5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クリシュナムルティ

1 :名無しさん@3周年:04/09/26 12:42:53 ID:Ieadh9tA
クリシュナムルティについて教えてクリ。

191 :名無しさん@3周年:04/11/05 20:57:29 ID:J7YzSf3w
「やべぇ、はげ見つかっちゃったお。まじ、かっこわりー、みんなに言うなお」

192 :名無しさん@3周年:04/11/05 22:38:15 ID:4drhzbKZ
「前額の禿を隠すために頭髪をなでつけているではありません。
頭髪をなでつけるために前額を禿げさせたのです。このことが理解できますか。」

193 :180:04/11/05 22:48:29 ID:gC1Eo/XI
では、ハゲをこしらえるために頭髪をなでつけているのでしょうか?

194 :名無しさん@3周年:04/11/05 23:12:13 ID:HwZb5sFq
あなたはどう思われますか?

質問の中に答えがあるのです。

一緒に見い出しましょう。

そういうなりkは首を回すように振って禿をあらわにした。

沈黙が続いた・・・

二人の目の前には
木の葉も揺らさず飛翔した禿鷹が
遠く消えて行った




195 :名無しさん@3周年:04/11/05 23:25:13 ID:xoENkNqR
Good!

196 :180:04/11/05 23:29:50 ID:gC1Eo/XI
いい!(笑

197 :モータル・クラブ:04/11/06 00:38:57 ID:p9v2OP1K
ちょっと悪乗りが過ぎました。
実は、良心の呵責を感じてます。
軽率でした。僕の>>189のおふざけに心の痛みを感じた人、
および一切の存在に謝罪いたします。合掌。



198 :名無しさん@3周年:04/11/06 03:02:41 ID:HrCAeD8/
Kのタタリがあります
Kの呪いがあります

199 :名無しさん@3周年:04/11/06 07:04:18 ID:u4CxpE3n
んなわけないだろ。

200 :名無しさん@3周年:04/11/06 08:46:34 ID:rzxoj9N+
>>189
50,000/1000 点

201 :180:04/11/06 12:16:03 ID:obm0M5co
笑いは真面目さの一部です。
自分自身を本当に笑い、はっきりと真剣に自分をみつめる。
それでいて笑いを忘れない… (K

まあ、当然それも時と場所と部分によるって事だな。

ちなみに女優が丸坊主になって映画に出演したのは、事前に決まっていた事であり、
Kの呪や祟りのせいではないことを補足しておきます。(ナンマイダ〜ナンマイダ〜

202 :名無しさん@3周年:04/11/06 12:17:59 ID:kvaJrbhe
クリシュナムルティは服のセンスがよかった

203 :名無しさん@3周年:04/11/06 15:32:32 ID:HrCAeD8/
サイババは髪型のセンスがいい

204 :名無しさん@3周年:04/11/06 16:15:08 ID:rzxoj9N+
あれは爆発だろ

205 :名無しさん@3周年:04/11/07 02:05:49 ID:owKjPdb8
池田先生も服装のセンスはいい

206 :名無しさん@3周年:04/11/07 03:58:06 ID:owKjPdb8
大川先生の車はセンスいい

207 :名無しさん@3周年:04/11/07 20:20:38 ID:42C3vf9p
センスといえば、kの自然描写や、話すことすべてセンスを感じます。
スポーツでも芸術でも仕事でもそうだけど、センスいりますよね。
いい仕事してるなあって思います。

天才には近づけないな。やっぱ。

208 :名無しさん@3周年:04/11/08 01:16:58 ID:tErpxvE3
あんまり崇めるのもまずいでしょ。てゆーか、ダメ。
悟りが所詮雲の上のものになってしまう。
もっと簡単で実用てきでないと。


209 :栗花 馨:04/11/08 23:25:38 ID:uZ6Us4Bq
KKkk(微笑)

210 :粟花:04/11/09 02:52:48 ID:Qosi+ic+
クリシュナムルティをKとか略しましょう。クス


211 :名無しさん@3周年:04/11/09 09:24:47 ID:NHzBCsuV
>>208
だめなのはお前だろ。
悟りの話はしてない。人間としての存在感の話だ。
言っておくがクリシュナムルティは特別製だと思うぞ。
崇めるとかそういうレベルの話じゃない。
それと自分がどこまで高めていけるかは別の話だ。


212 :名無しさん@3周年:04/11/09 11:51:43 ID:nD9/iRHa
煽りじゃないが、キレ口調になるのは何でだ?

