん@3周年:04/08/25 15:00 ID:WoKQHQAu
犯罪率うんぬんの問題じゃないだろ。
>>344みたいなのが宗教と名乗ってるんだよ。
まさに犯罪の隠れ蓑じゃないか?

349 :名無しさん@3周年:04/08/25 15:07 ID:0/Li5IHj
オームは革命を試み、それに失敗しただけだ。小勢力が武力を行使すると、こういう結果になる。

350 :名無しさん@3周年:04/08/25 15:10 ID:0/Li5IHj
労働者をコントロールできる力があればな。宗教にはその力はない。

351 :名無しさん@3周年:04/08/25 15:13 ID:ezgzoD5R
WMは ダメ

352 :名無しさん@3周年:04/08/25 15:24 ID:vUSczST+
大なり小なりどこの宗教もやばいことやってるでしょ。

353 :名無しさん@3周年:04/08/25 16:13 ID:fEfv8/cs
「類は友を呼ぶ」と言うからな。
馬鹿は、馬鹿な宗教に入るだろう。

354 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/25 16:15 ID:PPNJyH2t
小泉教とか?w

355 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/25 16:17 ID:PPNJyH2t
見ろよ、この馬鹿宗教っぷりw
http://yasz.hp.infoseek.co.jp/

356 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/25 16:35 ID:PPNJyH2t
屑の集まり(笑

357 :名無しさん@3周年:04/08/25 16:37 ID:WoKQHQAu
ところで処刑ライダーって何ですか?

358 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/25 16:41 ID:PPNJyH2t
それで「宗教なんかいらねえぜ、俺たちは立派」とか(ゲラ

359 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/25 16:44 ID:PPNJyH2t
>小泉総理は運が強すぎる 〜小泉超ラッキー伝説〜
>
>運スレと小泉の法則のまとめページ

幼稚園児の発想だろw

360 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/25 16:47 ID:PPNJyH2t
超ラッキー伝説(プ

361 :XYZ(正教徒):04/08/25 17:09 ID:DKVX3Anb
>>357
 そういう題名の映画がTSUTAYA中古ビデオ販売コーナーに置いてありましたよ。

362 :名無しさん@3周年:04/08/25 17:14 ID:DFRSV9yl
>>359
誰に言ってるの?
独り言?

キモッ

363 :XYZ(正教徒):04/08/25 17:33 ID:DKVX3Anb
>>350
 イラン=イスラム革命は?

364 :XYZ(正教徒):04/08/25 17:53 ID:DKVX3Anb
>>337
>正教のイコンと縫いぐるみとは、本質的にどこが違うか。

 貴方にとっては同じにみえても、私には同じではない。

 そうした違いを認めることが世界平和への小さな処方箋だとかねがね思うのだが。

365 :名無しさん@3周年:04/08/25 18:00 ID:oZQmC/9T
>>334
以前は、自民党を攻撃し、今は自民党の味方をする。この本尊が本当だとか
寺は悪いとかいって、信者同士を争いに巻き込む。
創価はそのつど自分達の都合のよいように何でも変えていく。
本尊を捨てない限り、>>332は信じてはだめ。騙されてはいけない。結局金儲け
の宗教団体にすぎない。宗教団体というか、企業だ。信者?人を獲得して、金儲
けを企んでいるだけだ。
本尊を捨てて、お経を捨てて、人間中心主義を訴える団体になって初めて信用し
よう。


>>335 あんたらキリスト教も、聖性の肯定を人に押し付け、争いと戦争の要因を
つくるだけじゃないか。人にイエスと言わせて、言わない人間を否定する。あん
たら最悪の人間集団。

366 :名無しさん@3周年:04/08/25 18:04 ID:oZQmC/9T
275 名前:名無しさん@3周年 :04/08/11 17:02 ID:YXmtMimQ
>270

下ネタを言っても成仏できるのが創価学会です。
末法の凡夫は、たとえ過去に破戒しても、
南無妙法蓮華経の信、行、学によって
必ず成仏できます。それが日蓮大聖人
の教えです。その教えを忠実に実践
しているのが創価学会です。逆に、
過去に既に破戒してしまっている人達は、
創価学会以外では成仏できません。
蟻や蚊を殺しても地獄行きです。
そんな末法の凡夫を救うのが
仏意仏勅の創価学会なのです。


 創価なんかうまいこと言うけど、結局脅して
 人から金を巻き取る。なにが哲学だ。池田の
 金儲け哲学だろう。

本尊とお経を捨てろ。

367 :XYZ(正教徒):04/08/25 18:07 ID:DKVX3Anb
>>365
>聖性の肯定を人に押し付け、争いと戦争の要因をつくるだけじゃないか。
 正教会は強制する発想を持ちませんけど。

>人にイエスと言わせて、言わない人間を否定する。
 正教会は否定などしませんよ。よく繁華街などで「神のクニは近づきました〜!イエス様
を信じなければ人は〜地獄に〜(以下想像におまかせします)」などと大音量で放送している
類の輩とその発想は、私も嫌悪しています。
 「私は罪人です。救ってください」と祈るのがハリストス教なのに、
 「おまいら罪人じゃ!イエスさまに祈れ!」と叫んでどうする?と思う。

368 :名無しさん@3周年:04/08/25 18:09 ID:oZQmC/9T
(創価学会『折伏経典』42〜44頁) 十界論の説明(監修:池田大作)

地獄界――不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者
餓鬼界――下級労働者、衣類住居まではとても手が届かず、
         毎日毎日の生活が食を得る為に働いているような人々。
         アルコール患者。拝金主義者。性格異常者。
畜生界――パンパン、不良、泥棒、スリ、その他犯罪者。
修羅界――兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とするような、人と
争う人間。
人間界――普通平凡に生活している市井人。
天 界――大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、
        経済家、偉大な軍人等々。
声聞界――学者、研究家、学生等。
縁覚界――大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、
        何かの研究を完成した学者等。
菩薩界――二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見
        により広く社会を利益した者。例えばエジソン、ワット、
        湯川秀樹博士、支那に生れた孔子等。更に仏法を広め、
        衆生に救を与えた人々。
仏 界――日蓮大聖人(御本仏)、釈迦(迹仏すなわち影の仏)、
        天台(迹仏)、伝教大師(迹仏)等。


創価は哲学じゃないだろ、差別宗教。天界を大金持ちに仕立て上げ、
 金をふんだくる。池田の哲学か?

369 :名無しさん@3周年:04/08/25 18:23 ID:DFRSV9yl
結局宗教って.......。

370 :名無しさん@3周年:04/08/25 18:54 ID:4YvL0CiF
>>367
平和な時代、宗教はいらない人にはいらない。どうしても、宗教をしたい人に
勧めること(受けれること)


神父も牧師も働いて、人を教えること。人を罪人だと言って、信じないと救われない
と脅し金を取る。これは恐喝の他ならない。
だから、神父もしっかり働いて、人から金を取り教えるだけで生活できるようにしな
いこと。わかりましたか。

371 :XYZ(清教徒):04/08/25 19:18 ID:Pc/qEjtb
>>370
わかりまちた。
ぼくちん、ハリストスじゃなく、聖書と神様を信仰しますです。

あーめん。

372 :名無しさん@3周年:04/08/25 19:28 ID:DFRSV9yl
教えを乞う者にのみ教えを施せばよい。
そうでない者にまで施そうとすると、単なる
セールスマン、押し売りと変わらない。


373 :名無しさん@3周年:04/08/25 20:46 ID:DcxLtc29
>>364
>そうした違いを認めることが世界平和への小さな処方箋だとかねがね思うのだが。

そのような現実上の根拠が全くない、人間の観念の産物に過ぎないものに人命にも
優先する価値を認めるから、宗教間の殺し合いが起きるのです。馬鹿馬鹿しいことだ
とは思わないのですか。ここは人間界です。人命に優先する観念信仰は即刻禁止すべ
きです。


374 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/25 20:46 ID:PPNJyH2t
>>362
お前みたいな脳みその中味のガラクタな小泉信者にさ。

勝手に俺の知り合い面して偉そうな真似すんなよ、ブチ殺すぞ、コルァ

375 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/25 20:48 ID:PPNJyH2t
おまいら、「ラッキー伝説」だそうだぞ、「ラッキー伝説」。
お安いのがお好きw

376 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/25 21:01 ID:PPNJyH2t
現実と妄想の区別ちゃんと付けてないと、
何とか君みたいに、風になって逝っちまっ
たりするからさw

377 :XYZ(正教徒):04/08/25 22:09 ID:DKVX3Anb
 >>371
 勝手に人のハンドル使うな。それに正教会ではあーめんとは言わない。出直せ。

378 :名無しさん@3周年:04/08/26 09:48 ID:uwA4L7af
処刑ライダーって言う人、くるくるぱー?

379 :処刑ライダー2号:04/08/26 11:18 ID:l2RDX9T8
>>377
彼は、清教徒だろ。そういってる。(笑

380 :名無しさん@3周年:04/08/26 13:59 ID:uwA4L7af
処刑ライダーといい、XYZといい基地外の集まりですか?

381 :処刑ライダー2号:04/08/26 14:27 ID:l2RDX9T8
あんまりソウカが五月蠅いから、第二心と宗教板へ
荒らしに行ったんだけど、あそこはスゴイね〜(大爆笑
そうかの屍が累々と・・・・・・。

アンタら、行き場がなくなって、ここへ来てるんでしょう >そうか

382 :名無しさん@3周年:04/08/26 19:59 ID:uwA4L7af
宗教はいらない。
いると言うのはそれで飯を食ってる人。

383 :名無しさん@3周年:04/08/26 20:02 ID:g69iF3bc
ワールドメイトいりません

384 :名無しさん@3周年:04/08/26 21:05 ID:l2RDX9T8
>>382
全ての宗教が日本からなくなったら、
オウムが乱立するよ。

385 :名無しさん@3周年:04/08/26 21:06 ID:pygnpkW8
>>384
オウムは宗教じゃないんですか?

386 :名無しさん@3周年:04/08/26 21:43 ID:KFlhUkvB
>>384
オウムと他の宗教とは、心理構造的にどこが違う?オウムは典型的な宗教ではないか。
オウムの母体も伝統宗教で、麻原は優れた宗教者だという学者や宗教家もいる。
他宗教からの具体的・理論的反論を期待する。他宗教がオウムを批判すれば結局はそ
のまま自分の宗教に跳ね返ってくるので、批判は不可能だと思うが。


387 :名無しさん@3周年:04/08/26 21:49 ID:r+y4cjUu
>>385
テロ軍団

388 :名無しさん@3周年:04/08/26 22:44 ID:l2RDX9T8
>>386
さんざん批判されてるだろ。スレ読め。
アンタの理屈なら、ソウカは北チョンを批判できないことになるな。

389 :名無しさん@3周年:04/08/26 23:52 ID:vjOwbDOg
創価=収益企業
 池田が哲学と言えば、信者は哲学と信じる。
 南無妙法蓮華経が世界一であり、後は邪宗と言えば、後は邪宗である。
 自民党を非難すれば、自民党を非難することに戦い、自民を良いと言えば、
 自民を応援する。
 
ある時は哲学、ある時は宗教であり、創価以外では成仏できないと言う。
自行化他により、折伏により、人に勧めれば自分の功徳がつくという。本尊を
信じれば病気は治り、通常では考えられない哲学。

なんでもいいんです。信者が増え、創価本部に流れる金が増えれば。ひとりの
人間の思いに、信者は右往左往。しかし、それが正しいと信じて疑わない。彼
らはどんなことを言われようと、池田についていくだろう。公明が大きくなれ
ば、ひとりの人間の意思に日本が大きく動かされる。独裁国家の誕生だ。

創価を見て、そんな感じがするよ。


390 :名無しさん@3周年:04/08/27 11:49 ID:JBAVAfx0
宗教はすべて五十歩百歩。



391 :名無しさん@3周年:04/08/27 11:57 ID:7ckvuYE3
宗教が、現実の人間を超越した単なる観念に最大の価値を認めるのなら、
少なくとも人間界では有害・無益。自然科学について無知蒙昧で「神概念」
に頼らざるを得なかった未開時代の遺物の惰性的残存またはオイシイ営利の
手段に過ぎない。

392 :XYZ(正教徒):04/08/27 12:59 ID:/aUgHNYG
単なる推測だが、挿花のことを悪く言わず、伝統宗教は名指しで攻撃している
「自称無宗教」には挿花会員も含まれていそうな気がするな。割合が分からないけど。

 自分を「宗教ではない」と言い張る宗教団体ほど怖いものはないような気もする。
>>389さん、同意します。

393 ::04/08/27 13:35 ID:JBAVAfx0
だからオマエガ創価学会だろ?

394 :XYZ(正教徒):04/08/27 13:37 ID:/aUgHNYG
 また始まった………………………

 (o_ _;)o

395 ::04/08/27 13:52 ID:sipM98Bo
創価学会員は死ね

396 :名無しさん@3周年:04/08/27 16:46 ID:VOHjL2Co
>>393 395 = >>1
自分で言ってて、空しくならねーか(大爆笑

397 ::04/08/27 17:30 ID:sipM98Bo
妄想男ハケーン!(大爆笑

398 :名無しさん@3周年:04/08/27 17:53 ID:VOHjL2Co
(創価学会『折伏経典』42〜44頁) 十界論の説明(監修:池田大作)

地獄界――不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者
餓鬼界――下級労働者、衣類住居まではとても手が届かず、
         毎日毎日の生活が食を得る為に働いているような人々。
         アルコール患者。拝金主義者。性格異常者。
畜生界――パンパン、不良、泥棒、スリ、その他犯罪者。
修羅界――兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とするような、人と
争う人間。
人間界――普通平凡に生活している市井人。
天 界――大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、
        経済家、偉大な軍人等々。
声聞界――学者、研究家、学生等。
縁覚界――大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、
        何かの研究を完成した学者等。
菩薩界――二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見
        により広く社会を利益した者。例えばエジソン、ワット、
        湯川秀樹博士、支那に生れた孔子等。更に仏法を広め、
        衆生に救を与えた人々。
仏 界――日蓮大聖人(御本仏)、釈迦(迹仏すなわち影の仏)、
        天台(迹仏)、伝教大師(迹仏)等。


創価は哲学じゃないだろ、差別宗教。天界を大金持ちに仕立て上げ、
 金をふんだくる。池田の哲学か?


399 :XYZ(正教徒):04/08/27 19:00 ID:/aUgHNYG
>>398
 よく出てくるよね。これ。(苦笑)
 つっこみどころ満載。 (大苦笑)
 私は多分地獄界なんだろね(苦笑)
 病人は泥棒より下なんだね(苦笑)
 大体、
 拝金主義者と大金持ち
 兵隊と偉大な軍人
 どこで線引きをするんだ(爆苦笑)

400 :XYZ(正教徒):04/08/27 19:26 ID:/aUgHNYG
>>373
>ここは人間界です。人命に優先する観念信仰は即刻禁止すべきです。
 正教会はそんなこと言いませんがね。それに人命より倫理やタブーを優先する事態は
宗教に限らず考えられるっていうのはこのスレで言ったことあったかな?

 遭難したときに、友人の死体を食べるという食人のタブーを犯して生き残った登山家のエピソード
がある。
 もしかしたら他の人ならタブーゆえに考え付きもしない方法だ。しかしタブーからその登山家が
生き残れなくても、それを責めたり危険だと言う人はいないだろう。もちろん、件の登山家の
生命力と発想の大胆さは私も賞賛する。

>観念信仰は即刻禁止すべきです。

 うわ、すごい不寛容。

 ということで400げっとずさ

401 :名無しさん@3周年:04/08/27 20:11 ID:rp78z/p6
―盲人は見え、足なえは歩き、耳しいは聞こえ、多くの財産のある人に、貧しい人々に分け
 てあげなさい―天では、困る人も病む人もなく、富む者も貧しい者もない、それを現した
イエスを主としなさい(無神論者さえわかりそうな神にすること)



創価は差別宗教。イエスは事実信仰に近い。死んだらどうなるのだろうかと宗教を考えてみる
 と、イエスのほうが正しい。観念でなく永遠の命を信じる宗教者にとって事実だ。南無妙法蓮華経は、
  不自然。
  



402 :名無しさん@3周年:04/08/27 20:39 ID:7ckvuYE3
>>401
イエスはそんなできもしない嘘をついてはならない。

人間は生まれながらに不平等。その不平等を克服するために努力するから(補償
作用)、本人も社会も向上する。不平等や差別があるからこそ、人間社会が多様に
なり豊かになる。不平等や差別は、どこかで必ずバランスされている。不平等も
差別もない社会は、死の世界である。

「永遠の命」って一体何?一度きりの命だからこそ、よりよく生きようとし、人生
は尊い。

イエスは人間が全く判っていない。

403 :名無しさん@3周年:04/08/27 21:15 ID:Sg73+gXB
不平等っていうか、同じ人間にも多様性があるからな。よく言う「平等」って表面上のものだよね。
真の平等って自分も他人も全てが同じ、双子(クローン)にならないと成立しない気がする。
クローンだって環境要因までは一緒にならないから真の平等にはならないし。

404 :名無しさん@3周年:04/08/27 21:46 ID:7ckvuYE3
>>403
だから、平等など人間にとってそもそもあり得ないし、機械的な「平等観」は、
人間性を無視した極めて有害な思想です。共産主義の実験の大失敗により、現実に
明白に証明されました。キリストの平等観も共産主義に相い通じるところがあるの
では。キリスト教も共産主義も、特定のイデオロギーに呪縛された浅薄な機械的平
等観です。

405 :名無しさん@3周年:04/08/27 22:11 ID:Ws1Q8v6C
そう、一度きりの人生、自分のために一生懸命生きる。
猿でも犬でも動物ならできそうなことだけど、これが尊い生き方。
それが結局社会にも役立っていることだし。
人の幸せまで願うこと、そう思うより実際、自分のために一生懸命
生きる人のほうが社会に役立つ。
たとえ永遠の命があったと仮定しても、それが現実に幸せを得られ
るものではないし。それで永遠の命が得られないとしても、悔いは
ない。これこそ自然な考え方だ。イエスはこの世界をわかっていな
い。


406 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/27 22:14 ID:73Wz5HtV
一歩間違えると、無責任な刹那主義に走りやすい考え方
とも思えるけどね。

407 :名無しさん@3周年:04/08/27 22:41 ID:Sg73+gXB
そういった各々のエゴイズムに、「人様に迷惑をかけない」という類の最低限の躾・マスコミの先導が加わって今の日本があるんだな。

>>406
んで、ちゃんと躾・教育ができない親が増えてきて、DQNや殺人マシーンも増えてきたというわけだ。

408 :名無しさん@3周年:04/08/27 22:42 ID:7ckvuYE3
>>406
「無責任な刹那主義」とは具体的にどういうこと?「今ここ」を大切に
することは、生そのものを大切にすることであり、それ以外に生の充実
はない。超越的な神や「永遠の生命」などに依存することは、むしろ
神から与えられた一度きりの生の冒涜である。

409 :名無しさん@3周年:04/08/27 22:47 ID:Sg73+gXB
>>408
渋谷のセンター街にたむろってる人達を想像したらわかりやすいんでない?

410 :名無しさん@3周年:04/08/27 22:59 ID:7ckvuYE3
>>409
>渋谷のセンター街にたむろってる人達を想像したらわかりやすいんでない?

彼等は人間性を失っているわけではない。土壇場では大切なことの自覚はある
と信じる。茶髪のおねーちゃんに命を助けられた人もいる。少なくとも、宗教
に嵌って自分を失い、社会に害悪を及ぼしている人たちよりはマシであること
は間違いない。


411 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:13 ID:d1EqONlO
>>410
その人たちを、餓鬼界や畜生界だと差別し見下げることで、更に親切心を
失わせるだろう。みんなが俺たちを宗教的な何かの大きな力で差別してい
るんだと知り、世の中で落ち込んだ人の心を荒ませる。宗教は世の中の害だ。

412 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/27 23:15 ID:73Wz5HtV
>>408
俺的には「今、ここ」=「永遠の現在」、かな。「神話的時間」と
言っても良い。

413 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:17 ID:7ckvuYE3
>>407
キリスト教的機械的平等観、自己中心主義、共同体意識の欠如、即ち、
キリスト教的な戦後民主主義の結果である。
ニーチェはキリスト教を「奴隷の道徳」と言っている。

414 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/27 23:19 ID:73Wz5HtV
キリスト教道徳ってのは、「カイザルに、神のものは神に」、だろ。

 あなたがたは、すべて人の立てた制度に、主のゆえに従いなさい。
主権者としての王であろうと、あるいは、悪を行う者を罰し善を行う
者を賞するために王からつかわされた長官であろうと、これに従いな
さい。善を行うことによって、愚かな人々の無知な発言を封じるのは、
神の御旨なのである。自由人にふさわしく行動しなさい。ただし、
自由をば悪を行う口実として用いず、神の僕にふさわしく行動しなさ
い。すべての人をうやまい、兄弟たちを愛し、神をおそれ、王を尊び
なさい。(第一ペテロ書2.31-)

415 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/27 23:20 ID:73Wz5HtV
・・・訂正、「カイザルのものはカイザルに、神のものは神に」w


416 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/27 23:22 ID:73Wz5HtV
原理主義ってのは、聖俗の区別を付け忘れたところから
生じるものかな???

417 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:23 ID:d1EqONlO
創価学会淫は犬作の奴隷。

418 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:23 ID:Sg73+gXB
>>410
イメージとして言っただけで、彼らがみんなそうだとは当然ながら思ってないよ。

でも実体験として、「無責任な刹那主義」として真っ先に出てくるのは彼らだし、実際その通りの場合が多いのが悲しい。
まぁ、こんな抽象的に一括りにしちゃいけないんだけどさ、実際(ry

419 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:31 ID:7ckvuYE3
>処刑ライダー氏へ

人間界に神や聖書は必要ない。却って有害である。
宗教がなければ、聖俗の区別などない。ありのままの人間がすべて聖である。



420 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/27 23:33 ID:73Wz5HtV
俺は糞野郎は糞野郎ってはっきりさせたい方だねw

421 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:46 ID:7ckvuYE3
>>420
修養が全くできてない。
あなたが信じる神の被造物、造化、顕現である人間を「糞野郎」と呼べるのなら、
それを造った神は「糞神」ということか。「糞野郎」の中に神性も宿っていることを
何故見抜けない?

422 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :04/08/27 23:47 ID:73Wz5HtV
神性の死んでる、肉の奴隷なヤツってのが山ほどいるだろ。


423 :名無しさん@3周年:04/08/27 23:56 ID:7ckvuYE3
>>422
人間とは本質的に肉の奴隷。すべての生命・神性・思考は肉から生じる。
「神の奴隷」は人間ではない。化け物である。

424 :名無しさん@3周年:04/08/28 01:48 ID:1L7tRFsx
人間の本質を勝手に決めるんでねぇ!肉が全てなんてことはねぇ!

425 :名無しさん@3周年:04/08/28 04:11 ID:oRjO0FJA
>>419
ありのままの人間でも、思想はあるんだろ。
偶像崇拝も好きだもんな。
そうすると、フランスじゃカルトだな。

まー、よくもつじつまの合わない屁理屈を、恥ずかしくもなくお題目みたいに
何度も唱えられるもんだな。
アンタ、行く先々で論破されてるだろ(笑

思想だ、哲学だと言ったところで、身内にしか通用しないものを、後生大事に抱えて、
イケダが宗教だと言えば宗教に、思想だと言えば思想に、お前らはカメレオンか?

426 :名無しさん@3周年:04/08/28 06:36 ID:wCrf3EEO
>>424
あなたの肉(身体)を他者が認識しない限り、あなたは共同体である人間界
では存在しない。「我思う」だけでは存在するとは言えない。それはユーレイ
である。肉がなければ、五感による認識が不可能なので、あなたにとって
世界も存在しない。肉がなければ、神概念も信仰心も生じないし、聖書も読め
ない。

「ぼくたち人間を含めて動物は、自分にとって関連ある信号だけで世界を作り
だしている。世界が抽象的に存在するものではない。主体が<身体的な生物>と
して生きる環境として存在しているのである。この自明に思えることが西洋で
学問的なテーマとなるまでに必要だった時間は、じつにおそろしく長いのであ
る。」
(中山元著 「<ぼく>と世界をつなぐ哲学」 ちくま新書)

427 :名無しさん@3周年:04/08/28 06:45 ID:wCrf3EEO
>>426
別に創価ではなないが、あなたの言ってることは、そのままキリスト教徒に
ついても当てはまる。ちなみに、キリスト教系カルトのほうが仏教系カルト
よりもはるかに多い。同じ一神教のイスラム原理主義はダントツのカルトで
ある。

428 :名無しさん@3周年:04/08/28 07:24 ID:tKZS9nLh
>>426 427 創価か浄土真宗の自演じゃん。

 創価か浄土真宗は自演をやめれ。

429 :名無しさん@3周年:04/08/28 08:52 ID:0cenGD3e
※盲人は見え、足なえは歩き、らい病人はきよまり、耳しいは聞こえ、死人は生きかえり、
それらの奇跡と、多くの財産のある者に貧しい人々に分けてあげなさいと言われたイエス※

人間の思想に惑わされ、右往左往することもない。人間の作った愚かな偶像を拝み一度きり
の人生を選択することもない。
天で全ての存在を、不幸もなく平等に幸福にされる天の父をまこととすること。

人間の肉の思いも、地上のものを愛する心は死とともに滅びることは、神によって造られた
人間の思考でも理解できる。だが、
「みこころが天に行われるとおり、地にも行われますように」祈り求め、この地も全ての人
々がその天のように不幸もなく幸福になるよう祈り求める心は、天と霊的に一致し永遠の命
に至る。

人間の存在全てが滅びの肉の思いだけではない。天では、全ての存在を平等に幸福にされる
父をまこととし、その世界を喜ぶ心があるから、そのように祈り求める心は肉の思いを超越
し、永遠の命の世界に至るのである。

イエスを否定する者は、永遠の命の国をも否定し入ることはできない。多くの者は、それを
選択し、神によって造られた思考で納得している。人間は滅びも、永遠の命の選択も自由。


430 :名無しさん@3周年:04/08/28 20:12 ID:MixA7+m5
426 :名無しさん@3周年 :04/08/28 06:36 ID:wCrf3EEO
>>424
あなたの肉(身体)を他者が認識しない限り、あなたは共同体である人間界
では存在しない。「我思う」だけでは存在するとは言えない。それはユーレイ
である。肉がなければ、五感による認識が不可能なので、あなたにとって
世界も存在しない。肉がなければ、神概念も信仰心も生じないし、聖書も読め
ない。

「ぼくたち人間を含めて動物は、自分にとって関連ある信号だけで世界を作り
だしている。世界が抽象的に存在するものではない。主体が<身体的な生物>と
して生きる環境として存在しているのである。この自明に思えることが西洋で
学問的なテーマとなるまでに必要だった時間は、じつにおそろしく長いのであ
る。」
(中山元著 「<ぼく>と世界をつなぐ哲学」 ちくま新書)


427 :名無しさん@3周年 :04/08/28 06:45 ID:wCrf3EEO
>>426
別に創価ではなないが、あなたの言ってることは、そのままキリスト教徒に
ついても当てはまる。ちなみに、キリスト教系カルトのほうが仏教系カルト
よりもはるかに多い。同じ一神教のイスラム原理主義はダントツのカルトで
ある。


創価か浄土真宗の自演か。とにかく池田哲学により、宗教だと思って入信
 した者が、騙され一度だけの人生で終わる。その後、魂は死体とともに焼
 き尽くされるのだろうか?創価は人を騙すことなく、宗教法人を止めるべ
 きである。税金関係の問題で宗教法人を止めれないのか。

431 :名無しさん@3周年:04/08/28 21:06 ID:IZ9Ci96Q
寛容、博愛、平等を標榜する宗教こそ、人類を平和に導く希望の光ではなかったの?
宗教が原因の紛争が世界のあちこちで起きるたびに抱く疑問。

432 :名無しさん@3周年:04/08/28 21:29 ID:LBHWvhnM
層化って気の毒。みんな滅んじゃう。ってことがキリストの主張か。
ほっとけ(仏)になれ。無理かにゃ?

