5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三宝に帰依する☆★仏教

1 :さちこ:04/09/13 14:04:55 ID:zm03BpQX
仏教で一番大事なことは「ブッダ・ダルマ・サンガ」に
帰依することです。そう思いませんか?
もしそういう方が居られましたら、このスレッドに集って
語り合いましょう。
ブッダとは仏陀釈尊(ゴータマ・ブッダ)、ダルマとはその
教え。サンガとは出家在家の仏弟子達です。

2 :さちこ:04/09/13 14:08:47 ID:zm03BpQX
関連スレッド
☆★仏教☆☆
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1091776873/
☆★仏教2☆☆
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1094346492/



3 :名無しさん@3周年:04/09/13 14:12:54 ID:zm03BpQX
ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依宝 帰依僧)




4 :名無しさん@3周年:04/09/13 16:28:12 ID:zm03BpQX
3の言葉は、心を込めてお唱えすればとても力が出る言葉です。
み仏のお力がいただけるのです。
人生に困っている方、仏陀のお姿を思い浮かべながら称えてみ
ましょう。

ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依宝 帰依僧)



5 :名無しさん@3周年:04/09/13 16:39:37 ID:zm03BpQX
家に住み、家族を持ち、蓄財を行い、そのような生活をしながら
意識だけは出家の仏道修行者のつもりの人たち。
仏教を学問としてしか捉えられず、まったく菩薩行のできない人たち。
そういう人たちを醜い仏教徒と呼びます。
(過去には彼らは小乗仏教徒であると非難されたのです)。

6 :名無しさん@3周年:04/09/13 16:50:13 ID:zm03BpQX
信は種子(たね)である。
智慧はわが軛(くびき)と鋤(すき)とである。
慚(はじること)は鋤棒である。
身をつつしみ、ことばをつつしみ、食物を節して過食しない。
わたしは真実をまもることを草刈りとしている。
努力がわが軛をかけた牛であり、安穏の境地に運んでくれる。
退くことなく進み、そこに至ったならば、憂えることがない。
この耕作はこのようになされ、不死の実りをもたらす。
この耕作を行ったならば、あらゆる苦しみから脱れる。
                        

7 :名無しさん@3周年:04/09/13 16:52:38 ID:zm03BpQX
釈尊はあるとき施食を受けるため、田を耕すバラモンの傍らにいた。
バラモンは釈尊に言った、「道の人よ、わたしは耕して種をまく。
耕して種をまいた後で食う。あなたもまた耕せ。また、種をまけ。
耕して種をまいた後で食え」と。

釈迦の時代にも仏陀への供養を拒否した人々がいた。

8 :名無しさん@3周年:04/09/13 17:08:26 ID:/kA8pz6y
すみません。三宝って、お正月に鏡餅飾る、あれだと思っておりました。

9 :B ◆t/HOghkWzc :04/09/13 17:16:30 ID:r/+b9CU/
>>4
>(帰依仏 帰依宝 帰依僧)

仏法僧だから、(帰依仏 帰依法 帰依僧) じゃないですか?

>>7
>釈尊はあるとき施食を受けるため、田を耕すバラモンの傍らにいた。
>バラモンは釈尊に言った、「道の人よ、わたしは耕して種をまく。
>耕して種をまいた後で食う。あなたもまた耕せ。また、種をまけ。
>耕して種をまいた後で食え」と。

スッタニパータですよね、その人はバラモンじゃなくて、
お百姓さんだったと思いますけど、で結局、釈尊の教えを受けて、
施食されたんじゃなかったですか?



10 :名無しさん@3周年:04/09/13 17:36:30 ID:PQI8Qzn5
>999 名前:1 本日のレス 投稿日:04/09/13 12:41:41 zm03BpQX
>どなたかもしよろしければスレたてお願いしま〜す。
結局前のスレの>>1氏が自分でスレ立てしたんですよね?
ハンドルがさちこになったり名無しになったりややこしいです。
>>1でいいと思いますが?

11 :名無しさん@3周年:04/09/13 17:38:49 ID:LUzYrKp5
在家の弟子ねえ。在家にはいろんな人がいるからなあ。ろくに働きも
せず、飲み食いだけは、普通の人と変わらず、布施だけは要求する。
そして、私に布施すれば功徳がつくとか言う人。

仏陀は布施するにふさわしい人を教えたはずだよ。
仏陀自身も、法を教えた人には施与を受けなかった。
その教えに反する人は、仏陀に従おうとしない人間だな。

12 :830:04/09/13 17:42:49 ID:PQI8Qzn5
↑そういう自分もハンドル入れるの忘れてました。
前スレ>>991
まず外道=カルトというのが、偏見です。
たとえ>>1氏や、私の書き込みが外道の見解であったとしても、
ブッダの教え以外(外道)にカルト臭を感じてしまうというその姿勢じたいに
恐ろしいものを感じます。マハーヴィーラ、イエス、モーゼ、シャンカラ、
ムハンマド・・・、これらはすべて仏教からすれば「外道」ですが、あなたは
これらをことごとく「カルト臭がする」と決め付けるのですか?
そのような姿勢のどこに、法(普遍的真理)を尊ぶ姿があるのでしょうか?

まずあなたは「外道とは何であるのか、外道の思想は何であると考えている
のか」、それをあきらかにすべきでしょう?その上で>>1氏、あるいは私の書き
込みのどの部分があなたの考える「外道」と類似するのか、それをはっきり
指摘すべきでしょう。さらに「外道」である上に、何ゆえ「カルト」と呼ぶのか、
その根拠の一切を示すべきでしょう?それをせずに「お前は外道だ。カルトだ」
と言う姿勢、非常に危険ですね。

さらに言えば、私は輪廻について一言もしてない。一貫して「六識六処」を通じて
感覚知覚される領域についてのみ、話しています。>>1氏と一括りにされる理由
がまったく分かりません。

13 :前スレの874:04/09/13 17:54:23 ID:oV1iXo3c
>>12
そう言われても困るなあ。カルトの臭いがするから、正直に書いたまでのこと。
私自身、若い頃に仏教系カルトでブイブイ言わせたものだよ。その時と同じ
臭いがする、としか言いようがない。

それに、人に「カルト臭がする」と言われて、目くじら立てるのはおとな気ないぞ。
自分がカルトじゃない、と信じているんだったら、「ああ、そうですか」と泰然として
いればいいじゃないか。そんなことで、本当に仏道を歩むつもりなのか?

14 :さちお:04/09/13 18:12:18 ID:zm03BpQX
>>9 さん、帰依法ですね。まちがってました。
「田を耕すバラモン」はコピーなので間違ってないと思います。
ありがとう。

>>10 さん、いつまでも1では分かりにくいと思ったのですが。
1=さちお=さちこ、で行きたいと思います。
(結局1に戻りそうだけど)

15 :名無しさん@3周年:04/09/13 18:12:20 ID:LUzYrKp5
宗教にご利益を望んでいる人は、だいたい他を認めない。
他の教えを良いと認めた時点で、罰があたると考えてしまうから。

宗教で金儲けを企んでいる人は、他を認めさせない。
商売敵が増えるから。

それらの人に騙されないようにしないと駄目だね。

特に宗教で生きている人間は、ご利益を強調し、本来の教えとは
似つかぬものとしているから、気おつけよう。

16 :830:04/09/13 18:15:33 ID:PQI8Qzn5
「目くじらを立てている」というのはあなたの妄想です。
まさか仏教系カルトで培った天眼通で、私の表情が見えるのではないでしょうね?
まあ、これは冗談です。

私の書き込みを読んで、私が目くじらを立てているに違いないと考えたのは、
あなたが過去に蓄積した入力-判断-反応の一つだと思われます。
過去、あなたに対して「どこまでも主張の根拠をはっきり問う人」は、いつも
目くじらを立てて、苛立って、怒りを内に隠してに、あるいは外に表して、
そうしてきたんですね。それゆえにそれを見たあなたは、
「はっきり根拠を問う人は、苛立っているに違いない」という入力-判断-反応
を作り上げてしまったのです。苦しみからの解放を目指すなら、
このような類ののことに注意を払う必要があります。自分の内部で起こる
ことに、もっと繊細にならねばなりません。

あなたがカルト臭を感じたという事実そのものを否定しているわけでは
ありません。説明できないなら、それでも構いません。
しかしできればあなたが過去在籍した仏教系カルトの教えを具体的に示し、
それとどの部分が類似しているのか、解説すれば、あなたの発言の根拠となるのです。

17 :さちお:04/09/13 18:16:08 ID:zm03BpQX
>>12 830さん、
私は仏教の場合は「カルト=仏法僧を忘れた教え」だと思っていますから。
別にカルトといわれても気にもしてません。
仏教の場合、ご本尊が「仏陀釈尊」以外の場合はカルトの可能性があります。


18 :さちお:04/09/13 18:23:21 ID:zm03BpQX
>>12 830さん、ちょっと前スレのコメントが難解で
あまり理解できてないのですが。

>一貫して「六識六処」を通じて
>感覚知覚される領域についてのみ、話しています

私もそのつもりなんですけど。

ところで六処は知っていましたけど、六識は知りませんでした。
六処に対応した六識があるのでしょうか?

19 :さちお:04/09/13 18:26:29 ID:zm03BpQX
>>15
ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依法 帰依僧)

仏教とみんな、上記で大同団結?できませんか。

20 :830:04/09/13 18:31:54 ID:PQI8Qzn5
>>17
あまりにも単純すぎる見方だと思います。
たとえ三宝を崇めようが、ブッダ釈尊を本尊に据えようが、そんなこととは別に
カルトの要件があるはずです。
あなたの言うようなことがカルトならば、カルト以外の教えがカルト呼ばわり
されることになるでしょうし、本当のカルトがカルトでなくなってしまいます。
三宝を崇めるとか釈尊が本尊だとかの、言葉や外見が問題なのではなく、
もっとその動機が問題だと思いますが。

21 :名無しさん@3周年:04/09/13 18:33:55 ID:e7nWhysw
世界的に有名名ソギャル・リンポチェ師(「チベット生と死の書」の著者)の来日特別講演です
1)上 智 大 学 の 一 般 講 演
テ ― マ : 「生と死の書について」
−困難な時代を生き抜くための思いやりに満ちたアドバイス―
  日  時 : 9月23日(木)  開場 13:30  講演 14:00
会 場 費 : 1800円
  場 所 : 東京都千代田区紀尾井町1−7(8号館 4階410室) 
(JR四谷駅下車徒歩5分) 

エスニックな雰囲気に包まれたラウンジ
2)ス − パ − デ ラ ッ ク スでの一般講演会
テ ― マ :「 混迷する世界で心の平和を求めて」
―チベットの仏教的な智慧で心に打ち勝ち、
あなたの生活を変えていく―
エスニックな雰囲気に包まれたラウンジでマーシャルのDJや大岩昭之写真展、琴奏者磯貝まきのソロ・パーフォーマンスをお楽しみ下さい 
  日  時 : 9月24日(金)  開場 19:00  開演 20:00
会 場 費 : 2500円 
場 所 : 東京都港区西麻布3−1−25 B1F
      電話 (03)5412−0515
  お問い合わせ、ご予約は9月7日より下記へ
チベット文化研究所   東京都品川区西五反田2-12-15-401
            (03)5745−9889(TEL)
                  3493−3883(FAX)
http://homepage3.nifty.com/tcci/

非常に貴重なチベットのリンポチェ(高僧)による、一般向けの分かり易いお話です。

22 :さちこ:04/09/13 18:35:26 ID:zm03BpQX
>三方(三宝:さんぽう) 松透かし
>三方(さんぽう・三宝とも書きます)は
>箇所に穴の開いた台で、
>神事の祭具。
>穴が四つないのは、三方より三宝を取り込み
>逃がさない為と言われております。
>鏡餅・月見饅頭を供える台として一般的です

23 :前スレの874:04/09/13 18:35:30 ID:oV1iXo3c
>>16
目くじら立てたから、しつこく旧スレからコピペしてきたわけでしょ?
私なら、そんな面倒くさいことは御免だわな。

そんなことはどうでもいいとして、カルトというのは、人の不安に付け入って
実行困難な修行に駆り立てるというのが常套手段です。宗教に救いを求める
人というのは、心に満たされない要求がある。実は、その要求こそがないもの
ねだりのことが多いんだよね。容姿の問題とか、能力の問題とか。個人の努力
ではいかんともしがたい問題であることが多い。まともな宗教では、現実の
土俵の上のままで、それを現実のまま受け入れよと説く。仏教ならば、諸行無常
の理によって、ないものねだりの愚かさを諭す。キリスト教ならば、イエスの
「天の父はあなた方が何を望むかすべてご存知である。明日のことを思い煩うな」
あたりを引用するだろう。いずれにせよ、現実の中で癒されるから、「患者」は
解放される。

ところが、カルトは、問題解決のために現実とは違う土俵を持ち出してくる。
死後とか、霊界とか。そして、このままでは恐ろしいことになる、と誰も避け
られないような要因を植えつける。このままでは確実に地獄へ落ちる、必ず
癌になる、先祖が浮かばれていないなどなど。そうやって脅しておいて、
ある秘密の方法を使うと(ただし、それには金も労力もかかるが)、そのない
ものねだりが叶うと教え込む。つまり、現実を超えた世界に、がんじがらめに
縛りつける。

一言で言えば、「まともな宗教は、人を自由にするが、カルトは人を脅迫観念に
縛り付ける。」

だから、その人の宗教がまともかどうかは、精神が解放されているか、それとも
脅迫観念に駆られているかで、見分けがつく。2chの場合は文章なので、
「臭い」しかわからないわけだが。

24 :830:04/09/13 18:46:52 ID:PQI8Qzn5
>>18
前スレを読み返してみたのですが、あなたは悪因悪果善因善果が
次元を超えたパターンで仏教の公理であるとか、

>ブッダ(ニルバーナを得た人)はもはや人間ではなく、その提示する
>真理は人間の理解を超えているからです。

とか、霊魂、生霊について話していたではありませんか?
>>1さんは、これらのことを六処で経験されたのでしょうか。
何か深い三昧状態に入って経験されたのですか。

25 :さちこ:04/09/13 18:47:48 ID:zm03BpQX
>>23 さんは現世主義ですね。仏教は現世主義じゃないですよ。

仏教系の場合「ブッダ・ダルマ・サンガ」が整っていれば
カルトではありえません。
こういう認識が広がると形式的に「ブッダ・ダルマ・サンガ」
を整えるところが出てくるかもしれませんが。

キリスト教は「常見」(死後の魂が永遠に続く)ですから、
仏教から見れば正しい教えではないと思います。

26 :前スレの874:04/09/13 18:52:29 ID:oV1iXo3c
>>25
いや、カルトというのは、教義が正しいか正しくないかではなくて、
教団と信者の関係を言うのですよ。たとえ正しい教えであっても、結果
的に信者を束縛状態に追い込む宗教はカルトです。

キリスト教が「常見」であるのは正しいですから、仏教から見ると外道
です。しかし、カルトであるかどうかは判断できない。

27 :830:04/09/13 18:57:28 ID:PQI8Qzn5
>>23
あなたの文章からあなたの苛立ちを感じましたので、私のためにも
あなたのためにも、これ以上は論じあうべきではないでしょう。
私は人を苦しめる為に議論をしているのではありませんし。苦しみを
作り出すくらいなら、議論をしない方がいいのです。

最後に前スレの書き込みをあげておきますので、途中まで名無しですが
よろしかったら見てください。
>241>251>316>343>378>379>386>387>619>623>674>676
>830>868>869>870>873>878>884>885>895>899>906>918

28 :さちこ:04/09/13 18:58:52 ID:zm03BpQX
>>24
>悪因悪果善因善果が次元を超えたパターンで仏教の公理であるとか

悪因→苦果 善因→良果 に何か時空を超えない、自然科学で説明できる
関係はありますか?

>ブッダ(ニルバーナを得た人)はもはや人間ではなく、その提示する
>真理は人間の理解を超えているからです。

これは仏説だと思いますよ。仏典にもいくらでも書かれていると思いますが、
今思い出せるのは法華経です。
「仏所成就 第一稀有 難解之法 唯仏予仏 乃能究尽」
うろ覚えなので漢字や文が間違っているかもしれません。

ブッダの成就したところのものは、難解(なんげ)にて、
ただ仏と仏のみがよく理解する。ヒト(種)にはわからない。

>とか、霊魂、生霊について話していたではありませんか?
>1さんは、これらのことを六処で経験されたのでしょうか。

死者の霊魂、生者の霊魂は日常的に(いつも)感じております。
後者はいわゆるテレパシーですね。テレパシーは注意深い人なら
とても日常的だと思いますよ。

29 :前スレの874:04/09/13 19:00:00 ID:oV1iXo3c
これは、私見にすぎないのですが、釈迦の言う「自灯明」とは、自力という
より自律のことを指していると思います。いくつもの選択肢の中から、
自分の理性を使って、正しいと思う道を行く。束縛状態にあると、強制的
にその道を行かざるを得ません。だから、「自灯明」とは、「カルトに
ひっかかるな」という戒めでもあるのです。自律的な信仰だけが人間を
真理へと導くことができる。

30 :前スレの874:04/09/13 19:02:20 ID:oV1iXo3c
>>27
やっぱり、あなたは一種の脅迫観念に囚われているようですね...

31 :8です。:04/09/13 19:04:09 ID:/kA8pz6y
>>22 すみません。わたしのつまんないちゃちゃに、
正面からレスを頂きまして、
はなはだ恐縮の限りで言葉がございません。
あまりにも恐れ多いので、これでおいとまします。
おじゃましました。_(_^_)_

32 :さちこ:04/09/13 19:04:20 ID:zm03BpQX
>>26 私はキリスト教をカルトだとは言っていませんので
クリスチャンの方誤解なきよう。
「仏教系で、ブッダダルマサンガの整ってない教えはカルト」
これが私の主張です。
「仏教系で」!です。

>結果的に信者を束縛状態に追い込む宗教はカルトです。

この基準だと、仏陀在世時代のブッダの教団もそうですね。
こは苦なりと教え、滅と道を説く。出家にはとんでもない?規律?
を求め、在家には信と礼拝と供養と積徳とかなりの戒律を求める。
今までどおりでは決してよいとは言わない。
「頭に火のついた如く(危機感を持って)修行せよと追い込む。


33 :さちこ:04/09/13 19:07:16 ID:zm03BpQX
>>31 まま、そういわずにごゆっくり。なんでも勉強ですから。
この場合の三宝は一体何をさしているんでしょうね。
{三宝を逃さないように、三方を空ける}

34 :さちこ:04/09/13 19:09:02 ID:zm03BpQX
>>28 予→與 訂正。

35 :さちこ:04/09/13 19:11:13 ID:zm03BpQX
>>29 自灯明は定義をしっかりしておいたほうがいいと思います。

灯明=島=州=パーリー語で同じか似た言葉らしいです。

「学んだ仏陀の法を州(足がかり)として生死の暴流(ぼうる)を渡れ」。

36 :830:04/09/13 19:11:32 ID:PQI8Qzn5
>>28
>仏説だと思いますよ。仏典にもいくらでも書かれていると思います
>ブッダの成就したところのものは、難解(なんげ)にて、
>ただ仏と仏のみがよく理解する。ヒト(種)にはわからない。

これでは、自分自身で六処で経験する以前に、仏典や仏語を無前提に
真理であると受け入れていることになりますよね。私はこのような姿勢を
盲信だと思うのです。私と>>1氏の姿勢は、はっきりと異なるようです。

それで私の姿勢としては、自分で経験して真実であると確認するまでは
仏教、仏典と言えども無闇に信じるべきではないと思うのです。
盲信は、ブッダの教えではないと思う。それを前スレでKalama suttaを
引用して示したのです。

自分で経験するとは、外界にばかり向いていた目を、自分自身の内面、
六処に細心の注意を払って、一体何が起きているのか、しっかりと観察
する、ということです。外界というものは、実のところ六処を通じて受け取ら
れている。現実というのは六処で経験されることの総体です。だから
「無常、無我、苦」と言ってもそれは公理や無前提に受け入れる法則では
なくて、この六処に注意を払うことによって実感され、体得される真実だと
おもうのです。

37 :8です。:04/09/13 19:12:59 ID:/kA8pz6y
>>33 ??何だろうなぁ?
いや、わたしにとって、「三宝」とは、
それこそお正月に鏡餅を飾ったり、
結納で使ったりするもの、という認識しかなかったもので、
深く考察したことないのですわぁ〜。

ひょっとして、「三宝を逃さないように、穴が四つではない」の「三宝」って、
今、このスレで話題になっている方の三宝と関係あるのかな??

38 :前スレの874:04/09/13 19:18:04 ID:oV1iXo3c
>>32
そうですね。ただ、釈迦が本当にそういう追い込み方をしていたとは
私には思えない。私は法句経を愛読しますが、苦しい時や悩む時に
釈迦の言葉を読むと、本当に心が癒される。

これも単なる私見なのですが、結集の時に生前の釈迦の言葉を集める
とき、センセーショナルなもの(命を懸けてとか)だけが集められたの
かもしれない。それだけ印象が強かったでしょうから。釈迦は、待機説法
を得意としていましたので、あまりに怠惰な弟子達には、あるいは「頭に
火がついた如く云々」という言い方をしたかもしれません。しかし、現代の
几帳面な人がそれを読んだら、かえって追い込まれてしまいますよね。

そういうセンセーショナルな言葉だけから、理詰めで無理やりつなげて
いくと、アビダルマ哲学のような「いびつな巨人」ができてしまうわけ
です。あまりの醜態に見かねた一部の人が、大乗仏典という形で反論し、
仏教に少しでも血の気を回復させようと試みたのでしょう。原始仏典を
自由に読める現代人のわれわれも、一歩間違うと上座部と同じ過ちを
犯す心配があると思います。

39 :名無しさん@3周年:04/09/13 19:18:48 ID:TMm01qRD
>>37
無さそうですね。
ちなみに貴方が言っている三宝で、穴が四つ空いている奴もあります。
切腹の時刀を持ち運び、乗せる為に使っていたそうです。
完全スレ違いすんまそん


40 ::04/09/13 19:26:11 ID:zm03BpQX
>>36 言葉と実感(瞑想体験)両方から学べ!ということだと思います。
先入観(我見)を捨ててね。

ところで六識はどうなりましたか?
(知識として興味があるだけなんですが)。
識と名色は逆の場合もあるらしいし、名色→識→六処なら、
識が六処に対応する心的機能ということも考えられますし。

(めんどくさいのでHNやめます。やっぱ1で行こう)

41 :さちこ:04/09/13 19:28:15 ID:zm03BpQX
>>37 さん
>>39 さん、

三宝を見るたびに、仏教で一番大切なのは三宝「ブッダ・ダルマ・サンガ」
だと思い出してくださいね。(きっと役に立つことがあると思います。)

42 ::04/09/13 19:32:22 ID:zm03BpQX
>>38
「頭に火がついた如く云々」

これは仏陀の慈悲だと思いますよ。目の前に地獄の釜が蓋を開けて
待っているのに、人々は気がつかない。のほほんとしているんですよ。
(私もそうだけど)

仏教でも世間で受けるのは「そのままあるがままで良いんだよ系」ばかり。
「大慈大悲の仏様があなたを地獄に落とすわけなどありません」。
瀬戸内寂聴・五木寛之ラインですね。(ひろゆきの字が、あっているかしら)

43 :前スレの874:04/09/13 19:41:02 ID:oV1iXo3c
>>42
地獄へ落ちるのは死後ばかりと限りませんよ。
私だって、一日に何度か落ちることがある w
現実世界だからこそ、工夫次第で地獄から逃れることができる。それこそが
釈迦が説いた「苦からの解放」でしょう。死んだ後のことは、死んでから
考えればいい。

>仏教でも世間で受けるのは「そのままあるがままで良いんだよ系」ばかり

「そのままあるがまま」じゃいけませんけどね、「そのままあるがまま」から
スタートするべきでしょう。仏教は、日常生活にこそ生かすべきでしょう。
絵に描いたスーパーマンよりも、明日の「仏に一歩近づいた自分」。

44 :けちゃっぷ:04/09/13 19:43:29 ID:Z5gflrsi
六内処(六根)は眼耳鼻舌身意。六外処(六)境は色声香舌触法。以上が十二処。六識は、眼識〜意識まで。十二処+六識=十八界。例…眼(根)と色(境)によって眼識が生ずる。また、六識は認識主体の意味もある。

45 :けちゃっぷ:04/09/13 19:49:06 ID:Z5gflrsi
意根(十八界では意界と呼ぶ)と六識(十八界では六識界と呼ぶ)の7界が、心。意界と六識界の違いは…六識界は現在刹那における六識で、それが作用を終わって過去刹那に入れば、過去の六識は意と呼ばれる。

46 ::04/09/13 20:07:11 ID:zm03BpQX
>>44 けちゃっぷさんありがとう。
無明、行、識の識じゃなんですね。

【十二処】[眼・耳・鼻・舌・身・意・色・声・香・味・触・法]
【十八界】[十二処・六識]

六識は、眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識ですね。

(それとも無明、行、識の識なのかな?)

47 ::04/09/13 20:09:29 ID:zm03BpQX
>>45 は難しそうなので、午前中の頭の少しは冴えているときに
考えて見ます。

48 ::04/09/13 20:14:55 ID:zm03BpQX
>>43 生きているときの地獄は怖くない?ですよ。
死んでから魂が閉じ込められたり、暗黒をさまようのが怖いですよ。

毎朝地蔵菩薩様にお祈りして、地球上のすべてのさまよう霊が、仏陀
の(光明の)元へたどり着ける用にお願いしています。

49 :名無しさん@3周年:04/09/13 20:24:38 ID:w2BWLimm
アーレフのダミースレです みんな逃げて

50 :けちゃっぷ:04/09/13 20:42:43 ID:Z5gflrsi
>47 僕も本を見て書きましたが、難しいですね。眼と色が出会ったのが客観的事実だとしても、「見た」と思った瞬間に「見たと思う」という主観的な「心」になっているんですね。

51 :名無しさん@3周年:04/09/13 20:48:40 ID:w2BWLimm
おまえら何教?ちゃんと名乗れよ。ヤマシイ事がなければ!

52 :37です。:04/09/13 20:54:05 ID:/kA8pz6y
>>41 ありがとうございます。
そうですねぇ。わたしがこのスレにちゃちゃ入れに来たのも、
何かのご縁でしょうしねぇ。

>>51 プロテスタントキリスト教の改革派のものです。
普段は、キリスト教関連のスレに出入り(生息ではない)しております。
すみません。仏教についてはあまり知識がないのです・・・。

53 :けちゃっぷ(浄土宗):04/09/13 21:01:33 ID:Z5gflrsi
前スレで、輪廻の主体は何かという話題が出てましたが。過去という世界から未来という世界へ「何かが」移動してるという認識は正しいのか?映画を想像して。スクリーンに1コマずつ映像がやってくるのでは?

54 :名無しさん@3周年:04/09/13 21:44:49 ID:wKxMhpob
サンガとは出家在家の仏弟子達?
いいえ。
サンガとは(在家・出家を問わず)「仏教徒の集まり」
のこと。

55 :名無しさん@3周年:04/09/13 21:47:11 ID:wKxMhpob
よく読んだら出家・在家の仏弟子達って書いてあるから
そのとおりだわ

56 :名無しさん@3周年:04/09/13 21:48:13 ID:Ochsp2PT
でわダルマとは?

57 :名無しさん@3周年:04/09/13 21:49:26 ID:Ochsp2PT
日本ではすでに仏陀 ダルマ、 サンガ(お坊さんの集まり)
についての尊敬という習慣が無くなってしまっているが、
しかし、海外ではそうでもない。

58 :名無しさん@3周年:04/09/13 22:06:34 ID:0Kon3RIV
「我を捨てて、我見を捨てて、真っ白になって、それを受け入れなさい」

(1)布施をすること
(2)僧侶を尊敬すること
(3)布教をすること

 この三つに従って、僧侶は働きもせず、豊かに暮らせるのである。

となるといけないので、この時の僧侶は、出家修行僧に限定されるのだ。
今の僧侶と言われる人は、在俗信者に他ならない。我々となんら変りがない。
今の僧侶も(仏教的には僧侶でない)、働いて自分を養い、それから人に教
える存在となること。 


59 :名無しさん@3周年:04/09/13 22:13:01 ID:Ochsp2PT
悟りを得た人は
見た目は我々と何ら変わりがありません。

60 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/13 22:19:02 ID:/fljVt24
ROM記念

        <きんたま・ぎんのすけ>

61 :名無しさん@3周年:04/09/13 23:09:13 ID:Vb2ajlWO
ブッダが反対したこと

「ブッダとそのダンマ」(B.R.アンベードカル著、光文社新書)より
(註:「ダンマ」とは、「本質」の意味)

ブッダは自分の教義を明確にする上でこれら(バラモン教)の古い思想に独自の
やり方で対処した。

(1)自分は何処から来たかのとか、何処へ行ってしまうのだろうか、また自分は
一体何なのかなどといった推測にうつつを抜かすことを拒否した。

(2)魂への諸説を捨て、それが肉体、感情、意志、意識のいずれとも同一化
するという考えを否定した。

(3)虚無的考えの総てを捨てた。

(4)そのような考えは正道から外れていると批判した。

(5)宇宙発展には既知の始まりがあるという説を捨てた。

(6)神が人を造ったとか、ブラフマーの肉体から生まれたなどという説を
否定した。

(7)霊魂の存在を無視し、否定した。

62 :名無しさん@3周年:04/09/13 23:19:07 ID:0WAXHxzJ
死んでから、何か残るものを、どういう名称で呼ぶのか?

63 :名無しさん@3周年:04/09/13 23:20:36 ID:zePFgZoo
>>62
魂じゃだめ?

64 :名無しさん@3周年:04/09/13 23:24:46 ID:Ochsp2PT
教義と言う形は、
法律によく似ています。
やって良いことと、悪いことがあります。

崇高な視点では、(意識では)
やって良いことと良くないこと。
というのは存在しません。
ただ、それが表現される必要があるから、
それが起こるんです。

そこにかくされたものがあります。
それは、別の視点で言うと、業とも言えます。

全ては時間が来ると起こります。
それに善悪を付けるのは人間だけです。

65 :名無しさん@3周年:04/09/13 23:30:56 ID:lZxyAA/d
人間は死んでから、霊でなく魂になるのか。

さて尊師は、清らかな、超人的な天眼をもって、千をもって数えるそれらの
神霊がパターリ村に敷地を占有しているのを見た。

霊は神霊だけなの?

66 :名無しさん@3周年:04/09/13 23:35:02 ID:lZxyAA/d
>>61
霊魂は否定するけど、神霊は肯定している。

霊魂とは、魂とは、霊とは、神霊とは、一体何なのか。
だれが説明できる人、いない?

67 :名無しさん@3周年:04/09/13 23:40:19 ID:zePFgZoo
>>66
神霊は大変素晴らしい高次元にいらっしゃるといいます。
人間もそうなれるといいます。

68 :名無しさん@3周年:04/09/13 23:47:21 ID:Ochsp2PT
何かを正しいことだと信じたとします。
これは真実である。

しかし、空の視点からは、真実と言うもの
その本質は苦しみです。
永遠でないものに価値を置いてしまいます。

何が絶対で 何が絶対でない(偽物)

その判定は、永遠であるか、そうでないか!
に尽きますw

人生は永遠ではありません。
それ故に偽物です。

考えてみると、欲してるものは全て偽物であると考えることが
出来るかも知れません。
永遠を知ることは出来ないのでしょうか?

69 :名無しさん@3周年:04/09/14 00:02:13 ID:SB2r9470
>>66
「霊魂」が駄目なら「神霊」か(笑)。超自然的な存在を一切否定した仏陀が、
神霊も認めるわけがなかろう。

70 :名無しさん@3周年:04/09/14 00:28:53 ID:eM20r6TS
超自然と見ている自分とは何なのか?

71 :名無しさん@3周年:04/09/14 00:31:58 ID:SB2r9470
>>70
仏陀は、「自分は何処から来たかのとか、何処へ行ってしまうのだろうか、また自分は
一体何なのかなどといった推測にうつつを抜かすことを拒否した。」



72 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 05:59:11 ID:20J+JUu/
ROM記念

73 :マンゴー先生:04/09/14 07:29:41 ID:CSW8NOqb
いやはやあまりのスレの速さにROMが追いつかずレスできないでいるうちに新スレ突入
でしかも議論が終わってしまったようなので、蒸し返すようで申し訳ないのですが一応
私の意見を述べておきたいと思います。

仏教には一つの大きなパラドックスがあります。
すなわち「悟りを得る為には悟りを求めなければならないが、悟りを求めているうちは
悟ることができない」。
このことは般若心経において顕著に表現されておりますね。
「十八界も十二因縁も四諦も悟りもない」と言いながら「般若波羅蜜に依って悟りを得る」
と説いている部分。
実はこうした矛盾は、机上で考えているから起こるのであって、体験を通せば簡単に答
えが出てきます。それは山道で人を呼ぶ時に、上にいる人には「下に来い」と言い、下に
いる人には「上に来い」と言ったとしても、同じ山道を登っている者から見れば何ら矛盾
のないようなものです。

つまり、釈尊の教えに従うということは、その「過程」の中で必ず釈尊の教えをも自らの
観念であるとして否定することになるということです。

このことは以前「信」について述べたことにもつながりますが、こうして釈尊の教え通りに
生活し瞑想する中で体験して得た確信は、万一、今、目の前で、釈尊が「ごめん、あれ
全部嘘」と言ったとしてさえ、揺るがないものとなります。

これが、釈尊が遺言として「(私に頼るのではなく)自らを島(灯明)とし自らをよりどころ
として他人をよりどころとせず、法を島(灯明)とし法をよりどころとして他のものをよりど
ころとせずにあれ」 とおっしゃった意味であると私には思われます。

74 :名無しさん@3周年:04/09/14 08:20:14 ID:h+8fiaue
>>61

>(7)霊魂の存在を無視し、否定した。

ウパニシャッドの「アートマン」みたいな、不変なものが死後に残る(常見)
というのを否定しただけで、死んだら何もなくなる(断見)というのも否定
しています。だから、死後「何か」が残る。しかし、それは変転して固定した
相を持たないから、「過去の私」と「現在の私」と「未来の私」とはつながって
いない、という意味でしょう。だから、「未来の私」のことをあれこれ気遣う
のは馬鹿げたことだから、「現在の私」に集中して生きましょう、というのが
釈迦の教えです。

人間の「はからい」というのは、たいていの場合、未来のことを心配すること
がきっかけになるものです。「現在の私」に集中すれば、たいていの「はからい」
は不要になる。

試験シーズンになると、過去問の傾向から、いろいろと試験問題の予測をしたく
なるのが人情ですが、予測ばかりやっていては、試験の本来の意味を失う。地道に、
実力を付けて、たとえどんな奇問が出ようとも答えられるようにしておくのが王道
です。

釈迦が言うことは、「あれこれズルして楽に来世を送ろうとするな。この世を、人間
らしく真面目に生きろ」ということです。


75 :名無しさん@3周年:04/09/14 09:21:32 ID:g7vjzewt
いいえ、そうではないと思います。「過去」や「未来」や「現在」に
とらわれるな、ということだと思います。過去・未来・現在は繋がって
いるので、なるようになる以外ないのですから、まずはその諦めが
あってこれらにとらわれない生き方ができるのです。過去から来ているこの
“現在”の自分をなんとかしようする考えでは決して「輪廻」から出れるものではないのです。
だから現在は過去の表れであることを見抜き、現在に執着しないことが
過去に執着しないことなわけで。しかし自分が空になってしまうことを知れば、
過去からのしがらみを意識しない自分のその時の本心が(過去の記憶である肉体の脳
から引き出されたものではない直感的なものが)感得され得るのです。


76 ::04/09/14 09:25:31 ID:UeNGveuQ
>>49 ご本尊は仏陀ではないと思いますよ。

77 :名無しさん@3周年:04/09/14 09:32:50 ID:h+8fiaue
>>75
「輪廻」というものこそ、「はからい」の最たるものですよ。
バラモン教徒を御覧なさい。自分の来世がよかれと望んで、善行を積み、バラモン
に祭祀を頼んだ。なぜ、釈迦はそれを否定したのか、よく考えてみましょう。
また、「輪廻」から脱却を目標にしながら、

>(1)自分は何処から来たかのとか、何処へ行ってしまうのだろうか、また自分は
>一体何なのかなどといった推測にうつつを抜かすことを拒否した。

のか、冷静に考えてみましょう。
アル中患者には、体中を蜘蛛が這い回るような幻想が見えるそうです。その患者が
「先生、蜘蛛をなんとかしてください」と訴えたとして、もし医者が「蜘蛛?
そんなものはありはしない」と否定したら、患者は納得しないでしょう。だから、
「蜘蛛から逃れる方法はあるよ。蜘蛛はアルコールの臭いが好きだから、君に
寄ってくる。だから、アルコールをやめれば蜘蛛もいなくなるよ。」と方便を使う。

実は、輪廻などないのかもしれない。あるいは、あってもなくても同じだ。人間が
現世で、すばらしい生き方をすることができたなら。蜘蛛のことは、死んでから
蜘蛛が出てきてから考えればよい。

78 ::04/09/14 09:36:57 ID:UeNGveuQ
>>52さん、 >プロテスタントキリスト教の改革派

プロテスタントの国々は市民生活が美しくて充実していますよね。
カトリック(カソリック?)の国々では貧富の差が広がり、ホーム
レスや路上暴力が問題になっています。
韓国はクリスチャンが多いと聞きましたが、あの冬ソナなどの女性
雑誌から抜け出したような(例えば家庭画報?)美しさはやはり
キリスト教文化なのでしょうか。

79 ::04/09/14 09:38:42 ID:UeNGveuQ
>>53 けちゃっぷさん、刹那は連続なのか不連続なのかということですか?


