5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

死ぬのって怖い?

1 :愛と死の名無しさん:2001/08/16(木) 01:02
最近思うんだけど、20〜30で若くして死んだほうが
今の自分の姿をみんなの記憶の中に残せてもらえて
ある意味幸せな事じゃないかな?そう思うと、「死」に
対しての恐怖が、少しだけ薄れてくる。決して、今の
生活に不満があったり、自殺願望があるわけじゃないけど。
世の中、生きたくても生きれない人もいるわけだから、
こんな事を言ったらいけない事かもしれないけど。
「死」はいつかやってくるものだからと考えると、何となく
そう思いだした。

2 :英雄死願:2001/08/16(木) 01:12
死に方にもよるだろうね、20〜30だろうがバナナで滑って死ぬのは勘弁だろうし、
鉄腕アトムみたいに太陽につっこんだり、アルマゲドンのように隕石に突っ込んで英雄になれるなら、
そんな死に方もいいかなとも思う。

3 :愛と死の名無しさん:2001/08/16(木) 01:16
>>1 自分が死んでからのことなんか、興味がない。

4 :愛と死の名無しさん:2001/08/16(木) 02:03
>>1
何故怖いのか、じっくり考えてみたら?
あなたが怖いと思う理由がわかったら、
対処の仕方も考えられるんじゃないのかな?
原因がわかんないものは、確かに不安だったり
怖かったりするから…。
死に関する考え方は、お国柄とか宗教によって
さまざまだから、どれが正解っていうのもないし…。
私は、死んで行き着く先には、ご先祖様や知人がいるから
いいやーと、楽天的に考えてるけどね。

>今の自分の姿をみんなの記憶の中に残せてもらえて
>ある意味幸せな事じゃないかな?

幸せなのは、あなたが? それとも周囲の人が?
私、30歳代既婚女だけど、20歳代や30歳代の友達や先輩の
葬式に行った時、「まだ若いのにかわいそうに」としか
思えなかったよ。死因は事故・病気等それぞれだけどね。
それに、故人を思い出す時って、亡くなった年齢じゃなくて、
一緒に楽しく過ごした時の顔なんだよね。

まぁ、なんとなく思ったりするもんだろうけど。

5 :愛と死の名無しさん:2001/08/16(木) 06:47
死ぬのは怖くはない。

 ただ、残される妻、子供、、家族のことを思うと氏ねない。

6 :愛と死の名無しさん:2001/08/16(木) 11:39
>>1
わかる気がする。
ジェームスディーンや夏目雅子みたいにね。
自分が死んだらみんな泣いてくれるかなって思う。

7 :愛と死の名無しさん:01/09/02 21:02 ID:3Iy3PVBc
|  // /
|// /┃
 / ̄''' ┃  プラーン
 |   (-_-)
 |    U U
 |    UU
 |       (○)
 |       ヽ|〃
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ハヤマッテコンナコトハスルナヨ・・・

8 :愛と死の名無しさん:01/09/02 21:04 ID:m32LKN.s
http://downloads.members.tripod.com/lohhge/kanpai.jpg

9 :愛と死の名無しさん:01/09/02 22:02 ID:Hx9M/xbM
死んでいるのに、なぜ他人の幸せがわかるのですか?

10 :愛と死の名無しさん:01/09/02 22:24 ID:fNEafVks
別に自分が死んだ後に悲しんでくれ?とか考えてないなぁ。。

どうでもいいしょ?死んだ後なんか・・?

11 :愛と死の名無しさん:01/09/02 23:15 ID:K6U7LGi.
俺は30代後半で自営業のため
親と同居、両親が弱っていくのを見ると
2人を見取るまでは絶対に死ねないと思う。

>1
出来れば親より長生きしてやれ

12 :愛と死の名無しさん:01/09/03 05:03 ID:f9pRSU5g
死は人間に優しいぞ。何を恐れる必要がある。
生まれながらに押し付けられた運命から全てを開放
してくれるんだ。生きてる事が窮屈に感じたなら
いつでも死は君たちを迎え入れてくれる。

13 :愛と死の名無しさん:01/09/03 05:54 ID:RSocbjmI
数年前兄が亡くなった。
自分が死んだ後は、先に逝った兄妹やご先祖様が居るから大丈夫、
なんて思いこんでいた。先日法事がありお清めの席で、
住職と色々話をしていたところ、「死後の世界など存在しません。全くの無です。」
と言い放たれ、兄のことを遠い天上で過ごしているであろうと信じていた母は
辛そうだった。私も、なんだかひどく寂しい気持ちで一杯になってしまった。
それ以来、死を怖く感じてしまう自分が情けない気もしてます。。。

14 :愛と死の名無しさん:01/09/03 09:36 ID:1ST/Xay.
死ぬの、怖いよ。
死ぬことを、真剣に、身近に考えたことのある人で、
本当に怖くない人って、いるのかな。
怖いほうが、普通だと思うけど?

15 :愛と死の名無しさん:01/09/03 10:35 ID:/fmiOI5s
>>14
同意する。死ぬのはこわい。
今仮に死んだとしたらやり残したこと多すぎる。
それよか、>>13の住職さんはちょっとどうかと思うなぁ。
実質わからないことなんだから、
人間の思いや気持ちをもうちょっと察するって行為は
住職として必要なものだと自分は思うけどな。
そう言い切られちゃったらそりゃ辛いよ。
そりゃあんまりだと思うね。

16 :愛と死の名無しさん:01/09/03 16:20 ID:kfMA6.lY
怖いのって死に至る過程がどんななのか分からないとこだよね。
死んじゃったらコワイもへったくれもないじゃろ?

17 :愛と死の名無しさん:01/09/03 19:14 ID:dJZ36nms
>>1
若い時に死んで、若い自分の姿をみんなに記憶してもらったところで、
そのひとたちもみんな死ぬんです。
大切なのは、死んだ時の姿形じゃなくて、
死ぬまでに何をしたかでしょ?

18 :愛と死の名無しさん:01/09/03 20:15 ID:f6OQ1yIA
よくわからんけど、死って怖いからいいんじゃないかな?
死が怖いからこそ、一生懸命生きようとする。死への恐怖
が無い世界って、逆に怖い気がする。命の尊さっていう考えが
無い世界でしょ?

19 :愛と死の名無し:01/09/03 21:41 ID:QYg2wO4g
死は、残された生きている人間にだけ意味がある。
家族を持たない、独りぼっちの人間が死ぬことは、
存在しているのかどうかわからなかった存在が
存在しなくなる、ということだ。

20 :愛と死の名無しさん:01/09/04 04:00 ID:npDmzDzw
1さんは大好きで大切な人がいないんですか?私はそうゆう人がいるから絶対死にたくない。生きる意味なんて最初は無いと思う。生きる意味は自分で築いて見つけるものだと思うから。若くして死ぬのは悲しい事じゃないんですか?思い出になるために生きてるの?

21 :愛と死の名無しさん:01/09/04 09:34 ID:hmMw60OA
飯田史彦生きがいの創造をよみませう

22 :愛と死の名無しさん:01/09/26 23:06
>>13の住職
「死後の世界は無だ」と言うのは、
今ここを大切に生きようとする意志を持った人に
「自分の地位や名誉に胡座をかかず、生きている間に精進しろよ」
というニュアンスで励ますにはのはいいと思う。

でも、死者の追悼、菩提を願う人に対して示す教えではないね。
相手や相手の心境を十分に察して「対機説法」するのが、
仏教者、宗教者の心掛けだと思う。

23 :愛と死の名無しさん:01/09/27 07:11
喘息の発作で息ができなくなって「もうこのまま死んでしまう」と
思ったことがあります。何度も。
めちゃくちゃ苦しいですよ。
それでも死ななかった所をみると、
本当に死に至るまでの苦しさはそれよりもっと凄まじいんでしょうね。

今となっては大切な相棒も子供もいるし、
死んでいる場合ではありません。

死ぬのが嫌だというより、生きたいです。
まだまだ、やることいっぱいあります。

24 :愛と死の名無しさん:01/09/27 08:50
死ぬのは怖くない。死んだらどうせ無だし。
死ぬまでの過程は怖い。
それより、家族や恋人に死なれるほうがずっと怖い。

>>23
私も今死んだら未練ありすぎる。

25 :愛と死の名無しさん:01/09/28 00:46
彼女はクモ膜下出血だったので余り苦しまずに死んでいったと思います。
故八越美雪儀(法名:寂光院釋尼妙雪 享年二十七)
http://itai.hypermart.net/joyful/img/139.jpg