433 :名無しさん@3周年:04/08/28 21:38 ID:wCrf3EEO
>>431
>寛容、博愛、平等を標榜する宗教こそ、人類を平和に導く希望の光ではなかったの?

とんでもない。宗教は現実を超越した架空の神を信じるため、現実の人間の軽視・否定
を生じ、紛争を起こすのは必然的結果である。綺麗ごとを言う人間は、実態はその逆で
ることは、日常的経験である。「寛容、博愛、平等」は唱えるものではなく、人知れず
実行するものである。口にした途端に観念化し、内容が無くなる。

434 :名無しさん@3周年:04/08/28 21:54 ID:IZ9Ci96Q
宗教は凡人を善人にすることができるかもしれない。
しかし、その善人をして殺人鬼に駆り立てることも朝飯前にやってのける。
言いかえれば、宗教にとって人間操作ほど容易なことはないのである。

そこに宗教の危うさを感じる。

435 :名無しさん@3周年:04/08/28 22:10 ID:c+PGsAY3
334 :名無しさん@3周年 :04/08/25 03:26 ID:fjT8eciR
敢えて本尊を設定してるだけですよ。本尊があった方がまとまり安いし
一人一人が安心できる。その程度のもの。効果を狙ってのもの。仮の
モデルです。人間中心主義だからこそ、人間の未熟な点をよく見つめ、
ある種の依存対象として本尊を設けているだけです。だから創価学会
では、必要のない人にまで偶像?を拝むことを強要なんてしない。
飽くまで道具として使っているだけですから。ぬいぐるみだってなんだ
って実は良いのです。

366 :名無しさん@3周年 :04/08/25 18:04 ID:oZQmC/9T
275 名前:名無しさん@3周年 :04/08/11 17:02 ID:YXmtMimQ
>270

下ネタを言っても成仏できるのが創価学会です。
末法の凡夫は、たとえ過去に破戒しても、
南無妙法蓮華経の信、行、学によって
必ず成仏できます。それが日蓮大聖人
の教えです。その教えを忠実に実践
しているのが創価学会です



宗教は詐欺師にもさせる。日本一でかい宗教詐欺団体が、政治に力
を入れだすとこの国の将来はどうなるのだろ?

436 :名無しさん@3周年:04/08/28 22:23 ID:wCrf3EEO
>>435
偽善的キリスト教及び一神教的要素を取り入れたその他の宗教が政権取るよりは
マシかも知れない。キリスト教では、民主左派、社民、共産の連合軍と同じにな
ってしまう。

437 :名無しさん@3周年:04/08/28 22:23 ID:IZ9Ci96Q
宗教の持つ恐ろしい面は、現代の日本人なら誰しもすぐに理解できるはず。
何故なら、オウム真理教の例があるからだ。
医者や弁護士になるほど、聡明で優秀な若者たちが、いとも簡単に「尊師」
麻原彰晃の言いなりになって、新参の入信者を拷問にかけたり、日本中を
混乱に陥れようと無差別テロを計画し、一部実行したのだから。

438 :名無しさん@3周年:04/08/28 23:51 ID:xyhKdkDV
>>435
国政自体にはそれほど大きな影響はないと思う。

怖いのは、宗教団体という組織の権力が増して、
現在少なからず報告されている創価による被害・悪評・批判等が圧力で握り潰されること。
警察がグルになって捜査せず黙認するようになったら最悪ですよ。

よく「大勢の前では創価と朝鮮の批判はするな」と言われるけど、
この常識ってよく考えると怖い。すでに圧力が存在してる…

439 :名無しさん@3周年:04/08/29 00:02 ID:5KOlj3Bp
>>435
本気になる信仰が一番危ない。層化なんか遊びじゃん。ままごと遊びの信仰
が一番いいかもしれない。

南無阿弥陀仏か南無妙法蓮華経で救われる。正気な人間なら、「あほらしい」
と普通思うよなあ。坊さんにお経読んでもらってありがたく思う。お経も正気
なら、なんで文字で書かれたものを意味もわからず朗読することが良いことだ
と思うんだろうと普通の認識で、少し離れたところから冷静に見れる。

そこが日本の仏教の良いところ。本気にならなくて良い宗教。宗教は本気にな
るところに害毒があるんだ。

もともとは、争いごとの解決のために宗教があるんだろう。「殺すなお前天罰
があたるぞ」そんな感じだ。今の平和な日本には、本気になってしまう宗教は
いらない。葬式の時、形だけの宗教があるだけでいい。

宗教で脅して金をふんだくる宗教が一番危ない。これを信じないと成仏できな
いとか脅し、本気にさせて幹部の言うとおりにさせる宗教。そして信者は少し
ずつ洗脳されていく。これを止めさせる宗教がないとダメかもしれない。だか
ら葬式仏教こそ正しいと認識させるのが一番だな。




440 :名無しさん@3周年:04/08/29 00:05 ID:5KOlj3Bp
>>438
層化は、信者の洗脳がうまくやばいかもしれないな。

441 :名無しさん@3周年:04/08/29 00:08 ID:5KOlj3Bp
層化の信者が、これは本気になってはいけません宗教です。
と気がつけばいいのに・・・・・・・・・・・・・・

だれが説得しないといけない。

442 :名無しさん@3周年:04/08/29 00:16 ID:IjzpnRcy
つうかソウカはさぁ、念仏唱えて救われると思ってんだったら
政治とかすんなや。勝手に唱えてろや。俺らの社会に口出すな。
どっか隅に集まって勝手に救われてろや。

443 :名無しさん@3周年:04/08/29 00:31 ID:AZcaTfKF
組織に従わせる宗教が一番危ない。そして一人の人間や、ごく一部の人間に
従わせる宗教が一番危ない。
将来、御利益があるから、この信仰をせよ、そしてその幹部らの方針に従え、
これで盲目信者は騙され動かされる。

その盲目信者が社会に影響を与えようとしてるなら、怖いことになる。

444 :名無しさん@3周年:04/08/29 00:33 ID:AZcaTfKF
宗教の鉄則 政治に手を出すな。これがないと民主主義は歪んでくる。

445 :名無しさん@3周年:04/08/29 00:42 ID:IJUicZv/
>>439
同意。「本気にならせる宗教」とは、「精神性を強調する宗教(宗教改革後のキリ
スト教など)」や「神、霊、前世、来世の実在を強調する宗教」だろう。前者は
神経症の一種であり伝播する。後者は目に見えないものの実在を信じ込むので、人間
の正常な認識作用が破壊され、現実からの遊離を生じる。一神教や一神教の要素を取
り入れた宗教は、両者に該当する。

いずれにせよ、科学が奇跡以上の奇跡を達成した現在においては、宗教は未開時代の
遺物の惰性的残存として撲滅されるべきであり、超越的なものから現実の人間と自然
へのパラダイムの転換を早急に行うべきでであろう。

446 :名無しさん@3周年:04/08/29 02:49 ID:ZNzd1L+O
低知能の奴も数が多ければ脅威となるからな。
国が宗教を規制すればいいんだが。特に新興宗教を。
まあ、国を動かしてる奴らがそういう宗教じゃ無理だな。

447 :名無しさん@3周年:04/08/29 09:53 ID:aMTGzSog
人殺しの教祖でも信奉する宗教

448 :名無しさん@3周年:04/08/29 10:38 ID:wKrl7N6w
>>446
宗教間のまたは宗教との紛争の解決が、話し合いなどでは不可能で、結局は
力に訴えざるを得ないことは、歴史及び現状から明白である。国は憲法の
「信教の自由」に呪縛されて身動きができない状態である。多くの宗教被害
の責任は国の行政・司法にある。少なくとも国は、宗教が現実社会の道徳、
社会通念に違反しないことを義務付けるべきである。信教の自由を最も侵害
しているのは実は宗教自体であることを認識すべきである。
いっそのこと、公明に政権取らせて宗教の防圧を計ったらどうだろう。創価
の法華経絶対主義と戦闘性を利用できるのではないか。
創価が「宗教ではないこと」「人間中心主義」「神や霊概念の排除」を唱えて
いるとすれば、極めて重要なことである。

449 :名無しさん@3周年:04/08/29 11:38 ID:aRBLX8YF
信教の自由は、国は特定の宗教に肩入れしませんって宣言。なくなったら大変だよ。
この条項がなくなったら、いつのまにか与党になってる公明党が
「創価を国教とする」とか言い出しちゃうぞ。

450 :名無しさん@3周年:04/08/29 12:15 ID:wKrl7N6w
>>449
特定の宗教に肩入れするのは良くないが、少なくとも社会秩序に反する宗教は
排除すべきである。さもなければ、憲法の自己否定である。国や憲法学者には
このへんに誤解や思考の欠如があるのではないか。宗教法人法第1条2項の規定
はその一例である。なんでこんな規定をわざわざ入れなければならないのか。英
文からの翻訳の感じもする。

451 :名無しさん@3周年:04/08/29 13:13 ID:5czCRyno
275 名前:名無しさん@3周年 :04/08/11 17:02 ID:YXmtMimQ
>270

下ネタを言っても成仏できるのが創価学会です。
末法の凡夫は、たとえ過去に破戒しても、
南無妙法蓮華経の信、行、学によって
必ず成仏できます。それが日蓮大聖人
の教えです。その教えを忠実に実践
しているのが創価学会です。逆に、
過去に既に破戒してしまっている人達は、
創価学会以外では成仏できません。
蟻や蚊を殺しても地獄行きです。
そんな末法の凡夫を救うのが
仏意仏勅の創価学会なのです。



層化が一番危ないです。法華経の戦闘性で
どれだけの人間が死ぬことやら。>>448
そして、層化に支配された国民が自由を奪われ
どれほどの圧制の中で苦しむやら。霊概念が
なければ成仏や地獄などと言うまい。層化は嘘
ばかりつくから気をつけて。


452 :名無しさん@3周年:04/08/29 23:15 ID:LKp/6dQW
社会に有益な宗教ならあってもよいかと。。。例えそれが偶像崇拝をする
宗教だとしても、教義も全く何の根拠も見出せないいい加減なものであろうと、
事実世界で何を行うのかが問題。例えば、無茶苦茶奉仕活動ばっかしするような
宗教団体ならいいよね。ただ夜には石造をみんなで撫で回して奇声を発して
救われようとしていても、また明日は、無償で町の美化に勤め、ひとり暮らしの
老人や障害者の世話を進んでし、お金のない人にはなけなしの財産から分け与え
・・・・・って、そんなんあるわけないか。

453 ::04/08/30 12:00 ID:2ZjneCY4
空想、妄想、幻想

454 :名無しさん@3周年:04/08/30 12:39 ID:jhy+H1T1
>>450
>>社会秩序に反する宗教は排除
これをやるには、世間一般の認知、世論の形成が必要だと思う。
宗教法人法第1条2項の規定は、必要だと思う。

アーレフのような宗教団体を、国家権力で解体してもいいのか疑問が残るし、
法律で規制するべきじゃない。
結局、世論の決断の問題だと思う。

世論が決断すれば、解体してもいいのではないか・・・。
全責任を負うのも国民だし。

455 ::04/08/30 12:46 ID:b+L+YYYb
いまだに人殺しを信奉する団体を解体するのに
なんで世論の形成が必要なんだ?

456 :名無しさん@3周年:04/08/30 13:00 ID:/GZirY9S

これをみよ ↓

http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/ungrateful_china.html

40年前から核ミサイル24発の狙いを定められている以上、中国を脅威とみるのは当然だ。
それになぜ24発もの核ミサイルが必要なんだ?不必要に多過ぎる。
イザとなったら日本を地球上から消してしまえ!と考えてるからこんなに多くの核ミサイ
ルを配備しているのだ。
ODAもこの核ミサイルに使われてるに決まってる。
こんな国との友好はナンセンスと思わないか。


457 :XYZ(正教徒):04/08/30 13:10 ID:qiIuHJwX
 >>454
 だからあの時、破防法を適用しておけば良かったんだ。何でしなかったんだろ。
世紀末の愚行だ。

>>456
 中共は無宗教国家なのにね。やっぱ宗教の有無と国家・人間の危険性には
相関関係はあまりない。

458 :名無しさん@3周年:04/08/30 15:45 ID:oZxzNeW6
中国って仏教国家じゃね?

459 :XYZ(正教徒):04/08/30 16:01 ID:qiIuHJwX
>>458
 ………え゛?

460 :名無しさん@3周年:04/08/30 16:02 ID:XqUYR89R
>>457
>だからあの時、破防法を適用しておけば良かったんだ。何でしなかったん
>だろ。世紀末の愚行だ。

珍しくいいこと言うね。委員達の左翼的イデオロギーが原因でしょう。あと、
「世紀末の愚行」ではなくて、「世紀の愚行」ではない?どうしても「終末
思想」が出てくるね(w)。

>中共は無宗教国家なのにね。

無宗教国家ではなく、マルクス主義という擬似宗教国家です。

461 :くしこ:04/08/30 16:08 ID:TKxsg0sw
>>457ああいうのは禁止したら余慶に信仰心高まるから。。。
初期のキリスト教を変な風に解釈して模倣しようとする連中だから、
禁止しても一緒。

462 :XYZ(正教徒):04/08/30 16:10 ID:qiIuHJwX
ID:XqUYR89Rさん。

>805 :768 :04/08/30 14:50 ID:XqUYR89R
>>800
>宗教は、教祖の人為的観念によって人間の自然の感情や本能を変容させる
>から、残虐性とは大いに関係がある。自他の死を恐れ、また共同体として
>生存を維持しようとするのは、生物としての人間の本能である。

>フランス革命(現在では否定されている)も、単なる人為的観念を人間の
>生命に優先させた点で、マルクス主義と同じく擬似宗教といえるだろう。

>史上、仏教(一神教的要素を取り入れた宗派を除き)では殺し合いが殆ど
>なかったことは明白な事実。宗教としての構造が根本的に異なるからである。
>オウムは一神教的多神教であるヒンドウー教の影響が大きかったのではないか。

 別スレ「★キリスト教では、人間性が向上しない。★ 」で、以上のようなことを
書いておいでですね。結局貴方の頭にあるのは、
「仏教以外の宗教、擬似宗教は間違っている。間違いを犯した仏教と言われることが
ある宗教は仏教から外れているのである。」

といった、(貴方の信じる)仏教無謬説のようですね。
 貴方の思想もかなり危険だ^^;

463 :名無しさん@3周年:04/08/30 16:17 ID:2ZjneCY4
どうでも良いが、いまだに麻原彰晃を信奉する奴がいることが信じられません。
宗教の呪縛って恐ろしいものなんですね。

464 :XYZ(正教徒):04/08/30 16:19 ID:qiIuHJwX
 >>463
 私にも信じられない。

465 :名無しさん@3周年:04/08/30 16:25 ID:jhy+H1T1
>>463-464
それが、宗教の呪縛(マインドコントロール)なら、
問題はとっくに解決している。(ソウカの馬鹿どもの考え方だ)
社会の構造の帰結だから、未だに信者が無くならない。
(人間の構造とも言える)


466 :XYZ(正教徒):04/08/30 16:28 ID:qiIuHJwX
>>465
 呪縛などという考えには同意した覚えは無いですが…。

>社会の構造の帰結だから、

 詳細を希望します。

467 :名無しさん@3周年:04/08/30 16:28 ID:2ZjneCY4
社会の構造の帰結?

弱者救済って奴ですか?
発展途上国ならまだしもこの日本で?

468 :名無しさん@3周年:04/08/30 16:33 ID:jhy+H1T1
>>466 短いレスで説明できるような内容ではない。
>>467 それだけじゃないだろう。文化的側面、経済的側面
いろいろ考えられる。

469 :XYZ(正教徒):04/08/30 16:38 ID:qiIuHJwX
>>468
 そこをなんとか…。

470 :名無しさん@3周年:04/08/30 16:41 ID:jhy+H1T1
>>469
「オウム 社会構造」でググッテ見ると、いくらでも解説が出ている。
それを読んで考えてくれ。

471 :XYZ(正教徒):04/08/30 16:43 ID:qiIuHJwX
>>470
 どうも。同意するかは分からないですが見てきます。

472 :XYZ(正教徒):04/08/30 16:53 ID:qiIuHJwX
>>470
 …で、どの意見が>>470さんの意見に近いのです?

473 :名無しさん@3周年:04/08/30 17:01 ID:jhy+H1T1
>>472
特に、誰の意見というものでもない。
構造主義は知ってるでしょう。
何か問題が起きた時に、その構造に原因があると考えてみるのは、
現代では当たり前の発想だよ。


474 :XYZ(正教徒):04/08/30 17:03 ID:qiIuHJwX
>>473
 ええ。かなり当たり前の発想という地位を占めていますね。

 知識人の間では、ね。

475 :名無しさん@3周年:04/08/30 17:10 ID:jhy+H1T1
>>474
日本の構造主義は、共産主義と結びついていた。
海外では(ロシアは知らない)ポスト構造主義で、マルクス主義と
結びついていた。
どちらも、昔は危険思想だったよ。

日本では、浅田彰以降じゃないかな、構造主義が広く受け入れ
られるようになったのは。

476 :名無しさん@3周年:04/08/30 19:42 ID:uzTx/iXL
にしても破防法適用で良かったと思う。

477 :XYZ(正教徒):04/08/30 20:19 ID:qiIuHJwX
>>476
 うん。同意。

 さて、いったん落ちますね。ちょっと早いけど、おやすみなさい

478 :名無しさん@3周年:04/08/31 10:36 ID:TamZYnwY
まともな教育を受けたものが、麻原の教えをいまだに
信じていることが、信じられない。
単なるマインドコントロールとも思えない。
いったい何故?という気持ちが消えない。

479 :名無しさん@3周年:04/08/31 10:56 ID:nZUG1ctH
宗教は「狂い」を実体験するものだから。

480 :名無しさん@3周年:04/08/31 14:25 ID:Cg6K9B65
もっと解りやすく言えば、基地外になりたくて基地外なってる
人たちだからしようがない。

481 :名無しさん@3周年:04/08/31 15:49 ID:uYFZStL/
「狂い」がなければ宗教ではない

482 :名無しさん@3周年:04/08/31 16:10 ID:5pzHSA75
踊るアホウと踊らぬアホウ、
その程度の違いだろう。

483 :名無しさん@3周年:04/08/31 16:46 ID:nZUG1ctH
なんだそりゃ

484 :名無しさん@3周年:04/08/31 22:57 ID:pFm+B/3M
特定の宗教には入ってませんが、飽くまで人間としてのイエス様に
すがっています。彼が口にしたことのほとんどが、嘘だと、思って
います。神様のこととか、天国とか地獄とか、もしくは歩けない人を
歩かせたとか目の見えない人を見えるようにしたとか、十字架に掛かった
あと復活したとか、そこら辺は、全く信じていません。まあ、可能性として
ゼロとは思いませんが、とても信じる気にはなれません。
でも、イエス様が、世界中の人々の、貴方の、僕の、苦しみを、少しでも
和らげたかったことは、救いたいと思っていたことは、本当だったと
信じています。2000年前にそういう人がいたという事実を想うだけで、
僕は救われている。彼がいたという事実だけで、その彼が生きたこの世界に、
2000年くらい後ではあるけれど、生まれて来られてよかったと思います。
神様を僕は見たことがなく、全く祈ったりもしませんし、何も求めてはいません
が、ただ、過去に僕を含めた全ての人を救おうとした、イエス様のことを
想います。たった一人、彼のような人間が世界に生まれたことがあるという
だけで、世界は素晴らしいのかもしれないと、思えるんです。

485 :名無しさん@3周年:04/09/01 00:30 ID:HrD4s9+1
あなたの意見に僕は賛成できないが、
あなたが意見を言う、その自由は、僕が命をかけて守ろう

かっくいい〜〜。
って、これは宗教じゃなくて民主主義か・・・。(笑

486 :名無しさん@3周年:04/09/01 13:13 ID:8TSsxnpT
イエスさまって馬小屋で糞まみれだった奴でしょ。

487 :名無しさん@3周年:04/09/01 13:17 ID:pE2mJXfm
>>486
それは別の奴です。おまえか。

488 :名無しさん@3周年:04/09/01 13:28 ID:kn1TXkAY
なーにがイエス様だよ。
いたのかどうなのかもはっきりしない
2000年以上も昔の人間にすがって
どうするの?

489 :名無しさん@3周年:04/09/01 17:05 ID:q/4hVhjw
オレ>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>イエスキリスト



何故ならオレは生きてるからwwwww

490 :名無しさん@3周年:04/09/01 23:45 ID:QJlI4Y3E
歴史からみてもキリスト教が平和の妨げの元凶に思える。

491 :名無しさん@3周年:04/09/02 00:59 ID:2rZsa7aA
俺一人救えないような宗教なんて無意味。
まあ他人には必要なんだろうな。
信じるのは勝手だし自由だが、信じてない人にまで押し付けたりするのはどうかと思うぜ。

492 :名無しさん@3周年:04/09/02 10:34 ID:FW+rNPsJ
みなさんが考える「まともな宗教」ってなんですか?

493 :名無しさん@3周年:04/09/02 12:42 ID:RN0aE8pN
そんなものはないですよ。
宗教は全部異常ですから。

494 :名無しさん@3周年:04/09/02 15:30 ID:RN0aE8pN
宗教の組織力でしか勝負できない公明党って....。
しかもそれが政権与党だとは...........。
もう終わりやね、日本も終わりやね。

495 :名無しさん@3周年:04/09/02 23:10 ID:u3kOr06V
イラクの紛争が止まないのも宗教が原因

496 :名無しさん@3周年:04/09/03 00:08 ID:kPWYPD2g
>>492
恵まれない俺に棚からぼたもちを与えてくれる神様を信仰する宗教です。
残念ながらこの世界には存在していないようですが・・・

497 :名無しさん@3周年:04/09/03 04:24 ID:hiqaErZh
アニマニズムとかの自然崇拝かなぁ
だもあれは宗教というよりは文化か

498 :名無しさん@3周年:04/09/03 11:42 ID:4tXv1Q0O
カスによるカスのための宗教

499 :XYZ(正教徒):04/09/03 16:19 ID:85znUl7n
>>496
 悪魔だって信仰するというわけですか?悪魔だって棚からぼたもちを
与えることはありますよ。

 男だって。女の子だって。

 恋愛そのものが棚からぼたもち的なところがあるな

500 :名無しさん@3周年:04/09/03 17:07 ID:bqcPWfLW
>>499
なにを偉そうに。
くだらねー書き込みはいらねーよ。

501 :名無しさん@3周年:04/09/03 18:30 ID:nKeO6AQV
ぼたもち
http://c-au.2ch.net/z/-/73/AXZni/#b

502 :XYZ(正教徒):04/09/03 22:20 ID:abMl4x6G
 >>500
 つぶやいただけですよ。でも確かに偉そうだったな。謝ります。

503 :名無しさん@3周年:04/09/04 01:45 ID:Pc+ZCDAN
>XYZ(正教徒)さんへ

またまたロシアで一神教を原因とする多数の死者。人間の想像の産物に過ぎない神
が「実在」すると信じるから、こういうことになる。イスラムが信じる神もあなたが
信じているのと同じ神なのですよ。2chにくだらないカキコばかりしてる場合では
ないのでは。あなたも宗教者なら、外在ではなく人間自身の内部に神性を認める仏教
との比較宗教学的研究をしてみることをお薦めします。

504 :名無しさん@3周年:04/09/04 15:27 ID:7APrYBZC
神が実在するのは明白。

505 :名無しさん@3周年:04/09/04 15:30 ID:7APrYBZC
>またまたロシアで一神教を原因とする多数の死者。人間の想像の産物に過ぎない神
>が「実在」すると信じるから、こういうことになる。

彼らは宗教ではなく、自分たちの政治的・経済的苦境を宗教的ファなティズムと結び付けているだけであろう。
テロリストは真に宗教的な人間なのではなく、因習と偏見に支配された愚か者に過ぎない

506 :名無しさん@3周年:04/09/04 17:19 ID:GHW88xcE
>>504
キチガイ一匹ハケーン

507 :名無しさん@3周年:04/09/04 18:00 ID:I9tzb79+
>>504
人類史上、神を見た人間など唯の一人もいない。実在するのなら、どこに
どんな姿でいるのですか。説明してください。仏教は外在の神や霊など認めて
いませんが、同じ宗教者としてこれはどう説明しますか。宗教によって神が
実在したりしなかったりするのは、神がその宗教による想像の産物に過ぎない
ことの明白な証拠です。

>>505
テロリストは架空の神の実在や来世を信じ、神の名を唱えて悪に対して聖戦を
闘う真の宗教者です。

一神教がその想像の神を否定し、神の造化・顕現である現実のすべての人間を
神として崇拝しない限り、テロは永久に止むことなく、人類は結局宗教で滅亡
する。テロは一神教信者全体の連帯責任です。一神教信者はすべて潜在的テロ
リストであり、「神」に最も遠い存在であることを自覚すべきです。

508 :名無しさん@3周年:04/09/04 18:08 ID:7APrYBZC
>>505-507
あなたたちにも、神に定められた指名があるのですよ(^^

509 :名無しさん@3周年:04/09/04 18:18 ID:7APrYBZC
>>506
愚者ハケーン

>>507
仏教は神の存在を否定してもいないと思うが?
神の存在をはっきりと否定している宗教があればご教示願いたい。
原始仏教では、ブラフマンという宇宙的人格が言及されているのではないか?