80 ::04/09/14 09:41:47 ID:UeNGveuQ
>>59 悟りを得た人は徳の香りが漂う。
それは花の香りと違って風上にも流れる。
悟りを得た人は、見ているだけで楽しい。
こちらへやってくるのを見ただけで嬉しい。
しゃべるのを聞いただけで楽しい。
人々は、悟りを得た人をあかず眺める。

という経典がありました。

81 :77:04/09/14 09:42:28 ID:h+8fiaue
バラモン教徒は、輪廻のことで頭が一杯で、肝心の現世の生活をないがしろに
していた。自分の来世のために巨額の金をバラモンにつぎ込み、バラモンは
それを贅沢に使う。一方で、カーストの下層にいる連中は貧困に喘いでいる。
「現在の自分」に徹するならば、まずは社会的な不合理を解決しようという方向
に行くでしょう。いわば「輪廻」という人質を取ることで、バラモンはインド
社会の頂点に君臨し、安逸な生活を送っていたわけです。

宗教は麻薬だ、という指摘はある意味で正しい。その「輪廻麻薬患者」を治療する
ために、釈迦はどう説かねばならなかったかを注意深く考えてみてください。

82 ::04/09/14 09:42:53 ID:UeNGveuQ
>>61 ちょっとなんだか分からない説ですね。

83 :77:04/09/14 09:49:58 ID:h+8fiaue
インドだけじゃないのです。古代ユダヤでも同じようなことが起きていた。
ユダヤ教は、絶対神エホバとユダヤ民族に対する契約という特殊な考え方
があり、「戒律」を守るというのが最優先されていた。彼らには輪廻という
考え方はなかったので、神の選民として世界に君臨するという「未来」に
希望を託し、ひたすら煩雑な「戒律」を守り通した。

しかし、これもまた「未来の自分」に囚われた生き方なんですよね。
今、目の前で苦しむ人に手を差し伸べず、「今日は安息日だから、戒律違反
になる」と言い訳をして見殺しにする。所詮は「未来の自分」さえよければ
という「われよし」主義にすぎないのです。

イエスがそういう「戒律麻薬患者」を治療するために、どう説いたかを、
福音書を注意深く読んでいけば、実は釈迦もイエスも同じことを主張している
ことがわかるでしょう。

84 ::04/09/14 10:09:46 ID:UeNGveuQ
>>65 生きている人は「こころ」を持っている。
肉体を失った「こころ」を霊とか魂とか呼ぶんじゃないの?

死に際して変化はあるのかもしれないけど。

85 ::04/09/14 10:11:54 ID:UeNGveuQ
>>66 一般の人が死ねば霊魂で、徳の高い人は神霊になるのでは。
田舎でも豪族の巨大なお墓とがあるよね。神社は地位の高い人だし。

86 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 10:17:22 ID:20J+JUu/
貴あらば賤あり。
貴なくば賤なし。

かくて人は分別を繰り返す。

87 ::04/09/14 10:30:51 ID:UeNGveuQ
>>69さん、仏陀は「不思議を語る人」と呼ばれているのに。

88 ::04/09/14 10:36:23 ID:UeNGveuQ
>>71 さん、仏陀が回答を拒否した問題は十無記だけですよ。

(検索してみました)
三枝充悳著「初期仏教の思想」東洋哲学研究所 から

「十難無記」
(一)世界は常住である。(二)世界は無常である。(時間的に限定されていないか、いるか)
(三)世界は有辺である。(四)世界は無辺である。(空間的に限定されているか、いないか)
(五)身体と霊魂とは一つである。(六)身体と霊魂とは別である。
(七)人格的完成者(如来)は死後に生存する。(八)生存しない。(九)生存し且つ生存しない。
(十)生存しないし且つ生存しないのでもない。
「十四難無記」
(一)と(二)のあとに、世界は(十一)・常住且つ無常、(十二)・常住でもなく無常でもない。
(三)と(四)のあとに、世界は(十三)・有辺且つ無辺、(十四)・有辺でもなく無辺でもない。



89 :名無しさん@3周年:04/09/14 10:41:49 ID:OCQ6oOVS
ここは「仏教2」の次スレですか?

90 ::04/09/14 10:43:46 ID:UeNGveuQ
>>73 マンゴーさんこんにちは。
>このことは般若心経において顕著に表現されておりますね。
>「十八界も十二因縁も四諦も悟りもない」

是諸法空相、是空中、

これらは、、空の相においては、空の中においては、、、
〜も〜も〜も無い、となっているのではありませんか。

般若心経は「空」の原理を見つけて涅槃を得た。龍樹菩薩あるは
観自在菩薩の喜びの歌ですよ。
「舎利佛さま、ついに涅槃を得ました!」と大先輩(500年前?)
に呼びかけているのです。龍樹菩薩は観自在菩薩です。

この4行、私の思いつきなので、、、。

91 ::04/09/14 10:44:37 ID:UeNGveuQ
>>89 そうですけど。一応、帰依三宝を主眼にリニューアルしました。

92 :名無しさん@3周年:04/09/14 10:53:11 ID:Qo+JmGcl
>>87
「神仏」「霊魂」などという概念は、脳科学の発達によって人間の思考がす
べて脳で行われていることが判明する前の時代の話。「心」も脳の働きに
過ぎない。死んで完全に火葬すれば、脳が消滅するから、一切の思考・感覚
や心理作用も当然種滅する。死ぬ前でも、例えばアルツハイマー病によって
脳が侵されれば思考・感覚が一変する。それまでの「心」は無くなる。

どんな偉い宗教者でも、その脳をメスでちょっと傷つけてやると、彼の神仏
は一瞬にして吹っ飛ぶのですよ。

93 ::04/09/14 10:54:44 ID:UeNGveuQ
>>73 マンゴー先生。
>釈尊が遺言として「(私に頼るのではなく)自らを島(灯明)とし
>自らをよりどころとして他人をよりどころとせず、法を島(灯明)
>とし法をよりどころとして他のものをよりどころとせずにあれ」

仏陀の法が灯明であり島(よりどころ)なんですね。

94 ::04/09/14 10:56:33 ID:UeNGveuQ
>>73 ご発言の趣旨は、悟りなど求めすぎてかりかりになっても
逃げていくよということですね。よく分かりました。

95 :名無しさん@3周年:04/09/14 10:58:34 ID:/wjONv6F
亀レスですが、>>71

さすが仏陀だと思いました。そういう考えにうつつを抜かすのは、
一生懸命生きていない証拠だと思います。

96 ::04/09/14 11:10:52 ID:UeNGveuQ
>>92 さん、あなたの「こころ」の問題ですよね。

「こころ」が脳という物質(の機能)でできているのかどうか。
無機物と有機物を組み合わせて心ができるのかどうか。
あなたの「愛や恐怖や憎しみや執着は」あなたの脳細胞の演算に
よって作られてるのですか?

物質の組合せで生命(こころ、ハート)が作れるという学者もいる
かもしれないけど、ノーベル賞級の学者になると否定的なんだなあ、
と以前、何か書物を読んで感じました。何の本だったか忘れたけど
(致命的)。「利己的遺伝子」関連だと思う。

97 ::04/09/14 11:12:19 ID:UeNGveuQ
>>95 戯論は止めよ(法論はいいけど)、とか言うんですよね。

98 ::04/09/14 11:13:23 ID:UeNGveuQ
ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依法 帰依僧)


99 :名無しさん@3周年:04/09/14 11:34:11 ID:8E3Fb+sD
父と精霊と人=三位一体のキリスト教教義と同一

100 :名無しさん@3周年:04/09/14 12:10:55 ID:/wjONv6F
>>73は個人によって状況が違うといっているのかもしれない。
山道のたとえについて。
もし、山道など見えなかったら。人の行動は矛盾しませんか。
この人には降りてこいといい、あの人には登ってこいと言う。

>釈尊が遺言として「(私に頼るのではなく)自らを島(灯明)とし自らをよりどころ
として他人をよりどころとせず、法を島(灯明)とし法をよりどころとして他のものをよりど
ころとせずにあれ」
これは自力と他力を言っていると思います。
どちらかだけでは偏っているとおっしゃったのだと思います。

101 :名無しさん@3周年:04/09/14 12:27:09 ID:h+8fiaue
>>100
そんなに難しく考える必要はないと思うが。

釈尊の「自灯明」そのものにパラドックスがあるということ。「他人をよりどころ
とせず」の「他人」に、釈尊自身が含まれるんじゃないの? 「釈尊は例外」と
言うのなら、それはパラドックス。

もう少しわかりやすい例を挙げよう。
「文字に書いてあることをそのまま信じてはいけない」と書いてあったとする。
しかし、「文字に書いてあることをそのまま信じてはいけない」ということも
また「文字に書いてあること」に含まれるのだから、自分で自分を否定している
ことになるんだ。

102 :けちゃっぷ:04/09/14 12:36:40 ID:ClczVy0V
>92 学生の時哲学の授業で、心は脳にない…という内容のレポートを書かされました。脳は必要な記憶を切り取るハサミであって、脳そのものが心を作ってるんじゃない…みたいな。単細胞生物の本能も心では?

103 :名無しさん@3周年:04/09/14 12:39:09 ID:h+8fiaue
「悟りを得る為には悟りを求めなければならないが、悟りを求めているうちは
悟ることができない」について、こういう話を思い出した。

老僧と若い僧の二人連れが、一緒に旅をしていて、川に差し掛かると、
川が深いので自力で渡れず困っている妙齢の女性と出会った。仏教では
女に触れてはいけないという「戒」があるのに、老僧は二つ返事で女を
おぶり、向こう岸に着いた。女と別れてからしばらくして、若い僧が老僧
にそのことを問いただすと、老僧いわく「なんだ、お前はまだ女を背中に
おぶっているのか。私はさきほどの川のほとりで下ろしてきたぞ。」

初心の修行者にとって、「戒」とか、「輪廻転生」とか、いうのは最大の
関心ごとかもしれないが、悟ってみれば何でもない。ふと見上げると、
釈迦様が舌を出してにっこりしておられる...
「釈迦殿、これは一本、食わされましたなあ」

104 :よし:04/09/14 12:40:31 ID:H9NDVH56
何故世の中はちっとも良くならないんだろう。栃木の幼い兄弟は何故こんな目に会うんだろう。
カルマか?教えだけでこの世の中が良くなるのか?無力感とやるせなさで一杯の今日この頃。

105 ::04/09/14 12:47:22 ID:UeNGveuQ
(HP検索)
いよいよ、仏歯への参拝となった。流石に気持ちが引き締まる。一般観光客と
して訪れていれば、仏歯を参拝するどころか、この伽藍の中に入ることも許さ
れない。それほど重要な儀式に、私は一員として参加しているのだ。
狭い階段を、二階へとのぼると、奥の部屋に、ガラスケースに収まった舎利塔
が見えた。壁には一面に壁画が描かれている。古代エジプトのそれのように、
多くの神仏や人、動物、鬼、悪魔が、整合性をもって描かれている。おそらく
、それぞれにまつわる伝説があるのだろう。
まわりをみわたしながら、赤い毛氈の上を、仏歯に向かって歩いた。仏歯のあ
る部屋への敷居は、絶対に踏んではいけないことになっている。
ガラスケースの中には、金銀財宝と共に、3つの金色の舎利塔が安置されてい
た。私は厳かな気持ちになり、自然に合掌していた。
白い花を盛られた銀の皿を受け取り、それを、舎利塔の前にばらまくように供
える。この国では、日本とは異なり、葉や茎を取り去った花の部分だけを供え
る。ここでも、短時間の勤行を許可され、三誓偈を厳修した。
仏歯への参拝を終え、総長の部屋に招かれた。仏歯寺総長の言葉と、それに対
する私の返礼を、ウパティッサ師が翻訳してくださった。彼の協力なくしては
、今回の旅はここまでうまくいかなかっただろう。
総長と、仏教の興隆のために、これからお互いに協力していくことを約束し、
金色の舎利塔を手渡された。
仏舎利を前にして、私は、不思議な気持ちになった。緊張、感動、畏れ、なん
とも言い表せない。そして、心は澄み切っていた。
ホテルに帰るとすぐに、仏舎利を部屋の中央に安置し、 改めて嘆佛偈を勤め
た。マハボディソサエティー(大菩薩会)の僧侶たちも、お勤めをした。
−−−−−−−−−−−−
今まで阿弥陀様しか拝まなかった日本の仏教がお仏舎利を
礼拝するようになったのでしょうか。信徒にはどのように、
説明したのでしょうか。


106 :けちゃっぷ:04/09/14 12:58:25 ID:ClczVy0V
>79 輪廻転生と聞くと、魂や霊みたいなのが、生まれ変わって新しい肉体に宿って…というイメージを描いてしまいますが、1さんの、十二支の無明以下が輪廻するという説は、どういう意味ですか?

107 ::04/09/14 13:02:18 ID:UeNGveuQ
>>105 タイトルが抜けてました。本願寺のHPです。
しかも長文になってしまっていました。

108 :名無しさん@3周年:04/09/14 13:03:00 ID:h+8fiaue
>>104
新聞報道されるような事件は、氷山の一角にすぎません。
利己主義者が幅を利かす社会では、その歪みが弱い者に集中する。会社でも
学校でも、誰もがしたがらない仕事は、一番弱い立場の人に押し付けるでしょ?
そういうのが続いて、その人がキレて、いきなりナイフで刺したりするわけだ。
では、その加害者が悪の原因かと言ったら、そうではないわな。むしろ、利己主義
の上にあぐらをかいている強者の方に咎がある。

椅子取りゲームってあるでしょ? 椅子からはみ出した人間は怒るわな。そいつが
椅子の上で寛いでいる他人を殴ったら、たちまち犯罪者扱いになる。しかし、極悪人
はどっちの方だ。椅子からはみ出した人間か、それを見て見ぬふりをして自分だけ
座っている人間か、それとも、故意に椅子を隠して競争心を煽る人間か。

カルマがどうこうという解釈は、そういう現実問題から視線を逸らすカモフラージュ
にすぎないんですよ。だから、坊主は政治家に対して顔がきく。

109 :名無しさん@3周年:04/09/14 13:04:13 ID:Qo+JmGcl
>>102
一般に、脳以外のところを傷つけても、精神の異常をきたすことはない。脳の無い
単細胞生物でも、細胞自体を傷つけると、本能が壊れるでしょう。科学が発達した
現代では、精神が肉体から生じていることには疑いがありあせん。

110 ::04/09/14 13:12:53 ID:UeNGveuQ
>>106 けちゃっぷさん、こんにちは。
けちゃっぷさんが輪廻するという場合。その、けちゃっぷさんって誰なんでし
ょうか。
「お前は誰なのか」って仏教では良く聞かれますよね。
「手がお前なのか、足がお前なのか、胴体は、眼は、思考は」。違いますよね。
喜び苦しみ悲しみ楽しむ「けちゃっぷさん自身」は誰なのか。
脳挫傷を起こし意識が無くなっても、混濁した意識の元で苦しむ人がいます。

けちゃっぷさんは誰なのか?けちゃっぷさんは何なのか?
一つ分かっていることは、けちゃっぷさんの種(種子)は無明なんですよ。

けちゃっぷさんは、けちゃっぷさんの無明を種子としてここまで育ってきた。
では種はどうなるでしょうか。

111 ::04/09/14 13:21:16 ID:UeNGveuQ
>>109 あなたは今、脳を使って思考しているから、脳が自分自身だと
思い込んでいるんですよ。脳を利用して考えている自分が別に居るんですよ。

眠くなって脳がうまく働かなくなって「ちょっと今の脳は能力が低いな」
なんて思っている自分がいたりするでしょう?

自分自身は「おもい」なんですよ。「こころ」「はーと」。

思いも心もハートも物質上には無いし、逆に物質(有機質無機質)を使って
作り出すこともできません。いくら精密ロボットを作っても、そのロボット
は「愛し、嘆き、悲しみ、喜び、苦しむ」ことは無いのです。ロボットには
生無きがゆえに苦は無いのです。

(横レスでした)

112 :名無しさん@3周年:04/09/14 13:26:30 ID:h+8fiaue
>>110

>けちゃっぷさんの種(種子)は無明なんですよ。

それはおかしい。その説明だと、種が実在することになり、アートマンと
同じことになる。釈迦はアートマンを否定したはずだ。
仏教系カルトでは、無明=タンハーというのを、目に見えない「怨霊」みたい
なイメージで教え込む。実情は違う。むしろ、台風のようなものだと言える。
台風には種などない。空気の流れ方によって渦が出来て、それが発達して台風
になる。「渦」はあるが、それは「空気」の状態が変化しただけで、実在のもの
ではない。そうは言っても、テレビの天気予報では、立ち木をなぎ倒しながら
刻々と進んでいくから、台風は実在するとしか思えない。
しかし、台風は、空気が引き起こす現象にすぎず、人間が便宜上そのように名づけた
にすぎません。

空気を「空」、台風を「色」に当てはめると、「色即是空、空即是色」の意味が
よくわかるでしょう。

113 ::04/09/14 13:27:35 ID:UeNGveuQ
>>102 けちゃっぷさん、
「腕を動かそうと思う」→「腕を動かす脳細胞の一群が興奮する」→「インパルスが
運動神経を伝わる」→こうなるらしいんだけど。

「腕を動かそうと思う」とういう作用の脳の主座が見つからないらしいですね。
脳の興奮はMRI??などで見えるらしいから。脳細胞の酸素消費をカラーリング
したりするらしいですね。NHKでやってました。


114 ::04/09/14 13:30:23 ID:UeNGveuQ
>>112 無明もまた空ですよ。
すなわち条件によっては存在するし、また存在しない。
如来は無明を(断滅して)持たないんだから。

115 ::04/09/14 13:38:32 ID:UeNGveuQ
>>112 >無明=タンハー
(ちょっと分からないので検索してました)
『TANHÂ(タンハー):渇愛』 
渇愛は、再成し続け、喜びと愛着をともない、
いつでも心の気に入る、という三つの特色をもち、五官を刺激したい、
存在したい、壊したい、という三種類の欲で成り立っています。』
(初転法輪経)
tanhâ(タンハー)とは「渇いている」「満たされていない」「ほしい」
という生命の根元的な欲望で「渇愛」と訳されています。


(仕事が忙しくなってきたので、続きは夜に書きます)

116 :名無しさん@3周年:04/09/14 13:39:13 ID:h+8fiaue
>>114

だから、あなたの説は自己矛盾しているの。
無明が条件によってあったりなかったりするのなら、必ず輪廻転生する
とは言えなくなる。「条件次第で、輪廻転生する場合もある」というしか
ないでしょう?

117 :名無しさん@3周年:04/09/14 13:43:06 ID:h+8fiaue
1さんの発想は、無明=タンハーを「不成仏霊」だと決め付ける、宗教カルト
「あぼ〜ん宗」の教義とそっくりだわな。

118 :名無しさん@3周年:04/09/14 15:10:45 ID:Qo+JmGcl
>>111
>あなたは今、脳を使って思考しているから、脳が自分自身だと
>思い込んでいるんですよ。脳を利用して考えている自分が別に居るんですよ。

気持の悪い冗談を言わないで下さい。私が「思い込んだり」「考えたり」するのも
脳の機能です。その証拠に、脳が傷害されたり、死んだりしたら、このような意見
をカキコできると思いますか。死んで葬式を済ませてからから2chにカキコした
人が一人でもあったら、管理人に至急報告して下さい。



119 :名無しさん@3周年:04/09/14 16:23:46 ID:bOW6Yuzp
無明はアヴィッジャー、タンハーは渇望。
もう無茶苦茶ですな。

120 :名無しさん@3周年:04/09/14 16:45:58 ID:N32DanVj
>>1
1さんは、こころやはーとという言葉で、所謂霊の存在を仏教の中で問題
にしたいのではないか、という印象を文章の名から感じてしまいます。

脳を「利用して」考えている主体を想定されたのは、何かの仏典にそう書い
てあったからかな?あれば教えてほしいが、なければ1さんのそういう考
えは、三宝帰依のテーマにおいて異質のような気がしますよ。

121 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 16:53:10 ID:20J+JUu/
ROM記念



122 :117:04/09/14 17:23:09 ID:0vtqTWfJ
これは「あぼ〜ん宗」ではないけど、ほとんど同じDQN教義だから、引用
しておきまつ。

>死をさとらせる解脱供養法
>これは密教に伝わる特種な秘法で成仏法とも言う。要するに不成仏霊は
>悪い因縁にしばられて業(カルマ)から脱出できず、霊界に行けずに苦し
>んでいる存在である為、法の力で因縁と業を解きほどくのです。不成仏霊
>は自分が死んだとしらず断末魔の苦しみそのものに住しているわけでそこ
>でその霊に対してあなたはもう死んで五蘊(ごうん)「肉体である色蘊、
>感覚器官である受蘊、知覚作用たる想蘊、意思を決定する行蘊、意識で
>ある識蘊の五つをいう。」がほどけ空に帰していることを知らせ、さらに
>因縁所生・諸法皆空の理を御霊にさとらせ渇愛(タンハー)「のどの渇きの
>ような欲望」を解いてやるのです。するとわが死せることわを知り五蘊
>のすでに空に帰してすでに現世に存在せぬことを悟り霊界に往生して
>ゆくのです。
ttp://www1.plala.or.jp/eiji/JYOREI.htm

つまり、タンハーが元になって、「自分が空であることを悟れない」という
ことは、無明=タンハーと結びつけています。

123 :117:04/09/14 17:27:09 ID:0vtqTWfJ
あと、
http://etcsouko.hp.infoseek.co.jp/agon01/agon41.html
の10の記事をごらんください。

124 :名無しさん@3周年:04/09/14 17:36:41 ID:bOW6Yuzp
施餓鬼供養と同じようなモンだな
伝統仏教から反論はあるまいw

125 :けちゃっぷ:04/09/14 17:46:09 ID:ClczVy0V
>118 ところで、あなたは脳死を「人」の死と考えますか?どこまでを「人」と思うかで違ってきます。脳が死ねば外見上意識(仏教の)は働きませんが、肉体の細胞1個ずつには「生きよう」というベクトルが残ってます。

126 :けちゃっぷ:04/09/14 17:50:09 ID:ClczVy0V
細胞達が協力して組織をつくり活動してるのがヒトです。脳が死ねばチーム・ヒトを統制するシステムが止まりますが、まだチーム・ヒトは死んでいない。肉体が脳の所有物なのか、脳が肉体の所有物なのか?

127 :名無しさん@3周年:04/09/14 17:58:51 ID:N32DanVj
>>124
チト違うんではないか。施餓鬼を病気や不運から逃れる為にやる
と檀家に宣伝している伝統仏教なんて聞いたことない。両者の違
いが分かるかな?


128 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 18:00:19 ID:20J+JUu/
けちゃっぷさん
>>125は、生死一如
>>126は、心身一如

かように調ひてくだされば宜しいかと思いまふ。

       <横レス・スマソ>  


129 :けちゃっぷ:04/09/14 18:04:40 ID:ClczVy0V
たとえば、脊椎反射について理科で習いましたよね。熱いものに触った時などに、その刺激が脳に届く前に脊椎が反応して、手を無意識に引っ込める。この場合、「誰が」手を引っ込めたのでしょうか。

130 :名無しさん@3周年:04/09/14 18:08:05 ID:N32DanVj
>>129 せんせい!わかりません!

131 :けちゃっぷ:04/09/14 18:10:51 ID:ClczVy0V
金玉さん、それはごもっともですね。
脳の記憶とはデータの種類が違っても、記憶は肉体全体(各細胞)にあるのかもしれないと思うことがあります。

132 :けちゃっぷ:04/09/14 18:14:47 ID:ClczVy0V
あと、霊(心)は、呼び名(組織)の数だけあると思います。ある「人物」には「自殺したい」という心があるし、「心臓」には「鼓動する」という心があるし、細胞1個ずつには「酸素を採ろう」という心がある。

133 :名無しさん@3周年:04/09/14 18:15:05 ID:bOW6Yuzp
>>127
動機は違うけれども、五感で見えないものを供養すると言って、
集金するのは同じこと。
不成仏霊に理法を説いて成仏させるというのと、餓鬼にお経を聞かせて
成仏させるのはたいして変わらんじゃないかと思う。
檀家も施餓鬼をやらなかったら病気や不運に見舞われるかもしれないと
無意識に思っていたり、あるいは何となくやっとかないと気持ち悪いから
やってたりして。
伝統仏教なら脅迫してお金を出させることはしないだろうけど、無知に
つけこんでるとは言えるだろう。

134 :けちゃっぷ:04/09/14 18:18:32 ID:ClczVy0V
会社などを法人と呼びますが、「会社」には「隣の会社と合併しよう」という心がある。「家族」にも、「政府」にも、組織の呼び名の数だけ霊(心)がある(ように)見えます。組織単位で認識し執着して見れば。

135 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 18:23:21 ID:20J+JUu/
>>131
脊椎反応が何か?って言うたら、私はそれが慈悲なのかと思います。
人はこのように生きて、
また、生かされている。
この理こそが慈悲であり、人が思念するも意のなきこと。

仏性はこれ慈悲にして、そこに善悪もなきに平等の相なり。
人の世は、このような相にして何ら迷うこともあらざる。
これを直覚するを、気づきなり。



136 :けちゃっぷ:04/09/14 18:25:33 ID:ClczVy0V
>129 誰が手を引っ込めたのか?という問いの中に、すでに無明がありますね。コントロールする「誰か」が主人で、手は「誰か」の所有物と思っちゃってる。「手を引っ込めた」より「手が引っ込んだ」が正しいかも。

137 :けちゃっぷ:04/09/14 18:36:13 ID:ClczVy0V
「チーム・ヒト」には、六根(眼耳鼻舌身意)の窓口があり、そこから入力される外部の刺激が識に変わり判断します。少し視点を狭めて見ましょう「チーム・手」にも、神経(意根)だけですが、窓口はあります。

138 :けちゃっぷ:04/09/14 18:42:18 ID:ClczVy0V
逆に視点を広げて「チーム・家族」という名の単位で見ると、家族には父母兄弟などの窓口があり、各窓口からの情報入力で、家族単位の行動を意志決定しています。名前の数だけ存在があり、意識・心があります

139 :名無しさん@3周年:04/09/14 18:52:18 ID:N32DanVj
>>133 成る程。しかし意味はやはり違うだろう(とお坊さんは主張
するに違いない)。
これは個人的な考えに過ぎないが、「施餓鬼をしないと不幸がある
ゾ」という教義が伝統仏教教義の中に見出せないというということ
が、小生の中で許容ギリギリのボーダーラインとしてある。田舎の
おじいさんおばあんに聞けば大抵「施餓鬼が何のことやらお寺さん
から聞いた覚えが歩けど忘れた。だけどわしらは昔からずっーとこ
うしておるし、わしらはそれでいいんよ」とかいう答えが返ってく
るのではないかな。学問とは遠く離れた民俗の心情の相違といって
もよいだろう。

140 :けちゃっぷ:04/09/14 18:53:21 ID:ClczVy0V
もっともって視点を広げてみましょう。チーム人類、チーム生態系、チーム地球、チーム銀河、チーム時空、チーム大日如来。おめでとうございます。僕もあなたも、如来の指先だった。如来の心は、智慧と慈悲。

141 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 18:56:55 ID:20J+JUu/
六根は、関係性においてあるなり。
生死は一如なれど、また無常にして関係性もこの理にそうらえ。
関係はいつか消えるも世界の理。
これを世俗では死といふ。

つまりは、生死はあらざるにして、あるは関係性ひとつにそうらえ。
これを名づくは不一不二。


142 :117:04/09/14 18:59:02 ID:24rYSbWt
>>133
そうですね。習慣になっている場合、誰もがやっているという部分がカルト
として馴染みにくい。カルトは、「秘法」という名目で、被害者にいかにも
得させたような錯覚を作るのが常套手段。詐欺というのは、宗教に限らず
そうものでしょう。常識で考えたら、そんなうまい話などあるわけないのに、
「欲」につけこまれて簡単に騙される。

143 :名無しさん@3周年:04/09/14 19:06:07 ID:kOG+nKEP
近く確実逮捕の鈴木の犯罪グループ2CH太郎のIP
IPアドレス割当国 日本 (JP)  
都道府県 東京都 接続回線 xDSL
IPアドレス: 219.3.162.167 
ホスト名:YahooBB219003162167.bbtec.net


144 :名無しさん@3周年:04/09/14 19:08:51 ID:kOG+nKEP
警察の捜査せまる!!机龍之介 ◆8Z1PfzdK1のハンドルネームを
使用していた人間はすべて重要参考人
IP開示を2ちゃんねるに求め、その中から確実逮捕者がでる1!
────────────────────────────────
42 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/06 22:29 ID:1Cph9ca9
>>39 あなたは、ずいぶん痛い人だね。ネットとか操作できるのだから
馬鹿じゃないんだろうけど。あなたより頭が悪い人間でも、マルチの嘘は見抜ける。
100人いたら99人は見抜けるかとおもうよ。残りの一人だけ引っかかる。
この引っかかる。って人は馬鹿ではないんだろうけど、いわゆる世間では
「お人よし」って言われてる人だよ。資本主義ってのは、どんな理由にせよ
【金を握った】方が有利。このことをよく知ってれば・・・・世間は上手に生きてい
ける。

>騙そうと思っていろんな準備して、
>寸前にばれるのは、もっと馬鹿だということ(w

会社で言えば計画倒産だから、当然、一番美味しいとこで倒産させるのが
賢いやりかただよ。いわゆる短期勝負。投資して・・・寸前に倒産させれば、
投資した金はまるっきり自分のものになる。そこが資本主義だよ。
資本主義は投資によって成立つシステムだから。投資される側(資本家)は
優遇されるように最初からそういうシステムになっている。
つまり貴方が勘違いしてるのは、投資をする。ってことは貴方は
資本家側で、経営陣なんだよ。もし会社が倒産したら、文句を言える立場じゃない。


145 :恐るべし計画的倒産への証言:04/09/14 19:12:05 ID:kOG+nKEP
会社で言えば計画倒産だから、当然、一番美味しいとこで倒産させる
のが賢いやりかただよ。いわゆる短期勝負。投資して・・・寸前に
倒産させれば、投資した金はまるっきり自分のものになる。
会社で言えば計画倒産だから、当然、一番美味しいとこで倒産させる
のが賢いやりかただよ。いわゆる短期勝負。投資して・・・寸前に
倒産させれば、投資した金はまるっきり自分のものになる。
会社で言えば計画倒産だから、当然、一番美味しいとこで倒産させる
のが賢いやりかただよ。いわゆる短期勝負。投資して・・・寸前に
倒産させれば、投資した金はまるっきり自分のものになる。
会社で言えば計画倒産だから、当然、一番美味しいとこで倒産させる
のが賢いやりかただよ。いわゆる短期勝負。投資して・・・寸前に
倒産させれば、投資した金はまるっきり自分のものになる。
会社で言えば計画倒産だから、当然、一番美味しいとこで倒産させる
のが賢いやりかただよ。いわゆる短期勝負。投資して・・・寸前に
倒産させれば、投資した金はまるっきり自分のものになる。



146 :恐るべし計画的倒産への証言:04/09/14 19:13:54 ID:kOG+nKEP
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394

>>34 は、鈴木の共犯者

いろんな多くのMLで、鈴木・公一の詐欺の話題が、
有名になってます。




147 :恐るべし計画的倒産への証言:04/09/14 19:16:48 ID:kOG+nKEP
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50

すずき こういち が通報されるのは、もはや時間の問題か!!

148 :警察:04/09/14 19:23:09 ID:kOG+nKEP
2ちゃんねるに過去半年間の机龍之介 ◆8Z1PfzdK1IPログ開示を命ずる
2ちゃんねるに過去半年間の机龍之介 ◆8Z1PfzdK1IPログ開示を命ずる
2ちゃんねるに過去半年間の机龍之介 ◆8Z1PfzdK1IPログ開示を命ずる
2ちゃんねるに過去半年間の机龍之介 ◆8Z1PfzdK1IPログ開示を命ずる
2ちゃんねるに過去半年間の机龍之介 ◆8Z1PfzdK1IPログ開示を命ずる
2ちゃんねるに過去半年間の机龍之介 ◆8Z1PfzdK1IPログ開示を命ずる

149 :名無しさん@3周年:04/09/14 19:24:49 ID:kOG+nKEP
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1逮捕確実w

150 :名無しさん@3周年:04/09/14 19:26:37 ID:1+s4x8Jo
しかしコイツの荒らし方はすごいねえ。
しつこいったらありゃしねえ。
削除依頼も出てるっていうのに、
削除人は手を出せないのか?

151 ::04/09/14 19:42:55 ID:lK0YtEHY
>>112 さん、続きですけど。
タンハー=渇愛ということで
【十二因縁】[無明・行・識・名色・六入・触・受・愛・取・有・生・老死]
上記の「愛・取」のあたりかなと思いました。
ぱらぱらとHPをめくっていると渇愛が輪廻の主体と書いている所もありますね。


152 ::04/09/14 19:46:01 ID:lK0YtEHY
>>116 さん、
>だから、あなたの説は自己矛盾しているの。
>無明が条件によってあったりなかったりするのなら、必ず輪廻転生する
>とは言えなくなる。「条件次第で、輪廻転生する場合もある」というしかないでしょう?

無明が無ければ、涅槃を得て、如来だから、輪廻はしない。

無明があれば、というか、無明のある限り人は輪廻する。


153 :116:04/09/14 19:48:51 ID:24rYSbWt
>>152
は?
まだ気づいてないの?

無明が常住である(アートマン)--> 人は必ず輪廻転生する

無明は常住ではない(空である)--> 人は必ずしも輪廻転生しない

154 ::04/09/14 19:49:06 ID:lK0YtEHY
>>117
>1さんの発想は、無明=タンハーを「不成仏霊」だと決め付ける、

【十二因縁】[無明・行・識・名色・六入・触・受・愛・取・有・生・老死]

無明は無明、渇愛はたぶん愛と取、
輪廻する主体は「行・識・名色・六入・触・受・愛・取・有・(生)」
これは私の自説です。

155 ::04/09/14 19:50:32 ID:lK0YtEHY
>>118 脳は演算装置に過ぎないですよ。
脳はコンピューターなの。それを使っているのはあなたの「こころ」。

156 ::04/09/14 19:53:49 ID:lK0YtEHY
>>118

>>115 の補足ですけど。〜をテーマに作文を書くとする。
何も書けなくてうんぬんうなる。苦しんでいるうちにこころに「!」
(ひらめき)が来るんですね。それはまだ文章にもなっていない。

「!」(ひらめき)←これを文章にしてくれるのが脳という演算装置です。

実際このコメントだって文章化されていたわけじゃない。
「それ」を書こうと思っただけ。「それ」を文章化するとこのコメントだっ
たのです。

157 :名無しさん@3周年:04/09/14 19:56:09 ID:Qo+JmGcl
>>129
脊髄も神経系の一部です。いずれにしても、肉体の作用であることに違い在りません。
そもそも、「心」が肉体から生じるものであったら何故不都合なのですか。科学の
発達を無視することは、先人の努力に対する大いなる忘恩の行為です。
人間は、肉体によって他者に認識可能だから、「存在」すると言えるのです。「我思う」
だけで、肉体により他者に認識されなければ、「我」は「存在」しません。それはユー
レイです。
釈迦もキリストも肉体を持っていたからこそ、他者が認識でき、その教えが聞けたの
です。おまけにキリストは「肉体を持って」復活しました。

158 :名無しさん@3周年:04/09/14 19:57:56 ID:24rYSbWt
>おまけにキリストは「肉体を持って」復活しました。

味噌汁で顔洗って、出直して来い。

159 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 20:00:54 ID:20J+JUu/
>>152
>無明が無ければ、涅槃を得て、如来だから、輪廻はしない。

>無明があれば、というか、無明のある限り人は輪廻する。

空性は、如来か?如来にあらざるか?
この分別なきを仏の智恵といふ。

世界は、鏡のごとしに一寸1分の狂いもなく静寂なり。
乱るるは、己の心ひとつだけ。

この心を無明といふ。




160 ::04/09/14 20:02:35 ID:lK0YtEHY
>>120 禅などでも「父母未生以前のおまえは」と聞かれるでしょう。
それは肉体を離れたおまえは誰だと問われているのです。
また五蘊といえば「色 受 想 行 識」です。
色は物質ですから。脳は「色」ですね。「受 想 行 識」は色=物質では
ありません。

十無記
世界は常住であるかどうか。
世界は無常であるかどうか。
世界は有限であるかどうか。
世界は無限であるかどうか。
霊魂と身体は同一であるかどうか。
霊魂と身体は別異であるかどうか。
完全な人格者は死後に存在するかどうか。
完全な人格者は死後に存在しないかどうか。
完全な人格者は死後に存在し,かつ,存在しないのかどうか。
完全な人格者は死後に存在するのでもなく,存在しないのでもないのかどうか。

*********
霊魂と身体は同一であるかどうか。
霊魂と身体は別異であるかどうか。

仏教では霊魂があるかないかは問題ではなく、
脳は「色」ですね。「受 想 行 識」は色=物質ではないもの、
個人の肉体と霊魂(こころ)が同一かのか別異なのかがテーマなのです。
(それは回答されないテーマではありますが)



161 ::04/09/14 20:06:16 ID:lK0YtEHY
>>122
>無明=タンハー

↑この間違った前提で、あなたの主張は全く意味をなさなく
なっているのです。何を主張されているのかさえ私には分からないくらい。

もう一度無明は無明、渇愛は愛・取であると認識しなおして、論を立てて
見てください。

162 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/14 20:07:32 ID:1+s4x8Jo
>>159
空ならざるものが如来じゃないのですか。
空でないものは縁起されたものじゃない。
すなわち無自性ではない。
他に依存しない独一不二の存在。すなわち如来(=覚体)。

横レスすいません。

163 ::04/09/14 20:12:31 ID:lK0YtEHY
>>126 けちゃっぷさん、
十無記
世界は常住であるかどうか。
世界は無常であるかどうか。
世界は有限であるかどうか。
世界は無限であるかどうか。
霊魂と身体は同一であるかどうか。
霊魂と身体は別異であるかどうか。
完全な人格者は死後に存在するかどうか。
完全な人格者は死後に存在しないかどうか。
完全な人格者は死後に存在し,かつ,存在しないのかどうか。
完全な人格者は死後に存在するのでもなく,存在しないのでもないのかどうか。

(特に)
霊魂と身体は同一であるかどうか。
霊魂と身体は別異であるかどうか。
このテーマにも通ずる問題ですね。もしも同一設問であれば、回答不能
ということになりますが。



164 ::04/09/14 20:15:17 ID:lK0YtEHY
>>128 金銀さん、古文は苦手で。

生死一如、心身一如

「一如」というと詳しくはどういう意味ですか。同一じゃないですよね?