26 :愛と死の名無しさん:01/09/28 20:23
えーみんなおかしいよー。
私死ぬことは怖くないよ。
大切な人がいるから死ねない
とかいうのは別にして。
嫌なのは・・・怪我で死ぬか病気で死ぬか
わかんないけど、「痛い・苦しい」なんじゃないの?
死ぬまでの過程がいやだよ。
特に息が出来なくて死ぬこと考えたら
気が遠くなりそうだ。
「死ぬのが怖い」ってそういうことだよね?
ちがうのかなあ。

27 :25:01/09/29 13:41
確かに恋人や仲の良かった友人に死なれるのは辛い。
葬儀の時のこの美雪さんの死顔はとても安らかで美しい死顔ではあったが、
いつもにこにこ笑っていた女性の死顔を見ると「この子はもう笑わないんだ・・・。」
と思って、自分が死ぬより辛くなってしまう。

28 :愛と死の名無しさん:01/09/29 15:39
「怖い」っていうより、「悲しい」「寂しい」かな…
人との「別れ」だからね。
でも、あの世でまた遭えるなら、しばしの別れは耐えられると思うし。。

いやぁ〜、だから坊主は儲かるわけだ(藁。

29 :T:01/09/30 13:48
23さん、私も喘息です。

私、10年程前に喘息で夜中に息がとまりました。
発作が出てる時、意識がある間は相当ツライですが……。

ある日の夜、発作が出てスゴク苦しくて息が出来ず、一人で苦しんでました。
呼吸しても全部咳になってしまい肺に空気が行かず、かなりツラかったです。
ですが、突然呼吸が楽になり、「……?普通に息が出来る、なんで?」って
布団から起き上がるとナント、私の体は布団の上に苦しんだ形のまま。
知らぬ間に天井くらいの高さから、寝ている自分の姿を見つめていました。
どうやら幽体離脱したようでした。
その時の感覚は、全然苦しくなくどこも痛くなく健康体というカンジ。
とってもいい気分でした。
なのに「戻らないとヤバい」って思った瞬間、スーッと寝ている自分の体に
魂が戻って、悪夢の様な苦しみが戻って来たんです。
一晩中呼吸が困難で、浅い呼吸をしながら布団の上で座ってるのがやっと。
こんなにツライんなら死んだ方がマシだった……って思えるくらい。

それがあってから、
「病気の人は死ぬ事で一瞬にして病気による痛みや苦しさから解放される事」
って思えるようになりました。
でね、死んでも(魂が体から離れてしまっても)自由に動きまわれて、
私自身に「感情」というモノがあった事も覚えてます。
だから、生きてる人からは見えないんだけど、
亡くなった人はちゃんと上から見てるんだろうな、って思います。

結局は何が言いたいのか分からなくなっちゃいましたが。
死ぬコトは楽になれる事。(ただし病気の人の場合)
「楽になれて良かったね」って心の中で言います。
口に出したらヒンシュクかうから。

ただし、自殺は反対。
生きたくても死ななきゃならない病気の運命の人、た〜くさんいます。
生きる力があるんなら、健康なカラダ持ってるんなら、
簡単に「自殺したい」とか言わないで生きて欲しいです。

私、発作が出るたびに「今度こそ死ぬのかな〜」なんて考えなきゃならない。
医者にも「いつ死んでもおかしくない」って言われてるし。

死ぬのは楽になることなんだ、って分かったから、これからは
一生懸命、息をしようと思います。

長文でゴメンなさい。

30 :愛と死の名無しさん:01/10/04 23:24
ageてみた。

31 :愛と死の名無しさん:01/10/04 23:32
>26
「みんなおかしい」ってとこ以外同意

32 :愛と死の名無しさん:01/11/22 14:21
怖いわけないじゃん

33 :愛と死の名無しさん:01/11/26 17:07
みんなの記憶に残ったところでそんなことに、どんないみがあるのかわらない。簡単に死ぬことを選ぶやつは、死ねばいいのではないでしょうか?

34 :愛と死の名無しさん:01/11/26 17:14
あと百年もすればあなたを知ってる人なんて誰もいなくなるよ

35 :愛と死の名無しさん:01/11/26 19:28
死んだら生ゴミになるだけ。

36 :愛と死の名無しさん:01/11/26 20:06
>>35
じゃ、おまえのじーちゃんバーちゃんも生ごみじゃ!
おまえの子供も燃えるごみじゃ! ヴォケ!

37 :愛と死の名無しさん:02/02/03 21:59
私は死ぬの怖いかもしれない。怖いというか不安。
死んだらどうなるのか分からない。


38 :愛と死の名無しさん:02/02/03 23:09
生命は死を怖がるように作られています。
それは、意識で怖がるという底の浅いレベルではなく、
生命の根底に植え付けられた恐怖です。
死を回避するという大前提の前に生存しています。
ただし、それ以上に家族を、ひいては種の生存を
優先するようにも出来ています。

39 :愛と死の名無しさん:02/02/03 23:16
死を回避するために与えられた補助機能が「不快」の感覚です。
とりわけ「痛み」の感覚は、肉体の損傷を脳に伝える信号です。

40 :愛と死の名無しさん:02/02/03 23:17
一度は死ぬんじゃ
怖くても死ぬんじゃ・・
ならばいまをしっかり生きたほうがいいぞ
そのほうが自分のためになる。
考えすぎると泥沼じゃY・・
肉体がある以上痛みは必然・・
いやじゃけどな・・
それに死に方はもんだいじゃない
生き方が問題なんじゃ・・どういきたかがな。


41 :愛と死の名無しさん:02/02/03 23:32
僕は氏にましぇん

42 :愛と死の名無しさん:02/02/04 00:44
きっと腐ったまま生きていくんだわな。
おお、くさそう!!

43 :愛と死の名無しさん:02/02/04 02:01
アホスレ発見 そんなこというまえに もっと 働け 。(笑)

44 :愛と死の名無しさん:02/02/04 04:06
死ぬのが怖い人も、怖くない人も、この本をおすすめ。
経営学の先生が書いた本です。宗教書ではないです。
本の中で著者が宗教書ではないことをしつこいくらいに強調しています。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569552080/luckydays-22

45 :愛と死の名無しさん:02/02/06 12:43
どうして皆生きているのか自分でわかるようになる日が来るよ
それまでは修行と思ってのんびり暮らしなよ

46 :愛と死の名無しさん:02/02/18 10:52
おじいちゃんがむかえにきてくれるとおもうからこわくありません

47 :愛と死の名無しさん:02/02/18 11:06
今、不幸に囲まれてるから怖くない。
多分明日死んでも平気。
死ぬのが怖い人は幸せなんだな、と思う。

48 :ピコ:02/02/19 12:50
みんな光になったのね!

49 :愛と死の名無しさん:02/04/05 14:36



50 :愛と死の名無しさん:02/04/05 15:20

ほ 50ズザー

51 :愛と死の名無しさん:02/04/06 15:24
「もう充分長生きしてるだろ」と傍から見て思うような人(それも生活すべて子に
よりかかっている)が「まだまだ」と言っているのを見ると訳も無く憂鬱になり、あのように
ならないうちに召されたいものだと思う今日この頃

52 :愛と死の名無しさん:02/04/06 21:59
死ぬのは怖くないけど、死んだとき家族や友達が悲しむのが怖い。

53 ::02/04/09 00:10
なんかね、死ってそんな大したもんじゃ無いと思う。
まぁ、新しい職種に移るとか
引っ越す時の不安みたいなモンでしょ。

住めば都だw

54 :愛と死の名無しさん:02/04/09 00:48
メンヘル板が似合うスレだね…

55 :愛と死の名無しさん:02/04/12 22:31
理由が何であれ、自殺した者は天国へ逝けない

と、小さい頃に読んだ本にありました。

この世が嫌で自殺してもあの世で苦しむってことかしら・・・

56 :愛と死の名無しさん:02/04/25 19:20
自殺はグレーパスポートだよん

57 :愛と死の名無しさん:02/04/25 19:33
>>55
私は「大霊界」とかいう本で
自殺者は死後、「自殺者の森」とかいうところにしか行かれず
成仏できずに永遠に苦しむのだ、とか書いてあるのを見ました。
生まれ変わることもできないらしい。

コワイヨー

で、素朴な疑問なのですが、
自殺したい、死にたいと思っている人間が事故に巻き込まれ
亡くなってしまった場合はどうなるのだろうか?


58 :愛と死の名無しさん:02/04/30 16:10
>>57
それは、自ら命を絶ったのとは違うから
成仏出来るのでは。
と、私なんかは思ってしまいますが…。
そうか。自殺だと生まれ変われないのか…(鬱)。
「自殺者の森」ってあおきがはらの樹海みたいなところかな?