いかなる宗教でも、信者は人間であり、誤りに陥ることもあるだろう。
テロリストがテロを起こさざるを得ない事情に同情し、
また彼らの愚かさを哀れんでやってほしい。
しかし、宗教の基本は愛であることをご理解いただきたい。

510 :名無しさん@3周年:04/09/04 18:40 ID:UFDYFZqy
>507
いっぱいいるよ。それがほんとに神かどうかは知らないが。
宗教によって違うのは定義とか認識する主体の違いが起因していると思う。

テロリスト=宗教的盲信者みたいなイメージを信じている人が多いと思うが
根本原因は経済的弱者とそれを食い物にしている経済的支配者との関係に
あるのではないかな?衣食住が満たされていれば多少の思想や信条の違い
は容認できる。今の日本みたいに。

511 :名無しさん@3周年:04/09/04 18:52 ID:I9tzb79+
>>509
>原始仏教では、ブラフマンという宇宙的人格が言及されているのではないか?

バラモン教のブラフマンやアートマンを否定したのが仏教ですよ。

>いかなる宗教でも、信者は人間であり、誤りに陥ることもあるだろう。
>テロリストがテロを起こさざるを得ない事情に同情し、
>また彼らの愚かさを哀れんでやってほしい。
>しかし、宗教の基本は愛であることをご理解いただきたい。

宗教者特有の白々しい自己正当化はもう止めるべき。同じ人間でありながら、一神教
だけが殺し合うのは一体何故か?自他の死を恐れる本能を持って生まれた人間が、か
くも狂ってしまうのは何故か?旧約聖書の影響以外にはないだろう。人間を超越した
架空の観念に最大の価値を認める以上、殺戮行為は一神教の当然の帰結である。自己の
宗教と人間の生命との二者択一を迫られた時、後者を優先することを教義上明白にして
いる一神教の宗教が唯の一つでもあるか。口先だけで唱える「愛」は観念に過ぎず、
愛などではない。愛とは、唱えるものではなく、人知れず与えるものである。

512 :名無しさん@3周年:04/09/04 19:09 ID:I9tzb79+
>>510
経済的不平等はどこの国でもあるのに、一神教だけがテロを起こすのは何故か?
ビンラデインやフセインが経済的弱者か?あまりピントはずれの発言はするなよ。

513 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/09/04 19:52 ID:P6DWuQCU
>>507
ブッダ「わたくしは怒ることなく、心の頑迷さを離れている。マヒー河のほとりに一夜の宿をり
をなす。自身はあばかれ、欲情の火は消えた。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降ら
せよ。」しかし、神に絶対的な服従を迫ることがなかった。神に願い求めても、何も与えないと
教えるだけである。

「また全世界に対しても、無量の慈しみの意を起こすべし。上に、下に、また横に、障害なき怨
みなく敵意なく慈しみを行うべし。諸々の邪まな見解にとらわれず、戒めを保ち、見るはたらき
を具えて、諸々の欲望に関する貪りを除いた人は、決して再び母胎に宿ることがないであろう。」
その人個人が、生まれたくないならば慈しみを身に着けること。人は基本的に自由で、善を行え
ば善い運命として生まれ、悪いことをすれば、悪い運命として生まれる、と教える。戦争、争い
はいけないと教える。普通に暮らせば、信仰しなくても良いような教え。


514 :名無しさん@3周年:04/09/04 20:16 ID:7APrYBZC
神はいるのだよ。

515 :名無しさん@3周年:04/09/04 20:26 ID:I9tzb79+
>>514
お前もテロリスト予備軍か。だから神はどこにいるのか聞いてるだろ。男か女か?
何才くらい?何国人で何語しゃべる?どんな着物着てる?あんまり出鱈目言うな。

516 :名無しさん@3周年:04/09/04 20:36 ID:7APrYBZC
神を人間の基準で諮るドキュソハケーン>>515

517 :名無しさん@3周年:04/09/04 20:36 ID:AxPpZpfP
☆★☆★☆ファシズム・創価学会をみんなで糾弾しよう!!☆★☆★☆m。F

現在のイラク・米英戦争の中で様々なな議論が巻き起こっているが
自分たち足元に迫ってきている本当の脅威を知るものは少ない。
その脅威とは、日本が戦後歩んできた民主主義国家の根幹を脅かすものなのだ。

http://bbs5.on.kidd.jp/?0501/Fujinomiya

この掲示板の管理者は日本一の巨大組織・創価学会の謀略部隊中枢の幹部であり、
その実態は反創価学会の個人及び団体を合法・非合法問わず、ありとあらゆる手段で
攻撃し、対抗勢力を制圧せんと日夜活動する工作員であると思われる。
よってその内容は、創価学会の悪党共が自分達の犯罪性を棚に上げて
学会特有の”数に頼んで”世間のありとあらゆる敵に誹謗中傷を繰り返すものであり、
そのあまりの数の多さにもはや誰も止められない無法地帯なのである。
このような反社会的な行為をする連中をのさばらせておいていいのか!?

いまや大多数のマスコミを自らの軍門に下らせ、政会のキャスティングボードをを
握っている公明党を有する創価学会・池田大作の野望はあくまで”全国制覇”である!!
その池田大作の正体とは、フセインや金日成も顔負けの独裁主義者なのだ!!!
このまま日本をイラクや北朝鮮のような独裁国家にされていいのか!?

もはや、巨大組織・創価学会の野望から社会を守れるのは
権力に屈しない日本一の掲示板”2ちゃんねる”の同士しかいないのだ!!

創価学会に疑問をもつ者、実際に被害にあった者、それらを具体的に書き込んで
創価学会を糾弾しよう!!!
心ある同士!日本最大の凶悪組織・創価学会にその怒りの鉄槌を!!!

http://bbs5.on.kidd.jp/?0501/Fujinomiya

☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★☆★☆☆★lmF

518 :名無しさん@3周年:04/09/04 20:40 ID:AxPpZpfP
池田大作監修 創価学会教学部編 『折伏教典』
「邪宗教の本尊を拝めば、不幸になるのは当然」 P286
「日蓮正宗以外は ぜんぶ邪宗教であり害毒を流すもの」 P286
「釈迦仏法など立てるのは去年の暦と同様で役に立たないしろものである。
 これを使用するから生活に破錠をきたすのは とうぜんである。」P303
「俗にいう日蓮宗を代々やっていると家族に不具者ができたり、
 知能の足りない子供が生まれたり、はては発狂する者ができたりして〜」P321
「日蓮正宗以外の宗派はすべて人々を不幸に落とす力をもっている。」 P323
「仏教は勝負であるから正邪は生活に事実として正は勝、邪は負の現象が出るのである。」P330

519 :名無しさん@3周年:04/09/04 20:42 ID:AxPpZpfP
(創価学会『折伏経典』42〜44頁) 十界論の説明(監修:池田大作)

地獄界――不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者
餓鬼界――下級労働者、衣類住居まではとても手が届かず、
         毎日毎日の生活が食を得る為に働いているような人々。
         アルコール患者。拝金主義者。性格異常者。
畜生界――パンパン、不良、泥棒、スリ、その他犯罪者。
修羅界――兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とするような、人と
争う人間。
人間界――普通平凡に生活している市井人。
天 界――大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、
        経済家、偉大な軍人等々。
声聞界――学者、研究家、学生等。
縁覚界――大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、
        何かの研究を完成した学者等。
菩薩界――二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見
        により広く社会を利益した者。例えばエジソン、ワット、
        湯川秀樹博士、支那に生れた孔子等。更に仏法を広め、
        衆生に救を与えた人々。
仏 界――日蓮大聖人(御本仏)、釈迦(迹仏すなわち影の仏)、
        天台(迹仏)、伝教大師(迹仏)等。


創価は哲学じゃないだろ、差別宗教。天界を大金持ちに仕立て上げ、
 金をふんだくる。池田の哲学か?


520 :名無しさん@3周年:04/09/04 20:53 ID:7APrYBZC
神の実在を否定する奴って笑えるな。
そういう本人の存在も神の意志なのに。
所詮神の手のひらの上で踊っているだけなのだよw

521 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:03 ID:I9tzb79+
>>516
すべての宗教者は人間だから、神仏も人間の基準で考えているに過ぎない。
人間の基準でなければ何の基準?

522 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:05 ID:I9tzb79+
>>520
そんなことが人間であるあなたにどうして判る?いい加減なことは言わない
ほうがよい。

523 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:09 ID:7APrYBZC
>>522論理的思考によりわかる。

524 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:12 ID:AxPpZpfP
>>522
>>一神教がその想像の神を否定し、神の造化・顕現である現実のすべての人間を
>>神として崇拝しない限り、テロは永久に止むことなく、人類は結局宗教で滅亡
>>する。テロは一神教信者全体の連帯責任です。一神教信者はすべて潜在的テロ
>>リストであり、「神」に最も遠い存在であることを自覚すべきです。

>>一神教 だけが殺し合うのは一体何故か?自他の死を恐れる本能を持って生まれた人間が、か
>>くも狂ってしまうのは何故か?旧約聖書の影響以外にはないだろう。人間を超越した
>>架空の観念に最大の価値を認める以上、殺戮行為は一神教の当然の帰結である。自己の
>>宗教と人間の生命との二者択一を迫られた時、後者を優先することを教義上明白にして
>>いる一神教の宗教が唯の一つでもあるか。

はぁ〜?
どちらの病院の方ですか?

525 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:16 ID:I9tzb79+
>>524
>どちらの病院の方ですか?

宗教の「病理」を研究している精神科医ですが、何か?

526 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:21 ID:7APrYBZC
>ID:I9tzb79+

この世には様々な「性質」が束になって存在している。
いま、頭の中でそれらの「性質」をバラバラに、互いに無関係なものとして分解してみる。
適当につなぎなおせば、確率的には世界は「めちゃくちゃに」再現される。
すなわち、ほとんど確実に世界は了解不可能なものになる。
ところが実際には世界は整然とした秩序を保って存在している。
よって、ここには何かの意志がある。すなわち、神は実在する。

527 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:22 ID:AxPpZpfP
>>525
それならケッコウ。
精神科医から見た、病理とやらを、ぶちあげてもらいましょう。

まず手始めに、学習との関連で説明してもらおうか。
行動心理学的分析からどうぞ。

528 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:26 ID:AxPpZpfP
>>525
次に、認知心理学的な分析をおねがいします。
さらに、
フロイト、ユング、ラカン、当然踏まえているはずだから、
それぞれの立場で、宗教の病理を説明してもらいましょう。

簡単で良いですよ。それぞれ数行で説明できるでしょうから。


529 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:35 ID:I9tzb79+
>>526
デカルトか誰かの猿真似か?そんなものは神の実在の証明にはならない。
整然とした秩序を保っている現実界を、単なる観念でばらばらにしているのが
宗教ではないか。自然が秩序を保っているのは自然に内在する性質であり、外在の
神など持ってくる必要は全くない。自然そのものが神であると言えば済むこと。
あなたのような考えが、それ自体神である現実の人間や自然の軽視に繋がる。

530 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:46 ID:7APrYBZC
>>529 反論になっとらんよ。「自然に秩序が内在する」ことの理由が説明できてない。

531 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:46 ID:AxPpZpfP
>>529
哲学から攻めたいなら、少しは勉強したらどうか。
一応、スピノサの汎神論は理解しているのか?
(汎神論には一神教と多神教があるが、その違いは知っているのか)

デカルトの合理論、カントの認知論、ヴィトゲンシュタインはどうか。
少なくとも一通り理解している者なら、神の実在の証明など、
相手にするはずがない。

532 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:52 ID:I9tzb79+
>>530
そんなこと自然の一部に過ぎない人間に判るわけないだろ。判らないことは判らない
と認めることが、本当に判るということ。宗教は人間に判らないことを判ると称する。
これほど傲慢不遜な行為はない。宗教は結局何も判っていないということだ。

533 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:57 ID:7APrYBZC
はははっ、愚者よ目覚めよ神は実在するっ!

534 :名無しさん@3周年:04/09/04 21:59 ID:AxPpZpfP
>>532

>>一神教がその想像の神を否定し、神の造化・顕現である現実のすべての人間を
>>神として崇拝しない限り、テロは永久に止むことなく、人類は結局宗教で滅亡
>>する。テロは一神教信者全体の連帯責任です。一神教信者はすべて潜在的テロ
>>リストであり、「神」に最も遠い存在であることを自覚すべきです。

>>一神教 だけが殺し合うのは一体何故か?自他の死を恐れる本能を持って生まれた人間が、か
>>くも狂ってしまうのは何故か?旧約聖書の影響以外にはないだろう。人間を超越した
>>架空の観念に最大の価値を認める以上、殺戮行為は一神教の当然の帰結である。自己の
>>宗教と人間の生命との二者択一を迫られた時、後者を優先することを教義上明白にして
>>いる一神教の宗教が唯の一つでもあるか。

まっ、これだけの間違いを平気で書き込めるのは宗教の成せる業だな。
宗教としてなら、俺は否定しないが、この考えが一部の者の間でしか通用しないと言うことを
認識すべきだな。
何なら、哲学板へ行って、同じことをぶち挙げてごらん。結果は同じだから。
何処の板でも否定されるよ。創価の第2宗教板以外はね。

535 :名無しさん@3周年:04/09/04 22:00 ID:I9tzb79+
>>531
やたらと有名な西洋哲学者の名前を並べるなよ。彼等はすでにキリスト教の神概念に
汚染されているので、真面目に論じるに値しない。現実に立脚しない観念のみの西洋
哲学など、現実を突き付けられれば一発で吹っ飛ぶ砂上の楼閣に過ぎない。

536 :名無しさん@3周年:04/09/04 22:03 ID:7APrYBZC
無神論と人殺しは大差ないよ。

537 :名無しさん@3周年:04/09/04 22:03 ID:AxPpZpfP
>>535
そうかはカルト。 アンタを見ればそれが良くわかる。

538 :名無しさん@3周年:04/09/04 22:05 ID:I9tzb79+
>>534
自分の考えでは反論できないのか。

539 :名無しさん@3周年:04/09/04 22:37 ID:I9tzb79+
>>534
すべての現実の人間と自然とを信じることは、宗教ではない。

540 :名無しさん@3周年:04/09/04 22:41 ID:AxPpZpfP
>>539
(創価学会の)信仰対象は何なのでしょうか



132 :十羅刹男SOKA ◆NyuHlIi5QE :04/09/04 22:18 ID:???
>>131

一言で言えば、仏であり仏法です。(いろいろ言われそうだが・・・)

具体的には、「南無妙法蓮華経」という題目を信じ行ずる、ということです。


意見を統一してからいらっしゃい。

541 :名無しさん@3周年:04/09/05 00:14 ID:lJ21eTM0
全くレスを読まずに、タイトルだけ見てカキコ

宗教は要らない。

神さまとかを信じなければ、人は善行を行えないのだろうか。
地獄とかを信じなければ、人は悪行しか行わないのだろうか。

豪勢な建物に住んでいる、見も知らない宗教家のTOPの言葉は
隣のあばら家に住んでいる、心正しい人の言葉よりも大切なのだろうか。

もし神さまが完全な存在なのだとしたら、
はたして人類など誕生したのであろうか。

もしもこの世に万能な教えなどがあるのなら
何故戦いは尽きないのだろうか。

念仏を唱える事で、どこかの誰か(人に限らず)は助かるのだろうか。

神さまに助けを求める人は、その恩を返すあてはあるのだろうか。

もしも恩を返す必要など無いと言うのならば、何故
神さまは苦しみを際限なく与えるのだろうか。

542 :名無しさん@3周年:04/09/05 00:14 ID:QGsS7BHd
>>540
題目はともかく、哲学としてなら、現実を重視する創価のほうが、外在の神を信じる
一神教よりもはるかにマシ。法華経や日蓮の絶対視には、一神教と同様な問題があるが。

543 :名無しさん@3周年:04/09/05 00:27 ID:vqid4T4m
>>542
>>法華経や日蓮の絶対視には、一神教と同様な問題があるが。
ワロタ。

馬鹿の壁。
養老猛が儲けるわけだ。

>>541
神・仏を全部否定すればいい。簡単なことでしょう。
そうすれば、逆に宗教が必要な理由が理解できます。

544 :名無しさん@3周年:04/09/05 00:43 ID:lJ21eTM0
>>543
もったいぶらずに教えてくれ。
何故お前らがそんなに宗教を必要とするのかを。

分からない事は神様のせいだって言うのか?
この世界を作ったのは神様だとか?
じゃあ神さまってなんだ?

545 :名無しさん@3周年:04/09/05 00:55 ID:vqid4T4m
>>544
科学の時代に生きてる我々は、
宗教を見ても、直接受け入れることはできないでしょう。

神・仏を完全に否定して、いったん哲学を通ってから、
宗教を見れば、受け入れられる。
この時、絶対真理として受け入れるのではなく、相対真理として
受け入れている。

546 :名無しさん@3周年:04/09/05 01:01 ID:lJ21eTM0
どの宗教をですか?
元々家族が宗教やってて、俺はそれで嫌いになった口でした。
そして、心理学やら、哲学やらを賢くない頭でちょっとだけ勉強しましたが

未だに受け入れられません。
頭が悪く、理解できてないからなのかな。
でも宗教なんて嫌いなおれですが、今幸せです。

547 :名無しさん@3周年:04/09/05 01:09 ID:vqid4T4m
>>546
まず、神・仏を完全否定するのが先。
そうすると、残った自分の独自の価値観のクダラなさが理解できる。

例えば、善悪・正義・美・自由などは、人それぞれ異なる固有の価値観でしょう。
これに対して、科学は、万人と共有できる価値観。

自分独自の価値を考えてみて。
それは、例えばTVのニュースだったり、スポーツだったり、
子供の場合はアニメだったり。
哲学では、ポストモダンだったり。

548 :名無しさん@3周年:04/09/05 01:21 ID:vqid4T4m
>>546
それらの、クダラナイ固有の価値観の延長線上に宗教があるわけ。
だから、それは絶対的な真理ではなくて、相対的な真理で、
単なる選択の問題ということになる。
そこにあるんだから、利用しない手はない。

つまり宗教はアイデンティティーなんですよ。
選択しないなら、それも一つの解答だと思うよ。

549 :名無しさん@3周年:04/09/05 02:56 ID:UE3X6MZq
>vqid4T4mさん
なるほど、丁寧に有難うございます。
横柄な口聞いちゃってすみませんでした。
先ほども書いたように、うちは家族(母)がやっていて
強引に入信させようとしてくるんです。
で、「宗教が必要な理由」と言う言葉に、過剰反応しちゃいました。

そうですね、おっしゃる通り、趣味ってのは色々有って
宗教ってのはその一つだって事ですね(飛躍しすぎでしょうか?)

確かに、自分にとっては要らないものでも
他人にとって大事なものって有りますもんね。

ただ最近の宗教(カルト系が多い、と言うか目立つだけですかね)を見てると
ただの詐欺にしか見えず(無理な勧誘、行き過ぎた行動、坊主丸儲け主義)
さらに、古くから有る宗教においても、他宗教のみならず、他宗派(元は同じ木)間でも
絶え間なく争いが起こっていますよね。

ええ、相対真理としては頭では理解出来るんですが。。。
いや、俺は宗教嫌い嫌い言いながら、「俺教」の信者なだけなのかもしれませんね。

最後に一つだけ、やっぱり「俺にとっては」宗教はいりません。
分かりにくい長文失礼しました。

550 :z:04/09/05 03:40 ID:ykkaJfEA
駅やコンビにでたむろしてる族とか見ると、宗教でもやって大人しくしてくれと
言いたい。

親分は牧師でやんすを見ましたが、キリスト教の方何とかできませんか?

551 :名無しさん@3周年:04/09/05 11:16 ID:Tv8N/nGo
破壊的カルトのチェックリスト

勧誘方法は良心的か

教祖や教団組織に盲従するようにしていないか

教団組織の外の世界を極端に悪く言わないか

信者の個性を尊重するか

異常に厳しい生活上の決まりはないか

外部の情報を自由に得られるか、またそれらの情報への態度はどうか

伝統的宗教を極端に軽蔑していないか

一般の学校への進学に積極的か消極的か

信者の自主性やプライバシーを尊重しているか

信者の過去の出来事や人間関係をバカにしていないか


552 :名無しさん@3周年:04/09/05 11:26 ID:mcldZ6ht
結局今回ロシアでのテロも宗教がらみ。



宗教なんて無くなって欲しい。




と心から思う今日このごろ。

553 :名無しさん@3周年:04/09/05 11:45 ID:Lcosfw0W
>>552
いったん宗教に洗脳された者達は、宗教という見知らぬ他者に心を占拠され、
主体性を失っている状態にあるから、宗教の否定は、自分の否定だと感じる
のだろう。そんなに「神様」が好きなのなら、現実のすべての人間や自然を
神として崇めたらどうだろう。それらが神の被造物、造化、顕現であるなら、
最も確実に認識できる神そのものであり、テロなどもっての他ということになる。
一神教の代表者としてのローマ法王も、架空の神から、神の顕現としての現実の
人間と自然への崇拝対象の変更を宣言する必要がある。さもなければ、一神教に
よる殺戮行為、即ち「神」に対する大いなる冒涜行為は永遠に絶えることなく、
結局は人類の滅亡に到る。これは預言である。

554 :名無しさん@3周年:04/09/05 13:33 ID:vqid4T4m
>>553 預言ね。(笑

555 :名無しさん@3周年:04/09/05 14:58 ID:Lcosfw0W
>>554
宗教者の預言とは違って、この「預言」は必ず的中する。その兆しはすでに明らか
である。

556 :名無しさん@3周年:04/09/05 16:14 ID:D/QJkATa
>>553
又吉イエス先生、お疲れ様です

557 :名無しさん@3周年:04/09/05 18:36 ID:lgEveMpd
それにしてもロシアのテロはひどかった。
犯人の女の一人が自爆。当然イスラム教徒。

558 :名無しさん@3周年:04/09/05 18:47 ID:Z28tO1aV
>>557
これほど残酷な大量殺害は、一神教徒以外には絶対にやれない。自然の人間性から
隔絶した架空の神を信じているからです。歴史を辿れば、一神教徒による同様な大虐
殺の実例は無数に存在する。その原因は一体何か?

559 :名無しさん@3周年:04/09/05 18:53 ID:vqid4T4m
プーチンも大変だね。テロを正当化させるわけにはいかないし。
一神教云々などとヌカシテル脳天気には、分からないだろうけど。

560 :名無しさん@3周年:04/09/05 18:56 ID:Z28tO1aV
>>559
脳天気は、いまだに架空の神など後生大事に信じてるお前のほうだろ。

561 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:01 ID:vqid4T4m
>>560
それ(架空じゃない)もアンタの神だ。(大笑い

562 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:06 ID:Z28tO1aV
国連決議で、殺人一神教を禁止すべきだろう。問題は、既に宗教に汚染された人々
は、原因が宗教であることに気付かないか、気付いても認めようとしないことだ。

563 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:08 ID:vqid4T4m
>>562
それでも、オウムは無くならないだろう。
アンタの脳内宗教ではオウムは例外なのか

564 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:11 ID:Z28tO1aV
>>563
オウムも、シバ神や密教だから、一神教系であることには違いはない。

565 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:20 ID:vqid4T4m
>>564
それで、共産主義や社会主義も宗教(一神教)なんだろ。
北チョンのちぇちぇ思想も(笑

566 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:24 ID:Z28tO1aV
>>565
マルクス主義は、実在しえない共産主義ユートピアの観念に人命にも優先する価値を
認める点で、キリスト教と同根の擬似宗教である。信じる神が違うだけ。

567 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:31 ID:vqid4T4m
>>566
ソウカは、宗教じゃないの

568 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:33 ID:vqid4T4m
>>566
イケダを神と崇める一神教だろ。
イケダは、実在する神だからいいのか(笑

569 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:34 ID:Z28tO1aV
>>567
創価は神や霊を認めていない。あくまで現実の人間を重視しているようだ。

570 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:36 ID:vqid4T4m
>>569
創価の人間は、チャンとした宗教だと言ってるよ。

(創価学会『折伏経典』42〜44頁) 十界論の説明(監修:池田大作)

地獄界――不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者
餓鬼界――下級労働者、衣類住居まではとても手が届かず、
         毎日毎日の生活が食を得る為に働いているような人々。
         アルコール患者。拝金主義者。性格異常者。
畜生界――パンパン、不良、泥棒、スリ、その他犯罪者。
修羅界――兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とするような、人と
争う人間。
人間界――普通平凡に生活している市井人。
天 界――大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、
        経済家、偉大な軍人等々。
声聞界――学者、研究家、学生等。
縁覚界――大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、
        何かの研究を完成した学者等。
菩薩界――二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見
        により広く社会を利益した者。例えばエジソン、ワット、
        湯川秀樹博士、支那に生れた孔子等。更に仏法を広め、
        衆生に救を与えた人々。
仏 界――日蓮大聖人(御本仏)、釈迦(迹仏すなわち影の仏)、
        天台(迹仏)、伝教大師(迹仏)等。

宗教だろう(笑

571 :名無しさん@3周年:04/09/05 19:52 ID:Z28tO1aV
>>570
キリスト教の偽善性よりはるかにマシ。ニーチェは、キリスト教を「弱者の
ルサンチマン」「奴隷の道徳」と呼んでいる。

創価は、法華経、日蓮絶対を唱える点で一神教化する恐れがある。警戒を要する。
人間中心主義から離脱しないことが肝要だ。

572 :名無しさん@3周年:04/09/05 20:51 ID:vqid4T4m
>>571
ニーチェは、多神教の神も否定してるだろ。
永劫回帰って理解してるのかい?
せめて解説ぐらいチャンと読め(笑

573 :名無しさん@3周年:04/09/05 20:56 ID:vqid4T4m
>>571
俺は、人の宗教を否定するのは大嫌いだけど、
宗教じゃなく哲学だとヌカシテル以上、
一度徹底的に叩かれないとダメみたいだね。

>>マルクス主義は、実在しえない共産主義ユートピアの観念に人命にも優先する価値を
>>認める点で、キリスト教と同根の擬似宗教である。信じる神が違うだけ。

マルクス主義とは、どういうものか、数行で良いから解説してみ。

574 :名無しさん@3周年:04/09/05 22:31 ID:+I7/RU8d
>>572
「永劫回帰」という「日本語」は意味不明だが、あなたはどうして理解できるの?
翻訳の誤りだと思うが。

>>573
ありふれた言葉については通常の知識を有する2ちゃんねらーを対象としてカキコ
している。あなたが分らなければ、国語辞書で調べてみたら如何。

575 :名無しさん@3周年:04/09/05 23:03 ID:AW2lwswB
275 名前:名無しさん@3周年 :04/08/11 17:02 ID:YXmtMimQ
>270

下ネタを言っても成仏できるのが創価学会です。
末法の凡夫は、たとえ過去に破戒しても、
南無妙法蓮華経の信、行、学によって
必ず成仏できます。それが日蓮大聖人
の教えです。その教えを忠実に実践
しているのが創価学会です。逆に、
過去に既に破戒してしまっている人達は、
創価学会以外では成仏できません。
蟻や蚊を殺しても地獄行きです。
そんな末法の凡夫を救うのが
仏意仏勅の創価学会なのです。


>>569 創価は本尊を捨てなさい。人を恐れさせて
幹部らの命令に従わせることをやめなさい。

576 :創価マンセー:04/09/06 00:17 ID:cHMkgjqK
このスレは、創価学会の布教スレです。
相手にするのはよしましょう。

577 :名無しさん@3周年:04/09/06 01:11 ID:pr/49Mnb
>>576
創価学会ってそんなにいいこと言ってるのか。一番まともじゃないか。
しかし、創価に限らず、すべての宗教は言ってることとやることとが
正反対の場合がほとんどだから、常に警戒が必要。

578 :創価マンセー:04/09/06 01:28 ID:cHMkgjqK
>>577
感動したら、迷わず創価に入ろう。
君は、向いている。君なら池田大先生のお役に立てるだろう。

579 :創価マンセー:04/09/06 01:32 ID:cHMkgjqK
>>574
こらこら、永劫回帰も知らんのかね、勉強汁

580 :名無しさん@3周年:04/09/06 01:43 ID:pr/49Mnb
>>579
「永劫回帰」などという意味不明な日本語が理解できると言うことが理解していない
証拠。ニーチェは宗教者が喜びそうなことは何一つ言ってないよ。

581 :創価マンセー:04/09/06 01:46 ID:cHMkgjqK
それで、どういう意味なんだい。
「弱者のルサンチマン」でもいいよ。
説明してみ。

582 :名無しさん@3周年:04/09/06 01:53 ID:pr/49Mnb
>>581
宗教者がニーチェを勉強するほうが為になるよ。無神論者は彼と同じ考えだから
考える必要もない。ニーチェにもっと教えてやりたい位だ。

583 :名無しさん@3周年:04/09/06 02:15 ID:cHMkgjqK
>>582
あんたがニーチェを理解するには、何十年もかかるよ。(w
ハイデガーは、読んでるの?