「調ひて」←この字が読めないのですが。教えて下され。

       <横レス・スマソ>  



165 :ID:1+s4x8Jo:04/09/14 20:21:32 ID:sQm+Mqja
738 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 04/09/14 19:07:34 ID:1+s4x8Jo
くろしろはハルカとか机とかが相手じゃないと
おもろうないねえ。
けっこうくろしろのキレる反応って好きなんだけどな。

166 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 20:21:55 ID:20J+JUu/
>>162
例えば「宇宙に遍満する如来」という意味でしたら。
そこに対象化されるものが何にもないですね。
対象化されなけりゃ・・如来という意味も消失します。

禅では如来ではなく「仏性」という言い方をしますが・・・
「仏性」は対象化されません(山川草木悉有仏性・一切衆生悉有仏性 )。
対象化されないものは有であっても無と同じです。
有無の相対がなきを→空。
即心即仏と非心非仏は同義。

>空ならざるものが如来じゃないのですか。

空ならざるものはないですね。空は有無の相対はないですから。
あっても、なくても、空。

>他に依存しない独一不二の存在。すなわち如来(=覚体)。

なるほど。これは如来蔵思想の奥底ですかね?
勉強になります。


167 ::04/09/14 20:24:46 ID:lK0YtEHY
>>131 記憶は多分ニューロンのネットワーク構築だから、細胞内には
入らないですよ。中学の理科で習ったけど、細胞内の記憶装置は細胞核
内のDNAとミトコンドリア内のRNAしかなかったはずです。
(ミトコンドリア内もDNAだったかしら?)。
ミトコンドリアの遺伝子は全人類が同一なんですね。4000年?前の
発掘された人類(女性でイブと名づけられた)と全く一緒なんです。なぜ
ならミトコンドリア内の遺伝子は交配によって、、以下略。

↑以上は、某大学の英語の入試問題の長文読解で読みました。

交配によって変化するということも無く、、

168 :キャンタマ銀之助:04/09/14 20:25:34 ID:kOG+nKEP
必死だな( ´,_ゝ`)金玉くん

169 :机龍之介 ◇8Z1PfzdK1タイーホ確実証拠(爆):04/09/14 20:27:03 ID:kOG+nKEP
■恐るべき、鈴 木公・一の「八 葉物流事件」の模倣計画爆弾発言■

鈴木・公一の仲間のIP IPアドレス: 2 1 9 .3 .1 6 2.167 
ホスト名:Y ah ooB B21 9 00 31621 67 .bb tec.net 
IPアドレス割当国 日本 (JP)  都道府県 東京都 接続回線 xD SL
鈴木の住所 北海道 札幌市 手稲区 前田9条12丁目4−15
八 葉 物流詐欺事件<資料>(2ちゃんねるにリンク規制されてるので、
黒丸●を消してお読みください。よほど2チャンネル側でも、HPを
見られたくないのでしょう。http://www.t●oride.or●g/study/e222.●htm


170 ::04/09/14 20:27:50 ID:lK0YtEHY
>>135 それはただの電気的現象です。中学の理科の実験で
蛙を使ってやったじゃないですか。電線が知覚神経→脊髄→運動神経
とつながっているだけですよ。

171 :机龍之介 ◇8Z1PfzdK1タイーホ確実証拠(爆):04/09/14 20:28:30 ID:kOG+nKEP
確実タイーホの証拠スレ
────────────────────────────────

42 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/06 22:29 ID:1Cph9ca9
>>39 あなたは、ずいぶん痛い人だね。ネットとか操作できるのだから
馬鹿じゃないんだろうけど。あなたより頭が悪い人間でも、マルチの嘘は見抜ける。
100人いたら99人は見抜けるかとおもうよ。残りの一人だけ引っかかる。
この引っかかる。って人は馬鹿ではないんだろうけど、いわゆる世間では
「お人よし」って言われてる人だよ。資本主義ってのは、どんな理由にせよ
【金を握った】方が有利。このことをよく知ってれば・・・・世間は上手に生きてい
ける。

>騙そうと思っていろんな準備して、寸前にばれるのは、もっと馬鹿だということ
(w

会社で言えば計画倒産だから、当然、一番美味しいとこで倒産させるのが
賢いやりかただよ。いわゆる短期勝負。投資して・・・寸前に倒産させれば、
投資した金はまるっきり自分のものになる。そこが資本主義だよ。
資本主義は投資によって成立つシステムだから。投資される側(資本家)は
優遇されるように最初からそういうシステムになっている。
つまり貴方が勘違いしてるのは、投資をする。ってことは貴方は
資本家側で、経営陣なんだよ。もし会社が倒産したら、文句を言える立場じゃない。


172 ::04/09/14 20:30:12 ID:lK0YtEHY
>>137 けちゃっぷさん、
私は六根、六入(六識はもちろん) それ自体も心の領域だと考えていますよ。

なぜなら、、(ちょっと詰めが甘いので)略。。

173 :机龍之介 ◇8Z1PfzdK1タイーホ確実証拠(爆):04/09/14 20:31:59 ID:kOG+nKEP
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1通報されるのも時間の問題
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1通報されるのも時間の問題
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1通報されるのも時間の問題

http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/manage/1094976020/l50

174 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 20:33:03 ID:20J+JUu/
>>164
>「一如」というと詳しくはどういう意味ですか。同一じゃないですよね

もともとないから一如と言うとるんです。
ないもんを貴殿が分裂した概念で考えるから迷うてしまうんです。
迷いは己の頭の分裂(これを二分割)。
分割せざる、本来のありようをこれ一如(分割なし)と言うております。

>「調ひて」←この字が読めないのですが。教えて下され。

これを現代文に直しますと、「調う」ですね。
いやぁ〜〜仏教は奥が深いです。

175 :名無しさん@3周年:04/09/14 20:36:13 ID:Qo+JmGcl
金玉先生、またカルトが騒ぎだしましたね。金玉先生の逮捕より前に、1さんと
けちゃっぷさんが逮捕されますよ。

176 :机龍之介 ◇8Z1PfzdK1タイーホ確実:04/09/14 20:36:21 ID:kOG+nKEP
なかなか元気ですなぁ( ´,_ゝ`)机龍之介 ◆8Z1PfzdK1くん
また遊びにくるよ

177 ::04/09/14 20:36:56 ID:lK0YtEHY
>>153 般若心経ですけど

是故空中  無色 無受想行識、、、、、無無明、、無無明尽、、、

空なれば、無明も無明が尽きることも無し、、

無明の属性は「空」(条件によって生じ滅し存在し存在しない)なんですよ。

したがって、
>無明が常住である(アートマン)--> 人は必ず輪廻転生する
これはありえません。

>無明は常住ではない(空である)--> 人は必ずしも輪廻転生しない
この場合は、無明がある(ひと)=輪廻する 無明が無い(如来)=輪廻しない



178 :机龍之介 ◇8Z1PfzdK1タイーホ確実:04/09/14 20:38:36 ID:kOG+nKEP
ところで、お前、マジで忠告するが、
こんなスレえんえんと書いて面白いのか?

そぼくな疑問だ。1レス100円の仕事がんばってくれ

179 ::04/09/14 20:40:53 ID:lK0YtEHY
>>157 さん

>そもそも、「心」が肉体から生じるものであったら何故不都合なのですか。

別に不都合でもなんでも無いんですが、有機物質や無機物質を組み合わせて
「こころ」が合成できるものでしょうか。
「愛や恐怖や不幸や幸せや楽しみや欲望」は物質から生まれるものですか?


180 :116:04/09/14 20:42:07 ID:24rYSbWt
>>177

あなた、そんなに輪廻転生が好きなら、「あぼ〜ん宗」へ入信したら
いかが?きっと気に入ると思いますよ。

181 ::04/09/14 20:43:13 ID:lK0YtEHY
>>157 身体が破れて、肉体を持って復活するまでのイエスは、
どのような状態でどこに居られたのですか?
その肉体を持たないイエスは何とお呼びすれば良いのですか?

182 ::04/09/14 20:47:23 ID:lK0YtEHY
>>159 金銀さん、無明って何ですかねえ。

地上・天上の物を見て「〜って良いなあ」と思う事だと想ったんですよ。

「人生って良いなあ」と思ったから、いずれ老死でべっちゃんこに潰されて
しまうのが分かってて、のこのここの世に生まれてきたんですよね。

私は甘党なので、フルーツパフェなんかにも無明ですよ。

183 :名無しさん@3周年:04/09/14 20:53:51 ID:uHKGNtMR
奥が深いのは人間の方ですよ。

184 :名無しさん@3周年:04/09/14 20:54:27 ID:Qo+JmGcl
>>179
>「愛や恐怖や不幸や幸せや楽しみや欲望」は物質から生まれるものですか?

脳科学の発達によれば、どうもそうらしいですね。それが「自然の摂理」と
いうものです。何故そうなったのかは、いくら考えても人間には判りません。

それよりも、「考えても無駄なことは考えるな」というのが、釈迦の教えでは
ないのですか。

185 ::04/09/14 20:54:54 ID:lK0YtEHY
>>174 totonohu ですね。調う←変換できました。サンクス。

一如というのは、同一ではなく、同一別異無記という意味ですね。
良く分かりました。ありがとうございました。

(無記)
霊魂と身体は同一であるかどうか。
霊魂と身体は別異であるかどうか。

これが「心身一如」ですね。


186 ::04/09/14 20:56:42 ID:lK0YtEHY
>>184 私が読んだ本では(ブルーバックス程度ですが)、
ノーベル賞級の科学者は人工生命には否定的ですよ。

187 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 20:58:35 ID:20J+JUu/
>>182
>金銀さん、無明って何ですかねえ。

ついに仏教の核心のとこを突いてきましたね。
おそれいります。
この疑をもつことが大事。

では、僭越ながらこの金玉が答えます。
>人生って良いなあ」と思ったから、
>いずれ老死でべっちゃんこに潰されて

この前者と後者は同じことなんですよ。
「良いなあ」と「老死でぺちゃんこ」。
これに喜怒哀楽の我見を挿入しちゃうのを無明という。
世界はもっとシンプルな相をしている。


188 ::04/09/14 20:59:09 ID:lK0YtEHY
>>184 それに、一卵性双生児の自己不同一がどうしても
科学的に解明できなくて、[meme] ミーム(文化的遺伝子)
なんて(馬鹿な?)物を発明していますもんね。
でもこの馬鹿なものでノーベル賞が取れるんだから!!

189 ::04/09/14 21:00:19 ID:lK0YtEHY
>>187 金銀サラダには必ず蒟蒻が入っていますね!

190 ::04/09/14 21:05:05 ID:lK0YtEHY
>>184 もう少し詳しく言うと、あなたの体細胞を一個取ってくる。
それを二つに割ってクローン人間を二人作る。この二人が別人格
なんですよ。これが科学では理解できない。meme が別人格を作る
というわけです。
meme が正しければ、たとえば、分かれ道でA路を取るかB路を取
るかで私は別人になるわけですね。私の中には無限の別人格が
内包されているということになる。こんな馬鹿なことはありません。

191 ::04/09/14 21:06:06 ID:lK0YtEHY
>>187 私は蒟蒻に足を取られて、、、、

192 ::04/09/14 21:10:01 ID:lK0YtEHY
>>184 さん
>それよりも、「考えても無駄なことは考えるな」というのが、釈迦の教えでは
>ないのですか。

そんなことは無いです。ホモサピエンスの理解を超えているが故に考えるな、
とされている事項は。十難無記(十無記)と言って以下の項目だけです。
明確に規定されているんです。

十無記
世界は常住であるかどうか。
世界は無常であるかどうか。
世界は有限であるかどうか。
世界は無限であるかどうか。
霊魂と身体は同一であるかどうか。
霊魂と身体は別異であるかどうか。
完全な人格者は死後に存在するかどうか。
完全な人格者は死後に存在しないかどうか。
完全な人格者は死後に存在し,かつ,存在しないのかどうか。
完全な人格者は死後に存在するのでもなく,存在しないのでもないのかどうか。

イエスは世界は永遠で無限だと言いきっちゃったのですか?


193 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 21:10:15 ID:20J+JUu/
>>183
>奥が深いのは人間の方ですよ。

なるほど。そうかもしれませんね。
>>185
>霊魂と身体は同一であるかどうか。
>霊魂と身体は別異であるかどうか。

>これが「心身一如」ですね。

そうじゃなくて、心は身を離れてはない。身は心を離れてはない。
心と身はふたつなれど、ふたつも一つを離れてはありえない。
ふたつであってもひとつなり。
これを一如。
本来は一如(空)であり、ふたつなるは世俗の相(色)にてそうらえ。
これを般若では色即是空と申しております。


194 ::04/09/14 21:11:09 ID:lK0YtEHY
>>190 補足;二つのクローンは物質的には全く同じはずですね。

195 ::04/09/14 21:12:04 ID:lK0YtEHY
>>193 じゃあ金銀さんは仏陀を超えた!?

196 ::04/09/14 21:14:23 ID:lK0YtEHY
>>193
禅者というのは易しいことを難しく言い換える
蒟蒻製造業者ですか?バシ〜〜〜!! (←座禅の棒の叩打のつもり)

197 :けちゃっぷ:04/09/14 21:15:35 ID:ClczVy0V
>157 心が肉体から生じるということを否定するために言ったんじゃないんです。脳(だけ)の心が果たして人間の心じゃなく、脳プラス全肉体のネットワークで、はじめて今の自分の心ではないでしょうか?

198 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:18:13 ID:24rYSbWt
>>192
>ホモサピエンスの理解を超えているが故に考えるな、
>とされている事項は。十難無記(十無記)と言って以下の項目だけです。
>明確に規定されているんです。

そういうところが、あなたがカルト向きってところ。
十無記など、屁理屈好きの上座部の坊主が寄ってたかってでっちあげたもので、
仏説でもなんでもない。あなた、お目出度すぎだ。w

カントは、以下のような「無機」を指摘しているぞ。

定立:時間・空間は有限である.
反定立:時間・空間は無限である.

定立:世界にはそれ以上分けられない単純な部分がある.
反定立:世界にはそれ以上分けられない単純な部分がない.

定立:世界には自然の法則に従う現象ばかりではなく,自由に基づく現象がある.
反定立:世界には自然法則に従う現象しかない.

定立:この世界には必然的な存在がある.
反定立:この世界には必然的な存在はいない.


199 ::04/09/14 21:19:00 ID:lK0YtEHY
>>187 まじめにやります。

>この前者と後者は同じことなんですよ。
>「良いなあ」と「老死でぺちゃんこ」。
>これに喜怒哀楽の我見を挿入しちゃうのを無明という。

うん、なかなか。その通りだと思う。
無明だから挿入しちゃうんだろけど。

200 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:19:11 ID:NNL+G8dr
>>69
あんた、あほか。経典には神霊のことも書いてあると言ってるだろ。
本当にバカだね。

201 :けちゃっぷ:04/09/14 21:20:06 ID:ClczVy0V
1さん、脳とその端末である神経で一応モニターできるから、身体は我が所有物と思い込んでしまう。それが無明の始まりでは?神経的情報以外でも、あらゆる縁の交流で、宇宙すべてが端末ともいえるのに。

202 ::04/09/14 21:22:17 ID:lK0YtEHY
>>198 さん、貫と歯読んだことが無いけど

203 :198:04/09/14 21:25:43 ID:24rYSbWt
そうだろう。「名著」と呼ばれているものは、一通り読んでおくもの
だぜ。しっかり読めば、アブダルマなんてDQNものが、仏説なわけがない
ことなど立ちどころにわかるはずだからな。

あなたは、思想の分野であまりに初心だ。そんな香具師が、アビダルマ
なんて毒物に手を出しちゃいけねえ。せいぜい、法句経くらいにしておきな。

204 ::04/09/14 21:25:48 ID:lK0YtEHY
↑送信ミスです。

205 :けちゃっぷ:04/09/14 21:27:20 ID:ClczVy0V
一度台風に注目してしまう(これが無明)と、「台風が」動いてるように見える。やがて「台風が」「熱帯低気圧に」「変わった(転生)」と見える。天気はずっと変わり続けてるのに、今さら「変わった」だと?…観察者が名前を「変えた」だけ。

206 ::04/09/14 21:30:34 ID:lK0YtEHY
>>198 さん、カントは読んだことが無いけど。

時間空間の有限無限は       無記
それ以上分けられない単純な部分は 無い
自由に基づく現象は        有る
必然的な存在は          有る

こう言う感じだと思うんですが。

207 :けちゃっぷ:04/09/14 21:30:39 ID:ClczVy0V
「今回の台風は大きい」とか言うけど、はじめから大気はつながってるんだから、地球全体が大きな一個の台風。なぜ一度切り取ってから、切り取られたモノの所有物・テリトリーを拡大したがるのか?無我=大我

208 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 21:32:35 ID:20J+JUu/
>>199
眼は横で、鼻は縦についている。
だけど美人か?ブスか?で人は迷うてしまう。

これも輪廻で迷う相と同じなり。
輪廻は、美人か?ブスか?・・・この意の消失こそ悟りなり。

     <こんぎょく・押印>

209 :198:04/09/14 21:34:49 ID:24rYSbWt
>>206
全然違うな。
カントが発見したこととは、>>198の4種類の「定立」と「反定立」とは、人間の
理性で考える限り、いくら議論を重ねても決着がつかないということだ。
人間の理性の限界を超えた問題が、世の中にはあるってことだ。

興味があるのなら、一度読んでみたら?
http://www.geocities.jp/enten_eller1120/modern/ikant.html

どこの馬の骨が書いたかわからない「仏典」を、仏説とありがたがって読む
よりもためになるぜ。

210 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/14 21:34:52 ID:20J+JUu/
>>206
>時間空間の有限無限は

時空一如なんですが・・・
まあ、これは相当なアカデミックな話になりますね。
いずれはこのような話もしてみようか。とは思ってますね。

211 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:36:33 ID:b/xkVXG4
>>205 207
でも、台風が来れば避難するよなー。
名前を変えた、とは言えるが、*だけ*とは言えない。


212 ::04/09/14 21:39:16 ID:lK0YtEHY
>>209 3.4はあまりにも簡単な命題だ。2はちょっと迷ったが。
専門が物理なら迷わなかったと思うけど。物理は高校以来やって
ないから。

213 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:39:38 ID:b/xkVXG4
お釈迦様の時代なら、王の生活を捨て、森の中で生きる事も同じ価値
だったんだろう。
そう思うが、今は森の中で生きることは無理なんだよね。

仏教の流れとして森には所有者が居る事が間違いだろうとて、
森には所有者が居てる。

なんでこんな世の中になったのかと言えば、当然そうなると、
お釈迦様も言ってる。


214 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:40:58 ID:24rYSbWt
>>211

そのとおり。台風で自分の親しい人が死んだら、当然に腹が立つ。
しかし、「台風のやろう、出てこい」と腕まくりし、拳を振り上げたとしても、
振り下ろし先がないんだよね。そのときに「空」に気づく。やがて、諦めるしか
ないということがわかってきて、怒りもおさまる。

215 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:41:13 ID:bOW6Yuzp
>>142
私は誰も当たり前のこととしてやっていること(宗教・信仰)も、カルトも、
結局人間の無知につけこんで集金しているという点で、変わらないと思う。
伝統宗教の場合は、恐喝、脅迫、暴力がないというだけ。この点は大きいが、
しかしどちらも人を常習的に盲目状態にしているのだから罪は大きいと思う。

真理とは、経典に書かれている文言のことではなかろう。
先入観、我見を持たず、誰もが当たり前のこととしてやってることにさえ
それを無意識に当たり前のこととして受け取らず、その構造の一切に疑いの
目を向けて、一体何が行われているのか、人々の動機、目的をつぶさに
調べ上げて観察して、あるがままを見ることではないか。
そのような真理に無知のつけこむ隙間はないのである。

216 ::04/09/14 21:43:51 ID:lK0YtEHY
>>209 西洋哲学には、どうしても興味が起きなくて。
「表現難解、内容幼稚」に時間をかけたくない。仏教の専門家なら
そんなことは言ってられない。西洋人やクリスチャンともディスカッション
する必要があるから。
でも、素人は嗜好のままに本を読むのさ(と開き直る)。
だって理解するにはとりあえずジャーゴン(専門用語)を理解しないと
いけないしね。

と西洋哲学・文学無知の言い訳でした。ご親切感謝いたします。

217 :198:04/09/14 21:46:21 ID:24rYSbWt
>>216

マジレスするが、絶対にカルトには行くなよ。
あなたは、一旦カルトに入ったら、永遠に出てこれない気がする。
不用意に、危険地帯を歩き回るんじゃねえよ。

218 :けちゃっぷ:04/09/14 21:49:13 ID:ClczVy0V
>211 雨風から逃げるのです。台風から逃げると言う心(分別)が、差別の始まりです。犯罪を嫌うのを犯罪者を嫌う、病気を避けるのを病人を避ける、という差別になります。

219 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:50:37 ID:b/xkVXG4
>>214
それって変だよね。
>当然に腹が立つ。

この感覚がおいらには、生まれながらに希薄なんだよなー。
台風が来たら逃げる。逃げそこなったら死ぬ。それで良いじゃん。
なんで宗教が必要?

220 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:53:47 ID:24rYSbWt
>>219

うん。日本人は天災なれしているからな。台風じゃダメからもしれない。

では、出会いがしらに車同士が衝突したら?相手の車に憎しみを感じないかい?
「このやろう、なんで俺の車の前へ飛び出しやがったんだ」って。

221 :けちゃっぷ:04/09/14 21:54:08 ID:ClczVy0V
風邪に感染して家族が死んだら、ウイルスに復讐しますか?風邪をうつした人を殺せと思いますか?一方、犯罪の被害者家族は、なぜ犯罪者を憎むのか?そこに分別が、無明があります。

222 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:54:15 ID:6vf2fdCU
>>213
「わたしには子がある。わたしには財がある」と思って愚かな者は悩む。

  財が多くて幸せというものではないと、人々に教えようとしたんじゃないの。


223 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:55:13 ID:N32DanVj
再び、三宝ーブッダ・ダルマ・サンガとは何ぞや?帰依とは何ぞや?


224 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:57:57 ID:b/xkVXG4
>>211
それも言葉変えただけと思うなー。
今年の新潟災害を思いだすまでも無く

台風の方が進路予測や被害予測が成り立ち易いから、
台風って名前付けてるんだし。

>>220
腹立つと思う。相手の人間に腹を立てる。車に対しては
腹立てない。

教習所で何を教えるか?
と言えば、車の事故はやってくる物だから、避けろって
事でしょ。ルールは避ける為の一つの手段。

225 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:59:10 ID:24rYSbWt
>>223
それよりも先に、「なぜ、自分はブッダの教えが尊いと考えるのか」という
自己分析が必要だ。
ただ、有名だからとか、皆が尊敬しているから、とかいう理由では、
ブランドものに群がるミーハーと同じだわな。

たとえブッダが皆から蔑まれ、誰にも顧みられることなく見捨てられ
ようと、自分はそれを真理だと確信する、というのが三宝への帰依さ。

226 :けちゃっぷ:04/09/14 21:59:20 ID:ClczVy0V
三宝帰依は、よく「明るく・正しく・仲良く」と言われます。僕は他力念仏的に、「だいじょうぶ・あるがまま・おたがいさま」とも言います。

227 :名無しさん@3周年:04/09/14 21:59:35 ID:eM20r6TS
> 台風が来たら逃げる。逃げそこなったら死ぬ。それで良いじゃん。
>なんで宗教が必要?

もっとパターンがあるよね。

逃げ損なって、とんできたガラスが目にささって失明
しそうになって苦しんだ
とか、
台風で身内が入院したとか
自分が入院することになって仕事が出来ない状態になるとか。

苦しみを感じる 葛藤する。
救いを求めて宗教に走る。

宗教って必要じゃん。

228 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:00:00 ID:b/xkVXG4
>>221
だから、おいらが坊主や宗教に腹立ててる気持ちも
納得して貰えると思う。

そしてこの気持ちを無くせば幸せと言うなら、
坊主が実践してみろと言いたい。

229 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:02:49 ID:b/xkVXG4
>>227
>苦しみを感じる 葛藤する。
>救いを求めて宗教に走る。

でも救わないんだよね。だから宗教って嫌い。
高度医療の方がなんぼかマシ。


230 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:06:46 ID:24rYSbWt
>>220
ところがだな、よく考えたら、2台の車が偶然に同じ時間に出くわした
だけなんだよ。避けられる事故ばかりじゃないよ。相手だって、きっと
同じ言い分があるだろうよ。「このやろう、なんで俺の車の前へ飛び
出しやがったんだ」って。

だから、事故の原因を細かく突き詰めていくと、原因そのものは消えちまう
んだな。極端な例だけど、酔っ払って前後不覚の状態で暴走する車が走って
きたとしても、単独では事故は起こらない。そこへ「たまたま」通行人が通り
かかった時に事故は発生する。「なんで酒飲んで運転するんだ」という
文句は正統だけど、「なんで、たまたま俺の車の前を歩いていたんだ」
という三分の理は認めざるをえない。有神論ならば、「神様が悪い」という
ことになるかもしれないが、仏教の場合は「空」ということに落ち着いて、
結局は諦めざるをえない。

231 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:07:09 ID:jllqDYne
三宝などと自分で言うなといいたい。

232 ::04/09/14 22:07:13 ID:lK0YtEHY
>>217 >>203 教師には「古典を読め」と口をすっぱくして言われた。
でも興味が起きない。興味が起きるのは簡単な仏教書ばかり。すまぬ。

カルトは仏法僧を忘れたときに発生すると思う。それと「小乗」も
怖い。小乗とは財物に興味を持つ在家の者が出家の振りをしたり
あるいは在家なのに(自己判断を誤り)出家の修行をすることです。

*「小乗」の定義は、全く私の新発明。特許申請中です。

もしかしたら、けちゃっぷさんは前者で、金銀さんは後者だったりして。
と、いちおう煽っておきます。

けちゃっぷさん、例えばなしは、よけい分かりにくいと思う。世間受けは
良いみたいだけど。

233 ::04/09/14 22:12:34 ID:lK0YtEHY
>>227 けちゃっぷさん、今日テレビで薬師寺の何とか言うお坊さんが
同じようなことを言っていたよ。結局、通信販売の番組だったけど。
良くあれだけ口当たりの良いことが言えるなあと関心。世間に受けるに
はあれが大事なんだね。
そりゃ当たり前の「良いこと」並べるわけだから誰も表立っては反対
しないよ。「ごもっとも、ごもっとも」と聞いている。でも、心の中では
どうだろう。「で、あなたの実生活はどうなの?」と厳しく
聞いているんだよ。「あなた」ではなく「おまえ」かもしれない。

234 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:13:13 ID:XY1OIot2
「我を捨てて、我見を捨てて、真っ白になって、それを受け入れなさい」

(1)布施をすること
(2)僧侶を尊敬すること
(3)布教をすること

 この三つに従って、僧侶は働きもせず、豊かに暮らせるのである。


この人たちが一番怖い。


235 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:14:03 ID:b/xkVXG4
>>230
>仏教の場合は「空」ということに落ち着いて、結局は諦めざるをえない。

人の世界の場合過失割合に基づいて、結局は諦めざる負えない。
どっちが良いんだろ。
おいらは過失割合(現状問題は多いけど)に基づく社会の方が良いな。



236 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:17:55 ID:24rYSbWt
>>235
賠償問題はね、過失割合で解決するしかないよね。
しかし、自分の親しい人を亡くした場合には、金貰っても恨みは消えないよね。
むしろ、金貰ったら機嫌がよくなったなんて、死んだ人が浮かばれないわな。
そういう時に、仏教は一応の答えを用意して、なぐされてくれるんじゃないかな。
もっとも、「すべては無常だから、諦めろ」というワンパターンの答えだけど。

237 ::04/09/14 22:20:15 ID:lK0YtEHY
無明を断って涅槃を得るには。
ごげぶんけつ 【五下分結】[欲貪・瞋恚・有身見・戒禁取・疑]
ごじょうぶんけつ 【五上分結】[色貪・無色貪・掉挙・慢・無明]

1.仏陀の教法に対する疑いを捨てよ
2.さまざまな信仰を捨てよ(阿弥陀信仰、法華経信仰、キリスト教 などなどなど)
3.我見を捨てよ、我身見を捨てよ
4.瞋恚を納めよ、徐々にでも良いから
5.本能的欲望を押さえよ。徐々にでも良いから。

(ここまでが五下分結)
とりあえずはここまで、頑張ろう!

238 ::04/09/14 22:21:02 ID:lK0YtEHY
ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依法 帰依僧)


239 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:29:37 ID:eM20r6TS
>そりゃ当たり前の「良いこと」並べるわけだから誰も表立っては反対
>しないよ。「ごもっとも、ごもっとも」と聞いている。でも、心の中では
>どうだろう。「で、あなたの実生活はどうなの?」と厳しく
>聞いているんだよ。「あなた」ではなく「おまえ」かもしれない。

ふむふむ。
ちなみに俺は坊主でも けちゃっぷでもありませんが。

ちなみにどういう実生活を坊主に期待するのでしょうか?

240 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:32:27 ID:u0xMWdPQ
結局のところ、自分の信仰が一番と主張するのです。そして、対立が
生まれる。論争を繰り返す。
仏陀が教えを創めたのだから、仏教徒は仏陀に帰依するのがよいと思
うけど、さらにどの経典が一番だとか言い出すとまた対立する。


241 :名無しさん@3周年:04/09/14 22:48:02 ID:eM20r6TS
>でも救わないんだよね。だから宗教って嫌い。
>高度医療の方がなんぼかマシ。
まあ、ケガとか
肉体的なものならそうだが、

精神的な苦しみ、
例えば、好きな人に振られたとか、
金が欲しいのに金がないとか、

将来がなんとなく不安だとか。

そういうのに宗教はあきらめろ って言ってくれるよ。w
あきらめれれば解決するという教えは宗教の面白いところだと思うよ。

242 :kaitabha:04/09/14 22:53:48 ID:N32DanVj
>>226
>それよりも先に、「なぜ、自分はブッダの教えが尊いと考えるのか」という
>自己分析が必要だ。
これには小生も同意。ただ、自己分析は非常に難しい。「無知」がそこに
拍車をかける。自己分析したつもりでも普通は安易な発想で満足する。

>たとえブッダが皆から蔑まれ、誰にも顧みられることなく見捨てられ
>ようと、自分はそれを真理だと確信する、というのが三宝への帰依さ。
共通項としてはそういえるかもしれん。しかしながら三宝帰依というと
きブッダの定義からしてまず人々はバラバラな所からスタートしている。
で、輪廻しないのが如来だ(スレ主)、とか空あらざるものが如来(真言
坊主師)、妄分別を離れれば山川草木悉皆成仏(キンギョク先生)とい
う意見もある。
さて三宝帰依は仏教徒を名乗るに必須の条件だ。三宝のうちブッダとは
固有名詞ではなく普通名詞であって、これが歴史上のゴータマのみをさ
すとすればこのシンボルの元に従わないものは全員輪廻の闇を永遠に彷
徨うという不安を逆手に取る「言い方」も可能である。このことは、一
部の方の言説から危険な匂いがするので敢えて申し上げたいと思った次
第だ。

帰依sharanam gacchamiは字義通り訳せば「わたしは保護処に行きます」
となる。たとえ文の頭にbuddhaを挿入し、それがゴータマを意味すると
しても他を排除するものではないことを心得たい。



243 :名無しさん@3周年:04/09/14 23:00:57 ID:CQFiD3RN
人の意見に惑わされないのが一番だな。

244 :名無しさん@3周年:04/09/14 23:11:22 ID:eM20r6TS
仏陀 ダルマ サンガ

の仏陀は空という見解もあるらしい
固有名詞じゃなくてね。

245 :名無しさん@3周年:04/09/14 23:13:57 ID:b/xkVXG4
>>241
結局諦めろ、なんだから宗教じゃなくても言われるんじゃねーの?
じゃあ宗教が宗教である理由ってのは、なんだろうなぁと思うと、


246 :けちゃっぷ:04/09/14 23:15:15 ID:ClczVy0V
>232 1さん、一般的に小乗仏教というのは、自分の修業や学問ばかりで他人を救い導こうとしない、出家至上主義(在家は悟れない)の仏教を指します。大乗仏教側が批判の意を込めて呼んだ呼び名ですね。

247 :机龍之介 ◇8Z1PfzdK1タイーホ確実:04/09/14 23:20:24 ID:EnnDJWVC
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394
http://www.freeml.com/message/murphy@freeml.com/0003394


248 :机龍之介 ◇8Z1PfzdK1タイーホ確実:04/09/14 23:22:05 ID:EnnDJWVC
いろんなMLで、鈴木・公一の詐欺の噂がしてるよ

249 :けちゃっぷ:04/09/14 23:24:31 ID:ClczVy0V
仏は真理に目覚めた者、法は仏教の真理、僧は仏教教団。
「宗教」は「宗(ムネ)とする教え」。キリスト教みたな「信仰」だけじゃなく、「うちのばあちゃんがこう言ってた」とかも宗教に入るね。

250 :名無しさん@3周年:04/09/14 23:25:46 ID:eM20r6TS
>じゃあ宗教が宗教である理由ってのは、なんだろうなぁと思うと、
簡単には言えんけど

まあ、昔の宗教にはある明確な目的というものがあって、
みんなで集まって宗教的な行事を行う。
豊作祭とか、葬式とか。
縁日なんてのも仏教がからんでるんじゃなかったっけ?
(違ってたらつっこみください)

そいういのをすること(なんでするかはわからんが)
も、目的の1つだと思う。

251 :名無しさん@3周年:04/09/14 23:27:57 ID:vz6m9SlD
仏教は、結局現代の良識かもね。その時代には、現代のような良識がなかった
り。宗教で金儲けと、それなりの地位を望んでいる輩が、とんでもないことを
言い出すようになった。

この本尊を拝めば御利益があると。その寺に行き、説法を聞かないと成仏でき
ないようなものにしてしまい。本当は、そいつらが成仏できないかもしれない。

252 :名無しさん@3周年:04/09/14 23:36:54 ID:eM20r6TS
あと、天皇っているじゃない。
あれって、今でこそ象徴だとか憲法で定められているけど、
昔は最高祭祀実行者 だったわけだよね。
田んぼに水がたりなかったら雨乞いの儀式をするとか。
国の安泰を祈願するとか
持国天、増長天、多門天に祈願奉る。。
なんて

そういった国レベルで自然や神々の支援を得るために
天皇を教祖とした、宗教国だったわけだね。日本って。
信者は国民全員。
天皇が尊敬されるのはそういった習慣の積み重ねなんだろうね。
宗教は生活そのものだったわけだ。

253 :けちゃっぷ:04/09/14 23:37:56 ID:ClczVy0V
大乗の修業者は菩薩。小乗には縁覚(独覚)と声聞の二種類の人がいる。縁覚は誰かに聞いたわけでもなく十二因縁を悟った人(でも他人に教えない)。声聞は僧侶で四諦を悟った人(でも他人を導こうとしない)。

254 :犯罪マルチ詐欺師鈴 木 公 一:04/09/14 23:41:37 ID:EnnDJWVC
今日はなかなかがむばるね。
いつもなら、発狂してスレ削除して逃げるのにw

255 :犯罪マルチ詐欺師鈴 木 公 一:04/09/14 23:46:03 ID:EnnDJWVC
・インターネットの掲示板で「必ず儲かるから、口座にお金を振り込むように」などと
 北海 道県内の 飲食店場経営の男性(41)を、出資法に違反する内容の
 勧誘を行ったとして、北海道県警は8日、詐欺、出資法に違反(預かり金の禁止)
 する疑いで 北海道札幌・市手稲区前田9条・12丁目4−15 自営業、
 鈴・木公¥一容疑者を逮捕した。


256 :犯罪マルチ出資法違反鈴 木 公 一逮捕する。:04/09/14 23:51:34 ID:EnnDJWVC
あれ、やっぱ逃げたのか

257 :けちゃっぷ:04/09/14 23:56:15 ID:ClczVy0V
>225 僕の場合、サンガ(僧・教団)を信じたから仏教を信じたのです。仏教学の先生の授業を聞いて、初めて仏教に納得できました。はじめは空や縁起を信じた。その後、浄土教も教わり、納得しました。

258 :犯罪マルチ出資法違反鈴 木 公 一逮捕する。:04/09/14 23:58:38 ID:EnnDJWVC
犯罪者の北海道 札幌市 手稲区 前田9条 12丁目4−15

259 :kaitabha:04/09/15 00:20:32 ID:lW5EHgg5
出家を名乗りたくてその道に入ったのなら朝から晩まで修行ばっかりする
のは本来当然でしょうね。その為の出家システムでしょう。上座部系の仏
教が信仰されている国々ではそれでこそ在家の信頼を得ているといわれる。
出家至上主義という批判も、再検討の余地がある。インドでは出家してカ
ーストの外部に住まうようになれば、そうした出家者に対して不浄という
観念を抱き近づくことを畏れる人も多いのだ。
小乗が煩瑣な学問仏教であり、大乗がそれにたいするアンチテーゼであった
いう批判も根強いが、大乗の論書とて質は違うが難解なことは変わりない。
大乗とて学問は学問として行われ続けたのであり、決して煩瑣哲学と無縁なの
ではない。ためしに中論や唯識のテキストを読んでもわたしなどちんぷんか
んぷんだ。小生、個人的には巷の教科書通りの小乗批判者の説明には深い疑い
を持っている。


260 :犯罪マルチ出資法違反鈴 木 公 一逮捕する。:04/09/15 00:33:48 ID:gEX2obcp
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150
http://www.freeml.com/message/sohobiz@freeml.com/0022150




261 :犯罪マルチ出資法違反鈴 木 公 一逮捕する。:04/09/15 00:34:55 ID:gEX2obcp
いろんな情報が流れてるね。鈴木

262 :名無しさん@3周年:04/09/15 01:06:56 ID:MTjN7ScJ
>>100
ごめん、めっちゃ亀レス。私は100を書いた者なので。
>>101
それは哲学と同じ考え方で、解決したためしはない。べつにそこまで考えなくても良いですよ。
「信じるなという言葉もかかれているから」と疑うと、
疑う余地のないものがどんどんなくなっていくんだ。
言葉を考える基本は、一度目の否定では信じてみることだ。
つまり、確かめる。わかるまでは次の疑いは保留して欲しい。
偽ならばそれは信じてはいけないことだ。
真ならばそれは信じても良いことだ。

否定されたときだけ疑うことだ。
初めから疑うと、信じても良いものがこの世になくなってしまう。

263 :名無しさん@3周年:04/09/15 01:20:51 ID:4C/gdWKV
>>262
>否定されたときだけ疑うことだ。
>初めから疑うと、信じても良いものがこの世になくなってしまう。

酷いなぁ。人間は誰しも、こんな風に物事を処理してる。
だから、宗教に騙されるんだよ。

で、お布施を吸い上げられる。


264 :名無しさん@3周年:04/09/15 02:01:00 ID:gld14EAP
> 241 >そういうのに宗教はあきらめろ って言ってくれるよ。w
>あきらめれれば解決するという教えは宗教の面白いところだと思うよ。

どこの宗教?仏教じゃあないよね。仏教は「あきらかに観よ」が正しい。
現状の自分を間違わず観よってことですよ。


265 :名無しさん@3周年:04/09/15 02:53:02 ID:4C/gdWKV
>>264
で、なんで訳のわからないお経とか出てくるわけ?
間違わず観よなんて、宗教に頼らなくても出来るし、
そうせざる負えないし。

266 :名無しさん@3周年:04/09/15 07:53:20 ID:bQpzCito
>>265
当てはめて考えるのはこの手の基本だと思うけど、
当てはまるとは限らないので、あまり気にしすぎないほうがいいのでは

267 :名無しさん@3周年:04/09/15 08:04:33 ID:4C/gdWKV
>>266
思考停止しろって言うから宗教は邪魔なんだよね〜。
布施として市中の金を吸い上げ、税金として還元せず、
思考停止を促す。

百害あって一利無しじゃん。


268 :名無しさん@3周年:04/09/15 08:14:16 ID:bQpzCito
>>267
そうじゃなくて、必要以上に考えても直ぐにはわからないわけで、
悟ろうとしすぎたら悟れないって仏陀の言葉どこかにあったじゃないですか。


269 :犯罪マルチ出資法違反鈴 木 公 一逮捕する。:04/09/15 08:45:37 ID:+ATf9qMh
なかなかやるじゃないかね。鈴木 公一くん。

こんなに我慢強くスルーできる君をみたのは初めてだよ。

270 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 08:49:31 ID:+ATf9qMh
夜な夜な意味のない書き込みご苦労さん( ´,_ゝ`)
君の人生は嘘とマヤカシでかためられているみたいね。

271 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 08:51:03 ID:+ATf9qMh
楽して騙して金集めしても、人生はどこかで
帳尻をあわせるべきときがくる。

いくらキレイ事を書いていても
騙しで金儲けなどしてても業を増やすだけ。


272 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 08:52:13 ID:+ATf9qMh
すずき犯人グループのIP
IPアドレス割当国 日本 (JP)  
都道府県 東京都 接続回線 xDSL
IPアドレス: 21 9.3.1 62.167 
ホスト名:Yah ooBB21900 31621 67.bb tec.net

273 ::04/09/15 09:42:08 ID:WWHxbs8j
>>239 番号間違い、すみません。
薬師寺の管長さんじゃないけどかなり地位のある型が、
宝石の通販番組に出て法話をしているのはちょっと、
疑問に感じました。安い石がその法話のおかげで高く
なるかもしれないわけで。

「法話の対価として供養は受けない」というのは原則
ですよね。

274 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/15 09:43:11 ID:q5P2V7yZ
ROM記念

275 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/15 09:49:43 ID:q5P2V7yZ
>>273
>疑問に感じました。安い石がその法話のおかげで高く
>なるかもしれないわけで。

んなわけないよ(笑

もともと坊主というのは「一声いくら」で飯を食う商売なんだよ。
法話ってのは、坊主にとっては商売道具。

法話と石は全く関係なし。
関係ないとしても、人間というのは錯覚をしちゃうとこがある。
これがいわゆる無明と言われるとこなんだね。

坊主に騙されるようじゃ・・・まあ、無明なのかとおもう。

ちなみに、日本においては出家僧というのはいない。
サンガってのもどうかな??