Kの存在感は悟りによるものだ。
特別製じゃ彼の話と違う気が。





213 :名無しさん@3周年:04/11/09 23:04:57 ID:NHzBCsuV
>>212
2ちゃんねるのありふれた口調だと思われ。

>Kの存在感は悟りによるものだ。

そうでしょうね。
だがKがなぜ多くのエセのグルや悟ったと勘違いする導師たちと
これほど違うのか。やはりクリシュナムルティに天才性は感じるわけよ。

まして凡人からみたら悟りの先駆者はやはりすごいと思うよ。
こういった先駆者がいなければ私も普通に暮らしてただろうし。
100万人いたら100万人クリシュナムルティのようになれますか?なれましたか?
そういうことを考えれば彼の特殊性、特別製だったというのは明白だと思う。


214 :名無しさん@3周年:04/11/10 14:14:21 ID:JRbGwKur
>エセのグルや悟ったと勘違いする導師たち

でも本当に確認する方法は無いよな。
麻原だってピーク時はかなり迫力あった。
サイババだっていまだに信者多いし。
死んで神格化されたらそれなりの存在になってしまう。
もし残された書籍から(文章)悟れたら、
それはやはり思考を使って思考を超えることにならんかな?

215 :名無しさん@3周年:04/11/10 15:31:30 ID:LifhuuNw
クリシュルムナティ信者=厨房

216 :名無しさん@3周年:04/11/10 15:43:03 ID:JRbGwKur
厨房にはむりだろw

217 :名無しさん@3周年:04/11/10 18:04:34 ID:5tihc4rU
厨房にしか無理だろw

218 :名無しさん@3周年:04/11/10 18:16:37 ID:njOvNjGy
>麻原だってピーク時はかなり迫力あった。

迫力というか、豚男にしか見えんかったわな

219 :名無しさん@3周年:04/11/10 18:22:52 ID:5tihc4rU
同意>>218

以前タイで旅行中、
帰国したらオウムに入信しようと思っている
という若い男に出会った。
全力で「やめとけ」と説教したよ。
当時はサリン事件起こす前だったけど、
一目で怪しいと思っていたから。

見る目は養わないとね。



220 :栗花 馨:04/11/10 18:45:46 ID:AyBkmpZO
クリシュナムルティをKとか略しましょう。クス

KKKK


221 :名無しさん@3周年:04/11/10 22:16:48 ID:cPbxaAhO
そうだよ。みんなKはピンクレディーのケーのことだと勘違いしちゃうよね。

222 :名無しさん@3周年:04/11/10 23:31:07 ID:ECvYQzms
KKKなんて書くとヤヴァイよね。

223 :名無しさん@3周年:04/11/10 23:45:34 ID:HntreORn
kが自分のことを「kがそう言いました」とか言うときもある。

224 :名無しさん@3周年:04/11/11 00:54:18 ID:Mk9sFiDm
ケ、ケ、ケケケのケ〜

っていってんじゃなぁい
あなんたのは鬼太郎ですから〜、残念!




225 :名無しさん@3周年:04/11/11 01:41:31 ID:2RaK51zd
けけけけ、毛の無いのをごまかすK

226 :名無しさん@3周年:04/11/11 01:43:39 ID:HZQ9thoe
Kで遊ぶスレはここですか?

227 :名無しさん@3周年:04/11/11 02:26:23 ID:2RaK51zd
こらこら、遊んでないで

>もし残された書籍から(文章)悟れたら、
それはやはり思考を使って思考を超えることにならんかな?

↑これ答えろ!