584 :名無しさん@3周年:04/09/06 08:40 ID:pr/49Mnb
>>583
宗教者はニーチェなど「永久に」理解できない。
ハイデガーなどすでに宗教に汚染された西洋哲学者は、まじめに読むに値しない。

585 :名無しさん@3周年:04/09/06 12:13 ID:VVz9L5p+
人間が神のしくじりなのか、神が人間のしくじりなのか〜ニーチェ

586 :名無しさん@3周年:04/09/06 12:19 ID:v4LtP15r
チェチェン人のほとんどがイスラム教徒。
しかしイスラム教徒を怒らせたら怖いね、自爆テロをやるから。
今回のロシアでのテロの犯人の一部もロシア人に夫の命を
奪われた「喪服の未亡人」と呼ばれる人らしいからね。
死ぬ覚悟のできた人間を止めるのは難しい。

587 :名無しさん@3周年:04/09/06 12:21 ID:Di9eQV1M
教養ないバカが吼えていい気になれるから2ちゃんは便利だよな。
机みたいな奴ばっか。

588 :名無しさん@3周年:04/09/06 12:39 ID:pr/49Mnb
>>586
イスラム教徒は、その宗教によって、ありもしない死後の天国の実在を信じ
込まされているから、自他の命を奪うことに何の痛痒も感じないのです。
人間の自然の感情や本能を、精神異常の教組の言葉だけで変容させてしまう
宗教とは本当に恐ろしいものです。この「宗教の病理」を万人がまず覚るこ
とが必要だと思います。

589 ::04/09/06 12:40 ID:+8uEk76R
教養ないバカ

590 :名無しさん@3周年:04/09/06 12:43 ID:BHJCvbAE
>>558

宗教にまつわる残虐性は一神教に独自なものではないように
思っている。国家神道はやはり正確には一神教ではないが、
やはり残虐行為にむすびついているとしか思えない。

他者をなんらかの宗教の観点で価値がないと考えること
が残虐性に結びついている。他者を悪魔化すること、現人神
を尊敬しないとして民族差別をすること、等がこれにあたる。

591 :名無しさん@3周年:04/09/06 12:46 ID:pr/49Mnb
>>589
あなたの考えている「教養」とはそもそも何?本を読んで他人の借り物の考えを
振り回すことが教養ではないこと位わかっていますね。

592 :名無しさん@3周年:04/09/06 12:52 ID:BHJCvbAE
>>580

さて「 他者をなんらかの宗教の観点で価値がないと考えること
が残虐性に結びついている」とするならば、宗教的に人間本来の価値
は平等であることを貫けば、宗教の残虐性は解決するのではないかと
思う。

593 :名無しさん@3周年:04/09/06 13:02 ID:4s5oU9L0
やっぱ宗教はいらねーよ。

594 :名無しさん@3周年:04/09/06 13:05 ID:X3yt823n
日本が平和でいられるのは、「天皇崇拝」という一神教を捨てた
からにほかならない。

595 :名無しさん@3周年:04/09/06 13:11 ID:pr/49Mnb
>>592
考えが浅い。実際には愛や平等を唱える宗教によって残虐性が解決しないばかりか、
むしろその逆になっている。その原因は何かを考えることが大切。

596 :名無しさん@3周年:04/09/06 13:12 ID:BlnqJfoI
「天皇陛下ばんざーい」と叫びつつ敵艦に突っ込んでいった人たちと
イスラム教徒による自爆テロとどこが違うんだろ?

597 :名無しさん@3周年:04/09/06 13:24 ID:pr/49Mnb
>>596
基本的には同じだが、日本人は天皇の名で、罪もなく無防備な人人を無差別に殺戮
することはなかったのではないだろうか。しかし、特攻隊も宗教の犠牲者であった
と言えなくもない。


598 :名無しさん@3周年:04/09/06 13:41 ID:BlnqJfoI
日本国のために、若き命を捧げた特攻隊の諸君と、
自分の身内を殺された恨みで、罪の無き子供たち
を無差別に殺した奴らとでは、根本的に違うような
気もする。

599 :名無しさん@3周年:04/09/06 14:29 ID:BHJCvbAE
>>595

どのような考えや正当化で虐殺や犯罪に走ったかを考えれば、
「 他者をなんらかの宗教の観点で価値がないと考えること」
しかありえない。なぜならすべての犯罪は「自分は他人の自由を奪う
権利があり、自由を奪われる者は奪われて当然」とみなされているから。

その典型が人間を悪魔視すること。この場合には、愛や平等を唱えながら、
悪魔視という前近代的な考えが入り込んでしまっているのが残虐性の原因。

また共産主義の残虐性も同様にとらえられる。

600 :名無しさん@3周年:04/09/06 14:34 ID:BHJCvbAE
>>599
>>また共産主義の残虐性も同様にとらえられる。

共産主義者の残虐性は「共産主義という理想を実現することに反対する者は、
その自由を奪われて当然である」という差別思想にもとずいている。

人間本来の価値という判断に、徹底的な差別が入り込んでしまっているのだ。


601 :名無しさん@3周年:04/09/06 14:54 ID:BHJCvbAE
宗教や共産主義による残虐性はひとえに、他人の自由
を軽々しくうばってもいいという差別思想にもとずいている。

ただ、多くの宗教はその独特の宗教性(例えば、「悪魔との戦い」)
によって、信者が差別を差別であることに気がつくことが難しくなっている。
共産主義は

602 :名無しさん@3周年:04/09/06 14:56 ID:BHJCvbAE
宗教や共産主義による残虐性はひとえに、他人の自由
を軽々しくうばってもいいという差別思想にもとずいている。

多くの宗教はその独特の宗教性(例えば「悪魔との戦い」)
によって、信者が差別を差別であることに気がつくことが難しくなっている。
共産主義はその独特の理想によって、理想を抱くものが差別を差別であることに
気がつくことが難しくなっている。


603 :名無しさん@3周年:04/09/06 15:04 ID:BHJCvbAE
さて「他人の自由を軽々しくうばってもいいという差別思想」
を徹底的に宗教教義から排除していくことは容易なことではない。
しかし、人間は必ずできるのだ。真の絶対者が存在するからである。

604 :名無しさん@3周年:04/09/06 18:29 ID:4s5oU9L0
からあげ

605 :名無しさん@3周年:04/09/06 19:19 ID:XyM7O9EH
なるほど。宗教は要らんかもな、かわりに哲学があれば。

神は実在するけど。

606 :名無しさん@3周年:04/09/06 20:12 ID:yKDSZ0Z1
>>605
「神は実在する」などという妄想を抱く人間がいるから、大は殺し合い、小は
家庭の破壊など、人間にさまざまな害悪をもたらす。人間の認識能力の範囲外
のことを語るのは全く無意味だし、あなたの思い上がりでは?そんな無意味な
ものが根底にあれば、哲学も成立しないよ。

607 :名無しさん@3周年:04/09/06 20:23 ID:XyM7O9EH
>「神は実在する」などという妄想を抱く人間がいるから、大は殺し合い、小は
>家庭の破壊など、人間にさまざまな害悪をもたらす

たいへんに飛躍してますが。

608 :名無しさん@3周年:04/09/06 20:38 ID:yKDSZ0Z1
>>607
飛躍などではない。諸悪の根源は、人間が傲慢不遜にも、その認知能力の範囲外に
あり、自然の人間性から隔絶した、人工的な神の実在を信じ(教祖や宗教団体に
よって信じさせられ)ることにある。神が実在するとすれば、それは現実の人間や
自然に内在するものであり、外在の神など、未開時代の人間の想像に基づくフィク
ションに過ぎないのではないか。

609 :名無しさん@3周年:04/09/06 20:39 ID:8hW5d4ku
神は実在する
→神は、神を信じることを要求する。
→神を信じない者は地獄へ落ちる。神を信じない者、あるいは他の神を
信じる者を改宗させて正しい道へ導くべきである。それがその人のためになる。
→布教、改宗のためならどんな手段をとってもかまわない。無神論者や異教徒は
地獄へ落ちてしまうのだから、強制的手段を使っても信じさせた方がその人の
ためになる。また他人に神を信じさせれば、自分は来世に神の天国にいける。
→恋人、妻、友人、他人に布教しよう。異教徒を改宗させよう。

610 :名無しさん@3周年:04/09/06 22:17 ID:yKDSZ0Z1
>>609
それは誰から聞いた話?ゴマンとある宗教は、それぞれの神をでっち上げているが、
あなたの神はそのうちのどれ?特定してください。

あなたの日常生活で、物の実在はどうやって判断してる?日常生活での判断から、
あなたの神の実在を帰納してみてください。果たして出来ますか?

あまりに根拠のない発言をすると、あなたの知性ばかりか、精神そのものも疑わ
れるよ。

611 :名無しさん@3周年:04/09/06 23:05 ID:8hW5d4ku
「神は実在する」という根拠のない前提からは、怒り、憎しみ、分離、
不和、強制、強要、暴力、殺害、戦争というあらゆる害悪が帰結するのは
明らかです。ただし生そのものが神だと言う場合は別です。
それがわかりませんか?

612 :名無しさん@3周年:04/09/06 23:27 ID:hkhQfYri
今生きていることに幸せを感じる者は、信仰は何もいらない。
信仰は、いわば欲求不満からだね。または、不幸のあった時。
現実的に諸問題を解決することのできるような人間になろう。
信仰しても無駄。

613 :名無しさん@3周年:04/09/06 23:37 ID:1pTK8aQs
宗教組織に属していたからといって、普段は金払い、組織の言うなりになって、
教えなりなんなり聞かされけど、いざ困った時は何も役に立たない。
結局は、自分自身が解決することであり、その時、宗教団体になどに金を払わず、
預金しておけばよかったと思うだろう。

614 :名無しさん@3周年:04/09/07 00:53 ID:XCMNGquC
>>612
「今ここ」に幸せを見出すことこそ、宗教の究極の目的の筈なのにね。

615 :名無しさん@3周年:04/09/07 01:09 ID:udHNgu/h
宗教が必要な人ってのは
とっても恵まれない可愛そうな人達なのです。

自分で考える事すら放棄してしまった
とっても恵まれない可愛そうな人達なのです

自分の妄想でしか自分、そして他人を見てあげる事が出来ない
とっても恵まれない可愛そうな人達なのです

生きる意味や、幸せをどこかに置き忘れてしまった
とっても恵まれない可愛そうな人達なのです

喜びだけでなく、悲しみ、怒り、焦燥、それら様々な人間としての感情を
自分以外のものに預けてしまった
とっても恵まれない可愛そうな人達なのです


616 :名無しさん@3周年:04/09/07 02:27 ID:VUyQ4ZKr
不幸な人には宗教は害悪だ。
病気の人には特上のワインはもったいない。
健康な人だけがその味わいに深く入っていける。

不幸な人は、まず不幸の原因を正すのが良い。
飢えた人は、食べるべきだ。
乾いた人は、飲むべきだ。
セクースは、してみるべきだ。
学がなければ、学ぶべきだ。
それが満たされて初めて、人生は食う寝るセクースで終わり、
では満足できないことに人は気づく。
魂を満たしてやる必要性を感じる。
心が神へと向かい、生は神で満たされる。

617 :名無しさん@3周年:04/09/07 02:38 ID:QAMT5kKO
↑どこの宗教ですか?

618 :名無しさん@3周年:04/09/07 05:56 ID:k5JOm2Pz
>>609

これは宗教の、典型的な危険性の例だけれども、
信じることを要求する神は、特にそうしなければ罰する
ねたむ神は、神性に欠けている。

「信じることを要求する」部分は神性にふさわしくない
として捨てやればいい。「神は実在する」考えはここで危険性
が除外される。

619 :名無しさん@3周年:04/09/07 06:18 ID:k5JOm2Pz
>>606
>>人間の認識能力の範囲外のことを語るのは全く無意味だし

それを言い出したら科学も否定される。科学理論や数学理論
は正しいかどうか直接判断できないものを前提にして構築されている。
それでも、その構築物(モデル)が一部分でも実証されたり役に立てば
受け入れられている。



620 :名無しさん@3周年:04/09/07 06:32 ID:k5JOm2Pz
しかし宗教一般を否定するという考えも危険だ。

中国のチベット大虐殺。

621 :名無しさん@3周年:04/09/07 10:41 ID:xc5wKyAf
それにしても、ロシアのテロは悲惨だったね。
あんなことしても、また新たな憎しみを生むだけなのに。
犯人のほとんどがイスラム教徒なんだろうけど、
宗教ってのは、罪のない子どもに危害を加えちゃいけない
ってことぐらい教えないものなのだろうか?


622 :名無しさん@3周年:04/09/07 10:57 ID:HSZH0rKt
>>621
一神教では、人命より神が優先するのですから、ロシアの事件も当然の結果
だと思います。「罪のない子どもに危害を加えちゃいけない」などという
教義はありません。

623 :XYZ(正教徒):04/09/07 12:10 ID:0ZCC2JRw
>>622
>一神教では、人命より神が優先する

 誰にそんなことを言われました?イスラームではそうかもしれんが。

624 :名無しさん@3周年:04/09/07 12:43 ID:EyXZv+jX
偉大なる宗教家の皆様へ







「信じない者は地獄に堕ちる」とか言ってる場合か?
「どんな理由であれ、人を殺したら地獄に堕ちる」って教えたらどうかね。


625 :XYZ(正教徒):04/09/07 12:45 ID:0ZCC2JRw
>>624
>「信じない者は地獄に堕ちる」とか言ってる場合か?

 ウチはそんなことは言っていないです。異教の僧侶などは地獄界だとなさる
挿花さんは知りませんが。

626 :XYZ(正教徒):04/09/07 12:46 ID:0ZCC2JRw
>>624
 あ、でもウチは「偉大なる宗教家」に当てはまらないから対象外か。

627 :名無しさん@3周年:04/09/07 14:08 ID:tl964L1A
何故日本では大規模なテロが起きないのか?

オレが思うに、日本人はきちがい宗教に深く関わっていないことが幸いしていると思う。

昔の人は良く言ったものだ。



さ  わ  ら  ぬ  神  に  祟  り  な  し






628 :名無しさん@3周年:04/09/07 14:11 ID:WF1L9kiP
唯一大きなテロ、「地下鉄サリン事件」も

きちがい宗教がらみだったしね。

629 :XYZ(正教徒):04/09/07 14:15 ID:0ZCC2JRw
>>627
>何故日本では大規模なテロが起きないのか?

 日本でテロ起こしたら、どう転ぶか分からないからだと思いますよ。

 例えばイスラム過激派がテロを起こしたとする。
 「断固、狂信者に報復せよ!」となるか、
 「平和的に解決しようよ(無関心層の支持)」となるか。
 さっぱり予測がつかない。

 米国の財布になられちゃたまらないから、今のところ日本の世論などを
分析しているところじゃないのですかね?

630 :名無しさん@3周年:04/09/07 14:19 ID:k5JOm2Pz
>>608

>>神が実在するとすれば、、内在するものであり、
外在の神など、、フィクションに過ぎないのではないか。

まったくは同意しませんけど、いい所を指摘しています。

外在神信仰で、その要求は、本当に他者のためになっているのか、他者を害していない
のか、フィルターにかけることが必要です。そのフィルターがないと、誰か
さんみたいに、神の意志だと言っては爆弾を落とす命令だしてしまいます。

631 :名無しさん@3周年:04/09/07 14:25 ID:xc5wKyAf
>>629
そりゃ、アメリカにしてもロシアにしても
同じことじゃないのかね?

632 :XYZ(正教徒):04/09/07 14:40 ID:0ZCC2JRw
>>631
 米ロはすでにムスリム過激派にとっては敵でしょう。
 彼らにとっての問題は、日本のように立場が分かりにくく、彼らが歴史的・人種的その他の要因で
親近感を持つ国が、潜在的に敵か味方か分からないという、ことではないでしょうか。
 
 こういう状況下ではテロがどのような結果を生むか分かりにくい。従ってテロリストは
躊躇(あるいは自重)しているのだと思います。

633 :名無しさん@3周年:04/09/07 15:47 ID:+n3HUEHY
>>619
さも宗教と科学が同じ土俵のような言い方はやめれ。腹が立つ。

科学は"客観的な"データ/裏付けをもとに導き出された証明機構で、そこに主観は存在しない。
たとえ直接認知できないような仮説でも、きちんと"客観的な"裏付けはある。
「〜ありき」で始まる宗教とは性質が全く異なるもの。(主観たっぷりの科学者もいるが、それらはすでに科学の本筋から外れている)

科学は、それまで広く信じられていた仮説が違うことを示す根拠が示されれば簡単にひっくり返る。それまでの人々の思惑/思想など無関係。
ところが、宗教は「xxは存在する」「xxはyyでなければならない」という既成事実を作り上げてそれを絶対化しているため、
時代が進み文化が発達してくるにつれ、次々に客観的事実との整合性が取れなくなっている。聖書なんてもはやおとぎ草子レベルだ。
宗教の内容と現実があまりに離れてしまった結果、
宗教的主観に押しつぶされて目の前の事実すらも客観的,論理的思考で受け入れることのできない人を生み出してしまっている。

634 :XYZ(正教徒):04/09/07 15:56 ID:0ZCC2JRw
>>633
>腹が立つ。

 何でそうムキになるのかな


635 :名無しさん@3周年:04/09/07 17:12 ID:jgaoLclM
XYZさんは、

「この世に、イスラム教はいらない」というスレタイだったらOKなんですか?

636 :XYZ(正教徒):04/09/07 17:27 ID:0ZCC2JRw
 >>635
 そういうわけではないですよ。過去レス見て頂ければ分かりますが。
 挿花もいらない。

637 :XYZ(正教徒):04/09/07 17:28 ID:0ZCC2JRw
 ちなみにイスラームと挿花を同列には思っていないので。念の為。

638 :XYZ(正教徒):04/09/07 18:09 ID:0ZCC2JRw
 >>636
 訂正。「挿花『は』いらない」へ。

639 :名無しさん@3周年:04/09/07 18:24 ID:jgaoLclM
創価学会以外はOK?
アーレフとかも?

640 :XYZ(正教徒):04/09/07 18:26 ID:0ZCC2JRw
>>639
 お○むへの破防法適用に賛成だったって、私が言ったのは
このスレじゃなかったっけ?

641 :名無しさん@3周年:04/09/07 19:14 ID:EyXZv+jX
>>638
イスラム教を擁護するところが解らない。

642 :素朴な言葉 ◆B2HNWyA9.. :04/09/07 19:34 ID:sV9i55mq
(イエス)
 盲人は見え、足なえは歩き、耳しいは聞こえ・・・・・・・・・・全ての存在を幸福にされる
 天の父をまこととし贖い、「みこころが天におこなわれるとおり、地にも行われますように」と
 全ての人々が地上も不幸のないように、祈り求める宗教。
 また、天では「敵を愛し、憎む者に親切にせよ」「あなたがたは、敵を愛し、人によくしてやり、
 また何も当てにしないで貸してやれ〜いと高き者は、恩を知らぬ者にも悪人にも、なさけ深いか
 らである。あなたがたの父なる神が慈悲深いように、あなたがたも慈悲深い者となれ。」

(ブッダ)原始仏教
 「一切の生きとし生けるものは、幸福であれ、安穏であれ、安楽であれ」「また全世界に対して
 無量の慈しみの意を起こすべし。上に、下に、また横に、障害なく怨みなく敵意なき慈しみを行
 うべし。」そうすれば、この地上に生を受けることはない。

永遠の命の国は、全ての存在が幸福であり、平安であり、安楽なことに喜んでいる。敵意もなく、憎
しみもなく、怨みもなく、自分の損得を思慮することもなく、自分の持ち物に対する愛着はなく、互
いに慈しみあってる世界。
地上でも、その世界をまこととし、争うな、自分のことばかり考えず生きるな、人の幸せをも考えて
生きよ。そうすれば、永遠の命の世界に入り、大きな報いを受ける。

643 :名無しさん@3周年:04/09/07 19:39 ID:fGn4gRs7
>>641
>イスラム教を擁護するところが解らない。

彼も一神教(啓典の民)だからでしょう。信じている神は同じです。
創価でも少なくともイスラムよりはマシだということも判らなくなっていますね。
彼が一神教の盲信者である所以です。




644 :名無しさん@3周年:04/09/07 19:44 ID:7PYIcQRH
宗教が無ければ、世界の大多数の戦争はなくなるのに。。。

645 :実行委員長:04/09/07 19:59 ID:zEQlMOeS
9.11は、キリスト教とイスラム教を相打ちさせる為にやった。
イラクの石油のためでは、ありません。

生き残ればわかります。
今月中に東京に原爆が落ちる。?

646 :XYZ(正教徒):04/09/07 20:01 ID:0ZCC2JRw
イスラムは擁護した覚えはあるが
過激派テロリストを擁護した覚えはないぞ

647 :紅丸 ◆/g6XfhcHxE :04/09/07 20:01 ID:bX5zjdhY
相打ちになるのに何年かかることやら

648 :名無しさん@3周年:04/09/07 20:12 ID:u2MbZa6M
人は言います
この世界は神様がつくったのだと

では、その神様と彼の住む世界は
誰がつくったのでしょうか?

わからない
どうしてもわからない

649 :紅丸 ◆/g6XfhcHxE :04/09/07 20:23 ID:bX5zjdhY
>>648
光が光として存在するには照らされる物が必要
神が神である為にはそれを認識できる人間が必要

神が居ても居なくても、人が頭に思い描くものは
人間の想像力の賜物


650 :XYZ(正教徒):04/09/07 22:20 ID:0ZCC2JRw
>>643
>彼が一神教の盲信者である所以です。

 光栄ですな^^知人に正教徒だと知られる度に「オマエ、無神論者じゃなかったのか!」
と驚かれるほどの私ほどの世俗的生活を送る人間が、盲信者と言われるとは。

>創価でも少なくともイスラムよりはマシだ

 ほぉ、そうですか?

651 :名無しさん@3周年:04/09/07 23:35 ID:dwu1UgsG
>>650
盲信者であると気付かないからこそ盲信者なのです。しかし、外部者から見ると
よーくわかります。強度の精神病者には、病識がないのと同じです。

あなたは、あなたの信じる架空の神を、いささかでも否定したり批判することが
出来ますか?

652 :名無しさん@3周年:04/09/07 23:43 ID:fPVsIen+
聖書
「肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、
党派心、党派心、党派心、分裂、分派、分派、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。」

「しかし、御霊に実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制であって、これらを否定する
律法はない。」

信仰をしても、おおよそ党派心、他宗教への敵意、宗教同士の争い、同じ宗教の分派、分裂という肉の働きを
明白に行うばかりで、信仰はそもそも害毒なのである。

通常、「『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だ
けが、はいるのである。」「わたしを主よ、主よ、と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか。」
そのイエスの言葉を無視して、「『主よ、主よ』どうか私を助けて下さい」という信仰に変り、「人を罪に定め
るな」「人をさばくな」「ゆるしてやれ」などの言葉を無視して、人を罪に定め、他宗教は救われない、自分達
の信仰を行わない者は罪だと定め、信仰を行わない者は救われないと内心は思うだけである。

教えの言葉通りに行う人は、ほとんどいないだろう。いたら全ての人に寛容なはずである。



653 :紅丸 ◆/g6XfhcHxE :04/09/07 23:47 ID:bX5zjdhY
イスラムでも、キリスト教でも、狂信的原理主義者なら始末に負えんのでは?
しかし俺もそーかの方がまだマシと思うな、今のトップが死んだら空中分解する
だろうしw

654 :名無しさん@3周年:04/09/08 12:27 ID:eQzZEg4a
要は危険なのはカルトだけじゃない、伝統的宗教も
相当やばいってことですか?

655 :名無しさん@3周年:04/09/08 13:24 ID:PTNW71/g
>>653
伝統宗教の狂信的原理主義者とは、その宗教の「特に熱心な信者」ということですね。
ある宗教を「特に熱心に」信じれば危険が生じるということは、その宗教自体に問題
が存在するということになる。いー加減に信じなければ危ないなどという宗教は、そも
そも有害無益で、存在意義がない。

伝統宗教もカルトも、現実界に還元できない単なる観念に最大の価値を認めるという
心理構造においては全く同じ。人間に与える害悪の程度の問題だけ。

一概に宗教と言っても、人間性から隔絶した人工的神概念を信じる一神教的宗教と、
神や霊を認めず、常に現実の人間と自然の向かい合った仏教とは、宗教としての構造
が根本的に異なるので、同一視は出来ない。だから仏教には殺し合いがない。

しかし、仏教でも一神教的なものもあるし、またその観念過多性は問題である。

結局、宗教とは、未開時代の遺物の惰性的残存であり、理性や科学が飛躍的進歩
を遂げた現在においては、より現実に立脚した道徳・倫理によって克服されるべき
ものである。

656 :名無しさん@3周年:04/09/08 13:31 ID:DnDSLzqE
(n ̄∀ ̄)ηカミハイマス、ワレワレノココロノナカニ

657 :名無しさん@3周年:04/09/08 13:41 ID:PTNW71/g
>>656
>カミハイマス、ワレワレノココロノナカニ

ということは、すべての人間(及び自然)が神仏であるということ。ならば、
「この世に宗教はいらない。」



658 :XYZ(正教徒):04/09/08 15:42 ID:uylW/ULX
>>651
>しかし、外部者から見るとよーくわかります。

 すくなくとも貴方が2chの書き込み位で人のことが分かった気になるような
おめでたい人だということはよーくわかります。^^

> あなたは、あなたの信じる架空の神を、いささかでも否定したり批判することが
>出来ますか?