59 : :02/04/30 16:31
人間は自分自分っていいすぎるような・・。
他の生物は自分の一生大事に生きなきゃとか思ってないだろう。
ハングリーに生きて時期がくれば死んでいく。
もちろん薬や医者で生き延びたり老後の蓄えで暮らしたり、
とかしない。一生をどういうふうに生きなきゃ、とかいう考えも
ないんだよな。シンプル。でもハード?
人間は特殊な生き物だと時々つくづく思う。

60 : :02/04/30 16:36
あと、せっかく生まれ変わってもまた人間になりたいのか?
この体を作ってるものは地球上から消えることは無いから、
この体の成分はまた死んで土に返ってから誰かの、何か他の
ものに栄養素として吸収されたり植物の肥やしになったりして
役立つ、と言うか順繰りにまわっていくんだろう。
私はそれが生まれ変わりと言う奴なんだと思っていたけど・・・。
わざわざ人間だけを指定して生まれ変わりたいとは思わないぞ。

61 :58:02/04/30 16:47
>人間だけを指定して生まれ変わりたいとは思わないぞ
同意。私も思っていません。

62 :.:02/05/13 15:56
.

63 :愛と死の名無しさん:02/05/24 04:32
私は「死」自体は怖くない。
でも死ぬ瞬間や過程を思うと非常にコワイ。
人に殺されるときは、痛いだろうし、恐怖はすさまじいだろうし、
不慮の飛行機事故も、異変が起こって「だめなんだ」って思う時の
恐怖はすさまじいだろうし。
それと、人はいずれ必ず死んで愛する人(配偶者、両親)と離れる日が来る
と思うと涙が出る。
激しく恐怖ですけど。

64 :愛と死の名無しさん:02/05/25 09:30
「先に逝った人と再会」とかいうのも意味のない空想でしかすぎないしね

65 :愛と死の名無しさん:02/05/25 12:53
死んだら「無」ってのが恐い。老いるのも恐い。

66 :愛と死の名無しさん:02/05/26 20:52
20代後半の私。
小学1年生くらいから時々死ぬ事考えては夜眠れない日があったり。。。
そんな私を不思議だという姉。怖くないのが不思議だぁ(°.°;
今こういう事考えてる、思考してる心が無くなっちゃうんだなぁという
事に不思議さと自分自身の存在全てが無くなってしまう怖さ。

忘れてる時はいいけど考え出すと眠れない。きっと今夜も眠れない。
こんな事考えて眠れない私がいなくなっちゃう・・・。怖い怖い。
なくなってどうなるのかなぁ。体無くなってこういう心だけ浮いてる
のが幽霊というものなのかなぁ?

67 :愛と死の名無しさん:02/05/26 21:13
>66
眠れないってことはないけど、私も同じ意味で恐い。

68 :愛と死の名無しさん:02/05/27 15:33
ストッキングを何本かまとめて輪っかにしてみた。
これを自室のベッドの脚のてっぺんに引っ掛けて、もう片方に自分の首を引っ掛けて
全体重をかける。
これだけで済むんだ…。その前に、親に見られて困るものは少しずつ捨てておかないと。
パソコンのデータも消しておかないと。

と、色々考えているけど、やっぱり怖いんだな。
死んだら、みんなが私について何を話すか、全部わかっちゃうのかな。

69 :愛と死の名無しさん:02/05/27 22:47
自分がいなくなっても普通に世界はなにも変わらず動いてる、ってのが想像
つかないから恐い。自分がいないってことはどういうことなんだ?
考えても考えてもわからない。

70 :愛と死の名無しさん:02/05/27 23:35
>>69
なんの前触れも前フリもなしに10日ぐらい会社を休んでみれ。
それでも別に大きなことは何事もなく組織はまわっていく。
本人は休み明けちと怖いがな。

71 :愛と死の名無しさん:02/06/04 08:25
「死」は体験者からの話をきけないw事柄だからやっぱすげー怖い
臨死体験なんてあれ幻覚だしさ。

72 :愛と死の名無しさん:02/06/04 09:10
>>70
私の親友は、学校卒業してから半年後にそれをして
「自分がいなくても社会は動く」と実感→出社拒否→
半年ほど会社にはそのまま在籍したけれど引きこもりと
なり、そう・鬱を繰り返していった。
だから私も連絡が取れたり取れなかったり・・・
そんな状態が続き、3年後に自ら命を絶ってしまった・・・
ネタではない。
彼女がいなくなったことに対してだけじゃなくて、
自分の事が精一杯で彼女の力になれなかった自分の無力さに
涙が出た。


73 :愛と死の名無しさん:02/06/04 09:56
>>66
ふと我に返ったように、思い出しちゃうんだよね。
ああ、私、生きているんだっけ、いずれ死ぬんだっけ・・って。

74 :愛と死の名無しさん:02/06/04 09:57
死んだら、もう完全に無くなって
二度と復活できないのが怖いな。

75 :愛と死の名無しさん:02/06/04 10:15
>74
自分なりの人生を精一杯生きれば、
きっと死ぬときは恐怖より、「なかなかいい人生だったなぁ」なんて
満たされた気持ちになれるんだよ。

ぁゃιぃ宗教みたいだ(w

76 :愛と死の名無しさん:02/06/05 00:15
普通の人のように死とは無縁という生活をしていない私。
ちょっとしたことで簡単に死んでしまう体だから、死ぬということは
普通のひとのような感覚で受け止めてない。
これまでに三途の川を渡りかけてUターンしてきたような体験が、
12〜3ほどあるけど、どれも不思議と怖いという感情は沸き起こらない。
たとえば誰かに殺されそうだとか、墜落する飛行機に乗っていた場合は
死ぬまでのある程度の時間恐怖を味わうことになるから、死=恐怖
っていう図式が成り立つのだと思う。
私にとって死にかけているときというのは、気絶するときと一緒。
なんの感情も無い。ただ苦しいだけだったり、痛いだけだったり。
人が生まれることと一緒で、死ぬことも自然なこと。ことさら怖がる
必要なんて無いんだと思うよ。

77 :通りすがり・・・:02/07/28 20:56
無ってなんだろう・・・

そうか、生まれる前のことか・・・?
ワカラナイ・・・

78 :愛と死の名無しさん:02/07/29 23:29
無とは理解する物ではない。感じ取る物だ。


79 :愛と死の名無しさん:02/07/30 02:06
私の祖母が亡くなる1ヶ月前に微笑みながら言ってた。
もう充分生きてきたからいつ死んでもいいって。
なんかその日にやらなきゃいけないこと全部やり終えたような
達成感があるから満足して床につく感じだって。
一日と一生って似てるかもしれないね。
あー今日はいい日だったって思いながら寝るように
あーいい一生だったって思いながら死ねるといいよね。

80 :愛と死の名無しさん:02/07/30 03:17
死後の世界が素晴らしかったりしてね。

81 :愛と死の名無しさん:02/07/30 03:36
(80の続きです)
死んでから、
「こんなことならもっと早く死んでればナア」
とか思ったりしてね。
死んだらどうなるかなんて誰もわからないけど、
わからないこそ、何かがあるのかもしれないし、
楽しい事があるかもしれないなあ、と考えれば、
「死」は怖くはなくなるのではないだろうか?

82 :愛と死の名無しさん:02/07/31 00:12
死ぬのは怖くないが、火葬にされるのが怖い・・
死んだ人間にとっては気持ちのいいものらしいが、俺は死んだことないからわからん。

83 :愛と死の名無しさん:02/07/31 00:50
怖くはないが、残される家族のことが心配だなぁ。
もう一緒にいられないと思うとかなり辛い。
死んだ者からすれば、後から来る肉親を待つ時間はあっという間みたいな
ことを書いている本があったが、自分のことより残された人の気持ちを
思うと・・・。

84 :愛と死の名無しさん:02/08/04 14:10
>>82
>死んだ人間にとっては気持ちのいいものらしいが
え、そうなの?そう言った幽霊とかがいたのかな。

85 :愛と死の名無しさん:02/09/16 22:07
残された方が断然辛いっす。

86 :愛と死の名無しさん:02/09/17 08:34
>>5
激しく同意!



87 :死にたくない:02/11/21 14:16
正気で死ぬのが怖い
ボケて何も分からなくなってから死ぬのか理想です。

88 :ちょっとおかしいでしょうか?:02/11/21 15:26
なんか死ぬのって・・・考えると滅茶苦茶怖いんです。
私、まだ32歳ですが、自分の死について昔からよく考えて
夜も鬱な気分で眠れなくなることしばしば・・・昨日もそうでした。
私の「死」に対するイメージは「苦しみ」って事がネック。
親も祖父母も癌で(すべて末期)体は恐ろしいくらいに変容し
「痛い」「苦しい」と言いつつ手の施しようが無く臨終。
何度もそういう「苦しみながら死んでいく姿」見てるから怖い!