228 :名無しさん@3周年:04/11/11 02:44:02 ID:HZQ9thoe
思考から出発して無に至るが正解だな。

あなたは思考か?
この問いに答えてみなされ。

229 :名無しさん@3周年:04/11/11 06:45:52 ID:8K+D+unx

きっと、思考でつ・・・

それか、思考にだまされている
思考の奥のなにものかでつ。

思考を意識していないときは
誰だか、なんだかわからなくなっていまつ。

つーか、そんなこと関係なくなりまつ。

たぶん。

230 :名無しさん@3周年:04/11/11 12:16:26 ID:AMeGOzLx
いい加減 無 はやめましょう

231 :名無しさん@3周年:04/11/11 12:27:40 ID:MiqOvM6q
Kの次は無で遊ぶのですか?

232 :名無しさん@3周年:04/11/11 12:52:20 ID:2RaK51zd
こらこら、無で遊んでないで
ファルージャの事態をどうとらえるか
述べなさい。K的には傍観?

233 :名無しさん@3周年:04/11/11 13:31:46 ID:FZAmqimU
思考から痴呆へ。

234 :名無しさん@3周年:04/11/11 21:13:13 ID:WyP465Xj
クリシュナムルティの教えを聞いて何かを為すことに意味を見出すこと
ができなくなった。現実の富や名誉には関心を持たなくなったからだ。
しかし、同時にとんでもない無力感に襲われた。

あるがままでいること。この言葉を間違えて受け止めてしまうと
とんでもないことになる。あるがままを真に理解することは
努力によらない気付きによるとKはいう。
ただ、あるがままでいることを考える場合、それは結果では
無くて原因となってしまう。
考えることと理解することは違う。これを履き違えると
人生に何も残らない空虚な人となってしまう。
私は人生を無にはしたくない。

あるがままであるために努力することは避けなければならない。
私はそのために真に自然に生きることで、間違いを通して
間違いに気付きことを選んだ。
神は全てだ。これがKのいうあるがままの状態であると思う。
全てであるならば私は制限されている者でもいい。
制限されていても私は全てだからだ。

235 :名無しさん@3周年:04/11/11 21:41:49 ID:FXK0aPFO
くるしゅなむるてぃの写真を見た覚えがあるような
無いような。
ふぬけのおっさん?そんな感じだったような。

236 :名無しさん@3周年:04/11/11 22:16:49 ID:g1FA+QWK
>>234

>あるがままであるために努力することは避けなければならない。
>私はそのために真に自然に生きることで、間違いを通して
>間違いに気付きことを選んだ。

実際間違いに気づくことができる?

237 :名無しさん@3周年:04/11/11 22:22:09 ID:zAdYMTBo
>>236
自戒の念は持たないとね。
宗教の基本でしょう。

238 :名無しさん@3周年:04/11/11 23:04:15 ID:g1FA+QWK

>神は全てだ。これがKのいうあるがままの状態であると思う。
>全てであるならば私は制限されている者でもいい。
>制限されていても私は全てだからだ。

やっぱりわかんね。それなら真に自然に生きなくても、人生に
何も残らない空虚な人になっても、人生が無になっても、
神は全てならそれでもよいということになんねか?

それともただあなたの場合は自然に生きることを選択したという
ことなんかな?そんで必然的にそれから出てくる問題全体に
気づいているという事なんかな?

そうなりゃどんな人生を歩もうともやはり問題は気づける、
気づけない事にかかってくるな。

そしてあなたの言うとおり、気づき、理解は思考ではないよな。
思考はただ思考内容であって思考者を含む全体の構造、それが
問題の全体なんだが、そこまでは理解できないし、それを理解
しないとそれをどう思考で捕らえようが問題にからまれたままだろうし。

239 :名無しさん@3周年:04/11/11 23:33:53 ID:zAdYMTBo
>>238
ただあるがままになりたいということに執着して
人生を棒に振らないようにといいたいんです。
問題に気付くと一言で言っても自分がどの程度、
気付いたかという道のりがあるわけではない。
終局がどこなのか自分がどの程度の場所にいるのか
なども分からない。