276 ::04/09/15 10:00:08 ID:WWHxbs8j
>>240 さん、
1.「仏教徒は仏陀に帰依するのがよいと思う」
2.「さらにどの経典が一番だとか言い出すとまた対立する」

なにしろ1番の原則で仲良くして、2.はお互い言い合わないほうが
良いと思うんですよね。
「あなたは仏陀を忘れていませんか」←これはいつも聞きあって良いと
思います。日本の仏教はともすれば仏陀を忘れるんですよね。そのほうが
楽で都合の良い場合もあるし。

277 ::04/09/15 10:06:14 ID:WWHxbs8j
>>241 さん、
>そういうのに宗教はあきらめろ って言ってくれるよ

仏陀信仰は世間福(一般の幸せ)と出世間福(心の平安)をいただけるはずだから、
「あきらめよ」という教えはおかしいと思う。貪欲で苦しんでいる人には諦めを
教えることも大事だけど、通常の望みは叶えたい。

278 ::04/09/15 10:20:48 ID:WWHxbs8j
>>242 kaitabha さん、こんにちは。
>輪廻しないのが如来だ(スレ主)、とか
これは私は言っていないよ。

「人が無明を断ち涅槃を得ると如来になる」
「輪廻の元の無明を断っているのだから(如来は六道を)輪廻することは無い。
これが私の意見。

「輪廻しない すなわち 如来」 (no 例えば無生物は輪廻しないでしょう。)
対偶「如来でなければ 輪廻する」。
このどちらについても意見は述べてません。

>さて三宝帰依は仏教徒を名乗るに必須の条件だ。
>三宝のうちブッダとは、、普通名詞であって、
>これが歴史上のゴータマのみをさすとすればこのシンボルの

私はゴータマ仏陀以外を否定するものではないけど、我々の「劫」
にはゴータマ・ブッダしか居ないんだという話もある。
ほかのブッダを信仰するとして、具体的にはどなたを信仰しますか?
未来仏の弥勒とか?ゴータマブッダで必要十分であって、あえて
他の仏を求める必要は無いと思う。

>帰依sharanam gacchamiは字義通り訳せば「わたしは保護処に行きます」
勉強になります。

>となる。たとえ文の頭にbuddhaを挿入し、それがゴータマを意味すると
>しても他を排除するものではないことを心得たい。

排除はしないけど、具体性が無い。意味が無い。


279 ::04/09/15 10:27:20 ID:WWHxbs8j
>>244 ブッダを「空」変えるはそれなりの意図があるわけで。
「空」を信仰するのと「ブッダ」を信仰するのでは別の宗教になってしまう。

また「歴史上のゴータマブッダ」を普通名詞の「覚者=ブッダ」にする話も
あるわけだけど、おなじ「覚者」でありながらわざわざ「ほぼ架空の覚者」
をもってくるんだから、当然ダルマもサンガも変更されると考えた
ほうが良いかも。

「こうして仏教系カルトが第一歩を歩み始めるのです」という気がします。

280 ::04/09/15 10:29:32 ID:WWHxbs8j
>>245 仏教はあきらめよとは言わない。

【八聖道】[正見・正思・正語・正業・正命・正精進・正念・正定]
を目指せ。そのなかには、正しい生業(なりわい)も正しい生活も含まれる。
ちゃんとした幸せを求めるのが在家仏道者の義務。



281 ::04/09/15 10:37:51 ID:WWHxbs8j
>>246 けちゃっぷさん

「自分の修業や学問ばかりで他人を救い導こうとしない、出家至上主義」

こういう人が、所有物を放棄して本当の修行をしてる本物の仏道者ではなく、
在家の人に多いような気がしませんか。(むしろ、ほとんど)

座禅に通う在家の居士(居士は在家に決まってますが)。
物欲盛んなお寺のお坊さん。(妻子夫が居て蓄財してれば在家ですよね)。
佛教趣味の学者や市井の学問好き。
各地の瞑想所に集まっている在家の渡世人。
などなどなど。

「出家至上主義者がすなわち出家者ではない」
「9999=99.9%(以上)までは在家者である」

282 ::04/09/15 10:42:34 ID:WWHxbs8j
>>250 宗教が倫理道徳や行政の祭りと違う点は、

その範囲は、過去世、前世、来世に渡る。
仏界や天界とのつながりがある。

大通りをパレードするのが祭りではなく、
祭祀は仏や神々への祈りであり供養なのです。

283 ::04/09/15 10:45:53 ID:WWHxbs8j
>>251 それはブッダご自身がこの世に残された力を信じるしかない。
そういう力があるから、怪しいところは仏陀釈尊をなかなか前面
には出せないと思う。


284 ::04/09/15 10:55:28 ID:WWHxbs8j
>>252 仏教はもともと天の神や地の神を尊崇する教えだから、
どの宗派でも天神地祇は礼拝していると思う。もともとそう
いう物だから、日本においては仏教と神道は融合してしまっ
ていると思うんだけど。神仏両界という言葉もあるし。神道の
ほうはどうなんでしょうか?

285 ::04/09/15 10:59:36 ID:WWHxbs8j
>>253 けちゃっぷさん、そういう定型的な回答ではなく。
「誰が、どうして、誰に、なぜ」
小乗だといって非難され決別されたのかを考えたいと思う。
思いませんか?

山に篭って本当の修行をしているごく少数の人が非難されたとは
思えない。
「にせ出家修行者が横行したのではないだろうか」←これが私の新説。

286 :名無しさん@3周年:04/09/15 11:06:40 ID:Wq4Tqp7N
「ブッダとそのダンマ」(B.R.アンベードカル著、光文社新書)より、

「ブッダは承知し、(彼の最初の弟子となる5人の修行者に対し)先ずこう
語った。

彼のダンマは、神にも霊魂にも何の係わり合いはない。死後の生活に対しても
そうだ。儀式や祭儀についても関係はない。彼のダンマの中心は人間であり、
この世における人間対人間の関係なのだ。これが彼の最初の根本命題である。」

287 ::04/09/15 11:33:07 ID:WWHxbs8j
>>259 kaitabha さん、
>個人的には巷の教科書通りの小乗批判者の説明には深い疑い

私はまだ気がついて3日目くらいなんですが。

「在家の生活形態を持ちながら、出家の修行法を採用している、
あるいは出家の修行法至上主義である」こういう人たちの集まりが
小乗である非難されたのではありませんか?

ここの他のスレッドを少し読んでも。みんな在家者のはずなのに、
ばりばりの瞑想主義者や瑣末理論主義者ばかりのように見えます。

「在家は在家らしく菩薩行をやろう」というのが大乗運動のような
気がします。ブッダは菩薩行とは言ってないけど、同じ意味の在家の
徳目を説かれていますから。

288 ::04/09/15 11:52:14 ID:WWHxbs8j
>>275 金銀さん、あの石はとても8万円には見えませんよ。
1万円くらいのものでしょう。

宝石通信販売も、安く大量に売るではなく、
仏教講話など付加価値をつけて高く売るの時代になったのかなと。

宝石については一切何も語らないんですけどね。あまりに甘口な
爺ちゃん婆ちゃん受けのしそうな法話で、驚愕して、「一体これは何だ!」
と思ってしまったんですよ。
最後まで見て納得。通信販売だった。薬師寺さん、、、、、

289 ::04/09/15 12:15:00 ID:WWHxbs8j
>>286 さん
>彼(か)のダンマは、神にも霊魂にも何の係わり合いはない。
>死後の生活に対してもそうだ。儀式や祭儀についても関係はない。
>彼(か)のダンマの中心は人間であり、この世における人間対人間の
>関係なのだ。これが彼の最初の根本命題である。

ダンマの中心は人間;
【五蘊】[色・受・想・行・識]
【十二処】[眼・耳・鼻・舌・身・意・色・声・香・味・触・法]

この世における人間対人間の関係なのだ;
【十二因縁】[無明・行・識・名色・六入・触・受・愛・取・有・生・老死]
この縁起=関係論は人間対人間ではないけど。人間内の要素対要素の関係で
すよね。

彼(か)の最初の根本命題;
【四聖諦】[苦・苦集・苦滅・苦滅道]

なのでしょうか。



290 :kaitabha:04/09/15 12:20:37 ID:lW5EHgg5
>>278 1さん(=さちこさんでいいのかな?)ご挨拶が遅れました、
kaitabhaです。どうぞ宜しく。さて、
>「人が無明を断ち涅槃を得ると如来になる」
>「輪廻の元の無明を断っているのだから(如来は六道を)輪廻することは無い。
>これが私の意見。
無明を滅して明を得、心静かなる涅槃を得た者(如来)はゴータ
マの他に彼の弟子の中にもいたし、過去にも存在していたと古層
文献にゴータマがそれを語る場面は多くあることは周知の事実と
思います。然れば仏帰依の内容たる如来をゴータマ一者に「限定」
しなくてもよいではないか?というのが小生の如き者のみならず仏
滅後から下って初期大乗(AD一世紀頃)からの人々が自然に考え
る所であったでしょう。
>〈輪廻しない すなわち 如来」 (no 例えば無生物は輪廻しないでしょう。)
>対偶「如来でなければ 輪廻する」。

無生物は最初から考えに入れてませんでしたが、「無生物を除いて、
‘輪廻’しないのが如来」というのが1さんの考えであるとしていい
のですね?







291 :けちゃっぷ:04/09/15 12:37:17 ID:whKAz19e
>285 初期の部派仏教と呼ばれる時代、高度な哲学理論が発達しました。たぶんその人達への批判ですね。あと、釈尊は、戒律は必要に応じて廃止していいと阿南尊者に言ったらしいですが、長老達は全て残した。

292 :けちゃっぷ:04/09/15 12:44:18 ID:whKAz19e
阿南尊者ではなく阿難尊者でした。失礼しました

293 :kaitabha:04/09/15 12:45:03 ID:lW5EHgg5
(t続き)
>排除はしないけど、具体性が無い。意味が無い。

1さんの仰る具体性とは、「信仰・帰依の対象」として博物館などに
陳列された彫刻・図像をシンボルとするということでしょうか?

だとすればゴータマのアイドルを帰依のシンボルとするもカルト
には充分利用される可能性は変わりません。


294 :名無しさん@3周年:04/09/15 12:46:14 ID:4C/gdWKV
>>283
お釈迦様が偉い人だったってのは認めるよ。
でも、それは書籍レベルで良いわけじゃん?
宗教として寺院たてて、宗教活動が無税で、
親に墓の金出せとか言われる必要無いじゃん?

原語ですらない漢字音訳のお経読み上げて貰って
云万円すっ飛んでいって、坊主が偉そうに説法するの
じぃーと聞いてなあかんわけで、だいっきらいな
家族と会わなきゃならんってな、酷い目に会わされる
必要ないわけじゃん。


295 ::04/09/15 12:51:39 ID:WWHxbs8j
>>286
(アンベードカル、仏教への改宗に際しての演説から)
を読んでみて、

インドに仏教を広めようとした偉大な人だというのは分かった。
でも教育はイギリスで受けている。考え方はほぼヨーロッパ人と考え
てよい。その熱意は認めるが、細かい間違いが目立つ。
仏教に関しては本当に初心者だと思う。でも、その情熱は素晴らしい。
神秘を排するヨーロッパ仏教を学んだのかもしれないが、仏教理解は
とても幼稚だという気がする。
「寺院では仏陀に礼拝する」と書いているが、仏陀の魂がそこにが無
いのなら一体何を礼拝するのだろう?
神秘を排すればそれはもう仏教ではなくなるのに。

296 ::04/09/15 12:58:08 ID:WWHxbs8j
>>290 kaitabha さん、

>無生物を除いて、‘輪廻’しないのが如来」というのが1さんの考えであるとして

「人は輪廻する。無明を断った人は如来となり輪廻しない。」
私が真だとおもう命題はこれだけです。
文章の変更は命題を変更しますから不可です。(語順は変えないように)。

297 :名無しさん@3周年:04/09/15 13:04:54 ID:Wq4Tqp7N
>>295
>「寺院では仏陀に礼拝する」と書いているが、仏陀の魂がそこにが無
>いのなら一体何を礼拝するのだろう?
>神秘を排すればそれはもう仏教ではなくなるのに。

仏陀の「魂」ではなくて、仏陀に対する自分の「尊敬の念」を表現するのでは
ないですか。戦没者慰霊祭などでも、死者の魂が実在するなどと思って拝んで
いる人は殆どいませんよ。死んだおばあちゃんを拝むとき、おばあちゃんの
霊が位牌の裏からひょっこり出てくるなど、子どもでも考えません。

彼は「仏陀は、仏教は宗教ではないと言った」と述べています。





298 ::04/09/15 13:05:28 ID:WWHxbs8j
>>290 私は仏陀釈尊、ゴータマブッダに帰依します。
そしてゴータマ・ブッダの「ブッダ・ダルマ・サンガ」にです。
釈尊の指導を受けて覚者となった方達は「サンガ」に含まれます。
具体的にはあまり知りませんが、龍樹菩薩も覚者ですよね。

一劫は何十億年、何百億年に当たるかは知らないのですが、この(今の)
地球文明の覚者としては、はっきりそのお名前と教えと弟子達が規定さ
れるのは、仏陀釈尊のみだと思います。

それで必要十分だと思いますよ。


299 :kaitabha:04/09/15 13:07:01 ID:lW5EHgg5
>>1さん
カルトの中にも「わしは法華経の教主、久遠実成の本仏’としての’
釈迦を信仰しておるんじゃ、文句あっかゴルァ!!」というのもあ
ります。中には密教的解釈で釈迦を本尊とうたいつつ霊感商法で社
会に毒を撒くカルトもあるようです。仏宝が釈迦でないことが仏教系カ
ルトの条件の一つであるという考えは、小生は大いに疑問ですよ。


300 ::04/09/15 13:14:18 ID:WWHxbs8j
>>297 さん、先入観を除いて仏典を読んでみてください。
スレッドが2200コメントにもなって(前スレも)また
同じことを書くのがちょっとしんどくなったので。

輪廻のことも、神霊のことも、死後の魂のことも、礼拝供養のことも、
供養と礼拝のことも、さんざん議論したでしょう。

あなたがどっちの意見でもそれは自由だけど、その意見の根拠として

>子どもでも考えません。
>彼は「仏陀は、仏教は宗教ではないと言った」と述べています。

これは無いでしょう。彼が言っても仕方ないんですよ。仏典にどう
書いているかが問題。彼は・・・間違いだらけの初学者なんだから。



301 ::04/09/15 13:19:56 ID:WWHxbs8j
>>299
「法華経の教主、久遠実成の本仏としての釈迦」
これを平たく言うとどういうことなんでしょうか?
この人は「釈迦」の「ブッダ・ダルマ・サンガ」を信仰しているのですか?
法華経自体が、はなから仏陀のダルマではないと思うのですが。
南無妙法蓮華経より、南無釈迦むに世尊を優先しているのでしょうか?

302 ::04/09/15 13:22:47 ID:WWHxbs8j
>>299 今分かったけど「歴史上のゴータマ仏陀には帰依しない」という
意味ですよね。
だからやっぱり「ブッダ」は「歴史上の仏陀釈尊」じゃないとだめなん
だと思う。ごまかしの元だよね。

303 ::04/09/15 13:24:05 ID:WWHxbs8j
>>300 ×供養と礼拝のことも ○供養と功徳の関係も

304 :名無しさん@3周年:04/09/15 13:24:13 ID:Wq4Tqp7N
>>300
あなたも仏典に「書いてある」ことはすべて正しい、などという根拠の無い
先入観は除くべきです。

この世は人間界なのです。現実の人間と自然以外に、人間にとって確かな
基盤は何も無いということを悟るべきです。

仏陀も、それまでのバラモン教の経典はすべて否定されたのですよ。仏陀の
態度に少しは学んで下さい。

305 :Blue Sky ◆t/HOghkWzc :04/09/15 13:25:57 ID:9v9IXvUA
>>287
>「在家は在家らしく菩薩行をやろう」というのが大乗運動のような
>気がします。ブッダは菩薩行とは言ってないけど、同じ意味の在家の

菩薩行っていうのは、具体的にはどんな事をするんですか?


306 :kaitabha:04/09/15 13:27:56 ID:lW5EHgg5
>> 1さん
>「寺院では仏陀に礼拝する」と書いているが、仏陀の魂がそこにが無
>いのなら一体何を礼拝するのだろう?
>神秘を排すればそれはもう仏教ではなくなるのに。

仏陀の魂??こりゃまた奇妙な言い方ですね。

神秘を排すれば仏教ではなくなる???そんなことはナイ。

失礼ながら、以上これまでの1さんの文章の全体的な印象として
感じるのは「安易さ」かな。小生はアンベドカルに肩持つわけで
はないけれど、1さんは今の段階では彼を初心者呼ばわりしない方
がいいと思う。


307 ::04/09/15 13:28:32 ID:WWHxbs8j
>>304 ちょっと勉強不足すぎ。全く仏教を学んだことが無いでしょう。
仏教はある意味科学だから。ちゃんと勉強してから議論しあいましょう。
どの学問にも教えにも、基礎というのはあるんですよ。
自分の生活実感だけで話し合っても何にもなりません。少しは読まないと。
コメントの2番に、前スレのアドレスもあるし、ちょっとは読んでみてく
ださい。

もちろん暇なときにはいくらでもお付き合いしますよ。「安兵衛さん」。


308 ::04/09/15 13:30:11 ID:WWHxbs8j
>>306 私ももちろん初学者ですけど、
アンベドカルさんもかなり初心者ですよね。
権威として引用するには無理がありすぎ。


309 :名無しさん@3周年:04/09/15 13:33:39 ID:YdjccQEn
ゴータマ・ブッダは常に自分の教えを「諸々のブッダの教え」と言った。
「ゴータマ教」とも「ゴータマの真理」とも言わなかった。
「悟った人(=ブッダ)なら誰でもそれを見出すであろう真理」
逆に言えば「教えどうりやれば誰でも理解し体得できる真理」=普遍の法を説いた。
ゴータマ個人を崇拝することを許さなかった。
それゆえゴータマ像、ゴータマ肖像、ゴータマ・レリーフ、ゴータマ・ペンダント
など造られることはなく、ただ「悟り」の象徴として菩提樹、仏足蹟が
造られた。

ゴータマ・ブッダが亡くなる直前、とつぜん沙羅双樹の花が満開になり、
天から天人が華をふりそそぎ、香水をふりそそぎ、音楽を奏でてブッダを供養した。
しかしブッダはただこう言われるだけだった。

「如来はこのような仕方で敬われ、尊ばれ、供養されるのではない。
どんな在家の男女、出家の男女も、法を正しく実践し、法にそって生きている者
こそ、本当に如来を敬い、尊び、供養しているのだ。そのことを理解しなさい」

310 ::04/09/15 13:34:38 ID:WWHxbs8j
>>305 時間が無いので手短に。(夜にはちゃんと書きます)

仏陀の時代の菩薩行=在家信徒の徳目;
ブッダとブッダの教えとブッダのサンガを信仰すること。
在家の戒を守ること。貧しい人に施与をすること。お金や
物品だけでなく、優しい心やもてなしも含む。ブッダ・サンガ
に供養すること。ダルマをよく学ぶこと。よく考えること。
信徒同士相和して協力して、ブッダ・ダルマ・サンガを守り
離れないこと。などなど。

311 ::04/09/15 13:38:10 ID:WWHxbs8j
>>309 仏舎利塔はお亡くなりになってすぐに建立されたのですか?
仏像は、いつごろから作られいつごろから礼拝されるようになった
のでしょうか。

じゃあ、ちょっと昼休み。また夜にでも。

312 :名無しさん@3周年:04/09/15 13:47:51 ID:YdjccQEn
菩薩行とは普賢行願、具体的にいえば四摂法、六波羅蜜あるいは
十波羅蜜のことですね。

普賢行願とは、たとえ自分の悟りが後回しになったとしても、
すべての人を悟りに導こうという誓願を立てて修行することです。

四摂法とは布施、愛語、利他、同事。与えられた物で満足し、人に
惜しみなく与え、優しい言葉をかけ、人を助け、人の苦しみと同じ立場
にたって思いやるということです。

六波羅蜜、十波羅蜜は検索で調べてください。


313 :名無しさん@3周年:04/09/15 13:50:27 ID:Wq4Tqp7N
>>307
>ちょっと勉強不足すぎ。全く仏教を学んだことが無いでしょう

「勉強」とは「本を読む」ことだけではなくて、現実に立脚して自分の頭で
考えることですよ。

あなたのカキコからは、仏教の「勉強」のあとが全く感じられません。読む
人は、仏教が極めてくだらないものに思えるだけです。仏教潰しのスパイ
ではありませんか。

314 :kaitabha:04/09/15 13:58:49 ID:lW5EHgg5
>>301 仰るとおり法華経がゴータマによって説かれたわけでは
ないし、また遠い過去に既に悟りを開いた「久遠実成の本仏」
が歴史上のシャカとなって衆生を救済するために現れたのだ、と
いう神話的論法も面白いがそれ以上ではない。

しかし、そんな「救済者」としてのシャカのイメージはあなたも
持っているのではないか?二千数百年の時空を越えてあなたに「
神秘な」「力」を与え助けてくれる、そんな存在としてシャカを
捉えているのではないか?だとしたらあなたもまた、質的には例の
カルトと変わりなかろう。
(夜にもう一回のぞきにきます)

315 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/15 14:18:58 ID:q5P2V7yZ
>>288
>金銀さん、あの石はとても8万円には見えませんよ。
>1万円くらいのものでしょう。

一万円どころか、もともとは石に価値などはなくて←これを空性
そこに付加価値を付けていくのが←これを色

般若とは、簡単に言うたらこういうことなんですよ。

眼は横で、鼻は縦←これを空性
そこから我見で美醜の相対をする←これを色

よって、輪廻に迷うことはない。



316 ::04/09/15 16:25:09 ID:WWHxbs8j
>>312 調べてみました。
ろっぱらみつ 【六波羅蜜】[布施・持戒・忍辱・精進・禅定・智慧]
私が思ってたのは
信;帰依三宝
布施;施与、供養
持戒;戒律を守る
忍辱;精進;法に従い法から離れないこと、他者も含めて
禅定;法を観じる
智慧;法を学び考察する

こういう感じだったので、大体一致と納得。







317 ::04/09/15 16:27:17 ID:WWHxbs8j
>>313 さん、仏教の具体的な項目についてまた話し合いましょうね。
「アンベドカルサンガこう言っていた」というのは抜きで。

(先ほどは急いでおりましたので、性急なコメントで申し訳ありませ
 んでした。)

318 ::04/09/15 16:35:15 ID:WWHxbs8j
>>314 さん、
>二千数百年の時空を越えてあなたに「神秘な」「力」を与え助けてくれる、
>そんな存在としてシャカを捉えているのではないか?

まさにそう言うイメージでとらえていますけど。
「ブッダは我々の劫の我々の宇宙の救済者」。
大般涅槃経やブッダ最後の旅に書かれていますよ。
ブッダを供養せよ。供養する者には福徳が授け
られるであろう。(原文検索してみます)

319 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 17:08:16 ID:UIWfHZv4
あいかわらずせいがでますなぁ( ´,_ゝ`)

320 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 17:09:11 ID:UIWfHZv4
ところで、株式会社タントは、予定通り、計画倒産させて
もう海外へは、逃げたのか?すずき こういち

321 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 17:10:34 ID:UIWfHZv4
新田洋士とケンカしたってのはネタだったのか。
今は、勧告からアクセスしてたりしてな。

322 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 17:11:54 ID:UIWfHZv4
すずき、今度俺も金集めて父さんさせて
海外逃亡する犯罪、仲間にいれろよ。
説明会で洗脳するのは、俺も得意だぞ

323 :けちゃっぷ:04/09/15 17:53:28 ID:whKAz19e
>302 歴史上のブッダを開祖とする教団の末裔が、法華を説いてるわけだし、それは真理(ダルマ)を感じさせる喩え話、修業の一種としては有効では?

324 :Blue Sky ◆t/HOghkWzc :04/09/15 18:36:16 ID:9v9IXvUA
>>310 >>312 >>316
回答ありがとうございました。
大変、勉強になります。

325 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/15 18:38:44 ID:q5P2V7yZ
>>318
>「ブッダは我々の劫の我々の宇宙の救済者」。

ひとりの独覚者が、宇宙を救済するわけはない。

ブッダは神ではない。
天上天下唯我独尊は、一人一人の人間へのメッセージだよ。

326 ::04/09/15 19:37:36 ID:WWHxbs8j
浄土真宗やっとかめ通信(東海教区仏教青年連盟)のHPから
http://www2.big.or.jp/~yba/asia/nehan01.html#01

大パリニッバーナ経』

  眼ある人の遺骨は八斛ある。
  七斛はインドで供養される。
  最上の人の他の一斛は、ラーマ村で諸々の竜王が供養する。
  一つの歯は三十三天で供養され、
  また一つの歯はガンダーラ市で供養される。
  また一つの歯はカリンガ王の国において供養される。
  また一つの歯を諸々の竜王が供養している。
  その威光によってこの豊かな大地は、
  最上の供養物をもって飾られているのである。
  このように、この眼ある人(=ブッダ)の遺骨は、
  よく崇敬され、種々にいともよく崇敬されている。
  天王・諸々の竜王・人王に供養され、
  最上の人々によってこのように供養されている。
  合掌して、かれを礼拝せよ。
  げにブッダは百劫にも会うこと難し。



327 ::04/09/15 19:42:03 ID:WWHxbs8j
>>325 銀玉金之助さん

合掌して、かれを礼拝せよ。
げにブッダは百劫にも会うこと難し。

一劫ではなく百劫でしたね。
宇宙の範囲は私には規定できませんが、
この広い大宇宙で、生まれ変わりを永遠に繰り返し、
百劫に一度(それ以下)しか会えないお方なんですよ。
同じ歴史時代に生まれたのはとても幸せな
ことだと思います。


328 ::04/09/15 19:50:27 ID:WWHxbs8j
>>323 けちゃっぷさん、
それで、ブッダを本尊として(歴史上でも久遠実成でも良いけど)、
ブッダの教法を学び実践するのなら良いと思いますが。

しかし教法としては、久遠実成の仏の教法は無いわけで、歴史上の
仏陀の教法を学ぶわけです。釈尊には挨拶なしに(笑)。おかしい
ですよね。

329 :桃太郎チベタン5:04/09/15 19:55:58 ID:uMwKGidr
超神秘的な力の救済力に対して正当な神仏という見地では非常に疑問があります。
仏教としての迷信によって一人一人が仏教を誤解して現実の災いの解決を
信仰という逃げ道に逃げ込んで仏の示している救いの方法から逃げています。
仏教徒は何に目覚めて何をなさなければならないか?
その目覚めを阻むものが不思議の力の救済です。

330 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/15 20:10:50 ID:q5P2V7yZ
>>327
>この広い大宇宙で、生まれ変わりを永遠に繰り返し、

空性に、時間的連続性は全くない。
これは非常に難解だけど。
人の観念は時間のベクトルを基軸にする。
そうしなければ思考することが出来ないからだ。
いわゆるこの時間概念は、人間の認識における思考システムによる。
ただ、それだけのこと。
我見というのはそういうもんだよ。

その我見に依りて世界を見ることはできない。
あくまでも観念に依るもんだ。

非常に難しいことだよ。
これを説明するのは、相当な労力を要する。


331 :桃太郎チベタン5:04/09/15 20:12:47 ID:uMwKGidr
六道の天人になろうとする様な仏教を誤解した方法があまりに多い。
地味な実践をしたら気が狂うほど世界の現実と直面しなければならない。
誓願を唱えつつ思考も心も身体も仏に捧げて帰依はしていない。
こう言う世界だよ!と見せようとしても目を瞑ってしまう。
真面目に一つでも実行したらそれこそ凄い法の力は働く。
肝心な事には不思議の助力はなく、末梢の事には働く。
真実の目覚めのためには法の力が作用するけれど、末梢の事に働くのは迷える霊の仕業。

332 :名無しさん@3周年:04/09/15 21:36:24 ID:6B4GFTOP
>>279
ブッダ、ダルマ、サンガというのは言葉です。
言葉は各人によって解釈が異なります。

異なる言葉でも同じ本質を表すことは良くあることだと思います。
言葉が大事なのか、本質が大事なのか、ということかと思いますが。

333 :名無しさん@3周年:04/09/15 21:42:00 ID:6hp3ffzA
>>332
禿同。
言葉は思想を盛る器にすぎないからね。
砂糖壺に入っているのは、いつも砂糖だとは限らない。
実は砒素だったりしてね。1は半分、砒素中毒にかかっている。

334 :kaitabha:04/09/15 22:01:14 ID:lW5EHgg5
>>318
時空を超越する救済者としてゴータマを信仰するという考え方は特に新し
いものではない。しかしゴータマは果たしてそんなことをベースにして
教えを説こうとしただろうか?彼は入滅した。あなたが彼を「供養する」
という言葉をほのめかすとき(>>318)既にこの世にはいない彼のシンボ
ルに対してであり、ゴータマその人ではない。あなたが何らかのシンボル
、即ち仏塔や仏像や仏画に対しゴータマの「魂」が入っている、と言って
も、そういう発想の根拠を原始仏典の中に現れるゴータマの言説に見出す
ことは甚だ困難であろう。もしそういう記述見つけたらぜひともご教示願
いたいが。

297氏も言っているが、シンボルに込められた「魂」に対し呼びかけ
それで救済を期待するのではなく、彼がダルマを観、そしてそれを生
涯人々に倦まず弛まず説き続けたことによって、人が心から深い尊敬の
念を表すということが、少なくとも優れた学者達による原始仏典の解
読からは、本筋なのだといえる。有名な「自灯明、法灯明」という教
えから考えても、あなたがイメージして祈ったり供養したりするゴータ
マの姿とは程遠い。即ち、あなたが態々スレを立てて宣誓する程の
意義は限りなく希薄だ。それはこれまで同様ゴータマを目先の変わった
「救済者」に仕立て上げようとするカルト教団に加勢するだけである。
(了)



335 :けちゃっぷ:04/09/15 22:05:54 ID:whKAz19e
>328 仏教の開祖である釈尊がいなければ、どの宗派もありません。1さんは、具体的には三宝帰依をどのように実践されていますか?「そんなの本当の帰依じゃない」なんて批判は、誰でも言えるのでは?

336 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 22:05:58 ID:ijA/owqD
鈴木君は、勧告へ高飛びしたのかね。

このごろ机龍之介 ◆8Z1PfzdK1の名前を使わないねw

337 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 22:06:56 ID:ijA/owqD
ところで、仏教では、マルチ商法で、金持ち逃げしてもいいのかな
鈴木・公一くん
北海道 札幌市 手稲区  前田9条12丁目4−15

338 :犯罪マルチ出 資法違反 鈴 木   公 一逮 捕する。:04/09/15 22:07:31 ID:ijA/owqD
IPアドレス: 219.3.162.167 
ホスト名:YahooBB219003162167.bbtec.net
すずきの仲間のIP

339 : 219.3.162.167 YahooBB219003162167.bbtec.net:04/09/15 22:08:51 ID:ijA/owqD
犯罪マルチ商法で、最初から計画的に倒産させる予定だった
株式会社タントは、まだ存在してるの?