89 :ちょっとおかしいでしょうか?:02/11/21 15:27
で、ニュースでもネットでも本でもなんでも・・・
私は怖いくせに、でも見てしまう、読んでしまうのが、悲惨な死に方の記事。
飛行機で墜落(日航機のとか)レイプ・リンチのあげくドラム缶で焼死の女子高生、
昔の中国や西洋の想像を絶する残酷な拷問死・死刑とか・・数え切れないくらいあるけど
どれも安らかに死ぬとかじゃなくて、やっぱり「苦しい・痛い」とか
「死ぬにはとてつもない苦痛を長時間に渡って伴うものなんじゃゴルァ!」と
脅されているような感覚がぬぐえないんです・・・。

90 :ちょっとおかしいでしょうか?:02/11/21 15:27
あと、火葬場。死んだほうはタダの物体だから無で何も感じないはず
だと頭ではわかっているけど、あの火で焼かれたら熱いだろうなぁ、
とか考えると・・。自分もいつか焼かれるんだなぁと思うと怖い!
そして究極は「死んで無になる」って?どういうこと?って感じ。
本当に何も感じなくて意識も無くて・・自分は死んでも世界は
何事も無く続いていくんだろうなぁ・・取り残される?
なんだか考えれば考えるほど訳がわからなくなってうまく書けない
ですが、こんなことしょっちゅう考えて鬱々です。

91 :ちょっとおかしいでしょうか?:02/11/21 15:33
長くて何度もすいません。
あとやっぱり自分でもおかしいと思うのが・・
私、ダイビングをするんですが、もう10年くらいやってるにも
かかわらず毎回潜るとき、
「今回こそサメがでて(ジョーズみたいなでかい獰猛なやつ)
食い殺されるかも。痛くて怖いだろうなぁ・・・?」とか
「途中で酸素が無くなったり、レギュレター壊れて酸素が
送られてこなくなると窒息死か・・。滅茶苦茶苦しいだろうなぁ」
とか・・。なんでもかんでも「苦しい死に方」ばっかり頭によぎる。

92 :死にたくない:02/11/22 12:08
火葬場で遺族に炉の点火ボタンを押させる所が有るがあれはやめてもらいたい。
自分の身内が亡くなった時は私は点火ボタンは押せません、
身内の葬儀のときに押した方か見えましたら、どんな気持ちだったか教えてください。

93 :愛と死の名無しさん:02/11/25 22:02
死自体は怖くないが、それに至るまでが怖いだろうな
だから病気や事故で苦しみぬいて死ぬのは嫌だ
一瞬でパッと死を迎えるのなら怖くないけど

94 :愛と死の名無しさん:02/11/25 22:32
どっちにしろ、まだまだ死にたくない。


95 :愛と死の名無しさん:02/11/25 22:34
自殺者は救われないっていうのやめてほしい
うちの家族四人も自殺してるから
せめて転生して違う人生を歩んでると思い立いよう


96 :愛と死の名無しさん:02/11/25 23:07
死ぬなら即死でありたい。
あっけなく死にたいなぁ。
死ぬこと自体は恐くないけど、苦しんで死ぬのはイヤだ。

97 :愛と死の名無しさん:02/11/26 01:35
死んでいる状態は、ある意味で寝ている時と同じ状態。
怖くないと思う。
紙ひとえ。

98 :愛と死の名無しさん:02/11/26 01:37
>>92
そこの火葬場?

99 :アクシデント待ち:02/11/28 03:05
>>91
自分の場合は潜るたびに「今回で終わりかな♪」と思って期待しながら潜りますけど。
死ぬのなら一番お気に入りのダイビング中に逝きたいんでね。
でもおっと!自分からレギュを外したりとか自殺みたいな事はしませんけど…
一度ゲージの故障が原因でエア切れになり気を失った事が有るけどその時は
苦しいと言うより「フワッ」っと意識が無くなったな〜(フルフェイスマスクなので水を飲まずに済んだ)
でもその時にもし死んだら一緒に潜った奴が攻められて可哀想と思ったのでこの頃は一人で潜っていますね。
そしてその時の事考えて一番お気に入りの装備を装着して今から潜る水面を見て
「二度と上がる事は無いかも」と思いながら潜行していきますよ。
そして沈船とか洞窟っぽいところに入ってみて「ここで死んだら死体も上がらないな」と
ウエットスーツを着た白骨を想像してみたり…
そして(ワザとではなく)帰り道に迷うとか物が落ちてくるとか期待してしまいますね。
どうせ死ぬんだったら自分の気に入った死に方したいですよね!
究極は何か任務で(例えば北〇鮮の工作員として)水中から敵艦に乗りこむ際に
返り討ちに遭い銃撃を受けてそのまま海底深く沈んで行くのが良いな〜





100 :愛と死の名無しさん:02/11/28 03:35
100

101 :愛と死の名無しさん:02/12/04 07:55
すべての人は生まれ、育ち、老い、死ぬ。
それは誰一人として免れ得ないサイクルなのである。
150年後には今生きている人は、すべてこの世に存在しない。
あなたも、あなたも、すべて死んでしまっているのである。
そこには150年後の時代の人達が生き、生活しているのである。
あなたは20〜21世紀に生を受け、終える存在に過ぎないのである。

102 :愛と死の名無しさん:02/12/04 08:28
2年前に入院したとき、自分もいずれ死ぬのだと悟った。
生死に関わるほどの病気ではなかったが、ガンの可能性もあったので
自分の死について考えた。
それからは別に死ぬのは怖いと思わなくなった。誰しもいつかは死ぬんだし。
ただ、ダンナや家族を残して逝くのは心残り。
子供が出来たら尚更思うんだろう。


103 :愛と死の名無しさん:02/12/04 10:46
今父がガンで、あと余命2、3ヶ月。
月々20万以上の家のローンも父の保険が出ればなくなる。
高いメシマコブとか乳酸菌をいつまでも呑ませられないので
余命が延びないほうがいいなって、正直思ってる。
欲しい服も買えないし、友達との飲みも断るのはキツイよ。
将来の結婚資金もなくなったし・・・

104 :愛と死の名無しさん:02/12/05 21:03
>103
親戚の家がそんな感じだったけど、助かる見込みの薄いガン患者の身内なんて、そういう
ドライな考えしてる所が殆どなんだよね、実際の話。
どうせ助かる見込みがないのに、馬鹿高い入院費払い続けられるほど裕福じゃないんだから。
「早く楽にしてやりたい」なんて言うけど、正直ところはそう。
死んで悲しいのなんて一瞬だけで、葬式が終われば「あー、やっと終わった」って感じで。
死んだ方も気の毒だが、それが現実なんだよね。

105 :愛と死の名無しさん:02/12/05 22:08
このスレって、1年以上前から地道に続いているんですね。
で、私は>>66と同感。

106 :愛と死の名無しさん:02/12/06 23:31
そういえば、医師に安楽死させたいことを匂わせておいて、
実際にやったら訴訟を起こして金をぶんどるって事件があったね。

107 :愛と死の名無しさん:03/01/04 14:40
このスレ まだなくすわけにはいかない。

108 :愛と死の名無しさん:03/01/04 17:51
>>102
そうなのかもね。
旦那は癌で亡くなったけれど、102さんと同じような心境だったと思う。

109 :愛と死の名無しさん:03/01/04 18:15
>>103
>>104
悲しい事だけれど、それが現実だよね。
本人はもう死んでしまったけれど、
死にそうな日々、こっちのそういった気持ちは薄々感じていたみたい。
本当に悲しい事。
看病も大変だしね。
でも今思うと、会いたくてしょうがない。
もう一生絶対に会えないんだって思うと心が張り裂けそう。

110 :愛と死の名無しさん:03/01/04 18:40
>>69
言ってはいけない事だけど、あえて教えてあげます。
あなたの周りの人々はある意思の依頼により、あなたの周りで役割を
演じているだけです。
あなたの家族もあなたが死ねばその役割を解かれ、方々に散り新たな
役割に付きます。

あなたが日ごろ偶然だと思っている様々な出来事も、周囲の方々の
綿密な打ち合わせによって、演じられているにすぎません。

じつは、私もその一人なのですが。
あまり喋ると消されてしまうので、このへんで失礼させてください。


111 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

112 :愛と死の名無しさん:03/01/04 18:54
>>110

喋っちゃたのか。
おれ、昨日まで都内で赤ん坊の時に両親を無くした女の子の
唯一の肉親である兄の役割を演じてたのだが、突然の行方不明ということで
今家を出た。
まだ17歳で身寄りを無くしてしまって可愛そうだが、決められた事
だからしょうがない。
この後、30歳の男性と出会って恋愛に落ちていくのだが、そのことが
きっかけで来年の夏には命を絶つというストーリーになっている。