だから、自然に自分の行きたいように、欲望に忠実に
、世間体を考えて生きる上で、気付いていけることに
満足していけばいいと思ったのです。

思考の全体に気付くことは、瞑想していても
祈っていても日々の労働の中でも余暇のうちでも
等しく見出される機会を有していると考えられるし、
実際そうあるべきです。

思考全体に気付こうとするあまり、実際は思考している
というのは非効率、不幸であると思ったのです。
そして、そういう生き方も含めて全ては等しく行いである
という認識にも立っています。

240 :名無しさん@3周年:04/11/12 01:00:42 ID:0KtEzuD+
>>234
>とんでもない無力感に襲われた。

確かにある。おそらく生は欲望という形のエネルギー。
それを否定しすぎた為だと思う。閉鎖空間に閉じ込められた
生き物は無気力になると聞く。
そして、そのエネルギーをどう使うかで葛藤、問題が起きてくる。
自我の構造に気づいているとその辺の動きも見える。
ただ、無気力には微妙な自我の防衛機能が働いてるとも思えるが。





241 :名無しさん@3周年:04/11/12 01:51:35 ID:Tf6lfEDW
>>239
それはkを読む以前の状態に戻る事とは違うの?

242 :名無しさん@3周年:04/11/12 02:00:09 ID:Tf6lfEDW
>>240
本当に無気力、空しい、絶望しているのなら、
その時やっとわだかまりなく全てに気づく事が
できるのだと思うが。

その為に空しさは貴重な感受性だと思う。

でも234さんはそこで抵抗が起きたんだと思う。
空しくてはいけない。人生を無駄にしていると。

243 :名無しさん@3周年:04/11/12 02:05:48 ID:0KtEzuD+
横レスめんゴ
>>241
それはkを読む以前の状態に戻る事とは違うの?

よりタチワルイよ。より複雑地獄。君達インテリがはまっちゃう罠。
普通は1つだめなら次という流れを信じ込んでるから。

244 :名無しさん@3周年:04/11/12 05:40:08 ID:S9rWPHkT
わたしは空しいってなりきったら
神経症その他もろもろ気づいて改善できたけど。
読みはじめじゃないの?>234さん

245 :名無しさん@3周年:04/11/12 05:43:47 ID:S9rWPHkT
さらに補足。
よく、kは役に立たないって言われるけど
期待の程度によると思う。

期待してること気づいてる?
悟り=全てちゃらにできてOK
悟れそうもない=すべて無駄
とか短絡的に思ってないですか?

246 :名無しさん@3周年:04/11/12 13:30:34 ID:0KtEzuD+
>>245
234は読み始めではないだろ。読み始めは光が見えた気がして
むしろのめり込むよ。
あと、期待ってのもくせもので、既存宗教は皆未来を期待してるよ。
たった今の答えでないと。
Kで悟れたと思った人はへんに謙遜せず発表して欲しいよ。
(語弊があるが、1つの公式として有効なのかどうか)
Kの回りにはいなかったようだが。

247 :名無しさん@3周年:04/11/12 21:50:14 ID:ooQA37+u
Kを初めて読んで2年くらい経ってます。
そのほかにも違う人の本は読んだが、
またクリシュナムルティ読んでます。
こころが弱くなったと感じることもあった。それは結構長くて
クリシュナムルティの言っている事に近づく気配も無かった。

最近わかったことは(私が指している)思考の働きというものは
自分を追い込み苦しめている、制限しているものだと。
なんとなくであるのだが・・・・。

たしかに公式なんて感じはしない。もちろん悟ってなんかいない。
むしろ悟りってナニ?悟りなどあるのか?という感じがするこの頃。
悟りがどうのこうのという議論は必要ないと。

思考は探す。


248 :名無しさん@3周年:04/11/12 23:42:56 ID:Tf6lfEDW
今の話題はあそこでいうとここら辺かな。
ttp://homepage3.nifty.com/~fwiv0294/exploration11.htm