340 :マンゴー先生:04/09/15 22:11:16 ID:meOAEEAh
現代の日本仏教って釈尊の時代のバラモン教に似ていますね。

まあ、それはそれとして、三帰依に関してですが、釈尊が教えを説き、「ああ目が覚めた、
あなたの教え通りにやってみます」というところがスタートでしょうから、
仏=釈尊、法=釈尊の教え、僧=この時点ではまだ無い
ということなんだろうと思います。
しかしながら、私としては次のように解釈したいですね。
仏=空、法=縁起、僧=幸せである為の方法を説いた釈尊の教えが今も残っていると
いうこと


341 :219.3.1 62.167 Yahoo BB219003 162167.bbtec.net:04/09/15 22:15:03 ID:ijA/owqD
検察側は論告で「マルチ商法を仮装して多数の会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ」と指摘したが、弁護側は最終弁論で「いずれ破たんするシステムとの認識はなく、詐欺を目的とした組織でもなかった」と無罪を主張していた。


342 :219.3.1 62.167 Yahoo BB219003 162167.bbtec.net:04/09/15 22:15:41 ID:ijA/owqD
http://newstopics.dion.ne.jp/pubnews/story/?nc=Kyodo_20040913a411010s20040913113553&nd=20040913113546&sc=dn&dt=20040913

343 :21 9.3.1 62.16 7 Yahoo BB21 9003 16 2167.bbtec.net:04/09/15 22:18:39 ID:ijA/owqD
42 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/06 22:29 ID:1Cph9ca9
>>39 あなたは、ずいぶん痛い人だね。ネットとか操作できるのだから
馬鹿じゃないんだろうけど。あなたより頭が悪い人間でも、マルチの嘘は見抜ける。
100人いたら99人は見抜けるかとおもうよ。残りの一人だけ引っかかる。
この引っかかる。って人は馬鹿ではないんだろうけど、いわゆる世間では
「お人よし」って言われてる人だよ。資本主義ってのは、どんな理由にせよ
【金を握った】方が有利。このことをよく知ってれば・・・・世間は上手に生きてい
ける。

>騙そうと思っていろんな準備して、寸前にばれるのは、もっと馬鹿だということ
(w

会社で言えば計画倒産だから、当然、一番美味しいとこで倒産させるのが
賢いやりかただよ。いわゆる短期勝負。投資して・・・寸前に倒産させれば、
投資した金はまるっきり自分のものになる。そこが資本主義だよ。
資本主義は投資によって成立つシステムだから。投資される側(資本家)は
優遇されるように最初からそういうシステムになっている。
つまり貴方が勘違いしてるのは、投資をする。ってことは貴方は
資本家側で、経営陣なんだよ。もし会社が倒産したら、文句を言える立場じゃない。


344 :21 9.3.1 62.16 7 Yahoo BB21 9003 16 2167.bbtec.net:04/09/15 22:20:26 ID:ijA/owqD
鈴木君は、八葉物流事件の会長が、懲役9年くらったのしってるよね

つまり、君が机 龍之介 ◆ 8Z1PfzdK1。の名前で語った
上の理屈はとおらないってことだ(爆
君は刑務所で10年近く暮らすことになるしかないことがわかったね。

345 :名無しさん@3周年:04/09/15 22:20:27 ID:6hp3ffzA
>>340

>現代の日本仏教って釈尊の時代のバラモン教に似ていますね。

そうですね。結局、人間というのは、長い時間をかけて堕落と改革を繰り返し
ているのです。現在は、堕落がとことん進んだ局面です。

346 :けちゃっぷ:04/09/15 22:23:05 ID:whKAz19e
仏帰依は、まずゴータマ・シッダールタが覚者であり、覚者ブッダを師とすれば大丈夫と安心する。歴史上に真理を悟った者が実在したこと、それを根拠に自分にも悟れる可能性があることを信じ、道心を起こす。

347 :鈴木 公一 懲役9年決定(爆):04/09/15 22:23:30 ID:ijA/owqD
ところで、タントはまだ残ってるのか?

348 :名無しさん@3周年:04/09/15 22:25:09 ID:6hp3ffzA
>>346
それは、「エジソンは偉い人だと知っている。そんなの常識。」と言うだけ
で、自分にも発明ができるのだと勘違いしている消防と同じ。

349 :鈴木 公一 懲 役 9年 決定(爆):04/09/15 22:25:29 ID:ijA/owqD
刑務所に入れば、面会いってやるよ。
俺もネットでここまで君としゃべると、
他人のきがしなくなったよw

350 :けちゃっぷ:04/09/15 22:25:51 ID:whKAz19e
法帰依は、仏教の教えが真理だと信じ、それを修めることで人生の苦悩をなくすことができると信じる。僧帰依は、仏教を伝承する教団を信じる。教団を信じなければ、誰からも法を学べませんからね。

351 :鈴木 公一 懲 役 9年 決定(爆):04/09/15 22:26:59 ID:ijA/owqD
元名誉会長に懲役9年 八葉物流詐欺で東京地裁
共同通信 09月13日 11時35分
 「全国八葉物流」(沖縄県、破たん)の詐欺事件で、組織犯罪処
罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われた元名誉会長田所収被告(70)
の判決公判が13日、東京地裁で開かれ、岡田雄一裁判長は懲役
9年(求刑懲役12年)を言い渡した。
 検察側は論告で「マルチ商法を仮装して多数の会員から出資金
を計
画的に集めた組織的詐欺だ」と指摘したが、弁護側は最終弁論で
「いずれ破たんするシステムとの認識はなく、詐欺を目的とした
組織でもなかった」と無罪を主張していた。


352 :名無しさん@3周年:04/09/15 22:27:03 ID:6hp3ffzA
>>350
法も僧も、どこにも残ってないじゃん。
あるのなら教えてくれ。

353 :鈴 木 公一  懲 役 9 年 決 定(爆):04/09/15 22:27:42 ID:ijA/owqD
元名誉会長に懲役9年 八葉物流詐欺で東京地裁
共同通信 09月13日 11時35分
「全国八葉物流」(沖縄県、破たん)の詐欺事件で、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の罪に問われた元名誉会長田所収被告(70)の判決公判が13日、東京地裁で開かれ、岡田雄一裁判長は懲役9年(求刑懲役12年)を言い渡した。
 検察側は論告で「マルチ商法を仮装して多数の会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ」と指摘したが、弁護側は最終弁論で「いずれ破たんするシステムとの認識はなく、詐欺を目的とした組織でもなかった」と無罪を主張していた。


354 :名無しさん@3周年:04/09/15 22:30:49 ID:ijA/owqD
マルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ
マルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ
マルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だマルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ
マルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ
マルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だマルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ
マルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ
マルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だマルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ
マルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ
マルチ商法を仮装し会員から出資金を計画的に集めた組織的詐欺だ

355 :けちゃっぷ:04/09/15 22:33:22 ID:whKAz19e
>348 エジソンが偉い人だというのを信じず、「電気で照明なんか灯せるわけがない」と思ってロウソクしか使わないのなら、それは仏帰依ではないでしょうけどね。

356 :名無しさん@3周年:04/09/15 22:35:12 ID:6hp3ffzA
>>355
めくそはなくそだよ。坊主の片割れが、そういう屁理屈を平気でこねるから
仏教が滅びたんだ。ちょっとは反省しろ。

357 :すずきくんすごいことされるよ。早く海外へにげれば?:04/09/15 22:35:14 ID:ijA/owqD
八葉元幹部を監禁、3500万円を恐喝 
投稿者:ムジナ 投稿日:2002/05/27(Mon) 19:34 No.3
産経新聞 5月17日
八葉元幹部を監禁、3500万円を恐喝
 警視庁捜査四課と万世橋署は17日、逮捕監禁と恐喝の疑いで、
指定暴力団山口組系幹部、林東仁容疑者(51)=東京都港区三田、
同佐々木英一容疑者(48)=宮城県古川市中里=ら計5人を逮捕
した。  調べでは、林容疑者らは、全国の会員から多額の出資金を
集めて今年一月に破産した「全国八葉物流」の元幹部会員の男性(
56)から現金を脅し取ろうと計画。  2月中旬、東京都千代田
区の路上で男性を乗用車に乗せ、港区のビルに連れて行き約1時間監
禁。八葉の会員から出資金の取り立てを依頼されたように装い、
「ここで何人死んだか知ってるか。3500万円用意して渡せ」な
どと要求し、男性から3500万円を脅し取った疑い。  男性は
破産直前に同社から8億円の融資を受け、千代田区内に健康食品販売
会社を設立していた。この会社には3月中旬、銃弾が撃ち込まれる
事件が起きており、同課などが関連を調べている。


358 :すずきくんすごいことされるよ。早く海外へにげれば?:04/09/15 22:36:58 ID:ijA/owqD
http://money.2ch.net/venture/kako/1022/10222/1022245118.html

359 :すずきくんすごいことされるよ。早く海外へにげれば?:04/09/15 22:38:06 ID:ijA/owqD
すずきくん、ところで、僕お金ないんだけど、
いくらかかしてくれないかな。

一年で数倍の金利つけてかえすからw

360 :けちゃっぷ:04/09/15 22:39:59 ID:whKAz19e
>352 たしかに、世の中も教団も乱れて現代では悟れる人はもういない…と考えた僧侶もいますが。しかし禅宗では今も悟りをめざしてるし、スリランカ等の上座部仏教は、戒律と修業を頑なに守ってます。

361 ::04/09/15 22:40:28 ID:H8VVl2Bl
『大パリニッバーナ経』から

尊師はかの王舎城の鷲の峰なる山に住して、修行僧たちのために、このように数多く
の「法に関する講話」をなさった。――「戒律とはこのようなものである。精神統一
とはこのようなものである。智慧とはこのようなものである、戒律とともに修行して
完成された精神統一は大いなる果報をもたらし、大いなる功徳がある、精神統一とと
もに修養された智慧は偉大な果報をもたらし、大いなる功徳がある。智慧とともに修
養された心は、諸々の汚れ、すなわち欲望の汚れ、生存の汚れ、見解の汚れ、無明の
汚れから全く解脱する」と。

「戒定慧」について。三学って言うのかしら?

362 :名無しさん@3周年:04/09/15 22:43:39 ID:6hp3ffzA
>>360
他人様のことはどうでもいい。あなた自身はどうなんだ。

363 ::04/09/15 22:44:34 ID:H8VVl2Bl
サーリプッタ(舎利弗)の信仰句告白

尊い方よ。わたしは尊師に対してこのように信じています。――修行者であろうと
も、バラモンであろうとも、尊師よりもさらにすぐれた、さとりに関してさらに
熟知せる人は、尊師のほかには、過去にもいなかったし、未来にもいないであろう、
また現在にも存在しないであろう。


364 :けちゃっぷ:04/09/15 22:46:07 ID:whKAz19e
古代インドは、我々の住むような世界が宇宙に無数にあるという世界観と輪廻思想。そこに仏帰依が加わり、よその世界にも仏はいるにちがいない、仏が説法する世界に輪廻したいねぇ…という信仰になりました。

365 :名無しさん@3周年:04/09/15 22:47:47 ID:6B4GFTOP
あなたも わたしと
おんなじ 月を見上げる

366 :名無しさん@3周年:04/09/15 22:50:37 ID:6hp3ffzA
>>365

「どの月?」 「あの月!」
ところが あなたは わたしの指先ばかり見ている

367 :けちゃっぷ:04/09/15 22:52:11 ID:whKAz19e
修業方法に「観察行」がありました。その観察行の対象は、心だったり、心の視点を時間軸上で少しずつ動かしてって前世や来世を観たり。その観察のモチーフに、いつしか阿弥陀仏とその浄土も加えられた。

368 :名無しさん@3周年:04/09/15 22:53:25 ID:6hp3ffzA
>>364

幼稚園児の服きて、コスプレするキモイ大人の群れ
反吐がでそうだ!

369 ::04/09/15 22:55:05 ID:H8VVl2Bl
ナーディカ村にて
 続いて釈尊は、ナーディカ村(サンスクリット本によるとヴァッジ族の地方)の
煉瓦堂に留まります。ここでアーナンダが近づき、様々な人の死後の運命をたずね
ます。

アーナンダよ。修行僧サールハは諸々の汚れが消滅したが故に、すでに現世におい
て汚れの無い『心の解脱』『智慧による解脱』をみずから知り、体得し、具現して
いた。したがって、この比丘は今さとりの世界におり、再び迷いの生存を受けるこ
とはない。
アーナンダよ。尼僧ナンダーは、ひとを下界(=欲界)に結びつける五つの束縛を
滅ぼしつくしたので、おのずから善き世界に化生した。この比丘尼はその天界から
直接さとりの世界に入り、再びこの世に戻ることはない。
アーナンダよ。在俗信者のスダッタは、三つの束縛を滅ぼしつくしたから、欲情と
怒りと迷い(貪り・怒り・愚かさ)という三つの心の毒がしだいに弱くなっている
ので、『一度だけ戻ってくる者(=一来)』となった。この信者はもう一度だけこ
の世に生を受け、苦を残りなく滅ぼし尽くしてさとりの世界に入るであろう。
アーナンダよ。在俗信女のスジャータは、三つの束縛を滅ぼしつくしたから、
『聖者の流れに踏み入った人(=預流)』となった。この女信者は、もはや悪しき
世界に堕ちることはなく、必ず正しいさとりを得ることが確定している。
アーナンダよ。在俗信者のカクダは、ひとを下界に結びつける五つの束縛を滅ぼし
つくしたので、おのずから善き世界に化生した。この在俗信者はその天界から直接
さとりの世界に入り、再びこの世に戻ることはない。同じように、アーナンダよ。
カーリンガ、ニカタ、カティッサバ、トゥッタ、サントゥッタ、バッダ、スバッダ
などの在俗信者も、ひとを下界に結びつける五つの束縛を滅ぼしつくしたので、お
のずから善き世界に化生した。これらの在俗信者たちはその天界から直接さとりの
世界に入り、再びこの世に戻ることはない。





370 ::04/09/15 22:55:34 ID:H8VVl2Bl
アーナンダよ。このナーディカ村で死んだ五十人以上の在俗信者たちは、ひとを下
界に結びつける五つの束縛を滅ぼしつくしたので、おのずから善き世界に化生した。
これらの在俗信者たちはその天界から直接さとりの世界に入り、再びこの世に戻る
ことはない。
アーナンダよ。このナーディカ村で死んだ九十人以上の在俗信者たちは、三つの束
縛を滅ぼしつくしたから、欲情と怒りと迷い(貪り・怒り・愚かさ)という三つの
心の毒がしだいに弱くなっているので、『一度だけ戻ってくる者』となった。これ
らの信者はもう一度だけこの世に生を受け、苦を残りなく滅ぼし尽くしてさとりの
世界に入るであろう。
アーナンダよ。このナーディカ村で死んだ五百人以上の在俗信者たちは、三つの束
縛を滅ぼしつくしたから、『聖者の流れに踏み入った人(=預流)』となった。こ
れらの信者たちは、もはや悪しき世界に堕ちることはなく、必ず正しいさとりを得
ることが確定している。

−−−−−−−−−−−−−−
私が愛するスジャータは不還になったと思っていましたが、預流だったんですね。

371 ::04/09/15 22:58:57 ID:H8VVl2Bl
さて、死後の行く末について知ることは、釈尊にとっては「別に不思議なことでは
ない」のですが、人が亡くなるたびに聞きに来るのでは煩雑であるため、ここで
『法の鏡』という法門を説かれます。
この法門は「これを具現したなら、みずから自分の運命をはっきり見究めることが
できる」というもので、仏・法・僧へ絶対の信仰をすすめます。


372 ::04/09/15 23:02:36 ID:H8VVl2Bl
『法の鏡』 

アーナンダよ。ここに、立派な弟子がいて、仏に対して清らかな信仰を起こして
いる――『かの尊師は、このように、真人(阿羅漢)・正しくさとりを開いた人
(正等覚者)・明知と実行を完成している人(明行足)・幸いな人(善逝)・
世間を知っている人(世間解)・無上の人(無上士)・頑なな男を統御する御者
(調御丈夫)・神々と人間との師(天人師)・覚った人(仏)、尊師(世尊)で
ある』と。

またかれは、法にに対して清らかな信仰を起こしている――『尊師がみごとに説
かれた法は、現にありありと見られるものであり、直ちにききめのあるものであり、
実際に確かめられるものであり、理想の境地にみちびくものであり、諸々の知者が
各自みずから証するものである』と。

またかれは、僧(サンガ・集い)にに対して清らかな信仰を起こしている――
『尊師の弟子のつどいはよく実践している。尊師の弟子のつどいは真っ直ぐに実践
している。尊師の弟子のつどいは正しい道理にしたがって実践している。尊師の弟
子のつどいは和敬して実践している。尊師の弟子のつどいは、すなわち、二人ずつ
の四組と八人の人々(四双八輩)とであるが、かれらを敬うべく、尊ぶべく、もて
なすべく、合掌すべきであり、世間の最上の副田である』と。
かれは聖者の愛する、切れ切れではなくて、瑕のない、斑点(まじり)のない、
よごれていないで、自在であって、知者の称讃する、執れのなく、精神統一に導く
戒律を身に具現している。

373 ::04/09/15 23:03:21 ID:H8VVl2Bl
アーナンダよ。これこそ『法の鏡』という名の法門であって、それを具現したなら
ば、立派な弟子は、もしも望むならば、みずから自分の運命をはっきり見究めるこ
とができるであろう、

「わたくしには地獄は消滅した。畜生のありさまも消滅した。餓鬼の境涯も消滅し
た。悪いところ・苦しいところに堕することもない。わたしは聖者の流れに踏み入
った者である。わたしはもはや堕することの無い者である。わたしは必ずさとりを
究める者である」と。



374 :けちゃっぷ:04/09/15 23:04:07 ID:whKAz19e
>362 今までの教団(サンガ)が工夫し生み出してきた、全ての善巧方便の教えを信じ、また、全ての修行方法は効果的だと信じています。数ある行法の中で今の自分に実践可能なのは、念仏だと実感しています。

375 ::04/09/15 23:07:12 ID:H8VVl2Bl
ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依法 帰依僧)

私はこの『法の鏡』の教えに基づいて、三宝に帰依し、

「わたくしには地獄は消滅した。畜生のありさまも消滅した。餓鬼の境涯も消滅し
た。悪いところ・苦しいところに堕することもない。わたしは聖者の流れに踏み入
った者である。わたしはもはや堕することの無い者である。わたしは必ずさとりを
究める者である」と。

このように語れる者になりたいと思っています。

376 :名無しさん@3周年:04/09/15 23:08:29 ID:P5fPYCzN
>>340

>仏=空、法=縁起、僧=幸せである

わたしなら、
仏≒空、法≒縁起、僧≒中道 です。

道は見えないけど、清らかな行いをしている人(僧)がいるのなら
清浄なる道が具体的に見えてくると思うんです。
釈尊は「善き友をえることは、聖なる道のすべてだ」とおっしゃってます
辛いこの世を、苦にせず生きていることができるのだからと。

仏が現われ、様々な縁で、法が示された、それを聞き実践するもの
僧の集団がうまれた。
実践する人の姿を見ずしては、仏教がなにも見えないよ。

377 :けちゃっぷ:04/09/15 23:10:01 ID:whKAz19e
>373 僕は浄土宗ですが、その『法の鏡』の教えを信じる心境は、「南無妙法蓮華経」にきわめて近いと考えています。「南無妙法蓮華経」は、とにかく仏教に帰依すれば大丈夫だ!という安心を確立しますから。

378 :名無しさん@3周年:04/09/15 23:10:37 ID:6hp3ffzA
>>374
違うよ。あなたが手探りして、最初に手に当たったのが念仏だったから
だろう? 自分を誤魔化すのはやめろ。

379 ::04/09/15 23:10:41 ID:H8VVl2Bl
>>374 けちゃっぷさん、こんばんは。

本願寺(大谷派)がスリランカより仏歯を送られました。
また浄土真宗のHPには大パリニッバーナ経が載っています。
真宗も仏舎利信仰に移行するというのでしょうか。
そのような情報は有りますか?

380 ::04/09/15 23:14:24 ID:H8VVl2Bl
>>377 大パリニッバーナ経はパーリー仏典(結集によってまとめられた)
ではないのですか?法華経は紀元後の経典ですよね。『法の鏡』ブッダダルマ
サンガに帰依しろと説いている。法華経は法華経を受持読誦せよと説いている。
かなり内容が違いますが。どのように整合させれば良いですか?

381 ::04/09/15 23:16:29 ID:H8VVl2Bl
>>376 「半ば」という仏典ですね。

良き友を得ることは仏道の半ばですか?
いえいえそれは「すべて」です。

382 ::04/09/15 23:18:58 ID:H8VVl2Bl
>>376

仏=おしゃかさま 法=パーリーニカーヤs、僧=私たちは良い友人を持った

383 :名無しさん@3周年:04/09/15 23:20:30 ID:6hp3ffzA
>>381
良き友とは、迷信に埋没しそうな1をどやしつけてくれる、ここの住民
のような香具師のことを言うのだ。早く気づけよ。

384 :ニルヴァーナを見た ◆gx6wqL8lOs :04/09/15 23:21:13 ID:rIEQY/Af
神霊について、
 「雪山に住む者という神霊がいった、『何があるとき世界は生起するのですか?〜』師は答えた、「雪山に
  住むものよ。六つのものがあるとき世界が生起し、〜』」
 「これら千の神霊どもは、神通力があり、誉たかきものどもであるが、かれらはすべてあなたに帰依いたし
 ます。あなたはわれらの無上に師であります。」スッタニパータより

 「マガタの大臣スニーダとヴァッサカーラーとが一方の端に坐したときに、実に尊師は次の詩句を唱えてか
 れらを喜ばせた。『〜有徳にして自ら制せる清浄行者たちを供養したならば、そこにいる神霊たちはかれら
 に施与の功徳をふり向けるであろう〜あたかも母がわが子を愛護するようなものである。聖霊の冥々の加護
 を受けている人は、つねに幸運を見る。』」ブッダ最後の旅

施与について
 「マーガ青年はいった、『〜福徳をもとめ福徳をめざして供物をささげる人が、この世で他人に飲食物を与
 えるに当たって、まさに施与を受けるにふさわしい人々のことをわたしに説いてください。」
 「師『実に執著することなく世間を歩み、無一物で、自己を制した全き人がいる―そのような人々にこそ適
 当な時に供物をささげよ―バラモンが功徳を求めて祀りを行うのであるならば。』師『祀り実行者はあらゆ
 る場合に心を清らかしめよ。〜かれはここに安立して邪悪を捨てる。かれは貪欲を離れ、憎悪を制し、無量
 の慈しみの心を起こして、日夜つねに怠らず、無量の慈しみの心をあらゆる方向にみなぎらせる。」



385 :ニルヴァーナを見た ◆gx6wqL8lOs :04/09/15 23:21:56 ID:rIEQY/Af
その当時の人々が、神霊としていた存在は、世間から離れて山岳地帯に住んでいた人々だったかもしれない。
とにかく、その存在もブッダを尊敬し帰依したのである。ブッダは、神霊たちに供養しろとは人々に言ってい
ないだろう。「願い求める者には欲念がある」人は何か大きな霊的な力の見返りを求めて、供養したからとい
って、功徳を積むことはない。「(悪魔)ナムチ〜『聖火に供物をささげてこそ、多くの功徳を積むことがで
きる。師『怠け者の親族よ、悪しき者よ、汝は世間の善業を求めてここに来たのだか〜悪魔は善業の功徳を求
める人々にこそ語るがよい。』」

世間の人々の功徳について
 「園に植え、林に植え、橋を作り、井戸の舎や貯水池を作る人々、休息所を与える人々―かれらの功徳は昼
 夜に増大する。それらの人々は、法に安住し、戒めを身に具えて、天におもむく。」

聖火に供物をささげることも、神霊に供物をささげることも、人の心の内にあるものは変わりがないのではな
いか。その人の心の内にあるものは、「施与して私によきはからいを」求めるようなものがあり、決して清い
とは言えないと思う。「祀り実行者はあらゆる場合に心を清らかしめよ」慈しみが起こせるような、供犠の仕
方が大切だとブッダは説いているだろう。

彼岸には、粗暴・残酷・冷酷・怒り・驕り・反抗心・偽り・嫉妬・欲望もなく・物に対する愛着は一切ない。
「あたかも、母が己が独り子を命を賭けても護るように、そのように一切の生きとし生けるものどもに対して
も、無量の慈しみのこころを起こすべし。〜上に、下に、また横に、障害なく怨みなく敵意なき慈しみを行う
べし。〜この世では、この状態を崇高な境地と呼ぶ。」慈しみによって、人の心が清まる。



386 :ニルヴァーナを見た ◆gx6wqL8lOs :04/09/15 23:22:35 ID:rIEQY/Af
「アジタよ。〜世間は貪りと怠惰のゆえに輝かない、欲心が世間の汚れである。」
「神々『ひとは、どれだけの日時にわたって修行者の行いを行うべきであろう。もしも自分の心を制すること
ができないならば。師『修行僧は、自分の粗雑な思考をおさめとり、何ものにも依存することなく、他人を悩
ますことなく、束縛の覆いを全くときほぐして、なんぴとをも謗るな。』」

人々が、慈しみあう心を保ち、決して他人を悩ますことなく、謗ることなく、何ものにも、神仏にも依存する
ことなく、諸々の欲求に対する自制心を身に着け、「この世では自己こそ自分の主である。どうして他人が自
分の主であろうか?賢者は、自分の身をよくととのえて、いろいろの幸せを得る。」自分を主として、世間を
歩んでほしいとするのがブッダの本心なのではないか。そのため、迷いもなく、一切の悪が存在しない、完全
な善である彼岸から教えを学び、粗雑な思考をおさめとる。そのひとつに、「この世もかの世も望まない」が
あり、彼岸では、かの世も望まないから、今現在を生きようとする人は、死後によくなりますように願い求め
る者より善である。

遺骨の供養について
 「アーナンダよ。どのような道理によって、修行完成者・真人・ただしく悟りを開いた人については、人々
 がかれのストゥーパをつくってかれを拝むべきであるのか?アーナンダよ。これは、かの修行完成者・真人・
 正しくさとりを開いた人のストゥパーであると思って、多くの人は心が浄まる。」

遺骨を供養することにも道理がある。ブッダと真理の教えとに対し、尊敬して信仰心があることにつながるか
ら、多くの人は心が浄まる。貪欲の戒めの教えに対して、良いと認めるから、欲望の汚れが一切ない彼岸を認
めることにつながり、彼岸の境地に到達した者が、汚れなくそれは最上と認めるように、多くの人は少しでも
それに近づき、心が浄まると考える。


387 ::04/09/15 23:22:43 ID:H8VVl2Bl
>>378 生まれてはじめてであったのが阿弥陀様だったのでは?
私が生まれてはじめて出会ったのは十字かとマリア様。仏教徒
となった今でも、懺悔をするときにはつい十字を切りそうになる。
仏教が神仏両界になったように、イエス様もマリア様も仏教と
合併してほしいものです。イエス菩薩、マリア菩薩ではだめなの?

388 :名無しさん@3周年:04/09/15 23:28:04 ID:6hp3ffzA
>>387
イエスも釈迦もという、キミに最適の宗教団体があるから紹介しようか。
http://www.lawyer-koga.jp/honohana-p.htm

389 ::04/09/15 23:29:04 ID:H8VVl2Bl
>>386 ニルバーナを見たさん今晩は。
いつも仏典の引用ありがとうございます。
心が洗われるようです。

(soredewa mata ashita...)


390 ::04/09/15 23:33:01 ID:H8VVl2Bl
>>388 やばそうなのでやめときます。
イエスに匹敵する人が出現しないとだめでしょう。
思い出したけど、ベトナムの僧侶でそう言う人が居ましたよね。
でも「なんでも有り」では統合とは言えないわけで。
(ベトナム戦争の落とし児かな)
常見を「空」に合併させるんだから、薄っぺらなことでは無理ですよね。

391 :けちゃっぷ:04/09/15 23:33:30 ID:whKAz19e
>378 それはあるでしょうね。縁があったということです。他の宗教を見聞きする機会もありましたが、やはりサンガを信じています。ただ、僕が出会ったサンガがたまたま念仏者だっただけですよね。

392 :マンゴー先生:04/09/15 23:35:21 ID:meOAEEAh
>>376
清らかな行いを実践している人を善き友とできれば嬉しいですね。
自らが実践できればもっと良いですね。
ミラレパ伝なんかを読んでみますと、善き友=空と捉えているようです。


393 :けちゃっぷ:04/09/15 23:39:09 ID:whKAz19e
>379 こんばんは。もしかして、1さんの「帰依」という感覚は、一神教的なのかな?こっちの神様を拝んだら別の神様拝んじゃダメみたいな?仏教の開祖を阿弥陀信者が敬うのは当然ですよ?浄土教はニ尊教だし。

394 :マンゴー先生:04/09/15 23:47:46 ID:meOAEEAh
>>385
釈尊は「悪いことをせず、善いことをして、心を清めなさい」とおっしゃった。
自己中心的であることは煩悩を生み苦しみを生むから悪いことである。
ゆえに自己中心的でないことは善いことである。
人が幸せであれと願う慈しみの心は自己中心的でない。
ゆえに慈しみの心は善いことである。
したがって慈しみによって心が清まる。
これを「慈心解脱」という。
「生きとし生けるものは皆こころ幸せなものであれよ」

395 :けちゃっぷ:04/09/15 23:50:13 ID:whKAz19e
聖書の神様は仏教の「梵天」に相当するのでは?梵天も人を救う菩薩行に目覚めて、イエスを化身として遣わしたのでしょう。
イエスは仏教徒だったという説をとなえる学者もいますよね。

396 :けちゃっぷ:04/09/15 23:52:05 ID:whKAz19e
聖書の神様は仏教の「梵天」に相当するのでは?梵天も人を救う菩薩行に目覚めて、イエスを化身として遣わしたのでしょう。
イエスは仏教徒だったという説をとなえる学者もいますよね。

397 :マンゴー先生:04/09/16 00:32:32 ID:SH6hy89Q
>>372
>『尊師がみごとに説かれた法は、(中略)、諸々の知者が各自みずから証するもので
>ある』

この部分大事ですね。まずやってみる。仏教は実践が大切です。
批判はその後にどうぞ、ということですね。


398 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/16 05:01:37 ID:pUMG4KjD
ROM記念

399 ::04/09/16 11:11:44 ID:E2nTRJgG
>>393 けっちゃっぷさん、こんにちは。

>仏教の開祖を阿弥陀信者が敬うのは当然ですよ

念仏をやっている人から仏陀の話はあまり聞いたことが無いし、
仏法に対する発想法も全く違いますよね。

しかし本願寺の教主が仏歯をスリランカらいただいたり、
浄土教から見ればかなり過激と思われる教典をHPに引用したり、
思いのほか柔軟性はあるのだなと思いましたよ。
これが日蓮系だと、、、絶対?仏歯など受け取らないですよね。

400 ::04/09/16 11:23:49 ID:E2nTRJgG
>>395
>聖書の神様は仏教の「梵天」に相当するのでは?
>梵天も人を救う菩薩行に目覚めて、イエスを化身として遣わしたのでしょう。
>イエスは仏教徒だったという説をとなえる学者もいますよね。

仏教の場合の天部の神様?は、時間的にも空間的にも能力的にも有限ですよね。
梵天と言えども、如来の下に位置するわけだし。

キリスト教の神様はあらゆる意味で無限でしょう?私は神様についてはずっと
悩んでいたんだけど、ある時「神は迷妄なり」という言葉を聞いてほっとした
んですよ。

「全知全能の神」と「一切皆苦」はどう考えてもあい矛盾する。

「涅槃」=「神」と考えられないことも無いけど、「如来」=「神」は
ちょっと難しい。如来様もその存在は無記だけど、能力は全知全能とは
されていませんよね。慈悲深い如来様が全知全能なら、私たちを無理や
りにでもその力を持って涅槃の世界に救い上げてくださると思うのですよ。
でも衆生の多くはそちらには行けない。

イエスはアレクサンドリアで仏教を学んだのですか?

401 ::04/09/16 11:35:32 ID:E2nTRJgG
>>397 マンゴー先生こんにちは。
>『法の鏡』 
>仏に対して清らかな信仰を起こして
>いる――『かの尊師は、このように、真人(阿羅漢)・正しくさとりを開いた人
>(正等覚者)・明知と実行を完成している人(明行足)・幸いな人(善逝)・
>世間を知っている人(世間解)・無上の人(無上士)・頑なな男を統御する御者
>(調御丈夫)・神々と人間との師(天人師)・覚った人(仏)、尊師(世尊)で
>ある』と。

↑こちらがまず先だと思うのですが。

↓これも

>頑なな男を統御する御者(調御丈夫)


402 ::04/09/16 11:41:18 ID:E2nTRJgG
大パリニッバーナ経より

コーティ村にて
釈尊は河を渡った後、比丘たちを連れてコーティ村におもむきます。
ここでは流転輪廻の原因が、四聖諦(=苦諦・集諦・滅諦・道諦)
の意味をよく理解せず、その深義に達していないためである、という
ことを、順次修行僧たちに説いていきます。
その後、その要旨をつぎのような詩句にまとめられます。

四つの尊い真実を
如実に知らずにいた故に
長き流転の歳重ね
幾多の生を受けにしを
深き道理をさとりえて
妄執すでに断ち切れば
もはや苦悩の根は断たれ
迷いの生はさらになし

苦は知っていても、
知りながらも集めているかもしれない。
苦を知らない段階の人よりは、
ましかも知れないんだけど。


403 ::04/09/16 11:49:41 ID:E2nTRJgG
パータリ村にて
それから一行はパータリ村に行きますが、ここでは村の信者がこぞって集まり、
釈尊は在家信者の休息所に招かれ法話を始めます。なお、その際の随行比丘は
何人であったのか分かっていません。多数説、少数説がありますが、どうも少
数であったと今では考えられています。
ここでは在家信者(資産家)たちに「戒めを犯したために、行いが悪い人には
五つの禍いがある」と、戒を守る大切さを説きます。それは「大いに財産を失
う」、「悪い評判が近づいてくる」、「どこへ行っても不安で、おじけている」、
「死ぬときに精神が錯乱している」、「死後地獄に生れる」ということです。
そして、逆に「戒めをたもっていることによって、品性のある人には、この五
つのすぐれた利点がある」として、「財産が豊かとなる」、「良い評判が起る」、
「泰然としていて、おじけることがない」、「死ぬ時に精神錯乱することがない」、
「死後善いところ、天の世界に生れる」と、その利点を説きます。

次の日、このパータリ村に城郭(ヴァッジ族対策)を築こうとしているマガダ
国の大臣スニーダとヴァッサカーラの食事の招待を受けます。

食事が終わると、釈尊は次の詩句を唱えます。

聖者の生れなる者の
住居を定める地方には
そこに、戒しめをたもち自ら制する清浄行者を守って
そこに(都の)神がいるならば
かれらに供物を捧げよ。
かれらは敬われてかれを敬い
崇敬されて、かれを崇敬する。
かくてかれを愛護すること、
あたかも母がみずからの子を愛護するようなものである。
神の冥々の保護を受けている人は、つねに幸福を見る。


404 ::04/09/16 11:53:56 ID:E2nTRJgG
http://www2.big.or.jp/~yba/index.html
浄土真宗やっとかめ通信(東海教区仏教青年連盟)

から引用中しています。

405 ::04/09/16 12:00:05 ID:E2nTRJgG
◆ 死別の運命
そして、一度口にした道理をみずから変更して留寿行を行うことは出来ないと
述べられ、また、「愛しく気に入っているすべての人々とも、やがては、生別
し、死別し、(死後には生存の場所を)異にするに至る」と、あらかじめ告げ
ておいたことを問いかけます。

次に『大きな林』にある重閣講堂におもむかれ、ヴェーサーリーの近くに住す
るすべての修行僧たちを講堂に集めるようアーナンダに告げ、やがて集まって
きた修行僧たちに(三十七道品の)法の実践を勧めます――

その『法』とは何であるか? それはすなわち、四つの念ずることがら(四念
処)と四つの努力(四正勤)と四つの不思議な霊力(四神足)と五つの勢力
(五根)と五つの力(五力)と七つのさとりのことがら(七覚支)と八種より
なるすぐれた道(八正道)とである。修行僧達よ。これらの法を、わたしは知
って説いたが、お前たちは、それを良くたもって、実践し、実修し、盛んにし
なさい。それは清浄な行いが長くつづき、久しく存続するように、ということ
をめざすのであって、そのことは、多くの人々の利益のために、多くの人々の
幸福のために、世間の人々を憐れむために、神々と人々との利益・幸福になる
ためである。

浄土真宗やっとかめ通信(東海教区仏教青年連盟)↑上記は出家修行者のための
修行法ですね。在家仏教信者は、むしろ前述の『法の鏡』のほうが大事だと思う。

やっとかめ通信さんは「どこにも念仏信仰の載ってない文献」をどういう意図
で乗せているのだろう。この人たちは改革派なんだろうか?過激派なんだろうか?