113 :山崎渉:03/01/08 00:23
(^^)

114 :山崎渉:03/01/21 00:56
(^^;

115 :愛と死の名無しさん:03/02/02 13:25
どっちにしろ、まだまだ死にたくない。


116 :愛と死の名無しさん:03/02/02 13:26
死にたい人のほうが少ないよ。

117 :愛と死の名無しさん:03/02/02 13:27
午前4時にはあの世と近づくって耳にしましたが。

118 :愛と死の名無しさん:03/02/02 13:27
午前4時はあの世とこの世は一番近づく時間だから、
あの世に吸い込まれやすい。

119 :愛と死の名無しさん:03/02/02 14:12
俺は老衰のすえ、
寝たきりになった末期患者ばかりの病棟に半年通ったことがある。
医療関係者は「ターミナル」って呼ぶらしいがな、

かすかな糞便の匂いと、きついクレゾールの匂い、
うすぐらい蛍光灯、
ボケた患者たちのうめき声、
点滴の管を何本もさされてじっとしている患者たち。
自分のいまの姿を知っているのか、知らないでいるのかもわからない患者たち。

ナース室に何台かの心電図モニターが設置されてた、
毎週、心電図モニターに書かれている名前がすこしずつ違ってくる。
そして、俺が見舞いをしている人(女性・8X歳)が喋れなくなって
昏睡状態になったときに、とうとう心電図モニターにその人の名前が出た。

心電図モニターされるようになってから10日くらいだったかな、
危篤だっていうので俺も呼ばれた、
患者の目の前に心電図モニターと血中酸素濃度計が設置された。
呼吸がとぎれとぎれになって、心電図モニターが乱れた波形を表示して、
それで終わり。
看護婦や医師が瞳孔反射を見るため、ばたばたと駆けずり回ってたのを
覚えているよ。

俺がいちばん怖いとおもったのは、同室の患者たちが
なんにも反応しなかったこと。
もう、そこまでボケてるんだろうな。
あの末期病棟は、いちばん「あの世」にちかい場所だよ。

120 :愛と死の名無しさん:03/02/02 14:16
「ターミナル」ってどういう意味?
バスの停留所も「ターミナル」っていうよね。
のちのち死んでいく人達の溜まり場って意味かな?

121 :愛と死の名無しさん:03/02/02 14:19
友人が15歳で血液の癌でこの前亡くなりました。
それまで風邪もひかないくらい元気な人だった。
症状がひどくなっていくにしたがって、
死ぬ時が怖い、怖いっていって泣いていました。
でも、体がだんだん弱っていき、死ぬ2〜3日前くらいには
怖いっていわなくなりました。
だんだんとモウロウとした状態になっていって、
安らかにスっと亡くなりました。

122 :119:03/02/02 14:32
死の直前の治療(末期治療)を、Terminal Care と呼ぶんで
そこから来た言葉だとおもうよ。

漏れも English Native Speaker じゃないんで
Terminal の詳しいニュアンスはよく判らんが、
「終末」「末期」という意味を含んでいると思った。


123 :愛と死の名無しさん:03/02/02 14:36
119さん、
その友人、ある大学病院で息を引き取ったけれど、
(一般病棟だった)ひどいイジワルな看護婦の話を時々していたよ。
看護婦ってどの患者が助からなくて、とかって知らないの?
それとも知っていてイジワルをしているの?

124 :119:03/02/02 14:38
>>121
そういえば、俺が見舞いに行ってた人も、
死の1月半くらい前まで、
風邪で熱がさがらないとか、
ちょっと体調が悪いとかで、死ぬんじゃないかと泣いてたな。
気をまぎらわせるために、体をマッサージしてあげたり
食事を食べさせたり、車椅子に乗せてあげたり
いろいろしてあげたよ。

でも、死の1月前あたりから、苦しいとも言わなくなった、
感情が麻痺したみたいにぼんやりしてる時間が多くなった。
もう酸素マスクが必須になって、車椅子にも乗れなくなったし
だんだんとしてあげられることが少なくなっていった。
それが寂しかったな。

125 :119:03/02/02 14:44
末期治療なんて誰もやりたがらない仕事だから、
新米看護師が修行として来てるか、
それとも「仕事が出来ないんで飛ばされた」香具師しかいなかったよ。

前者はとっても親切だったけど、後者は駄目だね、
人間いじけて意地悪になってしまうよ。
だから、できるだけ沢山見舞いに行くようにしたよ。
変ないじわるをされないようにね。

126 :愛と死の名無しさん:03/02/02 14:47
私さぁ、自分が健康で死に縁がないからだろうけど、
すごく自殺に関心があるんだ。
死ぬ時ってどんな感じだろう?って。
怖さより好奇心の方が勝ってる気がする。

そういう意味では、麻薬もやってみたい。
でも、死んでしまえばそれまでだから、
夫を看取って、平均寿命くらいまで生きたら、
自分は絶対麻薬をやって、その後自殺したい。
それが実現できたら、私には贅沢な生き方・死に方に思える。

127 :愛と死の名無しさん:03/02/02 18:57
私の彼女が白血病で臨終を迎えた時、それまで頑張っていた彼女が最期に涙を流しながら
「死にたくないよぉ・・・。」と言っていたのが脳裏に焼き付いています。
彼女は29歳の若さでした。

128 :愛と死の名無しさん:03/02/02 19:00
白血病や悪性リンパ種って若い人に多いですね。
私の友人も27才で亡くなりました。

129 :山崎渉:03/03/01 17:31
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉 


130 :愛と死の名無しさん:03/03/01 17:55
死に方がいいか悪いか、その死に方で幸せだったか
価値ある、惜しまれる死だったとか
そんなことは残されるものが考えることで
死ぬ本人は、死ぬ瞬間にはそんなこと意識してないかも。

いさぎよく死にたいと思って死のうとしても、いざ死ぬことになるその瞬間は
自分の存在が消える恐怖でいっぱいだと。
と、自殺を図って、奇跡的に生還した人がどこかで言っていたのを思い出した。

131 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

132 :愛と死の名無しさん:03/03/01 18:39
生きてるほうがツライだろー!

133 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

134 :愛と死の名無しさん:03/03/11 21:52
>126
死に携わる仕事してみるのも、一考です。

135 :山崎渉:03/03/13 12:07
(^^)

136 :hj:03/03/16 15:24
│このスレは
   │ いったいなんなんだ?
     \   ______/
      \/   ∧_∧
           ( ´Д`) ∧_∧
         / \/ )(´Д` ) __
        /  \___//       \  >>137にきけよ
  __   .|     | / /\_ _ \ \_____
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__ノ   \    \__)      \
  ||\             \  .||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||    ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||       .||              ||


137 :山崎渉:03/04/17 10:11
(^^)

138 :山崎渉:03/04/20 04:56
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

139 :愛と死の名無しさん:03/05/11 22:55
死が怖いのではなく、死の観念が怖いのだ

たしか ルーズベルト

140 : :03/05/18 20:59
断言する。
生きてるほうが辛い。
私にとって死は憧れ。
但し、即死でなきゃ嫌だけど。

141 :山崎渉:03/05/22 00:36
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

142 :山崎渉:03/05/28 15:33
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

143 :山崎 渉:03/07/15 12:37

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

144 :愛と死の名無しさん:03/07/15 19:22
こわくないっ

145 :愛と死の名無しさん:03/07/15 19:48
最近思うんだけど、20〜30で若くして死んだほうが
今の自分の姿をみんなの記憶の中に残せてもらえて
ある意味幸せな事じゃないかな?そう思うと、「死」に
対しての恐怖が、少しだけ薄れてくる。決して、今の
生活に不満があったり、自殺願望があるわけじゃないけど。
世の中、生きたくても生きれない人もいるわけだから、
こんな事を言ったらいけない事かもしれないけど。
「死」はいつかやってくるものだからと考えると、何となく
そう思いだした。


146 :愛と死の名無しさん:03/07/15 22:34
>>120
停留所はターミナルといわないだろ、
バスターミナルも終着という意味で使っている。
ターミナルケアは終末期医療って訳されているけど、
語源は一緒。

147 :愛と死の名無しさん:03/07/21 05:31
人類がどんなに長い年月をかけて考えても絶対に答えの出ない死だけど
やっぱ寝て夢を見てない時と同じ状態なのだろうなぁと思う。