 だからあなたにとっては架空でも私にとっては違うんだって。それから私は未熟者
だから不平・不満はよく言っていますよ。そんなに私は貴方が思うほど敬虔ではない。
 私程度で盲信者と言われるのは寧ろ光栄だ

659 :XYZ(正教徒):04/09/08 16:23 ID:uylW/ULX
>>651
>盲信者であると気付かないからこそ盲信者なのです。しかし、外部者から見ると
>よーくわかります。

 しかし、私の事を無神論者だと思っていたのは非クリスチャンで無宗教の何人かの
友人なんですがね。2chでしか私のことを知らない人は「普段どんな狂信者っぷりを
発揮しているんだろう?」と思われても仕方ないことは、認めますよ。でもだからと
云って「2ch人格」が普段のその人の姿の顕れとは、誰も思わないだろうし(大体、
香具師などという古典語が別の意味で使われていたり、2chはとかく世間とは違う
言葉・人格を用意する場という性格がある)、貴方だって普段はそう思わないでしょう?

 私についても常識的に判断して下さいよ。

660 :名無しさん@3周年:04/09/08 16:27 ID:eQzZEg4a
盲信者に共通していること


必死杉。

661 :XYZ(正教徒):04/09/08 16:31 ID:uylW/ULX
>>660
 2chで必死になるほど体力ないよ…^^;

662 :名無しさん@3周年:04/09/08 16:33 ID:0GLuFYj0
>>661
ごめん、あなたの常識は私の非常識。

663 :XYZ(正教徒):04/09/08 16:34 ID:uylW/ULX
 >>660
あ、でも私に云ったんじゃないのか。

664 :XYZ(正教徒):04/09/08 16:35 ID:uylW/ULX
 >>662
 別に謝らなくても^^;いいですけど、じゃあ貴方は2chに顕れている
文体をそのまま日常でも使われていると思っているんですね?

665 :名無しさん@3周年:04/09/08 16:38 ID:0GLuFYj0
>>664
いいえ。
あなたも実生活で揚げ足取りばかりしてたら
人間関係円満にいかないでしょ?w


666 :名無しさん@3周年:04/09/08 16:42 ID:0GLuFYj0
はっきりいって2ちゃん人格のXYZさんのことは
嫌いですね。w
実人格は存じ上げませんので。w

667 :XYZ(正教徒):04/09/08 16:42 ID:uylW/ULX
>>665
 そうだね^^
 面と向かって「あなたは揚げ足取りをしている」とは普通云わないしね。

668 :名無しさん@3周年:04/09/08 16:45 ID:0GLuFYj0
>>667
失礼がない程度に、丁寧にやんわりと伝えるかなw
でないとストレス溜まるから。w

669 :名無しさん@3周年:04/09/08 18:35 ID:eQzZEg4a
XYZさんへ

いい年してこれはやめた方がいいよ →^^
 

670 :創価マンセー:04/09/08 18:42 ID:Ux6S2U5M
>>669
創価は宗教じゃありません。 念のため。
仏教は、争いごとを起こしません。(キッパリ)

あなたもどう? イッショに池田先生のためにがんばりましょう。

671 :XYZ(正教徒):04/09/08 18:45 ID:uylW/ULX
 >>669
 いいじゃないですか^^;。好きなんだから。それに"w"←これに品性を感じないので

 >>670
 じゃあ、宗教法人返上しろ(爆苦笑)

672 :創価マンセー:04/09/08 18:46 ID:Ux6S2U5M
>>671
痛いところをつかないで きゃっ。

673 :名無しさん@3周年:04/09/08 19:26 ID:dTudY4K/
(創価学会『折伏経典』42〜44頁) 十界論の説明(監修:池田大作)

地獄界――不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者
餓鬼界――下級労働者、衣類住居まではとても手が届かず、
         毎日毎日の生活が食を得る為に働いているような人々。
         アルコール患者。拝金主義者。性格異常者。
畜生界――パンパン、不良、泥棒、スリ、その他犯罪者。
修羅界――兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とするような、人と
争う人間。
人間界――普通平凡に生活している市井人。
天 界――大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、
        経済家、偉大な軍人等々。
声聞界――学者、研究家、学生等。
縁覚界――大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、
        何かの研究を完成した学者等。
菩薩界――二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見
        により広く社会を利益した者。例えばエジソン、ワット、
        湯川秀樹博士、支那に生れた孔子等。更に仏法を広め、
        衆生に救を与えた人々。
仏 界――日蓮大聖人(御本仏)、釈迦(迹仏すなわち影の仏)、
        天台(迹仏)、伝教大師(迹仏)等。


 池田先生ねえ。日本の警官軽蔑してない?人間を差別する宗教?(考え)は
 最悪だと思う。
 

674 :名無しさん@3周年:04/09/08 19:50 ID:Gf42BMTX
また変なコテが現れたなー。

675 :名無しさん@3周年:04/09/08 19:58 ID:+4YxFVuu
>>673
創価だけではなく、「前世・来世」を認める宗教全体の問題では。釈迦自身は
「前世・来世」など認めていない。創価も宗教止めれば、こんなことは言えなくなる
筈だよ。

まあ、創価がこれだけあからさまに罵詈雑言を吐けるということは、少なくともキリ
スト教のような偽善性はない。一般に、口の悪い人間は、心は綺麗なのが経験則。
最近の社会は口先ばかりを気にしすぎる。裁判所や左翼政治家による「言葉狩り」
の傾向がその実例。

676 :名無しさん@3周年:04/09/08 20:08 ID:SCK5Qt4y
層化は異常だよね。単なるあほ。層化に入っている人って、気の毒。

677 :名無しさん@3周年:04/09/08 20:13 ID:+4YxFVuu
>>676
宗教は異常だよね。単なるあほ。宗教に入っている人って、気の毒。

678 :名無しさん@3周年:04/09/08 20:26 ID:99PsPX8T
275 名前:名無しさん@3周年 :04/08/11 17:02 ID:YXmtMimQ
>270

下ネタを言っても成仏できるのが創価学会です。
末法の凡夫は、たとえ過去に破戒しても、
南無妙法蓮華経の信、行、学によって
必ず成仏できます。それが日蓮大聖人
の教えです。その教えを忠実に実践
しているのが創価学会です。逆に、
過去に既に破戒してしまっている人達は、
創価学会以外では成仏できません。
蟻や蚊を殺しても地獄行きです。
そんな末法の凡夫を救うのが
仏意仏勅の創価学会なのです。


 創価をはじめとする全ての宗教は脅しで人を
 支配する。
 或いは利益誘導によって、人を支配する。
何が創価学会以外成仏できませんだ。末法とかの凡夫を脅すのが創価。
 


679 :紅丸 ◆/g6XfhcHxE :04/09/08 20:33 ID:LMkg//VX
脅迫観念と戒めは紙一重、宗教やるならシッカリと自分を保ちましょう

680 :名無しさん@3周年:04/09/08 21:00 ID:yxIAWeEj
創価学会以外では成仏できません。
蟻や蚊を殺しても地獄行きです。
そんな末法の凡夫を救うのが
仏意仏勅の創価学会なのです。

 創価以外は成仏できませんだと。脅迫の他に何があるのだ。
 他の宗教も、同じようなことを言ってるものがあるが。
 宗教全般が一種の脅しで成立している。  

681 :XYZ(正教徒):04/09/08 21:42 ID:uylW/ULX
>>680
>脅迫の他に何があるのだ。

 ギャグだよ。ギャグとしか思えん。面白くないけど(苦笑)

682 :名無しさん@3周年:04/09/08 21:50 ID:4YPlVtWX
神たま ハァハァハァ

683 :名無しさん@3周年:04/09/08 21:56 ID:BOVKS437
宗教はあほの暇つぶしです。

684 :XYZ(正教徒):04/09/08 21:57 ID:uylW/ULX
>>677
 その「宗教」には、挿花さんも入るわけ?

685 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:11 ID:+4YxFVuu
>>684
頭悪いね。無限定に「宗教」と言ってるのだから、創価が宗教である限り入
るに決まってるじゃん。

宗教の人って何だか頭悪そー。

宗教者はもっと「真に宗教的な」発言をして欲しいね。無神論者の発言のほうが
より「宗教的」だよ。

686 :XYZ(正教徒):04/09/08 22:17 ID:uylW/ULX
 >>685
 いえね、挿花さんは自分のこと宗教って最近言っていないんだよ…。
 だから挿花さんが他の団体のことを否定するために書き込んだのかと思った
わけ。そう、貴方は無宗教で挿花も嫌いなわけね。それなら納得。

 で、訊きたいんですが貴方の考える
>「真に宗教的な」発言
 ってどんな発言ですか?
 

687 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:23 ID:h3gWjHT6
聖書
「肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、
党派心、党派心、党派心、分裂、分派、分派、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。」

「しかし、御霊に実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制であって、これらを否定する
律法はない。」

信仰をしても、おおよそ党派心、他宗教への敵意、宗教同士の争い、同じ宗教の分派、分裂という肉の働きを
明白に行うばかりで、信仰はそもそも害毒なのである。

通常、「『主よ、主よ』と言う者が、みな天国にはいるのではなく、ただ、天にいますわが父の御旨を行う者だ
けが、はいるのである。」「わたしを主よ、主よ、と呼びながら、なぜわたしの言うことを行わないのか。」
そのイエスの言葉を無視して、「『主よ、主よ』どうか私を助けて下さい」という信仰に変り、「人を罪に定め
るな」「人をさばくな」「ゆるしてやれ」などの言葉を無視して、人を罪に定め、他宗教は救われない、自分達
の信仰を行わない者は罪だと定め、信仰を行わない者は救われないと内心は思うだけである。

教えの言葉通りに行う人は、ほとんどいないだろう。いたら全ての人に寛容なはずである。

これってどうだ。聖書と書いてある限りキリストだろう。無宗教の人のほうが平和的。

688 :XYZ(正教徒):04/09/08 22:29 ID:uylW/ULX
>>687
>教えの言葉通りに行う人は、ほとんどいないだろう。いたら全ての人に寛容なはずである。

 私の周りにはいっぱいいますけどね。寛容な人。
 同じ割合で無宗教の人にも寛容な人がいる。

 で、2chで宗教者=非寛容・非平和的と断定して裁いている人は不寛容であり、
非平和的。いっぱいいますね。こういう人。

689 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:29 ID:3ni65pwL
聖書は一般人になれってことだな。党派はないし、分裂しない。分派もないし、
主よ、主よなんか絶対言わない。人を罪に定めないし、自分も罪に定めない。
お前ら、クリスチャンは無宗教の人間に習えってことだ。

690 :XYZ(正教徒):04/09/08 22:33 ID:uylW/ULX
>>689
 以下の言葉を無視すればそういう結論には容易にたどり着くかも知れませんね。

 「取りて食らえ、これ我が体、汝等の為に与うるもの、罪の赦しを得るを致す。」
 「皆、これを飲め。これ我が新約の血。汝等及び多くの人の為に流されるもの。
罪の赦しを致す。」

691 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:33 ID:+4YxFVuu
>>686
>で、訊きたいんですが貴方の考える
>「真に宗教的な」発言
>ってどんな発言ですか?

あなたが宗教者なら、それは自分の頭で考えて欲しいね。一番大切なことではないかな。

無神論の立場から言えば、宗教と「神の被造物」である生物としての現実の人間との
折り合いの問題だと思う。絶え間なく続く宗教紛争の防止の問題も含めてね。
 




692 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:38 ID:cfC+ZX64
>>690
時代を考えろや。お前あほか。

693 :XYZ(正教徒):04/09/08 22:38 ID:uylW/ULX
 >>691
 当然考えてますよ。

>絶え間なく続く宗教紛争の防止の問題も含めてね。

 いつも思うんですよね。「宗教者は宗教紛争をもっと考えろ!」って言われる
たび。私なりにもちろん考えているけど(ゼミは政治学系だったし、国際紛争と
宗教もテーマのひとつだった)。大切なテーマだとも思うけど。


 何で私が紛争に責任あるように言われなくてはならないんだ?
 さっぱり分からない。

694 :XYZ(正教徒):04/09/08 22:40 ID:uylW/ULX
 >>692
 時代ねぇ。2000年ほど続いてきたし、これからも世の終わりまで続くもの
ですよ。聖体機密は。
 あほ?私はアフォですよ。知識もなんもない

695 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:40 ID:cfC+ZX64
〜あなたがたは、むさぼるが得られない。そこで人殺しをする。熱望するが手に入れる
ことができない。そこで争い戦う。〜イエスの時代は、今なら処刑されることもない人
が、処刑される時代。その時代の人々は、残忍であったわけだ。

〜「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である」「わたしが好むのは、あわれ
みであって、いけにえではない」とはどういう意味か、学んできなさい。わたしがきた
のは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである。〜

〜律法を持たない異邦人が、自然のままで、律法の命じる事を行うなら、たとい律法を
持たなくても、彼らにとっては自分自身が律法なのである。〜


 時代遅れの人間>>693

696 :XYZ(正教徒):04/09/08 22:43 ID:uylW/ULX
 >>695
 異邦人が救われない、なんて私がどこのスレで言った?これだから先入観だけで議論
する人は困ってしまう…。

>時代遅れの人間>>693

 光栄ですな。これほど時代が無意味に加速している時代、せめて精神性だけでも
時代遅れ・保守的でありたいものです


697 :XYZ(正教徒):04/09/08 22:45 ID:uylW/ULX
>〜「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である」「わたしが好むのは、あわれ
>みであって、いけにえではない」とはどういう意味か、学んできなさい。

 以下は正教会の有名な聖人の言葉です。

 「全ての教会が、悔い改めるものの教会である。
 すべて、ほろびゆくものたちの教会である。」

 (シリアの聖エフレム:後306〜378)

698 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:45 ID:cfC+ZX64
俺は時代遅れの人間だと言っただけだ。>>696

699 :XYZ(正教徒):04/09/08 22:47 ID:uylW/ULX
 >>698
 ほぉ。それでも光栄です。

700 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:47 ID:ZmbnPN9/
ちょっと疑問なのだが、>>1で書かれている「事の良し悪し」の基準ってなんだ?
反宗教者たちは、「世の中に善悪と言うものは無い」と言う考え方ではなかったか?
反宗教者たちにとっての「良し悪し」って何だ?

701 :名無しさん@3周年:04/09/08 22:47 ID:hGvPSYWq
ttp://ip9.tosp.co.jp/i.asp?I=tekitou21&P=
ここのキチガイカトリック冒涜者に制裁を。

「エジプトへ逃れ、やがてナザレへ行く。天の幕が裂け、三日の後に復活する。
破壊した神殿を三日で建て直せる。そして栄光を手にする。
T.サンタンジェロ、天地創造のアダマがこのオレだ。
U.武器商人としてアフリカの大地を探検して周り、アビシニアへ行き、やがては祖国フランスでカトリック教徒として死んだ。
それがこのオレだ。by.Arthur.Rimubaud
V.グァタルペの聖マリアがオレを祝福し、常に見守り、守護して下さる。
W.ヴァーチューズ・ケルビム・セラフィム・メタトロンの未知数の軍勢が天の星の数々となりオレを見下ろしている。
ARAJIN
alchimieU.T
アケナテン、トゥトゥアンクアテン、セティ、ラメセスの生まれ代わりの魂がこのオレだ。
謎を知った者は夢の中でネフェルティティのミイラに殺害される。
また、ジュリアス・シーザーを裏切ったブルータスと、イスカリオテのユダは今だに地獄にいる。
オレはアレクサンダーだよ、そして聖なるカイラス山の玉座こそ、シヴァ神であるこのオレにふさわしい。
オレはインディアンの酋長シアトルの魂を受け継ぎ、また、ケツアル・コアトルだよ。
光輝く海の星。
21世紀のイブン・バトゥータはこのオレだ。」

こんな馬鹿げた事があるわけがない。

702 :名無しさん@3周年:04/09/08 23:02 ID:qv5+abJ3
696 :XYZ(正教徒) :04/09/08 22:43 ID:uylW/ULX
 >>695
 異邦人が救われない、なんて私がどこのスレで言った?これだから先入観だけで議論
する人は困ってしまう…。

お前本当に鈍いな。>>699 >>695は時代遅れの人間と言っただけで、異邦人が救われない
とお前が言ったとは言ってないんだよ。


703 :XYZ(正教徒):04/09/08 23:04 ID:uylW/ULX
>>702
>〜律法を持たない異邦人が、自然のままで、律法の命じる事を行うなら、たとい律法を
>持たなくても、彼らにとっては自分自身が律法なのである。〜

 これの引用をしたのは、私が異邦人の救いについて否定的であるという考えが前提に
なっていると解釈したのですが?

704 :名無しさん@3周年:04/09/08 23:36 ID:+4YxFVuu
>>693
>何で私が紛争に責任あるように言われなくてはならないんだ?
>さっぱり分からない。

神と神の被造物・造化・顕現としての現実の人間との折り合いを{理論的」に付けられ
ない限り、宗教紛争はすべての宗教者の連帯責任である。紛争の原因はそこにあるの
だから。

ただし、唯一の創造神を認めない仏教などの宗教は関係ない。彼らには宗教紛争は
殆ど存在しないから。

705 :名無しさん@3周年:04/09/09 00:10 ID:XEQfZEu5
イエスが生きていたら、「何で私が全人類の責任をかぶったように
言われなくてはならないんだ?さっぱり分からない。」と言われるかも
知れません。でも、本当にそうですか?

人々は、この地上の紛争、悲劇、悲惨に関係ないんでしょうか?
離れているから?人種が違うから?国家が違うから?宗教が違うから?
それで責任がないと言いきれるんでしょうか。宗教家、非宗教家、
キリスト教徒、仏教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒たちは、まったく
責任がないのでしょうか。責任とは、responsibility、その原意は応えること、
感応することでしょう。結局のところ、我々は無慈悲だし、愛や思いやりに
欠けているでしょう。愛や思いやりをほんの周りの人にすら伝えられて
いないでしょう。だからこんなにも無関心で、応えられていないのでしょう。
それでこの我々の無慈悲さ、愛のなさは、我々自身に責任はないので
しょうか。

706 :名無しさん@3周年:04/09/09 00:57 ID:VK96Z90u
>>705
それは違います。神から造られたままの生物としての人間は、種の維持の本能と共に、
独りでは決して生存できない存在であるため、共同体の構成と維持の欲求を本能とし
て持っています。だから異性間や親子間の愛着心と共に、自他の死を恐れ、困ってい
る他者に対する憐れみの情を自然の感情として持っているのです。

しかし、特定の、多分に精神医学的問題を有する教祖の観念の産物に過ぎない創唱宗教
の影響により、これらの自然の感情や本能が人為的に変容・否定されるに到ったため、
史上そして現在も殺戮行為が繰り返されているのです。神の被造物・造化・顕現、神
そのものであるありのままの人間に善・悪などありません。すべてこの自然の人間性を
を人為的観念により変容・否定した創唱宗教(啓示宗教)こそが諸悪の根源なのです。


707 :名無しさん@3周年:04/09/09 01:19 ID:XEQfZEu5
>>706
啓示宗教が起こる前から、紛争と悲劇と悲惨があったはずです。
ローマ、ペルシア、モンゴルその他無数の国々の皇帝、支配者、将軍、
兵士たちが他国を攻撃し、人々を殺害し、強姦したことは歴史にも明らかです。
あなたのおっしゃる共同体の構成と維持の欲求そのものが、排他的な
かたちで現れた時、それは容易に支配、暴力、惨殺等のとなります。
暴力や悲惨が啓示宗教だけから生み出されるというのは、ミスリーディング
な偏見と言わざるを得ません。
また異性間や親子間の愛着心そのものが紛争を起こしていることも
見抜かねばなりません。日本には啓示宗教の影響が少ないことは
明らかですが、しかし日本は今おそろしいほどの他者への無関心、
無慈悲、愛情の欠如、過剰に覆われていていますね。幼児虐待、性犯罪、
これらは歪んだ異性や親子の愛着心やその裏返しとしての嫌悪なのでは
ないでしょうか。だとしたら啓示宗教を諸悪の根源とすることは明らかに
現実から目をそらしているに過ぎないのです。なぜなら日本人には
啓示宗教の影響が少なくて、これほど悲惨があるのですから。

708 :紅丸 ◆/g6XfhcHxE :04/09/09 02:34 ID:AFWhQ8Bo
>>707
ローマは除外していいんじゃないか?
ローマ以上に地中海世界を運営した国は無いんだからよ
その後のヨーロッパの強国が軒並みローマの後継に名乗りを上げたのは
領地を受け継ぎたかっただけじゃない、ローマの支配時代の安定を引継ぎ
たかったのさ、軍隊の規模でも判るよな?属州が反抗的ならもっと大軍を用意
してたはずだ

>歴史にも明らかです

まったくですw


709 :名無しさん@3周年:04/09/09 04:35 ID:9S9zMdyJ
>なぜなら日本人には
>啓示宗教の影響が少なくて、これほど悲惨があるのですから。

日本が他の啓示宗教に毒された国々と比較して本当に悲惨であるか・・・は、
置いて置くとしてもだ。

だとしたら、人間というのは所詮そこまでの生物なんだろ。嘘で固めた便利な
生き長らえ方(宗教)に従って、取り合えず外見上円満に生きられるならば
まだ幸せだったんだろうが、生憎、最近の人間は、特に日本のような無宗教
の国の人間は、真偽を見極める目を持ってしまっている。
宗教が必要か必要でないか、の問いには、必要であると答えよう。
宗教がなければ人間は滅ぶ、まで行かずとも、ま、不幸なまんまだと思うから。
けれどもそれは現在ある宗教が全て必要という意味で私は言わない。
寧ろ現在ある宗教の全ては不要である。必要なのは、ここにいる俺をも含めた
無神論者を、引き込むことの出来る宗教だ。そしてここにいるそれぞれの宗教を
信仰している宗教家の現在の信仰を打ち消し、その新たな宗教に改宗させられるような、
真にうまい宗教、嘘、だ。今の宗教は万人を騙せていない、故に人間同士の間に
齟齬が起きる。必要なのは万人を騙せる一つの思想だ。ま、そんなんムリぽ。


710 :名無しさん@3周年:04/09/09 10:03 ID:8BNSjLjp
だますって何故言い切れるの?
真偽って何だ?
無神論者に、真偽を見極める目があるってのか?
その基準は何だ?
根拠は?


711 :名無しさん@3周年:04/09/09 10:44 ID:FIKWaSw/
>>710
横レスだが、この世は人間界なのだから、その基準も根拠も当然本来的に
生物としての人間でしょう。それ以外に確実なものが何がありますか。人間
が不遜にも人間を超越しものなど思考するから、殺し合いが起きるのです。

712 :名無しさん@3周年:04/09/09 11:36 ID:8BNSjLjp
>>711
だから、その人間の善悪や真偽の基準って何なんだ?
基準が無いなら(人間の独断で善悪や真偽が判断されるなら)、宗教の善悪や真偽を
否定する資格は人間にあるのか?

713 :名無しさん@3周年:04/09/09 11:50 ID:XEQfZEu5
>>711
別に一神教の神を思考しなくても、虐待、暴力、殺し合い、強姦、
誹謗中傷(言葉の暴力)等々が有りえます。
それは人間が心の使い方を知らず、自らをコントロールできていない
からです。単に一神教を信仰しなければ善良な人間、というわけにはいきません。
信仰の問題、信者の問題ではなく、これは全人類の問題なのです。
全人類の苦悩の元である間違った性向を改めるために、本来的に生物としての
人間に基づいた方法が求められているのです。それ以外に確実なものが何かある
でしょうか。人間の荒々しい心に分け入って、それをつぶさに調べ上げ、理解を促し、
その間違ったエネルギーの使い方を改め、人間の善良な本性を育てるための
肉体的・精神的方法が必要なのです。

714 :名無しさん@3周年:04/09/09 11:59 ID:FIKWaSw/
>>712
生物としての人間の基本的本能は、生への欲求、種族の保存、そしてその
目的のための共同体の形成と維持です。この本能を基準とすれば、善悪も
真偽もすべて容易に判断できます。

他者への思いやりの感情もこの本能から生じ、本能を越えた「善悪」など
そもそも存在しません。

人間の独断で判断しないのなら、一体誰が判断するのですか?

715 :名無しさん@3周年:04/09/09 12:00 ID:qibxFMy5
>>713
それがどうしたの?
そんなことは当たり前の話じゃないの?

716 :名無しさん@3周年:04/09/09 13:08 ID:XEQfZEu5
>>715
あなたはその当たり前のことを探求しておられますか。
実現しておられますか。

しかし大半はそれすらできずに、「世界の紛争、悲惨はすべて一神教のせいだ、
オセチア共和国の悲劇は、遠い一神教どうしの国々のことで自分には全く関係
のない話だ。」と考えておられるのではないでしょうか。
このような考えは宗教者も、非宗教者も同様だともいますが。

717 :名無しさん@3周年:04/09/09 14:33 ID:sI7pSpnG
>>716
そんな話、自分の日記にでも書いとけ。

718 :名無しさん@3周年:04/09/09 14:47 ID:vrnJb8tz
宗教というかセミナーなんだけど・・・
http://m.z-z.jp/?iclp
これって、ど〜よ

719 :名無しさん@3周年:04/09/09 15:01 ID:XEQfZEu5
「すべては一神教がせいだ。一神教が悪い。
自分は一神教信者じゃないから、自分は正しい。
世界のどんな悲劇も、苦しみも一神教が引きおこしたものであって、
自分にはまったく責任はないし関係ない」というのが、正しいとは思え
ません。このような態度こそが、世界に苦しみをはびこらせているの
ではないでしょうか。宗教の形態うんぬんの問題ではありません。
人間の本性、この御しがたきものを導けるかどうか、です。

そして世界の戦争、貧困、飢餓。
こういったこともまた、自分が選択してきたことではないでしょうか。
これらがくり返し選択されてきたから、今の現実があります。
これを変えることは並大抵のことではないでしょう。
しかしそれは変わると思い、語り、そして行動すれば、それはすぐに
変わり得ます。 変わらないのは、どこかそれを変えたくないと思うから
でしょう? 変わらなくていい、どうでもよい、他のことの方が大事だ、
なんとなく無理そうだ、アレが悪いんだから自分は関係ない。。。
このような思考が現実をつくりあげているのだと思います。


720 :■人殺し鈴木・公一を逮捕せよ■:04/09/09 15:46 ID:1HBpOhP5
■2ちゃんねると鈴木・公一マルチ破綻の黒幕■
─────────────────────
■衝撃的事実キーワード■ 
鈴木・公一(奇跡を呼び込むS氏の能力開発)が、仕組んだ
潟^ントのマルチシステムが、計画破綻。支払い金戻らず。
http://www18.big.or.jp/~ggg/b/bbs/mbbs.cgi?mo=p&fo=news&tn=0072
■衝撃的事実キーワード■
破綻した鈴木・公一マルチ詐欺のモデルとなったのは、
史上空前の詐欺事件「八葉事件」 ←最大級のキーワード
■衝撃的事実キーワード■
2ちゃん 西村・博之の父、国之(想化学会)、
ピンクちゃんねる 中尾・嘉宏(想化学会 札幌支部幹部)
────────────────────────────────
上をよく読み、下をクリックすれば、上のキーワードのすべてが一致する!
心臓の悪い人は、絶対にクリックしないでください
    ガクガク(((( ;゜Д゜))))ブルブル
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
||    
   ∧||∧ 
  ( / ⌒ヽ http://www.forum21.jp/contents/contents12-15-1.html
   | |   |   尚、「八葉事件」の被害者たちは、<自殺者>が続出していま
す。
   ∪  | http://w●ww.tor●ide.o●rg/st●udy/e2●22.htm
    | | | 2ちゃんから、リンク規制されてるので、
    ∪∪  黒丸●を削除し、くっつけてみてださい。

  南無妙法蓮華経 (-m-)


721 :紅丸 ◆/g6XfhcHxE :04/09/09 18:18 ID:iPGvypkQ
>>719
だからと言ってどっかの国みたいに
何でもかんでも首を突っ込むのはどうかと思うが?