249 :名無しさん@3周年:04/11/13 00:18:04 ID:yClGbqjC
ブラクラ貼るな。

250 :名無しさん@3周年:04/11/13 01:46:20 ID:d+lgGpEh
>むしろ悟りってナニ?悟りなどあるのか?という感じがするこの頃。
>悟りがどうのこうのという議論は必要ないと。

イイ感じじゃないの。


251 :234:04/11/13 09:05:40 ID:uu+q+rBD
クリシュナムルティを読んで5年ほどになります。
直感的にKのいうことは正しいと感じました。
心的状況はそれまでも良好でしたが、そこから更に力を抜かれていき、
心はシンプルになっていきました。

Kの思想は仏教の「これでもない、これでもない」と似ていると思います。
私は否定されていき、そして空虚になっていきました。

しかし、いつしか無力感を感じている自分に気付いたんです。
私は満足していなかった。放棄されるごとに更に
貪欲さは増していった。心はいつまでたっても乾かなかった。
そう、どこかで自分は力を求めていると気付いたんです。
そしてその抵抗として無気力感を感じた。

私は力を欲している。これは正しい。
自分が本当に自然に生きているときに得ているだろう力。
そして、無、あるがままであるという言葉を借りてはいるが
実は放棄の過程にある今の自分を比べたとき、そこに無力感を感じた。

力は行使していいんです。力を行使するときに伴う、
いろいろの葛藤、自責の念、対象の破壊。これらは全て因果の過程を取る。
そして、私があるがままであると信じていた放棄の過程もまた因果の過程である。

気付きとは何か。自然に生き、そして起こることから
気付けばよい。あるがままは終局点ではない。目的ではない。
あるがままとはただの状態を指すのではない。
つまり、私は変化してもよい。そう”考えた”のです。
あるがままとは変わることを拒む抵抗の状態ではない。
考えることは人間にとっての自由意志の行使であり、
生とは矛盾しない。私は生きたいと思った。

一言でいうと、あるがままと放棄を誤認していたんです。

252 :名無しさん@3周年:04/11/13 09:43:23 ID:yClGbqjC
kは「もし、わたしが仕事を持っていたら働きに働くだろう」
って言ったけど、仕事って、単純にその「仕事」だけじゃなくて
人間で生きてるからには「わたしはなにもの」や「愛とはなにか」などを
見るために見続けるのと「人の仕事」という観点からは同義じゃないかなあと
ふと思った。



253 :名無しさん@3周年:04/11/13 13:13:59 ID:yMXDf0rL
>>252
それは、自分にあってない仕事をしてると感じてる人が多いということか?
生活費を稼ぐだけの仕事と割り切ラザルを得ない現状・・・

254 :名無しさん@3周年:04/11/13 13:34:29 ID:d+lgGpEh
わたしたちは何でも切り分けて考える。
仕事と夢、日常と非日常、俗と聖、悟りと迷い、愛と憎しみ、記憶と反応。

さあ、なぜ切り分けるのだろうか?

255 :名無しさん@3周年:04/11/13 13:52:46 ID:yMXDf0rL
あるがままとこうありたいの違いの状態をはっきりしたいから

256 :名無しさん@3周年:04/11/13 19:48:54 ID:j+en/0Pz
>>252
つまり、kは し続ける、見続けることができた人物と思ってます。
前にもどなたか書いておられましたが、kが他のグルと違うところとは
ずっと見続けて、組織を作らず、開かれた場所で皆と探求し続けた・・と
いうところだと思うんです。

なので「わたし」を見ることも「仕事」をすることも同じじゃないかって思ったんです。
なので、見ることをやめてしまってはkの言ってることから離れて行く。

だから、234さんもそのまま、逃げずにできれば続けてください。
人は見続けることができるか、できないかはこの先わかりませんが。

自分に合ってない仕事をしてると感じている人が多いかはわかりません。
ただ、どの本で読んだのか、どんな場面で出てきたのかはわからないですが
わたしもその時、自分に合ってない仕事うんぬんって思っていたので
印象的でしたが。