まぁ、何も考えてないし見てもいない状態なのだから無って事になるか。

148 :愛と死の名無しさん:03/07/21 05:32
そういえば、なんかこのスレで山崎渉見てるとホッとする

149 :なまえをいれてください:03/07/21 12:45
ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと立場は上だよ。
貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人のストレス解消のいい的。
黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してるし、アジア人はかなり彼らに見下されている。
(黒人は白人には頭があがらないため日系料理天などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。
また、日本女はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。
「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける黒人男性も多い。)
彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない日本人は滑稽。

150 :愛と死の名無しさん:03/07/21 15:15
と言っております。

151 :愛と死の名無しさん:03/07/24 03:52
ネット上では遺書を残してる香具師けっこういるぞ

http://www.maromaro.com/will.html

152 :愛と死の名無しさん:03/07/30 03:01
>>66
>>88
私のことかと思いました。
今夜も眠れません。死後のことを考えるのも怖いんですが、
生まれる前のことを考えるのも怖いです。
誰か助けてください


153 :愛と死の名無しさん:03/07/31 00:28
死への恐怖は現在の自分に反比例するんだね。
俺はとても不幸だから死はそんなに恐くないよ。
というか死期もそう遠くは無いし。(25だけど)

154 :愛と死の名無しさん:03/07/31 00:34


    死者は無敵。

155 :愛と死の名無しさん:03/07/31 00:48
死と太陽は直視することは不可能である。 ラ ロシュフコー

人間死ぬ時は死ぬが良い。 白隠

人間は生きることが全部である。死ねばなくなる。 坂口安吾

死は人生の終末ではない。 生涯の完成である。 M ルター  これが一番好き。

しかし、どの道死なねばならぬのなら、私は納得して死にたいものだ。 梅崎春雄

死ぬのが辛いのではない。 幸せに生きれなかった事が辛いのだ。 俺

156 :愛と死の名無しさん:03/07/31 01:55
死への恐怖っていうより
(まだ本当の意味で死とは遠い年代の人が多いと思うし>2ちゃんねら)
死ぬまでの過程が怖い気がする。
イメージとして、病気による激しい苦痛・老い・事故とか死に到るほどのケガ・・など。
「自分が死んだ」て感じる事は絶対無いから
「死」自体は恐ろしくないのかもね。
が、必ずそう遠くない将来、確実にその瞬間が来るってのは
頭ではわかってても、理解できないし不思議でもあるね。


157 :愛と死の名無しさん:03/07/31 11:45
子供の頃は漠然と死ぬのが怖くて、夜ベッドの中で
「死んだらどうなるんだろう?」と考えては暗くなっていたけど、
大人になると、(ただぼんやりと生きながらえて死にたくない)とか
(長引く病気にかかって、みんなに迷惑をかけたくない)とか
(ボケて自分の人生を決められないのは嫌だ)とか、思うようになった。
時々(絶対いつか死の瞬間を経験するんだ)と思って、
怖くなったりする。怖がろうが、楽しみだろうが、結果は一緒なんだから、
あんまり考えないほうがいいんだと思うけど。

158 :愛と死の名無しさん:03/07/31 11:49
身近な人、特に配偶者や親が死ぬ方がよほど怖いじゃん。
葬式仕切ったことがないからどうして良いか解らないし。

159 :愛と死の名無しさん:03/07/31 13:04
私も死ぬの怖いというか嫌だ。
自分が死んだ後の世界が見られないと思うと残念。

でも、死なないのも怖い。
ずーーっと死ねないの、宇宙が終わっても・・。
ま、そんなのあり得ないんだけど。


160 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 04:24
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

161 :愛と死の名無しさん:03/08/04 00:38
>118
良いこと聞きました。

162 :ちんこある者皆兄弟:03/08/05 06:11
>161
!!!!!!

163 :愛と死の名無しさん:03/08/06 00:25
最近若い人が陵辱されまくって死んだとかいうニュースを見たりすると、
死んで全てがおわりだなんて思えないし、思いたくもないな。
この宇宙や生物といった秩序を作った偉大な存在が、死で全てを終わらせるなんて事を
するとは思えない。なんてね・・いやマジで

164 :愛と死の名無しさん:03/08/06 00:56
http://www.mumyouan.com/d/js-i.html

ここで死についてのかなり深い考察がなされてる。
精神的にまいってる人はあまり読まないほうが
イイかもしれない。

165 :愛と死の名無しさん:03/08/08 00:50
age万

166 :山崎 渉:03/08/15 19:53
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

167 :愛と死の名無しさん:03/08/22 20:40
親が死んで、今なら死んでもいいやって思った。いつお向かいに来てもいいよって。

168 :愛と死の名無しさん:03/09/05 19:03
深いスレだ、あげ

169 :愛と死の名無しさん:03/09/27 11:47
>167
死んだら親が悲しむよ

私も死ぬのは怖い。
なのに、最近思う。おばあちゃんとか、私が一生懸命勉強とかしてたら
「あんたが立派な社会人になるまで生きなあかんなぁ^^」
とか、私からすればかなり悲しいことを言う。
自分が死ぬのより、家族が死ぬのが怖い。
お父さんとか、今は喧嘩してるけど、死んだら嫌だ。

もちろん自分が死んで、この世から消えてしまうのも怖い。
不安で不安でしかたない。死ぬことを考えだしたら、胸がいっぱいになってくる。
私の場合、すぐに切り替えはできるけど。
テレビ見たり、ラジオ聞いたり、「あーこの人もいつか死ぬんだ」
って思ったら、当たり前のことなんだから、って思えるから。
学年上がるのと一緒で、みんな遅かれ早かれ死ぬ。
書いてて気持ちが収まってきた。
ありがとう。





170 :愛と死の名無しさん:03/09/27 12:36
死んだ後の他人の評価や記憶に残る云々はどうでもいい。

若い人が事故などで即死するとみんな気の毒がるけど・・・
高齢になって病気で半年・1年苦しんで悶絶して死ぬより
数秒前まで死を意識してないで、一瞬にして死んじゃう方がマシと思う。

171 :愛と死の名無しさん:03/09/27 14:57
死は神が生物にあたえた最高のプレゼント。

ときいたことがあるな。

172 :愛と死の名無しさん:03/09/27 16:42
>170
そりゃ死に方比較すりゃ「マシ」だろうが
最初から死ななかった方がいいだろが

173 :愛と死の名無しさん:03/10/01 19:47
このスレ何年ごしで続いてんだよ
たしかに、死ぬのは怖いが魂は証明されてるから
大丈夫だよ
きっと好きな人にあの世で会えるはずさ

魂が信じられないなら、心霊スポット行くとか
無料の交霊会(アメリカ)行って来い
マジで分かるからな
あの世があるってよ

174 :愛と死の名無しさん:03/10/03 00:08
>>1は死ぬまで死ぬのを怖がって生きるんだろう。

怖いと思う意識なんて、所詮は脳内の電気信号にすぎない。
手前勝手な作り物の意識も肉体が破壊されれば機能停止。

たかが庶民1人死んだって体重相当分の粗大ゴミになるだけ。
毎日食べてる牛肉豚肉と同じ存在になって、焼かれて捨てられる。
ただそれだけのこと。

だから死を怖がるのはナンセンス。
魂とかいった野蛮人の偶像を持ち出すまでもない。


175 :愛と死の名無しさん:03/10/03 09:14
いつまでも死なずに生きるなんてごめんだな。
死があるから新しいものが生まれるんだし
死があるから、愛があるんだ。
死は怖いけど、子供の頃ほどではないな。
誰にでも平等に訪れるものだしさ。

>>145
若い人の死は本当に嫌なもんだよ。
子供〜若い人の死は、遺された者には生涯の傷になるよ。

176 :愛と死の名無しさん:03/10/05 18:38
age

177 :愛と死の名無しさん:03/10/11 01:34
くだらん。
あの世があるなんて思う奴は、宗教の世界に洗脳された人だけ。

人間は何故生まれるのか?
生まれたらなぜ学校に通わなければいけない?
学校を卒業した男性は何故強制的に働かなければいけないのか?
仕事してお金を稼いで、仮に有名になっても最後に訪れるのは死。

人間最後は死ぬのであれば、生を受けている間に好き放題な事を
したいとは思いませんか?(犯罪だけは死に値する行為だから、
絶対にしてはいけませんが。)
例えば、セックスだって経験したい。結婚だってしたい。
自分の精子と女性の卵子から生まれる子供を作ってみたい。
海外に行ってみたいetc・・
1度きりしかない人生、これらを経験せずに死ぬことだけは避けたい。
一番空しいことは、毎日仕事に追われ、定年を迎えたら突然ボケて死を
待つだけの状態になること。かといって働けなければ生活できない。
適度な労働と適度な事由。一番難しい事だがこれが出来たら最高だ。

実際、死ねばすべて「無」に帰る。自分がこの世に存在した時に行って
いた事は全て無になる。残るのは、ほんのごく一部の自分が生前に使って
いた物だけ。
死んだら、動けない、しゃべれない、自分の存在がなくなる。永遠に。
生まれたからにはゴールは死ぬしかないんだけど、死んだら何も出来ない
んだよ?二度とこの世に生まれることは出来ないんだよ?