722 :名無しさん@3周年:04/09/09 18:24 ID:htqW1bAh
まあ、基本的に自分の宗教は正しくて他は間違っているって思っていたら、
発展も糞も無い罠。

他人の意見も取り入れてこそ人は成長するし。
そういう意味では、唯一神信仰者はもったいない希ガス。

723 :紅丸 ◆/g6XfhcHxE :04/09/09 18:31 ID:iPGvypkQ
未だかつて客観的視点を持った宗教はありません

724 :名無しさん@3周年:04/09/09 20:07 ID:FR9xk88w
本質的に客観なぞというものがあるのかと。
理解ならあるが。

725 :XYZ(正教徒):04/09/09 20:09 ID:zoFaTVqw
 今日はあまり長時間書き込みできないけど後日ちゃんと見にくることを予めお断りして。

 >>722
> まあ、基本的に自分の宗教は正しくて他は間違っているって思っていたら、
>発展も糞も無い罠。

 私についていえば、自分の宗教は正しいと思っていても、自分が正しいとは思っていない。
 無宗教の人でも、「自分は正しい、一神教信者は間違っている」と思う人は
寛容ではない度合いについてはいい勝負かも知れませんよ。

726 :名無しさん@3周年:04/09/09 20:09 ID:FR9xk88w
それから主観とはなにかということも突き詰めないと 主観的⇔客観的 の区別もできん。
そこに踏み込むのも宗教かと。

727 :名無しさん@3周年:04/09/09 20:11 ID:FR9xk88w
生命とは、”オレオレ教”のことである。

728 :名無しさん@3周年:04/09/09 20:58 ID:e7I4spFK
>>725
>自分の宗教は正しいと思っていても、自分が正しいとは思っていない。

自分が正しいと思ってなければ、自分の宗教は正しいなどと思えないのではないか。
矛盾してるよ。

729 :名無しさん@3周年:04/09/09 23:30 ID:ZAwGrYdU
聖書
「肉の働きは明白である。すなわち、不品行、汚れ、好色、偶像礼拝、まじない、敵意、争い、そねみ、怒り、
党派心、党派心、党派心、分裂、分派、分派、分派、ねたみ、泥酔、宴楽、および、そのたぐいである。」


>>725 もちろんそのコテハンは聖書的に正しくない。キリスト教が党派に分かれること自体、肉の働きだと
書いてあるじゃないか。XYZ(正教徒)も、おかしいし、各党派に分かれているキリスト教は、それで聖書に
従っていないのだ。明白におかしい人たちの集団だよ。XYZ(正教徒)は明白におかしいんだよ。


730 :名無しさん@3周年:04/09/10 00:25 ID:f7YPubWj
>>723
客観的視点を失った人達が集まってるのが宗教だからね

731 :名無しさん@3周年:04/09/10 00:32 ID:H90jKONz
宗教と煙草ってやめるのどっちが難しいんだろうか。

732 :名無しさん@3周年:04/09/10 02:18 ID:zoSD/HfT
タバコは肉体的宗教でしょ

733 :名無しさん@3周年:04/09/10 10:29 ID:MRGVO74R
結局まともな宗教などこの世にないってこといでFA?

734 :名無しさん@3周年:04/09/10 14:49:19 ID:mSs5TLgG
XYZ=おかしい人って意見に賛成

735 :名無しさん@3周年:04/09/10 16:54:57 ID:v/yWnw5u
>>734
XYZさんは生まれつきの人柄は良いが、宗教を信じたためにおかしくなった、
宗教の犠牲者の一人。オウムの信者達も同じ。

736 :XYZ(正教徒):04/09/10 16:56:31 ID:o+2aY9u9
ただいま拝読しました。
>>729
>XYZ(正教徒)も、おかしいし、各党派に分かれているキリスト教は、それで聖書に
>従っていないのだ。明白におかしい人たちの集団だよ。XYZ(正教徒)は明白におかしいんだよ。

 さて、ではどこかの党派に属さないということが可能なのでしょうか?成程個人で
信じていれば良いとの意見が存在することは認めましょう。しかし聖書には尊体・尊血を
受けるようハリストスが述べていらっしゃる箇所があります。私はそれにどう従えば良い
のでしょう?
 私がどのような信仰生活をするかを決めるとすれば、それは単に私一人の「私派」を作る
だけの結果に終わります。それは「二人または三人が集まる所には私もその中にいる」との
教えに反するのです。
 では分派を作ることは正しいのか?
 正しいわけありません。ですから正教会は分派を作ろうとする人々を異端としてきたの
です。ちなみにローマ教会の方が正教会から離れて行かれたのであって、正教会が分離行動
を起こした訳ではありません。

737 :XYZ(正教徒):04/09/10 16:58:23 ID:o+2aY9u9
 >>735
 私はプロテスタントの家庭に生まれて幼児洗礼をされた後、無宗教(無神論では
なく、無派閥を志向)を経て、正教会に行ったのですが?生まれつき宗教的環境に
いましたよ、私は。

738 :名無しさん@3周年:04/09/10 17:03:59 ID:mSs5TLgG
>>737
自分のいってることが矛盾してることに気付かないんですか?
そうですか?

739 :名無しさん@3周年:04/09/10 17:14:09 ID:v/yWnw5u
>>737
宗教的環境にさえ生まれつかなければ、あなたにとって神など実在せず、
まともで社会のために役立つ人になれたのにね。残念。親の宗教を恨んだ
ことはないの?

740 :名無しさん@3周年:04/09/10 17:20:47 ID:bot37vLv
戦争をよしとする時点でXYZは宗教家としてDQN。
生命の尊厳という視点が皆無。
弱いものに対する思いやりもないし。

741 :XYZ(正教徒):04/09/10 18:16:20 ID:o+2aY9u9
>>740
>戦争をよしとする時点
 誰がそんなこと言いました?

>>728
>自分が正しいと思ってなければ、自分の宗教は正しいなどと思えないのではないか。
>矛盾してるよ。
 前スレや前レスでも言ったかと思いますが…。
 世界の形成は神の片棒と人間の片棒によります。人間の認識のあり方もこれに同じ
です。私が片棒を担いで「正しいと信じる」だけでなく、「神から正しさを伝える」
という働きも必要です。そうでなければ私は正教が正しいと確信することはできない。
 信仰は神と人との協働(シネルギヤ)により成り立ち、生活も同じ協働により成立
します。

742 :XYZ(正教徒):04/09/10 18:18:39 ID:o+2aY9u9
>>739
>親の宗教を恨んだことはないの?

 親の宗教(プロテスタント)を恨んだことはないが、親に反発したことはありますよ。
 別件で。でもここでは板違いの話題になるからやめる

743 :名無しさん@3周年:04/09/10 18:54:22 ID:4uquLDlZ
〜あなたがたは、むさぼるが得られない。そこで人殺しをする。熱望するが手に入れる
ことができない。そこで争い戦う。〜イエスの時代は、今なら処刑されることもない人
が、処刑される時代。その時代の人々は、残忍であったわけだ。

〜「丈夫な人には医者はいらない。いるのは病人である」「わたしが好むのは、あわれ
みであって、いけにえではない」とはどういう意味か、学んできなさい。わたしがきた
のは、義人を招くためではなく、罪人を招くためである。〜

〜「わたしは、イスラエルの家の失われた羊以外の者には、つかわされていない。」〜


 XYZ(正教徒)は、それらの言葉を語られたイエスを正しいと信仰告白しなさい。


744 :XYZ(正教徒):04/09/10 20:03:50 ID:o+2aY9u9
>>743
 もちろんそれらの言葉と、
> 「取りて食らえ、これ我が体、汝等の為に与うるもの、罪の赦しを得るを致す。」
> 「皆、これを飲め。これ我が新約の血。汝等及び多くの人の為に流されるもの。
>罪の赦しを致す。」

 とおっしゃった主イイスス=ハリストス(イエス=キリスト)を私は信じています。

 >>743さんは何を仰りたいのですか?

745 :XYZ(正教徒):04/09/10 21:00:17 ID:o+2aY9u9
 >>743
 正教会の領聖祝文(尊体・尊血を頂く前の祈り)の一節です。

 「…衆罪人のうち我第一なり、また信ず、これは即ち汝が至浄の体、これは即ち
汝が至尊の血なりと。故に汝に求む、我が自由と自由ならずして、言葉と行いにて
、知ると知らずして犯しし諸罪を赦したまえ、並びに我に定罪なく、罪の赦しと
永生とを得るを致させたまえ、…」

 正教徒は自らの浄めを目指すのであって、「他人より私が救われる」といった悪魔的
な考えに惑溺するものではない。

746 :XYZ(正教徒):04/09/10 21:04:50 ID:o+2aY9u9
 >>745の訂正です。
 「汝が至浄なる機密を受けて、」を、「罪の赦しと永生とを…」の前に挿入して
下さい。

747 :名無しさん@3周年:04/09/10 23:36:55 ID:AtXtt26a
プロテスタントとかカトリックと、正教会って何が違うの?
微妙に違うの?

748 :名無しさん@3周年:04/09/11 00:45:49 ID:rzWMGmR5
宗教はいらない人にはいらないし、欲する人にはいるもんだ。

何も問題なく暮らし、諸問題に現実的対処ができる人にはいらない。

無理に人に勧めることが、諸悪の根源。

だから、宗教はいらないという人々の集まるスレには顔だすな。

特定の宗教が、世間を支配しようと目論むことが一番害悪。

信仰をしている人間は、社会の隅で行うこと。表立って行うべからず。

749 :名無しさん@3周年:04/09/11 01:28:43 ID:BI/1Jgka
関係ないかもしれんがだいたい日本語訳(聖書とか)が理解しがたい言葉使いすぎ。
表記が崇高ぽいからスゲー上から見下ろされてる感じでそこにハマる人も多少いるんちゃう?

750 :名無しさん@3周年:04/09/11 01:35:00 ID:zgyA/ExX
>XYZ(正教徒)へ

ロシアの学校占拠事件、イラクの自爆テロ、イスラエルとアラブの紛争、コソボ、
インドネシア、スーダンの大虐殺、アイルランド紛争、etc. etc. etc.すべて
同じ神を熱心に信じる者たちがその架空の「神」の名で行ったもの。このような神
を信じるすべての宗教の連帯責任だ。XYZも呑気にくだらないカキコしまくっている
場合ではないだろ。宗教者以外の人間は皆心を痛めてるのだ。少しはその解決策でも
提案してみたらどうか。想像の産物に過ぎないその「神」を抹殺してしまう以外に
方法はないのだ。

751 :XYZ(正教徒):04/09/11 13:01:51 ID:ABOKZOnA
 >>747さん、以下のサイトを紹介します。

<聴覚的な特徴(MP3等で西欧のものと一味違った聖歌を聴けます)>
 http://www.3saints.com/music.html …西洋聖歌と折衷されたロシア聖歌サイト(MP3)
 http://www.sv-luka.org/chants/index.html …西洋から多大な影響を受けたセルビア近代聖歌
 http://www.sv-luka.org/chants/indexmedch.html …東洋的なビザンチン風セルビア聖歌

<視覚的な特徴>
 http://www2.gol.com/users/ocj/Photos.htm …御茶ノ水ニコライ堂内観写真(小さいですが)
 http://www.valaam.ru/en/photos/komp_1996/ …ロシア北方(フィンランド方面)にあるヴァラーム修道院

<各地の正教会紹介>
 http://www.geocities.jp/fnagaya2002/Hp/WolrOrth.html …世界各地紹介版
 http://www.geocities.jp/fnagaya2002/Hp/Link04.htm …日本正教会サイトリンク集
  
<教義上の立場>
 http://www.geocities.jp/fnagaya2002/Hp/Osie1.html

752 :XYZ(正教徒):04/09/11 13:16:14 ID:ABOKZOnA
宗教≠現実対処だとお思いの方々に。

 いろんな方に言われるたびにいつも不思議に思うのですが、「宗教=現実逃避」と
お思いの方がなぜこんなに多いのでしょう?
 伺いたいのです。宗教くらいで現実というものから逃避できると本気でお思いですか?
逃避の手段としてだけで各伝統宗教が生き残ってきたとお思いですか?現実はそれほど
甘くはない。緊急手術をした私が生きているのはある意味奇蹟です。しかしそれは病気
と闘うという新たな試練をも意味しています。それを正教の教えで簡単に私が納得して
いるとでも?…そんな馬鹿な…。私はそれほど敬虔ではない。
 そんな便利なものなどありはしない。正教もその例外ではないのです。そして私も
神に対して不平たらたらです。「なぜ、私が?」と問うたことも一度や二度ではない。
そこで「神などいない」という思考に行くのが現代では自然かと云われそうですが、
生憎そうした人々は旧約の時代から新約の今の時代に至るまで普遍的な人間の姿であって、
別に「科学的生活に馴染んだ我々だから」高い必然性を持ってそうなるわけではない
のです。
 私はそうした思考ではなく、他の思考を選び取った。主はそれを時に応じて助けて
下さる。私の信仰とはそういうものです。(カルトなどについて続きます)

753 :XYZ(正教徒):04/09/11 13:31:13 ID:ABOKZOnA
 すみません、カルトについてはもう少し考えがまとまるか、どなたかから私の足りない
脳を刺激して下さるご質問がくるまで、置かせて頂いて…。

>>748
>特定の宗教が、世間を支配しようと目論むことが一番害悪。

 全ての宗教が、それを目指しているわけではないのです。このスレでも色々な方に
繰り返して申し上げておりますが、もう少しマトを絞って批判しないと、主張の
効果も薄れるでしょう。2chで「宗教板」だから私は書き込んでいるのであって、
ウチは宣教に(恥ずかしいくらい)不熱心です。
 できれば具体的に宗教団体名を挙げて批判して頂きたい。それならば私も賛同
できるところが出て来るでしょう。

 >>750
 随分宗教の力を過大評価なさっておいでですね^^;
>このような神を信じるすべての宗教の連帯責任だ。XYZも呑気にくだらないカキコ
>しまくっている場合ではないだろ。
 人の責任を自分で負えると考えるのは傲慢の素になる危険があるのではないでしょうか。
 私に出来る事は祈り、募金すること位です。

> 宗教者以外の人間は皆心を痛めてるのだ。少しはその解決策でも
>提案してみたらどうか。
 ひどいな。宗教者が心を痛めていないかのような書き込みですね。

> 少しはその解決策でも提案してみたらどうか。想像の産物に過ぎないその「神」
>を抹殺してしまう以外に方法はないのだ。

 古代の宗教戦争的な短絡的発想ですね。「彼らの神は邪神である!」というわけですね

754 :名無しさん@3周年:04/09/11 13:35:03 ID:ysFATDic
>>749
宗教はそもそも、殺し合いや略奪、人が人を自分の思う通りに支配しようと
する輩がいて、それらをやめさせようとする目的から起こったもの。

良識のない時代に、現代の良識を説いたものだから、現代に至っては必要の
ないものとなり、現代の良識を超越しないと宗教団体としての存在意義がな
くなってしまう。だから、現代の宗教は、逆に危ないものとして存在するの
だ。人の精神に異常をきたすようなものまで存在するだろう。



755 :XYZ(正教徒):04/09/11 13:44:03 ID:ABOKZOnA
>>749
>関係ないかもしれんがだいたい日本語訳(聖書とか)が理解しがたい言葉使いすぎ。

 日本聖書教会訳などは平易ですね。私は正教会文語訳(漢文に似た形)にも愛着が
ありますが。
 「分かり易さ」と、「正確さ」「美文追求」といった価値の着地点をどこに求める
かは教派によって違いますね。

756 :ヨハン君 ◆DV4hb.MG/U :04/09/11 21:46:25 ID:f9IWXMHN
>>755

宗教板で「この世に宗教はいらない」と主張するスレッドにおいて、

何ゆえに「そうではない、必要だ」と主張するのかが不思議。

キリスト教スレッドにきて「この世に宗教はいらない」と主張するものが

あったときにすればよいことではないのか?


757 :名無しさん@3周年:04/09/11 23:29:25 ID:4hTjvPWM
>>752
>>神に対して不平たらたらです。 やっぱり病気つくるだけだよなあ。
                   精神的に不安定になるだけ。
 

一旦神を信じてしまった病人に対して、厳しく教えたのがイエスじゃないの。
主よ、主よなどと言わず甘ったれるな、自分のことは自分で行えとか。
だいたい、厳しい教えはスルーして、都合のよいことだけ聞こうとする。
神様と言えば、自分に利益を与えてくれると内心思って信仰するものだから、
いざ、災難があると心理的に物凄く不安定になる。「僕が、こんなにあなた
のために礼拝してあげたのに、なんで僕だけ災難を与えるの」と思うだけ。
信仰は、人の心を不衛生にするもの。いるかいないかわからない神に、その
うち怒り出すぞXYZ(正教徒) 


758 :名無しさん@3周年:04/09/12 00:19:21 ID:bYuoCMIZ
優しい、優しい神を想定して、神に仕えていると思っている
宗教家は、自分の災難を神のせいにする。

神がいないと思っている人は、災難を現実的に受け止め、それ
に見合った現実的対応をしようとする。

どちらも、結局のところ、現実的に対応をしなければならない
が、神を信じている人は、ひとつぐらい愚痴をこぼすだろう。


759 :名無しさん@3周年:04/09/12 00:45:46 ID:voxEyJih
選択し得る最善の行動を常に取り続けること以外に考えることはない。
どんなに努力をし、どんなに誠意を込めて行った行為が例え実らなくとも、
それは誰のせいでもなく、無論神のせいでもなく、全ては確率の問題だ。
80パーセント大丈夫な筈なことでも、たまたま自分だけ、
何を悪いことしたわけでもないのに二十パーセントの不幸を蒙ってしまう
場合もあるが、全てはただの偶然。我々が世界に何を期待しようとも、
それとは全く無関係に世界は回る。どんなことでも起こり得るし、
起こったことが全て。できることは、原因を神などという架空の意志
に求めることではなく、よりよい確率で自分が幸福になれる道を探すこと。
そしてその可能性がないときにはもはやいかなる救いもない。神という欺瞞
を持ち出して自分を慰めたところで・・・・・・いや、せめてそうやって
自分を慰め苦しみを軽減することが最善の行動である場合もあるのか。
例えば、不治の病に冒された時とか。とすれば人間はみな神に祈って
自分を慰めることが最善の行動になるな。人間の致死率は百パーなわけだし。
というわけで、宗教は、必要!!!

だけど馬鹿げていて、慰めにもならねーよ。

ま、全部の宗教を知ってるわけじゃないから、何とも言えないが。


760 :名無しさん@3周年:04/09/12 00:48:39 ID:22Vkt/Dk
>>759
ものごとの全てがただの偶然で起こってるなら、確率も何も
上げようがないもんだが。

761 :名無しさん@3周年:04/09/12 00:56:12 ID:voxEyJih
>>760 あぁ?百枚のカードに20枚ハズレがあて、そん中から一枚選ぶとき、
20パーでハズレだろーが。どれを引くかは偶然だローが。
何で物事全て偶然ならば確率も何も上げようがないんだよ、アホか

762 :名無しさん@3周年:04/09/12 11:30:34 ID:kR2fSLrb
ロシアが「先制攻撃」の正当性を議論しはじめた模様。
キリスト教社会 対 イスラム教社会の図式は、
アメリカ対中東だけではなくなったということか?

何かとりかえしのつかないことが起こりつつあるのかも
しれない。

763 :名無しさん@3周年:04/09/12 11:43:09 ID:oqRJjRXf
人類は啓示宗教(創唱宗教)によって滅びる。その兆しはすでに明白。
啓示宗教が、自然の人間性とは隔絶した特定教祖の神経症から発生し、
それが全世界的に感染したものに過ぎないからだ。

イスラム教も、ムハンマドの精神錯乱の状態から生まれた。旧約聖書の
神自体、心的外傷の後遺症であると、臨床精神医学者であるフロイトは
診断している。プロテスタントは、ルターが雷に討たれて精神錯乱に
陥った状態で生まれた。

764 :名無しさん@3周年:04/09/12 17:28:58 ID:vwjOOkl/
age

765 :名無しさん@3周年:04/09/12 20:36:30 ID:XSRCC2Wa
宗教は世界平和を謳うものじゃないのか?
皮肉にも宗教があるおかげで、この世は終わってしまうかも。

766 :名無しさん@3周年:04/09/12 21:24:27 ID:RHjacL+b
この世が終わるって…
冷戦はとっくの昔に終わったよ

767 :名無しさん@3周年:04/09/12 23:11:01 ID:98AzWAck
宗教があろうとなかろうと争いも不幸もなくならない。数も減りはしない。
どの道人間は争う動物。別に人間に限定せずとも、動物ってそういうもんでしょ。
命を殺さないと自分が生きていいけないようなシステムである以上、
常に殺しあって、潰し合って、生命は引き継がれて行くけれど、
一個一個の個体の視点で言えば、苦しい一生だよ。宗教なんてあっても
なくてもこの世は糞っぽい気がする。

768 :名無しさん@3周年:04/09/12 23:18:29 ID:98AzWAck
だからもうこれ以上苦しい生命を生み出さないのがいいと思う。
全部の生命が繁殖をやめてしまえば、我々を最後に、もう誰も
苦しまずに済む。寧ろ爆撃で、アメーバ以下の生命まで残さず
死滅させてあげることが出来たら、誰も幸福ではないけれど、
すくなくとも誰も苦しまずに済む。
でも、どんなことしても、しぶとい生物っているからなぁ。
なかなか全滅ってのは難しいんだろうな。

769 :名無しさん@3周年:04/09/12 23:34:55 ID:RHjacL+b
>>768
死が無をもたらすと信じるのなら、
あまねく生物の死を待たずとも、
自己の死と共に世界は無になり死滅する。

770 :名無しさん@3周年:04/09/13 00:43:49 ID:FPyHmkaf
>>769 それでは彼>>768しか救われないな。皆で救われたいと彼は言っている
のであろう。

つうか、死が救いだとは、思えんが。そこんとこどうよ、もうちょい説明しれ、
>>768よ。
無ならば、苦しくないということは認めよう。しかしそれはただ苦しくはない、
というだけで決して救われた状態ではないと思うんだが。俺は。
救われてもいなければ、苦しめられてもいないという点で、確かに苦しめられている
状態よりはマシだと思うが、・・・・・・俺なんかは、もうちょい他に方法ないわけ?
と思ってしまうな。いや、具体的にどうする、ってのがないから今のとこ君の
言ったことが最善の具体策だとは思うが。。。それってあまりにあんまりじゃないかい?
君がそこまで絶望的なことを考えるのは、机上の空論でか、それとも、
真に絶望せざるを得ない何かを見たか聞いたかしたからか。


771 :名無しさん@3周年:04/09/13 14:52:25 ID:xiCqfNWC
神だ仏だと、いるかどうか怪しいものにすがらず、

自分で今を精一杯生きればいいじゃないですか?

772 :名無しさん@3周年:04/09/13 14:56:16 ID:rSPuMq9E
人間の思いと関係なく神は実在するんだから、仕方ないじゃん。

773 :名無しさん@3周年:04/09/13 15:24:55 ID:z6A+01V0
啓示宗教の神を信じることはたいして問題
ではない。啓示宗教の神を信じて徹底的平和主義
という派もある。

問題なのは「こういうふうに終末をむかえ世界は
こうなる」と信じていて、その信じる内容が強く政治的
にかかわる場合。未来の世界観で異なった考えが衝突する。

774 :名無しさん@3周年:04/09/13 15:31:34 ID:z6A+01V0
>>773
今この時の境地を天国・地獄と解釈し、
未来の世界観はいっさい入れないという
禅にも似たキリスト教解釈。

このような試みはすでにあると思われる。

775 :とびいり:04/09/13 15:36:21 ID:wJDGBi1S
皆が幸せになる方法は?
宗教有り と、宗教なし 

それぞれのパターンで意見を聞いてみたいです。

776 :名無しさん@3周年:04/09/13 16:00:22 ID:z6A+01V0
>>775

皆が幸せになる前提は、それぞれの人には
幸せになる異なった方法があるという
ことを認め合うこと。

宗教ありでも、宗教なしでも、
その人が納得し、自分のありかたを肯定できればそれでいい。


777 :とびいり:04/09/13 16:24:51 ID:wJDGBi1S
>>776
人間全員が納得し、自分のありかたを肯定できるという事が
宗教なしで可能なの?

いやさ、宗教自体がそんなことできてないけど、
漏れは宗教というものは、>>776がいってあるものを
根底にしているものだと思っている。

そうなってくると、宗教はいらないといっている人と一緒に
皆が幸せであるようにという事を考える場合、

それを望んでいる人となら話してみたいけど、
それすら望んでいない人とは話しても進展はなさそう。

ここの宗教いらないの皆さんは、どうなの?
今のままで構わないと思っている人?
それとも、皆が幸せになることを望んでいる人?

778 :名無しさん@3周年:04/09/13 17:03:57 ID:1cY0O8Ps
「幸せ」とは何か?

779 :とびいり:04/09/13 17:06:23 ID:wJDGBi1S
>>778
神がないとその定義はばらけない?