そのまま逃げずに見続けると、なにか生き方に変化があるかもしれませんし
そのまま、まわりに毒されず、同じ職場で働き続けるかもしれません。
それは、誰に決めてもらわなくても、言ってもらわなくても
見続けると答えが出るかもしれませんし、出ないかもしれませんし、
誰にもわからないです。きっと。


257 :252.256:04/11/13 19:50:09 ID:j+en/0Pz
>>253へだった。スマソ

258 :名無しさん@3周年:04/11/13 20:46:26 ID:yMXDf0rL
Kの本にも書いてあったが
自宅では家族思いの良い父親だが
会社ではバリバリ業績主導で他人を非人間的に扱う人
って普通にいそうだよね
てゆーか、それに疑問もつことすらない

259 :名無しさん@3周年:04/11/13 21:35:30 ID:PF1o9kE+
>>232 この世は弱肉強食だ。人間もね。

平等というものを曲解してはいけないよ。

260 :名無しさん@3周年:04/11/13 22:32:46 ID:PT3BWkEc
Kを知ってから高層ビルから見下ろす都市の風景が違って見える
人間の活動はまさにExtraordinaryなすばらしく有難いものと感じる。
宇宙の存在までは感じられないが、人間を生み出した地球のすばらしさが感じられる

261 :名無しさん@3周年:04/11/14 01:08:03 ID:5o6IfJg6
>>252
生活費が稼げていいよな

262 :名無しさん@3周年:04/11/14 01:26:20 ID:vHNQX/HU
EOは生活費はどんなことでもいいから稼げと言ってたな

263 :名無しさん@3周年:04/11/14 08:53:09 ID:VW6VfEsz
EOは自殺したやつだろ。
弟子はただのエロ気違いでどうしょうもないよ

264 :名無しさん@3周年:04/11/14 11:00:35 ID:Zy8aKXD8
ムルティーって、いわゆる「口だけ野郎」でしょ
実体を表してないのにだまされる信者がいるとこがすごいといえるね。
ラーマクリシュナとネーミングがかぶってるから、
名前が暗示となってしらないうちに崇めてしまうんだろうね。

265 :名無しさん@3周年:04/11/14 11:52:41 ID:Ac1esazE
>>264
ヴァカは逝って良し。

266 :名無しさん@3周年:04/11/14 15:47:48 ID:vHNQX/HU
>>260
イラクの現状に一言たのむ

267 :名無しさん@3周年:04/11/14 18:19:43 ID:Nl+BZw7o
う〜ん、お前らホントにおもろい!

268 :名無しさん@3周年:04/11/14 18:23:55 ID:XhbxwAT2
>>429

滅びる人間もいて、滅びる人間もあらかじめ定めている、となるとカルバン
の予定説になる。

これはいまだにプロテスタント保守に広くみれれ、ブッシュによる虐殺を
支持する人の多い派の特徴でもある。

269 :求道者:04/11/14 19:16:48 ID:iY4pxaW0
私は悟った事が無いので求道者なのだが、我思うに「自我の終焉」は自我を極限
まで高めた人にしか出来ない気がする。経済戦争でも、本物の戦争でも、完全に
負けるか勝つか、そのどちらも経験しなければ、全一は分からない。自我の終焉に
憧れたところで、私には終焉を迎えるほどの自我の経験が無い、正直なところ。
クリシュナムルティーを読む人々には教養人が多いといわれるが、それによって、
自我の終焉を迎えたという話を聞いたことが無い。これが、彼が入滅する時の最後
お嘆きとも言われている。それにしても、わからん。自我の終焉を迎えた人は
そもそもこの世に生きて行けないだろう。世に知られる事も無く、唯の人で、
自我の終焉を迎えた人がいるかもしれないが、他の人がそのことを認識できる
機会も無いだろう。自我を認識できる、かくも偉大で愚かな生物、人間かな。

270 :名無しさん@3周年:04/11/14 19:38:14 ID:+w8/An6+
>>296
自我の終焉というのは、自由意志では到達できないってことでしょ?
自由意志があって、その上に必然性がないと。
たとえば、業病に罹って、激痛の中でのた打ち回って自我の終焉しかないと
いうところまで追い詰められる。しかし、意図的に業病になることはできない
し、仮にペスト菌か何かを自ら飲んで、めでたくペストになったとしても、
そこには「作為」があるから自我の終焉にはつながらない。自我の終焉に至る
人々は、最初から神から選ばれた「恩寵の人々」だ。