そう考えるとほんとに怖いよ。

178 :愛と死の名無しさん:03/10/11 18:31
あげ

179 :愛と死の名無しさん:03/10/12 04:02
死ぬこと、それ事態は別に怖くないなぁ。
死ぬ前に何の準備も出来なくて、痛かったり苦しかったりするのは
ちょっと嫌かなぁ。
あと、今は独身だから死ぬならポックリがいいけど
この先、結婚して子供ができたりしたら
ある程度は成長を見届けて何かしら残してやれる状態で死にたい。

このご時世で、この希望が叶って心おきなく死ねるなら
それ以上の死に方はない。幸せでしたと言って死ねる。
死んだ後の事は、死んでみりゃわかるだろうから
今は(゚ε゚)キニシナイー♪

とりあえずは今日を生きるために今日の事をするのだ。

180 :愛と死の名無しさん:03/10/12 10:03
>>179
死ぬことに現実味を感じていないんだろうね。
それはそれで悪いこととは思わないけど。

死んだら二度とこの世に生まれてこない。
消えて無くなっちゃうんだよ?
存在が無になることについてはどう考えてるのかな?
怖い云々ではなくて。

181 :愛と死の名無しさん:03/10/12 13:53
>>179
死んだ後の世界なんてないのに。
そこら辺は理解できてる?

やっぱりまだまだ死に対する意識が甘いな。

182 :愛と死の名無しさん:03/10/13 20:19
age

183 :愛と死の名無しさん:03/10/13 20:48
>>180
死後の世界があるなら死ぬのは怖い
だがそんな世界は物理的に有り得ない
意識、自我といったものが消滅する過程は怖い
しかし死んでしまえば別にどうと言う事も無い
>>179の考え方は刹那的に見えるが
うじうじ考えても考えなくても結局みな死ぬ
死に対して有効な対処法の一つではあるだろう

184 :愛と死の名無しさん:03/10/14 20:37
漏れも死んだら納棺屋に鼻にガンガンピンセットをつっこまれるのか…

185 :愛と死の名無しさん:03/10/14 20:43
死ぬのはこわくはない。だが、死後、火葬場で焼かれるのが恐ろしい。
あんな高温で焼かれたらどうなってしまうのかね? 熱いどころではないよな?
火葬場についてのスレがあるけど、火葬炉に入れて、点火したとたんに生き返ってしまったら
まさに世界残酷物語になるよな。生きたまま焼かれるなんて残虐どころではないぜ。

186 :愛と死の名無しさん:03/10/14 22:18
>184
病院で死んだら、看護士が詰め物してくれるよ
葬儀屋にやらせるところもあるけど


187 :愛と死の名無しさん:03/10/15 01:26
死?
別に新しい身体に再生すると思えば恐くない。
思いっきり長生きして老いていく方が恐い。

188 :愛と死の名無しさん:03/10/15 11:51
>185
そう。漏れが一番恐いのはそれだ。
死は誰にでも訪れることだから諦めがつくけど、もし棺桶に入れられ
火葬炉に入った後で生き返ってしまったら・・・と思うと物凄く恐い。
できる事なら、病院で死を宣告された後、絶対に復活しないように
血抜きでもしてほしいところだ。

189 :愛と死の名無しさん:03/10/15 18:46
>>188
火葬した後火葬炉を開けたら骨が無い…
おかしいなと思って火葬炉の中を探してもどこにも骨が無い…
何気なく火葬炉の上の方を見たら煙突掃除用に下がってる梯子に黒焦げの
遺体が上に上がろうと…

火葬場のジジイに聞いた話でつ…

190 :愛と死の名無しさん:03/10/15 20:23
従姉妹のおじさんが手術をした。手術をした次の日、頭が痛いと狂ったように叫びちらし倒れた。今は辛うじて目を開けられる状態。自分の意識で呼吸もできないし。医療ミスの可能性が出てきた。母は悔しくて泣いていた。

191 :つづき:03/10/15 20:25
死ぬのは怖いか?当たり前だ。こんなに辛くて悲しくて悔しい事はない。自分にも周りの人間にも同じくらい深い悲しみが生まれる。今オレは『死』が怖くてしかたがない。

192 :愛と死の名無しさん:03/10/16 14:11
■■借入れ件数6件未満なら・100%ご融資■■

借入れ件数6件までなら・年率19%の低金利で
     即日キャッシング
ご融資の際、職場・ご家族の方には絶対に秘密で
審査を行います。全国銀行振り込み対応。
http://www.aiba-cash.com/
携帯から http://www.aiba-cash.com/i/


193 :愛と死の名無しさん:03/10/17 09:13
>189
実際は火が入ったら棺桶から脱出する前に死んでしまうんだろうけどな・・・
それでも恐い話だ。

194 :愛と死の名無しさん:03/10/17 09:26
死ぬのは怖いけど、死に方によると思うよ。安らかに眠るように
あっという間に死にたい。できれば、子どもたちに手を握っていてもらいたい。

195 :愛と死の名無しさん:03/10/17 09:27
土葬も怖いよ!昔は棺桶掘り出してみると
蓋の裏に爪で引っ掻いた跡がいっぱいあったらしい

196 :愛と死の名無しさん:03/10/17 12:20
>195
それも恐い・・・
ヤパーリ死んだら臓器提供しようかな・・・
さすがに心臓とか取っちゃったら息吹き返すことは無いよね?w

197 :愛と死の名無しさん:03/10/20 09:13
別に家族はそんなに悲しまないんじゃないの?
俺はいままでに親戚や家族を6人亡くしているけど、
悲しんだのって一週間くらいだよ。
その後はそんなやついたか?って考えることもなく、存在自体忘れて、
普通の生活に戻ってる。
年に一回思い出すか思い出さないかだろ?
残された家族が可哀想とか言うのって、そう思って欲しいだけか、
そう思わないといけないという強迫観念(人としてそうあるべきと思っている)
のあるやつの妄想だろ。

198 :愛と死の名無しさん:03/10/30 20:06
人は長く生きすぎなんだよ。
20で結婚、50で死亡でいい。今は婚期が遅れてるから50で死んだら子供が大人になれてないけど。
>>197の言うことはある意味正しいが、自殺とかされちゃうと家族はしばらく引きずるぞ。
まあ、カウンセリングうけりゃ、すぐ気にしなくなるが。
ということで、人はいつ死んでもいいんです。

199 :愛と死の名無しさん:03/11/08 09:34
小中の頃はすごく怖かったけど、今はそこまでないな。
信長ではないけど、「ひとたびこの世に生を受けて、滅せぬもののあるべきか(違った?)〜 」 と言う心境。

200 :しかばね:03/11/08 23:30
死ぬのはとても怖いと思うけど
いつか到達するものだし仕方がありませんよね
ただ、死ぬ時に後悔しないようにしたいから
悔いの残らないような人生を歩みたいです。

201 :愛と死の名無しさん:03/11/23 18:54
昨日グリーンマイルを観た。
最後の方で、なかなか死ねないと言う話があって、少し考えたよ。主人公はあの時点で108歳とか言っていたな。

202 :愛と死の名無しさん:03/11/24 01:28
俺は死ねないから生きてるに過ぎない。

死ねる人、死ねた人は本当に凄いと思う。
もし、この世に眠ったまま死ねる薬があるならば、すごく売れると思う。
間違いなく俺は買う。

今年中には死のうと真剣に考えている。
雪の中で死のう。そうしよう。

203 :愛と死の名無しさん:03/11/24 02:12
>>202
Good Luck.幸せな眠りを祈る。
ただ、死ぬにも才能が必要なんだよな・・・
特に幸福な死を迎えるには・・・

204 :愛と死の名無しさん:03/11/25 14:08
>202
203さんの言う通り、才能が必要かも・・・。あなたにはありますか?
雪の中で眠りにつき、目が覚めたら病院のベッドの上・重度の凍傷で
手足の指をほとんど失っていた・・・なんてことになったら悲惨。
焦らなくても、人には必ず死は訪れますよ・・・