406 ::04/09/16 12:11:01 ID:E2nTRJgG
さらに続く
ここで三十七道品について簡単に説明しますと――
◎四つの念ずることがら(四念処・四念住・四念処観)四種の観想法。
身体は不浄である。 感受は苦である。 心は無常である。 すべての事物は無我である。
◎四つの努力(四正勤・四精勤)。
すでに生じた悪を除こうと勤めること。 悪を生じないように勤めること。
善を生ずるように勤めること。 すでに生じた善を増すように勤めること。
◎四つの不思議な霊力(四神足)四つの自在力を得る根拠。
欲神足。すぐれた瞑想を得ようと願うこと。
勤神足。すぐれた瞑想を得ようと努力すること。
心神足。心をおさめて、すぐれた瞑想を得ようとすること。
観神足。智慧をもって思惟観察して、すぐれた瞑想を得ること。
◎五つの勢力(五根)解脱に至らしめる五つの力。能力。
信 精進 念 定 慧
◎五つの力(五力)さとりに至らしめる五つの力。はたらき。
信 精進 念 定 慧


407 :けちゃっぷ:04/09/16 12:17:08 ID:pTxPbXgE
>399 浄土教では、すべての宗派が正しいという立場が基本です。で、仏教を聖道門と浄土門に分けます。聖道門は、戒・定・慧の三学を修めます。浄土門は、聖道門から落ちこぼれた人を救う教えです。

408 ::04/09/16 12:27:44 ID:E2nTRJgG
◎七つのさとりのことがら(七覚支・七菩提分)。心の状態に応じて、存在を観
察する上での注意・方法。
択法。教えの中から真実なるものを選びとり、偽りのものを捨てる。
精進。一心に努力する。
喜。真実の教えを実行する喜びに住する。
軽安。心身をかろやかに快適にする。
捨。対象へのとらわれを捨てる。
定。心を集中して乱さない。
念。おもいを平らかにする。
◎八種よりなるすぐれた道(八正道・八聖道)。正しい生活態度。
正見。正しい見解。
正思惟。正しい思い。
正語。正しいことば。
正業。正しい行為。
正命。正しい生活。
正精進。正しい努力。
正念。正しい気づかい。
正定。正しい精神統一。
 
続いて涅槃業は以下のように続きます――

↑やっとかめ通信さん。涅槃経ですよね、業じゃなくて。
法然上人や親鸞聖人がこの頁を読んだら仰天しますよ!
すぐにこの修行法で如来様になっちゃうかもしれないけど。

409 ::04/09/16 12:37:45 ID:E2nTRJgG
鍛冶工のチュンダは言った。
「大いなる智慧ある聖者、仏、法主、愛着を離れた人、人類の最上者。優れた
御者に、わたしはおたずねします。――世間にはどれだけの道の人(沙門、修
行者)がいますか? どうぞお示し下さい」
世尊は言われた。
「チュンダよ。四種の道の人があり、第五の者はありません。現に問われたの
だから、それらをあなたに明かしましょう。
――『道による勝者』と『道を説く者』と『道に生きる者』と及び『道を汚す者』とです」
鍛冶工のチュンダは言った。
「もろもろの覚れる人は誰を『道による勝者』と呼ばれるのですか? また
『道を思う者』はどうして無比なのですか? またおたずねしますが、
『道によって生きる者』ということを説いて下さい。また『道を汚す者』をわ
たくしに明かして下さい」
(釈尊いわく)
「疑いを超え、苦悩を離れ、安らぎを楽しみ、貪欲を除き、神々を含む世界を
導く人、――かかる人を『道による勝者』であるともろもろの覚れる人は説く。
この世で最上のものを最上のものであると知り、ここで法を説き判別する人、
疑いを断ち不動なる聖者を、修行者どものうちで第二の『道を説く者』と呼ぶ。
良く説かれた法句なる道に生き、みずから制し、念いあり、とがのないことば
を奉じている人を、修行者どものうちで、第三の『道によって生きる者』と呼
ぶ。


410 ::04/09/16 12:38:14 ID:E2nTRJgG
善く警戒を守っている者のふりをして、押しづよくして、家門を汚し、傲慢で、
いつわりあり、自制心なく、おしゃべりで、しかも殊勝らしく行う者、
――かれは『道を汚す者』である。

学識あり聡明な在家の聖なる信徒は

↑浄土真宗やっとかめ通信(東海教区仏教青年連盟)は

↓『道の人』の見分け方を知った。

『かれら(四種の修行者)はすべてかくのごとくである』と知って、かれらを
洞察し、このように見ても、かれの信はなくならない。かれはどうして、汚れ
たものと汚れていないものと、浄い者と浄くない者を同一視することがあろうか」


411 ::04/09/16 12:42:45 ID:E2nTRJgG
さて、そのとき若き人ウパヴァーナは、釈尊の前に立って釈尊を煽いでいたの
ですが、釈尊はそこを去るように言われます。アーナンダはその意味が分から
ずたずねると、釈尊は――

アーナンダよ。十方の世界における神霊たちが修行完成者に会うために、大勢
集まっている。アーナンダよ。クシナーラーのウバヴァッタナ、マッラ族の沙
羅樹林には、周囲十二ヨージャナにわたって取り巻いて、大威力のある神霊た
ちが集まっていてそれに触れていて、兎の毛の尖端で突くほどの隙間も無いほ
どである。
と言われ、その神霊たちが釈尊の姿を見ることが出来ず、嘆いていることを告
げます。ここで、「ヨージャナ」とありますが、これは距離の単位で、1ヨー
ジャナは帝王が1日に行軍する距離といわれ多分十数km(大体12〜13kmか?)
と考えられています。「十二ヨージャナ」ということですから、150〜160km位
でしょうか。
また、虚空や地にある神霊たちは皆、釈尊の亡くなるのを大いに嘆き悲しんで
いるのですが、「それらの神霊たちは情欲を滅び尽くしていて、こころに念い、
よく気をつけているので堪え忍んでいた」ということも説かれます。


「十方の世界における神霊」が
「兎の毛の尖端で突くほどの隙間も無いほどに」


412 ::04/09/16 12:49:16 ID:E2nTRJgG
アーナンダよ。信仰心のあるまじめな人が実際に訪れて見て感激する場所は、この四つである。その四つとはどれどれであるか?
「修行完成者はここでお生まれになった」といって、信仰心のある良家の子が実際に訪れて見て感激する場所(霊場)がある。
「修行完成者はここで無上の完全なさとりを開かれた」といって、信仰心のある良家の子が実際に訪れて見て感激する場所がある。
「修行完成者はここで教えを説きはじめられた」といって、信仰心のある良家の子が実際に訪れて見て感激する場所がある。
「修行完成者はここで煩悩の残りの無いニルヴァーナの境地に入られた」といって、信仰心のある良家の子が実際に訪れて見て感激する場所がある。

アーナンダよ。これら四つの場所が、信仰心のある良家の子が実際に訪れて見て感激する場所である。
アーナンダよ。信仰心のある修行僧・尼僧たち、在俗信者・在俗信女たちが、「修行完成者はここで
お生まれになった」、「修行完成者はここで無上の完全なさとりを開かれた」
、「修行完成者はここで教えを説きはじめられた」、「修行完成者はここで
煩悩の残りの無いニルヴァーナの境地に入られた」といって(これらの場所に)
集まって来るであろう。


アーナンダよ。誰でも、祠堂(チェーティヤ)の巡礼をして遍歴し、浄らかな
心で死ぬならば、かれらはすべて、死後に、身体が壊[やぶ]れてのちに、善い
ところ、天の世界に生れるであろう。

413 ::04/09/16 12:50:36 ID:E2nTRJgG
>>407 けちゃっぷさん、仏陀は(聖道門のおちこぼれ?)
ではなく、在俗信者に阿弥陀信仰ではなく、
生誕の地、成道の地、初転法輪後、そして入滅の地の巡礼
を勧めたみたいですよ。


414 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/16 13:39:30 ID:pUMG4KjD
>>408
>正見。正しい見解。

そもそも「正しい見解」って何だろう?
これが分かってないと仏教もdでも論法になってしまう。
我見においては、
そもそも「正しい見解」というのは非常に難しい。

ここを突破しないと・・・・
八正道は意味もない。
このように思う。

では、このへんで失礼します。

415 :名無しさん@3周年:04/09/16 15:44:56 ID:uR8wabXl
>>414
正しい見解を把握する能力を得る為に座禅しましょう。禅系
正しい見解はこれこれしかしかです。密教系、お経系
正しい見解は現世だと難しいから来世以降で。念仏系

416 :名無しさん@3周年:04/09/16 19:06:45 ID:Z+YbccSG
仏陀は、これまで2回誤解されてきた。
一度目は、上座部からの誤解で、「釈迦と同じ境地になどなれるはずがない」
として、成仏を凡人の手から届かないところに棚上げしてしまった。

二度目は、大衆部からの誤解で、「そんなに釈迦が偉大な存在なのならば、
拝むだけで救ってくれるに違いない」として、仏舎利崇拝や、阿弥陀信仰など
の「やらずぼったくり信仰」に陥った。

いずれの誤解も、釈迦を神格化したのが原因。
釈迦は、「私はコレで、悟りを開きました。だから、あんたたちもコレで、
悟りを開きなさいよ」と言ったのだが...。

417 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/16 19:52:01 ID:pUMG4KjD
釈尊在世当時は、バラモン階級であったし、バラモン階級は輪廻思想があればこそ階級制度が維持できた。
また、バラモン教における祭祀・儀式は輪廻思想にもとずく。

釈尊は、いわゆるバラモン教の修行者。ということになる。
そのバラモン教の大革新が仏教。

仏教というのは、このバラモン教のアンチテーゼなのである。
それは、バラモン教の輪廻思想を破壊した。というてもいい。
ここのとこが解らんと仏教の真髄には至らぬ。

418 :名無しさん@3周年:04/09/16 19:54:59 ID:Z+YbccSG
>>417

結果論から言えば、釈迦は敗れた。カーストは破壊されることなくその後も
続き、釈迦は神のひとつとしてただ礼拝の対象になり、仏教はヒンズー教の
中に吸収され、インド仏教は終わりを告げる。

419 :名無しさん@3周年:04/09/16 19:56:18 ID:Z+YbccSG
だから、同じ意味で「阿弥陀信仰」への堕落は、釈迦の遺志を踏みにじる
行為だと思う。神のひとつへの礼拝に形骸化したという意味で同じだから。

420 :名無しさん@3周年:04/09/16 20:14:15 ID:Z+YbccSG
阿弥陀信仰が流行する原因になったのは、ギリシャからヘレニズム文化が入った
のを機に、仏像が作られるようになったこと。それまで、仏像はなかった。
何でもそうだが、偶像を作ると人間はそれを神仏そのものと見なしてしまう。
悲しい人間の性だわな。

421 :名無しさん@3周年:04/09/16 20:29:48 ID:6MSdSCRt
釈尊は敗れてはいないですよね。現代では世界人類の師とも言われる。
宗教宗派に拘らず、釈尊の教えに耳を傾ける人々もいる。
最初から一宗一派に組みするような人間ではなかったのだろうね。


422 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/16 20:35:20 ID:pUMG4KjD
>>420
そうだね。
今の仏教というのは、どっちかというとヒンドゥー教みたいなもんだろうか?
インドのヒンドゥー教の神々は、車のステッカーにも貼りまくってるらしいが。

つまり、神々は多い方がいい。
ヒンドゥーの神々の中に釈尊もいるわけだが。

まあ早い話が、ヒンドゥー教の一部が仏教。ということになってるんだろうね。
インドでは。
流石にインドは包容力は抜群だね。

まあ、これが古代インド思想の特徴なんだろうけど。
インドは奥が深い。
哲人を多く輩出するのもインドである。




423 :名無しさん@3周年:04/09/16 20:36:41 ID:Z+YbccSG
>>421
いくら贔屓目に見ても、一勝万敗くらいでしょう。
ソクラテスは、幸いにも神に祭り上げられなかったから、堕落のネタに
成り下がる弊はまぬがれた。しかし、ソクラテスを読む人は暁天の星の
ごとし。釈尊を敬う人は多いが、ほとんどは神格化した偽の釈尊を崇拝
しているだけ。

424 :名無しさん@3周年:04/09/16 20:39:10 ID:hwVb/yKS
くしゃみをするとき、
しゃくそん!

425 :名無しさん@3周年:04/09/16 20:51:39 ID:6MSdSCRt
>>423
そうかな・・・。釈尊がいなかったら間違いなく人類史が違ってくるだろう。
私は圧倒的影響力がある人だと思う。
しかし、それが大き過ぎてわからないことはあるかもしれない。



426 :名無しさん@3周年:04/09/16 20:53:59 ID:6MSdSCRt
>>424
あはは。おもしろいね!

427 :けちゃっぷ:04/09/16 21:05:49 ID:pTxPbXgE
感情は無常なのに、なぜ一時の憎しみや怒りに踊らされてしまうのでしょうね。復讐するより、怒りが通り過ぎるよう工夫するほうが賢明なのに。怒りが出たら念仏で怒りを追い出す。そのうち怒りの頻度が減る。

428 :けちゃっぷ:04/09/16 21:10:53 ID:pTxPbXgE
怒りが何時間も続いてるとか思う場合、それは錯覚。花火のように、刹那刹那に起こっては消えている。ただ、連続で打ち上げてしまうだけ。1発目の花火が怒りでも、2発目は念仏に切り替えればいい。

429 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/16 21:12:03 ID:qWAoEc9S
>>423
以前、岩波から出ている小冊子に
岩波文庫の中で一番売れているのが
『ソクラテスの弁明』だと書いてあった。
あれは薄っぺらいし内容もそんなに難しくないから
かなりの人が読んでいると思う。
一方、仏典の内容を理解しながら読む人は意外と少ないと思う。
普通、経典を読むといっても勤行や祈祷の際に読経されることは多いけど
内容を理解しながら読まれるということは少ない。
かなりメジャーな『法華経』の普門品であっても
内容をかみしめて読んでいるという人は
『ソクラテスの弁明』を読んでいる人より
少ないんじゃないかな。

430 :名無しさん@3周年:04/09/16 21:13:42 ID:Z+YbccSG
>>425
釈尊の真価を理解した人は西洋に現れたおかげで、ようやく人類は
釈尊の悲願を果たす方向に動き出したのだと思うよ。たとえば、ロシア
の農奴解放に尽力したトルストイは釈尊に心酔していた。

悲しいことに、ご本家である仏教集団は、釈尊の悲願などどこ吹く風で、
それどころが各時代の「カースト」温存に協力してきた。警察官が泥棒
するより罪が重い。

431 :けちゃっぷ:04/09/16 21:14:38 ID:pTxPbXgE
懺悔は悪業を断つ剣。で、常に念仏する者は常に懺悔する者だと言われます。自分の煩悩に懺悔する気持ち、普通なら地獄行き確実の自分を自覚すると、念仏者は自然と念仏し、その刹那に、業の断絶が起こる。

432 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/16 21:15:20 ID:qWAoEc9S
あ、でも岩波文庫に『スッタニパータ』と
『ダンマパダ』が入ってたな。あれはかなり読まれているか。

433 :名無しさん@3周年:04/09/16 21:18:44 ID:Z+YbccSG
>>429
そうですよね。
ソクラテスを神だと信じる人もおらず、像を作って崇拝することもなかった。
そのお陰で、俗人の手垢に汚されることなく、ソクラテスの思想は無傷で
残った。それに比べると、釈尊はあまりに気の毒だ。ただのまじないで
詐欺商法やる胴元みたいに見られている。


434 :けちゃっぷ:04/09/16 21:21:45 ID:pTxPbXgE
阿弥陀信仰は、口称念仏への信です。念仏を信じて称えることが大事。「念仏すればOKと信じて念仏する」、その時の身口意の状態が、修行なのです。煩悩をなくすでもなく、しかし煩悩にとらわれない。

435 :名無しさん@3周年:04/09/16 21:22:20 ID:Z+YbccSG
>>432
面白いのは、それも西洋人が騒いだからです。
ダンマパダは、西洋人から「東洋の聖書」だと言われているのに、それ
を聞いた日本人は読んだことさえなかった。浮世絵もそうですね。外圧
がないと本当によいものがわからない、空き盲が多い。

436 :名無しさん@3周年:04/09/16 21:29:28 ID:WRK5JC9q
ちゅうか、法句経のどこがいいのか?


437 :名無しさん@3周年:04/09/16 21:33:36 ID:Z+YbccSG
豚に真珠

438 ::04/09/16 21:45:21 ID:72ipRfm1
>>414 金銀さん、
正見とは「苦、集、滅、道」に対する智慧を開くことと定義されています。

439 ::04/09/16 21:47:03 ID:72ipRfm1
>>416 さん、こんばんは。

>釈迦は、「私はコレで、悟りを開きました。だから、あんたたちもコレで、
>悟りを開きなさいよ」と言ったのだが...。

「コレ」とは何ですか。二種類あると思うのですが、

440 ::04/09/16 21:48:49 ID:72ipRfm1
>>417 金銀さんの意識は、前世もなく来世もなく今生に留まっているんですね。
長年座禅をされていても「常見」ですか?!

441 ::04/09/16 21:49:22 ID:72ipRfm1
↑訂正、「常見」→「断見」

442 :名無しさん@3周年:04/09/16 21:50:36 ID:hwVb/yKS
まあ、日本の仏教と東南アジアの仏教は
別物だからなあ。

443 ::04/09/16 21:53:59 ID:72ipRfm1
>>434 しかし、それは仏陀の教えではない。異教。

444 :名無しさん@3周年:04/09/16 22:01:19 ID:hwVb/yKS
正直、東南アジアの仏教は日本よりよほど

ブッダ ダルマ サンガ

を信奉してると思うよ。
庶民レベルでそうだから。
でも、東南アジアの人は悟りを得やすいのかどうかというと。。
どうなんでしょうかね。

445 ::04/09/16 22:03:50 ID:72ipRfm1
>>436 ダンマパダは仏道の「一行メモ集」みたいなものだから、
仏教を学んだ後に「ああそうだそうだ」と思い出すためにあるのでしょう。

446 ::04/09/16 22:07:35 ID:72ipRfm1
>>444 僧侶は人々から愛されてはいるような気がするのですが、
実際はどうなのですか?「タイのお坊さんのスキャンダル」なんて
いうのも有りましたよね。

日本だとお坊さんが何をしようがスキャンダルにはなり得ませんね。

447 :けちゃっぷ:04/09/16 22:10:13 ID:pTxPbXgE
>443 四諦説の延長ではあるでしょう。煩悩が起こらないようにするのは凡夫には難しいけど、煩悩が起こる度にリセットするのは念仏のみでできるので易しいですよ。煩悩をリセットは、生死のリセットです。

448 :けちゃっぷ:04/09/16 22:15:03 ID:pTxPbXgE
鉛筆を使う時は筆箱から出して、使い終われば筆箱に帰します。身口意の三業も、使う時には念仏から出して、終われば念仏に帰します。強い煩悩に襲われた時も、いったん念仏の家に帰します。

449 :名無しさん@3周年:04/09/16 22:17:56 ID:hwVb/yKS
>>444

ミャンマー や
ベトナム、
カンボジアなど殆が仏教国ですし、
俺は東南アジアの駅で
電車を待ってるとき、僧侶がタバコを吸いながら
列車を待ってる姿を何度も見掛けました。

でも、ブッダ、ダルマ、サンガへの信仰は
日本よりは全然あると思いました。

450 :名無しさん@3周年:04/09/16 22:21:02 ID:djYYKIWw
念仏は「私を救済してください」という念ですが、
救済する人格神を想像することは現代では
方便であることがわかっていますので
しません。

451 ::04/09/16 22:21:22 ID:72ipRfm1
>>437 >豚に真珠

だから法句経は、日めくりカレンダーのように毎日ぱらぱらとめくって、
「経はこの句」と言うような感じで、心に留めたら良いのでは。
と言う意味では「毎日の豚さんの真珠探し」ですよね。


>>428 けちゃっぷさんへ。
ダンマパダから
怒らないことによって怒りにうち勝て。善いことによって悪いことにうち勝て。
わかち合うことによって物惜しみにうち勝て。真実によって虚言の人にうち勝て。

真実を語れ。怒るな。請われたならば、乏しいなかから与えよ。これらの三つの
事によって(死後には天の)神々のもとに至り得るであろう。

真実によって虚言の人にうち勝て;仏陀の言葉によって、念仏者の虚言にうち勝て!

452 :名無しさん@3周年:04/09/16 22:21:24 ID:Z+YbccSG
実は、仏教が日本に伝来した時から堕落が始まっていたんだな。

最澄と空海が唐を渡って修行し、日本へ密教を持ち帰った。
実は、密教には「雑密」と呼ばれる、バラモン教から取り入れた「まじない」
がある。最澄は真面目な性格なので、「雑密」を否定し、ひたすら「空」を
感得する修行法だけを世に出そうとした。一方、空海は「雑密」を否定しなかった。

結果は歴然としていた。時の政治権力者が欲しいものは「空」ではなくて、
現世利益だったからだ。みるみる内に、空海は朝廷に取り入っていった。
最澄は、高野山の権勢を横目に死ぬ。最澄の弟子達の中から、比叡山巻き返しを
企てる者が現れ、とうとう天台宗でも「雑密」が解禁になる。この瞬間、
釈迦の悲願は、東のさいはての地で潰え去った。



453 ::04/09/16 22:26:25 ID:72ipRfm1
(ダンマパダ)
大地の唯一の支配者となるよりも、天に至るよりも、全世界の主権者となるよりも、
聖者の第一階梯(預流果、よるか)のほうがすぐれている。

454 :ニルヴァーナを見た ◆gx6wqL8lOs :04/09/16 23:13:14 ID:73Fv1bgI
ダニヤ「わたしはもう飯を炊き、乳を搾ってしまった。マヒー河の岸のほとりに、わたしは妻とともに住んで
わが小舎の屋根は葺かれ、火は点されている。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」
師「わたくしは怒ることなく、心の頑迷さを離れている。マヒー河の岸のほとりに一夜の宿りをなす。わが小
舎(すなわち自身)はあばかれ、欲情の火は消えた。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」
ダニヤ「未だ馴らされていない牛もいるし、乳を飲む仔牛もいる。孕んだ牝牛もいるし、交尾を欲する牝牛も
いる。〜神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」
師「未だ馴らされていない牛もいないし、乳を飲む仔牛もいない。孕んだ牝牛もいないし〜神よ、もしも雨を
降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」
師「牡牛のように結び縛めを断ち、くさい臭いのする蔓草を象のように踏みにじり、わたくしはもはや母胎に
入ることはないであろう。神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ。」

ブッダは、在家の生活や、牛(財産)を所有することが神の望みではないと説かれる。多くの財産があろうと、
それは人の望みから所有するのであって、「私には、財産があります。家もあり、子もあり、幸せな暮らしを
しています。それは、神様のおかげです。」と、それらは欲念であって(欲念のない彼岸では、それらの喜び
もない)と教えさとし、欲念を神に祈り求めるべきではないと教える。「ねがい求める者には欲念がある。」
それより、在家の人々も何ものにも依存することなく、自分たちのことは、自分たちの努力によって快適な暮
らしを築きあげることが大切なのである。

455 :ニルヴァーナを見た ◆gx6wqL8lOs :04/09/16 23:14:12 ID:73Fv1bgI
「園に植え、林に植え、橋を作り、井戸の舎や貯水池を作る人々、休息所を与える人々、かれらの功徳は、昼
夜に増大する。それらの人々は、法に安住し、戒めを身に具えて、天におもむく。」「愚劣な人が富を得ると、
自ら用いることなく、他人にも与えない。健き人・智慧のある人は、富を得たならば、自ら用い、またなすべ
きことをなす。牡牛のような人であるかれは、親族の仲間を養って、人から非難されることなく、天の場所に
おもむく」


「利益を欲して学ぶのではない。利益がなかったとしても、怒ることがない。」
「アーナンダよ。どのような道理によって、修行完成者・真人・ただしく悟りを開いた人については、人々
 がかれのストゥーパをつくってかれを拝むべきであるのか?アーナンダよ。これは、かの修行完成者・真人・
 正しくさとりを開いた人のストゥパーであると思って、多くの人は心が浄まる。」

心を清浄にするために信仰するのであって、利益を欲して信仰するのでも、学ぶのでもない。
「この世で、人たる身を得て、気前よく分かち与え、もの惜しみをしない人々が、ブッダと真理との教えとに
対して信仰心あり、修行者の集いに対して熱烈な尊敬心をもっているならば、かれらは天界に生まれて、そこ
で輝く。」

欲界であるこの世で、彼岸に至った者が清浄となり、欲のない世界で喜びに満ちているように、欲のない話を
聞いて喜べば、その人の心は清まっていると考えられる。修行者の欲のない人々の集いに対して熱烈な尊敬心
をもっているならば、その人の心は、貪りに囚われていないから、心は清まっているだろう。利益を欲して学
べば清まらない。欲のない教えに、信仰をもって心の安らぎを求めて学べばよいと思う。


456 ::04/09/16 23:51:34 ID:72ipRfm1
>>452 空海のことは全く知らないのですが。
弘法大師空海の教えにはまったく菩提心と言うものはないのですか?

457 ::04/09/16 23:52:40 ID:72ipRfm1
ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依法 帰依僧)

mata ashita...



458 :名無しさん@3周年:04/09/16 23:53:12 ID:hzme0SNn
邪法大師

459 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 00:14:21 ID:P+/nM6TM
>>452
すげぇ想像力。

460 :名無しさん@3周年:04/09/17 00:14:23 ID:loMG0nYU
382 :1 :04/09/15 23:18:58 ID:H8VVl2Bl
>>376

仏=おしゃかさま 法=パーリーニカーヤs、僧=私たちは良い友人を持った


1さん。私は釈尊を仏で一つにするのは、あまり賛成ではありません。
それは、仏=釈尊とすると、人としての姿を知らない限り
神格化が行われるからです。
人格完成者というのは、人格完成者でないからです。

だから、密教的に仏陀とし、特別視しないほうが良いと思っています。
僧=幸せの発言を受けて、半ば、全ての話しを出しましたが
善き友を持つことをさらに先をみて、中道としました。

龍樹菩薩の 空、縁起、中道は同じという発言を受けて
それは、独立して考えますが、それは三宝に帰依をする事にも
言えるとこじつけました。

461 :名無しさん@3周年:04/09/17 00:27:51 ID:loMG0nYU
>>452

ある仏陀がおられた。弟子たちの前で説法をされた。
弟子のひとりに賢者たるものがおられた。
説法を聴いてすべてを知ってしまった。
どういう真意があって、言っているかを。
その時点で、弟子たる資格を失ったに等しくなる。
こうして、悲願が消えていく。

中華思想において、すでに仏教は違うものになってるし
土着の信仰でゆがむのだから。
人が滅ぼしていくのだから、仕方がない。

462 :マンゴー先生:04/09/17 00:29:49 ID:BLiGnu1a
>>455
そうですね。心の清浄こそが仏教の眼目。
そのために「悪いことをせず、善いことをせよ」と釈尊は説かれる。
悪いことをせずとは、持戒。これを別解脱と呼ぶ。
善いことをせよとは、人の幸せを願う慈しみの心。これを慈心解脱と呼ぶ。
しかしながら持戒について誤解してはいけません。
戒を見るのではなく心を観るのが持戒の本義ですね。


463 :マンゴー先生:04/09/17 00:53:07 ID:BLiGnu1a
>>462
心を観るとは、「それは私ではない、それは私のものではない」と観る観念修行法。
以上が、七佛通戒偈、諸々の仏の教えなり。
出家も在家も関係ありません。在家だからこれはしなくてもいいなどというものはない。
道を歩むものは皆平等、仏の教えに依って、共に幸せでありましょう!

464 :名無しさん@3周年:04/09/17 00:53:13 ID:loMG0nYU
>>395
>聖書の神様は仏教の「梵天」に相当するのでは?

まず冷静に考える限り、釈尊は経典ですべての存在から
帰依を受けています。梵天からもです。
ヤッカ(神霊)に関する経典で、もと人との描写が出てきます。
釈尊を超えるものが出てきませんが、
聖書の神は明らかに人の次元ではありません。

その神は仏陀であろうと、人に帰依をするはずがありません。
聖書の神は三界の住人ではありません。
釈尊は、その存在については述べていません。
その存在を考えたとき、ちょうど無記の内容と関係がでてくる
釈尊はおっしゃった。
説かないものは、説かれないまま受け取らなくてはならないと。

あえて一番近いとすれば、法なのかも知れません。
西洋の一神教の神は主として、神・天と区別をするべきだと思います。
神の思想は理不尽だと思いながらも、仏教で救われるなら良いではないですか

465 :金玉銀之助 ◆QShmSrkuWE :04/09/17 05:05:16 ID:shMj/9pM
>>440
>金銀さんの意識は、前世もなく来世もなく今生に留まっているんですね。
>長年座禅をされていても「断見」ですか?!

今生に留まっておりましたら、断見も常見もありませんね。

世界は未来が設定されている訳ではない。
しかしながら人は、未来を想像できる。
想像しているのは今生においてである。想像している瞬間においては未来はある。
しかしその未来も瞬時に生滅してしまう。

これを、生起するもそのまま生滅す。というような言い方をする。
生起するは縁起でしかない、これを諸法無我。
常住なものはなく、これを諸行無常。
このありようを、涅槃寂静。




466 :210.169.210.113 , user007113.htv-net.ne.jp ,:04/09/17 09:08:13 ID:3eY0wXut
219.3.162.167 YahooBB219003162167.bbtec.net
犯罪者IPあげ

467 :210.169.210.113 , user007113.htv-net.ne.jp ,:04/09/17 09:19:14 ID:3eY0wXut
このIPについて、面白いことを教えてやろう
おまえらの秘密のサイトZetaの能力開発板で晒していたIPで、
初期の頃なんの躊躇もなく、IPをさらしながら皆が書きこみしていた。
ところが、それらのIPを調べると、上でコピペしているIPと同じ
ように2ちゃんねるの削除板を頻繁に出入りして、特定のHPの
嵐やへんな書きこみによる迷惑行為、出会い系サイトへの女性と
しての書きこみなど犯罪かそれにかかわるようなIPがごっそりで
てきたんだよ。残念ながら今Zeta能力開発板を見ても、危ない
IPはすべて削除して書きこみしているようだがね。
ただ初期のころIPを晒されると知らずに書きこみした多くの
IPから犯罪行為を繰り返しているものが見つかった。
そしてそれらは、すべてログしてある。
つまりこれは、2chの裏側では、そんな
反社会行為を繰り返すネット上の嵐犯罪グループがあることの
証拠ともなるものだ。ただ俺は鈴木・公一と、2CH太郎、
スレ立て人の乙、この3人を潰すことだけにしか興味がない。
だからそのことは、黙ってるだけなんだよ。
これらの犯罪性のあるIPのすべてを警察に届ければ面白い
ことになるかもしれないねぇ
( ゚∀゚)アーーッハッハッ八ッ八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

468 ::04/09/17 11:18:25 ID:aH3yzWLe
>>460 さん、
「修行完成者はここでお生まれになった」、
「修行完成者はここで無上の完全なさとりを開かれた」
、「修行完成者はここで教えを説きはじめられた」、
「修行完成者はここで煩悩の残りの無いニルヴァーナの境地に入られた」
といって(これらの場所に)集まって来るであろう。

アーナンダよ。誰でも、祠堂(チェーティヤ)の巡礼をして遍歴し、
浄らかな心で死ぬならば、かれらはすべて、死後に、身体が壊[やぶ]れて
のちに、善いところ、天の世界に生れるであろう。

>密教的に(お曼荼羅の神様・仏様みたいに)

ではなくて、古代仏教的に神格化したいですよね。
如来様を神格化して拝むって楽しい。。。
つらい人生、それくらいの楽しみはあってもいいのでは?

469 ::04/09/17 11:28:54 ID:aH3yzWLe
>>460 と楽しい話はさておいて、
「中道」とは、修行法ですよね。快楽主義にも走らず、苦行主義にも
走らない。具体的には、サンガに入るとどのような生活が待っているのか。
早晨に目覚め、朝の支度、瞑想、食事、托鉢、そしてまた夜明け近くまで
瞑想。八正道の聖なる生活。
そういうなんでもない生活を続けることが中道の修行なんですね。(私た
ちにとってはまさに苦行でしょうが)。

中道とは、出家者の「普通生活修行」?

470 ::04/09/17 11:40:57 ID:aH3yzWLe
>>463 マンゴー先生。知らなかったので調べてみました。

七仏通戒偈(しちぶつつうかいげ)
伝説によりますと、お釈迦さまが悟りを開いて仏さまになる以前に、
すでに六人の仏さまがいました。お釈迦さまを加えて、これを
「過去七仏」といいますが、この仏さまたちは、共通の戒めの詩
(漢訳で「偈(げ)」をもっていたと云われます。
その詩の文句は必ずしも同じではありませんが、カーシヤパ
[迦葉仏(かしょうぶつ)]が唱えたという詩が最も有名で、これ
が一般に「七仏通戒偈」として、仏教徒に珍重されてきました。
 その文句は、
 諸悪莫作(しょあくまくさ)
 衆善奉行(しゅぜんぶぎょう)
 自浄其意(じじょうごい)
 是諸仏教(ぜしょぶっきょう)
もろもろの悪を行うことなく、もろもろの善を行い、心を浄らかにしなさい。
これが、もろもろの佛たちの教えです。

ややこしくて難しい教義も、せんじつめれば、この四つの句におさめられると
いう事です。




471 ::04/09/17 12:03:28 ID:aH3yzWLe
>>465 金さん銀さんこんにちは。

>生起するは縁起でしかない、これを諸法無我。
>常住なものはなく、これを諸行無常。
>このありようを、涅槃寂静。

諸法は縁起により生起する、これを諸法無我。
常住なものはなく、これを諸行無常。
このありようは、一切皆苦。
涅槃寂静は甘露の門、甘露のまほろば、甘露飴。





472 :名無しさん@3周年:04/09/17 12:09:57 ID:Fbbg4hzd
>>452

まじないは、原始仏教からあります。法華経にもあり。そんな単純な
図式的史観は(イデオロギー系を含む)カルトの常套。

473 :名無しさん@3周年:04/09/17 12:14:50 ID:lc2w6Dpe
とカルトが言ってます。

474 ::04/09/17 12:26:38 ID:aH3yzWLe
ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依法 帰依僧)

私の場合、一番忘れやすいのが「サンガ」。
会社などでちょっと苦手な人でも「サンガ」の一員なんだと
思えばうまく行くかも。


475 :名無しさん@3周年:04/09/17 12:52:42 ID:P/O877c2
ブッダとは覚者。悟りを開いた人。ひとり釈尊のみにあらず。
「ブッダム、サラナム、ガッチャーミ」と言うときは過去、現在、未来、宇宙に
遍満する全ての覚者に帰依したてまつる。これをかえして言わば、悟りの象徴
として釈尊に帰依す。
ダンマとは法。万人に表れたる普遍の真理。仏教徒の経典、教義のみ
にあらず。「ダンマム、サラナム、ガッチャーミ」と言うときは、この普遍の法に
帰依したてまつる。
サンガとは集い。法を実践する人々。仏教徒集団のみにあらず。
「ブッダム、サラナム、ガッチャーミ」と言うときは、在家出家関わりなく全ての
法実践者を敬って帰依したてまつる。

476 :名無しさん@3周年:04/09/17 13:38:31 ID:Ti+QcrlR
コピペ投稿ご苦労さん。
ダブってるんじゃない(w

477 :真言坊主 ◇WU311ujDWk :04/09/17 13:42:58 ID:Ti+QcrlR
#6[かっちん◆WU311ujDWk]
遅くなってスミマセン質問でも相談でもバンバンしてください私の場合は
ですね…@真面目な姿を見たときAその人の意外な一面を見た時とかには
人だったんだ…知らなかったなぁ。」みたいな感じで見なおせちゃいます
逆に変なコトしてる時を見ちゃうと「やっぱりこんな程度の人だったん
だぁ…」って余計にダウン
こんな回答でよろしいでしょうか参考にしてもらえれば幸いです
^:8/6 23:54
驕FN504iS

478 :真言坊主 ◇WU311ujDWk:04/09/17 13:43:42 ID:Ti+QcrlR
http://bb.look3.info/r.php/zatutama/11/

479 :真言坊主 ◇WU311ujDWk:04/09/17 13:46:06 ID:Ti+QcrlR
#5[かっちん◆WU311ujDWk]
りささん初めまして☆相談読みましたよ〜。私の意見としてはです
ね…直接りささんの前で『好き』と言うのが恥ずかしいから言えな
んじゃないかな。メールは面と向かって伝えてないから恥ずかしく
ないけど、いざ本人を前にすると言いたいことも言えなくなっちゃ
うものです。だからまずは話しやすい状態を作ってあげたりしてみ
てはどうでしょう?頼りにならない回答でスミマセンm(_ _)m [消]
http://bb.look3.info/r.php/zatutama/13/
^:9/5 00:01
驕FN504iS

480 :真言坊主 ◇WU311ujDWk:04/09/17 13:47:53 ID:Ti+QcrlR
288 名前: ノーマッド ◆WU311ujDWk 投稿日: 03/01/05 03:25 ID:8xdQ+/RN

モナーがテレビアニメ化!!!
祭りだ!!!!
参考画像:http://www.bj.wakwak.com/~naruto/img-box/20030105031020.gif
<<放送時間>>
1/5
大阪 テレビ大阪 (日)9:30〜10:00
東京 テレビ東京 (日)9:30〜10:00
名古屋 テレビ愛知 (日)9:30〜10:00
福岡 TVQ九州放送 (日)9:30〜10:00
札幌 テレビ北海道 (日)9:30〜10:00
岡山・高松 テレビせとうち (日)9:30〜10:00


481 :神の愛の証言者 ◇IHSXPiND6Q:04/09/17 14:10:17 ID:Ti+QcrlR
5 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/06 11:09
>>1
>2chから再び集団自殺者がでてしまいました
>今回はメルヘン板からです、はっきりいって異常事態です。

これは、ばーちゃる


482 :若返る机龍之介(懲役確実)◇8Z1PfzdK1:04/09/17 14:11:51 ID:Ti+QcrlR
7 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :03/03/06 11:14
スマソ
カキコしぱ〜ぃ。

実際に自殺したんですか?
ソ-スの類はどーですか?


483 :若返る机龍之介(懲役確実)◇8Z1PfzdK1:04/09/17 14:18:15 ID:Ti+QcrlR
277 :さい玉24 ◆8Z1PfzdK1. :04/07/20 20:23 ID:zmpFSBgZ
みなさんまだZEPなんてへぼいものを聞いてるんでつか?
ZEPなんかよりはるかに奥が深い熟女の世界を覘いてみましょうよ
http://butyou25.h.fc2.com/


278 :ホワイトアルバムさん :04/07/20 20:57 ID:???
さい玉24 ◆8Z1PfzdK1
裂い玉24 ◆8Z1PfzdK1
菜玉24 ◆8Z1PfzdK1
偲玉24 ◆8Z1PfzdK1
妻玉24 ◆8Z1PfzdK1
細玉24 ◆8Z1PfzdK1
塞玉24 ◆8Z1PfzdK1
晒玉24 ◆8Z1PfzdK1
切玉24 ◆8Z1PfzdK1
砕玉24 ◆8Z1PfzdK1
災玉24 ◆8Z1PfzdK1
殺玉24 ◆8Z1PfzdK1


484 :若返る机龍之介(懲役確実)◇8Z1PfzdK1:04/09/17 14:19:54 ID:Ti+QcrlR
2ちゃんねるの桜
芋づる式逮捕懲役確実(爆)

決定的証拠!集団ぐるみのマルチ詐欺発覚!!