聖書の中でヨブは試練と引き換えに信仰を得たけど、誰もがヨブになれるわけ
ではないし、自分もヨブになりたいと願うべきでもない。それは、神を試すこと
になるから。だから、人知れず自我の終焉を迎えた人が居ても、その人に与えられた
恩寵を味わうだけで十分だ。その特別な境地は、他人には許されていないのだから。

人間は、それぞれに割り当てられた運命(しかも非合理で過酷な!)の中で、
自我の終焉に決着をつけることを迫られる。ほとんどの人にとって、それは
臨終なわけだが。

271 :270:04/11/14 19:42:49 ID:+w8/An6+
「花さかじいさん」では、ポチが裏の畑を掘れとワンワンほえる。
最初に掘った人だけが神の恩寵にありつける。
その成功を横目で見て、欲心いっぱいで2度目にポチがほえたところを
掘ったとしても、そこには恩寵はない。
恩寵を受けられるのは、運命によって、そこを掘らざるを得ない必然性
に縛られた人間だけだ。

272 :名無しさん@3周年:04/11/14 20:55:27 ID:vHNQX/HU
>>270
Kはそうとは言ってないのでは。
夢物語じゃなくて現実の手引き。
自由意志から出発でOK。
でも階段的ないつかじゃなくて、たった今。
誰でも強烈さを持てば可能だと言ってるのでは。
神から選ばれた「恩寵の人々」、運命、など、全く関係ない。


273 :栗花 馨:04/11/14 21:28:56 ID:3734Weif
Extra  ordinary


274 :名無しさん@3周年:04/11/14 22:11:35 ID:zioKDgH+
>>272
カルマが終わることにもカルマが必要だと思う。
現にクリシュナムルティは星の教団に見出されたわけだし。
やはり因果は厳然として存在すると思う。

275 :名無しさん@3周年:04/11/15 01:00:10 ID:cm3cKHaO
カルマはいい加減やめましょう 変なのが混じってますね クス

天才という言葉があるのでそれを使いましょう。
>>272
あなたアホですね。

>神から選ばれた「恩寵の人々」、運命

ありますよ。どの分野でも天才はいますね。
たしかにクリシュナムルティはその能力は誰にでも可能である。とはいっていますが
それは努力ではできない。つまり一般人とパラダイムが違うんですね。
そういう意味で言うとクリシュナムルティという天才がどうして現れたのかは
運命とかそういった解釈はできます。
解釈を変えれば必然性も無く可能性の一つが実って現れたということでしょう。

まとめると同じ人間なのだから不可能ではない。しかし、情報なしに条件付けられた
一般人がクリシュナムルティらの至った人の世界に入ることは不可能である。

>>269
アホ。何が求道者だ。それじゃただのDQNの脳みそじゃないか。

276 :名無しさん@3周年:04/11/15 01:07:50 ID:pnBc0ntT
自我の終焉していない連中がそれを語るスレか。

277 :名無しさん@3周年:04/11/15 01:11:51 ID:cZXiznns
絵に描いた餅が実在すると勝手に決め付ける人が多いね

278 :名無しさん@3周年:04/11/15 01:21:45 ID:bJQcBoCI
餅を知らないと絵にも描けないわけだが。

279 :名無しさん@3周年:04/11/15 01:22:00 ID:7rUVwJL0
子供が目の前で遊んでいた。

子供は思考の二重性をはっきりと表す。「これは僕のだぞ!!」
反面遊びに興じる時はそれに没頭する。

しかし怒られたりする事により分別が付きだす。それが重なると
損得の条件文は複雑になり、二重性は打算的に隠され、狡猾
になって行く。

その為処理は複雑になり、曖昧になり、物事に対してストレート
に接する事が出来なくなってくる。その上生活が重くのし掛かって
くると、そんな感受性の鈍化のため、体を壊すまでの気晴らしが
必要になる。ストレス解消。

