5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本祭政公私共和国憲法制定

1 :AVE MARIA:04/12/08 18:32:05 ID:vIAwJmDc
日本祭政共和国憲法制定 日本公私共和国憲法制定
祭政共和制 公私共和制
祭政共和主義 公私共和主義
非専制
全体主義 国家主義  個人主義 私有権の絶対化 に非ず

2 :名無しさん@3周年:04/12/08 18:32:43 ID:vIAwJmDc
日本教職員組合にアウフヘーベンを
http://life6.2ch.net/test/read.cgi/psy/1097379425/1


3 :名無しさん@3周年:04/12/08 18:35:07 ID:vIAwJmDc
神政政治 政教一致に非ず

4 :名無しさん@3周年:04/12/08 18:39:47 ID:vIAwJmDc
祭政公私共通 共有 共用 通有 通用 有用

非専有 非専用

祭政 公私 立法と司法

5 :名無しさん@3周年:04/12/08 20:15:48 ID:JV/8XjfN
公私連帯責任者
公私連帯責任者は、社会と個人に責任をとらせる
公私連帯責任者がいなければ、
社会は責任をとらず、個人に責任を転嫁し、
個人は責任をとらず、社会に責任を転嫁する

6 :名無しさん@3周年:04/12/08 21:35:29 ID:bJCBgggB
民族主義に非ず

7 :名無しさん@3周年:04/12/08 22:36:15 ID:7XzyQq0u
祭政一致に非ず

8 :名無しさん@3周年:04/12/08 22:37:13 ID:7XzyQq0u
共和制  非専制

9 :ネットサーファー@~の國:04/12/08 22:44:04 ID:PpKXY35n
国家神道を非難するのなら、なんでもいい。

10 :名無しさん@3周年:04/12/08 23:57:32 ID:1CUWSsbW
一神教文明からの問いかけ―東大駒場連続講義
第3講 ユダヤ教とは何か――普遍主義と特殊主義と  R・J・ツヴィ・ヴェルブロウスキー

一神教は、神と被造物など二元論になる 

11 :名無しさん@3周年:04/12/08 23:59:12 ID:1CUWSsbW
和して同ぜず 不同不異

同じ種はない、種である事に違いはない
人種
同じ人はいない、人である事に違いはない

12 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:03:03 ID:vKfWKKhk
どの個も
多数の共通点
少数の例外

13 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:03:56 ID:vKfWKKhk
多神教は、多一元論になる 

多種一元論
色々一元論
多様一元論

14 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:10:39 ID:qLUoMXKs
上智大学宗教教育研究所主催 上智大学で行われる夏季神学講習会 第十回目 一九六三年
しかし、講話の速記をそのまま印刷したのではなく、改めて各講師にお願いして、
それぞれの講話をさらに推敲した上で、新たに読む講話として執筆していただき、これを編集したものである。

日本宗教社会学研究所にて  安斎 伸

15 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:13:37 ID:qLUoMXKs
現代日本社会とキリスト教徒  中央出版社 現 サン パウロ 
第一部 キリスト教徒と社会
ペトロ・ネメシェギ
一九二三年生、一九四四年ブダペスト大学卒業、
同大学政治学博士、グレゴリアン大学神学博士、一九五六年来日 イエズス会司祭 現在 ハンガリー在住

16 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:15:13 ID:qLUoMXKs
個人と社会

問題の所在

個人と社会との間の充足的関係を設定することは、人間の古くからの根本的な諸問題のうちのひとつである。

17 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:16:22 ID:qLUoMXKs
この問題に似た諸問題の場合がしばしばそうであるように、この問題の場合にも、人類のながい歴史のあいだに、解決の試みがたくさんにあらわれた。
けれどもそれらのものは、たいがい、極端な ” 解決 “ であった。
全体主義などはその極端な解決の一例である。
全体主義はこの問題を、両方の関係、相手のうちの一方を簡単に抹消することによって “ 解消 “ しようと試みている。
すなわち個人の自主性は無視され、社会が全権をにぎっている。

18 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:20:43 ID:zWbXHTMv
こうした全体主義のすがたは、すでに人類のもっとも原始的な社会形式にあらわれている。
すなわち、原始的な種族の場合には、種族が、種族の慣習が、すべてであり、独創的な個人の自由というものは勢力をもつにいたってはいない。

19 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:23:45 ID:zWbXHTMv
しかし人類の文化の進歩をもってしても、全体主義による極端な “ 解決 “ は、決して消えてしまったわけではない。
ナチズムの民族Iイデオロギーにおいて全体主義は強力によみがえり、無数のひとびとを不幸と破壊におとしいれた。
しかしまた、共産主義のイデオロギーも、極端な全体主義とみなさなければならない。
ここでも、真理と正義と自由との絶対的価値というものが、なんの容赦もなく社会の利益の下位に置かれている。
そしてこれらの絶対的価値をよりどころとして社会の指導者たちに反抗しようとした個人はみな迫害され弾圧されている。


20 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:24:41 ID:zWbXHTMv
全体主義が個人―社会の問題の真の解決を与えることができないということは、明白である。
関係問題というものは、関係相手の一方を抹消することによって解決されるものでは決してない。
個人を抹消しようとした全体主義は決して解決ではない。


21 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:25:35 ID:zWbXHTMv
しかし、それと同じ理由からして、また、社会とその利益とをかえりみない個人主義というものも、なんらの解決をも提供することができないのである。


22 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:31:17 ID:WLAvwQtq
十九世紀から二十世紀のはじめにかけて、人類は個人主義の全盛を体験した。
個人的な自由や、私有財産などが、絶対化された。
そして人びとは個人がなんの妨げも受けずに闘争するところから社会の福祉が生ずるであろうと期待した。
しかしながら、圧制されたプロレタリア階級の言語に絶する苦しみと、絶え間なく繰り返される経済危機とは、まもなく、この期待がまちがっていたことを示したのであった。


23 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:32:08 ID:WLAvwQtq
それゆえ、極端な個人主義も、極端な全体主義も、同じように、個人―社会の問題を解決する能力がないのである。
しかしまた、力に基づく妥協によって解決しようとする試みなども、真の解決をもたらすことはできない。
このような妥協は、社会が実定法や警察や民兵などの力によって個人の利己主義的な権勢欲に対して一線を劃 かくする 画する ことにあろう。
このような、力のつり合いの上に立っている妥協による解決などは、決して永続的な、満足のゆくような解決ではありえない。
このような解決の場合には、協調されるはずの両方の相手は、どこまでも敵対者なのである。
つまり、個人は自分の利益と自分の独創的発達とを妨げるように見える社会を信用せず、そして社会は公益をあやうくするものとみなす強力で独創的な個人を信用しないのである。

24 :名無しさん@3周年:04/12/09 00:32:41 ID:WLAvwQtq
問題解決の鍵「自然法」の認容

25 :名無しさん@3周年:04/12/09 09:30:16 ID:J4hybjt/
神道主義に非ず
国家主義に非ず

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)