485 :若返る机龍之介(懲役確実)◇8Z1PfzdK1:04/09/17 14:36:16 ID:Ti+QcrlR
48 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/06 23:01 ID:1Cph9ca9
>>46
>騙そうと思っていろんな準備して、
>寸前にばれるのは、もっと馬鹿だということ(w

会社で言えば計画倒産だから、当然、一番美味しいとこで倒産
させるのが賢いやりかただよ。
いわゆる短期勝負。
投資して・・・寸前に倒産させれば、投資した金はまるっきり
自分のものになる。
そこが資本主義だよ。

資本主義は投資によって成立つシステムだから。
投資される側(資本家)は優遇されるように最初か
らそういうシステムになっている。
http://66.102.7.104/search?q=cache:JJ4PCWY8fmYJ:pc5.2ch.net/test/read.cgi/pc2nanmin/1094025701/-100+2CMtjCEakk&hl=ja



486 :若返る机龍之介 (懲役確実)◇8 Z1PfzdK1:04/09/17 14:59:18 ID:Ti+QcrlR
机サラ仕上げ

487 :名無しさん@3周年:04/09/17 15:07:05 ID:M8EF74MX
324 :本当にあった怖い名無し :04/08/04 12:16 ID:izDYftrc
EN自己啓発研究所
http://life.2ch.net/psy/kako/1036/10365/1036561220.html
【社会】ネットで口論した相手をメールで中傷した男性、名誉毀損等で逮捕
http://news2.2ch.net/newsplus/kako/1042/10420/1042023582.html

ついに武板から逮捕者が
http://sports.2ch.net/test/read.cgi/budou/1042044506/l50
※武道板のスレ
総合実践真武道 合氣道吉野愛氣塾
http://qb.2ch.net/test/read.cgi/saku2ch/1036479389/l50
※HAJIME氏による削除依頼スレ



★メールで中傷、男を逮捕 奈良県警

・インターネットのメーリングリストで「女弟子と不倫した」などと奈良県内の
 合気道道場経営の男性(41)を中傷する内容のメールを送ったとして、
 奈良県警吉野署は8日、名誉棄損などの疑いで大阪市此花区春日出北、
 ヘルパー介護員、多賀井健次容疑者(36)を逮捕した。

 調べでは、多賀井容疑者は合気道に関するメーリングリストに昨年7月と9月、
 「女弟子と不倫してたんだろうな」などと男性の実名、住所入りで中傷メールを
 送った疑い。

 調べでは、同容疑者は昨年4月、インターネット上の掲示板で男性と口論。
 実際に会って一度はやめるよう合意したが、その後男性個人を中傷する
 メールを送るようになった。
 「注意されて腹が立ったのでやった」と供述しているという。

 http://www.sankei.co.jp/news/030108/0108sha109.htm

488 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/17 16:00:23 ID:shMj/9pM
>>483
なるほど、田賀〇健次氏が、机とS氏を同一人物と疑ってるのは、
>さい玉24 ◆8Z1PfzdK1

この↑トリップのことですね?

なにやら意味がわかりませんでしたが・・・じつに驚きました。
私と同一のトリップを付けてる人がいたなんて。

言っておきますが、私は「さい玉24」氏は知りませんよ。
たまたまトリップが同一だった。ってことだけ。

あまり考え過ぎるのはよくありません。

   <田賀〇氏へ>


489 :犯罪者のIP☆219 .3.162.167YahooBB219003162167.bbtec.net:04/09/17 16:46:11 ID:BikqWEE7
久しぶりに見たな、太郎くんのブチ切れのコピペw
いつまで、同じことやってんだかw
名前:多賀井健次投稿日:2004/09/02(木) 20:16
ファミレス刺殺事件 暴力団員に懲役10年を求刑 /石川

昨年8月、大阪市内のファミリーレストランで山本組系暴力団員2人が刺殺された事
件で、殺人などの
罪に問われた暴力団員、多賀井健次被告(37)住所大阪市此花区春日出北1丁目26− 3の
論告求刑公判が14日、大阪地裁(伊東一広裁判長)であった。検察側は「暴力団員 としての行動原理が
しみついており、人格の矯正は極めて困難。改しゅんの情はみじんもうかがわれな
い」として懲役10年を 求刑した。起訴状などによると、多賀井被告は昨年8月31日夜、同市のレストラン
で、同じ罪などで 起訴されている武田信二被告(31)ら4人と共謀し、別の合業九j組系暴力団員2
人を日本刀や 包丁などで殺害した。【平本泰章】
ソース http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-040524-0013.html

凶悪犯 多賀井健次(ヘルパー介護員)の発行するメルマガ
潜在意識を活用する超人たち
(KEN自己啓発研究所) http://www.mag2.com/m/0000056255.htm


490 :犯罪者のIP☆219 .3.162.167YahooBB219003162167.bbtec.net:04/09/17 16:51:00 ID:BikqWEE7
そろそろ2ちゃんねる史上初の運営の逮捕者
が出る予感がしてきましたな。

カワイソウだと思って、警察に被害届けを出すことを
躊躇していたが、どうも反省の色がないみたいだ。
おまえ、Zetaの能力開発板で、自分のIP晒しながら
実名書いてるの、逮捕確実だよ。アホだから忘れたのかな。
zeta板の検索でみてみ?くっきりとお前のIPと犯罪の書きこみが
残ってる。いつでも逮捕だよ。おまえ。

491 :犯罪者のIP☆219 .3.162.167YahooBB219003162167.bbtec.net:04/09/17 16:52:13 ID:BikqWEE7
>>488

とりあえず警察の取調室で聞くとしようw

492 :名無しさん@3周年:04/09/17 16:52:39 ID:viNxgJRu
>>490
で、いつ逮捕されるのよ。待ってるんだけど
ぜんぜんされないじゃん。

493 :犯罪者のIP☆219 .3.162.167YahooBB219003162167.bbtec.net:04/09/17 16:54:27 ID:BikqWEE7
机龍之介 ◆8Z1PfzdK1くんの言ってることは
数千億分の一の確率でありえるはなしですな( ´,_ゝ`)プッ







もっとマシないい訳かけ馬鹿

494 :犯罪者のIP☆219 .3.162.167YahooBB219003162167.bbtec.net:04/09/17 17:02:47 ID:BikqWEE7
>>492

とりあえず、時期としては鈴木・公一の計画倒産をし、
金の持ち逃げ、被害届け続出・・・

ここまでのシナリオをたどってからだな。
今告訴しても、せいぜい罰金程度だ。
それより刑務所ぶちこんだほうが面白いだろw
そーいうことよ。楽しみは長く味わいたいもんだよw

495 :犯罪者のIP☆219 .3.162.167YahooBB219003162167.bbtec.net:04/09/17 17:08:26 ID:BikqWEE7
鈴木・公一タント計画倒産 → 金持ち逃げ海外逃亡

→被害届け続出 → 刑事事件 →鈴木公一に関連する捜査開始
→2ちゃんねるのスレで詐欺が予告されていたことが発覚
→机龍之介 ◆8Z1PfzdK1のトリップを鈴木が使用してることが発覚
→複数の人間が机龍之介 ◆8Z1PfzdK1のトリップを使用
→2ちゃんねるに共犯者の疑い→スレのIP開示
→2ちゃん運営大量逮捕・・・・こんな図式だな(^▽^)

496 :犯罪者のIP☆219 .3.162.167YahooBB219003162167.bbtec.net:04/09/17 17:11:22 ID:BikqWEE7
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
とりあえず、zeta板で、こいつは、自分のIPを晒しながら、
個人情報を書きこみするという、ネット犯罪史上マレに見る
馬鹿ブリを発揮したので、俺がその気になって告訴すれば
いつでも逮捕することができる。こいつを一匹捕まえて、
ベラベラ秘密をしゃべらすのも、いいかもしれないなwww

497 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/17 17:40:30 ID:shMj/9pM
>→机龍之介 ◆8Z1PfzdK1のトリップを鈴木が使用してることが発覚
>→複数の人間が机龍之介 ◆8Z1PfzdK1のトリップを使用

いやぁ、机のハンドルは他の人は使ってないよ。
あなたの妄想でしかない。

マルチを叩きたいなら、他の方法があるだろ?

私は、鈴木公一なる人物も知らんし、
ましてや2ちゃんの管理をしている人間ではない。

ちなみに、私がスレッドを立てようとすると拒否される。
試しに「原始佛教」スレを立てたが、これだけはようやく立てた。

S氏の住所がわかってるなら、リアルで交渉した方がいいよ。
私は、こういう揉め事には関知したくない。
全く関係ないんだし。


498 :名無しさん@3周年:04/09/17 17:49:38 ID:CHUK+eXZ
>>489
自分で自分の実名を出した意図は?

499 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 17:54:24 ID:RcJB4VYT
>>497
机さんお久しぶりです。
私のトリップもさらされていたので驚いたのですが、
確かにトリップでぐぐると、別人で、なおかつ同一トリップの人のレスも
検索されますね。

500 :桃太郎チベタン5:04/09/17 18:18:34 ID:j3ndUktK
経典の引用仏教ではなく、帰依する仏教というのはもう少し、
法輪を回す能力が必要なのでは?
つまり、実践から見えた思索思惟を発表する事で意見を交えて理解を深めると言う様に。
只の経典と思索ではなく人間界で人と接して菩薩行するから見えてくる仏典の裏の意味が語られないと、
面白くないな。特に同事摂を行じて行く事がどういう理解を生み出してて行くか。
この辺に十界互具や阿弥陀の誓願、観音の変化も密教もあると思うな。

501 ::04/09/17 18:20:03 ID:aH3yzWLe
? 変なコメントが続いていますね。
じゃあ、このスレッド閉鎖しましょう。

埋め立て中; 500!

502 ::04/09/17 18:21:21 ID:aH3yzWLe
>>500 意味が分からなかった。

埋め立て中;502

503 ::04/09/17 18:26:12 ID:aH3yzWLe
埋め立て中;503


504 :名無しさん@3周年:04/09/17 18:28:49 ID:DXlQZ1fV
>>472
原始仏典のどの経典よ。ブッダがまじないをしろと言ったのか。
それは嘘だと思う。

505 ::04/09/17 18:29:54 ID:aH3yzWLe
【埋め立て中】

鷲の峰にて
釈尊の晩年を語る最初は、マガダ国アジャータサットウ(阿闍世)王が
ヴァッジ族を攻め滅ぼす相談を釈尊にしに行くところから始まります。
使者のヴァッサカーラ大臣に対し、釈尊はまず弟子のアーナンダに次の
7箇条が事実かどうか尋ねます。

1.ヴァッジ人は、しばしば会議を開き、会議には多数の人が参集する。


506 ::04/09/17 18:30:56 ID:aH3yzWLe
【埋め立て中】
2.ヴァッジ人は、共同して集合し、共同して行動し、共同してヴァッジ族
としてなすべきことをなす。


507 ::04/09/17 18:37:16 ID:aH3yzWLe
【埋め立て中】
3.ヴァッジ人は、未だ定められてことを定めず、すでに定められたことを
破らず、往昔に定められたヴァッジ人の法に従って行動しようとする。


508 :1【埋め立て中】:04/09/17 18:38:36 ID:aH3yzWLe
4.ヴァッジ人は、ヴァッジ族のうちのヴァッジ古老を敬い、尊び、崇め、
もてなし、そうして彼らの言を聴くべきとものと思う。


509 :1【埋め立て中】:04/09/17 18:58:30 ID:aH3yzWLe
5.ヴァッジ人は、宗族の婦女・童女をば暴力もて連れ出し拘え留めること
を為さない。


当時は良くあることだったのかしら?


510 :真言坊主 ◇WU311ujDWk:04/09/17 18:58:32 ID:BikqWEE7
真言くんの言ってることは、
数千億分の一の確率で正しいといえるだろう( ´,_ゝ`)プッ











もっと、真実みのある嘘つけよ、馬鹿

511 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:00:14 ID:aH3yzWLe
6.ヴァッジ人は、[都市の]内外のヴァッジ人のヴァッジ霊地を敬い、
尊び、崇め、支持し、そうして以前に与えられ、以前に為されたる、
法に適ったかれらの供物を廃することがない。

↑最近はどうだろう。御神輿を担いだり練り歩くのはどんどん盛んに
なって行っているが。本当に神霊を敬っているであろうか。


512 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:01:22 ID:aH3yzWLe
7.ヴァッジ人が真人(尊敬されるべき修行者)(阿羅漢)たちに、正当の保
護と防禦と支持とを与えてよく備え、未だ来らざる真人たちが、この領土に入
るであろうことを、またすでに来た真人たちが、この領土のうちに安らかに住
まうであろうことをねがう。

513 :真言坊主 ◇WU311ujDWk:04/09/17 19:04:39 ID:BikqWEE7
なんだか、自動カキコシステム(ひろゆき6号)になってる
みたいね。しばらくようすをみるとしよう。

514 :桃太郎チベタン5:04/09/17 19:05:57 ID:eGYrQ6rv
空手の解説書と太極拳の解説書を帰依するって言う事はそれを修得する為に
実際に菩薩行する事になる。すると解説書の本当の意味を体得していける。
構え方が左よりなら、右によれと指導する。右よりなら左によれと指導する。
これらの左右上下十二方位のズレを整えて、正しい型が体得される。
仏教に帰依する事とは実践する事であり、
実践した経験から生じるものがその人の悟りであり、
個々の体験を通して語り合い学びあうことがサンガのあり方であろう。

515 :名無しさん@3周年:04/09/17 19:07:41 ID:vcI1Bpvl
>>504
多くの呪文をやたらにつぶやいても、人は生まれによってバラモンと
なるのでない。内心は汚物に汚れ、欺瞞(だます)にたよっている。
王族でも、バラモンでも、庶民でも、シュードラでも、チャンダーラ
や下水掃除人でも、精励してつとめ、熱心であり、つねにしっかりと
勇ましく行動する人は、最高の清らかさに達する。このような人をバ
ラモンであると知れ。 (サンユッタ・ニカーヤ)

516 :真言坊主 ◇WU311ujDWk:04/09/17 19:10:48 ID:BikqWEE7
つまり、机龍之介 ◆8Z1PfzdK1というコテハンは、
様々な板で使用されている、2ちゃんねる運営が
使いまわししているIPだってことになる。
つまりそれは、犯罪者鈴木・公一が、2ちゃんねるの
運営であり、かつ、これから引き起こされる詐欺事件に関しては
2ちゃんねるが組織だって関与しているという
なによりの証拠スレとなったわけだ。

517 :警察へのログ送信完了!:04/09/17 19:12:26 ID:BikqWEE7
ただ今警察へのログ送信完了!!

これで、机龍之介 ◆8Z1PfzdK1というコテハンを
鈴木・公一以下、2ちゃんねるの複数の運営が
使いまわししていることの事実が警察の手に
渡りましたw

518 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:14:21 ID:aH3yzWLe
518

519 :警察へのログ送信完了!:04/09/17 19:14:53 ID:BikqWEE7
おまえらの、あせった態度

わ か り や す す ぎ だ よ( ´,_ゝ`)プッ

520 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:14:56 ID:aH3yzWLe
519

521 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/17 19:16:44 ID:shMj/9pM
>>499真言坊主氏
>私のトリップもさらされていたので驚いたのですが、

そうですね。
トリップで検索するのは気がつきませんでした。
ちなみに、ヤフーではIDで検索するのは一般的にやられてますけど・・・。
2ちゃんでトリップ検索は、普通は気が付きませんね。

522 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/17 19:22:03 ID:shMj/9pM
>>501
>? 変なコメントが続いていますね。
>じゃあ、このスレッド閉鎖しましょう。

そうですね。
ネットだから、ってんで軽い気持ちで相手に絡みますと・・・取り返しがつかなくなります。
これは武道板にて実際にありました。

互いに後戻りできなくなって、リアルで事件になってます。

ようは、相手をあまり刺激しないことが重要かと思います。


523 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 19:23:41 ID:edq8GjZ5
>1さん
はじめまして。
とつぜんですが、埋め立て中って、ちょっともったいなくありません?
どうせ埋めるなら、仏典でも何でもいいから
含蓄のある短い言葉かなんかを引用して埋めませんか?

524 :桃太郎チベタン5:04/09/17 19:26:19 ID:eGYrQ6rv
>>502
@法輪を回す能力を法華経では沢山説明しています。
A実践から見えた思索思惟を発表する事で意見を交えて理解を深めると言う事も
法華経にあります。
B菩薩行するから見えてくる仏典の裏の意味、これも法華経にあります。
C特に同事摂を行じて行く事がどういう理解を生み出してて行くか。
この辺に十界互具(十方のあらゆる世界)や阿弥陀の誓願、観音の変化も密教もあると思うな。
これも法華経にあります。法華経に限らず何処にでもあります。
一体何の意味が分からないのですか?

525 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 19:26:42 ID:edq8GjZ5
ということで、まずはわたくしから……

子曰わく、たれか微生高を直と謂う。
あるひと醯を乞いたるに、これを其の隣りに乞いてこれに与えたり。

526 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:27:45 ID:aH3yzWLe
522 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/17 19:22:03 ID:shMj/9pM
523 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 19:23:41 ID:edq8GjZ5
524 :桃太郎チベタン5 :04/09

527 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:28:25 ID:aH3yzWLe
522 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/17 19:22:03 ID:shMj/9pM
523 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 19:23:41 ID:edq8GjZ5
524 :桃太郎チベタン5 :04/09
525 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 19:26:42 ID:edq8GjZ5
ということで、まずはわたくしから……

子曰わく、たれか微生高を直と謂う。
あるひと醯を乞いたるに、これを其の隣りに乞いてこれに与えたり。




528 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 19:29:03 ID:edq8GjZ5
>>525は『論語』の公冶長篇からでした。出典書き忘れ。

529 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:29:20 ID:aH3yzWLe
528 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 19:29:03 ID:edq8GjZ5
>>525は『論語』の公冶長篇からでした。出典書き忘れ。




530 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:30:34 ID:aH3yzWLe
668 :桃太郎チベタン5 :04/09/17 18:38:11 ID:j3ndUktK
『修行法について』虚空蔵菩薩求聞法やった事ある。
実際効果あった。記憶力良すぎる位良くなった。
頭の回転も意識も明瞭になった。>>661 念仏だけでもその気になればカルマを
断てる。阿弥陀の一念の種子から万億の種子が生じて虚空説法を聞くことも出来る。
つまり、発心さえあれば一念が万億の種子を生じ、その一つ一つが更に万億の種子を生じ
知恵の開花は止める事が出来なくなる。




531 :桃太郎チベタン5:04/09/17 19:43:40 ID:eGYrQ6rv
>>530 意味が分からないというからヒントを示したけれど、
ここのスレの初めの趣旨に対して発言したつもりだけれど
ここは真面目に仏教に帰依する人の集まりではないのですか?
既に初めのスレ立てた人はいないのかな?
1さんは真面目に仏教をやっている人なのですか?

532 :埋め立て、お手伝いしますよ〜:04/09/17 19:44:46 ID:mAX4uK3G
738 名前: 名無しさん@3周年 投稿日: 04/09/14 19:07:34 ID:1+s4x8Jo
くろしろはハルカとか机とかが相手じゃないと
おもろうないねえ。
けっこうくろしろのキレる反応って好きなんだけどな。
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1085853705/738


739 名前: ID:1+s4x8Jo [sage] 投稿日: 04/09/14 20:22:28 ID:sQm+Mqja
162 名前: 真言坊主 ◆WU311ujDWk 投稿日: 04/09/14 20:07:32 ID:1+s4x8Jo
>>159
空ならざるものが如来じゃないのですか。
空でないものは縁起されたものじゃない。
すなわち無自性ではない。
他に依存しない独一不二の存在。すなわち如来(=覚体)。
横レスすいません。
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1085853705/739


743 名前: 真言坊主 ◆WU311ujDWk 投稿日: 04/09/15 19:38:33 ID:1Ze5BMvn
あれ?バレてる。しもたなー不覚。
でも、オレほんとうに机・くろしろ両氏のファンなんだよね。
二人のバトル、もう一度みたい。これ本音。
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1085853705/743

533 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:46:10 ID:aH3yzWLe
埋め立て、お手伝いしますよ〜

おねがいしま〜す!

534 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:51:01 ID:aH3yzWLe
Roses are red,
Violets are blue,
Sugar is sweet,
And so are you!

Clouds are white
Water is blue
I like rain
But I love you!

535 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:55:30 ID:aH3yzWLe
釈迦如来(シャーキャ・ムニ)
実在の人物で、仏教の開祖に当たる方です。釈迦族の王子ゴータマ・シッダールタ
が悟りを得て釈迦如来になりました。初期の仏教ではお釈迦様の姿は描かれること
なく、樹木や塔、法輪、足裏で表されていました。ですが、紀元1世紀からその姿
が描かれるようになりました 。
ガンダーラで作られた初期の釈迦像は、左右に梵天と帝釈天を従えた3尊形式で、
梵天勧請と呼ばれる、梵天がお釈迦様に人々に教えを説くように進める場面を表し
ています。これは、やがて左右の尊格が弥勒菩薩と観音菩薩に置き換えられるよう
になりました。 ですが、釈迦像として最も多いのは、両足を交差させて座り、大地
に手を触れて悟りを得たことを表した成道時の姿です。他にも、誕生時の童子形や、
仏滅時の涅槃図なども表されます。
禅宗の曹洞宗、臨済宗、黄檗宗のご本尊です。日蓮宗でもご本尊と考えることがあります。


536 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:56:43 ID:aH3yzWLe
薬師如来(バイシャジャグル)
東方浄瑠璃世界の教主で、名前の通り諸病、特に眼病を除き延命を願う如来です。
左手に薬壺を持って描かれます。インドでは仏像の作例が見つかっていませんが、
朝鮮や日本では人気のある如来です。


537 :1【埋め立て中】:04/09/17 19:58:51 ID:aH3yzWLe
阿弥陀如来(アミターバ、アミターユス)
無量光如来(アミターバ)と無量寿如来(アミターユス)、という2つの仏が合わさって
生まれた如来だと言われています。また、別に無量如来(アミタ)という仏がいたという
説もあります。その名の通り、「無限の光を放ち、時間を越えた」という意味の如来です。
「阿弥陀」は音訳した表現です。阿弥陀如来は西方極楽浄土の教主で、この如来を念ずる
人を極楽浄土に往生させてくれます。また、延命や敬愛の如来とも考えられています。
天台宗、浄土宗、浄土真宗、融通念仏宗のご本尊です。時宗は「南無阿弥陀仏」という
名号をご本尊とします。
大乗仏教はペルシャ系の王朝であるクシャーナ朝の時代にペルシャ文化の影響の強い西北
インドや中央アジアで発展し、中央アジアを経由して伝わりましたので、大乗仏教はペル
シャの宗教の影響を大きく受けたと推測されます。無量寿如来・無量光如来も、ペルシャ
の主神である光の神のアフラマズダやミスラ、無限時間の神ズルワンと関係が深いと考え
られています。

538 :1【埋め立て中】:04/09/17 20:00:16 ID:aH3yzWLe
>ペルシャの主神である
>光の神のアフラマズダやミスラ、
>無限時間の神ズルワンと関係が深いと考えられています

539 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 20:02:38 ID:edq8GjZ5
悠悠たり悠悠たり太だ悠悠たり
内外のケンショウ千萬の軸あり
杳杳たり杳杳たり太だ杳杳たり
道を云い道を云うに百種の道あり
書死え諷死えなましかば本何んが爲ん
知らず知らず吾も知らず
思い思い思い思うとも聖も心ることなけん
牛頭草を甞め病者を悲しみ
斷シ車を機って迷方を愍れむ
三界の狂人は狂せることを知らず
四生の盲者は盲せることを識らず
生れ生れ生れ生れて生の始めに暗く
死に死に死に死んで死の終わりに冥し

―秘蔵宝鑰・序―

540 :1【埋め立て中】:04/09/17 20:03:12 ID:aH3yzWLe
「光の神」
「無限時間の神」

なかなか魅惑的な名前ですよね。けちゃっぷさんも
阿弥陀如来のこういう属性に魅せれられているのかも。


541 :1【埋め立て中】:04/09/17 20:04:07 ID:aH3yzWLe
悪辣な人柄が滲んでいる。

542 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 20:07:29 ID:edq8GjZ5
昔日剃頭今長髪 出家二種心惟重
紅花緑実一株物 君見春秋顔色同
世理無常人如此 心縁不動大道通
長江万里以相答 雖爾処身如虚空

―見還俗人作―

543 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 20:08:30 ID:edq8GjZ5
閑林独坐草堂暁 三宝之声聞一鳥
一鳥有声人有心 声心雲水倶了了

―後夜聞仏法僧鳥―

544 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 20:11:39 ID:edq8GjZ5
南峯独立幾千年 松栢為隣銀漢前
戴日蘿衣物外久 函書今向相公辺

―蘿皮函詞―

545 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 20:12:49 ID:edq8GjZ5
雲蒸壑似浅 雷渡空如地 颯颯風満房 祁祁雨伴■
天光暗無色 楼月待難至 魑魅媚殺人 夜深不能寐

―納涼房望雲雷―

546 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 20:32:28 ID:edq8GjZ5
不捨於此身 逮得神境通 遊歩大空位 而成身祕密

―大日経―

547 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 20:33:47 ID:edq8GjZ5
若人求佛慧 通達菩提心 父母所生身 速證大覺位

―菩提心論―

548 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 20:35:32 ID:edq8GjZ5
六大無礙常瑜伽 四種曼荼各不離
三密加持速疾顯 重重帝網多即身
法然具足薩般若 心數心王過刹塵
各具五智無際智 圓鏡力故實覺智

―即身成仏義―

549 :名無しさん@3周年:04/09/17 21:10:25 ID:gk/olRXH
多くの呪文をやたらにつぶやいても、人は生まれによってバラモンと
なるのでない。内心は汚物に汚れ、欺瞞(だます)にたよっている。
王族でも、バラモンでも、庶民でも、シュードラでも、チャンダーラ
や下水掃除人でも、精励してつとめ、熱心であり、つねにしっかりと
勇ましく行動する人は、最高の清らかさに達する。このような人をバ
ラモンであると知れ。 (サンユッタ・ニカーヤ)




550 :名無しさん@3周年:04/09/17 21:26:39 ID:B4st00IC
window$とは何でしょうか?
OSです。
おーいぇすとも言います。
まるで米人のようです。

助けを呼ぶとき、SOSを発信します。
これは別にwindow$を呼んでいるわけではありません。
命を助けてくれと叫んでいます。
危機に立った命。戦慄する心。
それを脇に置いておく事の出来るもの
それが本当の強いものじゃ。にゃむっ

551 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 21:50:55 ID:2O40Aogl
見の師とひとしきは、師の半徳を減ず。
見の師に過ぎて、まさに伝授するに堪えたり。

―臨済録・行録―

552 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 21:56:30 ID:2O40Aogl
道流、なんじ、もし仏は是れ究竟なりといわば、
なにによってか八十年後、拘尸羅城の双林樹の間において、
側臥して死し去らん。仏は今いずれにかある。
明らかに知んぬ、我が生死とことならざることを。

―臨済録・示衆―

553 :警察へのログ送信完了!:04/09/17 21:58:08 ID:69z1T+yx
ひろゆき6号が、快調にダット落ちに導いてますな。
次のスレを検討しますか。

554 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 22:01:58 ID:2O40Aogl
国に人なく我を知るものもなし。
また何ぞ故都を懐わん。

―離騒経―

555 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/17 22:05:32 ID:2O40Aogl
人の短をいうことなかれ
おのれの長を説くことなかれ
人に施しては慎んでおもうことなかれ
施しを受けては慎んで忘るることなかれ

―座右の銘―

556 :名無しさん@3周年:04/09/17 22:37:18 ID:B4st00IC
ゴーゴーゴー ふぁみりいまあと

557 :名無しさん@3周年:04/09/17 22:40:00 ID:B4st00IC
ごーごーばーに逝きました。
てぃということせっくすをしようとしました。

しかし、そのときおれの理性がこういったのです

このおんなはえいずかもしれない。
おれはせっくすをあきらめました。
その後の検査はいんせいでした。
ああ、よかった。

えいずがなかったら。。

558 :桃太郎チベタン5:04/09/18 00:53:51 ID:vTv2W011
>>413 巡礼の地とは当然、色、受、想、行、識であり、
色の次元の衆生は誕生地を文字通り巡礼する。
受の次元の衆生は受の世界を元に巡礼する。
想の次元の衆生は想の世界を元に巡礼する。
行の次元の衆生は行の世界を元に巡礼する。
識の次元の衆生は識の世界を元に巡礼する。
同じ経文を見ても衆生のレベルに応じて解釈する。
ある者は慈悲について問えば経文の暗記した箇所を誇らしげに唱える。
ある者は慈悲について問えば慈しみの心で新たな参加者を向かいいれる。
仏は発心より生じる。仏の出生地とは発心であり、信であり、自身の心にある。
法の鏡について聞いても経文の何処にあるか聞かなければ、顔の洗い方さえ分からないと言う。
1+1は読めても答えられない。
愛していますと言えず詩を朗読する事しか出来ない。
目前の苦しむ人を見ても経典を手に持ち気が付かない。
意に沿わない書き込みは吊るんで生き埋めにしてしまう。
経典を読み漁っても慈しみの心は無いのか?

559 :髑髏仮面 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/18 08:00:43 ID:HKjCUfvo
 _、_      悠久の時を越え
( ,_ノ` ) 
     ζ
    [ ̄]'E
      ̄

  _、_     ついに現れたか
( ,_ノ` )     
  [ ̄]'E ズズ
    ̄

  _、_      その名も髑髏仮面!
(  ◎E

  _、_
( ; Д`) .・;'∴ ブハッ!?
         
    [ ̄]'E
     . ̄ _、 _
( д` ; )     お帰りなさいまし
    [ ̄]'E

560 :知ってた?:04/09/18 09:00:12 ID:EPp053JL
お彼岸は日本だけの習慣
 春分(3月21日)と秋分(9月23日)の日を中日とし、その前後3日間 ずつをあわせた各7日間を「春彼岸」
「秋彼岸」といいます。その初日が「彼 岸の入り」にあたります。春分・秋分とは、太陽が春分点・秋分点に達したと
きで、このとき、昼と夜の長さが等しくなります。お彼岸は、このような自然 の季節の変わり目にあたっておこなわれ
てきたさまざまなまつりの中から、育ってきた仏教的な行事です。
この仏教的な行事はインドや中国・朝鮮の仏教行事にはなく、日本的なもの といわれています。806年(延暦25年)、
淡路に流され絶食して死去した 早良親王(追号・崇道天皇)の怨霊を鎮めるため、諸国国分寺の僧に春秋二仲 月別七日、
金剛般若経を読ませたのが、彼岸会のはじまりとされています。

ttp://www.avis.ne.jp/~nstone/higan.htm

仏典に根拠がない法事で金取るようなアクドイことはやめようね>僧侶の皆様

561 :名無しさん@3周年:04/09/18 09:29:13 ID:dRJ0lSEz
「我を捨てて、我見を捨てて、真っ白になって、それを受け入れなさい」

(1)布施をすること
(2)僧侶を尊敬すること
(3)布教をすること

 この三つに従って、僧侶は働きもせず、豊かに暮らせるのである。

となるといけないので、この時の僧侶は、出家修行僧に限定されるのだ。
今の僧侶と言われる人は、在俗信者に他ならない。我々となんら変りがない。
今の僧侶も(仏教的には僧侶でない)、働いて自分を養い、それから人に教
える存在となること。 


562 :名無しさん@3周年:04/09/18 12:47:32 ID:FrndZA8g

         日本のこころ、日本の伝統を大切に         
                  (-人-)        

563 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/18 17:04:15 ID:dsd56ukM
>>560
仏教のもつ性格の一つとしてよくいわれることだけど、
地方への伝播とともにその土地々々の宗教や文化を吸収していくという
包容力というものがある。彼岸や葬式・先祖供養などの起源のことなる
祭祀が日本の仏教において行われるようになったのは
まさにその性格によるものだろう。これは中国・日本に限られる
ものではなく、インドにおいてもそうだった。
仏典があって活動が行われたわけじゃない。
活動があって、それをもとに仏典は作られた。

564 :560:04/09/18 17:10:22 ID:NuZzy8yK
>>563
ヤクザの習慣に「シャバ代」ってのがあります。
ああいうのも「その土地々々の宗教や文化を吸収していくという包容力」と
いう名目で許されるのですかね。彼岸の法要というのは、いわば「不当なる
搾取の悪習慣」というべきもので、不合理性が明らかになった時点で廃止
されるべきものです。

565 :560:04/09/18 18:32:13 ID:NuZzy8yK
「総会屋」も「談合」も、日本固有の商習慣ですが、現在では悪いことだと
されている。これまでの常識が通用しなくなったのです。
何でもかんでも「文化や習慣の保存」という名目で許されるわけではない。

566 :名無しさん@3周年:04/09/18 18:43:05 ID:7CRwXyzk
多くの呪文をやたらにつぶやいても、人は生まれによってバラモンと
なるのでない。内心は汚物に汚れ、欺瞞(だます)にたよっている。
王族でも、バラモンでも、庶民でも、シュードラでも、チャンダーラ
や下水掃除人でも、精励してつとめ、熱心であり、つねにしっかりと
勇ましく行動する人は、最高の清らかさに達する。このような人をバ
ラモンであると知れ。 (サンユッタ・ニカーヤ)


もちろん、読経(お経を唱えること)は、釈尊の教えから真っ向から
対立する行いである。釈尊の目的とは、霊的なものへのすがり求める
心から、人が現実に目覚め、自分の努力で力強く生きることと、しか
し、自己中心的な生き方、快楽や欲情に生きることもなく、それらを
自制して生きることを教えることが目的だったからだ。

567 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/18 18:47:28 ID:ItJsCl/0
彼岸に供養することってそんなに悪いことですかね?
あなたの話ですと、起源は早良親王にあるそうじゃないですか。
一千年以上もの歴史ですよ。悪いことならとうに潰れてる。
しかし、搾取とはすごい言いようだ。
わたしゃ坊主ですけどね、彼岸の供養はいらん、ていわれたら
即やめますよ。地主が小作人を強制労働するような
無理強いはしてません。

で、ちょっとおたずねしたいんですが、
ヤクザの話、あれ「シャバ代」っていうんですか?
私は「ショバ代」だと思ってたんですが…
もしも「娑婆代」なら日本仏教の悪がこんなところにも
あらわれてるんですね。

568 :名無しさん@3周年:04/09/18 18:49:23 ID:QnqFbH5Q
サンスクリットなんて必要ありませんよ。

569 :名無しさん@3周年:04/09/18 19:03:45 ID:QnqFbH5Q
日本の坊主って薬剤華南だって。

570 :けちゃっぷ:04/09/18 19:30:03 ID:yIZZw7Ut
彼岸批判って、バレンタインデーはチョコレートメーカーの策略だからやめろって言うのと同じでは?結局、やりたくない人はやらないし、やりたい人はやる。

571 : ◆2CMtjCEakk :04/09/18 20:25:29 ID:wnQydnP+
彼岸批判

霊感の無い人は、彼岸を批判する。

そういう人の先祖は救われない。



572 : ◆2CMtjCEakk :04/09/18 20:26:47 ID:wnQydnP+
>もしも「娑婆代」なら日本仏教の悪がこんなところにも
>あらわれてるんですね。
「娑婆代」というのは正しいが、

日本の仏教の悪とは、まったっく関係ない。

573 :名無しさん@3周年:04/09/18 20:36:14 ID:Wpc2Efyk
>>571
そういう脅しで金儲けするのが、日本の仏教です。
釈迦は、先祖供養をしろなどと言っていない。

574 :560:04/09/18 21:11:35 ID:5hH7mhi3
>>567

あのね。ヤクザだって、こっちが「あなたのは脅迫罪になりますよ」と指摘したら
大人しく引き下がりますよ。知っている相手には手出しはできない。
あなたの論理は、相手が無知であれば、遠慮なく付け込んでいい、という理屈で、
もうヤクザ並みですよ。

575 :名無しさん@3周年:04/09/18 21:32:04 ID:QnqFbH5Q
お金を取って供養できなかったら詐欺。
供養できるわけないだろうと思いながらお金を受け取っても詐欺。
本当に供養できるところは良いと思う。

576 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/18 21:44:10 ID:EbAvOYlc
>>574
では搾取坊主を遠慮なく訴えてください。
それで世の中きれいになります。

577 :560:04/09/18 21:47:45 ID:5hH7mhi3
>>576
法律で裁くまでもない。死後、「厳罰」を受けるだろうさ。

578 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/18 21:53:09 ID:EbAvOYlc
あれまあ。それじゃあ死後にどうやって裁かれるのか楽しみにしておきます。

579 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/18 22:01:13 ID:EbAvOYlc
子曰わく、憤せざれば啓かず。ヒせざれば発さず。
一隅をあげて、三隅を反せざれば、則ち復びせず。

―論語・述而篇―

580 : ◆2CMtjCEakk :04/09/18 22:01:21 ID:wnQydnP+
>>573
これは脅しではない。

仏教に、先祖を救う教えはない。

仏教では、先祖を救えない。

581 :けちゃっぷ:04/09/18 23:17:25 ID:yIZZw7Ut
>580 宗教というものを誤解されてるような…。家族や恋人から交通安全とかのお守りをもらったら、うれしいです。お守りが効く効かないじゃなくて。また、大切な人にお守りを贈る行為そのものが、幸せです。

582 :けちゃっぷ:04/09/18 23:21:13 ID:yIZZw7Ut
先祖のために何かしてあげたいという気持ちを、スッキリさせる。それでいいではありませんか。そのために寺を利用するかどうかは、各人が決めることです。

583 :マンゴー先生:04/09/18 23:44:14 ID:lBf9NZOx
>>582
最近の人は先祖の為というより亡くなった身近な人の為なのでしょうけれど。
いずれにしても、自分以外の誰かの幸せを願う心は、最も清浄な行為でしょうし、
そうした心を形で表すことができる日本仏教も、この面においては確かに仏の教え
だったといえるのではないでしょうか。

584 :名無しさん@3周年:04/09/18 23:56:31 ID:5qlUPp2N
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095504704


585 :ニルヴァーナを見た ◆gx6wqL8lOs :04/09/19 00:21:10 ID:Q4XRV/qs
二つの極端説
「学ぶことに生きがいを認め、奉仕を楽しむために、戒律をまもって生き、ブラフマンを奉じた生活を送ってい
る人々がいる―これは一つの極端説であると説かれている。」
「『快楽は享受するべきであり、清らかである。快楽のうちに欠点は存在しない』とこのように見なす愚者ども
がいる―これは第二の極端説であると説かれている。」
賢者たちは、決まった道が存在しない。
「世の中は泡沫のごとしと見よ。世の中はかげろうのごとしと見よ。世の中をこのように観ずる人は、死王もか
れを見ることがない。」
「身体は泡沫のごとしと見よ。身体はかげろうのごとしと見よ。身体をこのように観ずる人は、死王もかれを見
ることがない。」