そして体を壊すか金が尽きたらば、今度は精神的な価値観に
逃げ込む。しかしそれも条件文の分岐を増やすだけだ。

その本質上ただ満足したいだけの精神は、いつかそれにも飽き、
救い様のないループだと判断する。そしてまた他の条件の分岐、
「本当の生」を仮定するのだった、、、。


280 :名無しさん@3周年:04/11/15 01:53:14 ID:bJQcBoCI
じゃあ子供になんなよ。
皮をはがせばみな子供さ

281 :名無しさん@3周年:04/11/15 03:01:24 ID:7rUVwJL0
さっぱりわかってないな

282 :名無しさん@3周年:04/11/15 05:20:22 ID:gRdfBGYV
悟りを「能力」の優劣の延長線上で考えている人が多いの???
だったら確かにK=天才ってことで終わっちゃうけど。。。

なんか根本的に勘違いしてないか。


283 :名無しさん@3周年:04/11/15 12:56:54 ID:QF8AntPq
そうそう、そんなふうに思ってるニュアンスだよね。
ある意味、みんな天才。
比較なんかすると曇ってしまうよ。
でなければ、この話始まらない。

284 :275:04/11/16 00:25:12 ID:Z0ofEYqN
>>282
読み返せ。能力の優劣?あなたは次元が違うものを同次元で扱うわけね。

>>283
比較は大切だ。当たり前の話だ。商品買うのに同じものを値段比較して
買わないのか?
紙幣が偽札か本物か、比較せずに生活できるのか?
275はそういう意味での比較の話をしているんだ。

それとKのいう比較しない、の話は別の次元の話だ。



285 :275:04/11/16 00:27:11 ID:Z0ofEYqN
おまえら全員が平等だとでもいうのか?
なわけがない。

もう一度言うぞ
同じ人間なのだから不可能ではない。しかし、情報なしに条件付けられた
一般人がクリシュナムルティらの至った人の世界に入ることは不可能である。

この「情報なしに」を読んでいるか?読み違い君

286 :275:04/11/16 00:31:52 ID:Z0ofEYqN

こういう意味で天才的といえるんだ。

すでにグチャグチャに彩られたキャンパスを真っ白にして生きるのが
悟りとも言えるのかもしれない。そこには新しくなんにでも書き込めるという
意味でな。

287 :275:04/11/16 00:35:44 ID:Z0ofEYqN
>>282
>だったら確かにK=天才ってことで終わっちゃうけど。。。

終わってるのはあなただけ。

彼が天才だった=凡人にはできない。で終了

という公式があなたの中で成り立つわけね。
そんなことは言ってないし事実とも違う。

288 :275:04/11/16 00:38:36 ID:Z0ofEYqN
>ある意味、みんな天才。

それは可能性としての天才という意味だ。実際を見ると馬鹿ばっかりだろうに。

別次元を同次元で話すから頭が悪いと言われるんだ。

誰もができる可能性がありながらできない。
これをどう思うか?という話なんだよ。

289 :275:04/11/16 00:44:32 ID:Z0ofEYqN
だからKを読んでどの次元の話をしているのかを
捉えながら読むべきだと思う。

ところでここで使っている「次元」の言葉の意味はニュアンスとしていくつかあるけど
わかってるかな 心配だ また斜め読みされそうだ 藁


290 :名無しさん@3周年:04/11/16 00:52:12 ID:bBjbA6tQ
あまり次元とか天才とか言わないほうがいい。
そんなもの意味ないから。
見えるものを見ていればいいんです。

291 :名無しさん@3周年:04/11/16 01:21:55 ID:sMnilYg0
そうそう・・・

そう思うよ。

見てるものも疑えれば さらに そうそう。

さあ、皆さんご一緒に。

「わたしは何も信じない」

これってさあ。

本当に良く日常で使う「信じない」んじゃないよね。

これを知って 

信じる 信じない などと
判断しない 

結局 
       見ること
                に尽きます

145 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)