いや、宗教(ry

780 :名無しさん@3周年:04/09/13 17:46:37 ID:gZaw9qV1
今回のロシアのテロで、イスラム教徒=危ないというイメージが
決定的なものとなってしまった。
日本人はあまりピンとこないかもしれないが、それでも自分の家の
隣にイスラム教徒が引っ越してきたらいい気分はしないと思う。
本当はイスラム教徒の中にも、すばらしい人間は大勢いるはずなのだが。
一度深層心理に植え付けられたイメージというものは恐ろしい。

781 :名無しさん@3周年:04/09/13 17:54:25 ID:gZaw9qV1
この前テレビの特集でやっていたが、アメリカでは、逮捕歴のある
イスラム教徒には、足首に電波発信機をつけさせて、常にどこに
いるか把握しているという話。
イスラム教徒というだけで、異常なほど神経質になっている。

782 :名無しさん@3周年:04/09/13 17:57:08 ID:6kG7Awr1
>>777
宗教が無くなれば、イスラム教とキリスト教の対立もなくなって、
その対立に起因していた戦争やテロの大部分がなくなって、
みんなが幸せになれると思うのだが、どうだろうか?

783 :名無しさん@3周年:04/09/13 18:55:20 ID:UH8STb/y
いつの時代も宗教同士で争いが必ず起きる。
このせまい2CHの板でさえ常に争い、いざこざが起きている。

784 :名無しさん@3周年:04/09/13 21:39:57 ID:tJ010UVF
>>783
ならば、宗教を信じていない人が喧嘩しないのかって
事になるとそんな事も無い。


785 :名無しさん@3周年:04/09/13 22:11:22 ID:PQI8Qzn5
宗教の形態うんぬんの問題ではありません。
人間の本性、この御しがたきものを導けるかどうか、です。
信仰の問題、信者の問題ではなく、これは全人類の問題なのです。

786 :名無しさん@3周年:04/09/13 22:30:18 ID:6kG7Awr1
>>784
喧嘩と戦争では規模が違いすぎます

787 :名無しさん@3周年:04/09/14 01:10:30 ID:yiSNyUPT
宗教がどうとかいうより、宗教の教義を権力者が自分勝手に拡大解釈して、
利益を得たいがために戦争を起こすような気がする。
もちろん、宗教それ自体が全部なくなりゃそんなことも起こりえないわけだが。
人を救うための宗教が結局人を滅ぼすわけか。
ナイフは料理とかちょっとした工具とかに使えて便利だが、バカに持たすと凶器にかわる。
宗教も似たようなもんだな。

788 :名無しさん@3周年:04/09/14 02:04:15 ID:SB2r9470
宗教は人間の全人格、即ち人間の自然の本性を変容する点で、単なる道具とは性質
が全く異なる。自然の本性のままであれば、共同体維持の本能やそれに基く他者へ
の憐れみの情も備わっているから、大規模な虐殺など出来ない仕組みになっている。
大規模虐殺がすべて宗教に起因していることが、その証拠である。宗教が利用された
などというが、容易に利用されること自体、宗教に問題があるからである。


789 :とびいった:04/09/14 09:21:37 ID:Y/i+wIVa
>>782
漏れは、それができるなら早くそんな世の中になって欲しい。
でも、それは戦争がなくなるだけな気がする。

というか、ここでの宗教って何のためのもの?
>>787とか>>788に是非、聞いてみたい。

790 :XYZ(正教徒):04/09/14 19:04:22 ID:fzLbznsi
 >>756
 極稀に(一月に三回くらい)、「宗教いらん」的なスレで実りある対話が出来る
ことがある。それがたまさかの楽しみ。それに無神論ではない単なる無派閥としての
無宗教の人とは楽しい会話が出来る事もあります。
 それより私が何か貴方の気に入らないことを言ったことがあるのでしょうか?以前
貴方に言われました。「あなた、本当にクリスチャンですか?教会で何を習っているの
かと思いますよ。私が何を言いたいか分かりますか…?」と。
 私には文意・貴方の真意が分からない。ここですとスレ違いになってしまいますので、
「☆ リベラルなキリスト教@質問箱1 ☆ 」に返事・真意を書き込んで頂きたいと
思います。

791 :XYZ(正教徒):04/09/14 19:10:55 ID:fzLbznsi
>>757
>信仰は、人の心を不衛生にするもの。いるかいないかわからない神に、その
>うち怒り出すぞXYZ(正教徒)

 これだ…^^;
 熱心に信仰して「不満も何もありません」と言えば「盲信者だ!」と言う人が出てきて、
 私みたいな罪深い世俗的人間は「不衛生だ」と言う人が出てくる…。
 新約聖書の時代から今も変わらぬ風景です…。
 
 別に信仰なくても不平たらたらな人間は大勢いるでしょう。「運命を呪う」という
言葉が言われる時があるけれど、これは別に特定の宗教を前提にした言葉だとは思え
ないのですがね。

792 :XYZ(正教徒):04/09/14 19:18:09 ID:fzLbznsi
 >>788
>大規模虐殺がすべて宗教に起因していることが、その証拠である。

 アフリカでの部族間紛争も全て宗教に起因しているんですか?
>すべて宗教に起因 起因 起因
 
 耳(目)にタコが出来た。

793 :XYZ(正教徒):04/09/14 19:22:00 ID:fzLbznsi
>>775
>皆が幸せになる方法は?
>宗教有り と、宗教なし 

>それぞれのパターンで意見を聞いてみたいです。

 分からないとしか答えようがないですな。

794 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:32:43 ID:Kqm2Rjmj
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.html

このフラッシュ、結構人気があるみたい
これも非合理の世界だが

795 :XYZ(正教徒):04/09/14 23:03:36 ID:fzLbznsi
>>794
 いい作品だ

796 :名無しさん@3周年:04/09/15 02:35:33 ID:qM1XBRnG
>>788
>宗教は人間の全人格、即ち人間の自然の本性を変容する点で、単なる道具とは性質
>が全く異なる。自然の本性のままであれば、共同体維持の本能やそれに基く他者へ
>の憐れみの情も備わっているから、大規模な虐殺など出来ない仕組みになっている。
>大規模虐殺がすべて宗教に起因していることが、その証拠である。宗教が利用された
>などというが、容易に利用されること自体、宗教に問題があるからである

たしかに宗教がなくなれば大規模虐殺は起きないかもしれない。
だが、宗教の役割を、「人をまとめる」という観点から考えてみると、
敵集団に対しては残酷になれるかわりに、味方同士では協力し合って集団が発展していく
という利点もある。原始社会でまだ何も宗教観を持たず混沌とした動物的な人間が、
毎日食うものにも必死で生命の危険を常に感じていたときに、
誰か中心になる人物のもとに集まることによって・・・つまり「集団」になることによって
身の安全と食料の確保が保障されることを知った。
そして次第に、自分たちの集団の安全を守れば自分たちの暮らしが脅かされることも無い・・・
と思い、他の集団を敵とみなし排除するようになった。
ここで人々をまとめる力として使われたのが宗教だ。
日本で言えばシャーマニズムとかアニミズムとか卑弥呼とかあのへんだ。
つまり、宗教が発生するのは人類が発展していくうえで必須かつ必至だったわけだ。
宗教の発展抜きにして人類の発展を語ることは出来ない。

よって、現在宗教を否定する者は人類の歴史に代わるもっと強力な何かを
考え出さなければならない。もっともそれは共産主義などで結果が証明済みであるが。
宗教がなければ争いが起こらない・・・と言ってる人は
人間に感情がなければ喧嘩も起こらない・・・と言ってるのと同じ。

"ソレ"がなくなったら防げるものはあるかもしれんが
同時に失うものも多い、ということ。

797 :名無しさん@3周年:04/09/15 10:53:37 ID:Wq4Tqp7N
>>792
>アフリカでの部族間紛争も全て宗教に起因しているんですか?

アフリカでは部族によって宗教が異なるので、やはり宗教に起因していることは
十分に考えられます。しかし、最大の原因は、なんと言ってもキリスト教諸国に
よる勝手なアフリカの植民地分割でしょう。

ついでに、正教徒による「コソボの大虐殺」についても研究してみて下さい。

愚かな人間は、「耳にタコができるほど言って聞かせても理解できない」、という
言葉があります。

798 :名無しさん@3周年:04/09/15 11:20:11 ID:1BuAof1s
バルカン半島もなあ…
あれも民族紛争だよな
宗教紛争なら、民族浄化をするより改宗を迫るんじゃない?

純粋に宗教だけが原因の戦争って、かなり少ないんじゃないか?

799 :名無しさん@3周年:04/09/15 12:40:50 ID:Wq4Tqp7N
>>798
戦争には種種の要因が絡むのが当然だが、宗教的教義・信念・熱狂が最大の憎悪
要因であることは明白。例えばイスラムの自爆テロを、宗教的要因を除外して語
れるか。

800 :名無しさん@3周年:04/09/15 13:09:26 ID:1BuAof1s
自爆テロ?
宗教以外の要因を揚げるとしたら…

パレスチナの場合は
現地の高い失業率(高い地域で60%以上)で将来に希望を持てない、
若者(それも難民キャンプで育ったような)が多数いる。
テログループは、そんな自暴自棄になっている若者に、
「家族の面倒は見る」と言って自爆テロリンを募集するそうだ。

ロシアの場合も似たようなものらしい。
ロシアはチェチェンの男を虐殺(これは宗教的な必要性があった訳じゃないぞ)したので
大量の寡婦が残り、その寡婦をそそのかしているようだ。

(戦争になったら、結構、自殺的攻撃を命令されるしな…
二次大戦中、ソ連は地雷原を、捕まえた脱走兵・逃亡兵の行進させて除去してたってよ)

801 :名無しさん@3周年:04/09/15 13:31:02 ID:Tq/Dx/G7
チェチェン人のほとんどがイスラム教徒だから。
そうじゃなきゃ、あんなひどい虐殺はしていない。

802 :名無しさん@3周年:04/09/15 16:21:20 ID:ityXxLKO
結局はロシアのテロも宗教がらみってこと。

803 :名無しさん@3周年:04/09/15 16:26:41 ID:CdGNQxt/
>>801-802
ナショナリズムとアイデンティティーについて、勉強汁。
国際政治の常識。

804 :とびいった:04/09/15 16:37:32 ID:VAOsCXQg
宗教が原因で戦争が起きているけど、

だからといって宗教の根本が戦争をしろって言っているわけでもない
と、思うけど。教祖(イエスなど)のいない状態をいいことに下が勝手に解釈して
自分たちの都合の良い様にしてるだけとしか思えない。

というのは、キリスト教徒かイスラム教徒か大きいところに限った話だけど…。

805 :名無しさん@3周年:04/09/15 16:40:53 ID:nzuJYBG4
自爆を選ぶイスラムの若者は、自爆をする前はとてつもなく悲しみ
と寂しさを感じる者も多いらしい。

幸せになりたい自分、生きていたい自分を偽ってはだめだ。



806 :名無しさん@3周年:04/09/15 16:51:05 ID:1BuAof1s
>>801
昔からチェチェンはロシアにとって黒海へのルートであり、
石油が出るようになってからはなおさら重要な地域だから。

もう一つ、他の地域へ独立運動の波及を恐れたため。
(中国がチベットを弾圧する理由と同じ−これも宗教は絡んでいない−)
あと、プーチン大統領が人気取りの為に強硬策を取ったというのもある。

チェチェンはイスラムでも比較的穏健なスンニ派を信仰する地域だな。

>>802
宗教が絡んでいることは誰も否定しないが、主原因ではない。

>>803
>例えばイスラムの自爆テロを、宗教的要因を除外して語れるか。

こんな寝言を言える時点で、新聞どころかTVニュースすら覩ていないことは明白。

807 :名無しさん@3周年:04/09/15 17:00:50 ID:1BuAof1s
>>805
まったくね
ただ、パレスチナの場合はイスラエルの強硬な支配の下で、
まっとうに生きたくても生きられない、ってのもある。

チェチェンにしても旦那を殺され、幸せな家庭を破壊された未亡人はまっとうに生きられるだろうか?

抑圧される者にとって、まっとうな生き方とは
”抑圧者への反抗”を意味するようになるのは当然かもしれない。

808 :名無しさん@3周年:04/09/16 13:15:08 ID:ctiqEmxH
どうぞ宗教にすがって、貴重な時間と金を費やして
死んでいって下さい。

どうぞどうぞ遠慮なさらずに。

809 :名無しさん@3周年:04/09/16 13:23:29 ID:R6mFqBS4
>>806
>こんな寝言を言える時点で、新聞どころかTVニュースすら覩ていないことは明白。

宗教に嵌った人達は、新聞やテレビを見ないって本当ですか。宗教の妄想によって自
分が作り上げた仮想現実が壊されるのが怖いのでしょうか、それとも教祖、教団の
命令ですか。

810 :名無しさん@3周年:04/09/16 17:29:01 ID:Nnp29rPj
宗教という名の

殺人
傷害
誘拐
詐欺
洗脳
強姦
テロ





811 :とびいった:04/09/16 17:41:21 ID:I1AyblTl
>>810
良いところは一切見つけることができないの?

それは、無宗教でもやるじゃないか!

812 :名無しさん@3周年:04/09/16 17:44:16 ID:UAUjMZQ6
>>810
革命という名の

殺人
傷害
誘拐
詐欺
洗脳
強姦
テロ

フランス革命・ロシア革命を勉強汁。(中学生レベル)

813 :名無しさん@3周年:04/09/16 17:48:40 ID:ctiqEmxH
宗教という名の

殺人
傷害
誘拐
詐欺
洗脳
強姦
テロ

全部、本当にあったことだろ?違うのか?

814 :名無しさん@3周年:04/09/16 18:02:09 ID:UAUjMZQ6
>>813
ソウカという名の

殺人
傷害
誘拐
詐欺
洗脳
強姦
テロ

全部、本当にあったことだろ?違うのか?

815 :XYZ(正教徒):04/09/16 18:08:08 ID:ntOz2OuE
 >>811〜813に至るまで

 全員に賛同。

 >>814のソウカについては洗脳、詐欺、については賛成。他は調査中。

816 :名無しさん@3周年:04/09/16 21:40:05 ID:9dY4CJ/J
>>809
宗教はどうでもいいから新聞や本を沢山読めよ
向学心、向上心は持たないと馬鹿になるぞ。


…まあ、>>799にはもう手の施しようも無いのかもな。

817 :XYZ(正教徒):04/09/16 21:46:28 ID:ntOz2OuE
>>809
>宗教に嵌った人達は、新聞やテレビを見ないって本当ですか。宗教の妄想によって自
>分が作り上げた仮想現実が壊されるのが怖いのでしょうか、それとも教祖、教団の
>命令ですか

 まぁ、アトス山の隠遁修道士は新聞読んでないでしょうな^^
 私は新聞好きですよ。

818 :名無しさん@3周年:04/09/16 21:47:25 ID:8DbTUFjA
クロマニヨンの時代から虐殺は在ったらしい
自然の感情だろうが虐殺はする
もしくはクロマニヨンの時代にもあるほど宗教は自然な現象

819 :名無しさん@3周年:04/09/17 01:32:15 ID:9Pa9OT5M
大量殺人とかってよく「人のすることじゃない」と言うが、
よく考えるとむしろ実に人間らしい行為なんだよな。
虐殺なんてアホなことするのは人間だけよ。

820 :とびいった:04/09/17 08:34:34 ID:MMv9ixFm
>>813
つくづく思うが、そこに挙げたものは
宗教さえなくなればなくなると思っているんじゃないだろうね。

宗教はそれらの動機となる本来は必要のない矛盾性を取っ払うために
あるものよ。

と、いまさらのようなことを書いてみる。

821 :名無しさん@3周年:04/09/17 16:57:28 ID:Ru9c4rFf
だれも宗教が何もかも悪いとは誰も言っていない。
しかし宗教が平和の妨げとなっているのも事実でしょ?

822 :XYZ(正教徒):04/09/17 17:04:33 ID:STUL1tMu
>>821
>しかし宗教が平和の妨げとなっているのも事実でしょ?

 そうですね。しかしだからといって宗教がいらないということにもなりませんよね。

823 :とびいった:04/09/17 17:15:04 ID:MMv9ixFm
>>821
ていうかさ、宗教が平和を促進させているかどうか調べた?

悪いものしかニュースにならないんだから。

824 :ヤッタ−マン1号:04/09/17 17:21:47 ID:q3W3t2+m
昼間からレス出来る人がウラヤマシイ。一体、生活費ドウなってるの。
学生か?主婦か?余生の趣味か?アルバイトか?分からない。
この他の人が日本を支えているわけネ、宗教は必要な人もいるが、
教義のためなら、他者に危害を加えても良い・利用しても良い・
人を殺してもよいとか、己も殉教しても良いというようなのは、
邪教。オカルト・悪魔教だろう。今の宗教を全部つぶして、チャラにして、
神の再臨を待つが良い。本当に存在するならば。

825 :とびいった:04/09/17 17:30:36 ID:MMv9ixFm
>>824
どの程度を偽善というのかな?
自分の欲のために他人を害することは
悪くても、自分の家族を守るために
それ以外を傷つけるのは善なのだろうか?

こういったものは話していても意味がない。

「教義の為」?教義を守るのは何のためなんだろうか。
宗教の起源が何なのかがわからない限り、どうして
戦争をするのか、起こってしまうのかはわからないのでは
ないだろうか。

826 :名無しさん@3周年:04/09/17 17:35:35 ID:MyMU0Yv4
>>822
そんな間抜けたことばかり言ってるから、今日も宗教で殺し合いが続いて
いる。平和の妨げになってれば、要らないということだろ。益よりも害の
ほうが大きければ、これを有害という。ここは現実界なのに、現実から遊離
した宗教にどんな意味があるのか。すべて想像の世界ではないか。

827 :ヤッタ−マン1号:04/09/17 17:45:15 ID:q3W3t2+m
何故、宗教の起源に話をすり換えるのデスカ?「教義の為とは」教義を
個人や社会・団体・組織・民族・国家にかぶせるからですよ。
ソコデ教義とかぶせられたものが一体化したと誤認して、
チョットでもかぶせられたもの一部がが傷つけられたら、
彼らの共通項の教義が傷つけられたとして、扇動して、破壊に赴くと言う寸法。
何処でもありますよ。こういう宗団

828 :とびいった:04/09/17 17:59:30 ID:MMv9ixFm
>>827
じゃー同時に行きますか?

っていうか、>>824の文章は完結してるんでない?
「宗教潰してチャラにして神の再臨を待て」ってことでしょう?
そこから何も拾えないかった。すまんけど

漏れは、人を救う筈の宗教に、まったく逆の行動(争いなど)が起こるかを
他の人に聞いてみたいわけで。なぜ逆の行動が起こるのかを考えてないと、
やっぱり、「宗教イラネ」に行き着いてしまう。でもさ、漏れはそうでは
ないと思っているから、他の人に聞いてみたい。是非とも

とか言いつつ、用事があるので、夜中にでも参ります。
逃げるようで本当にすまん > ヤッタ−マン1号の人

829 :ヤッタ−マン1号:04/09/17 18:13:15 ID:q3W3t2+m
ドウゾ、行き先は分かってますから。

830 :名無しさん@3周年:04/09/17 18:18:49 ID:TeTaRo1y
>“科学的に“証明”されている事以外はみな嘘だ”

そんな事は誰も言っていない。
それよりも、科学的に証明されていない事を真実だと言い張る根拠は何?
その方が大問題でしょう。


831 :XYZ(正教徒):04/09/17 20:24:06 ID:STUL1tMu
>>826
 石油を巡って争いが起きていますから、石油も有害ということになりますかな

>>830
>それよりも、科学的に証明されていない事を真実だと言い張る根拠は何?

 聖書と聖伝です。(どーん)

832 :名無しさん@3周年:04/09/17 20:35:58 ID:qExwlHlt
>>831
石油が豊富であればあるほど紛争は起きない。宗教はあればあるほど紛争が
起きる。石油は現在の現実生活に不可欠であるが、宗教はそうではない。

聖書と聖伝は、現実上の根拠はゼロである。

833 :XYZ(正教徒):04/09/17 20:40:42 ID:STUL1tMu
>>832
>石油が豊富であればあるほど紛争は起きない。
 クウェートに侵攻したイラクは石油が不足していたんですね。(苦笑)

>宗教はあればあるほど紛争が起きる。
 第二次世界大戦も宗教紛争なんですね(爆苦笑)

>聖書と聖伝は、現実上の根拠はゼロである。
 違いますよ。現実の根拠がここに記されているんです
(本来世俗的生活してるくせにあえて狂信者的な物言いをしている自分に苦笑)

834 :XYZ(正教徒):04/09/17 20:51:25 ID:STUL1tMu
 もう一つ述べさせて頂きましょうか…。

 私個人にとっては、正教以外の宗教はいらないのです。必要性がまったくない。
 しかしだからといって他の宗教を攻撃しようとは思わない。他の宗教を必要以上に
攻撃する精神性は健全じゃないから(正教からみても)。

835 :名無しさん@3周年:04/09/17 20:57:32 ID:qExwlHlt
>>833
>クウェートに侵攻したイラクは石油が不足していたんですね。(苦笑)

世界的な石油の不足が根底にある。

>第二次世界大戦も宗教紛争なんですね(爆苦笑)

カルと宗教といわれているナチスの反ユダヤ主義、同じく擬似宗教と言われ
ている共産主義の世界革命、キリスト教国の植民地主義などが大きく関与し
ている。研究して見たまえ。日本の参戦も、逮捕を逃れて官界に入ったマル
クス主義者の世界同時革命の一環であったという学術論文もある。

>違いますよ。現実の根拠がここに記されているんです

宗教者なら、先ず、ぺらぺらと嘘をつくことを止めなさい。あなたの神様は
嘘をつくことを教えているのか。


836 :XYZ(正教徒):04/09/17 21:05:59 ID:STUL1tMu
>>835
>日本の参戦も、逮捕を逃れて官界に入ったマルクス主義者の世界同時革命の
>一環であったという学術論文もある。

 近衛首相に多大な影響を与えて南進論に政府を大きく傾かせたソ連のスパイ=尾崎秀美
のことなどを念頭に置かれていらっしゃいますかね?また、F=ルーズベルトの側近
だったホワイトがソ連のスパイだったことだとかも。
 そうした要因は否定しませんが、それだけで世界が動いたというのは過大評価ないし
我田引水だと思いますがね。
 そもそも学術論文とやらのソースを希望したい。
 で、共産主義のことを擬似宗教だと仰る方はなぜか2chに多く出没されていますが、
根本的な疑問がある。彼らは無宗教の悪質性を示す良きサンプルだと私は思っているの
ですが。

>宗教者なら、先ず、ぺらぺらと嘘をつくことを止めなさい。あなたの神様は
>嘘をつくことを教えているのか。

 随分攻撃的・侮辱的だな(苦笑)。私は嘘をついた覚えはない。
 我が主はこう教えていらっしゃいます。
 全世界に福音を宣べ伝えよ、と。

837 :名無しさん@3周年:04/09/17 21:13:22 ID:6XXseLXT
>>832
>宗教はあればあるほど

宗教が単一の国より、
複数の宗教がある国のほうが好戦的?

838 :名無しさん@3周年:04/09/17 21:22:16 ID:6XXseLXT
>>835
>世界的な石油の不足が根底にある。

世界的に石油が不足しているなら、世界中で紛争が起こって当然だな。
>石油が豊富であればあるほど紛争は起きない。

>日本の参戦も、逮捕を逃れて官界に入ったマル
>クス主義者の世界同時革命の一環であったという学術論文もある。

ソース希望。
トンデモの臭いがするぜ。

839 :名無しさん@3周年:04/09/17 21:51:06 ID:6XXseLXT
>>836
> で、共産主義のことを擬似宗教だと仰る方はなぜか2chに多く出没されていますが、
>根本的な疑問がある。彼らは無宗教の悪質性を示す良きサンプルだと私は思っているの
>ですが。

彼らも神話は持ってたみたいだけどね。

悪の資本家が創った地獄をくつがえし、
皆で共存共栄の地上の楽園を打ち立てる。
そうなることは歴史の必然であり、
その約束の日のために闘争しなければならない。

…ユダヤ教の歴史観を継承してません?

840 :XYZ(正教徒):04/09/17 22:03:36 ID:STUL1tMu
>>839
 客観的にみればそうかもしれません。それは私も否定しない。しかし私がよく言うのは
(2chでは初めて)、マルクスは読んでいないので激しく否定することはしないが、
マルクスを政治で実践した所謂マルクス主義者は嫌いだということです。
 この時、マルクス本人に宗教性があったかは、あまり問題ではない。「マルキスト」と
自称する人々がどのように言って行動していたのかを見れば私の論には十分です。
ソ連はスターリン時代に「戦闘的無神論者同盟」を組織して正教会の弾圧に乗り出した。
「宗教はアヘンである」と言ってです。

 ソ連=(すくなくとも自称では)マルキストは主観的には無神論者・無神論者であると
認識して教会を弾圧した。
 2chでの「宗教有害論者」達は主観的には自分を無神論者・無宗教者であると
認識して宗教を攻撃する。

 その主観は同じなのではないのか?と思うのです。それだけで私には危険に思える。
ましてや自らを「宗教ではない」と称する挿花さんもそこに紛れ込んでいる可能性を
考えればなおさら危険に思える。

841 :名無しさん@3周年:04/09/17 22:26:42 ID:KwEeN9aq
史的唯物主義、階級闘争、下部構造(経済構造)が上部構造(形而上学的構造)を作るという
マルクス主義は、宗教とは無縁。

共産主義は、似非宗教と言われるけど、どうだろうね〜。レーニン、スターリン、毛沢東を真面目に
調べなきゃわからんでしょ。

842 :XYZ(正教徒):04/09/17 22:29:34 ID:STUL1tMu
>>841
> 史的唯物主義、階級闘争、下部構造(経済構造)が上部構造(形而上学的構造)を作るという
>マルクス主義は、宗教とは無縁。

 私もどちらかというとこちらの意見に賛同なんですけれどね。でもマルちゃん本人
の本殆ど読んでないからあまり言うのは控えよう。

843 :名無しさん@3周年:04/09/17 22:55:35 ID:KwEeN9aq
>>842
原文読むのは、それで食べていこうという研究者で十分。
解説をいくつか読めばだいたいの輪郭はつかめる。
本当に必要な本なら、イヤでも読むよ。

844 :名無しさん@3周年:04/09/17 23:37:13 ID:qExwlHlt
>>841
実在しえない共産主義ユートピア観念に、生命にも優先する価値を認めるマルクス主義
イデオロギーを擬似宗教と見ることは、かなりの宗教学者の見解ですよ。宗教とは
信じる「神」が違うだけ。その思想は、キリスト教の「千年王国」の思想と同根。
トインビーもそう言ってるそうです。マルクスもユダヤ教から改宗したキリスト教徒
です。その影響を受けていない筈がありません。
マルクス主義が宗教とは違うと主張される方々は、理論的にどう違うとお考えですか。
マルクスが自分で違うと言ってるだけでは理由になりません。マルクス主義による
大量虐殺は、「宗教的信念」が無ければ不可能です。
マルクスが「宗教は阿片だ」と言ったのは、お決まりの宗教間憎悪、異教徒排斥に
他なりません。

845 :名無しさん@3周年:04/09/17 23:49:17 ID:KwEeN9aq
>>844
史的唯物主義、階級闘争、下部構造(経済構造)が上部構造(形而上学的構造)を
作るという マルクス主義
こういったもののどこが宗教なのか、一つ一つ説明していかなければ、宗教などど
言うのは無理でしょう。
私は、宗教学者の解釈したマルクス主義の本は読んだことがありません。
経済学者のものは読んでるけど、宗教的というのと宗教とは違うからね。

>>その思想は、キリスト教の「千年王国」の思想と同根。
>>トインビーもそう言ってるそうです。
これは誰の影響か知ってて言ってるの?