「非我なるものを我と思いなし、個体に執著している。『これこそ真理である』と考えている。或るものを、あ
あだろう、こうだろう、と考えても、そのものはそれはと異なったものとなる。何となれば、その愚者のその考
えは虚妄なのである。過ぎ去るものは虚妄なるものであるから。『安らぎは虚妄ならざるものである。諸々の賢
者はそれを真理であると知る。かれらは実に真理を知るが故に、快を貪ることなく平安に帰している。」

「不死に達するための苦行なるものは、すべてためにならぬものであると知って、乾いた陸地にのり上げた船の
蛇や船尾のように、全く役に立たぬものである。さとりに至る道―戒めと、精神統一と、智慧と―を修めて、わ
たしは最高の清浄に達した。」

586 :ニルヴァーナを見た ◆gx6wqL8lOs :04/09/19 00:22:56 ID:Q4XRV/qs
仏教は学ぶことの生きがいでもない、奉仕でもない。もちろん快楽でもなく、それは愚者の求めること。苦行に
よっても、ためにならぬものだ。
悟りの境地「すべての存在は水の泡か陽炎のごとし、一切の存在に対して嫌悪を抱け」彼岸に到達したならば、
この上なき最上の喜びの境地(ニルヴァーナ)を得て、一切の形成されたものは苦しみであると悟るのである。

「諸々のつくられた事物は、すべて無常である。生じては滅びる性質のものである。それらの静まるのが、安楽
である。」
「一切の形成されたものは無常である」「一切の形成されたものは苦しみである」「一切の事物は我ならざるも
のである」と明らかな智慧をもって観るときに、ひとは苦しみから遠ざかり離れる。これこそ人が清らかになる
道である。

「世の中は泡沫のごとしと見よ。世の中はかげろうのごとしと見よ。」「この身は泡沫のごとしと見よ。この身
は、かげろうのごとしと見よ。」そのように観ずる時、人は苦しみから遠ざかるだろう。そのように感じて、安
らぎに至るのだから。そして清浄となる。

在家の人々も、「世の中は泡沫のごとしと見よ、この身は泡沫のごとしと見よ」そのように観ずる時を持つこと
も大切ではなかろうか。全ての愛著から離れ、迷いから離れ、こだわりから離れ、精神を統一し、安らいだ時を
過ごすことも大切でしょう。彼岸を現したその言葉に従い、彼岸に近い安らぎを得て、人は清らかとなる。精神
統一し、安らぎを得た時が清浄なのです。

587 :名無しさん@3周年:04/09/19 00:39:10 ID:0WxlVCxd
死者供養は、バルドゥと呼ばれる49日間は無駄にはならないし必要な
ものです。ただし、世間体の為とか、形骸化した回向では、あまり効果は
ないでしょう。

原始仏教の観法に、不浄観とか白骨観とよばれる瞑想法がありますが、こ
れらは単なる観念的な論理ではなく、実際に塚原や屍陀林において、死臭漂う
死体の側、死者の肉が膨張し、膿となり流れ出して、風が吹けば毛髪が飛んで
行くような過程において、白骨となりゆく現象をつぶさに観察しながら、無生
法忍を悟るという修行の実践です。

死体に対する認識の問題もありましょうが、このような実践修行は現代の日本
国ではまず無理でしょうね。それが幸なのか不幸なのかは、これまた一概には
言えませんが。


588 :名無しさん@3周年:04/09/19 09:18:19 ID:aZSHRbVM
★★ニルヴァーナを見たさんのように、経典の一部を書き込んで、それから自分
  の意見を書いてください。ニルヴァーナを見たさんも、どの経典から引用し
  たか、できれば書いてください。

1.ただ単純に自分の思ったことを書いているのか
2.ブッダ・ダルマ・サンガ以外の宗教が書き込んでいるのか
3.外道などの宗教が混乱させるために書き込んでいるのか
4.良いと思ったら、その経典を購入し自分でも学びたいと思う
5.人の意見をそのまま受け入れず、自分独自でも、判断したいと思う

 ということをしたいのです。数多くの宗教から、自分の判断で選択し、
 自分の成仏のための道を歩みたい。それぞれ、自分の意見を持ってら
 っしゃると思いますが、それはそれで良いと思いますが、経典の出所
 と良いと思う箇所を、一部でいいから指摘してください。

他人の意見を非難しなくていいのです、見苦しい。経典の出所さえわか
れば、それを購入してまず自分で判断してみましょう。良いと思うとこ
ろを指摘して、自分の考えを書いてください。それは、その経典を購入
することと、自分の考えとを照らし合わせることに役立つと思いますか
ら。 
 




589 :名無しさん@3周年:04/09/19 16:57:50 ID:J8WcR0hd
ブッダ・ダルマ・サンガに帰依するとは、まず、根本の釈尊の教えを知り、
それに帰依することが肝心だよね。悟ってない人間に帰依し、迷いました、
死んだら地獄でしたとなると恐ろしいことになる。

「この世に存在するものはすべて最初から常に平安で、静かである。修行
を完了した仏の息子は未来において仏になるであろう」法華経 上

590 :名無しさん@3周年:04/09/19 17:00:33 ID:emhngn2k


591 :名無しさん@3周年:04/09/19 17:16:12 ID:/5+L8VTM
>>589
法華経は、後世に作られたお経だから、「根本の釈尊の教え」とは言えない
と思うけど。それに、法華経には、「仏は方便でもって教えを説く」とも
言っている。もし、それが正しいとすると、「実は法華経そのものも方便で
ある」という可能性も出てくる。

たとえ方便であれ、いったん「嘘」を許してしまうと、何が本当なのか全く
わからなくなってしまう。だから、法華経に「真実」が書かれているとは
私には信じられない。法華経そのものは立派なことが書かれているし、否定
するつもりはないのだけど、「方便で説く真実」というものは胡散臭い。

592 :591:04/09/19 17:21:17 ID:/5+L8VTM
たとえば、通販の相手が「私の店には世界一の品があります」と言って
いて、買いたいと思っていたが売り切れになって買えなかったとする。
そこで、「もうないの」と問い合わせると、「実は、前の品物など比較
にならない位よい商品が入りました。これこそが世界一です」と言われた
とする。あなたは、その人間の言うことを100%信じられますか?

593 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 17:43:36 ID:x+hxzSaC
>>591
後世に作られたものだからだめ、というのであれば、
この世に存在する仏典のほとんどがダメになってしまいます。
最古層に属するといわれる『スッタニパータ』でさえそうです。
仏教ってのはインドからあらゆる地域・諸国へと伝播し、
それに従って多様化していった柔軟な宗教です。
伝播に従って変容しつつも、その土地々々において
仏陀の精神をくみ取って再構築されたものです。
あれは違うこれは違うなどと安易に取捨することはできません。
それをいえば仏説はすべてなくなってしまうでしょう。

594 :591:04/09/19 17:47:37 ID:/5+L8VTM
>>593
「根本」と書かれていたので、それを時間的に解釈するならば、法華経は
まず排除されますね、という意味です。

というより、法華経の成立過程を知る人が、「法華経こそが根本の釈迦の教えだ」
と断言することが私には信じられない。我田引水的な意図が見え見えの文章です。


595 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 17:47:52 ID:x+hxzSaC
多様化した柔軟な宗教だからこそ方便というものが強調される。
これを許さないというのであれば、反対意見を徹底的に攻撃するしかない。
他宗教を攻撃し破壊するようなことを仏教は極力避けてきたんですよ。

596 :591:04/09/19 17:49:57 ID:/5+L8VTM
>>593
>仏教ってのはインドからあらゆる地域・諸国へと伝播し、
>それに従って多様化していった柔軟な宗教です。
>伝播に従って変容しつつも、その土地々々において
>仏陀の精神をくみ取って再構築されたものです。

その挙句に、タントラまで吸収した仏教は、ヒンズー教と差がなくなり、
消滅してしまったわけですが。それもまた「仏教」だとおっしゃるのですか?


597 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 17:52:19 ID:x+hxzSaC
>>594
かならずしも古いものが根本の教えとは限らないと思います。
仏説は釈尊の直説ではなく、みな「如是我聞」ですよね。
みんな釈尊の精神をくみ取って仏典を書き記したわけです。
たしかに我田引水はよくありませんがね。

598 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 17:55:14 ID:x+hxzSaC
>>596
そうですよ。インドでは消滅したけど、
中国・東南アジア・チベット・朝鮮半島・日本へ
伝わって生き残ったじゃないですか。
私は「真言」坊主なので、密教が仏教でないといわれると、
ちょっとよわっちゃいますね。

599 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 18:02:22 ID:x+hxzSaC
子曰わく、勇を好むも貧をにくべば、乱る。
人にして不仁なる、これををにくむこと甚だしきときは、乱る。

―論語・泰伯―

600 :591:04/09/19 18:32:19 ID:/5+L8VTM
>>598
そうですね。大日経を説くのは金剛サッタで、釈迦ではないから、厳密な意味
で仏教とは言えないと思います。
まあ、釈迦でない人が嘘をついて「仏説」とやるよりはずっと良心的ですが。

ただ、>>593に書かれていることは本当のことで、原始仏典の中には大乗仏典を
逆引用している部分もありますね。だから、どこかの信仰カルトみたいに、
「アーガマだから、仏説だ」と言うものまた我田引水にすぎません。

601 :真宗坊主:04/09/19 18:51:04 ID:vylrw2+Q
仏教はた
だちに仏陀に成る教えであり、仏陀を説く教えである。仏をして真に
仏たらしめ、同時に衆生をして仏たらしめんとする教えである。

602 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 19:15:18 ID:kFeqQjkH
>>601
仏教の概念ですね?
でも、その概念ですと、浄土の教えは仏教に含まれないのではないですか?

603 :名無しさん@3周年:04/09/19 19:23:39 ID:/MTF2z6S
こんなのありますが如何でしょう?かなり怪しいと思うのですが…。
文章というか日本語滅茶苦茶だし、こんなのに賛同してる人って、やっぱアレなんでしょうかね???仏教系プチ新興宗教?ただの寄生虫系か?
ttp://www15.ocn.ne.jp/~yui-home/

604 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 19:29:04 ID:kFeqQjkH
>>600
正確には『大日経』を説いたのは毘盧遮那です。
金剛手(金剛サッタ)は対告衆です。
ちなみに『金剛頂経』では冒頭に一切義成就菩薩が
一切如来から五相成身観を授かって、それを修して
正覚を成じた話が説かれています。
この一切義成就菩薩を還梵すれば、
「シッダールタ」となるわけで、
これは菩提樹下で正覚を得た釈尊の精神状態を
再現したものと真言宗やチベット密教では解されています。

605 :名無しさん@3周年:04/09/19 21:57:43 ID:mCmNBVdY
論語を引用している坊主が居るが、論語と仏教は遥かに遠い思想だと
言う事をご存知ないらしい。仏教はリベラルで真実に迫り、論語は
偏頗で偏見に満ちた思想です。仏教から見れば唾棄すべきもの。それ
さえ知らないとは恥ずかしい。

606 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 22:19:07 ID:ilo72TB/
>>605
子曰わく、君子は周して比せず。
小人は比して周せず。

―論語・為政―

607 :名無しさん@3周年:04/09/19 22:24:22 ID:9+yI8ebY
>>605
それはおかしい。仏教が人間の真実を追求するものであるなら、論語も同様。
仏教は論語の中心思想である「仁」を認めないのですか。超越的な「神」や
「霊」を否定する点では、仏教に勝っている。

608 : ◆aj02kekrv6 :04/09/19 22:30:08 ID:1pQZMwQn
>>607
>「霊」を否定する点では、仏教に勝っている。
「霊」を否定する点が、勝っているとは思えませんがね。


609 :名無しさん@3周年:04/09/19 22:36:37 ID:9+yI8ebY
>>608
宗教が、ありもしない「神」や「霊」などの「実在」を勝手に認めるから、
世界中で殺し合いや紛争が起きてるのではないですか。

「子は、怪力・乱心を論ぜず」「いまだよく人を知らず。いずくんそ鬼神(神)
を知らんや」という言葉は、永遠の真理です。

610 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 22:57:52 ID:ilo72TB/
>>609
孔子は神や霊の存在を否定したわけではありません。

「子曰わく、其の鬼にあらずしてこれを祭るは、諂うなり」(為政篇)
「子、仲弓に謂いて曰わく、リ牛の子もあかく且つ角あらば、
用うることなからんと欲すといえども、
山川、其れこれをすてんや」(雍也篇)
「鬼神を敬してこれを遠ざく、知と謂うべし」(雍也篇)
「子、やまいあつし。……子曰わく、丘の祷るや久し」(述而篇)


611 :名無しさん@3周年:04/09/19 22:59:27 ID:H6Hlgd9C
論とは頭で考え出したものです。
対して、法は胸で感じるもの。

頭の意識は今生で終わるべきものです。

612 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 23:01:27 ID:ilo72TB/
>>609
ちなみに、仏教も「神」や「霊」の「実在」などということは
認めていません。一切諸法皆空です。

613 : ◆aj02kekrv6 :04/09/19 23:02:25 ID:1pQZMwQn
>「いまだよく人を知らず。いずくんそ鬼神(神)
>を知らんや」という言葉は、永遠の真理です。

知らん といっているだけで、いない、とはいっていないのでは?

614 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:11:32 ID:9+yI8ebY
>>610
神や霊を肯定も否定もしたのではなく、要するに考えても無駄なことは
考えるな、と言ったのでしょう。これはまさに、仏陀の「無記」そのもの
ではありませんか。「敬してこれを遠ざく」の「敬して」の言葉には、深い
意味と重みがあります。

>>611
「仁」は頭で考えたものではなく、まさに胸で感じたものです。「人が二人
以上存在する」ところから出発した「仁」の思想は、現代でもそのまま通用
する真理であり、このようなことが言えた西洋の思想家はいないと思います。

615 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 23:14:16 ID:ilo72TB/
>>613
正解。

ちなみに、609氏のいうのは、おそらく
「いまだ人に事うることあたわざれば、
いずくんぞよく鬼に事えん。……いまだ生を知らざれば、
いずくんぞ死を知らんや」(先進篇)のことではないかと思う。

616 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/19 23:22:48 ID:ilo72TB/
>>614
樊遅、仁を問う。子曰わく、人を愛すと。
―顔淵篇―

これまでに論語を引用したのは、個人的に好きな書物だからです。
仏教とは無関係です。しかし、少しこれに話題がかたよってきて
しまったので、もうやめます。失礼しました。

617 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:33:03 ID:9+yI8ebY
>>616
やめることはないと思う。大いに論じて下さい。仏教を、根拠も定かでない経典
だけではなく、共同体としての人間全体の見地から考えることが、現在最も必要な
ことではないでしょうか。

仏教の方が論語に興味をもっておられるということは、大きな慰めであり、仏教の
普遍性をさらに高めることになります。

618 :名無しさん@3周年:04/09/19 23:51:34 ID:H6Hlgd9C
>仏教の普遍性をさらに高めることになります。

普遍的なものなんて存在するのですか?

619 :名無しさん@3周年:04/09/20 00:10:23 ID:xwZ4VoBc
>>618
この世は現実界だから、生物としての人間や自然に合致するものを「普遍」という。

620 : ◆aj02kekrv6 :04/09/20 00:27:12 ID:9L0jLCNv
諸行無常は普遍ですね。

621 :名無しさん@3周年:04/09/20 15:33:57 ID:vu28rNh6
>>617
ご趣旨には賛成です。ただ、それに関連してちょっと脱線を許してもらうなら...

真言坊主さんの弱いところは、釈迦も孔子も「コメントは差し控える」とした
死後の供養にあやかって飯のタネを稼いでいることだね。だから、ちょっと
説得力に欠ける。

わざわざ坊主だと名乗る必要もないのにね。

622 :名無しさん@3周年:04/09/20 15:48:07 ID:lHttJVfn
2ちゃんねる運営に、●人予告がなされました。
鈴 木  公・一を 殺  シニいく。
http://www21.big.or.jp/~saturn2/megachin/readres.cgi?bo=log7&vi=1095650924&res=1

623 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/20 16:40:05 ID:EFHdOQ3L
>>621
坊主がなぜ葬式・追善供養をやるようになったのか知ってますか?
私はくわしくは知らないけど、だいたいのところは知っている。

624 :名無しさん@3周年:04/09/20 18:47:00 ID:t6Al1kot
>>623
いちど真言宗の葬式に参列したことがあったが(我が家は浄土宗)、あのお経(声明
というのでしょうか)は素晴らしいですね。まさに芸術です。お金を払っても参列す
る価値があります。どんな修業をどのくらいの期間やるのでしょうか。

625 :鈴木・公一逮捕確実:04/09/20 18:52:04 ID:sKDA+uKW
http://life5.2ch.net/test/read.cgi/jinsei/1095663385/1
すごいスレがありました。

626 :名無しさん@3周年:04/09/20 18:52:22 ID:BU1o3yDZ


627 :真言坊主 ◆WU311ujDWk :04/09/20 22:23:52 ID:ROea1XRK
>>624
そのような上手な声明を聞けたのはラッキーです。
やはり坊主によって上手下手はあります。
残念ながら私はいまだ感動するような上手い声明を聞いたことはありません。

声明は一年くらいやれば、相当な音痴でなければ
基本的なものはマスターできます。そこから先が奥が深いそうですが。

628 :混沌坊主:04/09/21 00:41:32 ID:v5VXz7t6
 このカテの仏教スレ、こちらに移っていたようですね。

 浄土真宗でも声明は盛んです。半年前、東本願寺の音楽法要に参加しました。
かなり美しかったです。問題は、毎回一般から募集して、練習が3日くらいしか
してないことくらいですか?
 それでも『坂東曲(ばんどうぶし)』は圧倒されます。

629 :名無しさん@3周年:04/09/21 11:44:37 ID:2sXSNUXS
坊主は音曲師ですか?

630 :名無しさん@3周年:04/09/21 11:47:24 ID:2sXSNUXS
仏陀は荼毘に付され、出家在家の弟子達は葬式を執り行った。
遺骨や遺灰は辻辻に祀られ、ストゥーパとなった。

631 :名無しさん@3周年:04/09/21 11:49:44 ID:yX9yFGKO


632 :名無しさん@3周年:04/09/21 11:53:19 ID:U8VrNWIj
>629
音曲つきの講釈師。

講釈師 見てきたような 嘘を言い

633 :名無しさん@3周年:04/09/21 12:09:43 ID:AzemfEyH
教祖を信じなさい
宇宙の法則性に従いなさい
お互いに指摘し合って向上するための法友を大事にし、礼を持って接しなさい

634 :名無しさん@3周年:04/09/21 12:14:18 ID:2sXSNUXS
>>633 教祖は信じてはだめですよ。教祖は「参考書」。
信じるべきは「仏陀とその法」。
そして正しい教えの教祖なら、その人もサンガの一員
ですから信じていいかもね。

635 :名無しさん@3周年:04/09/21 12:56:16 ID:2sXSNUXS
>>609 どう読んでも「ノーコメント」だよね。

636 :名無しさん@3周年:04/09/21 17:14:12 ID:elpWJYxI
>>634
教祖は釈迦です。

637 :名無しさん@3周年:04/09/21 17:21:24 ID:KoSkdavJ
>>636
それをいうなら教主だろ。
ふつう教祖とはいわねえな。
教祖っていったら、まず思い浮かぶのは新興宗教。

638 :名無しさん@3周年:04/09/21 17:41:32 ID:1ZxGTIlb
三宝に帰依することを三帰式といって教祖の顔写真を100万円で売りつけ
はたまた、1000万円以上寄付したら「菩薩」認定をする
お金を超むしりとる宗教団体「幸福の科学」の教祖とその妻の実態がディープさんによって明らかにされますた

http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=psy&key=1057252337
「ディープ」さんの証言集

以下そのホンの一部を・・・

10 名前:宗教を考える名無しさん [2003/10/21(火) 23:12]
宗務の女性職員は常に仲が悪い。これは当人達も非公式に認めるほど。なぜか?
大川派ときょう子派とも言うべき二派に分裂しているからです。
いくら大川が総裁とは言え、実際の権限を握っているのはきょう子であることは
宗務ではすぐにわかります。人事を動かしているのもきょう子。
すると人間は生き残りのためにきょう子に擦り寄ります。これがきょう子派。
そして「それはおかしい」と考えるが大川派。で、宗務では当然きょう子派が
主流です。実際、5人目の子供(あのきょう子が流産すると大川を脅した子)の
妊娠時には宗務局員はきょう子の世話に集中し、大川をほったらかしにするという
倒錯状況も生まれました。
で、この二派の対立は「大川夫妻の家庭内別居」で決定的になりました。
3階に陣取った大川を大川派が世話をし、2階をきょう子派が仕切ります。
冷え切った関係が続きました。さすがに嫌気がさしたか大川はこの頃一人でしばらく軽井沢に篭ります。
当時は軽井沢精舎は存在せず、既述のログハウス群があるだけでした。
(ただし8000坪の敷地は既に取得済み)
おそらくこの頃の体験から軽井沢精舎建設を急がせたのでしょう。
翌98年には完成しますから。(ログハウスは3シーズン用で、冬は無理。精舎はオールシーズン快適)
大川は「いつでも女房から逃げ込める避難所」としての意味合いを軽井沢精舎に持たせていたようです。
悲しい・・・・哀れだ・・・・。




639 :名無しさん@3周年:04/09/21 17:43:46 ID:1ZxGTIlb
つづき

名前:宗教を考える名無しさん [2003/10/21(火) 23:13]
さて、きょう子も黙ってはいない。大川に対して攻撃を仕掛けます。
大川が軽井沢から戻った後、まだ別居が続くと見るや きょう子は
宇都宮仏宝館で3階の大川のスペースに夜間 きょう子派の女性職員
(名前晒したらかわいそうだが・・・今 講師)をを忍び込ませ、
何と大川の服を全て2階に運ばせてしまいました。
何ということを・・・・そこまでやるか・・・それにしても「宇宙の根本仏エル・カンターレ」の
服を全て取り上げるなんて・・・・アンチよりやることがひどい(爆
それを「きょう子の指示だから」と言ってやる方もやる方だが。信者の言い方を真似れば
「そんなことをすれば地獄行き」「もう二度と人間に生まれられない」ですよ、本当に。
こんな攻撃を繰り返され、大川はあきらめました。またきょう子を3階に住まわせはじめました。
はあ・・・・・。あのさあ、隆法ちゃんよ、もう仏がどうのこうのなんてもういいからさ、
せめて亭主としてしっかりしようよ。きょう子にガツンと言ってやれ。あんたさあ、
何やるんでも尻すぼみなんだよ。中途半端なんだよ。
それにしてもきょう子タン。実は彼女こそ最強アンチなのでありました。



640 :名無しさん@3周年:04/09/21 17:44:53 ID:1ZxGTIlb
16 名前:宗教を考える名無しさん [2003/10/22(水) 00:31]
あるとき、人事異動で大量の女性職員が宗務を離れることになりました。
そこできょう子が自室で大声を上げているのが隣室の職員の耳に入りました。
「ばんざあい。すっきりしたわ!やっぱり秘書なんかいらないのよねえ。ばんざあい!」
こうしてきょう子にいじめ抜かれ、苦しみぬいた一人のベテラン女性職員がつぶやきます。
「あの人は 私達の信仰心を 踏みにじった。」
繰り返しましょう、信者の皆さん。 「あの人は 私達の信仰心を 踏みにじった。」
これが人生の半分近くの時間をkkに捧げ、金銭も捧げ、さらに大川夫妻の下で
何年も働き続けた女性がつぶやく言葉です。

だから宗務から出ると廃人同様になる人、アンチになる人、
失踪してしまう人が後をたちません。夢を抱いてkk職員になり、誇り高い宗務員に
なったと思ったら そこで見るのは 情けない亭主と 人を家畜扱いする鬼畜女房なのですから。
ある宗務局員が辞表を提出しました。
理由は・・・・・「先生方の側にいると尊敬の気持ちがなくなってしまうから。あまりにも普通の家庭です。」
普通の家庭・・・美化した言い方です。普通の「善良な家庭」だったら、尊崇の気持ちは失いませんよ。
最初からバイアスがかかっているんですから。そのバイアスも突破る衝撃なんです。
普通の家庭ではなく、「崩壊家庭」をみせられるんです。
宇宙の根本仏、最大 最強 最勝の教えを説く永遠の仏陀、釈尊の生まれ変わりである
エル・カンターレが女房に怒鳴られ、自己責任は回避する情けないオヤジなのですから・・・・。




641 :名無しさん@3周年:04/09/21 17:47:16 ID:1ZxGTIlb
連投スンマソン もにちょコピペさせて

19 名前:宗教を考える名無しさん [2003/10/22(水) 06:17]
>>今思うと、大誤館を「白金」に建てさせたのも、
>>単に凶子がシロガネーゼになりたかったから、というのが真相だったりして(w
>それは以前からの定説です。

大川隆法は、あれほど執着していた都心の一等地のオフィス(紀尾井町)を
閉鎖して、白金の高級住宅地の豪邸に引きこもりました。
でも、大川自身の趣味は、そんな高級住宅地よりも、明らかに「都心の一等地
のオフィス」にあったのは、彼の数々の言動を考慮すれば一目瞭然なのです。
皆さんのカキコのとおりです。大川は引き篭もりの反動か、旅行をよくします(もちろん大名旅行)。
その場所は沖縄やハワイなど、海のある場所が多いのです。「海岸にはヒーリング精霊が多く、
癒される」というのがその理由(はて、癒されなくちゃならないほど仕事してたっけ?まあいいや)。
JBL氏のご指摘のとおり、大川の興味関心はオフィスにあります。従って彼自身の希望は
「一等地にオフィス、海の傍の邸宅」だったのです。「海のそばに住みたいなあ・・・」と洩らしてました。
しかし、もうおわかりのように、創造主エル・カンターレの意向はことごとく無視されます。
「白金に住みたい!」と騒ぎ始めたんですな、きょう子が。シロガネーゼをしたかったんですね。
ちなみに白金は「しろかね」と読みます。しろがね、ではありません。しろがね、と読むと
ハイソでセレブなきょう子タンに笑われてしまいます(藁) で、首尾よく間組の寮が空いていたので
買い取ることができ、大悟館として完成しました。マンダムさん、ごらんになられる時は渋谷発
田町行きのバスに乗って、三光坂下で降りてください。朝日中学校のそば、最高裁職員宿舎の裏です。
電車では地下鉄南北線、都営三田線の「白金高輪」駅下車徒歩10分です。



642 :名無しさん@3周年:04/09/21 17:50:23 ID:1ZxGTIlb
大悟館
(所在地)東京都港区白金4−6−1(マップファンの住所検索で) 
http://www.mapfan.com/
(敷 地)
地番 港区白金四丁目445-1、445-4、451-4、451-5
面積 3,591.27u(1,086.29坪)
(取 得)平成9年7月16日(445-1、451-4、451-5)、平成10年2月4日(445-4)
(所有者)宗教法人 幸福の科学
(建 物)
構造 鉄筋コンクリート造陸屋根地下2階地上4階建
建築 平成12年5月31日新築
1階 1,397.10u(422.60坪)2階 1,279.16u(386.92坪)
3階 1,306.20u(395.10坪)4階 1.080.99u(326.98坪)
地下1階  731.88u(221.38坪) 地下2階 1,222.79u(369.87坪)
延床面積 7,018.12u(2,122.84坪)
(所有者)宗教法人 幸福の科学
(形 状)おおよそ南北に延長65m、幅14mの4階建があり、その北端から東方向に延長51m、幅11mの4階建が伸びている逆 「 L 」型構造。北側に門扉と2階部分に青銅色のヘルメス像があり、南側に門扉(正門?)と2階部分に金色の釈迦座像がある。 
(施 設)法務局の建物図面によると、地下1階が延長30m幅15mの大きさの
吹き抜け構造になっているので、地下2階の同位置に、「屋内温水プール」があると推定される。
(工事費)「用地取得費」 推定 約30億円(周辺の実勢地価は坪220万〜300万円だが、まとまった一団の土地で価値が高いため、坪300万円で試算し、端数切り捨て。
ただし、4〜5年前であれば、これよりも1〜2割高かった可能性もある。)
「建築工事費」 推定 約20億円(通常のマンションの建築単価である「坪約80万円」の2割増しで試算。ただし、内外装の仕様や耐震設計等により、これよりも高い可能性もある。)
「合 計」  推定 約50億円



643 :名無しさん@3周年:04/09/21 17:54:45 ID:1ZxGTIlb
コレで終わりにするから赦して

>ディープスロートさんに質問させてください。
私はもう10年も前に退会した者ですが、最近のkkを見てるとすごくお金のかかる祈願やら
品物やらが多いのですが、そうなった経緯についてと、大川ときょう子の会員観です。
彼らは実際のところ会員のひとたちをどういう目で見ているのでしょう。

もっともなご質問だと思います。
@高額化の経緯
これはお答えするのに適任者がいるのですが、マイコンが解けてない人々ばかりなので・・・・。
高額商品第1号は 異論もあるでしょうが 92年春に出た初代本尊でしょう。(100万円)
前年のフライデー事件で、kkは銀行の融資を止められ、大量の退会者を出し、
財政的にkkは危機的状況となりました。某職員の表現を借りれば「下血状態」でした。
この状態打開のために様々な手をkkは打ちます。信者からお金も借りました。この辺が
既述の「お布施返還訴訟」につながるのですが。

この頃、様々な策の一環として「大川講演会50巻ビデオ」が出ます。これも
高額だったのですが・・・・・kkの財政改善には何ら資することはありませんでした。
何故か?大赤字だったからです。数億円。ノルマを課して無茶な押し付け営業を
やってしまい、支払い能力の無い人にまで次々にローンを組ませ、支払い不能者
続出という状態になってしまいました。この失敗に懲りてkkはビデオ発刊をあまり
しなくなりました。
ここで起死回生の一発が「御本尊」でした。100万円。これの大量販売のために
「霊的奇跡がおきた!!」という話が数多く流布されました。で、これが結構な
成功を収めたようで、味をしめたkkはご利益信仰へ大きく流れていきました。
あとの歴史は霊能ご利益カルトの王道を進むことになります。次々に「ご利益」が
強調され、多数の研修、祈願(70種以上と言われる)、三代目本尊、1000万円植福
菩薩・・・・等々、一度基準を緩めるとダムの決壊の如く 高額商品を乱発するように
なりました。




644 :名無しさん@3周年:04/09/21 18:41:38 ID:2sXSNUXS
ご本尊が大川さんならもう仏教じゃないんだから、
仏教スレッドに書き込みはスレ違いだと。

645 :名無しさん@3周年:04/09/21 20:27:56 ID:Va7saK3H
  636 :名無しさん@3周年 :04/09/21 17:14:12 ID:elpWJYxI
  >>634
  教祖は釈迦です。

仏典を見ますと釈尊は、自分個人としての主張がないことに気づかされます
教主といった方が適当に思います。
教祖は自説がある故に、祖と名乗ると思います。
自説ではなく、もろもろの仏陀がいだく共通の見解なのでしょう。

646 :名無しさん@3周年:04/09/22 08:22:08 ID:rzAR+wcq
釈迦は昔から存在している「真理」について教えた一人の教主か
真理に帰依し グルに(顕教では釈迦)帰依し 自分自身(僧)に帰依する

647 :名無しさん@3周年:04/09/22 11:25:24 ID:1t4kWg3i
僧(サンガ)は自分自身ではなくて、集いという意味です。

648 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/23 05:05:30 ID:kweSq1Oy
>>639横レスです
>せめて亭主としてしっかりしようよ。きょう子にガツンと言ってやれ。あんたさあ、

私は、kkのことはよく知らないのですが・・・
最初のころは、大川は教団のことで女房にいろいろ相談してたんでしょ?
相談というのは、大川自身の自信のなさを女房にも見せることですから、
大川の弱みを握ってきた女房は、段々の発言力を増してくる。

利口な女は、そうだとしても世間体には「影の支え」として亭主に仕える振りをするもんですが・・・
大川は、女運が悪かった。としか言いようがない。

私の感想ですが・・・
それなりに大川は幸福な生活をしてるのかと想像してましたけど(レスを読む前)
彼の孤独感が、私には伝わってきますね。

kkの草創期には、彼(大川)は輝いて見えましたけど、
どうなんでしょうか?

美空ひばりは、晩年のころはへネシーを毎晩1本半は空けてたそうです。
彼もそんな生活をしてるのかなぁ〜?



649 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/23 05:14:49 ID:kweSq1Oy
そういえば、三人娘の江利チエミも毎晩酒をのんでましたね。
酒による嘔吐物で窒息して亡くなったと、私は記憶してますが。

ひばりは酒はそんなに好きな方じゃなかったらしいい。
「アルコールを身体に流しこむ」。
ってな言い方をしてました。

「悲しい酒」って持ち歌を歌う時は、涙を流してました。
やはり孤独だったんでしょうね。

650 :けちゃっぷ:04/09/24 20:45:54 ID:PD99k0cV
美空ひばりは、同じ歌と同じ場所で涙を流せる感情移入と、泣きながらも歌声が崩れない技術を、持ちあわせてたそうですね。…何の話やねん?!

651 :机龍之介 ◆8Z1PfzdK1. :04/09/24 21:45:17 ID:1JO5RMAQ
ひばりは、楽譜が読めなかったらしいですよ。
曲を耳で聴いて、それで記憶に残すらしい。

しかも、一回曲を聴いただけでオッケーらしい。

小林旭をゲットしたのも、ひばりの一方的な恋心らしかったようです。

結婚式のケーキに入刀する段階においても、旭はその気がなかったらしい。

私は旭から聞きましたから間違いではないです。
旭の「渡り鳥シリーズ」は良かったですね。

若尾文子も、歳を感じさせないくらいの色気を放ってますね。
まだまだ、これからでしょうか?


652 ::04/09/25 08:13:20 ID:0+jjZBdF
うちのテレビでは連日小林旭の映画をやっている。
うん、あんなにハンサムな人だったんだね。
日本のヨン様だ!!!!スポーツカーは古いけど。
しかしもうちょっと新しい映画もやってくれ!→テレビ局さま

653 ::04/09/25 08:16:19 ID:0+jjZBdF
岩波文庫の「神々との対話」と言う本に、やはり
「吝嗇は閻魔の世界に堕ちる」とあった。
吝嗇家は自分が布施や供養をしないばかりでなく、
他人のそれらも妨害するんだって。

654 ::04/09/25 08:16:55 ID:0+jjZBdF

これはスレ違いでした。

655 ::04/09/25 13:15:10 ID:0+jjZBdF
>>650 けちゃっぷさん、美空ひばりってやっぱガンだったんですかねえ?

656 ::04/09/25 13:17:46 ID:0+jjZBdF
>>648 わたしは大川本を始めて立ち読みしたとき、
笑ってしまいましたよ。なんであれに騙される人がいるんだろう?

657 ::04/09/25 14:19:47 ID:0+jjZBdF
ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依法 帰依僧)


658 ::04/09/25 14:20:45 ID:0+jjZBdF
ブッダン・サラナン・ガッチャーミ
ダンマン・サラナン・ガッチャーミ
サンガン・サラナン・ガッチャーミ
(帰依仏 帰依法 帰依僧)

659 :けちゃっぷ:04/09/25 17:46:08 ID:Sm/jKZuY
>655 僕も美空ひばりのことはほとんど知らないんです。

660 :名無しさん@3周年:04/09/30 09:01:32 ID:Y8R24F6g
347 :名無しさん@3周年 :04/09/09 01:08 ID:VK96Z90u
1は仏教を本当に理解しているのか。真偽の程も定かでない大昔の人間の言説や文献に
依存することに一体如何なる意味があるのか。「基本をしっかり」などと言うが、
仏教は思想であって、知識や技術ではないのだよ。


661 :名無しさん@3周年:04/09/30 09:10:59 ID:qJBXtS2o
ばかぼん

662 : ◆aj02kekrv6 :04/10/02 21:01:18 ID:pNkd46I5
文献に依存していると見るのは、あなたの間違い。

> 仏教は思想であって、知識や技術ではないのだよ。
これは、根本的に、認識不足。

663 : ◆aj02kekrv6 :04/10/02 21:02:19 ID:pNkd46I5
禅者ならきっと

「そんなことを言っている暇があったら、坐れ」

というでしょうな。

664 :名無しさん@3周年:04/10/05 16:55:01 ID:hf1lA4hi
638です。みなさまスレ汚しスマソ

>>648 わたしは大川本を始めて立ち読みしたとき、
笑ってしまいましたよ。なんであれに騙される人がいるんだろう?

ですよねぇ、bさん、普通はそうですよねぇ
最初、人生の大学院などといって人集めをしてたんですよ。
それがだんだん金集めに・・・・
しっかりひっかかってしまった!! ぐすん。

霊界の事情や仕組みなど、ホント見てきたかのような説明に納得させられますた
挙句は間違った仏教解釈を教わって、中村先生の大ファンだったおいらは
自分の頭の中の知識の修正までして、、、

でも、インチキと気付いてからはまともな世界観や人生観が甦ってホッとしてまつ。
幸●の科学に騙される人が無くなるように
こうしてあちこちでカキコしてまつ


http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1096015161/

ここもみてやってください。





665 :名無しさん@3周年:04/10/08 17:17:06 ID:Oxgg0WFX


age




666 :&lro;:04/11/13 02:37:54 ID:rjkN0UHE
 ‌‌‌‌‌‌‌‌‌

667 :名無しさん@3周年:04/12/03 23:15:43 ID:40mzLp2h
阿含宗桐山教祖の逮捕歴

昭和二十七年八月十六日 詐欺容疑、契約違反の容疑で逮捕
警視庁西新井署

十二月手形詐欺容疑で逮捕
千葉県松戸署

二十八年八月 酒税法違反 私文書偽造容疑 逮捕
警視庁防犯課

二十九年 三月酒税法違反 私文書偽造に対する第一審判決
五月入所
十月東京高裁酒税法と私文書偽造により有罪

289 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)