205 :愛と死の名無しさん:03/11/26 13:59
>>1試しに一回死んで見てくれる。

206 :愛と死の名無しさん:03/12/02 12:35
★☆★キャッシング・冬のキャンペーン★☆★

ホームページによる申し込みをスタート致しました。
キャンペーン中に限り、1週間無利息にてご融資。
さらに、借入件数が5件以内の方は10日間無利息。

アルバイト・主婦の方も30万までok・全国振込みok
http://www.0120-58-4072.com/
携帯から http://www.0120-58-4072.com/i/
求人募集も行っておりますので是非ご応募ください。


207 :名無し:03/12/21 20:20
自分が生まれるずっと前に父方の祖父は死んだんだが、相当の医者嫌いだったらしい。
死ぬ少し前に、自分の死期を予感していたのか正月でもないのに障子の張り替えとかしたらしい。
そして、倒れたときには、病院では手遅れで胃潰瘍で逝ってしまったとさ。
死は怖くなかったんだろうか…

208 :愛と死の名無しさん:03/12/23 17:58
>>188
漏れもそう思って、死んだら病理解剖してほしいと
家族には言ってる。頭の解剖は拒否だが。

209 :愛と死の名無しさん:03/12/27 02:02
そうだね。人生が長すぎると思う。
23歳で、就職したときから「いっぱい遊んだし、今まで楽しかったから」
「多分これから楽しいこともないだろうから」もう死んでもいいと思ってる。
でも、死ぬのは怖いし、親に迷惑がかかるから自殺はしないけど。
多分、死んでも世の中に未練はないよね。
友達も仕事もお金もあるけど、なんかむなしいの。
不自由ないのに・・・。

私頭おかしいかなあ・・・?



210 :愛と死の名無しさん:03/12/27 04:43
死んだら、今いる大切な友人達と話すこともできないし、酒を酌み交わすこともできない。
あと、今自分が積み上げて来た記憶っていう財産が残るっていう保証がないから怖い。
不謹慎かもしれないが、自分にとっては痴呆になることも死ぬことと同じ位怖い。
逆に、人に死なれるのも怖い。死なれたら二度と話すこともできないのだからね。
だから怖い。どういしょうもなく怖い。

211 :愛と死の名無しさん:03/12/27 13:16
でもさ、実際親しい友人とかが
若くして亡くなったら マジ辛いよ。
1週間位じゃ忘れない。
そりゃ、日常に追われて四六時中悲しんで
いる訳じゃないけど
何かの折々に思い出して悲しくなるよ?

212 :愛と死の名無しさん:04/01/16 01:14
去年後輩が自殺して、今日が命日なんだけど、彼女の死は私の死生観変えたよ。
やっぱ死ぬってことは、怖いとかそんな簡単な事じゃないと思う。


213 :愛と死の名無しさん:04/01/16 20:38
http://users.tapstep.net/saints/obituary/funeral.html
ニューオーリンズの葬式のページなんだけど、土人って「死」に関して感覚違うのかね?

214 :愛と死の名無しさん:04/01/16 22:59
友人の彼氏が亡くなった時の友人の取り乱しようを思い出した。私のせいで死んだ、私もすぐにいくから、と毎日言ってた。食物も喉を通らず、痩せて鬱病になってしまった。人の死は人を変える。私も恋人を残して死ぬのは恐い

215 :愛と死の名無しさん:04/01/17 01:37
残したり、残されたりするのはつらいので
いっそ人類が滅亡したほうがまだましと思う

216 :愛と死の名無しさん:04/01/17 02:11
私は自分が死ぬのももちろん怖いけど、大切な人を失うほうがもっと怖い。
婚約者がもし死んでしまったら卒倒するどこ炉じゃないと思う。
想像するだけで涙出るし。
そう思うと、自分が死んだら彼も同じなんだろうなと。
最近自分がイヤで仕方なくて、鬱な時には多少死を考えたけど、
彼を残して自ら死を選ぼうとは思えなかった。
・・・書いてるだけで悲しくなってきちゃった

217 :愛と死の名無しさん:04/01/30 18:49
最近家族を立て続けに自殺で失った。
自分も積極的に死のうとは思わないが、生きていたいとは思えない

死ぬのって怖い?
知り合いが先に行っているから怖くないよという
夏の庭という小説のラストを思い出しました。

218 :愛と死の名無しさん:04/02/11 12:08
最近父を亡くした
ずっと大学病院に通院していたのに体調不良を訴えても検査もせず
結局1月に末期癌と診断された
だが、父の調子が悪くなった10月ごろからは毎日のように
会っていて、最期も家族全員手を握り合うことができた
突然の死だったら残された者に後悔が残るが
私の場合はできる限りのことはできたと思っている
父の最期のやさしさだったのかも知れない

219 :愛と死の名無しさん:04/03/19 16:00
>>194
>>218
そうしてもらうために子どもを生みたいと思うのかもしれない。
死が免れないものならば、せめて自分の大切な人たちに
「ありがとう」って言ったり言われたりしながら眠りたい。
そのために今、できるだけ誠実に暮らしているのだと思う。

死=無
夜眠ってそのまま起きない状態だと認識してる。
生まれた以上いつかは死ななくてはならない。
だからそれまでの人生の過程が、死を尊いものにするか寂しいものにするかを
決定づけるのではないかな。
どんなめにあって死のうとも、それまでが幸せなら恐怖を軽減する事ができるはず。
逆に心の中に誰もいない人はきっと辛いと思う。
走馬燈の映像に、たくさんの人や出来事が映し出されるよう生きていくだけ。

220 :愛と死の名無しさん:04/03/19 17:30
>死ぬのって怖い?
>知り合いが先に行っているから怖くないよという

確かにそう思う。
両親がもう亡くなってるので、自分が死ぬこと自体は別に怖くない。
でも、残される者の深い深い悲しみを知っているので、
自分が死んで残される側の気持ちを考えると、怖い。


221 :愛と死の名無しさん:04/03/23 13:13


222 :愛と死の名無しさん:04/03/28 21:47
>>220
うんうん。同意。
亡くした側だが、死んだ後意志の疎通が出来なくなるのは本当に辛いと思った。
もしかして杞憂かもしれない事で悩むんだ…(あの時、こういう事をしたが、
気分を悪くしたんじゃないか、本当はこうして欲しかったんじゃないか、等)

自分が死ぬ時は死んだ後の意思疎通も可能なように(もちろん擬似的にだけど)
いろいろ言葉を残したいと思った。
ビデオレターとかねー 普通に遺言状とかねー

でも、私みたくこういうこと考える人ならまだいいが…
自分が死ぬなんて1かけらも思ってない人が突然死ぬと、
もう、死なれたショックやら、何も伝えてもらえない喪失感やらで、もう。

223 :愛と死の名無しさん:04/04/12 20:00
今のうちに恋人に手紙を書こう。
少なくとも生きているこの一瞬一瞬、とても愛している、と。
いつ死んでもおかしくないからな。


224 :愛と死の名無しさん:04/04/24 08:14
【究極の】〜死〜【いやし】
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/healing/1077875608/l30

225 :愛と死の名無しさん:04/04/24 17:30
癒し。

226 :愛と死の名無しさん:04/04/28 08:22
怖いというか、切ないというか、寂しいというか。
僕という存在が、科学者が言うように、脳の生理的機能のひとつだとしても、
世界のどこにも自分がいなくなるというのは、怖いよ。
考えたって、どうにもならないが。

227 :愛と死の名無しさん:04/04/30 23:40
べつに

228 :愛と死の名無しさん:04/05/22 23:51
死ぬのが怖いのは幸せなやつ

229 :愛と死の名無しさん:04/08/02 06:54
死は人間に優しいぞ。何を恐れる必要がある。
生まれながらに押し付けられた運命から全てを開放
してくれるんだ。生きてる事が窮屈に感じたなら
いつでも死は君たちを迎え入れてくれる。


230 :愛と死の名無しさん:04/09/05 04:06
いつ死んでも別にいいんだけど、今さ、何の気なしにテレビつけたら
大好きな歌手が歌ってるんだよね。
これを見終わるまでは死んでたまるか。

231 :愛と死の名無しさん:04/09/20 20:38:45
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/1387/walkingtour.swf
泣いた・・・

232 :ラスト侍:04/09/21 21:59:29
うははははははははは!
武士道そのもののスレ発見しました!


233 :愛と死の名無しさん:04/09/22 01:15:47
>>231
面白半分にクリックしたら、感動で涙がとまりません。

234 :蚊取り線香:04/10/19 21:32:14
まだ死にたくないな

63 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)