846 :名無しさん@3周年:04/09/17 23:57:37 ID:qExwlHlt
>>838
>ソース希望。
>トンデモの臭いがするぜ。

「日本のマルクス主義者はなぜ《東亜新秩序》を支えたのか」(Aera Mook
「マルクスがわかる。」の、米谷匡史論文)




847 :再度とびいり:04/09/18 00:25:59 ID:97uFZbw5
>>829
帰ってきたよ。
どうでもいいが、どこに行って来たと思っているの?
いや、是非是非聞いておきたいなぁ?

848 :名無しさん@3周年:04/09/18 00:26:54 ID:eRJZpwpL
>>845
>史的唯物主義、階級闘争、下部構造(経済構造)が上部構造(形而上学的構造)を
>作るという マルクス主義
>こういったもののどこが宗教なのか

そのような検証されていない、自分の観念に基く仮説にすぎないことを、「あるべき
世界」として遮二無二実現しようとするところが「宗教」と同じなのです。彼の「労働
価値説」などは、小学生以下の幼稚な考えだと思う。これまでに多数の人々がそのよう
な「観念」に影響されて熱狂したところも、宗教と同じ。

849 :名無しさん@3周年:04/09/18 00:31:22 ID:CEN7aoDj
>>848
そんなこと言ったら、構造主義のレヴィストロースも、フロイトもラカンも
およそ論理実証主義の立場でないものはみんな宗教になるよ。

850 :名無しさん@3周年:04/09/18 00:51:44 ID:eRJZpwpL
>>849
そんなことはない。宗教とは一般に現実の人間を「超越した」存在を信じるもの。
これらの学者達は、あくまで現実の人間を分析したものであり、またマルクスの
ように自分の仮説を「あるべき世界」として実現させようとはしていない。特に、
フロイトは、あれほどの革命的理論をとなえながら、マルクスのように熱狂的信奉
者を生み出し、人類に大いなる災害をもたらすことが無かったのは、フロイトが臨
床精神医学者であり、かつ無神論者だったからです。

851 :名無しさん@3周年:04/09/18 01:13:10 ID:CEN7aoDj
>>850
よく言うよ。
宗教の定義を一応知ってるなら聞くが、マルクス主義のどこに超越的存在があるんだい?

852 :名無しさん@3周年:04/09/18 01:16:15 ID:CEN7aoDj
>>850
ヒュームは、正義は感情であると言っている。
ポパーは、科学的法則は決断だと言っている。

あなたは、史的唯物論を宗教だと言っている。

853 :名無しさん@3周年:04/09/18 01:26:04 ID:eRJZpwpL
>>851
共産主義ユートピア社会が現実に存在しえましたか?多大の流血を伴ったこれま
での無意味な「実験」であまりにも明白でしょう。だから超越的なのです。
「観念」のみによって組みたてられたものだからです。

854 :名無しさん@3周年:04/09/18 01:33:24 ID:CEN7aoDj
>>853
おいおい観念が宗教か?
あなたは、構造主義もラカンも知らないんじゃない?
フッサールの現象学なんかどう考えてるの?

855 :名無しさん@3周年:04/09/18 01:54:25 ID:eRJZpwpL
>>852
ヒュームは経験論。ポパーは反証可能性の必要を説きます。視的唯物論の
何処が経験論で、反証可能なのですか。「史的唯物論」などと自称しても、
ヘーゲル直系の観念論に他なりません。

856 :名無しさん@3周年:04/09/18 01:57:07 ID:CEN7aoDj
>>855
あれは、褒めたんだよ(笑
ヒュームやポパー程度には、宗教かもねと言う意味。

>>ヘーゲル直系の観念論
それじゃ、デカルト直系のフッサールは?
レヴィストロースは?

857 :名無しさん@3周年:04/09/18 01:59:02 ID:CEN7aoDj
>>855
およそ、主観を考える哲学は、全て観念と何らかの関係があるんだよ。
カントの認識論は知ってるの?

858 :名無しさん@3周年:04/09/18 02:08:00 ID:CEN7aoDj
>>855
史的唯物論は、時間さえかければ、もちろん反証可能でしょ。
唯物論だから、経験論的発想でもある。おかしくないんじゃない?

ヘーゲル直系じゃなくて、180度ひっくり返したものね。

859 :名無しさん@3周年:04/09/18 02:11:14 ID:eRJZpwpL
西洋観念論哲学は、現実上の根拠が無いから、本質的には宗教と同じ。
彼等はすべて宗教の影響を受けている。現実を突き付けられれば一発で
吹っ飛ぶ砂上の楼閣。マルクス主義の大虐殺を生み出しただけではないか。

860 :名無しさん@3周年:04/09/18 02:14:15 ID:CEN7aoDj
>>859
>>現実を突き付けられれば一発で 吹っ飛ぶ砂上の楼閣。
いいね〜。
創価は、砂上の楼閣じゃないんだ。

861 :名無しさん@3周年:04/09/18 02:16:47 ID:CEN7aoDj
>>859
トインビーは宗教の影響を受けてないんだ? (笑

862 :名無しさん@3周年:04/09/18 02:21:08 ID:CEN7aoDj
>>859
創価にもチャンとした人はいるのに、あなた達はいい迷惑なんじゃない?
評判落とすだけだよ。

863 :名無しさん@3周年:04/09/18 03:12:02 ID:2zbwFkU+
微妙にスレ違いになってきてないか?哲学板行けば?
思想と宗教結びつけるのはいいがとっつきにくいスレになっとる

864 :ヤッタ−マン1号:04/09/18 06:54:02 ID:remh/7fh
眠くなってきた、哲学の講義をうけてるみたい。子守歌だったナ−
モットまじめに、聞いていれば良かった。
思ったよナ−モット為になることを教えてくれヨ−
例えば、彼女の作り方・上手な別れ方・苦労しないで
カネを儲ける方法etcダカラ今苦労してる。

865 :ヤッタ−マン1号:04/09/18 07:02:33 ID:remh/7fh
>847さんへ
気にしないで、あの人かナ−と思っただけ。
行ってみたら、違う人が頑張っていた。

866 :再度とびいり ◆Bai0mX9Tb6 :04/09/18 07:10:34 ID:97uFZbw5
>>865
あーいえいえ、この板って2足3足の草鞋はく人多いですもんね(苦笑)


867 :名無しさん@3周年:04/09/18 17:01:44 ID:remh/7fh
今からの時代、宗教にのめり込む人は増えると思われます。
自分で苦難に立ち向かう気持ちが見られません。
誰かがヤッテくれるだろうと言うのが一般的でないですか?今の時代。

868 :ヤッタ−マン1号:04/09/18 17:03:36 ID:remh/7fh
スイマセン、↑は私、

869 :XYZ(正教徒):04/09/18 17:22:46 ID:tyzJGv4S
>>867
 聖職者・宗教団体がどんな物理的援助をしているというんです?^^;

 自分で努力するというのと、神・人の手助けに感謝するということは、矛盾しません。

870 :XYZ(正教徒):04/09/18 17:37:02 ID:tyzJGv4S
>>868 = >>867
 別に無宗教でもいいのですけれど、「いただきます」「ごちそうさま」くらいは
我が国の伝統文化としてあるでしょう。これは誰に向けるものかは人によるでしょう
けれど、神・仏・人のいずれかに対して感謝する言葉です。
 食事は確かに本人の労働と努力の結晶です。しかし他の存在にもちゃんと感謝する
こととは矛盾しない。

 神仏の存在についての問題はともかく、「何かにすがって他力本願」が全ての宗教
に共通しているとお思いならば浅いとしか言えませんね。

871 :XYZ(正教徒):04/09/18 17:45:40 ID:tyzJGv4S
>>867
 それとも貴方は誰からも助けてもらったことはないと仰る?
 もしそうなら、いや、ご立派です。

 まもなくいったん落ちますが、ちゃんと後日見にきます。

872 :XYZ(正教徒):04/09/18 17:54:21 ID:tyzJGv4S
>>862
 お疲れ様でした。興味深く拝見していました。

873 :ヤッタ−マン1号:04/09/18 18:23:03 ID:remh/7fh
>871さん、あなたは人間の絆までも神との絆に加えるのですか、
便利ですネ−うまくいったら、神、まずかったら、人間関係ですか?
そう言う論理が別のスレで散々行われ、貴方達は、敗走したのでは?
正教徒というのは、ロシア正教徒しか思いつきませんが、
その教義が何をしてきましたか?
少しは、恥を知れ。何もしなかったでしょう。ソ連圧制下とは言え、
貴方達は信者、それで何もせずにゴタクをナラベルナ
今だから言える事デスカ? ア−エライ、エライ。尊敬シチャウネ。
モットモ何もしなかった貴方達は偉い・・これは皮肉ではない。

874 :名無しさん@3周年:04/09/18 19:05:23 ID:xPzOPsHp
壊れたラジオみたいだな

875 :ヤッタ−マン1号:04/09/18 19:13:07 ID:remh/7fh
アナタ−ハ−ダ−レダレデショネ−モウ、お邪魔はしません、
今のところ。あなたに免じて。しかし、直ぐ来そうな予感、神懸かり的

876 :名無しさん@3周年:04/09/18 21:28:16 ID:JRLcxDbF
行動できないものを揶揄しても意味がなかろう
行動して見せて「こんなにいいぜ、お前もどうよ」
って引っ張る気がないなら非難する資格はない

877 :名無しさん@3周年:04/09/19 02:09:13 ID:z10CVRPP
『この世に宗教はいらない』教は存在する。

878 :名無しさん@3周年:04/09/19 09:42:51 ID:vhawyESH
この世から宗教を殲滅する会会長 渋沢十五

879 :名無しさん@3周年:04/09/19 15:48:58 ID:WraLLdNr
教祖たちに試練を積ませ救済してあげるために、寄付はやめないか?
そして教祖様のために、お金を没収してさしあげようよ
それこそが真の善行であろう


880 :名無しさん@3周年:04/09/19 22:13:40 ID:9+yI8ebY
この世は人間界だから、架空の神ではなく、現実の人間を信じるべきだ、さもなけ
れば、人間の軽視・否定が生じる(現に生じている)、という命題に対し、宗教の
人々は反論不可能でしょう。

881 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:04:47 ID:2+cLs1Bt
>>880
うむ、汝の隣人を愛せ

そして、汝の敵が右の頬を殴ったら、左の頬をも差し出してやりなさい

882 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:22:50 ID:9+yI8ebY
>>881
>そして、汝の敵が右の頬を殴ったら、左の頬をも差し出してやりなさい

それが宗教の偽善性を最もよく表わしている。人間に自己保存本能がある以上、
そんなことが出来る訳がない。その言葉を実行しているキリスト教徒が一人でも
いますか?

生物として人間の本能を、観念に過ぎない宗教で制限・否定するから、歪が生じ、
却って紛争が起きているのです。

自己防衛本能と共に、他者に対する憐れみの本能もまた有するのが人間です。
生物としての人間を、教祖の観念だけで否定しようとするのが、諸悪の根源です。




883 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:41:48 ID:2+cLs1Bt
>>882
>汝の敵が右の頬を殴ったら、左の頬をも差し出してやりなさい

人間を信じている貴方なら実行できるはずです

884 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:44:07 ID:9+yI8ebY
>>883
>人間を信じている貴方なら実行できるはずです

人間の自己防衛本能も同時に信じています。人間を信じるというのは、そういう
ことです。

885 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:52:06 ID:fBBzAtPN
>>883
相手によるだろ。
左の頬を差し出して恥じ入るような相手なら、悔い改めに
なるが、そうでないなら、罪を重ねさせる事になる。

886 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:54:00 ID:2+cLs1Bt
>>884
自己防衛本能から人は自分の生命、財産、生活を守ろうとします。
そのために人は他人を裏切り、他人を蹴落とし、あげくに戦争まで起こすのです。

人を信じるというのなら、他人のもたらす裏切りや危害も肯定するべきです。

887 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:57:09 ID:2+cLs1Bt
>>885
…あれって敵を悔い改めさせるために、そうしろってイエスは言ったの?

888 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:58:49 ID:fBBzAtPN
>>886

豚に真珠つうのが、マタイにあったが、矛盾してないか?

889 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:02:43 ID:xwZ4VoBc
>>886
勿論肯定しますよ。それが人間というものですから。しかし、共同体維持や憐れみ
という本能もあるから、殺し合いまでに到らずに解決するものです。宗教によって
これらの本能が破壊されていない限りは。

890 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:03:33 ID:mCAIITL/
>>888
スマンが
それらしい書き込みしたけど、私はノンクリ

891 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:03:37 ID:MrmDAKt6
>>887

左の頬=プライド

の意味だと聞いた憶えがある。挑発にのんなってことだよな。


892 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:08:15 ID:sC6c1TKv
このスレは危険なスレですね。正直こわい

893 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:17:05 ID:mCAIITL/
>>889
>しかし、共同体維持や憐れみという本能もあるから

戦争は共同体維持の為にやってんだよ。

>殺し合いまでに到らずに解決するものです。

してない、してない
金がらみの殺人事件の多いこと

894 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:31:31 ID:mCAIITL/
>>889
>勿論肯定しますよ。それが人間というものですから。

人間の悪を肯定する…か
そりゃあ、汝の敵を愛せと同じぐらいの寝言だ

宅間守を肯定できるか?
奴に子供を殺された親御さんに、奴を許してやれ、と?

895 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:38:38 ID:xwZ4VoBc
>>893
共同体維持のための戦争も、金がらみの殺人も、それぞれ「生きるため」という
人間の本能に基く理由がある。勿論、肯定されるべきものではないが。

しかし、宗教による戦争や大量殺人は、専ら人為的観念によるもので、このような
自然の人間性に基く理由がない。

896 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:51:50 ID:xwZ4VoBc
>>894
>宅間守を肯定できるか?
>奴に子供を殺された親御さんに、奴を許してやれ、と?

生まれつきまたは後天的に本能の一部が破壊されている人間が少数存在する
ことは、悲しむべきことです。病気以外の何物でもない。しかし宗教は、人為
的に、かつ集団的に本能を破壊するのです。

897 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:51:56 ID:mCAIITL/
>>895
>共同体維持のための戦争も、金がらみの殺人も

ん?

>>889
>しかし、共同体維持や憐れみという本能もあるから、
>殺し合いまでに到らずに解決するものです。

は撤回か?

898 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:52:47 ID:mCAIITL/
>886
>人を信じるというのなら、他人のもたらす裏切りや危害も肯定するべきです。

>889 名前:名無しさん@3周年[] 投稿日:04/09/20 00:02:43 ID:xwZ4VoBc
>>886
>勿論肯定しますよ。それが人間というものですから。

>>895
>それぞれ「生きるため」という人間の本能に基く理由がある。
>勿論、肯定されるべきものではないが。

どっちなんだ(w
人間を信じているのなら、共同体維持の為に戦争をする本能も絶対肯定するべきだ。
でなきゃ、その人類愛はまがいもんだな。

899 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:57:52 ID:mCAIITL/
>>896
で?
その本能の壊れた人間、宅間を肯定するのかしないのか?
どっちなんだ?

900 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:58:37 ID:xwZ4VoBc
>>897
>>898
人間には相反する本能が同時に存在する。要するに本能のバランスの問題。
人間を全体として観察して下さい。

901 :名無しさん@3周年:04/09/20 01:00:07 ID:hloKLKKv
NEVADAちゃんは何教でしたか?

902 :名無しさん@3周年:04/09/20 01:02:29 ID:08tif2R7
ガンジーやマザーテレサなら赦すかもしれないが俺には無理!
毒には毒を!悪には悪を!暴力には暴力を!やっぱこれで決まりだろ。
赦すだ?愛だ?平和だ?非暴力だ?寝言は寝てから言えや(ゲラワラ

903 :名無しさん@3周年:04/09/20 01:06:31 ID:mCAIITL/
>>900

>>897-898への答えにはなっていないぞ?
自己の利益のために殺し合い戦争を始める人間の本能を肯定するのかしないのか?
どっちなんだ?

>人間には相反する本能が同時に存在する。

おいおい
自己防衛も憐れみも、種保存の本能から現れているって主張じゃないのかよ?
両者は相反しないぞ?

904 :名無しさん@3周年:04/09/20 01:15:30 ID:mCAIITL/
>>902
ま、それが人間的な意見だな。

我が身が可愛く、依怙贔屓をし、憎悪に心を歪まされる。
一皮剥いたら人間そんなもんだ。

だから>>880の言う人類愛は成り立たち難い。
他人どころか自分自身も、何をしでかすか判ったもんじゃないからな。

905 :ヤッタ−マン1号:04/09/20 18:45:01 ID:RaYkYyTN
私に説教した人、喋ってイイカナ。

906 :名無しさん@3周年:04/09/20 18:58:34 ID:t6Al1kot
>>902
そんなこと言ってる人間に限って、可哀想な(振りをしてる)人を見ると
つい助けて(騙されて)しまう。しかし、それでいいんじゃないかな。

907 :ノブリン:04/09/20 20:13:18 ID:OlFucv8D
神も仏も人間の作った絵空事じゃ。
うぬらは、まだ気づいてないのか
うつけ者ども。氏ね。

908 :名無しさん@3周年:04/09/20 20:31:08 ID:MrmDAKt6
>>907

仏はいただろ、何いってんの?
アフォですか?


909 :名無しさん@3周年:04/09/20 21:15:31 ID:+tiiJ6Vu
アフォでしょう

日蓮の生まれ変わりを自称する、どっかの会長もアフォです。

910 :名無しさん@3周年:04/09/20 22:17:59 ID:WK4idr2c
宗教は不要、とお考えですか?「木を見て森を見ず」だと思います。
世間で問題を起こしている宗教(団体)だけを見て、いっぱからげて「宗教は不要」とおっしゃっているだけではないでしょうか。
日本だけでも宗教団体は22万団体あるのです。そのすべてがNGと言い切れるものでしょうか?
実際、世の幸せのために貢献し、明るく楽しく正しい活動を行なっている団体はたくさんあることを私は知っています。

(念のため、私は、ある特定の宗教(団体)だけを肯定したり、逆に否定したりするつもりはありません。)

少し話しがそれますが、生き物の進化の歴史を想像(あくまでも想像です)した場合、より高い願いを持った生き物が、
より進化していると断言できると考えます。
水に住む生き物の中で、陸に上がりたいと願った一部の種は両生類となり、
両生類の中で、ずっと陸にいたいと願った一部の種は爬虫類となり、
爬虫類の中で、空を飛びたいと願った一部の種は鳥類になり、
また、産まれてすぐ行動したいと願った一部の種は哺乳類になり、
その哺乳類の中で、知能を発達させたいと願った一部の種が人間になった。

しかし、そこで進化の歴史が止まったのではなく、さらに宇宙意志に近づきたいと願った一部の種が、
さらなる進化をとげる手段として宗教を作った、と考えられます。

つまり、宗教が悪い、などと言っていながら、それがそのまま、別の宗教になっていて、さらなる進化の種になっていると考えられます。
逆に言えば、宗教には関心が無いと言っている人たちこそ、進化が止まった種であると言えると考えられます。

少々発散気味になりましたが、要するに、「宗教なんて」というような、いっぱからげ論は、根本的に意味が無い、もしくは矛盾している、ということです。

身近な言葉で言えば「向上心」。この心が大事です。

通りすがりの第三者より


911 :名無しさん@3周年:04/09/20 22:23:54 ID:6nP1bua7
22万団体のうちの21万団体は必要ないな
木を見て森を見ずか・・森の9割9分は汚染された
もはや焼き払うしか救われないだろう

912 :名無しさん@3周年:04/09/20 23:52:44 ID:54ZtMFqK
信用できないもの三つ

・層化の「対話」
・三十女の「安全日」
・2ちゃんねるの自称「通りすがり」

913 :名無しさん@3周年:04/09/21 00:35:16 ID:E0AyelxJ
>>912
(笑)ここにもいたよ、2ちゃんねるの「信者」が。

再び通りすがりの第三者より

914 :名無しさん@3周年:04/09/21 01:05:02 ID:mZpspC0k
>>910
宗教は進化論など認めていないとおもうが。

人間の進歩を科学の発達だとすれば、人間は神など超越的なものを離れて、
専ら現実に沈潜することにより、奇跡以上の科学の発達を達成した。

一方、宗教は数千年間何の進歩もなく、「改革」のたびごとに新たな紛争を
生み出しただけ。宗教における「向上心」とは具体的には何だったの?

空想の産物に過ぎない神仏の実在を信じ、現実の人間を否定・軽視する点で、
すべての宗教は同じ。ゴマンとある宗教が、すべて自分の宗教だけが正しい
という根拠の皆無な「確信」を抱いているだけ。

915 :XYZ(正教徒):04/09/21 05:20:17 ID:K8dgWcbK
>>911
 そうして大粛清が装いをかえて再来する。
 人類は進歩もしないし、進化もしない。

916 :XYZ(正教徒):04/09/21 05:34:11 ID:K8dgWcbK
>人間の進歩を科学の発達だとすれば、人間は神など超越的なものを離れて、
>専ら現実に沈潜することにより、奇跡以上の科学の発達を達成した。

 へぇ。じゃあ、中国は科学が特に発達した国なんだ

917 :名無しさん@3周年:04/09/21 10:41:32 ID:YIRP4rle
てめぇら一生好き勝手信じていて構わねぇ

とにかく聖戦とかいって関係ない人まで巻き込むのはやめろ
金網やるからそん中で好きなだけ殺し合ってろ

918 :名無しさん@3周年:04/09/21 18:45:11 ID:gFhDxPUN
そもそもテロで「聖戦」もないだろと思うのだが。

919 :名無しさん@3周年:04/09/22 00:24:53 ID:kh9j2xvh
>>910
ああ、そうだな。本人達の内輪だけの明るく楽しい正しい活動だな。
ていうか宗教はダーウィン思いっきり否定してたけどな。
つーか、願ったというより環境の変化に応じて適時進化しただけにすぎないんだけどな。
宗教の存在によって生じるデメリットがあまりにも明確なのにもかかわらず、それを無視して
ひたすら死んだ魚の目のように信仰している連中が進化しているとは俺には思えんなあ。

>>915=916
宗教やってりゃ進化するっていう根拠は何処にありや?
あと914のどこら辺が中国を指しているのか。

>>917
まったくだよ。俺もそう思うぜ。いっそそれぞれのトップ同士で殴り合って勝った方が勝者って
ことでそれでいいよな。キリスト代表はストーンコールドスティーブオースチンでいいな。

920 :名無しさん@3周年:04/09/22 00:39:39 ID:ZxBThBKl
昨今、ローマ法王まで進化論を容認したんだがな
草加信者は馬鹿だから知らないか

921 :名無しさん@3周年:04/09/22 00:54:34 ID:3WorcQd0
>>916
>へぇ。じゃあ、中国は科学が特に発達した国なんだ

キリスト教とは違って、一般に、東洋人は人間がその中で生かされている
自然に敵対し、征服しようなどとは考えず、あくまで自然と一体として
共生しようとする。だから自然科学が発達しなかった(と言われている)。

しかし、西欧における科学の発達は、キリスト教の呪縛から逃れる努力の
中で行われたことは明らかだと思う。


922 :名無しさん@3周年:04/09/22 01:08:07 ID:ZxBThBKl
>しかし、西欧における科学の発達は、キリスト教の呪縛から逃れる努力の
>中で行われたことは明らかだと思う。

本当に学がねえな。
神が創った自然を研究することが、神を知る方法の一つだと思われていたんだよ。
…その結果、聖書の記述と矛盾する発見がなされたんだが。

923 :名無しさん@3周年:04/09/22 01:18:35 ID:5sZvWFT/
新興宗教団体の信者集めは、ピラミッド建設のようなもの
教祖のために自己を犠牲にして、石を組み続ける。
あほらしい
そして信者は奴隷となり死ぬ

924 :名無しさん@3周年:04/09/24 00:57:12 ID:LHhPsznC
>>394
条件付の人間主義だろ?

草加の人間主義が論理的か否かともかく
同じ主張の下のスレの奴は論理的じゃなかったな・・・

☆★☆この世に宗教はいらない4/100☆★☆
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1091197835/880-904

暇潰しの煽り房と思っていたんだが、本当に草加信者とはねえ・・・

925 :名無しさん@3周年:04/09/24 00:58:03 ID:LHhPsznC

ゴバーク

926 :孔孔富隼:04/09/26 15:52:36 ID:qtvHlJFr
宗教でこの世が良くなったことは一度もない。あったなら、資料を出してみなさい。

927 :名無しさん@3周年:04/09/27 21:19:23 ID:XCY0rWda
元々宗教は自我を削ぎ落とすことから始まってる
世の中の役に立つなんて元々宗教じゃない
ましてやつるむカルトは論外!
暴走族やいじめとかと一緒!
ひとりじゃ何もできない!
そしてカルトの餌となる!

928 :孔孔富隼:04/09/28 18:50:04 ID:oWsXnETn
おかしいデスネ、自我を無くしたら、個人ではない。
個もない、後は、第3者に操縦され放題、こちらの方がオカルトデスヨ
あなたはヒットラ−の亡霊デスカ?

929 :名無しさん@3周年:04/09/28 23:18:01 ID:Q3ppeA40
失礼しまツタ
西行や良寛に共感をかんじる
ただの小市民デツ
「吉野山こずえの花を‥」にあがれながら
自我どころか何も捨て去ることができましぇん      

930 :孔孔富隼:04/10/04 18:45:04 ID:OMh1larc
思いマスに、2チャンにこれだけの種類のスレが立ち、
ソレゾレが多くの板を抱えている現実。人との交流の仕方を知らない者が増えたか?
自分に自信がもてず、人の同意を取りたいか?トニカク、
自分の行動を他人に決めてもらいたいような気がする。
ダッタラその答えを出してあげればヨイ。ここに、悪魔が潜んでいる。
ここまでは分かる。後は、賢明な皆様の答えを待ちましょう。

931 :名無しさん@3周年:04/10/04 19:57:11 ID:dblsZIoI
自我を落せば真我がわかる。
もともと争いは、個々が別々の存在であると錯覚
するところから派生してくる。
と言うのが多くの東洋的思想の結論だと思う。





932 :名無しさん@3周年:04/10/05 13:42:46 ID:ioVWj46L
たちばな出版の本に注意しましょう
これは、ワールドメイトという団体が勧誘のために、ブックオフで
100円で手に入れさせ会員にさせるという手口なので
気をつけましょう。その後、救霊をいうインチキ祈祷をさせられます。
本にはカップラーメンやスルメが付いてる事があります。
公開注意を呼びかけています。

358 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)